エチオピア-イタリア戦争の始まり-歴史

エチオピア-イタリア戦争の始まり-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イタリア人は、エチオピア人がイタリア軍を打ち負かしたドガリの戦いでのイタリア・エチオピア戦争の最初の戦いで敗北しました。その後、イタリア人はエチオピアの隣人と同盟を結び、彼らを弱体化させます。翌年、エチオピアの指導者ヨハンネス4世は、マフディストとの戦いで殺害されました。イタリアの支援を受けたショアのメネリクが後継者となった。

パルチザン

NS パルチザン (イタリアの: パルチザン あるいは単に ラ・レジステンザ)は、第二次世界大戦中のイタリアの抵抗グループの総称です。それは、特に1943年9月から1945年4月までのドイツの侵略とイタリアの軍事占領に続いて、ナチスドイツの軍隊とナチスドイツのイタリア傀儡国家体制であるイタリア社会共和国に反対しました(ファシストイタリア政府への抵抗が始まったが第二次世界大戦前でも)。として知られている パルチザン (イタリアの: パルチザン)、イタリアの抵抗戦闘機が参加した残忍な紛争は、 独立戦争 (イタリアの: guerra di liberazione nazionale、彼らがドイツ人と残りの枢軸軍に対するイタリア戦線で取った部分に言及するとき)またはイタリア内戦(特にイタリアのファシストとの彼らの対立に言及するとき)として。

現代のイタリア共和国は、レジスタンスの闘争に基づいて設立されたと宣言されました。制憲議会は、戦争の終わりにイタリア憲法を書いた国家解放委員会に命を与えた政党の代表者で構成されていました。それぞれの伝統政策の統合と民主主義と反ファシズムの原則に刺激を与えます。 [1]


エチオピアとの国境戦争(1998-2000)

独立後、エリトリアとエチオピアの間の1,000キロメートルの国境に沿った多くの地域の主権が公式に決定されることはありませんでした。これは、いくつかの場所で2つの軍隊の間で時折小競り合いを引き起こしました。そのような場所の1つは、1977年11月にEPLFの管理下を通過した西部国境地域のバドメでした。いくつかの史料によると、1998年5月6日、エチオピア軍がバドメの近くでエリトリアの兵士を射殺しました。この事件はエリトリアからの激しい軍事的反応を引き起こし、すぐにエチオピアと一致し、それはすぐに戦争にエスカレートしました。

エリトリアが隣国との国境紛争を経験したのはこれが初めてではなかった。紅海に関してイエメンと紛争が発生する前の2回。 1つ目は、エリトリア海域でのイエメン漁業に関するもので、1994年11月14日の合意により解決されました。2つ目は、両国の海岸間で等距離にあるハニッシュ諸島の主権に関するもので、15日から3日間の戦争につながりました。 1995年12月17日とその後のエリトリア軍による島の占領。紛争の外交的解決が失敗したため、事件はハーグの常設仲裁裁判所に持ち込まれ、2年間の訴訟の後、島々は共有主権下にあるべきであると結論付けました。両国は判決を受け入れた。

第二次世界大戦後、エリトリアの旧イタリア植民地はエチオピアの地域になりましたが、エチオピアの占領に対する不満が高まり、エリトリア人民解放戦線(EPLF)によるエチオピアのマルクス主義者に対する武力闘争が長引くことになりました。政府。エチオピアとの戦争は1991年に終わり、反政府勢力の連立であるエチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)が政府を倒し、メレス・ゼナウィの指導の下で政権を握ったエチオピア内戦の終結と同時に終わりました。 1993年5月のエリトリアでの国民投票に続いて、エリトリアの主権国家はEPLFの指導者イサイアスアフエルキを大統領として結成された(EPLFは後に民主正義人民戦線に改名された)。エリトリア独立直後の時期には、エリトリアとエチオピアの間に一般的に友好的な関係が見られました。これは、一部には、政府が以前エチオピアを支配していた前のマルクス主義政府と一緒に戦っていたためです。

イエメンとの紛争と同様に、エリトリアとエチオピアの間の紛争は、根深い政治的差異と、地域における市場と影響力をめぐる経済的および政治的競争を反映していた。 1991年に独立戦争が終結したとき、反エチオピアの感情により、数万人の捕らえられたエチオピアの兵士と、推定3万人の妻と子供(その多くはエリトリア人)がエチオピアに追放されました。同時に、アスマラとアディスアベバの政府は、EPLFがエチオピアで権力を掌握するためにTPLFを支援したときの武力闘争の間に発展した関係に縛られ、良好な関係を築きました。

エリトリアは戦争賠償請求を放棄し、1992年にエチオピアとの貿易協定が締結されました。エリトリアは当初、エチオピアの通貨であるビルを使い続け、エチオピアの企業に市場を開放し、アサブを「自由港」として認めました。しかし、土地をめぐる紛争、貿易税、金融政策、そして1997年11月のエリトリアの国の通貨、ナクファの採用は、2つの隣人の間のさらなる緊張につながりました。

1998年の戦争は3つの段階で発展しました。最初の段階では、エリトリア軍がバドメ周辺とアッサブ道路で争われているほぼすべての領土を支配しました。 1998年5月、エリトリアの兵士とエチオピアの民兵およびエチオピアの支配下にあったバドメ地域の治安警察との間で戦闘が勃発した。 1週間以内に、エチオピア議会はエリトリアに対する宣戦布告を行い、全面戦争が続いた。両国は、軍隊の成長、軍事装備の増強、および広大な塹壕の掘削を含む国境の強化に多大な資源を費やしました。

