ツタンカーメン王の石棺が発見された

ツタンカーメン王の石棺が発見された


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イギリスの考古学者ハワード・カーターと彼の労働者がエジプトのルクソール近くのファラオツタンカーメンの墓を発見してから2年後、彼らは墓の最大の宝物であるツタンカーメンのミイラを保持する固い金の棺を含む石棺を発見しました。

カーターが1891年に最初にエジプトに到着したとき、古代エジプトの墓のほとんどが発見されていましたが、彼が10代のときに亡くなったあまり知られていないファラオツタンカーメンはまだ説明されていませんでした。第一次世界大戦後、カーターは「ツタンカーメン王の墓」の徹底的な検索を開始し、王家の谷にあるラムセス6世の近くの墓の入り口近くの残骸に隠された埋葬室への階段を最終的に見つけました。 1922年11月26日、カーターと仲間の考古学者であるカーナーボン卿が墓に入り、奇跡的に無傷であることがわかりました。

続きを読む:ツタンカーメン王の墓の見事な写真を見る

このようにして、カーターが4年間にわたって4部屋の墓を注意深く探索し、数千のオブジェクトの信じられないほどのコレクションを発見するという記念碑的な発掘プロセスが始まりました。最も素晴らしい建築上の発見は、互いに入れ子になった3つの棺を含む石棺でした。純金で作られた最後の棺の中には、3000年以上保存されていた少年王ツタンカーメンのミイラがありました。


ツタンカーメン王の姉妹は彼が死ぬ前に王位に就いた、物議を醸す主張は言う

考古学者は、有名なツタンカーメン王が王位に就く前に、「謎の女性ファラオ」が古代エジプトを支配したことを知っています。彼らはこの女性の王の王室の名前であるネフェルネフェルアテンアンクヘペルーレを知っていましたが、彼女の正体はとらえどころのないままでしたが、ツタンカーメンの有名な墓はもともと彼女のためのものでした。

研究者の新しい、物議を醸す研究によると、今、研究者は謎の女性がツタンカーメン王の2人の姉に他ならないかもしれないと言います。

ツタンカーメン王の父、アケナテン王が亡くなった後、彼の最年少の生き残った娘、ネフェルネフェルアテンが12歳でエジプトを支配し始めた可能性があります。おそらく、最初は男性になりすました。この間、ネフェルネフェルアテンの姉メリトアテンは彼女の偉大な王室の配偶者を務めました。

しかし、メリトアテンはその「偉大な王室の配偶者」の称号を長く保持しませんでした。モントリオールのケベック大学の美術史教授で視覚記号論の専門家である研究者のVal&eacuterie Angenotは、次のように述べています。 「彼らは実際には、1つのファラオと1つの女王というこのより伝統的な見方ではなく、2つの女王ファラオとして支配していました。」 [写真:ツタンカーメン王の生と死]

しかし、「2人の女王ファラオ」についてのアンジェノットの考えはエジプト学者の間で物議を醸しています。彼らの多くは謎の女王はアケナテン王の主妻でツタンカーメン王の継母であるネフェルティティに他ならないと考えています。

アンジェノットは、4月12〜14日にバージニア州アレクサンドリアで開催されたエジプトのアメリカ研究センターの年次総会で、査読付きのジャーナルにまだ発表されていない彼女の研究を発表しました。


ツタンカーメン王の物議を醸す来世

王家の谷は、ルクソールからフェリーですぐのナイル川の曲がり角にあります。渓谷は岩が多く急勾配ですが、少し北に行くと、なだらかに起伏する丘や、時折見られるマークの木の雑木林にさえ道を譲ります。イギリスのエジプト学者ハワード・カーターがファラオのツタンカーメンの墓を発掘した1922年に住んでいたのは、ここで、謙虚な泥レンガの家で、少年王と彼自身の両方を歴史の年代記に永遠に祀っていました。&# 160&#160

関連記事

シャドウキング:ツタンカーメン王のミイラの奇妙な来世

関連性のあるコンテンツ

最近、この家は博物館として機能し、ほぼ元の状態に復元され、カーターの所持品のタイプライター、カメラ、レコードプレーヤー、いくつかの地図、いくつかの日よけ帽が積み上げられています。博物館の裏側には暗室があり、道路に面した正面には日陰のベランダがあります。

私が訪れた9月の日、その場所は空でした。ただし、エマン・ハガグとマフムード・マフムードの2人の世話人と、タイル張りの床を横切って自分の影を追いかけていたオレンジ色の子猫がいました。

電力を節約するためにほとんどの照明が消されており、カーターの発見に関するホログラフィックプレゼンテーションは壊れていました。私はハガグに一日に何人の訪問者を見たのか尋ねました。彼女は肩をすくめ、手を勉強した。 &#8220時々4つ&#8221彼女は言った。 &#8220時々2つ。時々ない。&#8221&#160

マフムードは私を外に導き、絡み合ったブドウの木のトレリスが張り出した緑豊かな庭園を通り、放射性降下物の避難所のように見える場所の入り口に向かった。ツタンカーメンの墓の正確な複製であり、ほんの数か月前に開かれ、マフムードはそれを誇示することに熱心でした。&#160

