シンシナティ消防博物館

シンシナティ消防博物館


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1906年から1950年代後半まで運営されていたレンガ造りの消防署内にあるシンシナティ消防博物館は、シンシナティの消防署の遺産を保存および展示するために設立されました。博物館には、200年以上の消防の歴史を網羅する工芸品が展示されています。数千ものアイテムの中には、馬が引くポンプ、地元のバケツリレーで使用される革製のバケツ、アンティークのユニフォーム、ヘルメット、消防車、棒があります。博物館でアイテムを利用できるようにすることが決定される前に、アーティファクトは何十年もの間市によって保存されていました。 1970年代のボランティアのグループは、120万ドルを調達し、市庁舎近くの古い消防署の扉を開きました。シンシナティは、米国で最初の消防博物館であり、多くの展示でこれらの変化を記録しています。20世紀初頭にさかのぼり、博物館の建物が最初に提供されました。そこで雇われた消防士の家として。 19世紀の消防士バッジを表示するケースもあります。


シンシナティ消防博物館に関する10の楽しい事実

エンジン45のかつての家であった消防署。(写真:提供)

火!火!火! BeavisとButt-Headからのこれらの言葉は、1993年に放火に関連して問題を引き起こしましたが、テレビの有無にかかわらず、火災が発生し、消防署がそれらを消火して命を救います。シンシナティには誇りに思う消防署があり、人々はシンシナティ消防博物館でその歴史について学ぶことができます。

ここにシンシナティ消防博物館についての10の面白い事実があります。

1.申し訳ありませんより安全です。 COVID-19のパンデミックの間、スタッフとゲストを安全に保つために、博物館は多くの安全対策を実施しました。入場時にはマスクを着用する必要があります。 10を超えるパーティーは、展示ギャラリーの容量が限られているため、また社会的距離を維持するために同時に参加することはできません。実地展示は毎日の初めに消毒され、一日中消毒され続けます。手指消毒剤は、すべての実地展示に配置されています。

2.お誕生日おめでとう!シンシナティ消防博物館は2020年12月20日に40歳になります。博物館は、Cincy Shirtsと提携して、1枚あたり25ドルの記念Tシャツを作成しました。

3.家族の相続人。博物館には、1800年代初頭から現在までの遺物が収蔵されています。しかし、彼らのコレクションの中核は、1853年に元ボランティア消防士によって編集された遺物です。

シンシナティ消防署が使用した最初のタイプのガスマスク-1916年にVajen-Bader呼吸用ヘルメット。これらの大きなヘルメットは背面に空気タンクを備えていました。 (写真:提供)

4.古き良き時代の音楽。消防博物館で最も古い遺物は、ボランティア時代に警報として使用された1808年の太鼓です。

5.私たちは最初でした!博物館は、1853年に、米国で最初の有料の専門消防署がシンシナティに設立されたと教えています。

6.この古い家。博物館はエンジン45の旧市街にあり、建物には、消防署としての以前の役割を思い出させる多くの特徴があります。チーフオフィスに通じるらせん階段、かつて分岐器に使用されていたオリジナルの木製ロッカー、馬の干し草貯蔵専用の展示品、ホースを乾かすためのホースクローゼットが含まれています。 1974年に、この建物は国家歴史登録財に追加されました。

シンシナティ消防博物館で子供たちが登ることができる消防車のタクシー。 (写真:提供)

7.実話!すべてのドセントは現役の消防士です。彼らが歴史ツアーをするとき、彼らは火の話、機器の説明、そして現在の消防技術とプロトコルの直接の説明を共有します。引退した消防士も博物館を訪れることがあります。そのうちの1人は1984年に女性消防士のファーストクラスにいたヴィッキーグッドソンです。グッドソンは昨年部門を退職し、シンシナティ消防博物館の理事を務めています。彼女は時々、訪問者に乗り物を提供するために、彼女が土曜日に博物館に「シンシーファン部門」と名付けた彼女の消防車を持ってきます。消防車は、ジュニアバースデーパーティーパッケージの一部として予約できます。

8.教育。モックアップハウスであるセーフハウスという展示があります。それは子供たちに火から逃れる方法を教え、消防士がどのように見えるかを見て、そして火の安全のヒントを与えます。博物館はまた、COVID-19の発生時に彼らの使命を果たし続けるために、新しいオンラインプログラミングを開発しました。

シンシナティ消防博物館の火柱展示。 (写真:提供)

9.バットポールに!バットマンが1960年代のテレビ番組で行ったように、子供たちが滑り降りることができる棒があります。子供たちが実際の消防車のハンドルの後ろに登って座ることができるエンジンキャブもあります。

10.賃貸用。博物館は、結婚式、企業のパーティー、会議スペースにレンタルできます。彼らはまた、ジュニア消防士の誕生日パーティーを主催しています。ただし、COVID-19により、10人以上でのイベントの開催は一時的に禁止されています。

「シンシナティ消防博物館は、私たちの街に隠された宝石です。私たちは、米国で最も重要な火災関連のコレクションの1つを管理し、シンシナティで唯一、命を救う博物館です」と事務局長のサラ・ストリックランドは言います。 「学校のグループや家族が博物館を訪れて、滑り棒を滑り降り、実際の消防車のハンドルを握る様子を体験します。そして最も重要なことは、命を救う消防車の安全情報を学ぶことです。」

シンシナティ消防博物館

どこ: 315 W.コートストリート、ダウンタウン

いつ: 火曜日から土曜日の午前10時から午後4時日曜日と月曜日は休業です。

入場料: 大人8ドル、65歳以上の高齢者7ドル、7〜17歳の子供6ドル、6歳以下は無料。


シンシナティ消防博物館

ある時点で、すべての子供は消防士になりたいと思っています。鉱山は定期的に消防帽子とコートを着て、家の中を駆け抜けています。&#8220消火活動&#8221シンシナティ消防博物館は、子供たちが消防車、消防士、そして私たちの街の米国の火災への多くの貢献について学ぶことができる場所です。戦いの歴史。

それはまた、私たちの街で最もクールで最もユニークな場所の1つである完全に隠された宝石でもあります。

1907年のコートストリート消防署(登録された歴史的建造物)にあるシンシナティ消防博物館は、シンシナティのウエストエンドにある他の点では近代的な道路沿いの保存状態の良い歴史の一部です。オリジナルの石畳の歩道を歩いて建物の側面の入り口に着きます。消防博物館のファサードには、オリジナルのガレージのドアとヴィンテージの文字が飾られています。 それはあなたをオールドシンシナティに連れ戻す魅力的な建物です。

最初の有料消防署がシンシナティにあったことをご存知ですか?それは1853年に設立されました。 子供たちは、非常に視覚的でインタラクティブな方法で、19世紀半ばの消火活動がどのようなものであったかをすべて学びます。 1808年の消防ドラム、シンシナティで現存する最古の消防車、1836年のハンドポンプがあります。私の子供たちは馬車の消防車が大好きで、これらの昔ながらの消防署がどのように機能するかを知ることに興奮していました。 会社の馬を養うために各消防署に干し草が保管されていました!

