ウィリアムペン

ウィリアムペン

ウィリアム・ペンはロンドンで生まれ、オックスフォードに通い、そこで彼は友の会(クエーカー教徒)と知り合いになりました。この非常に人気のない宗派との彼の関係は、大学からの彼の追放につながりました。ペンはロンドン塔にしばらく投獄され、そこで彼の最も有名な作品を書きました。 クロスなし、クラウンなし (1689).彼の悩みにもかかわらず、ペンはヨーク公ジェームズとの友情を維持し、1681年にチャールズ2世から大規模な土地の助成金を受け取り、現在のペンシルベニア、デラウェア、ニュージャージーの多くを所有するようになりました。王はペン提督に16,000ポンドの借金を負っており、ペン提督の生き残った息子に助成金を発行することでそれを満たしていました。ペンの目的は当初から、仲間のクエーカー教徒に避難所を提供すること(「聖なる実験」)と利益を生み出す。彼は1682年に新しい植民地に到着し、フィラデルフィア市の綿密な計画に着手しました。ペンは一般的に近隣のインディアン部族との良好な関係を維持することに成功し、2年間植民地を効果的に統治しました。その後、彼はイギリスに戻り、クエーカー教徒の迫害と闘い、メリーランドとの境界紛争の解決を求めました。1697年、ウィリアムペンは、「ボストン、コネチカット、ロードアイランド」の植民地をまとめる連合計画を作成しました。 、ニューヨーク、ニュージャージー(原文のまま)、ペンシルベニア、メリーランド、バージニア、およびカロライナ。」彼はそれをロンドン貿易委員会に提出し、軍事的および経済的目的で植民地をまとめる最も初期の計画の1つを代表しました。1699年、ペンは最後にペンシルベニアに戻り、混乱した植民地の秩序を回復することができました。彼はまた、より強力な立法議会と宗教の自由を規定する新憲法である特権憲章を発行しました。ペンは1701年にイギリスに戻り、アメリカの問題を代理人の手に委ねました。ペンは1712年に衰弱性脳卒中を患い、公の生活で二度と活動することはありませんでした。ウィリアムペンは、クエーカー教の熱心な擁護、英国の裁判所での卓越した存在、ペンシルベニアのインド人の隣人との信頼できる友情を含む、本当に注目に値する人物でした。そして初期の都市計画家としての成功した役割。


ペンシルベニアの初期開発を参照してください。


ペンシルベニアの創設者ウィリアムペンについての15の反抗的な事実

1681年、ウィリアムペンは、ペンシルベニア州(勅許状で取得したばかりの植民地)がいつの日か「国の種」になると書いています。彼はこの声明がどれほど予言的であったかをおそらく知ることができなかったでしょう。ペンは、キーストーン州および全国で愛されている人物であり続けています。ここにあなたが彼について知らなかったかもしれないいくつかの事柄があります。

1.彼は有名な父を持っていました。

ウィリアム・ペンはイギリスのウィリアム・ペン提督(1621-1670)の息子でした。国民的英雄である船員は、名声と騎士としての遠回りの道を歩みました。 1649年にチャールズ1世が反逆罪で首をかしげられたとき、ペンの先輩は当初、証言録取された統治者に取って代わった反君主制の連邦政府を支持しました。しかし、この共和党の実験が失敗することが明らかになったとき、彼は1660年に死んだ王の追放された息子チャールズ2世を王位に戻すのを手伝いました。ペン提督はすぐに王室の尊敬を勝ち取り、チャールズの兄弟ジェームズの信頼できる顧問になりました。ヨーク公を務め、イギリス海軍を指揮した。

2.彼はオックスフォードから追放されました。

1655年頃のある日、トーマス・ローという名の著名なクエーカー教徒がアイルランドのペン邸に招待されました。男は信じられないほどの熱意で信仰を説き、ある時点で提督を涙に流しました。それは、若いウィリアム・ペンの人生の流れを変えるであろう経験でした。彼はすぐにクエーカー教を採用しませんでしたが、少年はすぐに運動に共感しました。

1660年にオックスフォード大学のクライストチャーチカレッジに入学した後、これらの感情に悩まされました。そこでペンは、宗教的寛容を急進的に求めたために学校から解雇された元学部長のジョンオーエンに会いました。キャンパスで教えることを禁じられて、オーウェンは彼自身の家でプライベートコースを組織し始めました。ペンはすぐに元ディーンのクラスの常連になりました。これらのセッションは、多くのオックスフォードの政策がひどく不当であるとティーンエイジャーに確信させました。

ペンの特に論争の骨は、個人的な信念に関係なく、すべての生徒が毎週日曜日に義務的な英国国教会の礼拝に出席するという学校の主張でした。ペンは反抗的に座った。彼はまた、生徒が宗教的な衣服の一種であるサープリスを着用することを要求するオックスフォードのドレスコードに違反しました。代わりに、ペンはシンプルな服を着て、学校関係者の怒りを引き出しました。オックスフォードは反抗的な行動にうんざりして、1662年に彼を追放しました。一部の情報筋によると、ペン提督はこの展開にうまく反応せず、10代を殴打して罰しました。

3.ペンの宗教的見解は、いくつかの機会に彼を刑務所に上陸させました。

オックスフォードを解任した後、ペンはフランスのソーミュール大学で神学を学び、評判の高いロンドンのロースクールであるリンカーンズインに通いました。 1666年、彼の父親は彼を家族団地の監督に送り、そこで彼はLoeと再会しました。説教者の説教は若者に馴染みのある和音を打ち、ペンはクエーカー教徒の集会に出席し始めました。 1667年9月3日、ペンはアイルランドのコークで警察によって解散された集会に出席しました。宗教的暴動を扇動することを企てたとして誤って非難され、クエーカー教徒は投獄されました。彼の社会階級のおかげで、ペンだけが恩赦を与えられました—彼は原則としてそれを拒否し、代わりに彼が彼の仲間と同じ罰を受けることを要求しました。ペンはその後まもなく解放され、その年の後半に正式にクエーカー教に改宗した。彼は決して振り返りませんでした。

ペンは1668年に再び投獄されていることに気づきました。2度目の逮捕の直前に、ペンは「 サンディファンデーションシェイク。その中で、彼は聖三位一体が「3人の別々の人」で構成されているという広範な信念を否定しました。これは当時の犯罪だったので、彼はロンドン塔の中で投獄され、そこでトラブルメーカーは8か月間留置されました。バーの後ろで、ペンは2つの新しい論文を書くことによって彼の神学的見解を明らかにしました: 彼女の開いた顔で無実クロスなし、クラウンなし。ペンの父親はヨーク公にこの刑期の終了を請願したと考えられており、ウィリアムペンは数か月後に解放されました。

しかし、彼の法律に関する問題はまだ始まったばかりでした。 1660年代初頭、英国議会はペンの存在の悩みの種となる新しい措置を制定しました。最初に登場したのは「1662年のクエーカー法」で、クエーカー教徒やその他の宗教的少数派が5人以上のグループで崇拝することを禁じていました。その後、1664年に、秘密集会法は事態をさらに一歩進め、すべての非聖公会の宗教集会を非合法化しました。 1年後、悪名高い5マイル法が可決されました。これは、旅行中の「非国教徒」の説教者(クエーカー教を支持した人々など)が大臣を務めていた場所から5マイル以内に来ることを禁じていました。

