ルースで捕虜となったドイツ人捕虜(2/2)

ルースで捕虜となったドイツ人捕虜(2/2)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ルーの戦い、 フィリップワーナー。この本の中心は、戦闘に関与したイギリスの各師団からの戦闘の一連の目撃証言であり、主に1970年代の戦闘の生存者によって著者に書かれた手紙から取られています。その結果は、他のほとんどの本が管理できない方法で私たちを塹壕に連れて行く軍事史の古典的な作品です。 [レビュー全文を読む]


ルースで捕虜となったドイツ人捕虜(2/2)-歴史

米軍が捕虜の扱いを目撃する公平なオブザーバーはいなかった。ドイツが無条件降伏した日から、1945年5月8日、スイスはドイツの囚人の公式の保護国として解任され、国際赤十字は、報告する保護国がないため、彼らが代表国に代表を送る必要がないことを知らされました。キャンプ。

西側のドイツ人捕虜の半分は米軍によって投獄され、半分はイギリス軍によって投獄されました。囚人の数は非常に多く、イギリス人はこれ以上受け入れることができませんでした。その結果、アメリカは1945年4月から9月にラインヴィーゼンラーガーを設立し、すぐに一連の「ケージ」を開いた牧草地に建設し、かみそりワイヤー。そのような悪名高いフィールドの1つは、ドイツ人捕虜がトイレ、テント、避難所のないオープンスペースに押し込められたバートクロイツナッハにありました。彼らは素手で眠っているスペースを地面に掘らなければならず、中には寝るのにかろうじて十分なスペースがあった。

バートクロイツナッハの檻では、最大56万人の男性が混雑した地域に収容され、十分な食料、水、避難所、衛生施設を拒否され、1日700カロリー未満で生存した後、病気、曝露、病気のハエのように死亡しました。バートクロイツナッハには1,000の公式墓地がありますが、調査が禁止されている集団墓地があると言われています。

ほとんどの収容所が閉鎖された後、または閉鎖の過程にあった1945年の秋までに、赤十字はフランスと英国の占領地域の収容所を訪問するために代表団を派遣し、最終的にごくわずかな救済を提供する許可を与えられました。赤十字が米国の占領地域の他の人々にトークンの救済さえ送ることを許可されたのは1946年2月4日まででした。米国の医学調査によると、これらの米国の収容所での囚人の死亡率は、その時点で年間30%でしたが、ラインラントの死の収容所のほぼすべての生き残った記録が破壊されました。

輸送中の事故も多数ありました。戦争が公式に終わった数週間後の1945年7月16日、ミュンヘン近郊の戦車を運ぶ米軍の貨物列車は、エンジンの故障。それはそれにぶつかり、96人のドイツ兵を殺しました。

1945年6月末、レマーゲン、B&#246hl-インゲルハイム、B&#252derichの最初の収容所は解散しました。 SHAEFは、奴隷労働として使用するために175万人の捕虜を望んでいたフランス人に収容所を提供しました。 7月、ジンツィッヒ、アンダーナッハ、ジールスハーン、ブレッツェンハイム、ディーターハイム、コブレンツ、ヘクツハイム、ディーツは、すべて数千人の囚人を収容してフランスに送られました。ブリティッシュゾーンでは、働くことができた捕虜がフランスに移送され、残りは解放されました。 1945年9月末に、最初の収容所はすべて解散しました。

ある時点で、月に80,000人の捕虜が米国の捕虜から返還され、「リハビリテーション作業」(奴隷労働)のためにフランスに割り当てられた130万人の一部として、ドイツの連合国に放出されなければならなかったはずでしたが、赤十字が、すでにフランスの手にある20万人の捕虜が栄養不足であり、労働に適さず、冬に死亡する可能性があると報告した後、米国は、フランスが彼らを維持するまで、捕虜のフランスの管理下への移送をすべて停止した。ジュネーブコンベンション。

1947年の冬までに、国際赤十字は、ドイツ国外の「ワークキャンプ」で416万人のドイツ人捕虜がまだ収容されていると推定しました。フランスで750,000人、イタリアで30,000人、イギリスで460,000人、ベルギーで48,000人、ルクセンブルクで4,000人、1,300人です。オランダでは(後で説明するように、ソビエト連邦は400万から500万で始まり、ユーゴスラビアは80,000、チェコスロバキアは45,000でした)、米国の占領地域では14万、さらに10万はフランスでも開催されました。

1945年から1948年まで、アメリカとフランスの収容所だけで投獄されていた期間内に70万人から100万人の男性が死亡したと推定されています。しかし、はるかに高い推定値があり、現代のこれらの収容所に関する真実を明らかにしようとしています。報告された大量の墓地の発掘と同様に、とりわけドイツ政府によって注意深く阻止されてきた。英国人捕虜の下で亡くなった人の数は不明ですが、最近機密解除された文書は、広範囲にわたる拷問と虐待を示しています。それらすべての下で、囚人の多くは、法律を完全に無視して、危険物の取り扱いや掃海などの危険な仕事をするために使用されました。

合計で、5,025人のドイツ人男性と女性が、連合軍の戦争犯罪裁判によって、1945年から1949年の間にアメリカ、イギリス、フランスのゾーンで戦争犯罪で有罪判決を受けました。 500人以上が死刑を宣告され、その大多数が処刑され、そのうち21人が女性でした。

小グループで捕らえられた場合、米陸軍の非公式の方針は、彼らがSSである場合、彼らが立っていた囚人を虐殺することでした。アメリカ人の手による最大の(現在認められている)虐殺は、降伏した第8 SS山岳師団の700人の軍隊の殺害であり、ドイツ人捕虜のほとんどが後頭部から撃たれた降伏したSSウェストファリア旅団に対して残虐行為が行われた。 、そしてダッハウで300人の降伏したキャンプガードの機械砲撃。 1945年4月15日にユングホルツハウゼンで捕らえられた48人もの降伏したドイツ人囚人の大量殺戮もあったとされている。目撃者は次のように述べています。&#8220アメリカ人はドイツ人に4人のグループで手を上げて彼らの前を歩くように強制しました。それから彼らは囚人の頭を後ろから撃った。&#8221遺体はトラックに積み込まれ、連れ去られた。問題はまだ&#8220調査中&#8221です!無法と完全な殺人の他の事件がありました。

戦後に発見されたN&#252rnbergの外の集団墓地には、約200人のSS兵士の遺体が含まれていました。検死は、ほとんどが近距離で撃たれたか、米国第7軍のライフル銃のバットによって殴打されて死んだことを明らかにしました。エバーシュテッテンの村では、米軍に降伏した後、「ゲッツフォンベルリシンゲン」師団の17人のドイツ兵が射殺されました。第116装甲師団の14人のメンバーは、1945年4月8日にブートベルクの通りを通って、彼らが並んで撃たれた米国第95歩兵師団の指揮所に行進しました。 3人が負傷し、なんとか逃げ出した。

1945年4月13日、アメリカ歩兵はケルン近くのスピッツェ村に入り、村の住民を教会の前に集めさせました。村に駐屯している対空部隊のメンバーである20人のドイツ兵が分離され、村のすぐ外の野原に数百ヤード行進し、そこで彼らは機関銃の火で並んで刈り取られました。米軍は民間人に墓を掘って死者を葬るように命じました。犠牲者の記念碑は1995年に建てられました。

1945年1月1日、ベルギーのシュノーニュ村近くの米軍によって、数十人の非武装のドイツ人捕虜が冷血で殺害されました。他の場所の数週間前に起こっていた。あるアメリカの部隊は、「SS部隊や空挺部隊は捕虜になりませんが、視界に撃たれる」という命令を出したと言われています。

