2011年から2012年の蜂起を理解するには、シリアの歴史について何を知る必要がありますか?

2011年から2012年の蜂起を理解するには、シリアの歴史について何を知る必要がありますか?

シリアは、現在の蜂起のために最近多くのニュースになっていますが、多くの人がよく知っている国ではありません。それはその歴史を文明の起源にまでさかのぼることができ、その結果、そのウィキペディアのページは密度が高すぎてすぐに理解できません。

2011年から2012年の蜂起に関連するシリアの歴史についての「エレベーターピッチ」を教えてください。この現在の闘争で起こりそうなことに最も影響を与えるであろうその歴史の主な要因は何ですか?現在の政府が19世紀から手がかりを取っているように見えるのはなぜですか?蜂起は純粋な「人々の反乱」ですか、それとも何らかの国境の再描画(ユーゴスラビアとソビエト連邦の崩壊)につながる可能性のある民族的または宗教的な角度がありますか?私の友人を感動させるであろう他にどんな知っておくべき事実がありますか?


部外者が理解するための最も重要なことは、シリアは民族的にほぼ90%がアラブ人であるが、かなり多くの宗教的少数派で構成されているということです。ほとんどの中東の州と同様に、その国境は植民地時代にヨーロッパ人によって設定され、実際の文化的境界にはまったく注意を払っていませんでした。

人口の約半分だけがスンニ派イスラム教徒であり、残りのほとんどはシーア派であり、約12%がキリスト教徒です。

おそらく注目すべき最も重要な宗教グループはアラウィー派です。国の現在のリーダーシップはアラウィー派であるため、このグループは重要です。これには、いくつかの重要な意味があります。まず第一に、この特定の少数派は(おそらく当然のことながら)彼らが権力を失った場合に残りが彼らに何をするかを恐れているので、アラウィー派は蜂起に参加するのにそれほど迅速ではありませんでした。それ以外の場合は汎シリア蜂起であったものに彼らを採用するための努力が早い段階でありましたが、それはあまり成果を上げていないようです。抗議者に対する最悪の残虐行為のいくつかは、「政府が支援する」民兵によって実行されました。これは、ほとんどがアラウィー派であると私は強く疑っています。

これの2番目の重要な意味は、現在の指導者は、スンニ派の大多数の国でシーア派であり、伝統的にシーア派が運営するイランからの強力な支援(実際には同盟)の恩恵を受けてきたということです。現在の政府が崩壊した場合、他に何が起こっても、イランは敗北します。幸いなことに、シリアはイランと国境を共有していません。さもないと、国内のイラン軍部隊が「平和を回復している」のを目にするでしょう。それがそうであるように、人はまだイランが彼らの同盟国を支えるために彼らができることをすることを期待することができます。

注目すべきもう1つの重要なプレーヤーはヒズボラです。これは、隣接するレバノンのシーア派(はい、しばしばテロリスト)の民兵です。彼らはレバノンの大物プレーヤーですが、一般的にシリアとイランの人形として見られています。彼らはこれまで多かれ少なかれ物事を避けてきましたが、彼らの常連客の1人を失うことを考えると満足することはできません。

ここでもう1つの非常に重要なプレーヤーはトルコです。中東はすべてイスタンブールから統治されていましたが、トルコ人は今でも自分たちを近くのイスラム教徒の隣人の保護者だと考えています。民主主義(そしてスンニ派)自身として、彼らは蜂起が達成しようとしていることに非常に同情的であり、シリアの北の国境のほぼすべてを共有しています。したがって、トルコの飛行機が撃墜されるような開戦事由事件は非常に深刻な進展であり、シリア政府は回避するために非常に懸命に努力する必要があります。そうそう、トルコはNATOの本格的な加盟国でもあるので、彼らが軍事行動に従事する場合、彼らは米国の暗黙の(そしておそらく明示的な)支持を持っています。

さらに別の重要な政党はロシアです。彼らは現在のシリア政権のマイナーな同盟国であり、彼らと非常に重要な(彼らにとって)海軍基地協定を結んでいます。彼らはある時点で、その基地を確保するためにいくつかの海兵隊を派遣する措置を講じました。彼らが彼らの同盟国を支援するために介入したいのであれば、それはほぼ確実にその基地から始まるでしょう。


他のポスターがより広い地域に関して問題に取り組んでいる間、シリア市民に関して問題に取り組んでいるものはありません。彼らはさまざまなシリアの宗教について言及しているので、私はそれについては戻りません。

現在のシリアの支配家族(私はバース党ではなくアサド党を指しています)は残忍な拷問者として知られています。蜂起の初期に、喉頭を引き裂いた後、反アサドの詩人が川に浮かんでいるのが発見され、人々が箱に入れて家に帰ったという話を聞いた。つまり、1人あたり複数のボックスです。もう聞いていませんが、まだ起こっていると思います。北の国境にいるイスラエル市民は、何十年もの間シリア人を恐れてきました。

これは、シリア国民が与党家族、ひいては与党バース党を恐れていることを意味します。すべての徴兵は、彼が欠陥を犯した場合、彼の家族が拷問されることを知っています。とにかく彼らがするという事実は驚くべきことです。イスラエルの兵士として、私はシリアの兵士を尊重することを学びました。彼らはおそらく私たち以外の中東で最も専門的な軍隊だからです。彼らとの様々な戦争からのシリアの兵士「英雄」の多くの物語があります、そして実際に今日でさえ彼らは化学戦争訓練だけで月に平均1人の兵士を失います。ですから、とにかく脱走している家族の生活を恐れて、非常によく訓練され、よく訓練された軍隊について話しているのです。それは多くのことを言います。

民間人も武装しているか、少なくとも蜂起の初期段階にあったことにも注意してください。シリア国防省は、イスラエルの攻撃に備えて、ライフルと対戦車兵器で市民を武装させています。彼らは、上記の理由(拷問の恐れ)のために、市民がそれらの武器を彼らに向けるとは思っていませんでした。

事実に加えて私自身の推測を加えるかもしれないとすれば、ほとんどのシリア人は、彼らが正当に支配している限り、どの宗教、政党、または家族が支配するかを気にしないと思います。これは、完璧な世界では自分たちの親族によって支配されているにもかかわらず、ヒズボラとイスラエルの支配下で自分たちの生活がより良いことを知っているレバノン人とパレスチナ人との会話からこれを言います。中東の人々は幼い頃から「民主主義と自由」を養われておらず、民主主義も自由も気にかけていません。彼らは家族のために安全な仕事と安全な家を持つことに気を配っています。パレスチナ人は、彼らの生活の質が「自由な」ヨルダン人よりも優れていることを認識しており、ヨルダンは非常に賢明で公正な王であると広く見なされています。同様に、レバノン人は、ヒズボラの支配と操り人形の首相の下で、両陣営が公正であるが戦っているときよりも安全だと感じています。したがって、シリア人はアラウィー派の支配に反対しているのではなく、恐れに支配されていることに反対していると私は推測します。


