ワードDD-139-歴史

ワードDD-139-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

(駆逐艦No. 139:dp。1,247; 1. 314'4 ";b。30'11"dr。9'10 ";s。35.0k。;cpl。231;a。44"、2 3 "、 12 21 "tt。;cl。Wickes)

ワード(駆逐艦No. 139)は、1918年5月15日にメアアイランド海軍造船所によって敷設されました。 1918年6月1日に記録的な15日間で打ち上げられ、ドロシーホールワード嬢が後援し、1918年7月24日にComdrに就役しました。ミルトン・S・デイビスが指揮を執っている。

シェイクダウンと訓練の後、ウォードは1918年12月2日に西海岸を通過しました。駆逐艦部隊(DesDiv)18の旗艦として、この船はグアンタナモ湾地域で毎年行われる冬の作戦に参加しました。 1919年5月、ウォードは大西洋横断飛行に着手したNC-1、NC-3、NC-4として、航法援助施設とライフガードステーションサービスを提供しました。ウォードはニューファンドランド沖の基地に勤務し、ニューファンドランドからアゾレス諸島への航路の最初の区間を支援し、姉妹船のボッジ(駆逐艦136号)とパーマー(駆逐艦161号)から50マイル離れた場所に駐屯しました。

1919年7月、艦隊が大西洋から太平洋に渡ったときに、ウォードはパナマ運河の水門を通過した駆逐艦の最初の「巣」の1つでした。この運河通過に続いて、ワードは北に進み、メキシコのアカプルコに寄港しました。 7月の残りから8月にかけて、彼女はオレゴン州ポートランドに向かう前に、サンディエゴ、サンペドロ、サンルイスオビスポ、モントレー、サンフランシスコ、ユーレカなどのカリフォルニアの港を訪れました。 1919年9月13日、ウォードはワシントン州シアトルでウッドロウウィルソン大統領によってレビューされた艦隊の船の1つでした。

その後、駆逐艦は南にサンディエゴに戻り、1919年の残りから1920年にかけて西海岸沖で作戦を行いました。1920年7月17日、海軍全体で船体番号が割り当てられた際、ワードにはDD-139という名称が割り当てられました。 1921年の春の終わりまでDesDiv18で、ウォードはその後、1921年7月21日に退役し、サンディエゴの「レッドリードロウ」に配置されたときに、予備の多くの姉妹に加わりました。

ドイツ、イタリア、日本のアクシスの挑戦が1930年代後半に平和と民主主義国家の安全を脅かしたので、アメリカ海軍は再武装し始めました。新しい船が艦隊に加わった間、多くの古い船(その中のワード)が再就役しました。 1941年が進むにつれ、ドイツのUボートとの事実上の戦争に参加するために大西洋に行った人もいました。他の人は地方の防衛任務に行きました、そして、後者の役割はワードの新しい任務でした。

ワードは1941年1月15日にサンディエゴの海軍駆逐艦基地で再就役しました。ハンターウッドジュニア、指揮下。太平洋に向けて出発した軍艦を準備して燃料を補給した後、ハワイに向かい、2月28日に外洋に着陸するとすぐに転がり、激しくピッチングしました。彼女はなんとか苦労して3月9日に真珠湾に到着し、第14海軍区の地方防衛軍とDesDiv 80に加わりました。4人の駆逐艦(2人のワードの姉妹と第一次世界大戦のベテランであるアレン(DD-66))で構成されています。 80年代の仕事は、真珠湾沖の水路入口をパトロールすることでした。太平洋艦隊が極東での日本の帝国主義的野心の高まりを阻止するために真珠湾に基地を置くことだったので、このような小さくて時代遅れの軍隊にとっては大きな仕事でした。 。

1941年を通して、ウォードはハワイ地域で定期的な対潜水艦パトロールを実施しました。チュー(DD-106)、シュリー(DD-103)、アレン、3隻の沿岸警備隊のカッターと残りを構成する少数の沿岸警備隊も同様でした。 Comdr。ジョンB.ウーリーの沿岸パトロールコマンド。 1941年7月の石油禁輸後、1941年11月下旬のワシントン10月の東條内閣の加盟により、日本との緊張が高まる中、ハワイとフィリピンの島嶼地域の部隊司令官に「戦争警告」を発令した。日本の敵対的行動の可能性に対する警告。

それに応じて、太平洋艦隊司令官のハズバンドE.キンメル提督は、防衛海域で活動している疑わしい潜水艦の接触を爆雷するために彼の沿岸パトロールを命じました。事実上「撃ち殺す」という命令が与えられたため、ウォードとその仲間たちは、戦時中の立場にあることを除いて、以前と同じように続けた。リスニングギアを装備したウォードは、沿岸の操作ゾーンで警戒を続け、水路入口ブイから半径2マイル以内で定期的な8の字を前後に切断しました。

古い4本のパイパーの1人が毎週末義務を負っていました。すぐにウォードの番になりましたが、彼女はこの特定の週末に新しい指揮官と一緒に海に出ました。ウィリアム・W・アウターブリッジ中尉は12月5日にウッド中尉から指揮を執った。そして、6日の0628に、アウターブリッジは定期的な入国パトロールのために彼の最初の制海権を取りました。

12月7日の0408に、古い駆逐艦はコンドル(AMc-14)によって検出された潜水艦の疑いを探すために総員配置に行きましたが、何も思いつきませんでした。一方、訓練飛行隊8の旗艦であるアンタレス(AKS-14)は、目標のいかだを牽引してパルミラ島から戻ってきました。彼女は港の入り口から錨を下ろし、好潮とブームネット防衛の開始を待ちました。その後、0506に航路に向かったアンタレスと電話を交わし、駆逐艦の橋の見張りがアンタレスといかだの間の補助艦の小さな羽の航跡の後部に気付くまで、ウォードは早朝の警戒を続けました。

すぐに、ウォードは生きた船でした。一般的な四分の一警報は、男性を二段ベッドからルーティングし、ダブルで彼らの総員配置に送りました。チャートハウスに装備された仮設の二段ベッドに引退したアウターブリッジは、数秒で橋の上に着物とパジャマの上に救命胴衣を着せ、頭に第一次世界大戦スタイルの「ブリキのヘルメット」をかぶった。

病棟はテリアのように潜水艦に突撃した。そして、しばらくの間、アウターブリッジは彼の船が小さな侵入者を駆け下りようとしているように見えると思いました。ナンバーワンの4インチマウントが訓練され、彼女の砲手はとらえどころのないターゲットにビードを引こうとしました。太平洋戦争の最初のショットは、0645にウォードの銃から吠え、小さな司令塔を越えて無害に飛散しました。ウォードが25ノットでドキドキしたとき、船の真ん中にあるギャレーデッキハウスの上の3番砲が発砲し始めました。そのラウンドは、潜水艇の司令塔を真っ直ぐ通過しました。日本の小人が水面下に沈み始めたとき、駆逐艦は船の笛の4回の爆風によって合図された、4回の爆雷を素早く落としました。爆弾が爆発したとき、船の沸騰した航跡で黒い水が上向きに噴出し、潜水艦の運命を封じました。

アウターブリッジは、第14海軍本部の司令官に簡潔な行動報告を無線で送信し、この攻撃を地元のパトロール部隊を悩ませていた多数の目撃と区別するために、防御海域の身元不明の潜水艦を目撃して発砲したと付け加えた。確認を求めるのが遅れ、警告に耳を傾けるのをためらうと、曲がりくねった遅い通信チャネルを介したメッセージの送信が遅くなりました。病棟はさらなる接触のためにエコーレンジを設定し、すぐに別の接触にラッチし、爆雷を落としましたが、具体的な結果は得られませんでした。