1670年、ペンはロンドンで違法なクエーカー教徒の集会を開き、秘密集会法に違反した罪で起訴されました。彼と彼の仲間の1人は、陪審員が彼らを無罪にする前に2週間投獄されました。しかし、陪審員は、裁判官が要求していたため、有罪判決を言い渡すことを拒否したことで厳しく罰せられました。彼らは食料も水も与えられずに拘留され、罰金を科され、陪審員の何人かはニューゲート刑務所に送られました。 (この訴訟は、独立した陪審員の現代的な概念によるものです。)

しかし、ペンがこれらの集会に出席したり、クエーカー教の教義を説教したりすることを思いとどまらせることはできませんでした。彼は1671年2月に再び逮捕され、裁判なしでニューゲート刑務所に送られました。彼は8月に釈放されるまで、政治的および神学的なエッセイを作成し続けました。

4.チャールズ2世が彼の父に恩恵を受けたため、ペンは新しい世界の植民地を担当しました。

ペン提督は生涯を通じて、多額の金を王冠に貸し出しました。年月が経つにつれ、この小さな財産への関心が高まりました。ペン提督の死から10年後の1680年までに、チャールズ2世はペン家に16,000ポンドの借金を抱えていました。若いペンがインスピレーションを得たソリューションを作り上げたのはそのときです。 1680年5月、彼は国王にアメリカの土地、特にメリーランドと現在のニューヨーク西部の間にある荒野の許可を請願しました。引き換えに、彼は君主の借金を許しました。チャールズ2世は彼を申し出に応じ、1681年3月4日、ペンは後にペンシルベニアとして知られるようになったものの憲章を与えられました。

5.彼は「ペンシルベニア」という名前をコインに入れませんでした。

もともと、ペンはウェールズの田園地帯を思い出させる丘陵地帯のため、それをニューウェールズと呼びたかったのです。しかし、イングランド枢密院のウェールズ生まれの秘書がこれに問題を起こし、ペンに再考を余儀なくさせました。彼の次の提案は、ラテン語で森を意味するシルバニアでした。その後、評議会は、ウィリアムペンの父である故提督を称えるために、接頭辞「ペン」を追加して、この新しい名前を少し調整することを選択しました。最初、ウィリアム・ペンはそのモニカを不承認にし、2人の次官に賄賂を渡してそれを変更しようとさえしました。これが失敗したとき、彼の抗議が虚栄心の行為として誤解されないように、彼はあきらめて戦いをあきらめました。

6.彼の有名な平和条約は謎に包まれています。

クエーカー教徒は1682年8月30日に彼の家系の名前を冠した植民地に最初に出航しました。もちろん、それが彼にとって何かを意味するずっと前に、この地域には数え切れないほどの世代のレニレナペネイティブアメリカンが住んでいました。それで、彼の出発の前に、ペンはロンドンの司教によってこれらの先住民に連絡して、都市を設立するためにいくつかの土地のために交渉を始めるように忠告されました。したがって、1681年に、彼は翻訳者によってレナペの指導者に読まれた手紙の形でオリーブの枝を派遣しました。 「私はあなたの愛と同意を持って[ペンシルベニア]を楽しみたいと思っています。私たちはいつも隣人や友人として一緒に暮らすことができます」とそれは読んだ。この文書の後半で、彼は「世界のこれらの地域の人々によってあなたに向けて過度に行使されてきた不親切と不公正」を非難します。

ペンシルベニアに到着すると、ペンはレナペ語のスキルを習得して地元の人々に感銘を与えたようです。そのため、彼自身の言葉では、「いかなる場合でも通訳を望まないかもしれません」。 1682年または1683年のある時点で、ペンはデラウェア川のレナペ村であるシャッカマクソンを訪れました。そこで、彼はフィラデルフィアが現在座っている土地の多くを購入しました。この交換は、「大条約」として歴史に名を残しました。 1772年のベンジャミンウエストの油絵で不滅 ウィリアムペンのインディアンとの条約、このイベントは、兄弟愛の街の誇りです。 1764年、フランスの哲学者ヴォルテールはこの協定に敬意を表して、「これは[アメリカインディアン]とキリスト教徒の間で誓約されておらず、破られていない唯一の条約です」と書いています。

ヴォルテールは誇張していましたか?もしそうなら、彼はどの程度現実を装飾または過度に単純化しましたか?残念ながら、確実なことはわかりません。この会議の直接の説明は書き留められておらず、実際に何が起こったのかについて一般的に合意された詳細はすべて、世代から世代へと受け継がれてきた口述の歴史から来ています。彼らの多くによると、かつてフィラデルフィアのケンジントン地区に立っていた巨大なニレの木が、最初の集会場所を示していました。トリーティーエルムと呼ばれ、1810年3月に激しい風に倒されました。リングを詳しく調べると、ペンがその下のレナペと出会ったとされるまでに、植物は1世紀以上前のものであったことがわかりました。周辺の土地は、1894年に歴史的なペントリーティーパークに改築されました。

7.彼は、ペンシルベニアを「聖なる実験」として構想しました。

彼の植民地で、ペンはクエーカー教徒や他の宗教的マイノリティのための安全な避難所を作ることに着手しました。彼らはすべて、理想的には、崇拝の自由を与えられます。彼はしばしばマスタープランを「聖なる実験」と表現しました。ペンシルベニアの不動産を購入するように彼の仲間のヨーロッパ人を誘惑するために、ペンは英語、フランス語、オランダ語、およびドイツ語でその場所のメリットを宣伝するパンフレットを配布しました。個人的に、彼は入植者から得られた収入が彼を財政的負債から引き離すのを助けることを望みました。 「私は宗教の自由を拡大したいと思っていますが、…私は自分の問題に対していくらかの補償が欲しいのです」とペンはかつて書いた。彼の努力は報われました。1685年までに、彼は合計70万エーカーに相当する600区画の土地を売却しました。

ペンシルベニア州の下で、将来のキーストーン州は公式の教会を設立することを控えた唯一のイギリスの植民地になりました。これは、「宗教と政策は…2つの異なるものであり、2つの異なる目的があり、お互いを尊重せずに完全に起訴される可能性がある」という彼の個人的な信念と一致していました。したがって、ペンシルベニア人は、少なくとも表面上は、彼らが選んだ信仰を自由に実践する権利を与えられました。ただし、植民地の当初の憲法では、非キリスト教徒(またはカトリック教徒)が投票したり公職に就いたりすることは許可されていなかったことは注目に値します。

8.彼は、ペンシルベニア州の最初の魔女の調査で主要な役割を果たしました。

1684年、現在のデラウェア郡に住む2人のスウェーデン生まれの入植者が、隣人の牛を魅了したとしてフィラデルフィア高等裁判所に連れて行かれました。ペンはおそらく、マサチューセッツ州セーラムにまもなく降りてくるような集団ヒステリーを防ぎ、スウェーデンのコミュニティとの関係を維持したいと考えていたので、彼は訴訟を完全に管理しました。どちらの女性も英語を話さなかったので、ペンは翻訳者が提供されていることに気づきました。また、可能な限り公正な判決を確保するために、彼は陪審員全員が近所から歓迎されるようにした。最後に、彼は裁判を調査に変え、弁護士の参加を禁止し、彼自身を唯一の裁判官に任命した。