私はTEDによる他の回答が好きで、それを賛成しました。しかし、追加できるものがあります。

第一に、シリアは名目上「社会主義者」と宣言しているイスラム世界で最後の国です。他の2つ、リビアとイラクはすでに米国によって侵略されており、彼らの政府は打倒されているので、現在シリアだけがリストに残っています。

TEDが言ったことに加えて、私はこの地域の他のプレイヤーについても言及したいと思います。

  • カタールとサウジアラビア。どちらも絶対君主制であり、米国の強力な同盟国です。彼らはまた、ワッハーブ派の原理主義の強力な支持者であり、ロシア、リビア、アフガニスタンを含む多くの国でイスラム教徒の反乱を後援しています。サウジアラビアとカタールは、武器で反政府勢力を公然と支援しています。

  • アメリカ合衆国。暴動の背後にあるメインスポンサーとインスピレーター。ボイスオブアメリカ(ニューヨークタイムズを引用)が認めているように、CIAは反政府勢力にも武器を供給しています。

http://www.golos-ameriki.ru/content/us-arms-syria/1216767.html

  • イスラエル。シリアはゴラン高原をめぐってイスラエルと領土問題を抱えています。イスラエルは1982年の最後のイスラエル-シリア戦争中にそれらを取りました。シリアはイスラエルと署名した軍隊を持っており、それは現在40年間有効です。

それに加えて、私が言及したいのは、トルコがすでにその領土に影のシリアの内閣を形成したということです。これは戦争の古典的な前奏曲です。ロシアは、海軍基地だけでなく、シリアとイランの直後に米国やサウジが後援する反政府勢力に侵略されると信じているため、シリアを支持している。ロシアは、待ち行列での位置を延期したいと考えています。


私の頭の上から、現在のシリア内戦の口実を理解するために学ぶべきこと:

  1. 宗教:

    • スンニ派イスラム教
    • アラウィー派イスラム教
    • キリスト教
    • ドルーズ
  2. 民族性:

    • アラブ
    • クルド人
    • パレスチナ人
  3. 国境の形成:

    • サイクス・ピコ協定
    • 1948年のアラブ・イスラエル戦争
    • 1967年のアラブ・イスラエル戦争
  4. 政治:

    • バースイズム
    • ハフィズエルアサド政権と市民の弾圧
    • アラブの春
    • 冷戦におけるシリアの役割とソビエト連邦/ロシアとの関係
    • シリアとイランのパートナーシップ
    • シリアとヒズボラの関係
  5. 内戦:

    • アラブの春
    • Daeshの形成(ISIS)
    • サウジアラビアとカタールの関与

これは良いスタートになると思います。


あなたがシリアについて知る必要があるすべて

ダグ・マッキントッシュ2012年3月14日
私はQ氏(別名スティーブ・キール)から、私たちが「シリアの状況」のどこに向かっているのかについての私の知識、洞察、分析のすべてに感銘を与えるように依頼されました。中東について最初に理解する必要があるのは、シリア、トルコ、イラク、イラン、またはエジプトと呼ばれる場所を人間がどれだけ長く走り回っているのかということです。アメリカは1776年からおよそ240歳です。アメリカは少なくともアメリカの部分は1620年にさかのぼりますが、スペイン人は1500年頃にさかのぼります。つまり、500年前のものは古代のものだと思います。さて、中東、あるいはヨーロッパの基準でさえ、私は約1、000年、または5、000年について話している。シリア、トルコ、その他の国で現在何が起こっているのかを知りたい場合は、そこに住む人々が2つの期間で考えていることを理解する必要があります。最初のものは1300年から1500年の間です。これは、イスラム教が現代世界にどのように反応するかを定義するイスラム教徒のタイムゾーンです。 2番目のタイムゾーンは2,000で、ローマ帝国の初期の頃、つまり4、000年で、ストンヘッジが建設されていた頃に行くことができます。もちろん、時間は相対的なものです。 「古代史」の研究で私が学んだ重要なことの1つは、「歴史的出来事」のいずれかの側から100年であり、政府の仕事に十分近いことです。したがって、2018年にシリアで何が起こっているかを考えるという観点から、100年前または1917年にシリアで何が起こったか、そして第一次世界大戦がシリアにどのように影響したかを知っておく必要があります。また、1300年とトルコのオスマン帝国、西暦630年、イスラム教の創設、そして最後に、たとえば10、000年前の犬と牛の家畜化、植栽と収穫についても覚えておく必要があります。 2つの大きな川、つまり私たちが文明の発祥の地と呼んでいたチグリス川とユーフラテス川の間にある最初の都市につながった小麦の群れ。

私たちが「2003年のイラク戦争」と考えているのは、実際には約8、000年前の最後の戦争だったのではないかと思います。彼らは槍と剣で戦い始め、クラスター爆弾を使うことになった。上記のすべてを念頭に置いて、シリアがどのようにして苦しんでいるのかを説明します。簡単な答えは、誰もがシリアの塊を望んでいたということです。その結果、シリアはジャッカルのパックによって争われている肉の塊に最もよく似ています。私は中東の長い歴史と、それがそこで起こるすべてをどのように覆い隠しているかを指摘しました。私はまた、イスラム教が中東の決定的な要因でもあることを指摘しました。さらに、オスマン帝国とワールドワンの終焉がシリアをどのように定義しているかを指摘しました。シリアの主要な日付は、少なくとも過去100年間で、1917年、2011年、2015年、および2018年です。

私が1917年と言う理由は、イギリスのアレンビー将軍がオスマン帝国を征服した年だからです。オスマン帝国の崩壊は、私たちが日常的に扱っている中東の現実を定義する多くの問題を引き起こしました。シリア、フランス人、イギリス人に関しては、第一次世界大戦の勝利者、植民地時代の勝利者は、アラブ世界の彫刻を作成しました。その機会主義。実際、「秘密協定」は1916年5月に行われた。それはロシア人も含んでいたが、彼らは革命を起こしたので、植民地勢力によってアラブのパイが切り刻まれることを否定された。エルゴ、今日の中東を理解したいのなら、サイクス・ピコ1916年条約を絶対に理解する必要があります。植民地時代のシェナニガンのこの素晴らしい例の最終結果は、フランスがシリアを獲得し、イギリスが他のほとんどすべてを獲得したことでした。私は、この条約の影響がただ続いていることを意味します:それはエナジャイザーバニーの外交バージョンです。それはただ混沌を引き起こし続け、それからさらに混沌、そしてさらにいくつかを引き起こし続けます。たとえば、砂漠の嵐、または1991年のイラク/クウェート戦争を理解したい場合、クウェートが侵略された唯一の理由はサイクス/ピコ協定であったことを理解する必要があります。この条約の詳細については、こちらのリンクを使用してください。私は様々なアラブ諸国の直接のフランスとイギリスの支配について話している。私は、フランス、イギリス、そして連合国にとっての「勢力圏」について話している。この条約の致命的な欠陥は、私の意見では、1917年に杖の波で作成されたさまざまな国の地理的、民族的、宗教的、部族の区分を理解できなかったことでした。
https://www.saylor.org/site/wp-content/uploads/2011/08/HIST351-9.2.1-Sykes-Picot-Agreement.pdf