博物館にはさまざまな時代のフルサイズのトラックがいくつかあり、私の子供たちはすべてのビンテージエンジンを間近で見るのが大好きでした。

しかし、すべての親は、そこにはそれほど多くのものがないことを知っています 見て 子供ができる 幸いなことに、子供たちが消防士の役割に足を踏み入れることを本当に可能にするインタラクティブな活動がたくさんあります。そこには、若い消防士が滑り降りることができる火の棒、子供たちが窓の外に「逃げる」ことができる燻製場、子供たちが手を試すための昔ながらのウォーターポンプがあります。 piècederésistance : 本物の消防士のように、子供たちがライトとサイレンを動かすことができるフルサイズのE-Oneパンパーキャブ:

シンシナティは隠された驚きに満ちており、これはシンシナティ消防博物館に象徴されています。この博物館は午後を過ごすのに楽しい場所であり、街であなたの子供のお気に入りのスポットの1つになるはずです。


シンシナティ消防博物館は、シンシナティ消防署と協力して、参加者に家の中の火災を防ぐ方法と、火災が発生した場合に身を守り逃げる方法を教えることを目的とした世界クラスの火災安全教育プログラムを運営しています。博物館は、模擬住宅環境でシミュレートされた火災イベントを提示します。教育者は、模擬住宅のさまざまな部屋でツアーとディスカッションを主導します。各部屋では、さまざまな火災や火傷の危険性が示され、それぞれがどのように火災を引き起こす可能性があり、それを防ぐために何ができるかについて説明されています。

ツアーは約60分かかり、すべての年齢層に適しています。博物館では、事前予約のみのグループ向けのガイド付きツアーを提供しています。

入場料は子供6ドルです(7-17&#8211 6歳未満の子供は大人または高齢者と一緒に無料です)、
高齢者(65歳以上)大人は7ドルと8ドル。ご予約は513-621-5553までお電話ください。

1853年に、米国で最初の有料の専門消防署がシンシナティに設立され、それはアメリカの消防活動を永遠に変えました。

国家歴史登録財に登録されているシンシナティ消防博物館は、私たちの街の誇り高い歴史を称え、1906年に最も忙しいシンシナティ消防署で働いていた様子を体験できます。あなたとあなたの家族は、シンシナティ消防博物館を訪れたときの存在。

楽しみを探る

博物館には、米国で最も包括的な消防の歴史があります。

シンシナティ消防博物館は家族全員で楽しめます!

子供を連れてきて、次のことができるようにします。
•セーフハウスにアクセスして、命を救う火災安全スキルを練習してください。
•本物の消防署のポールを滑り降りてください!
•実際の消防士が保護具を着用している様子をご覧ください。
•E-Oneパンパーキャブでライトとサイレンを動かしてください!
•現存する消防設備の最も古い例のいくつかを目撃してください。

私たちの成果物を観察する

博物館には、米国で最高の消防遺物のコレクションの1つがあります。

•革製の火のバケツ
•ボランティア時代のパレードヘルメット
•1808火災警報ドラム
•1816年のハンネマン消防車
•オーロラ、1884年のアーレンスフォックス蒸気消防車
•シンシナティ消防署エンジン13、1917年アーレンスフォックスピストンポンプ
•1958年のノーザンヒルズ消防車、最後に製造されたアーレンスフォックスパンパー


シンシナティの動き

国内最大のフルモーションの都市レイアウトのダウンタウンエリアが刷新され、1940年代のシンシナティのダウンタウンでビジネスが再び活況を呈しています。建物、車両、人、そして彼らのペットは、掃除され、修理され、塗り直されました。ローブリング橋、市庁舎、カリュータワーなどのランドマークが驚くほど詳細に再現されています。消防署が待機しており、川沿いは活気にあふれています。 1/64スケールでシンシナティの複雑さに驚嘆し、照明効果が昼から夜に移行し、街が街灯の輝きに照らされるにつれて、レイアウトが生き生きと動くのを見てください。

シンシナティ歴史博物館で最も愛されているギャラリーの1つとして、 シンシナティの動き、 ダウンタウン部分はユニオンターミナルのリフレッシュされた新しいスペースとして戻ってきます。改装されたギャラリーでは、清掃および修理された歴史的なSゲージの列車モデル、新しい照明と音、歴史的で更新されたコンテンツとやり取りする機会が増え、モデルの内部機構を垣間見ることができ、ユニオンターミナルの窓のすぐ外にあるシンシナティのスカイラインへの視覚的なつながりが強化されています。 。

シンシナティの動き 探査ユニット
美術館に行けませんか?
美術館入場料

シンシナティ歴史博物館と自然史科学博物館が含まれます

大人: $14.50
高齢者: $13.50
3〜12歳: $10.50
2歳以下: 自由
メンバー大人:
自由
メンバーの子:
自由

タイムエントリーチケットは、3週間前までにオンラインで予約してください。

メンバーは割引を受けられます!

今すぐメンバーになって、CMC全体のプログラム、展示、映画を節約しましょう。


自然史科学博物館

シンシナティミュージアムセンターの最も古い前身の機関である自然史科学博物館は、街のごく初期の時代にそのルーツを持っています。また、シンシナティミュージアムセンターを構成する3つの美術館の1つでもあります。

今日の自然史博物館と科学

シンシナティミュージアムセンターの自然史科学博物館は、インタラクティブな展示や素晴らしい工芸品を通じて、科学、歴史、自然の世界を提供しています。ゲストは、創造的な思考と問題解決のスキルを通じて、自分の「あはは」の瞬間に到達することができます。すべての年齢のための何かを備えた自然史科学博物館には、探検するものが常にたくさんあります。

記念碑的な教育体験を生み出すことが、ミュージアムセンターを他の美術館とは異なるものにしている理由であり、最も効果的な教育体験が楽しみを通じて興味を刺激することを私たちは知っています。自然史科学博物館は、科学の基本原理を不思議に思い、教えながら、画期的な研究における私たちの積極的な役割を強調しています。科学と歴史をつなぐことで、自然史科学博物館は次世代に刺激を与え、明日の答えを見つけることができるように質問を続けます。

歴史

シンシナティの設立からわずか30年後、医師兼科学者のダニエルドレイクは1818年に西洋博物館を設立し、博物学者のジョンジェームズオーデュボンを最初の従業員として採用しました。 1835年、ドレイクは西部博物館のコレクションを取り入れて、西部自然科学アカデミーを設立しました。南北戦争後、この組織はシンシナティ自然史協会に発展しました。協会は洗練され続け、コレクションを増やし、スタッフを増やしました。

ダウンタウンのさまざまな建物のテナントとして約1世紀を過ごした後、博物館は1958年にエデンパークのギルバートアベニューにある自宅に移転しました。シンシナティ公立学校システム。教室で毎週数千人の生徒に連絡しています。博物館が1990年にユニオンターミナルに移転するまで、出席者と会員数は増え続けました。現在、毎年150万人以上のゲストが訪れています。


