ホークビルSS-366-歴史

ホークビルSS-366-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ホークビル

(SS-366:dp。1,526:1。811'0 "、b。27'3"、dr。15'33 ";s。20
k。; cpl。 6e; NS。 10 tt。、1 5 "、1 40mm。、1 20mm。;cl。Balao)

Rawkbill(ss-366)は、1944年1月9日、ウィスコンシン州マニトウォックのManitowoc Shipbuilding Co.によって発売され、F。W。Scotland、Jr。夫人が後援し、1944年5月17日にLt'Comdrに就役しました。スコットランド・ジュニアが指揮を執っています。

五大湖での訓練期間の後、潜水艦は1944年6月1日、マニトウォックを出発し、イリノイ川を下る長い旅を開始し、最後にミシシッピ川をはしけで下りました。彼女は6月10日にニューオーリンズに到着し、戦闘負荷の後、6月16日に潜水艦基地、バルボア、運河地帯から訓練のために出航しました。この重要な訓練が完了すると、彼女は最初の戦争パトロールの前に最終的な準備のために7月28日に真珠湾に到着しました。

8月23日に出発した潜水艦は、サイパンを経由して、バガとベクナと一緒にフィリピン諸島のパトロールエリアに向かった。 10月、ホークビルはパトロールをに移しました。南シナ海と10月7日、2隻の空母に接近している間、日本の駆逐艦による激しい爆雷によって強制的に撃墜されました。 2日後、彼女はベクナと一緒に12隻の船団を攻撃し、いくつかの船団に損害を与えました。
船の。ホークビルは10月14日にロンボク海峡を頻繁にパトロールし、17日にオーストラリアのフリーマントルでの最初のパトロールを終了しました。

ベクナとフラダーと一緒に、潜水艦は11月15日、マレーバリアの北の地域に向かう2回目のパトロールに向けて出発しました。彼女は12月15日に護送船団に遭遇し、夜間攻撃中に6隻の適切に配置された魚雷で駆逐艦モモを沈めました。アメリカの潜水艦の有効性の証である連絡先をほとんど見つけられなかったホークビルは、もう一度ロンボク海峡に向かった。今回は巡視艇に目撃されました〜が、巧みに雨のスコールに乗り込みました。潜水艦はその後、射程外を通過する前に沿岸砲によって発砲されました。ホークビルは1945年1月5日にフリーマントルに戻った

2月5日から始まる3回目の戦争パトロールで、潜水艦はロンボク海峡に戻り、以前の追跡者のテーブルを回しました。彼女の魚雷は2月14日に2隻の駆潜艇を沈め、南シナ海に向かう前に小さな船を追加しました。ホークビルは2月20日、護送隊を1隻の護衛に銃撃した後、魚雷を広げて5,400トンの貨物船大全丸を沈めた。彼女のパトロールの残りは標的をもたらさなかった、彼女は1945年4月にフリーマントルGに到着した。

5月5日に4回目のパトロールで出発したホークビルは、伝説のバリ島の北にあるレンゲアン島でのB-24ストライキのためにライフガードステーションに勤務しました。彼女は5月16日、マラヤ沖のパトロールステーションに到着し、その後すぐに機雷敷設艦ハツタカが海岸に沿って南に向かっているのに遭遇しました。彼女は攻撃して2ヒットを獲得し、深刻なダメージを与えました。翌朝、船が浜辺に曳航されているのが観察された。約5,000ヤードの範囲で、ホークビルはさらに3隻の魚雷を浅瀬に発射し、船を半分に壊して、マレー沿岸で活動している潜水艦のよく知られた敵を沈めました。マラヤ沖とサイアム湾をさらにパトロールした後、彼女は1945年6月18日にスービック湾に到着しました。

ホークビルは7月12日に5回目で最後の戦争パトロールに向けて出発した。マラヤの海岸に戻ります。彼女は7月18日に護送船団を攻撃した。彼女の最初の魚雷は失敗し、1時間後、異常な精度と強度の爆雷攻撃が始まりました。ホークビルは完璧に配置されたパターンで部分的に水から吹き飛ばされ、かなりの損傷を受けました。しかし、すべての機械を固定した状態で底を抱き締めることで、彼女は攻撃する駆逐艦を避けました。修理のためにスービック湾に滞在した後、彼女は特別な任務のためにオーストラリア陸軍将校と合流するためにボルネオに蒸気を送りました。ホークビルはデッキガンで2つのラジオ局を破壊し、コマンドーをテランパタウンに上陸させ、海岸施設を破壊しました。同じく南シナ海にあるアナンバス島の偵察の後、多用途の潜水艦は8月13日にボルネオに戻った。

日本の降伏に続いて、ホークビルは真珠湾に航海し、1945年9月22日にサンフランシスコに向けて出発した。彼女は1946年9月30日にマーレ島で退役し、予備艦隊に加わった。 1952年に予備軍から持ち出されたホークビルは、1953年4月21日の軍事支援プログラムの下でオランダに貸与され、現在はジーリュー(S〜803)としての役割を果たしています。

ホークビルは第二次世界大戦の従軍星章を6つ受け取りました。彼女の5つの戦争パトロールはすべて成功したと指定され、パトロール1、3、および4での卓越したパフォーマンスに対して海軍称賛部隊の表彰を受けました。


S803 - HNLMSZeeleeuw(1)

バラオ級潜水艦であるUSSホークビル(SS-366)は、大型ウミガメであるタイマイにちなんで名付けられた米国海軍の最初の船でした(「s-」は試運転時に誤って落とされました)。

ホークビル(SS-366)は、ウィスコンシン州マニトウォックのマニトワック造船会社によって発売されました。 1944年1月9日、F。W。Scanland、Jr。夫人が後援し、1944年5月17日、Lt。Comdr。 F.ワーススキャンランドジュニア、指揮下。

