アメリカの初期の入植地のいずれかが海から攻撃されましたか?

アメリカの初期の入植地のいずれかが海から攻撃されましたか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

入植者が入植地を選ぶ際に考慮したさまざまな考慮事項を説明した教科書を持っています。たとえば、ジェームズタウンは湿地が多すぎたため、蚊や病気が多く、水は飲用に適さなかったと書かれています。さまざまな考慮事項の中で、入植者は海岸線の近くにコロニーを配置することを避けたと述べています。これは、海から攻撃される危険性を高めるためです。 1730年以前、海の近くにあるコロニーが海から攻撃されたという実際の状況はありましたか?沿岸の場所は、陸上で行われる攻撃からの防御が容易であるというメリットがありましたか?


一例を示します。ニューアムステルダムのオランダの植民地(マンハッタン島、現在はニューヨーク)は、港に向かって航行している4隻のイギリスのフリゲート艦によって捕獲されました。

イギリス軍はこれの反対側にいますが、要点は立っています。これは時間スケールの1つですが、ナッソーの戦いは、米国海兵隊の最初の水陸両用上陸として言及する価値があります。


商取引の遮断:Uボートがアメリカの供給努力をどのように絞め殺したか

ドラムビート作戦はドイツ人にとって成功を収めました。最初は。

ハルデゲンには知られていないが、彼の旅行者のパンフレットに記載されているチャンネルライトシップは一時的にケープコッドに移されていたため、夜行性の浮遊ビーコンを探すことは無益であり、方向感覚を失った。しかし、西には輝く地平線がありました。

彼らは狭いところにいて、名高いニューヨークの高層ビルを見ることができませんでしたが、潜水艦はマンハッタンの上の明るい天に驚かされました。戦前に世界中の士官候補生の巡航中に大都市を訪れたハルデゲンは、平時から何も変わっていないように見えることに驚いた。ニューヨーカーは、沖合で3隻の船を失った後でも、空襲や海上攻撃の場合に明確な予防策を講じていませんでした。

スキッパーがきらびやかな景色を見つめていると、彼は目を北に向けてロックアウェイビーチとコニーアイランドに向かい、黄金の宣伝の機会があることに気づきました。ミッションの従軍記者を急いで召喚し、彼は若い男にシーンの写真を撮らせてから、先のサンディフックからベアリングを取り、背を向けてニュージャージーの海岸に向かってうろついた。

彼らがサンディフックから遠ざかるとき、橋の時計の男性は、潜水艦の航跡を快活に追いかけている大きなランタンで飾られたタンカーに気づいて唖然としました。ハルデゲンがボートを振り回して、ターゲットが都会の背景を背景にシルエットを描く位置に移動するように命じたとき、ホフマンは攻撃ポストに跳躍しました。氾濫する第1管、ホフマンは船の橋に並んでいて、2,460フィートで「ロス!」と怒鳴りました。直撃のこもったブームは58秒後に起こり、ホフマンが狙った正確な場所から大規模な黄赤色のプルームが噴出しました。被災した船はすぐに右舷にリストされました。

彼の双眼鏡を通して、ハルデゲンは乗組員が後部銃を操作するために競争しているのを見ることができました。彼の潜水艦は燃える犠牲者からのちらつきの光を浴びて、船尾管からの魚雷で彼女を急いで終えました。

犠牲者は6,867トンのイギリスのタンカーでした コインブラ、それは船長と彼の乗組員の35人と一緒に降りました。お気に入り U-123の以前の殺害では、彼女の弓は水面上に突き出たままであり、ハルデゲンは彼のログに酸っぱく記録しました。そうでなければ、他の船はどのようにして港を見つけるのでしょうか?」

ロングアイランドの住民は、岸のすぐ近くにあるアーチ型の山を恐怖で見守っていました。午前5時に、ドイツ軍は最近の殺害から立ち直り、南に向かった。彼らはまだアメリカ海軍によって完全に無防備でした。

ドラムビートの通行料:未回答の死者400人

1月15日の夕方。 U-123 荒れた海から逃れるために水中で長いストレッチをした後、浮上し、すぐに沿岸哨戒機によって発見されました。ハルデゲンは、緊急突入の速度に彼らの集合的な重みを加えるようにすべての男性を前進させるように命じました。彼は橋を降りた最後の男であり、ハッチをつかんだときと同じように戦闘機が彼らの方を向いているのを見ていました。アメリカ人が爆弾を投下したとき、すぐに右舷に4つの明確であるが遠い爆発が起こった。空軍兵がより多くの爆撃機または駆逐艦に乗り込んだのではないかと疑って、ハルデゲンは濡れた橋に戻って双眼鏡で海と空をスキャンするのに十分な長さで浮上しました。

何もありませんでした、そして唯一の無線トラフィックは1月31日までサンディフック周辺の海域を危険地帯と宣言するニューヨークの水路研究所からの速報でした。潜水艦は空襲がまぐれであったことに気づきました。彼らはたまたま爆撃機の下に浮上したところだった。この偶然の出会いは、任務全体を通して彼らが遭遇する唯一の軍事的抵抗となるでしょう。

この時までに、キング提督は散在する駆逐艦の収集を開始し、港からそれらを召喚し、巡航を訓練し、護衛任務を遂行しました。沿岸の対潜兵器任務ではなく、北アイルランドへの航海で軍隊の護衛艦AT10に同行しました。その間 U-123 沈んでいた ノーネスコインブラ、米国駆逐艦 市長, ナナカマド, トライプ, ウェインライト, , グウィン, モンセン, リバモア, チャールズ NS。 ヒューズ, ランズデール, ラドロー, イングラハム、 と ヒラリー・P・ジョーンズ ニューヨーク沖で何気なく集まっていた。ハルデゲンはどういうわけか軍艦のいずれかに遭遇することを回避することができました。近くのUボートは、輸送機関とその人的貨物を発見しませんでした。

