フロリダの投票-歴史

フロリダの投票-歴史

18487,203ザカリーテイラー4,12057.2ルイス・カス3,08342.8
18527,193フランキリンピアス4,31860ウィンフィールドスコット2,87540
185611,191ジェームズ・ブチャン6,35856.8ジョン・フレモント6,27543
186013,301アブラハム・リンコ8,27762.2スティーブン・ドゥ4,80136.1
1864アブラハムリンカーンジョージ・マクレラン
1868ユリシーズグラントホレイショ・シーモア
187233,190ユリシーズグラント17,76353.5ホレス・グリーリー15,42746.5
187646,776ラザフォードハ23,84951サミュエル・ティルデン22,92749
188051,618ジェームズ・ガーフィールド23,65445.8ウィンフィールドスコット27,96454.2
188459,990グローバークリーバ31,76953ジェイムズブレイン28,03146.7
188866,500ベンジャミンハリ26,52939.9グロバークリーブランド39,55759.5
189235,471グローバークリーバ30,15385ベンジャミン・ハリス---------
189646,488ウィリアム・マッキン11,29824.3ウィリアムブライアント32,75670.5
190039,649ウィリアム・マッキン7,35518.6ウィリアムブライアント28,27371.3
190438,705テオ。ルーズベル8,31421.5アルトンパーカー26,44968.3
190849,360ウィリアムタフト1065421.6ウィリアムブライアント31,10463
191250,837ウッドローウィルソ35,34369.5テオ。ルーズベルト4,5559
191680,734ウッドローウィルソ55,98469.3チャールズ・ヒューズ14,61118.1
1920145,684ウォレンハーディング44,85330.8ジェイムズコックス90,51562.1
1924109,158Calvin Coolidg30,63328.1ジョン・デイビス62,08356.9
1928252,068ハーバートフーバー145,86057.9アルフレッドスミス101,76440.1
1932252,068フランクリンルーズ145,86057.9ハーバートフーバー101,76440.4
1936327,436フランクリンルーズ249,11776.1アルフレッドランドン78,24823.9
1940485,640フランクリンルーズ359,33474ウェンデルウィル126,15826
1944482,803フランクリンルーズ339,37770.3トマス・デューイ143,21529.7
1948577,643ハリー・トルーマン281,98848.8トマス・デューイ194,28033.6
1952989,337ドワイトアイゼン544,03655アドレースティーブンソン444,95045
19561,125,762ドワイトアイゼン643,84957.2アドレースティーブンソン480,37142.7
19601,544,176ジョンFケネッド748,70048.5リチャードニクソン795,47651.5
19641,854,481リンドン・ジョンソ948,54051.1バリーゴールドウォーター905,94148.9
19682,187,805リチャードニクソン886,80440.5ヒューバートハンフリー676,79430.9
19722,583,283リチャードニクソン1,857,75971.9ジョージ・マクガバー718,11727.8
19763,150,631ジミー・カーター1,636,00051.9ジェラルドフォード1,469.5346.6
19803,686,930ロナルド・レーガン2,046,95155.5ジミー・カーター1,419,47538.5
19844,180,051ロナルド・レーガン2,730,35065.3ウォルターモンデール1,448,81634.7
19884,302,313ジョージブッシュ2,618,88560.9マイケル・デュカイス1,656,70138.5
19925,314,392ビル・クリントン2,072,69839ジョージブッシュ2,173,31040.9
19965241856ウィリアムクリント2,533,50248.3ボブドール2,226,11742.4
20005,963,110ジョージWブッシュ2,912,25348.8アル・ゴア2,912,25348.8
20047,609,810ジョージWブッシュ3,964,52252.1ジョン・ケリー3,583,54447.1
20088,373,040バラック・オバマ4,282,07451.1%ジョン・マケイン4,045,62448.3%

フロリダの投票-歴史

選挙部門は、選挙法の調整と解釈を促進し、フロリダでの公正で正確な選挙を確実にするための統一された基準を確立します。

Paraespañol、seleccione de la lista

資力

統計とレポート

投票者情報

ニュース&イベント

特別選挙

2021年11月と2022年1月の議会地区20の特別予備選挙と特別選挙に関する情報はここにあります。

選挙の日付と結果

2022年の選挙日は次のとおりです。

  • 予備選挙のための2022年8月23日。登録の締め切りは2022年7月25日です。
  • 総選挙のための2022年11月8日。登録の締め切りは2022年10月11日です。

公式の選挙結果と投票率については、ウェブページの選挙データをご覧ください。

コンタクト

選挙の分割

送り先
フロリダ州選挙部門
R.A.灰色の建物、316号室
500サウスブロノーストリート
フロリダ州タラハシー32399-0250

電話: 850.245.6200
ファックス: 850.245.6217

プレス向け

メディア関連の質問への回答については、 メディア室 役立つと思われるリソースのリストについては。

それでも質問がある場合は、国務省にお問い合わせください コミュニケーションオフィス.

有権者支援ホットライン

通話料無料 1.866.308.6739(英語およびスペイン語)。月曜日から金曜日の午前8時から午後5時までご利用いただけます。州全体の選挙では、営業時間が延長されます。

聴覚障害または言語障害がある場合は、フロリダリレーサービス、1.800.955.8771(TDD)、1.800.955.8770(音声)、または1.877.955.8773(スペイン語)を使用して部門に連絡してください。詳細については、 フロリダリレーサービス。

ロン・デサンティス、知事
ローレル・M・リー、国務長官

フロリダ州の法律では、電子メールアドレスは公開記録です。公開記録の要求に応じて電子メールアドレスを公開したくない場合は、このエンティティに電子メールを送信しないでください。代わりに、電話または書面でこのオフィスに連絡してください。

Copyright&copy 2021フロリダ州、フロリダ州務省。


フロリダの子供たちは米国の歴史について何を学ぶべきですか?ルールが進行中です。

教育委員のリチャード・コーコランによって提案された新しい規則は、フロリダの教師に彼らの市民の授業をアメリカの歴史の伝統的な見方に合わせるように要求するでしょう。

この動きは、コーコランの共和党員から賞賛されたが、学生が国の過去についての批判的な真実を研究することを妨げるだろうと批評家によって爆破された。

この規則は、米国社会における人種差別の役割を教えるアプローチである「批判的人種理論」が州の公立学校で使用されていないことを確認したいロン・デサンティス知事が提起した懸念に対処するものです。議員たちは春のセッションでこの問題を取り上げず、コーコランが行政的に問題に取り組むための機会を残しました。

