マヤ

マヤ


マヤ

今日、700万人以上のマヤ人が元の故郷であるメソアメリカと世界中の国々に住んでいます。 2000年前、古代マヤは南北アメリカで最も進んだ文明の1つを発展させました。彼らは象形文字の書き言葉を開発し、ゼロの数学的概念を発明しました。マヤは天文学と数学の専門知識を活かして、複雑で正確なカレンダーシステムを開発しました。寺院のピラミッド、宮殿、ボールコート、大広場など、復元された何百もの古代都市が考古学者によって研究され、毎年世界中から何百万人もの観光客が訪れています。現代のマヤは、これらの遺跡の多くの近くに住み、働いています。言語、伝統、そして土地と空に対する深い感性が彼らの世界観を形作り続けています。マヤは彼らの文化の守護者であり、彼らが未来に目を向けるとき、彼ら自身の過去を再発見するために積極的に働きます。

"今日のマヤ 今日、私たちは、熟練した建築家、優れた天文学者、正確なカレンダー管理者、経験豊富な芸術家で構成された古代文化の直系の子孫です。私たちは伝統、考え方、言語に継続性を与え、私たちの起源の価値ある相続人です。 Weyano’one –私たちはここにいます。」 JoséHuchimHerrera、ユカテコ語マヤ、考古学者および建築家


マヤの歴史の主要な情報源&#8211パート1

メソアメリカの先住民の歴史的伝統に関する最も広範な文書は、メキシコ盆地とその周辺地域からのものです。スペイン征服の主な目的はアステカ帝国とその首都メキシコ-テノチティトランに向けられていたので、これは驚くことではありません。ペテンとグアテマラでは他の征服が続きましたが、メキシコの壮大な征服は、イベントとアステカ文明の残りを記録した多くの歴史家や年代記者を魅了しました。その結果、植民地時代の歴史家の作品だけでなく、多くのネイティブの歴史的文書があります。

マヤの場合は状況が多少異なります。古典派時代は西暦900年頃に終わり、スペイン人が到着するずっと前に、歴史的な象形文字が書かれた石碑である石碑の製作が中止されました。マヤ文字の解読、したがってマヤ自身が残した歴史的記録の読み取りは、技術的な問題とマヤの書記体系の性質に関する学術的な意見の不一致のために、数十年遅れました。

マヤ先住民の歴史の考古学的証拠は、いくつかの形で私たちに伝わってきます。石碑、または多くのマヤ遺跡で見られる記念碑的な時間マーカーは、最初は時間の熟考に際限なく従事している司祭や書記を表すと考えられていたため、マヤは歴史上他の人々のようにはなりませんでした。その後、マヤ文字の解読に助けられたマヤの学者たちは、これらの石のマーカーの歴史的な内容を明らかにしました。ティカルのステラ31は、その場所でこれまでに見つかった最も広範な記録です。パレンケの碑文の神殿では、彫刻が施された石の壁パネルがパレンケの王朝の歴史を示し、古典派時代から最も長く続くマヤのテキストを形成しています。マヤの歴史は、ヤシュチランのまぐさ21などのまぐさ、ボナンパックのまぐさなどの絵画、さらには陶器にも刻まれていました。肖像画を伴う象形文字の形で書かれた歴史的テキストは、マヤ語の初期の形、おそらくチョルに基づいています。

残念ながら、スペインの侵略を生き延びたのは4つのマヤコデックスだけであり、これらは主に儀式的であり、歴史的というよりも内容が暦的です。ユカテカンマヤの初期の形で書かれたこれらの文書は、ヨーロッパスタイルの本に似たスクリーンフォールドの形式です。これらのコーデックスの1つである Grolier Codex、 利用可能な証拠からマヤの思考様式を再構築しようとする際に遭遇する落とし穴のいくつかを示しています。しかし、証拠はその信憑性を支持しているようです。

文書は征服後の日付を前提としています。この記事では、ネイティブのマヤの伝統で書かれた情報源に焦点を当てます。ユカテカン文明は、ユカタン半島の低地マヤ地方にありました。有名な チラムバラムの本 (ジャガー司祭の本)は、その地域のさまざまな町や都市に関連付けられています。

十数冊の生き残った本の中で、 ティシミンのチラム・バラム 内容が最も歴史的です。ティシミンの教区司祭によって収集され、1870年にメリダの司教に送られ、現在はメキシコシティの国立人類学博物館にあります。 NS ティシミン それぞれを参照して、7世紀から19世紀までのユカタンの概要の歴史が含まれています カトゥン (20年の期間)1441年から1848年まで。他のそのような歴史的文書のように、それは周期的な時間のメソアメリカの概念に基づいています。これは一種の「予言の歴史」であり、 カトゥン別ので繰り返されます カトゥン 同じ番号の。その結果、「現実の非直線的な成文化」が実現します(マーシャルマクルーハンのフレーズを使用するため)。つまり、マヤは、過去から現在、そして未来へと直線的に流れる時間を考えていたのではなく、膨大な時間のサイクルの観点から考えていました。 M.エドモンソン、最近の翻訳者 ティシミン、 したがって、適切に権利を与えられた マヤの古代の未来。