ニューイングランド沿岸からまだ離れている12隻の駆逐艦は、 ブリストル 15日と定期的な割り当てのためにCascoBayに乗り出しました エリソン トレーニングのためにコネチカット州ニューロンドンに行きました。他の10人は停泊したままでした。ドラムビートを粉砕し、デーニッツを再び米国の海岸に近づくことについて慎重にする機会は明白であり、悪用される可能性がありましたが、キングは何もしませんでした。過失が少ないため、真珠湾の陸軍と海軍の司令官が解雇されました。一方、6隻の魚雷が残っているため、ハルデゲンはザップとフォルカーズが狩猟場に到着したときに南に移動していました。虐殺は始まったばかりでした。

リチャードザップ U-66 1月16日、ノースカロライナ沖の危険な浅瀬で二分されたシーレーンを航海しました。2夜後、停電したタンカーがダイアモンドショールズの北東の月のない夜をすり抜けようとしたとき、彼は最初の犠牲者を見つけました。 6,635トンでした アランジャクソン、コロンビアのカルタヘナからニューヨークに向かう途中で、72,870バレルの石油を使用しています。ザップの副操縦士は前方の管を並べ、2隻の魚雷を ジャクソンの右舷船体は、沖合の石油焚き火に点火します。大火は非常に巨大で激しいものだったので、ザップは生存者を拾い上げてより多くの標的の近くについて尋問するという彼の当初の意図は危険すぎると判断しました。

20分待って、タンカーが壊れて燃える貨物の中に沈むのを見た後、ドイツ人は背を向けて狩りを再開しました。 ジャクソン 35人の乗組員のうち22人と一緒に降りました。次の夜、ザップは意図的に7,988トンのカナダの旅客船を沈めました レディホーキンス。船の212人の乗客のうち162人と109人の乗組員のうち88人が亡くなり、ドラムビートの死者は400人を超えました。キングはまだ反応していませんでした。

ハタラス岬を襲撃

1月16日の夜、ラファルスキーは600メートル帯の送信を傍受しました。 U-123の乗組員は非常に娯楽的です。米陸軍航空軍は、アメリカの沿岸爆撃機がニューヨーク沖で略奪しているUボートを沈めたと発表しました。どうやらその飛行機の乗組員は彼らがそれらを発射したときと同じくらい攻撃の結果を解釈することに不慣れでした。そうでなければ、その夜はほとんど興奮しませんでした U-123 小さな漁船しか見つけられなかった。

翌日の夜、ドイツ軍は、正体不明の駆逐艦がファイブファトム銀行の海側を通過したときに最初の敵対的な軍艦を見ました。彼らは危険なほど浅い水に潜んでいて、攻撃されたら閉じ込められていたでしょう。駆逐艦と岸の間に挟まれ、その下の深さがほとんどないため、彼らは海に逃げたり、安全に飛び込んだりすることはできませんでしたが、船は蒸気で通り過ぎました。午後7時13分までに、それは見えなくなっていました。

ハルデゲンは後に夜明け直前に4,000トンの貨物船を沈めたと主張したが、連合国の海事記録にはその損失の記録は見当たらない。レイダースはすぐ近くを出発し、東に向かって深海に向かい、ハタラス岬に向かって日光を浴びました。無線傍受によると、優れた狩猟が蓄積されていました。

反抗的な終日の表面ダッシュの後、 U-123 18日の夜明けにノースカロライナ州キティホーク沖に到着し、147フィートの海水の底に落ち着きました。 1月19日の午後6時46分に水面を破り、彼女はさらに50マイル南にあるハタラス岬に向かった。ハルデゲンには5隻の魚雷が残っていたため、次の夜の作業は壊滅的なものになります。

9時04分、ドイツ軍は中型の北行きの貨物船を目撃して攻撃しましたが、最初のショットは誤動作して失敗しました。彼らが採石場に追いついたときまでに、彼らはキティホークから戻っていました。今回は魚雷が真に走り、右舷が印象的で、じょうごのすぐ後ろにありました。ハルデゲンは船からわずか450ヤード以内に操縦し、爆発の数秒後に U-123 燃える破片が降り注いだ。地図座標36-06N、75-24Wで下がったこの船は、識別を逃れました。襲撃者は、南に発見された船のライトを調査するために急いでいたため、生存者を迎えに行くことはしませんでした。

夜が明ける前に、ハルデゲンと彼の部下は5,269トンの貨物船を袋に入れました アトランタ市、3,779トンの貨物船 Ciltvaira、 最後の魚雷と105mmデッキガンからの10ラウンドを使用して、空のタンクローリーを不自由にしました マレー語。その夜、46人の商船員が亡くなりました。

沿岸海域に沈められた62隻の船

東海岸沿いの駆逐艦保護の不足の言い訳はありませんでした。 1942年の最初の4か月間、大西洋を横断する護送船団のルートは非常に落ち着いていたため、船員はUボートへの恐怖を失い、夜にライトを表示することについてカジュアルになりました。 2月下旬に1隻の船団0N67が、Uボートの攻撃を受け、6隻の船を失いました。一方、沿岸海域では2か月足らずで62隻の魚雷が失われました。 3月、西経50度の西大西洋で74度が降下した。


コンテンツ

海の民の概念は、1855年にエマニュエル・デ・ルージェによって最初に説明され、その後ルーヴル美術館の学芸員として彼の作品で説明されました。 グリーン氏が最近出版したいくつかの象形文字のテキストに関する注記、[16]は、メディネトハブの第2パイロンで説明されたラムセス3世の戦いを説明し、ジョンビーズリーグリーンによる寺院の最近の写真に基づいています。 [17] [18] [19]DeRougéは、「征服された人々の紋章では、SherdenとTereshが peuples de la mer"、要塞化された東門のふもとに描かれた囚人への言及で。[8] 1867年に、deRougéは彼の 紀元前14世紀に地中海の人々がエジプトに向けた攻撃に関する論文の抜粋、主にラムセス2世とメルエンプタハの戦いに焦点を当て、象形文字の碑文に含まれる多くの地理的な名前の翻訳を提案しました。 [20] [21]デ・ルージェは後にコレージュ・ド・フランスでエジプト学の議長になり、ガストン・マスペロに引き継がれた。 MasperoはdeRougéの作品に基づいて構築され、公開されました 国家の闘争、[22]は、1895年から96年にかけて、より多くの人々を対象に海上移動の理論を詳細に説明しました[9]。 [23]

