イギリス政府-歴史

イギリス政府-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イギリス

行政は名目上は君主に委ねられていますが、実際には、庶民院の議員の中から伝統的に選ばれた大臣の委員会(内閣)によって行使されています。首相はコモンズの多数党のリーダーであり、政府はその支援に依存している。
現在の政府
女王エリザベス2世、
首相兼第一大蔵卿ブレア、 トニー
Dep PrimeMin。プレスコット、 ジョン
大蔵大臣茶色、 ゴードン
Sec。文化、メディア、スポーツのための国家のジョウェル、 テッサ
Sec。国防省フーン、 ジェフリー
Sec。教育と技能のための州のクラーク、 チャールズ
Sec。環境、食品、および農村問題のための国家のベケット、 マーガレット
Sec。外務・英連邦省ストロー、 ジャック
Sec。健康のための州のミルバーン、 アラン
Sec。内務省の州ブランケット、 デビッド
Sec。国際開発のための国家のアモス、 バロネス
Sec。北アイルランドの州マーフィー、 ポール
Sec。スコットランドの州リデル、 ヘレン
Sec。貿易産業のための州のヒューイット、 パトリシア
Sec。輸送のための州のダーリン、 アリステア
Sec。ウェールズ州ハイン、 ピーター
Sec。労働年金省スミス、 アンドリュー
最小作業用茶色、 ニック
最小ポートフォリオと労働党の議長なしマッカートニー、 イアン
貴族院内務長官モスティンのウィリアムズ卿、
評議会議長兼庶民院議長リード、 ジョン
大法官アーバイン、
財務省長官ボアテング、 ポール
チーフホイップ&議会課財務省へアームストロング、 ヒラリー
臨時代理大使ブレントン、 トニー
ニューヨークの国連常駐代表グリーンストック、 ジェレミー


英国内閣

NS 英国内閣 は、英国政府の最高幹部大臣のグループです。枢密院の委員会であり、首相が議長を務め、そのメンバーには国務長官やその他の政府部門の政治指導者が含まれています。

閣僚法は、内閣(および内閣委員会)の業務は主に、政策の主要な問題の問題、国民にとって非常に重要な問題、および部門間で未解決の議論がある問題であると述べています。 [1]


イギリス:歴史

イギリスとスコットランドはイギリスとして統一されています。

「英国」という用語は、英国とアイルランドが統合した後に正式になります。

大恐慌の間、英国の経済は大きな打撃を受け、数百万人が失業し、英国の世界貿易は半減しました。

英国は、ポーランドに侵攻した後、ドイツに対する戦争を宣言しました。これにより、英国に対するドイツの大規模な空襲が発生し、英国の多くの都市のインフラストラクチャに深刻な損害が発生しました。

マーガレット・サッチャーが首相になり、自由市場政策の実施を開始します。

国営産業の民営化を目的とした政府プログラムが実施されています。

政府は、英国の大幅な財政赤字と戦うために大規模な公共支出の削減を発表し、4年間で政府部門の予算は平均19%削減されました。

英国は、一般に「Brexit」と呼ばれる国民投票で欧州連合を去ることに投票します。

英国は正式に欧州連合を離脱し、貿易交渉が完了するまでに11か月の移行期間を開始します。


英国-政治、政府、および税制

イギリスは民主的で立憲君主制です。エリザベス2世女王は国の君主であり、国家元首を務めています。ニュージーランドとイスラエルに加えて、英国は単一の正式な憲法を持っていないという点で世界の国々の中でユニークです。代わりに、その憲法は、英国のコモンローとして集合的に知られている一連の歴史的文書と伝統的な法的および政治的慣行に基づいています。主要な憲法文書には、マグナカルタ(1215)、権利の請願(1628)、権利章典(1689)、および和解法(1701)が含まれます。これは、米国とは異なり、憲法を変更するために必要な正式な修正プロセスがないため、憲法に大きな柔軟性をもたらします。議会は、憲法の特定の分野の性質を変える法律を制定することができます。憲法の書かれていない要素の例は、首相が国会議員でなければならないという慣行です(これは法律として記録されていません)。

不文憲法の背後にある2つの主要な原則があります。これらは法の支配と議会主権です。法の支配は、政府が法を超えておらず、法的な権限を持っていることしかできないという原則に基づいています。議会主権とは、議会が望む法律を合法的に可決することができ、いかなる個人または機関もそれを無効にすることができないことを意味します。いかなる法律も議会によって廃止または変更される可能性があります。これにより、政府は西ヨーロッパや米国の政府よりも強力になります。

君主は原則として多くの力を持っていますが、習慣はそのような力は控えめにしか使われないと定めています。君主の役割は現在主に儀式的です。女王はまた、オーストラリアのアンティグアバーブーダ、バハマ、ベリーズ、カナダ、ジャマイカ、モーリシャス、ニュージーランド、パプアニューギニア、セントルシア、ソロモン諸島、トゥヴァルなど、多くの旧英国植民地の元首を務めています。 。

政府は、女王によって任命された首相によって率いられています。首相は通常、議会で最大の政党のリーダーです。議会自体は 二院制 (2つのチャンバーで構成されています)。上の部屋は貴族院として知られており、下の部屋は庶民院として知られています。議会は、英国全体またはチャネル諸島などの依存関係を含むその構成要素のいずれかについて法律を可決することができます。