NS ティシミン 後古典期と植民地時代のユカタン西部とカンペチェのエリート家系であるイツァマヤの物語です。彼らは後にトルテック・シューが加わり、イツァとシューは一緒に カトゥン。 ここでは、時間の循環概念の実際の適用を示します。この名誉が授けられた都市は、約256年間、国の残りの部分に王朝的および宗教的な影響を及ぼしました。その後、都市は放棄され、 カトゥン 別のサイトに移動しました。しかし、私たちが今知っているように、マヤは単に時間の経過を意図したスターゲイザーの種族ではありませんでした。 XiuとItzáは喧嘩し、16世紀初頭、その後の「カトゥンの戦争」はスペイン人の到着によってさらに悪化しました。の最終章が ティシミン この決勝戦の終わりに辞任のメモで終わります カトゥン と&#8220クリスチャンの座席 カトゥン、&#8221作者は、新しいイツァサイクルが1824年までに開始されたと考えているようです。これは、マヤ文化の驚くべき耐久性と継続性の証です。

私はエドモンソンの作品を大いに賞賛していますが、彼は他の&#8220western&#8221やヨーロッパの学者と同様に、ヨーロッパの線形時間の概念に対応するために、歴史的出来事のマヤの順序を再配置する必要性を感じているようです。したがって、彼はのセクションを並べ替えました ティシミン 時系列で。再配置は、100行ごとに見つかった外国語(ナワトル語とスペイン語)の数に基づいています。線形時間でのアステカ語のかなり一定の出現は、スペイン語の単語の劇的な増加とは対照的です&#8220並べ替えられたテキスト全体で&#8221これは、おそらくスペイン語の借用語を理由に、線形時間で記録されたイベントの真のシーケンスを示していると言われています言葉や侵入は、後の年代記でより一般的になるでしょう。

この種の文体分析は、古代ギリシャ語のテキストを彼らの理論に合うように編集した特定の古典ギリシャ語学者を思い出させます。彼の版では Argonautica ロドスのアポローニウスのE.フレンケルは、100行あたり非常に多くの補間が必要であると信じていたため、テキストを不必要に変更しました。オリンピックの詩人であるピンダロスの印刷されたテキストは、根底にある計量パターンを示すために容赦なく分割されています。これはピンダロスが意図したものでも、彼の聴衆が勝利のオードをどのように体験したのかではなかったと確信しています。古代マヤは周期的な時間の観点から考えました。したがって、私たち自身の先入観や正しさの考えに合うように古代の人々の思考様式を並べ替えることは、おそらく現実、この場合はマヤの現実の歪みです。

ユカタン州メリダの南約100kmにあるマニの町は、1562年にランダ司教が焚書を書いた場所で、マヤパンの陥落後、スペイン人が到着する約70年前に設立されました。したがって、 マニのチラム・バラム マヤの最後の拠点であるマヤパンからマニに運ばれました。著者とソース マニ 不明ですが、長い口頭伝承に基づいている可能性があります。この本は、ユカタンの最近の歴史家によって多く使用されています。の冒頭のアカウントでのナワトル語の名前の優勢 カトゥン (20年の期間)マヤでは、マヤのトルテカ帝国の起源、または少なくともTutulxiuの王族の起源を示唆しています。

メリダのすぐ北にあるチクシュルーブから、 チクシュルーブのクロニクル、 ユカタンへのスペイン人の到着、教会の設立、そしてスペインの侵略者とのさまざまな出会いについての年々の説明。著者のNakukPechは、Chac XulubChen地区の指揮下に置かれました。チクシュルーブの歴史と年代記は、11番目の&#8220第5部門で始まります カトゥン&#8221(1511)は、住民がスペイン人に敬意を表することを余儀なくされたことを示しています。 1511年の日付は、ユカタンの東海岸でのアギラールとその乗組員の難破船にも言及しています。これは、マヤ後期の歴史におけるもう1つの重要なエピソードです。マヤ自身の視点からマヤの歴史の合成画像を形成することができるのは、歴史的なパズルのこれらのビットをつなぎ合わせることによってです。

これらはからのほんの数サンプルです チラムバラムの本。 それらは古典マヤ時代への絶対的な手がかりではありませんが、後日のマヤの考えと心への洞察を私たちに提供します。

マヤの歴史の一次資料の2番目の主要なカテゴリは、スペインの兄弟たちがインディアンをキリスト教に改宗させるために作成した詳細な質問票で構成されています。アステカ人にとって、それはサハグンでした。 フィレンツェコーデックス 征服の頃のアステカの生活の最も包括的でよく組織化された説明の1つのままです。マヤには RelacióndelasCosasdeYucatán、 皮肉なことに、ディエゴ・デ・ランダ司教によって、彼が書いた人々の宗教と文化を破壊するためにできる限りのことをした男。その目撃証言と直接の情報のために、 Relación Mayaの歴史の主要な情報源と見なす必要があります。私たちの調査で特に重要なのは、ランダがマヤの情報提供者の唇から直接聞いた先住民の歴史の説明です。

