メキシコ系アメリカ人の投票権擁護者ウィリー・ヴェラスケスが大統領自由勲章を授与

メキシコ系アメリカ人の投票権擁護者ウィリー・ヴェラスケスが大統領自由勲章を授与

1995年9月29日、選挙権擁護者のウィリーヴェラスケスは、死後、大統領自由勲章を授与されました。ベラスケスと彼が設立した組織は、米国南西部のヒスパニックコミュニティの間で劇的に政治意識と参加が高まっていると信じられています。

組合主催者の息子であるベラスケスは、メキシコ系アメリカ人青年組織(MAYO)の5人の創設者の1人でした。サンアントニオ周辺の大学キャンパスでの有権者登録ドライブとストライキから始まり、MAYOは高校生の組織化にまで拡大し、地元の教育委員会に数人の候補者を選出することにさえ成功しました。ブラックパンサー党のようなグループやマルコムXのような指導者に触発されて、MAYOのメンバーの何人かは、共和党や民主党の組織に頼らずにヒスパニック候補者を選出することを目的とした党であるラザウニダ党を結成しました。

ベラスケスは、南西部全体で農業労働者を組織し、1960年代後半に彼らの労働条件に国民の注目を集めた組合である労働組合のボイコットコーディネーターとして働いた。その後、1972年に南西部の有権者登録教育プロジェクトに着手する前にラザで働きました。「Suvota、su voz」(あなたの投票はあなたの声です)をモットーにしたSVREPは、投票率の低さ、有権者の無関心に対処しようとしました。ヒスパニック系アメリカ人コミュニティに影響を与えた制度的権利剥奪—ベラスケスは、ヒスパニック系コミュニティは市民権運動から多くを学ぶ必要があると信じ、マーティンルーサーキングジュニアのような著名な指導者と同じ体系的な問題の多くに対処しようとしました。

続きを読む:何百万人ものアメリカ人が農場労働者を支援するためにブドウを食べるのをやめたとき

彼は自分の仕事の完全な効果を見るために生きることはできませんでした—彼は44歳で癌で突然亡くなりました—ウィリーベラスケスは確かにヒスパニックの有権者を活性化するという彼の目標を達成しました。今日、SVREPは、270万人以上の有権者を登録し、15万人以上の政治活動家を訓練し、100件以上の公民権訴訟に勝ったと主張しています。ヒスパニックの投票率は白人の投票率よりも大幅に低いことがよくありますが、ここ数十年で急激に増加し、1994年の総選挙の130万人から2016年の1350万人に10倍に増加しました。ウィリーは「アメリカの民主主義の代名詞」と呼ばれていました。

続きを読む:JFKの「ビバケネディ」キャンペーンがラテン系アメリカ人の投票をどのように活性化したか


&#039Willie Velasquez:あなたの投票はあなたの声です&#03910月3日月曜日のPBSでのプレミア

(ロサンゼルス)-「suvoto es su voz」(「あなたの投票はあなたの声です」)という彼の集会の叫びで、メキシコ系アメリカ人の活動家ウィリーヴェラスケスは、国の政治情勢を永遠に変えた草の根運動を開始しました。無党派の南西部有権者登録および教育プロジェクト(SVREP)を通じて、ベラスケスは200の都市で1,000以上の有権者登録ドライブを開始し、毎年勢力を伸ばし続けている運動を生み出しました。 「今日、2700万人以上のラテン系アメリカ人の有権者がいます」と、ラテン系公共放送のエグゼクティブプロデューサー兼エグゼクティブディレクターであるサンディービケスペドローは述べています。 「投票に登録することでラテン系アメリカ人が民主的プロセスに投資するように促すことで、ウィリー・ヴェラスケスとSVREPは、世論調査でラテン系アメリカ人の力を継続的に高める道を開いた。」ヘクター・ギャラン(巨人の子供たち)監督の「ウィリー・ベラスケス:あなたの投票はあなたの声です」、ルイス・バルデスがナレーションを付けたVOCES / PBS選挙2016スペシャル、2016年10月3日月曜日、午後10時30分から11時30分に初演。 PBSのET(ローカルリストを確認)。

アメリカの歴史を通して、ラテン系アメリカ人は人頭税、ゲリマンダー、そして完全な脅迫を使って投票箱から遠ざけられることがよくありました。しかし、公民権運動、セサールチャベスと農業労働者運動、そしてベトナム戦争への抗議からインスピレーションを得て、ウィリーヴェラスケスの南西有権者登録教育プロジェクトは、前例のないラテン系投票の力を利用することによって、アメリカの政治の様相を変えるでしょう。方法。

サンアントニオ出身のメキシコ系アメリカ人の肉屋の息子であるウィリーヴェラスケスの政治的目覚めは早くから起こりました。熱心な学生であるベラスケスはセントメアリーズ大学に通い、2つの夏をワシントンD.C.で下院インターンとして過ごし、サンアントニオの先駆的な下院議員ヘンリーBゴンザレスで働きました。帰国後、彼は教育の機会の改善に焦点を当てたチカーノの青年組織であるメキシコ系アメリカ人青年組織(MAYO)の創設者の1人になりました。 1970年代初頭、ウィリーはチカーノ運動の指導者たちと行進し、ラザウニダ会議の結成の主要なプレーヤーになりました。