五大湖での訓練期間の後、潜水艦は1944年6月1日、マニトウォックを出発し、イリノイ川を下る長い旅を開始し、最後にミシシッピ川をはしけで下りました。彼女は6月10日にニューオーリンズに到着し、戦闘負荷の後、6月16日に潜水艦基地、バルボア、運河地帯から訓練のために出航しました。この重要な訓練が完了すると、彼女は最初の戦争パトロールの前に最終的な準備のために7月28日に真珠湾に到着しました。


第一次および第二次戦争パトロール

8月23日に出発した潜水艦は、サイパンを経由して、バヤとベクナと一緒にフィリピン諸島のパトロールエリアに向かった。 10月、ホークビルは南シナ海にパトロールを移し、10月7日に2隻の空母に接近している間、日本の駆逐艦による激しい爆雷によって強制的に撃墜されました。 2日後、彼女はベクナで12隻の護送船団を攻撃し、いくつかの船に損害を与えました。ホークビルは10月14日にロンボク海峡を頻繁にパトロールし、10月17日にオーストラリアのフリーマントルでの最初のパトロールを終了しました。

ベクナとフラッシャー(SS-249)と一緒に、潜水艦は11月15日、マレーバリアの北の地域に向かう2回目のパトロールに向けて出発しました。彼女は12月15日に護送船団に遭遇し、夜間攻撃中に6隻の適切に配置された魚雷で駆逐艦モモを沈めました。アメリカの潜水艦の有効性の証である連絡先をほとんど見つけられなかったホークビルは、もう一度ロンボク海峡に向かった。今回、彼女は巡視艇によって目撃されましたが、巧妙に雨のスコールに操縦されました。潜水艦はその後、射程外を通過する前に沿岸砲によって発砲されました。ホークビルは1945年1月5日にフリーマントルに戻った。


第3および第4戦争パトロール

2月5日から始まる3回目の戦争パトロールで、潜水艦はロンボク海峡に戻り、以前の追跡者のテーブルを回しました。彼女の魚雷は2月14日に2隻の駆潜艇を沈め、南シナ海に向かう前に小さな船を追加しました。ホークビルは2月20日、1人の護衛を銃撃した後、船団を発見し、魚雷を広げて5,400トンの貨物船大全丸を沈めました。彼女の残りのパトロールは、1945年4月6日にフリーマントルに到着した標的をもたらしませんでした。

5月5日に4回目のパトロールで出発したホークビルは、バリ島北部のカンゲアン諸島でのB-24ストライキのためにライフガードステーションに勤務しました。彼女は5月16日、マラヤ沖のパトロールステーションに到着し、その後すぐに、海岸に沿って南に向かっている機雷敷設艦初鷹に遭遇しました。彼女は攻撃して2ヒットを獲得し、深刻なダメージを与えました。翌朝、船が浜辺に曳航されているのが観察された。約5,000ヤード(4,600 m)の範囲で、ホークビルはさらに3隻の魚雷を浅瀬に発射し、船を半分に壊して、マレー沿岸で活動している潜水艦のよく知られた敵を沈めました。マラヤ沖とサイアム湾をさらにパトロールした後、彼女は1945年6月18日にスービック湾に到着しました。


第5次戦争パトロールと日本の降伏

ホークビルは7月12日に5回目で最後の戦争パトロールに向けて出発した。マラヤの海岸に戻って、彼女は7月18日に護送船団を攻撃しました。彼女の最初の魚雷は失敗し、1時間後、異常な精度と強度の爆雷攻撃が始まりました。ホークビルは完璧に配置されたパターンで部分的に水から吹き飛ばされ、かなりの損傷を受けましたが、すべての機械を固定した状態で底を抱き締めることで、攻撃している駆逐艦を避けました。修理のためにスービック湾に滞在した後、彼女は特別な任務のためにオーストラリア陸軍将校と合流するためにボルネオに蒸気を送りました。ホークビルはデッキガンで2つのラジオ局を破壊し、コマンドーをテランパタウンに上陸させ、海岸施設を破壊しました。同じく南シナ海にあるアナンバス島の偵察の後、多用途の潜水艦は8月13日にボルネオに戻った。

日本の降伏に続いて、ホークビルは真珠湾に航海し、1945年9月22日にサンフランシスコに向けて出発した。彼女は1946年9月30日にマーレ島で退役し、予備艦隊に加わった。

ホークビルは第二次世界大戦の従軍星章を6つ受け取りました。彼女の5つの戦争パトロールはすべて成功したと指定され、パトロール1、3、および4での卓越したパフォーマンスに対して海軍称賛部隊の表彰を受けました。


HNLMS Zeeleeuw(S803)

1952年に予備軍から持ち出されたホークビルは、グッピーIBの改造を与えられ、1953年4月21日の軍事支援プログラムの下でオランダに貸与されました。封印にちなんで名付けられました。 Zeeleeuwは6月11日にロッテルダムに到着し、NATOの夏の演習に首尾よく参加し、RNとUSNを「打ち負かしました」。 1970年11月24日、Zeeleeuwはスクラップとして売却されました。


ホークビル(潜水艦)

11月15日、ホークビルは2回哨戒でベクーナ、フラッシャー(USSフラッシャー、SS-249)とウルフパックを構成し南シナ海に向かった。12月15日夜、ホークビルはマニラ北西海域で、マニラで空襲魚雷は桃の二紙室に命中し、桃は沈没します。 1945年1月5日、ホークビルは50夜の行動をしたててマントル。に帰投する。[6]

第3、第4の哨戒1945年2月-6月

5月5日、ホークビルは4回も哨戒で南シナ海、ジャワ海方面に向かった。任務に就いた。任務外後、5月16日領領マラヤ沖の哨戒海域に入。初鷹5時25分、ホークビルは初鷹に雷撃をした2本が命中、初鷹は沈没した。行動をしててすビック湾に帰投した。