貴族院は、貴族、上級司教、および法王として知られる上級裁判官で構成されています。 1999年の貴族院法により、世襲貴族の数は92人に減少しました(世襲貴族は領主です。世襲貴族はその地位を相続人に渡し、その結果、相続人は領主になります。&#x0022Lifeピア&#x0022には世襲貴族がいません。これにより、貴族院の規模は1997年の1,200議席から2000年には670議席に減少しました。貴族院の選挙はなく、退任する司教を除いて、メンバーは人生のために役立つ。商工会議所の最も重要な立法権は、その遅延能力です。主はコモンズからの動議を拒否することができます。衆議院はそれからそれを再提出するために一年待たなければならない。庶民院は、普遍的な成人の参政権によって選出された659人のメンバーで構成されています。メンバーのうち、529人はイギリス、40人はウェールズ、72人はスコットランド、18人は北アイルランドからです。それぞれが小選挙区から5年間選出されますが、首相の裁量で早期に新しい選挙を呼び出すことができます。 (小選挙区では、地区全体に1人が選出されます。これは、英国と米国のシステムです。一部の国では、複数の代表者が選出される比例地区を使用しています。これにより、少数党の代表が保証されます。すべての地区で。)

政府の主要な目標の1つは、英国の各地域により多くの政治的権力を与えることでした。 1999年までに、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドはすべてある程度の自治権を与えられ、各地域には国の立法機関がありました。国王の議会は、防衛、外交政策、社会保障制度の管理を維持しています。地域議会は、教育、環境、文化を高度に管理しています。

英国には、保守党と労働党の2つの主要な政党があります。トーリー党として一般に知られている保守党は、中道右派の政党であり、低税と経済における政府のより小さな役割を支持しています。労働党は中道左派です。これは伝統的に組合と主要産業の政府による管理を支援してきましたが、最近では貿易や産業の国家所有を含む多くの経済問題についてトーリー党の立場に近づいています。英国には、自由民主党、アルスター統一党、シン・フェイン党、スコットランド国民党、プラッド・カムリ(ウェールズ国民党)など、多数のマイナーまたは地域政党もあります。

ヨーロッパの国々の中で、英国政府は伝統的に国内市場で自由貿易と自由企業を最も支援してきました。それにもかかわらず、政府の影響力は米国などの国々の影響力よりも深くなっています。 1970年代後半から、政府は国営企業を売却するプログラムに取り組んできました。すでに行っている企業の例 民営化 ブリティッシュ・エアウェイズ、ブリティッシュ・エアロスペース、ブリティッシュ・ガス、ブリティッシュ・スチール、ブリティッシュ・テレコムが含まれます。英国政府の継続的な問題の1つは、英国人に医療を提供する国民保健システム(NHS)を改革するための継続的な取り組みです。 NHSの人気により、政府はプログラムを維持するために必要な改革を実施することが困難になっています。 溶媒 。英国の人口の高齢化はNHSに新たな圧力をかけ、保守党は将来の潜在的な経済危機を防ぐためにシステムの民営化を要求しました。

1999年、英国政府の歳入は5,410億米ドル、支出は5,075億米ドルでした。 1998年の政府支出はGDPの36.3%を占め、わずか2年前の40%以上から減少しました。 1995年から1998年まで、政府は 財政赤字 、しかし1998年には、政府は1.6%の黒字を出し、それ以来、政府は黒字を出している。労働力の約11.3%は、国、地方、地方自治体を問わず、あるレベルの政府によって雇用されています。政府の歳入は、北海にある王国のかなりのエネルギー資源によって増大しています。エネルギー部門のほとんどの企業は個人所有ですが、石油や天然ガスを生産する権利と引き換えに政府にライセンス料を支払います。英国の法人税率は、中小企業の成長を促進するように設計されています。大企業の税率は31%です。収益が&#xA3300,000未満の小規模企業の企業率は、21%です。英国とルクセンブルグは、EUで最も低い法人税レベルを持っています。個人の税率は、所得水準に応じて20%から40%の範囲です。個人税と法人税を合わせると、王国はEUで最も低い税水準になります。

英国は対外援助の純貢献者です。 1997年には、34億米ドルの援助を寄付しました。軍事費はGDPの約2.7%を占めています。 1998年には、これは369億米ドルに達しました。 1999年、イギリス軍の要員数は209,000人で、陸軍は110,000人、イギリス海軍は44,000人、イギリス空軍(RAF)は55,000人でした。英国は北大西洋条約機構(NATO、多くの西ヨーロッパ諸国と米国およびカナダの軍事同盟)のメンバーです。英国は、1991年の冷戦終結以来、核弾頭の総数を削減しているものの、核兵器を保有している世界でも数少ない国の1つです。

英国は、米国に最も近い軍事的および経済的同盟国です。両国は、世界大戦と冷戦の両方で同盟国であるなど、安全保障協力の長い歴史を持っています。英国はまた、国連やさまざまな国際経済組織において米国と緊密に協力してきました。王国は、世界貿易機関(WTO)、経済発展国機構(OECD)、および8つの先進国のグループのメンバーです。米国と英国が現在協力している分野の1つは、大西洋を横断する自由貿易地域の開発であり、これにより、 関税職務 米国とヨーロッパの間の商品とサービスについて。

政府と英国国民の間での深い議論は、共通通貨としてのユーロの採用をめぐって議論されています。英国は欧州連合の加盟国ですが、EUの他の加盟国が1999年に自国通貨をユーロに置き換えることを決定したとき、英国は協定をオプトアウトしました。英ポンドをユーロに置き換えることを支持する人々は、これにより他のEU諸国との貿易がより簡単になり、より安価になると主張しています。ユーロに反対する人々は、英ポンドの喪失はまた、支配の喪失を意味すると主張している 金融政策 そしてイギリスをヨーロッパ大陸からの経済問題に対して脆弱にします。

政府の政策は引き続き低インフレを強調しています。 1999年、王国は インフレ率 は2.3%で、1996年から完全に1ポイント低下しました。しかし、多くのエコノミストは、公式のインフレ率は実際には本来よりも約1ポイント低いと主張しています。政府はまた、1999年に6%に達した失業率の引き下げに取り組んできました。英国では外国企業に対する制限はほとんどなく、政府は外国投資や外国企業を誘致するためにさまざまなプログラムを採用しています。これらの努力の結果の1つは、英国と米国が互いの市場で最大の外国人投資家であるということです。企業の外国人所有に対する唯一の重要な制限は、放送、航空および海上輸送、漁業、および防衛部門の企業です。たとえば、英国の航空会社の外国人所有権は49%に制限されています。