公式記録は、手続きが始まったとき、いわゆる魔女のうちの1人だけが現れたことを暗示しています。彼女の名前はマーガレット・マットソンであり、彼女は無罪を主張した。多くの告発者が彼女に対して証言しましたが、彼らの主張は多かれ少なかれ伝聞で構成されていました。その後、ペンはマットソンに質問し始めました。記録はその後の数世紀で装飾されたかもしれませんが、マットソンが否定的に答えた「あなたは魔女ですか?」と尋ねるペンが前後に含まれていたと思われます。マットソンはこの質問を理解していないようだった。「まあ」とペンは言ったと思われる。「私はそれに対する法律を知らない」。真に奇妙な判決が続きました。基本的に、陪審員は両方の女性が隣人から魔女と見なされたが、実際には魔術を実践していないことで有罪と認定しました。1862年、歴史家のジョージスミスは、これを「非常に正しいが、かなりばかげた評決」と表現しました。

9.彼はメリーランドとの国境紛争に巻き込まれた。

その後1684年に、ペンは植民地に代わってイギリスに戻ることを余儀なくされました。半世紀以上前に、最初のボルチモア卿であるジョージカルバートは、ポトマック川に平行な40度線から、川の西側の水源から大西洋まで伸びる広大な陸路の支配権を与えられました。 1632年にカルバートが亡くなった後、彼の子孫は新しい植民地を組織し、メリーランドと名付けました。それからペンがやって来ました。ペンは無意識のうちにフィラデルフィアの創設との境界論争を引き起こしました。彼は将来の兄弟愛の街の基礎を築いたとき、その多くが実際には40度線の下にあることに気づきませんでした。当然、これはメリーランド州の監督家族を苛立たせました。 1682年、ペンは現代のデラウェアで助成金を獲得したとき、彼らをさらに悪化させました。チャールズカルバート(3番目のボルチモア卿)は、北緯40度線の北にあるすべてのものと同様に、この地域に対する彼の北の隣人の権利について異議を唱えました。妥協を求めて、2人の男性は1683年に会いましたが、セッションは実を結ぶことができず、両当事者はイングランドに向けて航海するよう促され、そこで貿易とプランテーション委員会の聴衆を求めました。

委員会は、各人の事件を聞いて、デラウェア半島を分割することを選択しました。ヘンローペン岬の南にあるものはすべてメリーランドに渡されました。その間、ケープの上にあるものはすべて垂直に分割され、東半分はウィリアムペンに行き、西ビットはメリーランドに引き渡されました。 (不思議に思うかもしれませんが、現代のデラウェアは1776年6月15日にペンシルベニアからの離脱を決議しました。このイベントは、6月の第2土曜日に当たる分離の日と呼ばれる年次休暇を生み出しました。)ペンシルベニア州とメリーランド州の国境は未解決のままであるはずです。この問題は、測量士のチャールズメイソンとジェレマイアディクソンがアメリカで最も有名な境界線を計画した1760年代まで解決されませんでした。

10. PENNは、欧州議会の設立を支援しました。

累積的に、ウィリアムペンはペンシルベニアで彼の人生の4年未満を過ごしました。 1684年にロンドンに戻った後、彼は1699年まで再び新世界に足を踏み入れることはありませんでした。その間、クエーカー教徒は忙しくしていました。 1693年に、彼は彼の参考文献に新しい出版された作品を追加しました。タイトル 欧州議会の設立によるヨーロッパの現在と未来に向けたエッセイ、それは大陸の進行中の、一見終わりのない戦争への応答として書かれました。欧州連合が設立される約300年前に、ペンは、すべての主要な(およびマイナーな)ヨーロッパ諸国を代表する90人の投票メンバーで構成される国際的な統治機関を求めました。しかし、彼の失望に、エッセイはヨーロッパの問題に認識できる影響を与えませんでした。

11.晩年、彼は反逆罪で告発されました。

政治では、あなたが作る友情は、ある分は祝福であり、次の分は呪いである可能性があります。ペンはジェームズ2世と緊密な絆を共有しました。これは、ペンシルベニア州とメリーランド州の国境地帯で有利な結果を確保するのにおそらく役立ったという事実です。しかし、彼はすぐにジェームズ2世との関係に欠点があることを発見しました。彼の前任者やイギリスの大衆のほとんどとは異なり、君主はカトリック教徒でした。これは彼の治世を通して多くの不安を引き起こしましたが、ジェームズ2世は、プロテスタントの娘メアリーのおかげで平和を維持することができました。彼女は彼の死後に王位に就くと想定されていたので、王の反対者たちは彼をしぶしぶ容認しました。

早すぎる出産はそれをすべて変えました。 1688年、ジェームズ2世は息子に恵まれました。この男性の相続人がカトリックに育てられると仮定して、議会の反体制派のグループがメアリーの夫であるオレンジのウィリアム王子に手を差し伸べました。その11月、ウィリアムの軍隊はジェームズ2世をうっかり倒しました。ジェームズ2世は彼らを見てパニックになり、幼い息子と一緒にフランスに逃げました。翌年、ウィリアムとメアリーは王と女王に戴冠しました。ペンは、ジェームズ2世が彼に手紙を送ったときを含め、今後数年間に何度も逮捕されましたが、彼の友人の助けを借りて、彼はなんとかトラブルに巻き込まれました。

12.彼の2番目の妻は、10年以上にわたってペンシルベニア州の料金を請求しました。

ペンは1672年に最初の妻であるクエーカー教徒のグリエルマシュプリンゲットと結婚しました。32年間の結婚生活の中で8人の子供を産み、そのうち3人は成人になりました。彼女は、1694年に亡くなりました。2年後、ペンは再び結び目を結びました。 、今回は、26歳で彼の年齢の半分未満だった花嫁のハンナ・カロウヒルと一緒に。彼女が夫婦の最初の子供を妊娠している間、ハンナは1699年にペンシルベニアに戻る大西洋横断航海で夫に加わりました。新世界での彼らの滞在は、1701年にウィリアムをイギリスに引き戻す短期間の経済的苦境になる運命にありました。彼女が後ろにいることを、ハンナは帰りの旅のために彼に加わることを主張した。

ペンが海外から植民地を統治する能力は、1712年に彼が受けた3回の麻痺性脳卒中によって損なわれました。彼女の夫の健康が悪化したため、ハンナはステップアップしました。次の6年間、彼女はペンシルベニア州の情勢を海から離れて監督し、チャールズグーキン知事に指示を郵送し、ペンシルベニア州の植民地顧問であるジェームズローガンと広範囲に協力しました。ペンは1718年7月30日に亡くなりましたが、ハンナは亡くなってからさらに8年間ペンシルベニアを経営し続けました。

13.ウィリアムとハンナペンは1984年に名誉米国市民になりました。

ペンはほとんどの日をイギリスで過ごし、植民地が独立を宣言する前に50年以上亡くなりました。それにもかかわらず、彼は時々アメリカの建国の父の間でランク付けされます。彼はまた、伝説的な政治家トーマス・ジェファーソンからも高い評価を受けています。たとえば、かつて彼は「世界で最も偉大な法律家」と呼ばれていました。ハンナもまた、多くの賛美者を持っています(そして当然そうです)。 1984年11月28日、彼らは両方とも死後、米国の名誉市民に指名されました。この栄誉を受けたのは他に6人だけです。

