カワサキKi-100陸軍5型戦闘機

カワサキKi-100陸軍5型戦闘機

カワサキKi-100陸軍5型戦闘機

三式戦闘機は、アメリカの爆撃で旧型戦闘機の直列エンジンを製造していた工場が破壊された後、星型エンジンをKi-61機体に取り付けて製造された戦闘機として成功を収めました。

発達

Ki-61のパフォーマンスを向上させるために、カワサキは独自のHa-140エンジンを搭載した新しいバージョン、つまりダイムラーベンツDBのライセンスビルドバージョンであるHa-40の修正バージョンを作成しました。 601.新しいエンジンには大きな可能性があり、適切に機能した場合、Ki-61-IIは強力な戦闘機でしたが、Ha-140は信頼性の低いエンジンでした。それでも-IIの完全生産が始まり、1945年1月中旬までに川崎は374機の機体と99機の完成した航空機を生産しました。 1945年1月19日、米国第20空軍のB-29爆撃機が、Ha-140が製造されていた明石エンジン工場を破壊したときに災害が発生しました。これにより、カワサキにはエンジンのない275機の完全な機体が残され、日本陸軍空軍は高空飛行のB-29に到達できる戦闘機を切実に必要としていました。

明石工場の破壊の2か月前に、戦闘機で使用できる代替エンジンの発見が始まりました。適切な直列エンジンがいくつも入手できないため、検索は星型エンジン、特に三菱Ha-112-II2列14気筒空冷星型エンジンに向けられました。これはHa-140と同じ出力を生成し、より複雑なインライン領域よりも軽量でしたが、直径が4フィートで、Ki-61の2フィート9インチ幅の胴体よりも大幅に幅が広くなりました。

カワサキは問題を非常に迅速に解決しました。 Ha-112は機体の上下にスムーズにフェアリングされ、側面ではエンジンカウリングが胴体よりも幅が広く、上から見たときに機首が膨らんでいました。

新しいエンジンをKi-61-IIKAIに取り付けて製造されたKi-100プロトタイプは、明石工場が破壊されてからわずか2週間後の1945年2月1日に初飛行を行いました。より軽いエンジンは航空機のハンドリングを改善するのに役立ちましたが、最高速度は13mphしか低下しませんでした。 Ki-100はKi-61-IIよりも飛行が簡単で、はるかに信頼性がありました。

生産とバリアント

Ki-100

既存のKi-61機体のうち3機を使用して、Ki-100のプロトタイプを作成しました。

Ki-100-Ia

残りの272機のKi-61機体は、Ki-61-II KAIaと同じ銃、胴体に2基の20mm機関銃、翼に2基の12.7mm機関銃を備えたKi-100-Iaの製造に使用されました。

Ki-100-Ib

既存の機体がすべて改造されると、新しいKi-100の生産が始まりました。このバージョンは、パイロットの視界を改善するカットダウンされた後部胴体とバブルコックピットを備えた変更された胴体を持っていました。合計118個のKi-100Ibsが生産され、そのほとんどが各務原工場で生産されましたが、アメリカの爆撃がそこで生産を終了する前に、12個が一宮で完成しました。

Ki-100-II

Ru-102ターボ過給機を備えたHa-112-IIRU星型エンジンを搭載したKi-100-IIの3つのプロトタイプが作成されました。このバージョンが本番環境に入る前に戦争は終わりました。

戦闘

Ki-100は、多くのパイロットから、日本の最高の戦争戦闘機と見なされていました。上昇率はKi-61-IIよりもはるかに優れており、高高度での操縦性ははるかに優れていました。 1945年3月に換算単位で就役し、4月5日、59日、200日、244日仙台がこのタイプを受け取りました。 7月末までに、17、18、25、111、112番目の仙台もKi-100を受け取りました。

Ki-100は取り扱いが簡単で、戦争の最後の数か月に日本で生産された、新しく訓練されたが経験の浅いパイロットの数が多い場合に適しています。それでも、これらの新しいパイロットは、多くの場合何も達成せずに、大量に撃墜されました。多数の航空機が失われた例として、第111連隊は、航空機を運用した短期間に約150Ki-100を与えられました。航空機の通常の補数がわずか57であったことを考えると、100人近くの戦闘機が短時間で失われました。

より経験豊富な手では、Ki-100は非常に危険な敵になる可能性があり、生き残った少数の日本の「エース」は新しいマウントでうまく機能しました。 Ki-100はF6Fヘルキャットを上回り、P-51マスタングに対抗することができ、多くの優れた日本のパイロットが日本を巡る最後の空中戦で印象的な数の勝利を収めました。

Ki-100-1a
エンジン:三菱Ha-112-II星型エンジン
パワー:1,500hp
乗組員:1
翼幅:39フィート4.5インチ
長さ:28フィート10.5インチ
高さ:12フィート3.5インチ
空の重量:5,952lb
最大重量:8,091ポンド
最高速度:32,810フィートで367mph
巡航速度:
上昇限度:35,005フィート
範囲:1,243マイル
兵装:胴体に取り付けられた12.7mm Ho-103タイプ1機関銃2丁、翼に取り付けられた20mmHo-5大砲2丁
爆弾負荷:2つのドロップタンクまたは2つの551ポンド爆弾


第二次世界大戦の日本の戦闘機カワサキKi-100がRAFコスフォードに再び展示されます

第二次世界大戦で最も希少で最も手ごわい戦闘機の1つであるカワサキKi-100-1bは、ロンドンのRAF博物館での8年間の呪文の後、RAF博物館コスフォードに展示されています。

日本の航空機は1945年に太平洋戦争への遅いが致命的な入り口を作り、USAAF長距離爆撃機飛行隊の増大する力との高高度戦闘に成功しました。

1945年8月の日本の降伏前に製造されたのはわずか400でした。イギリス空軍博物館の例は、唯一の生存者です。

博物館の第二次世界大戦の航空機のコレクションとともに展示されているこの戦闘機は、キュレーターのアルマクリーンによって、「高速で、機動性があり、頑丈で、信頼性が高い」と評されています。

「連合軍のパイロットは、Ki-100を手ごわい敵だと感じました。そして、これが生き残る唯一の敵です」と彼は付け加えます。

「これは、WarplanesディスプレイでMitsubishi Dinah [これもユニーク]と並んで配置されます。」

川崎の帰還に道を譲るために、グロスターミーティアF9 / 40は反対方向に旅をし、現在イギリス空軍博物館ロンドンの訪問者に展示されています。


川崎戦闘機-100

川崎戦闘機-100-1b日本空軍

川崎Ki-100は、第二次世界大戦で大日本帝国陸軍が使用した戦闘機でした。日本軍の指定は&#8220Type 5 Fighter&#8221でした。 Ki-61 Hienのこの派生物は、戦争でのサービスを見るのに最高の日本陸軍戦闘機でした。