マヤの歴史の概念をざっと見ただけでも学んだ教訓は、マヤの視点をよりよく理解したいのであれば、歴史学の異質な基準や不適切な形式の分析をメソアメリカの歴史物語の研究にインポートすることはできないということです。


マヤの歴史

マヤはおそらくメソアメリカの古典文明の中で最もよく知られています。マヤの歴史は紀元前2600年頃にユカタンで始まり、現在のメキシコ南部、グアテマラ、ホンジュラス西部、エルサルバドル、ベリーズ北部で西暦250年頃に目立つようになりました。

マヤは、オルメカなどの初期の文明の継承された発明とアイデアに基づいて、天文学、暦体系、象形文字の執筆を開発しました。マヤは、寺院のピラミッド、宮殿、天文台など、すべて金属製の道具を使わずに建てられた、精巧で高度に装飾された儀式用の建築物でも有名でした。マヤの歴史は、彼らが熟練した農民でもあり、熱帯雨林の大部分を伐採し、地下水が不足している場所では、雨水を貯蔵するためのかなりの地下貯水池を建設したことを示しています。マヤは織工や陶芸家と同じように熟練しており、ジャングルや沼地を通るルートをクリアして、遠くの人々との広範な貿易ネットワークを育てました。

多くの人々は、マヤの祖先が少なくとも2万年前にベーリング海峡を渡ったと信じています。彼らは遊牧民の狩猟採集民でした。メキシコに定住した証拠は、紀元前5000年から1500年のアルカイック期のトウモロコシ栽培、基本的な陶器、石器に見られます。

最初の真の文明は、紀元前1500年から紀元300年までのプレクラシック時代のオルメカの台頭によって確立されました。オルメカはガルフコーストに定住しましたが、彼らについてはほとんど知られていません。

彼らは、西半球での最初の暦や象形文字の執筆など、メソアメリカ文化の多くの側面の発明者と見なされています。考古学者はオルメカとマヤの関係を解決しておらず、マヤが彼らの子孫であったのか、貿易相手であったのか、それともマヤの歴史の中で白い場所である別の関係を持っていたのかは謎です。

マヤは、オルメカのバージョンに基づいて、複雑なカレンダーとアメリカで最も精巧な形の象形文字を開発したことに同意します。

マヤは複雑な社会を持っていました

(古典派300&#8211 900 AD)

ほとんどの芸術的および文化的成果は、紀元300年から900年の古典派時代にもたらされました。マヤは、クラスと職業に分けられた複雑で階層的な社会を発展させました。国王が率いる中央集権政府は、明確に定義された境界を持つ領土を統治しました。これらの国境は、さまざまな州が領土を失い、支配権を獲得するにつれて変化しました。マヤの中心部は、メキシコ、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドルで栄えました。古典派時代の主要都市は、ティカル(グアテマラ)、パレンケとヤクシルn(チアパス、メキシコ)、コップnとキリグア(ホンジュラス)でした。この期間のほとんどの間、マヤの人口の大部分はメキシコとベリーズの中央低地に住んでいました。

北ユカタン(現在のカンクンが位置する)は、古典派音楽のほとんどの間、人口がまばらで、ジビルチャルトn(Mリダの近く)やシュプヒル、ベクン、チカン(チェトゥマルの近く)などの都市はわずかしかありませんでした。 9世紀の間に、中央低地の人口中心は大幅に減少しました。この衰退は非常に急速であり、飢饉、干ばつ、貿易の崩壊、および政治的断片化に起因しています。大国から小都市国家への細分化は、戦争だけでなく、ライバル都市間の建築と芸術の競争を含む、都市間の競争にリソースを集中させました。低地の都市が衰退するにつれて、ウシュマル(Mリダの近く)を含む都市中心部が北ユカットnに出現しました。

人類学者は、「平和な」マヤとメキシコ中部の血に飢えたアステカ族を対比させていました。人身御供はアステカほどマヤにとって重要ではありませんでしたが、血の犠牲は彼らの宗教において主要な役割を果たしました。個人は、アカエイの棘などの鋭利な器具を使用した痛みを伴う方法や、儀式的な自傷行為を通じて、血を神に捧げましたが、必ずしも命を捧げたわけではありません。すべてのクラスの人々が宗教的な儀式の間に血を流した可能性があります。王の血の犠牲は最も価値があり、より頻繁に行われました。マヤは好戦的で、土地、市民、捕虜のために隣人を襲撃しました。一部の捕虜は、犠牲者の心臓が太陽のために引き裂かれ、頭が切り落とされて地球に血を注ぐという二重の犠牲にさらされました。

マヤ文明はコロンブス以前の文化の頂点でした。彼らは、数学でのゼロの使用を含む、科学で重要な発見をしました。彼らの執筆は、あらゆる種類の考えを表現できるアメリカで唯一のものでした。グリフは、音節または概念全体を表し、長い紙片に書かれるか、石に刻まれて描かれます。それらは、列のペアで左から右、上から下に赤で配置されます。マヤ暦は、マヤ文化が存在する前の紀元前3114年頃に始まり、将来の時間を測定することができます。彼らは詳細な歴史を書き、カレンダーを使って未来と占星術の出来事を予測しました。 Yucatnの2番目の司教であるFrayDiego de Landaは、1562年にマヤの本の大量破壊を命じ、3人だけが生き残った。