著者のマーティン・ソルジは次のように書いています。有罪は罰せられなかった。彼らの行動の根拠は、囚人を連れて行かないようにという命令であると感じられた。&#8221米国政府が発表した公式の歴史は、これを否定している。

シュノーニュ近郊の第21機甲師団(第11機甲師団)、Bカンパニーのジョン・ファーグによる目撃証言は、アメリカ兵によるドイツ人捕虜の殺害について次のように述べています。町と町の反対側で私たちの車に参加します。私たちは柱のように形成され、後ろを振り返りました。私たちが町の外の丘を登っていたとき、私たちの少年の何人かが道路の両側の野原にドイツ人の囚人を並べていたのを知っています。彼らは各グループで25人か30人のドイツ人の男の子だったに違いありません。機関銃が設置されていました。これらの少年たちは機械で銃撃され殺害されることになっていた。私たちは、ジャップとドイツ人が犯したと非難しているのと同じ犯罪を犯していました。当時、私には何が起こっているのかという恐ろしい意味はありませんでした。その朝の殺害と混乱の後、クラウトをさらに殺すという考えは特に私を悩ませませんでした。私は殺害の一部を望んでいませんでした。私の最大の心配は、森の中に隠れているドイツ人がこの虐殺を見て、私たちが捕らえられた場合、私たちが同様の扱いを受けるだろうということでした。シーンに背を向けて丘を登りました。&#8221

別のケースでは、毒入りのパンが1つの収容所でドイツ人捕虜に与えられました。話はさまざまですが、アメリカの公式版では、アメリカの刑務所収容所にパンを供給したパン屋の労働者が、パリからヒ素をボトルに入れて受け取り、3,000斤のパンを毒殺したと主張しました。それは2000人以上の男性を病気にし、死者数は200人から700人のドイツの退役軍人でした。この犯罪行為は決して起訴されませんでした。


囚人を収容する。

1929年のジュネーブ条約は、第二次世界大戦中の捕虜の扱いを統治していました。その規定の下で、囚人は彼らの捕虜が利用できるのと同じ住居と食料を提供されることになっていた。これは、新しい刑務所収容所が建設され、囚人に同じ施設が提供され、囚人がいる限り、警備員はテントに収容されたままであることを意味しました。入隊した男性には最低40平方フィートの居住スペースが割り当てられ、役員にはその3倍のスペースが提供されました。大会の条件の下で、適切なレクリエーション施設も提供されました。

1942年11月に米国が北アフリカに上陸した後、より多くのドイツ人捕虜がアメリカに拘留され始めました。これらの囚人は、捕虜によって尋問され処理された後、米国に直接送られ、東の港に到着しました。筋金入りのナチスに傾倒している人々は、ヒトラーにあまり専念していない他の人々から分離されました。将校は入隊から分離され、党員についてさらに尋問された。到着した囚人の目的地のキャンプが割り当てられると、彼らは陸軍の船団または列車のいずれかによってそこに送られ、トラックまたは通常のプルマン寝台車で移動しました。

収容所は、囚人が緩和するために使用できる労働力不足に近いこと、ドイツの大規模なコミュニティが存在する都市部からの距離、建設を容易にするための資材を容易に届けることができる場所を考慮して慎重に選択されました。多くは、既存の軍事施設の上または隣接して配置されていました。一部は市民保全部隊から引き継がれました。トーチ作戦中にアメリカ人に捕らえられた最も初期の囚人、主にドイツアフリカ軍団とイタリア軍のメンバーは、残りの戦争のほとんどの間、メリーランド州フォートミードで拘束された。いくつかのキャンプは多国籍の囚人を収容し、他のキャンプはすべてドイツ人またはすべてイタリア人でした。

アメリカ軍に捕らえられた最初のアクシスの囚人は、彼の特殊潜航艇の喪失を生き延びた日本の船員でした。彼は1941年12月8日にハワイのワイマナロビーチで捕らえられました。1943年4月までに、彼は米国大陸内でアメリカ人に拘留されていた62人の日本人捕虜の1人になりました。 5,000人以上のドイツ人とその半分強のイタリア人が拘留されていました。陸軍省は、SS、ゲシュタポ、およびより狂信的なナチスのメンバーであるドイツ人をドイツ軍の階級とファイルから分離する必要性をすぐに認識し、最初の隔離キャンプがオクラホマのキャンプアルバに作成されました。

ジュネーブ条約の下では、将校は入隊した男性とは別に開催され(将校はナチスの信念を支持する可能性が高いため、安全のためにも有益でした)、イタリア人とドイツ人の両方を収容するキャンプの複合施設で国籍が分けられました。警官は志願すれば働くことを許可されたが、入隊した男性の仕事の割り当ては義務付けられた。労働者は、1日あたり約80セントから、米国陸軍のランク別の労働者とほぼ同じ率で支払われました。この賃金から、現役軍の場合と同様に、衣服のメンテナンスなどの費用を控除しました。


その他のコメント:

ダグラス・W・ジェコブソン-2007年7月20日

ナチスドイツは、「ブリッツクリーク」戦術(民間人と軍隊の無差別テロ)で戦争を再定義しました。1939年に最初にポーランドに対して、そして再びイギリスの爆撃で解き放たれ、最後に、1941年にソ連に対する熱意が高まりました。 、赤軍が何百万人もの無実のドイツ人をレイプして拷問し、チャーチルがドレスデンの平準化を命じたのは不思議ではありませんか?愛と戦争は本当に公平ですか?

Jason BlakeKeuter- 2006年10月15日

私は興味深い作品を言ったと思います。そして、あなたの作品が「拷問」の現代的な定義が第二次世界大戦よりも無限に包括的であることを明確に示していることを考えると。繰り返しますが、素晴らしい作品です。

Jason BlakeKeuter- 2006年10月15日

その戦争で何百万人ものドイツ人がスミザリーンズに吹き飛ばされたことを覚えておいてください。多くの場合、大規模で無差別な爆撃が行われました。したがって、ナチス捕虜への敬意は、第二次世界大戦に向けて発信された現代の戦争批評家から賞賛を勝ち取るでしょうが、戦争の全体的な行動は彼らの好みに合わなかったのではないかと思います。

Caleb JMiller- 2006年10月10日

レイシー氏:どうもありがとう。はい、私は個人的にそれが魅力的だと感じました、そしてそれは私が現在の紛争で捕らえられた敵の戦闘員を別の観点から分類する方法についての現在の議論を見るのを助けました。そして、Bacqueが引用する必要があることに注意していただきありがとうございます-私はAmbroseの書評から彼の引用を引き出しましたが、完全な引用は害にはなりませんでした。

ウェルチ氏:あなたは良い点を挙げています。ドイツ系アメリカ人は必ずしもナチスではなく、米国に非常に忠実だったかもしれないことを示しようとしましたが、特に後半では、「ドイツ語」と「ナチス」という言葉の使用にもっと注意を払うことができたでしょう。ご指摘ありがとうございます。

リチャードF.ウェルチ-2006年10月9日

この記事の唯一の欠陥は、著者がナチスとドイツ語を混同していることです。数十万人のドイツ人捕虜の多くはナチスではなく、他の多くの捕虜は、あまり確信を持たずにキャリアを促進するために党に加わっていました。特にSS部隊において、他のドイツ人捕虜がナチスを納得させたことは間違いありませんが、ドイツ人とナチスを交換可能に使用することは誤りのようです。