その後、オアフ島の紫と緑豊かな丘の中腹に日が明けると、ウォードは家に向かいました。運命とのデートは続きました。彼女はすぐに日本の釣りサンパンを見つけました。これはハワイ諸島の海で見慣れた光景の1つです。漁師は突然白い旗を振り始めました—おそらく彼は決定された爆雷攻撃を見て、アメリカ人が動くものは何でも爆撃するだろうと思いました。ウォードは速度を落とし、調査のために閉鎖し、小さな船を曳航して沿岸警備隊に引き渡して処分した。

0800頃に港の入り口近くで、真珠湾の空に煙が沸騰し始めたとき、甲板上の人々は銃撃と爆発の音を聞いた。すぐに機銃掃射された日本の鉋は、実際に戦争が起こっていることを疑う人々に確信させました。

その日曜日の朝、ウォードは太平洋戦争中に最初のアメリカの銃を怒りで発砲するという区別を持っていました。今年の残りの期間、由緒ある駆逐艦は定期的な地区パトロールを続け、しばらくの間、水面下を移動するものはすべて公正なゲームでした。アウターブリッジが数年後に思い出したように、ワードと彼女の姉妹はたくさんの魚を殺したに違いありません。しかし、より新しくより近代的な駆逐艦が艦隊に加わり始め、目的のために作られたサブチェイスクラフトが登場すると、古い「平甲板、フォーパイパー」の一部が他の任務に割り当てられ始めました:水上飛行機の世話、地雷の敷設または掃討、または-現代の戦争における新しい革新のために-高速輸送としての暴行着陸のための完全装備の軍隊を運ぶ。

それに応じて、ウォードはピュージェットサウンドネイビーヤードでの高速輸送への転換のためにワシントン州ブレマートンに航海しました。その後の数ヶ月の間に、古い「フォーパイパー」は外観が変わり始めました。前方ボイラーと消防室が軍隊を収容するために改造されたため、彼女の前方漏斗は取り外されました。対空砲(3インチ/ 50秒と20ミリのエリコン)は、時代遅れの「鉄の照準を合わせた」単一目的の4インチ砲と.50口径の機関銃に取って代わり、彼女は4セットのダビットと4つの36フィート上陸用舟艇を購入しました。彼女の乗船した軍隊を上陸させるために。このように装備されたワードはAPD-16に指定され、1943年2月6日に南太平洋に向けて出発しました。

エスピリトサントを拠点とするウォードは、対潜哨戒、護衛任務、輸送サービスなど、さまざまな任務を遂行し、高速輸送を担当しました。ラッセル諸島への航海を終えた直後、1943年4月7日の午後、山本五十六海軍大将が最後に計画した「I」作戦で日本の航空機が頭上を掃討したため、ウォードはツラギに近づきました。ガダルカナル島からの日本の避難の。

1510年、区は総員配置に行き、発砲し、港から突進し、行動を熱望した。混乱した銃撃戦の中で、船は2機の日本の飛行機を飛ばすのを助けました。アメリカ側で最終スコアが集計されたとき、海軍はアーロンワード(DD-483)とカナウハ(AO-9)を失い、アドハー(AK-71)とタッパハノック(AO-43)は被害を受けました。

翌日、ウォードは5人の商人の護衛として、テイラー(DD-468)、ファーレンホルト(DD-491)、スタレット(DD-407)と一緒に、エスピリトゥサントに向かい、4月10日に到着しました。その後、高速輸送は17日まで入札のオーバーホールを受けました。その後、彼女は第4海兵大隊、第1海兵連隊の兵士を乗せて、ニューヘブリデスのパウエルポイントに着陸する練習と夜間の着陸演習を行いました。これらの演習が終了すると、彼女は軍隊に再乗船し、対潜水艦のスクリーニングを実施しました。

ウォードは6月まで護衛と輸送活動を続け、16日、ガダルカナル地域での日本の空襲を打ち負かすのを手伝いました。彼女の砲手は4機の攻撃機を主張しました。 7日後の6月23日、ウォードは護衛任務の護送船団のスクリーンで蒸気を発した。その日、市村力之助中尉が指揮する日本の潜水艦RO-103が画面をすり抜け、アルドラ(AK-72)とデイモス(AK-78)の2隻の貨物船を魚雷で撃沈しました。戦争の殺害」。

ウォードは12月17日にタスクフォース(TF)76の任務のためにニューギニアのミルンベイに到着しました。彼女は、第7海兵大隊の「I」と「L」の会社と共にイギリスのニューギニアのケープサデスト沖で練習演習を行いました。海洋連隊、12月22日から23日まで。彼女は24日、第7連隊の第3大隊の企業「I」と「M」の将校と兵士140名を乗船させ、8隻編成のTU 76.1.21の一環として、ニューブリテン島のグロスター岬に向けて出発しました。 2列の順序で。

グループは26日、1列で5ノットの速度で着陸エリアに接近しました。 0600に、巡洋艦の砲撃はアメリカ人のアプローチを告げました。ウォードは0653に部隊を降ろし、ヒギンズのボートをビーチ「イエローワン」から発射し、その後、彼女のひなの帰還を待つために引退した。陸軍の重爆撃機は0705に敵の位置を襲い、陸軍の中爆撃機は約19分後に敵の防御の爆撃と機銃掃射の両方を開始しました。ウォードのボートは0845年までに戻り、1時間後、船はイギリスのニューギニアのブナに向けて航行しました。彼女の戦時日誌が「無事な帰りの旅」と呼んだ後、ウォードは12月26日の2259にブナから錨を下ろした。

2日後の1140年、ウォードはTU 76.1.21の一部としてケープグロスターに向かう第5海兵隊第1大隊、B社の将校と兵士200名を乗船させた。 1427年に航行中、1933年に多くの飛行機が近くで報告されたため、船は総員配置に行きました。しかし、誰も近づいていませんでした。そして船はその夜2018年に四分の一から立ち下がりました。

翌12月29日、ウォードと彼女の姉妹の高速輸送船は15ノットで着陸エリアに近づき、0655に海兵隊を下船し、ボートの返還を待つために目立った。上陸中、陸軍の中爆撃機が飛行場やその他の機会の標的を攻撃し、駆逐艦は後で上陸用舟艇を回収するために海に際立っていました。ウォードのすべてのボートは0815までに戻り、ノア(APD-24)を除く他のすべての輸送船は0900までに回復しました。その後すぐに、軍艦はブナに戻りました。

輸送部門22の一部として活動しているワードは、1944年1月1日にサデスト岬のために0601に着手しました。その日の午後、彼女はニューギニアのサイドロ行きの西部暴行グループに加わり、イギリスのニューギニアに向けて出発した。翌日の0615に、ウォードは輸送エリアに接近し、護衛駆逐艦は30分後にビーチターゲットと敵の防御に発砲しました。下船中隊「L」、第126陸軍歩兵連隊、第32師団、区は沖合に立っていた。駆逐艦の砲撃は0717で終了しました。そして、1分後、浜辺に接近する上陸用舟艇は、機関銃と自動兵器の発射で浜辺のジャングルを機銃掃射しました。ワードの沖合の人々は、爆撃によって引き起こされた煙とほこりの重いポールのために実際の着陸を見ることができませんでした。

サデスト岬の着陸からブナに戻った後、ウォードは1944年2月にエスピリトゥサントから現地作戦を実施しました。その後、ソロモン諸島のベララベラ島ジュノ川沖で乗船した海兵隊員とニュージーランド軍との着陸練習を行いました。 2月14日に日産島の着陸に参加する