しかし、何年にもわたる街頭での抗議と行進の後、ベラスケスは、エンパワーメントへの唯一の真の道はラテン系アメリカ人をアメリカの政治プロセスに関与させることであることに気づきました。 1974年にSVREPが設立されたことで、ウィリーヴェラスケスのコミュニティオーガナイザーの軍隊は、100万人の新しい有権者の登録に着手しました。組織はジム・クロウの残党にも異議を唱え、政治地区のゲリマンダーや市や郡での大規模な投票の慣行に反対するいくつかの訴訟の最前線に立っていたため、少数派候補者の選挙が妨げられることが多かった。無党派のSVREPは、ジョージH.W.の候補者と協力して、ラテン系の有権者に連絡する方法について両党に助言しました。エドワード・ケネディへのブッシュ。

SVREPの前例のない取り組みの結果、何百万人ものラテン系の有権者が登録され、今日でも存在する多数の「投票を取り消す」取り組みが行われました。ラテンアメリカ人は現在、米国の人口の17%を占めており、ラテンアメリカ人の投票率は今年1,300万から1,600万人になると予測されています。

「PBSがこの映画を上映できることをうれしく思います」と、PBSのニュースおよび広報担当副社長であるマリーネルソンは述べています。 「ウィリー・ヴェラスケスはアメリカの政治の様相を変えました。彼の話は、この選挙シーズンの詳細な報道への重要な追加です。」

「ウィリー・ヴェラスケスは、メキシコ系アメリカ人の公民権の先駆者であり、地方および国の政治情勢を永遠に変えました」と、公共放送社の最高コンテンツ責任者であるジョセフ・トヴァレスは述べています。 「彼はCPBがサポートすることを誇りに思っている素晴らしいアメリカの物語です。」

1988年、彼のキャリアのピーク時に、ウィリー・ヴェラスケスは進行した腎臓癌で突然亡くなりました。彼はたった44歳でした。 1995年、彼は大統領自由勲章を授与されました。これは、米国で最も高い民間人の栄誉です。 「彼の名前はウィリアムC.ヴェラスケスでしたが、誰もが彼をウィリーとして知っていました」と当時のビルクリントン大統領は言いました。 「ウィリーは、アメリカの民主主義の代名詞であり、現在もその名前です。セサールチャベスと労働者を組織したカリフォルニアの農地から、政治を教えたハーバードのホールまで、ウィリーヴェラスケスは、すべてのアメリカ人が私たちの民主主義に役割を果たし、機会を共有するべきであるという揺るぎない信念に駆り立てられました。私たちの偉大な国の。」

「ウィリー・ヴェラスケスの作品は、有権者としても候補者としても、何百万人ものラテン系アメリカ人を政治プロセスにもたらしました」と映画製作者のヘクター・ギャランは述べています。 「この現在の選挙サイクルを経るにつれ、ラテン系の有権者がどこまで来たか、そして私たちの投票が本当に私たちの声であり続けるかを振り返ることが重要です。」

「WillieVelasquez:あなたの投票はあなたの声です」は、GalánIncorporatedとLatino Public Broadcastingの共同制作であり、公共放送からの主要な資金提供を受けています。 KLRUオースティンとKLRNサンアントニオによって提示されました。

参加者について、アルファベット順:

  • Felicita Arriagaは、テキサス州ローゼンバーグのSVREP活動家でした。
  • Annette Avinaは、SVREPの財務および開発の元ディレクターです。
  • セザーブランコは、テキサス州エルパソのテキサスハウスディストリクト76の州議会議員であり、ラテンアメリカ勝利プロジェクトの暫定ディレクターです。
  • Lydia Camarilloは、SVREPの副社長です。
  • ジュリアン・カストロは住宅都市開発長官であり、サンアントニオの元市長です。
  • ロージー・カストロはサンアントニオの投票権活動家であり、HUDのフリアン・カストロ長官と米国議会議員のホアキン・カストロの母親です。
  • ヘンリー・シスネロスは、サンアントニオの元市長であり、元HUD長官です。
  • ステラベラスケスコルテスはウィリーベラスケスの妹です。
  • チャールズコトレルは、ウィリーヴェラスケスの母校であるセントメアリーズ大学の名誉学長です。
  • Diamantina Davilaは、テキサス州ローゼンバーグのSVREP活動家でした。
  • ダニエル・ガルザは、LIBREイニシアチブの事務局長です。
  • アントニオ・ゴンザレスは、南西有権者登録教育プロジェクト(SVREP)の現在の会長です。 1974年に設立されたSVREPは、米国で最大かつ最古の無党派のラテン系有権者参加組織です。
  • ホセ・エンジェル・グティエレスは、テキサス大学アーリントン校の弁護士兼教授です。彼は1967年にMexicanAmerican Youth Organisation(MAYO)の創設メンバーであり、Raza UnidaPartyの創設メンバーおよび元大統領でした。
  • アンディ・ヘルナンデスは、ウィリー・ヴェラスケスの死後、SVREPの社長として後任になりました。
  • Frances Lunaは、テキサス州ローゼンバーグのSVREP活動家でした。
  • Choco MezaはSVREPの国立研究ディレクターであり、公共サービスに関与し続けています。
  • デビッドモンテハーノは、カリフォルニア大学バークレー校の民族研究の教授です。
  • Dora Olivoは、テキサス州ローゼンバーグのSVREP活動家であり、元テキサス州の代表者でした。
  • Rolando Riosは、議決権を専門とするサンアントニオの弁護士です。
  • ライオネルソーサは、米国で最大のヒスパニック広告代理店の1つを設立し、ラテン系の有権者を対象とした政治広告を作成するパイオニアでした。
  • Victoria DeFrancesco Sotoは、米国の政治とその海外諸国への影響に関する分析を提供する政治学者です。 Sotoは、テキサス大学の教授であり、MSNBCとNBCNews.comの寄稿者であり、Telemundoの定期的な政治アナリストです。
  • ジョージベラスケスはウィリーベラスケスの兄弟です。
  • ジェーンヴェラスケスはウィリーヴェラスケスの未亡人です。
  • ラルフベラスケスはウィリーベラスケスの兄弟です。
  • アルマンドビジャレアルは、SVREPの元フィールドディレクターです。