1998年5月末に、ルワンダと米国を含む調停者のチームが交戦者に提案を提示し、5月6日(最初の事件の日)より前に保持されていた陣地に部隊を再配置するよう呼びかけました。調査と争われている国境を区切るための合意。

エリトリアは6月3日に提案を拒否し、1999年2月初旬まで激しい戦闘が再開されました。紛争を解決するためのいくつかの外交イニシアチブは短期間で失敗しました。 1999年2月、エチオピアが死傷者が多かったにもかかわらず、国境の町バドメを奪還することに成功したため、激しい戦闘が再開されましたが、ソロナ-ザランベッサ周辺の戦闘は決定的なものではありませんでした。 2月末までに、エチオピアはバドメと紛争地域の多くを奪還しました。 2月27日、エリトリアはOAU平和フレームワークの提案を受け入れる準備ができていると発表したが、エチオピアはそれを拒否し、エリトリアの立場への攻撃を再開した。

戦争の最終段階は2000年5月に始まり、エチオピアは3つの戦線で軍事攻撃を開始しました。バドメの西、アッサブの近くで、その後エチオピア軍はエリトリアの防衛を突破し、6月中旬までに紛争地域と大規模な領土を占領しました。エリトリアの一部。その過程で、エリトリアの領土の3分の1がエチオピア軍によって占領されました。この戦争はターニングポイントであることが証明されました。それは前向きな展開を妨げるだけでなく、緊急国家を渦巻く危機に陥れました。必要な労働力と投資を奪われて、経済は深刻な不況に陥り、人的および社会的に甚大な結果をもたらしました。

6月19日、両国は、2000年12月12日にアルジェで和平合意に達する前に、敵対行為の停止に署名した。アルジェ平和協定は、紛争中の国境のエリトリア側に幅25キロメートルの一時的安全保障区域(TSZ)を設立し、国連安全保障理事会によって創設されたエチオピア・エリトリアの国連ミッション(UNMEE)によって監視されました。 2000年7月の安保理。アルジェ協定は、2つの国境の境界に関する決定的な判決を出すことを目的として、常設仲裁裁判所の後援の下で、エリトリアとエチオピアの合同境界委員会(EEBC)の創設を規定した。国。

エリトリア-エチオピア境界委員会は、紛争の中心にある国境の町であるバドメがエリトリアに属することを確立しました。国際社会の代表者、特に国連、AU、EU、および米国は、判決の実施を確実にするために証人および保証人として義務付けられました。しかし、エチオピアがそれを拒否したとき、彼らは彼らの責任を放棄し、エチオピアは町を占領し続けました。

エリトリアは数が多く、支出が多かったため、経済的資源と人命の莫大な損失を被りました。紛争の終わりまでに、エリトリアの経済は機能不全に陥り、人口のほぼ3分の1が食糧援助に依存していました。エリトリアの自立姿勢を自慢していた大統領は、国際社会との飢饉救済交渉を迅速に行った。

今日、エリトリアとエチオピアの間には戦争も平和もない状態があります。エリトリア独立当時、両国はバドメ、ソロナ・ザランベッサ、ブレの3つの地域で主権を主張していました。国連の制裁下にあるエリトリアは、世界の大国がエチオピアに境界を定める国際仲裁裁定を受け入れるように促すことができなかったと言います。エチオピア政府は、実施について協議したいと述べています。

国連は2000年にエリトリアとエチオピアの国境に停戦監視部隊を配備したが、当時国連が任務を機能させることを不可能にしたとエリトリアが課した制限に応じて、2008年に停戦監視部隊を撤回した。

伝えられるところによると、エリトリアとエチオピアは、共有する国境に沿って「大規模な軍事的プレゼンス」を維持しています。 2007年、ニュースソースは、ガシュバルカ[エリトリア南西部]およびソロノ[エリトリア中南部]の地域におけるエリトリアの軍事活動について報告しました。伝えられるところによると、アサブ州のワイメ[またはウェマ]地区に軍事訓練キャンプがあります。

1991年にエリトリアがエチオピアからの独立を主張した長期戦争以来、隣接する2つの国は苦い敵でした。2つの国は1998年から2000年の間に新たに衝突し、フラッシュポイントの町バドメのロガーヘッドにとどまりました。国境の和解は、国連の支援を受けた委員会が小さな隣人にそれを与えたにもかかわらず、依然としてエチオピアによって管理されています。

2008年8月7日に米国務長官のヒラリー・クリントンがソマリアでアル・シャバーブの反乱軍を支援するのをやめるべきだという厳しい警告を受けた直後、エリトリアの情報大臣、アリ・アブドゥは、米国はソマリアの問題に干渉するのをやめたほうがよいと述べた。 。彼は米国に「ソマリアの人々を放っておいて、彼ら自身の将来を自由に決定するように」と促した。

2009年と2011年の国連決議は、エリトリアがアル・シャバブのテロ組織を支援したとされ、近隣のジブチとの紛争を解決できなかったとして制裁を課しました。告発は後に拡大され、エリトリアのエチオピア野党グループへの支持が含まれるようになりました。 2007年以来、エリトリアはアルシャバブを支援し、武器を送り、トレーナーを送り、いくつかの軍事キャンプで何百人ものアルシャバブ戦闘機を訓練してきました。このサポートはイデオロギーではありません。それは本質的にソマリアにおけるエチオピアの影響に対抗することを意図しており、エチオピアの占領はエリトリアのソマリアへの関与の高さでした。

