ウィリアム・マーシャル卿の墓

ウィリアム・マーシャル卿の墓


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ペンブルック伯

NS ペンブルック伯 (ウェールズ語: ペンブルック伯)は、12世紀にイギリスのスティーブン王によって最初に作成されたイギリス貴族の称号です。ウェストウェールズのペンブロークシャーであるペンブロークに関連するタイトルは、当初から10回再現されています。新しい最初の伯爵から始まる各作品で、ペンブローク城の元の座席はもはやタイトルに付けられていません。

2018年[更新]の時点で、伯爵の現在の所有者は、タイトルの10番目の作成であるペンブロークの18番目の伯爵であるウィリアムハーバートです。過去400年間、彼の家族の居城はウィルトシャーのウィルトンハウスでした。 1605年以来、ペンブルック伯爵も称号を保持しています。 モンゴメリー伯爵。これは、1630年に第4伯爵として成功する前に、ヘンリーハーバートの第2伯爵であるヘンリーハーバートの次男のために作成されました。現在のペンブルック伯は従属称号も持っています。 カーディフのハーバート男爵、グラモーガン郡のカーディフ(1551)、 シャーランドのハーバート男爵、ケント州のシェピー島のシャーランド(1605)、および リーのハーバート男爵、ウィルト郡のリーの(1861)。イギリスの貴族にあるリーのハーバート男爵を除いて、すべてがイギリスの貴族にいます。

1532年9月1日、ヘンリー8世は、将来の女王アン・ブーリンのためにペンブロークの元の侯爵を作成しました。この栄誉は、15世紀にペンブローク伯爵であった王の大叔父ジャスパーテューダーと、1457年1月にペンブローク城で生まれた彼の父ヘンリー7世を称えたものです。


ターブスの墓

ターブスの教会は、西暦600年頃にレンスターからやってきた聖マーデバーによって設立されたと考えられています。1500年代後半に建てられたターブスの墓は、教会の唯一の生き残った断片です。

トルクホン城の建設を終えたばかりのマスターメイソン、トーマスライパーによって建てられました。これは、ウィリアム・フォーブス卿と彼の妻エリザベス・ゴードン、トルクホンの家主であり女性の最後の休憩所となる予定でした。

墓は教会に追加された2つの通路のうちの1つにありました。 1732年に書かれた記述は、1つはハドのゴードンのためのものであり、もう1つはトルクホンのフォーブスのためのものであったことを示しています。

トルクホンの墓

赤い砂岩で造られた墓は、ほぼ完成しています。その胸にはアーケードのゴシック様式の正面があり、囲んでいるアーチには重いゴシック様式の尖頭があります。

ウィリアム卿とエリザベス夫人は、アーチを支える肖像画の小像に描かれています。ウィリアム卿はフラットキャップ、ラフ、パフとスラッシュのダブレットとニーブリーチを身に着けています。エリザベス夫人は、フルスリーブとラフの長い刺繡のガウンを着ています。

アーチの上には、カップルの紋章の成果があります。墓に刻まれているのは:

  • ウィリアム卿の腕は、1400年代初頭に結婚してトゥルクホンを買収したプレストンの腕と4分の1になっています。
  • モットーSALVSPER CHRISTVM、または「キリストによる救い」
  • エリザベス夫人の腕、夫の腕と四分の一
  • モットーDOCHTERTO LESMOR –エリザベスはレスモアーのゴードンの娘でした

墓は、おそらく1530年代に建てられた、セントマカー大聖堂のギャビンダンバー司教の墓に触発されたようです。


ブロックディッシュ

東に隣接する次の町で、そこを通って大きな道が通ります。 ヤーマス その左側には教会が立っており、それ自体が丘の上にあり、その近くには家はありませんが、 牧師館、教会の墓地の東側に合流します。聖職推挙権は常に伯爵のものでした マナー ここで、それは今も続いています。

ノリッジで Domesday 私たちは読んだ、それ 牧師 家と30エーカーの土地があり、15マルクと評価され、現在のように支払われました。 シノダル 1NS. 9NS。調達 6NS. 8NS。および12NS. ピーターペンス。それは王の中に立っています したがって:

そして結果的に支払う ファーストフルーツ、および拡張することはできません。教会はグリーブに含まれており、前述の調査が行われたときとほぼ同じ量です。ノーフォークにあります 大執事、Redenhall 首席司祭、 と 公爵 ノーフォークの 自由、彼は持っていませんが レテ、ウォーレン、パラマウントシップ、 また 優れた管轄 この町では、町の邸宅と一緒に家族によって全部が売られていました。

1603年には103人の聖体拝領があり、現在は50家族がおり、約300人の住民が古代に置かれていました。 10分の1 4時l。しかし、14の一定の控除がありましたNS。宗教に属する土地のために、それぞれへの特定の支払い 10番目、3でしたl. 6NS.

NS 聖の 信仰ホーシャム ここの所有地は2で課税されましたNS. 6NS。 1428年に。

NS セットフォード 僧侶はここにの贈り物の土地を持っていました リチャードデカドモ また カーム、(fn。1)誰が彼らに土地を与えたのか ブローケディス、そして王の時代に、20頭の豚を維持するのに十分な木材 ヘンリー I.ウィリアム・ビゴットが 下水道 その王に、この修道院にすべての土地を与えました シレハム、それらの僧侶から今呼ばれています 僧侶ホール マナー、そして 水車 そこにすべて ハーバート の司教 ノリッジ 他の土地と引き換えに、彼は父親に伝えられ、彼はこれまでと同じように十分な方法でそれを保持することになっています ハーバート 牧師はしましたそしてで リック。 2回目は、僧侶が湿地を購入しました。 ブローケディス、の助成金に含まれていない彼らの工場への道を作るために 僧侶ホール マナーから 。 VIII。公爵に ノーフォーク、ウィリアム・グリス、Esq。と チャールズニューコメン彼らが王冠から隠されているのを見つけることができるような土地の許可を持っていた、それ自体でこれを押収し、そうすることで、工場の所有者は彼らの名前でそれらを購入する義務がありました セットフォード-ミルウェイ、そしてそれはそれ以来ずっと所有しており、その所有者によって絶えず修理されています。

Brockidishの学長。

12 ----サー ラルフ・ド・クレーピング、牧師。

1313年、サー スティーブンバイゴッド。王様、このターンのために。

1324, ニック。ルマレシャル。トー。伯爵 ノーフォーク元帥.

1326, マシュー・パウマー、 また パーマー。同上。彼はのために変わった ケインフィールド-パルバロンドン と主教区

主人 ロバート・デ・ヘイルズ。同上.

1333, ジョン・デ・メルバーン。同上.

1355, ロジャー・デ・ウォンブウェル。レディ エレノアトーマス・デ・ウィングフィールド、サーの弁護士 ジョン・ウィングフィールド、Knt。

1356, John Knyghtエクセター。メアリー伯爵夫人-元帥、未亡人 トー。デブラザートン、王の令状によって聖職推挙権を取り戻した、サーに対して J.ウィングフィールド、Knt。と トーマス 彼の兄弟、 ウィリアム・デ・ランペットアリス 彼の妻、そして キャサリン 彼女の妹、そしてそう ウォンブウェル 排出されました。

1357, ジョン・デ・エスターフォード。メアリー伯爵夫人-元帥。彼は辞任した

1367年から ジョン の息子 キャサリン・ド・フレンジ、そして彼は

1368年から ジョン・シワード。ウォルターロード卿 マニー.

1382, ジョン・デ・バルシャム、誰が ストウ NS。 マイケルエクセター 教区、

バルトロマイポーター。マーガレット元帥、伯爵夫人 ノーフォーク.