第5章哨戒1945年7月-8月・神風との死闘

戦後、ホークビルの好風運長は神風の春日均艦長(兵59期)と1953年別[20]行度か文通し、春日艦長を「最妻表号号通長」[15]から称えた。対し春日艦長は「今ウォンと、沈めましたよかったです。

戦後・オランダ海軍で編集

1952年、予備役から降りたホークビルはGUPPY IB転換がするれ、相互防衛奉計画1953年4月21日オランダに貸与された。オランダ海軍的アシカに因いたゼーレー ( HNLMS Zeeleeuw、S-803)の艦名で就役した。オランダ海軍入名の戦記はくの逃であり。 11月24日セール。


USSホークビルSSN-666

このWebページの目的は、ホークビルSSN-666の卒業生をリストアップして、サービスを提供した他の人と連絡を取ることができるようにすることです。

サブベースパールハーバーにて

デビルボート

黙示録第13章からの引用によって促された「悪魔のボート」と呼ばれることもあります:「そして私は海の砂の上に立って、獣が海から立ち上がるのを見ました...ここに知恵があります。理解している彼に数えさせてください獣の数:それは人の数であり、彼の数は666です。」

USSホークビルはメアアイランド海軍造船所によって建造され、1969年4月12日に進水しました。彼女はスタージョン(637)級の高速攻撃型潜水艦です。長さは292フィート、ビームは32フィート、排水量は4060トン、乗組員は120人です。最後の外科医である彼女は、2000年3月15日に正式に廃止され、その後すぐに廃棄されました。帆は博物館の一部としてアイダホ州アルコのアイダホサイエンスセンターに輸送されました。

オリジナルのホークビルと壮大な伝統の始まり。 。 。

USSホークビルSS-366は、1944年8月から1945年8月にかけてオーストラリアのフリーマントルからF. W.スキャンランド司令官の下で艦隊活動中に、合計40,900トンの敵船を沈め、ラジオ局をノックアウトし、捜索と破壊の任務でコマンドを送りました。

バラオ級366は最終的にオランダに貸与され、「Zeeleeuw」S-803という名前で提供されました。 1970年11月24日、それはスクラップとしてその国に売却されました。

別のホークビルの再会が起こっています!

2021年5月2日から5月6日-テキサス。詳細については、Eric(360-620-0772)までお問い合わせください。すべての再会の詳細はまもなくここに表示されます。


USSホークビルSS-366ページにアクセスします。 -------「船長の記念碑」を読んでください。

ホークビル666デッキログ

デッキログとキャプテンログにアクセス

デッキログはパスワードで保護されています。
次のようにログオンします。

ユーザー名では大文字と小文字が区別されるため、最初の文字を大文字にします。
パスワードは小文字の「乗組員」です。
ペリー司令官の下で奉仕した場合は、代わりにXOの名前を使用してください。


USSホークビルクォーターデック

これは、特定のボートに関する冷戦ボート協会のWebサイトの将来のホームです。それほど遠くない将来のいつか、これは彼女に仕えたすべての人のための場所になるでしょう。登録できるようになり、米軍で最も厳しい任務の1つである潜水艦部隊に所属していた船員の家族に安全にアクセスできるようになります。

ここでは、あなたと同じように、すでに協会に登録している船員と再接続できるため、選択した以上の個人情報を公開することなく、連絡を取り、接続することができます。これはFacebookではありません。ここではあなたのプライバシーを尊重します。ColdWarBoatsは、船員や友人があなたのメールアドレス、電話番号、住所、その他あなたが非公開にすることを選択したものを明かさずにあなたに連絡できるように設計されています。

ある日、当時の膨大な数の写真のコレクション、数十の海の物語、人事日記やデッキログなどの船の文書の実際のコピー、そして話したいことについて話すためのフォーラムが見つかります。イルカを獲得した他の数人の船員との絆を強化し、このコミュニティの場所と冷戦船である生活史を予約します。

造船所で建造されている戦闘潜水艦のように、それは一夜にして起こりません!キールのために敷設された船体金属のスラブから、ミッションで運用中のボートに到達するための多くの作業があります。このサイトも同様であり、今後も進化していきます。このサイトがどのように見えるかの例を見るには、USSウィリアムH.ベイツ(SSN 680)のウェブサイトをここでチェックしてください。これが未来の姿です!

それで、これはあなたにとってどういう意味ですか?

1つは、辛抱強くなる必要があります。時間と労力がかかります。

2つ目は、登録する必要があります。登録しないと、アクティブメンバーとしてカウントされず、再接続を希望する船員がいる可能性があります。

3つ目は、写真やストーリーを手伝ってくれることです。管理者に連絡して貢献してください。

四、あなたはボランティアすることができます。ボートごとにサイトマネージャーが必要です。経験は必要ありません。あなたの責任はコンテンツ(写真、記事、メンバー)の検索と登録に限定されます。私たちは舞台裏でウェブサイトを管理するためのすべての大変な仕事をします-あなたはウェブサイトがどのように機能するかについて何も知る必要はありません! (私たちは、1つまたは複数のボートに乗船したサイトマネージャーを好みますが、必須ではありません。)

ファイブ、サブスクライブ!メンバーシップと再接続に必要なアクセスは常に無料ですが、冷戦ボート協会と現在表示しているWebサイトの維持には費用がかかります。このサービスを継続するには、サブスクリプションまたは1回限りの寄付が不可欠であり、次のことが可能になります。