14.彼はフィラデルフィアのスポーツの呪いにリンクしています。

フィラデルフィアは、四半世紀にわたってあらゆる種類のチャンピオンシップを拒否された狂犬病のスポーツファンで世界的に有名です。 1983年の76ersのNBAファイナルの勝利とフィリーズの2008年のワールドシリーズの勝利の間に、ブラザーリーラブ市の主要なプロチームはタイトルを獲得することができませんでした。この干ばつの原因は何ですか?標準的な答えは、ウィリアムペン、つまり彼の像です。

フィラデルフィアの市庁舎の上にあるのは、クエーカー教徒の先見の明のある37フィート27トンのブロンズ像です。 1894年に設置されたこの像は、90年以上にわたってフィラデルフィアの最高点を表しています。伝説によると、紳士的な合意は、町のどの建物もペンの頭の上の帽子よりも高く立つことは決してないだろうと規定しました。

明らかに、One LibertyPlaceの背後にいる建築家に誰も話しませんでした。 1987年に建てられた、945フィートの超高層ビルは絶対に像の上にそびえ立っていました。これは、ペンの幽霊やプロスポーツの神々を激怒させたと言われています。いずれにせよ、フィラデルフィアを拠点とする4つの主要なフランチャイズはすべて、数十年にわたる乾燥した呪文にすぐにぶつかりました。その後、2007年6月に、さらに高い建物、高さ975フィートのコムキャストセンターが完成しました。誠意の象徴として、5.2インチの小さなペンの置物が最上部に貼られていました。 1年後、フィラデルフィアフィリーズはMLBチャンピオンになりました。一致? Comcastはそうは思いませんでした。彼らは現在、さらに高い超高層ビルを建設中であり、彫像を動かすことを約束しています。

15.いいえ、クエーカーオーツの男は彼の後にモデル化されていませんでした。

好きなものをすべて推測しますが、同社の公式Webサイトは、1870年代から進化しているロゴがWilliamPennに基づいていないことを誓っています。 「「クエーカーマン」は実在の人物ではありません」とFAQページを読んでいます。 「彼のイメージは、クエーカー教徒の信仰が正直さ、誠実さ、純粋さ、そして強さの価値を投影したために選ばれた、クエーカー教徒の服を着た男性のイメージです。」


ミッション&#038の歴史

ウィリアムペン大学は、リーダーシップ、テクノロジー、そしてクエーカー教徒の単純さ、平和構築、誠実さ、コミュニティ、平等の原則に焦点を当てた教育体験の機会を提供します。

これらの目標は、ミッションステートメントに記載されている原則がどのように追求されるか、および大学が大学のアカデミックプログラムと共同カリキュラム部門を通じて学生に教育の機会を提供する方法を特定します。

  • リーダーシップ:私たちは他の人に価値のある行動に影響を与えます
  • テクノロジー:関連技術を習得します
  • シンプルさ:私たちは本質的なアイデアと価値観に焦点を当てます
  • ピースメイキング:私たちはさまざまな視点を理解し、それらの視点を尊重し、平和的に受け入れ、交渉し、または拒否することができます
  • 威厳:私たちは、新しく関連性のある知識と方法を作成します
  • コミュニティ:私たちは協力し、コミュニケーションを取り、努力を調整します。また、大学以外のコミュニティにも参加します
  • 平等:私たちは、すべての人が自分の経験を学び、共有する機会を作ります

腕を広げる。マインドを開きます。

ウィリアムペン大学での私たちの使命は、単に達成したい一連の目標ではありません。それが私たちの核心です。すべての個人には価値があり、質の高い教育を受けるに値するという信念です。本当に私たちを強くするのは私たちの違いです。私たちのクエーカー教徒の原則は、今日の世界における真のリーダーシップの柱です。

私たちの歴史

将来への強力なビジョンを実現するには、必要な知識、視点、忍耐力を獲得するための同様に強力な歴史が必要です。ウィリアムペンには、そのような歴史があります。教育を強く評価し、クエーカー教徒のウィリアムペンにちなんで名付けられたクエーカー教徒の入植者によって、1873年に設立された大学は、オスカルーサにあり、1875年に最初のクラスを卒業しました。は、大学から大学へと移行し、働く成人向けの教育プログラムを主導し、キャンパスと施設を大幅に拡大しました。

私たちのクエーカー教の遺産

1875年にウィリアムペンを最初に卒業したのは女性で、当時は比較的前代未聞の人物でした。これは私たちのクエーカー教の遺産と信念体系の証です。私たちは、シンプルさ、平和作り、誠実さ、コミュニティ、平等を信じています。すべての人に価値があるので、教育はすべての人のためのものであると私たちは信じています。私たちは、キリスト教の信仰を祝い、それが21世紀の世界に対する私たちの展望を形作ると同時に、他の精神的な信念を持つ人々を歓迎することを信じています。そして私たちは、教育は人生に多くの見返りをもたらすだけでなく、私たちの知識を他の人に奉仕するために使う責任をもたらすと信じています。

履歴タイムライン
140年以上前に設立されて以来、私たちの歴史の主要なマイルストーンを発見してください。


ウィリアムペン大学の初期の歴史

ペンカレッジは、1860年にJ. W.モーガン博士と彼の兄弟が、オスカルーサから約3マイル離れた3階建ての建物にスプリングクリークインスティテュートという名前の学校を開設したときに始まりました。 3年後、建物は焼け、学校は近くのフレンズ教会で一時的に開催され、その後、年次集会所で短期間開催されました。アイオワでの年次友人会議はすぐにこの高等教育運動に興味を持ち、1870年にペン大学の古いキャンパスを購入し、古い大学の建物の西棟の建設を計画しました。 1872年の秋、アイオワ州セーラムのウィッティア大学の元学長であるジョンW.ウッディの指揮の下、フレンズ高校として知られる学校が開校しました。彼は助手1人で1年間学校を運営しました。仕事を拡大し、寄付金を増やすために資金が集められたとき、ペンカレッジは1873年に設立されました。フレンズのサポートは広がり、学校は大学の憲章、大学のカリキュラム、大学の教員とともに大学ベースで組織されました。

万人のための教育

ペンカレッジは、教育が彼らの生活に必要であると信じていたクエーカー教徒によって設立されましたが、公立学校はまだアイオワに来ていませんでした。ペンアカデミーが1872年11月5日にフレンズ高校として始まったとき。ジョンW.ウッディは、メアリーチョーナーウッディとアンナゴーブを追加の教師として迎えた最初の校長でした。ペンカレッジが1873年9月24日に開校したとき、高校はペンカレッジの準備部門として継続しました。ついに1888年から89年にかけて、ペンアカデミーは独立したスタッフを擁する独自の学校となり、エルマーH.ギフォードが最初の校長を務めました。ペンアカデミーは2年制の学校として始まり、1882年に3年制の学校になり、1911年に4年制の学校になりました。アカ​​デミーは1927年に閉鎖されました。ジョンウッディは大学の初代学長と妻のメアリーチョーナーを務めました。ウッディは、彼女が歴史、修辞学を教え、最初の図書館員を務めた学部にいました。学校の基礎は、すべての人のためのインクルージョンと教育のイデオロギーで確立されました。そこでは、女性と男性が学生とスタッフとして平等であり、色のある人々とあらゆる信仰の個人が大学の起源から歓迎されました。

オールドメイン-1910年頃のペンカレッジ

キャンパスが成長するにつれて

オールドメインはペンカレッジの元の場所として知られています。建物は建築家ウィリアムフォスターによって1872-1890年に建設されました。最初の1年間、建物の1つの完成した棟は、150人の学生に非常に窮屈で混雑した区画しか提供せず、大学の家族とそのコミュニティの絶え間ない善良さのためではなかったとしたら、大学生活の物語は異なっています。 The cornerstone laying ceremony for the east wing of Old Main was in 1890. This last wing of the former college building was funded by the citizens of Oskaloosa. The ceremony was conducted by the Masons. This "new wing" doubled the size of the original building. The location was at 401 College Avenue.