ティム・レイシー-2006年10月9日

素晴らしい作品-要点はまだ非常に有益です。これは、アメリカ人が知る必要のあるトピックです。「グッドウォー」の神話をさらに複雑にし、敵の戦闘員に関する現在の議論を歴史化するためです。

提案:JacquesBacqueの「OtherLoss」の完全な引用を追加することができます。


&ldquoDisabled PoWs repatriated in Prisoner Exchange&rdquoに関する25の考え

私の父方の祖父、ブルーノ・グロブケ、ユダヤ人は捕虜でした。イギリスのサリー競馬場から来ました。
彼は、国際赤十字によって、1943年にヨーテボリを通じてドイツに送還されたと言われていました。
私が信じる船は、イギリスの海岸の100マイルを魚雷で撃ったヨーク公爵夫人でした。
ブルーノは生き残ったが、1943年から1952年に彼が避難ビザでブラエワシントンに入ったまでの彼の記録は見当たらない。
誰かがこれらの男性がその期間にどこにいたかについての情報を手伝うことができますか?
メールLuonie:[email protected]

Lyn Cotteeと同様に、1944年に父が転院したTostにあるLamsdorf病院についての情報も求めています。父のSidney Waterfall、RAMCは、第7病院、第18コイに所属し、クレタ島で捕らえられました。 10月末/ 11月上旬にラムズドルフに到着。彼の手紙の中で、彼は本国送還への希望のいくつかの期間について言及しているが、何も起こらなかった。

私の祖父もGripsholmに本国に送還されました。

彼はロイヤルフュージリアーズ(9番目のBnだと思います)に仕え、1943年のドイツのサレルノへの反撃中にバッティパーリアで捕らえられました。彼は結核と診断されましたが、生き残り、老後まで生きました。

彼が1944年の夏までにイギリスに戻ったことを私は知っています。

私の叔父は第358爆撃航空群、第303爆撃航空群(重)に所属していました。彼は、1943年10月14日に撃墜されたB-17のボールターレット砲手でした(2回目のシュヴァインフルト襲撃&#8230&#8221ブラックサーズデイ&#8221)。彼は重傷を負い、ドイツのシュトゥットガルトの北にあるドイツのルートヴィヒスブルクにある捕虜病院に運ばれました。ルートヴィヒスブルクにいる間。彼は足を切断した。 1944年、彼はドイツのマイニンゲンにある別の捕虜病院に移送されました。 1944年の後半に、彼は帰国してデンマークに連れて行かれ、米国のスウェーデンのライナーであるグリップホルムに乗り込みました。彼は1944年後半にニューヨーク市に到着し、後にミシガン州バトルクリークの退役軍人病院に移送されました。バトルクリークで彼は義足を装着し、1945年2月に米陸軍空軍から名誉除隊されました。彼はグリップホルムのすべての捕虜が少なくとも1本の腕または脚を失ったと私に言いました。

言及された&#8220少数のパレスチナ人&#8221は実際にはユダヤ人だったと思います。英国の下で奉仕したパレスチナ旅団は、パレスチナの英国委任統治領からのユダヤ人で構成されていました。私の父、ラビは、英国人によって合法であるとみなされたすべての居住者がそうであったように、パレスチナ人の身分証明書を持っていました。当時、アラブ人は「パレスチナ人」と呼ばれることを前線と考えていました。英国が任命したエルサレムのムフティは、ハマスら​​を生み出したイスラム教徒同胞団の創設者であり、ヒトラーのゲストでありコホートであるベルリンで戦争を過ごしました。

ビルとして知られる私の叔父のトーマス・ウィリアム・モリスは、デザート・ラットで恐ろしい怪我を負って本国に送還されました。ドイツの外科医が彼を「修理」して命を救ったが、残念ながら彼は一生不自由なままであり、80歳になるまで生きていた。彼の悲劇はそこで終わらない、彼は見つけに戻ったと言われている彼の妻と息子の両方が結核で亡くなったこと!

彼はそれについて話したことはなかったので、私のknowledg3は私が上で言ったのと同じくらいです、どこで私は大きなギャップを埋め始めますか?

現在、78 Imは、1943年にスウェーデンのドロティンガムに乗ってスターリングに帰ってきたArchie Cowan A&ampSHの長男です。彼はひどい傷を負い、わずか1年生き残った。彼は、彼が合流した美しいスターリング城のすぐ下のスターリングに埋葬されています。アギルズにいる間、彼には良い友達がいました。OOR中尉-カードロスのユーイング。捕虜収容所XX1-Aキャンプはポーランドにあったと思います。決して忘れない。

ここスウェーデンでは、1943年以降のすべての障害者捕虜の海によるこの交換についてはほとんど知られていません。赤十字によって実行されたこの英雄的で人道的なプロジェクトは決して忘れてはなりません!どうか、私たちのために思い出を開いてください、あなた方全員に感謝します、それでも私たちのこの地球を歩きます。

Ronald Castenfelt、ストックホルム/スウェーデン2018

私が1950年代初頭に小さな男の子だったとき、母から、1940年9月15日にハインケル爆撃機がベクトンガス工場を攻撃中に撃墜されたときに亡くなった4人のドイツ空軍兵の墓が示されました。彼らはウーリッジアーセナルで墜落した。 1人の乗組員であるFeldwebelMichael Ciomberは、重傷を負った囚人に連れて行かれ、Royal Herbert Hospitalに移送され、1944年6月に国際赤十字を経由して本国に送還されました。彼についてさらに情報がありますか?

私の父S / Sgt Wilfred Victor Weeks RAMCはクレタ島で捕らえられ、捕虜収容所VIIIBに送られました。彼は1943年の終わりに捕虜交換で本国に送還され、ティッドワースの軍病院に配属されました。私の母と5人の少年は、エジプトからパレスチナを経由してダーバンに避難しました。 3月/ 4月にリバプールに到着したスコットランド皇后両陛下に英国に戻りました&#821744。父は1957年に57歳の癌で亡くなりました。彼を知っている人からの連絡を希望します。

ダニエルfilipczyk 2017年10月27日午後11時54分
あなたのコメントは管理者の承認待ちです。

@マリオンファーマー:
私に連絡してください…私は捕虜とコジレ上部シレジアの病院労働者を探しています。
どうもありがとう
[email protected]

Evelyn Clarke、はい、1943年に本国送還が成功する前に、多くの本国送還交渉がありました。恒久的に障害のある捕虜とそれに同行する医療スタッフは、ジュネーブ条約の下で交換する必要があります。残念ながら、これらの点に関するジュネーブ条約にもかかわらず、ドイツ人は同数の帰国を要求し、1943年以前は、連合国は単に十分な数を持っていなかったため、ドイツ人は数を補うために抑留された市民の返還を要求しました。それは拒否されたジュネーブ条約の要件ではなく、1943年まで赤十字を介して交渉が引き延ばされたためです。1943年以前のある段階で、両側の捕虜が乗船し、その後交渉は再び行き詰まり、捕虜は彼らの元に戻されました。それぞれの収容所。

私の父は、1940年5月27日にサンブナンで捕虜になって以来、捕虜収容所VIIIBに埋葬された後、1943年10月に本国に送還されました。彼は1940年6月14日にドイツのトリーアから送られた捕虜収容所に到着しました。私はちょうど4月上旬に私が要求したICRCから彼の証明書のコピーを受け取りました。同じことをしたいのなら、どうやら10月にまた別のオープニングがあります。彼らは一年に何度もそれをします。 ICRCのWebページにアクセスし、フォームに記入して電子メールで送信します。お父さんは1stBn Royal Welch Fusiliersにいました、そして彼はおそらくDrottningholmの家で航海しました。彼が私の祖父母の家に到着したとき、私が彼に会ったのは初めてでした。私は5歳でした。

私の叔父、ジェームズ・アンダーソンは戦争の初期に捕らえられました。彼は結核に苦しんでいた。最近亡くなった私の母によると、彼はオランダの港を出て行く捕虜交換の一部になる予定でしたが、ルドルフ・ヘスがイギリスに飛行機で行ったときに交換はキャンセルされました(1941年5月)彼はまだ囚人として亡くなりました1943.誰かがそのような計画について何か知っていますか?オランダの港は私にはありそうもないようですが、誰が知っていますか?