映画監督について

HectorGalán(プロデューサー/ディレクター)は、25年以上にわたり、PBS向けに高く評価され、受賞歴のあるプログラムを制作してきました。彼の作品には、最近の子供たちの巨人、FRONTLINEの11のエピソード、AMERICAN EXPERIENCEの2つのプログラム、そして画期的な4部構成のシリーズChicanoが含まれています。ガランがビル・クリントン大統領のためにホワイトハウスで上映するよう招待されたメキシコ系アメリカ人公民権運動の歴史。彼の作品は、3つのImagen Awards、Cine Golden Eagle Award、Telly Award、SXSW Best Documentary、Golden Apple、Blue Ribbon Award、および数々のフェスティバル賞を含む数々の賞と表彰を獲得しています。

ラテン系公共放送について

Latino Public Broadcasting(LPB)は、ラテン系の人々を代表する、またはラテン系アメリカ人にとって特に関心のある問題に取り組む非営利の教育および文化メディアの開発、制作、取得、および配布のリーダーです。これらの番組は、公共放送局やその他の公共電気通信事業体に配布するために作成されています。ラテン系公共放送は、米国中の多様なラテン系コミュニティに声を提供し、公共放送社から資金提供を受けています。

Latino Public Broadcastingは、シリーズVOCES、PBSの署名ラテン芸術と文化のドキュメンタリーショーケース、およびラテン文化体験の豊かな多様性を探求し祝うことに専念する唯一の継続的な全国テレビシリーズを制作しています。 2009年から2016年の間に、LPBプログラムは、権威あるジョージフォスターピーボディ賞、2つのエミー賞、2つのイマジン賞、サンダンス大賞を含む85を超える賞を受賞しています。さらに、LPBは、Norman Lear LegacyAwardおよびNCLRAlma Award for SpecialAchievementを受賞しています。

1967年に議会によって設立された民間の非営利法人である公共放送社(CPB)は、連邦政府の公共放送への投資の管理者です。これは、全国で約1,500の地元で所有および運営されている公共テレビおよびラジオ局の運営をサポートするのに役立ちます。 CPBは、公共ラジオ、テレビ、および関連するオンラインサービスの研究、技術、およびプログラム開発のための最大の単一資金源でもあります。詳細については、www.cpb.orgにアクセスし、Twitter @ CPBmedia、Facebook、LinkedInでフォローしてください。

2016年PBS選挙について

PBS Election 2016は、PBSニュース、広報、ドキュメンタリー、デジタルプログラミングを組み合わせて、2016年の選挙サイクルを国内で最も完全にカバーするマルチプラットフォームイニシアチブです。高く評価されているシリーズPBSNEWSHOUR、PBS NEWSHOUR WEEKEND、FRONTLINE、WASHINGTON WEEK、CHARLIE ROSE、TAVIS SMILEY、AMERICA BY THE NUMBERSは、NPRやAmerican Public Mediaの「Marketplace」とのパートナーシップに加えて、最新の選挙ニュースをカバーし、現在の歴史的な政治問題、候補者の舞台裏の話と選挙プロセス、そしてアメリカ政府の基礎をより広く見ていきます。


メキシコ系アメリカ人の投票権擁護者ウィリー・ヴェラスケスが大統領自由勲章を授与-歴史

伝記- ウィリアムC.ベル&aacutesquez

William C. Vel&aacutesquez:1944-1988

William C. Vel&aacutesquezは、1974年に南西部の有権者登録教育プロジェクトの創設者でした。彼は、ラテン系アメリカ人がアメリカの民主主義プロセスにおいて重要な役割を果たす時期を思い描いていました。彼の遺産はテキサスで始まりました。

Vel&aacutesquezは、社会的活動を目的としたチカーノの青年組織であるメキシコ系アメリカ人青年組織(MAYO)の創設メンバーの1人でした。 MAYOでの彼の役割は、La Ram UnidaPartyの前身であるElMovimiento Social de la RazaUnidaのテキサス初の州全体のコーディネーターになることにつながりました。

彼のラテン系組織との関わりは広範でした。 1968年、労働組合(UFW)のボイコットコーディネーターとして、テキサス州のリオグランデバレーでストライキを組織しました。 UFWを去った後、彼はテキサス州サンアントニオのメキシカンアメリカンユニティカウンシルの創設者兼ディレクターになりました。 1970年に彼はララザの南西評議会のフィールドディレクターに任命されました。

1972年から1974年7月まで、彼は南西有権者登録教育プロジェクト(SVREP)の構築に力を注いできました。 1974年にベラスケスがSVREPへの扉を開いたとき、ほとんど気づかれませんでした。小さな机の後ろにある折りたたみ椅子に座って、借りた回転式電話からメキシコ系アメリカ人を政治に駆り立てました。

