副社長

副社長


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

抑制と均衡

政府のチェックとバランスのシステムは、政府のどの部門も強力になりすぎないようにするために開発されました。政府-立法、行政、 ...続きを読む

政府の3つの支部

米国政府の3つの支部は、立法、行政、司法の各支部です。権力分立の原則によれば、米国憲法は連邦政府の権力をこれら3つの支部に分配し、小切手と ...続きを読む

立法府

主に米国議会で構成される連邦政府の立法府は、国の法律を制定する責任があります。下院と上院の2つの議会の議員は、米国市民によって選出されます。パワーズ ...続きを読む

副大統領について知っておくべき9つのこと

1.投票数が2番目に多い人に行っていた仕事。憲法の起草者は、大統領が選挙人団のメンバーによって選ばれ、各選挙人が2人に投票するというシステムを設定しました。選挙人票が最も多い候補者( ...続きを読む

どの米国の副大統領がナンバーワンのポップソングを書いたのですか?

アメリカの30代目の副大統領は、大統領職から離れたハートビートであり、ポップミュージックチャートのトップに躍り出た曲の作曲家でもあった唯一の男であるという特徴があります。チャールズ・ドーズ、独立戦争の人物ウィリアム・ドーズの子孫( ...続きを読む


コンテンツ

もともと、副大統領は大統領選挙で2番目に選挙人票を獲得した人物でした。これは、トーマス・ジェファーソンとアーロン・バーが1800年の選挙で同点になるまではうまくいきました。その後、米国憲法修正第12条は、大統領と副大統領が別々に選出され、同点の場合は上院によって選ばれると述べました。

その後すぐに、政党は1つのプラットフォームで大統領と副大統領を運営し始めました。そのため、副大統領候補は通常、政党の指導者によって選ばれ、その政党の大統領候補によって強い影響力があります。副大統領と大統領は通常同じ政党の出身です(たとえば、バラクオバマとジョーバイデンは両方とも民主党員であり、ジョージW.ブッシュとディックチェイニーは両方とも共和党員でした)。

副大統領の公務は1つだけです。それは上院を主宰し、同点の場合は上院で投票することです。しかし、最近の任務には、大統領内閣のメンバー、または大統領の最高顧問であることが含まれていると見られています(ディック・チェイニーがこの任務を最も真剣に受け止めた副大統領でした)。副大統領は国家安全保障会議のメンバーであり、スミソニアンの理事を務めています。また、修正第25条は、大統領が無能力である場合(大統領の職務を遂行できない場合)、副大統領が大統領として行動できると述べています。たとえば、ジョージH.W.副大統領ロナルド・レーガンが手術をしているとき、ブッシュは大統領を務めた。

1967年以前は、大統領が亡くなった場合、副大統領が大統領なのか、単に大統領代行なのかは不明でした。しかし、ジョン・タイラーとその職を引き継いだ他の人々は、彼らは単に大統領代行ではないと言った。また、副大統領が亡くなった場合、新しい副大統領が選出されるまで、誰も副大統領ではありませんでした。

この不確実性は、ジョンF.ケネディの暗殺後に修正されました。アメリカ合衆国憲法修正第25条に基づき、大統領が死亡した場合、副大統領が自動的に大統領になります。副大統領が死亡、辞任、または大統領になった場合、大統領は新しい副大統領を任命することができます。任命は、衆議院と米国上院の両方の過半数の投票によって確認される必要があります。これは2回発生しました。ジェラルド・フォードはスピロ・アグニューの辞任後に副大統領になり、ネルソン・ロックフェラーはリチャード・ニクソンが辞任した後にジェラルド・フォードが大統領に就任したときに副大統領になりました。

次の副大統領は、大統領の死亡または辞任後に大統領に就任したか、または単独で選出されました。


なぜ49人の副大統領と46人の大統領がいるのですか?ジョー・バイデン、カマラ・ハリスの番号は異なります

ジョー・バイデンは正式には米国の第46代大統領ですが、カマラ・ハリスは第46代副大統領ではありません。実際、彼女はその称号を保持する49人目の人物です。大統領より3人多い副大統領がいますが、なぜ違いがあるのでしょうか。

ジェームズ・マディソン大統領のような初期のアメリカの歴史では、副大統領が空席だった時期がありました。それは、リンドン・B・ジョンソンが大統領になったときのジョン・F・ケネディの暗殺でも起こりました。彼の前職はしばらくの間空席でした。

(おもしろい事実:副大統領と大統領は必ずしもチケットとして実行されたわけではありませんでした。実際、VPは大統領選挙の次点者でした。)

他の歴史では、1人の大統領が在任中ずっと複数の副大統領を持っていました。フランクリン・D・ルーズベルトだけでも、ジョン・ガーナー、ヘンリー・ウォレス、ハリー・トルーマンの3人の副大統領がいました。


行き止まりの仕事&#8211マディソン&#8217s副社長

1人の大統領だけが彼の在任中に2人の副大統領を亡くしました。ジェームズ・マディソンは大統領として2期務め、どちらの場合も副大統領に選出された男性は任期の開始直後に亡くなりました。

憲法修正第12条の前に、各選挙人は大統領に2票を投じました。選挙人票の数が最も多かった人は、過半数である限り、大統領になりました。準優勝者は副大統領になりました。アイデアは、トップオフィスに選出された人に何かが起こった場合に備えて、大統領にとって2番目に良い選択である副大統領を提供することでした。 1800年、彼の党が2番目のスポットに選んだアーロンバーは、トーマスジェファーソンと結ばれました。その結果、衆議院での長い戦いが起こりました(選挙人票の過半数を獲得する候補者がいない場合は大統領を選びます)。バーはホワイトハウスに勝つチャンスを見て、走っている仲間をオンにしました。ジェファーソンが勝ちましたが、このレッスンの結果は修正第12条でした。

修正第12条の規定に基づき、各選挙人は現在、大統領に1票を投じています。次点者はオフィスに勝ちません。選挙人は副大統領に別々に投票し、勝者はそのレースで選挙人票の過半数を獲得した人です。ジェファーソンは第12改正後に選出された最初の大統領であり、2番目の副大統領を選ぶ際に、彼は別の強力で野心的な政治家を望んでいませんでした。それで彼は、国の政治的基盤のない、年上で経験豊富なランニングメイトを選ぶという伝統を始めました。要するに、彼は彼に反対することができない人を望んでいました。

ジェファーソンは、この新しく設計されたニューヨークの副大統領ジョージ・クリントンを選びました。クリントン(最近の大統領とは関係ありません)は、1777- 1795年から7回ニューヨーク州知事に選出され、重要で通常は連邦党の州で非常に人気のある民主共和党員であるという利点がありました。また重要なのは、彼は年を取りすぎていて、国の支援が不足しているため、ジェファーソンを脅かすことはできなかったということです。

クリントンが副大統領に選出されるまでに、彼は65歳でした。彼は身体的に早期に老化し、彼の健康は衰えていました。米国上院の議長として、彼はちょっと恥ずかしかった。彼の記憶はしばしば失敗し、彼は投票される前に法案の可決または敗北を発表することがありました。ある上院議員は、「クリントン氏よりも悪い選択をすることはほとんどできなかった」と書いた。別の人はクリントンについて、「彼は年をとっていて、弱く、上院で議長を務める義務をまったく果たせない」と書いた。