新しいコンピューターの再構築は、内反足と「女性化」ホルモン障害を伴うツットを描いています。 (BBC /スミソニアンチャンネル) 他の人々は、汚染を除外することはできないと言って、TutDNA研究に疑問を投げかけています。 (ケネス・ギャレット) &#8220発見された墓、&#8221ハワードカーターは1922年11月5日の日記に記されています。(アートメディア/プリントコレクター/ゲッティイメージズアピック/ゲッティイメージズ) 今日、ハワード・カーターが住んでいた家の近くに、レプリカの墓が訪問者を待っています。 (デビッドデグナー/ルポルタージュ) 放射線科医のAshrafSelimは、専門家がTutのCTスキャンの意味について激しく議論したと言います。 (デビッドデグナー) Ismail、Gad、Hawassは、2008年に女性のミイラの組織を分析しました。(KennethGarrett) サリマ・イクラムは、タットがてんかんを患っていたか、殺害されたことに懐疑的です。 (デビッドデグナー) Tutの頭蓋骨のCTスキャン。 (デビッドデグナー) Tut&#8217sの石棺は、王家の谷の元の休憩所にあります。ミイラは別のケースで表示されます。 (デビッドデグナー) ルクソールへの観光客は見るものに事欠きません(上に、ツタンカーメンの壮大な葬儀マスクを含む、エジプトのいくつかの人気観光スポットのポストカードのスタンド)。 (デビッドデグナー) ルクソールショップのウェアは、当時マイナーなファロアであったツットが私たちの中で群を抜いて最も有名であるという皮肉を浮き彫りにしています。 (デビッドデグナー) ルクソールの観光市場の屋台は、ファラオの小物やその他のお土産で通行人を誘惑します。 (デビッドデグナー) 少年王は紀元前1323年頃に亡くなりました。約19歳で(上記、墓の中の彼のミイラ)。戦車事故を含む理論はたくさんあるが、彼の死の原因は不明である。 (デビッドデグナー) 王家の谷でハワード・カーターによって1922年に発見されたツタンカーメン王の墓は、年間何万人もの観光客を魅了しています。 (上では、訪問者は入り口の近くで並んで待っています。)(David Degner) KV62として知られるツタンカーメン王の墓は、王家の谷にある63の王家の墓の1つです。他の墓ほど印象的ではありませんが、低めで窮屈な墓は、谷のスターアトラクションのままです。 (デビッドデグナー) 観光客はルクソールの野菜市場を馬車で通り抜けます。 (デビッドデグナー) 何年にもわたって、研究者たちはツタンカーメン王(上記、2005年に撮影された彼の頭蓋骨のX線写真)に対してあらゆる種類の医学的検査を実施し、彼がどのように生き、そして死んだかについて詳しく調べてきました。 (提供:BBC) カーターが発見したとき、ツタンカーメン王の墓はほとんど無傷でした。そこに含まれていた宝物の中には、カイロのエジプト考古学博物館に展示されているこの壮大な金の埋葬マスクがありました。 (デビッドデグナー)

&#8220本物の墓での観光が壊滅的な影響を及ぼしていることはわかっていました&#8212すべての足の交通、すべての息、すべての手&#8221ファクトゥム・アルテがファクシミリを作成した英国の芸術家、アダム・ロウは私に話しました。 &#8220崩壊が進む前に、より責任ある観光を奨励したかった。&#8221&#160

レプリカを作成する最初のステップは、元の墓の表面を綿密に調査し、レーザーと光のデバイスで1インチごとにスキャンすることと、5週間かかった高解像度の写真撮影のプロセスでした。得られたデータはマドリードに持ち込まれ、そこで処理され、墓の表面やその他の構造物を正確に彫るために使用されました。これらの構造物は、手塗りの樹脂の石棺の複製を作成した、わずかに弾力性のある印刷されたアクリルスキンで覆われていました。

ロウはもともと2011年に展示会を開くことを望んでいましたが、エジプト革命はすべてを混乱に陥れ、作品がルクソールに届いたのは2013年まででした。その間、王家の谷に入る訪問者の数は、テロと政情不安の脅威のために大幅に減少しました。

マフムードは、まもなく観光業が上向きになるだろうと予測しました。 &#8220そして、&#8221彼は、うまくいけば、&#8220元の墓が閉まり、たくさんの人が私たちのところに来るだろうと言いました。&#8221今のところ私だけが訪問者でした。マフムードは彼のお気に入りの絵を指さしました。12匹の座ったヒヒの壁画で、それぞれが夜の異なる時間を表しています。ヒヒの上で、ここでは夜明けを表すスカラベが太陽の舟に乗って航海しました。&#160

細部は驚くべきものでした。壁画が完全に再現されただけでなく、壁画にまだらにされたカビの胞子が生えていました。石棺の溝のある象形文字と、来世に迎えられたツットの肌のフランケンシュタインの緑を描いた絵に指をかけました。

そこに立っていると、歴史に一歩近づき、紀元前1323年頃に生涯と明らかに早すぎる死を遂げた若い王に一歩近づくことができました。あらゆる種類のエジプト学者を悩ませ続けます。その意味で、技術の進歩により、ツタンカーメン王が誰であるかをこれまで以上に理解できるようになりました。しかし、別の深遠な意味では、彼の死後3千年、そして哲学的および科学的な議論が相次ぎ、Tutの研究の分野を揺るがしているのです。

&#8220Tutankhamunは、ほぼ100年間、理論の投影スクリーンでした。&#8221エジプト学者のサリマ・イクラムは、カイロでコーヒーを飲みながら、長い世紀のTut理論をまとめた2013年の主要論文の共著者でした。 &#8220率直に言って、その一部は研究者のエゴです。そして、その一部は過去を説明したいという私たちの願いです。ほら、私たちはすべてのストーリーテラーを中心にしています。そして、私たちは公共の財産となったこのかわいそうな少年についての話をすることに非常に夢中になっています。&#8221