いずれにせよ、シリアはフランスに直接支配されるか、フランスの「勢力圏」の一部になります。最終的に、シリアはアルジェリアと同じように革命を起こし、フランスの支配はアサド家に取って代わられました。私はこのクリフノートバージョン、つまりシリアを運営するヴィシーフランス政府を排除するための1941年のブリティッシュインベイジョンと、1961年まで続いた1958年のエジプトのナセルとの合併、その後の9年間の混乱の増加から多くを残しています。 。アサド家は1970年に権力を握り、それ以来権力を維持しています。そして、それは、親愛なる読者の皆さん、シリアが現在の混乱に陥った方法のクリフノートバージョンです。

シリアと2011年のアラブの春
また、経済的、政治的、軍事的、外交的な結果は、天候や気候、地理、その他さまざまな理由によって引き起こされた可能性があると私は信じています。実際、シリアは貧しい国であり、2011年まで壊滅的な干ばつに見舞われました。繰り返しになりますが、さまざまなことが関係しており、さまざまな理由で関係しており、結果も異なります。いわゆる「アラブの春」は、パンの値段が上がったためにチュニジアで焼死した男性から始まりました。その結果、蓋が外れ、鍋が爆破しました。そしてそうです、ジョージ・ソロス、CIA、EU、バチカンなどからの誰もがこの爆発のせいにされてきました。私の個人的な見解は、時々何かが起こるということです、そしてあなたは本当に社会革命をあまり深く見るべきではありません。アラブ世界とイスラム世界は、イスラム教徒に自由を提供する機能的で正直な政府という点で、地上では少し薄いです。アラブの人々は、弾圧、汚職、偽善にうんざりし、暴動を始めました。シリアの政府は実際には崩壊しませんでしたが、試みの欠如からではありませんでした。そしてここで、ベンガジ、ヒラリークリントン、ガダフィの恐ろしい終わり、石油、混沌、そしてマントラに入ります。あなたがそれを得るかもしれないので、あなたが望むものに注意してください。 「彼ら」は、エジプトのリビアで彼らが望むものを手に入れましたが、シリア、イラク、レバノンでは彼らが望むものを手に入れませんでした。私が「あるべき力」と呼んでいるもの、またはあなたが望むならディープステートは、彼ら自身の理由でシリアを追いかけたと言っています。明らかに、「彼ら」はアサドジュニアを倒すことができず、「彼ら」はその失敗にひどく悩まされており、シリアで現在起こっていることは事実上すべてその失敗にまでさかのぼることができます。始まり。

私はたまたま世界は300家族のコアグループによって支配されていると思います。あなたはそれらをあなたが好きなものと呼んで、それらを信じるかどうかを決めることができます。私はこの300家族の説明が証拠に合うと思います。 300人は、自分たちの間で戦い、潜在的な反対者を粉砕し、一般に、世界とその人々をいじり、彼らができる限り最も強力で最も裕福な人々になろうと努力します。それはリスクのゲーム、または実際のプレーヤーと実際の資産による独占です。 「彼ら」がアラブの春を解き放ち、ウクライナのリビアを征服し、エジプトを混乱に陥れた後、彼らはシリアを撃った。つまり、「彼ら」は、ディープステートプロキシを使用して自由シリア軍、またはアサドジュニアと戦いシリアを乗っ取るために使用される他の代理軍を作成しました。このプロセスは2011年、2012年、2013年、2014年に続き、3つのことが起こったとき、アサドジュニアの頭を打ち砕こうとしていました。これが「彼ら」が盲目的にした3つのことです。 2018年の現在のシリアの状況につながったこれらの3つのことを私は思います。最初のものは訓練されたCIA、またはディープステート犬、ISISであり、それを作成した手を噛むだけでなく、チェーンソーを使用してそれを切断しようとしました。 2014年8月、ISISは文字通りどこからともなく爆発しました。少なくとも、ISISの台頭に関するメディア報道は見つかりませんでした。それは文字通り1か月の事件であり、ISISは「反アサド軍」の一部であり、すべて素晴らしく、暖かく、曖昧でした。アメリカはNATOやEUと同様に彼らを支援してきました。彼らは「私たち」の側にいたからです。彼らはアサドジュニアを殺し、ディープステートを略奪したり略奪したりする本当に良い人でした。さて、人々ISISは2014年の夏にテーブルを回し、可能な限り最も印象的な軍事攻撃の1つを開始しました。その結果、ISISはまだアサドジュニアを倒したいと思っていました。それがCIAが彼らを気に入った理由です。 CIAは、ISISがアサドジュニアに取って代わろうとしたという事実に決して小刻みに動くことはありませんでした。彼らはシリアとイラクのすべてを彼ら自身の私的なカリフ制として望んでいた。もちろん、私はそれがたくさんのサイコによって運営されると言いたいです、私の意見では、ヨルダンのパイロットを生きたまま燃やすのが好きなISISフルーツケーキ、そしてチンギスカンに彼の拷問室のための走りを与えるでしょう。
だから、シリアがISISに関連している方法である最初の理由。 ISISはワイルドカードになり、ISISを作成したすべての政府に、実際にISISを制御できるという妄想の下で、特にWikileaksがISISとAlの両方に資金を提供した方法を示すすべての情報を公開する前に、ISISを迅速に破壊する必要があることを認識させました。シリアのカイダ。アルカイダは、アサドジュニアと戦っている限り、CIAにとってそれほど悪くはありませんでした。

エルゴ、それは起こった2番目のこと、そしてシリアが2018年の状態である2番目の理由につながります。時間がかかりましたが、誰もが最終的にこの大連立を作成するために西側が必要であると理解しました。 、「ISISから生きている#%$ %% ^^を爆撃します。」私は感情を理解し、同意し、承認します。その結果、米国はシリア、イラク、アフガニスタン、ヨルダン、イスラエルに深刻な軍事資産を配備し始めました。実際、私たちは「ジャベリンの対戦車ロケットを与えることができる良い人を見つける」戦略を繰り返しました。今回はアメリカ中のさまざまなクルド人グループを武装させ、はるかに良い結果をもたらし、ISISでそれらを解き放ちました。さて、上記のすべてが起こっている間、すなわち、ISISは「良い反アサドジュニアグループ」から黒死病のようなものに変化しました。アメリカとNATOがこの「反ISIS連合」を作成している間、それはまた、ちなみに、依然として反アサドジュニア連合でした。その結果、ISISを最初に爆撃するのが良いのか、アサドジュニアを最初に爆撃するのが良いのか、それとも常に#%%%%を爆撃するのが良いのかについて混乱が生じました。アメリカは後者の戦術を選びました:みんなを爆撃し、常に彼らを爆撃し、そしてどこでも彼らを爆撃します。これは、米国主導の「大連合」が、米国が支援するクルド軍と戦っていたISIS軍を爆撃し、アサドジュニア軍と戦う可能性があり、アルカイダと戦っていたという奇妙な状況につながりました。少なくとも彼らがISISと戦っていなかったときは、反アサドジュニア部隊。読者の皆様、そのすべてをご理解いただければ、感動しました。わからないので感動し、書いたばかりです。そしてこれはシリアに関連する2.5番目の要因です。現在、シリアには非常に多くの個人プレーヤーがいて、非常に多くのアクションに従事し、非常に多くの異なるアジェンダを持ち、非常に多くの別々のグループによってサポートされているため、それらすべてを追跡することはほぼ不可能です。最善を尽くしますが、約束はしません。