コンテンツ

ネイティブアメリカン編集

西暦900年から1600年頃、先史時代後期、オハイオ州南西部にフォートエンシェントと呼ばれる文化グループが住んでいました。ショーニー、およびモソペレアやトゥテロなどのスー族の話者は、一部の学者によって彼らの子孫であると信じられており、夏には村を設立し、冬にはオハイオリバーバレー全体で動物の個体数を追跡して狩猟しました。男性は部族を狩り保護し、女性は食料を集めて作物を栽培しました。彼らは村に宿泊するためのウィグワムを建設しました。オハイオ州の他の部族(オジブワ族、マイアミ族、レナペ族)と同様に、彼らの言語はアルゴンキン族の言語です。 [1]

1600年代半ばから、ヨーロッパ系の人々が狩猟や夏の土地に侵入し、イギリスとフランスの毛皮貿易業者の毛皮貿易においてヨーロッパ人や他のネイティブアメリカンの部族の競争相手になったため、彼らの生活様式は変化しました。彼らの救済の選択肢は、空いている土地を探すか、植民地の集落を破壊するか、戦うことでした。多くのショーニー族やその他の部族は、1640年代から、鹿、ビーバー、その他の毛皮を持った動物を狩ったイロコイ連邦によってオハイオ州から追い出されました。 [1]

ショーニー族はフレンチ・インディアン戦争(1754-1763)の間にフランス人を支援しました。 18世紀には土地紛争と条約が続いた。オジブワ族、レナペ族、オタワ族、ワイアンドッテ族、ショーニー族のメンバーは、リトルタートルが率いるマイアミ族と同盟を結び、彼らの土地をめぐって戦いました。 [1]最終的に、ワバシュの戦い(1792)とフォールンティンバーズの戦い(1794)の後、11の部族が1794年にグリーンビル条約に署名し、土地の大部分を放棄することを余儀なくされました。 [1]

Symmes Purchase Edit

アメリカ独立戦争の終結とともに、国は西に向かってオハイオ川の北のフロンティアランドに拡大し、北西部領土の範囲内にありました。 1786年、ベンジャミンスティテスはリトルマイアミバレーに旅行し、定住のための肥沃な土地があることに気づき、その情報を東部の投機家に伝えました。 [3] [a]可能性を聞いて、大陸会議の代表であるジョン・クリーブス・シムズは、1787年に連合会議[4]から1 [3] [b]または200万エーカーを購入しました。これはシムズ購入と呼ばれていました。 [3]マイアミ購入とも呼ばれ、グレートマイアミ川とリトルマイアミ川の間の土地は、最終的にウォーレン郡、バトラー郡、ハミルトン郡になりました。 Symmes Purchaseのうち、Stitesは10,000エーカーを購入し、[3] 800エーカーをMathiasDenmanに売却しました。 [3]デンマンの土地はオハイオ川沿いで、リッキング川の河口の向かいにあった。 [4]

3つの初期決済編集

パイオニアはオハイオ川沿いのフラットボートに乗って、オハイオ川の北岸にあるリトルマイアミ川とグレートマイアミ川の間に位置するシンシナティとなるものを解決しました[3]。街は、コロンビア、ロサンティビル、ノースベンドの3つの集落として始まりました。

リトルマイアミ川の1マイル西にあるコロンビアは、1788年11月18日にベンジャミンスティテスが率いる26人のグループが到着したときに定住しました。スティテスはニュージャージーとペンシルベニアからの開拓者のパーティーを手配しました。 [5]彼らはランケン空港の現在の場所に定住し[3] [6]、そこで彼らはフラットボートからの木材を部分的に使用して、ブロックハウスと丸太小屋を建設した。 [5]時間の経過とともにより多くの人々が到着し、より多くのキャビンが建設されました。彼らは自分たちと新しい到着者を養うのに十分な食料を手に入れるのに苦労しましたが、釣り、狩猟、クマの草から小麦粉を作る、農業、そしてピッツバーグの商人から食料を手に入れることでできることをしました。 [5] 3つの入植地のうち、コロンビアは最初に最も速く成長しました。当初は貿易の中心地であり、この地域の穀倉地帯でした。 [5]北西部領土で最初のプロテスタント教会(バプテスト)がコロンビアに建てられました。 [7]

ロサンティビル編集

1788年12月28日、24人の男性を持つ11家族が、リッキング川の向かいのシカモアストリートと現在のイェートマンズコーブに上陸しました。中央集落であるロサンティビルは、1788年9月22日にマティアスデンマンとロバートパターソン大佐と共にこの地域を偵察した元の測量士ジョンフィルソン[8]によって名付けられた。 [3]「河口の反対側の都市」を意味する名前は、それぞれ異なる言語の4つの用語で構成されています。 [9] [c]フィルソンは1788年10月に姿を消し、[9]おそらくネイティブアメリカンによって殺された。 [3]ケンタッキー州レキシントンを設立したパターソンが率いるグループは、ライムストーン(現在はケンタッキー州メイズビル)で生まれました。 [5]彼らが到着したとき、イスラエル・ラドローは集落の測量士になり、彼は町をグリッド計画でレイアウトしました。それはノーザンロウ(現在のセブンスストリート)から川に行き、そこで土地は公共の着陸のために確保されました。その東と西の国境は現在、セントラルアベニューとブロードウェイです。 [3] 1789年4月1日以前は、集落が拡大するように30区画が人々に与えられていました。ウォーターフロント沿いの街並みが魅力的でした。彼らは狩猟や釣りで得たものの他に、トウモロコシ、豆、カボチャ、キュウリ、カボチャを栽培しました。町はすぐに居酒屋とフェリーサービスを利用して、オハイオ川を渡ってケンタッキーに人々を運びました。治安判事、ウィリアム・マクミランが設置されました。 [5] 1790年までに、ワシントン砦に配置された新しい入植者と軍隊の流入により、町には700人がいた。 [4] Symmesは、当時42階建てのログハウスがあったLosantivilleは、「ある程度の立派な町の外観を前提としている」と書いています。 [10]

グレートマイアミのノースベンドとロサンティビルの西数マイルは、1789年2月にシムズによって設立されました。彼はケンタッキー州ライムストーンからの開拓者のグループを手配し、兵士とその家族をこの地域に旅行させました。 [5]コロンビアやロサンティビルの人々のように、ノースベンドの入植者は最初は十分な食料を手に入れるのに苦労しました。ノースベンドは1789年5月までに新しい入植者に24ロットを提供した。[5]

フォートワシントン編集

SymmesとSt.Clairは、白人による定住に抵抗を与えるネイティブアメリカンの部族を懸念していました。 [3] [5]北西部領土には、現在のイリノイ州、インディアナ州、オハイオ州、ミシガン州、ミネソタ州、ウィスコンシン州を含む260,000平方マイル以上があり、第1歩兵連隊のわずか300人の兵士によって保護されていました。オハイオバレーのネイティブアメリカンの部族は白人による侵略に敵対しており、同居している人々の間で「前後の襲撃」がありました。北西部領土のネイティブアメリカンのほとんどはイギリス人から援助を受け、一般的に彼らを支持しました。そして彼らはアメリカに土地を譲渡したパリ条約(1783年)の当事者ではありませんでした。 [10]