Old Main Fire

Old Main was destroyed by fire on the morning of May 27, 1916, the day of the senior breakfast, the fire began at 3:30 am, the cause is unknown. Robert Williams and Henry Oakley died in the fire when the heavy bell crashed through the building roof. The total loss to the College was $100,000.00, the building was only insured for $22,000.00. After the 1916 fire, Penn College was relocated to forty acres of land to the north, given to the College by Charles and Albert Johnson in 1898. The new location provided an extensive campus for the college.

Recovering After the Damage

After the fire of 1916, the Penn community needed to rebuild what it had lost. All of Oskaloosa, if not all of Iowa, rallied together to help find money to build a new, fireproof home for Penn College. Students, faculty and staff ran many fundraisers to raise $400,000 needed to rebuild what was destroyed in the fire. Fortunately they were able to secure pledges totaling $425,000.00, and built new facilities at a new location. Penn Hall, Lewis Hall and the Heating Plant were constructed with the promised funds.


The statue of William Penn atop City Hall. Photograph by felixmizioznikov/Getty Images

This month marked the 340th anniversary of a rather momentous occasion for Philadelphia. March 4, 1681, was when King Charles II of England granted one William Penn a charter for a vast stretch of land in the New World as repayment for a debt the king owed Penn’s father. The charter made Penn landlord over 45,000 square miles of territory — he instantly became proprietor of the largest privately held tract of land in the world — on which he intended to found a new province in which Quakers, the outlaw religious sect to which he belonged, could live according to their consciences.

He wanted to call his utopia “Sylvania,” meaning “woods” in Latin, but as every local schoolkid learns, King Charles tacked a “Penn” onto the name in honor of Penn’s dad. As it turns out, the relationship between William Penn Sr. and Jr. was … let’s say complicated。 Here’s some info about Pennsylvania’s founder that you might not have learned in school.

1. His mother was the subject of a lot of nasty gossip

Penn was born on October 14, 1644, to Admiral William Penn Sr. and his wife, Margaret Jasper, a highly religious widow of either Dutch or Irish heritage. (It’s debated.) The famed diarist/gossip Samuel Pepys, a neighbor of the Penn family, described her in 1664 as “a well-looked, fat, short old Dutchwoman.” He also, in gentlemanly fashion, noted that when Margaret first married Penn, she was “a dirty slattern with her stockings hanging about her heels.” According to a 1974 biography by Hans Fantel, Pepys attempted to seduce both Penn’s mother and his sister, which might account for his ill humor. Be careful of your neighbors, friends.

2. Paris was a punishment

William Penn Jr. was well educated and enrolled at Christ Church College at Oxford, but he proved a bit headstrong and was soon expelled for “rejecting the surplice and rioting in the quadrangle,” whereupon his father beat him with a cane and tossed him out of the house. Margaret was able to effect a peace, but the family sent its scion to Paris in hopes that exposure to a foreign culture would do him good. It did, sort of he developed a taste for fancy dress that would stick with him even after he became a Quaker. He also, in his youth, wrote a poem called “Ah, Tyrant Lust.”

3. He found his purpose in a pandemic

William returned home to an England wracked by the Black Death, and the scale of suffering proved sobering to him. He managed to avoid the Great Fire of London in 1666, but all in all, life was looking rather grim. King Charles was cracking down on religious dissidents, meaning anyone who wasn’t Anglican, and the recently founded Quakers were particularly persecuted, blamed for, among other things, that accursed plague. William studied law for a bit before he was sent to manage the family’s estates in Ireland, where he again encountered Thomas Loe, a Quaker itinerant preacher he’d known in his youth. Impressed by Loe’s words, Penn, then 22, decided to join the radical religious sect. He would be imprisoned four times for stating his beliefs aloud and in his writings, including on charges of inciting a riot. While a prisoner in the Tower of London in 1668, he wrote his most famous work, No Cross, No Crown, which condemned the frivolity of Restoration life and argued for the Quaker virtues and social reform.

Penn’s conversion enraged his father, who threw him out again and withheld his inheritance. Quaker families took him in, and he became a close friend of Quaker founder George Fox. In 1670, Penn was arrested for violating an act that prohibited religious gatherings of more than five persons belonging to anything but the Church of England. He begged his elderly father not to pay the fine that would release him, but the Admiral, impressed at last by his son’s integrity, did so anyway. Penn’s inheritance was reinstated, he was released from jail, and his father, just before dying, secured a promise of protection for him from Charles II and Charles’s brother, the Duke of York. It was to those two royals that the younger Penn proposed a solution to the growing religious unrest in England — a new American colony that would take in a massive exodus of English Quakers. Somewhat to Penn’s surprise, they agreed and signed the aforementioned charter.

4. At first, he was only in Pennsylvania for two years

To attract Quakers as well as members of other minority religious sects, including Mennonites, Catholics and Lutherans, Penn indulged in some creative advertising and marketed his project throughout Europe. He also wrote up a legal framework for his grand experiment, laying out the structure of the government and laws of behavior, which included prohibitions on drinking and swearing as well as on such diversions as theater, gambling and cockfighting. Damn. He also laid out a plan for his province’s “greene country town,” Philadelphia. The main streets were named for trees — Walnut, Chestnut, Locust, Spruce, Pine — because the province was Sylvania, the woods. Get it?

From 1682 to 1684, Penn was actually Pennsylvania, and it was during this period that much of what we do learn about him in school — his peace treaty with the Lenni Lenape beneath the famed elm tree at Shackamaxon his insistence on fair treatment (well, comparatively) of Native Americans the building of his home, Pennsbury Manor, along the Delaware — took place. Although Penn planned to make Philadelphia his home, he returned to England to appeal to the king in a long-standing border dispute with Lord Baltimore. It would be 15 years before he returned.

5. He stayed away for 15 years, and then moved back for … two years

Those were a miserable 15 years for Penn. His patron, Charles II, died and was succeeded by the former Duke of York, James II, who was speedily deposed and replaced by William and Mary. Penn was denounced as a traitor and imprisoned again. He discovered that his agent — a fellow Quaker! — had defrauded him and nearly cost him his Pennsylvania lands. His wife died, as did his young son Springett. His eldest son, William Jr., to whom he intended to leave the governance of Pennsylvania, was proving a disappointment, a dissolute gambler who would eventually renounce Quakerism for the Anglican Church. It wasn’t until 1699 that Penn returned to America, with a new wife, Hannah Callowhill Penn, who was eight months pregnant, and their young daughter. They didn’t stay long.