私の祖父は1943年に結核に苦しんで本国に送還されました。彼はノーフォーク連隊の第7大隊に所属しており、サンヴァレリーアンクーで捕らえられたと信じています。彼の名前はウィリアム&#8216ビリー&#8217ニューソンでした。どんな情報でもいただければ幸いです。ありがとうございました。

私の名前はジョン・マイルズ、私の父の名前はフランシス(フランク・マイルズ)です。彼はRASCにいて、クレタ島で捕らえられました。ライフルの尻に頭をぶつけられた後、ドイツの捕虜収容所から本国に送還されました。誰かが彼を知っていたら、私は何かを見つけていただければ幸いです。悲しいことに、彼は数年前に亡くなり、彼の経験について話すことはありませんでした。

143飛行隊の父ビクターアルバートベインは1943年3月3日にバルト海で撃墜され、捕虜収容所で捕虜になりました。彼は聴覚障害者と宣言されたため、1944年の初めに本国に送還されました。交換についてもう少し詳しく知りたいと思っています。
コリン・ベインの息子。

私の祖父、ラプロッホのCpl Archibald Cowan、スターリングはこの船に乗っていました。残念ながら、彼は怪我に屈し、1944年7月9日に亡くなりました。

リン・コッティと新聞記事で言及されたキャプテン・ウェブスターは私の叔父でした。私はラムズドルフとコーセルのホスピタラーについてかなり多くの情報を持っています。

私の叔父はジョン・ジョージ・モソップでした。彼はビクトリア女王のライフルにいました。キングスロイヤルライフル隊。 1940年5月にカレーで捕獲されました。1944年に肺結核で死亡する前に、健康状態が悪いために1943年に本国に送還されました。彼は1944年に捕虜リストが編集される前に本国に送還されたので、私は彼が収容されていた収容所についての情報をまったく持っていません。誰か助けてもらえますか?

私の名前はロナルド・カステンフェルトです。私はスウェーデン人ですが、第二次世界大戦中(1939年8月から1943年10月まで)、ロンドン北西部(シャノンプレイス/タウンゼントコート)で子供時代を過ごしました。

私は1943年10月29日金曜日にリース(スコットランド)を出発し、ヨーテボリ/スウェーデンに向かう間、S / S Drottningholmに搭乗した最年少の乗客でした。父が病気(重病)になったため、家族は去らなければなりませんでした。赤十字が私たちにこのユニークな可能性を提供したとき、私はわずか5歳の1943年でした。

11月4日にヨーテボリに到着したとき、私はスウェーデン語をまったく話せませんでした!私は自分のルーツを探し、すべての情報、写真など、特にS / SDrottningholmに搭載された7日間の劇的なものに関連するすべてのものを検索しています。

私の祖父は、ダンケルクの避難中にヴァレーで捕らえられたキングスライフルの軍曹ウォルターフロストであり、残りの戦争のために第十七捕虜収容所で捕虜になりました。

私の父はロバート・ジョン・ビーズリーで、彼は2番目の7番目のフィールド救急車で奉仕し、クレタ島で捕らえられました。彼はスタラグVIIIBに収容され、後にウェブスター大尉と共にコーセルの刑務所病院で医療秩序として働いた。 Stallag VIIIBと病院に関する情報を誰かが手伝ってくれるなら、それは非常にありがたいです。
よろしく、
リン

私の父はセオドア・キース・ニューポートであり、第20大隊に仕えていました。彼は左肘にシュラプネルの傷を負って北アフリカで捕らえられました。彼の腕は切断されることになりましたが、ドイツの外科医が傷にクロバエ(ウジ)を包帯で巻くという新しい手順を試みました。それはうまくいき、お父さんは90dの角度に設定された非常に限られた使用で彼の腕を保ちました。彼は捕虜収容所18aで時間を過ごしました。誰かが今回の情報を手伝ってくれるなら、私はとても感謝しています。カレンに関して

親愛なる第二次世界大戦これは私がこのサイトを見たのは初めてです、それについて知りませんでしたしかし今私はそれを見ました、そしてうまくいけばこのサイトにとどまります私は第二次世界大戦と第二次世界大戦の両方の熱心なウォッチャーであり、 2つの戦争。
ありがとうマイクコックス


第二次世界大戦中のドイツ人捕虜収容所

上の地図は、第二次世界大戦中にナチス占領国にあったドイツ人捕虜収容所のいくつかを示しています。

最もよく知られているドイツ人捕虜収容所は、ドイツ語のStammlagerの略であるStalags、またはドイツ語のOffizierLagerの略であるOflagsとして知られていました。

オフラッグ(地図上で赤でリングされている)は将校のためのドイツの強制収容所であり、捕虜収容所(青でリングされている)は将校と入隊した男性の両方のためのものでした。いくつかの捕虜収容所は、StammlagerLuftwaffeの略でStalagLuftと適切に名付けられました。彼らはドイツ空軍によって運営されており、当初は空軍の囚人を収容することを目的としていました。捕らえられた海軍軍人のための、ドイツのマリーンラーガーの略であるマーラグとして知られるキャンプもありました。

捕虜となった捕虜は、収容所に送られる前に、ドイツのDurchgangslagerの略であるDulagを通過しなければなりませんでした。これらは、囚人の詳細が処理され、尋問されたトランジットキャンプでした。ジュネーブ条約の条件の下では、囚人は名前、階級、シリアル番号の詳細を提供するだけで済みましたが、尋問官はしばしば捕らえられた軍人をだまして巧妙な質問を通じてより多くの情報を提供させようとしました。

その後、捕虜は捕虜収容所に移送されます。通常の輸送形態は列車によるものであり、移動距離は、移動距離と、通過する軍隊列車に道を譲るために列車が羽目板にシャントされる回数の両方に依存していました。

時々列車は止まり、すべての囚人は列車から降りて自分自身を和らげるか、線路の脇で腸を空にすることが期待されていました。

個々の収容所のレイアウトは収容所ごとに異なりましたが、すべて有刺鉄線で囲まれ、逃げようとしている人を撃つ準備ができている武装したドイツ兵が配置された監視塔が含まれていました。囚人は通常、二段ベッド(高さ2〜3台)と部屋の真ん中に炭焼ストーブを備えた1階建ての薪ストーブに収容されていました。

囚人は通常、1日2回の食事と、薄いスープと黒いパンを与えられました。言うまでもなく、飢餓はほとんどの囚人の生活の特徴でした。すべての囚人は、バター、ビスケット、チョコレート、コンデンスミルク、ドライフルーツ、野菜などの「贅沢」なアイテムを含む赤十字の食品小包の配達を楽しみにしていました。囚人はしばしば自分のレンガのストーブを即興で作り、空のミルク缶で食べ物を調理しました。