1789年、ジョサイアハーマー将軍の指揮の下、ワシントン砦が建設され、ジョージワシントン大統領に敬意を表して命名されました。 [11]それはロサンティビルの北東の角に建てられ[5]、北西部領土全体に5年間奉仕した。その間、セントクレアの指揮下にあった613名の軍隊が、マイアミの酋長リトルタートルとの戦闘で失われました。グリーンビル条約は、アンソニー・ウェイン少将がフォールン・ティンバーズの戦いに勝利した後、1795年に調印されました。もはや必要とされなくなった砦は、1808年に取り壊されました。[3]

シンシナティ協会編集

1790年1月4日、北西地域の知事であるアーサー・セントクレアは、彼が会長を務めたシンシナティ協会に敬意を表して、集落の名前を「シンシナティ」に変更しました[12]。測量士イスラエルラドローの。 [13]この社会の名前は、ローマの将軍で独裁者であるシンシナトゥスにちなんで付けられました。シンシナトゥスはローマの街を破壊から救い、静かに農場に引退しました。 [3] [d]社会は、独立戦争の大陸軍将校で構成されていた。 [3]

初期の入植者編集

入植者の中で、ウサギと鹿の毛皮は物々交換に使われました。 [5]

シンシナティには、州内の土地を与えられた独立戦争の兵士が住んでいました。これには、ジョン・クリーブス・シムズのように、土地の大きな区画を取得し、利益のために土地を売却した男性が含まれていました。一部の元将校は、彼らの奉仕の対価として大きな土地区画を与えられました。手頃な土地の購入に基づいて成功する生活の機会を求めてこの地域にやってきた民間人もいました。 [10]

ハミルトン郡は1790年1月4日にアーサーセントクレアによって設立されました。開拓者とネイティブアメリカンの間の緊張は時間とともに高まり、ハミルトン郡は無謀な銃撃を禁止し、ネイティブアメリカンへの酒の販売を禁止する宣言を出しました。すべての男性は軍事的義務の対象となり、人々は彼らの居住地を守るための準備をしました。さらに、より多くの兵士がワシントン砦に到着しました。一部の人々は1790年に安全なケンタッキーコミュニティに移りました。[5]

フロンティアの町には評判の悪い家と多くの居酒屋がありましたが、どちらも規制されておらず、砦の兵士が頻繁に訪れていました。 1787年に北西部領土長官を務め、しばらくの間知事を務めていたウィンスロップサージェントは、市の住民が「ライセンスがあり」、「非常に堕落した」ことを発見しました。彼は1790年に兵士への酒の販売を禁止する宣言を出しました。しかし、売春宿や居酒屋での商売を規制する町民からの支援はありませんでした。彼は「彼自身の部下に非常に軽蔑されていたので、彼の家は彼が留守の間、砲兵の練習の対象でした」。 [10]保安官が雇われ、裁判所が設立されたが、保安官は一般的にシンシナティ内の支配を維持することができなかった。これは、砦の兵士の酩酊とショーニー族や他の地元のネイティブアメリカンとの緊張によるものでした。多くの場合、軍は秩序を維持するために戒厳令を制定しました。 [4]

入植地の人口は増加し、1795年までに家具メーカー、肉屋、醸造業者、フランスのパティシエなど、さまざまな事業が設立されました。オハイオ川を西に向かう開拓者や兵士のニーズを満たすために、旅行者のニーズに応える30の倉庫がありました。 [4]

シンシナティは1802年1月1日に町としてチャーターされた。[15] [16]シンシナティはジェームズ・スミスを最初の町のマーシャルとして設立した[17]翌年、町は「ナイトウォッチ」を始めた。 [18] 1803年には約1,000人の民間人が居住し、軍はワシントン砦を放棄した。 1820年までに、10,000人近くの住民がいました。 [4] 1811年にオハイオ川に蒸気航法が導入されたことで、都市は成長しました。

19世紀初頭には、旅行者に物資を提供するだけでなく、旅行者のニーズを満たすために、レストラン、居酒屋、ホテルなど、さまざまなサービスベースのビジネスがありました。オハイオ川での輸送もまた、都市の成長を助けました。作物は、オハイオ川とミシシッピ川に沿って、オハイオ州の主要市場の1つであるニューオーリンズに送られました。マイアミ運河とエリー運河により、オハイオ州西部からシンシナティへの作物や商品の輸送コストが削減されました。蒸気船は市内で修理され、建設されました。シンシナティで家畜が屠殺され、屠殺されて販売されるか、出荷される食肉包装センターになりました。シンシナティは、国の豚肉加工の中心地となったときに「ポルコポリス」として知られるようになりました。 [4]

1819年2月5日を通過した総会の法律によって都市としてチャーターされ、その年の3月1日に発効しました。 [19]同じ年、シンシナティは市のディレクトリを公開し始め、住民の名前、職業、住所をリストアップした。これらの古いディレクトリは、初期の居住者に関する情報を求める人々にとって貴重なリソースであり続けています。 [20]オハイオ医科大学は、1819年にダニエルドレイクによって設立されました。[4]

1850年までに人口115,435人の国内で6番目に大きな都市でした。[3] 1850年に、ユダヤ人病院を設立したのは米国で最初の都市でした。

警察および消防サービス編集

1819年、シンシナティが市として法人化されたとき、最初の市の元帥であるウィリアム・ラフィンが任命されました。 1828年5月、警察は1人の船長、1人の助手、5人の警官で構成されていました。 1850年までに、市は警察署長と6人の中尉の地位を承認しましたが、最初の警察署長であるJacob Keiferが任命され、3週間後に解雇されるのは1853年でした。

シンシナティは、1853年にシンシナティ消防署として働くために男性にお金を払うことによってその成長を伴い、米国で最初のフルタイムの有料消防署を作りました。世界で初めて蒸気消防車を使用しました。 [21]

奴隷制度廃止論者と地下鉄道編集

シンシナティは、南北戦争前の地下鉄道の重要な停留所でした。ケンタッキー州の奴隷州と国境を接し、奴隷制の絆から逃れる多くの人々の目的地としてしばしば言及されています。奴隷制度廃止論者、暴走者、奴隷貿易業者、自由人を巻き込んだ悲惨な話はたくさんあります。

アレンテンプルアフリカンメソジストエピスコパル教会は、オハイオ州で最初の黒人教会として1824年に設立されました。それは何年もの間地下鉄道の重要な停留所でした。それは、市内、州全体、そして中西部全体で他の多くの会衆に種をまきました。

レーン神学セミナーは、長老派教会の牧師を教育するために、1829年にシンシナティのウォルナットヒルズセクションに設立されました。ニューイングランドの著名な牧師ライマンビーチャーは、彼の家族(ハリエットと息子ヘンリー)をボストンからシンシナティに移し、1832年に初代神学校の大統領になりました。