6. Seriously, he spent only four of his 74 years in Pennsylvania

Drawn back to England in 1701 by his legal woes, Penn was confined to debtor’s prison. In 1712, he suffered a debilitating stroke from which he never recovered he died, penniless, at the age of 73 in 1718. But he’s not forgotten! The Quaker Oats Company used him as the model for the dude on its boxes. (Seriously a 1909 advertisement notes, “We will keep faith with you as the Quakers of old kept faith with the Red Men.”) And a 37-foot-tall statue of Penn by Alexander Milne Calder famously tops our City Hall, built in the late 1800s. A gentlemen’s agreement prohibited the construction of any building taller than Penn’s hat in the city — an agreement violated by the construction of One Liberty Place, finished in 1987. This brought down a 20-year curse on the city’s sports teams that didn’t end until a replica statuette was attached to the highest beam of the new Comcast Center in 2007, whereupon the Phillies won the 2008 World Series. A similar figure was installed atop the even taller Comcast Technology Center in 2017 the Eagles shortly thereafter won the Super Bowl. Penn would have been appalled by the superstitions involved — and, we hope, amused by his mini-me’s.


Discover the Omni William Penn Hotel Pittsburgh with its grand style.

Omni William Penn Hotel, Pittsburgh, a member of Historic Hotels of America since 2010, dates back to 1916.

Omni William Penn Hotel was constructed during World War I, where the Central Powers battled the Entente for global dominance. But despite the worldwide turmoil, local Pittsburgh industrialist Henry Clay Frick decided to proceed with his plans to construct this beautiful historic hotel. Founder of a coke manufacturing company called the “H.C. Frick & Company,” he had played a significant role in making the American steel industry a dominant global force by the end of the 19th century. As such, Frick was instrumental in making Pittsburgh one of the nation’s greatest commercial centers. Frick had hoped that the William Penn Hotel would rival those of Europe, effectively becoming Pittsburgh greatest Grand Dame. He hired the renowned architectural team at Janssen and Abbot to oversee the hotel’s creation, which designed the hotel’s beautiful façade based on the principles of Beaux-Arts architecture. After $6 million and a year of construction, the William Penn Hotel opened to great acclaim in March of 1916. The opening ceremony proved to be a lively affair, with U.S. Secretary of State Philander Knox serving as its master of ceremonies.

Frick and the company though which he managed the business—the Pittsburgh Hotel Company—sold it to Eugene Eppley of the Eppley Hotel Company in 1928. A native of Omaha, Nebraska, Eppley was a legendary hotelier who would go on to command one of the largest American hotel chains by the 1950s. Under Eppley’s stewardship, the William Penn Hotel experienced a massive renovation that saw the its room count explode to 1,600. The renovations also saw the inclusion of an outstanding ballroom atop the hotel called the “Urban Room.” Named after its primary architect, Joseph Urban, the Urban Room features a wealth of Art Deco-inspired design aesthetics. Perhaps the greatest element to the Urban Room was a series of 14 beautiful murals that still reside the space to this very day. By the time Eppley had finished the construction project, the William Penn Hotel stood as the second tallest structure of its kind throughout the entire world.

The Great Depression greatly interrupted Eppley’s ability to finance the William Penn Hotel, forcing him to put it up for sale. He eventually reached an agreement with Statler Hotels in 1940, which subsequently managed the location throughout the following decade. Eppley would soon return to the hotel, however, reacquiring his controlling interests in the business during the early 1950s. But the change in management proved to be brief, as Eppley decided to sell the building yet again in 1956. This time, Eppley reached an agreement with the Sheraton Hotels and Resorts, in what turned out to be the second largest hotel sale in U.S. history. Sheraton’s ownership of the William Penn Hotel was short, too, as it transferred the business over to a local investment firm called Nomarl. Nomarl, in turn, then sold its interests to the Aluminum Company of America (ALOCA) in 1971. Partnering with Westin Hotels, ALCOA operated the William Penn Hotel as the “Westin William Penn.” ALCOA and Westin Hotels also greatly reduced the number of available guestrooms down to 650 as part of their joint restoration of the building. The hotel was sold for a final time in 2001, when Omni Hotels and Resorts acquired it from ALCOA.

Throughout its storied past, The Omni William Penn Hotel has hosted some of 20th-century America’s most noteworthy celebrities. A young bandleader named Lawrence Welk—who would later gain fame for his eponymous television show—performed in the hotel’s various ballrooms. The Omni William Penn Hotel’s engineers even helped produce Welk’s iconic bubble machine. The Omni William Penn Hotel has also received every seated president since Theodore Roosevelt. Several U.S. presidents have even campaigned inside the building at one point or another, including Harry S. Truman, Lyndon B. Johnson, and Ronald Reagan. On one such occasion in 1956, Dwight D. Eisenhower game an impassioned speech, in which he made a point of reminding his constituents of his dogged determination to protect American interests abroad as the Cold War worsened. Today, The Omni William Penn Hotel is among Pittsburgh’s greatest holiday destinations. A member of Historic Hotels of America since 2010, this fantastic historic hotel has received numerous accolades for its timeless elegance and unrivaled splendor.

The Omni William Penn resides at Mellon Square in downtown Pittsburgh, Pennsylvania. Originally created in 1953, Mellon Square first came into existence as part of a desperate bid to stop the Aluminum Company of America (ALCOA) from relocating to New York City after World War II. Richard King Mellon of Pittsburgh’s renowned Mellon family could not stomach the thought of ALCOA leaving for it has been an iconic fixture in the city since the late 19th century. Its departure would cost thousands their jobs and would seriously blunt Pittsburgh’s economic growth. To deter ALCOA of such a move, Mellon proposed the creation of a brand-new headquarters in a beautiful skyscraper known today as “Regional Enterprise Tower.” Mellon sweetened the deal by pledging to construct the building an exclusive underground garage topped by a beautiful public park. He hired only the finest architectural firms to work on the entire project, with Simonds & Simonds doing a majority of the landscaping for the park. Costing the Mellon family some $8 million to complete, this beautiful outdoor destination became known as Mellon Square in honor of their dogged efforts to keep ALCOA in the city. The Pittsburgh City Council specifically named the park after Richard King Mellon’s father and uncle, Richard Beatty Mellon and Andrew Mellon, respectively. The whole area—including the Omni William Penn Hotel—is preserved today by the U.S. Department of the Interior as part of the Pittsburgh Central Downtown Historic District. Both the hotel and Mellon Square are close to numerous local landmarks, including Point State Park, Market Square, and the Three Rivers Heritage Trail.

With a blend of classic elegance and modern sophistication, the renowned Omni William Penn Hotel has served as Pittsburgh’s premier hotel since 1916. Its original owner, Henry Clay Frick, had long hoped that the hotel would rival the great Grand Dames of Europe in its luxury and elegance. To actualize his dream, he hired the renowned architectural firm Janssen and Abbot for the project. Led by Benno Janssen and Franklin Abbot, the firm designed the building based on the principles of Beaux-Arts architecture. Janssen in particular was a popular architect among Pittsburgh’s most prominent citizens, having trained at the École des Beaux-Arts in Paris during his youth. As such, the city’s elite hired him to design a number of other well-known buildings in Pittsburgh, including the Long Vue Country Club, the Mellon Institute, and the Pittsburgh Athletic Association. The initial phase of the hotel included 1,000 guestrooms, and an elegant two-tier Grand Ballroom located on the 17th floor. Completed in a year and at the cost of $6 million, the William Penn Hotel was the last major construction project hat Henry Clay Frick would undertake in his lifetime.