エリトリアの国連特使は、2012年1月に、アスマラがソマリアの過激派グループであるアルシャバブに武器を提供したという不十分な証拠を発見した、ソマリアとエリトリアに関する国連監視グループによる最近発表された予備的な国連報告を受けて、彼の国が立証されたと述べた。エリトリアは、ソマリアだけでなく、アフリカのホーン地域全体を不安定化させたと非難者が述べたアルシャバブを含む過激派グループを支援する非難に対して、しばしば無実を維持していた。

2015年10月19日の安全保障理事会決議2182(2014)に基づくソマリアとエリトリアの監視グループの報告書は、エリトリアがアル・シャバブを支援していたという証拠を発見しませんでした。しかし、エリトリアは、新たに結成されたエチオピアの武装野党グループの統一戦線、ティグリニャ人民民主運動(TPDM)、ギンボットセバットの軍事指導者など、一部の地域武装グループを引き続き支援し、収容していることがわかりました。

両国の間の地域は依然として非常に要塞化されています。アスマラとアディスアベバの政府もまた、反政府勢力の支持と互いの領土での抗議をめぐって非難を定期的に交換している。アディスアベバは、近隣のエリトリアの政府が反政府勢力を支援していると非難することがよくありますが、アスマラはこれを断固として否定しています。

2012年3月、エチオピアはダンカリアのエリトリア軍事基地を攻撃し、アスマラ政権が国境を越えた「テロ活動」を支援したと主張した。この事件は、2000年に2年間の国境戦争を終結させて以来、両国による最初の国境を越えた攻撃でした。2012年3月14日、エチオピア軍はエリトリア内の軍事訓練キャンプに対して国境を越えた攻撃を行いました。政府のスポークスマンShimelesKemalは、エチオピア軍がエリトリアに侵入し、遠隔地で活動している「ヒットアンドラン」破壊グループと呼ばれるものが使用する軍事前哨基地を攻撃したと述べています。 「エチオピア国防軍は、エチオピアの国境から16 km離れたエリトリアに侵入し、エリトリア政府によって組織され、支援され、資金提供され、訓練された破壊グループによって使用された軍事基地に対する攻撃に成功した」とシメレスは述べた。 Afar Revolutionary Democratic Unity Front(ARDUF)と呼ばれる反乱グループについてはほとんど知られていません。アナリストによると、このグループはエチオピアのエルタアレ火山の斜面で観光客を攻撃することがあり、その後何年もの間砂漠に姿を消したようです。エリトリアのオスマンサレー外相は、侵入はエチオピアによる「違法で挑発的な攻撃」の歴史の一部であると述べた。彼は国連安全保障理事会に「正義と法の支配の尊重を確保する」ための措置を講じるよう求めた。

2013年12月、エチオピア軍はエリトリア内の反政府勢力基地を攻撃し、2012年1月の攻撃で5人の観光客を殺害したなど、国境襲撃を行った訓練戦闘機の隣人を非難した。

エリトリア当局によると、2016年6月、エチオピア軍はエリトリアとの軍事化が進んだ国境で「攻撃を解き放った」。エリトリアが隣接するエチオピアから25年間独立した直後に起こった激しい衝突。エリトリア政府は、2016年6月16日、その軍隊が、争われている国境地域での2016年6月10日から11日までの日曜日と月曜日の戦闘中に、200人以上のエチオピア軍を殺害し、300人以上を負傷させたと述べた。エリトリアが政府の声明で発表した数字の独立した確認はありませんでした。

VOAのHornof Africa Serviceとのインタビューで、エチオピアの通信大臣Getachew Redaは、数字は不正確であると示唆しましたが、それを否定することはできませんでした。 「退却する軍隊と通常の状況下で混乱している軍隊は、何が起こったのかについての感覚を持っていない」と彼は言った。彼はまた、エチオピアは戦闘中の損害の評価を開示することに関心がないと述べた。

エチオピアの情報筋は、エリトリアがエチオピア北部で本格的な攻撃を開始したと主張しました。これは、国連調査委員会による最近の報告によると、政権は人道に対する罪を犯したとのことです。これらの情報源によると、激しい戦闘は2つの別々の戦線、TsorenaとZalanbesaで行われています。エチオピアの通信大臣であるゲタチュー・レダは、フランクフルトのブルームバーグ通信社に、この事件は、エリトリア政府が、その指導者が人道に対する罪を犯したと述べた6月8日の国連報告から注意をそらすための努力である可能性があると語った。

両国は、1998年から2000年の間に両国が戦った国境戦争の引火点であったエリトリアの町Tsoronaの地域で行われた戦闘で優位に立ったと主張した。エリトリアは、その軍隊がエチオピアの攻撃を「鎮圧」したと述べた。軍隊を彼らの出発点を超えて撤退させた。エチオピアは、その部隊がエリトリアの攻撃を後退させ、「私たちの目的が達成されたら」衝突の場所から撤退することを選択したと述べた。これらの衝突は、定期的に燃え上がった他の衝突と同様に「小競り合い」として却下されたという事実にもかかわらず、非常に深刻でした。これらの行動には、中距離および長距離の砲兵器を使用した重爆撃が含まれ、それは両側で行われました。これらは、拳銃や軽兵器を使用する移動ユニットや民兵ではありませんでした。それは規模が異なり、どちらかまたは両方の側が耐える損害があることを意味します。

ナイロビを拠点とする国際危機グループのアフリカの角プロジェクトディレクターであるセドリックバーンズは、2011年以来、軍事化された国境に沿って8つの対立があったと述べた。両国の国軍に直接関与する者もいれば、どちらか一方に支持された反政府勢力に関与する者もいた。 「この行動が衰退し、さまざまな力が元の位置に撤退したように見えると、それでも[再発]し、国境がどれほど緊張しているか、フレアアップに対してどれほど脆弱であるかを示しています」とバーンズ氏は述べています。