彼はコミュニティの主催者の助けを借りて、彼らは一緒に南西部全体で何百もの有権者登録と投票権獲得(GOTV)キャンペーンを開始しました。 Vel&aacutesquezの遺産は明らかです。SVREPは設立以来、50,000人のコミュニティリーダーを育成し、85件の議決権訴訟に成功し、2,300人の無党派の有権者登録およびGOTVキャンペーンを実施してきました。その結果、有権者登録は、1974年の240万人のラテン系アメリカ人から、1998年には全国で700万人に増加しました。

しかし、彼のビジョンには、ラテン系アメリカ人を投票箱に入れるだけではなく、Vel&aacutesquezは、積極的で情報に基づいたラテン系有権者を民主主義のプロセスに取り入れようとしました。

1984年に設立された南西有権者研究所は、ラテン系の有権者の意見を求め、それらの調査結果を知らせるために設立されました。彼はラテン系の指導者が彼らの構成員に対して説明責任を負わなければならないと感じました。研究所の一部として、彼は収入と貧困から米国とラテンアメリカの関係に至るまでの公共政策の問題に関する情報を収集して配布することに着手しました。

1995年、ビルクリントン大統領は、Vel&aacutesquezに大統領自由勲章を授与しました。これは、民間人が受け取ることができる最高の栄誉であり、この栄誉を獲得したのはラテン系で2番目の栄誉です。

1997年、南西有権者研究所は、Vel&aacutesquezのビジョンと遺産を尊重し、永続させる方法として、William C Vel&aacutesquez Institute(WCVI)に変更されました。

しかし、Vel&aacutesquezは彼の夢の成果を見ることができず、1988年6月15日に腎臓癌による合併症で亡くなりました。 SVREPとWCVIの継続的な活動は、Vel&aacutesquezの継続的な強さとメリットの証拠として機能します。

ウィリー・ヴェラスケスの詳細については、彼の伝記を購入してください。 ウィリー・ヴェラスケスの生涯と時代


セペダ:映画は、投票権擁護者の説得力のある物語を強調しています

2/3ファイル-この1984年のファイル写真は、未知の場所にいるWilliam C. "Willie" Velasquezを示しています。ベラスケスに関する新しいVOCES / PBSドキュメンタリーは、米国最大のマイノリティグループが次の大統領選挙の主要なプレーヤーになるように設定されているのと同じように、後期ラテン系の投票権擁護者の生活に飛び込みます。ヘクター・ギャラン監督は、ベラスケスがラテン系の投票ブロックを開発する上で重要な人物だったと言います。 Â?&#8220WillieVelasquez:あなたの投票はあなたの声ですか?&#8221は2016年10月3日月曜日にPBSステーションで放送を開始します。(AP写真、ファイル)クレジットなし/ STFもっと見るもっと見る

メキシコ系アメリカ人の活動家ウィリー・ヴェラスケスが亡くなってから10年後、当時のビル・クリントン大統領は大統領自由勲章の死後の栄誉を彼に授与し、次のように宣言しました。ウィリー・ヴェラスケスの手を感じるために。ヒスパニックコミュニティへの彼の魅力はシンプルで情熱的で直接的でした-'Su voto es su voz。」あなたの投票はあなたの声です。」

名前がベルを鳴らさなくても、気分が悪くなることはありません。あなたがあなたのベルトの下にいくつかのラテン系の研究コースを持っていない限り、ベラスケスはあなたが聞いたことがないが知っておくべきもう一つの歌われていないアメリカの英雄です。

大統領の栄誉についての逸話については、先週の月曜日に初公開され、PBSのWebサイトで無料でストリーミングできる新しいVOCES / PBSドキュメンタリー「WillieVelasquez:Your Vote isYourVoice」のプロデューサー兼ディレクターであるHectorGalanに感謝する必要があります。 。

メキシコ系アメリカ人の歴史の長年の記録者であるガランは、西のバリオに住む貧しい子供から成長したベラスケスの物語を通して、ヒスパニックの政治的エンパワーメントへの長くてまだ進行中の道のクラッシュコースを通して視聴者を案内しますテキサス州サンアントニオの南西部の有権者登録および教育プロジェクトのリーダーに。その組織は、当時、米国で最大のヒスパニック有権者登録の取り組みとなり、1974年から1987年の間に米国でヒスパニックに選出された公務員の数を82%増加させるのに役立ちました。

「投票革命」を開始したとされているベラスケスは、地元の電話帳を使用してヒスパニックの名前を見つけ、市民参加ピッチで自宅にコールドコールすることで、ラテン系の有権者を手動で数え、求愛し始めました。

ガランは、第二次世界大戦後に帰国したヒスパニック系アメリカ人の間の点を結び、白人と一緒に奉仕したにもかかわらず社会で同等の地位を持たないという失望と、ベトナムで奉仕するためにドラフトされたラテン系アメリカ人の不均衡な数に起因する最終的な政治的動揺に直面しています。

この1時間のスペシャルでは、アフリカ系アメリカ人の公民権運動、反戦運動、チカーノ運動がどのように組み合わされて、真の政治参加を促進し、ラテン系の家族の間で世代間の不安を引き起こしたかについての魅力的な議論が短すぎます。世代は、子供たちが頭を下げて仲良くするのではなく、路上で抗議しているとスキャンダルされています。

そこから、映画製作者は、投票する人々を登録するように設計されたフェスティバルのような集まりでフォークロアダンサーとメキシコのバンドを組織するために必要な勢いを達成するために、ベラスケスがチカーノ運動のさまざまなレベルの急進主義と戦闘力をどのように操作したかを掘り下げます。