1808年、ジェファーソンは引退し、民主共和党はジェームズマディソンを大統領に指名しました。クリントンは指名を試みたが、勝つチャンスはなかった。彼は再びチケットの2番目のスポットを提供されました。党の多くは彼が指名を断るだろうと思ったが、彼らがニューヨークの活気ある州で彼の支持を失いたくなかったので彼にそれを与えた。クリントンは指名を受け入れただけでなく、党の破片グループに彼を大統領に指名させた。それで彼はマディソンと共に副大統領に立候補したが、大統領のためにマディソンにも反対した。彼は(地滑りによって)大統領のレースに負けましたが、副大統領のレースに勝ちました。マディソンが大統領候補を無視したという事実は、クリントン大統領の大統領に対する嫌悪感を改善するのにほとんど役立たなかった。

クリントンはマディソンと残りの民主共和党に復讐し、彼らのますます親連邦的な政策を嘆くようになった。米国銀行を更新するための投票が上院の前に来たとき、それは同数票を受け取りました。上院の大統領として、クリントンは法案に対する結びつきを破った。彼の投票は米国銀行を殺害し、その直後に米英戦争に適切に資金を提供することができなくなった。 1812年4月、その戦争が始まる前に、クリントンは亡くなりました。彼はオフィスで死んだ最初の副大統領でした。

マディソンが再選に立候補したとき、彼は別の年老いたベテランの政治家と、通常は連邦主義の州から別の民主共和党員を選びました。彼はマサチューセッツからエルブリッジゲリーを選びました。クリントンのように、ジェリーは独立戦争に参加し、批准の過程で憲法に反対した。マサチューセッツ州知事として、ジェリーは、ある政党または派閥に利益をもたらすように設計された、精巧で不規則な投票区の境界線を作成したことで知られていました。練習は今日まで彼の名前を持っています:ゲリマンダー。州上院の投票区を操作することにより、ゲリーと彼の仲間の民主共和党は、いくつかの地区では連邦主義者が大多数で勝利し、より多くの地区では民主共和党が小多数で勝利するように手配しました。その結果、民主共和党は彼らがふさわしいよりも多くの議席を獲得した。これらの珍しい地区の1つは、神話上の動物のように地図上に形作られました。サンショウウオのように見えると言う人もいましたが、すぐにゲリマンダーとして知られるようになりました。

副大統領として、ジェリーはクリントンが持っていたのとほぼ同じくらいマディソンの政策に反対した。実際、ジェリーは彼が思っていたよりも大統領に近づきました。 1813年、マディソンは重病になり、しばらくの間、彼の命は脅かされたように見えました。しかし、マディソンは回復し、ジェリーは副大統領としての短期間の取るに足らない任期の後、1814年に脳卒中で亡くなりました。

修正第12条以前は、副大統領は主要な政治権力でした。憲法修正第12条の後、大統領候補は、自分以外の州または地域を提供できる人物(チケットのバランスに関する以前の記事を参照)、大統領のリーダーシップを脅かさないキャリアの終わりの年配の男性を望んでいました。ポジション。要するに、修正第12条の後、副大統領は、主な能力が通常利用可能であった年配の平凡な政治家のための地位になりました。

マディソンには、とにかく彼に反対した2人のそのような男性がいました。彼はそれらの両方より長持ちし、長生きしました。
タグ:クリントン、ゲリマンダー、ゲリマンダー、社長、副社長


タグ:インディアナ州の副大統領

&#8220ジュリアン、ホン議員。インディアナ州のジョージワシントン、&#8221ガラスネガ、1865〜1880年頃、米国議会図書館の版画および写真部門、http://www.loc.gov/pictures/item/brh2003001974/PP/にアクセス

ジョージワシントンジュリアンは、彼の強い道徳的信念によって定義された急進的な政治指導者でした。奴隷制、南北戦争、独占、そしてアフリカ系アメリカ人、移民、女性に対する差別が特徴的な時期に、ジュリアンは絶え間なく廃止、平等な権利、土地改革を提唱しました。彼は1849年から1851年まで米国の代表を務め、1850年代にいくつかの逃亡奴隷事件(大胆な脱出計画を含む)で弁護士を務め、1852年に自由土地党の副大統領に立候補し、再び米国代表1861-1871。

ジュリアンは1817年にインディアナ州センタービル(当時はセンタービルと呼ばれていました)で生まれました。彼は生涯のほとんどの間そこに住み、法務を維持しました。ジュリアンは1840年にインディアナ州のバーに入院し、議会に出席していないときに法律を実践しました。ジュリアンは、彼の道徳的信念によって形作られた目標を達成するために、法制度とさまざまな政党の中で働きました。廃止と平等な権利(土地分配の平等を含む)への彼のコミットメントは、50年以上にわたって著しく一貫していた。これらの分野で改革を追求するために、ジュリアンはしばしば政党を変更し、これらの目標を前進させる政党と協力しました。彼は彼のキャリアを通して彼の手紙、記事、そしてスピーチで彼の立場を繰り返し説明しました。 ユニタリアンレビュー。 1853年、彼はウィリアムロイドガリソンを含む奴隷制度廃止論者たちに次のように書いています。政治的、宗教的、そして社会の枠組み全体の根底にあり、それを前進させる大きな道徳的潮流。」彼は議論とアプローチを修正しましたが、平等に向けて取り組むことから決して揺らぐことはありませんでした。彼のコレクションの紹介で 政治問題に関するスピーチ [1872]、彼は、「いくつかの例では、その後修正された意見が進んでいるが、私の絶え間ない刺激的な目的は、私が真実であると信じていることを宣言することであった」と書いた。このスピーチのコレクションの目次を調べると、彼は議会と全国で、絶えず一貫して廃止、平等な権利、土地改革に取り組んでいることがわかります。 1884年までの彼のキャリアを振り返って、ジュリアンは彼に書いた 政治的回想 [1884]、「私の勝利には妥協の兆候はありませんでした。」

アメリカ合衆国下院、第31議会

ジュリアンは1849年に、ウェイン郡を拠点とする「バーント地区」と呼ばれるクエーカー教徒と反奴隷制の地域である第4インディアナ議会地区の米国下院議員として就任しました。ジュリアンは自由土地党の指導者であり、奴隷制の拡大に反対することに専念する単一問題の党であり、後に奴隷制自体の制度となった。彼の任期中、彼は公有地への廃止と平等なアクセスを規定する法律を支持した。

ジュリアンは議会で奴隷制の終了と逃亡奴隷法の廃止を提唱するいくつかの演説をしました。彼の最も心に訴える演説は、おそらく1850年に下院に提出した「奴隷制の質問」でした。彼はまた、彼が話したり会議に出席したりした郡全体の奴隷制度廃止論者からの請願を頻繁に提示しました。 1851年に、彼は逃亡奴隷法の廃止を求めるマサチューセッツ市民からの請願書を提出しました。ジュリアンはまた、一般的に奴隷制の存在に対して、特に逃亡奴隷法に反対するインディアナクエーカー教徒からの請願書を提出しました。奴隷法。」

ジョージ・ワシントン・ジュリアン、インディアナ州のジョージ・ワシントン・ジュリアンのスピーチ、奴隷制の質問について、下院で配信、1850年5月14日(ワシントン:議会グローブオフィス、1850年、セントジョセフ公立図書館で印刷、インディアナメモリにアクセス、https://digital.library.in.gov/Record/SJCPL_p16827coll6-261

1851年、ジュリアンは議会に、なぜ彼がホームステッド法案を支持したのかについて話しました。ジュリアンは、すべての人が土から家を作る「不可侵」かつ「自然の権利」を持っていると主張しました。彼は、企業や投機家に多額の助成金を提供するという現代の慣行に反対し、企業や投機家は人々が彼らのために働き、そこから借りることを要求しました。彼は北部の土地独占を「白人奴隷制」と呼んだ。彼はこの機会を利用して、奴隷制にも反対する強い議論をしました。彼は議会の前で、裕福な奴隷所有者の広大なプランテーションは、個々の所有者が所有する区画に分割された場合ほど生産的ではないと主張した。ジュリアンは言った:

