米海軍

米海軍


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

大陸海軍は、独立戦争(1775-83)の間に大陸軍を支援するために、1775年10月に設立されました。その主な活動は、紛争中に英国の商船を攻撃することでした。 1784年に解散しましたが、米国の商船を海賊攻撃から保護するために1798年に議会によって再建されました。

アメリカ海軍は南北戦争中の北軍の勝利に重要な貢献をし、南軍の港を封鎖した。

第一次世界大戦の勃発時に、300隻の軍艦を持つ米国海軍は世界で3番目に大きいものでした。これらの軍艦は、大西洋を横断する商人と軍隊を保護するために使用されました。いくつかの軍艦も地中海に送られましたが、ほとんどはアメリカの大西洋岸に残っていました。アメリカ海軍の最も深刻な戦時中の損失は巡洋艦でした サンディエゴ ニューヨーク沖のUボートから地雷に沈められ、2隻の駆逐艦がヨーロッパ海域での対潜水艦作業で負けました。

日本の真珠湾攻撃の後、1941年12月7日、フランクリンD.ルーズベルトは建造計画を命じ、最終的には世界最大の海軍になりました。 1941年、アメリカ海軍には30万人の将校がおり、戦争の終わりまでにこれは3,000,000人に達しました。

第二次世界大戦以来、アメリカ海軍は世界で最大かつ最も強力な地位を維持してきました。 1954年に世界初の原子力潜水艦を建造し、1961年に最初の原子力空母を建造しました。


今週の米国海軍歴史*:

1950年6月27日
ハリー・トルーマン大統領は、韓国を支援するという国連の呼びかけを支持して、韓国の38度線の南にある米国の海軍および航​​空作戦を承認します。

1814年6月28日
ジョンストン・ブレイクリーが指揮するスループ型砲艦USSワスプは、イギリスのプリマス沖でウィリアム・マナーズが指揮するHMSトナカイに遭遇し、戦闘に従事します。 19分間の戦闘の後、USSワスプはHMSトナカイを捕らえ、乗組員を捕虜として海で燃やしました。

1871年6月29日
チャールズF.ホール大尉の北極探検隊は、USSポラリスでニューヨークから出航します。北極を目指して、USSポラリスは82X 11 N、61X W.緯度に到達し、次に船が到達する北の最も遠い地点に到達します。

1815年6月30日
1812年の米英戦争の最後の海軍行動で、ルイス・ワーリントン大尉が指揮するスループ型砲艦USSピーコックが、スンダ海峡でイギリス巡洋艦HMSノーチラスに遭遇しました。巡洋艦の乗組員は、ウォリントン大尉にゲント条約を知らせました。疑わしい、彼はノーチラスに色を打つことを望んでいます。ピーコックはそうすることを拒否し、彼女を横に広げ、殺害または負傷させた。15。船に乗り込むと、ウォリントン大尉は条約が真実であることを発見し、HMSノーチラスを解放して船を修理する。

1931年7月1日
USS憲法は、4年間、ほぼ100万ドルの回復の後に再就役しました。翌日、船と乗組員は米国の3年間の3海岸ツアーを開始し、76の港を訪れ、460万人を迎えました。このツアーは、「全国クルーズ」と呼ばれ、支援してくれた米国市民に感謝することを目的としています。 「オールドアイアンサイド」の修復。

1937年7月2日
アメリア・イアハートと彼女のナビゲーターであるフレッド・ヌーナンは太平洋上で姿を消しました。米国沿岸警備隊のカッターイタスカ、USSコロラド(BB 45)、USSレキシントン(CV 2)、ハワイからのPBY航空機が派遣されましたが、広範囲にわたる捜索は失敗しました。


私たちにあなたの電子メールを与えることによって、あなたはネイビータイムズのデイリーニュースラウンドアップにオプトインしています。

/>日本の降伏、東京湾、1945年9月2日。艦隊提督チェスターW.ニミッツは、USSミズーリ(BB-63)に乗って米国代表として降伏文書に署名します。彼の真後ろに立っているのは、左から右へ:ダグラス・マッカーサー将軍ウィリアム・F・ハルゼー少将とフォレスト・シャーマン少将。 (海軍)

艦隊提督の階級を身につけた最後の男であるチェスター・ニミッツは、USSディケーターを座礁させたとき、職務怠慢で軍法会議にかけられました。しかし、彼は太平洋戦争が成功した理由であり続けました。彼はニミッツ級スーパーキャリアの命名によって名誉を与えられました。

3.オリバーハザードペリー

/>コモドールオリバーハザードペリー(米国議会図書館)

私たちはこれをとても誇りに思っています。彼のミドルネームはハザードです、どうしてあなたはそれを愛せないのですか? 1812年の米英戦争では、オリバーハザードペリーがエリー湖でイギリス軍と交戦し、イギリス軍を混乱させ、イギリス軍の戦隊全体を降伏させました。 「私たちは敵に会いました、そして彼らは私たちのものです。」オリバーハザードペリーは、アメリカ海軍がこれまでに見た中で最も偉大な指揮官の1人であり、彼の報酬であり、彼に敬意を表して名付けられたフリゲート艦のクラス全体でした。

/>ニューヨーク州パッチョーグのSEALLt。Michael P.Murphyの海軍ファイル写真

名誉勲章の受賞者であり、ネイビーシールであるマーフは1人の悪い男でした。多くのシールはその戦闘力で有名ですが(マーフも例外ではありません)、彼はアフガニスタンでの並外れた英雄と自己犠牲でよく知られています。彼はその行動を生き抜かないことを知っていたが、それでも彼はとにかく行った。風が強く、海が続く。

/>二等兵曹(SEAL)マイケル・A・モンスーア(海軍)

ラマディの街は英雄にとって見知らぬ人ではなく、マイケルA.モンスーアもその1人です。屋上にいる間、武装勢力は手榴弾を屋上に投げました。出口へのアクセスと安全性にもかかわらず、マイケルは手榴弾の上に飛び込み、爆風を吸収しましたが、屋上にある他のシールを保存しました。

/>海軍特殊戦(SEAL)トライデント。 (海軍)

悪名高い致命的なSEALチーム6の創設者であるリチャード・マルシンコは、米国海軍特殊戦コミュニティに革命をもたらし、彼がフリルを付けた羽について文字通りゼロのf ***を与えました。彼の指揮下にある男たちは、それを間違えないようになるまで訓練し、訓練し、訓練しました。

/>船外活動EVAの完了後、月面に静止している月面モジュールLM内のアポロ11号の司令官、ニールA.アームストロング宇宙飛行士。 (NASA)

彼は月面を歩いた最初の人だったので、大したことではありませんか?ニールは朝鮮戦争中に海軍飛行士を務めました。ニールについて、彼がまだ言っていない、または彼について言われていないことについて、他に何が言えるかわかりません。

/> NASAの宇宙飛行士候補であるジョナサンキムは、2017年6月7日水曜日、テキサス州ヒューストンにあるNASAのジョンソンスペースセンターでのイベント中に、12人の新しい候補の1人として紹介されました。 (NASA)

失敗のように感じたい場合は、ジョニーキム博士の履歴書を調べて、成功しなかったことを恥ずかしく思う準備をしてください(確かにそうしました)。キム博士は、シールチーム3の衛生兵と狙撃兵を務めました。彼はまた、Vデバイスでシルバースターを受賞しました。くそー、それは印象的ですが、それだけではありません。彼は数学の学位を取得して優等で卒業し、ハーバード大学医学部に進学しました。現在、ジョニー・キム博士は宇宙飛行士の候補者です。くそ!