毎日のルーチンはキャンプごとに異なりますが、すべての囚人はロールコールのために少なくとも1日1回パレードすることが期待されます。何人かの男性はキャンプの周りか地方のどちらかで働くように置かれるでしょう。天気の良い日にはさまざまなスポーツが行われ、夜にはコンサートが行われることもありました。しかし、ほとんどの場合、捕虜収容所での生活の最も重要な特徴は、退屈、飢え、そして戦争が終わった後のより良い生活への夢でした。

左のボタンをクリックして本を購入することもできます。


連合国の捕虜が第二次世界大戦でドイツの収容所をどのように生き延びたか

第二次世界大戦中、数十万人の連合国の戦闘員がドイツ人の捕虜として時間を過ごしました。戦争の初日に捕らえられたポーランドの兵士から、最後の爆撃作戦中に撃墜された空軍兵まで、彼らは捕虜収容所(POW)の疑わしい歓迎を経験しました。

寒くて空腹

捕虜収容所での生活の全体的な経験は、低レベルで持続的な不快感でした。これは自由の喪失をはるかに超えていました。

ヘウムノ強制収容所には直接の鉄道接続はありませんでした。ユダヤ人は電車でコウオに運ばれ、次に近くのポビエルチェに運ばれ、混雑した大型トラックでキャンプに運ばれました。彼らは途中でバンドルを放棄することを余儀なくされました。ヘウムノのマナーハウスで、彼らはそれが彼らの人生の最終段階であることに気づかずに、風呂への輸送のために服を脱ぐことを余儀なくされました。この写真では、ウッチのゲットーから送られた犠牲者の積み込み

ドイツの資源は限られており、捕虜はそのような希少な資源の優先度の高い受取人ではありませんでした。刑務所収容所はいくつかの避難所を提供しましたが、天候、特に冬の寒さに対する優れた保護を提供しませんでした。

第二次世界大戦のさまざまな捕虜収容所、主にスタラグ・ムルナウからの捕虜の日常使用器具のコレクション写真:Halibutt CC BY-SA 3.0

食物は囚人にとって大きな関心事になりました。彼らは、働いていないドイツの民間人と同じように、毎日1,900カロリーを受け取ることを意図されていましたが、1,500カロリーに近いものを得ました。ほとんどの捕虜は少なくとも40ポンド(18キログラム)の体重を失いました。食べ物の夢は、キャンプの周りの会話の主要なトピックになりました。

Distribution of food in a POW camp, July 1941.Photo: Bundesarchiv, Bild 146-1979-113-04 Hübner CC-BY-SA 3.0

Staying Entertained

Men sought to take their minds off their situation. Some took the opportunity to study. They could gain qualifications through correspondence courses, preparing them for civilian life upon release.

Others put on theatrical productions. At Stalag Luft III, theater seats were made from Red Cross boxes and footlight reflectors from biscuit tins.

Female impersonators played a prominent part in these productions as well as in improvised tea dances. For a moment, men could pretend that they were back home and that there were still women in their lives.

Model of the set used to film the movie “The Great Escape.” It is a smaller version of one compound of Stalag Luft III in Sagan, Poland. Scene of the “Great Escape” by allied POWs in March 1944. Photo: Wikigraphists of the Graphic Lab (fr) CC BY-SA 3.0

Out and About

Some men met local women when they went out of the camps on work parties. Sent out under guard for up to a week at a time, they cleared the damage caused by Allied bombing raids.

Using coffee and cigarettes from their aid packages, these workers were often able to bribe their guards to let them get away at night. Those same treasures, as well as American chocolate, won them the favor of local women in a country suffering from the economic blockade. Some men fell in love and deserted the work parties, an action which could bring dire punishment from the authorities.

Russian men freed from a Nazi POW slave labor camp eat bread and molasses from a cask outside a looted liquor store after their liberation by advancing Allied troops. Photo: Kristine CC BY-NC 2.0

National Differences

Those sent out on work parties were mostly Americans, Britons, and Canadians. Russian captives had a far harder time.

A Sonderkommando 1005 unit stand next to a bone crushing machine at the Janowska concentration camp

German racism against Slavs and political hatred of Communism led to appalling cruelty. Guards treated Russian prisoners as less than human, beating and half-starving them. Even when they were in the same camps as other nationalities, they were treated differently.

A model of Magirus-Deutz gas van used by the Germans for suffocation at the Chelmno extermination camp the exhaust fumes were diverted into the sealed rear compartment where the victims were locked in. This particular van had not been modified yet, as noted in Nazi Conspiracy and Aggression (1946), but it demonstrates the method

With characteristic determination, the Russians struggled to survive and to show their own strength. On several occasions, they captured and killed guard dogs at night, ate the meat, and left the pelts spread out – a sign of defiance against their oppressors.

Russian POW’s on the way to German prison camps.

American and British troops received similar treatment to each other but often responded in different ways. The British national obsession with the stoic “stiff upper lip” led many to knuckle down, resist complaining, and try to survive through shared discipline.

The Americans, coming from a wealthier nation geographically distant from the war, were more likely to complain about their conditions and how they had come to be there. Their officers faced a tougher job trying to assert discipline.

American prisoners captured by the Wehrmacht in the Ardennes in December 1944. Photo: Bundesarchiv, Bild 183-J28589 / CC-BY-SA 3.0

How Long?

Discipline and structure were vital to keep the men emotionally healthy.

Until the late stages of the war, captives faced great uncertainty over how long they would be held. Their lives were out of their control. They could be trapped like this for a decade or more.

Soviet POWs transported in an open wagon train. September 1941.Photo: Bundesarchiv, Bild 101I-267-0124-20A Vorpahl CC-BY-SA 3.0

Discipline helped to provide a sense of purpose and something familiar. By reasserting the hierarchies and habits of military life, officers kept themselves and their men active and sane, preventing a descent into despair and depression.

March of new arrivals along the SS barracks at Birkenau toward the gassing bunker near crematoria II and III, 27 May 1944.

Changing Sides

Some men found purpose in a very different way: by changing sides.

For a few, this was a natural step. Any followers of the anti-communist movements back home now found themselves in a country more sympathetic to their beliefs. Such men were easily signed up to international units within the Waffen SS, turning against their countries in favor of their beliefs.

Soviet prisoners of war in Mauthausen concentration camp. October 1941.Photo: Bundesarchiv, Bild 192-096 CC-BY-SA 3.0

Many more were drawn into these units following encounters with women on work details. Promised sexual favors for changing sides or threatened with punishment from the authorities for the favors they had received, they reluctantly signed up to fight for their enemies.

Facing the Holocaust

POWs seldom found themselves on the sharp end of Germany’s worst prison camps, those used in the Holocaust. But some saw them in action and a brave few even helped victims to escape.

Czesława Kwoka, child victim of Auschwitz, as shown in her prisoner identification photo taken in 1942 or 1943.

Captured during the retreat to Dunkirk in 1940, Charles Coward became Red Cross liaison at Stalag 8B, near Auschwitz. There, he used his position to rescue over 400 Jews.

He obtained the identity papers of non-Jewish prisoners who had died in captivity, then swapped their bodies for living Jews during the march to the gas chambers. The people he rescued lived on using the stolen papers.

Another group of British POWs from Stalag 20B found a fugitive Jew while on a work detail in January 1945. They hid her, fed her, clothed her, and kept her alive until the war swept past and she safely moved on.

A young Jewish boy immigrant is sprayed with DDT as he is about to board a British troopship for the journey to Cyprus.

Escape

Many prisoners spent their time trying to escape. Even if they didn’t make it home, they hoped to keep the Germans occupied with their efforts, draining enemy resources.

Escape operations were usually coordinated by a single officer in each camp, to make sure that escapees didn’t get in the way of each other’s plans. Ingenious efforts were made to fake documents, German uniforms, and civilian clothes for escapees, as well as to equip them with escape tools.