6月10日に州教育委員会に向けられたこの法案は、教師は「アメリカの歴史を、主に独立宣言に述べられた普遍的な原則に基づく新しい国の創設以外のものとして定義することはできない」と述べています。この規則はまた、教師が個人的な見解を共有したり、州の新たに採用された学術基準から逸脱した見解に生徒を教え込もうとしたりしないことを要求します。

「私たちがしているのは、過去に戻って歴史を書き直すことはできないと言っているだけです」とコーコランは語った。 タンパベイタイムズ。 「私たちはそれを前向きに言っています。事実を教えなさい。」

彼の提案は共和党内から支持を集めた。

家の教育と雇用委員会の委員長であるクリス・ラトヴァラ州議会議員は、米国の歴史の教えは、国の最も誇らしい瞬間ではない部分も含めて、事実に基づくべきであることに同意したと述べた。同時に、クリアウォーター共和党員は、「白人がどれほど悪いかについて子供たちに教えずにそれを教える方法がある」と述べた。

そのような見解は、上院教育委員会の副委員長を務める教師であるシェブリン・ジョーンズ上院議員を憤慨させた。ウェストパーク民主党員のジョーンズは黒人です。

「誰も白人がどれほど悪いかについて気の毒なことを教えていません」とジョーンズは言いました。 「それは、私たちが今いる方向にこの国を持っているタイプのレトリックです。」

ここ数週間、Duval Countyの教師は、Black LivesMatterの資料を表示したために教室から削除されました。ブラック・ライヴズ・マターをめぐる別の論争は、白人のヘルナンド郡議員に地元の学校の監督を狙うよう促した。

ジョーンズは、批判的人種理論と、最初の奴隷化されたアフリカ人の到着をめぐる米国の歴史を再構成する別のカリキュラムである1619プロジェクトについての議論を抑制することは非アメリカ人であると述べた。学生は、保守的な指導者が基準や教科書に含めることを選択した部分だけでなく、国の歴史全体について知る必要があると彼は主張した。

「それはアメリカの歴史であり、私たちが今日の場所にたどり着いた方法について人々に教えています」とジョーンズは言いました。

ピネラス郡の中学校の公民教師であるブラッドウェラーは、過去にフロリダの基準が向かう方向について疑問を投げかけました。彼は、いくつかのアイデアは、多くのグループが熱意を共有していないアメリカの例外主義を宣伝していると示唆しました。それは彼らの経験を反映していないからです。

彼は提案された規則をその分割を拡張するものと見なしました。

「私の最初の質問は、真実は何ですか?」ウェラーは言った。

彼は、規則のバランスが取れている独立宣言が「すべての人間は平等に作られている」と述べているとき、作家はすべての人種、宗教、背景の男性と女性について話していなかったと述べた。彼らは男性の地主を意味し、彼らはほとんど白人でした。

「彼らは、私たちがいつも知っているように、私たちがまっすぐに事実を教えるところにそれを作ろうとしています」とウェラーは州当局について語った。 「しかし、それは難しいです。教科書に書かれているものと同じ絵を描いていない一次資料を教えることについて話しているときもあります。」

一方、フロリダ教育協会のアンドリュースパー会長は、教師は生徒に事実を教えず、それに基づいて自由に話し合うことができるという考えに異議を唱えました。説教するのではなく教えることは、職業倫理規定の一部だと彼は言った。

「教師はファシリテーターとしての役割を果たします」とスパー氏は述べています。

彼はまた、提案された規則がいくつかの異なる方法で混合メッセージを送信すると主張した。最初に、彼は、期待は同じであるべきですが、私立学校に何も要求せずに公立学校の教師の要件を作ると言いました。

また、教師が一方向に教化しないことを要求しているが、州が承認した基準で独自の価値判断を行っているとスパー氏は述べた。

コーコラン氏は、保守的な原則を支持していることで知られる小さな私立のヒルズデール大学で行った5月5日の演説で、提案された規則について言及しました。大学が先週YouTubeに投稿して以来、スピーチのビデオが州内を巡回しています。

コーコランは、「クレイジーなリベラルなもの」が州の教科書に入らないようにするという文脈でルールについて話します。 「批判的人種理論」という言葉は資料に載っていないかもしれないと彼は群衆に語ったが、「彼らはそれを社会的感情学習に隠している」。

「間違いなく批判的人種理論を教える教師がいる可能性があるので、今度は(出版社)に戻って、それが電子的なものであれば、それを望んでいると言わなければなりません」と彼は言いました。

別のインタビューで、コミッショナーは彼の目標は特定の視点を促進することではないと述べた。

「あなたが右から来たのか、左から来たのかは関係ありません。私たちは子供たちに教え込んでいません。彼らを教育し始めなさい」と彼は言った。 「先生の目標は、子供たちに何を考えるかではなく、どのように考えるかを教えることです。」

提案された規則は、生徒が自分の携帯電話で授業を録音して文句を言うことができる時代に教師を保護するのに役立つはずです。

「先生には絶対的な防御があります。私が基準に従って教えていたら、私は自分の仕事をしていました」とコーコランは言いました。 「ルールは単純にこれです。公正かつ公正かつ誠実であり、基準に従ってください。」


フロリダ州の予備選挙で3​​5,000を超える郵送投票用紙が拒否されました

専門家によると、11月になると、10万人の不在者投票で成績が上がらない可能性があります。

タラハシー—フロリダ州の最近の予備選挙では、35,500を超える郵便投票用紙がカウントされませんでした。締め切りに間に合わなかったり、技術的な欠陥があったために却下されました。POLITICOの分析によると。

総投票数の約1.5%を占める拒否は、戦場の州が11月の大統領選挙で記録的な投票率になる可能性があることに備えているために起こりました。

拒否された不在者投票の66%近くが、フロリダの午後7時以降に到着したために失格となりました。選挙日の締め切り。残りは、郡選挙の監督者が有権者の身元を確認するために使用する署名一致要件を満たしていなかった、とフロリダ大学の政治学教授であるダン・スミスの分析が示しました。

「これは11月に大きな問題になる可能性があります」とスミスは言いました。 「私たちは、数えられない10万票を超える可能性があります。」

ドナルド・トランプ大統領の再選のチャンスに欠かせないスウィングステートであるフロリダでは、大きな違いを生むのに十分な数えられない投票用紙になる可能性があります。 2018年の州全体の3つのレースが再集計され、33,000票以下で決定されました。最も有名なのは、2000年の大統領選挙がフロリダで537票に下がったことです。