/>中尉PT-109に乗ったジョンF.ケネディ、1943年。(ジョンF.ケネディ大統領図書館および博物館)

第二次世界大戦中のいくつかのPTボートの司令官が、私たちがこれまでに経験した中で最も偉大な大統領の1人になると誰が考えたでしょうか。海軍在籍中、JFKは英雄的な行動で海軍と海兵隊のメダルを授与されました。彼の有名な言葉は今でも私たちの心に響き渡っています。「あなたの国のために何ができるかを尋ねないでください。あなたの国のために何ができるかを尋ねてください。」

10.ロイ・ベーム

/>中尉Cmdr。ロイ・ベーム

男は、第二次世界大戦中に船が沈んだ後、文字通りサメと戦った。それが十分に悪いことではなかった場合、ロイは今日私たちが知っている海軍SEALを見つけ、トレーニングカリキュラムを開発し、SEALチーム2を指揮し、SEALチーム2の最初のメンバーを個人的に選択しました。

クリス・カイル、マーカス・ラトレル、ジェラルド・R・フォード、アーレイ・バーク、これまでのすべての衛生下士官、スティーブン・ディケーター

もともとアメリカングリットによって公開されました。アメリカングリットの詳細はこちら:


海軍の制服に関する質問と回答

船の舵と中尉でのブルージャケットのアーティストの演出。これらは、1800年代初頭にさかのぼるフォーマルな機会のためのドレスユニフォームです。海でのブルージャケッツのその日のユニフォームは、その日のコースウェアである「スロップ」であり、船員のユニフォームとほとんど一致しませんでした。

中尉のフルドレスのユニフォームは、1802年のユニフォーム規則に準拠しています。

&quotCOATの青い布、長いラペル、裏地、各ラペルに立っている襟に9つのボタン、袖口とポケットに3つのボタン、ボタンの穴には船長向けのレースが施されています。指揮官を務める場合を除いて、左肩に1つのアポレットがあり、その後右肩に変更されます。ベストとブリーチ-キャプテンのものと同じですが、ベストのポケットに3つのボタンとボタン穴があります。」

Q.下士官評価バッジの歴史は何ですか?

A. 1833年に、識別マークと呼ばれる記章が最初に公式ユニフォームの一部として規定されました。最初の際立ったマークはワシと錨でした。 1886年に格付けバッジが確立され、さまざまな格付けをカバーするために約15の特殊マークが提供されました。上等兵曹の格付けが確立されたのは1893年4月1日でした。

1949年まで、評価バッジは左袖または右袖のいずれかに着用されていました。 1833年から1885年まで、ラインのペティオフィサー(シーマンブランチ)は右袖にペティオフィサーデバイスを着用し、オフィサーのスチュワードを除く他のすべての人は左袖に着用しました。ラインのペティオフィサー(シーマンブランチ)には、ボースンメイト、シグナルマン、クォーターマスターのデッキレーティング、タレットキャプテン、ガンナーメイト、火器管制官、マインマン、トーピードマンの兵器レーティングが含まれていました。
1885年から1913年まで、時計によると評価バッジが着用されていました。ポートセクションは左腕にバッジを付けていました。 1913年から1949年にかけて、評価バッジは再びSeaman Branchによって右側に着用され、他のすべての人には左側に着用されました。

下士官の評価バッジのワシは、ナポレオンのワシから派生しています。このワシは通常、左向きに刺繡されていました。ナポレオンのワシが左を向いている理由は不明です。 1941年、海軍は鷲の向きを変えて、着用者の剣の腕の方を向いている紋章の規則に従いました。このルールは引き続き適用され、イーグルは正面または着用者の右側を向きます。ワシのブルージャケットスラングは「カラス」です。

A.初期のパイロットは、飛行機械のグリースや汚れの周りでより実用的だったため、一般的に民間の服を着ていました。当時、役員の標準的な就業日制服は、常装の青か常装の白のどちらかでした。早くも1912年から1913年の冬に、海軍航空隊は海兵隊のブリーチ、革の脚絆を身に着け、それに合わせてサービスホワイトと白い帽子カバーを染め、マリンフライヤーのカーキ色のユニフォームを採用しました。このユニフォームは、1914年のベラクルスの遠足中に着用され、海軍のカーキ色のユニフォームの始まりです。

1917年に、この非公式のユニフォームが公式になり、海兵隊の習慣と同様に、茶色の靴が履かれました。このようにして、飛行士は「茶色の靴」になり、海軍の他の誰もが「黒い靴」ではありません。カーキ色のユニフォームは夏に最適で、冬の着用には不適切であることがすぐに認識されました。このようにして、「アビエーショングリーン」が誕生しました。色は海兵隊フォレストグリーン、デザインはネイビーブルーのユニフォームと同じです。


米国海軍サービスの他の伝統

(好奇心の問題として、英国海軍はこれらの時計のいくつかに異なる名前を使用しています。米国海軍が「イブニングウォッチ」と呼んでいるのは、英国海軍の「最初の時計」、「ミッド」は「ミドル」、「 2番目の犬」は「最後の犬」です。)

少なくとも6世紀の間、船内では30分ごとに1つのベルが鳴り、8つのベルが時計の交換を意味します(1番目から2番目の犬の時計への変更を除く)。たとえば、フォアヌーンウォッチの2つのベルは午前9時を意味し、アフタヌーンウォッチの5つのベルは午後2時30分を意味します。たとえば、ベルはペアで鳴ります。たとえば、5つのベルの場合は「ding-ding [pause] ding-ding [pause] ding」です。甲板の将校(つまり、監視の上級将校)は、朝、前夜、および2番目の犬の時計の終わりに8つのベルを鳴らす前に、船長の許可を求めます。今日、ベルはタップとレヴェイユの間で打たれていません。

米国海軍では、2つのドッグウォッチ全体で1から8の連続したシーケンスでベルが鳴ります。ただし、英国海軍は午後6時30分に1つのベルで最初からやり直します。 「最後の」(つまり2番目の)ドッグウォッチで、7:00に2回、7:30に3回、8:00に8回鳴ります。

「監視」とは、船の会社を左舷と右舷の2つに分割し、職務のシフトを共有することや、特定の時間に実際に勤務している乗組員のグループを指すこともあります。

優等生と敬礼

サイドの傾向

訪問している高官が到着するかなり前に、時計のボートウェインの仲間は、1MCとして知られている船上ラウドスピーカーシステム上で「言葉を渡す」という呼びかけを鳴らし、「サイドボーイのクォーターデッキに横たわる」という言葉を渡します。サイドボーイは2列に並んでおり、ボースンの仲間は前列の船外サイドボーイの後ろに配置されています。次に、ボースンの配偶者は「横に」パイプを張り、ボートが宿泊施設のはしごのふもとに到達するか、車が眉の岸端に到着したときに終了するようにタイミングを合わせます。訪問者の頭がクォーターデッキのレベルに現れると(または彼が眉または宿泊施設のはしごの指定されたポイントに到達すると)、ボートウェインの仲間は「オーバーザサイド」を配管し始め、彼、サイドボーイ、およびクォーターデッキの他のすべての人敬礼。ボースンの配偶者が右手でコール(パイプ)を保持している場合、彼は左利きで敬礼することができます。配管は、訪問者が2列のサイドボーイの間を通過し、デッキの敬礼の役員によって迎えられるまで続きます。敬礼は、音楽の栄誉と提供される可能性のある銃の敬礼を通して行われます。訪問者が出発するとき、このプロセスは逆に繰り返され、ゲストがサイドボーイを通過するときにボートウェインの配偶者が「オーバーザサイド」を配管し、ボートまたは車両が進行するときに「アウェイ」を配管します。