政府

英国は、普遍的な成人の参政権に基づく議会制民主主義です。立憲君主制でもあります。大臣は、国家元首および政府の長であり、国王のすべての軍隊の最高司令官であり、確立されたイングランド国教会の最高知事である主権者の名において統治します。憲法は書かれておらず、制定法、慣習法、慣習の組み合わせに依存しています。

英国は、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4か国の連合体です。王室属領(チャンネル諸島とマン島)は主に自治植民地であり、英国はその防衛と国際関係に責任を負っています。

議会は二院制であり、上院である貴族院(2011年3月に89の世襲貴族、678の世襲貴族、25の司教)と下院である下院(650人の選出議員)があります。下院への選挙は5年ごとに行われます。

首相と内閣が行政を率いる。首相は主権者によって任命され、通常、庶民院で過半数を指揮する党の指導者です。首相は内閣を選び、任命する。

英国議会は、これらの問題がスコットランド議会と北アイルランド議会に委譲されている場合を除いて、主要な法律を制定します。行政は、内閣のメンバー、他の大臣、政府部門、地方自治体、公営企業、規制機関、および大臣の管理下にある他の組織で構成されています。

権限委譲により、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの国務長官の責任が変わりましたが、英国内閣の議席はまだ残っています。

司法はコモンローを決定し、法令を解釈します。英国最高裁判所は、英国全体の民事問題、およびスコットランドを除くすべての刑事問題における最終控訴裁判所です。イングランドとウェールズでは、高等法院にチャンスリー、クイーンズベンチ、ファミリーの3つの部門があり、特定のより複雑な民事訴訟を扱っていますが、郡裁判所は民事訴訟の大部分を裁判にかけています。刑事法院は、陪審による裁判を提供する最も深刻な刑事事件を管轄します。

イギリスは10世紀から単一の王冠を持ち、13世紀から議会を持っています。憲法は、彼らの間の権力のための闘争として発展しました。 1169年、イギリスのヘンリー2世がアイルランドへの侵攻を承認し、その後、国の大部分がアングロノルマンの権力者の支配下に置かれました。ウェールズはエドワード1世の治世中、13世紀にイギリスの支配下に置かれました。1603年にスコットランドのジェームズ6世がイギリスの王位を継承し、1707年に両国がイギリスの単一議会に合意しました。

現代の保守党は18世紀のトーリー党から発展し、自由民主党はホイッグ党から発展しました。働く人々を代表する労働党は、19世紀の終わりに出現しました。

20世紀初頭のアイルランド独立闘争の時代にさかのぼる北アイルランド社会の深い分裂は、1990年代まで続いた1970年代の激しい紛争の急増にさらされました。プロテスタントの大多数のメンバーの多くはイギリス人であり続けたいと思っていたユニオニストでしたが、ローマカトリック教徒の多くはアイルランド共和国との統一を支持したナショナリストまたは共和党員でした。

1997年に労働党は1974年以来の最初の総選挙に勝利し、トニーブレアが首相になりました。 2007年に彼はゴードンブラウンによって労働党のリーダーと首相として引き継がれました。 2010年5月の選挙では、全体の過半数を獲得した政党はありませんでした。議席数が最も多い党であるデービッド・キャメロンの保守党は、ニック・クレッグの自民党と連立政権を結成し、キャメロンが首相になり、クレッグが副首相になりました。これは、65年ぶりの完全な連立政権でした。


英国の政治システム

英国の政治は、スペイン、スウェーデン、タイ、デンマーク、日本、オランダなどの国と同様の「立憲君主制」の中で運営されています。

女王が国家元首である間、首相は政府の長です。 1999年以来、英国政府は、スコットランド議会、ウェールズ議会、北アイルランド議会の権限委譲された政府と行政権を共有してきました。

英国の議会または議会のそれぞれは、政党を選出しました。

ロンドンの英国議会は、英国の政治システムの中心であり、英国と英国の海外領土の立法機関です。議会には2つの立法議会機関があります。貴族院と庶民院です。

貴族院には、イングランド国教会の司教、貴族(英国の名誉制度)、法王(裁判官)の3種類のメンバーが含まれています。

そのメンバーは選出されませんが、代わりに首相の助言に基づいて女王によって任命されます。庶民院は、さまざまな政党から民主的に選出された国会議員で構成されています。選挙は5年ごとに行われます。

以下は、英国で最も有名な政党の簡単な紹介です。


イギリスの短い歴史

紀元前1500年から500年の間に、ケルト族は中央ヨーロッパとフランスからイギリスに移住し、先住民と混ざり合い、大陸ケルトの文化とは少し異なる新しい文化を生み出しました。これは青銅器時代として知られるようになりました。

ローマ人は現在のイングランドとウェールズのほとんどを支配し、今日でも存在する多数の都市を設立しました。ロンドン、ヨーク、セントオールバンズ、バース、エクセター、リンカーン、レスター、ウースター、グロスター、チチェスター、ウィンチェスター、コルチェスター、マンチェスター、チェスター、ランカスターはすべてローマの町であり、名前が-chesterで終わるすべての都市も同様でした。ラテン語に由来するcesterまたは-caster カストラ、 &quotfortification&rdquoを意味します

イギリスの歴史:アングロサクソン人

5世紀、ローマ帝国が崩壊し、ローマを守るために軍団が必要になったため、ローマ人は次第にブリタニアを放棄しました。

ローマ人が空いたので、ケルト族は再び互いに争い始めました、そして地元の首長の一人は現在のドイツの北とデンマークの南からのゲルマン族のいくつかに助けを求める(それほど賢くない)考えを持っていました。これらは、5世紀と6世紀に到着したアングル人、サクソン人、ジュート人でした。