トランプ氏は、州の950万人の有権者の28%が郵送で投票した選挙で、4年前に113,000票未満でフロリダを獲得しました。

対照的に、州の8月18日の初等協会で投じられた投票の約60%は郵送で送られました。

235万人の郵送による予備選挙の約1.5%はカウントされませんでした。その割合は2016年と2018年の総選挙での投票拒否と同等ですが、11月の総選挙は異なる可能性があるとスミス氏は述べています。

コロナウイルスのパンデミックと不在者投票者を登録する民主主義の努力のために、歴史的な数の投票用紙が総選挙で郵送される可能性があります。フロリダ州選挙局は、450万人の有権者が郵送投票を要求し、多くの人が9月24日に郵便受けへの道を見つけ始めると報告しています。

結果として、署名や期限の要件に精通していない初めての不在者投票者が殺到し、たとえば、返送用封筒に適切に署名しなかったなどの理由で投票用紙を投じることができなくなる可能性があります。

潜在的な引火点は、民主主義に傾倒したマイアミデイド郡である可能性があります。マイアミデイド郡では、郵送投票用紙の4分の1近くが州全体に投じられていました。それらのほとんどは、締め切り後または署名なしで受け取った投票用紙でした。民主党の大統領候補であるジョー・バイデンは、フロリダ南西部など、州の他の地域でのトランプの支持を相殺するために、マイアミデイドで強力なショーを行う必要があります。

マイアミデイド選挙事務所のスポークスマンであるスージー・トルティ氏は、郡は投票用紙に問題のある有権者に連絡することを選挙当局に義務付ける法律に従っていると述べた。投票用紙の問題が発見されるとすぐに、オフィスは手紙を郵送し、その情報がファイルにある場合は、テキスト、電話、または電子メールで有権者に連絡しようとします。

有権者は、選挙後2日まで、投票用紙の問題を解決する必要があります。これは、2018年の再集計中に提起された訴訟を受けて、共和党が管理する州議会によって昨年実施された変更です。

課題に加えて、米国郵政公社は、トランプが郵送投票のいくつかの側面を不正確に示したため、郵便配達が政治化されました。

木曜日に、連邦裁判官は、11月の選挙の前に郵便サービスを遅くするように設計された効率に対する「政治的動機による攻撃」に従事したという郵便公社のリーダーシップを非難しました。裁判官は変更をブロックしました。

パスコ郡の選挙管理者ブライアン・コーリー氏は、投票用紙を時間どおりに提出できなかったことについて、有権者が責任を負うと述べた。締め切り後に郡に到着した640票の郵送投票のうち、「大多数は8/18以降の消印があった」と彼は電子メールで書いた。

「選挙日にメールで投票する返信用封筒をメールボックスに入れて、午後7時までに選挙管理局に届くと期待することはできません」と彼は言いました。「時間とスペースをマスターしていない限り。 。」

スミス氏は有権者にマスクを着用し、期日前投票または選挙日に投票するようアドバイスしました。

フロリダ州のローレル・リー国務長官は今週、地方選挙の監督者に、「高水準の誠実さを備えた秩序ある郵送による投票プロセスを管理する能力に非常に自信を持っている」と語った。州では、数十年にわたって郵送による投票が可能であり、20年近くの間、言い訳のない郵送による投票が行われてきました。

「これは私たちがよく知っている投票方法です」とリーは言いました。

ポリティコの要請により、スミスはフロリダ州の67の郡選挙監督者から州選挙局に提出された有権者データを分析しました。

民主党は不在者投票の50%を予備選挙に投じ、郵送投票の47%を占め、カウントされなかったと彼は判断した。何年にもわたって不在者投票を支配し、選挙民がそのプロセスに精通している共和党員は、不在者投票の34%を予備選挙に投じ、郵送投票の31%を占めました。

独立および第三者の有権者が最も高い拒否率を示し、郵送投票の15%を投じ、数えられない投票用紙の22%を占めました。

スミス氏によると、選挙民全体よりも若くてヒスパニック系である傾向がある無党派は、共和党よりも民主党に傾倒している有権者に非常に似ているという。

バイデンと州の民主党員は、2020年キャンペーンの中心的なメッセージとして郵送による投票を行いました。しかし、先月の民主党全国大会に向けて、民主党は、可能であれば期日前投票を奨励するためにメッセージを広げ始めました。これは、党が不在者投票の潜在的な問題を心配していることを示しています。

「できれば、事前投票を直接行う必要があります」と、元ファーストレディのミシェルオバマ氏は民主党全国大会のスピーチで述べました。


フロリダの投票-歴史

ロン・デサンティス、知事
ローレル・M・リー、国務長官

フロリダ州の法律では、電子メールアドレスは公開記録です。公開記録の要求に応じて電子メールアドレスを公開したくない場合は、このエンティティに電子メールを送信しないでください。代わりに、電話または書面でこのオフィスに連絡してください。

Copyright©2019フロリダ州、フロリダ州務省。

フロリダ州務省

R.A.灰色の建物
500サウスブロノーストリート
フロリダ州タラハシー32399-0250

有権者支援ホットライン: 1.866.308.6739
時間: 月曜日-金曜日8:00 AM-5:00 PM(東部標準時)
聴覚障害または言語障害がある場合は、 フロリダリレーサービス 、1.800.955.8771(TTY)または
1.800.955.8770(音声)または1-800-955-1339(ASCII)、または
1.877.955.8773(españolaespañol)。


関連記事

裁判官は元重罪人の投票を阻止するフロリダの人種差別主義システムを殺害する

裁判官はフロリダに重罪の投票権を返すための人種差別主義システムを修正するために30日を与えます

フロリダは数十万の有権者候補を抑制している、と研究は示唆している

知事として、チャーリー・クリストは人種差別的な法律を鈍らせることに長い道のりを歩みました。フロリダ州では、非暴力の重罪人が投票権の回復を訴えることができ、クリストはプロセスを合理化し、3年間で155,000人のフロリダ州民に投票を戻しました。

しかし、彼の永遠の恥ずべきことに、リック・スコット知事は皮肉なことに障害物を復元し、復元された権利を申請するための5〜7年の待機期間を作成し、投票者のごく一部にのみそれらを付与しました。同じ犯罪で起訴された白人の被告よりも重罪で有罪となる可能性が統計的に高い黒人有権者の5人に1人以上を含め、州内の150万人近くの住民が投票をブロックされています。