次に、2018年のシリアの3番目の要素になります。4番目の要素を考え出すことを検討しましたが、両方の当事者を1つの状況にまとめることにしました。ディープステート、EU、米国、および反アサドジュニア部隊の長いリストを盲目にした第3の状況は、アサドジュニア側のシリア紛争へのロシア空中戦部隊の侵入でした。さらに、この戦闘展開は、NATO、EU、および米国からの軍事帝国主義に対処することを唯一の目的として、ヴラド・ツェペラまたはウラジーミル・プーチンによって承認されました。プーチンはリビアで何が起こったのかを見ました。プーチンはウクライナで何が起こったのかを見ました。プーチンは見て、ひどくイライラし、シリアは私のものだと言った。したがって、プーチンは、米国のNATOが支配する東ヨーロッパと中東の創設に関する米国のNATO計画を完全に挫折させた。私は、シリアが現在この状況にある理由の3番目の決定的な要因は、外国の侵略、支援、支援に関係していると言っています。ロシアがシリアに介入したのは事実です。彼らがアサドジュニアのリアエンドを救ったのは事実です。彼らがシリアでISISを根絶したのは事実です。彼らがシリアに対する米国とNATOの両方の計画を完全に挫折させたのは事実です。そして最後に、ロシアは2018年1月20日にトルコのシリア侵攻の舞台を設定しました。プーチンは単にISISに対する勝利を宣言し、パレードを行い、彼の軍隊のすべてではなくほとんどをロシア、または少なくとも新しいアルメニア人に引き戻しました。トルコ国境の空軍基地。プーチンはチェスNATOを演じ、米国はクレイジーエイトを演じます。

上記のすべてが、シリアのアフリンに閉じ込められた20万人以上の無実のクルド人市民がいる理由、誰、そしてどのようになっているのかです。エルドアン政権下のトルコ人は、現在アフリンにいるすべてのクルド人を虐殺する可能性が非常に高い。 NATO、米国、ヨーロッパが待機し、監視する可能性があります。恐らくは泣き言を言ったり、エルドアンに厄介な外交文書を送ったりするかもしれませんが、現時点では地上部隊を派遣するつもりはありません。
トルコの侵略の背後にある理由、そしてそうです、バージニアトルコが実際にシリア北部に侵攻した理由は複雑です。


1.蜂起が暴力的になる

学校の壁に革命的なスローガンを描いた何人かのティーンエイジャーの逮捕と拷問の後、2011年3月に南部の都市Deraaで民主化反対運動が勃発した。治安部隊がデモ隊に発砲し、数人を殺害した後、さらに多くが街頭に出た。

不安は、アサド大統領の辞任を要求する全国的な抗議を引き起こした。政府が反対意見を打ち砕くために力を行使したことは、抗議者たちの決意を固めただけだった。 2011年7月までに、数十万人が全国の街頭に出かけていました。

野党支持者は最終的に武装し始め、最初は身を守り、後に治安部隊を地元地域から追放した。


シリアのトルクメン人:彼らは誰であり、彼らはロシアのダウンした飛行機と何の関係があるのか

火曜日の朝、トルコ軍がトルコとシリアの国境でロシアのSu-24戦闘機を撃墜した後、シリアの反政府勢力グループのメンバーが、破壊された飛行機から飛び出した後、パラシュートで降下したロシアのパイロットを殺害したと主張するという不穏な報告が出ました。

「パイロットは両方とも死んで回収された。私たちの同志は空中に発砲し、彼らは空中で死んだ」と反乱軍の司令官アルパスラン・チェリクはロイターに語った。

セリックの反政府勢力がこれを行うと主張する理由を理解するには、彼らが誰であるかについて少し知る必要があります。これらの反政府勢力はシリアのアラブの過半数の一部ではありません:彼らはシリアの民族的にトルコの少数派であるトルクメン人であり、シリアの紛争で独特の役割を果たしています-そもそもロシアの航空機の撃墜と関係があるかもしれません。

トルクメン人は誰ですか?

ミゲルメディナ/ AFP /ゲッティイメージズ

避難した子供たちのキャンプでのトルクメンの子供たち。 (ミゲルメディナ/ AFP /ゲッティイメージズ)

トルクメン語(トルクメニスタンの人々と混同しないでください)は、中東のいくつかの国に広がっていますが、ほとんどがシリアとイラクに集中しています。彼らの総人口は150万から350万人の範囲であると考えられていますが、信頼できる推定値を得るのは困難です。それらのうち、10万から20万の範囲のどこかがシリアに住んでいる可能性が高く、主にトルコ国境に近い国の北部に住んでいます。

トルクメン人は何世紀も前に現在のシリアに到着しました。さまざまな異なるチュルク帝国(最初はセルジューク帝国、次にオスマン帝国)が、地元のアラブ人の過半数を相殺するためにトルコの領土への移民を奨励したためです。バシャールアルアサドの支配下では、シリアのほとんどのスンニ派イスラム教徒トルクメニスタンは抑圧された少数派であり、自分の子供を自分の言語(トルコ語の方言)で教える権利さえも否定していました。

しかし、トルクメン人は2011年の反アサド蜂起にすぐには参加しませんでした。代わりに、彼らは双方からそれに襲われました。アサドは彼らを迫害し、シリア内戦へのトルコの関与の潜在的な導管として扱った。アサドの長年の敵であるトルコは、トルクメン人に力を込めて彼に反対するように促した。 2つの大国によって同じ方向に押されて、トルクメン人は2012年に正式に武装反対派に加わりました。

それ以来、彼らは内戦に深く関わり、アンカラからかなりの量の軍事援助を受けています。彼らの場所は、彼らをアサド政権、ISIS、そして西側の支援を受けたクルド人の反政府勢力(トルコがクルド人の人口との長年の闘いを考えると脅威と見なしている)とさえ対立させました。今日、トルクメンの支配的な軍事派閥であるシリアのトルクメン旅団は、BBCごとに10,000人もの戦闘機を誇っていますが、実際の数ははるかに少ない可能性があります。

ロシアとトルクメン

シリアのトルクメン反乱軍の戦闘機。 (JMロペス/ AFP /ゲッティイメージズ)

紛争におけるトルクメンの役割は、彼らをロシアの十字線に直接置いた。ロシア人は、ISISと戦うという彼らの表明された目標に反して、アサドの軍隊が反政府勢力と戦うのを助けることに彼らの軍事的努力のほとんどを向けました。トルクメン人は北部でアサドと彼の同盟国と繰り返し衝突しました—それは先週トルクメン人過激派を標的とするロシアの飛行機につながりました。