The British escape organization MI9 and its American counterpart MIS-X helped them, smuggling in tools, information, and components for radios to keep them in contact with home.

1,200 U.S. soldiers escape from POW camp at Limburg, Germany

Though many POWs spent years suffering from hunger and maltreatment in the prison camps, few were broken by the experience. Their strength was shown in their efforts to help themselves as well as others to thrive and to escape against the odds.


'LEST YOU FORGET'

These pictures were included in historian Phillip Chinnery's book, Hitler's Atrocities Against Allied PoW's.

Mr Chinnery reveals the horrific ordeals men and women were put through by the Third Reich regime and their Italian allies.

Describing the accounts he included in the book, he said, according to the Mail Online: "Tens of thousands of Allied prisoners of war died at the hands of the Nazis and their Italian allies. This book is for them.

"To those who still believe that the Germans abided by the Geneva Convention and that acts of ill-treatment were the fault of individual guards rather than Nazi government policy, I invite you to read this book and remember its contents – lest you forget."


Oxfordshire & Buckinghamshire Light Infantry (The 2/4th Battalion)

“During the night of March 20 a raid on the Battalion’s right was carried out near Cepy Farm by the 182nd Brigade. It was successful. German prisoners from three divisions corroborated our suspicion that the great enemy offensive was about to be launched. From headquarters to headquarters throbbed the order to man battle stations.”

“Next evening, at ten o’clock, after our guns had poured in a great many shells, two companies of Warwickshire troops — Shakespeare for ever! — raided the German trenches beyond Fayet, partly to get a few prisoners, and partly to learn how much the foe’s ordinary line troops had been reinforced. Fifteen Germans were captured, and three German regiments, nine battalions, were found on a span of front formerly held by one regiment, or three battalions. More valuable still was the news that in five or six hours Ludendorfi’ would open his attack. This warning was made known at once to all Headquarters, British and French.”

“Speculation had for a long time been rife as to the contemplated German attack. As usual, the incurable optimists said that it would never materialise, but in a raid made by the Royal Warwickshires, prisoners had been captured who stated positively that the barrage would open at 5 a.m. on March 21st and that the attack would be launched at 10.00 a.m. on that day. Even then it was thought that this news might be a piece of false information passed on for the purpose of misleading the Allies. However on the evening of the 20th, a message from Brigade to the effect that a captured German airman had stated that the attack was to commence at dawn was sent out to the companies with instructions to be prepared to move to battle stations immediately on receipt of orders to that effect.”

I also need to check out:
History of the 2/6th Bn The Royal Warwickshire Regt 1914-1919
Cornish brothers, 1929

War Diary: 2nd Wiltshire, Tuesday 19th March 1918, France, Trenches

“Quiet day. Information was received from prisoners captured that the enemy was expected to attack on the night 20/21st inst, and preparations were made accordingly. At 10pm gas was emitted from our front line. No enemy retaliation was forthcoming.”


The Not-So-Great Escape: German POWs in the U.S. during WWII

Late in 1944, authorities at Security Unit No. 84—one of five hundred camps on American soil housing German prisoners of war—began to feel a sense of relief. Here at Papago Park in Arizona, a difficult lot of more than three thousand officers and sailors from the German navy and merchant marine finally appeared to be adjusting to camp life. This seemed especially true over in Compound 1A, which housed the troublesome Nazi U-boat commanders and their crews.

Guards marveled at the sudden changes in 1A. The compound was much neater. The prisoners appeared in high spirits. They spent hours creating large and well-tended flower beds. With permission of the camp authorities they had even begun to build an outdoor court for faustball, or “fist ball”—volleyball. Several times a day the prisoners carefully groomed the court’s surface with rakes provided by the guards. The Americans attributed all this activity to typical German organization and efficiency.

Nearly 400,000 German POWs were brought to the United States during World War II, and officials recorded precisely 2,222 individual attempts by the Germans to flee their camps. POWs scaled fences, smuggled themselves out in or under trucks or jeeps, passed through the gate in makeshift GI uniforms, cut the barbed wire or tunneled under it, or went out with work details and simply walked away. Their motives ranged from trying to find their way back to Germany (which none ever did) to merely enjoying a few hours, days, or weeks of freedom.

But none of these assorted breakouts could match in audacity, scale, or drama the plan under way at Compound 1A at Papago Park. It would trigger the largest manhunt in Arizona history, bringing in local law enforcement, the FBI, and even Papago Indian scouts.

The Christmas Eve breakout would end largely in a farce, with no one shot, hurt, or even seriously punished, but that in no way diminished the seriousness of the attempt—or the panic it spread at the time.

The first Germans arrived at Papago Park, six miles east of Phoenix, in January 1944. They were placed in a half-dozen compounds in the rough-hewn camp, which had previously housed National Guardsmen, the Depression-era Civilian Conservation Corps, and segregated black infantry units.

As John Hammond Moore notes in his account of the escape, The Faustball Tunnel, camp officials invited trouble by concentrating the least cooperative POWs in the two sections of Compound 1. These were the troublemakers, previous escapees, and other problem prisoners: officers and seamen in section 1A, noncommissioned officers in 1B.

Only Capt. Cecil Parshall, the provost marshal, saw a problem with this arrangement. Parshall was an ex-police detective and decorated World War I veteran who, among other colorful exploits, had pulled off a bank heist while serving as a general in the Mexican army. Parshall pointed out that there was a spot in Compound 1 that could not be seen from the guard towers. “Those Germans were a fine bunch of men, smart as hell,” he said later. “And it made no sense to put the smartest of them in Compound 1. I knew they would discover that blind spot.”

Idleness made it worse in Compound 1. Only about one in four prisoners in the camp were gainfully employed, earning eighty cents a day in canteen credits picking cotton and doing other chores. The Geneva Convention exempted officers and noncoms from work detail, allowing them to sleep late and spend their days plotting ways to get beyond the wire. Lt. Wolfgang Clarus, who had been captured in North Africa where he commanded a coast artillery unit, recalled: “You stare at that fence for hours on end, try to think of everything and anything that can be done, and finally realize there are only three possibilities: go through it, fly over it, or dig under it.”

German POWs had attempted to “dig under” without much success at a camp in Colorado and at Fort Ord, California. In Compound 1A, digging evidently began sometime in September 1944 under the direction of a team of four U-boat captains who plotted strategy while playing bridge in the barracks. “It was a challenge and an adventure,” recalled one of them, Capt. Fritz Guggenberger, who had been personally decorated by Hitler for the exploits of his U-513。 “The tunnel became a kind of all-consuming sport. We lived, ate, slept, talked, whispered, dreamed ‘tunnel’ and thought of little else for weeks on end.”

The site selected for the beginning of the tunnel was in the blind spot between the nearest guard towers that Parshall had warned about. The entrance shaft was three and a half feet from a bathhouse, which was the structure closest to the outer fence surrounding Papago Park. Diggers loosened a board on the side of the bathhouse to create a passageway and positioned a large coal box nearby to conceal the shaft. They would walk into the bathhouse, ostensibly to shower or wash clothes, then exit and slip down into the tunnel’s six-foot-deep vertical entrance shaft. Three groups of three men worked ninety-minute shifts during the night, one man digging with a coal shovel and small pick, the second lifting soil in a bucket to the third man topside, who also served as the lookout.

A fourth group of men distributed the excavated soil the next day. They flushed it down toilets, stored it in attics, or let it slip through holes in their pockets onto the new flower beds. As the tunnel progressed, a small cart was fashioned out of a shower stall base to haul the dirt back to the entrance.