「したがって、公有地の自由は奴隷制対策です。それは、政府の公式の制裁を、人間としての人間の自然の権利、土の上の家、そしてもちろん彼自身の労働の成果に貸すことによって、奴隷権力を弱めるでしょう。それは、同族の賃金奴隷制に戦争を起こし、犠牲者に家と雇用を与え、人々の状態を平等にすることによって、動産奴隷制のシステムを弱めるでしょう。」

法案は下院と上院の両方で失敗した。歴史家のジェームズL.ロークの1968年の記事によると インディアナ歴史誌、ジュリアンの廃止の議論は、法案が可決される可能性を損なった可能性があります。しかし、11年後、ジュリアンが議会に戻った後、ホームステッド法が可決されました。

副大統領の指名、1852年

1852年の大統領選挙は、主にホイッグ党のウィンフィールド・スコット候補と民主党のフランクリン・ピアース候補の間の争いでした。しかし、自由土地党は、ノウ・ナッシング、ユニオン、サザン・ライツの各党に先駆けて、実行中の最強の第三者でした。自由土地党は、ニューハンプシャー州の上院議員ジョンP.ヘイルを候補者として指名し、ジョージワシントンジュリアンを彼のランニングメイトとして選びました。フリーソイラーは勝つ見込みがほとんどありませんでした。ほとんどの人は奴隷制問題をめぐる動揺にうんざりしていて、1850年の妥協に満足しました。それは多くの人にとって問題を一時的に中和しました。しかし、奴隷制に道徳的に反対する人々にとって、妥協は考えられなかったので、彼らは自由土地に対する政治的動揺を続けました。連合のために団結を維持したいので、ほとんどの人は妥協を支持した候補者に投票しました。 Hale-Julianチケットは、300万人以上のキャストのうち155,825票しか得られず、選挙人票はありませんでした。しかし、ジュリアンを含む自由土地党の指導者たちは、わずか2年後に新しい共和党の設立に不可欠になりました。敗北後、ジュリアンは法務に戻った。

Brady&#8217s National Photographic Portrait Galleries、&#8220George W. Julian、&#8221 nd、Lincoln Financial Foundation Collection、Allen County Public Library、アクセスhttp://contentdm.acpl.lib.in.us/cdm/ref/collection / p15155coll1 / id / 4755

逃亡奴隷事件

1850年、議会は逃亡奴隷法を可決しました。これは、フージャーが奴隷から逃れるのを助けることを禁止しただけでなく、自己解放されたアフリカ系アメリカ人を奴隷に戻すことを要求しました。多くの人が法律に反対し、法廷で異議を唱えました。 1850年代、ジュリアンは奴隷として主張されたアフリカ系アメリカ人と奴隷の脱出を​​助けた白人のフーシャーの両方の弁護士を務めました。ジュリアンの伝記作家パトリック・W・リドルバーガーによれば、「1850年以降、オハイオ川の北岸にある州の弁護士は、もし彼がそのように傾倒していれば、逃亡奴隷事件に彼の慣習の一部を捧げることができた」。

1854年12月、ジュリアンとE. H.ブラケットは、トムとジムという名前の逃亡奴隷を収容したとして告発されたベンジャミンウォーターハウスに対する訴訟で被告側弁護士を務めました。トムとジムはケンタッキーの奴隷マスターダニエルペインから脱出し、インディアナを通ってカナダに旅行したと言われています。ウォーターハウスは、インディアナにいる間に男性を収容した罪で有罪判決を受けました。法律ははるかに厳しい罰則を規定していましたが、ジュリアンとブラケットの努力により、ウォーターハウスは刑務所で1時間しか服役せず、50ドルの罰金を支払いました。逃亡奴隷法を打ち負かすために働いた人々にとっては小さな成功でした。

1857年12月、ジュリアンは、おそらく西と名付けられたアフリカ系アメリカ人の男性に代わって逃亡奴隷法に異議を唱える一連の複雑な関連事件の弁護士を務めました。オースティン・ヴァランディンガムというケンタッキー州の奴隷所有者は、ウェストが彼の奴隷であり、彼がイリノイ州に逃亡したと主張した。ヴァランディンガムは西を逮捕するために奴隷キャッチャーを送った。奴隷キャッチャーが彼をケンタッキーに連れて行くつもりでイリノイから西に連れて行ったとき、彼らはインディアナポリスを通り抜けました。これにより、ジュリアンや他の奴隷制度廃止論者の弁護士は、逃亡奴隷法に異議を唱え、おそらく西側を支援する機会を得ました。奴隷制度廃止論者はいくつかの異なる戦術を試み、地方および連邦レベルでの裁判に関与した。彼らは、自由人を誘拐したことでヴァランディンガムを起訴することから始めました。インディアナポリスのウィリアム・ウォレス裁判官は西部を釈放したが、彼は逃亡した奴隷であるとしてヴァランディンガムからの容疑で米国の元帥に即座に逮捕された。ジュリアンと他の奴隷制度廃止論者は現在、米国のジョンH.レア委員の前の裁判で西側の弁護人として行動した。 Vallandinghamは所有権の公式文書を提供することができず、裁判を通して一貫性のない証言と証拠を提供しました。不思議なことに、ウェストが本当に彼の奴隷であることを証明しようとして、ヴァランディンガムはウェストの指の関節の1つを切断したと証言しましたが、ウェストにはそのような怪我はありませんでした。他の戦術の中で、防衛は事件を遅らせようとし、ドレッド・スコット事件を引用し、奴隷制が違法であるインディアナに西を連れてくることによって、ヴァランディンガムは無意識のうちに西を解放したと主張した。彼らの最善の努力にもかかわらず、奴隷制度廃止論者は西側を助けることができなかった。彼の中で 政治的回想、ジュリアンは次のように書いています。「最高のものが達成可能な二次証拠を許可し、伝聞証拠と単なる噂を許可した後、コミッショナー[レア]は、裁定された逃亡者の除去のための彼の証明書を与えました…」事件が再びウォレス裁判官に持ち込まれたとき、ジュリアンは、「悪名高い法律に隠れて、そして逃亡者の助けを借りて、彼[西]は奴隷制に差し戻された」と説明した。

公正な結果へのすべての希望が失われたとき、ジュリアンと他の人々は西に同情し、彼の脱出を計画しようとしました。ジュリアンは思い出した:

「彼らに加わった十数人以上のニグロの弁護人は、彼を救うためのもう一つの努力で決心しました。プロジェクトは、目的のために選ばれた2、3人の男性が、翌朝彼に会い、彼に別れを告げる特権を刑務官に求めることであり、パーティーの1人が刑務官と会話を交わしている間、ネグロはドアを作ることでした、近くにひっかかった馬を乗せて逃げる…残念ながら間違った馬を乗せた…そして刑務官が追跡しているのを見て、リボルバーの報告を聞いたとき、彼は降伏し、すぐに南に護衛された。これは私がこれまで関わった唯一の重罪ですが、その時点でそれを告白するためのいかなる処分も当事者の誰も持っていません。」