発展途上国: 日本。
メーカー/デザイナー: 川崎重工業。
生産ライン: 日本の各務原と一宮の工場。
タイプ航空機: 戦闘機。
初飛行: 1945年2月1日。
生産: 1945.
構築: 395

カワサキKi-100は、高空飛行のボーイングB-29スーパーフォートレスや、グラマンF6Fヘルキャットとのドッグファイトを迎撃することができます。ある時、Ki-100のユニットがヘルキャットと絡み合い、日本側で損失なしにそれらの14を破壊しました。

Ki-100は取り扱いが簡単で、戦争の最後の数か月に日本で生産された、新しく訓練されたが経験の浅いパイロットの数が多い場合に適しています。それでも、これらの新しいパイロットは、多くの場合何も達成せずに、大量に撃墜されました。多数の航空機が失われた例として、第111連隊は、航空機を運用した短期間に約150Ki-100を与えられました。航空機の通常の補数がわずか57であったことを考えると、100人近くの戦闘機が短時間で失われました。

バリアント

  • Ki-100 (プロトタイプ):星型エンジンを搭載したKawasaki Ki-61 IIKAIの1バッチ。 3そのように構築されました。
  • Ki-100 I-:陸軍の戦闘機タイプ5(Mark Ia)シリーズの初期モデル、KI-61 IIKAIが変更されました。そのように構築された271。
  • Ki-100 I-大津:(マークIb)フルビジョンキャノピー。 118そのように建てられました。
  • Ki-100 II (プロトタイプ):ターボチャージャー付きエンジン三菱Ha-112-II Ru、1,120 kW(1,500 hp)。 3そのように構築されました。
  • 総生産量:395例。

一般的な特性

  • クルー: 1
  • 長さ: 8.82 m(28フィート11インチ)
  • ウイングスパン: 12.00 m(39フィート4インチ)
  • 身長: 3.75 m(12 ft 4 in)
  • 翼面: 20m²(215ft²)
  • 空の重量: 2,525 kg(5,567ポンド)
  • 積載重量: 3,495 kg(7,705ポンド)
  • 発電所: 1×MitsubishiHa 112-II星型エンジン、離陸時に1,120 kW(1,500 hp)

パフォーマンス

  • 最大速度: 6,000 m(19,700フィート)で580 km / h(313 kn、360 mph)
  • 巡航速度: 400 km / h(217 kn、249 mph)
  • 範囲: 2,200 km(1,189 nmi、1,367 mi)
  • サービス上限: 11,000 m(36,090フィート)
  • 5,000 m(16,400フィート)まで登る: 6分
  • 銃: 2×20mmの胴体に取り付けられたHo-5機関銃、および2×12.7 mm(.50インチ)の翼に取り付けられたHo-103機関銃

すべての写真は、Zijde Aviation Photo and Publishing、Marcel vanLeeuwenの厚意により提供されました。


デザイン&開発[編集|ソースを編集]

Ki-5は当初、既存のタイプ92に代わる高性能戦闘機の日本軍の仕様に対応して川崎重工業株式会社によって製造されました。&#911&#93これは、最初の全金属製カンチレバー単葉戦闘機でした。日本で建てられました。これは、BMW IX航空機エンジンの日本開発であるKawasaki Ha-9を中心に設計されており、&#911&#93自体はBMW VII A 7.3空冷エンジンから開発されたもので、公称定格は634&#160kW(850&# 160hp)。また、パイロットの下方視界を改善し、シンプルで短い足回りを使用できるようにするために、逆ガルウィング設計を使用するという革新もありました。 &#911&#93

しかし、Ki-5の設計は、飛行試験ではすぐに不十分であることが判明しました。 &#911&#93テストパイロットは安定性とハンドリングの問題を訴え、エンジンはKi-5が設計速度パラメーター380&#160km / h(240&#160mph)を達成するのに十分な出力を生成できませんでした。

プロジェクトは1934年9月9日、合計4ユニットが生産された後、&#912&#93にキャンセルされました。しかし、Ki-4の設計努力は、後に将来のKi-28、Ki-60、およびKi-61の設計で利益をもたらしました。


川崎戦闘機-100 五式戦闘機

Letalo、ki je nastalo s predelavo lovca Ki-61-II-KAI、jekmalupostaloenonajboljšihjaponskihlovskihletalDruge svetovnevojne。 Največjaspreembajebilaopremljenost letala z novim radiusnim motorjem、ki je najboljedelovalvvišjihzračnihplasteh。 Lovec se je dobro izkazal tudi vbojuzzavezniškimipalubnimilovci。 Letalo so izdelovalivnekajrazličicah、z zadnjim serijskim modelom ki-100-Ib pa so v zadnjih tednih vojne opremili pet センタイエフ kopenskevojske。

Do sredine leta1944jebilonajboljšelovskoletalosiljaponskega cesarskega letalstva kopenske vojske letalo KawasakiKi-61zzavezniškimkodnimimenom トニー。 letalo je bilo opremljeno z vrstnim motorjem Kawasaki Ha-40、japonskolicenčnokopijonemškegamotorjaダイムラーベンツDB601。

NajprejsorazvilirazličicoTonyja、 Ki-61-II (kasneje poimenovano Ki-61-II-KAI)、ki je bila opremljena s 1.120 kW(1.500 KM)motorjem KawasakiHa-140。 Edina pomankljivost tega motorja vprimerjavi s predhodnikomKi-61-I-KAIcjebilavečjaskupnamasa。 Z novimmotorjemsejekončnahitrostlovcapovečalas590km/ h na 610 km / h、izboljšalepaso se tudi Druge lastnosti(razen hitrosti vzpona) Vzačetkuleta1945soprekinili proizvodnjo tega modela v to pa so bili prisiljeni po tem、kosozavezniškeSupertrdnjavevbombnemnapaduporušiletovarno。 Takojevečkot280izdelanihletal ostalo brezmotorjev。 Armadajetakojnaročilapredelavotehletalza 14 valjne radiusne motorje Mitsubishi Ha-112-II(金星 60)s 1.120 kW(1.500 KM)。

Motor Mitsubishi Ha-112-II je bil okoli54kglažjiodHa-140injeobistimočidelovalboljzanesljivo。 JaponcisoizuvoženeganemškegaletalaFw190Aprišlidotehnologije、kakouspešnovgraditiširokmotorvozek trup letala in tri lovce Ki-61-II-KAI predelali za uporabo tehmotorjev。 PolegtegasoinženirjiTakeoDoi、Makato Owada ter Tomio Oguchi dobili nalogo、dapripravijonačrtezapredelavopreostalihletal。 Nova letala naj bi naposled predelali tako、dabinatrupzakovičilidodatnopločevinointakozmanjšalizračniupor[1]。 Sprva je bilo letalo narepupretežko、karpasorešilizodstranitvijosvinčenihuteži、ki so bilepotrebnepriuporabitežjegamotorjaHa-140。