戦いが終わったとき、ケルト人が予想したように、ゲルマン部族は彼らの故郷に戻りませんでした。実際、彼らは国全体を自分たちで占領するのに十分な強さを感じ、最終的にはすべてのケルト族をウェールズとコーンウォールに押し戻し、ケント(ジュート)、エセックス、サセックス、ウェセックスのそれぞれの王国を設立しました。 (サクソン人)、さらに北東には、アングリア、マーシア、ノーサンブリア(アングル)の王国。西暦500年から850年にかけてイギリスを統治したこれらの7つの王国は、後にアングロサクソン七王国として知られていました。

イギリスの歴史:ヴァイキング

9世紀の後半、スカンジナビアからの北欧人がヨーロッパに侵入し始め、スウェーデン人は東ヨーロッパに根を下ろし、デンマーク人は西ヨーロッパから北アフリカに至るまで問題を引き起こしました。

10世紀の夜明けに向けて、デーン人はノーサンバーランドからイーストアングリアまでイングランド北東部に侵入し、として知られる新しい王国を設立しました。 デーンロウ。デーン人の別のグループがなんとかパリを占領し、911年にフランス王から土地の許可を得ました。この地域はノルマンディー公国になり、その住民はノルマン人(&#39North Men&#39または&#39Norsemen&#)でした。 39、&#39Viking&#39の別名)。

イギリスの歴史:ノルマン人

クヌート1世の描写新しく取得した土地に定住した後、ノルマン人はフランスの封建制度とフランス語を公用語として採用しました。

その同じ時期に、ウェセックスの王たちは抵抗し、最終的には10世紀にイギリスのデーン人を打ち負かしました。しかし、新しく統一されたデンマークとノルウェーの王であり、シュレスヴィヒとポメラニアの大君主である強力なクヌート大王(995-1035)は、1013年と1015年に他の2つのイギリス侵攻を主導し、1016年にイギリスの王になりました。アングロサクソン王、エドマンド2世。

11世紀、ノルマン王エドワード懺悔王(1004-1066)は、ノルマンディー公ウィリアムを後継者として指名しましたが、エドワードの死後、強力なウェセックス伯爵であるハロルド2世が王になりました。ウィリアムはハロルドを王として認めることを拒否し、1066年に12,000人の兵士でイングランドを侵略しました。ヘイスティングズの戦いでハロルド王は殺され、ウィリアム征服王はイングランドのウィリアム1世になりました。

ノーマンの統治者は所有物をフランスに保持し、西フランスのほとんど(ブルターニュ、アキテーヌ)にまで拡大しました。フランス語はイギリスの公用語になり、フランスとの百年戦争が始まって間もない1362年までその状態を維持しました。それにもかかわらず、英語は大衆の言語のままであり、英語(アングロサクソン語と北欧言語の混合)とフランス語およびラテン語(聖職者によって使用される)の融合は、今日私たちが知っている現代英語にゆっくりと進化しました。

イギリスの歴史:12世紀と13世紀

ウィリアム1世に続くイギリス王室には、王位を争う悪名高い習慣がありました。ウィリアムの息子であるウィリアム2世は狩猟中に殺されましたが、ウィリアムの次男であるヘンリーが王になるために実際に殺害されたと広く信じられています。ヘンリー1世の後継者もまた、娘のマチルダといとこのスティーブン(ウィリアム1世の孫)が王位をめぐって内戦を開始したことで、興奮に満ちていました。スティーブンは最終的に勝ちましたが、王位を継承したのは最終的にマチルダの息子であり、ヘンリー2世(1133-1189)になりました。オックスフォード大学が設立されたのはヘンリー2世の下です。

ヘンリー2世とリチャード1世の「ライオンハート」とジョンラックランドの2人の子供も、王位を争いました。長男リチャードは最終的に王位を継承しましたが、彼がイギリスにいることはめったになく、代わりにフランスの所有物を守るか聖地で不信心者と戦うことをやめたため、兄のジョン・ラックランドが王位を奪い、別の内戦を開始しました。

ジョンの孫であるエドワード1世の「ロングシャンクス」(1239-1307)は、ウィリアムウォレスとロバート1世が率いるスコットランドとの戦いを含め、35年間の治世の戦いのほとんどを過ごしました。これらの男性の助けを借りて、スコットランド人はハリウッド映画で不滅にされたように抵抗することができました 勇敢な心.

イギリスの歴史:14世紀と15世紀

エドワード・ロングシャンクスの息子による短い統治の後、彼の孫であるエドワード3世(1312-1377)は、15歳で王位を継承し、50年間統治しました。彼の治世は、 百年の戦争 (1337-1416)および腺ペスト(「ブラックデス」)の致命的な流行により、イングランド(およびヨーロッパ)の人口の3分の1が死亡しました。

エドワード3世はしばしばフランスでの戦闘をやめ、彼の3番目の息子であるランカスター公爵のジョンオブゴーントを政府の運営に任せました。その後、ジョンの息子であるヘンリー・ボーリングブロークは、ヘンリー4世(1367-1413)と宣言されました。

ヘンリー5世(1387-1422)は、フランスを破ったことで有名です。 アジャンクールの戦い 1415年に、しかし1歳で王位を継承した彼の敬虔で平和を愛する息子ヘンリー6世(1421-1471)は、はるかに問題を抱えた統治をすることになっていました。摂政はフランスのイングランドの所有物のほとんどを17歳の少女(ジャンヌダルク)に失い、1455年に薔薇戦争が勃発しました。この内戦は、ランカスター家(レッドローズ、ヘンリー6世の支持者)をヨーク家(ホワイトローズ、エドワード4世の支持者)に反対させた。ヨーク朝は、王冠はジョン・オブ・ゴーントのランカスターの子孫ではなく、エドワード3世の次男であるアントワープのライオネルに渡されるべきだったと主張した。