王室歌

現代の慣習は、役人または役員のランクの星の数に等しい数のラッフルズアンドフラワーを演奏することです。 (名誉を得る資格のあるほとんどの上級民間人は4つ星に相当します。)フリル(ドラム上)と繁栄(ラッパまたはバンドによる)は同時に演奏されます。ラッフルズアンド繁栄に続いて、名誉の表に記載されているように、敬礼される役人のために規定された行進が行われます。たとえば、これは少将のシーケンスです。銃の敬礼が発砲される場合、それは行進の最後の音符から始まります。

銃の敬礼

海軍の敬礼は、葬儀や記念碑のために発射される分銃の場合を除いて、5秒間隔で発射されます。銃の敬礼は、日没から午前8時まで、日曜日、または地域の法律や規制で禁止されている港では発砲されません。

  • 国防長官補佐官補、国防長官補佐官補、国防長官補佐官補佐官補、国防長官補佐官補佐官補、国防長官補佐官補佐官補佐官補佐官補佐官補佐官補佐官補佐官補佐官補佐官補佐官補佐官補海軍または外国の国家元首または与党の家族のメンバー。このような敬礼は、これらの旗の1つを表示している船と並んでいる船、または旗の1つが表示されている駅に到着した船によって発砲されます。また、これらの旗の1つを飛ばしている船または駅の前で、指揮をとる(または昇進した後に新しい旗を破る)旗または将官によって発砲されます。大統領または外国の元首の旗への敬礼の場合、列に到着または落下するすべての船が敬礼を発砲します。他の場合では、敬礼は出席している上級役員によってのみ解雇されます。上記の各役人の旗のために発砲された銃の数は、名誉の表に示されています。
  • 米国が認めた国に敬意を表して21発の祝砲がその国の港に入ると、到着した上級船によって発砲されました。この敬礼は、訪問先の国の船または沿岸砲によって銃のために返送され、返送できる船または沿岸砲がない場合は発砲されません。また、外国の港に拠点を置く米国の船の場合のように、一時的な不在から戻ってきた船によって通常は発砲されません。最も正式な港湾訪問の場合を除いて、ほとんどの場合、政府はこの敬礼を相互に放棄します。これは「礼儀の訪問」(OpNavInst 3128.10D)として知られています。
  • 米国の港に入る外国の軍艦によって発射された敬礼を返すときに存在する上級敬礼船または軍事施設によって。陸海軍長官と沿岸警備隊長官は、米国の主要な各港でそのような敬礼を返すように指定された要塞、駅、その他の施設、および船に敬礼する。
  • 港湾交換所にいる各外国海軍の上級米軍将官と上級海軍将官は、どちらかが到着または出発するとき、またはどちらかが他方の前でより高い等級の旗を掲げる場合に敬礼します。同様に、米海軍の船が海軍将官の旗を掲げる軍艦と衝突すると、敬礼も交わされます。これらの敬礼のそれぞれは、銃と銃を交換します。
  • 海軍規則および国防総省指令1005.10に従って公式訪問する米国の民間および軍関係者に対して、その規定は名誉の表に要約されています。船や駅に高官が到着したときに発砲するように処方された場合、最初の銃は規定された音楽の栄誉の終わりに発砲されます。受賞者の個人旗(または外国人訪問者の場合は国の旗)は最初の銃で破られ、訪問中に表示されない場合は最後の銃で引き下げられます。通常、この敬礼を受け取るのは、将校と大将以上の役人だけですが、出席している上級将校は、必要に応じて他の人のために解雇するように指示することができます。いずれにせよ、大将以下の人は、同じ船や駅から12か月に2回以上そのような敬礼を受けることはありません。
  • 規則によれば、港にいる上級将官である海軍将官は到着した船によって敬礼され、船に乗って到着した新しい上級将官は前の上級将校によって敬礼されます。ただし、この慣行は、敬礼は通常、大将以下の将校には発砲されないという規範によって制限されています。
  • 21発の祝砲は、休日のセクションで説明されているように、大統領の日(ワシントンの誕生日)、記念日、独立記念日の正午にも発射されます。

名誉を渡す

上級官僚の旗を掲げている船から600ヤード以内、または公務員、海軍将官、または部隊司令官の旗またはペナントを飛んでいる船から400ヤード以内を通過する船は、「通過の栄誉」を与えます。名誉を与えられている役人の階級に応じて、これはクォーターデッキの人による単純な手の敬礼(ユニット司令官を乗せたボートの場合)からレールの登檣礼、警備員とバンドのパレードまで何でも伴うかもしれません、「Hail to theChief」(大統領の場合)を演奏します。大統領と同じ基準で外国の元首の旗を掲げる船(「大統領万歳」の代わりに外国の国歌を使用する場合を除く)および外国の軍艦にも合格の栄誉が与えられます。合格した栄誉をレンダリングする順序は次のとおりです。
ジュニアシップ 信号 シニアシップ 信号
右舷または左舷に「注意」を鳴らします ラッパコール「注意」または右舷の場合は1ホイッスル、左舷の場合は2ホイッスル
左舷または右舷に「注意」を聞こえる ラッパコール「注意」または左舷の場合は2ホイッスル、右舷の場合は1ホイッスル
「ハンドサルート」ガードがアームバンドを提示します(必要な場合)規定の音楽で音が鳴ります ラッパまたは短い笛に関する1つの短いメモ
「手の敬礼」に聞こえる ラッパまたは短い笛に関する1つの短いメモ
3秒後、またはバンドが音楽を完了した後、「2つの」敬礼が終了しました ラッパまたは2つの短い笛に関する2つの短いメモ
「2つの」敬礼が終了したように聞こえます ラッパまたは2つの短い笛に関する2つの短いメモ
"続ける" 3つの短い笛
"続ける" 3つの短い笛
ページのトップに戻る

ボートゴング

短い形式のタイトルの使用は、いくつかの興味深い発表になります。特に、外国のVIPが発表を聞いた場合、「ロシア海軍の到着」は、米国の船がロシア海軍の司令官によって訪問されていることを聴聞会内の人々が登録するまで、間違いなくいくつかの二重のテイクを引き起こしました。チーフ。

