グレートジンバブエの神秘的な石の王国

グレートジンバブエの神秘的な石の王国

ジンバブエには、アフリカで最も素晴らしい歴史的建造物の1つ、グレートジンバブエの記念碑があります。 900年前に建てられたグレートジンバブエの巨大な石造りの建造物は、息を呑むような景色を作り出し、訪問者は何世紀も前に起こった歴史的な出来事について不思議に思うようになります。これらの巨大な石造りの建造物はどのように建てられましたか?ここにはどんな社会が住んでいたのでしょうか?なぜそのような印象的で耐久性のある構造が最終的に放棄されたのですか?

「ジンバブエ」という名前は、「石造りの家」を意味するアフリカの言葉の角張った形です。グレートジンバブエの遺跡は、花崗岩を中心に建てられたいくつかの石の壁、記念碑、建物で構成されているためです。構造は、乾式石垣と呼ばれる方法を使用して作成されました。これには、高度な石積みの専門知識が必要です。内部構造には多くの通路と囲いが含まれています。それはジンバブエの国の南東部のほぼ1800エーカーに及びます。構造は国にちなんで名付けられたように見えるかもしれませんが、実際にはその逆です。

グレートジンバブエの円錐形の塔。画像ソース: ウィキペディア

建設は300年以上に及び、複合施設には最大18,000人の文明が住んでいたと推定されています。グレートジンバブエは、ジンバブエの君主の宮殿として機能し、権力の政治的座として使用されていたでしょう。グレートジンバブエを誰が建設したかは不明ですが、ゴコメレのバントゥー族、レンバやヴェンダとして知られる南アフリカの民族グループの祖先、またはショナ語の支部など、関与した可能性のあるグループがいくつかあります。カランガとして知られている人々を話します。

グレートジンバブエ遺跡の保存された壁。画像ソース: ウィキペディア

グレートジンバブエは最終的に放棄され、その一部が廃墟になりました。しかし、現在でも多くの建造物が残っており、ユネスコの世界遺産に登録されています。ある人によると、グレートジンバブエの最も印象的な遺跡は巨大な石の壁です。壁は花崗岩でできていました。周囲の丘の露出した岩から集められた地元の天然資源。大きなスラブは、取り外し、輸送、構築が簡単で、複合施設の周りに広大な壁のセットを作成しました。

グレートジンバブエ、木製のまぐさの石の模倣。画像ソース: ウィキメディア

グレートジンバブエの遺跡は、ヒルコンプレックス、バレーコンプレックス、グレートエンクロージャーと呼ばれる3つの特徴的な建築グループを形成しています。 3つのグループの意味または目的に関していくつかの意見の相違があります。各グループは異なる王を代表し、新しい支配者が権力を握ると新しい住居を作ると言う人もいます。これは、権力の焦点が何世紀にもわたってグレートジンバブエ全体にシフトしたことを示唆しています。他の人々は、グループ化はグレートジンバブエの生涯を通じて一貫して使用され、各複合施設は社会の中で特定の目的を果たしていると示唆しています。ヒルコンプレックスはおそらく寺院として機能し、バレーコンプレックスは市民が住んでいた場所であり、グレートエンクロージャーは王を収容していました。

グレートジンバブエのヒルコンプレックス。画像ソース: ウィキペディア

グレートジンバブエに住んでいた人々のいくつかの証拠は、石鹸石の置物、陶器、鉄のゴング、精巧に作られた象牙、鉄と銅のワイヤー、鉄のくわ、青銅の槍の頭、銅のインゴットとるつぼなど、この地域で発見されたアーティファクトから来ています、および金のビーズ、ブレスレット、ペンダント、シース。これまでに発見された最も注目すべきアーティファクトの1つは、8つのジンバブエ鳥として知られています。鳥は高さ16インチで、石鹸石から彫られ、高さ約1ヤードの巨大な石のモノリスの上に置かれていました。残念ながら、鳥はその場で発見されなかったため、建設時にどこに配置されたかは不明です。ジンバブエの鳥がヒルコンプレックスの東部の囲いに置かれたといういくつかの物理的な兆候があります。鳥には、くちばし用の唇や爪用の5本指の足など、人間と鳥の両方の特徴が含まれています。それらは王室の存在の象徴だったのかもしれません。鳥がどこにいるのかを正確に特定することで、王または指導者がグレートジンバブエのどこに住んでいたかについての洞察を得ることができます。

グレートジンバブエで見つかったソープストーンの鳥の1つのコピー。画像ソース: ウィキペディア

グレートジンバブエの住民の衰退につながった理由については多くの憶測があり、主に利用可能な資源の減少を引き起こしました。北からの貿易の減少、または近くの金鉱の資源の枯渇が原因である可能性があると言う人もいます。他の人々は、気候変動によって引き起こされた政情不安、飢饉、水不足を挙げています。これは、市民がより豊富な資源のある地域に移動することを余儀なくされたでしょう。

グレートジンバブエは、訪問者に過去の人類の文明の風景を垣間見ることができますが、それは大きな謎のままです。古代遺跡については、どのようにして作られたのか、なぜ建てられたのか、どのように使用されたのか、なぜ放棄されたのかなど、まだ多くのことがわかっていません。これらの質問に対する答えがわからないかもしれませんが、ジンバブエの国にその名前を付けた息を呑むような遺跡には驚かされます。

注目の画像:グレートジンバブエの城塞のスカイビュー。画像ソース: 生命の探求

出典:

グレートジンバブエ–メトロポリタン美術館。 http://www.metmuseum.org/toah/hd/zimb/hd_zimb.htmから入手できます。

900年の歴史を持つ石の王国:グレートジンバブエの息を呑むような遺跡–CNN。利用可能な場所:http://www.cnn.com/2014/01/29/travel/900-year-stone-great-zimbabwe/

グレートジンバブエ–アフリカの物語(BBC)。利用可能な場所:http://www.bbc.co.uk/worldservice/africa/features/storyofafrica/10chapter1.shtml