フラム(DD-474)、ハルフォード(DD-480)が上映し、司令官、タスクユニット(CTU)31.1.4が搭乗し、ゲスト(DD-472)、ハドソン(DD-475)、ベネット(DD-473)が搭乗しました。 )、いくつかの敵機が近くを飛んでいると報告されたため、ワードは日産島の近くに到着しました。 0512に輸送エリアに近づくと、彼女はビーチ「ブルーワン」で上陸用舟艇を下船し、すぐに日本の航空機がLCIとLSTフォーメーションを攻撃していることに気づきました。近接戦中、ウォードは6機の日本の航空機を数えましたが、友好的な戦闘機が敵の編隊を処理しました。陸上では、軍隊は反対に遭遇せず、すぐに彼らの目的を達成しました。ウォードは仕事を終え、ラッセル諸島に向かい、20日に第33海軍建設大隊の兵士を乗せてニッサン島に向かった。

乗船したシービーを「ビーチレッド」に着陸させると、ウォードは沖合をパトロールし、ガダルカナル島に向けて航行中の12隻のLSTをスクリーニングした後、エスピリトゥサントに向かい、船の第2フェーズで損傷したサウンドギアを修理するためにARD-5にドッキングしました。日産島の作戦。

翌月、耐久性のある高速輸送がエミラウ島への着陸に参加し、「B」社、第1大隊、第4海兵隊が乗船しました。彼女は4時間で208人の軍隊と22トンの店舗を下船し、その後、まだ荷降ろし中の輸送船とドックランディング船を保護する対潜水艦スクリーンに加わりました。その後すぐに給油がパービス湾に向かう途中で、ワードは2月23日に目的地に停泊し、月の残りの期間に必要な維持期間を経ました。

4月初旬に第163d陸軍連隊戦闘チームの将校と兵士と共にケープクレチンに練習着陸を行い、ウォードはニューギニアのアイタペへの輸送のためにこれらの軍隊を乗船させ、4月18日にTG77.1で1617年に着陸した。 4月22日の0430に総員配置に行き、輸送機関は着陸エリアから0537に横になり、部隊を降ろした後、タムレオ島沖の火力支援ステーションに進んだ。ウォードは30分の間、3インチの主砲で海岸爆撃を行い、その後、最初は浜辺の上陸用舟艇のように見えたが、その後の調査で小さなサンゴ礁であることが判明した。

その後、輸送エリアをスクリーニングした後、ウォードは負傷した男性を上陸用舟艇からキルティ(APD-15)に移送し、避難と治療を行いました。上陸用舟艇を拾った後、ウォードは22日、援軍をアイタペに護衛した。翌日、彼女のボートがオームビー(APA-49)から軍隊を乗せてビーチに輸送し、ウォードの3インチの銃撃が再び軍隊を上陸させたため、彼女の軍隊運搬と火力支援の任務が継続されました。

ウォードは25日にケープクレチンに、26日にブナに移り、アイタペに戻る前にニューギニアのサイドロに向かう輸送機関で対潜水艦スクリーニング任務を遂行した。彼女は荷降ろし輸送機関の近くでスクリーニングとパトロールを行い、給油後、ヘンリーT.アレン(AP-30;オーストラリアの輸送機関カニンブラ、マノーラ、ウェストラリアをハンボルト湾に輸送し、乗船した部隊を降ろしました。 5月10日にプロビジョニングされた船で、14日にイギリスのニューギニアのポートハーベイでドビン(AD-3)と一緒に入札オーバーホールを受けました。その後、ハーバート(APD-22)と一緒にフンボルト湾に戻り、ウォードはフンボルト湾に停泊しました。 5月24日、陸軍第186歩兵連隊の部隊を乗せて、シェーテンスのビアク島ボスニックに輸送した。27日からの作戦は滞りなく行われ、すべての部隊は反対することなく浜辺に上陸した。オープンコラムの注文で、ウォードと彼女の姉妹の高速輸送機関は、ホランディアとフンボルト湾に向けて出航しました。

ワードは、6月下旬にハンボルト湾沖とニューギニア地域で定期的な対潜哨戒作戦を実施した。彼女は6月24日から7月4日まで、アドミラルティ諸島のマヌスでドビンとの入札オーバーホールを受けた後、クレチン岬に進み、そこで上陸用舟艇を姉妹船シュレグ(APD-14)のものと交換しました。後にミルンベイに向けて出航したこの船は、7月までニューギニア地域で地元の輸送業務を行っていました。ワードはその後、ニューギニアのトームの東に上陸する練習を行う前に、地元のニューギニア海域でハンボルト湾からマフィン湾への護送船団のピケット船と航海ガイドを務めました。

ウォードは7月27日、サンサポール岬に向けて、第1陸軍歩兵連隊第6師団の「E」社と「F」社の部隊、戦闘写真部隊、オーストラリアの従軍記者3名を乗船させた。彼女は30日0626にワルサイ沖の輸送エリアに到着し、すぐに下船を開始した。陸軍の最初の波は反対に遭遇せず、船はハンボルト湾に戻った。

8月、ウォードは地元の輸送業務を実施し、その後、オーバーホールのためにオーストラリアに出航しました。途中、8月9日の朝、荒海が3インチのすぐに使えるロッカーを甲板から前方に引き裂き、メイン甲板の小さな穴を引き裂いた。その日遅くに一時的な修理を完了した後、ワードは12日にシドニーのポートジャクソンに到着し、10日間そこにとどまりました。ミルンベイに向けて蒸気を発している間、船とその仲間であるハーバート、シュレッグ、クロスブフ、キルティは、シュレッグで緊急虫垂切除術が行われたため速度を5ノットに下げましたが、最終的には通常の速度に戻り、8月27日の0800にミルンベイを作りました。

ワードは、TU 77.3.2の一環として、9月10日にモロタイ島で着陸する前に、9月初旬に輸送と着陸の練習を行いました。彼女は、対潜哨戒を開始する前に、上陸用舟艇をすべて回収し、LCI艦隊を上陸させた後、米国陸軍第6軍第31師団第124歩兵連隊「A」社から6人の将校と151人の兵士を上陸させました。

高速輸送艦は16日、サンサポール岬沖に停泊し、3日後、LCI Flotilla 8のスクリーンの一部としてハンボルト湾に向けて航行しました。その日の1143年、彼女は陸軍空軍ロッキードP-38ライトニングの墜落を観測しました。パイロットのエドガー・B・スコット中尉を救助するために着陸船を送りました。ウォードは22日0512にハンボルト湾に到着し、すぐにドビンと一緒に修理を開始して、欠陥のある減速機を修理しました。

その作業が10月1日までに完了すると、ウォードはクレチン岬に移り、そこで店舗、弾薬、7人の将校、および第6陸軍レンジャー大隊の「E」社と「F」社の140人の兵士をフィリピンへの輸送に積み込みました。彼女は12日、イギリスの機雷敷設艦HMSAraidneを艦隊ガイドとして就役しました。フンボルト湾を経由して進み、17日にディナガット島に近づくと、0558に総員配置に行き、日本の航空機が白いフレアを落としました。これは、幽霊のような白いグレアで編隊内のすべての船の輪郭を鮮やかに描きました。回避行動を開始し、ラング(DD-399)とビスビー(PF-46)が海岸爆撃を開始する間、高速輸送は軍の降機地点に向かった。

それらが打ち上げられると、ボートは困難に直面しました。強風と海、そして危険な珊瑚礁はすべて、背後に横たわる風下がなく、風が直接ビーチに向かって吹いたため、乗組員にとって障害となりました。着陸後、ワードからのすべてのボートは軍隊を乗船させるためにアリアドネに戻り、シュリーのボートはワードからのレンジャーカンパニー「F」で満たされるために一緒に来ました。その間、強風と海を伴う強い潮流がしばしば船を錨を下ろす原因となったため、ワードは掃引水路に留まるのに苦労していました。