    • 何年も前の船員が、プライバシーを損なうことなく、簡単に、簡単に再接続できるように支援します。
    • 冷戦の潜水艦の乗組員とそのボートの未分類の歴史を写真、物語、アーティファクト、オーディオまたはビデオの記録の形で保存し、
    • 冷戦を終わらせるために多くの犠牲を払った船員と家族を称える。

    それまでの間、ジョーを1杯飲み、ベイツのサイトにアクセスして、その方法を学びましょう。


    USS ホークビル (SS-366)

    USS ホークビル (SS-366)、 NS バラオ-クラスの潜水艦は、大きな海のカメであるホークスビルにちなんで名付けられた、米国海軍の最初の船でした(「-s-」は試運転時に誤って落とされました)。

    ホークビル (SS-366)は、Manitowoc&#8197Shipbuilding&#8197Co。、Manitowoc、&#8197Wiscによって発売されました。 1944年1月9日、F。W。Scanland、Jr。夫人が後援し、1944年5月17日、Lt。Comdr。 F.ワーススキャンランドジュニア、指揮下。

    Great&#8197Lakesでの訓練期間の後、潜水艦は1944年6月1日にマニトウォックを出発し、イリノイ川を下る長い旅を開始し、最後にミシシッピ川をはしけました。彼女は6月10日にニューオーリンズに到着し、戦闘負荷の後、6月16日に潜水艦基地バルボア運河から訓練のために出航しました。この重要な訓練が完了すると、彼女は最初の戦争パトロールの前に最終的な準備のために7月28日にパール&#8197ハーバーに到着しました。


    USSホークビルSS-366

    USSホークビル(SS-366)は、マニトワック造船会社によってウィスコンシン州に建設され、1944年に打ち上げられました。 5回の成功した戦争パトロールでの彼女の奉仕に対する表彰。

    中皮腫

    中皮腫の種類

    アスベスト暴露

    中皮腫の治療オプション

    患者リソース

    タイマイはもともと「タイマイ」と名付けられていましたが、潜水艦が就役したときに誤って「s」が省略されていました。タイマイは世界中で見られる大きなウミガメです。

    5つの第二次世界大戦パトロール
    マニトワック造船によって建造された他の第二次世界大戦の潜水艦と同様に、ホークビルはミシシッピ川を曳航され、ニューオーリンズからバルボア、運河地帯の潜水艦基地で訓練を受け、真珠湾に向かった。彼女の最初のパトロールはフィリピンと南シナ海でした。マレーバリアの北にある2回目のパトロール中に、ホークビルは日本の駆逐艦を沈めました。

    駆逐艦、駆潜艇、ホークビルに沈められた貨物船
    ホークビルの3回目のパトロールは、さらに多くの成功をもたらしました。2隻の駆潜艇と1隻の貨物船の沈没です。彼女は4回目のパトロールで、マレーシア沖の日本の機雷敷設艦を無効にしました。同じくマラヤ海岸でのホークビルの最後のパトロール中に、彼女は大きな被害を受けましたが、修理のためにスービック湾にたどり着きました。

    南シナ海での特別任務は、ホークビルの第二次世界大戦の最後の作戦でした。彼女は1946年の秋に、予備艦隊の一部としてカリフォルニアのメアアイランド海軍造船所で退役しました。

    グッピーコンバージョン、オランダに貸与
    ホークビルは1952年にグッピーIBに改造され、1年後にオランダ海軍に貸与されました。彼女の26年間のキャリアは、1970年に終了しました。彼女はスクラップとして売却されました。

    USSホークビル:アスベストの懸念
    マニトワック造船会社の従業員とUSSホークビルおよび他の海軍潜水艦の乗組員は、彼らの仕事の間に長期間にわたって危険なレベルのアスベストにさらされた可能性があります。あなたまたはあなたの家族がこの人口の一部と見なされる可能性がある場合は、医師の診察を受けることを検討してください。

    あなたの法的権利を保護するために、アスベスト被害者の法律事務所に連絡し、私的な約束をスケジュールしてください。


    USSホークビル(SS-366)

    Alus tilattiinMonitowocShipbuildingCompanyltäMonitowocistaWisconsinistajasenkölilaskettiin7.elokuuta1943. Alus laskettiin vesille 9. tammikuuta 1944 kumminaanFWScanlandJr.:npuolisojaseotettiinpalvelukseen17.toukokuuta1944en 2]

    Alusjasenmiehistöolikoulutuksessasuurillajärvillä、minkäpäätyttyäaluslähti1.kesäkuuta1944Manitowocistapitkin Illinois-jokea alas jaedelleenproomullaMississippiä。 Alussaapui10.kesäkuutaニューオーリンズ、jossasenvarastottäytettiin。 Alus jatkoimatkaansa16.kesäkuutaBalboaanPanamankanava-alueelle、jossa on sukellusveneidenkoulutusalue。 Koulutuksenpäätyttyäalussaapui真珠湾攻撃28.heinäkuuta、missäsenmiehistönkoulutussailopullisensilauksenennenensimmäistäpartiomatkaa。 [1]

    Alulähti23。elokuutaSaipaninkauttapartiointialueelleenFilippiineilleyhdessä USSバヤブ ja USSベクナン カンサ。 LokakuussalalussiirrettiinEtelä-Kiinanmerelle、jossasejoutuitekemäänhätäsukelluksenkeisarillisenJapaninlaivastonhävittäjienhavaittuaaluksensenlähestyessäkahtalentotukialusta7.lokakuuta。 Kaksipäiväämyöhemminalushyökkäsikahdentoistaaluksensaattueenkimppuunyhdessä USS Beounan kanssa vaurioittaen muutamaaalusta。 Alus siirtyi Lombokinsalmeen、jonne se saapui14.lokakuuta。 Aluksenensimmäinenpartiomatkapäättyi17。lokakuutaFremantleenオーストラリア人。 [1]