喪と葬式

エンサインとその他の追悼式のハーフマスト

旗に関連する喪の習慣とハーフマストの手順に関する追加情報は、旗に関連する習慣のページにあります。
故人の位置 ナショナルエンサイン半旗 ガンサルート
会長、元会長、または会長エレクト 死亡日から30日間、すべての船と駅で 通知の翌日、0800から日没まで30分ごとに1丁の銃が、米国の港で進行していないすべての敬礼船、外国の港で進行していない上級敬礼船、および敬礼バッテリーを備えたすべてのステーションによって発射されました。葬式当日、正午に21分の銃が発砲した。
副大統領、最高裁判事または引退した最高裁判事、または衆議院議長 死亡日から10日間、すべての船と駅で。 通知の翌日の正午と葬儀の日の正午に、米国の港で進行していないすべての敬礼船、外国の港で進行していない上級敬礼船、および敬礼バッテリーを備えたすべてのステーションによって発射された19分の銃。
最高裁判所の陪席裁判官、内閣のメンバー、元副大統領、議会の最高指導者のメンバー、または軍事部門の長官 死の日から埋葬までのすべての船と駅によって。 通知の翌日の正午と葬儀の日の正午に、米国の港で進行していないすべての敬礼船、外国の港で進行していない上級敬礼船、および敬礼バッテリーを備えたすべてのステーションによって発射された19分の銃。
統合参謀本部議長または元帥陸軍または空軍長官または元海軍作戦部長または元海兵隊総司令官 死の日から葬式の日の日没まで、すべての船と駅で。 公式の敬礼の数に等しい分銃、旗艦または命令された駅によって葬儀中に発射された、または存在する上級将校によって指定されたもの
州、準州、連邦または所有物の知事 死の日から埋葬まで、知事の管轄内のすべての船と駅によって。 葬儀の栄誉が向けられている港にいる上級将校によって指定された船および/または駅によって、通知の翌日の正午と葬儀の日に発射された、故人の公式の敬礼の数に等しいミニッツガンレンダリングされます。
アメリカ合衆国上院議員または代表者またはその他の議会代表 コロンビア特別区の大都市圏および該当する州、議会の地区、準州、または連邦内のすべての船および駅 葬儀の栄誉が向けられている港にいる上級将校によって指定された船および/または駅によって、通知の翌日の正午と葬儀の日に発射された、故人の公式の敬礼の数に等しいミニッツガンレンダリングされます。
公式訪問で銃の敬礼を受ける資格のある他の公務員 現在の上級役員または他の管轄当局によって指示された場合、近くの船および駅によって 葬儀の栄誉が向けられている港にいる上級将校によって指定された船および/または駅によって、通知の翌日の正午と葬儀の日に発射された、故人の公式の敬礼の数に等しいミニッツガンレンダリングされます。
指揮官の旗または将官 死の日から葬式または近くからの遺体の撤去の日の日没まで、存在するすべての船によって、進行中ではなく、近くの海軍基地によって。 公式の敬礼の数に等しい分銃、旗艦または命令された駅によって葬式中に発射された、または存在する上級将校によって指定されたもの。
旗または将官が指揮を執っていない 葬儀の開始からその日の日没まで、存在するすべての船によって、進行中ではなく、葬儀の近くの海軍基地によって。 葬儀中に、出席している上級将校によって指定された船または駅によって発射された、公式の敬礼の数に等しい分銃。
海軍将官でも指揮官でもない部隊指揮官 葬儀の開始からその日の日没まで、存在するすべての船によって、進行中ではなく、葬儀の近くの海軍基地によって。 葬儀中に、旗艦または指揮された船またはスタトインによって、または存在する上級将校によって指定された部隊によって発射された7分間の銃。
海軍の他の人 葬儀中およびその後1時間、存在するすべての船によって、進行中ではなく、葬儀の近くの海軍基地によって。
  • 棺は国の旗で覆われ、青い組合が故人の左肩の上に配置されるように配置されています。棺は最初に足を動かされますが、亡くなった牧師が頭を先に動かされる場合を除いて、牧師は死んでも会衆に背を向けることは決してないという伝統があります。
  • 個人的な旗を受け取る資格のある役人または役員の葬式で、それは棺の前で教会に運ばれ、墓への行列で、旗の飾りの下の弓で結ばれた黒いクレープストリーマーで覆われます。指揮中に死亡した旗ランク以下の部隊指揮官には、ブロードまたはバージーコマンドペナントが搭載され、指揮中に死亡した船の指揮官にはコミッションペナントが使用されます。
  • 棺が動かされるたびに、制服を着たすべての職員による敬礼を含め、棺に名誉が与えられます。
  • 故人の階級にふさわしい護衛を含む墓への行列。将校の葬式の場合は将校が、下士官または下士官の葬儀の場合は下士官が指揮します。
    • 特別な完全な名誉(組み合わせ)葬儀(元海軍長官、元海軍作戦部長または海軍司令官、および海軍長官および次官補に仕える)には、バンド、1つの海兵隊および1つの海軍会社(それぞれ2つの小隊で構成されています)、海兵隊と海軍の色の詳細、海軍の棺の持ち主の詳細、および海兵隊の発砲パーティーを組み合わせたものです。護衛司令官は少将です。 [ここに記載されているレベルを超える将校および役人は、すべてのサービスからの護衛と一緒に軍隊の葬儀を行う権利があります。]
    • 完全な提督のために行われる特別な完全な名誉葬儀には、バンド、それぞれ2つの小隊の2つの海軍会社、海軍の色の詳細、海軍の棺側添人の詳細、および海軍の発砲パーティーが含まれます。護衛司令官は少将です。
    • 中将、海軍少将、海軍少将(下半分)、および船長のために行われる完全な名誉(会社)葬儀には、バンド、2つの小隊からなる1つの海軍会社、海軍の色の詳細、棺の持ち主、および発砲パーティーが含まれます。護衛指揮官は少将または船長です。
    • キャプテン以下の将校のために行われる完全な名誉(小隊)葬儀は、バンド、海軍小隊、海軍の色の詳細、棺の持ち主、および発砲パーティーで構成されています。
    • 海軍のマスターチーフペティオフィサーのために行われる完全な名誉(分隊)葬儀には、バンド、3つの海軍分隊、海軍の色の詳細、棺の担い手、および発砲パーティーが含まれます。
    • 他の入隊者のために行われる単純な名誉葬儀は、ラッパ、海軍の棺の担い手、および海軍の発砲パーティーで構成されています。
    • 故人が敬礼の資格を持っていた場合、墓への行列の間に敬礼の銃の数と同じ数の微細な銃が発射されます。

    水葬

    海軍葬儀の実施手順は、海軍規則、第12章、セクション10 NAVPERS 15555C、海軍陸軍葬儀およびNAVPERS 15956D、アーリントン国立墓地の海軍葬儀に記載されています。

    USSアリゾナへの特別な栄誉

    船の生活の中での儀式

    起工

    打ち上げと洗礼

    • 国歌の演奏。
    • 造船所の職員による歓迎。
    • 適切な高官によるスピーチ。
    • 牧師による呼び出し。
    • スポンサーの紹介は、常に女性であり、通常は船の同名の人と何らかの関係があります。たとえば、人にちなんで名付けられた船は、多くの場合、スポンサーとして名誉の未亡人、母、または娘を持っています。州にちなんで名付けられた船は、スポンサーとして女性の政治家または州の政治家の妻を持っている場合があります。スポンサーには、メイドまたは名誉の母が同行します。
    • バンドやバグラーは「注意」を鳴らし、全員が立ち上がって注意を向けます。
    • 牧師は、新しい船に神の祝福を呼びかけ、召喚を宣言します。
    • 式典の集大成は、スポンサーが「米国の名において、私はあなたに名前を付けます。神が彼女と彼女の中で航海するすべての人を祝福してくださいますように」と発表したときです。 (スポンサーは、名前の発表に「米国船」という言葉を使用しません。海上公試後に船が就役するまで、その区別は保留されます。)次に、テザーに取り付けられたシャンパンのボトルを振り、船の船首、その時点で船は水に滑り込むために緩められます。
    • セレモニーは「錨を上げて」の演奏で締めくくられます。