トルコは不満を抱き、ロシア大使にその不承認を登録するよう呼びかけた。トルコの外務省はロイター通信の説明で、「ロシア側の行動はテロとの戦いではないが、民間のトルクメン人の村を爆撃し、深刻な結果を招く可能性があることを強調した」と述べた。

そして確かに、トルコの戦闘機がロシアの戦闘機を撃墜したとき、火曜日の朝に何か「深刻な」ことが起こりました。トルコは、ロシアの飛行機がその領空を侵犯したために攻撃が起こったと主張しました。これは非常にもっともらしい主張です。ここで起こっているのはそれだけかもしれません。

しかし、トルコの行動がトルクメンに対するロシアの攻撃の影響を受けた可能性もあります。ロシアの飛行機は、ある時点でシリアのトルクメン領土上空を飛行していたようでした。トルコ人が少なくとも部分的に、トルクメン領土でのロシアの侵略についてのメッセージを送ろうとしていた可能性があります。

「最近、数千人の民間人が国境を越えて逃げてきた。彼らは[トルクメン人が住む]地域での政権軍を支援するロシアの爆撃を恐れていると言った。今日のロシアのジェット機の撃墜につながった衝突はその戦い」とテレグラフ中東通信員のルイザ・ラブラックとリチャード・スペンサーは書いている。

これは、私たちが最近トルコ当局から聞いたことと一致するでしょう。 「トルコのメディアと当局者は、シリアの少数民族のトルクメン人の窮状を何週間も強調してきました」と、BuzzFeedのBorzouDaragahiは書いています。トルコのHurriyet新聞の報道によると、あるトルコ当局者はロシア当局者に「トルコはトルコ人の生命の安全を狙った攻撃に無関心ではないだろう」と語った。

それが火曜日のトルコの行動の背後にある動機付けの要因であったかどうかにかかわらず、1つのことは確かです:トルクメン人は明らかにロシアとシリアの間の緊張の高まりの源であり、シリアのすでに複雑な内戦のさらに別の合併症になっています。

視聴:シリアの戦争—5分の歴史

ニュースで何が起こっているのかを理解するために、何百万人もの人々がVoxに目を向けています。私たちの使命は、今の瞬間ほど重要ではありませんでした。理解を通じて力を与えることです。読者からの経済的貢献は、リソースを大量に消費する作業をサポートする上で重要な部分であり、ジャーナリズムをすべての人に無料で提供するのに役立ちます。今日、わずか3ドルからVoxに寄付することを検討してください。


シリアの人々はどのような影響を受けましたか?

3月までに、シリア人権監視団は、106,000人の民間人を含む35万人以上の死者を記録しました。

戦争で荒廃した国の情報源の英国を拠点とする監視グループのネットワークによって収集された数字には、行方不明で死亡したと推定された56,900人は含まれていません。

グループはまた、約10万人の死亡が記録されていないと予測した。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、2011年3月の内戦の勃発以来、約1,100万人のシリア人が家を追われ、その大多数が近隣諸国またはシリア国内に避難を求めていると推定しています。

戦前のシリアの人口は約2200万人で、これまでに国の約半分が避難していることを意味します。


COVID‑19はシリアの危機にどのような影響を及ぼしていますか?

パンデミックは、世界中のすべての国に課題をもたらしました。シリアにとって、これらの課題の大きさは感じ始めたばかりかもしれません。

北西部では、2020年7月にCOVID-19の最初の症例が確認されました。400万人以上が住んでおり、その多くは何度も避難を余儀なくされており、イドリブとアレッポ北部の県は現在、ウイルスの壊滅的な影響に直面しています。多くの家族は、不潔な間に合わせの過密なキャンプに住んでいるか、野外で眠っています。ここでは水が不足しており、健康と民間のインフラが破壊されています。世界保健機関によると、この地域の医療施設の半分だけがまだ開いていて、稼働しています。

北東部では、2020年4月にCOVID‑19の最初の症例が確認され、準備不足に対する懸念は依然として高いままです。 COVID‑19検査能力の欠如、慢性的に在庫不足の医療施設、非効率的な水道サービスは、日々の現実であり続けています。北西部と同様に、コロナウイルスの蔓延を防ぐための対策を講じることは、地域全体の多くの過密なキャンプや非公式の居住地では特に困難です。

難民を受け入れている近隣諸国のように、政府が保有する地域では、シリア人はCOVID-19の脅威、働けないこと、そしてこの地域の急激な経済の衰退が彼らの状況をこれまで以上に困難にしているという現実に直面しています。

Our teams are currently working to reduce the risk of spread by sharing up-to-date information on COVID‑19 alongside the delivery of basic essentials to people fleeing conflict. In addition to supplying our water and sanitation programming to conflict-affected areas in Northeast Syria, we’re also boosting our messaging about hygiene, COVID‑19, stigmatization that sometimes happens with infection and how families can access local systems.

To help prevent the spread of COVID-19, Mercy Corps shares the latest information with Syrians fleeing conflict.

In Northwest Syria, our team worked quickly to prepare for COVID‑19 outbreaks in camps, running water delivery simulations to ensure the process would run smoothly in the event of a full outbreak.

From Kieren, our Country Director: “Since March [2020], Mercy Corps teams have increased the amount of soap and water we provide to each family, and have delivered additional water tanks to improve safe water storage. We are also distributing COVID‑19 flyers in camps and educating communities on the risks and how to stay safe.

“Too often, though, families tell us that they aren't able to take the necessary steps to protect themselves and their families. In displacement camps or mass shelters such as vacant mosques and schools, with the health infrastructure reduced to rubble around them, the odds are stacked against them.”

Now, as Syria begins receiving its first COVID‑19 vaccines, we must ensure the vaccine reaches the most vulnerable across the country, and that the effort does not interfere with the delivery of other critical lifesaving aid.


What do I need to know about Syria's history to understand the 2011-2012 uprising? - 歴史

In a talk co-organized by the assassinated activist Lokman Slim, former Syrian political prisoner Yassin al-Haj Saleh argues that “the politics of prison” are central to understanding the “politicide” of the Syrian people at the Assad regime’s hands.

[Editor’s note: The below has been adapted from a talk given by the author on 10 November, 2020, at an event co-organized by the University of Cologne and the MENA Prison Forum founded by the activists Lokman Slim and Monika Borgmann, who attended the online discussion. Slim was assassinated earlier this month in Lebanon. The author dedicates the text to his memory.]