ジンバブエの鳥–ウィキペディア。利用可能な場所:http://en.wikipedia.org/wiki/Zimbabwe_Bird

グレートジンバブエ–ウィキペディア。利用可能な場所:http://en.wikipedia.org/wiki/Great_Zimbabwe

MRリース


グレートジンバブエの神秘的な石の王国-歴史

アメリカ考古学協会の出版物

14世紀初頭のいつか、グレートジンバブエの人々はグレートエンクロージャーの建設を開始し、1世紀の間に構造を完成させました。グレートエンクロージャーのすぐ北にあるバレーコンプレックスの散在する遺跡が手前に見えます。 (David Coulson)[大きな画像]

ポルトガルの商人が16世紀に最初にグレートジンバブエの広大な石の遺跡に遭遇したとき、彼らはシバの女王の伝説的な首都を見つけたと信じていました。その後の旅行者は、この場所の印象的な石造りの建造物は、エジプト人、フェニキア人、さらにはイスラム教の領域を超えた伝説的なキリスト教の全土の王であるプレスタージョンの作品であると推測しました。このような見当違いでロマンチックな憶測は、今世紀初頭に英国の考古学者デビッド・ランドール・マックアイバーとガートルード・カトン・トンプソンが発掘され、遺跡がアフリカ起源であることを確認するまで、400年近く続いた。

サハラ南部で最大の古代石造りの建造物であるグレートジンバブエは、12世紀から15世紀にかけて、ジンバブエの多くのバントゥー語を話すグループの1つであるショナ語の祖先によって建てられました。遺跡は約1,800エーカーをカバーし、ヒルコンプレックス、バレーコンプレックス、グレートエンクロージャーとして知られる3つの異なる建築グループに分けることができます。 14世紀後半の遠地点では、グレートジンバブエには18,000人もの住民がいた可能性があります。ジンバブエ高原にある約300の既知の石造りの囲い地の1つでした。バントゥー語では、ジンバブエは「聖なる家」または「王の儀式の席」を意味します。中世のジンバブエ州の重要な貿易の中心地であり首都であるこの都市は、2世紀近くの間、アフリカ南東部の内陸部の大部分を支配していました。

グレートジンバブエの規模がその前身と比較して非常に大きいことを考えると、考古学者はアフリカ南部の風景に突然出現したことを説明するのに途方に暮れています。この場所の解釈は、19世紀に宝探し者や、この場所が外国の建造物であると信じていた人々によって、その場の文化資料のほぼすべてが剥奪されたため、特に問題があります。世紀の掘削機キースM.ホール、「カフィール[南アフリカ]占領の汚物と退廃からそれを解放するために」。

一連の住宅および儀式用の囲い地であるヒルコンプレックスは、西暦1250年、サイトの他の部分を見下ろす花崗岩のドームの上にあります。グレートエンクロージャーの内部の建設は14世紀初頭に始まり、その外壁はほぼ100年後に建設されました。 15世紀初頭に建てられた小さなバレーコンプレックスは、最後の建築事業でした。 (リンダ・ダミコ)[大きな画像]

グレートジンバブエが考古学の最新の専門分野の1つである認知考古学の証明の場として機能するようになったのはまさにこの理由によるものです。これは、古代の人間の心に浸透して、過去の文化の宗教、イデオロギー、政治に関する情報を収集する科学です。 。学者たちが主張するこれらの力は、散在する狩猟採集民から、政治的レトリックとイデオロギーが拡大の手段として機能する組織化された州まで、文化を前進させるものです。信念体系の明確な証拠が考古資料に表示されることはめったにないため、特にグレートジンバブエなどの非識字社会を扱う場合は、建築、宇宙利用、およびサイトと周囲の風景との関係。

高原の頂上にある豊富な草地は牛の放牧に理想的でしたが、貧しい土壌はグレートジンバブエの急成長する人口を維持するのに必要な規模の農業を支えていなかったでしょう。さらに、都市の最初の繁栄がしばしば起因していた高原の豊富な金鉱床は、おそらく設立から1世紀後まで利用されなかったことがわかりました。そのとき提起される質問は「なぜここにあるのか」です。そのような影響力のある力は、大規模な人間の居住にあまり適していない地域でどのように発展することができますか?牛の富と貿易だけでグレートジンバブエの住民に優れた生活様式を与えることができたのでしょうか、それとも隣人に対して競争力を与え、建設に必要な人材を活用できるようにする政治的または宗教的イデオロギーが他にあったのでしょうか。サイトの?

これらの質問は、南アフリカのウィットウォーターズランド大学の考古学者トーマスN.ハフマン、政治史家であり、ショナの口頭伝統の学生であるジンバブエ大学のデビッドN.ビーチと、マウントの歴史家ユージーニアハーバートの間の三者間の議論の中心にあります。マサチューセッツ州のホルヨーク大学。それぞれが石造りの風景を調べ、アフリカ南部で最大の植民地時代以前の都市の優勢を説明するために異なるシナリオを提示しました。

ロデリック・J・マッキントッシュ ライス大学で考古学を教えており、ARCHAEOLOGYの編集諮問委員会に所属しています。


TED-Ed Animationsは、プロのアニメーターによって実現された教育者の言葉やアイデアを特徴としています。あなたはTED-Edアニメーションの作成に興味のある教育者またはアニメーターですか?ここで自分を推薦してください»

  • 教育者ブリーアナエリオット
  • ジョディ・ガニ・ノードビー監督
  • スクリプトエディターEleanorNelsen
  • プロデューサーJodyGhani Nordby
  • シニアアニメーターJodyGhani Nordby

グレートジンバブエに関する書面による記録は限られていますが、その長く永続的な歴史は地域的に知られており、その歴史的および文化的価値に対する世界的な評価が高まっています。その独特の印象的な建築—その拡張不可能な石の壁は手作業でモルタルなしで構築されました—は確かに芸術作品であり、石鹸石で彫られた鳥など、英国植民地が後援したいくつかの略奪された考古学的発掘の後もまだ現場に残っているいくつかの遺物も同様です19世紀の政府。彼の本の中で グレートジンバブエ(考古学の新しい側面)、ピーター・ガーラックは、これらの植民地時代の過ちと、グレートジンバブエがその起源でアフリカ人として認識されるのを妨げた根深い人種差別について論じています。ガーレイクの出版以来、他の多くの学者は、グレートジンバブエの地域的注目度の上昇とその衰退をより完全に理解しようと努めており、グレートジンバブエでの生活のまだ未知の側面について論争と議論を引き起こしています。大英博物館は、サイト上の独自のリソースガイドで、これらのさまざまな視点のいくつかを詳しく説明しています。