その後、ワードのボートの1つを除いて、すべてがビーチで立ち往生しました。これら3つのうちの1つは、シュリーからのボートによって引き離されました。しかし、他の人たちは一晩そこにとどまりました。ウォードのボートグループの4番目は、自分の船に戻ることができず、夜の引退前にシュリーに乗せられ、ウォードのボートの1つを再浮上させるのに役立ったシュリーのボートがウォードに乗せられました。翌朝、軍の輸送エリアに戻ったウォードは、陸軍レンジャーのための物資を降ろし続けた。この任務に従事している間、船はディナガット島の丘を越えてやってくる2人の日本の「ヴァル」を目撃しました。船はすぐに総員配置に行き、発砲を開始しました。 1機は機銃掃射を行ったが追い払われ、2機目は3,000フィートのままで、同志の失敗を見てすぐに攻撃せずに撤退した。

コッソルロードに向かっている間、パラオでライフラインが崩壊したときに悲劇がワードを襲い、2人の男が船外に落ちました。右舷に目を向けると、甲板上の男性が水中の男性に救命胴衣を投げたとき、ウォードは救助を行おうとしていた。一緒に蒸しているハーバートが近づき、彼女の部下の1人が横を飛び越えて、ワードの船員の1人を救助した。もう一方のワードのブルージャケットは消えました。ウォードの戦時日誌が不名誉に述べたように、「サメが近くで見られた」。 1645年に捜索をあきらめ、ウォードは出航し、その男を「失われたと推定される」とリストした。

コッソルロードで給油している間、ウォードは3つのLSTをフィリピンに護衛するためにキルティに加わるように割り当てられました。モロタイ、ワード、彼女の姉妹船を経由して進み、彼らの容疑は11月12日に0045にレイテ湾に到着した。船は0454に総員配置に行き、デュラグ湾の停泊地に進んだLSTを切り離し、日本の空襲が侵入したアメリカ艦隊を襲ったとき、サンペドロ湾での対空砲火を観察した。

まだ解放されていないが、ウォードは日本の飛行機がLSTからの対空砲火に見舞われ、煙の柱をたどって海に突っ込んだのを見ていた。報復攻撃は一時的に減少したが、ウォードは、50から60機の日本の航空機が輸送エリアに向かって飛んでいるという報告に応えて、0708から0750まで一般地区に戻った。いくつかの日本の航空機がアメリカの海運を攻撃するために戻ったので、一般的な地区から立ち下がりましたが、1335年にその状態に戻りました。

激しい対空砲火がほぼ瞬時に2機の敵機を撃墜し、さらに2機が修理船に墜落しました。エゲリア(ARL-8)とアキレス(ARL-41)です。その夜、ウォードは船団をホランディアに護衛するように命じられ、彼女はその地域を去った。

11月28日に5列15隻の護送船団でサンペドロ湾に戻ったウォードは、月の29日と30日にレイテ湾に停泊し、ミンドロ島への着陸予定に参加する準備をしました。多数の空襲警報が発せられたが、ウォードのログには敵機は見られなかったと記録されている。

この期間中の継続的な空襲警報は、ほぼ24時間体制の時計で、上陸作戦に従事する艦隊の男性の生活を困難にしました。ウォードは12月6日に4人の将校と104人の陸軍第77師団の兵士を乗船させ、1237年にTG78.3でレイテ島のオーモック湾に出撃した。この地域で敵機が報告されていたため、ウォードはオーモック湾に向かう途中で総員配置に向かった。

0153に、船はレイテの西海岸にあるヒムキタン島の西にあるフレアの大きなグループを観察しました。 0445に、彼らは護送船団の前で別のフレアを目撃しました。日本のフロート水上機のように見えるものがグループの右舷側を通過し、大火にもかかわらず無傷で出現したとき、対空砲火が空を横切った。日の出直前に護送船団の周りに投下されたフレアは攻撃の可能性を示していたが、日本の飛行機はやって来なかった。 0630に、護衛駆逐艦は画面を離れて海岸爆撃を開始しました。そして、12分後、ウォードはビーチに向けて部隊をLCP(R)に降ろし始めました。

0825年からのポンソン島とレイテ島の間のパトロールのスクリーニングで、ウォードはレイテ島の北から4,000フィートから5,000フィートの高度で9つの双発の「ベティ」の形成を目撃しました。高速回避作戦を開始し、船は銃を燃やして行動を開始しましたが、目に見える打撃はありませんでした。 1000年の少し前に、マハン(DD-364)は別の飛行機グループから攻撃を受けました。ウォードの見張りは、不幸な駆逐艦が大量の灰色と黒の煙を放出していることに気づきました。

ウォードは今や「ベティーズ」と「オスカー」による集中攻撃にさらされ、マハンと高速輸送機関の両方が猛攻撃に対して彼らの命のために戦った。陸軍P-38とカーチスP-40は、攻撃者を迎撃するために縞模様になり、不幸なマハンをめぐって日本軍と交戦しました。駆逐艦の上空を飛行する9隻の「ベティ」の編隊はすぐに崩壊し、3隻は緩いV字型の編隊でウォードに向かった。ウォードの砲手は3インチと20ミリのバッテリーで発砲し、空に高射砲をまき散らした。中央の飛行機は弾幕にぶつかり、揺れ、0966年に喫水線で船を墜落させ、ボイラー室の前部と下部部隊の後部に入った。飛行機の2つのエンジンのうちの1つは船を通過し続け、右舷側の喫水線で出ました。その直後、「ベティ」がウォードの船首甲板の上を低く通過し、途中で船を機銃掃射し、右舷の船首から200ヤード離れた水に墜落し、ウォードの銃撃によって海に叩きつけられた。

トランスポートを選び出した3番目の攻撃者も彼女のパートナーに加わり、右舷から600ヤード離れたところに飛び散りました。その間に、船を墜落させた爆撃機が爆破し、軍隊スペース(当時は幸いにも空いていた)と消防室で制御不能な火災が発生しました。ボイラーの火災が燃え上がり、マウントから外れた強制通風ブロワーが消防室に落ちました。

0957年に火事が止まり、空襲が突然終了したため、すべての手が火事と戦い始めました。遠くでは、マハンも激しく燃えました—重くて壊滅的な攻撃の犠牲者。区の前部の男性は、船の真ん中の火事がすべての通信を切断したため、後部の男性と連絡をとることができませんでした。船中の高速輸送で致命傷から濃い煙が沸騰した。

爆発の数分後、水圧は100ポンド未満に低下し、火を消そうとするために火に水を訓練することはほぼ不可能になりました。船の中の火が激しく燃えたので、船はすぐに道に迷いました。損傷した軍隊スペースと消防署エリアから沸騰する濃い煙により、ガソリンドライエンの便利なビリーの吸引ホースと、船の中央にあるアスベストスーツの収納にアクセスできなくなりました。煙を消散させるために、ウェルデッキの日よけが切り取られました。これにより煙の密度は減少しましたが、船の真ん中のエリアにアクセスしやすくなりませんでした。 「ベティ」の死の実行時に出入り口によって作られた船体の穴を通して火事と戦うために、2隻のボートが降ろされました。残念ながら、LCP(R)で運ばれた便利なビリーは、猛威を振るうガソリン式の火災に対処するには不十分であることが判明しました。

1015年、オブライエン(DD-725)、サンター(AM-295)、スカウト(AM-296)、クロスビーがワードに向かって立っていました。スカウトとクロスビーは、生存者を迎えに行くためにボートを降ろしました。その間、主要な通信システムが使用できなくなったため、電池式の無線機を介して他の船に報告が行われました。ウォードの指揮官であるUSNRのR.E.ファーウェル中尉は、火災を制御できなかった場合に放棄する意向を発表しました。オブライエンは、3年前の日本の特殊潜航艇との歴史的な出会いの間にウォードを指揮したのと同じアウターブリッジ中尉が指揮し、港に近づき、消火活動を開始した1018。