国際社会がエリトリアとエチオピアの紛争に対処できなかったことは、エリトリアに深刻な影響を及ぼしました。国際社会は難民危機に非常に満足しています。

2016年6月22日、エリトリア政府は国連人権理事会に対し、エチオピアはその領土に対して本格的な戦争を開始することを計画していると語った。エリトリアの国連常駐代表であるギルマ・アスメロム・テスファイは、エチオピアが自国に対して敵対的な政策を採用したという明確な証拠があると述べた。 「証拠は彼らが議会で行った彼ら自身の声明であり、多くの[エチオピア]当局者は彼らがエリトリアを攻撃し、軍事行動を取り、エリトリアに対する彼らの政策を変え、彼らは行くだろうと言っています。政権交代のために、野党の武装グループが攻撃するのを支援する。


エチオピアの歴史

各種参考資料

…エチオピアで非常に古くからあることは、アワッシュ川下流の谷で見つかった骨格の断片のグループであるハダール遺跡によって示されています。骨片は340万年から290万年前と考えられており、 アウストラロピテクスアファレンシス、の祖先だったかもしれない類人猿のような生き物…

…ハラールの首都(現在はエチオピア)。キリスト教のエチオピアとの競争は、14世紀にマイナーな国境襲撃と小競り合いで始まりました。 16世紀、アダルは一連のより深刻な攻撃を開始することにより、一時的に国際的な重要性を高めました。アダルの勢力がいた最初のフェーズ…

彼らはエチオピア北東部、エリトリア南東部、ジブチに住んでおり、イッサ族とともに支配的な人々です。アファル人は、エチオピア南東部の高地から降りて、牧歌的な生活を本格的な遊牧民に作り上げた、現在のエチオピアの住民の最初の人であると考えられています…

…エチオピアを征服した以外のすべての動き。彼の征服の最盛期には、彼は王国の4分の3以上を支配し、年代記によれば、これらの征服された地域の男性の大多数はイスラム教に改宗しました。

アクスム、初期キリスト教時代のエチオピア北部の強力な王国。

…ザイオン」)(1344年に亡くなりましたか?)、1314年から1344年までエチオピアの支配者であり、イスラム教徒に対する英雄的な戦闘機として年代記で最もよく知られています。彼は時々エチオピア国家の創設者であると考えられています。

…介入するために、エチオピアのネグスは艦隊を集め、イエメンに軍隊と共に上陸しました。戦いでヒムヤル王国の王を殺したネグスは、先住民のキリスト教徒を副王に任命し、帰国しました。やや後に、元エチオピアの将軍であるアブラハが権力を握った。イスラム教徒の伝統は彼の功績を認めています…

…エチオピア中北部のアドワで、メネリク2世皇帝のエチオピア軍とイタリア軍との衝突。エチオピア軍の勝利は、アフリカに帝国を築こうとしたイタリアの試みを裏付けました。勝利は、アフリカ軍によるヨーロッパ勢力の最初の破滅的な敗北であるためにさらに重要でした…

…2018年6月5日、エチオピアは、1998年に始まったエリトリアとの国境戦争を終結させることを目的とした2000年の和平協定の条件を順守することになりました。これには、エチオピアの2つの国…

1935年に始まったイタリアのエチオピア侵攻と占領(1936年のエチオピアの併合とイタリア領東アフリカへの編入を含む)は、イタリア植民地史の最後の章でした。この章は、アフリカの角からのイタリアの追放で終わりました…

…しかし、12世紀には、エチオピアのザグウェ朝とソロモン朝が高原全体と紅海沿岸で変動する程度に揺れ動きました。エリトリアの中央高地、 単なるメラッシュ (「メレブ川の向こうの土地」)は、エチオピア王国の北のフロンティア地域であり、支配されていました…

エチオピアとの独立後の関係は、当初は温かく支援的でしたが、貿易問題とエリトリアの紅海の港へのエチオピアのアクセスの問題について緊張しました。 1998年、バドメの集落を中心とした国境紛争が爆発的に暴力を振るったとき、関係は急速に悪化しました。 2年間の流血の後、…

…1993年のエチオピア最北端の州。

エチオピア中部では、 Ar。ラミダス 森林の生息地を示す動物相と花の遺跡に関連付けられています。エチオピア北部のその後の遺跡は、 Au。アファレンシス 川沿いの森、低地の森林、サバンナ、乾燥した低木地帯のモザイクに生息していました。ケニア北部 Au。アナメンシス

…1990年代、エチオピアと近隣諸国の飢餓と闘う。 「反政府勢力」が救援組織の努力と戦うこともあるため、問題は本質的にほとんど軍事的なものである場合があります。エチオピアでは、トラックの護送船団が…の対象となったため、救援物資を運ぶために航空機を使用する必要がありました。

…エチオピアの皇帝のそれは、トッズのラージプートの系譜と類似しています。皇帝はソロモン王とシバの女王の結婚の子孫であると言われています。この伝統は15世紀以上前に書き留められたため、ほとんどのヨーロッパの歴史よりも古いものです…

アビシニア(エチオピア)が南アラビアの人々であったことは言語的に証明されていますが、サバア語とエチオピア語の違いは、入植が非常に早く、何世紀にもわたってアビシニア人が外国人にさらされていたことを意味します。 …