1405、サー ジョン・ダリンゴRedcnhall。エリス。ダッチェスの Norf。彼女の持参金の右側に。

1417年、彼はと交換しました Thomes Barry、司祭、の代役のために Berkyng の教会 ロンドン。ジョンランカスター、リック。 Sterisacre、およびRob。サウスウェル、ジョン・デュークの弁護士 ノーフォーク、EarlMarshalおよび ノティンガム、海の向こうにいた人。 バリー 辞任

1422年、サーに トーマス・ブリッグス、牧師を亡くした司祭。 同上.

1454年、サー 編。白い、司祭。ジョンデューク Norf。軍務伯と ノティンガム、元帥 イングランド、 主 モーブレー、セグレイブ、 と ガワー。彼は辞任した

1455年、サーに トーマス・ホルム、司祭。 同上。そして彼は

1478年から ジョン修道女。 NS キング、後見人として リチャード 公爵 ヨークノーフォーク、およびレディ アン 彼の妻、娘、そしての相続人 ジョン 故公爵 ノーフォーク.

1491, ジョン・メネ 彼は別の恩恵を受けるために組合を持っていた。

1497, ジョンロジャース、A。M.Eliz。ダッチェスの ノーフォーク。彼は辞任した

1498年、サーに ジョン・フィスク、司祭、ダッチネスの牧師。 同上。その死で

1511年、サー ロバート・ギリン、トーマスアールの牧師 サリー、その伯爵の贈り物のそれを持っていた:彼はによって引き継がれました

ウィリアムフラットベリー、牧師に トーマス 公爵 ノーフォーク、彼が辞任したことを彼に提示した

1540年、サーに ニック。スタントン、彼の常連客、トーに牧師。公爵 Norf。主会計と軍務伯、そして後継者

ウィリアム・ハイド、司祭。 同上。彼は辞任し、公爵はそれを

1561年、サーに ジョン・インマン、ここに埋葬された司祭 8月. 1, 1586.

1586, 8月。 4、マスター リチャードギブソン 埋葬された 10月。 1、1625年彼はロバートニコルズによって提示されました ケンブリッジ、GentのWilliam leGriceからターンを購入する。とヘスタールグリス、の妻 チャールズ・ル・グリス、ゲント。真の常連客。

1625, ウィリアム・オウルズ、それを団結させた人 ビリングフォード。のジョンナップ ブロックディッシュ、このターンの付与によって。彼は成功しました

1645年、 ブライアンウィザレル、そして彼は

氏。 ジェームズ・オルドリッチ、牧師を亡くした人 11月。 1657年10月10日、その時から誰かがそれを制度なしで保持し、王政復古まで、そしてその後後退した。

1663, 5月 14、このターンのパトロン、サー・オーガスティン・パルグレイブ、右 キャサリン 彼の妻は、提示されました ジョージフィッシュ、最後の現職の割譲で、彼はここに埋葬されました 10月. 29, 1686.

1686, トーマス・パルグレイブ、 午前。ここに埋葬 行進 24、1724年。フラン。ローレンス、ゲント。

1724, アベルホッジス、A.B。彼はそれを団結させた ターストン、そして1729年に亡くなりました。このターンの薬剤師、リチャード・ミーン。

1729, リチャードクラーク、 NS。 B.が設立されました 12月。 3、そして約6週間後に死亡した。のエレンローレンス夫人 キャッスルエイカー、未亡人。

1730, アランフィッシャー。同上。彼は辞任した

1738年、後継者 ロバート・ローレンス、A。B。の カイウス 内陣の南東の角に埋もれて横たわり、成功した大学

1739年、 フランシス・ブロムフィールド、店員、プレゼント 牧師、それを統一して保持する人 フレスフィールド 前述のエレン・ローレンス夫人によって提示された牧師館。

教会は使徒聖の名誉に捧げられています。 ピーターポール、そして高さ約16ヤードの正方形の塔があり、その一部は1714年にレンガで再建され、3番目の鐘は5つあり、これは プラム 引き換えに、これを持っています

サンクタマリアオラプロノビス.

そして4番目はこれです、

Uirgo Coronata duc nos ad Regna beata.

身廊、内陣、南の島が先導され、南のポーチがタイル張りになり、北のポーチが台無しになります。この内陣の屋根は、屋根に合うように、左右に継ぎ目のない木全体であり、上昇するように曲がっているそのプリンシパルで注目に値します。内陣の長さは30フィート、幅は20フィート、身廊の長さは54フィート、幅は32フィート、南の島の長さは同じで幅は10フィートです。

身廊の西端には、このように刻まれた黒い大理石があります。

ここでリースはの体を埋めました リチャードワイス ゲント。この人生を去った人の6 9月。 64年4ヶ月9日生きた1671年。

この家族は最近までここに住んでいます。 Edw。第三の時代であり、ここと隣接する村にはかなりの土地がありました。彼らの腕、巻を参照してください。 iv。 NS。 135。

机の近くの別の大理石にはこれがあります、

この場所の近くに横たわっています エリザベス の妻 ジョン・モールトン ゲント。誰が死んだ 10月。 1716年31日、32歳。そしてここに嘘 メアリー の故妻 ジョン・モールトン、誰が死んだ 行進 20、1717、27歳。そしてここでもジョン・モールトン・ゲントの体を溶かします。誰が死んだ 六月 1718年12月、38歳。

モールトンの 腕と紋章はvol。 iv。 NS。 501。

北の窓にはの腕があります デラポール クォータリング ウィングフィールド.

1465年、 ジェフリー・ワーリッシュブロックディッシュ ここに埋葬され、1469年に John Wurliche 身廊に埋葬され、尖塔の底を舗装するための遺産を残しました。 1518年、 ヘンリー・ボーケナムブロックディッシュ 多くの人がそうであったように、教会に埋葬されました スポルディング、(fn。2) Withes、Howards、Grices、Tendrings、 と ローレンス 彼らは皆、この町でかなりの所有者であり、著名な家族でした。

南島の東端にある礼拝堂はサーによって作られました ラルフテンドリングブロックディッシュ、Knt。その腕はこの日、三日月のあるものとないもので、東の窓に残っています。 az。フェスで、 つまり。 az。 2つのシェブロンの間のフェス arg.

彼の祭壇の記念碑は、東の壁、北と南に立っており、一種の キューポラ その上に、聖水が止まり、それが捧げられた聖人の像のための台座が立っているので、それは墓と祭壇の両方に役立ち、真鍮の腕と境界線は失った。

北側の礼拝堂と身廊の間には、別の祭壇の墓があり、身廊、島、内陣の他のいくつかの石と同様に、多くの真ちゅう製の腕のプレートとその外接を取り除いた最も奇妙な大理石で覆われています。これはの墓です ジョン・テンドリングブロックディッシュ-ホール、Esq。 1403年にそこに住み、1436年に亡くなり、5人の娘を相続人として残したため、彼はこの支部の最後の男性でした。 テンディング。セシリー 彼の妻は彼に埋葬されています。

祭壇の南側の東の内陣の壁には、これが付いた白い大理石の記念碑があります、

ドミノのオブドルミット・ヒック、クリスト・エクスペクタンスのレタム、ロベルトゥス、 ロベルティ ローレンス、acAnnæUxorisejus、Filius、hujusceEcclesiæde ブロックディッシュ コミタトゥスで Norfolciensi 学長、ejusdemVillæDominus、acEcclesiæPatronus、jure hereditario(sivixîsset)Futurus Sed ah! Fato nimium immaturoabreptusCœlestiaperSalvatorismerita sperans、Terrestria omnia、Juvenisreliquit。 12月31日。 AnnoæræChristianæmdccxxxix o 。 Ætatisxxv o 。マリア、unicaSororetHæres、 ロベルティ・フランクリング Generosi Uxor、Fraterni Amoris hoc Testimonium animo grato、MemoriæSacrumposuit。

1.ローレンス、 arg。十字架が荒れ狂う ガル。チーフに ガル。ライオンの通行人の守護者 また.