    試運転

    • 役員と乗組員、警備員、音楽は、クォーターデッキまたは船の他の適切な部分(または状況に応じて横の桟橋)に集められます。
    • 就役式の公式パーティーのメンバーが到着すると、船はまだそのような敬礼を発射することを許可されていないため、彼らは音楽の名誉を与えられますが、銃の敬礼は与えられません。
    • 全員が配置されると、指揮官候補は就役式当局に向かい、敬礼し、「サー(または奥様)、私たちは就役式を進める準備ができています」と報告します。
    • 牧師は呼び出しを行います。
    • その後、試運転当局は公式のパーティーを紹介します。これには通常、船を洗礼したスポンサーが含まれます。
    • 聴衆と乗組員に注意を喚起した後、試運転当局は試運転指令を読み、船舶の責任を正式に指揮官候補に移し、「この当局に従って、私はここに米国船[名前]を委員会。」
    • バンドが国歌を演奏すると、国歌、ユニオンジャック、ペナントが掲げられます。
    • 指揮官候補は、命令を読み、試運転当局に敬礼し、船の指揮をとることを発表し、執行役員に時計をセットするように指示します。
    • 執行役員は「アイアイ、サー(またはマダム)」と敬礼し、ナビゲーターに「時計をセットして、ナビゲーター」と指示し、同時に長いガラス(望遠鏡)を手渡します。
    • The navigator proceeds to the quarterdeck and orders the boatswain's mate to pass the word.
    • The boatswain's mate pipes "Attention," and passes the word over the 1MC, "Set the watch! On deck section one, watch one!" All the boatswain's mates commence piping fore and aft as the first watch takes its duty stations. The first officer of the deck takes his station and makes the first entry in the log.
    • The executive officer salutes the commanding officer and says "Captain, the watch has been set."
    • The sponsor of the ship then gives the order, "Man our ship and bring her to life."
    • The crew boards the ship as the band plays "Anchors Aweigh," each crew member saluting the ensign as he or she crosses the quarterdeck and proceeding to his or her position at quarters.
    • The commanding officer then salutes the senior officer present and says, "Admiral [or Mr. Secretary, or as appropriate], I request permission to break your flag." When the senior officer replies "Permission granted," the commanding officer orders the executive officer, "Break the flag of __________." As the flag is broken, the band plays the appropriate ruffles and flourishes and march, then the appropriate gun salute commences at the end of the march.
    • After honors are rendered, the principal speaker delivers an address, gifts to the ship are presented by the sponsor, builder, or representatives of the city or state if the ship is named after one. After the commanding officer accepts the gifts on behalf of the crew, the chaplain pronounces a benediction and the ceremony is concluded.

    Decommissioning

    • After arrival honors for the senior officers and officials attending the ceremony, the national anthem is played to commence the ceremony.
    • The chaplain gives an invocation, then the commanding officer makes welcoming remarks and introduces the guest speaker if there is one.
    • After the guest speaker's comments, the commanding officer calls "Attention to orders!" and reads the decommissioning order.
    • The commanding officer then says, "XO, make preparations to decommission United States Ship [name]." The executive officer responds, "Aye aye, captain. Reports."
    • The heads of various departments then make their reports, to which the executive officer responds, "Very well."
      • The first lieutenant: "All secure about the decks. The running lights have been extinguished, the cannonballs have been removed and the cannon has been spiked."
      • The engineer officer: "The shafts have been locked. All valves closed and the seachest secured. The tiller has been locked amidships."
      • The supply officer: "All rations have been commuted and the galley fires doused."

      Change of Command

      • The crew is mustered at the ceremonial area where crew members can have an unobstructed view of the ceremony. This is important, because the entire event is about the visible transfer of authority. Honors (less gun salutes) are rendered to members of the official party who are entitled to them as they arrive at the command. The senior officer or official receives full honors, including a gun salute.
      • Guests rise and the crew is called to attention as the official party moves into place
      • The national anthem is played, the official party facing the national ensign and all persons in uniform saluting.
      • The chaplain gives the invocation.
      • Guests are seated and the crew is given "Parade rest."
      • The senior officer or official makes remarks and presents any decorations or awards being given to the officer being relieved.
      • The officer being relieved makes his farewell remarks, then reads the pertinent portions of his orders of detachment.
      • If the officer being relieved is a flag officer or is flying a command pennant, he orders "Haul down my flag [or pennant]." Full honors are rendered, including gun salute. (Aboard ship, the personal flag or pennant is immediately replaced by a commission pennant--a ship in commission must have one of the distinctive marks displayed at all times.)
      • The officer being relieved then states, "I am ready to be relieved."
      • The relieving officer then steps forward, reads the orders of relief, which typically read something like this:

          Bureau of Naval Personnel Order Number -----. To Commander (name). When directed by reporting senior, detach in (month) (year) from (current duty) and report not later than (date) to FFG 7 Oliver Hazard Perry. Upon arrival on board report to (name), Commanding Officer USS Oliver Hazard Perry (FFG 7) for duty as his relief. Report immediate superior in command, if present, otherwise by message. Signed, Vice Admiral (name), Chief of Naval Personnel.
      • Holiday Observances

        Washington's Birthday (or President's Day)

        Memorial Day

        独立記念日

        Dining-In (Mess Night)

        Although all the U.S. services have dinings-in, there are several elements of the institution as practiced in the Navy that make it different from the customs in the Army and Air Force and even in the Marines. In many cases these stem from the messing arrangements typically found aboard ship, where the officers except for the captain dine in the wardroom but the captain has his own private mess. As a result, at a Navy mess night the commanding officer is normally a guest, not, as in the other services, the president of the mess. In the Navy, it is the executive officer--the second in command--who presides.

        Common to all the U.S. services is the position of "Mr. Vice," or, in modern times, "Madam Vice," the vice-president of the mess. By tradition, Mr. Vice is the junior member of the wardroom, although in recent years the tendency has been for the president to consider wit and presence of mind as well as seniority in designating the officer to fill this role. Mr. Vice's job is to organize the dining-in, function as sergeant-at-arms and master of ceremonies during the proceedings, second toasts, and enforce the rules of the mess.

        After a cocktail hour (alcohol free when conducted aboard ship), a bugler or band plays "Officers Call," followed by marching music. The officers put down their drinks, put out any smoking materials, and proceed to their places in the dining room, members of the head table waiting until last. After everyone else is at their places, the president leads in those sitting at the head table, including the honored guest. When they are all in place, the music stops. The president raps the gavel for attention and calls on the chaplain to say grace. Another rap of the gavel signals the members and guests to be seated. Throughout the dining-in, a fixed code of raps of the gavel signals the members to be silent (three raps), to rise from their seats (two raps), or to be seated (one rap).

        After the conclusion of the six course dinner (appetizer, soup, fish, main course, salad, and dessert) comes the most distinctive element of the dining-in, the ceremonial toasts. After dessert and coffee, port decanters (or bottles) are brought in and placed on the tables, along with (traditionally) ash trays. Mr. Vice then announces, "The wine is ready to pass, Sir." The decanter is then passed from left to right around each table, never stopping until all the glasses are "charged." An officer who chooses not to drink wine need not do so, but must fill his glass and at least raise it to his lips at each toast.

        When the port has finished its circuit and all the glasses are filled, the president rises and calls for a toast to the President of the United States as commander in chief of the Navy. Mr. Vice seconds the toast by rising ad saying "Ladies and gentlemen (or gentlemen, if only men are present), the Commander in Chief of the United States." All then stand and repeat the toast in unison--"The Commander in Chief of the United States"--sip the drink and remain standing while the band plays the national anthem. All are then seated.

        From that point on, the president may call for specific formal toasts or recognize a member of the mess to propose the toast. If the president proposes the toast, Mr. Vice seconds it. If a member proposes it, the president seconds it. Members and guests respond to each toast as for that to the Commander in Chief, by rising, repeating the toast, and sipping the port. Once the toasts begin, the port continues to be passed so that no one is caught with an empty ("uncharged") glass during a toast. The formal toasts are drunk in a specified order: the Commander in Chief (President of the United States), heads of state of foreign guests, the United States Marine Corps, missing comrades, and the Chief of Naval Operations. Each of these is proposed without mentioning the name of the person being toasted, only his or her formal title.