…エチオピア軍とソマリア軍の間の短い対立に。米国と西側がエチオピアとケニアに軍事援助を提供したので、ソマリアは軍事援助のためにソビエト連邦に頼りました。それにもかかわらず、共和国は概して中立であるが親欧米の立場を維持し、実際、6月に新政府が結成された…

…隣国のエチオピア政府を打倒し、ハイレ・セラシエ皇帝を宮殿に閉じ込め(後にベッドで窒息死させた)、ソビエトとキューバの顧問を国に招待した。その後、ソマリアは混乱を利用して、逆にモスクワの観点から、オガデンに対する古い主張を再び主張しました…

…キリスト教のエチオピア王国周辺で、双方は覇権をめぐる長引く闘争に従事していました。ソマリのクランマンは定期的にイスラム教徒の軍隊の一部を形成しました。ソマリという名前は、15世紀初頭のエチオピアの勝利の歌に最初に登場しました。 16世紀のイスラム国家…

これに応じて、エチオピアは、困窮しているTFGを守るためにソマリアに軍隊を派遣しました。 TFGはソマリアの合法的な政府として国際的に認められており、SICCがアルカイダ、特に過激派と関係があることが懸念されていたため、この行動は一般的に国際社会によって支持されました…

…エチオピアのイタリア人とメネリク2世。これにより、イタリアは、金額と3万個のマスケットと28個の大砲の提供と引き換えに、エチオピア北部のボゴス、ハマセン、アカレグザイ(現代のエリトリアとティグライ北部)の領土を与えられました。

…オーストリアのイタリアの支援との暗黙の交換におけるアビシニアの運命への無関心。ムッソリーニはこれを、彼がその独立したアフリカの国を​​征服するという彼の計画に対してフランスの支持を得たことを意味すると解釈しました。ちょうど6日後、ドイツのナショナリズムの強さがザール国民投票ではっきりと示されました。 NS…

&gtEthiopia、議会は1935年の中立法を可決し、侵略者または犠牲者への武器の輸送を禁止しました。 1936年のスペイン内戦の勃発に続いて、より強力な法律が制定され、事実上、ファシストの敵がベニート・ムッソリーニから強力な支援を受けていたスペイン政府に罰則が科せられました…

…元エチオピア皇帝ハイレ・セラシエがイタリア人に対する愛国的な反乱でエチオピア人を育てたのに対し、6月には、アメデーオ・ディ・サボイアのドゥカ・ダオスタの下で、20万人の男性と325機の航空機に対してわずかな資源しか処分しませんでした。スーダンでの彼の軍隊は…

…遊牧民の軍事生活とキリスト教の記念碑を建てたいという熱烈な願望を組み合わせた12世紀と13世紀のエチオピアの王の列。最後のアクスム人の王の一人の娘との伝説的な結婚に基づいた、彼らの継承への希薄なふりは、その後、彼らが証言した線でした…

植民地化

…それ自体は、エチオピアの両端、イタリア人がエリトリアと呼んだ紅海の地域、およびインド洋沿いのイタリア領ソマリランドにあります。イタリアの内陸の推進力は、1896年にアドワでエチオピアとの戦争と敗北をもたらしました。イタリアに囲まれたエチオピア…

…20世紀の半分、エチオピアはエリトリアの人々が自分たちの国家を作るために自分たちを解放しなければならなかった力になりました。

イタリアとエチオピアの統治下では、灌漑農園は成長する都市市場向けに野菜、果物、綿花、サイザル麻、バナナ、タバコ、コーヒーを生産しましたが、この農業部門は独立につながる長期の戦争によって混乱しました。今日の主食の穀物製品には、ソルガム、キビ、そして…という名前の土着の穀物が含まれます。

1991年5月にエチオピアから解放された後、エリトリアは、基本的にエリトリア人民解放戦線(EPLF)の中央委員会で構成される臨時政府によって統治されました。国民投票の直後の1993年5月19日、この機関はエリトリア暫定政府を宣言しました。意図は…

…1962年に国を併合したエチオピアのものに置き換えられました。ほぼ同時に、エリトリア人民解放戦線(EPLF)が主導した解放闘争が1975年以降に始まりました。

…聖書(エチオピアはクシュまたはクシュとも呼ばれます)、特に詩篇68:31での出来事は、「エチオピアに急いで神に手を差し伸べさせてください」と述べています。エチオピアは、特にその古代キリスト教とヨーロッパの植民地化からの途切れることのない独立を考えると、一般的に理想化された「アフリカのシオン」と見なされていました。使用する…

それは、エチオピア(1936年5月9日にイタリアによって併合され、6月1日にイタリア領東アフリカの一部として宣言された)と、現在エチオピアの一部であるエリトリアのイタリア植民地、および現在ソマリ民主共和国の一部であるイタリア領ソマリランドで構成されていました。 。イタリアの王、ビクターエマニュエル…

…現代ではティグライだけがエチオピアの王冠を身に着けていましたが、ヨハネスの後継者であるメネリク2世は、ライバルと戦うために必要な武器と引き換えに、メレブ北部のイタリアによる占領に同意しました。 1889年5月2日に署名されたウッチャリ条約で、メネリクは「イタリア…

…エチオピアがイタリアの支配に服従する結果となった武力紛争。多くの場合、第二次世界大戦への道を準備したエピソードの1つとして見られ、国際連盟の決定が列強によって支持されなかったとき、戦争は国際連盟の非効率性を示しました。

…マッサワはすぐにエチオピアとの紛争を引き起こしました。エチオピアはマッサワを自国の領土の一部と主張し、1887年にドガリで500人のイタリア軍を殺害しました。両国は1889年にウィチャレで和平を結び、クリスピは紅海に沿ってイタリアの所有物を拡大し、現在のほとんどを含めました…