グレートジンバブエに多くの焦点が当てられていますが、それは真空状態では存在せず、大陸全体およびインド洋全体の相互接続された貿易ネットワークの一部でした。注目すべき関係の1つは、沿岸の都市国家であるキルワキシワニ(現在のタンザニア)との関係です。これは、ジンバブエの広範囲にわたる影響力の一例にすぎません。

1986年、グレートジンバブエはユネスコの世界遺産に指定され、それ以来、多くの組織によってデジタルで文書化されています。オンライン教育機関のカーンアカデミーのビデオで紹介されたPBSは、このサイトも紹介し、NOVAプログラムでの論争の歴史を語っています。南アフリカのケープタウン大学が主催するザマニプロジェクトは、大陸各地の遺産を記録しています。セルフガイドのパノラマツアーに参加したり、さまざまな場所の詳細な計画を見たりするなど、グレートジンバブエの遺跡を自分で探索することができます。


グレートジンバブエの石の王国

遺跡は、ヒルコンプレックス、バレーコンプレックス、グレートエンクロージャーの3つの特徴的な建築グループを形成しています。ヒルコンプレックスは最も古く、9世紀から13世紀にかけて占領されました。グレートエンクロージャーは13世紀から15世紀に占領され、バレーコンプレックスは14世紀から16世紀に占領されました。

これが構造の注目すべき点です。それらは乾式石垣と呼ばれる方法を使用して構築されました。これには、高度な石積みの専門知識が必要です。地元の豊富な天然資源である花崗岩は、周囲の丘の露出した岩から集められました。大きなスラブは、取り外し、輸送、構築が簡単で、複合施設の周りに広大な壁のセットを作成しました。

全体として、これらの建造物は、南アフリカで最も古くから知られているモニュメントの1つであり、南アフリカの近くのマプングブエに次ぐ2番目に古いモニュメントです。そして、記念碑は国の重要性が非常に高いですが、その多くは発掘されていないままになっています。 &#8220好古家が掘った地域と専門の考古学者が掘った地域を組み合わせると、グレートジンバブエの発掘地域は2%未満であることが明らかになります。&#8221考古学者はLiveScienceに語っています。

国は1980年にジンバブエという名前を採用しました。そのとき、ブラックナショナリスト軍との15年間の戦争の後、これは和平合意と主権の宣言で最高潮に達しました。ロバート・ムガベは当時首相に就任し、1987年に国の大統領に選出されました。ジンバブエの国旗と紋章は、グレートジンバブエで見つかった遺物に似た台座の上に鳥が描かれています。

グレートジンバブエの初期の定住と建設

石垣の建設は10世紀に始まり、300年近く続いた後、突然終わりました。石の街は720ヘクタール(1,779エーカー)をカバーし、最大18,000人がそこに住んでいた可能性があると示唆されています。

しかし、ここに興味深い情報があります&#8211一度にすべての都市に人が住んでいたわけではありません。 2016年にJournalof Archaeological Method and Theoryに掲載された論文で、考古学者は、「都市のさまざまな部分にさまざまな時期に居住し、居住の最も早い証拠は西暦900年頃にさかのぼる」と書いています。

ヒルコンプレックスで見つかった最も注目すべき遺物の1つは、ジンバブエの鳥です。鳥は、イースタンエンクロージャーと呼ばれる地層と鳥に似た形の巨大な岩を見下ろす高いバルコニーエンクロージャーの台座に座っていました。谷の遺跡は、上部と下部の谷の複合体で構成されています。 2つのエリアは、異なる期間に居住の兆候を示しています。

市内で最大かつ最も手ごわい建造物はグレートエンクロージャーです。壁は11メートル(36フィート)上昇し、約250メートル(820フィート)伸びており、サハラ砂漠の南にある最大の古代建造物となっています。

アーティファクトが発見された場所に基づいて、さまざまな複合体の説明があるかもしれないことが示唆されています。ある理論によれば、ヒルコンプレックスは宗教的な目的で使用されていました。これは鳥が見つかった場所だからです。谷の複合体は庶民が住んでいた地域であり、大囲いは君主の領域でした。

しかし、この仮定は、異なるサイトでの占領期間の違いを考慮に入れていないため、それはまだ解決されていない1つの質問です。アーティファクトには、ソープストーンの置物、陶器、鉄のゴング、精巧に加工された象牙、鉄のくわ、ブロンズの槍の頭、銅のインゴット、金のビーズ、ブレスレットが含まれますが、すべてのアーティファクトが同じ世紀のものであるとは限りません。

なぜ街は放棄されたのですか?

多くの文明の研究と同様に、グレートジンバブエの物語にはまだ多くのギャップがあります。調査されたサイトのほんのわずかな割合で、都市が放棄されることにつながった原因の完全な歴史はまだ不明です。侵略軍に圧倒されたのではないか、あるいは貿易に使われる地元の資源が減少したのではないかとの憶測が飛び交っている。


グレートジンバブエ

グレートジンバブエは、大きな円形の壁と塔で知られる中世のアフリカの都市でした。それは、西暦11世紀から15世紀にかけて、東アフリカの海岸の大部分を支配していた裕福なアフリカの貿易帝国の一部でした。

地理学、人文地理学、社会学、古代文明、世界史

グレートジンバブエの素晴らしいエンクロージャー

グレートジンバブエは、アフリカ南東部の中世都市の石造りの遺跡の名前です。これは、Great Enclosure(ここに表示)を含む3つの部分で構成されています。それは王室の住居または象徴的な穀物貯蔵施設であったと考えられています。

クリストファー・スコットによる写真

グレートジンバブエは、現代のジンバブエのマスヴィンゴに近い古代都市の石造りの遺跡の名前です。人々は西暦1100年頃からグレートジンバブエに住んでいましたが、15世紀にそれを放棄しました。この都市は、ショナ語(バントゥー)の貿易帝国であったジンバブエ王国の首都でした。ジンバブエとは、ショナ語で「ldquostonehouses」を意味します。