移住理論は、エドゥアルト・マイヤーなどの他の学者によって取り上げられ、エジプト学者や東洋学者の間で一般的に受け入れられた理論になりました。 [9]しかしながら、1990年代初頭以来、それは多くの学者によって疑問視されてきました。 [1] [2] [10] [11]

歴史的な物語は主に7つの古代エジプトの情報源に由来し[24]、これらの碑文では「海の」という呼称はこれらすべての人々に関連して表示されていませんが[1] [11]「海の民」という用語は一般的に現代の出版物では、次の9人をアルファベット順に参照するために使用されています。[25] [26]

アナトリア南部とシリア北部のパリスティン。 [41]

他の人からは身元不明のままであると考えられています。 [40]

海の民の概念が最初に記述されたメディネットハブの碑文は、依然として主要な情報源であり、「それらに関する事実上すべての重要な議論の基礎」です。 [56]

エジプトの記録からの3つの別々の物語は、合計6つの情報源で見つかった9人のうちの1人以上に言及しています。 9人のうちの1人以上に言及している7番目の最新の情報源は、物語ではなく、610のエンティティのリスト(オノマスティコン)です。 [24]これらの情報源は以下の表に要約されています。

日にち 物語 ソース 名前の付いた人々 海への接続
NS。紀元前1210年 ラムセス2世の物語 カデシュの碑文 Karkisha、Lukka、Sherden なし
NS。西暦前1200年 メルエンプタハの物語 グレートカルナック碑文 Eqwesh、Lukka、Shekelesh、Sherden、Teresh (海の国々の)Eqwesh、[33]おそらくSherdenとSheklesh [42]
アスリビスの石碑 Eqwesh、Shekelesh、Sherden、Teresh Eqwesh(海の国々の)[33] [42]
NS。紀元前1150年 ラムセス3世の物語 メディネットハブ Denyen、Peleset、Shekelesh、Sherden、Teresh、Tjekker、Weshesh デネン(彼らの島)、テレシュ(海の)、シェルデン(海の)[45]
パピルスハリスI Denyen、Peleset、Sherden、Tjekker、Weshesh デネン人(彼らの島)、ウェシェシュ(海の)[27]
修辞的な石碑 ペリシテ人、テレシテ人 なし
NS。西暦前1100年 リスト (物語なし) アメノペのオノマスティコン Denyen、Lukka、Peleset、Sherden、Tjekker なし

ラムセス2世の物語編集

海の民の可能な記録は、一般的に、または特に、過激派の第19王朝のファラオであるラムセス2世の2つのキャンペーンにまでさかのぼります。彼の治世の2年目のデルタ内またはその近くでの作戦と、ヒッタイト帝国および戦いでの同盟国との主要な対立この長寿のファラオの治世の年は正確には知られていないが、紀元前13世紀の前半のほぼすべてを構成していたに違いない[57]。

彼の2年目に、ナイルデルタへのシェルデンまたはシャーダナの攻撃は、海賊の何人かを捕らえたラメセスによって撃退され、敗北しました。イベントはタニスステレIIに記録されています。 [58]シェルデンの襲撃者の襲撃とその後の捕獲を記録した、タニスの石碑に関するラムセス2世の碑文は、彼らがエジプトの地中海沿岸にもたらした継続的な脅威について語っています。

誰も戦う方法を知らなかった手に負えないシェルデンは、海の真ん中から軍艦で大胆に航海し、誰も彼らに耐えることができませんでした。 [59]

シェルデンの囚人はその後、ラメセスによってヒッタイトのフロンティアでの奉仕のためにエジプト軍に編入され、カデシュの戦いにエジプトの兵士として関与した。これに関連して通常引用される別の石碑は「アスワン石碑」(アスワンには他の石碑がありました)であり、「グレートグリーン(地中海のエジプト名)」を含む多くの人々を打ち負かすための王の作戦に言及しています。 "。タニスとアスワンの石碑が同じ出来事を参照していると仮定するのはもっともらしく、その場合、それらはお互いを補強します。 [ 要出典 ]

カデシュの戦いは、ファラオの5年目のレバントでのヒッタイトと同盟国に対するキャンペーンの結果でした。エジプト帝国とヒッタイト帝国の差し迫った衝突が両方に明らかになり、彼らは両方ともカデシュの戦略的中点に対するキャンペーンを準備しました。翌年。ラメセスは彼のエジプト軍を分割し、それはその後ヒッタイト軍によって少しずつ待ち伏せされ、ほとんど敗北した。しかし、一部のエジプト軍はカデシュに到達し、最後のエジプト人の到着は、ファラオが脱出し、彼の軍隊が敗北して撤退し、カデシュをヒッタイトの手に委ねるのに十分な軍事的カバーを提供しました。 [60]

自宅で、ラメセスは彼の筆記者に公式の説明を作成させました。それは碑文によって広く出版されたので「会報」と呼ばれました。今日、アビドス、カルナック、ルクソール、アブシンベルの寺院で10部が生き残っており、レリーフには戦いが描かれています。戦いを描いた「ペンタウルの詩」も生き残った。 [61]

この詩は、以前に捕らえられたシェルデンがファラオのために働いていただけでなく、彼のために戦いの計画を策定していたことを示しています。つまり、エジプト軍を4つの列に分割することが彼らの考えでした。ヒッタイトとの協力や彼らの悪意の証拠はなく、ラメセスがそれを考慮した場合、彼はその考慮の記録を決して残しませんでした。 [ 要出典 ]