エジプト学は常に推測のゲームであり、その一部は根付いており、一部は明らかにそうではありません。アーサーフィリップスの2004年小説の主人公として エジプト学者 過ぎ去ったファラオの書き込み、&#8220これらのかつての偉大な男性と女性は、今では最も細いフィラメントによって苦労して獲得した不死に固執しています。その間、歴史家と掘削機は、彼らからのその時間の隔たりを越えて、ほとんど消えてしまった英雄が渡るための知識に基づいた推測の厄介な橋を築くのに苦労しています。&#8221

ハワードカーターが現在KV62として知られている墓を発見して以来、1922年に、タットほど「知識に基づいた推測」に影響を与えたファラオはありません。彼はおそらく、何世紀にもわたる多神教の伝統を打ち破り、単一の神、アテン、太陽の崇拝を奨励したことで有名な支配者、アケナテンの治世中に成熟しました。 &#8220Tutankhaten&#8221&#8212文字通り生まれ、&#8220Aten&#8221&#8212Tutの生きたイメージは9歳で王になったと考えられ、19または20歳で死ぬまで(おそらく顧問の助けを借りて)支配しました。&# 160

ラムセス2世のような強力なファラオの長い統治と比較して、Tutの支配は取るに足らないように思えるかもしれません。 &#8220私たちがツットにどれだけ注意を払っているのかを考えると&#8221は、エジプトのアメリカ研究センターのエジプト学者であるチャック・ヴァン・シクレンが、まるであなたが米国大統領の歴史を書き、3人を捧げたかのように言った。ウィリアム・ヘンリー・ハリソンへの長い章。&#8221&#160

それでも、ユングのアナリストは、なぜTutが長い間世界の注目を集めてきたのかを理解する必要はありません。エジプト学者は長い間、主にスクラップや破片を処理することを余儀なくされていましたが、ツタンカーメンの墓はほぼ無傷で、幻想的な宝物が山積みになっていることがわかりました。突き出た偽のあごひげとコイル状の蛇が、攻撃の準備ができている、とてつもなく美しい埋葬マスクがありました。カーターの大金持ちの支持者であるカーナーボン卿の命を奪ったと思われる「呪い」の噂がありました。そして何よりも、トゥットの死の謎がありました。彼は突然死んだようで、別の王のために建てられた墓に置かれました。

過去を再構築する力がますます高まっている現代科学が、この食欲をそそる謎を救うことを望んでいることを誰も非難することはできません。科学的なTut-ologyの最新の段階は、当時エジプトの古物学サービスの責任者であったZahiHawassが最新の技術を使用してエジプトのミイラを研究した2005年に始まりました。彼は、カイロにあるエジプト考古学博物館(別名エジプト考古学博物館)で数人の王族のCTスキャンを開始した後、CTスキャナーをルクソールまで運転してTut自身のテストを行いました。

彼はミイラがぞっとするような状態にあるのを見つけました。それは、ロシアの入れ子人形のように石棺に座っていた3つの棺に埋葬されていました。時間が経つにつれて、ミイラ化プロセスで使用された樹脂と軟膏は凝固し、2つの内側の棺を一緒に密封しました。カーターは、棺桶からミイラを取り除き、宝石やお守りを手に入れるために、ますます暴力的な操作を採用していました。まず、熱が樹脂を溶かすのを期待して、最も内側の棺を太陽の下に置いて焙煎しました。次に、カーターの提案で、ダグラス・デリーという名前の解剖学者がミイラのラッピングに熱いパラフィンを注ぎました。その後、彼らは体をこじ開けてさまざまな手足を引き離し、ナイフを使って埋葬マスクをツットの頭から切り離しました。カーターは後でミイラを可能な限り組み立て直し(マスクとジュエリーを除く)、砂で裏打ちされた木製のトレイに置きました。

ハワスはしわが寄った壊れたものを見ていました。 &#8220砂の廃墟に横たわっている古代の記念碑を思い出しました&#8221彼は書いています。それでも、彼と彼の科学的な同僚は、トレイに寄りかかったミイラをCTスキャナーに向かって歩きました。&#160

ハワスはすぐにカイロに戻り、ツタンカーメンの約1,700枚のCT画像を撮影しました。そこでは、エジプトの科学者と3人の外国人コンサルタントによって検査されました。放射線科医のPaul Gostner Eduard Egarter-Vigl、法医病理学者、Frank R&#252hli、チューリッヒ大学を拠点とする古病理学者です。&#160

Hawassがチームの調査結果を発表したとき、2005年3月、バナーの啓示は、1960年代のX線スキャン中に最初に記録された頭蓋骨の浮遊骨片がおそらく暴力の結果ではなかったということでした。プロとアマチュアの学者が主張したように、殺人、頭を打つ。実際、CTスキャンでは、1つの破片が椎骨からのものであり、もう1つの破片が頭蓋底の開口部からのものであることが示されました。防腐剤がTutの頭に2つ目の穴を開けたようで、これは他の王室のミイラ化で使用されていた手法です。&#160