後古典期&#8211 1000&#8211 1500 AD

クラシック時代の後、マヤはユカット半島に移住しました。そこで彼らは独自のキャラクターを開発しましたが、彼らの業績とアートワークはクラシックマヤほど印象的とは見なされていません。カンクンの南に見える遺跡のほとんどはこの時期のものであり、絶対に訪れる価値があります。

チチェンイツァ(バリャドリッドの近く)、ウシュマル(メリダの近く)、マヤプン(チチェンイツァの西)は、ポストクラシック時代の3つの最も重要な都市でした。彼らは、マヤップnが連合会議を打倒し、200年以上にわたって統治したとき、西暦1000年頃から比較的平和に暮らしていました。 1441年、以前にウシュマルを統治していたマヤはマヤプンの都市を破壊し、マニに新しい都市を設立しました。この地域がスペイン人に征服されるまで、領土をめぐってライバルのマヤのグループ間で戦争が繰り広げられました。

チチェンイツァは、マヤ人が西暦500年から900年の間に最初に住み、900年頃に何らかの理由で放棄され、100年後に再定住し、その後、北部からトルテカ帝国が侵略しました。チャクを含むマヤの神々とケツァルコアトルを含むトルテックの神々の両方の多くのレリーフがあります。なんらかの理由で街は1300年頃に放棄されました。スペイン人がメキシコに到着したときにすべてのマヤの司祭を殺し、本を燃やすという方針を立てなかった場合、私たちは皆、さらにいくつかの答えがあります。

征服と反乱(1500 AD)

スペインのイスパニョーラ島とキューバの島々の植民地化により、彼らはカリブ海周辺で探索的進出を開始することができました。


マヤ-歴史

ヨーロッパ人が到着する何世紀も前に、メキシコ南部から中央アメリカに広がる地域であるメソアメリカで高度な文明が栄えました。マヤは天文学を習得し、精巧な書記言語を開発し、そびえ立つモニュメントを建て、そして絶妙なアーティファクトを残しました。

NASAの考古学者トムセヴァーによると、メソアメリカのマヤ文明は人類の歴史の中で最も密集した人口の1つでした。西暦800年頃、2千年の着実な成長の後、マヤの人口は史上最高に達しました。人口密度は、農村地域では1平方マイルあたり500〜700人、マヤ帝国の中心部(現在のグアテマラ北部)では1平方マイルあたり1,800〜2,600人の範囲でした。比較すると、ロサンゼルス郡は2000年に1平方マイルあたり平均2,345人でした。しかし、マヤの集落の遺跡を調査したところ、西暦950年までに人口が激減したことがわかりました。 &#147おそらくマヤの90から95パーセントが死亡した&#148と彼は言った。

タイトルのグラフィック画像:Rain God Chacは、スペイン人による火傷から逃れるために、数少ないマヤのテキストの1つに登場しました。 (NOAA古気候学ミラーサイトに表示されているマドリッドコーデックスからの画像、David A. Hodellによる写真。)

Severにとって、メソアメリカでマヤがどのように繁栄したが最終的に失敗したかを理解することは、1200年前の謎を解くだけではありません。 1980年代以来、彼はマヤの歴史とその自然環境を理解しようと努めてきました。これは、今日そこに住む人々にとって重要な教訓となるかもしれない物語です。 Severと彼の同僚は、衛星データと気候モデルを使用して、メソアメリカ全体の政府と市民が、この地域がそこに住む人々を引き続きサポートできるように支援したいと考えています。マヤから学ぶことによって、現代の人間は彼らの運命を共有することを避けるかもしれません。

マヤの森林破壊

マヤ帝国は崩壊する前に、グアテマラ北部のペット&イーキューテン地域の中心部から、ユカット&アーキューテン半島の低地に広がっていました。考古学者がこの地域全体で発掘した土壌の柱から収集された花粉サンプルは、雑草の花粉がほぼ完全に木の花粉に取って代わった約1200年前に広範囲にわたる森林破壊の証拠を提供します。熱帯雨林の伐採は侵食と蒸発の増大につながり、侵食の証拠は湖に洗い流された堆積物の厚い層に現れます。

&#147もう1つの証拠&#148はSeverを説明しました、&#147はマヤ遺跡の床の石の厚さです。約1平方メートルの漆喰の床の石を作るには、[十分に大きくて熱い火を作るために]約20本の木が必要でした。初期の遺跡では、これらの石は1フィート以上の厚さでしたが、次第に薄くなりました。最近建てられたものはわずか数インチの厚さでした。&#148サーバーの同僚であり、マーシャル宇宙飛行センターの大気科学者ボブ・オグレズビーは、マヤの森林破壊のエピソードを「すべての森林破壊イベントの祖父」と呼んでいます。遺跡は、この森林破壊がマヤの人口の劇的な減少と一致したことを示しています。