2. Aslack、 サブ。シェブロン erm。 3つのキャサリンホイールの間 arg.

3. Lany、 arg。 2つのde-lisesの間の曲がり角 ガル。違いのためのフィールドのボラ。

4.クック、 また、シェブロンに巻き込まれている ガル。 3つのキジムシロの間の違いのためのフィールドの三日月 az。 2番目の首長、最初のライオンの通行人の守護者。

5.ボフン、 ガル。三日月 erm。マートレットのオールで また.

6.バードルフ、 az。 3つのキジムシロ また.

7.ラムジー、 ガル。 3つの雄羊の頭の間のシェブロンがカボチャになっている arg.

クレスト、適切なグリフィンの聖人。

この記念碑の下の平らな石の上に、このように刻まれた真鍮のプレートがあります、

SacrumhocMemoriæ ロベルティローレンス Armigeri、qui obijt xxviij o 死ぬ ジュライ 1637, エリザベス Uxor ejus、フィリア Aslak Lany アルミゲリポスーツ。

真ちゅう製のプレートの腕は、

ローレンスがラニーと彼のクォータリングを突き刺し、 つまり、. 1, ラニー. 2, Aslack. 3, クック. 4, ボフン。 5、9つのde-lises、3、3、および3.6。 バードルフ. 7, チャールズ。 8、シェブロンで3つのde-lises。 9、 ラムジー. 10, テンドリング。 11、2つの紋章のコルネット。 12、 Wachesam、arg。フェス、主に2つの三日月 ガル。 13、横行するライオン。 14、 ラニー.

これの写真があります ロバート 1629年に描かれた、æt。 36.彼は、1634年に教会の北東0.5マイル近くにあるホールを建設し、古いものの近くに配置しました。 サイトBrockdishe's-hall の座席 テンドリングこれが建てられたときに古いホールから取り出された腕は、窓に固定されていました。この男と彼の妻の腕、そして彼らの四分の一のいくつかは、部屋の腰板に刻まれています。

教会の墓地の南側には、黒い大理石で覆われた祭壇の墓があり、

Sayer、またはSawyer、 ガル。チーフ erm。そして、適切な3つの縫い目の間のシェブロン。

クレスト、ドラゴンの頭を持っている手が適切に消去されました。

の記憶へ フランシス 後期の妻 リチャードタビー Esq。 1728年12月22日、60年にこの人生を去った人NS 彼女の年齢の年。

そして隣接するのは別の祭壇の墓です、

リチャードタビーEsqを偲んで。 (fn。3)12月10日に亡くなった人NS。 1741年、80年NS 彼の年齢の年。

教会の庭には他に2つの祭壇の墓があります。1つは氏のためのものです。 リッチ。シャトン、および別の エリス。の娘 ロバートエリス。ハーパー、1719年に亡くなり、8歳でした。

町の名前は、 ウェイブニー また Wagheneye、この郡を サフォーク この川の場所の名前から明らかなように、その反対側として、そのチャネルは現在深くて広いですが、当時は何もありませんでした 、現在は シレハム、(しばしば書いた セイルホルムEdw。 3回目)は間違いないことを示していますが、その後、大型ボートやバージが ここまで、そして海まで引退して海まで続けた ヤーマス、そしてそのコースは近くで停止しています ローストフトは、これまでのところ川にそれほど影響を与えていませんでした。以前は水が引退し、水路の両側に多くの土地が乾いたままになっていますが、それはとても良い小川なので、今でも簡単にできるかもしれません。 、ここでナビゲート可能にすると、それは良い仕事であり、すべての隣接する国にとって非常に有利です。その[Brod-dic]は、 ブロードディッチ、は非常に明白であり、òの終了は、 eau、または水を追加すると、 水の広い溝、明らかです。

告白者の時代の前は、この町は2つの部分に分かれていました。 スティガンド 所有しているもの、およびの修道院長 埋め込む 他の前者はその後呼ばれました アールズマナー、伯爵から ノーフォーク およびその他 Brockdisheの-町から名付けられた古代の領主からのホール。

NS 優れた 管轄、 レテ、およびすべて 使用料、に属していた アールズ 常に百のマナーが開催されました アーシャム、に属していたその部分を除いて 埋め込む 修道院、そしてそれはの領主のものでした Brockdisheの-ホールしかしいつ アールズ マナーは公爵によって売却されました ノーフォーク、ゲーム、釣り、&ampcのすべての使用料。と一緒に レッツ、 の眺め 十人組、&​​ampc。彼の百から無料で免除 アーシャム、そして2つの邸宅が今のように結合され、全体が町の領主を中心になりました。 唯一 の管轄 レテ、それに属し、小教区全体が自由保有権であり、すべての死または疎外時に、新しいテナントは 安心 今年に追加された1年間の自由保有賃料の:そのような救済なしの年間自由賃貸料は、3を超えますl。年間。征服者の調査では、町の長さは7ハロン、幅は5ハロン、幅は4パーチで、6を支払っていました。NS。に ゲル化 または税金。告白者の調査では、ここには28人の自由人がいて、そのうち6人は司教の土地の半分のカルケイトを持っていました。 スティガンド、および他の修道院長の下で143エーカーを保持しました 埋め込む、そして修道院長は スティガンド、その同意なしに、自由人は彼らの土地を与えることも売ることもできませんでしたが、彼に40を支払う義務がありましたNS。年間の無料家賃(fn。4)で、年末に支払いを怠った場合、土地を没収するか、家賃を2倍に支払いましたが、征服者の時代には16を支払いました。l。年間 物語によって。 2つありました ソクメン ここに土地のカルケイト、2つのビリンと2つのボーダーがあり、 埋め込む の隣接する邸宅と一緒に修道院 ソープ-修道院長、しかし、その邸宅から切り離された後、修道院長に憤慨した 埋め込む の主に Brockdisheの-ホールマナー、それはその後ずっと通過しました。 (fn。5)

ブロックディッシュ-アールズマナー、またはブロックディッシュコミティス。

この邸宅は常にの邸宅に出席しました Forncet それが王冠からBygodsに与えられた後、 アーシャム、そのため、私はあなたにその邸宅の私の説明を参照します。 223、4。それが通過したのは、ほとんどがいくつかの高貴な家族の女性の寡婦の一部であり、生計は一般的に彼らの家畜の牧師に与えられました。 3で エドワード I.の修道院長 埋め込む でアクションを試しました ロジャービゴッド、その後、領主と後援者、後援者(fn。6)は、町の一部が彼の家に属していることを嘆願しました。 ブロックディッシュ、それでも聖職推挙権は彼に残っていたが、聖職推挙権は封土公示が行われる前は修道院長の邸宅に属していなかったように見えたが、それは告白者の時代からずっと付属していたようである アールズ マナー、修道院長がキャストされました:1335年にそれにもかかわらず、サー ジョン・ウィングフィールド、Knt。と トーマス 彼の兄弟、 ウィリアム・デ・ランペットアリス 彼の妻、そして キャサリン 彼女の妹、の所有者 Brockdisheの マナー、聖職推挙権への主張を復活させ、 トーマス・デ・ウィングフィールド、そして女性 エレノア サーの妻 ジョン・ウィングフィールド、ここに提示され、教会の窓に彼らの腕を常連客として立てましたが、それはまだ残っていますが メアリー 伯爵夫人 元帥その後、この邸宅を寡婦にした彼は、彼女を連れてきました quare impedit、そして彼らの店員を追放し、それ以来、それは常にこの邸宅に出席し、常にそれに付随していました。 15年に Edw。私。 ロジャービゴット、そして主は、持っていた フリーウォーレン このすべての町で、この邸宅に属しているので、町のすべての使用料だけでなく、 assiseパンエール、 と amerciaments 彼自身の邸宅のすべての入居者の、そしての入居者の Reginald de Brockdish、年に一度、 アールズ の眺め 十人組レテブロックディッシュ そしてそれは続いた ノーフォーク 1570年まで家族、そしてその後 トマスハワード 公爵 ノーフォーク、クイーンからライセンスを取得 エリザベス それを販売するために開催されています capite またはで チーフクラウン、の一部として バロニー名誉公爵、それに応じて荘園、聖職推挙権、自由漁業、およびすべてを売却した 場所 またはマナーハウス、そして一緒に土地を卑劣にする レテ、 の眺め 十人組、の自由 無料のウォーレン、および他のすべて 使用料 いずれにせよ、彼の50人の管轄権または支払いから無料で免除されます アーシャム、 に