エドワード4世の息子、エドワード5世は、彼の邪悪な叔父であるリチャード3世(1452-1485)によってロンドン塔に閉じ込められるまで、1年間しか統治していませんでした。 1485年、ヘンリー6世の異母兄弟であるヘンリーチューダー(1457-1509)は、ボズワースの戦いでリチャード3世を破り、テューダー家の創設者であるヘンリー7世になりました。

ヘンリー(チューダー)7世に続いて王位に就いたのは、おそらくイギリスで最も有名で歴史的に重要な統治者であり、壮大なヘンリー8世(1491-1547)でした。

イギリスの歴史:16世紀

ヘンリー8世の肖像ヘンリー8世は、イギリスで最も強力な王の1人として歴史に記憶されています。彼はイギリスの顔を変え、 ウェールズとの合同法 (1536-1543)、そしてウェールズとアイルランドの両方の王であると宣言した最初の支配者になりました。

1533年、ヘンリー8世はキャサリンオブアラゴンと離婚してアンブーリンと再婚し、教皇は彼を教会から破門しました。その結果、ヘンリーは自分の頭を宣言しました イングランド国教会。彼は国のすべての修道院(1536-1540)を解散し、国有化し、その過程で非常に豊かになりました。

ヘンリー8世は、フランス王の称号を主張した最後の英国王でした。彼は最後の所有物であるカレーの港を失いました(彼はそれを取り戻そうとしましたが、トゥルネーを数年間連れて行き、現在の唯一の町です)ベルギーは英国の支配下にあった)。

イギリスが世界を探検し、ヨーロッパの外で取引を始めたのもヘンリー8世の下でしたが、これは彼の娘、メアリー1世、特にエリザベス1世の下で植民地時代に発展するだけでした。

ヘンリー8世の死後、彼の10歳の息子エドワード6世が王位を継承しました。しかし、6年後、エドワード6世が亡くなり、ヘンリーの長女であるメアリーに引き継がれました。頑固なカトリック教徒であるメアリーI(1516-1558)は、ローマカトリックをイギリスに復活させることを目的としており、5年間の治世(彼女のニックネームは ブラッディマリー)。彼女は、オランダ、スペインアメリカ大陸、フィリピン(彼にちなんで名付けられた)を統治したスペインの強力なフェリペ2世と結婚し、反改革の擁護者でした。メアリーは1558年に卵巣癌で子供を持たずに亡くなり、彼女の異母姉妹のエリザベスは王位に就きました。

偉大なエリザベス1世(1533-1603)は、イギリスの最初の黄金時代を見ました。フランシス・ドレーク卿やウォルター・ローリー卿のような偉大な航海士の時代であり、哲学者のフランシス・ベーコン(1561-1626)や、クリストファー・マーロウ(1564-1593)やウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)のような劇作家による啓蒙の時代でした。 )。

彼女の治世はまた、フランスとスコットランド、そして後にスペインとアイルランドとの紛争によって特徴づけられました。彼女は結婚したことがなく、メアリー・スチュアートがイングランドの王位を引き継ぐことを試みて失敗したとき、エリザベスは最終的に彼女の処刑行為に署名する前に彼女を19年間投獄し続けました。

エリザベスは1603年に亡くなり、皮肉なことに、メアリースチュアートの息子であるスコットランドのジェームズ6世が、イギリスのジェームズ1世としてエリザベスの後を継いでイギリスを創設しました。

イギリスの歴史:17世紀

ジェームズ1世 (1566-1625)、カトリック教会との関係を改善することを目的としたプロテスタント。しかし、彼が戴冠してから2年後、ガイフォークスが率いるカトリック過激派のグループが、プロテスタントの貴族を一挙に排除することを望んで、議会の開会に爆弾を仕掛けようとしました。しかし、共謀者たちは、計画が制定されるわずか数時間前に、自分たちの1人に裏切られました。の失敗 火薬陰謀事件、知られているように、ガイ・フォークスの夜(11月5日)には、英国全土で今でも祝われており、花火と焚き火が共謀者のリーダーの肖像を燃やしています。

この事件の後、カトリックとプロテスタントの間の格差は悪化しました。ジェームズの後継者であるチャールズ1世(1600〜 1649年)は、英国とアイルランドの統一に熱心でした。しかし、彼の政策は大衆の間で不人気であり、議会の彼の全体主義的取り扱いは最終的に イングランド内戦 (1642-1651).

チャールズは首をかしげられ、ピューリタンのオリバー・クロムウェル(1599-1658)は、1649年から彼の死まで独裁者として国を支配しました。彼は保護領の長で息子のリチャードに一時的に引き継がれましたが、彼の政治的無能さにより、1660年に議会は君主制を復活させ、チャールズ1世の追放された息子チャールズ2世(1630-1685)を呼びました。

&ldquoMerry Monarch&rdquoとして知られるチャールズ2世は、他の事柄と同じように冷酷ではありますが、議会の取り扱いにおいて父親よりもはるかに熟達していた。彼の治世中に、ホイッグ党とトーリー党が創設され、ニューアムステルダムのオランダ植民地は英語になり、チャールズの兄弟、ジェームズ、ヨーク公(そして後にジェームズ2世)にちなんでニューヨークと改名されました。

チャールズ2世は芸術と科学のパトロンであり、王立学会の設立を支援し、イギリスで最も誇り高い建築物のいくつかを後援しました。チャールズはまた、ポルトガル人の妻を通じてボンベイとタンジェを買収し、大英帝国の基盤を築きました。

チャールズは無数の非嫡出子を生み出しましたが、彼の妻は相続人を産むことができず、1685年に彼が亡くなったとき、王位は彼のカトリックで人気のない兄弟ジェームズに渡されました。

James II's unpopularity led to his quick removal from power in the Glorious Revolution of 1688. He was succeeded by his Protestant daughter Mary, who was married to his equally Protestant nephew, William of Orange.