        After these formal toasts, the president of the mess introduces the guest of honor to address the mess. After his or her speech, it is time for informal toasts. Members rise and address the president of the mess, "Mr. President!" On being recognized, the member explains why he wishes to propose the toast--preferably with (in the words of the directive on the subject) "inspired wit and subtle sarcasm"--and ending with the words of the proposed toast. If the president agrees to the toast, he directs Mr. Vice to second it and the toast is drunk in the same manner as the formal toasts.

        When the president decides it is time to end the informal toasting, he raps the gavel three times and commences the "business meeting" portion of the mess, asking Mr. Vice to read the list of offenders against the customs and traditions of the mess. Offenses include tardiness, smoking at the table before the president announces that the smoking lamp has been lit, arguing over precedence, leaving the dining area without permission, being caught with an uncharged glass, improper toasting procedures, wearing the cummerbund upside down, and so on. Fines and punishments are imposed by the president as appropriate.

        Remaining seated, the president then calls for a toast the United States Navy. Mr. Vice rises and proceeds to the head table, where he fills each glass with port, starting with the honored guest and ending with the president. All at the other tables likewise fill their glasses. The president then stands and fills Mr. Vice's glass. Mr. Vice then faces the mess and seconds the toast. All rise, responding in unison, "The United States Navy," drain the entire glass, and remain standing while the band plays "Anchors Aweigh."

        The formal part of the evening is then at an end, and the president invites all present to join him at the bar for informal refreshments. Attendees do not depart, however, until the president and the official guests of the mess have done so.

        The "Customary Phraseology of the Service"

        • At the beginning of the day, the boatswain pipes "All Hands" and passes the word, "Reveille, reveille! All hands heave out and trice up! The smoking lamp is lighted in all authorized spaces."
        • At the close of day, he passes the word, "Taps, taps, lights out! All hands turn into your bunks! Maintain silence about the decks! The smoking lamp is out in all berthing spaces."
        • Junior personnel always close written correspondence with their seniors with the complimentary close, "very respectfully." Seniors sign "respectfully" when writing to juniors.
        • A junior officer sending a verbal message to a senior instructs the messenger to present his "respects" to the admiral or captain or whomever the senior replies by presenting his "compliments."
        • Seniors "call" or "direct" attention to something juniors "invite" attention.
        • Seniors "suggest" that something be done juniors may only "recommend."
        • Seniors "direct" juniors to act juniors "request" seniors to act.
        • Juniors acknowledge an order by saying "aye aye." Seniors acknowledge information conveyed by juniors by responding "very well"--and woe to the junior officer who slips up by saying "very well," even with "sir" appended to it!
        • Official correspondence is always signed with initials and last name only, never with the first name. When anyone other than the officer in command corresponds on behalf of the organization with someone outside it, the typed block under the signature will read:
                      O. H. Perry
                      By Direction
        • The President of the United States of America To all who shall see these presents, greeting:

          Know ye, that reposing special trust and confidence in the patriotism, valor, fidelity, and abilities of [name] , I have nominated, and by and with the advice and consent of the Senate do appoint [him or her] a [rank] in the United States Navy, to rank as such from the ___ day of [month] , [year] . This officer will therefore carefully and diligently discharge the duties of the office to which appointed by doing and performing all manner of things thereunto belonging.

          And I do strictly charge and require those officers and other personnel of lesser rank to render such obedience as is due an officer of this grade and position. And this officer is to observe and follow such orders and directions from time to time as may be given by the President of the United States of America or other superior officers, acting in accordance with the laws of the United States of America.

          This commission is to continue in force during the pleasure of the President of the United States of America, under the provisions of those public laws relating to officers of the Armed Forces of the United States of America and the component thereof in which this appointment is made.

          Done at the City of Washington, this _____ day of [month] in the year of our Lord _____ and of the Independence of the United States of America the _______.

          By the President:
          [signature of the Secretary of the Navy]

          Other Ceremonies and Customs

          Boat Hails

          The watch aboard a ship is responsible for hailing any boat approaching the ship at night to determine the rank of passengers aboard the boat. This custom originated in the requirement that the ship be prepared for the proper protocolary reception of any senior officer who might be coming aboard. The required information is conveyed through a series of traditional responses given by the boat's coxswain in response to the cry, "Boat ahoy!"
          アメリカ海軍 イギリス海軍
          Rank of Senior Passenger Coxswain's Reply Rank of Senior Passenger Coxswain's Reply
          President of Vice President "United States" Member of royal family "Standard"
          Secretary, Deputy Secretary, Under Secretary, or Assistant Secretary of Defense "Defense"
          Secretary, Under Secretary, or Assistant Secretary of the Navy "Navy"
          Chief or Vice Chief of Naval Operations "Naval Operations"
          Commandant of the Coast Guard "Coast Guard"
          Fleet, force or group commander "Fleet" or abbreviated title of command Flag officer "Flag [name of flagship]"
          Chief of staff or chief staff officer "Staff" Chief of staff, chief staff officer, or captain of the fleet "Staff [name of flagship]"
          Squadron commander "____Ron [number]" (e.g., "DesRon-23"
          Commanding officer of a ship "[name of ship]" Commanding officer of a ship "[name of ship]"
          Other commissioned officer "Aye, aye"
          Petty officer "No, no"
          Other enlisted personnel "Hello"
          Boat not intending to come alongside "Passing"

          Long a matter of custom, the specific boat hails used in the U.S. Navy were first codified in Navy Regulations in 1893.

          Ceremonies and Customs of the Marine Corps

          Marine Corps Birthday

          Birthday Cake Cutting

          The event opens with a bugler sounding "Attention," upon which the Marines and their guests, except for those participating directly in the ceremony, move into position in the ballroom. The adjutant orders the bugler to "Sound 'Adjutant's Call!'" whereupon the doors of the ballroom are thrown open and the drummers and trumpeters march in to the strains of the "Foreign Legion March." When the musicians are in place, the cake escort enters the ballroom to the playing of "Semper Fidelis," the Corps's official march. At a dinner at a major installation, two colonels enter first, taking position at the far end of the room facing one another. Then two lieutenant colonels, two majors, and so on, until there are six officers in each row, facing one another across a hollow rectangle. General officers or other high ranking personnel then enter, forming a row connecting the rectangle at the colonels' end and facing back toward the door, leaving two spaces open in the center.

          The bugler again sounds "Attention," and the commanding general, accompanied by the guest of honor, enter the ballroom and march halfway down the room. The senior colonel of the escort commands, "Present arms," and all members of the escort salute while the band renders the appropriate musical honors. After the honors are completed, the escort is given "Order arms" and the commanding general and the guest of honor move forward to fill the spaces in the center of the general officer's line. (If the observance takes place in a noncommissioned officers' mess, the ranks of the escort are modified accordingly.)

          Once again, the bugler sounds "Attention." The color guard enters the ballroom and marches to the center of the rectangle formed by the escort. Once again, the senior colonel of the escort commands, "Present arms." All salute and the bearer of the Marine Corps color dips it forward as the band plays the national anthem. The command "Order arms" is then given and the color guard marches forward to the generals' end of the rectangle, countermarches back to the open end in front of the trumpeters and drummers, and takes position there.

          A third time the bugler sounds "Attention." The band begins playing "The Marines' Hymn," and four second lieutenants enter the room pushing a cart bearing the birthday cake and a Marine officer's saber (or noncommissioned officer's cutlass, in an enlisted mess). The escorts slowly roll the cake to a position in front of the commanding general and the guest of honor, followed by the adjutant, then halt and step back facing inward toward the cake.