グレートジンバブエは、大規模で裕福なグローバル貿易ネットワークの一部でした。考古学者は、中国とペルシャからの陶器と、そこの遺跡でアラブの硬貨を発見しました。ジンバブエ帝国のエリートは、東アフリカ沿岸の上下の貿易を支配していました。しかし、ショナ人が他の場所に移住したため、この都市は15世紀までにほとんど放棄されました。放棄の正確な理由は不明ですが、リソースの枯渇と人口過多が要因であった可能性があります。

グレートジンバブエの遺跡はいくつかのセクションで構成されています。最初のセクションは、サイトの最も急な丘の上にある一連の構造的な遺跡であるヒルコンプレックスです。これは一般的にサイトの宗教的中心であったと考えられています。ヒルコンプレックスはグレートジンバブエで最も古い部分であり、西暦900年頃に建設の兆候が見られます。

2番目のセクションの遺跡であるグレートエンクロージャーは、おそらく最もエキサイティングです。グレートエンクロージャーは、14世紀にさかのぼるヒルコンプレックスの下の壁に囲まれた円形のエリアです。壁の高さは場所によっては9.7メートル(32フィート)を超え、エンクロージャーの円周は250メートル(820フィート)です。壁はモルタルなしで建てられ、慎重に形作られた岩に頼って壁の形を独自に保持しました。エンクロージャーの内側には、外壁と同じ曲線をたどる2番目の壁のセットがあり、高さ10メートル(33フィート)の石の塔で終わります。この囲いの機能は不明ですが、考古学者は、それが王室の住居または象徴的な穀物貯蔵施設であった可能性があると示唆しています。これは、古代のサハラ以南のアフリカからの最大の既存の建造物の1つです。

3番目のセクションは谷の遺跡です。谷の遺跡は、主に泥レンガで作られたかなりの数の家で構成されています(ダガ) グレートエンクロージャーの近く。家の分布と数は、グレートジンバブエが10,000〜20,000人の大規模な人口を誇っていたことを示唆しています。

考古学の研究により、遺跡でいくつかの石鹸石の鳥の彫刻が発掘されました。これらの鳥は宗教的な役割を果たしたと考えられており、台座に飾られていた可能性があります。これらの鳥は現代のジンバブエの旗に登場し、ジンバブエの国家のシンボルです。

グレートジンバブエの遺跡は、1986年に国連教育科学文化機関(UNESCO)の世界遺産に指定されました。この遺跡の発掘調査は限られています。残念ながら、ヨーロッパの訪問者の手によって、20世紀に重大な略奪と破壊が発生しました。彼らは皆、グレートジンバブエの遺跡を探索して略奪することに満足していましたが、人種差別主義の中で、ヨーロッパの入植者たちは、この都市は洗練されすぎてアフリカ人が建てることができず、代わりにフェニキア人や他の非アフリカ人が建てたと考えました。 。しかし、これらの植民地時代の略奪者による被害にもかかわらず、今日、グレートジンバブエの遺産は、アフリカでこの種の最大かつ最も文化的に重要な遺跡の1つとして生き続けています。

グレートジンバブエは、アフリカ南東部の中世都市の石造りの遺跡の名前です。これは、Great Enclosure(ここに表示)を含む3つの部分で構成されています。それは王室の住居または象徴的な穀物貯蔵施設であったと考えられています。


ジンバブエの古代史の白塗り

ロンドン—このエピソードでは、強力な人々が歴史を歪曲して自分たちの目的を果たすことができる場合があることを時宜を得て思い出させます。何十年もの間、神話は、ブラワヨの東280kmにあるマスヴィンゴ近くの巨大な古代都市構造であるグレートジンバブエの周りに広まりました。白塗りは、BBCワールドサービスのレベッカケスビーによるこの素晴らしいレポートで明らかにされています。 &#8211アレックホッグ

これが合理的な視点です。私はアレックホッグです。このエピソードでは、ジンバブエの古代史の白塗り。 1970年代初頭、私が12歳のとき、イギリス人移民の父は南アフリカ人と結婚しました。彼の統合の一部は、彼女の兄弟を訪問することでした。その兄弟の1人は、最近独立したローデシアの一部であるビクトリア砦と呼ばれていました。初めてテレビを見て、そこで人々がプジョーを運転した方法に驚嘆することを超えて、彼らの信頼性のために。私が最も覚えているのは、白人が「ジンバブエ遺跡」と呼んだ場所への訪問でした。そのシンボルである強力なジンバブエの鳥は、深く永続的な印象を与えました。レプリカは、ここロンドンにある私のオフィスのマントルピースを支配しています。これは、私の心を永遠に所有する大陸を永続的に思い出させるものです。

不思議なことに出発した古代文明によってジンバブエの印象的な建造物がいかに素晴らしいものであったかを説明した、新しく造られた叔父のことを覚えています。それは当時の宣伝に合った話でしたが、絶対に、そして完全に間違っていました。 BBCワールドサービスのレベッカケスビーによるこの素晴らしいポッドキャストでそれを発見します。このプログラムは、私のお気に入りのサブスクリプションの1つであるBBCの優れたWitnessPodcastの一部です。

こんにちは。BBCワールドサービスの歴史プログラムであるレベッカケスビーと一緒に、ウィットネスへようこそ。今日は、白人の少数派の支配から独立した後、1980年代初頭にジンバブエに向かいます。国はそれ自体を再定義し、インスピレーションを得るためにその古代の過去に目を向けていましたが、歴史は論争の的となる問題になる可能性があります。

それは私たちにとって素晴らしい瞬間であり、私たちは世界が私たちの足元にあると思いました、そしてそれはそうでした。私が責任を持っていたので、私はこれらのエキサイティングな瞬間の真ん中にいました。

1982年、ケネス・ムフカ博士はジンバブエの美術館の最初の黒人館長に任命されました。彼はスコットランドとアメリカで勉強していましたが、彼が帰国したとき、彼の新しい役割の一環として、アフリカの最も重要な考古学的宝物の1つである「グレートジンバブエ遺跡」の歴史を書き直すという特定の任務が与えられました。