しかし、この時までに、軍隊空間で火事が猛威を振るい、燃料タンクとディーゼル石油貯蔵庫の両方に火がつき、黒煙で満たされた消防署が発火し、蒸気圧を取り戻して作業を開始することが不可能であることが判明しました。炎が上がり、20ミリのすぐに使える弾薬ロッカーの近くのメインデッキに沿って広がりました。燃料タンク、すぐに使える弾薬、雑誌の爆発による危険が1024で発生したため、ファーウェルは日本の飛行機が船に衝突してから30分も経たないうちに「放棄船」を注文しました。ほぼ奇跡的に、負傷したのは1人だけで、すべての手が船を離れて他の船に乗り込みました。

Saunadersは炎を消そうとしてオブライエンに加わったが、火はそれを消そうとするすべての試みに逆らった。司令官、TG 78.3は、オブライエンに銃撃で燃える高速輸送機を沈めるように命じた。それに応じて、船は立ち去り、オブライエンは発砲を開始しました。 From the bridge of O'Brien, Lt. Outerbridge watched as that destroyer's guns sank Ward, his first sea command. Years later, he recalled that there was little emotion involved in the task: "it just was somehing that had to be done." Ward sank at 1130 on 7 December 1944 in Ormoc Bay between Poro Island and Apali Point. Her name was struck from the Navy list on 20 January 1945.

Ward received one battle star for World War II services as a destroyer and eight as a fast transport.


Ward DD- 139 - History

This page features additional images related to USS Ward (Destroyer # 139, later DD-139 and APD-16).

ここに示されているデジタル画像よりも高解像度の複製が必要な場合は、「写真の複製を取得する方法」を参照してください。

小さな写真をクリックすると、同じ画像の拡大表示が表示されます。

Destroyer Division Seventeen

Panoramic photograph of the Division's ships, taken by O.A. Tunnell in San Diego Harbor, California, probably on 14 August 1920.
The ships are, from left to right : USS Kennison (DD-138)
USS Claxton (DD-140)
USS Ward (DD-139)
USS Boggs (DD-136) and
USS Hamilton (DD-141).
This image is copied from the original print for Photo # NH 106144.

Donation of Rear Admiral Joe Stanton Thompson, USN (Retired), 2008.

米国海軍歴史センターの写真。

Online Image: 106KB 1200 x 480 pixels

Destroyer Division Seventeen

Panoramic photograph of the Division's ships, taken by O.A. Tunnell in San Diego Harbor, California, probably on 14 August 1920.
The ships are, from left to right : USS Kennison (DD-138)
USS Claxton (DD-140)
USS Ward (DD-139)
USS Boggs (DD-136) and
USS Hamilton (DD-141).
This image is copied from the original print for Photo # NH 106144.

Donation of Rear Admiral Joe Stanton Thompson, USN (Retired), 2008.

米国海軍歴史センターの写真。

Online Image: 111KB 1200 x 440 pixels

"Red Lead Row", San Diego Destroyer Base, California

Photographed at the end of 1922, with at least 65 destroyers tied up there. Many of the ships present are identified in Photo # NH 42539 (complete caption).

米国海軍歴史センターの写真。

Online Image: 159KB 740 x 515 pixels

Destroyer Division Seventeen

Panoramic photograph of the officers and crews of the Division's ships, photographed by O.A. Tunnell in San Diego Harbor, California, 14 August 1920.
Ships are, from left to right : USS Kennison (DD-138)
USS Claxton (DD-140)
USS Ward (DD-139)
USS Boggs (DD-136) and
USS Hamilton (DD-141).
Photographs of the ships, nested together on probably the same date, are vignetted into the upper corners. See Photo #s NH 106144-A and NH 106144-B for separate views of these two photos.

Donation of Rear Admiral Joe Stanton Thompson, USN (Retired), 2008.

米国海軍歴史センターの写真。

Online Image: 233KB 2000 x 415 pixels

"A Shot for Posterity -- The USS Ward 's number three gun and its crew-cited for firing the first shot the day of Japan's raid on Hawaii. Operating as part of the inshore patrol early in the morning of December 7, 1941, this destroyer group spotted a submarine outside Pearl Harbor, opened fire and sank her. Crew members are R.H. Knapp - BM2c - Gun Captain, C.W. Fenton - Sea1c - Pointer, R.B. Nolde - Sea1c - Trainer, A.A. De Demagall - Sea1c - No. 1 Loader, D.W. Gruening - Sea1c - No. 2 Loader, J.A. Paick - Sea1c - No. 3 Loader, H.P. Flanagan - Sea1c - No. 4 Loader, E.J. Bakret - GM3c - Gunners Mate, K.C.J. Lasch - Cox - Sightsetter." (quoted from the original 1942-vintage caption)
This gun is a 4"/50 type, mounted atop the ship's midships deckhouse, starboard side.

海軍歴史および遺産司令部のコレクションからの公式の米国海軍写真。

Online Image: 83KB 740 x 610 pixels

Crewmen pose with their ship's battle "scoreboard", soon after the Biak Invasion, circa June 1944. Nearly all of these men had served in Ward since the beginning of the War, and were present when she sank a Japanese midget submarine just outside Pearl Harbor on the morning of 7 December 1941.
For the original caption, including identification of those present, see: Photo # NH 95582 (complete caption).

海軍歴史および遺産司令部のコレクションからの公式の米国海軍写真。

Online Image: 91KB 740 x 600 pixels

Cape Sansapor Invasion, 1944

Army troops boarding USS Ward (APD-16) at Maffin Bay, New Guinea, en route to the Cape Sansapor landings, 30 July 1944.
Boat is one of Ward 's LCP(R)s.

現在、国立公文書館のコレクションにある米国海軍の公式写真。

Online Image: 115KB 740 x 610 pixels

この画像の複製は、国立公文書館の写真複製システムからも入手できる場合があります。

Cape Sansapor Invasion, 1944

Army troops eating on deck aboard USS Ward (APD-16) while en route to the Cape Sansapor landings, 30 July 1944.
Note compartmented metal meal trays, and rivets in deck plates.

現在、国立公文書館のコレクションにある米国海軍の公式写真。

Online Image: 109KB 740 x 535 pixels

この画像の複製は、国立公文書館の写真複製システムからも入手できる場合があります。

Afire after she was hit by a "Kamikaze" in Ormoc Bay, Leyte, on 7 December 1944. She sank later in the day.
Exactly three years earlier, on the morning of 7 December 1941, while on patrol off Pearl Harbor, Ward fired the first shot of the Pacific War.

現在、国立公文書館のコレクションにある米国海軍の公式写真。

Online Image: 68KB 605 x 765 pixels

この画像の複製は、国立公文書館の写真複製システムからも入手できる場合があります。

ここに示されているデジタル画像よりも高解像度の複製が必要な場合は、「写真の複製を取得する方法」を参照してください。

Page made 15 November 2000
New images added and page divided 11 January 2009


サービス履歴

Ward transferred to the Atlantic late in the year and helped support the trans-Atlantic flight of the NC flying boats in May 1919. She came back to the Pacific a few months later and remained there until she was decommissioned in July 1921. She had received the hull number DD-139 in July 1920. The outbreak of World War II in Europe brought Ward back into active service. She recommissioned in January 1941. Sent to Pearl Harbor shortly thereafter, the destroyer operated on local patrol duties in Hawaiian waters over the next year.

Pearl Harbor

On the morning of 7 December 1941, Ward was conducting a precautionary patrol off the entrance to Pearl Harbor when she encountered, attacked and sank a Japanese Ko-hyoteki-class midget submarine, thus firing the first American shots of World War II a few hours before Japanese carrier aircraft formally opened the conflict with their attack on the Pacific Fleet inside the harbor.