チャールズ・ル・グリス、Esq。の ブロックディッシュ、およびサー・ロレル・ル・グリスの子孫である彼の相続人 ラングレーノーフォーク、Knt。 厩舎長リック。私と オリーバ 彼の妻、その息子、サー サイモン・ル・グリ、Knt。の サーブトン、1238年に生きていて、結婚しました アグネス 娘と相続人 オーガスティン の息子 リチャード・デ・ワックステネシャム また ワックスハム、 の ワックスハムノーフォーク、彼が持っていた人 ロジャー・ル・グリサートン、Esq。の時代に住んでいた人 エドワード I.その息子 トーマス・ル・グリスサートン、 持っていました ロジャー・ル・グリスブロックディッシュ、1392年にここに住んでいた息子 トーマスジョン・ル・グリス 結婚した彼の長男と相続人 ベイトマン、そして聖に埋もれている。 洗礼者ヨハネ の教会 ノリッジ (vol。iv。p。127を参照)しかし、男性の問題はありません、 ウィリアム・ル・グリスブロックディッシュ、Esq。の息子 ロバート・ル・グリスブロックディッシュ、彼の叔父は、彼が結婚したことを継承しました シビル、の娘と唯一の相続人 エドマンドシングルトンウィングフィールドサフォーク、そして持っていた

アンソニールグリスの ブロックディッシュ、Esq。 (fn。7)結婚した人 マーガレット、 の娘 ジョン・ウィングフィールド、Esq。の ダンハム、その場所に住み、1553年にそこで亡くなり、教会に埋葬され、1562年に妻も埋葬されました。彼の兄弟 ギルバート・グリスヤーマス、ゲント。 (fn。8)最初に公爵と合意した ブロックディッシュ、しかしそれが完了する前に死んだので アンソニー契約の履行のために彼と拘束されていた、は彼の息子のために購入を続けました、

それが伝えられたチャールズ・ル・グリス(fn。9):彼は2人の妻と結婚しました。 スーザン、の娘と相続人 アンドリュー・マンフィールド、ゲント。と ジェーン 1564年にここに埋葬された彼の妻は2番目でした ヘスター、サーの娘 ジョージブラッジ、Knt。生涯にわたって邸宅を保持し、これらの2人の妻から、グリスの多数の枝を降りました。 ブロックディッシュ、ノリッジ、ウェイクフィールドヨークシャー、&​​ampc。彼はこの教会に埋葬されました 4月 12、1575年、そして百の彼の邸宅を保持していることが判明した アーシャム、無料で ソケージ、家賃やサービスなしで、 capiteBrockdishe's-hall 王の邸宅、彼の時点で バロニー埋め込む NS。 エドマンドサフォーク、最近所属していた 修道院 そこに、無料で ソケージ、家賃やサービスなしで、 capite、 と

ウィリアム・ル・グリス、Esq。彼の長男であり相続人であり、彼の義母の死で、1585年に全財産を所有していました。 ウィリアムハワード、その後の領主 Brockdishe's-hall マナー、同意してこれに売りました ウィリアム、 と ヘンリー・ル・グリス 彼の兄弟とその相続人が ハワード 翌年に亡くなり、購入は1598年まで完了しませんでした。 Edw。コプレディック、ゲント。および他の受託者は、 ジョン 言われたの息子 ウィリアムハワード、ゲント。そしてそれがグリスに完全に落ち着いたので、それから2つの邸宅は今日のように参加し続けました アリス、娘と氏の相続人。 エアヤーマス 彼は去った

フランシス・ル・グリス、Esq。財産、邸宅、聖職推挙権全体を売却した彼の息子と相続人は、

のロバートローレンス ブロックディッシュ、Esq。 (fn。10)結婚した人 エリザベス、 の娘 リチャード、 の息子 エドマンド苦悶グレートメルトン、彼が持っていた人

ロバートローレンス、Esq。結婚した彼の息子と相続人 エリザベス、 の娘 Aslack Lany、彼を生き残り、1640年に再婚した リチャード・スミス、ゲント。彼女には一人の子供がいた。 エリス。 1641年にここに埋葬された:彼は死んだ 7月 1637年24日、前述のように祭壇に埋もれている。彼は現在のホールを建て、ダイバーの子供をもうけた。 Aslak Laurence、Robert、1633年生まれ、1635年埋葬、 サミュエル・ローレンス、1635年生まれ、 エレン、1635年生まれ、 エリザベス、結婚した人 ウィリアムレイノルズグレートマッシンガム、ゲント。と

フランシス・ローレンス ブロックディッシュ、Esq。彼の長男と相続人は、エレンと結婚しました。 トーマス・パトリックキャッスルエイカー、ゲント。の未亡人 マシューハルコートリッチャム、ゲント。彼を生き残った人 ブロックディッシュ 起こった彼女の死に共同で 1月。 1741年6月、彼女が身廊に埋葬されたとき リッチャム 教会:彼らは持っていた フランシス、 と エリザベス、乳児を亡くした人 メアリー、1736年頃に独身で亡くなり、 キャッスルエイカー 教会 ジェーン、さんと結婚しました。 トーマス・シングレートダナム、誰によって トーマス、息子、&ampc。彼女は死んでいるエレン、今は未亡人 トマス・ヤングオックスボロ、ゲント。誰が死んだ 10月。 1743年、問題を残して、牧師さん。 トーマス-パトリックヤングカイウス の大学 ケンブリッジ、ベンジャミンメアリー、 と

サミュエルローレンス、ゲント。彼らの次男は今生きていて独身で

ロバートローレンス、Esq。彼らの長男と相続人は、死んでから長いですが、 アン の娘 ジョン・メリトン、後期牧師 オックスバーグ、彼の妻、彼は一人の息子を残しました、

ロバート・ローレンス、後期学長 ブロックディッシュ、独身で亡くなった人、そして

現在住んでいて、ゲントのロバート・フランクリングと結婚している彼の唯一の姉妹であるメアリー・ローレンス夫人。の リンノーフォーク、は彼女の右の現在の領主ですが、彼らは問題ありません。

Brockdishe's-ホールマナー、

所属していた 埋め込む 前述のように、の時まで修道院 ヘンリー I.そして修道院長は

スティーブン・デ・ブロックディッシュ卿は、現在の名前から、その修道院の騎士の​​報酬の4番目の部分でそれを保持することになりました。これには、現在と呼ばれる首都のメッセージまたはマナーハウスが含まれていました。 Brockdishe's-hall 105エーカーの土地、12エーカーの木材、8エーカーの牧草地、4エーカーの土地l. 13NS. 10NS。彼がそれを残したassiseの家賃

ジェフリー・ド・ブロックディッシュの息子、そして彼は

ウィリアム、彼の息子と相続人、1267年に名前で ウィリアム・デ・ハレヘ・デ・ブロケディス、 また 意思。の ブロックディッシュホールは、彼のすべてのテナントと年に一度、スーツとサービスを借りていることがわかりました。 レテ 伯爵の ノーフォーク、ここで開催。彼はこの邸宅を去りました、そして彼の財産の大部分は ノリッジ-カールトン (彼はそれを持っていた アリス・カーソン 彼の妻)に

トーマス、彼の息子と相続人、そしてそれの残りは Nigel de Brockdish、彼の次男(102ページを参照) トーマス に任せた

レジナルド、彼の長男と相続人、そして彼は

スティーブン・デ・ブロックディッシュ卿、Knt。彼の息子と相続人は 資本吏 すべての伯爵の ノーフォークの この郡の邸宅では、彼は1329年頃に領主であり、息子に引き継がれました。

スティーブン、 メアリーウィングフィールド 彼の妻は、持っていた

彼の息子であり相続人であるReginaldde Brockdish(fn。11) ブロックディッシュホール マナーイン バーストン、(vol。i。p。127、vol。ii。p。506を参照)が、彼は父親の前で亡くなり、ここでは2人の娘と相続人が父親の死後、相続することはありませんでした。 つまり、.