[Author’s note: I suppose I was approached by the organizers of this event to give this talk about prison and political violence because they imagined I was an “authority” on the subjects, and it would be quite easy for me to talk about them. It is not. It has never been. In fact, it is even harsher now, after the last crushing decade. My personal experience is already prehistoric, and the ongoing history is in need of fresh thinking, language, and sensitivity: not a very easy task, but it deserves to be given a try. Our diasporic condition suggests that a new approach might be made possible by inserting our traumatizing experiences, old and new, into a broader context of similar experiences. The fundamental weakness of our Syrian “prison literature” is that it is imprisoned in Syria never referring to other literatures. It seems that traumas, whether individual or collective, tie people to their own stories, always thought (mistakenly) to be unique. If the concept of trauma had a tongue, it would declare its uniqueness, and claim to be an absolute beginning. This must be resisted, and the diasporic condition makes resistance possible. I do believe that the literature we have produced could be read as expressions of fixation around our traumatizing experiences resistance to them and healing efforts.

In the below talk, I pointed to some elements of this broader context, aiming at “de-provincializing” the Syrian condition (I borrow the term from my friend Joachim Häberlen) in what looks more and more to be a Syrianized world.]

Allow me, first, to state some basic temporal observations about Syria. The Assad family has been ruling the country for half a century already longer than the GDR’s reign in East Germany, and the time of apartheid in South Africa. In these five decades, Syria has witnessed two internal wars, aside from its 1973 war with Israel: the first Syrian war (SWI) of 1979-1982 and the second Syrian war (SWII), which has now been ongoing for almost ten years—about the same as WWI and WWII combined. In the context of SWI, tens of thousands spent periods in jail longer than the entire Third Reich era of German history. I was one of them. The victims of SWII number in the hundreds of thousands, amounting to perhaps 3% of the total population killed, and an unknown number of people arrested, tortured, and disappeared. During the trial currently underway in Germany’s Koblenz, a Syrian gravedigger spoke in his testimony about “millions” of corpses. I cannot vouch for this number myself, but I do believe we don’t really know the full range of torture victims. In a report released in August 2020, the Syrian Network for Human Rights estimated the number of forcibly-disappeared persons in Syria at close to 100,000. I, for one, fear many of them are no longer alive.

Moreover, the dynastic rule of the Assads is guaranteed, for the time being, now that it has become an openly de-nationalized Russian-Iranian protectorate. After all this bloodshed, this shift may reinvigorate the regime, and extend the lifetime of its killing machine for another generation or more.

But what was it in the first place that led to this complex and chronic national and citizenship crisis in the oldest Arab republic?

In part, it was the politics of prison, where prison is a fundamental political institution, the function of which is to de-politicize the population indeed to politicide 彼ら。 The concept of politicide was introduced in political science in the 1980s to conceptualize murdering people en masse for their political affiliations, rather than for the national, ethnic, racial,or religious identities mentioned in the Genocide Convention adopted by the UN in 1948. However, I apply the concept to the murder of people politically, with or without also murdering them physically. Throughout the 1980s in Syria, both forms of politicide were practiced: the leftists were killed politically, while the Islamists were killed both politically and as a political community. Yet to say this is to risk masking the fact that all Syrians at large were also subjected to politicide. There was scarcely a single Syrian who did not experience the regime’s security apparatus in some form whether they were summoned to one of the sprawling archipelago of security branches, or underwent a “security study” while at university, or when applying for a job, or a passport. The (in)famous “wall of fear” is internalized fear, taking the form of a solid barrier that separates people, at times even within the same family.

Yet prison is only one component of an all-encompassing complex: torture, rape, massacres, and disappearances are other methods of politicide practiced—always with full impunity for the perpetrators.

The word “jail” itself can be misleading in the Syrian context. One might differentiate between outer jails and inner jails, in parallel with the differentiation between outer and inner states. (The former is primarily the government, which lacks real power, while the latter is a political-financial-security complex representing the true seat of power.) The outer jails are those in which inmates’ relatives know their whereabouts, and may even visit them regularly. In these jails, physical punishment is rare. The inmates of inner jails, by contrast, are fully separated from the outside world their whereabouts unknown to their families, who don’t even know if they are dead or alive. In these jails, the hungry and hopeless inmates are tortured at random. They are not jails at all, in fact, but torture and extermination camps. They were the habitat of most Islamists. In the years of Assad père, the inner prison/camp was Tadmor, while in his son’s era it has been Saydnaya. Muslimiyah and Adra are outer jails. Elsewhere, people are also incarcerated in the security branches for periods of weeks, months, or even years. The veteran communist Riad al-Turk spent seventeen and a half years in one such place. After the uprising in 2011, these too became killing fields.

Indeed, after 2011, the inner jail system became the norm. Now, detainees may be ordinary people, neither affiliates nor sympathizers of political parties. The terrible story of Omar Alshogre deserves to be seen and heard by everybody (there are plenty of videos about him on YouTube). This teenager from the village of al-Bayda in Tartous governorate—which was the site of a large massacre in May 2013, when some 250 civilians were butchered by pro-regime militants—was arrested no fewer than seven times. His final detention was in the notorious Saydnaya prison, where he spent three years. He was only released after his mother paid 20,000 US dollars to a security officer. His father, two of his brothers, and many of his cousins were all killed in massacres, or under torture in prison. Today he is still just 25, in his first year at Georgetown University in Washington, D.C.

For the benefit of those who know little about Syrian politics in the Baathist era, one might mention in passing another politicidal institution in the country, represented by the so-called National Progressive Front that was established in 1972, ostensibly as an umbrella for political participation. In effect, this golden jail was merely a parallel form of political death, added to the archipelago of detention centers. The difference was that this apparatus was for those who showed readiness to commit self-extermination. I mention this worthless institution only to say that Syria at large was a giant prison even before the uprising in 2011, and all the more so thereafter. Nobody lived outside of this jail, including the regime loyalists.

This metaphor of the giant prison, or greater jail, was seemingly introduced after so many people were released from prisons. It implies a widespread experience in smaller jails the many prisons in which Syrians from various backgrounds spent years. It means also that prisoners were in fact never released the release of political prisoners was merely a transition from one cell to another, albeit a far larger one. The regime itself was keen to depict it this way, by talking about a “presidential amnesty” every time someone was let go. You are not out of jail because this is your right, but because the merciful fatherly president has deigned to pardon you.

The greater jail also means that getting out of a smaller jail is not a story of freedom, or a victory for those struggling for a Syria without political imprisonment. Another implication is that jail is no longer an exception an unfortunate experience that strikes a minority of people. It became the rule, the general law under which the entire population lives.

The greater jail captures well the Syrian condition of politicide. I heard this expression from Riad al-Turk, who spent his days in solitary confinement. But it appears to exist in the Egyptian context as well. The young Egyptian writer and ex-prisoner Ahmed Naji referred to his country as a greater jail in his recent book, Hirz Mkamkim。 The structures of the political imaginary tend to be identical in the Arab world.