そこから、ベラスケスがヘンリー・シスネロスをサンアントニオの市長に選出するのを手伝っているのを目撃します-主要都市の最初のメキシコ系アメリカ人の市長-そして、共通の目標に協力するために全国的なラテン系の指導者を集め、最終的にはロナルド・レーガンを選出することに関与しました大統領。ベラスケスは1988年に44歳で癌で亡くなりました。

このドキュメンタリーの無党派の筋は注目に値します。映画製作者は、保守的な政治と共和党により多くのラテン系アメリカ人を紹介しようとしている非営利組織であるLibreInitiativeを強調しています。

しかし、ほとんどの場合、ガランの主な目的は、ヒスパニック系の有権者が、投票力の欠如と今年11月の潜在的な影響について同時に対立するメッセージに悩まされているにもかかわらず、ラテン系の政治的エンパワーメントがどのように見えるかを説明することであるようです。

最初の大統領討論がヒスパニックをNAFTAに燃料を供給されたメキシコの仕事を盗む人と犠牲になったベネズエラの美人コンテストの言及された役割に追いやったとき、1970年代にそれがどのように行われたかについてのいくつかのララノスタルジアが切実に必要です。

「[この映画への私の希望]は、私たちが誰であるかを伝えることでした」と、ラテン系中心のニュースサイトNewsTacoの編集者でポッドキャストのホストであるVictorLandaに語った。 「私は第6世代のテハノであり、毎日移民について考えることはありません。しかし、人々がラテン系アメリカ人を見る方法は、私に影響を与えます。人種プロファイリングのために、私たち全員に影響を与えます。[しかし]私たちは皆一緒にいます。私は人々に私たちが誰であるか、そして私たちが彼らと変わらないこと、私たちが他のみんなと同じようにアメリカンドリームを信じていることを知ってもらいたいのです。」


映画製作者はウィリーヴェラスケスの人生を記録します

テキサスの受賞歴のある映画製作者ヘクター・ギャランは、南西部でラテン系の有権者を動員した先駆的なメキシコ系アメリカ人の活動家であるウィリアムC.ベラスケスの遺産をたどりました。

「ウィリー・ヴェラスケスの仕事は、有権者としても候補者としても、何百万人ものラテン系アメリカ人を政治プロセスにもたらしました」とガランは声明で述べました。 「この現在の選挙サイクルを経るにつれ、ラテン系の有権者がどこまで来たか、そして私たちの投票が本当に私たちの声であり続けるかを振り返ることが重要です。」

エルパソでは、ガランのドキュメンタリー「ウィリーベラスケス:あなたの投票はあなたの声です」が午後9時30分に放送されます。月曜日のKCOS-TVチャンネル13。この映画は、全米の他のPBS系列のテレビ局でも放映されます。

サンアントニオ出身のメキシコ系アメリカ人の肉屋の息子であるベラスケスは、1974年に無党派の南西部有権者登録および教育プロジェクトを設立しました。これは、国の政治情勢を永遠に変えたとされる草の根運動です。

この映画は、米国におけるラテン系の政治的関与の歴史を保存するための重要な貢献として説明されています。

「この映画は、ウィリーヴェラスケスとその同時代の人々が、活動していないラテン系市民を鼓舞し、動員して政治力を行使し、彼らの声を聞かせるために何をしたかを思い出させる重要な役割を果たします」と、大学の政治学准教授であるホセD.ヴィラロボスは述べています。 「テキサス大学エルパソ校に住んでいた人、またはヴェラスケスの先駆的な作品に精通している人にとって、この映画は今日までラテン系の政治運動を推進するのに役立つ精神を燃やし続けています。新世代の有権者が関与するように刺激するでしょう。」

Velásquezは200の都市で1,000以上の有権者登録ドライブを開始し、毎年成長し続ける運動を生み出しました。

「今日、2700万人以上のラテン系アメリカ人の有権者がいます」と、ラテン系公共放送のエグゼクティブプロデューサー兼エグゼクティブディレクターであるサンディービケスペドローは述べています。 「ラテン系アメリカ人に投票登録をして民主的プロセスに投資するように勧めることで、ウィリー・ヴェラスケス。世論調査でラテン系アメリカ人の力が絶えず増加する道を開いた。」

過去には、ラテン系アメリカ人は人頭税、ゲリマンダー、脅迫によって投票箱から遠ざけられることがよくありました。ベラスケスの南西部の有権者登録および教育プロジェクトは、ラテン系の投票を前例のない方法で活用したことで評価されています。

Velásquezのコミュニティオーガナイザーは、100万人の新しい有権者の登録に着手しました。組織はジム・クロウの残党にも異議を唱え、政治地区のゲリマンダーや市や郡での大規模な投票の慣行に反対するさまざまな訴訟の最前線に立っていたため、少数派候補者の選挙が妨げられることが多かった。

ベラスケスは、教育の機会の改善に焦点を当てたチカーノの青年組織であるメキシコ系アメリカ人青年組織の創設者の1人でした。 1970年代初頭、彼はチカーノ運動の指導者たちと行進し、ラザウニダ会議を結成する際の主要なプレーヤーになりました。

ベラスケスは1988年に腎臓癌で亡くなりました。彼は44歳でした。

ビル・クリントン大統領は死後、1995年にベラスケスに大統領自由勲章を授与しました。

「ウィリーは今も昔も今もアメリカの民主主義の代名詞です」とクリントンは当時言った。


私たちにあなたのビデオを送ってください!