          When the cake is in place and "The Marines' Hymn" is concluded, the adjutant faces about and reads the traditional birthday message, Major General John Lejeune's General Order 47, the sine qua non of every Marine Corps birthday celebration:

          On November 10, 1775, a Corps of Marines was created by a resolution of the Continental Congress. Since that date many thousand men have borne the name Marine. In memory of them it is fitting that we who are Marines should commemorate the birthday of our Corps by calling to mind the glories of is long and illustrious history.

          The record of our Corps is one which will bear comparison with that of the most famous military organizations in the world's history. During 90 of its 146 years of its existence the Marine Corps has been in action against the Nation's foes. From the Battle of Trenton to the Argonne, Marines have won foremost honors in war, and in the long eras of tranquillity at home generation after generation of Marines have grown gray in war in both hemispheres, and in every corner of the seven seas that our country and its citizens might enjoy peace and security.

          In every battle and skirmish since the birth of our Corps Marines have acquitted themselves with the greatest distinction, winning new honors on each occasion until the term Marine has come to signify all that is highest in military efficiency and soldierly virtue.

          This high name of distinction and soldierly repute we who are Marines today have received from those who preceded us in the Corps. With it we also received from them the eternal spirit which has animated our Corps from generation to generation and has been the distinguishing mark of the Marines in every age. So long as that spirit continues to flourish Marines will be found equal to every emergency in the future as thay have been in the past, and the men of our Nation will regard us as worthy successors to the long line of illustrious men who have served as "Soldiers of the Sea" since the founding of the Corps.

          The band strikes up "Semper Fidelis" and the color guard marches forward, then countermarches and exits the ballroom, followed by the commanding general and the guest of honor, then the rest of the general officers. The cake and its escort then move forward and the members of the escort cut and distribute the rest of the cake to all the Marines and their guests, the band continuing to play throughout. After the cake is distributed, the band ceases playing, the escort, drummers, and trumpeters march out of the room, and the doors are closed, concluding the cake cutting ceremony.


          Friday, March 13, 2020

          U.S. Navy 1950s Light-Attack Jet Programs

          The Mk 7 was an implosion-type device, which meant it was relatively large in diameter. The Mk 8 was a gun-type device, smaller but much heavier, of interest to the Navy because it could withstand the shock of hitting the ground or water at a high incidence angle and speed, making it effective against submarine pens and ships/submarines. The subsequent improvements were the Mk 11, replacing the Mk 8, and the Mk 12, which was notably lighter and smaller than the Mk 7.

          The Navy's carrier-based candidates for the new bombs were the Douglas AD-4B Skyraider and the McDonnell F2H-2B Banshee, with the B suffix standing for the armament changes necessary to carry, arm, and drop the Mk 7 and Mk 8. While modifications to Skyraider were relatively minimal, the -2B required a larger strengthened pylon, inflight refueling capability, and landing gear modifications to increase the ground clearance in order to taxi and takeoff with the Mk 7 even with a retractable fin.

          F2H-2B side numbers 103 and 107 have inflight refueling probes and the requisite pylon under the inboard section of the left wing.

          Although white in gray-scale photos usually indicate florescent paint, it's possible that in the photo above it is in fact white paint in order to minimize the effect of the temperature spike from the bomb's detonation on the thinner skins of the control surfaces.

          The AD had excellent range (a combat radius of almost 900 nautical miles) but a cruise speed of only 163 knots, which means a maximum range mission required 13 hours or more in the saddle. The F2H-2B had equivalent range with inflight refueling and a cruise speed more than twice that, 411 knots. The other shortcoming of the Skyraider was that it could only accelerate to a speed of 270 knots on the run-in to the target and for egress, which meant that being hoist by its own petard was a real possibility. The Banshee, even with its straight wing, could reach 500 knots, which means it could throw the bomb farther and be miles more away when it detonated.

          While the Navy continued to assign the Skyraider to prospective nuclear-strike missions, it was clear that jets were to be preferred. The Bureau of Aeronautics (BuAer) considered several options, deploying five different ones in the 1950s in addition to the F2H-2B.

          Note that the Mk 7 tail cone is rotated slightly counter-clockwise and the landing gear struts are pressurized to provide minimal ground and airframe clearance during taxi and launch.

          In the meantime, the Navy's Bureau of Aeronautics contracted with Douglas, sole source, for the diminutive A4D-1 Skyhawk, a bespoke design optimized for the Mk 7-delivery mission. This early A4D-1 has a VHF navigation pod in place of the Mk 7 that dictated the long landing gear.

          However, the A2U-1 was cancelled based on the development problems with the Westinghouse J46 engine and the availability of another, less expensive option from North American, the FJ-4B.

          The transonic FJ-4 had been procured as a day fighter but the supersonic Vought F8U Crusader resulted in it being delivered exclusively to Marine Corps fighter squadrons. However, it was well thought of and therefore an ideal candidate for the strike mission when modified with extra stores stations, controls for the nuclear weapon, and an additional pair of speed brakes. The result was the FJ-4B.

          In the above display, a Mk 7 was loaded on the left pylon outboard of the refueling probe.

          To fill the need for jets in attack squadrons before the A4D-1 and FJ-4B became available, BuAer procured the swept-wing F9F-8 Cougar as the F9F-8B beginning in 1954. This was possible at that point because the smaller Mk 12 was now qualified and provided adequate ground clearance with all four of its fins folded.


          US Naval History and Roles

          The U.S. Navy is the most lethal force on the high seas. But what makes them so lethal?

          The Navy maintains, trains and equips combat-ready naval forces capable of winning wars, deterring aggression and maintaining the freedom of the seas. U.S. Navy personnel expertly operate virtually every type of military equipment in the country's arsenal, everything from Humvees to aircraft carriers.

          The Navy was founded on Oct. 13, 1775, and the Department of the Navy was established on April 30, 1798. The Navy has the following main components, all of which ensure it is capable of taking on the enemy anywhere in the world:

          Navy operating forces -- As of 2019, the Navy has more than 332,000 active-duty service members and nearly 104,000 members of the Navy Reserve.

          Surface fleet -- This consists of vessels of all sizes. Whether providing insertion or cover for special operations on inland rivers or battling modern-day pirates on the high seas, the Navy has a ship suited for every waterborne military mission.

          Submarine fleet -- Known as the "Silent Service," submarines have played a number of roles in a hundred of years of both war and peace: attack, surveillance, commando insertion, research and nuclear deterrent. Submarines give the Navy the ability to arrive on scene before the enemy is aware they're on the way.

          Naval aviation wing -- In addition to the surface and submarine warfare capabilities, the Navy can provide firepower and support from the air as well. The Navy's aviation contingent consists of helicopters, fighter/attack jets, surveillance, transport and cargo aircraft, and unmanned aerial vehicles (UAV).

          Shore "support'' establishment -- The shore establishment provides support to the operating forces (known as "the fleet") in the form of: facilities for the repair of machinery and electronics communications centers training areas and simulators ship and aircraft repair construction, intelligence and meteorological support storage areas for repair parts, fuel and munitions medical and dental facilities and air bases.

          The bottom line: The Navy has an awesome array of aircraft, ships and equipment and offers many high-tech jobs. From medical to nuclear, mechanical to administrative, there is bound to be a job right for you. Whether high tech is your passion or you just want a great job with great benefits and to travel around the world, then the Navy may be just the place to start your military career. You can start your career by getting more info about joining.


          US Navy - History

          The Yeoman rating was first established in 1835, but can trace its roots back to the original "Capitan's Clerk" rating that was one of the first United States Navy ratings established in 1794. The title was changed to Ship's Yeoman in 1884 only to have it changed back to Yeoman in 1893. Yeoman is one of the original Chief Petty Officer ratings.