レーンセミナリーは、主に1834年にそこで開催された、奴隷制についての国民の考え方に影響を与えた「討論」で知られています。関係者の何人かは、奴隷制度廃止運動と南北戦争への蓄積において重要な役割を果たし続けました。

奴隷制度廃止論者の作家ハリエット・ビーチャー・ストウは、彼女の人生の一部をシンシナティに住んでいました。 [4]彼女は書いた トムおじさんの小屋、1852年3月20日に最初に出版されました。この本は19世紀のベストセラー小説(そして聖書に次ぐ世紀の2番目のベストセラー本)[22]であり、奴隷制度廃止論者の大義を助長したとされています。南北戦争前の米国。出版後の最初の年に、30万部の本が売られました。彼の1985年の本で トムおじさんの小屋とアメリカ文化、トーマス・ゴセットは、「1872年にホレス・グリーリーの伝記作家は、1850年代に共和党への支持を発展させた主力は トムおじさんの小屋。 "シンシナティのハリエットビーチャーストウハウスは2950ギルバートアベニューにあり、一般に公開されています。

オハイオ川のほとりのシンシナティのダウンタウンにある国立地下鉄道自由センターは、主に米国の奴隷制の歴史に焦点を当てていますが、世界のために現代的な方法で自由を促進するという根本的な使命を持っています。 2002年のグランドオープニングセレモニーは、多くの国民的スター、ミュージカル、花火、そして現在の米国のファーストレディの訪問を伴うガライベントでした。グレートアメリカンボールパークとポールブラウンスタジアムの間に物理的に位置し、フリーダムセンターがオープンする直前に建設されオープンしました。

南北戦争前の人種関係編集

奴隷制を許可したケンタッキー州の境界州からオハイオ川を渡ったところに位置し、オハイオ州では奴隷制は違法でした。シンシナティは、奴隷制から逃れる人々にとって自然な目的地または北部ルートの一部でした。反奴隷制のトラクトと新聞がシンシナティで出版され、南部に送られました。 [4]

黒人が仕事を求めて彼らと競争するのではないかと心配する人もいました。黒人が白人に利用可能な機会を侵害している、または強力になっていると人々が感じたときに緊張が高まりました。 For instance, Irish immigrants believed that blacks were taking their job opportunities in 1829. [4] The Cincinnati Riots of 1829 broke out in July and August 1829 as whites attacked blacks in the city. Many of the latter had come from the South to establish a community with more freedom. Some 1200 blacks left the city as a result of rioting and resettled in Canada. [23] Blacks in other areas tried to raise money to help people who wanted to relocate to Canada. The riot was a topic of discussion in 1830 among representatives of seven states at the first Negro Convention, led by Bishop Richard Allen and held in Philadelphia, Pennsylvania.

As the anti-slavery movement grew, there were more riots in 1836, when whites attacked a press run by James Birney, who had started publishing the anti-slavery weekly The Philanthropist。 The mob grew to 700 and also attacked black neighborhoods and people. [24] Another riot occurred in 1841. [23]

Irish and German immigrants settled in Cincinnati and beginning in the 1830s there were some people who did not accept people of other backgrounds. They were targeted by the temperance movement because they were perceived to be heavy drinkers. [4] See Cincinnati Nativist Riots of 1855.

Nicknames Edit

Cincinnati was first called "Queen of the West" in 1819 by Ed. B. Cooke who wrote "The City is, indeed, justly styled the fair Queen of the West: distinguished for order, enterprise, public spirit, and liberality, she stands the wonder of an admiring world." It was published in the Cincinnati Advertiser そしてその Inquisitor。 The following year the city's residents were call it The Queen of the West or The Queen City. [25]

Henry Wadsworth Longfellow wrote of the vineyards in Cincinnati of Nicholas Longworth in the last stanza of his poem Catawba Wine in 1854: [25]

And this Song of the Vine, This greeting of mine, The winds and the birds shall deliver, To the Queen of the West, In her garlands dressed, On the banks of the Beautiful River.

The nickname "Porkopolis" was first published about 1840, but had its beginning in 1825 when banker George W. Jones, who had often talked of the number of hogs roaming the streets for slaughter, received a paper mache pig and was dubbed to have been from Porkopolis. In 1840, there was more than $3 million of packed pork produced by 1,200 men in 48 packing houses in Cincinnati. Twenty years later, there were twice the number of men involved in the business. Chicago became the major meat packing center of pigs and took over the nickname by 1875. [26]

Cincinnati also is known as the "City of Seven Hills". The hills form a crescent from the east bank of the Ohio River to the west bank: Mount Adams, Walnut Hills, Mount Auburn, Vine Street Hill, College Hill, Fairmount, and Mount Harrison. [27]

During the American Civil War, many people in the area were "Southern sympathizers" due to Cincinnati's commerce with slave states and history of settlement by southerners from eastern states. [28] Of the people who served in the military, most enlisted with the Union Army, but a large number who served for the Confederates. [4] Some residents participated in the Copperhead movement in Ohio. [28]

Cincinnati played a key role as a major source of supplies and troops for the Union Army [28] It also provided housing for soldiers and their families, both of which were good for the city's economy. The United States Christian Commission, United States Sanitary Commission, and other charities came to the area to assist soldiers and their families. [4] It served as the headquarters for much of the war for the Department of the Ohio, which was charged with the defense of the region, as well as directing the army's offensive into Kentucky and Tennessee. [28]

In July 1863, the Union Army instituted martial law in Cincinnati due to the imminent danger posed by the Confederate Morgan's Raiders. Bringing the war to the North, they attacked several outlying villages, such as Cheviot and Montgomery. [29] [30]

During the American Civil War, an eight-mile line of defense was built by Cincinnatians along the Ohio River to protect the city. One of the batteries, Battery Hooper, became the site of the James A. Ramage Civil War Museum in Fort Wright, Kentucky. [32] Due to the efforts of the Black Brigade of Cincinnati and the Defense of Cincinnati, forces established to defend Cincinnati did not need to fire a shot during the Civil War. [33] [31]

With nearly 300,000 people, it was the state's largest city, and it was the country's densest population with an average of 37,143 people per square mile. [4]

The city had an art academy, art museum, Music Hall, opera house, Exposition Building, and a public library. There were about 130 magazines and newspapers produced in the city. There were more than 200 churches, five hospitals, and college education attainable through University of Cincinnati. [4] In 1888, Cincinnati German Protestants community started a "sick house" ("Krankenhaus") staffed by deaconesses. It evolved into the city's first general hospital, and included nurses' training school. It was renamed Deaconess Hospital in 1917. [34]

Sports Edit

The Cincinnati Red Stockings, a baseball team whose name and heritage inspired today's Cincinnati Reds, began their career in the 19th century as well. In 1868, meetings were held at the law offices of Tilden, Sherman, and Moulton to make Cincinnati's baseball team a professional one it became the first regular professional team in the country in 1869. In its first year, the team won 57 games and tied one, giving it the best winning record of any professional baseball team in history. [35]