アリス、結婚しました ウィリアム・デ・ランペット 約1355、そして キャサリン しばらくして、 ウィリアム の息子 ジョン・デ・ヘルデシュル、の領主 ノースケレシーセールビーリンカンシャー、サーを罵倒した祖父の和解によると、それぞれの部分を継承した ジョン・デ・ウィングフィールド、Knt。と エレノア 彼の妻、そして トーマス 彼の兄弟は、すぐに彼らを信頼して(fn。12)、1つの部分が解決されました ロバート・モーティマーキャサリン 彼の妻、 ジョン・ヘメンヘール、店員、そして ジョン・デ・ラントニー、彼らの受託者と全体が団結して間もなく、所属していた

サーウィリアムテンドリング ストークニーランド、Knt。と マーガレット 彼の妻、娘、そしてサーの共同相続人 意思。カーデストンクラクストンノーフォーク、Knt。彼らの息子と相続人に引き継がれた人

ジョン・テンドリング卿 ストークニーランド、Knt。と共同で誰が アグネス 彼の妻は、それを解決しました

ラルフ卿のテンドリング ブロックディッシュ、Knt。を建てた彼らの若い息子の一人 古いホール (によって引き下げられた ロバートローレンス、Esq。彼が現在の家を建てたとき)そして南の島の礼拝堂で彼と アリス 彼の妻は彼の息子に埋葬され、

のジョンテンドリング ブロックディッシュ、Esq。こことの領主は誰でしたか ウェストホールコルニー、(5ページを参照)そして、上記の礼拝堂に埋葬されました。 セシリー 彼の妻は1436年に亡くなり、5人の娘、共同経営者を残しました。 つまり、.

セシリー、結婚 ロバートアッシュフィールドStowlangetotサフォーク、Esq。

エリザベス、 シメオンフィンチャムフィンチャムノーフォーク、Esq。

ジョアン、 ヘンリーホールヘルウィントン.

アン、へ ジョン・ブラハムコルニー.

誰が参加して罰金を科し、それを

Thomas Fastolff、Esq。そして彼の相続人とその翌年、彼らはすべての土地を運びました。の ウィゲンホール、ティルニー、 と イズリントン、 に

ジョンハワード卿、Knt。そして彼の相続人は彼らを彼の受託者に与えました。彼は翌年、ファストゥルフの邸宅を自分自身に購入し、この卿を相続しました ジョンブロックディッシュ 幼い息子に、

ロバートハワード、Esq。ここに定住した人、そして イザベル 彼の妻は持っていた

ウィリアムハワード ブロックディッシュ、Esq。 1469年に領主だった彼には2人の妻がいました。 アリスマーガレット、そこから非常に多くの問題が発生しましたが、

彼の息子であり相続人であるロバートは、この邸宅を持っていました。 ジョアン 彼の妻は持っていた

1566年に亡くなった長男で後継者であるウィリアムハワードは、 クラットフィールド、ハンティングフィールド、アベストン、 と ブラッドフィールドサフォーク そしてこことここの多くの土地と長屋の シレハム、&​​ampc。彼の死の1年前にこの邸宅を前述のようにグリスに売却したが、売却時に彼は他のすべての彼の財産を予約した ブロックディッシュ、彼が住んでいた、ハワードと呼ばれる 場所、の入り口の南側に位置します ブロックディッシュ-家と農場が行った通り

ジョン・ハワード、彼の息子と相続人、その3人の娘の問題、 グレース、マーガレット、 と エリザベス、失敗、それはに戻った

マシュー、の息子 ウィリアムハワード、言われたの次の兄弟 ジョンハワード 彼らの父、その次男、

マシューハワードは、その後それを所有し、1711年に、それはによって所有されていました マシューハワード、そして今では

のバックナルハワード氏 ロンドン、彼の親族(私が知らされているように。)

伯爵の場所と卑劣さ マナー、現在は場所と呼ばれ、マナーから販売されました グライス それからしばらくして、そしてその後はサーに属していました アイザックペニントン、市会議員 ロンドン、(vol。i。p。159を参照)および 王立 殉教者、彼の財産は修復で没収され、によって与えられました 車両。 II。公爵に グラフトン そして彼のグレースは現在のグラフトン公であり、現在それを所有しています。

この教区の恩恵は、

1つの近いと呼ばれる Algorshegge、3エーカー(fn。13)と、以前は約1エーカーを含む木立と鳩小屋があり、その東端は国王の高速道路の北に隣接しており、 ブロックディッシュ 西の牧師館:そして1つの長屋が隣接している ブロックディッシュ-通り南、呼ばれる Seriches、(fn。14)の北側に庭があり、ジョン・バコンによって与えられました。 ブロックディッシュ、 の息子 ジョン・バコン の長老 ソープ-修道院長 支払うために毎年行く明確な利益 10分の115分の1 の教区のために ブロックディッシュ 敷設されたときと敷設されていないときは、そこにある教区教会を永遠に修復して飾るために:彼の意志は1433年に証明されました。それらの大部分は死んでおり、生存者は空席を埋めることになっています。

1590年、1 1月ジョンハワード、ゲント。 ジョン・ワイス、ゲント。 ウィリアム・クリクメアダニエルスポルディング、ヨーマン、の役員 ブロックディッシュ、1572年に彼らの教区に残された遺産とともに、 ジョン・シャーウッド、遅い ブロックディッシュ、故人、購入した ジョン・スラストンホクスン、ゲント。 ジョン・スラストン 彼の甥、 トーマス・バーカー、およびの住民 ホクスンサフォーク、1つの年金または明確な年間家賃-6NS. 8NS。 6エーカーの土地と牧草地から発行 ホクスン、と呼ばれる近くで Calston's-閉じる、から続く道に隣接する片方の頭 ヘックフィールドグリーンモル-クロス、東に向かって、貧しい人々の唯一の使用とふりをする ブロックディッシュ、最初に支払われる 11月ホクスン 教会のポーチ、同じ日の午後12時から4時の間、差し押さえをしてすぐに滞納のために入る力があり、上記の6エーカーは自由保有権が保証されており、13の別の家賃を除いてすべての負担がないことが保証されていますNS. 4NS。に付与 ホクスン 貧しい、同じ日と場所で支払われる

1592年、 ジョンハワードブロックディッシュ そこの住民に売られた、と呼ばれるコテージ ラウンズ、すべての部分のグレブの間に横たわって、これは何年もの間老朽化していますが、サイトはまだ教区に属しています。