    Aluslähti15。marraskuutatoisellepartiomatkalleen ベクナン ja USSフラッセリン kanssaマレシアンカーレンpohjoispuolelle。 Alus havaitsi15.joulukuutasaattueenupottaensitäsuojanneenhävittäjä モモン kuudellatorpedolla。 Alus siirtyi Lombokinsalmeen、jossa partioalus havaitsisen。 Rannikkopatteri ampuialusta。 Alus palasi 5. tammikuuta1945Fremantleenpäättäentoisenmatkansa。 [1]

    Kolmas partiomatka alkoi 5. helmikuuta、jolloin alus palasiLombokinsalmeen。 Alus upotti 14. helmikuuta kaksi sukellusveneentorjunta-alusta、minkäjälkeenseupottivieläparipienempääalustaennensiirtymistäänEtelä-Kiinanmerelle。 Alus havaitsi 20. helmikuuta saattueen、jonkasaattajankanssasekävitykistötaistelua。 Alus upotti torpedoimalla 4 500 tonnin rahtialus 大全丸。 Matkan loppuosalla alus ei havainnut uusia maaleja ja se palasi 6. huhtikuutaFremantleen。 [1]

    Aluslähti5。toukokuutamerelleollen Balin pohjoispuolellaB-24koneidenmiehistöjenpelastusaluksena。 LentokoneidentehtävänäolihyökätäKangeanille。 Alus saapui 16. toukokuuta partioalueelleen Malesian pohjoispuolelle、jossa se havaitsirannikkoapitkineteläänmakanneenmiinalaiva 初田館。 Sukellusvene laukaisi kaksi魚雷、jotka vaurioittivat pahoinmiinalaivaa。 Seuraavana aamuna havaittiin miinalaivaa hinattavanrantaanuppoamisenestämiseksi。 Sukellusvenelaukaisivieläkolmetorpedoa、jotka katkaisivat miinalaivankahtia。 Partiomatkan jatkuessa Malakan rannikolla ja Siaminlahdella ennen kuin sesaapui18.kesäkuutaスービックバイヒン。 [1]

    Viimeiselle sodanaikaisellepartiomatkalleenaluslähti12.heinäkuuta。 PartioalueenaolijälleenMalakanrannikko、missäsehyökkäsisaattuettavastaan​​18.heinäkuuta。 Ensimmäisettorpedotmenivätohijatuntiamyöhemminalusjoutuitarkansyvyyspommituksenkohteeksi。 Alus nousi osittain pintaan tarkan syvyyspommituksen vuoksi、jolloin sevaurioitui。 Alus palasi pohjaan poistuenalueelta。 VietettyäänjonkinaikaaSubicBayssäkorjauksissaaluslähtiBorneoon、jossasekohtasierityistehtävässäolleenオーストラリアのmaavoimienupseerin。 Alus tuhosi tykkitulella kaksi radioasemaa、laski Terampha Townissamaihinkommando-osastonsekätuhosierilaisiamaakohteita。 TiedusteltuaanAnambasinalueellasekäEtelä-KiinanmerelläaluspalasiBorneoon13.elokuuta。 [1]

    Japanin antauduttua alus purjehtiパールハーバー、jostaselähti22。syyskuutaedelleenサンフランシスコ。 Alus poistettiin palveluksesta 30. syyskuuta Mare Islandilla ja se sijoitettiinreserviin。 Aluspalautettiinreservistävuonna1952、ja se modernisoitiinGUPPYksi。 Alus lainattiin 21. huhtikuuta 1953 Alankomaille MDAP-sopimuksennojalla。 [1] [2]

    Tammikuusta maaliskuuhun 1953alankomaalaisiasukellusvenemiehiä、jotka oli kuljetettu MS Rijndamilla ロッテルダムニューロンドンコネチカット、olikoulutettavanaYhdysvalloissa。 Miehistökäviuudellaaluksellaanmerellätoistuvasti。 USSホークビル poistettiin palveluksesta 21. huhtikuuta 1953 jaseotettiinsamanapäivänäpalvelukseenAlankomaidenlaivastossaWalrus-luokanaluksenanimellä 時間Zeeleeuwさん ja sen runkonumeroksi tuliS-803。 [2]

    Aluslähti31。toukokuutaYhdysvalloistaja sesaapuiロッテルダム11.kesäkuuta。 Kesänaluksenmiehistönkoulutusjatkui。 Osallistuessaan SSXNATO-harjoitukseenmiehistömenestyialuksineenhyvinlyödensekäBritannianettäYhdysvaltainsukellusveneet。 [2]

    Aluslähtiloppuvuodesta1955 時間ワルシンさん kanssaPohjosielleJäämerelle、mikäolinimetty operaatioIJsduetiksi。 Aluksetlähtivätlokakuussa1957AlankomaidenAntilleille ja Surinameen、mistä Zeeleeuw パラシロッテルダム7.maaliskuuta 1958. [2]


    HIJMS初鷹

    日本の機雷敷設艦HIJMS初鷹は1939年10月に完成しました。ハリマ&アンプ社によって建造されました。初鷹はそのクラスの船にその名前を付けました。長さ90.9メートル、ビーム11.3メートルの初鷹クラスは、1608トンを移動する高速で洗練されたデザインでした。デュアルシャフト、3ボイラー発電所で設計された6000hpがプロペラに供給され、機雷敷設艦の最高速度は20ノットになりました。

    初鷹型急設艦は、機雷敷設艦とネット入札の2つの目的でした。

    容量360の機雷を備えた初鷹は、建造時に4基の40 mm砲と、さらに4基の25mm対空砲を装備していました。

    第二次世界大戦が進むにつれて、アメリカの潜水艦は日本の輸送を混乱させるのにますます効果的になり、重要な原材料の輸送を減らします。それに応じて、HIJMS初鷹は、日本の戦争機械の骨材の流れを回復するために、改造され、護送船団の護衛の役割を割り当てられました。初鷹はこの新しい役割に秀でていました。タイランド湾とマレーシア半島で日本のマルスを激しく守っていた初鷹は、急速にこの地域の米潜水艦の惨劇となった。