Commerce Edit

In 1879, Procter & Gamble, one of Cincinnati's major soap manufacturers, began marketing Ivory Soap. It was marketed as "light enough to float." After a fire at the first factory, Procter & Gamble moved to a new factory on the Mill Creek and renewed soap production. The area became known as Ivorydale. [36] Cincinnati was the first municipality to own a railroad, the Cincinnati Southern in 1880. [37]

In 1887, industries in Cincinnati produced more than 200 million dollars in goods and employed 103,325 people. It had become "an important industrial, political, literary, and educational center in both Ohio and the United States" by 1890. [4] By the end of the 19th century, its leading industries were iron production, woodworking, cloth production, and meatpacking. [4]

Cincinnati had a monopoly in the late 19th century because local manufacturers were able to build inexpensive carriages that opened the market to a larger pool of potential customers, such as farmers who would otherwise use a farm wagon for pleasure travel but were able to afford the inexpensive carriages. [38]

The city's population did not increase much over the 20th century. In the 1880s there were 300,000 people and in 2000 there were 365,000 people living within 77 square miles. But, there are more than 1.8 million people living in Cincinnati's suburbs. [4]

第一次世界大戦編集

During World War I (1914–1918), 25,000 men from Cincinnati served in the military. Cincinnati's citizens and children found many ways to support the war effort, such as "adopting" 1,200 fatherless French children, collecting tin foil, planting war gardens, establishing home guards to pick up local responsibilities by the militia, rolling bandages and knitting tens of thousands of articles of clothing. The Cincinnati Training Battalion was established so that men that expected to be drafted could get a head start on training. [39] Jewish men beyond draft age prepared to serve in Palestine. Local plants retrofitted their factories to produce items required by the war or increased production to turn out needed supplies. As a result, Cincinnati turned out munitions, camping equipment for soldiers, battleship parts, clothing and food for soldiers, and other necessary goods. [39] Millions of dollars were raised for Liberty Loans relief funds for Armenia, Belgium and France, the Red Cross thrift stamps and the YMCA. Women took positions formerly held by men and African-Americans moved to Cincinnati from the South. [39]

Anti-German sentiment raised to a fevered pitch, though, during the war. Rumors were spread about German-American businesses. The conductor of the Cincinnati Symphony Orchestra, Ernst Kunwald, was interned under the Alien and Sedition Acts. Professor Emil Heerman, the concertmeister, was released into the custody of the Conservatory of Music after he was arrested He invested 75% of his income in Liberty Bonds, which helped restore much of his reputation. The city's library removed pro-German books and the public schools discontinued German language classes. [39]

第二次世界大戦編集

Due to isolationism and disillusion that the world was not "safe for democracy" after World War I, many people were initially reluctant to become involved in World War II (1939–1945) until the attack on Pearl Harbor (December 7, 1941). Others, though, had seen for a while that it is the best interest of the United States to become in the war. Secretary of War, Henry L. Stimson, said "My first feeling was of relief that the indecision was over and that a crisis had come in a way which would unite all our people." [40]

During the war, the regional draft boards registered 81,000 men in October 1940. Volunteers and those who were drafted reported to Fort Thomas in Kentucky. Almost 100,000 men and women from the area served in the war. Women served in support roles, like radio operator and driver. African-Americans served in segregated units, like the 93rd Infantry Division. The war provided opportunities for blacks and women to progress in ways that they were unable to before the war. For instance, generally the workforce was made up of single women. During the war, women were needed in military positions and in civilian positions to staff the production effort. More black men were accepted into the military to meet manpower needs or worked in plants. People from the area also served in the diplomatic corps or in federal agencies. [41]

In Cincinnati, 2,000 manufacturers, with more than 180,000 employees, rallied to provide goods required by the military. The largest subcontractor, Wright Aeronautical Corporation, produced engines for military planes. The war effort required goods like food, soap, clothing, glycerine-some of which required some modification to meet the military's needs, such as ties made out of khaki-colored material. Some completely changed the products they produced, like switching from making women's clothing to producing parachutes. Tank turrets and armor plates were made by Mosler Safe, a metal working plant. [40] Cincinnati was positioned with a number of options for transporting raw materials and goods, including the railroad through Union Terminal, barges on the Ohio River, airplanes at Lunken Field. [41]

As in World War I, Cincinnatians rallied to support the war. They planted victory gardens, organized bond drives, bought bonds, and retooled factories. Goods were collected that were needed for the war, such as rubber and various types of scrap metal (e.g., copper, iron, etc.). There were also conservation efforts that helped ensure that necessary goods were available to meet the military's needs. [40] Local boards issued ration books for scarce consumable products, like butter, meat, sugar, coffee, gasoline, and tires. [40]

A defense council was established in May 1941 to plan for civilian protection and was led by Phillip O. Geier, the president of the Cincinnati Chamber of Commerce. [40]

Modern urban development Edit

In 1902, the world's first reinforced concrete skyscraper was built, the Ingalls Building. After World War II, Cincinnati unveiled a master plan for urban renewal that resulted in modernization of the inner city. Since the 1950s, $250 million was spent on improving neighborhoods, building clean and safe low- and moderate-income housing, provide jobs and stimulate economic growth. [42]

The City of Cincinnati and Hamilton County developed the Banks - an urban neighborhood along the city's riverfront including restaurants, clubs, offices, and homes with skyline views. Groundbreaking took place on April 2, 2008. Adjacent is Smale Riverfront Park, a "front porch" to Ohio.

A 3.6-mile streetcar line running through downtown and Over the Rhine was completed in 2015 and called the Cincinnati Bell Connector.

Commerce Edit

American Financial Group, Cinergy, Kroger, Procter & Gamble, E. W. Scripps Company, and Totes Isotoner are among the corporations that have their regional or national headquarters in the city. [4]

Sports Edit

In 1935, major league baseball's first night game was played at Crosley Field.

In 1970 and 1975, the city completed Riverfront Stadium and Riverfront Coliseum, respectively, as the Cincinnati Reds baseball team emerged as one of the dominant teams of the decade. In fact, the Big Red Machine of 1975 and 1976 is considered by many to be one of the best baseball teams to ever play the game. Three key players on the team (Johnny Bench, Tony Pérez, and Joe Morgan), as well as manager Sparky Anderson, were elected to the Baseball Hall of Fame, while a fourth, Pete Rose, still holds the title for the most hits (4,256), singles (3,215), games played (3,562), games played in which his team won (1,971), at-bats (14,053) and outs (10,328) in baseball history.

The Cincinnati Bengals football team of the NFL was founded in 1968 by legendary coach Paul Brown. The team appeared in the 1981 and 1988 Super Bowls.