&#147マヤの崩壊後、この地域は放棄され、森は回復しました。しかし、過去30年間に人々が戻ってきたため、森林破壊が戻ってきました」とSever氏は説明しました。今日、Pet&eacutenの再生林は、中央アメリカに残っている最大の熱帯林です。ペット&イーキューテン地域の現在の森林破壊はまだマヤ規模で発生していませんが、今日の技術により、現代の住民はマヤを超えて木を伐採することが容易にできます。国連食糧農業機関によると、グアテマラの森林破壊は1990年から2000年の間に年間平均1.7%でした。

周囲の森林を皆伐したときに文明に何が起こり得るかについての注意話に加えて、古くからのマヤ文明は、景観のより持続可能な利用への手がかりも提供します。彼らの壊滅的な衰退の前に、マヤは中央アメリカで二千年の間繁栄しました。 「今日、Mayaを正常に使用する方法がわからないため、Mayaがこのランドスケープをどのように使用したかを知りたい」とSever氏は述べています。マヤの成功の秘訣は失敗の理由よりも見分けるのが難しいですが、サーバーには少なくとも1つのアイデアがあります。

彼らの突然の衰退の前に、マヤはグアテマラのティカルのピラミッドを含む印象的なモニュメントを建てました。 (写真の著作権とコピーTom Sever。)

密林地域の人口は、焼畑農業に依存していることがよくあります。一見、これはMayaが使用したアプローチのように見えるかもしれませんが、Severはそうは思いません。 &#147焼畑農業では、たとえば、人々はトウモロコシを植えるために土地を開墾します&#148と彼は言いました。 &#147最初の年は100%、翌年は60%の生産性が得られ、その後はそれよりも低い生産性が得られます。したがって、3〜5年で、土地は基本的に役に立たなくなり、移動する必要があります。&#148人口の少ない地域では、焼畑農業が機能する可能性がありますが、西暦800年頃のメソアメリカは最も人口密度の高い地域の1つでした。産業革命以前の世界の地域。 &#147スラッシュアンドバーンは、人口をそのサイズにまで成長させることはできなかったでしょう&#148」と彼は言いました。

Severは、マヤが農業に対して異なるアプローチをとったと信じています。それは効果的な水管理です。 &#147この地域でフィールドワークを行う際に直面する最大の脅威は喉の渇きで死ぬことです&#148サーバーは説明しました。熱帯雨林でさえ、地下水を利用することによって木がぶら下がっている毎年の乾季を経験します。 &#147マヤは地下水が500フィート下にあり、地下水に到達するための技術がなかったため、地下水を使用できませんでした。そのため、彼らは雨水に依存していました。&#148

ペット&イーキューテン地域のサーバー研究では、雨水は湿地に蓄積します。 バホ、それは風景の約40パーセントをカバーしています。今日、その雨水は誰もがそれを効果的に使用する前に蒸発しますが、発掘と衛星画像は、 バホ、マヤの時代に掘られたらしい。マヤが運河を使って雨水を向け直し、再利用したのではないかと疑う。この労働集約的な農業は、おそらく農民を一日中勤勉に働かせ続けたであろうが、需要をかろうじて上回っていただろう。マヤが養殖した場合 バホしかし、彼らは景観の追加の40%を利用しました。これは、食糧生産に大きく貢献したでしょう。

現代のメソアメリカ人は バホ 価値がなく、無視してください。 「私たちは、水を管理し、この景観が現在の人口を支え、経済と環境へのストレスの一部を軽減できるようにする方法を理解しようとしています」とサーバー氏は述べています。

気候変動

結局、Oglesbyは、Mayaが農業によって得た生産性の向上を推測しました。 バホ それらを成功させすぎた可能性があります。 「人口の圧力により、定住と農業の両方のために、ますます多くの土地を開墾しなければならなくなった可能性があります」と彼は言いました。 Oglesbyは、マヤの終焉を視覚化するために3次元の地域気候モデルを使用しており、これまでに彼が見つけたものは興味深いものです。

&#147この地域を完全に森林伐採して草地に置き換えると、摂氏5〜6度もかなり暖かくなることがわかります&#148オグレズビー氏は言います。通常、熱帯雨林の林冠から水を蒸発させる日光は、代わりに地面を加熱します。彼のモデルは実際に起こったことよりも極端な絵を描いていますが(この地域は大規模でしたが、おそらく完全に森林破壊されていませんでした)、Oglesbyは森林破壊が干ばつに寄与したと考えています。湖の堆積物コアは、マヤの森林破壊が、すでに干ばつを引き起こしていた自然の気候変動と一致したように見えることを示しています。 &#147土地利用の変化と相まって、干ばつは二重の苦痛でした&#148と彼は言いました。西暦950年までに、マヤの低地の都市はほとんど無人になりました。

マヤの遺産から学ぶ

今日、中央アメリカの人口密度は、マヤンピーク時の人口密度のほんの一部にすぎません。たとえばベリーズでは、人口密度は1平方マイルあたり26人(1平方キロメートルあたり10人)と低くなる可能性があります。それでも、環境に対する人間の圧力は依然として重要です。

考古学者のトム・セヴァー(左)とリモートセンシングの専門家であるダン・アーウィン(右)は、マヤを理解するためにスキルをプールしました。 (写真の著作権とコピーTom Sever。)