スコットは終わっていませんでした。 5月、州議会は、裕福でない人々(長時間労働し、頻繁に移動する人々)が投票するのを防ぐために使用できる新しい選挙要件を可決しました。法律は、投票グループが新しい有権者を登録することを難しくし、有権者が選挙日の前にある郡から別の郡に移動し、住所変更を登録しなかった場合、暫定投票用紙を使用することを義務付けています。 14日から8日までの期日前投票日。

アメリカ自由人権協会は、新しい法律の実施を阻止することを求めてマイアミで連邦訴訟を起こした。 ACLUのフロリダ支部の事務局長であるハワード・サイモンは、この法律を「有権者抑圧の三連勝」と呼んだ。

リックスコット知事の政権が「非市民」有権者の州全体の追放を開始したとき、マイアミヘラルドが共和党主導の努力が民主党、ヒスパニック、無党派を不釣り合いに標的にしていることを発見したのは偶然ではなかったようです。投票する資格があります。スコットの政府が彼らのシステムに深刻な欠陥があることをあまり心配していないように見えたのも大きなショックではありませんでした。

司法省も、実際に何が起こっているのかについてだまされていなかったようです。連邦裁判官がフロリダのより厳格な新しい投票登録法のいくつかを投げた後、昨夜遅くに送られた手紙の中で、DOJはフロリダが1965年の投票権法に違反するかもしれないのでパージをやめるよう要求した。

これは、貧しくて圧倒的に民主的な有権者が選挙日の投票に参加しないようにするための非常に簡単な方法です。彼らの食べ物を差し控えてください。

なんらかの理由で、フロリダ州子供家族局(DCF)は昨日、ハリケーンイルマで荒廃した貧しい住民に緊急フードスタンプを配りました。これは、最初のラウンドで何千人もの人々が長い日焼けした列に並ぶことを余儀なくされた後、マイアミデイド郡とブロワード郡での州の2番目の災害補足栄養支援プログラム(D-SNAP)フードスタンプ配布でした。

マイアミニュータイムズを無料に保ちます。 始めてから マイアミニュータイムズ、それはマイアミの自由で独立した声として定義されており、私たちはそれをそのように保ちたいと思っています。読者に地元のニュース、食べ物、文化の鋭い報道への無料アクセスを提供します。政治スキャンダルから最もホットな新しいバンドまで、あらゆるものに関するストーリーを制作します。勇敢な報道、スタイリッシュな執筆、そしてプロジャーナリスト協会のシグマデルタチーの特集執筆賞から功績のあるジャーナリズムのケーシーメダルまですべてを獲得したスタッフがいます。しかし、包囲された地元のジャーナリズムの存在と広告収入の後退がより大きな影響を及ぼしているため、地元のジャーナリズムへの資金提供の背後にある支援を結集することが今まで以上に重要になっています。 「ISupport」メンバーシッププログラムに参加することで、ペイウォールなしでマイアミをカバーし続けることができます。


ライブチャット

フロリダでの今夜のレースに関する最新情報

ハッピー、マーク? APはちょうどトランプのためにフロリダを呼んだ。

フロリダやノースカロライナなどの州でバイデンの投票数が消えるのを見てきたので、覚えておくべきことが1つあります。彼のリードはミシガン州とウィスコンシン州ではるかに大きく、ペンシルベニア州で少し大きかったです。だから彼はそこに作業するための小さなクッションを持っています。

今回、トランプはオセオラを14ポイント失った。彼は2016年に25歳までにそれを失いました

フロリダでのバイデンの敗北を「マイアミのキューバ」に押し上げることがたくさんあります。興味深いことに、フロリダの他の大きなヒスパニック郡、オセオラは、トランプが2016年よりも11ポイント優れていることを示しました(トランプは22ポイント優れていました)マイアミデイド)。オセオラはプエルトリコ人が多い郡です。したがって、バイデンの問題は、フロリダのヒスパニック系有権者の少なくとも60パーセントにありました(それ以上ではないにしても)。

アレックスの情報源はおそらく正しいでしょう、そしてそれは長い間待たされるでしょう。カリフォルニアがバイデンの列に入ったので、彼は209の選挙人票で、トランプの119になりました。フロリダ、ノースカロライナ、オハイオ、テキサスがトランプに行くと仮定しましょう。彼にハワイを与えてください、バイデンはどこかで58の選挙人票を見つける必要があります—ミネソタ(10)、アリゾナ(11)、ミシガン(16)、ウィスコンシン(10)、ペンシルベニア(20)、アイオワ(6)、ネバダ(6)のいくつかの組み合わせ、メイン(3)、ME-02(1)、NE-02(1)、ジョージア(16)。彼はジョージアを失う可能性がありますが、ペンシルベニアも失った場合は、他のすべてに勝つ必要があります。

ええ、フロリダは奇妙な島ナンシーです。間違いない。しかし、FL、GA、NC、TXはすべて、熱気だけでいっぱいだと多くの人が言った後、トランプの勝利の列に入っています(または向かっているように見えます)。それで、多分彼らは疑いのもう少しの利益を得るでしょうか?

しかし、トランプの補佐官も、フロリダを勝ち取ったように見える勢いを利用して、レースが終わったように見せようとしていると思います。それは、私たちがまだたくさんのデータを待っているとき、そしてフロリダが本当にそれ自身のユニークな(奇妙だと言う人もいる)政治的な島であるとき、彼らに合った物語です。 cc:マーク

マーク・イットはカリフォルニア人だけではありません。ベテランのデムストラテジスト(そしてイリノイ州在住)のピートジャングレコは昨日、デムズがフロリダで敗北したと思ったと私に言った。それはとても魅力的に見える状態であり、それから。 「それは常にこのように機能します。遅い投票は常にフロリダの共和党員を破るようです。」

カリフォルニア州民主党のアドバイスが戦場を勝ち取るための良い方法であるかどうかはわかりません、デビッド。カマラハリスがフロリダのバイデンを助けるためにほとんど何もしなかったかのように見えます。他の戦場がトランプに振り回された場合、バイデンが「最も進歩的な」大統領になることを約束し、カリフォルニアのリベラル派と一緒に走ることが当時は間違っていたのではないかと党が検討する時期かもしれません。それでも、Mulhollandにはポイントがあります。フロリダは民主党にとって厳しく、ますます厳しくなっています。