これらは、かつては偉大なショナ王国の繁栄した首都であった古代アフリカ文明の権力の回廊です。

彼らは過去に行くことによって新しいアイデンティティを見つけようとしています。歴史が重要になったので、彼らはインスピレーションを得るために「グレートジンバブエ」を訪れます。古い文化は、すべて自分たちの遺産を主張しています。

ジンバブエは、ショナ語で「素晴らしい石造りの家」と大まかに言い換えられます。これは、現代の都市マスヴィンゴのすぐ外にある大きな廃墟の街に地元の人々が付けた名前です。かつては金を基盤とする裕福な王国の権力の座であった、エジプト南部で最大の既知の古代の石造りの建造物です。

600年の間、これらの壁はここに立っていました。壁自体は、白人が常に認識しているとは限らない、アフリカ人が独自性を発揮できるという印象的な証言です。

私は作家としての能力を利用して、ヨーロッパ中心主義の解釈から離れて、グレートジンバブエの新しいマニュアルを書くことになっていました。

植民地主義者たちは、文化ヘゲモニーを利用して、独自の歴史を強化していました。

グレートジンバブエは、ジンバブエの南東の丘にある中世の都市で、ムティリクウェ湖とマシンゴの町の近くにあります。

考古学者はグレートジンバブエに行きました。彼らはイギリスの社会から、アフリカ人は廃墟を建てなかったと言われました。彼らが使用した言葉は、アフリカ人によって建てられたという考えを避けようとしていたため、「グレートジンバブエの謎」でした。だから、家に帰ったとき、「白人の話は聞かないよ。自分で書くつもりです。」

「ジンバブエは黒人でも白人でも建てられませんでした。それを作った人々は茶色で、明らかにアラブ人とユダヤ人が混ざった民間人でした。」

ヨーロッパ人は言った、「いいえ、偉大さはジンバブエ人のものではありませんでした。それはフェニキア人、アラブ人、シバの女王、ユダヤ人、中国人、そしてインド人のような誰かのものでした–彼らは皆のことを考えました。アフリカ人を除く他の誰か。

なぜ彼らはそれを作ったのは黒人のアフリカ人であった可能性があることを認めたくなかったのですか?

それは非常に明白でした。彼らは、歴史のない暗闇の中にいるアフリカ人を文明化するためにそこに行きました。それがそこにいる理由だったので、これらのアフリカ人の何人かがこれらの素晴らしい文明を持っていることを彼らが受け入れたならば、彼らの推論は崩壊するでしょう。

ムフカ博士は廃墟と彼自身のつながりを持っていました。彼は最初に彼らを子供として見ました、そして彼らは彼に深い影響を残しました。

私は約10マイル離れて育ったので、「グレートジンバブエ」へのシリング用のバスがありましたが、これは観光客向けでした。黒人はそこに入れませんでしたが、白人の訪問者がいなければ黒人はたださまよっているので、私は子供の頃にそれを訪れました。

それで、あなたがそれらを最初に見たとき、あなたは何歳でしたか?

あなたはすでに歴史に興味がありますか?

そうそう、私は歴史に夢中だった。私たちはただ立ち上がって、白人の訪問者がいなかったら、私たちが疲れるまで、そして私たちのバスが戻ってくるまで、あなたは歩き回ることができます、それはさらに1時間かそこらでしょう。それは最も素晴らしかったです。

グレートジンバブエの古代都市の遺跡で見つかったソープストーンの彫刻。

しかし、ここにいるのは、古代の建造物です。あなたは地元の家族の出身です。あなたが知っているすべてのために、あなたの先祖はそれを構築するのを助けたかもしれません。そこにいられず、きちんと見回すことが許されなかったとはどう感じましたか?

はい、私たちはある意味で、私たちのものを奪われたと感じました。私たちが植民地政権に抑圧されたことを後悔している人々に属していたこと。

それで、それを見たことがない人は、それはどのように見えますか?

建造物、特​​に偉大な妻の家は巨大です。内部には排水路とその構造がありました。石は、構造を構築したときとまったく同じサイズになるように彫られており、モルタルやセメントで接続されていません。

それらを一緒に保持するものは何もありませんか?

実際、既存の岩や石を中心に構築されていますね。ですから、その基盤を中心に構築する必要のあるスキルには、かなりの洗練が必要ですよね。

はい、石の周りのものは彫られており、上にあるものよりも小さくて平らで、まっすぐではないので、下が広く、上が小さいので、おそらく彼らはそれを理解しました湾曲した構造は、単純な壁よりも強力です。

グレートジンバブエ市は西暦数世紀にまでさかのぼると考えられており、そこで見つかった材木は1100年代のものです。当時は中世のロンドンと同じくらいの大きさで、アフリカ南部と東部で金を取引して輸出していました。グレートジンバブエには、それを際立たせるもう1つの資産、雨がありました。他の地域は壊滅的な干ばつに苦しんでいましたが、グレートジンバブエは肥沃で比較的湿っていました。

これは湿った地域で、一年中常に湿った雲で曇っていたため、さらに神秘的でした。それだけでなく、私の母は「雨床の番人」である最も小さな部族の1つに属しています。これらの人々は雨の神社を担当しており、その神社は「グレートジンバブエ」に基づいていました。これらのものの–それらは伝説でした。

だから、これは雨の鳥がいたであろう場所です、これらは1800年代にヨーロッパの探検家によって連れて行かれた大きくて刻まれた石の鳥であり、彼らは彼らをSAに連れ戻しました。

それらの5つがありました。それらは石から彫られて竹馬に乗せられましたが、それらは雨鳥と呼ばれる本物の鳥を表しています。人々が雨のために祈っているとき、雲がやってくるとき、彼らは彼らの祈りが答えられたことを知っています。

何年にもわたって、何人かの探検家、そのほとんどはヨーロッパ人が、遺跡から他の貴重な遺物を略奪しました。ソロモン王の鉱山があったという噂で、一部の人々はその下を掘り、古代の壁を破壊しました。その間ずっと、考古学者は誰がそれらを建てることができたのかについて議論しました。 1920年代、イギリス学士院は、有名なエジプト学者であるGertrude Thompsonに、アラブ人や他の文明が責任を負っていることを一度だけ証明できることを期待して、遺跡を調査するよう依頼しました。しかし、彼女と彼女のすべての女性考古学者チームは、植民地当局を激怒させた決定的な結論に達しました。

彼女は「議論の余地のない」という言葉を使って、何の議論もありません。ここに住んでいたアフリカ人以外の誰かが「グレートジンバブエ」を建てたという証拠はなく、外国の影響を反映した遺物や建築様式の証拠もありません。みんなと彼のおじは腕を組んでいた。彼らは、「これは女の子のチームです」と言いました。どうすればよいですか? 「いいえ、彼女はかなり恥ずかしそうに家に帰りました」が、本はまだそこにあります。

Six decades later and the newly elected leftist-government of Robert Mugabe was determined to rewrite the history books. The country itself was named after the ruins and the new flag was to feature the historic rain bird. The problem was the real things were still in SA and no one knew what they looked like.