Soil piled up at such an alarming rate that a new means for getting rid of it had to be found. Capt. Jürgen Quaet-Faslem, a cocky Prussian who had commanded U-595, came up with an idea. “Shouldn’t we have a sports area in this compound?” he asked. “I think they are supposed to ‘encourage’ sports.” Thus was born the notion of a volleyball court—on rough ground that would need to be leveled. This the prisoners proceeded to do daily, spreading soil taken from the tunnel with the help of shovels and rakes provided by the Americans. Guards got used to seeing a mound of dirt there they assumed it was the same old pile and not a fresh supply unearthed from the tunnel.

The tunnel moved forward at up to three feet on a good night. In late November a colonel from a visiting team of inspectors declared that the camp need never worry about prisoners digging out: the soil, he proclaimed, was hard as a rock. He was standing right atop the concealed tunnel entrance at that moment prisoners who heard him smiled as if in agreement.

The diggers intended to tunnel under two fences and a patrol road that encircled the camp. Just beyond the road stood an electric light pole in a clump of bushes. By triangulating on paper they calculated that the tunnel needed to be 178 feet long from the bathhouse to the pole. But someone wanted to double-check the distance. So he attached a small weight to a string and late one night hurled it into the undergrowth near the pole. Suddenly, a jeep with two American soldiers came along the patrol road. Capt. Hans Werner Kraus, skipper of U-199, watched in horror. “That string caught one of them right across the neck,” he said. “Fortunately they were moving very slowly. He simply brushed it aside, said nothing, and the vehicle disappeared into the night. But the line broke and was still hanging on the far fence weeks later. Several times the Americans walked by, stared at the string, wondered how it got there and why.”

Back in February, Quaet-Faslem had escaped by hiding on a truck loaded with plywood. He crossed the border and made it more than thirty miles into Mexico before being recaptured. From that experience he knew that stocking enough food was vital. Though German prisoners disliked commercial American white bread—“nothing but air,” someone remarked, “you can squeeze it into nothing”—they decided the basic item in the getaway packs should be bread toasted and pulverized into crumbs. It was packed tightly in waxed paper envelopes saved from individual breakfast cereal boxes. Mixing the crumbs with milk or water “would make sort of a mush that might be monotonous but it would be nourishing and easy to carry,” said Kraus.

Escapees also needed some kind of credentials. American photographers had taken snapshots for the prisoners to ship home to Germany in order to show how well POWs were treated in the United States, and the pictures proved useful for fake passports and other papers. The forged papers were imprinted with official-looking stamps, fashioned from scraps of leather and rubber, which would allow the escapees to pose as foreign sailors trying to get to California or the Gulf Coast.

Prisoners earned U.S. currency by creating fake Nazi paraphernalia to sell to the guards. They used sand molds and melted toothpaste tubes to turn out Iron Crosses, eagles, and other insignia. Then they painted the items with black shoe polish and scuffed them up to simulate wear as if they were the real thing.

Three other Germans were engaged in another novel scheme. Capt. Wilhelm Günther and Lts. Wolfgang Clarus and Friedrich Utzolino had no intention of hiking 130 miles to the Mexican border. Looking at an Arizona map, they saw that they could walk only 30 miles or so westward and hit a river, the Gila, which flowed southwest to join the Colorado River near the border. All they needed to float down these rivers was a boat.

The trio—dubbed the “three mad boatmen” by their fellow POWs—proceeded to build a flatboat big enough to carry themselves and their gear. From scavenged pieces of lumber they fashioned the struts of a wooden frame. Canvas and tar for the skin were obtained from the camp under the ruse that the roof of one of the barracks needed repair and the prisoners would gladly do the work. The boatmen designed their craft so that it could be folded up and carried in separate parcels, none to exceed eighteen inches—the maximum width that could fit easily through the tunnel. Much of their work was done openly: guards thought it was just another time-killing handicraft project.

The excavators, meanwhile, labored every night in the tunnel into early December. The final fifty feet were the most difficult to dig, as the tunnel plunged as far down as fourteen feet to go under a drainage ditch and the adjoining roadbed. Diggers worked by the light of a bare bulb strung on an electric wire connected to the bathhouse socket. The insulation covering the wire was badly worn in places, and everyone suffered painful shocks as they bumped against it in the tight confines of the tunnel, which was less than three feet in diameter.

On December 20, the tunnel measured precisely 178 feet long. In the vertical shaft at the far end, Quaet-Faslem and Guggenberger pushed a coal stove poker upward through the ground and into the air. Then, through the tiny hole, they pushed a stick with a little rag tied on the end. Prisoners on the roof of one of the barracks saw this flag appear in just the right place near the electric pole and let out muted cheers. The completed exit was covered and disguised with two shallow wooden boxes containing dirt and grass to blend into the landscape.

Three days later, on the afternoon and evening of Saturday, December 23, next-door Compound 1B erupted in a noisy party. The noncoms there drank forbidden schnapps distilled from citrus fruit, waved a German flag, shouted, and burst into Nazi marching songs. Ostensibly they were celebrating news of Hitler’s last-gasp offensive in Belgium, the Battle of the Bulge.

Under cover of this diversion, the escape began through the bathhouse. The escapers proceeded in ten teams of two or three men each, some carrying packs laden with nearly one hundred pounds of spare clothing, packages of bread crumbs and other food, medical supplies, maps, ersatz credentials, and cigarettes. Shortly before nine o’clock in the evening, the first team—Quaet-Faslem and Guggenberger—descended the entrance ladder and began struggling through the tunnel on elbows, stomach, and knees, pushing their packs ahead of them.

The 178-foot journey took a little more than forty minutes. Guggenberger climbed the exit ladder and cautiously lifted the cover. A light rain was falling as he and his companion emerged into a clump of bushes and dashed down into the waist-deep ice-cold water of the nearby Crosscut Canal. By 2:30 a.m. all twenty-five prisoners—twelve officers and thirteen enlisted men—had exited the tunnel and were making their way through a hard rain outside the wire of Papago Park. Colleagues who stayed behind closed up both ends of the tunnel.

The general plan was to head south and move only after dark, avoiding trains or buses. Many carried the names and addresses of countrymen or sympathizers in Mexico who might help them get back to Germany. All knew that the odds of actually reaching their homeland were extremely slim. But for now, in the early hours of Christmas Eve, they were free—embarking on an adventure that surely beat life in captivity.

That night one team found a small dry stable and rested among comfortable bales of hay, celebrating Christmas Eve with a meal of roasted bread crumbs and canned milk, and listening as a Mexican family living nearby sang Christmas carols. Another team stumbled across a dilapidated shack and took up temporary residence one of them had a harmonica, and he quietly played “Stille Nacht.”

Back in Papago Park, the first real opportunity for the American authorities to discover something amiss was Sunday’s four o’clock head count. The German officers remaining in Compound 1A delayed it further by demanding that the count be conducted by an American officer, not a mere sergeant. “It is only proper that as German officers, we have respect and equal treatment,” one insisted imperiously.

It was about seven o’clock before Parshall was certain that a large group of prisoners was missing. He telephoned the FBI to report names and descriptions of the escapees. While he was still on that call, another phone rang. It was the sheriff in Phoenix reporting he had an escaped POW in custody. Herbert Fuchs, a twenty-two-year-old U-boat crewman, had quickly grown tired of being wet, cold, and hungry and hitchhiked a ride to the sheriff’s office. Soon thereafter, a Tempe woman called to say that two escapees had knocked on her door and surrendered the phone rang again, and a Tempe man reported that two hungry and cold POWs had turned themselves in to him.