Mucarsel Powellは、2018年に彼女にとって良好な状態で勝利しましたが、キューバ系アメリカ人の投票はトランプによって開始され、Gimenezはキューバ系アメリカ人です。そして、その地区の他の部分は、強いトランピー反乱軍の筋を持っているフロリダキーズにあります

フロリダに焦点を当てているすべての人にとって、私は少し前に、多くの民主党員がフロリダでの党のチャンスに懐疑的であったこと、そして投資への不安を覚えています。元民主党全国大会のメンバーであるボブ・マルホランドは、私に次のようにテキストメッセージを送りました。「2016年と2020年にフロリダで2億ドルを費やした後、2028年まで忘れさせてください。」

ギメネスは、このサイクルで共和党のスターハウスが採用した人物の1人でした。彼がレースに参加したときの民主党員と共和党員の両方からのおしゃべりを覚えています、マーク。

キューバの投票は、マイアミデイド市長のカルロスギメネスが議会に選出された今、マイアミデイド郡で激怒した。彼は、マスクの命令と封鎖を支持したことでトランプラリーでブーイングされました

フロリダは外れ値ではなく、スウィングステートの白人が北のトランプのためにもっと激しく壊れるだろうというトランプキャンペーンからの入ってくる量の増加。それが正しいかどうかはわかりません。しかし、多くの人々は、フロリダを勝ち取る自信に夢中だと言い、トランプはかなり堅実に行動しました。

フロリダと呼ぶべきです。フロリダ州選挙局のウェブサイトが不正確な情報を掲載していない限り、バイデンが追いつくことは不可能です。トランプは10,926,262票のうち381,158票でバイデンをリードしています。州は、選挙で合計11,002,345票が投じられたと報告している。したがって、残りの投票数は76,083票のみです。バイデンが未解決の票の100%を獲得したとしても、彼は306,075までに負けるでしょう。

マークは、フロリダの民主党員から、最後の数週間までグラウンドゲームに立ち向かおうとしなかったという後悔を聞いたことがありますか。バイデンキャンプは、最後の瞬間まで、彼らがより責任のあるキャンペーンであることを示すために、直接ドアノックやキャンペーンイベントを行わないことを強調していました。

フロリダだけでなくジョージアも知りませんが、フロリダで白人がどのように行動したかを考えると、ジョージアで白人がどのように行動していないかを知ることは困難です。

これまでに見た限られた収益を見て、ここに私の持ち帰りのいくつかがあります。 -大統領の社会主義の議論は南フロリダで勢いを増しているようだった-バイデンは報告された大学の郡でうまく動いており、彼はそれらの場所で若い有権者とうまく動いていることを示唆している-トランプは速く苦労している-サンベルト郊外の成長は非常に現実的です

そして、トランプのリードはフロリダで成長し続けています。今では374k、6分でさらに8kになります。

フロリダのトランプのマージンは拡大しています。今では366kです。以前は295kでした。大きな青い郡はほぼ完全に報告されています。これがトランプの勝利ではないことを理解するのは難しい

バイデンキャンペーンは、フロリダに関するこの更新された見解を提供します。です!また、勝つ必要はないとも言いましたが、それは今でも当てはまります。私たちは、特に郊外で、国に影響を与える可能性のあるいくつかの利益に勇気づけられています。キューバ以外のヒスパニック投票でも好調で、他の場所でも好調です。マイアミデイドのように見える場所は他の州にはありません。そして、このキャンペーンを通じて、他のラテン系アメリカ人の有権者はキューバ系アメリカ人のように投票しないことがわかりました。」マーク

マークはこれを非フロリダマンに説明します。バイデンは、ピネラスとジャクソンビルのデュバル郡を裏返す可能性があるようです。彼はオーランドのオレンジカウンティからクリントンよりも大きなマージンを得ています。彼はフロリダ州南西部のいくつかの共和党郡でクリントンよりも数パーセントポイント優れています。マイアミデイドでの彼のパフォーマンスはどれほど悪いですか、それとも単につまらないですか?

さて、マイアミ・デイドがトランプの勝利の可能性に完全に責任があるとは言えません。クリントンのマージンをマイアミデイドに適用し、残りのレースを安定させた場合、トランプはフロリダ州全体で295kではなく117k票を獲得します。

フロリダ州のアラチュア郡(フロリダ州)とノースカロライナ州のオレンジ郡(UNC)の2つの大学郡から判断すると、バイデンは若い有権者の間で予想以上に好調です。彼はそれらの場所でクリントンのペースよりも進んでおり、それらの郡からわずかに大きなマージンを得るために数字を示しています。

基本的に、このマップは2016年と驚くほど似ていますが、GIANの例外が1つあります。Miami-Dadeです。トランプは2016年より22ポイント上回っています。

オレンジカウンティでは、トランプは2016年よりもわずか2ポイント上回っています。

ナターシャノースカロライナは、2008年にバラクオバマが優勝した後、2012年にミットロムニーが優勝した唯一のスウィングステートでした。ドナルドトランプは2016年にロムニーよりも優れていました。彼はこの秋の集会でかなり集中しています。フロリダでのジョーバイデンの勝利はノックアウトだったかもしれませんが、彼がノースカロライナを奪った場合、それは簡単なことではありません。

だから私はフロリダの投票を探し回っていますが、ジョー・バイデンへの希望の兆候はほとんどなく、ドナルド・トランプへの期待はたくさんあります。ここでのマイアミデイドの重要性は控えめに言っても過言ではありません。大きな青い郡は彼らの集計を報告することで終わっていません、しかしトランプのマージンは現在295,000です。そして現在のサポート率では、バイデンがそれを克服するための票をどこで見つけるかを知ることは非常に困難です

バイデン(およびデムズ)は、フロリダ州よりもノースカロライナ州についてはるかに強気でした

クリストファーまたはオハイオ。民主党は、利益が早期に期待されていたという理由もあり、バイデンに投資を行うよう働きかけていました。

テキサスがフロリダより近いなら、野生になるでしょう。

たとえば、バイデンのキャンペーンマネージャーであるジェンオマリーディロンの1つの例であるホリーは、まだPaを頼りにしていることを示唆しています。 「ノースカロライナ州とジョージア州の間で1つの州に勝っただけでは、ミシガン州とフロリダ州を失い、270以上の選挙人票を獲得する可能性があります。」

ホリーバイデンがフラ、ノースカロライナ、ジョージアを失った場合、彼のいわゆる大中西部には確かにペンシルベニアの勝利が含まれます。それが彼らの主張です。 Paを失うには、他の場所で何か大きなものを拾う必要があるようです。

これは電話ではありません。しかし、私はジョー・バイデンの数学を見ていません。この選挙は他のフロリダ州の選挙と同じ規則に従っているように見えます。つまり、党が他の党に反対票を投じた候補者が勝ちます。

クリストファーそれは、アイオワが重要ではなかったというバイデンチームの警告を彷彿とさせるようでした。世論調査が彼にとって悪いように見える場合でも、心配しないでください!