The new ruling couple became known as the "Grand Alliance," and parliament ratified a bill stating that all kings or queens would have to be Protestant from that point forward. After Mary's death in 1694, and then William's in 1702, James's second daughter, Anne, ascended to the throne. In 1707, the Act of Union joined the Scottish and the English Parliaments thus creating the single Kingdom of Great Britain and centralizing political power in London. Anne died heirless in 1714, and a distant German cousin, George of Hanover, was called to rule over the UK.

History of the United Kingdom: 18 Century and the House of Hanover

George I as Prince of Hanover When George I (1660-1727) arrived in England, he couldn't speak a word of English. The king's inability to communicate well with his government and subjects led him to appoint a デファクト Prime Minister in the person of Robert Walpole (1676-1745). This marked a turning point in British politics, as future monarchs were also to remain more passive figures, lending the reins of the government to the Prime Minister.

George II (1683-1760) was also German born. He was a powerful ruler, and the last British monarch to personally lead his troops into battle. The British Empire expanded considerably during his reign a reign that saw notable changes, including the replacement of the Julian Calendar by the Gregorian Calendar in 1752, and moving the date of the New Year from March 25 to January 1.

George III was the first Hanoverian king to be born in England. He had one of the most troubled and interesting reigns in British history. He ascended to the throne during the Seven Years' War (1756-1763) opposing almost all the major Western powers in two teams, chiefly British against French, and ended in a デファクト victory for the UK, which acquired New France (Quebec), Florida, and most of French India in the process.

Thirteen years later, the American War of Independence (1776-1782) broke out and in 1782 13 American colonies were finally granted their independence, forming the United States of America. Seven years later, the French Revolution broke out, and Louis XVI was guillotined. George III suffered from a hereditary disease known as porphyria, and his mental health seriously deteriorated from 1788. In 1800, the Act of Union merged the Kingdoms of Great Britain and Ireland.

The United Kingdom during this time also had to face the ambitions of Napoleon, who desired to conquer the whole of Europe. Admiral Nelson's naval victory at Traflagar in 1805, along with Wellington's decisive victory at Waterloo, saved the UK and further reinforced its international position. The 19th century would be dominated by the British Empire, spreading on all five continents, from Canada and the Caribbean to Australia and New Zealand, via Africa, India and South-East Asia.

History of the United Kingdom: 19 Century

In 1837, then king William IV died of liver disease and the throne passed to the next in line, his 18-year old niece Victoria (1819-1901), although she did not inherit the Kingdom of Hanover, where the Salic Law forbid women to rule.

Victoria didn't expect to become queen, and being unmarried and inexperienced in politics she had to rely on her Prime Minister, Lord Melbourne (1779-1848). She finally got married to her first cousin, Prince Albert of Saxe-Coburg-Gotha (1819-1861), and both were respectively niece and nephew of the first King of the Belgians, Leopold I (of Saxe-Coburg-Gotha).

Britain asserted its domination on virtually every part of the globe during the 19 century, resulting in a number of wars, including the Opium Wars (1839-42 & 1856-60) with Qing China and the Boer Wars (1880-81 & 1899-1902) with the Dutch-speaking settlers of South Africa. In 1854, the United Kingdom was brought into the Crimean War (1854-56) on the side of the Ottoman Empire and against Russia. One of the best known figures of that war was Florence Nightingale (1820-1910), who fought for the improvement of women's conditions and pioneered modern nursing.

The latter years of Victoria&rsquos reign were dominated by two influential Prime Ministers, Benjamin Disraeli (1808-1881) and his rival William Ewart Gladstone (1809-1898). The former was the favorite of the Queen, while Gladstone, a liberal, was often at odds with both Victoria and Disraeli. However, the strong party support for Gladstone kept him in power for a total of 14 years between 1868 and 1894. He is credited with legalizing trade unions, and advocating for both universal education and suffrage.

Queen Victoria was to have the longest reign of any British monarch (64 years), but also the most glorious, as she ruled over 40% of the globe and a quarter of the world's population.

History of the United Kingdom: 20 Century (Two World Wars)

Victoria's numerous children married into many different European Royal families, The alliances between these related monarchs escalated into the Great War &ndashWWI&mdashfrom 1914-1918. It began when Archduke Franz Ferdinand of Austria was assassinated in Sarajevo, and Austria declared war on Serbia, which in turn was allied to France, Russia and the UK. The First World War left over 9 million dead (including nearly 1 million Britons) throughout Europe, and financially ruined most of the countries involved. The monarchies in Germany, Austria, Russia and the Ottoman Empire all fell, and the map of central and Eastern Europe was completely redesigned.

After World War I, the Labor Party was created in Britain. The General Strike of 1926 and the worsening economy led to radical political changes, including one in which women were finally granted the same universal suffrage as men in 1928.

In 1936, Edward VIII (1894-1972) succeeded to the throne, but abdicated the same year to marry Wallis Simpson, a twice divorced American woman. His brother then unexpectedly became George VI (1895-1952) after the scandal.

Nazi Germany was becoming more menacing as Hitler grew more powerful and aggressive. Finally, Britain and France were forced to declare war on Germany after the invasion of Poland in September 1939, marking the beginning of World War II. The popular and charismatic Winston Churchill (1874-1965) became the war-time Prime Minister in 1940 and his speeches encouraged the British to fight off the attempted German invasion. In one of his most patriotic speeches before the Battle of Britain (1940), Churchill address the British people with "We shall defend our island, whatever the cost may be, we shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds, we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills we shall never surrender." And indeed, Britain did not surrender.

Following World War II, the United Kingdom was bankrupt and in ruins. The British Empire was dismantled little by little, first granting independence to India and Pakistan in 1947, then to the other Asian, African and Caribbean colonies in the 1950's and 60's. Most of these ex-colonies formed the British Commonwealth, now known as the Commonwealth of Nations. 53 states are now members of the Commonwealth, accounting for 1.8 billion people (about 30% of the global population) and about 25% of the world's land area.