The Speaker of the House ,he was responsible but none of these people have seen the real Zimbabwean birds because the Zimbabwean birds were in Cape Town. So, you’d bring a drawing of different images and say, ‘which one do you think is the real bird?’ They’d say, ‘this one, I think, is the nearest.’ But they picked one bird for everything that represents Zimbabwe, on the flag on the money, but the one they have is the nearest but it’s not the real one because it doesn’t have the beak, it’s cut off. It’s not anything like the one in the archives. It was one of my happiest times but it was also full of challenges because the politicians insisted that I must say that the ‘Great Zimbabwe’ was built by revolutionaries, African Marxist Revolutionary cadres. And I refused, I said, ‘No, there’s nothing revolutionary. They were just ordinary Shona people building as they were told by the king.’ So they were angry with me and I had to leave Zimbabwe in a hurry, so I had to pack my bags quickly because now they were looking to lock me up. Everybody in power wants to control history because it creates power. It brings them legitimacy, and the historian is caught in between.

Dr Ken Mufuka, who now lives in South Carolina and teaches at Lander University. He was speaking to me, Rebecca Kesby, for Witness.

That was Rebecca Kesby of the BBC World Service. This podcast, which is republished with the permission of the BBC, is part of Witness, history as told by the people who were there.

This has been the Rational Perspective, until the next time, cheerio.


Unparalleled architecture

Great Zimbabwe is a fusion of manmade and natural beauty a complex of 12 groups of buildings spread over 80 stunning hectares of the Mutirikwi valley. In the words of the Zimbabwean archaeologist and art historian Peter Garlake, the site displays “an architecture that was unparalleled elsewhere in Africa or beyond”.

The ruins are divided into three main architectural zones: the Hill Complex, the Great Enclosure and the Valley Complex. The oldest, the Hill Complex, was occupied from the ninth to the 13th centuries. Believed to have been the spiritual and religious centre of the city, its ruins extend some 100 metres by 45 metres.

Remains of the Great Enclosure: the most popular explanation for Great Zimbabwe’s abandonment is a shortage of food, pastures and natural resources.写真:アラミー

Notable features of the Hill Complex included a huge boulder in a shape similar to that of the Zimbabwe Bird, from where the king presided over every important ritual, such as the judgment of criminals, the appeasing of ancestors and sacrifices to rainmaker gods. The sacrifices happened over a raised platform below the king’s seat, where oxen were burned. If the smoke went straight up, the ancestors were appeased. If it was crooked, they were unhappy and another sacrifice must be made.

South of the Hill Complex lies the Great Enclosure, occupied from the 13th to the 15th centuries: a spectacular circular monument made of cut granite blocks. Its outer wall, five metres thick, extends some 250 metres and has a maximum height of 11 metres, making it the largest ancient structure in Africa south of the Sahara.

The most fascinating thing about the Great Enclosure walls is the absence of sharp angles from the air they are said to resemble a “giant grey bracelet”. A narrow passage just inside the walls leads to a conical tower, the use of which has been the subject of much speculation – from symbolic grain bin to phallic symbol.

The last part of the ruins is the Valley Complex: a series of living ensembles made up of daga (earth and mud-brick) houses, scattered throughout the valley and occupied from the 14th to 16th centuries.

Here lived about 2,000 goldsmiths and equally numerous potters, weavers, blacksmiths and stonemasons – who would heat large granite rocks in a fire before tossing water on the red-hot rock. The shock of cold water cracked the granite along fracture planes into brick-shaped pieces that could be stacked without the need for mortar to secure them. Millions upon millions of these pieces were produced in the plains below and hauled up the hill, as the city constantly expanded.

The walls of the great enclosure reach 11 metres in height.写真:アラミー

The function of its massive, non-supportive walls have various interpretations: some believe they were martial and defensive, or that they were a symbolic show of authority, designed to preserve the privacy of royal families and set them apart from commoners.

Unfortunately, the ruins have been damaged over the last two centuries – not least due to the British journalist Richard Nicklin Hall, who in 1902 was appointed curator of Great Zimbabwe by the British South Africa Company for the purposes “not [of] scientific research, but the preservation of the building.”

Hall destroyed a significant part of the site, claiming he was removing the “filth and decadence of the Kaffir [ie African] occupation”. In his search for signs that the city had been created by white builders, layers of archeological deposits up to four metres deep were lost.

Reconstruction attempts by Zimbabwe nationalists since 1980 have caused further damage – as have some of the roughly 20,000 tourists who visit the site every year, climbing the walls for thrills and to find souvenirs.

Political and ideological battles have also been fought over the ruins. In 1890, the British mining magnate and coloniser Cecil Rhodes financed archeologist James Theodore Bent, who was sent to South Rhodesia by the British Association of Science with instructions to “prove” the Great Zimbabwe civilisation was not built by local Africans.

The government of Ian Smith, prime minister of Southern Rhodesia (modern Zimbabwe) until 1979, continued the colonial falsification of the city’s origins in official guide books, which showed images of Africans bowing down to the foreigners who had allegedly built Great Zimbabwe.

In 1980, Robert Mugabe became prime minister, and the country was renamed “Zimbabwe”, in honour of the Great Zimbabwe civilisation, and its famous soapstone bird carvings were depicted in the new Zimbabwean flag.