    1945年5月3日、日本の海軍の記録によると、初鷹はタイランド湾南部の潜水艦を攻撃し、潜水艦に30ファゾムの爆雷を投下しました。これはバラオ級潜水艦USSラガート[SS-371]であると考えられています。 USSラルガトの86人全員が失われました。

    ティムローレンス、ゲイリーベイン&ダリウスモアザミ脚本の作品

    第二次世界大戦中、タイ湾とマレーシア半島は多くの海軍紛争の現場であり、多くの軍用船と貨物船が失われました。

    この地域全体の深さが比較的浅いということは、深いテクニカルダイビング技術を適用することで、海底を探索し、これらの失われた船を再訪し、歴史を調査できることを意味します。

    2008年3月、デイヴィジョーンズロッカー[タイ、タオ島]のダイバーのチームが、この地域で歴史のある軍用船と日本帝国海軍の機雷敷設艦初鷹を見つけて特定するための遠征隊を組織しました。

    画像:初鷹初鷹前部マスト

    日本の機雷敷設艦HIJMS初鷹は1939年10月に完成しました。ハリマ&アンプ社によって建造されました。初鷹はそのクラスの船にその名前を付けました。長さ90.9メートル、ビーム11.3メートルの初鷹クラスは、1608トンを移動する高速で洗練されたデザインでした。デュアルシャフト、3ボイラー発電所で設計された6000hpがプロペラに供給され、機雷敷設艦の最高速度は20ノットになりました。

    画像:第二次世界大戦機雷敷設艦HIJMS初鷹

    初鷹型急設艦は、機雷敷設艦とネット入札の2つの目的でした。

    容量360の機雷を備えた初鷹は、建造時に4基の40 mm砲と、さらに4基の25mm対空砲を装備していました。

    第二次世界大戦が進むにつれて、アメリカの潜水艦は日本の輸送を混乱させるのにますます効果的になり、重要な原材料の輸送を減らします。それに応じて、HIJMS初鷹は、日本の戦争機械の骨材の流れを回復するために、改造され、護送船団の護衛の役割を割り当てられました。初鷹はこの新しい役割に秀でていました。タイランド湾とマレーシア半島で日本のマルスを激しく守っていた初鷹は、急速にこの地域の米潜水艦の惨劇となった。

    1945年5月3日、日本の海軍の記録によると、初鷹はタイランド湾南部の潜水艦を攻撃し、潜水艦に30ファゾムの爆雷を投下しました。これはバラオ級潜水艦USSラガート[SS-371]であると考えられています。 USSラルガトの86人全員が失われました。

    USSラガートの指揮官であるラッタ司令官は戦争のベテランであり、以前はUSSナーワルII(SS-167)の指揮官として7回のパトロールを行っていました。この将校が行ったすべてのパトロールは、戦闘記章の授与に成功したと指定されました。これは、潜水艦部隊の指揮官がいない記録を上回っています。

    USSホークビル[SS-366]指揮官、中尉。 F. W. Scanland、Jr。はラッタ司令官の親友でした。マレーシア半島に駐留していたラガルトは、延滞が報告されたとき、同僚の喪失を報復することを誓った。

    画像:1945年10月に撮影されたバラオ級潜水艦USSホークビル[提供:http://usshawkbill.com/366/]

    この抜粋は、USSホークビルの公式の歴史[http://usshawkbill.com/366/]からのものです。

    「西に進み、5月16日の午前2時に、マレーシアのテンゴール島のすぐ北にあるマレー海岸から7マイル離れた浅瀬でパトロールを開始しました。これは、ホークビルの後の行動の多くの場面です。

    駅に到着してから2時間以内、夜明けの2時間前に、ホークビルは海岸に沿って南に走っている身元不明の標的に接触しました。接触後1時間以内に、ターゲットに到達するために閉じた後、テンゴール島の背後の採掘エリアに入る前に、ホークビルは前方の巣から6発の魚雷を2発発射しました。射程は2600ヤードでした。ターゲットは停止し、4インチの弾幕と自動兵器の発射で開き、朝の7時まで続いた。標的は明らかに傷ついたが、それでも浮かんでおり、彼の銃撃は暗闇の中でホークビルを遠ざけた。

    夜明けまでクリアに引っ張ると、ホークビルは水没して再び入り始め、ターゲットを初鷹型急設艦のなめらかな機雷敷設艦として識別するのに十分なほど閉じました。彼は約400トンの小型海上トラックによって、船尾を最初に、ゆっくりと浜辺に向かって曳航されていました。 At extreme range of 4650 yards, Hawkbill fired a second salvo of three torpedoes at this target. Sighting the wakes, Hatsutaka opened fire with everything he had in an effort to detonate the torpedoes. To no avail, however, for one broke him in two with a terrific explosion amidships.”

    Davy Jones Locker Dive Expedition: March 28th 2008, Eastern Peninsular Malaysia

    After researching war reports and cross referencing this data against local knowledge, we determined the likely location of HIJMS Hatsutaka. Malaysian fishermen were aware of a large wreck in their waters, and suggested it was from the correct period, but were unaware of the identity.

    We believed the wreck would be situated several kilometers north of Dungun, to the north-west of Pulao Tenngol, approximately one kilometer off shore. This is a popular spot for the fishermen to drop fish traps, and for spear fishing.