アメリカ合衆国下院、第37議会から第41議会

1854年、議会はミズーリ妥協を廃止し、米国領土への奴隷制を許可するカンザスネブラスカ法を可決しました。この法案は、イリノイ州の民主党上院議員スティーブン・ダグラスが後援し、民主党のフランクリン・ピアース大統領が支持し、法に署名した。民主主義政権への反対、特に奴隷制の拡大により、さまざまな異なる政党が、全国的に共和党と呼ばれるが、インディアナ州の人民党と呼ばれる新しい政党に統合されました。 1854年、若いインディアナ党は国民共和党よりも保守的でした。人民党は、多くのフージャーズが過激すぎると見なした東部の奴隷制度廃止運動との関連性から、「共和党」という名前の採用に抵抗した。ヘンリーS.レーンは、インディアナ州の人民党を組織する上で不可欠でした。古いホイッグ党に対するレーンの影響力が人民党に最も影響を与えた一方で、反カンザス・ネブラスカ法の綱領のために奴隷制度廃止論者が加わった。ダイナミックで人気のある講演者であるレーンは、奴隷制の拡大に反対した多くの民主党員とノウナッシングを人民党に参加させるのにも役立ちました。できるだけ多くの人々を新しい党に連れてくることを目標として、指導者たちは1850年代に穏健な立場を維持し、公に反対するのは 拡大 奴隷制の廃止を主張するのではなく、しかし、ジュリアンは機関自体に反対し、廃止を求めたため、急進派共和党員と見なされました。

著者によるチャート。

インディアナ州と全国では、多くの共和党指導者がノウ・ナッシングのメンバーに仕えましたが、ジュリアンは移民排斥、外国人排斥党に激しく反対しました。ジュリアンは移民が国を強くしたと信じていました。インディアナポリスで行われた1855年の演説で、ジュリアンは移民について次のように述べています。

「彼らを来させてください。王の権力に踏みにじられ、私たちの自由な制度の正義を求めて飢え渇き、これらの海岸で彼らを歓迎させてください。彼らの動機は非常に自然であると同時に立派なものであり、&#8212彼らの多くを改善することです。彼らは私たちの国とその政府を他のすべてよりも好みます。 。 。彼の出身地のために彼を禁止することは、彼の宗教的信仰または彼の肌の色のために彼を禁止することと同じくらい卑劣で臆病です。それは最もランクの高い不公正であり、最も実に非人道的です。」

ジュリアンは、新しく組織された党の最初の1856年共和党全国大会の代表を務めました。 1860年、ジュリアンは再び米国下院に選出されました。今回は共和党員です。 NS ゴーシェン(インディアナ)タイムズ ジュリアンは「約6,000人の過半数」によって選出され、「州で最も有能な男性の1人」と呼ばれたと報告しました。」他の新聞は、彼があまりにも徹底的に奴隷制度廃止論者であり、奴隷制に反対しているにもかかわらず多くが断固として反アフリカ系アメリカ人であった暫定的に統一された比較的新しい共和党で不和を引き起こすだろうと不満を述べた。ジュリアンは、離脱危機に間に合うように、1861年2月にワシントンD.C.に到着しました。彼は、離脱を回避するために奴隷制度廃止論者の大義を犠牲にするであろう妥協策に反対した。ジュリアンは、南部を脱退させ、400万人を奴隷制に捨てる奴隷制度廃止論者たちに反対した。

南北戦争中、ジュリアンは戦争の管理を調査し、戦争に勝つための手段として、最初は労働者として、後には兵士として、アフリカ系アメリカ人の解放と雇用を奨励する戦争実施合同委員会の委員を務めました。 1862年の議会演説で、ジュリアンは次のように主張しました。「革命の戦いと1812年の戦争では、奴隷と有色自由人は白人男性に勝るもののない勇気を持って戦いました。着色された男への同様の名誉が繰り返され、したがって彼の奴隷制に対して証言することを恐れていますか?」

南北戦争を通して、彼は奴隷制が戦争の原因であり、すべての人々の完全な自由だけがその戦争によって引き起こされた損失を正当化するであろうことを明らかにするために働きました。 1862年の議会での演説で、 リバティー(インディアナ)ウィークリーヘラルド、ジュリアンは述べた:

「サー、忠実な州の人々は理解しています。 。 。彼らは奴隷制が私たちのすべての問題の根底にあることを知っています。彼らは知っていますが、この呪いのために、自由と法に対するこの恐ろしい反乱は起こらなかったでしょう。彼らは、私たちの多くの戦場の言葉では言い表せない苦悶、何千もの愛情深い心をもたらすすべての恐ろしい悲しみ、この途方もない紛争のすべての荒廃と荒廃が奴隷制に課されることを知っています。」

ヴァーノンバートンの2001年のエッセイによると 19世紀のアメリカの仲間、「生み出された学問の山にもかかわらず、すべての真面目な歴史家が奴隷制をその根底にあるものとして信じていることを除いて、戦争の原因や結果についてのコンセンサスは存在しません。」ジュリアンと他の急進派共和党員は、奴隷制を不安と戦争の主な原因として認識することに先んじていました。廃止が達成されると、ジュリアンはアフリカ系アメリカ人と女性の権利、特に参政権の権利に向けて取り組みました。彼はまた、公有地を私的使用のために取っている大規模な鉄道会社に立ち向かい、土地を所有する一般人の権利のために戦った。しかし、彼は自分の生涯で態度の変化を見ました。ジュリアンは彼の政治的回想の中で、「私は自分の構成員が自分の立場に向かって進んでいくのを見た」と書き、奴隷制を終わらせることが民主主義国家として前進するために不可欠であることを認めた。

ジュリアンは、連邦に利益をもたらす手段として、1862年のホームステッド法を支持する議会で主張した。この時までに、鉄道、資本家グループ、投機家による土地収用が増加し、共和党はより効果的な住宅建設措置を求めた。ジュリアンは討論の中で話し、北軍にお金をもたらし、黒人と白人の兵士に国の債務を返済するための最良の方法として家を建てることを提唱した。リンカーンは1862年5月20日にホームステッド法に署名した。ジュリアンはその通過は「奴隷権力に対する自由と自由労働の壮大な勝利」であると述べた。

ジュリアンはまた、1862年の第2没収法を支持しました。これは、反政府勢力からすべての財産を没収し、アフリカ系アメリカ人の兵士や労働者を含む、連合を支援した人々の家屋として再配布するものです。彼は、プランテーションを解体するために南部に家屋敷を持ち込むことを支持し、それによって貴族と土地の独占の両方を破壊しました。ジュリアンは、1862年の議会での討論の中で、廃止と土地の没収についての考えをさらに推し進めました。戦争は奴隷制を終わらせるための戦いであり、奴隷解放の宣言だけでなく、奴隷制の人々を解放するための「即時、決定的、反抗的な行動」を要求したと述べました。 。彼の計画には、解放奴隷の武装、すべての反政府勢力の財産の没収、および解放奴隷へのプランテーションの土地の再分配が含まれていました。フリードマンへの反乱軍の土地の再分配は、戦争中のジュリアンの主な関心事の1つになりました。

ジュリアンは1863年12月に公有地委員会の委員長に任命されました。次の8年間、彼はこの事務所を使用して、廃止(後の再建)と土地改革を組み合わせる作業を行いました。ジュリアンは1864年3月に議会に大規模な農地改革法案を提出しました。これは、数百万エーカーの南部の土地を兵士と解放奴隷に再分配するもので、前年の共同決議は廃止されました。ジュリアンは議会で黒人兵士のための家屋敷を主張した:

「彼らは自国の奉仕に参加し、勇気によって私たちの勝利を達成し、今日のグラント将軍の下で栄光に包まれている差し迫った破壊から国を救うために助けている戦争のすべての危険と困難に耐えています。リー将軍と彼の軍団を追い返す。 。 。なぜ[1つ]でしょう。 。 。戦争の終わりに、200年以上彼らの人種を奴隷にし、ついに彼らの命と共和国の命の両方を求めた彼らの抑圧者の土地の家を彼らに与えることを拒否しますか?」