詩には、ヒッタイト人の同盟者としてカデシュに行った人々が記載されています。その中には、前述のエジプトの碑文で語られている海の民の一部や、後に紀元前12世紀の大移動に参加する人々の多くが含まれています(カデシュの戦いの付録Aを参照)。 [ 要出典 ]

メルエンプタハの物語編集

ファラオメルエンプタハの治世の主要な出来事(紀元前1213年から紀元前1203年)[62] 19王朝の第4王は、第5および第6の西部デルタのペリレでの「9つの弓」と呼ばれる連合との戦いでした。彼の治世の年。この南軍の非難は非常に深刻であったため、この地域は「牛の放牧として見捨てられ、祖先の時代から無駄にされていた」。 [63]

それらに対するファラオの行動は、3つの情報源で見つかった単一の物語で証明されています。戦いを説明する最も詳細な情報源はグレートカルナック碑文であり、同じ物語の2つの短いバージョンが「AthribisStele」と「CairoColumn」にあります。 [64]「カイロの柱」は、現在カイロ博物館にある花崗岩の柱の一部であり、1881年にマスペロによって最初に出版された2つの読みやすい文章で、最初は5年目の日付を確認し、2番目は次のように述べています。リビアの惨めな[チーフ]は、男性と女性であるシェケレシュ(S'-k-rw-s)-"に侵入しました。 [65] [66]「アスリビス石碑」は、アスリビスで発見され、両側に刻まれた花崗岩の石碑であり、カイロの柱のように、2年後の1883年にマスペロによって最初に出版された。[67]テベスのメルエンプタハ石碑勝利から生じた平和の統治について説明していますが、海の民への言及は含まれていません。 [68]

ナインボウズは、リビアの王の指導の下、ガザ、アシュケロン、イェノアム、そしてイスラエルの人々を巻き込んだカナンでのほぼ同時期の反乱の下で行動していました。正確にどの人々が一貫してナインボウにいたかは明らかではありませんが、戦いに存在したのはリビア人、いくつかの隣接するメシュウェシュ、そしておそらく翌年、ケタ(またはヒッタイト)を含む東地中海の人々を巻き込んだ別の反乱でした。またはシリア人、そして(イスラエルの石碑では)歴史上初めて、イスラエル人。それらに加えて、カルナックの碑文の最初の行には、西デルタまたはキュレネから船で到着したに違いない海の民[69]が含まれています。

[彼の威厳がリビアの土地で達成した勝利の始まり] -i、Ekwesh、Teresh、Lukka、Sherden、Shekelesh、すべての土地から来る北部人。

碑文の後半で、メルエンプタハは攻撃のニュースを受け取ります。

。第3シーズンは、次のように述べています。彼は彼の国の戦争の男。彼は彼の妻と彼の子供たち–キャンプのリーダーを連れてきました、そして彼はペリレの分野で西の境界に達しました。」

「彼の威厳はライオンのように彼らの報告に激怒した」と彼の法廷を集め、興奮したスピーチをした。後に、彼はプタハが彼に剣を手渡して、「あなた(それ)を取り、あなたから恐ろしい心を追放する」と言っているのを見たのを夢見ました。弓兵が出て行ったとき、碑文は「アメンは彼ら​​と一緒に盾としていた」と述べています。 6時間後、生き残った9つの弓は武器を捨て、荷物と扶養家族を捨て、一生懸命走りました。メルエンプタハは、侵略を打ち負かし、6,000人の兵士を殺し、9,000人の囚人を連れて行ったと述べています。数を確認するために、とりわけ、彼は割礼を受けていないすべての敵の死者のペニスと割礼を受けたすべての人の手を取りました。歴史は、エクウェッシュが割礼を受けたことを知っています。 [70]


何だって?!シャキーラが攻撃した…アシカに

プレスを止めろ!国際ヒップシェーカーシャキーラが襲われた!はい、友人、南アフリカのケープタウンへの旅行中の週末に、「小さくて謙虚な」おっぱいを持った女性は、凶悪なアシカによって、殴打され、歪曲され、暴行され、殴られ、傷つけられ、負傷しました!彼女のフェイスブックのページで、歌手は彼女がとどろくアシカに襲われた事件を説明し、彼女の兄弟は「文字通り私の命を救った」と言います。そして、上の写真で目を細めてみると、彼女がそれを証明するために彼女の手に小さなかみ傷を持っていることがわかります!

一口!?これは起こり得ない!最初のホイットニー、そして今これ–耐えられないほどです*!彼女の手に1つの小さなかみ傷ともう1つのteeeeeeeeenyweeeeeeeenyマークが付いているので、彼女はそれを再びどのように使用するのでしょうか!?彼女の体にこの傷があると、彼女の腰は今嘘をつき始めますか?彼女はいつでもどこでもカーミットのように聞こえることができますか?これは深刻です、皆さん!彼女のオオカミが両手を使わないのなら–私は生きたくありません。

私たちにとって幸運なことに、シャキーラは「特別レポート:アシカに襲われた」というタイトルの投稿で、非常に危険な口論とその後のFacebookページへの保存について説明しました(この本質的に非イベントについて彼女の投稿を呼び出さなかったのは良いことです過度に劇的な何か)。私は自分の個人的な解説を追加することにしました イタリック体で (私は空想だから)彼女のひどい試練の間中。彼女がそれをどのように説明したかは次のとおりです。