ミヒストリア

LATINOAMERICANSプロジェクトに参加してください。ラテン系であることの意味を説明する動画を作成し、家族の伝統を共有し、遺産や文化をどのように祝うかを教えてください。または、ロールモデルについて教えてください。あなたのストーリーを共有し、私たちの一部になりましょう。

LATINO AMERICANSは、独立テレビサービス(ITVS)と共同で、WETAワシントンDC Bosch and Co.、Inc。およびLatino Public Broadcasting(LPB)を制作したものです。

LATINO AMERICANSの企業資金は、フォードモーターカンパニーから提供されています。主な資金は、公共放送社(CPB)および公共放送サービス(PBS)によって提供されています。財団のサポートは、フォード財団、全米人文科学基金、ロックフェラー財団、アーサーヴィニングデイビス財団、アネンバーグ財団、サマーリー財団によって提供されています。

アウトリーチのための資金は、ニューヨークコミュニティトラストからの助成金によってサポートされています。

2013年公開。Copyright&copy 2013 WETA、ワシントンDC、ラテン系公共放送。全著作権所有。


ウィリー・ベラスケス:あなたの投票はあなたの声であり、新しいドキュメンタリーは有権者の抑圧を克服するための闘いを再考します

ラテンアメリカ人の間で政治的影響力が高まっていることについては、多くのことが言われています。米国では2700万人以上が投票資格を持っており、選挙日のラテン系の投票率に基づいて、2016年の大統領選挙が勝つか負けるかはほぼ当然のことです。いつもそうだったわけではありませんが。ラテン系アメリカ人が政治的な重みをまったく持たなかった時代がありました。

有名な映画製作者のヘクター・ギャランは当時を覚えています。テキサス州サンアンジェロで育った少年として、彼はメキシコ系アメリカ人コミュニティでの有権者の抑圧が一般的な慣習であったことを思い出します。

「当時、あなたは担当者があなたに投票するように言った方法で投票しました」とガランは説明します。 「そうしなかったら、仕事を失うでしょう。多くの牧場の所有者は、「フアニートを見て、あなたはこの方法で投票し、あなたの家族にこの方法で投票させるつもりです」と言うでしょう。それだけでなく、彼らはあなたを脅迫するテキサスレンジャーズを持っていたので、あなたはそうではありませんでした彼らがあなたに言った方法を除いて、他の方法で投票する危険を冒そうとはしません。代表を出すのに苦労しました。」

シーンには、肉屋のメキシコ系アメリカ人の息子であるウィリー・ヴェラスケスが登場しました。セサール・チャベスほど馴染みのない名前かもしれませんが、ベラスケスはチカーノ運動のリーダーであり、唯一の力は投票することであると信じていました。

彼は「WillieVelásquez:あなたの投票はあなたの声です」の主題です。これは、10月3日に放送される予定のPBS向けにKLRUとKRLNが発表したGalánProduction、IncとLatino PublicBroadcastingからの新しい1時間のドキュメンタリーです。

1944年に生まれたウィリアム・C・ベラスケスは、メキシコ系アメリカ人青年組織の設立を支援し、テキサス州リオグランデバレーでストライキを組織する労働組合のボイコットコーディネーターとしてセサールチャベスの大義に加わりました。彼はまた、ラテン系アメリカ人の教育機会を改善するために働きました。

「ウィリーは国が激動した時期に南部で育ちました」とガランは観察します。 「それはベトナム戦争、貧困との戦い、そしてチカーノ運動を刺激するのに役立った公民権運動の時代でした。私たちは声が欲しかったのですが、ウィリーは真の変化が戦場にやってくることに気づきました。」

1974年、ベラスケスは、100万人のラテン系アメリカ人を登録することを目標に、最大の無党派ラテン系有権者ドライブである南西部有権者登録教育プロジェクトを開始しました。

「ウィリーは、私たちが誰で、何が欲しいのかを尋ねるでしょう」とガランは説明します。 「彼はカードテーブルと空の部屋から始めて、ラテン系の名前のために電話帳を梳き始めました。彼は、戸別訪問、ドアのノック、データ収集を始めたボランティアを募集しました。彼らはまた、これまで誰も行ったことのない出口調査データを収集しました。」

1988年、44歳のときに、ベラスケスはマイケルデュカキス大統領選挙運動に取り掛かる準備をしていたときに、末期がんと診断されました。彼は数週間以内に亡くなりました。

「誰もがびっくりしました」とGalánは言います。 「彼は病気でしたが、自分の面倒を見ることがありませんでした。彼はとても外出中だった。ウィリーが彼のキャンペーンに関与していたら、マイケル・デュカキスはおそらく勝ったでしょう。」

ベラスケスの物語を語ることは、ガランにとって特に個人的な旅でした。

「このドキュメンタリーは、私が住んでいたので私にとって特別なものです」と、1983年にベラスケスにインタビューする機会があったガランは主張します。 「私はその時代の一部だったので、まるで自分の話をしているようです。ラテン系の投票の力がどこから来たのか、そしてこの名誉を得るのに何が必要だったのかを人々に知ってもらいたい。それはあなたがあなたの手に持っている最も強力なものです。ウィリーは、若者が選挙権を行使して彼らの声を聞かせないのではないかと恐れていました。そして彼は彼らがそれを逃がしてしまうのではないかと恐れていました。」

ウィリーヴェラスケスのドキュメンタリーは、選挙スペシャルの完全なPBSラインナップの一部です。

「私たちは非常に強力な選挙シーズン戦略を持っており、さまざまなプロデューサーからのコンテンツをスケジュールに取り入れています」と、PBSのプログラミングおよび開発ディレクターであるPamela A.Aguilar氏は述べています。 「ヘクターは豊富なアーカイブとインタビューで映画を制作していますが、最終的に重要なのは、エンゲージメントと、これらのテーマについて人々にどのように話してもらうかです。会話のきっかけとして、ウィリーヴェラスケスの物語は強力であり、共鳴する今日との類似点は確かにあります。」