法案は1864年5月12日、下院をわずかに通過しましたが、上院に到達する前に、司法長官は没収を終了しました。 1866年、議会はジュリアンの南部ホームステッド法案を可決しました。この法案は、南部の5,000万エーカーの公有地をホームステッド法に与えました。

1865年、ジュリアンは南部の黒人に対する参政権を主張した。 In a speech to Congress, Julian advocated for “the immediate bestowal of the elective franchise on all loyal men of the South, irrespective of color.” According to the Union City (Indiana) Eagle, “Not alone from motive of philanthropy or of exclusive justice to the black man — by the aid of whose blood and toil the rebellion had ultimately prostrated — was this urged, but also from the consideration that the best interests of the entire country, and especially the salvation of the Sothern States, demanded it.” The Indiana State Sentinel reported that Julian made a speech in Muncie in which he said the people of Indiana will have to decide on negro suffrage, not Congress but that he “fully committed himself to the principle of universal suffrage.” While Julian believed in universal suffrage, he worked to achieve the vote for southern blacks first as it was more likely to be granted because northerners worried about southern leaders returning to power. Julian recalled this suffrage campaign in his Political Recollections:

“My task was an arduous one, but I found the people steadily yielding up their prejudices, and ready to lay hold of the truth when fairly and dispassionately presented… The question involved the welfare of both races … not merely the fate of the negro, but the safety of society. It was, moreover, a question of national honor and gratitude, from which no escape was morally possible. To leave the ballot in the hands of the ex-rebels, and withhold it from these helpless millions, would be to turn them over to the unhindered tyranny and misrule of their enemies…and making the condition of the freedmen more intolerable than slavery itself through local laws and police regulations.”

による House JournalCongressional Globe, Julian proposed a constitutional amendment to Congress December 8, 1868 (H.R. 371). The bill was ordered to be printed, but does not appear with the other Bills and Resolutions of the 40 th Congress. According to Julian’s Political Recollections, the amendment read: “the right of suffrage in the United States shall be based on citizenship, and shall be regulated by Congress… all citizens of the United States whether native or naturalized shall enjoy this right equally, without any distinction or discrimination whatever founded on race, color or sex.” After the resolution was voted down, Julian attempted to make further inroads for women’s suffrage by presenting more targeted bills, including House Resolution 1530 which would have given the women of the District of Columbia the right to vote, and House Resolution 1531 which would have provided women in the territories with the right to vote. He continued this tactic for the rest of his term in the House.による House Journal そしてその Congressional Globe, Julian introduced another resolution (H. R. 15) during the 41 st Congress, First Session, proposing a constitutional amendment granting universal suffrage in the next Congress, which he modeled after the recently passed Fifteenth Amendment. Women were not granted the right to vote until Congress passed the Nineteenth Amendment in 1920.

Julian slowed the pace of his work only slightly after he left Congress in 1871. He moved from his long-time home in Centerville to Irvington (Marion County) in 1873. (Julian’s home in the Irvington Historic District still stands). By this time he had become disillusioned with the corruption of the Grant administration, and drifted from the Republican Party to a tentative commitment to the Liberal Republican movement which was working for civil service reform. Julian represented Indiana at the Liberal Republican Convention of 1872 where the other delegates put his name forward as a vice-presidential candidate, but he did not receive the nomination.

At the 1872 Democratic Convention, Julian’s name was put forward as a congressional candidate. While this may seem strange, there are several reason Julian would have been amenable to this proposal. Again, there was his dissatisfaction with the Republican Party, but also Julian had changed his views on southern Democrats drastically. While he called for their punishment immediately following the war, he now felt that the 14 th and 15 th Amendments had settled the war and the goal should be peace, amnesty, and unity. In many ways, he naively though that his work for equal rights for African Americans had been successful and accomplished. The Liberal Republicans were overwhelmingly defeated in 1872 and Julian moved further toward the Democratic Party. By 1876 he actively campaigned for the Democrats, while stressing his role as an independent voter and political parties as temporary organizations useful only as long as they work for specific goals. Still claiming his independence, Julian campaigned for the Democrats in 1880 and 1884. In 1885 Julian took public office for the last time in his life. President Grover Cleveland appointed him Surveyor General of New Mexico as a reward for his service to the party. He served until 1889, dealing mostly with land claims. In 1889 he moved back to Irvington where he lived relatively privately and quietly until his death in 1899. He is buried at Crown Hill Cemetery.


A vaguely defined role

Throughout the 19th century, vice presidents were seen as politically expedient during an election, when they could be used to gain critical electoral votes and balance out the geographic appeal of a presidential candidate. But after the election, most were ignored by the presidents they served—and their duties and role of successor to the president were left unclear.

Part of the problem was the Constitution itself, which vaguely provided that the duties of the president would “devolve” on the vice president if a president became incapacitated or died—but didn’t technically say that the vice president would take over the office. Nor was there a plan for replacing a vice president unable to finish a term.

This was put to the test when President William Henry Harrison died while in office in 1841. While political adversaries argued Vice President John Tyler should only become an “acting” president, Tyler construed the Constitution as giving him not a set of duties but the presidential office itself. He moved into the White House, took a presidential oath, and delivered a brief inaugural address. It would take until 1967 for the precedent he set to be enshrined in the Constitution with the 25th Amendment.

Three other vice presidents assumed the presidency after the untimely death of their predecessors in the 19th century. A few ran unsuccessfully for president. But in the hundred years since Thomas Jefferson’s election in 1801, only one, Martin Van Buren in 1836, made it to the office through an election.

Then came Theodore Roosevelt, who served under William McKinley in 1901. Put on the ticket by New York political rivals who were desperate to unseat him as governor of the state, Roosevelt saw the role as uninspiring but ran because he knew it might give him a shot at the White House. Once installed, he spent his time in office trying to line up an eventual presidential victory. When McKinley was assassinated in 1901, Roosevelt succeeded to the presidency in 1904, he was elected in his own right. ((Inside the 18th-century contest to build the White House.)


Top 10 Most Influential Vice President in American History

Top 10 Most Influential Vice President in American History. The Office of the President might be the main office in the United States, but the Office of the Vice President has helped shape the course of history for decades. The ideal vice-presidential option can help procure an election and develop an enduring legacy, and the incorrect one can tank the most promising political career. This listing isn’t standing who had been the “best” or “worst” or “best” vice-president. It’s solely focused on what vice-presidents were strongest in regards to this growth of the workplace.

Richard M. Nixon

After Harry Truman’s post-war reinvention of this vice-presidency, President Dwight Eisenhower made a decision to carry things to a much greater level because of his Vice President, Richard Nixon. Before Eisenhower had been elected, Nixon was an observable campaigner and in reaction to a little scandal regarding political contributions, became the very first vice-presidential candidate to discharge his tax returns to the general public. As Vice President, Nixon had been given the job of really running cabinet meetings in the absence of Eisenhower, and Nixon acted on his own behalf through two events when Eisenhower suffered a heart attack, after which a stroke. This was a complete decade ahead of this ratification of the 25th amendment, which covers instances of presidential disability or incapacity — but Eisenhower ardently outlined instructions where Nixon would presume temporary presidential forces during these occasions. Although Nixon was granted new powers and obligations, like most of his predecessors, he was largely confined to the work of presiding over the Senate. However, his vice-presidency was clearly a significant step forward in the growth of the workplace is now.