最近のバイデンキャンプの期待設定に関してナターシャの主張を反映するために、彼らはこれが来るのを見た可能性があります。彼らのコメントの多くは、バイデンがフロリダに勝つ必要がないことに焦点を当てています。彼らは今夜の選挙がどのようにカバーされるか、そして民主党員がどのようにニュースを受け取るかについて非常に同調しているように見えた。

ローラ・チャーリー・サブリナ私にとっての質問は、ラテン系アメリカ人への直接のバイデンキャンペーンの投資が不足していることを示しているのでしょうか。しかし、移民制限政策(およびトランプの社会主義の警告)と移民をめぐる一般的なレトリックは、アリゾナ、ネバダ、テキサスではフロリダとは明らかに大きく異なります。

もちろん、世論調査では、バイデンが初等協会以来ラテン系アメリカ人の成績を下回っていることを示しています。しかし、それは同じ理由ではありません。トランプの反社会主義的メッセージは、ここでキューバ人とベネズエラ人に本当に共鳴しました。しかし本当に—ここでの話はキューバ人です。私たちは、フラで90万人以上の適格なキューバの有権者をベネズエラ人と話し合っています。

ええ、私はクリストファーに同意する必要があります。バイデンが全国のラテン系アメリカ人と全体的にどのようにパフォーマンスするかを本当に言うことはできないと思います。テキサス、アリゾナ、カリフォルニアのメキシコ系アメリカ人は、フロリダのキューバ系アメリカ人ではありません。

ここに飛び込んでチームバイデンのために少しズームアウトするために:過去2日間、彼らはフロリダがタイトであるという印象を与え、それがトランプに非常にうまく行くことができるという期待を設定しているようでした。彼らのメッセージは、フロリダが夜の早い時間に赤くなった場合の打撃を和らげることだったようです。

クリントンと比較してマイアミデイドとバイデンのパフォーマンスが低いことを観察すると、ネバダ州、アリゾナ州、テキサス州などのラテン系の有権者にとってこれが何を意味するのかを推定することは現時点では困難です。警告のサインかもしれませんが、キューバ、ベネズエラ、プエルトリコの有権者による、フラでのトランプの取り組みに特有のものである可能性もあります。

これらのフロリダの数字を見ていると、バーニー・サンダースが9月にラテン系の有権者とのバイデンの不振について私に言ったことへのフラッシュバック:若者や地域社会と接触し、彼らの活動に資金を提供するのを助けます。しかし、それが行われない場合、ラテン系コミュニティの投票率が私たちが望むよりも低くなる可能性があり、バイデンがいくつかの非常に重要な州を失う結果になる可能性があると思います。」

また、非大統領のニュースで:現在、FL-26とFL-27の民主党の現職者は負けています。マイアミデイド市長のカルロスギメネスがデビーマカーセルパウエル議員を追放しようとしているため、フロリダズ26だけで2100万ドル以上が費やされました。そして、ドナ・シャレイラ議員はより安全だと考えていましたが、彼女は今、落ち込んでいます。

フロリダのパンハンドルで投票が終了する数分前で、民主党はわずか0.4パーセントポイント上昇しています。通常、中部標準時の7時以降、パンハンドル共和党の郡が地図の色を反転させるために追加の赤を提供するため、州が青で網掛けされているのはこれが最後です。しかし、それは通常です。これがどれほど正常か見てみましょう。

フロリダ州の詳細:91%で、バイデンはジャクソンビルのデュバル郡で51-47をリードしています。それは、トランプが48-47で勝ち、ロムニーが2012年に51-48で勝ったという裏返しの郡になるでしょう。

オーランドのオレンジカウンティもデムズをしっかりと探しています。 Biden is running 50k votes ahead of Clinton, with 93% in

But I can't stress this enough: Biden's win would be unique for two reasons. 1) Democratic voters were outvoted by Republicans 2) The Miami-Dade margins are the stuff of a losing Democratic campaign that needs far more votes out of here

GOP strategist just made this point to me: If Florida goes red in 2020, while Georgia, NC, Texas are seen as more/just as competitive for Dems, it could totally change Florida's role in presidential politics. It's big, expensive and complicated, so what if Dems stop challenging it and focus on other SEC-type states?

As the resident Cuban here, I've gotta say — these Miami-Dade numbers really speak to the inroads Trump made with that already Republican-leaning community. That's a story we've been telling for months (maybe, years?) and the Trump campaign has been pushing that out, but now we're seeing it play out for real.

So Miami-Dade might have another 250k votes left

Biden appears well ahead of Clinton's pace in Jacksonville's Duval County. Went narrowly for Trump in 2016 and Biden is at 54% with 75% of votes in. What do you make of that Marc

It's 1 million votes, so that's basically the entire early and absentee vote Holly

How much of the vote is counted in Miami-Dade Marc ?

If Biden is so close in Dade, it's not as if he wasn't warned. Trump made a big play there. The Democrats were complacent. Now we're not forecasting Biden will lose Dade, but this close margin is not good for him https://www.politico.com/news/2020/09/08/trump-miami-florida-support-410362

‘What do we do?’: Trump gains rattle Miami Dems

I'm joining live from Miami as well, where we just got early numbers for Miami-Dade County. Right now, we're seeing Biden 54 to Trump 45. The early look at this shows Trump really has made inroads with Cubans and other Latinos down here.

Now for the bad news for Biden: Miami-Dade County is not breaking his way the way it needs. With the total early vote, Biden is only ahead by 9 in a county that Clinton won by nearly 30

Ok. Coming back up for air here in Florida. We've got some preliminary results, mainly from early and absentee votes and Biden is doing well, as expected.

Polls are now closed in the Eastern Time Zone of FL, they'll be open for another hour in Central.

If Biden wins FL tonight, it will be unique. He would be the 1st top-of-the-ticket candidate to carry the state even though his party had a lower share of ballots cast than the opponent’s party. Bottom line: when more Democrats vote than Republicans, the Democrat has won Florida. When more Republicans vote than Democrats, the Republican has won.