現代の樹木伐採技術の有効性は、1980年代後半にSeverに明らかになりました。 NASAとナショナルジオグラフィック協会は、グアテマラのウスマシンタ川に対する水力発電ダムの潜在的な影響を研究するために彼を雇いました。考古学的な場所を見つける際にリモートセンシングデータの使用を開拓したサーバーは、再び衛星画像に目を向けました。ランドサットのデータを使用して、彼はグアテマラとメキシコの国境の一部を示す画像を作成しました。ほとんどの政治的境界は衛星画像では見えませんが、この境界は明白でした。グアテマラの熱帯雨林は、風景が剥ぎ取られていたメキシコ国境で突然止まりました。

いくつかの画像はグアテマラの大統領を驚かせました。 &#147メキシコとグアテマラの国境に沿って約150年間緊張が続いていた&#148とSeverは述べた。しかし、衛星画像を見た後、両国の大統領は、環境が彼らを団結させなければならないと決定した。両国間の川の橋での式典で、グアテマラのビニシオ・セレソ大統領とメキシコのカルロス・サリナス大統領は握手を交わし、誓約した。減少する熱帯雨林を保護するために。それはメソアメリカの環境を保護するためのより大きな努力の始まりを示しました。

メソアメリカ生物回廊

Severの同僚の1人であるDanIrwinは、衛星データを使用してメソアメリカの環境衛生を研究するリモートセンシングのスペシャリストです。セヴァーがグアテマラの大統領に見せた画像について、アーウィンは次のように述べています。さらに重要なことに、その1つの画像は、中央アメリカ全体で最大の保護地域であるグアテマラ北部のマヤ生物圏保護区を宣言するグアテマラ議会に直接責任がありました。&#148

マヤ生物圏保護区は、より大きなメソアメリカ生物回廊の一部です。もともととして知られている パセオパンテラ (パンサーの小道)、回廊は、メキシコ南部からベリーズ、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマを経由してコロンビアに広がる保護地域のネットワークです。廊下には、マヤ遺跡、野生生物の生息地や移動​​ルートが保存されています。 「メソアメリカは地球の陸地の半分未満しかありませんが、世界の生物多様性の7パーセント以上を持っています」とアーウィンは言いました。

この1988年のランドサット画像に見られるように、メキシコとグアテマラの間の非常に鋭い国境は、熱帯雨林に対する高い農村人口の影響を示しています。グアテマラの人口がまばらなペット&イーキューテン地区は、メキシコの剥ぎ取られた耕作された風景とはまったく対照的です。このイメージは、メキシコとグアテマラの指導者たちに、長年の緊張を脇に置き、熱帯雨林の保護に集中するよう促しました。 (画像提供:NASA)

アーウィンは、1990年代初頭にコンサベーションインターナショナルの従業員としてサーバーと協力し始めました。 &#147私は中央アメリカに2か月滞在する予定でしたが、5年後に戻ってきました&#148アーウィンは言いました。彼は、ある晩、グアテマラの田舎のコミュニティにSeverの衛星画像の一部を見せたときに、そこで仕事を続けようと決心した瞬間をはっきりと覚えています。

大統領とは異なり、村人たちは当初、画像を理解するのに苦労していました。 &#147彼らは地図やあらゆる種類の空間データを扱ったことがありませんでした&#148アーウィン氏は言います。 &#147プロセスの一部はそれらを示していました、&#145これはあなたの近くの道路です&#146そして&#145これは湖です。&#146突然、電球が点灯し、彼らは非常に興味を持ったようになりました。&#148

村人たちは自分たちが見ているものを理解すると、熱帯雨林に対するグアテマラ議会の懸念を共有しました。 &#147この社会は農業コミュニティであり、人々はあなたがより多くの畑を開発し、より多くの人々を育て続けることができ、森は永遠に続くと思っていました」と彼は言いました。 &#147しかし、私は彼らに、メキシコ国境は実際にはそれほど遠くないこと、そしてメキシコ側は完全に森林破壊されていることを示しました。忘れられない素晴らしい瞬間でした。それで、私はこの種の仕事を続けて行うことに決めました。&#148

持続可能な未来の選択

NASAのデータセンターが提供するリモートセンシング観測は、メソアメリカ生物回廊の健全性を監視するために重要です。定期的な衛星観測を通じて、研究者は、降雨量、植生の生産性、曇り、地域全体の森林の増減など、重要な生態系のバイタルサインを監視できます。 Oglesbyと彼の同僚は、NASAのマーシャル宇宙飛行センターにあるグローバル水文学リソースセンターで、マヤの森林破壊の気候への影響に関するモデリング実験の結果をアーカイブします。

彼らは中央アメリカの森林がメキシコで見られるような皆伐を免れることができることを望んでいますが、研究者たちはこの地域のすべての開発を止めたくありません。 “The purpose isn’t to discourage any development, but to encourage improved development,” Irwin said.