In 1952, the current queen of England, Elizabeth II, ascended to the throne at the age of 26. The 1960s saw the dawn of pop and rock music, with bands like the Beatles, Pink Floyd, and the Rolling Stones rising to prominence, and the Hippie subculture developing.

The 1970's brought the oil crisis and the collapse of British industry. Conservative Prime minister Margaret Thatcher (b. 1925) was elected in 1979 and served until 1990. Among other accomplishments, she privatized the railways and shut down inefficient factories, but she also increased the gap between the rich and the poor by scaling back social security. Her methods were so harsh that she was nicknamed the &ldquoIron Lady.&rdquo

Thatcher was succeeded in her party by the unpopular John Major, but in 1997, the "New Labor" party came back to power with the appointment of Tony Blair (b. 1953). Blair's liberal policies and unwavering support for neo-conservative US President George W. Bush (especially regarding the invasion of Iraq in 2003) disappointed many Leftists, who really saw in Blair but a Rightist in disguise. Regardless, Blair has impressed many dissenters with his intelligence and remarkable skills as an orator and negotiator.

Today, the English economy relies heavily on services and, like the rest of the world, is in the process of beginning to rebuild after the global economic recession of 2008. The main industries in the country are travel, education, prestigious automobiles and tourism.


United Kingdom Government - History

SAN JOSÉ STATE UNIVERSITY
ECONOMICS DEPARTMENT
Thayer Watkins

Privatization in the United Kingdom
Under the Thatcher Government

Political and Economic Conditions Preceding the Thatcher Government

Although there were specific events in the 1970's that led to Margaret Thatcher's emergence as the leader of the Conservative Party and its victory in the elections of 1979 the long term economic problems of the British economy stem from a history of policy errors that go back at least to the 1920's. In the nineteenth century Britain was the dominant political, military and economic power. Britain was the first country in the world to go through the Industrial Revolution. Starting in the last eighteenth century and continuing into the early part of the nineteenth the British developed the coal and iron industries and mechanized the textile manufacturing processes. James Watt's steam engine revolutionized industry.

The dynamic industrial economy enabled Britain to capture a dominant share of world trade. Although Britain lost thirteen of her North American colonies she went on to build an even more extensive empire. Although she had an empire and might easily have continued the economic policy of mercantilism she adopted the policy of free trade and promoted it around the world.

In the latter part of the nineteenth century Britain was instrumental in major countries around the world accepting the gold standard in which each countries currency represented a specified quantity of gold. The gold standard served to stabilize exchange rates and facilitated international trade.

Britain's dominance in world production and trade was lost as emerging powers such as the United States and Germany surpassed her. But Britain's economic downfall came only with the catastrophe of World War I. World War I left Britain a net creditor nation and her economy crippled, especially relative to that of the United States. During the war the gold standard was abandoned.

After the war British politicians were determined to reinstitute the gold standard. The problem was what should be the relative values of the different currencies after the economic devastations of the war. British politicians, including Winston Churchill, opted for a valuation of the pound at pre-war levels. This meant that the pound would have a value of four to five U.S. dollars, which was quite unrealistic. Nevertheless the British government did try to establish that exchange rate.

The overvaluing of the pound meant that British products were extremely high priced compared to American products for buyers outside of Britain. This drastically hurt British exports which in turn produced a severe economic recession in the mid-1920's.

There were efforts to compensate for the effect of the overvalued pound by holding down or decreasing British wage rates. This led to a general strike of British labor in 1926 which damaged the British economy even more. The Great General Strike was not successful in reversing the economic policies of the Government but it contributed to further economic problems and put a scarc into politicians of what could happen.

Instead of abandoning the overvaluation of the pound the British government continued to try to support it. One way that the monetary authorities of a country can attempt to support an exchange valuation of the currency is to raise interest rates relative to that of other countries. In the situation Britain found herself it was considered unwise to raise interest rates because it would discourage investment further worsening the recession. The British authorities came up with an alternative. If they could not raise British interest rates perhaps they could get other countries to lower their interest rates. There were authorities in the Federal Reserve System in the United States who were willing to do what they could to help the British.

The way the Federal Reserve lowered interest rates in the U.S. was to promote the growth of the money supply. The lower interest rates and the easier credit stimulated a boom in the U.S. stock market. The speculative bubble burst in October of 1929. The subsequent mismanagement of monetary policy produced a banking crisis and deflation. The deflation resulted in high real interest rates even though the nominal interest rates were low. The high real interest rates in the United States resulted in a catastrophic collapse in the investment purchases of equipment and the building of structures. In real terms the level of such investment purchases decreased ninety percent between 1929 and 1933. This was the immediate cause of the Great Depression.

Although the Great Depression started in the U.S. it spread around the world. Unemployment was high and resources were lying idle even though there was an obvious need for production. The conventional economists of the time did not have a satisfactory explanation for depressions. It was the British economist John Maynard Keynes who developed a coherent explanation for depressions and the theory of macroeconomics. Keynes prescription for ending the Depression was to increase aggregate demand for the output of a country even if that involved deficit financing. In fact, according to Keynesian analysis any effective method of increasing aggregate demand necessarily involves the government borrowing the consumer saving that businesses are not borrowing to finance investment purchases.

Keynesian theory surplanted neoclassical economic theory first in the academic world and later in policy making in governments.

In Britain coalitions of the Conservative and Labour Parties governed during the Depression years. During World War II Britons accepted central planning as necessary to cope with the needs of the war effort. Winston Churchill was prime minister during World War II and he expected a victory for his Conservative Party after the war in the election of 1946. He was disappointed, Labour won instead.

The Labour Party of Britain was originally Marxist but in the early part of the twentieth century it dropped its Marxist orientation and rhetoric but it remained ideologically committed to a socialist program of control of production by the State. This was still the orientation of the Labour Party when it came to power in 1946. Furthermore the Labour leaders and some large component of the general public thought that the planned operation of the British economy during World War II demonstrated that planning and socialism worked.