多作なドキュメンタリーであり、彼の作品で数え切れないほどの賞を受賞しているガランは、自分自身をマイクに過ぎないと考えています。彼は、ベラスケスのプロファイリングに多少の不安を感じたことを認めています。

「私が映画製作者として何年にもわたって集めてきたのは、マイクとして共有し、これらの物語を語ることができるということです」と彼は説明します。 「ウィリーは非常に外向的で献身的な男でしたが、私は彼を聖人に変えることを恐れています。 「ああ、彼らは最高だった」と言う死の危険は常にあります。しかし、この男は本物であり、彼の健康はそれを償いました。 If I inspire through stories like Willie’s, then I think I’ve done my job, especially in telling Latinos about their own history. It makes me proud.”


5 Facts From ‘Willie Velasquez: Your Voice is Your Vote’ Doc That Will Have You Running to the Polls

For decades Latinos in America had no political power. That’s the line with which Hector Galán opens his documentary on Willie Velasquez, one of the greatest advocates for US Latino voter registration of the 20th century. Tracing his rise from a butcher’s son to an admired political activist, Willie Velasquez – Your Vote is Your Voiceis also a history lesson on the Latino electorate in the twentieth century.

As President Bill Clinton put it while posthumously honoring Willie with the Presidential Medal of Freedom in 1995, “No person in modern America who has run for political office wherever Hispanic Americans live has failed to feel the hand of Willie Velasquez. Willie was and is now a name synonymous with democracy in America. From the farm fields of California, where he organized workers with Cesar Chavez, to the halls of Harvard, where he taught politics, Willie Velasquez was driven by an unwavering belief that every American should have a role in our democracy and a share in the opportunities of our great nation.”

Given the state of this year’s election and the pivotal role Latinos may yet play, here are 5 things we learned from the doc that should remind you why Willie’s simple political motto — “Su voto es su voz”— is more timely than ever.

Only Half of the 55 Million Latinos in the US Are Registered to Vote

Called “the sleeping giant,” the Latino voting block in the United States is one of the most robust political factions in American politics. And yet, as many of the people interviewed by Galán for this film remind us, there has been a historically low correlation between the strength of the demographic and its voting impact. Willie set out to change that. As Choco Meza, who knew and worked with him, put it, “He was looking for a voice in government for Latinos. And he was in a hurry.” At his core he wanted to make a reality the unassailable patriotic idea of empowering Mexican-Americans with the power of their votes.

In the 1930s, up to 2 Million People Were Deported To Mexico

In what will sound eerily familiar to many Latinos in 2016, the United States implemented the “Repatriation” program following the stock market crash of 1929. Using raids as well as legal proceedings (helped in part by President Hoover’s approval of Secretary of Labor William N. Doak’s campaign to assist in the program,) this unprecedented exodus of Mexicans and Mexican-Americans — in many cases authorities didn’t care whether people had actually been born in the US — was one of the most blatant forms of political and cultural disenfranchisement of Latinos in American history.

Latinos Were Not Included In The Original Voting Rights Act

Latinos trying to redress being invisible in American politics goes back to 1929 when the League of United Latin American Citizens (LULAC) was created to battle discrimination. During World War II, Latinos (who continued to be segregated in areas of the Southwest) fought side by side with their fellow Anglo citizens. When they returned, many of them earning degrees and jobs with the aid of the GI bill, which brought a renewed interest in mobilizing politically. Unfortunately, many laws were in place to keep Latinos from having any effect on the political process: not only were there poll taxes in Texas, for example, designed to keep poor people from voting, but districts with large Latino populations were gerrymandered to avoid them creating strong coalitions. The message had been clear throughout the twentieth century: “You don’t count. You’re not American.”

It wasn’t until 1975 (a decade after Lyndon B. Johnson signed the the Voting Rights Act) that Latinos were, at least by law, protected within its terms. Willie and his fellow activists made great use of this while hoping to increase voter registration in smaller Hispanic communities throughout the Southwest.

Enter: The Southwest Voter Registration Education Project

Founded in 1974, the Southwest Voter Project (SVREP) is the largest and oldest nonpartisan Latino voter participation organization in the United States. It was created by Willie and his conviction that “when we’re finished, politicians are going to fear and respect our vote.”

From 1976 to 1980, the SVREP registered more people to vote than any other group in the United States. At first it was a grassroots effort, with nothing more than a phone and some clipboards, and they even counted Latino voters manually. That’s before they upgraded to what was then cutting edge IBM technology. But it really fell on the volunteers and the community organizers (most of them women) to knock doors, open dialogue, and file paperwork to get even indifferent people to realize the power of their own vote.

Willie’s Legacy Remains As Timely As Ever

Much of the work Willie did with Southwest Voter as well as with MAYO (Mexican-American Youth Organization), which operated in the 60s and 70s, owed much to the consciousness raising that was also felt in the civil rights movement, the anti-war movement, the farmer strikes as well as the Chicano movement. He was convinced that, by the 80s, the Latino vote could become a real challenge to politics as usual.