…アフリカ、特に1896年のアドワでの敗北を報復する必要があったエチオピアでのさらなる拡大。 1935年10月、イタリアはついにエチオピアに侵攻しました。最初の征服の1つはアドワでした。そして、1936年5月までに国を征服し、エチオピアの皇帝であるイタリア王ヴィットーリオエマヌエル3世を宣言しました。エチオピア…

彼の目は最初にエチオピアに向けられ、10か月の準備、噂、脅迫、躊躇の後、1935年10月にイタリアが侵攻しました。その後、植民地征服の残忍なキャンペーンが行われ、イタリア人はエチオピアの人々に大量のガス爆弾を投下しました。ヨーロッパはその恐怖を表明しましたが、そうして、そうしました…

による訪問

…1630年頃にヨーロッパ人に閉鎖されたエチオピアでの彼の旅行の説明。

…彼からハラール(現在はエチオピア)へ。彼はエチオピアのオガデン地域に旅した最初の白人となり、この遠征に関する彼の報告は1884年にフランスの国立地理学会から出版されました。


アドワの戦いから120年後、ドキュメンタリーはエチオピアのイタリアの歴史を思い出します

詳細、「アドワの戦い」(出典:クリエイティブ・コモンズ)

今月は120周年を迎えます アドワの戦い.

エチオピアは、おそらくリベリアを除いて、ヨーロッパの勢力によって植民地化されていないアフリカで唯一の国として広く知られています。 20世紀の間、多くのアフリカ諸国は、エチオピアの国旗の色である緑、黄、赤を採用して世界に宣言しました。私たちもエチオピアの兄弟として自由です。

エチオピアは、試みがなかったためにヨーロッパの植民地化を免れませんでした。それどころか、イタリアは2度侵略を試みた。イタリア人はマスタードガス、道路、銃、インフラストラクチャー、そして残虐行為を持ってきました。のリーダーシップの下で 教皇ピオ十一世、バチカン当局と聖職者は、エチオピアの民間人のスコアを虐殺した爆弾を祝福しました。これはまさにそれをしている司祭のクリップです。 「SanctusSanctusSanctus」(聖なる、聖なる、聖なる)彼は爆弾を持っていると言います。

最初 イタリア-エチオピア戦争 中に始まった アフリカ分割 イタリア軍がエチオピアの主権領土に侵入し、小競り合いと戦闘を引き起こし、1896年2月下旬にアドワの戦いで最高潮に達しました。設備の整っていないエチオピア人、 メネリク2世皇帝、イタリアの軍事力を決定的に打ち負かしました。

この敗北の遺産は、イタリアのファシストリーダーを悩ませました ベニート・ムッソリーニの民族主義的なジンゴイズムの感覚と1935年に、彼はイタリアの「太陽の下での正当な場所」をつかむために攻撃を開始しました。彼が考慮しなかったのは、エチオピアの長い梅雨でした。

What is not widely known is the history of struggle that engulfed Ethiopia, the short but lasting impact of the Italian occupation from 1935-1941 and Ethiopia’s triumphant return to independence.

If Only I Were That Warrior, winner of the Premio ‘Imperdibili’ at the 2015 Festival dei Popoli, is a thoughtful documentary that grapples with these highly contested subjects, including Rodolfo Graziani, the fascist Italian general behind the death of tens of thousands of Ethiopians in the 1930s.

Known as “The Butcher” for his sustained brutality, Graziani famously spoke the words, “The Duce (Mussolini) will have Ethiopia, with or without the Ethiopians." And he delivered on that proclamation by indiscriminately killing civilians, deploying chemical agents and leading a campaign of mass death in Ethiopia. Graziani never faced international law tribunals for his role in the occupation.

In 2012, the small conservative town of Affile, Italy, where Graziani was from, erected a monument to the fascist war criminal, sparking international protests. The documentary follows this long and complicated history, detailing the protests around the monument with interviews with Ethiopians and Italians in their home countries and in the diaspora. With rare archival footage from the Graziani Archive, the documentary offers a fascinating glimpse into the conflict.

If Only I Were That Warrior marks the feature-length documentary debut of Brooklyn-based filmmaker Valerio Ciriaci。 Filmed in Ethiopia, Italy, and the United States, the project follows the stories of three people as they discuss the vestiges of the Italian occupation, a story that traverses generations and cultures.

Check out the trailer below and catch the documentary screening this month in the following locations across the U.S. and Italy.

If Only I Were That Warrior February 2016 Screenings

Sponsored by Comitato Affile Antifascista, Associazioni Etiopi in Italia, ANPI.

Casa Italiana Zerilli-Marimò, New York University – 6pm

Sponsored by Centro Primo Levi NY and Department of Italian Studies NYU. Q+A with director Valerio Ciriaci and producer Isaak Liptzin.

Feb. 20 2016 / Minneapolis / Italian Film Festival

St. Anthony Main Theater – 5pm

Sponsored by The Italian Cultural Center of Minneapolis and St. Paul

Feb. 20 2016 / Philadelphia / Africa World Documentary Film Festival

Molefi Kete Asante Institute – 5pm

Q+A with director Valerio Ciriaci and producer Isaak Liptzin.

Feb. 21 2016 / Washington DC

Sponsored by The Global Alliance for Justice – The Ethiopian Cause. Q+A with director Valerio Ciriaci and producer Isaak Liptzin.