More Republicans are voting than Democrats in Florida. As of about 6:30, the GOP’s share of vote was 1.8 percentage points higher than the Democrats, known as an R+1.8 electorate. It was R+0.6 in 2016 when Trump won by 1.2 points.

We don’t know the final composition of the electorate. So it could be higher or lower than R+1.8.

To win like this, Biden would need a good share of independents (as much as a 7-point margin) or more GOP voters for him than Dem voters for Trump. Or a combo of both. Both are possible.

Vote totals are FINALLY coming in. So I’m checking out.

Greetings from downtown Washington, where streets are shutting down a few blocks away from me near the White House. I just got off a conference call with Trump advisers Bill Stepien and Jason Miller. Their argument right now is that Dems cannibalized their voters during the early vote period and then, without a well-funded ground game, scrambled at the end to turn out voters on Election Day. The Trump campaign further contended that they were effective in turning out voters today like Florida

Good evening from Miami, FLA. I'm watching three things: Florida, Florida, Florida. We're watching turnout and we can do it almost in real-time. As of the 5 p.m. update, Republicans have been dominating the day in turnout, as expected. They began the day in a hole to Democrats in total ballots cast, with the Dems ahead by 115,000 early and absentee ballots cast, a margin of 1.3 percentage points. Republicans then stormed the polls today and led Democrats by about 184,000 ballots cast, or 1.7 points. Biden wants to keep that margin at 2 or below. Not every Democrat is voting for Biden nor ever Republican for Trump, so we're using these raw ballot numbers as a sign of intensity. And right now, that's with Republicans. Now, 24% of the electorate are no independent party affiliation/third party voters, so it's anyone's guess how they break. Nearly every poll says Biden leads with them, but the question is how much. Biden probably needs to win independents by 7 points if the composition of the electorate continues to look like this. Polls close in an hour and 15 minutes in most of Florida, and Democrats tend to vote a little later in the day, so they could eat a bit back into Republican margins. The last Florida polls close at 7 p.m. Central/8 p.m. Eastern in the GOP-leaning Panhandle, so there's time for more Republican votes, too

Good evening from the great Midwest. I’m just dying to know whether Team Biden can flip one of the tougher states on their map like AZ, NC or GA. The Biden campaign seems least confident about Florida but seemed to feel pretty good about reclaiming the Blue Wall. I’m also keeping an eye on Wisconsin, a battleground close to my heart (and to my home). Democrats there are feeling good because they ran up such a strong lead in early voting.

Hi everyone from D.C.! I'm watching to see what happens in Pennsylvania, Florida, North Carolina, Wisconsin and the Upper Midwest states which seems to be the most crucial for a potential Trump victory given the recent polling and his path to winning in 2016. I'm also watching to see what emerges as the chief issue for voters: the economy (which historically has favored Trump), or his administration's handling of Covid (where he has been far weaker in the polls). And then, like Anita , I am watching to see how POTUS reacts. If we do not know the outcome of the election tonight, is he cool, or does he try to claim victory regardless?

Hi from DC! We made it y'all! I agree with Elena we should be able to choose "every single thing!"

But my eyes are on Florida because it will be key to letting us know how long this night might be. Republicans are feeling really good that the GOP "day of" numbers today are exactly where they needed them to be even with all of the early voting we saw in the state. Florida is a must-win state for President Trump (not Biden) and it's a state that is a small United States in its own right aka lots of different voting groups we'll see be important nationwide. It will also be a state that might get called early.


House of Representatives

The Florida House of Representatives is the lower house of the Florida State Legislature. It is composed of 120 members, each representing a district. Each member represented an average of 156,678 residents, as of the 2010 Census. ⎧] After the 2000 Census, each member represented 133,186. ⎨]

Representatives are elected to two-year terms during even-numbered years. A representative must be at least 21 years of age, a resident of the district in which he or she will serve, and a resident of Florida for at least two years before being qualified to run for election. Once elected, representatives are limited to four terms.

The entire Florida Legislature meets every year in a session beginning on the first Tuesday after the first Monday in March and lasting 60 calendar days. Special sessions may be called either by the Governor or by the leaders of both chambers acting jointly.

The Speaker of the House is elected by the representatives for a two-year term. The Speaker has the power to preside over the chamber during a session, to appoint committee members and chairs of committees, to influence the placement of bills on the calendar, and to rule on procedural motions. The Speaker pro tempore presides if the Speaker leaves the Chair or if there is a vacancy.

Party As of June 2021
     Democratic Party 42
     Republican Party 78
     Vacancies 0
Total 120

Click here for a list of members of this chamber.

From 1992 to 2020, the Florida House of Representatives flipped from Democratic control to a Republican majority, with the chamber changing hands in the 1996 elections. Prior to 1996, the chamber had been under solid Democratic control since the years immediately following the Civil War. The partisan change in the chamber coincided with the American South's shift from nearly 175 years of Democratic dominance to being solid Republican by the early 21st century. The table below shows the partisan history of the Florida House of Representatives following every general election from 1992 to 2020. All data from 2006 or earlier comes from Michael Dubin's Party Affiliations in the State Legislatures (McFarland Press, 2007). Data after 2006 was compiled by Ballotpedia staff.

Florida House of Representatives Party Control: 1992-2020

'92 '94 '96 '98 '00 '02 '04 '06 '08 '10 '12 '14 '16 '18 '20
Democrats 71 63 59 48 43 39 36 41 44 39 46 37 41 47 42
Republicans 49 57 61 72 77 81 84 79 76 81 74 82 79 73 78

Before 1996, Democrats had controlled the Florida House of Representatives since the 1874 elections, which came in the aftermath of the Civil War and Reconstruction. After 1874, Democrats enjoyed large majorities in the chamber, much like they did in other southern legislatures. From 1890 to 1960, Republicans never controlled more than seven seats in the chamber. From 1962 to 1986, they added to their numbers, averaging 30 to 40 seats, and broke Democrats' two-thirds supermajority (80 members) four times. In 1986, Republicans won 45 seats and began putting themselves in a position to take control of the chamber.

In 1994, the Democratic majority narrowed to 63-57. In 1996, Republicans picked up four more seats and took a 61-59 lead in the chamber. In the next four elections, they added 23 seats to their majority and held a two-thirds supermajority from 2003 through 2006. Democrats gained some ground back in the 2006 and 2008 elections and brought the Republicans down to 76 seats, less than a two-thirds majority.