1. februarja1945jetakoprvičpoletelprviprototipz imenom Ki-100。 Letalo jebiloodpredhodnikalažjezakar329kg。 Razlog za to je bil、da so z letala lahko odstranili hladilnike motorja in ostale dele、ki jih potrebujejo vrstnimotorji。 S temsejezmanjšalatudiobremenitevkrils 189kg /m²na175kg/m²。 tojeimelotakojšnjiučineknaletalnesposobnostinovega lovca ter njegove vzletno-pristajalnezmogljivosti。 Poleg tega je bilo zaradi tega letalo tudi mnogo bolj okretno v zrakuinjeimelomanjšiobračalnikrog[1]

Lastnosti prototipa so takoosupnilegeneralštab、dajetakojnaročilserijskoizdelavoletala pod imenom 五式戦闘機 (行け =ペット シキ =ヒント 千木 = lovec)オンス。 Armadnilovecヒント5。 Tovarniškoimeletalajebilo Ki-100-1-Ko、vsa ogrodja pa so bila izdelana iz ogrodij lovcev Ki-61-II Kai terKi-61-III。 Prvih 271リータル、poimenovanih Ki-100-1-Ko z dvignjenim hrbtom za Pilotsko kabino、jeprišloiztovarnmarca in junija 1945. Kasneje so zadnjideltrupaznižaliinnaletalonamestilikapljičastooblikovanopilotskokabino。 118 takih letal、poimenovanih Ki-100I-Otsu、jeprišlostrakovmed majem in koncem julija 1945. Ta izpeljanka je imela pod trupom tudi predelan hladilnik olja、boljaerodinamičnipasobilišenekateridrugideli trupa [1]。

Novi motor je bil vprimerjavi z Drugimi japonskimi motorji izjemnozanesljiv。 Kljub temu、da je bil v vodoravnem letuKi-100nekolikopočasnejši、pa je v strmoglavem letu lahkodosegelmnogovišjehitrostiodostalih japonskih letal、to hitrost pa jetudizlahkazadržalpoizravnavi。

Dodatnaoborožitevjeobsegaladvamitraljeza Ho-103、カリブラ12.7mm。 Vsak je imel kapaciteto 250 nabojev12.7x81mm。 Masakrogeljeznašala35,4gAP(33-38 g 2,2%HE)、hitrost na ustju cevi pa je bila 760 m / s(770-796 HE)。 Učinkovitdometjebil750 m(2.460 m)、teoretičnahitroststreljanja pa 900 nab / min [2]。

Izboljšaveosnovnegamodelasovodile v razvoj modela Ki-100-II、opremljenega s superpolnilnikom、ki naj bi bil namenjenprestrezanjuvisokoletečihbombnikovB-29。 Izdelani so bili trije prototipi、ki pa niso nikoliposeglivboj。

Armadne enote、predvidene za uporabo letal Ki-100、so bile 5. sentai、17。sentai、18。sentai、20。sentai、59。sentai、111。sentai、112。sentai、200。sentai、244。sentai ter 81 .neodvisnalovskačeta。 Poleg omenjenih enot so se za letenjenatemletalušolalitudipilotivletalskihšolahvAkenuterHitachiju(水戸)。 Mnogiodinštruktorjev、ki so bili pogosto potegnjeni iz operativnih enot、so opravljali bojne naloge na tem tipu [3]

Ki-100 jenabojnonalogoprvičpoletel9.marca1945 [4] [5]。 Prva izguba tega lovca se je zgodila 7. aprila 1945、ko je Ki-100、kigajepilotiralvišjivodnikYasuoHiemaiz 18.センタイア 郵便のžrtevbombnikaB-29[5]。 Zavezniškeposadkesokmaluugotovile、daimajoJaponciodličnonovoletalo[6]。 ČepravjebiloletalKi-100 precej manj od lovcev Ki-84 in so se pojavili relativno pozno v vojni、velja tatipzaenonajpomembnejšihjaponskihlovskihletalDruge svetovnevojne。 PrinapadanjuvisokoletečihSupertrdnjavpasose kljub vsemu tijaponskilovcisoočalistežavami、sajjemotorjemzvišinodrastičnoupadlazmogljivost。 Vtakihprimerihjebilanajboljšataktikačelninapadnabombniškeformacije:v teh akcijah pajebilnajboljšijaponskilovecmornariškiMitsubishiJ2M 雷電 [7] .

25. julija 1945 se je 18 lovcev Ki-100 244.センタイア spopadlozdesetimiameriškimiGrummanF6FHellcati z letalonosilke USSベローウッド VF-31。 V bitki、ki je sledila、naj bi japonski Pilotisestrelili12ameriškihletalinthesami izgubili dvalovca。 Po Drugih podatkih naj bi japoncisestrelililedvaameriškalovcainthesami prav tako izgubili dveletali。 En Ki-100 in en Hellcat sta se zaletela、pilota major Tsutae Obara in vojak Edwin Whitepastavtrčenjuizgubilaživljenje[8]。 Negledenanasprotujočesipodatke、pa je izprimera jasno razvidno、da jebilKi-100odličnolovskoletalo、primerljivoznajboljšimiameriškimilovci。

Po tem、ko so zavezniki zbombardirali tovarno Kagamigahara、so Japonci proizvodnjopreneslinavečmanjšihobratov、kar je imelozaposledicoupadanješteviladobavljenihletal。 Tako je bilo med majem in julijem 1945 dobavljenih samo 12 novihletal。 Proizvodnjasejedokončnoustavilazaradinenehnegazavezniškegabombardiranjavavgustu1945. Skupaj so tako izdelali le 118 letal tipa1b。

Zadnje izgubljeno letalo Ki-100 je bilo sestreljeno 14. avgusta 1945、dan pred japonskokapitulacijo。 ZadnjažrtevjebilvišjivodnikFumihikoTamagakeiz 244.センタイア、kigajesestrelilameriškiノースアメリカンP-51マスタング[9]。


Ki 100 II

Ki-100-IIは、戦闘力3.7(AB / RB / SB)のプレミアムランクIIの日本の戦闘機です。アップデート1.65侍の道で紹介されました。一般情報フライトパフォーマンス シリーズで製造されたKi-100-Ibに基づいて、1945年8月までに、ターボチャージャーとWEP用のメタノール噴射システムを備えた3台のKi-100-IIが製造されました。。これらはそのタイプの最も近代的な航空機であり、高高度で敵の爆撃機を迎撃することができました