The end [ edit |ソースを編集]

Badoglio's force marched into Addis Ababa on 5 May and restored order. ⎶] While there never was a formal surrender, the Second Italo-Abyssinian War was over ⎵] and on 1 June Italy officially merged Ethiopia with Eritrea and Italian Somaliland, calling the new state Africa Orientale Italiana (Italian East Africa).

But only on 18 December 1936 Ras Imru finally surrendered to the Italians near the Gojeb River. Consequently Italy declared the country pacified: some Ethiopian leaders like Dejazmach Gebrehiwet Michael, Dejazmach Amde Ali, Dejazmach Ayalew Birru, Dejazmach Habtemichael, the author Afework Gebreyesus, Mengesha Wube, and some local chiefs/Ras started to collaborate with the Italians in 1937. ⎷]

Italian perspective: "Will you be worthy of it?" [編集|ソースを編集]

King-Emperor Victor Emmanuel III waited for the crowds in the Quirinal Palace on Quirinal Hill. Months earlier, when the Ethiopian adventure first started, he told a friend: "If we win, I shall be King of Abyssinia. If we lose, I shall be King of Italy." ⎸]

"Emperor! Emperor! Salute the Emperor!" ("Imperatore! Imperatore! Salute Imperatore!") chanted the crowd when Victor Emmanuel, in full Army uniform, showed himself on a balcony. The first Emperor in Rome in 1,460 years raised his withered hand to the visor of his cap and said nothing. Elena, his Queen-Empress did not appear. She was in bed with a broken toe from falling off a stepladder in her library while reaching for a book. ⎹]

While the Italian King-Emperor was silent, the Italian Fascist dictator Benito Mussolini was not. When victory was announced by Mussolini from the balcony of the Palazzo Venezia in Rome, the Italian population was jubilant.

From his balcony, Mussolini proclaimed:

"During the thirty centuries of our history, Italy has known many solemn and memorable moments – this is unquestionably one of the most solemn, the most memorable. People of Italy, people of the world, peace has been restored.

The crowds would not let him go—ten times they recalled Mussolini to the balcony and cheered and waved while the boys of various Fascist youth organizations sang the newly composed 'Hymn of the Empire' (Inno dell'impero)." ⎺]

Four days later, the same scene was repeated when Il Duce in a speech about the "shining sword" and the "fatal hills of Rome" announced:

"At last Italy has her empire." And he then added: "The Italian people have created an empire with their blood. They will fertilize it with their work. They will defend it against anyone with their weapons. Will you be worthy of it?" ⎺]

This was Mussolini's hour of glory. He knew that the Italian nation was united around him as it never was before. He knew that the exultation that he witnessed was genuine. And the Italian people appeared to have good cause for rejoicing. Italy gained a vast territory and untold mineral riches. riches much magnified by Italian propaganda. &#91 要出典 ] Fascism was never so popular and the shouts of military victory drowned out the muttered grumbles about some underlying economic ills. ⎺]

Ethiopian perspective: "It will be you tomorrow" [ edit |ソースを編集]

Haile Selassie passes through Jerusalem on his way to exile in England.

While the Italian people were rejoicing in Rome, Haile Selassie was crossing the Red Sea in the British cruiser HMS 企業。 On 4 May, he had sailed from Djibouti. The British Mandate of Palestine was his destination on his way to England via Gibraltar. Two days after his arrival in Jerusalem, Haile Selassie sent a telegram to the League of Nations in which he wrote:

"We have decided to bring to an end the most unequal, most unjust, most barbarous war of our age, and have chosen the road to exile in order that our people will not be exterminated and in order to consecrate ourselves wholly and in peace to the preservation of our empire's independence. we now demand that the League of Nations should continue its efforts to secure respect for the covenant, and that it should decide not to recognize territorial extensions, or the exercise of an assumed sovereignty, resulting from the illegal recourse to armed force and to numerous other violations of international agreements."

The Ethiopian Emperor's telegram caused several nations to temporarily defer recognition of the Italian conquest. ⎺]

On 30 June, Haile Selassie spoke at the League of Nations and was introduced by the President of the Assembly as "His Imperial Majesty, the Emperor of Ethiopia" ("Sa Majesté Imperiale, l'Empereur d'Ethiopie"). In response, a group of jeering Italian journalists began yelling insults and had to be ejected before he could speak. The Romanian Chairman, Nicolae Titulescu, famously reacted to the buffoonery exhibited by the Italian journalists. He jumped to his feet and shouted: "Show the savages the door!" ("A la porte les sauvages!") ⎺]

Haile Selassie then gave a stirring speech denouncing Italy's actions and criticizing the world community for standing by. At the conclusion of his speech, which appeared on newsreels throughout the world, he warned that:

"It is us today. It will be you tomorrow."

International response [ edit |ソースを編集]

The international response to the Italian aggression was mixed. As stirring as Haile Selassie's speech before the League of Nations was, his resolution for the world body to deny recognition of the Italian conquest was defeated. In addition, he was not granted a loan to finance a resistance movement. ⎺] [nb 2] On 4 July 1936, the League of Nations voted to end the sanctions imposed against Italy in November 1935. [nb 3] By 15 July, the sanctions were lifted. ⎼]

On 18 November 1936, the Italian Empire was officially recognized by the Empire of Japan. ⎽] Italy in turn recognized the Japanese occupation of Manchuria. ⎾]

The Italian invasion of Ethiopia meant that the Stresa Front was at an end. German dictator Adolf Hitler supported the Italian invasion before it was launched. ⎿] By contrast, France and Britain recognized Italian control over Ethiopia in 1938.