Elections from 2010 to 2020 often decided whether Republicans would hold a supermajority in the chamber. The 2010 election put the Republicans back into supermajority status with 81 seats. They lost seven seats in 2012 but then regained a supermajority in 2014 when they captured 82 seats. Democrats made gains in 2016 and 2018, and Republicans picked up five seats in 2020, bringing their majority to 78-42. Nationally, there was a trend toward Republican state legislatures during the presidency of Barack Obama (D). From 2009 to 2017, Democrats experienced losses in state legislative elections, totaling 968 seats all together.


What modern voter suppression looks like in Florida

Perhaps more than ever, today’s presidential election could come down to who has access to the vote in Florida.

Until 2018, Florida was one of only four states that permanently banned people with felony convictions from voting. This draconian measure, which particularly targeted people of color, motivated multiple grass-roots organizations to get together and amend the Florida constitution on the November 2018 ballot. Sixty-five percent of Floridians voted yes on what became Amendment 4 to restore voting rights to former felons.

Florida’s Republican-led legislature and governor then decided to overrule the will of the voters by creating new obstacles for former felons to vote, especially paying fees and fines. In many ways, it amounts to a poll tax by a new name. Some estimates indicated 1.4 million Floridians would have received their right to vote back. But as a result of the legislature’s actions, only about 300,000 of them were eligible to register to vote.

Understanding that disenfranchisement has become a successful route to securing political office, outside funders masked by the mysterious “Keep Our Constitution Clean” political committee, proposed an amendment on the November 2020 ballot. Little is known about the donors since Florida does not require political committees to disclose much information. But the purpose of the new ballot measure, also titled Amendment 4, is clear: to make it even more difficult for future grass-roots initiatives to pass by forcing the people to have to vote on a measure twice before it goes into effect.

The result of this legal maneuvering in Florida is a 21st-century version of Jim Crow, now matured into James Crow Esq. The intent — to restrict minority community access to the ballot box — is the same, but the methods of voter suppression have become more sophisticated.

Jim Crow arose as a reaction to Reconstruction, as White people in the South and beyond reacted to seeing people they previously enslaved and viewed as their inferiors emancipated. As Black Americans gained citizenship, political power, and men gained the right to vote, White men who’d previously held a monopoly on political power passed new laws that not only mandated segregation, but also effectively stripped Black people of their rights.

They did so across Florida. Formally incorporated in 1896 — the same year the Supreme Court ruled in Plessy v. Ferguson the “separate but equal” doctrine that helped enshrine Jim Crow — Miami suppressed or manipulated the Black vote to adopt and uphold policies that worked against the interests of most Black residents and other people of color. Miami’s third mayor, John Sewell, who held office from 1903 to 1907, nonchalantly wrote in his memoir about how he exploited a group of Black men he called his “black artillery.” Whenever Sewell wanted to influence or manipulate a local election, he’d have Black laborers who worked for him registered to vote and coerce them, or use his influence to persuade them, to bend local politics to his will.

These Black laborers had everything to lose, including their ability to feed their families and their very lives in the Jim Crow South. On Election Day in 1920, now 100 years ago, a White mob of terrorists lynched a man named Julius “July” Perry, murdered a number of other local Black residents (the total casualties remain unknown today) and burned more than two dozen Black homes and other structures in Ocoee in central Florida — about 13 miles west of Orlando — after a Black man tried to exercise his right to vote.

In 1940, just a year before many Black Americans patriotically rallied in a segregated military to fight fascism abroad, domestic terrorists at home also made it clear that exercising their right to vote would be dangerous. That year, the Ku Klux Klan in Miami hung up a life-size effigy of a Black person lynched on a street post with a sign with a racial slur. For Black Americans in Florida, therefore, voting could cost them their lives.


Florida Votes - History


Election 2000 - What Happened?

The candidate who won the popular vote did not win the election

Al Gore beat George Bush by about 500,000 votes nationwide

Bush, however, won the electoral vote in this bitterly contested election

It all came down…to Florida

The race was so close and they needed Florida’s electoral votes to win the election

Bush won the electoral votes of more states than Al Gore, but most of the states Gore won had larger populations and more electoral votes

When the polls closed…

- Gore had 255 electoral votes
- Bush had 246 electoral votes
- Neither had enough to be declared the winner
- Both need Florida’s 25 votes to put them over the top
- Election was too close to call on Election Day
- Counting continued and it showed Bush had won Florida by fewer than 2000 votes

The Controversy

Florida law required that since the vote was so close it must be recounted.

At the same time voters in Florida’s Palm Beach County filed a lawsuit challenging election results in their county.

-They argued that the design of the county’s ballot confused many voters
-They were especially upset by punchcard and butterfly ballot voting systems
-They charged that some voters who intended to vote for Gore had mistakenly voted for another candidate
-They also argued that new voting machines may have failed to count many ballots in which the holes were not completely punched through
-In other Florida counties, voters challenged the results for other reasons

By November 10 – machine recount of votes in 3 Florida counties had shrunk Bush’s lead. (fewer than 330 votes separated the two candidates)

Lawyers for the Democrats and Republicans asked the courts to step in and decide if the election had been fair.

-Democrats wanted officials to recount the votes in some Florida counties by hand so that officials could determine whether ballots had been fully punched or properly marked
-Republicans opposed recounting the votes by hand, wanted it stopped arguing that it violated Florida election law
-Battle went to the Florida Supreme Court which ruled that recounts by hand were legal (ordered a hand count of nearly 60,000 ballots)
-Bush’s supporters appealed this decision…it was December 1st.

The Outcome

The U.S. Supreme Court agreed to review the decision of the Florida Supreme Court to allow a hand recount

-This was the first time the Supreme Court had helped decide who would be President
-On December 11th, the justices heard arguments from lawyers for both candidates
-Gore: statewide recount was legal, referred to 10th amendment to the Constitution (this gives states control over the election process)
-Bush: Florida Supreme Court had made new laws allowing new deadlines for votes to be counted
-In a 5 to 4 decision, the justices ruled in favor of Bush and Bush received Florida’s 25 electoral votes to his total (he had 271 now and Gore had 266)

· One elector from DC abstained from voting
· Bush won Florida by a margin of 537 votes out of the nearly 6 million cast in the state
· 5 weeks after Election Day, George W. Bush became the nation’s 43rd President

Resources collected exclusively for the students at HS for Environmental Studies.
These resources should be used for educational purposes ONLY.