Beaux-Arts architecture itself originally began at the École des Beaux-Arts during the 1830s. There was much resistance to the Neoclassism of the day among French artists, who yearned for the intellectual freedom to pursue less rigid design aesthetics. Four instructors in particular were responsible for establishing the movement: Joseph-Louis Duc, Félix Duban, Henri Labrouste, and Léon Vaudoyer. The training that these instructors created involved fusing architectural elements from several earlier styles, including Imperial Roman, Italian Renaissance, ad Baroque. As such, a typical building created with Beaux-Arts-inspired designs would feature a rusticated first story, followed by several more simplistic ones. A flat roof would then top the structure. Symmetry became the defining character, with every building’s layout featuring such elements like balustrades, pilasters, and cartouches. Sculptures and other carvings were commonplace throughout the design, too. Beaux-Arts only found a receptive audience in France and the United States though, as most other Western architects at the time gravitated toward British design principles.

The Omni William Penn Hotel subsequently experienced another series of extensive renovations when Frick sold the structure to Eugene Eppley in 1928. The construction work was immense, as Eppley added 600 new accommodations and a slew of cutting-edge facilities. In just a matter of months, the hotel became the second largest of its kind throughout the entire world。 Yet, the greatest part of Eppley’s renovations involved the creation of a new meeting space opposite of the Grand Ballroom called the “Urban Room.” Designed by Joseph Urban, this spectacular venue functioned as a secondary ballroom for the hotel. Urban himself had built a national reputation for his brilliant use of Art Deco design aesthetics. As such, the space featured many outstanding Art Deco architectural elements that made the Urban Room radiate a sense of tranquil elegance. The room’s most defining feature were a series of 14 brilliantly painted murals adorned symmetrically between its tall reflective panels of black Carrara glass.

The hotel has since undergone a series of additional—yet smaller—renovations during the 1960s, 1980s, and 2000s. Much of the work involved reducing the number of available guestrooms from its astronomically high-count of 1,600 to a more manageable 650. The hope in every case was to enhance the quality of the rooms without sacrificing their great historical character. An investment company called Nomarl truly began the process when it lowered the amount to 900 in 1968. The Aluminum Company of America (ALCOA) then continued the trend two decades later, spending some $20 million to bring that number further down to 650. Renovations initiated by Omni Hotels and Resorts in 2001 focused more on enhancing the luxury of the Omni William Penn. The total cost of the project went as high as $22 million.

First Annual Dapper Dan Sports Award Banquet (1939) : The Dapper Dan Award Banquet is a historic fundraising event that has continuously sought to raise money for community sporting clubs. Much of the proceeds finance the Boys and Girls Club of Western Pennsylvania, which help purchase different kinds of youth athletic equipment for thousands every year. First held at the Omni William Penn Hotel in 1939, the banquet is a program offered by the Dapper Dan Charities. The organization itself was originally founded by Pittsburgh Post-Gazette editor Al Abrams at the height of the Great Depression. The highlight of the event featured an exciting award ceremony in which the organization named the renowned boxer Bill Conn as its “Sportsman of the Year.” (The ceremony has since been joined by another award, the “Sportswoman of the Year.) Many of the subsequent banquets paid tribute to some of the region’s greatest athletic figures, including Art Rooney, Jock Sutherland, and John Harris. The Omni William Penn Hotel went on to host the next 20 Dapper Dan Sports Award Banquets, with the last dinner being held in honor of the Pittsburgh Pirates’ Danny Murtaugh.

Lawrence Welk, musician and bandleader best remembered for hosting The Lawrence Welk Show.

Ferdinand Foch, Supreme Allied Commander during World War I.

George C. Marshall, General of the Army and Army Chief of Staff under presidents Franklin Delano Roosevelt and Harry S. Truman.

Pat Nixon, First Lady to former U.S. President Richard Nixon

Theodore Roosevelt, 26th President of the United States (1901 – 1909)

William Howard Taft, 27th President of the United States (1909 – 1913) and 10 th Chief Justice of the United States (1921 – 1930)

Woodrow Wilson, 28th President of the United States (1913 – 1921)

Warren G. Harding, 29th President of the United States (1921 – 1923)

Calvin Coolidge, 30th President of the United States (1923 – 1929)

Herbert Hoover, 31st President of the United States (1929 – 1933)

Franklin Delano Roosevelt, 32nd President of the United States (1933 – 1945)

Harry S. Truman, 33rd President of the United States (1945 – 1953)

Dwight D. Eisenhower, 34th President of the United States (1953 – 1961), and Supreme Allied Commander Europe during World War II

John F. Kennedy, 35th President of the United States (1961 – 1963)

Lyndon B. Johnson, 36th President of the United States (1963 – 1969)

Richard Nixon, 37th President of the United States (1969 – 1974)

Gerald Ford, 38th President of the United States (1974 – 1977)

Jimmy Carter, 39th President of the United States (1977 – 1981)

Ronald Reagan, 40th President of the United States (1981 – 1989)

ジョージH.W. Bush, 41st President of the United States (1989 – 1993)

Bill Clinton, 42nd President of the United States (1933 – 2001)

George W. Bush, 43rd President of the United States (2001 – 2009)

Barack Obama, 44th President of the United States (2009 – 2017)

Silence of the Lambs (1989)


Final years

Penn’s final years were unhappy. His eldest son, William, Jr., turned out a scapegrace. Penn’s own poor judgment in choosing his subordinates (except for the faithful Logan) recoiled upon him: his deputy governors proved incompetent or untrustworthy, and his steward, Philip Ford, cheated him on such a staggering scale that Penn was forced to spend nine months in a debtors’ prison. In 1712, discouraged at the outcome of his “holy experiment,” Penn began negotiations to surrender Pennsylvania to the English crown. A paralytic stroke, which seriously impaired his memory and dulled his once-keen intellect, prevented the consummation of these negotiations. Penn lingered on, virtually helpless, until 1718, his wife undertaking to manage his proprietary affairs. Penn’s collected works were published in 1726.


William Penn - History

William Penn arrived on American soil in 1682 to take possession of lands which had been turned over to him by the King of England. The king owed a large sum of money to Penn’s father, Admiral Sir William Penn. To settle up the debt the king offered lands in the American colony to the Penn family.

Penn travelled to the new world to see the lands for himself. The lands consisted of all of the present day States of Pennsylvania and Delaware. They were not named by those names because Pennsylvania got its name from Penn.

Penn’s father was a famous English admiral who was financially well off. He had apparently become wealthy through his exploits as an English Admiral. The senior Penn was married to Margriet Jaspers, a Dutch-born widow of a Dutch sea captain. As a result William Penn, the younger one, was clearly a Dutch American.

William Penn the younger was asked by the father to travel to the English colony in North America to view the lands. Penn landed in New Castle, Delaware and was welcomed by the colonists who recognized him as the owner of the lands the King had bestowed on him and his family. Shortly thereafter Penn travelled up the Delaware River and founded the City of Philadelphia.

Penn was the first to suggest that the colonies should work together to form a unified colonial area. His idea became the foundation of the later unification of the colonies into the United States of America. The government of the Pennsylvania colony installed under Penn’s leadership also became the foundation of the United States Constitution.

In 1684 Penn returned to England to see his family and resolve a territorial dispute. While there he became involved in the problems the Quakers had with the English government. Penn was a Quaker himself, but was able to deflect any personal government actions against him because of the influence of his family.

A more serious problem arose with his lands in the American colony. While away in England he had turned over the management of his lands to a trusted aide, a fellow Quaker, he felt he could trust. Unfortunately, the trusted aide was able to take away [steal] the official title to the lands from Penn. Fortunately, Penn was able to reverse the land grab by his former aide, but it took until 1708 to accomplish it.