Ki-100-II / 1:72 /日本/ Tweede Wereldoorlog / Militair / Vliegtuigen / Modellen om te lijmen 結果として得られたミックスは、より有能な高地のパフォーマーになりましたが、残念ながら、そのようなプロトタイプは3つしかありませんでした(シリーズ指定は Ki-100-II)戦争が終わる前に生産された。連合国の爆撃キャンペーンは、ヨーロッパでのように、ほとんどのAxis航空機の作成に対するさらなる開発と改善を脱線させることに成功したことが証明されました。

Ki-100-II-War Thunder Wik

  • Ki-100 II Hien(Tony)+ P-51Hダブルキットスケールモデリング|スケールモデリング| 1:72 | 92196 | RSモデル|注入
  • Ki 100 II / P-51H 2 in 1/1:72 / USA / Tweede Wereldoorlog / Militair / Vliegtuigen / Modellen om te lijmen
  • Kawasaki Ki-100-II戦闘機Armanent:2翼に取り付けられた12.7mm機関銃2鼻に取り付けられた20mm大砲コントロール:銃の数1(またはLMB)。着陸装置を下げる(Q)、上げる(E)ためのキャビン内のボタン
  • 10,000mで、Ki-100-IIは定格出力でKi-100-Iよりも30 km / h(または、テストによっては55 km / hですが、他の高度はありませんでした)高速です。 Shatter12が2ページで述べたように、それはD-9と比較してD-13に似ており、D-13は高高度では優れていますが、低高度では全体的に劣っています。

【開発】Ki-100-II-Ki-61ファミリーの最後

  1. 寸法:300x132x43 mm(11.8x5.2x1.7インチ)重量:146 g(0.32 lbs)マーキングカワサキKi-100カワサキKi-100-II大日本帝国陸軍飛行戦隊1912-1945
  2. Ki-100 II(プロトタイプ):ターボチャージャー付きエンジンMitsubishi Ha-112-II Ru、1,120 kW(1,500 hp)。 3そのように構築されました。総生産量:395例。仕様(Ki-100-1a / b五式戦闘機)[編集|ソース編集]正面から見た同じKi-100。ロンドンのヘンドンにあるRAF博物館での写真。太平洋ワの日本の航空機からのデータ
  3. 川崎Ki-100は、第二次世界大戦中に大日本帝国陸軍が使用した戦闘機迎撃機でした。日本軍の指定はタイプ5戦闘機でした
  4. Ki-100-IIは、Ki-100が動作する高高度でのパフォーマンスを向上させるために、ターボチャージャーが追加された改良型エンジンを搭載していました。歴史Ki-100は、1944年後半に開発され、ギャップを埋め、日本の航空機の老朽化した設計に取って代わりました。
  5. 市場。私たちのパートナーショップや仲間のどれも現在これを販売していません。同梱のレビュー。青島のこのカワサキkI100 II(#2)のインボックスレビューについてはわかりません

Ki-100-IIRSモデル92128-スーパーホブ

  • Macを使用している場合は、この飛行機IDをクリップボードにコピーし、SimplePlanesのデザイナーでCMD + Lを押して、この飛行機をダウンロードします。モバイルを使用している場合は、モバイル版のサイトをリクエストしてみてください
  • War Thunder:Ki-100今日は、Ki-100の奇妙なケースを簡単に見ていきます。航空機は現在、戦闘評価ですべてのものから地獄をクラブしています。
  • Kawasaki Ki-100II Goshikisen De Kawasaki Ki-100 is een jachtvliegtuig dat in de Tweede Wereldoorlog door de Japanse imperiale luchtmacht werd gebruikt .. De Japanse legeraanduiding was Type 5 Fighter Go-shiki vaneentouki of afgekort als Goshikisen.Een algemene de Ki-100 beoordeelde het zeer behendig、en een goed bediendeKi-100はstaatelkeAmerikaanseにいました。
  • Kawasaki Ki-100-IIキ100五式战斗机/ Goshiki Sentoki(Goshiki-sen)/TonyArmádnístíhacíletountyp5 model 2歴史:Logickýmvývojemúspěšnéhostíhacíholetounu、jakýmGoshiki-senbyl、byla mohlbýtnasazenprotivýškovýmbombardérůmB-29、kterýmsevJaponskusúctouříkaloBí-San
  • ファイターKi-100-II。 3Dモデルのコックピットビュー。お問い合わせ。このサイトでは、次のブラウザを使用することをお勧めします。言語を選択サイト検索寄付。
  • Úvod»メニュー»PlastovéModely»LietadláaVrtuľníky»1/72»KawasakiKi-100-II。三式戦闘機-100-II。

Ki-100-II。 3つのプロトタイプが作成されました Ki-100-II、Ru-102ターボ過給機を備えたHa-112-IIRU星型エンジンを搭載。このバージョンが本番環境に入る前に戦争は終わりました。戦闘。 Ki-100は、多くのパイロットから、日本の最高の戦闘機であると見なされていました。Ki-100II、第244戦隊、日本1945年/代替マーキング/ Ki-100がそのような成功を収めたことで、この航空機、結果として得られたKi-100-Ibは、提案されたKi-61-III用に設計されたカットダウン後部胴体と全方位キャノピーを備えていることだけが異なります。パフォーマーですが、残念ながら、戦争が終わる前に製造されたのは、そのようなプロトタイプ(Ki-100-IIのシリーズ指定)は3つだけでした。連合軍の爆撃キャンペーンは、ヨーロッパでのように、ほとんどのAxis航空機の作成に対するさらなる開発と改善を脱線させることに成功したことが証明されました。前回のブログの適切なフォローアップで、フランチェスコ・ボラチーノは、今回、彼の優れたモデルの別の画像を親切に共有しました。 1/72青島キットから作られたカワサキKi-100-II。青島Ki-61 / Ki-100シリーズは、後部胴体のわずかにスラブ側の形状に対して批判を集めていますが、それにもかかわらず、フランチェスコのモデルの外観と「座る」ことは非常に説得力があります。

カワサキKi-100-ミリタリーファクター

  • Ki-100-II(プロトタイプ)-高高度戦闘機迎撃機、ターボチャージャー付きエンジンMitsubishi Ha-112-II Ru、1120 kW(1500 hp)。 3ビルド。 Ki-100の胴体に影響を受けたKi-119(唯一のプロジェクト)の設計は、戦闘機であったはずでした。参考資料:I.J。ArmyKawasaki typ 3&5 Fighter-Model Art Magazine 428、199
  • 高高度性能を向上させるためにターボチャージャーを組み込んだ三菱Ha-112-Ilruエンジンを搭載する、より効果的なバージョンが計画されていましたが、これらのKi-100-IIプロトタイプのうち3つだけが最終的に製造され、飛行されました。戦争の
  • 1/72カワサキタイプ2Ki-100-IIアーミーファイター製品情報製品寸法11.97x 5.75 x1.89インチアイテム重量3.52オンスASINB00JOYVK3Oアイテムモデル番号9メーカー推奨年齢8歳以上おもちゃとゲームのベストセラーランク#1,310,832(おもちゃとゲームのトップ100を見る