では、Tutはどのように亡くなったのでしょうか。 CTスキャンを分析したところ、ハワスと彼の同僚は左下大腿骨の骨折を発見しました。 &#8220この破損、&#8221プレスリリースの読み取り、&#8220は、カーターのチームによって引き起こされた多くの破損とは異なって見えます。鋭いエッジではなく不規則であり、内部に2層の防腐剤が存在します。&#8221おそらくツタンカーメンは戦闘中または狩猟中に負傷し、傷は致命的に感染し、傷がまだ新鮮な間にミイラ化されたのだろう。したがって、世界中の新聞やニュース番組に飛び散った壊れた大腿骨理論は、事実に近いものと見なされるようになりました。&#160

それでも、CT検査に出席した2人の科学者は、当時の骨折について専門家の意見の不一致があり、それがTutの死につながったと主張する人もいれば、それを結論付けるのに十分なデータがなかったと主張する人もいました。ジョーマーチャントが2013年の本で述べているように シャドウキング:ツタンカーメン王の奇妙な来世 、&​​#8220 3千年前の体の中の手がかりを解釈するのは簡単ではありません。特に、古代のエンバルマーによって破壊され、現代の考古学者によって解体され、略奪者によって投げ出されたものです。&#8221 R&#252hli最初は脚の骨折がTutの死の一因となった可能性があると信じていました。しかし、彼はその考えにもっと懐疑的になりました。 &#8220私はまだそれが最も可能性の高い診断だと思います&#8221彼はSkypeのインタビューで私に話しました。 &#8220しかし、8年または9年が経過し、私は科学についてはるかに経験を積むようになりました。私は、私たちがどれほどのプレッシャーを受けているかを考えるのに多くの時間を費やしました。&#8221&#160

もちろん、R&#252hliが私に提案したように、彼と他の研究者がCTスキャンを再評価できれば、議論を解決できるかもしれません。しかし、エジプトの古物当局は2005年に画像にけちをつけていました。たとえば、専門家はデータセット全体を家に持ち帰ることを許可されておらず、1,700回のスキャンのうち公開されたのはほんのわずかです。残りはハワスと彼の同僚によって管理されています。&#160

彼らがスキャンをリリースすることを計画したとき、私はメールでハワスに尋ねました。彼は答えた、&#8220私たちは今それをするために働いています。&#8221彼は日付を指定しませんでした。&#160

王家の谷に戻り、今回はルクソールとヨルダン川西岸を結ぶ長い橋を渡りました。きらめく液体の光が砂糖畑の上で奏でられ、すでにひどく大きい太陽が地平線にくっついていました。ガラビアの警備員が入口道路の検問所に人員を配置し、アサルトライフルを握りしめたり、散弾銃を錆びさせたりしました。他の唯一のトラフィックは、半分飢えているように見えたロバのカートと細い牛で構成されていました。&#160

すぐに、タクシーはテーベの丘によって縁取られました。歴史家は、古代エジプト人が車サイズの岩の塊をギザのピラミッドに成形したり、王家の谷の下に精巧な墓地遺跡を作成するために地球の奥深くに潜り込んだりした方法に長い間驚いていました。私には、最初の西洋の考古学者がこれらの丘に到着し、中に入るチャンスがあるとさえ思ったのも同様に信じられないように思えました。崖と丘は要塞であり、印象的で、硬く、侵入できません。&#160

タクシーは私をビジターセンターに残しました。チケットを購入した後、私はゴルフカートに乗って短い砂利の斜面を登りました。日陰のパビリオンで、ガイドがツタンカーメンについての講義を、汗をかいていて明らかに疲れているオーストラリア人女性のペアに提供していました。 &#8220ある年、私たちは確かに何かを知っていると思います。翌年、彼らは私たちに、いいえ、あなたは完全に間違っていると言います、そしてガイドは残酷に眉をひそめながら言いました。 &#8220しかし、それは大丈夫だと思います。少し謎があっても大丈夫です。そして多分私達は彼に実際に何が起こったのか決して知らないでしょう。それも大丈夫です。&#8221&#160

王家の谷を覆っている数十の墓の中で、ツタンカーメンは最も印象的ではありません。それは低くて窮屈で、現在すべての宝物はカイロのエジプト考古学博物館にあるので、壁画とツタンカーメン王自身を除いて、KV62で見るものはあまりありません。それでも、墓は王家の谷のスター観光名所のままです。


ツタンカーメン王の石棺が発見された-歴史

ニコラス・リーブスが隠された部屋があると信じている墓の中に。画像ソース:ナショナルジオグラフィック/ブランドキリシ

ハリー、移動してください。町と、伝説的なエジプトの少年王ツタンカーメンの墓に、おそらく新しい「秘密の部屋」があります。英国の考古学者でエジプト学者のニコラス・リーブスは最近、93年前にハワード・カーターによって発見された有名な埋葬地には1つではなく、 2 隠された部屋。さらに興味深いことに、彼は、埋葬地が謎のままであるネフェルティティ女王がその中にいると考えています。

リーブスは、墓の壁の高解像度スキャンと歴史に基づいて理論を立てています。実際、3000年前、侵入者は、ツタンカーメン王の墓と同様の装飾と建築的特徴を備えた壁である、塗装されたシーンで飾られた偽の壁をはしけた後、ファラオホルエムヘブの石棺を発見しました。

墓の内部を調査しているリーブス。画像出典:Neurope

リーブスの隠された部屋の理論を支持する詳細は積み重なっていきます。 「最も明白な[証拠]は、ツタンカーメンの埋葬室の石の天井を横切る彫刻された線です。」 ナショナル・ジオグラフィック&#8216sピーター・ヘスラーが書いた。 &#8220このような線は、作業員がノミを使用して天井と壁の間に直角を作るときに作成され、そのようなマークは前室の長さにわたっています。