今日の午後、私はたまたまアシカとアザラシを見ました[本当の仕事を持っていない金持ちはとても楽しい時間を過ごすことができます]。可愛いと思ったので、他の観光客より少し近づこうと思いました。美しさのアイデアのように聞こえますが、これはうまくいくと思います]そして、幼児語をしている彼らをかわいがろうとして岩に降りました[赤ちゃん言葉?さて、あなたは噛まれるに値する]写真を撮りながら[人間は良い写真が大好きですが、すべての哺乳類が新しいFacebookの写真を望んでいるわけではありません]。突然、そのうちの1人が非常に速くそして勢いよく水から飛び出しました[彼女は彼女の無愛想な10代の娘またはアシカについて話しているのですか?]それは私から約1フィート離れて、私を目で見て、怒り狂って咆哮し、私を噛もうとした。私を含め、そこにいる全員が叫んだ。恐怖で麻痺して動けなくなったので、弟の「スーパートニー」が飛び越えて文字通り命を救う間、アイコンタクトを取り続けました。文字通り何を意味するのかを検討する時が来たのかもしれません]、獣から私を連れ去る["獣"? 「文字通りあなたの命を救った」?この状況を過度に劇的に表現していないのは良いことです]。身を守ろうとしている間、私たちは両方とも手と足を岩に引っかかれました。 [そして今、物語の最良の部分がやってくる…]何が起こったのかは、私がこれらの写真を撮っていたブラックベリーの光沢のある反射を、ある種の魚と混同したことだと思います[何!?これが、有名な人々が自然に入るのを許されるべきではない理由です。]。たぶん私が食べ物でそれをからかって、それからそれを取り除いていると思ったでしょう[アシカはからかうのが好きではありません、あなたは難しい方法を学びました]。わお!ガイドのアンドリューに、冒険旅行で野生動物を間近で見ることができないと不平を言っていたのは、たった30分前だったのはおかしいです[ああ兄弟、もう一度金持ちはsuuuuuuuuuch厳しい生活を送っています。絵のように美しいケープタウンをガイド付きツアーに参加できることは、ピットのように聞こえますが、絶対的なピットです]。まぁ、もう言えない!!今、私はいくつかのペンギンを見に行きます!彼らがもう少し友好的であることを願っています! [何も学ばなかった!?]

わお!シャキーラ、あなたはその悲惨な試練をかろうじて生き延びたようですね!あなたは死の目を見て、それを笑い、そして生きて物語を語りました–Facebookで。それは明らかにあなたの人にひどい犠牲を払ったにもかかわらず、私たちは皆あなたの潜在的な悲劇から賢明な教訓を学んだと思います:ケープタウンのガイド付きビーチツアーにいるとき-あなたのスマートフォンがあれば、疑いを持たない海の哺乳類を挑発することは大丈夫ですあなたの有名人のズボンで。


海で攻撃

1942年、ダウンズ一家は、父親のレイ・ダウンズが働いていたユナイテッド・フルーツ・カンパニーが所有する貨物船エレディアでコロンビアから戻ってきました。真珠湾攻撃や第二次世界大戦の始まりを取り巻くその他の出来事のために、家族は家に帰るのが賢明だと考えました。母親の伊那は、会社が提供した家が米国にあった家よりも素晴らしく、子供たちのレイ・ジュニアとルシールがエーデルワイス・プラスによって提供されたE ARCを利用していたため、少しがっかりしました。

1942年、ダウンズ一家は、父親のレイ・ダウンズが働いていたユナイテッド・フルーツ・カンパニーが所有する貨物船エレディアでコロンビアから戻ってきました。真珠湾攻撃や第二次世界大戦の始まりを取り巻くその他の出来事のために、家族は家に帰るのが賢明だと考えました。母親の伊那さんは、会社が提供してくれた家がアメリカにあった家よりも素晴らしく、子供たちのレイ・ジュニアとルシールが新しい環境で楽しんでいたので少しがっかりしました。船での移動は、主に果物を輸送していたコロンビアへの移動に使用したライナーとは異なりました。しかし、乗組員は素晴らしく、家族はそれを最大限に活用しました。近くでドイツのUボートが疑われたとき、家族はテキサス州コーパスクリスティで下船しようとしましたが、船を降りる前にニューオーリンズに行かなければならないと言われました。もちろん、船は攻撃され、家族は別れました。レイと彼の息子は一方向に進み、ルシールは別の方向に進み(幸運にも何人かの乗組員と一緒に)、イナは一人で、彼女の視力は水中の油によって損なわれました。彼らはほぼ丸一日水中で過ごしましたが、幸運にも全員が救助され、時間内に回復しました。

この本の最も興味深い点は、ドイツの視点からの攻撃もカバーし、ドイツの司令官とその動機について話し、戦争は不快であり、人々は生き残るために必要なことは何でもするということです!

これには、事件に関与したさまざまな人々の写真の選択がありました。私の生徒がこのような本(およびInto the Blizzardを含むTougiasによる他のノンフィクション物語)が好きな理由は、それらが良い物語だからです。私たちはダウンズの米国での生活がどのようなものかについて少し学び、したがって彼らの生存に既得権を持っています。水中の人々のそれぞれをフォローすることは、これにも即時性を与えます。これは、有益で魅力的であるため、トゥイーンが読むことを気にしない一種のノンフィクションです。 。もっと

1941年、ダウンズ家(レイの父、イナの母、ルシール(11歳)、サニー(8歳))は、レイがユナイテッドフルーツカンパニーで働いていた南米のコロンビアと中央アメリカのコスタリカで時間を過ごすことを望んでいました。彼らが米国に戻ったとき、彼らは家と新しい車を買うのに十分なお金を節約することができるでしょう。しかし、米国が戦争に突入した今、彼らはテキサスの自宅に戻る時が来たと判断し、1941年に祖父母と一緒に滞在していた長男テリー(14歳)、ダウンズ家-父レイ、母伊那、ルシール、11、およびサニー、8-レイがユナイテッドフルーツカンパニーで働いていたコロンビア、南アメリカ、中央アメリカのコスタリカで時間を過ごすことで、家と新しいものを購入するのに十分なお金を節約できることを望んでいました彼らが米国に戻ったときの車。しかし、米国が戦争に突入した今、彼らはテキサスの自宅と祖父母と一緒に滞在していた長男テリー(14歳)に戻る時が来たと判断しました。レイはまた、彼らが米国に戻ったときに海兵隊に加わることを望んでいました。
1942年5月12日、家族はコスタリカからSSエレディアに出航しました。これは豪華なライナーターナー貨物船です。ダウンズの両親は旅行についていくらか心配していました。ドイツの潜水艦は、大西洋と東海岸に沿ってアメリカの船を狩り、攻撃し、沈めていました。そして今、彼らはカリブ海とメキシコ湾にも侵入し始めました。