Walter Mondale

At this time, it appears that Walter Mondale could be destined to become among these in the very long lineup of abandoned Vice Presidents. However, what is often overlooked is that Walter Mondale has been, undoubtedly, the very first truly modern Vice President of the USA. As a Senator from Minnesota, he had been picked by Jimmy Carter to be his running mate at 1976. After winning this election, Carter gave Mondale a very distinct part in his government. He had been the first Vice President having an office at the West Wing of the White House, in which he had been commonly consulted with the President on all problems, whether it had been national, defense or foreign. Additionally, with all the national safety issues of the Cold War, as Vice President, he also received intelligence briefings on a daily basis — a tradition which carries on to this day. Jimmy Carter was severely defeated by Ronald Reagan in 1980, however, the Mondale heritage survived. The last outcome is that after Walter Mondale, the Vice President was not a ceremonial sidekick, but the true partner, confidant, along with teammate of this President.

Richard B. Cheney

Throughout the 2000 election, it occasionally joked that Bush was, in reality, Cheney’s running-mate, and this lasted with allegations which Cheney was the actual “power behind the throne” (that would be somewhat farfetched, as Cheney frequently uttered impatience and frustration with lots of Bush’s conclusions, notably Bush’s refusal to grant Cheney’s buddy Scooter Libby a presidential pardon). Even still, Cheney was a particularly strong vice-president, who as a former Secretary of Defense, advised Bush on defense and domestic security problems, and is credited among the primary architects of the Iraq War. He was also famous for having been particularly wise as a politician. He was fast to produce pointed attacks on his enemies, also in 2005 many members of his team (specifically, Scooter Libby) were investigated for leaking the identity of a CIA agent that had angered Cheney (see the Plame Affair for much more about this). In the conclusion of the sentence, Dick Cheney was broadly recognized among the very popular Vice Presidents in history among Republicans and Democrats alike. Regardless of this, it’s, without doubt, he was among the most effective people to hold the workplace, and it remains to be seen the way his tenure will help determine the workplace in the years ahead.

John Adams

John Adams was the second president of the USA, having previously served as the first vice president of the USA. Well educated, he had been an Enlightenment political theorist who encouraged republicanism, in addition to a powerful central government, also wrote prolifically about his frequently seminal thoughts –both in printed works and in letters to his wife and essential adviser Abigail Adams. During this lifetime, Adams was opposed to slavery, never owned a servant, and was very pleased with this actuality.

Harry S Truman

Since Franklin Roosevelt seen his experimentation with Henry Wallace as an active Vice President because of the loser, when he had been re-elected into the fourth term in 1944, he chose to present his new Vice President, Harry Truman of Missouri, a traditional “do-nothing” function as the presiding officer of the Senate. Obviously, after just 3 weeks in office, Roosevelt died and Truman became president. Upon taking office, Truman was advised of this evolution of the Atomic Bomb, something which Roosevelt’s government never bothered to inform him about. This understanding made Harry Truman re-think the significance of the vice-presidential office… that in the postwar planet may no longer be dismissed as insignificant and Profession. Back in 1947, Truman established the National Security Council, where the main matters of national security could be discussed. After he had been elected to another term in 1948, which filled the vice-presidential vacancy left Truman, he decided that fresh Vice President Alben Barkley was contained as a member of the National Security Council and had him attend cabinet meetings also. Though Truman’s vice-presidency was brief and uneventful, Roosevelt’s unexpected death enabled him to realize just how crucial it was to maintain the Vice President informed of their country’s main problems. Because of this, Truman has to be comprised among the most essential Vice Presidents of all time.

トーマス・ジェファーソン

Thomas Jefferson was an American Founding Father who was the primary author of the Declaration of Independence and served as the president of the USA from 1801 to 1809. Formerly, he was chosen the next vice president of the USA, operating under John Adams from 1797 to 1801. He had been a proponent of democracy, republicanism, and human rights penalizing American colonists to separate from Great Britain and make a new country he generated formative records and decisions in both the national and state level.

Gerald Ford

Ford was a moderate Republican whose nomination was met with very little resistance in Congress, which immediately approved of Nixon’s decision, letting him become sworn-in on December 6, 1973. Since the subsequent year improved, revelations from the growing Watergate scandal made it look increasingly probable that Ford may wind up as president in the event of Nixon being impeached or resign. Because of this, Ford has been given an extremely keen awareness of presidential responsibilities in preparation for this occasion and is possibly the only Vice President to be awarded advanced warning of a forthcoming presidential vacancy.

Henry Wallace

As the 20th century progressed, the vice-presidency was a mostly unimportant factor of the executive branch. Back in 1940, Franklin Roosevelt ran for a third term as president and fell his Vice President, John Nance Garner, in the presidential ticket that season and substituted him Secretary of Agriculture Henry Wallace. After winning the election this year, Roosevelt chose to give Wallace a more active part in his government by naming him into other articles like the Board of Economic Welfare. Wallace quickly became a significant figure since the United States entered World War II, as he encouraged the war campaign and sought to defeat the Nazis. He was an outspoken and outspoken supporter of Civil Rights at the moment. Furthermore, Wallace became friendly with the Soviet Union and urged a more powerful alliance with Stalin. This was the final straw for Roosevelt, and he fell Wallace in the presidential ticket at the 1944 election.

Garret Hobart

For the majority of the 19th Century, the vice-presidency was mostly gullible and helpless. Though he regularly completed the principal job of presiding over the Senate, Hobart was consulted with McKinley for help and guidance. In addition, he throws the tie-breaking vote at the Senate which chose to shoot the Philippines as an American land when the war finished. But he died unexpectedly in 1899 and abandoned the chair closed until McKinley’s re-election a year afterward when Teddy Roosevelt chose the workplace.

ジョンタイラー

But Tyler’s vice-presidency made among the most crucial precedents of the workplace. This caused a small succession crisis. Report II, Section I of the US Constitution says that in the event of the president’s departure or removal from office, his responsibilities would be “devolved” on the Vice President. The vagueness of this clause left was much debate in regards to what level Tyler was president. Some believed him to be only “Acting President” and may just hold the office for a caretaker before Congress called for a special election, or appointed another person to become president. Others believed him to be the president and could serve the rest of Harrison’s term. This was just the situation that Tyler maintained, also stated he was the 10th president of the USA and nothing less. He served as president before 1845, setting a precedent which in the instance of a president’s departure or elimination, his Vice President could choose the workplace and serves the rest of the expression. Since that time, there were eight additional Vice Presidents to become president under identical conditions.


コンテンツ

Presently, there are five living former vice presidents. The most recent death of a former vice president was that of Gerald Ford (served 1974–77) on December 26, 2006, aged Template:Age in years and days. The most recently serving vice president to die was Nelson Rockefeller (served 1974–77) on January 26, 1979, aged Template:Age in years and days.

Living as of June 2021
OS Vice President Tenure Date of birth
42 Walter Mondale 1977–1981 ( 1928-01-05 ) January 5, 1928 (age 93)
43 George H. W. Bush 1981–1989 ( 1924-06-12 ) June 12, 1924 (age 97)
44 Dan Quayle 1989–1993 ( 1947-02-04 ) February 4, 1947 (age 74)
45 Al Gore 1993–2001 ( 1948-03-31 ) March 31, 1948 (age 73)
46 Dick Cheney 2001-2009 ( 1941-01-30 ) January 30, 1941 (age 80)


コンテンツ

The median age upon accession to the vice presidency is around 54 years and 10 months. This is about how old John Adams and Hubert Humphrey were at the time they entered office. The youngest person to assume office was John C. Breckinridge, at the age of 36 years, 47 days. Serving only one term, he became and remains the youngest at the time of leaving office the oldest at the time of entering office was Alben W. Barkley, at the age of 71 years, 57 days. He was also the oldest in office when he left office.