1553年、第1女王 メアリー、と呼ばれる本の支払い マヌエル 2NS. 6NS。祭壇と聖水を止めるために2日間、そしてフォントの錠のために。 1554年、ルード9の支払いNS。 1555年、内陣仕切り14の塗装費を支払ったNS。で 訪問 of my Lord Legate 16NS。 To the organs maker 4NS。 and for the chalice 26NS。 1557, paid for carriage of the Bible to Bocnam 12NS。 for deliverance of the small books at Harlstone 15NS。 NS 英語 Bibles and all religious Protestant tracts usually at this time left in the churches for the information and instruction of the common people, being now called in by the Papist Queen. Paid for two images making 5NS。 for painting them 16NS。 for irons for them 8NS。 But in 1558, as soon as Queen エリザベス ascended the throne, all these Popish, images, &c. were removed out of the church. Paid for sinking the altar 4NS。 carrying out the altar 5NS。 mending the communion table 3NS。 1561, paid for the X. Commandments 18NS。 for pulling down the rood-loft 14NS。 paid Roger Colby repairing the crosse in the street 26NS. 8NS。 for a lock to the crosse-house, &c. 1565, for digging the ground and levelling the low altar, (viz。 in the south chapel,) and mending the pavement. For makyng the communion cup at Harlston 5NS. 4NS。 besides 6NS. 2NS。 worth of silver more than the old chalice weyed. 1569, paid to Belward the Dean for certifying there is no cover to the cup, 8NS。 1657, layd out 19NS. 4NS。 for the relief of Attleburgh, visited with the plague. Laid out 17NS。 for the repair of the Brockdish part of Sileham bridge, leading over the river to Sileham church. This bridge is now down, through the negligence of both the parishes, though it was of equal service to both, and half of it repaired by each of them. In 1618, the church was wholly new paved and repaired and in 1619, the pulpit and desk new made, new books, pulpit-cloth, altar-cloth, &c. bought.

1593, Daniel son of Robert Pennington, Gent. bapt. 13 7月. 1626, John Brame, Gent.と Anne Shardelowe, widow, married Sept. 2. 1631, John BlomefieldElizabeth Briges married May 30. 1666, Roger Rosier, Gent. buried. 1735, Henry BlomefieldFersfield, Gent. single man, and Elizabeth BatemanMendham, single woman, married Feb. 27.


Tomb of Sir William Marshal - History

By Dr. Anne Mathers-Lawrence

In this season of remembrance for those who fought and died in wars and battles, it is worth commemorating Whiteknights’ very own White Knight – the first on record. He was John of Earley, who served in the army of Edward I in the 1290s, and was supposedly given the name both for his appearance and his chivalrous behaviour. His manor at Earley (now the site of the University of Reading’s main campus) came to be known as Earley Whiteknights after him.

This John of Earley inherited his land while he was still a child, and both he and his manor were placed by King Edward I under the guardianship of St Thomas Cantilupe, Bishop of Hereford, who needed a base near Windsor and London. Thomas himself had had an adventurous career, having been a supporter of the rebel and reformer, Simon de Montfort, who appointed him Chancellor – though Thomas was forgiven by Henry III and Edward I. However, John needed little inspiration to become a hero, since he came from a family of them. The founder of his dynasty was another John of Earley, the twelfth-century ward, squire, companion and knight of William the Marshal. John accompanied the Marshal in battle, was present at his deathbed, and contributed to the poetic History of William the Marshal.

It is the History of William the Marshal which also preserves information about John, including a heroic speech urging the Marshal to win outstanding honour and glory (as indeed he did) by fighting for the rights of the child-king, Henry III. Late in his career John became seneschal of the Marshal’s great castle at Chepstow, as well as marshal of the royal household and joint seneschal of Leinster. His close association with William the Marshal suggests that John too supported the Great Charter (Magna Carta), signed by John in 1215 and re-issued by the Marshal. It is possible that this John of Earley bore a shield showing three white scallops on a field of red. Such a shield was found amongst wall-paintings at the entrance to the great hall of Chepstow Castle, and occurs also in images of knights fighting for King Richard I. Best-known of these is one found in a fourteenth-century copy of the Chroniques de France now in the British Library (Ms Royal 16 G vi). A miniature on folio 360 shows Richard I in battle against Philip Augustus – and one of Richard’s knights is carrying a shield which appears to have three white scallops on a red (or gules) field.

Thus, whilst the first ever White Knight was actually the John of Earley who lived and fought at the end of the thirteenth century, his predecessor and namesake provided a role model!

BL Ms Royal 16 G vi, folio 360 (the shield discussed is second from the right)

The restored Earl’s Chamber at Chepstow Castle

Effigies of William the Marshal, two of his sons, and a knight in the Temple Church, London

Tenniel’s White Knight (with Alice)

Now it would be good to hear from Fine Art, with images of Reading’s White Knight (with or without scallop shells)!


VISIONS OF THE NORTH

My late friend Louie Kamookak, whose work on Inuit traditional knowledge has been such a significant part of the many new discoveries made in the past few years, had hoped to make a fresh search for this storied vault in the summer of 2018 -- a search that, alas, is not to be -- but I know that others will take up the cause and carry on. Some years ago, he asked Gjoa Haven artist Danny Aaluk to draw an image of this vault as it was described in Louie's version, the post may have been the vertical part of a wooden cross (see above), though in other reconstructions it's been imagined as a flagpole.

Tom Gross, who accompanied Dave Woodman on several of his "Project Supunger" searches (Supunger or See-pun-ger is the Inuk whose stories of a stone vault, told to Charles Francis Hall, started it all), has searched nearly every year, and hopes to return this summer as well, and several other parties will be in the area. Much depends on good planning (getting all the needed permits from the Government of Nunavut), good weather, and good luck -- but there's no reason that this might not be the year that the site is located. The short searching season, and the uniformity of the flat, rocky, barren land are obstacles -- but surely, with enough effort, the land can yield more of its secrets.

I wish Tom and everyone else all the best in their endeavors. And, knowing how widely the Franklin story is now known -- much more so in the wake of AMC's "The Terror" series -- I thought it might be useful to place some of the original testimony and accounts here. I've created a separate page for the Inuit testimony itself, and would also note the following frequently-asked questions/assumptions:


William Marshal: A combination of 'Muhammad Ali and Kissinger'

Jouster, warrior, diplomat and even twice de facto king, William Marshal, 1st Earl of Pembroke died aged 73 this week 800 years ago.

Although Anglo-Norman by birth, after his marriage, Chepstow Castle became his adopted home, where he oversaw the building of most of the castle as we know it today.

He served five kings, went on crusade, and if that is not enough…he also drafted the Magna Carta.

His achievements were all the more remarkable considering that when he was born in 1146, he was a younger son without land or title.

And, as Chepstow historian John Burrows explains, the story very nearly did not happen at all.

"William's father, John Marshal, backed Empress Matilda against King Stephen during the anarchy which raged during the mid 12th Century," he said.

"In 1152, when William was just six, Stephen besieged Newbury Castle and took William hostage until his father agreed to surrender.

"When Stephen threatened to execute William, John replied: 'I still have the hammer and the anvil with which to forge still more and better sons'.

"So with a father like that, it must have been pretty plain to William that he was going to have to make his own way in the world."

Aged 12, Marshal began training as a tournament jouster in the household of William de Tancarville.

He would go on to win more than 500 bouts, and was described as the greatest ever knight Errant.

In 1170, his fearsome reputation as a warrior led Henry II to appoint Marshal Tutor-in-Arms to his son, Henry, The Young King.

Perhaps Marshal taught his charge too well, as by 1173 The Young King had declared war on his father, and 10 years later on his brother, the future Richard The Lionheart.

Throughout all these Plantagenet squabbles, Marshal managed to remain largely out of trouble.

"William fought when he needed to, but by nature he was a peace-maker," Mr Burrows added.

"When protecting The Young King against Richard I, Marshal could have killed Richard in battle, but instead opted to unseat him from his horse.

"His calming influence helped hold the warring family together, and explains how he was able to serve so many kings, even when heɽ formally been on the opposite side to them."