1 / 72Ki-100-IIスーパーチャージャー付き。 RSModelsによる。 23.08米ドル28.49米ドル数量カートに追加。ほしい物リストに追加する。説明 。射出プラスチック航空機モデルキットです。 RSの1/72スケールのKi-100の新しいツールモデル。 Ki-100 II + P-51Hダブルキット-1/72キット。大きく表示します。友達に送る*:*:*この商品をお気に入りのリストから削除します。この製品を私のお気に入りのリストに追加してください。印刷ツイート共有Google + Pinterestリファレンス:RSM92196。メーカー:RSモデル。 1/72プラスチックキット。 三式戦闘機-100-IIヒエン。 Šéfkonstruktér武雄土井muselvyřešit問題、podobněJAKOsovětštíkonstruktéřiPRI vzniku letounuLavočkinラ-5、JAK Vprůřezukruhovýtvarhvězdicovéhomotoru COnejlépespojit SúzkýmtrupemのKi-61-II KAI PRIzachovánídobrýchletovýchvlastnostístroje五式戦闘機-II東京、日本1945年。キャプション。概要 。説明:英語:Kawasaki Ki-100-II東京、日本1945年。日付:1945年9月10日:出典:個人コレクション。著者:不明な公式写真家:ライセンス。パブリックドメインパブリックドメインfalsefalse:この作品はあります。Shapewaysのkampffliegerによる1/144 Kawasaki Ki-100-II(MBK732YQC)。購入する前に詳細を確認するか、航空機で他のクールな製品を見つけてください

Ki-100 IIヒエン(トニー)+ P-51Hダブルキット

  1. エアカモフラージュプロファイルの膨大なアーカイブ。 30000以上の画像。毎月500の新しいプロファイル。モデラーと航空ファンのためのかけがえのないリファレンス
  2. A / Cシリアル番号BAPC.83セクション2B個人の歴史カワサキKi-100-1bBAPC.83 / 8476Mミュージアムアクセッション番号85 / AF / 68 194 5194年6月の最終週にカワサキのカガミガハラ工場で組み立てられました。
  3. その後、「オールアラウンドビュー」キャノピーを備えたKi-100IIの118機が製造されました。 Ki-100は大日本帝国陸軍の最後の戦闘機であり、熟練したパイロットの手に渡ったのは、同盟国の戦闘機に匹敵する以上のものでした。キット。ボックスを開くと、6ページの説明の折り畳みが表示されます。
  4. Ki-100-IIは特別なものではなく、ポストでのプレイスタイルを考えると、それはあなたを苛立たせるだけだとほぼ確信しています。あらゆる業界のKi-100-IIの汎用ジャックと比較して、その膨大な量の機能と驚くべき回転半径のために、A7M1を購入することをお勧めします。
  5. カワサキKi-100-II東京、日本1945.jpg1,283×64398 KBカワサキ、Ki-100 01 00081965.jpg1,920×1,280204KB第111戦隊のカワサキKi-100.jpg681×39520 K

Ki 100 II / P-51H 2 in 1RSモデル92196-スーパーホブ

Ki-100-IIは、Ki-100が動作する高高度でのパフォーマンスを向上させるために、ターボチャージャーが追加された改良型エンジンを搭載していました。歴史[編集|編集元] Ki-100は、1944年後半に開発され、ギャップを埋め、航空機の古くなった日本のデザインに取って代わりました。青島08706川崎Ki-100IIタイプ5アーミーファイター1/72スケールキット。 1,420円。 MSRP:1,980円560円お得ウィッシュリストに追加。新しいウィッシュリスト共有を作成します。青島08706カワサキKi-100IIタイプ5アーミーファイター1/72スケールキット青島(まだレビューはありません) 5月に青島から発売され、2つの優れたKi-100キットに続いて、「タイプ5ファイターIIエキゾーストタービンタイプ」と呼ばれるカワサキKi-100-IIの新しい1/72スケールキットがあります。 3つのプロトタイプが作成され、第二次世界大戦で最軽量のターボ過給戦闘機でした。これは、プロトタイプや実験、または開発ラインナップの作成が好きな人にとっても朗報です。 AOSHIMA 202-200 Kawasaki Ki-100IIGoshikisenにはまだレビューがありません。あなたの経験を共有し、レビューを投稿してください92128-ターボチャージャー付きKi-100 II-リリース日:2012年6月P-38Gの写真はまだありません。これらのリリースに関する詳細情報を間もなく提供できるように最善を尽くします。小売業者や製造業者に連絡するときは、AEROSCALEで彼らの製品がここで強調表示されているのを見たことを忘れないでください

Steamワークショップ:: Ki-100-II

PictionID:43720748-タイトル:Kawasaki Ki-100-II Hien'Tony 'Kawasaki Ki-100-II Hien'Tony'。 -カタログ:15_003816-ファイル名:15_003816.tif ----チャールズダニエルズフォトコレクションアルバム日本航空機からの画像----この画像にあなたが知っている情報をタグ付けしてください。これにより、このデータを元のデータと永続的に保存できます。デジタル資産管理システムの画像ファイル。テキスト:&写真:ブルーノギルス-©SBAP2012有名な英国空軍博物館は2つの異なる場所に分かれています。そもそもヘンドン(ロンドン郊外)とコスフォードで、バーミンガム市からそう遠くないPictionID:43720824-タイトル:川崎Ki-100-IIヒエン 'トニー'カワサキKi-100-IIヒエン 'トニー'。 -カタログ:15_003822-ファイル名:15_003822.tif ----チャールズダニエルズフォトコレクションアルバム日本航空機からの画像----この画像にあなたが知っている情報をタグ付けしてください。これにより、このデータを元のデータと永続的に保存できます。デジタル資産管理システムの画像ファイル。 Ki-100IINguyênmẫuTrangbịđộngcơMitsubishiHa-112-II-Ruvớiturbotăngápcôngsuất1.500mãlực(1.100kW)。 Cóbachiếcđượcchếtạo。 Tổngcộngsốlượngsảnxuất:395chiếc..QuốcgiasửdụngNhậtBản。 Khônglực。ターボチャージャー付きのカワサキKi-100IIプロトタイプ-カガミガハラ1945サイト統計:第二次世界大戦の写真:26800機以上の航空機:63モデルの戦車:59モデルの車両:59モデルの銃:3モデルのユニット:2隻の船:47のWW2戦場-12の武器モデル:-装備:-人:-参照セクションの本:50以上