Remote-sensing data and modeling technology have already enabled natural resource managers in Mesoamerica to predict and avoid environmental damage. Irwin recalled a proposal to build a road through the middle of a reserve to connect two archaeological sites. Using data on how deforestation spreads outward from roads, the scientists developed a model that examined the road’s distance from water, the surrounding soil type, and other factors. “We made an animation of what the place would look like in one year, two years, four years, etc. That particular study was a factor in the decision to build the road around the reserve instead,” Irwin said.

Irwin is also encouraged by improved agricultural practices, such as shaded coffee. In a traditional coffee plantation, farmers typically cut down all the trees, a process that’s harmful to wild birds, including local species like macaws and quetzals, and migrating songbirds. By planting shade-tolerant coffee around existing trees, farmers can strike a balance. “You can find all kinds of birds on shaded coffee plantations. It’s a type of agriculture that goes along with the theme of the corridor,” he said.

Using Satellite Data to Study the Corridor

Sever and Irwin are now providing Mesoamerican scientists, policymakers, and land managers with direct access to satellite data and models. “The Guatemalan Minister of the Environment wants to replace his old topographic map with a plasma TV showing the latest data,” Irwin said.

To improve general access to remote-sensing data, NASA has partnered with the U.S. Agency for International Development, the World Bank, the Central American Commission for Environment and Development, and several U.S. universities to develop the SIAM-SERVIR Website. The site offers a satellite data archive and distribution system for professional researchers, maps for more casual users, visualizations, and a decision support system that provides information to researchers and policymakers.

Animals that depend on the rainforest for habitat in the Mesoamerican Biological Corridor include (left to right) hummingbirds, howler monkeys, quetzals, jaguars, and macaws. (Howler monkey image courtesy of the U.S. National Park Service, quetzal image courtesy of Cloud Forest Alive, other images from Photos.com.)

The Website, initially developed at NASA’s Marshall Space Flight Center, will ultimately be hosted in Panama, with nodes throughout Central America. “We’re proud of the decentralized control,” said Irwin. “Users can post data and make them available to anyone.” Another source of pride for Irwin is the rapid spread of remote-sensing expertise. “I’m the first to admit that there are people in Central America I’ve trained who know more than I do now when it comes to some of the imagery,” he said. “I have to read the book to keep up with them.”

Remote sensing and climate modeling have given today’s Mesoamericans a chance to understand their environment in a unique way—one that would probably have been as surprising to the Maya as it was to the Guatemalan farmers seeing the satellite photos of their surroundings for the first time. Archeological studies have likewise given modern Mesoamericans clues to Mayan success and eventual failure.

The Mesoamerican Biological Corridor may give the region’s tropical forest ecosystems a chance to thrive despite increased population pressure. The environment around Petén recovered only after the Maya deserted, but scientists involved in the corridor hope to strike a balance between human needs and environmental health. “We’re trying to protect the forest to avoid what happened at the time of the Mayan collapse,” Sever explained. “This project shows how various organizations, researchers, and new technology can come together to make something productive, something that’s beneficial for everyone.”

Reliable information on the state of Mesoamerican environment and how it reacts to natural and human-produced change is fundamental to helping Mesoamerica’s modern residents recreate the Maya’s successes without repeating their mistakes.


The SIAM-SERVIR Website monitors wildfires, such as these fires burning across the Yucatán Peninsula.詳細については、ここをクリックしてください。


Discovering a New Pyramid

Thanks to LiDAR (Light Detection and Ranging) technology, 60,000 structures belonging to the Mayans were discovered in September 2018 alone. One of the 60,000 structures discovered was a pyramid that is seven stories high. Before LiDAR, the large pyramid had simply gone unnoticed.

Researchers used the new technology to take images of an area measuring 800 square by firing pulses of lasers that registered 900,000 times per second. This created images of the topography so accurate that any man-made structures stuck out from the natural vegetation enveloping it.


Polychrome Stucco Figure of a Jaguar Warrior

One of the few known examples of large, three-dimensional stucco sculptures discovered with its original colors still preserved. The jaguar-masked figure is believed to represent a mythological feline being – either a high-ranking noble in the guise of a jaguar deity or one of the feline figures from the diverse pantheon of classic Maya deities. It measures over 9 feet long and 2 feet high (Height: 66 cm Length: 266 cm Width: 105 cm). Maya Lowlands, Peten, Guatemala, Early Classic period (ca. 250-600 CE). Fundación La Ruta Maya, Guatemala


Calendars and Religion

The Maya utilized complex mathematical and astronomical calculations to build their monuments and conceptualize the cosmography of their religion. Each of the four directions represented specific deities, colors, and elements. The underworld, the cosmos, and the great tree of life at the center of the world all played their part in how buildings were built and when feasts or sacrifices were practiced. Ancestors and deities helped weave the various levels of existence together through ritual, sacrifice, and measured solar years.

The Maya developed a mathematical system that is strikingly similar to the Olmec traditions. The Maya also linked this complex system to the deity Itzamna. This deity was believed to have brought much of Maya culture to Earth. A 260-day calendar (Tzolkin) was combined with the 365-day solar calendar (Haab’) to create a calendar round. This calendar round would take fifty-two solar years to return to the original first date. The Tzolkin calendar was used to calculate exact religious festival days. It utilized twenty named days that repeated thirteen times in that calendar year. The solar calendar (Haab’) is very similar to the modern solar calendar year that uses Earth’s orbit around the Sun to measure time. The Maya believed there were five chaotic days at the end of the solar year that allowed the portals between worlds to open up, known as Wayeb’.