Indeed, by 1189 Richard - now king - had so thoroughly forgiven Marshal that he rewarded him with marriage to Isabel de Clare, one of the wealthiest women in England, providing him with the land and titles he had previously lacked.

Twice Marshal was appointed Lord Protectorate, effectively stand-in king, in 1199 when Richard was on crusade, and again in 1216, when King John died leaving the infant Henry III as monarch.

Not only did Marshal negotiate Magna Carta between King John and the barons, he was vital in implementing it after John's death Marshal's is the first signature after the king's.

Mr Burrows said: "As a jouster he was as celebrated as Muhammed Ali, and as a diplomat he pulled off feats which Henry Kissinger would have been proud of.

"The fact that he inspired the character of Lancelot in medieval poems says all you need to know about him really he was a fascinating person and I think people should know more about him."

Marshal died on 14 May 1219, and was buried in Temple Church in London.

He was 73, a virtually unheard of age for the times, and aged 70 he had led an army into battle in defence of Henry III during the 2nd Barons War.


Tomb of Sir William Marshal - History

I STORED SOME VALUES FROM USER AND MADE NEW VALUES ACCORDINGLY I JUST WANT TO LIST THEM IN A WAY
USER ON ANDROID PHONE CAN SCROLL WITH HIS FINGERS TO SEE ALL THE LIST HERE IS MY CODE SO FAR:
NOTE: WHEN USER CLICKS EXIT HISTORY IT SHOULD DELETE THE TEXT UNTILL USER CLICKS HISTORY AGAIN
WHICH MAY SHOW THE SAME LIST OR AN UPDATED LIST

global oldguess as integer [ 190 , 3 ]
global oldvalues as string [ 190 , 6 ]
global checkamount as integer
NS

if GetVirtualButtonExists(22) = 0 then AddVirtualButton(22,400,100,70)
SetVirtualButtonText(22,"History")

NS
if GetVirtualButtonExists(23) = 0 then AddVirtualButton(23,500,100,70)
SetVirtualButtonText(23,"Exit History")

for i=1 to checkamount
printc(oldvalues[i , 1])
printc(oldvalues[i , 2])
printc(oldvalues[i , 3])
printc(oldvalues[i , 4])
printc(oldvalues[i , 5])
printc(" ")
printc(oldguess[i , 1])
printc(oldguess[i , 2])
print(oldguess[i , 3])

// note: no need for complicated versions like automated scoll etc a simple text box which is scrollable on pc and android phone whould be fine


Tomb of Sir William Marshal - History

My task, my responsibility and my pleasure is to assemble the bones of this great woman and show her as she just might have been.

TO DEFY A KING: Winner of the RNA Award for historical fiction 2011.

14 comments:

I love this quick summation of Mahelt. I think that even without the Akashic record, you can garner that Mahelt was very much her own woman. I didn't realize she outlived all her siblings. Did she continue to meet with them on a regular basis after her marriage?

Hi Tammy,
良い質問。 She wouldn't have seen some of them for years on end. Her family decamped to Ireland for five years and at that point the two youngest Marshals, Ancel and Joanna were as yet unborn, so she wouldn't have even met them until at least 1212/1213. Her two older brothers were hostages at that time. Richard, the younger of the two was bound for a life and career in Normandy. I suspect she would not have seen much of him until later in life when he returned to England as Earl of Pembroke - and that swiftly ended in tears before bedtime when he was murdered by the agents of Henry III, leaving her very little time to know him. I like to think she would have touched base with her siblings. Kinship ties were an important part of medieval politics. There's a charter of hers dated to around the time just after Hugh's death which is witnessed by her brother William, her youngest sister's husband and her cousin John Marshal.
It seems that Mahelt's sons kept in touch with their Bigod relatives, particularly their FitzRanulf cousins (Mary Bigod's sons) and they are found hunting with them in Yorkshire as grown men. If I were a historian I'd probably be able to trawl various charters and archives to come up with more information, but that's about as much as I can say at the moment.

I think it may be possible for you,even without being a historian(jeez, you practically are one now!), to "trawl charters" for more of the kind of information you seem to want, about Mahelt Marshal and her various relatives.  I did a bit of that with geneology for one (very real) character in the the Great Medieval Science Fiction Masterpiece I'm writing.  It was difficult, but I got enough bits and pieces of information that I could use to more or less construct this character.  It might be worth the time and effort you put into it, to do that.  Anyway, I found this particular blog entry to be very good, and I linked it to my latest blog entry(along with something else relevant to my Great Medieval Science Fiction Masterpiece.

Finally, I just wanted you to know I look forward to your eventual publication of this work on Mahelt Marshal. She sounds like a really interesting person.
Anne G

She sounds like a fascinating woman. I'm already looking forward to the book!

Elizabeth, I enjoyed reading this latest post. How much, when re-creating Mahelt, will you go by the description from the Histoire de Guillaume le Mareschal that says Mahelt "had the gifts of 'wisdom, generosity, beauty, nobility of heart, graciousness . ' "

I know you mentioned you take those descriptions with a "pinch of salt" and I can understand why. Will these characteristics indeed factor into the novel when recreating Mahelt, or is it best to leave those types of details out entirely (for example: her appearance)? Since we cannot know for sure what Mahelt looked like, is it in the author's best interest to exclude those details, or do you believe it's acceptable for the author to take some liberties with these types of areas?

Obviously I will take into account what the Histoire says, but since the descriptions are indeed standards of the time, I will strongly balance them by what else I know. I haven't mentioned it much in this post as I was mostly concentrating on conventional sources, but for Mahelt's appearance, characteristics and the life she led, I will be fleshing out such details using the psychic resource of the Akashic Records which have never yet let me down. I believe I absolutely know what she looked like and how she behaved. However, such a resource is not available to everyone, nor does everyone believe in its veracity. The historical record will only take a novelist so far and once you've garnered as much as you can possibly known, then it's time to use the imagination. I guess it's like skiing. Use the sticks and the skiis (historical fact) to propel, control and guide you, but use your imagination to select your route.

Fascinating material, and a lot of space for the novelist to work in! How unconventional was it for a woman of the time to sign herself with a name other than her current husband's? Would most women have signed themselves Warenne, or was it more or less a matter of personal choice by the time of a second marriage?

I suppose it is a bit like skiing, which in my case is not always pretty (just learned to snowboard this past winter in Colorado).

In regards to her name, I noticed Matilda was also used. Would Maltida be a sort of nickname for Mahelt, so to speak?

Also, what more do you know of William Longespee besides what you mentioned in the post? Have you researched him much? I did a brief biographical sketch on him in one of my recent posts, but have not delved into his history too deeply:

Carla,
Your question is why I mentioned I'd know more if I had the abilities of a historian - and the time come to that - to go delving about in old charters. I don't know the answer at the moment to the bigger picture. It just caught my attention in this case that she was Mahelt Marshal. Then she married and became Mahelt la Bigot. In her second marriage she remained Mahelt La Bigot and then as a widow second time around, she becomes Mahelt Marescalla. It's an interesting question.

Mahelt is one of many medieval spellings for Matilda. Maheut is another version. In the Histoire, she is called Mahelt, which I liked because it was slightly different. In the Latin charters I have seen she is called Matildis, Matill, and Matilda.

As for Longespee. I have his birth date down slightly later than in your blog, but said birth date is a matter for conjecture (and argument!) so take your pick. My new novel The Time of Singing involves Longespee as a major secondary character - starting from babyhood and going into young manhood, and the work in progress, about Mahelt Marshal has a strong sub-plot about the relationship between him and his Bigod half-siblings. I have done very extensive work on him via the Akashic Records, and read up the usual stuff via conventional resources - much the same as your own. I recently visited his tomb in Salisbury Cathedral - it's a beautiful effigy - very delicately wrought and it does have some of his character in the way the figure is posed.