船には2丁の機関銃と海軍武装護衛隊が装備されており、ドイツの潜水艦を24時間監視していました。ソニーとルシールは船のすべてに興味があり、乗組員は喜んで彼らの質問に答えました。実際、乗船しているのは2人の子供だけだったので、船長と乗組員から特別な扱いを受けました。

その間、2隻のドイツ潜水艦がエレディアのような船を探して湾に侵入した。エレディアの旅行のほとんどは無事でしたが、家の近くで、海軍の警備員は彼らが水中で何かを見つけたと思い、船長はテキサス州コーパスクリスティの進路を変更して情報を得ることができるかどうかを確認することにしました。家に帰る準備ができているダウンズ一家は、自宅に近いコーパスクリスティで船から降りたいと思っていましたが、許可されていませんでした。彼らは翌日ニューオーリンズに到着する予定でした。

その夜、乗客が眠っている間に、エレディアは魚雷で打たれ、さらに打撃を受けました。ダウンズ一家は、2つの個室から一緒にそれを成し遂げることができましたが、レイ、イナ、サニーを湾に送り込んだデッキの水が殺到したことで隔てられました。

4人の家族全員が船外に送られて生き残った。やがて、ソニーは父親を見つけ、船長と別の乗客と一緒に、なんとか船のいかだの1つを水中に入れることができました。ルシールは船上で、船外に飛び出すように説得した乗組員の1人によって発見されました。彼らが水中にいて、他の乗組員と一緒になったら、彼はハッチカバーからいかだを作り、彼女がそれを持って沈没船から泳いでいる間、彼女が座ることができるようにしました。イナは、彼女の顔、目、そして彼女が着ていたコートを覆っている暖かいねばねばした油の滑らかな中に着陸しました。よく見えない伊那は、浮き輪に固執した。

家族は救助される前に24時間水中で過ごしました。その間、彼らは低体温症、脱水症、そしてサメが彼らの周りを泳いでいることに苦しんでいました。時間内に救助されることを望んで、水中で過ごした時間は、本の大部分を占めています。

攻撃された海は、それがフィクションではないので、勇気と回復力の説得力のある物語です。実際、私はそれを置くことができませんでした。 TougiasとO'Learyは、フィクションが省略している可能性のある詳細を含め、一種の客観的なジャーナリズムスタイルでイベントを提示します。文章のスタイルは、フィクションほど感情的ではありませんが、ますます説得力があります。 What is really interesting is the way Tougias told the story from the points of view of each family member individually, as well as the two German captains of the submarines patrolling the Gulf for ships to add to their records.

Tougias and O'Leary also continue the story with somewhat detailed information of the aftermath of the sinking of the Heredia and the impact it had on the lives of those they wrote about. To date, only Sonny is the only family member still living.

Back matter includes A Note from the Authors and an extensive Bibliography. Also included are photographs of the family, the German captains, the ship, and some crew.

Attacked at Sea should appeal to anyone interested in exciting true WWII stories.

This book is recommended for readers age 10+
This book was an EARC gratefully received from NetGalley
。もっと


True Rescue Series: Attacked at Sea: A True World War II Story of a Family's Fight for Survival (Hardcover)

On May 19, 1942, during WWII, a U-boat in the Gulf of Mexico stalked its prey fifty miles from New Orleans. The submarine set its sights on the freighter Heredia. Most onboard were merchant seamen, but there were also civilians, including the Downs family: Ray and Ina, and their two children. Fast asleep in their berths, the Downs family had no idea that two torpedoes were heading their way. When the ship exploded, chaos ensued and each family member had to find their own path to survival.

This inspiring historical narrative tells the story of the Downs family as they struggle against sharks, hypothermia, blinding oil, drowning, and dehydration in their effort to survive the aftermath of this deadly attack off the American coast.

Christy Ottaviano Books

ニューヨーク・タイムズ bestselling author Michael J. Tougias adapts his histories of real life stories for young readers in his True Rescue Series, capturing the heroism and humanity of people on life-saving missions during maritime disasters.

Illustrated Chapter Books for ages 6-9:
True Rescue: The Finest Hours
True Rescue: A Storm Too Soon

Young Readers Adaptations, for ages 9-14
The Finest Hours (Young Readers Edition)
A Storm Too Soon (Young Readers Edition)
Into the Blizzard (Young Readers Edition)
Attacked at Sea (Young Readers Edition)

• Author: Michael J Tougias,Alison O'Leary • ISBN:9781250128065 • Format:Hardcover • Publication Date:2020-10-27


La Ronde Attacked by Sea Monster Ednör

This week, Montreal theme park La Ronde announced the name and theme of their new (ish) roller coaster. The Six Flags affiliated park received a Vekoma SLC that was orignially Serial Thriller at Six Flags AstroWorld from 1999 until 2005. When AstroWorld closed, the coaster remained in storage at Great Escape for nearly 4 years.

Last winter the ride was shipped to La Ronde where it will get a new life as Ednör – L’Attaque. Ednor is a sea monster that has been spotted around the park that’s located on an island in a river in Montreal. Ednor has been built over the Lac des Dauphins, a pond inside the park.

Ednor will include some special effects and a pre-show experience. Here’s an excerpt from the press release that explains more:

Photo Credit - Pierre Cloutier

“EDNÖR – L’attaque” is the first ever totally themed rollercoaster and features a pre-ride show that willtake passengers on a tour of a simulated interpretation centre dedicated to the study of sea monsters, including the now-famous resident of Lac des Dauphins, EDNÖR.