&#8220しかし、アンテカンバーが埋葬室に開くと、&#8221ヘスラーは付け加えます。&#8220この彫りの深い線は天井の真ん中をまっすぐに横切っています。埋葬室が元々長い廊下の一部であり、その後1つのセクションに拡大された場合を除いて、そこにあるという論理的な理由はありません。」

墓の内部の地図。画像ソース:デイリーメール

リーブスはまた、ツットの部屋の壁の絵がうまく解釈されていないと信じています。リーブスの目では、この絵は、一般的に考えられているように、ツットが「口を開ける」死の儀式を受けていることを示していませんが、ネフェルティティを示しています。これは、ツタンカーメン王の墓が元々強力なネフェルティティのために計画および建設されたという彼の仮説を裏付けています。しかし、若い王が予期せず最初に亡くなったため、19歳で代わりにそこに埋葬されました。これは同様に、Tutに関連する最も有名なアーティファクトである金の葬儀用マスクが実際には象徴的なもののために設計されたというリーブスの考えに権威を与えます 女王。結局のところ、それは男性のファラオが身に着けていなかったイヤリングの穴を含んでいます。

「口開けの儀式」の儀式、トップ。画像出典:ワシントンポスト

リーブスは、レーダーと熱画像技術を使用して、今年11月にこれらの壁の背後にあるものをよりよく把握することを計画しており、結果はすぐに得られるはずです。考古学者は、一方の部屋が保管場所にすぎないのではないかと疑っていますが、もう一方の部屋に石棺を見つけることを望んでいます。

ツタンカーメン王の墓の北壁の後ろでミイラ化されているのを見つけられたのは誰なのか、憶測にさらされています。実際、リーブスは考古学コミュニティの一部のメンバーと問題を抱えています。ブリストル大学のエジプト学者であるエイダン・ドドソン博士は、「出入り口の話は大丈夫だったでしょう」と述べましたが、ネフェルティティを追加することは「推測的」でした。 インデペンデント 報告。

ネフェルティティ以外では、この部屋はファラオのスメンクカーラーやツタンカーメンの姉妹であるメリトアテン女王の埋葬地である可能性があるとの仮説が立てられています。 (別のどんでん返しでは、リーブスは実際にツタンカーメンの前任者、ネフェルネフェルアテンという名前の別のファラオ、ネフェルティティはすべて同じ人物であると信じています。ネフェルティティとして知られている女王は姿を消し、リーブスは彼女が夫と一緒にファラオになるために異なる名前をとる可能性を指摘します、ツタンカーメンの父、アケナテン。)

エジプト、ルクソールの王家の谷のガラスケースに展示されたツタンカーメン。ナリマンエルモフティ/ AP通信。画像出典:ワシントンポスト

時間と熱画像装置だけがこれらの部屋を仮説の場所から歴史に移すことができますが、石棺を見つける見込みは、リーブスとエジプトの観光産業にフラグを立てているものがスリル満点だと思うでしょう。 &#8220王家の谷でのエジプトのファラオの無傷の埋葬に、最近の歴史で初めて直面する可能性があります。善はそれが私たちに何を教えてくれるかを知っています。&#8221


ツタンカーメンの黄金の石棺が初めて墓から取り除かれ、「呪い」の恐怖が引き起こされました

ツタンカーメン王の石棺は100年ぶりに移動しましたが、多くの人が遺体が致命的な呪いを解き放つ可能性があると信じています。

エジプトは、2020年に計画されている大美術館の開館前に、ツタンカーメン王の遺物のコレクションに最後の仕上げを続けています。

エジプトは、2020年に計画されている大美術館の開館前に、ツタンカーメン王の遺物のコレクションに最後の仕上げを続けています。

ツタンカーメン王の石棺と並んだ顔の再建。彼の棺桶の除去は呪いの恐れを引き起こしました。写真:ディスカバリーチャンネル 出典:NewsCorp Australia

エジプトの少年王ツタンカーメンの不吉な金メッキの棺と何千もの遺物が、新しい博物館の展示のために考古学者によって復元されています。

Tutの石棺と彼の墓の貴重なコレクションは、エジプトがギザのピラミッドの近くに来年オープンする新しいグランドエジプト博物館(GEM)の目玉になると予想されています。

ツタンカーメン王の金のデスマスク。写真:供給/エジプト考古学博物館、カイロ 出典:ゲッティイメージズ

しかし、太陽によれば、多くの人は、彼の墓が開かれた後、発見に関与した人々の一連の死が続いたため、Tutの遺体は呪われていると信じています。

考古学者、そしてその家族でさえ、恐ろしい病気や奇妙な事故で亡くなりました&#x2014そして死は偶然ではなかったと言う人もいます。

エジプト、ルクソールのツタンカーメン王の墓の中の玄関ホール。墓の発見に関係した多くの人々が不思議な状況で亡くなりました。写真:付属 出典:NewsLimited

イギリスの考古学者ハワード・カーターは、1922年にルクソールの王家の谷で第18王朝の王の墓を発見しました。

墓は手つかずで、約5,000の遺物が含まれていました。

エジプトの考古省は、棺桶が先週、エジプト南部のツットの墓からGEMに運ばれ、墓の発見以来初めて復元されると述べました。

ツタンカーメン王の棺。写真:付属 出典:提供

3、000年以上前に不思議な状況で亡くなったファラオツタンカーメンの顔。 出典:NewsCorp Australia

&#x201C棺桶は、石膏の金色の層のひび割れやすべての金色の層の全体的な弱さなど、多くの損傷を受けています」と、GEMの専門家であるEissaZidan氏は述べています。