Born on January 16, 1821, John C. Breckinridge was younger than five of his successors, the greatest number to date: Andrew Johnson (12 years and 18 days) Hannibal Hamlin (11 years, 4 months, and 20 days) Henry Wilson (8 years and 11 months) William A. Wheeler (1 year, 6 months, and 17 days) and Thomas A. Hendricks (1 year, 4 months, and 9 days).

Born on July 8, 1908, Nelson Rockefeller was older than five of his predecessors, the greatest number to date: Lyndon B. Johnson (1 month and 19 days) Hubert Humphrey (2 years, 10 months, and 19 days) Richard Nixon (4 years, 6 months, and 1 day) Gerald Ford (5 years and 6 days) and Spiro Agnew (10 years, 4 months, and 1 day). [1]

Three vice presidents—Hannibal Hamlin, Charles G. Dawes, and Lyndon B. Johnson—were born on August 27 (in 1809, 1865, and 1908 respectively). This is the only day of the year having the birthday of multiple vice presidents. [1]

The oldest living vice president is Dick Cheney, born on January 30, 1941 (age 80 years, 148 days). The youngest living vice president is the incumbent, Kamala Harris, born on October 20, 1964 (aged 56 years, 250 days). The shortest-lived vice president was Daniel D. Tompkins, who died at the age of 50 years, 355 days, only 99 days after leaving office. The longest-lived was John Nance Garner, who died on November 7, 1967 at the age of 98 years, 350 days.

Six U.S. vice presidents have lived into their 90s. The first to do so, John Adams, was the longest-lived vice president from the time he first took office in April 1789 until Levi Morton surpassed his lifespan in January 1915. The six nonagenarian vice presidents (ordered by lifespan) are:

# Vice president Born Age at start
of vice presidency
Age at end
of vice presidency
Post-VP timespan Lifespan
死亡しました
0 1 John Adams Oct 30, 1735 53 years, 173 days
Apr 21, 1789
61 years, 125 days
Mar 4, 1797
29 years, 122 days July 5, 1826 Jul 4, 1826 90 years, 247 days
0 2 トーマス・ジェファーソン Apr 13, 1743 53 years, 325 days
Mar 4, 1797
57 years, 325 days
Mar 4, 1801
25 years, 122 days Jul 4, 1826 83 years, 82 days
0 3 Aaron Burr Feb 6, 1756 45 years, 26 days
Mar 4, 1801
49 years, 26 days
Mar 4, 1805
31 years, 194 days Sep 14, 1836 80 years, 221 days
0 4 George Clinton Jul 26, 1739 65 years, 221 days
Mar 4, 1805
72 years, 269 days
Apr 20, 1812
00,007 0 days [a] Apr 20, 1812 72 years, 269 days
0 5 Elbridge Gerry Jul 17, 1744 68 years, 230 days
Mar 4, 1813
70 years, 129 days
Nov 23, 1814
00,003 0 days [a] Nov 23, 1814 70 years, 129 days
0 6 Daniel D. Tompkins Jun 21, 1774 42 years, 256 days
Mar 4, 1817
50 years, 256 days
Mar 4, 1825
00,099 99 days Jun 11, 1825 50 years, 355 days
0 7 John C. Calhoun Mar 18, 1782 42 years, 351 days
Mar 4, 1825
50 years, 285 days
Dec 28, 1832 [b]
17 years, 93 days Mar 31, 1850 68 years, 13 days
0 8 Martin Van Buren Dec 5, 1782 50 years, 89 days
Mar 4, 1833
54 years, 89 days
Mar 4, 1837
25 years, 142 days Jul 24, 1862 79 years, 231 days
0 9 Richard M. Johnson Oct 17, 1780 56 years, 138 days
Mar 4, 1837
60 years, 138 days
Mar 4, 1841
9 years, 260 days Nov 19, 1850 70 years, 33 days
10 ジョンタイラー Mar 29, 1790 50 years, 340 days
Mar 4, 1841
51 years, 6 days
Apr 4, 1841 [c]
20 years, 289 days Jan 18, 1862 71 years, 295 days
11 George M. Dallas Jul 10, 1792 52 years, 237 days
Mar 4, 1845
56 years, 237 days
Mar 4, 1849
15 years, 302 days Dec 31, 1864 72 years, 174 days
12 Millard Fillmore Jan 7, 1800 49 years, 56 days
Mar 4, 1849
50 years, 183 days
Jul 9, 1850 [c]
23 years, 242 days Mar 8, 1874 74 years, 60 days
13 William R. King Apr 7, 1786 66 years, 331 days
Mar 4, 1853
67 years, 11 days
Apr 18, 1853
00,004 0 days [a] Apr 18, 1853 67 years, 11 days
14 John C. Breckinridge Jan 16, 1821 36 years, 47 days
Mar 4, 1857
40 years, 47 days
Mar 4, 1861
14 years, 74 days May 17, 1875 54 years, 121 days
15 Hannibal Hamlin Aug 27, 1809 51 years, 189 days
Mar 4, 1861
55 years, 189 days
Mar 4, 1865
26 years, 122 days Jul 4, 1891 81 years, 311 days
16 Andrew Johnson Dec 29, 1808 56 years, 65 days
Mar 4, 1865
56 years, 107 days
Apr 15, 1865 [c]
10 years, 107 days Jul 31, 1875 66 years, 214 days
17 Schuyler Colfax Mar 23, 1823 45 years, 346 days
Mar 4, 1869
49 years, 346 days
Mar 4, 1873
11 years, 315 days Jan 13, 1885 61 years, 296 days
18 ヘンリーウィルソン Feb 16, 1812 61 years, 16 days
Mar 4, 1873
63 years, 279 days
Nov 22, 1875
00,001 0 days [a] Nov 22, 1875 63 years, 279 days
19 William A. Wheeler Jun 30, 1819 57 years, 247 days
Mar 4, 1877
61 years, 247 days
Mar 4, 1881
6 years, 92 days Jun 4, 1887 67 years, 339 days
20 Chester A. Arthur Oct 5, 1829 51 years, 150 days
Mar 4, 1881
51 years, 349 days
Sep 19, 1881 [c]
5 years, 60 days Nov 18, 1886 57 years, 44 days
21 Thomas A. Hendricks Sep 7, 1819 65 years, 178 days
Mar 4, 1885
66 years, 75 days
Nov 25, 1885
00,002 0 days [a] Nov 25, 1885 66 years, 79 days
22 Levi P. Morton May 16, 1824 64 years, 292 days
Mar 4, 1889
68 years, 292 days
Mar 4, 1893
27 years, 73 days May 16, 1920 96 years, 0 days
23 Adlai Stevenson I Oct 23, 1835 57 years, 132 days
Mar 4, 1893
61 years, 132 days
Mar 4, 1897
17 years, 102 days Jun 14, 1914 78 years, 234 days
24 Garret Hobart Jun 3, 1844 52 years, 274 days
Mar 4, 1897
55 years, 171 days
Nov 21, 1899
00,005 0 days [a] Nov 21, 1899 55 years, 171 days
25 セオドア・ルーズベルト Oct 27, 1858 42 years, 128 days
Mar 4, 1901
42 years, 322 days
Sep 14, 1901 [c]
17 years, 114 days Jan 6, 1919 60 years, 71 days
26 Charles W. Fairbanks May 11, 1852 52 years, 297 days
Mar 4, 1905
56 years, 297 days
Mar 4, 1909
9 years, 92 days Jun 4, 1918 66 years, 24 days
27 James S. Sherman Oct 24, 1855 53 years, 131 days
Mar 4, 1909
57 years, 6 days
Oct 30, 1912
00,007 0 days [a] Oct 30, 1912 57 years, 6 days
28 Thomas R. Marshall Mar 14, 1854 58 years, 355 days
Mar 4, 1913
66 years, 355 days
Mar 4, 1921
4 years, 89 days Jun 1, 1925 71 years, 79 days
29 Calvin Coolidge Jul 4, 1872 48 years, 243 days
Mar 4, 1921
51 years, 29 days
Aug 2, 1923 [c]
9 years, 156 days Jan 5, 1933 60 years, 185 days
30 Charles G. Dawes Aug 27, 1865 59 years, 189 days
Mar 4, 1925
63 years, 189 days
Mar 4, 1929
22 years, 50 days Apr 23, 1951 85 years, 239 days
31 Charles Curtis Jan 25, 1860 69 years, 38 days
Mar 4, 1929
73 years, 38 days
Mar 4, 1933
2 years, 341 days Feb 8, 1936 76 years, 14 days
32 John Nance Garner Nov 22, 1868 64 years, 102 days
Mar 4, 1933
72 years, 59 days
Jan 20, 1941
26 years, 291 days Nov 7, 1967 98 years, 350 days
33 ヘンリーA.ウォレス Oct 7, 1888 52 years, 105 days
Jan 20, 1941
56 years, 105 days
Jan 20, 1945
20 years, 302 days Nov 18, 1965 77 years, 42 days
34 Harry S. Truman May 8, 1884 60 years, 257 days
Jan 20, 1945
60 years, 339 days
Apr 12, 1945 [c]
27 years, 258 days Dec 26, 1972 88 years, 232 days
35 Alben W. Barkley Nov 24, 1877 71 years, 57 days
Jan 20, 1949
75 years, 57 days
Jan 20, 1953
3 years, 101 days Apr 30, 1956 78 years, 158 days
36 Richard Nixon Jan 9, 1913 40 years, 11 days
Jan 20, 1953
48 years, 11 days
Jan 20, 1961
33 years, 92 days Apr 22, 1994 81 years, 103 days
37 Lyndon B. Johnson Aug 27, 1908 52 years, 146 days
Jan 20, 1961
55 years, 87 days
Nov 22, 1963 [c]
9 years, 61 days Jan 22, 1973 64 years, 148 days
38 Hubert Humphrey May 27, 1911 53 years, 238 days
Jan 20, 1965
57 years, 238 days
Jan 20, 1969
8 years, 358 days Jan 13, 1978 66 years, 231 days
39 Spiro Agnew Nov 9, 1918 50 years, 72 days
Jan 20, 1969
54 years, 335 days
Oct 10, 1973 [b]
22 years, 343 days Sep 17, 1996 77 years, 313 days
40 Gerald Ford Jul 14, 1913 60 years, 145 days
Dec 6, 1973 [d]
61 years, 26 days
Aug 9, 1974 [c]
32 years, 139 days Dec 26, 2006 93 years, 165 days
41 Nelson Rockefeller Jul 8, 1908 66 years, 164 days
Dec 19, 1974 [d]
68 years, 196 days
Jan 20, 1977
2 years, 6 days Jan 26, 1979 70 years, 202 days
42 Walter Mondale Jan 5, 1928 49 years, 15 days
Jan 20, 1977
53 years, 15 days
Jan 20, 1981
40 years, 89 days Apr 19, 2021 93 years, 104 days
43 George H. W. Bush Jun 12, 1924 56 years, 222 days
Jan 20, 1981
64 years, 222 days
Jan 20, 1989
29 years, 314 days Nov 30, 2018 94 years, 171 days
44 Dan Quayle Feb 4, 1947 41 years, 351 days
Jan 20, 1989
45 years, 351 days
Jan 20, 1993
28 years, 158 days 2021-06-27 (living) 74 years, 143 days
45 Al Gore Mar 31, 1948 44 years, 295 days
Jan 20, 1993
52 years, 295 days
Jan 20, 2001
20 years, 158 days 2021-06-27 (living) 73 years, 88 days
46 Dick Cheney Jan 30, 1941 59 years, 356 days
Jan 20, 2001
67 years, 356 days
Jan 20, 2009
12 years, 158 days 2021-06-27 (living) 80 years, 148 days
47 Joe Biden Nov 20, 1942 66 years, 61 days
Jan 20, 2009
74 years, 61 days
Jan 20, 2017
4 years, 158 days 2021-06-27 (living) 78 years, 219 days
48 Mike Pence Jun 7, 1959 57 years, 227 days
Jan 20, 2017
61 years, 227 days
Jan 20, 2021
158 days 2021-06-27 (living) 62 years, 20 days
49 Kamala Harris Oct 20, 1964 56 years, 92 days
Jan 20, 2021
56 years, 250 days (incumbent) (incumbent) 2021-06-27 (living) 56 years, 250 days
# Vice president Born Age at start
of vice presidency
Age at end
of vice presidency
Post-VP timespan 死亡しました
Lifespan