In another first, La Ronde will take advantage of the sea monster’s presence in Lac des Dauphins to include its appearances as “special effects” as part of the ride. For example, during the ride, passengers will come very close to a powerful spurt of water from EDNÖR, a phenomenon previously described by the workmen involved in the March 30 incident. Press Release

Monstres de Mer!
I like that the park is really focusing on theming. Vekoma SLC’s are nothing revolutionary, but a fun theme and pre-show can add to the experience.The photo to the left captured the beast in action. It was released by La Ronde as proof of its existence. The pre-show includes references to other famous sea monsters around the World including Nessie and Champ. I’m from Virginia and I remember hearing of an alleged monster in the Chessapeake Bay called Chessie. Here in the Charlotte, North Carolina area there’s a large man-made lake north of the city called Lake Norman. It’s home to, you guessed it, Normie.

I’ve always wanted to make it up to Canada for Canada’s Wonderland and La Ronde. La Ronde has ten roller coasters with the addition of Ednor. Most notable is Goliath a 2006 B&M out and back hyper coaster that’s nothing but airtime hills.

Read the press release here.
Visit La Ronde’s website: English |フランス語

What’s Your Take?
What do you think of Ednor? Leave a comment below.


Iran Releases Drone Footage of Israeli Vessel That Was Recently Attacked in Sea of Oman

An undated picture of an Iranian Revolutionary Guard Corps Navy patrol craft. PHOTO: via South Front

SOUTH FRONT —On March 7, the al-Mayadeen TV broadcasted exclusive aerial footage of the Israeli-owned vessel that was recently attacked in the Sea of Omar.

The vehicle-carrier ship MV HELIOS RAY suffered an explosion while she was sealing in the Sea of Oman on February 26. The attack did not disable the ship or injure its crew, but forced it ashore for repairs.

Senior Israeli officials, including Prime Minister Benjamin Netanyahu, blamed Iran for the attack on the vessel, without providing any real evidence.

The footage shared by the al-Mayadeen TV were taken by an Iranian drone. The Iranian source who provided the Beirut-based news channel with the footage denied that Tehran was behind the attack on MV HELIOS RAY. [&#8230]


The Monty Myth?

I would generally support the US, but I disagree: an American soldier shooting Bernard Law Montgomery would have been extremely perilous for Anglo-American relations. Probably not enough to make the Allies fall apart, but cause a lot of problems and even groups of british and American soldiers trying to get revenge. When British soldiers "accidentally" shoot Patton in response, Ike has a big problem on his hands.

But for the private manning a checkpoint, already on edge and probably sleep deprived (and maybe a little tired of British snootyness). well, thankfully they just shot the car.

What is your evidence that the war in Vietnam was mostly a counter-insurgency campaign ?
Have you never heard of the NVA ?

Soviet combat operations in Afghanistan were against irregular forces, rather than counter-insurgency

Perhaps you misunderstand the meaning/usage of the word "invariably" ?
If a defensive posture always invites defeat, what was the purpose of NATO ?

In your view, have invasions always proved successful ?

Napoleon's retreat from Moscow in 1812 was a lot worse because the Russian Army was nipping at his heals the whole way. The Russians weren't always on defense that year.
Wellington stood on defense at Waterloo most of the day, but at the end he attacked the French position. The Prussians were on offense most of the day.

It's a lot easier to control events if you're on offense. The purpose of defense is to create an opportunity so that you can subsequently go on offense.

Attacking an invading force is "offensive" action ?
So in that case, had Germany executed operation Sea Lion, and had the British attacked any beachheads, this would have been an offensive campaign ?

The purpose of defense is not necessarily to provide an opportunity for offensive action. It's purpose can simply be to stop the offensive side from attacking or simply to defeat them by defense alone:

The English/British won a great many battles through defensive actions:

eg: Omdurman, Crecy, Agincourt, Waterloo, Minden, Imphal, Ulundi, Culloden, Flodden.

Leftyhunter

What is your evidence that the war in Vietnam was mostly a counter-insurgency campaign ?
Have you never heard of the NVA ?

Soviet combat operations in Afghanistan were against irregular forces, rather than counter-insurgency

Perhaps you misunderstand the meaning/usage of the word "invariably" ?
If a defensive posture always invites defeat, what was the purpose of NATO ?

In your view, have invasions always proved successful ?

クロディオ

Attacking an invading force is "offensive" action ?
So in that case, had Germany executed operation Sea Lion, and had the British attacked any beachheads, this would have been an offensive campaign ?

The purpose of defense is not necessarily to provide an opportunity for offensive action. It's purpose can simply be to stop the offensive side from attacking or simply to defeat them by defense alone:

The English/British won a great many battles through defensive actions:

eg: Omdurman, Crecy, Agincourt, Waterloo, Minden, Imphal, Ulundi, Culloden, Flodden.

Yes, if someone is attacking that is by definition offensive action. The thread started down this rabbit hole comparing offensive wars to defensive wars. You have now listed several battles that were won by the defender. Battles are not wars. Similarly, you can't mix and match campaigns and battles. If the British counter-attacked Sea Lion I would say the Germans conducted an offensive campaign but fought a defensive battle. Even if the British had defeated Sea Lion, that was only one battle or campaign. It would not likely have ended the war.

Most of these battles were not decisive in and of themselves. They were decisive because of what they allowed the victorious defending army to do afterwards. Wellington and Blucher forced Napoleon to abdicate by threatening to overrun France. Omdurman and Ulindi allowed those British armies to capture the enemy capital and overrun the entire country. Imphal allowed Slim to invade Burma. Minden and Agincourt yielded little in the short term. Their importance increased in the long term, in part by allowing future offensive operations. Culloden allowed the British Army to overrun Scotland and effectively run Prince Charles Stuart out of the country. These are all examples of defensive battles being followed up by offensive action, or the threat of offensive action. Flodden is the one battle on your list where I see little offensive action afterwards.