While a minority of academics doubted whether Ward had really sunk a Japanese mini-sub, since undersea searches off Pearl Harbor had previously failed to locate the midget submarine, on 28 August 2002, a team of scientists from the University of Hawaii finally found the vessel. They discovered that the submarine lies 1,200 ft (370 m) underneath the sea in American waters about 3–4 mi (2.6–3.5 nmi 4.8–6.4 km) outside of Pearl Harbor [ 3 ] The starboard side of the submarine's conning tower exhibits one shell hole evidence of damage from the Ward's #3 gun. While her depth charges were sufficient to fully lift the 46 long tons (47 t), 78 ft (24 m) submarine out of the water, they did no apparent structural damage to the submarine, which sank due to water flooding into the vessel from the two shell holes. [4]

After Pearl Harbor

In 1942, Ward was sent to the West Coast for conversion to a high speed transport. Redesignated APD-16 in February 1943, she steamed to the South Pacific to operate in the Solomon Islands area. She helped fight off a heavy Japanese air attack off Tulagi on 7 April 1943 and spent most of the rest of that year on escort and transport service. In December, she participated in the Cape Gloucester invasion. During the first nine months of 1944, Ward continued her escort and patrol work and also took part in several Southwest Pacific amphibious landings, among them the assaults on Saidor, Nissan Island, Emirau, Aitape, Biak, Cape Sansapor and Morotai.

As the Pacific War moved closer to Japan, Ward was assigned to assist with operations to recover the Philippine Islands. On 17 October 1944, she put troops ashore on Dinagat Island during the opening phase of the Leyte invasion. After spending the rest of October and November escorting ships to and from Leyte, in early December Ward transported Army personnel during the landings at Ormoc Bay, Leyte. On the morning of 7 December, three years to the day after her No. 1 gun fired the opening shot [ 要出典 ] of America's involvement in the war, she was patrolling off the invasion area when she came under attack by several Japanese kamikazes。 One bomber hit her hull amidships, bringing her to a dead stop. When the resulting fires could not be controlled, Ward ' s crew was ordered to abandon ship, and she was sunk by gunfire from O'Brien, whose commanding officer, William W. Outerbridge, had been in command of Ward during her action off Pearl Harbor three years before.

In the movie Tora! Tora! Tora!, Ward was portrayed by the destroyer escort Finch.


USS Ward (DD-139, later APD-16)


Figure 1: USS Ward (DD-139) off Mare Island Navy Yard, California, circa September 1918, shortly after she was commissioned. Note her disruptive camouflage scheme and small hull numbers painted in rather fancy script below her bridge. US Naval History and Heritage Command Photograph. Click on photograph for larger image.


Figure 2: USS Ward (DD-139) running speed trials off the California coast in September 1918, while painted in disruptive camouflage. US Naval History and Heritage Command Photograph. Click on photograph for larger image.


Figure 3: USS Ward (DD-139) photographed on 26 February 1919. US Naval History and Heritage Command Photograph. Click on photograph for larger image.


Figure 4: USS Ward (DD-139) photographed in late 1918 or early 1919, dressed with flags. Note that she still wears her hull number painted under her bridge in small numerals, as well as on her bow in large numerals. Courtesy of Jack L. Howland, 1983. US Naval History and Heritage Command Photograph. Click on photograph for larger image.


Figure 5: USS Chew (DD-106) and USS Ward (DD-139) at Hilo Sugar Docks, Territory of Hawaii, 22 July 1941. Courtesy of Mr. Jesse Pond (VP-1) via Mr. Robert Varrill. US Naval History and Heritage Command Photograph. Click on photograph for larger image.


Figure 6: USS Ward (DD-139), "A Shot for Posterity,” the USS Ward's number three gun and its crew-cited for firing one of the first shots the day of Japan's raid on Hawaii. Operating as part of the inshore patrol early in the morning of December 7, 1941, this destroyer group spotted a submarine outside Pearl Harbor, opened fire and sank her. Crew members are R.H. Knapp - BM2c - Gun Captain, C.W. Fenton - Sea1c - Pointer, R.B. Nolde - Sea1c - Trainer, A.A. De Demagall - Sea1c - No. 1 Loader, D.W. Gruening - Sea1c - No. 2 Loader, J.A. Paick - Sea1c - No. 3 Loader, H.P. Flanagan - Sea1c - No. 4 Loader, E.J. Bakret - GM3c - Gunners Mate, K.C.J. Lasch - Cox - Sightsetter." (quoted from the original 1942-vintage caption). This gun is a 4-inch/50 type, mounted atop the ship's amidships deckhouse, starboard side. Official US Navy Photograph, from the collections of the Naval History and Heritage Command. Click on photograph for larger image.


Figure 7: Cape Sansapor Invasion, 1944. Army troops boarding USS Ward (APD-16) at Maffin Bay, New Guinea, en route to the Cape Sansapor landings, 30 July 1944. Boat is one of Ward's LCP(R)s. Official US Navy Photograph, now in the collections of the National Archives. Click on photograph for larger image.


Figure 8: USS Ward (APD-16) burning in Ormoc Bay, Leyte, Philippine Islands, after she was hit by a Kamikaze on 7 December 1944. USS O'Brien (DD-725) is fighting fires from alongside, as landing craft circle to rescue survivors. Photographed from USS Crosby (APD-17). Official US Navy Photograph, now in the collections of the National Archives. Click on photograph for larger image.


Figure 9: USS Ward (APD-16) on fire after she was hit by a "Kamikaze" in Ormoc Bay, Leyte, on 7 December 1944. She sank later in the day. Exactly three years earlier, on the morning of 7 December 1941, while on patrol off Pearl Harbor, Ward fired the first shot of the Pacific War. Official US Navy Photograph, now in the collections of the National Archives. Click on photograph for larger image.

Named after Commander James Harmon Ward, the first officer in the Union Navy killed during the Civil War, USS Ward (DD-139) was a 1,247-ton Wickes class destroyer that was built at the Mare Island Navy Yard, California, and was commissioned on 24 July 1918. The ship was approximately 314 feet long and 30 feet wide, had a top speed of 35 knots, and had a crew of 231 officers and men. Ward was armed with four 4-inch guns, two 3-inch guns, twelve 21-inch torpedo tubes, and depth charges.

After her shakedown cruise, Ward left America’s west coast on 2 December 1918 and was made flagship of Destroyer Division 18 and participated in the US Navy’s annual winter exercises at Guantanamo Bay, Cuba. In May 1919, Ward provided navigational assistance and lifeguard station support for the trans-Atlantic flight of the NC flying boats. In July 1919, Ward was sent back to the west coast. After transiting the Panama Canal, she visited Mexico and then steamed to California. Ward eventually made her way to Seattle, Washington, where she participated in a naval review that was attended by President Woodrow Wilson on 13 September 1919. Ward returned to San Diego and remained based there until she was placed in reserve on 21 July 1921.

For almost twenty years, Ward remained in reserve. She was re-commissioned on 15 January 1941, as America was about to enter World War II. After war engulfed Europe in September 1939, the US Navy began re-commissioning old warships, especially destroyers, for patrol duties and use as convoy escorts. Ward was one of these ships and after she was re-commissioned she left her base at San Diego and headed for Pearl Harbor, Hawaii. She arrived at Pearl Harbor on 9 March 1941 and was assigned to the 14th Naval District and Destroyer Division 80. Her primary duty was to patrol the channel entrance off Pearl Harbor, an important job since the US Pacific Fleet was based there. For the next few months, Ward completed numerous antisubmarine patrols off the coast of Hawaii and was placed on high alert in late November 1941 when a “war warning” was given to commanders in Hawaii and the Philippines of a possible Japanese attack.