カワサキKi-100-IIタイプ5戦闘機-実装

  • カワサキKi-100-IIと北米のP--RSモデル-平面モデルキット1:72-プラスチック-北米のP-51マスタング-カワサキKi-10-カワサキKi-100オツトニー-組み立てて塗装する-米国および世界での安全な配送
  • Kawasaki Ki-100(z jap。五式戦闘機)bolojednomiestnestíhacieastíhacie-bombardovacielietadlojaponskejcisárskejarmádyoznačovanéakoarmádnestíhacielietadlotyp5.NemaložiadneSpojeneckékトニー、tak sa ajpriKi-100zaužívalototooznačenie
  • RSモデル921961/72カワサキ KI-100-II および北米のP-51Hマスタング(2キット)製品コード:RS-92196 $ 52.99。在庫のある商品と在庫レベルは継続的に変更される場合があります。クリック&コレクト注文は、店舗での回収前にアイテムを予約するために使用できます。リクエストに応じて、店舗の転送と保留を利用できます

Ki-100-II Ki-43-II Hayabusa Ki-43-I Hayabusa Ki-44-I 34 Shoki Ki-44-I Shoki Ki-44-II hei Shoki Ki-44-II otsu Shoki Ki-45 hei Toryu Ki -45 otsu Toryu Ki-45 tei Toryu Ki-61-I ko Hien Ki-61-I otsu Hien N1K1 Kyofu A6M3 Reisen A6M3 Reisenmod。 22 A6M3 Reisenmod。 22Ko A6M5 Reisen A6M5 otsu A7M1 Reppu(NK9H)A7M2 Reppu Fw 190A-5。カワサキKi-100II星型戦闘機(180〜250cc星型エンジン用翼幅126)とマッキC.200サエッタ翼幅122〜180cc星型エンジン用リリース01/20/1このストックイメージをダウンロード:カワサキKi-100-II Hien'Tony 'Kawasaki Ki-100-II Hien'Tony'この飛行機-何百万もの高解像度ストック写真、イラスト、ベクトルのアラミーのライブラリからのF5JJ10 4つのプロトタイプKi-46-IVが製造され、1944年2月に最初に飛行しました。 -高度性能は優れていたが、Ha-112-IIRuエンジンは面倒で、これらのエンジンの納入は川崎Ki-100-IIとKi-102戦闘機に優先され、Ki-46-を製造する可能性はなかった。 IV量KI100 II / P-51H 2in1、92196、RSモデル、航空機、スケール1:72。私たちはあなたが私たちのサイトに持っているかもしれないフィードバックとそれに投稿された情報を歓迎します

Versusは、WarThunderゲームの本当のアシスタントです。 With him, you can choose a vehicle for research, compare the vehicle with other, compare player statistic © 2009—2021 by Gaijin Network Ltd. Gaijin and War Thunder are trademarks and/or registered trademarks of Gaijin Network Ltd. or its licensors, all other logos are. Feb 19, 2020 - Explore David ROGERS's board MSC., followed by 127 people on Pinterest. See more ideas about aircraft, military aircraft, fighter jets An improved version of the Ki-100 (known as the Ki-100-II) was planned for production in September 1945, but the war ended with only three Ki-100-II prototypes having been completed. Kawasaki Ki.100- Ki 100 II/P-51H 2 in 1 / 1:72 / USA / Second World War / Military / Aircrafts / Scale models

Ki 100 II :: War Thunder General Discussion

  1. Ki-100-II This website uses cookies. By using the website without changing your browser settings, you consent to their use. OK. RS Models 92128 Ki-100-II. Scale: 1:72. Manufacturer: RS Models. Product code: RSM92128. Availability: out of stock. Last available: 10.10.2020. £16.20 or 12300 pts
  2. Ki-100-II / 1:72 / Japonsko / Druhá světová válka / Vojenské / Letadla / Plastikové modely
  3. In regards to the Ki-100-II: it's a good plane and is decent in about every regard, but has no real outstanding characteristic but VNE (which is not that important). As most japanese planes it's rather slow (508/613 kph at SL/8000 m) and has kinda lackluster armament but maneuvers decently

War Thunder Premium Review: Ki-100-II [Sharp Edged] - YouTub

Shop for Model Kits by Revell AMT MPC Lindberg Tamiya and others. We carry all types of model kits including model cars model aircraft military model kits and more 2 decal v. for USA, Japan 1. P-51H 2. Ki-100 With the Ki-100 proving such a success, it was decided to initiate production of this aircraft, the resulting Ki-100-Ib differing only by having the cutdown rear fuselage and all-round-view canopy that had been designed for the proposed Ki-61-III


Kawasaki Ki-100 (1 Viewer)

Perhaps I have not seen the best references on the Kawasaki Ki-100 fighter, but from I have read, its performance parameters don't seem particularly impressive. Its maximum speed (360-380 mph) is low by 1944-1945 standards and it doesn't perform well at high altitude. Yet almost universally the Ki-100 is described as one of the best, if not the best, Japanese Army Air Force fighters. Some even say it surpassed the Nakajima Ki-84 fighter, whose performance specifications seem to surpass the Ki-100. Is the reputation of the Ki-100 warranted and why?

VikingBerserker

中将

GrauGeist

Generalfeldmarschall zur Luftschiff Abteilung

Perhaps I have not seen the best references on the Kawasaki Ki-100 fighter, but from I have read, its performance parameters don't seem particularly impressive. Its maximum speed (360-380 mph) is low by 1944-1945 standards and it doesn't perform well at high altitude. Yet almost universally the Ki-100 is described as one of the best, if not the best, Japanese Army Air Force fighters. Some even say it surpassed the Nakajima Ki-84 fighter, whose performance specifications seem to surpass the Ki-100. Is the reputation of the Ki-100 warranted and why?

The KI-100 was converted from the KI-61 using design techniques taken from the Fw190, but was about 725 pounds lighter because it had a radial. The only thing that was considered negative about this machine (KI-100 Ko Otsu) was it's overall speed in level flight. However, it was capable of keeping up with a P-51D in a dive, a good turning fighter, a decent climber and it's firepower and max altitude (36,090 feet) capability made it dangerous to the B-29s.

There were less than 400 made by war's end, so this aircraft was never able to reach it's full potential as a main line fighter.

Tomo pauk

Creator of Interesting Threads

Merlin

Senior Airman

It may be that its reputation was based on relief - relief for the Japanese that they had an aircraft that was reliable, and was something that would not be outclassed compared with others they were left with.

Although the ki-61 was a good robust aircraft - the engine was unreliable, and supplies of new engines dried up. With Ki-61 airframes left unused - the search was on for a reliable available engine. The solution lay in the Ha-112-II 14-cyl dbl-row radial. The trouble was this engine had a diameter of 1.22 m (4 ft), compared with the 0.84 m width of the fighter fuselage - this is where the example of the Fw 190A came in handy.
All the spare Ki-61 airframes were used with the new engine, plus more built from scratch as Ki-100.