OK, the Vietnam War saw some insurgency warfare in the South, but you said:

What is your evidence that that "most" of the Vietnam war was guerrilla warfare ?
Do you have any figures or are you just making it up ?
Are you saying that there were few casualties caused by the NVA until 1973 ?

The USA was the invading/occupation force, so yes, to the Vietnamese is was a defensive war

(you can fight a defensive war with offensive tactics Btw, just as you can fight an offensive war with defensive tactics)

NATO did NOT expect to go on the offensive against the Warsaw Pact - ever.


Why do you think the Finns fought the Winter War of 1939-40 if defensive wars are doomed to failure ?

Leftyhunter

OK, the Vietnam War saw some insurgency warfare in the South, but you said:

What is your evidence that that "most" of the Vietnam war was guerrilla warfare ?
Do you have any figures or are you just making it up ?
Are you saying that there were few casualties caused by the NVA until 1973 ?

The USA was the invading/occupation force, so yes, to the Vietnamese is was a defensive war

(you can fight a defensive war with offensive tactics Btw, just as you can fight an offensive war with defensive tactics)

NATO did NOT expect to go on the offensive against the Warsaw Pact - ever.
In a conventional war both sides have a secure rear and one side is pushing forward or both sides are pushing forward and the idea is to size and hold territory of the other side.
The Communists in Vietnam for the most part didn't fight a conventional war they would sometime seize territory such has the off and on again battles at Hamburger Hill but they would not keep Hamburger Hill .
The North Vietnamese did seize South Vietnam in a conventional offensive supported by air and armor during the 1975 offensive but only after the US and it's allies withdrew from South Vietnam and as stated the US Congress shut off funding for South Vietnam. The Communist did not seize South Vietnam by fighting on the defensive.
The Gonna didn't defeat the Soviets they list territory and when the Nazis attacked the Soviet Union they joined the Nazis has a Co-Belligerant to size list territory but that turned into a debacle and little Finland ended up loosing more Territory. So defensive warfare is doesn't work out.
Leftyhunter


Why do you think the Finns fought the Winter War of 1939-40 if defensive wars are doomed to failure ?


Laocoön and his sons, one of the most famous statues from antiquity. It shows the Trojan priest Laocoön and his sons Antiphantes and Thymbraeus being attacked by sea serpents. Roman copy after a Greek original, nearly 2 metres high, c.1st century AD. [1080x1125]

Not just any nudity, but the peak performance physique. Quite difference.

I think Greek artists/life were obsessed with the perfection of nature overall. More specifically, how an imperfection can make a work organically perfect. There seems to be something natural about statues in the nude, in my opinion, that’s speaks to this idea of the beauty and intensity of nature. Additionally, this is a very dramatic sculpture that conveys a raw type of emotion. The nudity, in my opinion, emphasizes this human vulnerability.

It’s interesting how this is an aspect of their culture that has been abandoned by the Western world they helped define. The US for example is extremely repressed about nudity and sexuality, and the Greco-Roman world on the other hand appears to have embraced it.

It is a sign if status. Heros, gods and demi gods dont need clothes like us mortals.

I mean if I was as ripped as that.

Art can never exist without

Naked Beauty displayed

*no matter the circumcisions

Currently at the Vatican museum. A replica is in Florence.

Yeah I saw this at the Vatican last year.綺麗な。

I found a love for these sculptures while I was out there.

Came to say this. Saw the replica first, then the original. Had just finished translating the Aeneid at the time. Love this sculpture.

Does the Vatican one have the gold leaves added to the naughty bits?

There's also a replica at The National Trust at Stowe

There's also (iirc) a bronze copy at the Rijksmuseum in Amsterdam!

The whole piece is wonderful, but it's the figure on the right that really makes it come alive. The way he's lifting his foot, and trying to push the snake off. Genius.

Virgil describes and Dryden translates the incident memorably.

Laocoon, Neptune’s priest by lot that year,

With solemn pomp then sacrific’d a steer

When, dreadful to behold, from sea we spied

Two serpents, rank’d abreast, the seas divide,

And smoothly sweep along the swelling tide.

Their flaming crests above the waves they show

Their bellies seem to burn the seas below

Their speckled tails advance to steer their course,

And on the sounding shore the flying billows force.

And now the strand, and now the plain they held

Their ardent eyes with bloody streaks were fill’d

Their nimble tongues they brandish’d as they came,

And lick’d their hissing jaws, that sputter’d flame.

We fled amaz’d their destin’d way they take,

And to Laocoon and his children make

And first around the tender boys they wind,

Then with their sharpen’d fangs their limbs and bodies grind.

The wretched father, running to their aid

With pious haste, but vain, they next invade

Twice round his waist their winding volumes roll’d

And twice about his gasping throat they fold.

The priest thus doubly chok’d, their crests divide,

And tow’ring o’er his head in triumph ride.

With both his hands he labours at the knots

His holy fillets the blue venom blots

His roaring fills the flitting air around.

Thus, when an ox receives a glancing wound,

He breaks his bands, the fatal altar flies,

And with loud bellowings breaks the yielding skies.



コメント:

  1. Collyn

    あなたにとって興味のあるトピックに関する膨大な数の記事を含むウェブサイトにアクセスすることをお勧めします。

  2. Lancdon

    珍しい推測

  3. Mayhew

    それだけの価値はありません。

  4. Curtice

    あなたはマークを打った。素晴らしいと思った、私はサポートしています。

  5. Kajilkis

    このサイトはすごいです、私は知っているすべての人にそれをお勧めします!

  6. Brakazahn

    あなたのメッセージ、ただの恵み

  7. Vudojar

    私はあなたが間違っていたと信じています。議論する必要があります。 PMで私に書いてください。



メッセージを書く