Great Zimbabwe

Great Zimbabwe has been described as “one of the most dramatic architectural landscapes in sub-Saharan Africa.” 1 It is the largest stone complex in Africa built before the modern era, aside from the monumental architecture of ancient Egypt. The ruins that survive are a four-hour drive south of Zimbabwe’s present-day capital of Harare. It was constructed between the 11th and 15th centuries and was continuously inhabited by the Shona peoples until about 1450 (the Shona are the largest ethnic group in Zimbabwe). But Great Zimbabwe was by no means a singular complex—at the site’s cultural zenith, it is estimated that seven comparable states existed in this region.

言葉 zimbabwe translates from the Bantu language of the Shona to either “judicial center” or “ruler’s court or house.” A few individual zimbabwes (houses) have survived exposure to the elements over the centuries. Within these clay structures, excavations have revealed interior furnishings such as pot-stands, elevated surfaces for sleeping and sitting, as well as hearths. Taken together, the settlement encompasses a cluster of approximately 250 royal houses built of clay, which in addition to other multi-story clay and thatch homes would have supported as many as 20,000 inhabitants—a exceptional scale for a sub-Saharan settlement at this time.

The stone constructions of Great Zimbabwe can be categorized into roughly three areas: the Hill Ruin (on a rocky hilltop), the Great Enclosure, and the Valley Ruins (map below). The Hill Ruin dates to approximately 1250, and incorporates a cave that remains a sacred site for the Shona peoples today. The cave once accommodated the residence of the ruler and his immediate family. The Hill Ruin also held a structure surrounded by 30-foot high walls and flanked by cylindrical towers and monoliths carved with elaborate geometric patterns.

Site plan of Great Zimbabwe (modified from an original plan by National Museums and Monuments ofZimbabwe) from Shadreck Chirikure and Innocent Pikirayi, “Inside and outside the dry stone walls: Revisiting the material culture of Great Zimbabwe,” Antiquity 82 (December 2015), pp. 976-993. The letters refer to the types of stone construction (see figure 4).

Between two walls, Great Enclosure, Great Zimbabwe (photo: Mandy, CC BY 2.0)

The Great Enclosure was completed in approximately 1450, and it too is a walled structure punctuated with turrets and monoliths, emulating the form of the earlier Hill Ruin. The massive outer wall is 32 feet high in some places. Inside the Great Enclosure, a smaller wall parallels the exterior wall creating a tight passageway leading to large towers. Because the Great Enclosure shares many structural similarities with the Hill Ruin, one interpretation suggests that the Great Enclosure was built to accommodate a surplus population and its religious and administrative activities. Another theory posits that the Great Enclosure may have functioned as a site for religious rituals.

The third section of Great Zimbabwe, the Valley Ruins, include a number of structures that offer evidence that the site served as a hub for commercial exchange and long distance trade. Archaeologists have found porcelain fragments originating from China, beads crafted in southeast Asia, and copper ingots from trading centers along the Zambezi River and from Central African kingdoms. 2

A monolithic soapstone sculpture of a seated bird resting on atop a register of zigzags was unearthed here. The pronounced muscularity of the bird’s breast and its defined talons suggest that this represents a bird of prey, and scholars have conjectured it could have been emblematic of the power of Shona kings as benefactors to their people and intercessors with their ancestors.

Conical Tower, Great Zimbabwe (photo: Mandy, CC BY 2.0)

Conical tower

All of the walls at Great Zimbabwe were constructed from granite hewn locally. While some theories suggest that the granite enclosures were built for defense, these walls likely had no military function. Many segments within the walls have gaps, interrupted arcs or elements that seem to run counter to needs of protection. The fact that the structures were built without the use of mortar to bind the stones together supports speculation that the site was not, in fact, intended for defense. Nevertheless, these enclosures symbolize the power and prestige of the rulers of Great Zimbabwe.

The conical tower (above) of Great Zimbabwe is thought to have functioned as a granary. According to tradition, a Shona ruler shows his largess towards his subjects through his granary, often distributing grain as a symbol of his protection. Indeed, advancements in agricultural cultivation among Bantu-speaking peoples in sub-Saharan Africa transformed the pattern of life for many, including the Shona communities of present-day Zimbabwe.

Great Enclosure entrance (restored), Great Zimbabwe (photo: Mandy, CC BY 2.0)

Wealth and trade

Archaeological debris indicate that the economy of Great Zimbabwe relied on the management of livestock. In fact, cattle may have allowed the Shona peoples to move from subsistence agriculture to mining and trade. Iron tools have been found on site, along with copper, and gold wire jewelry and ornaments. Great Zimbabwe is thought to have prospered, perhaps indirectly, from gold that was mined 25 miles from the city and that was transported to the Indian Ocean port at Sofala (below) where it made its way by dhow (sailing vessels), up the coast, and by way of Kilwa Kisiwani, to the markets of Cairo.

By about 1500, however, Great Zimbabwe’s political and economic influence waned. Speculations as to why this occurred point to the frequency of droughts and environmental fragility, though other theories stress that Great Zimbabwe might have experienced political skirmishes over political succession that interrupted trade, still other theories hypothesize disease that may have afflicted livestock. 3

Great Zimbabwe stands as one of the most extensively developed centers in pre-colonial sub-Saharan Africa and stands as a testament to the organization, autonomy, and economic power of the Shona peoples. The site remains a potent symbol not only to the Shona, but for Zimbabweans more broadly. After gaining independence from the British, the nation formerly named after the British industrialist and imperialist, Cecil Rhodes, was renamed Zimbabwe.

Southern Rhodesia (now Zimbabwe) banknote featuring the conical tower at Great Zimbabwe, 1955 (The British Museum)

2. Peter Garlake, Early Art and Architecture of Africa (Oxford New York: Oxford University Press, 2002), p. 153.


The Mysterious Stone Kingdom of the Great Zimbabwe - History

The first whispered reports of a fabulous stone palace in the heart of southern Africa began dribbling into the coastal trading ports of Mozambique in the 16 th century. In his 1552 Da Asia, the most complete chronicle of the Portuguese conquests, João de Barros wrote of "a square fortress, masonry within and without, built of stones of marvelous size, and there appears to be no mortar joining them."