    With the logistical assistance of local Tenngol Island dive operator Lee Tong Theng ‘Charlie’, we chartered a fishing boat and headed to the wreck site, with the objective of locating and identifying the Hatsutaka. Scheduled during one of South East Asia’s inter-monsoon periods, the expedition was coordinated to coincide with the best possible diving conditions. A large river estuary flows into the sea at Dungun, but we would be diving sufficiently far north for visibility to remain unaffected.

    Image: DJL Diving PADI Course Director Darius Moazzami prepares to dive

    Arriving early morning with near zero wave heights, we ran a brief sonar survey, before deploying the shot line. Maximum depth in this area is relatively shallow at 35m, but the region does suffer strong north-south currents.

    Image: Manolo tends to the depth sonar

    We planned five waves of wreck dives throughout the day, breaking into teams of two divers so we could discuss the observations from each dive and maximize the effectiveness of our survey. Visibility was in the 10-15m range, with the current running strong in the morning then easing off later in the day.

    On the first dive our shot line was secured to what we believe to be the forward section of the wreck. The ship is broken in two main portions, with the break situated amidships rear of the bridge.

    The bow section is lying on it’s port side, measuring approximately 45m in length. This forward section lies on a roughly north-south orientation.

    Image: Forward section of the WW2 Minelayer HIJMS Hatsutaka

    The stern section of the wreck is sitting upright on the seabed, approximately 25m off the bow section, extending west, towards the mainland. The structure is still mostly solid, with portholes lining the hull. This is all consistent with the information given in the original war report, with Hatsutaka being towed stern first towards the mainland, and breaking in two.

    In addition to the two main sections, there are other scattered areas of wreckage. Primarily attributable to the original torpedo attack, this is has also been contributed to by ‘dynamite fishing’ which was only made illegal and enforced by the marine police as recently as ten years ago.

    The wreck is rich with WW2 artifacts. In the debris field beneath the bridge, we observed typical WW2 Japanese naval items.

    Of particular interest was part of a pair of binoculars, which are characteristic of the superior optics used by the Japanese at this time.

    Left image: Part of a set of binoculars, typical of Japanese optics used in WW2

    Right Image: Gyroscopic compass and range finding device

    This artifact is very similar to a set recovered from the Japanese Heavy Cruiser Haguro [sunk 55 miles south west of Penang, Malaysia].

    Also fascinating, was a large gyroscopic ship’s compass and range finding instrument, fitted with intricate glass prisms and scales.

    After cleaning the coral of the top piece of the range-finder, we found the following manufacturers plate:

    Image: Makers plate on top of range-finding device

    The translation of the Japanese script, comes out as follows:

    90 Compass Type 1
    [Kou-Dai-Kyo] Big Mirror

    Type KA5 No. 19973
    Company Name
    Tokyo Keiki Sei Sakujo [Tokyo measurement company]
    Made December 1938

    Given that the HIJMS Hatsutaka was completed in 1939, the date of the makers stamp on the compass fits well.

    Scattered across the wreck we saw several pressure sensitive mechanisms which we assume to be part of a depth charge triggering mechanism. These are stamped with Japanese script.

    Image: Depth charge detonator device

    On the stern section there are many unexploded shells.

    We recovered an empty casing, which measured 25mm, again consistent with the technical details for HIJMS Hatsutaka.

    Image: 25 mm casing, consitent with HIJMS Hatsutaka’s armament

    We also observed what we assume to be an anti aircraft turret mounting, and believe the gun to has fallen off the mounting, into the wreckage.

    After 63 years on the seabed, the wreck of HIJMS Hatsutaka is now rich with marine life. The ship is encrusted with colorful corals, with an enormous population of fusiliers and trevelly surrounding the wreck, a testament to nature’s ability to overcome adversity.

    Diving the Hatsutaka was a fascinating experience, and we’ll soon return with another team of divers from Davy Jones Locker to further explore and map the wreck.

    Original Standardized wreck report follows

    • VESSEL_NAME: HIJMS Hatsutaka
    • VESSEL_NATIONALITY: Japanese
    • TYPE_OF_VESSEL: Minelayer
    • DEPTH_WRECK: 30
    • DEPTH_SEABED: 35
    • LOCATION: NW of Puluo Tenngol, Peninsular Malsysia
    • GPS_NORTH: UNKNOWN
    • GPS_EAST: UNKNOWN
    • WRECK_LENGTH: 90.9
    • WRECK_WIDTH: 11.3
    • WRECK_TONS: 1608
    • WRECK_PROPS: 2
    • BOTTOM_CONDITION: Sand
    • SENDER_EMAIL: [email protected]
    • SENDER_DIVESHOP_EMAIL: [email protected]
    • SENDER_DIVESHOP_URL: http://www.techdivethailand.com
    • authorisation_code: 78726329
    • SUBMIT_KEY: Submit
    • Remote Name: 118.173.232.16
    • Remote User:
    • HTTP User Agent: Mozilla/4.0 (compatible MSIE 7.0 Windows NT 5.1
    • InfoPath.2)
    • Date: Saturday, April 05, 2008
    • Time: 12:37:47 AM
    • HOW_WRECK_SUNK:

    This excerpt is from the Official History of the USS Hawkbill [http://usshawkbill.com/366/].

    “Continued westward and at two o’clock in the morning, 16 May, commenced patrolling in shallow water seven miles off the Malay coast, just north of Pulo Tenggol, Malaya, scene of much of Hawkbill’s later actions.

    Within two hours after arrival on station, and 2 hours before dawn, Hawkbill contacted an unidentified target running south along the coast. Within an hour after contact, after closing to get at the target before he could enter a mined area behind Pulo Tenggol, Hawkbill had fired six torpedoes from the forward nest for two hits. Range was 2600 yards. Target stopped and opened up with a barrage of four-inch and automatic weapons fire which lasted off and on until seven o’clock in the morning. The target was obviously hurt, but still afloat, and his gunfire held Hawkbill off during darkness.