Notes Edit

  1. ^ NSNSNSNSeNSNS Died in office.
  2. ^ NSNS Resigned from office.
  3. ^ NSNSNSNSeNSNSNS Succeeded to the presidency.
  4. ^ NSNS Confirmed by U.S. Congress to fill an intra-term vacancy in the vice presidency.

Of the 49 persons who have served as vice president, 22 have become the oldest such individual of their time, with one, Charles Dawes doing so twice. John Adams, the first vice president, held this distinction for the longest period of any, from when he assumed the office in April 1789, until his death 37 years later. Lyndon B. Johnson held it for the shortest, from the death of Harry S. Truman in December 1972 until his own death only 27 days later. Adams, at age 53, was the youngest individual ever to become the oldest living vice president Walter Mondale is the oldest individual to acquire this distinction, at the age of 90. Nine of these individuals have also had the distinction of being the oldest living president: John Adams, Martin Van Buren, Millard Fillmore, Andrew Johnson, Harry S. Truman, Lyndon B. Johnson, Richard Nixon, Gerald Ford, and George H. W. Bush.

On three occasions the oldest living vice president lost this distinction, not by his own death, but by the inauguration of a vice president who was older. John C. Calhoun (born 1782) lost this distinction when Richard M. Johnson (born 1780) was inaugurated. Charles G. Dawes (born 1865) lost it when Charles Curtis (born 1860) was inaugurated. Dawes subsequently regained the honor, as he outlived the older Curtis. More recently, Hubert Humphrey (born 1911) ceased being the oldest living when Nelson Rockefeller (born 1908) was sworn into office.

Altogether, six vice presidents acquired this distinction while in office: Richard M. Johnson, Levi P. Morton, Thomas R. Marshall, Charles G. Dawes, Charles Curtis, and Nelson Rockefeller (Morton and Marshall also simultaneously became the only living vice president). By contrast, the individual to become the oldest living vice president furthest from his time in office is Walter Mondale, who had been retired for 37 years, 314 days.


ビデオを見る: 時間で万人が消えた壮絶な罠トラシメヌス湖畔の戦いハンニバル戦記回世界の戦術戦略


コメント:

  1. Jurn

    私はサイトに来ることを提案することができます。テーマに関する大量の情報があなたを興味深いものにします。

  2. Macerio

    申し訳ありませんが、これは私には合いません。 There are other options?

  3. Guri

    おめでとうございます、これは素晴らしいアイデアだと思います。

  4. Malajind

    私の意見では、彼は間違っています。私は確信しています。 PMで私に手紙を書いて、話してください。

  5. Yokora

    確かに、これは素晴らしいメッセージです

  6. Abu Bakr

    お詫び申し上げますが、別のものに行くことをお勧めします。



メッセージを書く