You are a tease! :) I can't wait to read the book. I remember Mahelt from The Scarlet Lion.

In fact, I'd like to read all the novels you write about all the other characters in all your other books. That should keep you (and me) busy for awhile. -)

Absolutely fascinating! I'm still at least a book behind, but wow, I can hardly wait for this one now. I LOVE reading about strong women from times past and Mahelt sounds very interesting. LOVE the bit about her being the Marshal!

Re: the gaps between her children - it's possible she was miscarrying between them.ちょっとした考え。

Hi EC - I just wanted to tell you that I nominated you for an award because I really like your blog. Here is a link to my blog: http://passagestothepast.blogspot.com/2008/09/they-like-methey-really-like-me.html

I recently came across your blog and have been reading along. I thought I would leave my first comment. I don't know what to say except that I have enjoyed reading. Nice blog. I will keep visiting this blog very often.

I love your books and have really enjoyed reading each one - you have a great way of bringing the characters alive. Once I pick one up, I find I cannot put it down. I am and English teacher and am interested in writing a book myself - I have some ideas, but I am interested in where you find your ideas. I really want to write about a strong, lesser-known woman from history, but I am not sure where exactly to start looking - what can you advise?


Characters of Kilkenny Castle

The 800 years of Kilkenny Castle’s history are associated with the fortune and decline of the Marshal & Butler families. Learn more about some of the formidable characters who once lived here.

Jump to Section

12th Century

The history of Kilkenny Castle starts with the Norman invasion of Ireland. It also heralds the beginning of the Butler Dynasty.

William Marshal, 4th Earl of Pembroke (c. 1146–1219)

  • Knighted in 1166, William Marshal spent his younger years as a knight errant and a successful tournament competitor Stephen Langton eulogised him as the “best knight that ever lived”.
  • In 1170, Marshal was appointed as Young King Henry’s tutor-in-arms by the Young King’s father, Henry II. During the Young King-led Revolt of 1173–1174, little is known of Marshal’s activities besides his loyalty to the Young King.
  • There were many opportunities for William to display his loyalty and military mettle. At one point he even unhorsed another rebellious son, the future Richard the Lionheart, in battle.
  • In August 1189, at the age of 43, Marshal married the 17-year-old daughter of Richard de Clare (known as ‘Strongbow’). Her father had been Earl of Pembroke, and Marshal acquired large estates and claims in England, Wales, Normandy and Ireland. However, some estates were excluded from the deal. Marshal did not obtain Pembroke and the title of earl, which his father-in-law had enjoyed, until 1199.
  • Isabel’s marriage to William transformed the landless knight into one of the wealthiest men in the realm. By 1192, William and his young wife were ensconced in the running of their mini-empire, beginning with the construction of the port town of New Ross in south-east Ireland, as well as erecting a motte at Old Ross. Three years later, they began restoring Kilkenny town and castle which had been destroyed in the early 1170’s – possibly by the O’Briens. The present-day castle is based on the stone fortress that Marshal designed, comprising an irregular rectangular fortress with a drum-shaped tower at each corner. Three of these towers survive to this day.
  • By 1200, Kilkenny was the capital of Norman Leinster and New Ross was its principal port. The Marshals also founded the Cistercian abbeys at Tintern in County Wexford (circa 1200, as a thank you gift to God for granting safe passage across the Irish Sea during a particularly rough storm) and Duiske in Graiguenamanagh, County Kilkenny, as well as the castles at Ferns and Enniscorthy.
  • Marshal died on 14 May 1219 at Caversham, Berkshire, and on his deathbed passed responsibility for the under-age king to the papal legate. He was buried at the Temple Church, London.
  • His long life was celebrated in a notable middle French poem, L’histoire de Guillaume le Mareschal, which consists of nearly 20,000 lines of rhyming couplets. It was written shortly after 1226 and was commissioned by Marshal’s eldest son, William. The poem is remarkable for its detail and is a valuable source not only of biography but also of social and economic history.
Isabel De Clare, (1172–1220)
  • Isabel was born in 1172 in Pembrokeshire, Wales.
  • She was the eldest child of Richard de Clare, 2nd Earl of Pembroke (1130–20 April 1176), known to history as ‘Strongbow’ and Aoife of Leinster, who was the daughter of Diarmait MacMurchada.
  • Shortly before Henry II’s death in 1189, the King offered Isabel in marriage to William Marshal.
  • Isabel and William had five daughters and five sons:
  • William Marshal, 2nd Earl of Pembroke (1190–6 April 1231).
  • Maud Marshal (1192–27 March 1248).
  • Gilbert Marshal, 4th Earl of Pembroke (1194–27 June 1241). He married firstly, Marjorie of Scotland, daughter of King William I of Scotland and secondly, Maud de Lanvaley.
  • Walter Marshal, 5th Earl of Pembroke (1196–24 November 1245).
  • Anselm Marshal, 6th Earl of Pembroke (1198–22 December 1245). He married Maud de Bohun.
  • Isabel Marshal (9 October 1200–17 January 1240). She married firstly, Gilbert de Clare, 4th Earl of Hertford and secondly, Richard, 1st Earl of Cornwall.
  • Sibyl Marshal (1201–before 1238). She married William de Ferrers, 5th Earl of Derby. Queen consort Catherine Parr was a descendant.
  • Joan Marshal (1202–1234). She married Warin de Munchensi, Lord of Swanscombe. Both Queen consorts Jane Seymour and Catherine Parr were her descendants.
  • Eva Marshal (1203–1246). She married William de Braose (died 1230). Queen consorts Anne Boleyn, Jane Seymour, Catherine Howard, and Catherine Parr were her descendants.
  • In the spring of 1207 Isabel and William Marshal took up residence on her estates in Leinster. L’histoire de Guillaume le Marechal depicts her as a personality in her own right in Ireland, and she may have been instrumental in persuading William to attend to her Irish lordship.
  • Following their arrival in Ireland, a dispute arose with Meiler Fitzhenry, a tenant of William Marshal in Leinster, who was also King John’s Justiciar. Meiler engineered William Marshal’s summons to John’s court, forcing him to leave Leinster vulnerable to a possible incursion by the Justiciar’s forces.
  • Isabel, being pregnant, did not travel with William and was entrusted to the care of knights of his household Isabel wanted to protect her family’s inheritance in Leinster.
  • Isabel proved a very able defender of Marshal and their lands in Ireland. Almost as soon as Marshal left, she found herself embroiled in war and by 1208 she was besieged in Kilkenny Castle and “she had a man let down over the battlements to go and tell John of Earley that it was the very truth that she was besieged in Kilkenny”.
  • Isabel was very much in command of the defence of her lands even if she could not physically lead men. She was a unifying figure because of her lineage and, without her presence in Ireland and her willing participation, Marshal could have easily lost Ireland while he was trapped at John’s court.
  • Defending her lands was not Isabel’s only involvement because she was also engaged in their creation and improvement. Marshal took the fact that his only claim to the lands was through Isabel very seriously because he made many developments in Leinster with charters that had Isabel’s ‘counsel and consent’ recorded on them.
  • When making his will just before his death in 1219, William Marshal determined that the lands which he had enjoyed in right of his wife would revert to her for the duration of her life.

NS 歴史 depicts a touching deathbed scene of the Marshal taking leave of his belle amie, when they embraced and wept together


ビデオを見る: 故人の個性が溢れる墓地東欧一の美しさリチャキフ墓地


コメント:

  1. Jirair

    感覚はありません。

  2. Thormond

    ブラボー、壮大なフレーズであり、正当です

  3. Heinrich

    それは言われるべきです。

  4. Konner

    あなたは会話から離れています

  5. Zulumi

    その面白い発表

  6. Albrecht

    デビルズハーネス



メッセージを書く