A Classic period Maya calendar. Each symbol represents a specific day within the calendar. When the Tzolkin and Haab’ calendar’s are combined they create a fifty-two-year solar calendar.

These calendars were recorded utilizing specific symbols for each day in the two central cycles. Calendrical stones were employed to carefully follow the movement of the solar and religious years. Although less commonly used, the Maya also employed a long count calendar that calculated dates hundreds of years in the future. They also inscribed a lengthier 819-day calendar on many religious temples throughout the region that most likely coincided with important religious days.


Belize Maya Culture & History

Archeological records have dated the arrival of the Maya to what is now Belize to 2500 B.C. when they arrived in the Cuello area in the northern part of the country. Today, the descendants of that ancient people make up one of the distinct populations in Belize.

Scholars divide the period of the Ancient Maya into three categories. The Classic Period is when the Maya culture reach its zenith in the years between A.D. 250 and A.D. 1000. For unknown reasons, Maya city states began to disintegrate after that point. Archeologists have speculated that it as due to environmental causes, plagues, or widespread civil unrest but no exact cause has ever been determined.

Today, there are three distinct groups of Maya living in Belize. In the northern districts of Corozal and Orange Walk lives a population known as the Yucatec Maya who originally migrated from neighboring Mexico. In the southern Toledo District of Belize live the Mopan Maya who originally migrated from the San Luis area of the Peten region in neighboring Guatemala. There is also a branch of the Mopan Maya clustered around the village of San Jose Succotz formed of a mixture of Maya from Mexican and Guatemalan immigrants. Also located in the southern Toledo District are the Kekchi Maya who migrated from San Pedro Corcha in Guatemala.

Mayan is not one language but the name given to an entire family of languages. Today, linguists have identified approximately 20 different mutually dialects of Mayan. In the northern, Maya speak a dialect known as Yucateco while the Maya in the south speak either Mopanero or Kekchi dialects. As citizens of Belize, most Maya speak English as well as their native language. Many Maya also speak Spanish as the result of long contact with the cultures in Mexico and Guatemala.

Today’s Maya are largely an agricultural people, growing and eating traditional foods like corn, beans, pork and fish. The Maya make up about 11% of Belize’s population. Most Maya live in traditional villages but some also live near the now-ruined cities of the Ancient Maya Empire. Maya Ruins like Altun Ha, Cuello, Lubaantun, Caracol, Lamanai and Xunantunich are popular tourist destinations today, serving as proud reminders of the long history of Maya civilization.

Located just minutes away by foot from the famous Mayan Royal Palace of Cahal Pech, the resort at Cahal Pech is the place to stay when exploring ancient Mayan ruins in Belize. Visitors will enjoy the panoramic view from atop an ancient Maya hill in San Ignacio, with easy access to other historic Mayan ruins like the famous Tikal site just across the border in Guatemala.

For more information about accomodations, or to schedule one of our guided tours of the area, please do not hesitate to contact us.


Primary Sidebar

Archaeology At Uxbenka Belize Points To Ancient Maya Wealth Disparity

Archaeology digs of numerous houses excavated at two sites in southern Belize is providing insight into gaping wealth inequality in ancient Maya cities – a disparity that researchers believe was closely linked to despotic leadership. Archaeologists on Wednesday said they studied remains of 180 homes in the medium-sized city of Uxbenká and 93 homes in [&hellip]

Belize Population By District And Sex

Here are the statistics of Belize’s population broken down by district and sex calculated as at 2010 courtesy of the Statistical Institute of Belize. From left to right the figures show Total, followed by Male and Female population totals. Population COUNTRY TOTAL Update: 420,000 – Citation 14 June 2021 Dr. Natalia Largaespada Beer, Maternal & [&hellip]

Iris Salguero Is Miss Belize Universe 2021

The new Miss Universe Belize 2020 – 2021 is 24 year old Iris Salguero from San Pedro. The announcement was made at a Miss Belize Universe Press Conference Reveal held today at the Best Western Hotel in Belize city. Iris Salguero grew up in San Pedro Ambergris Caye in Belize. As one of twelve siblings, [&hellip]

The Perils Of Living In Paradise

Belize is oft described as a tropical paradise. First inhabited by the Mayas. And then invaded by European settlers and pirates, the idyllic Caribbean destination in Central America attracts immigrants and expats looking for adventure, sunny clime and opportunity. Add to the mix the rich and famous and it can be a potent brew. Such [&hellip]

Expat Heroic Stand Against Marauding Sea Pirates

Austrian national and Placencia resort owner Christian Gigi Gusenbauer fought off sea pirates on his island home Friday 19 February. It happened at about 6:45 pm when Christian was alone on his Private Haven island located in the Lark Caye Range. That’s when he saw three to four dark-skinned men wearing hoodies approaching his house. [&hellip]


ビデオを見る: NiziU 綺麗なお姉さんは好きですか リオ Nizi Project