FC Cincinnati, Cincinnati's professional soccer team, was founded in 2015 as a member of the United Soccer League, now known as the USL Championship, and played its first season in 2016. During tis three seasons in a division II league, the club received international recognition for its consistent record-breaking attendance numbers and historic 2017 Lamar Hunt U.S. Open Cup run. The team's ownership group was granted a Major League Soccer franchise that started play under the FC Cincinnati name in 2019 the USL team accordingly ceased operations after the 2018 season. [43]

Boy Scouts Edit

"The Sons of Daniel Boone", a forerunner to the Boy Scouts of America, began in Cincinnati in 1905. Because of the city's rich German heritage, the pre-prohibition era allowed Cincinnati to become a national forerunner in the brewing industry. [44]

メディア編集

During experimentation for six years (until 1939), Cincinnati's AM radio station, WLW was the first to broadcast at 500,000 watts. [45] In 1943, King Records (and its subsidiary, Queen Records) was founded, and went on to record early music by artists who became highly successful and influential in Country, R&B, and Rock. WCET-TV was the first licensed public television station, established in 1954. [46] Cincinnati is home to radio's WEBN 102.7 FM, the longest-running album-oriented rock station in the United States, first airing in 1967. In 1976, the Cincinnati Stock Exchange became the nation's first all-electronic trading market.

Race relations Edit

There have been many incidents of race-based violence before and after the Civil War with the most notable and most recent one being the 2001 Cincinnati Riots.

Disasters Edit

Cincinnati has experienced multiple floods in its history. The largest being the Ohio River flood of 1937 where the hydrograph measured a river depth of 80 feet—55 feet above normal levels. [47]

On December 3, 1979, 11 persons were killed in a crowd crush at the entrance of Riverfront Coliseum for a rock concert by the British band The Who.

Being in the Midwest, Cincinnati has also experienced several violent tornadoes. Of the 1974 Super Outbreak tornadoes, a F5 crossed the Ohio River from northern Kentucky into Sayler Park, the westernmost portion of the city along the Ohio River. The tornado then continued north into the suburbs of Mack, Bridgetown and Dent before weakening. The parent thunderstorm went on to produce another violet F4 that touched down in Elmwood Place and Arlington Heights before leaving the city limits and tracking toward Mason, Ohio. Three people lost their lives, while over another 100 were injured in both of these tornadoes. In the early morning hours of 9 April 1999, another violent tornado grazed the Cincinnati Metro, in the suburb of Blue Ash. It was rated an F4 killing 4 residents. [48]


Gold Star Chili Fest is back

For two decades, Gold Star and the Cincinnati Fire Museum sponsored Cincinnati ChiliFest, but the last one was 14 years ago.

Well, they're bringing it back. It will have the same family-friendly feel, benefit the Fire Museum and feature a chili cook-off. It will also have something that wasn't around 14 years ago: Ten food trucks. Each will offer at least one chili dish. The Gold Star ChiliMobile will be there, too, and so will local breweries.

"Gold Star is very excited to help bring a Cincinnati tradition back to chili-loving families across the region," said Roger Davic, CEO of Gold Star. "Giving back to the community that's been so loyal to us over the years is central to our values."

It will take place on October 6 from noon-midnight at The Cincinnati Fire Museum, 315 W. Court St., Downtown, and the lots next to it on Plum and Court Street.

There will be lots of games, firefighter demonstrations, the popular touch-a-truck area, photos with local firefighters, antique fire trucks and a smokehouse.

Bill "Gumby" Donovan is coordinating the ChiliFest chili cook-off. He's a retired firefighter who has been involved with chili festivals in Cincinnati since 1986. It will take 30 entries this year, who will compete for three top spots. First place wins a firefighter helmet with a custom leather shield, $100 cash and a gift basket featuring area businesses.

Live music will include Robin Lacy and DeZydeco, Seven Bridges and the Alley Cats

The festival is free, and so is the Cincinnati Fire Museum. The museum features one of the most extensive displays of firefighting artifacts in the country.


Opinion: History says the Supper Club fire was no accident

Photo from “Cincinnati: An Illustrated Timeline”: The fallen sign of the Beverly Hills Supper Club marks the tragedy where 165 people lost their lives in 1977. (The Cincinnati Enquirer/Ed Reinke) (Photo: Provided)

Ivory-clean Cincinnati has a dirty secret buried in the dim, forgotten past. Long ago, a Faustian bargain was made that was good for the convention business: The northern banks of the Ohio would stay clean – but south of the river, anything goes.

Newport, Kentucky became an underworld kingdom, the outlaw grandfather of Las Vegas. It was “Sin City,” “Little Mexico” and “America’s most wicked city,” according to Esquire magazine in 1957.

Two decades later it was on the national map again when 165 people were killed in the Beverly Hills Supper Club fire – 44 years ago this weekend.

While the ashes of the 1977 tragedy were still smoking, the public was led to believe it was an accident and had nothing to do with Newport’s dark past. But history and evidence connect those dots to the same pair of dice.

Posted!

A link has been posted to your Facebook feed.

Interested in this topic? You may also want to view these photo galleries:

32 of 41

State officials blocked a state fire marshal’s effort to investigate arson, and immediately covered up possible criminal evidence with a bulldozer and a crane. A waitress and busboys who reported suspected arsonists in the Zebra Room where the fire started were brushed off and ridiculed. Three of the four “blue ribbon” investigators and the governor who appointed them were corrupt. And that’s just a small sample of the evidence for arson.

It was ludicrously ignorant or audaciously dishonest to declare that the fire was an accident while the dead were still being counted. Between 1970 and 1977, a major nightclub or restaurant was burned every year in Northern Kentucky, all suspected mob arsons. Accelerants were found and owners were seen removing their liquor – sure signs of mob ultimatums: sell or burn.

In 1970, as it was being remodeled by new owner Dick Schilling, the Beverly Hills burned. The fire chief had no doubt it was arson. But Schilling started over and revived the grand old “Showplace of the Nation” where Dean Martin had worked as a dealer, where Frank Sinatra, Marilyn Monroe and even wholesome Ozzie and Harriet had drawn crowds from all over the Midwest like moths to footlights.

MAY 1977: Beverly Hills Supper Club Fire Fort Thomas armory "morgue." (Photo: File/Bob Lynn)

But that was not the first Beverly Hills fire and it wouldn’t be the last.

The first was in 1936. Pete Schmidt, a driver for the “King of the Bootleggers,” George Remus, bought a roadhouse on a hilltop in Southgate and turned it into the most spectacular casino and nightclub in wide-open Northern Kentucky: the Beverly Hill Country Club.

Schmidt’s club was too successful. It attracted a visit by Moe Dalitz, boss of the Cleveland Four mob that had the organized crime “franchise” for Ohio and Kentucky. Dalitz made an offer. Schmidt refused. So on the night of Feb. 2, a carload of gangsters broke in, emptied cans of gas and torched it. A 5-year-old girl, staying with her sister who was married to the caretaker, was killed.

And the mob moved in. They took over the Beverly Hills, the Lookout House and all the other high-class "carpet joints" – the Latin Quarter, the Flamingo Club, the Merchant’s Club, the Turf Club and dozens of others.

Small-time hoodlums ran trashy "bust-out joints," where unwary customers didn’t get out until they were flat busted or drugged and mugged.

The gangsters had colorful names: "Game Boy Miller." "The Enforcer." "Sleepout Louie." "The Human Adding Machine." And there were a few heroes who fought the mob. A judge. A mailman. A sheriff named George Ratterman.