Mexico was the only country to strongly condemn Italy's sovereignty over Ethiopia, respecting Ethiopian independence throughout. Mexico was amongst only six nations in 1937 which did not recognize Italy's occupation, along with China, New Zealand, the Soviet Union, the Republic of Spain, and the United States. ⏀] ⏁] But three years later only Joseph Stalin's USSR officially recognized Selassie, and the US government considered recognizing the Italian Empire with Ethiopia included. ⏂]


Weeks after Japan begins building a strategic airfield on Guadalcanal, part of the Solomon Islands in the South Pacific Ocean, U.S. forces launch a surprise attack, taking control of the airfield and forcing the Japanese into initial retreat. But with reinforcements arriving, hand-to-hand jungle combat follows with Japan finally retreating six months later, with 31,000 casualties and the loss of 38 ships. The Allies lose 29 ships and 7,100 soldiers.

In a conflict that marks the war&aposs outcome tipping in the favor of the Allies, the Red Army defends the Russian city of Stalingrad from German attack, bringing an end to the Axis&aposs eastern Europe advances and handing it its first decisive defeat. One of the longest, biggest and deadliest battles of the war, it ends with close to 2 million casualties, including civilians, with brutal winter weather and a Russian blockade causing many Germans to starve to death.


Haile Selassie's War: The Ethiopian-Italian Campaign, 1935-1941

A long-term Bosnian friend spent most of her adolescence and early adulthood in Addis Ababa, learning English at the American high school there while her Dad, an engineer, was doing aid work in the country. Knowing their family got me to read many books about Yugoslavia and, prior to this, two books about Ethiopia: one about the recent communist regime, another about the Emperor Theodore in the 19th century. I had never, however, read anything about Ethiopia during the Italian invasion and occup A long-term Bosnian friend spent most of her adolescence and early adulthood in Addis Ababa, learning English at the American high school there while her Dad, an engineer, was doing aid work in the country. Knowing their family got me to read many books about Yugoslavia and, prior to this, two books about Ethiopia: one about the recent communist regime, another about the Emperor Theodore in the 19th century. I had never, however, read anything about Ethiopia during the Italian invasion and occupation in the late 30s and early 40s.

The author of this extremely detailed study claims, rightly, to present the war there with due attention to the Ethiopians, rather than treating it as most Anglo-Americans have as a sideshow to WWII. He appears to accomplish this task as well as such an author addressing an English-speaking readership might. His sympathies, while not confined to them, are clearly with the Ethiopians, even their rather enigmatic emperor, "Power of the Trinity", Haile Selassie.

Note that this is primarily a book about politics and warfare. Some, but not much, background is given to the Italian invasion, but the focus is on political and military personalities and their maneuvering during the conquest and reconquest five years later. The book ends, rather abruptly, with the Emperor's return to his capital.

As ever, while there are several maps, there aren't enough of them. Such as are provided are for the purposes of following the military actions described in the text. 。もっと


Ethiopia

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

Ethiopia, country on the Horn of Africa. The country lies completely within the tropical latitudes and is relatively compact, with similar north-south and east-west dimensions. The capital is Addis Ababa (“New Flower”), located almost at the centre of the country. Ethiopia is the largest and most populated country in the Horn of Africa. With the 1993 secession of Eritrea, its former province along the Red Sea, Ethiopia became landlocked.

Ethiopia is one of the world’s oldest countries, its territorial extent having varied over the millennia of its existence. In ancient times it remained centred on Aksum, an imperial capital located in the northern part of the modern state, about 100 miles (160 km) from the Red Sea coast. The present territory was consolidated during the 19th and 20th centuries as European powers encroached into Ethiopia’s historical domain. Ethiopia became prominent in modern world affairs first in 1896, when it defeated colonial Italy in the Battle of Adwa, and again in 1935–36, when it was invaded and occupied by fascist Italy. Liberation during World War II by the Allied powers set the stage for Ethiopia to play a more prominent role in world affairs. Ethiopia was among the first independent nations to sign the Charter of the United Nations, and it gave moral and material support to the decolonization of Africa and to the growth of Pan-African cooperation. These efforts culminated in the establishment of the Organization of African Unity (since 2002, the African Union) and the United Nations Economic Commission for Africa, both of which have their headquarters in Addis Ababa.


Aftermath of Dunkirk

Despite the successful evacuation at Dunkirk, thousands of French troops were left behind and taken prisoner by the advancing Germans. Also abandoned on the shores of Dunkirk were massive supplies of ammunition, machine guns, tanks, motorcycles, jeeps and anti-aircraft artillery.

With Western Europe abandoned by its main defenders, the German army swept through the rest of France, and Paris fell on June 14. Eight days later, Henri Petain signed an armistice with the Nazis at Compiegne.

Germany annexed half of France, leaving the other half in the hands of their puppet French rulers. It wasn’t until June 6, 1944, that the liberation of Western Europe finally began with the successful Allied landing at Normandy.



コメント:

  1. Pepin

    つまり、あなたは間違いを許します。話し合います。午後に私に手紙を書いてください。

  2. JoJolrajas

    それは同意します、有用なフレーズ

  3. Stoney

    クールなアイデア!

  4. Vipponah

    非常に優れたアイデアであり、タイムリーです

  5. Gazsi

    エラーを犯したと思います。ポジションを守ることができます。 PMで私に手紙を書いてください、私たちはコミュニケーションします。

  6. Torence

    それは驚くべきことです、それは非常に貴重な作品です

  7. Avi

    エラーを犯したと思います。議論することをお勧めします。 PMで私に書いてください。

  8. Mindy

    あなたが持っている選択は簡単ではありません



メッセージを書く