At 0408 on the morning of 7 December 1941, Ward, with its new commanding officer, Lieutenant William W. Outerbridge, went to general quarters after she received a signal from another ship, USS Condor (AMC-14), that there was an enemy submarine in the area. Ward continued her search for the submarine when, at 0506, lookouts spotted a thin wake following another American naval vessel, USS Antares (AKS-14). The wake was caused by the conning tower of a small submarine and Ward immediately charged into action. At 0645, Lieutenant Outerbridge ordered his number one 4-inch gun to open fire on the unidentified submarine and soon a shell flew out of the cannon and sailed over the submarine’s conning tower. Although the crew of the Ward did not know it at the time, the first shot in the new war between the United States and Japan had just been fired. Ward’s number three gun on top of the galley deckhouse also began firing. This time the destroyer scored a direct hit, with the shell passing right through the submarine’s small conning tower. As the submarine began to submerge and sink, Ward raced over to the enemy warship and quickly dropped four depth charges. The depth charges went off and sank what turned out to be a Japanese midget submarine, which was trying to enter Pearl Harbor prior to the aerial attack that was to take place later that same morning. Lieutenant Outerbridge immediately notified the Commandant at the 14th Naval District headquarters and tried to make it clear that his ship had fired on an unidentified enemy submarine. Unfortunately, the 14th Naval District headquarters wanted absolute confirmation of the attack before warning the fleet, thereby preventing Pearl Harbor from being on a high state of alert that fateful morning. Ward left the area after the incident and headed for Pearl Harbor’s entrance. At approximately 0800, the crew on board Ward heard gunfire and explosions coming from Pearl Harbor, while seeing large clouds of smoke beginning to rise from the naval base there. By the time Ward’s urgent signals finally were forwarded to Admiral Husband E. Kimmel, Commander in Chief of the Pacific Fleet, Pearl Harbor already was under attack by Japanese aircraft.

After 7 December 1941, Ward continued her patrol duties around the Hawaiian Islands. In 1942, older ships like Ward were rebuilt and used for different purposes. Ward was sent to the west coast and was converted into a high-speed transport. Re-designated APD-16 in February 1943, Ward was sent to the South Pacific and began operations off the Solomon Islands. She assisted in repulsing a major Japanese air attack off Tulagi on 7 April 1943 and spent the remainder of the year functioning as an escort as well as a transport. In December 1943, Ward participated in the assault on Cape Gloucester and during the first nine months of 1944 she also was part of several amphibious landings in the southwest Pacific, including the invasions of Saidor, Nissan Island, Emirau, Aitape, Biak, Cape Sansapor, and Morotai.


Memorial [ edit |ソースを編集]

Ward ' s No. 3 4 in (100 mm)/50 cal gun was removed when she was converted to a high speed transport. It was installed in 1958, the year of the Minnesota Centennial, as a memorial at the Minnesota State Capitol in St. Paul, as the men who fired it on 7 December 1941 were members of the Minnesota Naval Reserve. A plaque containing a listing of the Naval Reservists from Saint Paul who served aboard Ward is now displayed in the St. Paul City Hall on the 3rd floor between the council and mayoral offices, in an area also containing the ship's bell from the cruiser セントポール.

As of 2012, no other ship in the United States Navy has borne this name, although there is sometimes confusion with the three destroyers named Aaron Ward.


The First Shot: USS Ward at Pearl Harbor

LT William Outerbridge was new to command. The Lieutenant and veteran of 14 years of service had taken command of the elderly destroyer USS Ward (DD 139) less than 24 hours before she began her weekend Anti-Submarine patrol of the entrance to Pearl Harbor. In the inter-war years promotion was slow and opportunities for advancement slim. Outerbridge had been commissioned following graduation from the Naval Academy in 1927. He was the only Regular Navy Officer on the ship.

NS Ward was old but had very few miles on her. NS Wickesclass destroyer of 1250 tons and armed with four 4” 50 caliber and two 3” guns she was launched and commissioned in 1918 and was decommissioned and placed in reserve in 1921. Recommissioned in January 1941 she was assigned to Destroyer Division 80 at Pearl Harbor. This squadron of elderly ships consisting of Ward along with USS Schley, USS Chew and the even older USS Allen was assigned to the Inshore Patrol Command.

As tensions between the United States and Japan increased the War Department and Department of the Navy issued a “War Warning” and Admiral Husband Kimmel, Commander in Chief Pacific Fleet ordered a “shoot on sight” against any ship or submarine operating in the security zone outside Pearl Harbor which effectively put the ships of DesDiv 80 on a war footing.

Outerbridge had taken command on Friday December 5th and taken the ship to sea 6th at 0628. He had no idea that in just over 24 hours the guns of his ship would be the first American warship to fire at an enemy combatant in the Pacific during the war.

As the Ward patrolled the area just a couple of miles off of the entrance to Pearl Harbor the minesweeper USS Condor (AMc-14) spotted a white wake near her at 0342. The Officer of the Deck and Captain determined that it was the periscope of a submarine. They signaled the Ward which was patrolling nearby: “Sighted submerged submarine on westerly course, speed nine knots”at 0348.

Outerbridge ordered the Ward to general quarters. After a futile search Outerbridge secured from General Quarters at 0443. At 0458 Pearl Harbor’s anti-torpedo net gate was opened to allow passage of Condor and a number of other small ships including the Stores Ship USS Antares (AKS 14). Antareswas towing a target back to base when at about 0635 a lookout on Ward noticed a wake following the auxiliary between her and her the raft.

Outerbridge returned to the bridge and sounded general quarters at 0640. Outerbridge increased Ward’sspeed to 25 knots and commended firing on the sub at 0645. Ward’s number three gun scored a hit at the base of the sub’s conning tower and Ward charged the sub. Coming close alongside the Ward dropped depth charges which sank the sub.

Outerbridge notified harbor control at 0651 sending the message “Depth bombed sub operating in defensive sea area.” Some of his own officers thought that it was possible that Wardhad attacked an American submarine but Outerbridge was confident that the sub was hostile. To emphasize that this was different from false alarms that headquarters was accustomed sent another message at 0653 “Attacked, fired upon, depth bombed, and sunk submarine operating in defensive sea area.”It was just over an hour before the first Japanese planes would begin their bombing runs.

Delays in seeking more conformation and reluctance to believe the report resulted in the message not being rapidly transmitted up the chain of command. It was a symptom of a parochial and divided command structure which did not respond quickly to the needs of war.

残りは歴史です。 Within two hours the Battle line of the Pacific Fleet was sunk or crippled, all told 18 ships were sunk or damaged. 2402 Sailors, Marines and Soldiers were killed and another 1247 wounded.

USS Ward APD-16 burning after being hit by Kamikaze

Ward war was not over. She was converted to a Fast Transport and redesigned APD-16 in 1943. She participated in actions in the Solomons, New Guinea and the Philippines.

On December 7th 1944 while conducting operations at Ormoc Bay the veteran ship was hit by a Japanese “Betty” Twin engined bomber. The large aircraft acting as a Kamikaze crashed into Ward and started fires and flooding that could not be controlled. One of the ships that came toWard’s assistance was the USS O’Brien (DD 725) commanded by LCDR William Outerbridge. The same officer who had commanded Ward at Pearl Harbor. Three years to the day after sinking the Japanese submarine LCDR Outerbridge was ordered to sink his former ship after rescuing her crew.

Outerbridge retired as a Rear Admiral in 1957 and died in 1986. Like others of his generation he served in war and peace. As we remember the attack on Pearl Harbor let us not forget him as well as the fine crew of the USS Ward。 These men were alert that quiet Sunday morning 70 years ago and took action. They sunk a Japanese midget submarine intent on entering Pearl Harbor and reported their actions. One wonders what might have happened if Outerbridge’s reports had been acted on, interceptors scrambled and anti-aircraft defenses on ships and ashore been ready when the Japanese attackers swept in to attack Pearl Harbor. Of course we will never know.