          The Navy's computerized personnel system associates the rating name with an alphanumeric Navy Occupational Specialty (NOS) code. For YN, the NOS is B750.

          Yeomen perform secretarial/administrative and clerical work. They operate modern office equipment such as word processing computers and copying machines, and deal visitors, answer telephone calls and sort incoming mail. They type, organize files, and write business and social letters, forms, notices, directives and reports.

          Yeoman class "A" school is approximately 7 weeks in duration. The YN school is located in Meridian, Mississippi. Those in the Yeoman submarine (YNS) rating will then attend four weeks of basic submarine systems instruction in Groton, Connecticut.

          Both the Yeoman and Yeoman Submarine raings require a minimum of a 48 month (4 year) enlistment obligation.

          Yeoman (NOS B750)

          The duties performed by YNs include preparing, typing and routing correspondence and reports, and organizing and maintaining files. They receive office visits and handle telephone communications.

          YNs operate personal computers, word processors, duplication, audio-recording and other office machines. They perform office personnel administration, maintain records and official publications, and perform administrative functions for legal proceedings.

          Yeoman serve as office managers and perform other various clerical and administrative duties.

          Career Sea - Shore Rotation Chart

          Yeoman Rating's Sea (SEA) Shore (SH) Rotation (months)
          RatingSEA1SEA2SEA3SEA4SEA/SH
          YN36 363636 36/36
          YNS3636363636/36
          SH1SH2SH3SH4SEA/SH
          YN48 5448 36 36/36
          YNS3636363636/36

          Sea tours and shore tours for Sailors that have completed four sea tours will be 36 months at sea followed by 36 ashore until retirement.

          ノート: YNS is the submariner version of the rating.

          Qualifications, Interests, and Working Environment

          People in this rating must be U.S. citizens eligible for security clearances. They should also be people oriented and enjoy working as part of a team assisting others and be able to clearly communicate ideas and information orally and in writing. Ability to keep accurate records, do detailed work and perform repetitive tasks is important. Resourcefulness, curiosity and a good memory are also useful.

          Normal color perception is not required.

          Having typing skills as a Yeoman are mandatory. Yeomen are usually assigned duties in an office environment. People in this rating may work alone with little supervision, or work closely with others under close supervision depending on the assignment. Yeoman's ASVAB Test requirement.

          About 4,630 men and women work in the surface Yeoman rating, and about 575 in the Yeoman Submarine rating. Qualified and self-motivated people have a good opportunity for entry into these ratings.

          Personnel in the Yeoman ratings are paid allowances (BAH, BAS, etc. if eligible) and billet pay (sea pay, submarine pay, etc. if eligible), and enlisted military basic pay based on years of service and paygrade.

          Credit Recommendations

          The American Council on Education recommends that semester hour credits be awarded in the vocational certificate or lower-division bachelor's/associates degree categories for courses taken in this rating on typewriting, records management, general clerical procedures and office machines.

          Date Page Updated: September 01, 2018.

          Site Navigation

          U.S. Military Pay

          Military Information

          Admin/Deck Jobs

          Navy jobs and programs are revised at times, the information contained on this page is subject to change.


          Admiral Rickover and The Manhattan Project's Contribution

          At the end of the Second World War, the United States sought to develop secondary uses, to the recently developed atomic bomb, primarily nuclear energy and reactors. [1] Captain Hyman Rickover an electrical engineer for the United States Navy was a resilient proponent for the research. He was particularly interested in nuclear reactors for the production of electricity, for vessel propulsion. [1] Captain Rickover eventually led the effort to pursue and manufacture the first nuclear powered/propelled (vessel) submarine, which ultimately merited him the rank of Admiral and the recognition as "The Father of The Nuclear Navy." (Fig. 1) [2]


          A Brief History of U.S. Navy Ship Collisions

          Collisions involving U.S. ships are more common than you might think.

          U.S. Navy ships operate in close proximity to other ships all the time, from steaming in formation with supply ships to sailing in busy sea lanes. Inadvertent contact between ships, no matter how thorough the precautions, is inevitable.

          Today's ニューヨーク・タイムズ includes a list of collisions involving U.S. Navy vessels at sea. The list includes the famous USS John F. Kennedy/USS Belknap collision, which resulted in the guided missile cruiser's superstructure being virtually sheared off. It also lists the sinking of the Spanish fishing boat Barcona, which accidentally snagged the attack submarine USS ヒューストン and was dragged underwater.

          The Times' list is by no means complete, however. Here's a few more collision events you may or may not have heard of. Many took place during the Cold War between U.S. Navy and Soviet Navy ships, as the two fleets stalked one another in one cat and mouse game after another.

          HMAS メルボルン およびUSS Evans: On June 3rd, 1969 the Australian aircraft carrier HMAS Melbourne collided with the U.S. Navy destroyer Frank E. Evans in the South China Sea. Seventy three of the 275 crewmembers on the Evans were killed.

          K-19 vs. USS Gato: On November 19th, 1969 in the Barents Sea, the Soviet missile submarine K-19 (of movie fame) collided with the U.S. Navy attack submarine USS Gato.

          K-22 vs USS Voge: On August 28th 1976, the Soviet submarine K-22 collided with the U.S. Navy fast frigate USS Voge. Voge had been stalking K-22 and the Soviet Navy captain was unaware of her presence until a collision was imminent. Voge received hull damage but there were no injuries.

          USS ジョージ・ワシントン Nissho Maru: On April 9th, 1981 world's first nuclear-powered ballistic missile submarine, ジョージ・ワシントン, collided with the cargo ship Nissho Maru off the coast of Sasebo, Japan. Two crewmembers aboard the cargo ship were killed when it sank 15 minutes after the collision. There was no damage to the nuclear missiles onboard nor the submarine's nuclear reactor.

          K-134 vs USS Kitty Hawk: On March 21st, 1984 the Soviet attack submarine K-134 collided with the aircraft carrier USS Kitty Hawk in the Sea of Japan. K-134 was seriously damaged and had to be towed away from the collision site.

          USS ヨークタウン vs Bezzvetny: On February 12th, 1988 the guided missile cruiser USS ヨークタウン と誘導ミサイル駆逐艦USS Caron were conducting freedom of navigation operations inside Soviet waters in the Black Sea when ヨークタウン was bumped by the Soviet Navy frigate Bezzavetny. ヨークタウン sustained minor damage but continued sailing. There were no injuries.

          Ehime Maru およびUSS Greeneville: On February 9th, 2001 off the coast of Oahu, the nuclear attack submarine USS Greeneville surfaced underneath the Japanese high school training ship Ehime Maru。 The training ship sank, killing nine including four high school students.

          USS Hartford およびUSS ニューオーリンズ: On March 20th, 2009 in the Strait of Hormuz the nuclear attack submarine USS Hartford collided with the amphibious transport USS ニューオーリンズ while at periscope depth. Fifteen sailors aboard the submarine were injured and a huge gash was ripped open in the submarine's side.


          ビデオを見る: זרוע הים בשיתוף פעולה עם הצי האמריקאי


コメント:

  1. Bragor

    黙っておくほうがいいでしょう

  2. Fulaton

    It's a shame I can't speak now - very busy. osvobozhus-必然的に彼らの観察。

  3. Dasar

    申し訳ありませんが、間違いを犯していると思います。私は自分の立場を守ることができます。

  4. Shaktitaxe

    私があなたを中断していることを申し訳ありません。別の解決策を提案したいと思います。

  5. Gajora

    これについて何が言えますか?

  6. Adamson

    歩行者は道路を乗り越えます。私はあなたが決して立ち止まって創造的な人になりたいと願っています-永遠に!



メッセージを書く