Enquirer file Crews battle the deadly blaze at the Beverly Hills Supper Club in 1977. Crews battle the deadly blaze at the Beverly Hills Supper Club in 1977. (Photo: Enquirer file)

This is the colorful, amazing history I discovered while researching my book, "Forbidden Fruit: Sin City’s Underworld and the Supper Club Inferno."

  • In 1957, a reporter counted 300 prostitutes per mile in Newport.
  • The town marshal in Wilder openly ran a brothel and blackmailed his customers.
  • Newport’s homicide rate was four times the national average in 1950, not counting victims who disappeared in a "Newport Nightgown" – wrapped in chains and thrown from a bridge.
  • Before 1960, Newport’s take from vice was $30 million a year, and perhaps three times more from its national wire-betting hub for the mob. A million visitors were fleeced each year.
  • Moe Dalitz said the Beverly Hills taught him everything he needed to know to open the Desert Inn and become “The Godfather of Las Vegas.”
  • U.S. Attorney General Robert Kennedy declared war on the mob in 1961, starting in Newport. FBI wiretaps recorded mobsters discussing how to get even by killing his brother, the President.

The story is as old as Eden. One little taste of forbidden fruit – bootleg booze during Prohibition – unleashed all the evils of the underworld: beatings, murders, prostitution, porn, crooked cops, extortion, illegal gambling, ruined families and gangrene corruption that infected judges, prosecutors, police and politicians all the way to the governor and beyond.

Firefighters sift through the ruins of the Beverly Hills supper Club after the fatal nightclub fire. (Photo: The Enquirer/Mark Treitel)

And the same "Newport Eye" that ignored all that, looked the other way to cover up evidence of arson in 1977, including an informant who told the FBI he overheard men planning to burn the club – two weeks before the fire.

The "aluminum wiring" civil settlement proved nothing but the greed of lawyers. Repeated investigations reached the same dead-end: "undetermined cause." But the past refuses to stay buried. Evidence keeps rising to the surface like the shoes, broken bottles and twisted silverware that have heaved up for decades at the Supper Club hilltop.

For the families of victims and survivors, this Memorial Day is another painful reminder that the biggest cold case in Kentucky history remains unsolved.


コンテンツ

In the late nineteenth century, public art museums were still very much a new phenomenon, especially as far west as Cincinnati. Following the success of the 1876 Centennial Exhibition held in Philadelphia, the Women's Art Museum Association was organized in Cincinnati with the intent of bringing such an institution to the region for the benefit of all citizens. Enthusiasm for these goals grew steadily and by 1881 the Cincinnati Museum Association was incorporated. The art museum was at first temporarily housed in the south wing of Music Hall in Over-the-Rhine. [2] Just five years later, or on May 17, 1886, the Art Museum building in Eden Park was dedicated with elaborate ceremonies. [3] In November of 1887, the McMicken School relocated to the newly built museum campus and was renamed the Art Academy of Cincinnati. [4]

The Cincinnati Art Museum enjoyed the support of the community from the beginning. Generous donations from a number of prominent Cincinnatians, including Melville E. Ingalls, [5] grew the collection to number in the tens of thousands of objects, which soon necessitated the addition of the first of several Art Museum expansions.

In 1907 the Schmidlapp Wing opened, which was followed by a series of building projects. The addition of the Emery (named after Cincinnati philanthropists Thomas J. Emery and his wife Mary Emery), Hanna and French wings in the 1930s enclosed the courtyard and gave the Art Museum its current rectangular shape and provided the space in which the American, European and Asian collections are currently shown.

Renovations during the late 1940s and early 1950s divided the Great Hall into two floors and the present main entrance to the Art Museum was established. The 1965 completion of the Adams-Emery wing increased our facility resources yet further, adding space for the permanent collection, lecture halls and temporary exhibition galleries.

In 1993, a $13 million project restored the grandeur of the Art Museum's interior architecture and uncovered long-hidden architectural details. This project included the renovation of one of the Art Museum's signature spaces, the Great Hall. In addition, new gallery space was created and lighting and climate control were improved. The Art Museum's temporary exhibition space was expanded to approximately 10,000 square feet (930 m 2 ) to accommodate major temporary exhibitions. In 1998, the museum's board decided to separate the museum from the Art Academy of Cincinnati. [6]

By the turn of the twenty-first century, the Art Museum's collection numbered over 60,000 objects and, today, is the largest in the state of Ohio. In 2003, the Cincinnati Art Museum deepened its ties with the Greater Cincinnati community by opening the popular and expansive Cincinnati Wing, the first permanent display of a city's art history in the nation. In addition, on May 17, 2003, the Art Museum eliminated its general admission fee forever, made possible by The Lois and Richard Rosenthal Foundation. [7] In 2005, the Art Academy of Cincinnati officially left the museum's Eden Park campus, relocating to Over-the-Rhine. [8]

As of June 2020, Mount Adams, home of the Cincinnati Art Museum and Cincinnati Playhouse in the Park, was undergoing major renovation, including a new outdoor civic and art space titled "Art Climb". [9] Art Climb includes a staircase from the sidewalk near the intersection of Eden Park Drive and Gilbert Avenue leading to the art museum entrance. Consisting of multiple flights of steps, Art Climb opens up the museum grounds, connects the museum to its neighbors, and provides a space to incorporate outdoor artworks.

The art museum has paintings by several European masters, including: Master of San Baudelio, Jorge Ingles, Sandro Botticelli (Judith with Head of Holofernes), Matteo di Giovanni, Domenico Tintoretto (Portrait of Venetian dux Marino Grimani), Mattia Preti, Bernardo Strozzi, Frans Hals, Bartolomé Esteban Murillo (St. Thomas of Villanueva), Peter Paul Rubens (Samson and Delilah) and Aert van der Neer. The collection also includes works by Jean-Baptiste-Camille Corot, Pierre-Auguste Renoir, Camille Pissarro, Claude Monet (Rocks At Belle Isle), Vincent van Gogh, and Pablo Picasso. The museum also has a large collection of paintings by American painter Frank Duveneck (Elizabeth B. Duveneck).

The museum's Decorative Arts and Design collection includes over 7,000 works, including works by Paul de Lamerie, Karen LaMonte, Kitaro Shirayamadani, Jean-Pierre Latz, and many more. [10] [11]


ビデオを見る: 消防博物館アニメシアターを見たの巻


コメント:

  1. Fabien

    私はそれを印刷します...最も目立つ場所の壁に!!!

  2. Wetherby

    彼には確かに権利があります

  3. Roy

    よくやった、それは私には思えます、これは素晴らしい文章です

  4. Yrjo

    同様の状況があります。私はあなたを議論に招待します。

  5. Cuong

    私は彼女の視点を完全に共有しています。素晴らしいアイデア、私はあなたに同意します。

  6. Giolla Chriost

    無限に議論することができます

  7. Alcides

    私はあなたを助けることができないことを後悔しています。ここに正しい決定が見つかると思います。

  8. Ashaad

    関連する視点



メッセージを書く