    Pulling clear until dawn, Hawkbill submerged and started back in, closing sufficiently to identify the target as a sleek, fast mine layer of the Hatsutaka Class. He was being towed slowly toward the beach, stern first., by a small sea truck of about 400 tons. At extreme range of 4650 yards, Hawkbill fired a second salvo of three torpedoes at this target. Sighting the wakes, Hatsutaka opened fire with everything he had in an effort to detonate the torpedoes. To no avail, however, for one broke him in two with a terrific explosion amidships.”

    As WW2 progressed, American submarines become increasingly effective in disrupting Japanese shipping, reducing the transport of vital raw materials.

    In response, HIJMS Hatsutaka was modified and assigned the role of convoy escort, in an effort to restore the flow of aggregates for the Japanese war machine. Hatsutaka excelled in this new role. Fiercely defending Japanese marus throughout the Gulf of Thailand and Malaysian peninsular, Hatsutaka rapidly became the scourge of US Submarines in this area.

    On May 3rd 1945, Japanese Naval records show that the Hatsutaka attacked a submarine in the southern Gulf of Thailand, dropping depth charges on the submerged vessel at 30 fathoms. It’s believed that this was the Baleo Class submarine USS Lagarto [SS-371]. All 86 men on the USS Largato were lost.

    Commanding Officer of USS Lagarto, Commander Latta was a veteran of war, having previously made seven patrols as Commanding Officer of USS Narwhal II (SS-167). Every patrol made by this officer was designated successful for the award of combat insignia, a record surpassed by no commanding officer in the Submarine Force.

    USS Hawkbill [SS-366] Commanding Officer, Lt. Comdr. F. W. Scanland, Jr. was a close friend of Commander Latta. Stationed in peninsular Malaysia, when the Lagarto was reported overdue, he swore to avenge the loss of his colleagues.

    The bow section is lying on it’s port side, measuring approximately 45m in length. This forward section lies on a roughly north-south orientation.

    The stern section of the wreck is sitting upright on the seabed, approximately 25m off the bow section, extending west, towards the mainland.

    The structure is still mostly solid, with portholes lining the hull. This is all consistent with the information given in the original war report, with Hatsutaka being towed stern first towards the mainland, and breaking in two.

    In addition to the two main sections, there are other scattered areas of wreckage. Primarily attributable to the original torpedo attack, this is has also been contributed to by ‘dynamite fishing’ which was only made illegal and enforced by the marine police as recently as ten years ago.

    The wreck is rich with WW2 artifacts. In the debris field beneath the bridge, we observed typical WW2 Japanese naval items.

    Of particular interest was part of a pair of binoculars, which are characteristic of the superior optics used by the Japanese at this time.

    Also fascinating, was a large gyroscopic ship’s compass and range finding instrument, fitted with intricate glass prisms and scales.

    Scattered across the wreck we saw several pressure sensitive mechanisms which we assume to be part of a depth charge triggering mechanism. These are stamped with Japanese script.

    On the stern section there are many unexploded shells.

    We recovered an empty casing, which measured 25mm, again consistent with the technical details for HIJMS Hatsutaka.

    We also observed what we assume to be an anti aircraft turret mounting, and believe the gun to has fallen off the mounting, into the wreckage.

    After 63 years on the seabed, the wreck of HIJMS Hatsutaka is now rich with marine life. The ship is encrusted with colorful corals, with an enormous population of fusiliers and trevelly surrounding the wreck, a testament to nature’s ability to overcome adversity.

    [Davy Jones’ Locker Koh Tao] Gary Bain, Tim Lawrence, Darius Moazzami, Tristan Termat, Manuel Santana Lopez [ [email protected] ]

    DJL Diving | Koh Tao, Thailand
    PADI 5* GOLD PALM Resort [s-36338]
    BSAC Centre of Excellence [No.484]
    tel [+66] 77 456 604
    fax [+66] 77 456 303


    Disadvantages of the Hawkbill

    Although there are a lot of advantages to a Hawkbill knife there are also a lot of different disadvantages here are a few disadvantages to be aware of before buying a Hawkbill knife.

    Needs to Be Sharpened By a Professional

    Due to the inward curve of the cutting edge, hawkbill knives can be difficult to sharpen, particularly if you have one made from a premium quality steel like M390. If that is the case, you may need to consider having the knife sharpened by a professional.

    Unique Shape, Limits Uses

    Since the shape is so specific, the curve can limit the uses of the knife, especially if you select an unmodified version of the blade. A way to circumnavigate this is to decide what you’ll be needing the knife for, even in extreme situations, and to choose a modification that negates this.

    Modifications for a Wider Range of Functions

    It’s not unusual to find a blade that has had its shape modified. Usually, it’s to help the knife have a wider range of functions or to make it fit a specific task. Hawkbill knives are no exception, and they’ve been combined a variety of tips. Some examples of changes are with a tanto style tip which can offer more tip functions, and a karambit blade, which they closely resemble already.

    One modification to avoid is the fully serrated version. When it comes to tactical blades, it’s better to have either a straight edge or a partially serrated. Full serrations have too many restrictions, and in the end, a properly sharpened straight edge can perform as well as or better.

    When you find a tactical hawkbill knife for sale, make sure the distributor is reputable and uses quality materials. After all, this knife may need to save your life.


    ビデオを見る: 東鶏冠山北堡塁


コメント:

  1. Mazujind

    私にはそれは素晴らしいアイデアのようです。仰るとおりです。

  2. Leil

    そして、それは何かを言うことですか?

  3. Leonard

    あなたの能力のレベルを判断することは私には非常に難しいですが、あなたはこのトピックを非常に深くそして有益に明らかにしました

  4. Koofrey

    私も一緒でした。このテーマでコミュニケーションをとることができます。



メッセージを書く