It may not have been as good as the Allied aircraft, of the time, but it would have been a surprise nonetheless - to see an apparently totally new aircraft arrive on the scene. And when its 'new' the uncertainty factor could creep in - is it any good. Whereas for the Japanese, well it may not have been great - but the pilots might have felt they had more of a chance than with the unreliable Ki-61 or even Ki-43!

Senior Master Sergeant

I agree with Merlin
the main asset for Ki-100 vs Ki-84 was reliablity of its engine and landing gear. Homare of Ki-84 was temperamentical and often didb't give the power it should and engine of Ki-100 was reliable and delivered what was expexted.

軍曹

Maj Y Hinoki, high claiming JAAF pilot wounded twice in 42-43, who flew Type 5 fighters (ki-100) late in the war described the plane as not completely debugged, this is as of July '45. The plane was first used in March, but apparently not much. Its whole fighting career was pretty limited, and the image of it as formidable element probably comes in part from older western books (Green, Francillon) that may have overhyped it.

In two, two side documented combats involving Type 5's I know of, 244th Sentai downed 2 F6F's of VF-31 for 2 Type 5's lost July 25 (their claims were 12:2, often misstated as 14:0), and Hinoki's Akeno Fighter school unit lost 5 Type 5's and 3 pilots on a day where 7th AF lost 1 P-51 in air combat July 16 and the 244th lost a pilot in a Type 5 in combat with P-51's that day too, possibly other a/c.

I agree as was stated, the speeds of late war Japanese fighters are still obscure. Some of the very high numbers appear to have been calculated estimates (oh no, the trouble we sometimes have on this forum, quoting calculated estimated graphs as facts! ) not actual test results on captured planes. This appears to be the case of 427mph quoted a Type 4's best speed, often quoted as a postwar trial result, but coincidentally or not the same speed appears in a manual about Japanese a/c published during the war before any Type 4's had been tested. AFAIK there are no higher estimates or trial results for the Type 5, but the real speed should still probably be viewed as uncertain, IMO.

Vincenzo

Master Sergeant

I agree as was stated, the speeds of late war Japanese fighters are still obscure. Some of the very high numbers appear to have been calculated estimates (oh no, the trouble we sometimes have on this forum, quoting calculated estimated graphs as facts! ) not actual test results on captured planes. This appears to be the case of 427mph quoted a Type 4's best speed, often quoted as a postwar trial result, but coincidentally or not the same speed appears in a manual about Japanese a/c published during the war before any Type 4's had been tested. AFAIK there are no higher estimates or trial results for the Type 5, but the real speed should still probably be viewed as uncertain, IMO.

軍曹

Yes TAIC manual dated March 1945, but the introduction says all figures therein were estimates unless otherwise noted, and it's not otherwise noted. The British document refers to a real test, but 400 and 427 aren't really the same .

Some people have a mentality that we'll get down to the one true value (often to program that into our sim game, how can you have a uncertain value in a sim game? that's probably annoying to most gamers). IMO it's simply not known what the speed of Type 4's was with any precision, especially considering Type 4's in actual Japanese Army operating conditions, IOW the only case that really mattered much.

Vanir

Banned

From the little I've read of Wright-Patterson comparative performance tests postwar of various types this was given as a major issue of consideration for late war Japanese fighters. I remember reading the Ki-84 was more highly regarded by test pilots at Wright-Patterson than the Japanese themselves, but that it was due to better maintenance and operating conditions which were not exercised during the war for circumstance.

Interestingly flight testing of the Fw-190D returned nowhere near the level of admiration that it received from Luftwaffe pilots. It was stated by American test pilots as pretty rough particularly in terms of overall finish, with heavy handling, but considering the circumstances again, was certainly competitive with late war Allied types and that much was impressive at least. IIRC the overall impressions were of a backyard hack with surprising performance for a backyard hack, where the test pilots had expected something far more refined.
Everybody who few a Ta-152 was pretty impressed though, except the Focke Wulf test pilots who found it fell short of calculated expectations at extreme altitude, plus any aircraft of this era experienced a wide variety of technical difficulties operating at such altitudes in the first place. But very, very strong from 7000 metres to excess of 10500 metres, and not altogether a slouch at lower altitudes either.


Definitely I also have a distaste for presenting calculated figures as any reflection of actual flying characteristics whatsoever. The opposite should be strenuated.

VikingBerserker

中将

Vincenzo

Master Sergeant

Yes TAIC manual dated March 1945, but the introduction says all figures therein were estimates unless otherwise noted, and it's not otherwise noted. The British document refers to a real test, but 400 and 427 aren't really the same .

Some people have a mentality that we'll get down to the one true value (often to program that into our sim game, how can you have a uncertain value in a sim game? that's probably annoying to most gamers). IMO it's simply not known what the speed of Type 4's was with any precision, especially considering Type 4's in actual Japanese Army operating conditions, IOW the only case that really mattered much.

400 are not 427 but the power setting of engine was not the max.

1.3 tons lighter of Corsair, the corsair in military (fth) had 1650 hp and run near over 400 mph, the frank had

same power at him FTH so is not strange that can run faster, also if is not compulsory.

For many people the war is not over, so for him country was best of enemy country.

Vanir

Banned

I think it is also important to note that an aircraft that can do 390mph at 10,000 feet is faster than an aircraft that can do 400mph at 15,000 feet in most combat encounters.

By that I mean when comparing one fighter type to another you cannot say this is better than that even in the sense of calculated figures and data under test conditions, unless you have extremely detailed results of actual flight testing at all altitude steps and projected engine and supercharger efficiency specifications, take into account fuel quality and production synthesis, field maintenance routines and performance conditions.

It's too easy to say, "This book in the library says the Corsair does 415mph and the Ki84 does 390mph so the Corsair is clearly faster," when this statement is completely ridiculous for just so many reasons it's worth a full publication to list and explain them. The easiest and quickest counter is a simple combat record, where US fighters based on Okinawa reported they were simply unable to catch a flight of Ki84 at medium altitude. But if that turns into a quid pro quo then such a publication perhaps might be a good idea.

Shortround6

Brigadier General

It helps to have more detailed reports too. Did the Corsairs start out 1 mile behind the Ki 84s or 15 miles behind ( vectored in by ground radar?) . Did they start 5000 ft above or 5000ft below? Did they start with nearly full tanks or had they been in the air several hours and didn't have the fuel for a long chase?

I am not making excuses for the Corsair here. Just pointing out that without more details a SINGLE combat report doesn't really tell us much.

I do agree with you though, that too many peaple take the speed figures from a book while ignoring the altitude difference.