Nowhere was this more evident than in the National Hispanic Voter Registration Campaign of 1983 in San Antonio, which had a strong presence from Republicans (who had begun an aggressive Latino outreach) and Democrats alike. As he noted before his death, “California and Texas alone have 28% of the electoral votes needed to win the presidency. Add on Illinois and New York where Mexican-Americans, Hispanics, Puerto Ricans, and Cubans, and all of us have an extraordinary opportunity to have impact. That party who ignores that vote will be punished at the polls. No question about it.”


Cepeda: Compelling documentary of a Latino voting rights advocate

CHICAGO — Ten years after Mexican-American activist Willie Velasquez died, then-President Bill Clinton awarded him the posthumous honor of the Presidential Medal of Freedom, declaring: “No person in modern America who has run for public office wherever Hispanic Americans live has failed to feel the hand of Willie Velasquez. His appeal to the Hispanic community was simple, passionate and direct — ‘Su voto es su voz.’ Your vote is your voice.”

If the name doesn’t ring a bell, don’t feel bad. Unless you have a few Latino studies courses under your belt, Velasquez is another unsung American hero you’ve never heard of but should know.

For the anecdote about the presidential honor, we must thank Hector Galan, the producer and director of the new VOCES/PBS documentary “Willie Velasquez: Your Vote is Your Voice,” which premiered last Monday and is available to stream free on the PBS website.

Galan, a longtime chronicler of Mexican-American history, takes viewers through a crash course on the long and still-in-progress road to Hispanic political empowerment through the story of Velasquez, who grew from a poor kid living in a barrio on the west side of San Antonio, Texas, to the leader of the Southwest Voter Registration and Education Project. That organization became the nation’s largest Hispanic voter registration effort at the time and helped increase the number of Hispanic elected officials in the U.S. by 82 percent between 1974 and 1987.

Credited with beginning a “voting revolution,” Velasquez started out counting and courting Latino voters manually by using the local phone book to find Hispanic surnames and then cold-calling them at home with a civic participation pitch.

Galan connects the dots between Hispanic Americans coming home after World War II to face the disappointment of not having equal stature in society even though they served alongside whites and the eventual political agitation resulting from a disproportionate number of Latinos being drafted to serve in Vietnam.

All too brief in this one-hour special is the fascinating discussion about how the African-American civil rights movement, the anti-war movement and the Chicano movement combined to both spur real political participation and stoke intergenerational anxieties among Latino families — with the older generation being scandalized that their children were protesting in the streets instead of keeping their heads down and going along to get along.

From there, the filmmaker delves into how Velasquez maneuvered the differing levels of radicalism and militancy in the Chicano movement in order to achieve the momentum necessary to organize folkloric dancers and Mexican bands at festival-like gatherings designed to register people to vote.

From there we witness Velasquez helping get Henry Cisneros elected as mayor of San Antonio — the first Mexican-American mayor of a major city — and then his involvement in gathering national Latino leaders to cooperate on shared goals and, eventually, in getting Ronald Reagan elected president. Velasquez died in 1988 at age 44 from cancer.

The nonpartisan streak in this documentary is notable. The filmmaker even highlights the Libre Initiative, a nonprofit organization that seeks to introduce more Latinos to conservative politics and the Republican Party.

Mostly, though, Galan’s main objective appears to be illustrating what Latino political empowerment can look like even as Hispanic voters are being blitzed with simultaneous conflicting messages about their lack of voting prowess and their potential impact this November.

Some rah-rah nostalgia about how it was done back in the 1970s seventies is sorely needed at a time when the first presidential debate relegated Hispanics to the mentioned-in-passing roles of NAFTA-fueled Mexican job stealers and a victimized Venezuelan beauty queen.

was to tell who we are,” Galan told Victor Landa, editor of the Latino-centric news site News Taco and host of its podcast. “I’m a sixth-generation Tejano, and I don’t sit around thinking about immigration every day. However … the way people look upon Latinos out there, it affects me. It affects all of us because of racial profiling … but we’re all in it together. I want … people to know who we are and that we’re no different than they are, that we believe in the American dream like everybody else.”


Voter activism

Also in 1971 Velasquez organized the Citizens' Voter Research and Education Project, the original name of the Southwest Voter Registration Education Project. From October 1972 to July 1974 he worked full-time organizing the SVREP, and it became separate from the National Council of La Raza. Velásquez's SVREP played a fundamental role in the increase of Latino voters and officeholders in the 1970s and 1980s. He was an expert in calculating voting trends, and SVREP is considered the most reliable source available for data on Hispanic voting patterns. In January 1988 Velásquez became president of the Southwest Voter Institute,

Velasquez enlisted the aid of Community organizers, together they launched hundreds of voter registIaIion and get-the-vote-out (GOTV) campaigns throughout the southwest.

The legacy of Velásquez is apparent-since its inception, SVREP has cultivated 50,000 community leaders, successfully litigated 85 voting rights law suits and has conducted 2,300 non-partisan,voter registration and GOTV campaigns. Consequently, voter registration has grown over the years from 2.4 million registered Latinos in 1974 to 7 million nationwide in 1998.

But his vision involved more than just getting Latinos to the ballot box, Velásquez sought to bring into the democratic process an active and informed Latino electorate.

Charted in 1984, the Southwest Voter Research Institute was established to seek the opinions of the Latino electorate and to make those findings known. He felt Latino leaders should be held accountable to their constituencies. As part of the institute, he set out to collect and distribute information on public policy issues ranging from income and poverty to U.S. and Latin America relations.

In 1997, the Southwest Voter Research Institute was changed to the William C. Velasquez Institute as a "way to honor and perpetuate Velasquez' vision and legacy".