木でできて金で覆われた棺桶の修復作業には約8ヶ月かかると彼は付け加えた。

ツタンカーメンの他の2つの棺が、1922年にカイロのタハリール広場にあるエジプト考古学博物館に移された後、ツタンカーメンの墓に残された唯一の石棺でした。

ルクソールにあるツタンカーメン王(紀元前1341年から1323年)の墓のレイアウトを示すコンピューターの図と、さらに2つの可能性のある未発見の部屋(影付き)。写真:付属 出典:ゲッティイメージズ

エジプトは以前、約15年間建設中であり、一部が日本から資金提供を受けているGEMが、2020年末までに正式にオープンすることを発表しました。

エジプトの第18王朝のファラオであるツタンカーメンは、紀元前1332年から1323年までエジプトを統治していました。

彼は彼の年齢で最も有名です&#x2014専門家は、彼が世界で最も強力な帝国の治世をとったとき、少年はわずか10歳だったと信じています。

わずか19歳の彼の​​死は、何十年にもわたって専門家を困惑させてきました。足の骨折やその他の事故で亡くなったと信じている人もいれば、暗殺されたと疑う人もいます。

ツタンカーメン王のミイラを調べている考古学者ハワード・カーター、1922年。写真:提供 出典:NewsLimited

エジプト学者のカーナーボン卿は、1922年にツタンカーメン王の墓を発見した遠征隊を率いました。墓を開いてから数年以内に、10人が亡くなりました。写真:付属 出典:NewsCorp Australia

ファラオの呪いは本当ですか?

ツタンカーメンの墓は1922年11月29日に開かれました。これらはその後の死です。

カーナーボン卿(1923年4月5日死亡)&#x2014発掘調査の財政的支援者は、感染した蚊に刺されて死亡しました。

ジョージ・ジェイ・グールドI(1923年5月16日死去)&#x2014墓の訪問者、彼の訪問後の熱で亡くなりました。

Prince Ali Kamel Fahmy Bey(1923年7月10日死亡)&#x2014妻に撃たれて殺されたエジプトの王子。

ホン大佐。オーブリーハーバート、MP(1923年9月26日死亡)&#x2014カードナーボン卿の異母兄弟、彼は歯科治療に関連した敗血症で亡くなりました。

Archibald Douglas-Reid卿(1924年1月15日死亡)&#x2014Tutの墓をX線撮影した放射線科医が謎の病気で亡くなりました

リースタック卿(1924年11月19日死亡)&#x2014スーダン総督は

エジプトの首都カイロを暗殺された運転

A.C.メイス(1928年4月6日死亡)&#x2014ハワードカーターの発掘チームのメンバー、ヒ素中毒で死亡

本。マーヴィンハーバート(1929年5月26日死亡)&#x2014カーナーボン卿のもう一人の異母兄弟、マラリア性肺炎で死亡

キャプテン・ザ・ホン。リチャードベテル(1929年11月15日死亡)&#x2014ハワードカーターの個人秘書、メイフェアクラブでの窒息容疑で死亡

リチャード・ルトレル・ピルキントン・ベテル(1930年2月20日死亡)&#x2014リチャード・ベテルの父、おそらく彼の7階のアパートから身を投げ出した

ハワード・カーター(1923年2月16日死亡)&#x2014カーターはツットの墓を開き、ホジキン病で64歳で亡くなりました。彼の兄ウィリアムは同じ年に亡くなりました。


この写真のコレクションは、これまでで最も重要な考古学的発見の1つを信じられないほど見たものです。

1926年10月、ツタンカーメン王の墓|埋葬室から見た財務省の敷居にあるアヌビス神社(カーター番号261)。アヌビスの姿は、アケナテンのカルトゥーシュが刻まれたリネンのシャツで覆われていました。 (&copy&#65039オックスフォード大学グリフィス研究所、Dynamichromeによって着色)

1923年12月、ツタンカーメン王の墓|埋葬室の北西の角にある最初の(最も外側の)黄金の神社(カーター番号207)の壁の内側にブロンズの&#8216ロゼット(カーター番号209)で飾られたリネンの棺。 (&copy&#65039オックスフォード大学グリフィス研究所、Dynamichromeによって着色)

1926年10月、ツタンカーメン王の墓|財務省の中央を下る一連のチェストは、アラバスターのカノプス壺の中に、王のリネンで包まれた胃、腸、肝臓、肺をミニチュアの金の棺に収めたカノポス箱(カーター番号266)で終わります。 (&copy&#65039オックスフォード大学グリフィス研究所、Dynamichromeによって着色)


一生に一度の発見

無制限の健康問題を抱えるそのような若い王のために、ツタンカーメン王は、彼の仕事が彼の後継者によって大部分取り消されたにもかかわらず、エジプトを以前の栄光に戻そうとしました。彼の墓がイギリスの考古学者ハワード・カーターによって1922年に発見された後、彼はエジプトの王族の代名詞になりました。彼の墓を邪魔した人々にかけられたと思われる「呪い」は、現代世界におけるツタンカーメンの名声を後押ししました。墓に入った後の死のそれぞれが超自然的な原因ではないことが後で証明されましたが、呪いの物語はまだ生きています。

あまり知られていないのは、貴重な工芸品や宝物のキャッシュの中にあるツタンカーメン王の墓で見つかったアイテムの1つを取り巻く好奇心です。 In addition to the furniture, chariots, weapons, clothes, and 130 of his walking sticks, was a greatly embellished pectoral, a form of brooch. In its center displayed what appeared to be a scarab beetle made of yellow glass. While beautiful, archaeologists found this item especially intriguing as glass only began being manufactured in 500 B.C. As King Tut was born in 1324 B.C., how did he come to have this magnificent gem?