One more call came that Christmas Eve from someone at the Tempe railroad station saying yet another escapee had been arrested. This was Helmut Gugger, a Swiss national who had been drafted into the German navy. Almost certainly under physical persuasion from the Americans, Gugger revealed the existence of the still-hidden tunnel the following day.

With a half-dozen escapees already in custody, authorities launched what the Phoenix Gazette trumpeted as “the greatest manhunt in Arizona history.” Soldiers, FBI agents, sheriff’s deputies, police, border patrol, and customs agents all joined the search for the nineteen Germans still at large. Ranchers and Indian scouts, drawn by the $25 reward posted for the capture of each escapee, carried newspaper clippings bearing mug shots of their quarry. “We didn’t think we were that important,” Guggenberger remarked later.

J. Edgar Hoover, director of the FBI, had repeatedly warned the American public about the dangers posed by escaped German prisoners. In reality, there was not a single recorded instance of sabotage or assault on an American citizen by an escaped POW. Any crimes committed were typically the theft of an automobile or of clothing needed for the getaway.

In any case, public reaction in Arizona soon focused less on any possible menace to law-abiding citizens than on outrage over all the provisions the newspapers reported found on the recaptured POWs, including rationed or otherwise hard-to-get items like cartons of cigarettes, packages of chocolate, coffee, sugar, and even ten pounds of pork fat. One Phoenix resident wrote the Arizona Republic: “Now isn’t that a hell of a state of affairs when we, the tax-paying citizens, cannot get a single slice of bacon for weeks on end when we come home from working in a defense plant and then read in the papers that prisoners of war can get away with slabs of it?”

After Christmas, most of the remaining nineteen prisoners hiked south each night as far as they could. Capture was a possibility at any moment, and they were also alert to very real physical danger. During the war, no fewer than fifty-six escaped German POWs were shot to death—the great majority by authorities but some at the hands of trigger-happy civilians.

On January 1, 1945, a pair of escaped officers decided they could go no further. Captain Kraus and his second watch officer on U-199, Lt. Helmut Drescher, had been covering up to ten miles a night, but Drescher now had a swollen foot and hobbled along using a forked stick as a crutch. In the morning they approached an isolated ranch house and knocked. When a twelve-year-old boy trailed by two much younger siblings answered the door, Kraus explained who he and Drescher were and said that they wanted to surrender to local police. The boy said his parents were away but should be home soon.

The Germans made themselves at home. They brewed coffee, shared their remaining chocolate with the children, and then regaled the kids with stories about life on a U-boat. When the parents came home around eleven that morning, they found everyone sitting in the kitchen. Their son hurriedly explained the situation. The father pulled from his pocket a folded sheet of the newspaper with mug shots of the escapees. He took out a pencil, looked at Kraus and then Drescher, and drew a big X through each of their pictures.

That same day, a Papago Indian discovered another pair of prisoners as they were sleeping, less than thirty miles from the Mexican border. Four days later, bounty-hunting Papagos caught another pair asleep in the same area, and an army patrol from the POW camp at Florence nabbed three more.

The following day, the two captains who had been first out the tunnel—Quaet-Faslem and Guggenberger—were awakened by a group of Indian scouts. “And Captain Quaet-Faslem,” asked one of the scouts, “did you have a good sleep?” Quaet-Faslem was astonished to see that it was one of the same men who had captured him in Mexico eleven months earlier. With the capture of yet another pair of Germans two days later on January 8, only a half dozen POWs—two three-man teams—remained at large.

One of the teams consisted of the “three mad boatmen,” Clarus, Günther, and Utzolino. They thought they had made good use of their boat’s canvas skin on their first day of freedom by sleeping under it and staying dry in the rain. But when they reached the banks of the Gila River four days later and started to assemble their craft, they discovered the canvas had shrunk in the rain. Then, after they shortened the wooden struts to accommodate the shrunken canvas, they found that the Gila, which had looked so large and inviting on their maps, was more mud than water. As soon as they loaded their gear into it, the boat sank to the muddy bottom. “We should have known that the Gila wasn’t much of a river,” Clarus said later. “Of course, everyone who lives in Arizona knows that.”

Over the following two nights, they succeeded in floating the craft for only short stretches of the river. Finally, the trio abandoned the plan that had sustained them through so many weeks of labor back in camp. They destroyed the craft and set out on foot. A week or so later, near Gila Bend, some cowboys spotted one of them washing his underwear on the bank of an irrigation canal and called the police.

For the next fortnight the whereabouts of the final trio of escapees remained a mystery. The team consisted of Capt. Jürgen Wattenberg and two of his crewmen from U-162, Walter Kozur and Johann Kremer. Wattenberg had been the senior ranking officer in the compound and quickly built a reputation as the leading troublemaker by submitting extensive lists of complaints about camp food, recreation, and anything else he could think of. The Papago Park commander referred to him as “the No. 1 Super-Nazi of this camp.”

After his escape, Wattenberg delayed heading south and explored the area. Kozur and Kremer even ventured into Phoenix one night, visiting a bowling alley and enjoying a few beers. The trio holed up in a shallow cave on a slope in the mountains north of the camp almost within view of Papago Park. From there Kremer pulled off the most bizarre caper of the entire escape. Every few days he joined up with one of the work details sent outside Papago Park. He exchanged places with a friend who spent the night in the cave while Kremer sauntered back into the camp with the work detail. There, he gathered news and food. He would then either join a work detail to get out of camp, or send food out with a member of the detail and remain in the barracks.

On January 23, a month after the escape, a surprise inspection revealed Kremer’s presence in the camp. The following evening, Kozur left the cave and made his way down to an abandoned car where friends on work details stashed provisions for the trio. Instead of food he found three American GIs with rifles pointed at his head. Only Wattenberg was still at large.

Four days later, on January 27, Wattenberg ate his last piece of food, shaved, put on a clean shirt, and hiked into Phoenix. He had seventy-five cents in his pocket, most of which he spent on a restaurant meal. He slept for a while in a chair in a hotel lobby and then, walking the streets during the night, asked for directions from the foreman of a street-cleaning crew. The foreman thought the accent suspicious and alerted a policeman. By nine that morning, Wattenberg was back at Papago Park.

Their great escape was over except for the punishment, which turned out to be surprisingly light. Despite the egregious lapses in security, no American officer or guard was court-martialed. And though some of the escapees half-expected to be shot—rumor had it that Germany had executed American POWs in retaliation for the bombing of Dresden—they were merely put on bread and water for every day one of them had been absent from camp.

Still, it had been worth it. Years later, Clarus said of the tunnel: “Conceiving of it, digging it, getting out, getting back, telling about our adventures, finding out what happened to the others…why, it covered a year or more and was our great recreation. It kept our spirits up even as Germany was being crushed and we worried about our parents and our families.”

This article was written by Ronald H. Bailey and originally published in the November 2007 issue of 第二次世界大戦 雑誌。 For more great articles, subscribe to 第二次世界大戦 magazine today!


ビデオを見る: 敵国同士の2人の壮大な愛を描くソローキンの見た桜


コメント:

  1. Jerrin

    なんて素晴らしいフレーズでしょう

  2. Kannan

    驚くべきことに、有用なフレーズ

  3. Shagor

    私はあなたが正しくないと思います。私は確信しています。私はそれを証明することができます。 PMで私に書いてください、私たちは議論します。

  4. Kareef

    エラーを犯します。ポジションを守ることができます。

  5. Meztizilkree

    かわいいアイデア



メッセージを書く