Penn returned to his colony in 1699. He was accompanied by his wife Hannah and daughter Letitia. Much had changed since he had left. The population of Pennsylvania had increased to 18,000 and the population of the city he had founded, Philadelphia, had reached 3,000.

While in the Pennsylvania colony the Penn family lived at Pennsbury Manor, and they intended to live out their life there. They also had an American-born son named John.

Penn would commute to Philadelphia on a six-man barge. While there he took care of his governor responsibilities. Apparently threats by France jeopardized his charter for the lands he had control over. His wife also yearned to go back home to England. So in 1701 the Penn Family returned to England after a brief two-year stay.

Based on the above William Penn, the Governor of Pennsylvania and Delaware only spent a total of four years in the American colonies. During that time he was an early champion of democracy and religious freedom. The latter was clearly due to his own experience of discrimination for being part of a religion, Quakerism, which did not have approval in his native England. Penn also had good relations and made successful treaties with the Lenape Indians.

Penn is viewed as one of the founders of North America because of his ownership and governing of the lands comprising Pennsylvania and Delaware. He is viewed as an American and rightfully so, although he lived only for a total of four years in his adopted land. With this biographical profile, he will also be considered a Prominent Dutch American.

There is an interesting story about Penn and Tsar Peter the Great [1672-1725]. Penn apparently became thoroughly familiar with the Dutch language, learned from his mother. Peter the Great, Tsar of Russia for 42 years had spent about four months in Holland during his younger years learning about shipbuilding among other activities. Penn and the Tsar happened to meet in England during the Tsar’s visit in 1698, and were able to converse together in the Dutch language. Apparently the Tsar’s Dutch was better than his English.

William Penn had eight children from multiple marriages. They were: William Penn, Jr. [1681-1720], John Penn [1700-1746], the American-born son, Thomas Penn [1702-1775], Richard Penn, Sr. [1706-1771], Letitia Penn, Margaret Penn, Dennis Penn and Hannah Penn. Three of the five sons, and their descendants, ended up owning the lands in the American colony until 1776 when all the lands deeded by the crown were taken away from their former owners. The three sons were John, Thomas and Richard.

William Penn was born in London, England on October 14, 1644. He passed away in Berkshire, England on July 30, 1718, at the age of 73. During his life he has had an enormous influence on the colonies of Pennsylvania and Delaware. His greatest fame is probably the founding of the City of Philadelphia and the naming of the State of Pennsylvania.

Various web sites were consulted including: Famousamericans.com, history.com, answers.com and wikipedia.org.

Soderlund, Jean R. et al., editors, “William Penn and the Founding of Pennsylvania, 1680-1684: A Documentary History”, 1983.

E-BOOKS AVAILABLE FROM AMAZON GOOGLE: Kindle Store Pegels

PROMINENT DUTCH AMERICANS, CURRENT AND HISTORIC

EIGHT PROMINENT DUTCH AMERICAN FAMILIES: THE ROOSEVELTS, VANDERBILTS AND OTHERS, 2015

FIFTEEN PROMINENT DUTCH AMERICAN FAMILIES: THE VAN BURENS, KOCH BROTHERS, VOORHEES AND OTHERS, 2015


Born during time of strife

William Penn was born into a privileged and wealthy family on October 14, 1644, in London, England. His father, William Penn (1621–1670), was an admiral in the British Royal Navy, and the owner of several large estates in Ireland. He was also a friend of the Stuart kings of England. (The Stuarts were a family who had ruled Scotland and England since the twelfth century.) Penn's mother was Margaret Jasper Vanderschuren, who was the widow of a Dutch merchant before she married Penn's father. In 1641 she and her family fled Ireland for London, England, as Irish Catholics waged a war against Protestant immigrants. In London she met and married William Penn. Their elder son and primary heir, William, was born in 1644, during a time of political unrest. A civil war was raging in England, and the king was being held prisoner in Scotland. There was also religious turmoil. Dissidents (people who disagree with the rules of a government or church) such as George Fox, the founder of the Religious Society of Friends (known as Quakers), were preaching throughout England for religious reform. Penn's father was arrested on suspicion of treason (betraying one's country) because he was a friend of the Stuarts, but he was soon released. In 1654 he headed for the West Indies and became involved in a military assault on the Spanish at Hispaniola. This grand expedition ended in failure, and on his return the older Penn was imprisoned again. Upon his release he decided that England was not safe, so in 1656 he moved the family to Ireland. In 1660 the English civil war came to an end and the Stuarts regained the throne. That same year young William was sent to study at Oxford's Christ Church College.


Classroom Activities

Monday: Who is William Penn?

Today’s instruction will focus on educating students about William Penn with the sources listed below. Using a KWL chart, have students fill out the first two columns with the information they know about William Penn and what they would like to know. This pre-instruction activity will allow you as a teacher to gauge your students prior knowledge of William Penn and what they would like to learn throughout this lesson. This information will shape your discussion about William Penn as you move through your lesson while using the three primary sources listed below. At the end of the lesson, have students complete the KWL chart by filling in the last column as to what they have learned about William Penn. This KWL chart will serve as a reference for later use in this week’s unit on Quakers.

  1. William Penn.
  2. William Penn Treaty.
  3. William Penn’s Treaty With the Native Americans.
  4. William Penn statue on City Hall tower.

Tuesday: Quaker School

Today’s focus will be set around the Quaker school. This activity will include a venn diagram for a then versus now lesson format. Use the primary sources listed below for today’s lesson. Children will learn about the Quaker school and what life was like for children during that time. Use the discussion questions as a basis for classroom discussion and student learning. Students will have the opportunity to write about the Quaker school while comparing and contrasting it from the school they are attending. This is a great opportunity for students to make real world connections and compare their lives to the lives of Quaker children.

5. Friends Select School, Gayley and Baker.

7. Collection Room, Westtown. Old building.

Wednesday: Quaker Clothing

Today’s lesson will be focused on Quaker clothing and culture. Students will complete a Venn diagram to compare and contrast historical Quaker clothing to their own clothing. Use the following primary sources to show students what historical Quaker clothing was like. Allow students to ask questions that they may have about the Quaker community. Students will be able to use the primary sources to complete the Venn diagram. This activity will engage students’ knowledge on the historical Quakers as well as their knowledge of today’s society and culture surrounding each and everyone of them.

8. Fashion print showing a couple attired in Quaker costume.

9. Friend’s Meeting House. Race Street, Philadelphia.

11. Elizabeth Underhill & Benjamin Mott Underhill.

Thursday: Quaker Church

Today’s focus will be around the Quaker church and the community surrounding it. Provide your students with primary sources listed below to help students visualize what a Quaker church may have looked like. As a class discuss how Quakers worship and why they do not have ministers. Use this time to explain who the Society of Friends are and what meeting houses are used for. Explain what happens in these buildings and why they are so important to the Quaker community. Students will complete a 5W chart answering questions of who they were, what they did, why they did it, when and where. Allow students to view the primary sources and any classroom notes taken throughout the lesson. This serves as an activity for today’s lesson as well as a unit wrap up activity. The activity will assess students’ overall understanding of the information taught throughout the week.

15. A fourth day morning view of Friends Meeting House on Cherry Street, Philadelphia.


ビデオを見る: William Orbit - Fire u0026 Mercy