After the Syrian uprising, the aforementioned politicidal complex of detention, torture, rape, massacres, and disappearance has acquired far more brutality than it had in the first round—the SWI. It has turned into what Jules Etjim calls a thanatocracy rule by the production of the violent death of the ruled. What one must conclude from the politicidal complex is that the Syrian experience over the past half-century does not belong to the general category of oppression, or dictatorship, or even the post-Stalinist form of Soviet totalitarianism. Instead, it belongs in the exterminatory category that of Nazi Germany and Stalinist Russia. This is important, because prior to the Syrian uprising, we tended to think of Syria as merely a semi-totalitarian regime, like the GDR. It took us several years after the uprising to re-think these issues, and we have still not developed the literature to position Syria within the context of genocidal and exterminatory states. This line of thought and sensitivity deserves more attention from us Syrians in the diaspora.

The idea of a greater jail, and lifelong imprisonment therein, must be kept in mind in order to understand the huge Syrian exodus starting 2013 to countries close to Syria and further away. This exodus came after the window of hope that was opened by the Syrian uprising for a year or two was decisively closed. Approximately 30% of the population fled the country, and it is quite certain that even more would leave if they had the chance. The country has become a homeland of homelessness and hopelessness, with not even the slightest promise of justice. A whole half-century without change an eternity is a fountain of very heavy despair.

What the various different sites of the Syrian geography of terror all have in common is that you are denied the slightest knowledge about your fate. Either you are never brought to court, or it happens only after many long years of detention. Even if you get a sentence, there is no guarantee you’ll be released when it is finished. Jail has never been a legal institution in Assad’s Syria it is a political one, with an inherent unpredictability being an integral part of its politics. The regime is designed in a way that denies the population the ability to predict and plan for their future, occupying for them the role of an unreadable deity. The terrorist impact of not knowing what will happen to you the absolute unpredictability has always been a very powerful method of politicide. It has a destructive impact on families and societal ties, in addition to its yield of despair.

I conclude by returning to the temporal observations made at the beginning, to give an idea about the structure of time in the greater jail. The observations give an impression of slow time, marked by absence of change. In truth, the Syrian abad (eternity) is achieved by a dynamic of ta’beed: eternalizing. There are great differences between exterminatory and “merely” oppressive regimes, and the politics of eternity are an essential example. In Arabic, there is an etymological connection between abad (eternity) and ibada (extermination) an observation that supports a hypothesis that staying in power forever is impossible without a permanent threat of massacres, each one larger than the last, in a process leading inexorably to yet larger ones. This is perhaps an additional difference between the politics of extermination and “merely” dictatorial government.

Through abad and the greater jail, the Assadist thanatocracy has created hitherto unimagined possibilities for politiciding people a fact which has already empowered other juntas ruling in the Middle East, and rendered popular movements even weaker. Sisi’s Egypt is on the same path.

Throughout these 50 years, or rather 57 years (96% of Syrians are under 60), Syrians have lived in a peculiar kind of present unable to foresee the future, and denied any promise of change, on the one hand, while on the other hand unable to forgive, not only because they have not been invited to, but also because of the unpunishable nature of the crimes committed against them (I refer here to Hannah Arendt). It is like being besieged by two of Walter Benjamin’s angels of history one preventing the past from passing, and another preventing the future from arriving. This is the structure of time in absolute or inner jails, where the space is shut out of the world, and time weighs crushingly heavy over the inmates.

However, it is not a matter of the absence of change in Syria, but rather the absence of Syrians from change. In the last decade, Syria has changed far more than we wanted, and than the regime ever thought it would. And the process of change is still ongoing. What is more sinister than this change is this insidious continuity of the exterminatory machine, and the fact we cannot promise ourselves, nor hope for anybody to promise us, that the woes we have suffered are the worst we will suffer that the worst is behind us. The words “never again” are still yet to be said in Syria.

Yassin al-Haj Saleh is a Syrian writer, former political prisoner, and co-founder of Al-Jumhuriya. His latest book in English is The Impossible Revolution: Making Sense of the Syrian Tragedy (2017)。 He is @yassinhs on Twitter.


コピーを入手


Revival and onslaught of attacks

In the summer of 2010, the group began to assassinate individuals, typically police officers, and also attacked larger targets. One early operation that garnered widespread attention occurred in September 2010, when the group attacked a prison in the city of Bauchi, in Bauchi state, and released more than 700 inmates, including some 100 Boko Haram members. Later that year, on Christmas Eve, the group attacked two Christian churches in Maiduguri and detonated explosives in Christian neighbourhoods in Jos, in Plateau state, the latter attack killing more than 30 people.

Boko Haram’s attacks increased in frequency and magnitude, killing and injuring many. The attacks occurred primarily in Nigeria’s northeast, north-central, and central states and typically focused on police, military, and government targets, as well as Christian churches and schools and Muslim individuals who were critical of the group. On August 26, 2011, the group struck its first high-profile international target within Nigeria when a suicide bomber crashed a car into the United Nations building in Abuja and detonated an explosive, which killed at least 23 people and injured more than 100 others. One of Boko Haram’s deadliest attacks occurred on January 20, 2012, when more than 185 people lost their lives after group members launched coordinated attacks in the city of Kano, in Kano state, targeting police stations and government offices.

After its 2010 resurrection, Boko Haram’s membership and organizational structure were not clear. The group reportedly had begun splintering into multiple factions sometime after Yusuf’s death, with the main faction being led by Shekau. Security reports indicated that Boko Haram had links with other terrorist networks such as al-Qaeda in the Islamic Maghrib (AQIM) and al-Shabaab in Somalia. In February 2013 some Boko Haram members reportedly began operating in neighbouring Cameroon.

The shadowy nature of Boko Haram as well as its resilience made it difficult to craft an effective strategy to end the group’s campaign of terror. The Nigerian government initially responded by pursuing a strategy of military confrontation. This did little to end the attacks, though government forces were eventually somewhat successful in driving the group from larger cities. In 2013 it was apparent that Boko Haram had taken over many rural local government areas in northeastern states, where they were able to gain strength. Also troubling was the manner in which government security forces pursued the group, a manner that was often rife with extrajudicial violence and killings, and troops did not always discriminate between group members and civilians. Such methods heightened tensions in a country already on edge from Boko Haram’s attacks and elicited widespread condemnation from human rights groups.

In April 2013 Shekau dismissed a proposal from Nigerian Pres. Goodluck Jonathan to grant amnesty to Boko Haram militants if they disarmed Shekau declared that Boko Haram members had done nothing for which they needed amnesty. The next month Boko Haram launched a series of coordinated military-style attacks in the town of Bama, in Borno state. The attacks left more than 50 people dead and destroyed numerous police, military, and government buildings. The group also released more than 100 inmates from a prison in the town. In response, the government launched its largest-scale military offensive against Boko Haram to date, employing thousands of troops on the ground and a campaign of air strikes to combat the group. In spite of the military’s actions, Boko Haram continued with its horrific attacks—including many on schools—resulting in more than 1,200 deaths by the end of 2013.

On the heels of the military offensive, in June President Jonathan had officially declared Boko Haram a terrorist group and banned it under Nigerian law, which meant that group members and anyone caught aiding them would be prosecuted under the country’s Terrorism Prevention Act. The new legal designation was expected to make it easier for authorities to prosecute members of the group legally.