The truth of King Tut: The Egyptian Pharoah 'was developing breasts and had wide hips'

Link copied

Tutankhamun was the first royal Egyptian mummy that had been found untouched since its burial [GETTY]

When you subscribe we will use the information you provide to send you these newsletters. Sometimes they'll include recommendations for other related newsletters or services we offer. Our Privacy Notice explains more about how we use your data, and your rights.いつでも退会できます。

HIS face is one of the most recognisable in history, which is quite something considering he lived nearly 3,500 years ago. We know it from the golden death mask found on the mummy case in his tomb in the Valley of the Kings.

It shows a striking figure with delicate, pointed nose, huge almond shaped eyes, full lips, and pierced ears pulled clear of his elaborate headdress. He died aged just 19 but it is unclear what killed King Tutankhamun of Egypt. We do know he was the epitome of androgynous royal glamour.

Or at least we thought we did. But just as King Tut didn't actually walk around with a coiled cobra on his forehead (as the death mask shows) and his face wasn't actually made of gold, a computer generated 3D image made for a BBC documentary to be screened next weekend has revealed that, in the flesh, the boy pharaoh had a pronounced overbite.

The full body image also shows he was developing breasts, had wide, feminine hips and had a club foot.

That last detail, along with the fact he suffered from the bone condition K¶hler's disease, may be enough to rule out a chariot accident as the cause of his death, which is one theory popular with Egyptologists. Driving a chariot was a physically demanding business and it would have been nigh on impossible for someone with that level of disability to control one. The 130 canes found in the tomb further support the theory that he struggled to walk unaided and was probably in great pain.

In the flesh, the boy pharaoh had a pronounced overbite. The full body image also shows he was developing breasts, had wide, feminine hips and had a club foot.

Reigning for 11 years in the 18th dynasty - from 1336 to 1327BC - he was an unremarkable king. He inherited the throne at the age of eight or nine from his father Akhenaten, who had abandoned the old gods in favour of the solar deity Aten and built a new capital on the Nile about halfway between Cairo and Luxor.

Tutankhamun, advised by the army commander Horemheb who would later become pharaoh himself, ended the worship of Aten after his father's death and moved the capital back to Thebes - the site of modern Luxor.

THE reason he is the pharaoh we've all heard of is not because of anything special in his reign. Instead it relates to the discovery of his tomb. This was small for someone of his status but after being robbed a couple of times within a few months of burial, it was covered by stone chippings from subsequent burial work and its location was lost.

In later years huts for workers were unwittingly built over the entrance. In the early 20th century British Egyptologist Howard Carter and his wealthy patron the fifth Earl of Carnarvon found evidence of a king named Tutankhamun and realised his tomb had never been found. Carter searched for it for five years in the Valley of the Kings and was about to give up when he finally found the entrance in November, 1922.

The discovery was sensational. As well as the vast cache of treasures they uncovered, the body of the boy king - discovered the following spring - was the first royal Egyptian mummy that had been found untouched since its burial.

The excavation became the focus of media mania, fuelled by talk of a curse which an American journalist claimed had been inscribed at the door, threatening doom on anyone crossing the threshold. There is no evidence any such inscription existed but when Lord Carnarvon died after aggravating a mosquito bite while shaving just six weeks after entering the inner chamber, the legend took off.

Other victims were said to include a pet canary belonging to Carter which was eaten by a cobra, an American visitor to the tomb who died of fever shortly afterwards, an Egyptian prince who visited the tomb twice and was shot dead that summer by his French wife, as well as two of Carnarvon's brothers and a London radiologist who X-rayed the mummy.

A computer generated image shows the boy pharaoh had a club foot [STV]

In fact there was nothing remarkable about the deaths of people travelling in a malarial country before modern drugs. Carter lived for another 16 years and a historian who traced the fortunes of 26 Westerners present when the tomb, the sarcophagus or the coffins were opened found there was nothing abnormal in their longevity compared with other people who were in Egypt at the same time.

Nevertheless, talk of the curse strengthened the grip of Tutankhamun on the 20th century imagination. When the treasures were brought to the British Museum in a temporary exhibition in 1972, nearly 1.7 million people viewed them, forming long queues every day and setting the template for the modern museum blockbuster.

関連記事

GRADUALLY, modern science has undermined the glamour of the boy king. Damage to the back of the skull suggested he might have been murdered, perhaps by a high priest who had accused him of blasphemy.

It then turned out that the loose bone fragments weren't covered by embalming material, which they would have been if the injury had taken place before death.

It's more likely that the damage occurred when Carter was trying to remove the heavy gold mask. Analysis of the mummy's clothing revealed the king had a chest size of 31in, a waist of 39in and hips of 43in.

In other words, Tutankhamun was pearshaped - a result not of his bone structure but of fatty deposits on his hips. Statues of Akhenaten indicate the same body shape, suggesting the royal line suffered from some kind of inherited condition, perhaps a hormonal imbalance.