De Barros thought the edifice, which he never saw, was Axuma, one of the cities of the Queen of Sheba. Other Portuguese chroniclers of the day linked the rumored fortress with the region's gold trade and decided it must be the biblical Ophir, from which the Queen of Sheba procured gold for the Temple of Solomon.

This notion persisted for centuries, right up until the monument's 19 th -century European "discovery." That distinction fell to a young German named Carl Mauch. In 1871, Mauch, eager to seek for the fabled ruins of Ophir, penetrated deep into what is today southern Zimbabwe. In August, he reached the home of a lone German trader, who told him of "quite large ruins which could never have been built by blacks." On September 5, local Karanga tribesmen led Mauch to the site.

In the midst of a wooded savanna backed by bare granite hills stood a city of stone. Its beautifully coursed walls curved and undulated sinuously over the landscape, blending into the boulder-strewn terrain as if having arisen there naturally. Bearing no mortar, as de Barros had correctly heard, the walls nevertheless reached enormous height, standing as high as 32 feet over the surrounding savanna. Of fully 100 acres of these granite enclosures, not a single one was straight.

Mauch was looking at the greatest pre-Portuguese ruins of sub-Saharan Africa.

The highest of Great Zimbabwe's walls soar 32 feet above the surrounding savanna.
起源 Unfortunately, Mauch, for all his tenacity, was "no thinker," as Peter Garlake, author of the definitive archeological text on Great Zimbabwe, deemed him. And Mauch only boosted the Portuguese theories of three centuries before. The soapstone and iron relics he uncovered told him that a "civilized [read: white] nation must once have lived there." From a lintel, he cut some wood that he described as reddish, scented, and very like the wood of his pencil. Therefore, he concluded, the wood must be cedar from Lebanon and must have been brought by Phoenicians.と therefore, the Great Enclosure—the edifice's most impressive structure, which local Karanga called Mumbahuru, "the house of the great woman"—must have been built by the Queen of Sheba.

As it turns out, Mauch's description of the wood aptly characterizes the African sandalwood, a local hardwood that later visitors also found in the walls of the Great Enclosure. But no one would know that for years.

In the meantime, Mauch's line of reasoning, distinguished as it was by the most purblind logic, perfectly suited Cecil Rhodes, whose British South Africa Company (BSA) occupied Mashonaland in 1890. (Mashonaland lies just to the north of Great Zimbabwe.) Inextricably steeped in his native country's racist views, Rhodes bought into Mauch's take without a second thought. Indeed, on Rhodes' first visit to the site, local Karanga chiefs were told that "the Great Master" had come to see "the ancient temple which once upon a time belonged to white men."


All artifacts that Theodore Bent turned up pointed to an indigenous origin to Great Zimbabwe and its people, but he would have none of it.
Eager to nail down the edifice's exotic origins once and for all, Rhodes and his BSA quickly sponsored an investigation of Great Zimbabwe. They hired one J. Theodore Bent, whose only claim to expertise lay in an antiquarian interest born of travels through the eastern Mediterranean and Persian Gulf. He adhered just as tenaciously as Rhodes to the notion of the city's non-black origin, though to his credit he didn't automatically swallow the link to the Queen of Sheba. (As he set to work at Great Zimbabwe, he later recalled, "the names of King Solomon and the Queen of Sheba were on everybody's lips, and have become so distasteful to us that we never expect to hear them again without an involuntary shudder.")

All the artifacts Bent subsequently uncovered screamed "indigenous." Pottery sherds and spindle whorls spearheads of iron, bronze, and copper axes, adzes, and hoes and gold-working equipment such as tuyères and crucibles—all were very similar to household objects used by the local Karanga. Yet Bent, incapable of following where the evidence might lead him, concluded ("a little lamely and nebulously," notes Garlake) that "a prehistoric race built the ruins . a northern race coming from Arabia . closely akin to the Phoenician and Egyptian . and eventually developing into the more civilized races of the ancient world."

Bent was amateurish and narrow-minded but not utterly incompetent. The same could not be said of Richard Nicklin Hall, a local journalist and author of The Ancient Ruins of Rhodesia. In what would prove to be one of the most sickeningly misguided assignments in the history of archeological preservation, the BSA appointed Hall Curator of Great Zimbabwe, with a mandate to undertake "not scientific research but the preservation of the building." Instead, Hall, hell-bent on finally settling the issue of its origins, launched into a full-scale "archeological" investigation. Claiming he was removing the "filth and decadence of the Kaffir occupation," he scoured the site for signs of its white builders, discarding from three to 12 feet of stratified archeological deposits throughout Great Zimbabwe. An archeologist who visited the site shortly after Hall left deemed his fieldwork "reckless blundering . worse than anything I have ever seen."

Word eventually got back to the BSA of Hall's desecration of southern Africa's greatest archeological treasure, and he was dismissed. But the damage had been done. "Hall's disastrous activities left only vestiges of archeological deposits within the walls," wrote Garlake in his book Great Zimbabwe, "a paucity that was to inhibit all future scientific work."


Decline of the State and the City

Causes suggested for the decline and ultimate abandonment of the city of Great Zimbabwe have included a decline in trade compared to sites further north, the exhaustion of the gold mines, political instability, and famine and water shortages induced by climatic change.Around 1430, prince Nyatsimba Mutota from Great Zimbabwe traveled north in search of salt among the Shona-Tavara. He defeated the Tonga and Tavara with his army and established his dynasty at Chitakochangonya Hill. The land he conquered would become the Kingdom of Mutapa. Within a generation, Mutapa eclipsed Great Zimbabwe as the economic and political power in Zimbabwe. By 1450, the capital and most of the kingdom had been abandoned.

The end of the kingdom resulted in a fragmentation of proto-Shona power. Two bases emerged along a north-south axis. In the north, the Kingdom of Mutapa carried on and even improved upon Zimbabwe’s administrative structure. It did not carry on the stone masonry tradition to the extent of its predecessor. In the south, the Kingdom of Butua was established as a smaller but nearly identical version of Zimbabwe. Both states were eventually absorbed into the largest and most powerful of the Kalanga states, the Rozwi Empire.