During the period of 1946 to 1950 the Labour Government did quite a bit. It brought about one fifth of the means of production into State ownership. It created the British version of the welfare state. It began the liquidation of the Empire. It participated in the creation of the North Atlantic Treaty Organization (NATO). It instituted the National Health Program of socialized medicine. It nationalized coal, iron and steel, electricity, gas, railways, canals, road transport and civil aviation. It continued price controls and rationing. One example of a fiasco the Labour government was responsible for was what was known as the Tanganyikan Groundnut Scheme. But the State budget was becoming more and more difficult to finance.

The experience of 1946 to 1951 convinced the enough of the voting public that classical socialism was not working and in the election of 1951 the Conservative Party under the leadership of Winston Churchill was returned to power. The fear of another depression led the Conservatives to accept the Keynesian concept of demand management for economic policy. The Labour Party had not given up hope of implementing a full version of classical socialism but accepted Keynesian management of the economy as a useful tool. Some felt that a type of ratchet effect was operating in British economic policy. A Labour government would gain some measure of their program and the next Conservative government would accept that measure as a fait accompli and not attempt to reverse it. By the 1960's Britain had a welfare state combined with a program of labor union rights that gave labor union leaders an unprecedented power in the economy.

The Conservative Government of 1970 to 1974 under Edward Heath was done in by labor strikes and turmoil. This government passed the Industrial Relations Act of 1973 that pre-strike balloting of union membership and mandated cooling off periods similar what was required under the U.S.'s Taft-Hartley Act. Labor leaders resented and opposed this legislation. In 1972 there was a six-week strike of coal miners which was ended only by a 22 percent wage increase. In 1973-74 the coal miners union instituted a ban on overtime work which hurt production and finally there was a shutdown of production. The short supplies of coal led to the declaration of a three-day workweek by the Government. The Conservative Government engaged in a good deal of intervention in the economy even the labor trouble. In 1971 the nationalized Rolls-Royce and heavily subsidized Upper Clyde Shipbuilders to keep them in production.

In the February 1974 general elections the Conservative Party lost seats to Labour but Labour did not achieve an absolute majority and another general election was called in October of 1974. Labour managed to settle the miners strike and the electorate gave them a slight majority in Parliament.

Conservative leaders saw labor unions as being out of control and responsible for bringing down the Heath government. The curbing of labor union power remainded high on the agenda of Conservative leaders.

Margaret Thatcher, Prime Minister of the United Kingdom

In 1975 Margaret Thatcher challenged Edward Heath for the leadership of the Conservative Party and won. She did not have the opportunity to take on the Labour Party in a national election until 1979.

The winter of 1978-79, known as the winter of discontent was a diffult time for the Labour government. There had been wide spread strikes over many issues, including a proposed government limit of wage increases to five percent. Garbage was not collected and with grave diggers on strike the dead were not buried.


United Kingdom 10 Years Bond - Historical Data

NS United Kingdom 10 Years Government Bond has a 0.763% 収率 (last update 22 Jun 2021 10:15 GMT+0).

Yield changed -0.5 bp during last week, -6.5 bp during last month, +56.1 bp during last year.

The United Kingdom 10 Years Government Bond reached a maximum yield of 5.576% (9 July 2007) and a minimum yield of 0.074% (4 August 2020)*.

* Data have been retrieved since 30 April 2007

Historical Yearly Range

United Kingdom 10 Years Government Bond: historic yield range for every year.

A green candlestick means that yield variation is negative in the year.

A red candlestick means that yield variation is positive in the year.

Historic serie starts from 30 April 2007. Last update: 22 Jun 2021 10:15 GMT+0.

10 Years Bond Spread - United Kingdom vs Main Countries

The United Kingdom 10 Years Government Bond has a 0.763% yield.

A positive spread (marked by a red circle) means that the 10 Years Bond Yield is higher than the corresponding foreign bond. Click on Spread value for the historical serie.

Clicking on the "Full Country Comparison" link, you can perform a full check of available data and see the differences between the countries.

United Kingdom 10 Years vs Current Spread Country Full
Comparison
Germany 10 Years 94.0 bp
Japan 10 Years 71.1 bp
France 10 Years 61.1 bp
Spain 10 Years 32.6 bp
Italy 10 Years -9.1 bp
Canada 10 Years -64.6 bp
United States 10 Years -71.4 bp
Australia 10 Years -79.3 bp
China 10 Years -235.3 bp
India 10 Years -526.3 bp
Russia 10 Years -640.2 bp
Brazil 10 Years -852.5 bp

United Kingdom 10 Years Government Bond Prices

Price Simulation: bonds with a face value of 100, with different coupon rates. The highlighted column contains prices at the current market yield. Other columns refers to hypothetical yields variations (100 bp = 1%).


The highest judicial court in the UK, the Supreme Court, has been in place since mid-2009. Prior to its creation, the highest court was the House of Lords Appellate Committee.The creation of the new Supreme Court was a reform intended to seperate the judicial system from the legislative system.

The British Monarch is the UK's Head of State. Though it is largely a ceremonial position, the monarch and royal family maintain a strong public presence. The current reigning monarch is Queen Elizabeth II, who has held the position since 1952. Queen Elizabeth is also the monarch of fifteen other nations, known as the Commonwealth Realm, including Canada and Australia.


ビデオを見る: イギリス史イギリスの知られざる成り立ちと侵略の歴史


コメント:

  1. Sankalp

    just super!

  2. Clayborne

    私はあなたがうらやましい。あなたのブログは私のものよりもコンテンツとデザインがはるかに優れています。誰があなたのためにデザインをしましたか?

  3. Douran

    ポータルは最高です、私はそれを友達に勧めます!

  4. Tojarisar

    このフレーズは、))))比類のない

  5. Skipton

    申し訳ありませんが、私の意見では、あなたは正しくありません。安心です。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは話します。



メッセージを書く