This theory was strengthened when DNA testing, which began in 2008, established that Tutankhamun's mother was a woman from a nearby tomb that archaeologists refer to as the Younger Lady. More dramatically, testing also showed that she was Akhenaten's sister. As the child of incestuous parents - perhaps in a misguided drive to keep the royal bloodline pure - it's little wonder Tutankhamun was plagued by congenital weaknesses.

His body was damaged in many places besides the skull, probably when the mummy was moved. The only fracture we know for certain happened just before death was a break to his leg. The assumption is that death resulted from complications from an accident.

A lecturer in surgery at Imperial College London, Hutan Ashrafian, has posited a theory about what kind of inherited condition, linked to a hormonal imbalance, might have caused such a leg break. This forms the climax of the documentary and the BBC has asked us not to reveal the details (even though Ashrafian first stated the same theory two years ago on US television and it's easily accessible on the internet).

It's only a theory and it may be hard to prove. But what we can say for certain is that there was very little you could describe as glamorous in the short, pain-ridden life of the misshapen King Tut.

&bull Tutankhamun: The Truth Uncovered will be shown on Sunday on BBC One at 9pm.


This 3,000-Year-Old Egyptian City Just Became the Most Important Archeological Discovery Since King Tut’s Tomb

ブライアンフッド

ブライアンフッドの最新のストーリー

Dr. Zahi Hawass

Archeologists never know what they&rsquoll find on a dig. Sometimes it might be a Paleolithic-era fossil. Other times, it might be an entire ancient city, which is what happened on a recent dig in Egypt.

Named &ldquoThe Rise of Aten,&rdquo the forgotten city was unearthed last fall beneath the sand of the western bank of Luxor, site of ancient Thebes, reports Smithsonian Magazine。 The 3,000-year-old city is the largest ancient municipality discovered in the country and has already been referred to as the most important architectural find within the country’s borders since the discovery of King Tut&rsquos tomb nearly 100 years ago.

関連記事

“Rise of Aten” ancient city Dr. Zahi Hawass

The ancient city is believed to date back to the reign of King Amenhotep III, who ruled over Egypt from 1391 and 1353 BCE, according to a Facebook post from lead archeologist Zahi Hawass. Amenhotep was the ninth king of the 18th dynasty and oversaw a period of wealth and prosperity throughout the land, which included the construction of a number of huge temples and public buildings.

Near the end of his life, Amenhotep would share power with his son, Amenhotep IV, who would drastically change the country&rsquos direction. Following his father&rsquos death, he changed his name to Akhenaten, abandoned all the old Egyptian gods besides the sun god Aten and moved the royal seat from Thebes to the new city of Akhetaten, which is now known as Amarna.

“The Rise of Aten” was discovered while Hawass and his team were looking for a mortuary temple last September. Located near several other monuments&mdashthe Colossi of Memnon, Madinat Habu Temple and Ramesseum&mdashthe group found a full-fledged city featuring a distinct administration area as well as a residential district filled with houses with 10-foot walls. The forgotten city also features a production area where mud bricks, amulets and other goods for buildings and temples were made, along with a bakery. A burial area has also been unearthed, but still needs to be fully examined.

A burial ground found in the “Rise of Aten” Dr. Zahi Hawass

Hawass&rsquos statement includes a quote from Betsy Davis, a professor of Egyptology at John Hopkins University, calling the ancient city the most important archeological discovery in the country since the tomb of Tutankhamun was found in 1922 (King Tut&rsquos grandfather was Amenhotep III). “The discovery of the Lost City, not only will give us a rare glimpse into the life of the Ancient Egyptians at the time where the Empire was at his wealthiest but will help us shed light on one of history’s greatest mystery: why did Akhenaten and Nefertiti decide to move to Amarna.”

Although the excavation started last September, there is still a lot of work to be done, as only the southern part of the city has been excavated. Considering no one even knew &ldquoRise of Aten&rdquo still existed this time last year, other mysteries from the ancient city may have yet to reveal themselves.


Mysterious Hidden Chambers Found in King Tut's Tomb

E xperts believe they have found two undiscovered chambers lying behind the west and north walls of King Tut’s tomb, Egypt’s antiquities minister announced Thursday.

Minister Mamdouh El Damati said a team of Japanese experts analyzed scans of the walls, and are 90% sure that two chambers containing organic and metal material lie behind Tutankhamun’s burial chamber, USA Today reports.

El Damati said the spaces may be another burial chamber. Archaeologist Nicholas Reeves published a paper last year suggesting that Nefertiti, generally accepted as Tut’s mother, could be buried behind the tomb’s north wall.

&ldquoIt could be the discovery of the century,&rdquo El Damati said. &ldquoIt is very important for Egyptian history and for all of the world.&rdquo

Experts will scan the walls of the tomb again at the end of the month to investigate further what lies beyond Tut’s burial chamber. Egypt had announced the possibility of a secret chamber in November. Archaeologist Howard Carter uncovered the famed tomb in 1922.



コメント:

  1. Kibar

    何が結果ですか?

  2. Tilden

    あなたは間違っています。私はそれを証明することができます。

  3. Cathaoir

    What an incomparable topic

  4. Maitland

    喜んで私は受け入れます。質問は興味深いです、私も議論に参加するでしょう。一緒に私たちは正しい答えに来ることができます。

  5. Delane

    ブログは非常に超です。私が知っているすべての人にそれをお勧めします!



メッセージを書く