Boko Haram’s attacks persisted into 2014, particularly in the northeast, as the group raided villages and terrorized and murdered civilians with increasing frequency. The group also killed hundreds of people by detonating bombs in large towns and cities, including Abuja. Boko Haram continued to target schools, such as in the February attack on a college in Yobe state where some 50 male students were killed and the college was virtually destroyed. The group drew worldwide condemnation after it perpetrated a mass kidnapping of more than 275 girls from a boarding school in Chibok in Borno state in April, which generated an increase in offers of international assistance to Nigeria as the country attempted to quell Boko Haram’s acts of terror. In May the United Nations Security Council imposed sanctions on individuals in Boko Haram, freezing assets and issuing travel bans and an arms embargo. However, given the group’s informal structure, the sanctions had no discernible effect on Boko Haram’s operations. The group continued its attacks and expanded the territory it occupied. In August 2014 Boko Haram declared the area under its control to be an Islamic state.


Orwellian Ramifications Begin to Unfold in Syria

Turkey is making a tactical mistake by supporting terrorism in Syria and supplying them with weapons, military training and human resources.


(TEHRAN) - There is horrible speculation that the insurgents in Syria may have seized hold of chemical weapons.

Apart from the catastrophically unthinkable havoc the rebels can wreak in Syria and in the region with the WMDs, the rhetorical question which remains is how these weapons of mass destruction have fallen into the hands of the insurgents who are chiefly composed of Wahhabi al-Qaeda mercenaries of different nationalities including Afghans, Iraqis, Turkish, Yemenis, Jordanians, Pakistanis, and Saudis.

The situation in Syria is assuming Orwellian ramifications and the possibility to clearly understand or dissect the situation in the country is not an easy task.

In addition to the active role the Saudi-backed Wahhabis, CIA and some western intelligence organizations are playing in Syria, there is one entity, namely Israel which is stealthily espying every single development in Syria.

Intelligence Agencies Minister Dan Meridor

For the first time, an Israeli spy official clearly stated that Israel supports regime change in Syria and that it really demands an end to the government of President Bashar Assad.

“I hope it will happen, even though I don’t know when or how,” Intelligence Agencies Minister Dan Meridor said on Tuesday.

The top spy chief implicated why Assad should go and how it would damage the Islamic Republic of Iran.

“I am not going to try to calculate when Assad’s end will come, but when it happens, Iran’s biggest ally will be gone.”

Taking it for granted that Assad is doomed to go, he said, “I hope the new Syria will understand that joining Iran is a mistake that brings isolation from the Western world.”

Such a feeble perception of the Syrian situation is indicative of one who is either too optimistic or one who is well aware of what is going on behind the scene and that which is not visible to the ordinary people with no intelligence savvy.

Furthermore, Dan Meridor does not seem to understand that the situation in Israel is spiraling out of control with people protesting against social injustice almost on a daily basis. Since last month, four Israelis have set themselves ablaze from an extremity of despair.

John McCain, Lindsey O. Graham, Joseph I. Lieberman

On August 5, John McCain and Lindsey O. Graham, both Republicans, who represent Arizona and South Carolina in the Senate, respectively and Joseph I. Lieberman, an independent, who represents Connecticut in the Senate advised the US government to directly and openly provide assistance, including weapons, intelligence and training, to the insurgents in Syria as they claim President’s Assad’s ‘brutality’ is no longer to be tolerated.

“It is not too late for the United States to shift course. First, we can and should directly and openly provide robust assistance to the armed opposition, including weapons, intelligence and training. Whatever the risks of our doing so, they are far outweighed by the risks of continuing to sit on our hands, hoping for the best.”

Another part of this sabotage axis against Syria is Turkey which plays a very treacherous role in snowballing the Syrian crisis. Turkey has supplied the rebels with dozens of man-portable air defense systems (MANPADS).

According to NBC, the missile supplies might have been provided by Turkey, Saudi Kingdom and Qatar monarchy, the three countries which have made strenuous and costly efforts to overthrow the government of Bashar Assad.

In a press conference at the United Nations in New York City, a Syrian UN representative announced that Turkey shipped US-made Stinger anti-aircraft missiles to rebels via Turkey, saying that Turkey was pleased with Kofi Annan’s resignation because Ankara and Washington were initially opposed to his six point peace plan.

Courtesy: nationalinterest.org

In fact, Turkey should be grateful to Syria what it has done for it in the past. It is acknowledged by many pundits that it was Bashar’s father Hafiz Assad who made peace between Turkey and the Kurds living on both sides of the country, thereby vaccinating Turkey for years against any attacks on the part of the Kurds.

The antagonistic policies of Turkey have left President Bashar Assad with no choice but to grant autonomy to the Kurds in Syria who can foment dilemma for the Ankara government and get Prime Minister Tayyip Erdogan into hot water.

The ongoing Kurdish insurgency has reportedly claimed the lives of at least 48000 over the past two decades.

Prime Minister Recep Tayyip Erdogan is sharply aware of what a deep impact this decision can exercise on the security of Turkey.

He claimed the two groups had built a “structure in northern Syria” that for Turkey means “a structure of terror.”

Turkey is making a tactical mistake by supporting terrorism in Syria and supplying them with weapons, military training and human resources. Turkey will certainly fall into the pitfall it has dug for Syria and the insecurity it envisages for Syria will ultimately recoil against the government itself.

As for Washington and NATO, they are making a selfsame mistake.

The two are fondling terrorism and extremism by throwing support behind the insurgents in Syria. They know that a popular uprising in the true sense of the word is not clearly discernible in Syria and that what has been taking place in Syria is a string of militancy and terrorist operations funded by the Saudis and the Qataris and some western countries who are waiting to reap the benefits of their atrocities in case Bashar Assad’s government collapses. Such a day, if it comes, will open a new chapter of horror in the Middle East with no end in sight.

The unfurling reality is that the hostile states and powers antagonizing Bashar Assad are gradually getting caught up in the labyrinthine Orwellian pitfall of their own folly and that they are consciously or unconsciously working in the best interests of the Zionist regime.

Dr. Ismail Salami is an Iranian writer, Middle East expert, Iranologist and lexicographer. He writes extensively on the US and Middle East issues and his articles have been translated into a number of languages.

Dr. Salami examines the historical developments that impact national relations today, and the way western people view Iran. Salem-News.com has carried stories from Iranian writers for years and the critical politics have been and remain under our microscope of truth and fair play. This is essential in a world teetering on the brink of a third world war, over continual unfounded allegations of Iran's development of enriched uranium for a nuclear bomb.

The stark irony of the story is that Iran's primary accuser, Israel, is in possession of hundreds of nuclear weapons, the very type they accuse Iran of "plotting" to develop. In truth, Iran has almost no history of aggression toward the United States.

Misinformation shapes opinion, and a large percentage of Americans have never been provided accurate information about the history of Iran and the western powers and their eternal quests for cheap oil. They don't comprehend the fact that Iran was ruled by the west, by proxy, throughout the years of the Shah, and that this only ended with the Islamic Revolution in 1979.