軍曹

Counter example would combat between 35th FS P-38L's and 47th Sentai Type 4's Aug 14 1945. One victory was claimed against a Type 4 running away at 3k ft. The P-38 chasing was able to overhaul it and down it, which according to the highest estimates (real trials results?) of Type 4's it would not have been able to. And AFAIK the comment about F4U and Type 4 was in fact in context of intercepting Type 4's acting as fighter bombers, where intruding hit and run high speed bomber doesn't have to be actually faster than the interceptors to make interception impractical. That's not the same as being slower in a race with same starting condition (though that may also have been true in certain circumstances).

Also on Type 4 v Seafire trial (that one was a real trial), 400mph and not 'full power', a lot of these uncertainties are a matter of what 'full power' really was. Less than 'full power' in terms of the maximum Allied evaluation personnel squeezed out of a captured plane might still be higher boost condition that it reached in actual service in Japanese air arms. It's clear that the official Japanese sub 400 speed of the Type 4 was at lower boost, though also perhaps lower than the plane was capable of even in service conditions. The speed capability in actual combats with Allied fighters will simply never be certain IMO, and that's the speed that mattered most. And same goes for the Type 5.

Vincenzo

Master Sergeant
軍曹

It's not 'trouble' it's just difference. The Japanese had no such thing as WEP, for example. Engine specs according to who? I don't know the exact specs but it's a fact the Japanese official best speed for that plane was less than 400. I mean that's the whole discrepancy we're discussing. If the Japanese had posted an official speed equal to the highest in Western trials or estimates, we wouldn't be discussing it right? Aren't you missing something basic here, or am I?

Vincenzo

Master Sergeant

It's not 'trouble' it's just difference. The Japanese had no such thing as WEP, for example. Engine specs according to who? I don't know the exact specs but it's a fact the Japanese official best speed for that plane was less than 400. I mean that's the whole discrepancy we're discussing. If the Japanese had posted an official speed equal to the highest in Western trials or estimates, we wouldn't be discussing it right? Aren't you missing something basic here, or am I?

Shortround6

Brigadier General

Vanir

Banned

American engine settings aren't strictly comparable to European or Asian anyway. Theirs were NACA developed during the thirties for the purpose of increasing the normal range of combat aircraft. The normal cruise setting for American fighters is the economy setting for European types, the WEP is often not even listed in operational guidelines and there is a separate 5-10 minute take off setting (WEP is a 5min setting). Climb and combat is still the 30 min setting, but max continuous is also the cruise setting in Europe, whilst in the US it is stated in operational guidelines this setting will not return the listed normal cruise range.
Effectively it bumps the normal cruise range of US fighters on paper, though its purpose was to culture pilots to use lower cruise settings during normal flight. The effect is that a European pilot will get much less range out of an American fighter if he flies it like a European fighter (which may be more appropriate in a European combat environment).
American WEP settings are also a bit of hack and slash. For the F-series Allison it was given by the company as 52" and later increased to 56" although 60" was unofficially sanctioned and recalibrations and engine overspeeding were performed in the field "for extended periods"

Therefore for engine comparisons the International Rating became the standard at this time rather than maximum listed output, which varied by doctrine as well as engine type. It is the 30 minute setting, regardless of where the engine was made and how many take off and WEP settings and grades it has.
For warbirds there is a mixture of maximum claimed outputs and International ratings given for various aircraft, which does rather confuse things tremendously.

For the P-40 series for example, the International rating is invariably given in warbird publication. Actual take off performance is more like 1350hp and up with a WEP of 1550hp and up. Totally changes the perspective of this type's low altitude performance (very, very tough under 10K ft in any role).

For the Spitfire you'll have maximum take-off/WEP (+18lbs or 66"Hg for 5-10min, Merlin XX onwards) ratings given at optimal altitude (about 3100ft).

So two aircraft which perform very similarly under 5000ft are stuck with published figures of ca.1050hp and 1550hp respectively for comparison. No wonder everybody underrates the P-40 and overrates the Spit.


Power Scooters

Power scooters are a relatively new category of motorbike, in which a large motor is incorporated into the chassis of a seemingly innocuous scooter. They are typically used for commuting, and their step-through bodies and enclosed mechanical parts prevent riders from staining or excessively wrinkling their clothes. They pack just a little more oomph than regular scooters. Here is a good selection of options:
Yamaha Majesty 400
Suzuki Burgman 400
KYMCO Xciting 50
Vespa GTS 300 Super
Aprilia Scarabeo 500 I.E.
Piaggio BV 500
KYMCO Xciting 500 Ri
KYMCO Xciting 500 Ri ABS
Suzuki Burgman 650

Yamaha TMAX
Honda Silver Wing ABS
Yamaha TMAX
Suzuki Burgman 650 Executive


Stříbrná mince kolorovaný Kawasaki KI-100 History of Aviation 2015 Proof

Exkluzivní stříbrná mince v kolorovaném provedení, vydaná Burundskou republikou v roce 2015 ve špičkové kvalitě proof z nejčistšího 99.9% stříbra v sérii „History of Aviation“ (Historie letectví), je věnovaná japonskému stíhacímu letounu - Kawasaki KI-100.

Mince na svém rubu zobrazuje kolorovaný japonský stíhací letoun užívaný ve druhé světové válce. Mezi japonskými piloty byl oblíben, protože se kvalitou dokázal srovnat s tím nejlepším, co měli jejich tehdejší protivníci. Následují nápisy „KAWASAKI KI-100“ a „HISTORY OF AVIATION“. Líc zobrazuje státní emblém Burundi, nominální hodnotu, váhu, ryzost a rok vydání.

Mince je dodávaná v luxusní krabičce spolu s číslovaným certifikátem věrohodnosti v limitovaném nákladu pouze 1945 kusů pro celý svět!

V sérii "History of Aviation" byly vydány v roce 2014 tyto mince:
Messerschmitt BF109, PZL P.11, Yakovlev Yak-7B


Kawasaki Disease

Kawasaki disease (KD), also known as Kawasaki syndrome or mucocutaneous lymph node syndrome, is the most common cause of acquired heart disease in children in developed countries.

KD affects children and a smaller percentage of teens, creating inflammation in the blood vessels, particularly the coronary arteries. The average age of those affected is 2, 75% are younger than 5 and boys are 1.5 times more likely than girls to get KD.

Although the illness occurs worldwide and across all racial or ethnic groups, it&rsquos more frequent in Japan and in children of Asian descent. Named after Dr. Tomisaku Kawasaki, a Japanese pediatrician, the condition wasn&rsquot recognized as a separate syndrome until 1967. It may have been around for a long time before that.

Prompt treatment is critical to prevent significant heart problems. Most children recover fully.

アメリカ心臓協会の編集スタッフによって書かれ、科学と医学の顧問によってレビューされました。編集方針とスタッフをご覧ください。


ビデオを見る: Kawasaki Ki-100 Japanese Army Type 5 Fighter Last Ditch Not Always Bad