これを共有:

このような:


Pearl Harbor Attack, USS Ward (DD-139)

DD139/A16-3(7--)/
米国Ward Pearl Harbor, T.H.
December 13, 1941.

From: Commanding Officer.
To: The Commandant, Fourteenth Naval District.
(1) Commander Destroyer Division EIGHTY.
(2) Commander Inshore Patrol.

Subject: Sinking of a Japanese Submarine by U.S.S. Ward.

While patrolling Pearl Harbor Entrance on Sunday, December 7, 1941, the U.S.S. Ward attacked an unidentified submarine in the Restricted Area off the Harbor.
The facts are as follows:

At 0637 the Officer-of-the-Deck said, "Captain come on the bridge". A conning tower with periscope of submarine was visible. She was apparently headed for Pearl Harbor trailing the U.S.S. Antares. The Antares was standing toward the channel entrance towing a lighter.
At 0640 the attack was started. The Ward bore down on the submarine while accelerating from 5 to 25 knots.
At 0645 the Ward opened fire with No. 1 and 3 guns and began dropping depth charges. One shot was fired from each gun. The shot from No. 1 gun missed, passing directly over the conning tower. The shot from No. 3 gun fired at a range of 560 yards or less struck the submarine at the waterline which was the junction of the hull and coning tower. Damage was seen by several members of the crew. This was a square positive hit. There was no evidence of ricochet. The submarine was seen to heel over to starboard. The projectile was not seen to explode outside the hull of the submarine. There was no splash of any size that might results from an explosion or ricochet.
Immediately after being hit the submarine appeared to slow and sink. She ran into our depth charge barrage and appeared to be directly over an exploding charge. The depth charges were set for 100 feet.
The submarine sank in 1200 feet of water and could not be located with supersonic detector. There was a large amount of oil on the surface where the depth charges exploded.
The attack was made at 0645 which was before Pearl Harbor was bombed by Japanese planes.
A dispatch by voice transmission was sent to Commandant, Fourteenth Naval District at 0645 which stated:
"We have attacked, fired upon, and dropped depth charges on a submarine operating in defensive sea areas."

The performance of duty by the officers and men during this attack was in accordance with the traditions of this service.

Pertinent Information
Appearance of submarine: Cylindrical tube about 80 feet long with small oval shaped conning tower. It had no deck. It was painted dark green and was covered with moss indicating that it had been at sea for a considerable period.

Behavior during attack: In spite of the five minute run from the time of sighting and time of attack, the submarine apparently did not see or detect the Ward. It was making from 8 to 10 knots and was apparently bent on following the Antares into port. Exact distances are not known but at the time of the first shot the range was not more than 100 yards and for the second shot the range was 50 yards or less. The submarine passed very close to our stern.

On a day like today. 1807: British officers of the H.M.S. Leopard boarded the U.S.S. Chesapeake after she had set sail for the Mediterranean, and demanded the right to search the ship for deserters.

1813: A British force attempted to take Craney Island, the fort there was one of the key defenses to Norfolk's inner harbor and was home to the frigate "Constellation".

1864: Union forces attempt to capture a railroad that had been supplying Petersburg from the south and extend their lines to the Appomattox River.

1864: U.S.S. Lexington, Acting Ensign Henry Booby, withstood a surprise Confederate strike on White River Station, Arkansas, and forced the attacking Confederate troops to withdraw.


1865: The Confederate raider Shenandoah fires the last shot of the Civil War in the Bering Strait.

1898: Admiral Sampson begins amphibious landing near Santiago, Cuba. Lt. Col. Theodore Roosevelt and Col. Leonard Wood led the Rough Riders, a volunteer cavalry regiment, onto the beach at Daiquiri in the Spanish American War.


1941: During Operation Barbarossa over 3 million German troops invade Russia in three parallel offensives, in what is the most powerful invasion force in history. Nineteen panzer divisions, 3,000 tanks, 2,500 aircraft, and 7,000 artillery pieces pour across a thousand-mile front as Hitler goes to war on a second front.

1942: A Japanese submarine shelled Fort Stevens, Oregon, at the mouth of the Columbia River.

1944: President Roosevelt signed the GI Bill of Rights, authorizing a broad package of benefits for World War II veterans.

1944: After a preparatory air raid on Cherbourg, in which over 1000 tons of bombs are dropped, the divisions of the US 7th Corps (part of US 1st Army) begin assaulting the city of Cherbourg. There is heavy German resistance.


Lost for 73 Years

Conning tower of midget submarine sunk by USS Ward

On Dec. 5, 2017, it was announced that her wreckage had finally been found, resting at the bottom of the Pacific over five thousand miles from Pearl Harbor. As part of an expedition helmed by Microsoft co-founder Paul Allen, the wreckage of the sunken destroyer was discovered by the Petrel research vessel, which was also responsible for locating the USS Indianapolis (CA-35) in August of 2017. The wreckage of the Ward was found near Ponsol Island in the Philippines, where she was sunk by kamikaze pilots on Dec. 7, 1944, exactly three years after firing the first rounds at Pearl Harbor.


Talk:USS Ward

This edit caught my eye. The edit summary says, "Clarify the actual country that fired its first shot", but the edit does not do that. Looking for details, I see in the article that the article says, that Ward's attack took place at 06:37. The Attack on Pearl Harbor article does not seem to clearly indicate the time of the first Japanese shot, but I see that "Aircraft Attack Organization". Ibiblio.org. Archived from the original on June 23, 2011 . Retrieved July 17, 2011 . (cited in that article) says, "The first group arrived over Oahu at about 0740, were ordered to attack at 0750 and attacked as follows: [. ]". Further clarification here and/or in other articles might be useful, or might not I'm in a rush just now and don't have time to think about that, but I thought I would mention it here. Wtmitchell (talk) (earlier Boracay Bill) 08:13, 4 April 2019 (UTC)

I removed a phrase from the construction section that Ward was the first ship built. Besides being unclear as to what that means (first ship ever, first ship at Mare Island, first Wickes-class built, first Wickes-class built at Mare island. ), none of those are true. I don't know what that phrase was intended to mean, so I cropped it down to the more note-worthy piece about the speed of her construction. Dworjan (talk) 22:00, 27 December 2012 (UTC)


USS Ward (DD 139)

USS Ward was launched in a record 15 days after being laid down.

Decommissioned on 21 July 1921 at San Diego, California
Recommissioned on 15 January 1941
Reclassified as High Speed Transport APD-16 on 6 February 1943
USS Ward was heavily damaged by a Japanese kamikaze attack in Ormoc Bay, Philippines in position 10º51'N, 124º33'E. Ward was scuttled by USS O'Brien

Commands listed for USS Ward (DD 139)

Please note that we're still working on this section.

Commanderから
1Lt.Cdr. Hunter Wood, Jr., USN15 Jan 19415 Dec 1941
2William Woodward Outerbridge, USN5 Dec 19411 Jul 1942
3Lt.Cdr. Robert Holden Wilkinson, USN1 Jul 194210 Nov 1942
4Frederick von Windegger Lemly, USNR10 Nov 194228 Oct 1944
5Richard Edwrad Farwell, USNR28 Oct 19447 Dec 1944

You can help improve our commands section
Click here to Submit events/comments/updates for this vessel.
Please use this if you spot mistakes or want to improve this ships page.

Media links


ビデオを見る: ライブWord編Excelu0026Word講座第1弾本


コメント:

  1. Everton

    そして、これはこのようなものですか?

  2. Goltikazahn

    the Excellent and timely answer.

  3. Barric

    あなたは間違っていると思います。午後に私に手紙を書いてください、私たちは話します。



メッセージを書く