あなたが知っておくべき6人のバイキングリーダー

あなたが知っておくべき6人のバイキングリーダー

1.ロロ:ノルマンディーの最初の支配者

デンマーク人かノルウェー人を起源とするこのバイキングの指導者は、9世紀にフランスを襲撃し始めました。 911年、サンクレールシュルエプテ条約の下で、西フランク王のシャルル3世は、ロロに他のバイキングから保護するために、現在ノルマンディーと呼ばれている地域の一部を与えました。襲撃者。ロロは後にこの地域の支配権を拡大し、彼が亡くなった頃、約928年に息子のウィリアムロングソードに引き継がれました。 1066年、ロロの子孫の1人、ノルマンディー公ウィリアムがイングランドへの侵攻に成功しました。ウィリアム征服王は、彼が知られるようになると、1087年までイングランドの王としての役割を果たしました。ロロの死後1000年以上後、第二次世界大戦中の連合軍は1944年6月6日にノルマンディーのビーチに上陸し、解放を開始しました。ナチスドイツの支配からの西ヨーロッパの。

2.赤毛のエイリーク:グリーンランドで最初のノース人居住地を設立

ノルウェーで生まれた赤毛のエイリークは、彼の赤い髪とおそらく彼の熱い気性のために彼のニックネームを獲得しました。エリックの父親は、誰かを殺したためにノルウェーから追放された後、家族と一緒にアイスランドに逃げました。そこで、エリック自身が過失致死罪で告発され、982年頃にアイスランドから亡命しました。家を出た後、彼は西に航海し、将来の開拓者を誘惑するためにグリーンランドと名付けました。数年後、エリックはアイスランドに戻り、植民者をグリーンランドに運ぶ25隻の艦隊を編成し(旅を生き延びたのは14隻のみ)、986年に2つの主要な集落を設立しました。ピーク時には、グリーンランドの植民地には推定5,000隻がありました。住民。エリックの死後、グリーンランドのノース人コミュニティは14世紀と15世紀に放棄されるまで続きました。ノースグリーンランド人が姿を消した正確な理由は謎ですが、気候の冷え込みや貿易機会の減少など、さまざまな要因の組み合わせが影響を及ぼした可能性があります。

3.オラフ・トリッグヴァソン:ノルウェーにキリスト教をもたらした

ノルウェーを統一した最初の王であるハーラル1世の孫であるオラフは、968年頃に生まれ、父親の死後、ロシアで育ったと考えられています。 991年、オラフはバイキングのイングランド侵攻を主導し、モルドンの戦いで勝利を収めました。その後、少なくとも一時的に、将来の攻撃を防ぐために、イギリス人はヴァイキングに報いました。このタイプの支払いは、Danegeldとして知られるようになりました。 994年、オラフと彼の同盟国であるデンマークの王スヴェンフォークビアードは、イングランドへの別の襲撃を開始し、より多くのデーンゲルドを獲得しました。翌年、オラフは戦利品を使ってノルウェーを侵略し、その支配者であるハコン大王が殺害された後、王になりました。王として、オラフは彼の主題をキリスト教に改宗させることを強制しました。それ以前は、ほとんどのスカンジナビア人は多くの神​​々を崇拝した異教徒でした。オラフの行動は彼に敵をもたらしました。その中には、ノルウェーでデンマークの支配を回復したいと考えていたかつての同盟国であるスヴェン1世や、ハコンの息子であるフラディールのエリックが含まれていました。 1000年、オラフは海での戦いでライバルに待ち伏せされました。しかし、降伏する代わりに、彼は船の側面を飛び越えたと思われ、二度と見られることはありませんでした。

4.レイフ・エリクソン:コロンブスを500年で新世界に打ち負かす

一般に、北米大陸に足を踏み入れた最初のヨーロッパ人と見なされていたレイフは、クリストファーコロンブスの約500年前にそこに着きました。 970年頃にアイスランドで生まれたと信じられていたレイフは、後にグリーンランドに移り、そこで父親の赤毛のエイリークが最初のノース人の入植地を設立しました。 1000年頃、レイフは、グリーンランドに向かう途中で船がコースを吹き飛ばしたときに、ビャルニヘルヨルフソンというアイスランド人によって数年前に発見された領土を探して出航しました。遠征中、レイフはヘルランド(「平らな石の土地」)と呼ばれる地域に到着しました。歴史家はバフィン島である可能性があると考えており、ラブラドールと思われるマークランド(「森林地帯」)と呼ばれる場所に南下しました。その後、ヴァイキングはニューファンドランドと思われる場所にキャンプを設置し、ブドウやベリーが発見されたと思われるため、レイフがヴィンランド(「ワインランド」)と名付けた周辺地域を探索しました。レイフが貴重な材木貨物を持ってグリーンランドに戻った後、他のノース人はヴィンランドに旅することに決めました(レイフは決して戻ってこなかった)。しかし、北米でのバイキングの存在は、おそらく敵対的な先住民との衝突のために、短命でした。北米で唯一認証されたノース人の入植地は、1960年代初頭、ニューファンドランドの北端にあるランスオメドーと呼ばれる場所で発見されました。そこで見つかった遺物は約1000年のものです。

5.クヌート1世:イギリスのバイキング王

デンマーク国王スヴェンフォークビアードの息子であるクヌート(またはカヌート)は、1013年に父親がイングランドを征服するのを手伝いました。しかし、翌年スヴェンが亡くなると、亡命したアングロサクソン王エゼルレッド2世が政権に復帰しました。エゼルレッドは1016年に亡くなり、息子のエドマンド2世に引き継がれました。その年の後半、クヌートがアシンドンの戦いで彼を打ち負かした後、エドマンドはクヌートにイングランドの一部に対する権力を与える条約に署名した。しかし、ほんの数週間後、エドマンドは亡くなり、イングランド全土がクヌートの支配下に置かれました。そこでの彼の治世は、何年にもわたる襲撃と戦闘の後に安定をもたらしました。デンマーク、ノルウェー、そしておそらくスウェーデンの一部も最終的にクヌートの支配下に置かれ、広大な帝国を形成しました。彼が1035年に亡くなったとき、息子のハロルド1世はイングランドの王となり、1040年に亡くなるまで奉仕しました。その後、クヌートのもう1人の息子であるハーデクヌーズ(エゼルレッドの未亡人との結婚から)が王位に就きましたが、1042年の彼の死はイギリスのデンマークの支配。

6. Harald Hardrada:最後の偉大なバイキングリーダー

1015年にノルウェーでHaraldSigurdssonに生まれ、1030年に亡命したノルウェー王である異父母のOlaf Haraldssonが権力を取り戻そうとして、Stiklestadの戦いで10代のときに戦いました。代わりに、オラフの軍隊は敗北し、彼は殺され、ハラルドは亡命し、最終的にキエフ大公ヤロスラフ1世の傭兵としての任務を果たしました。その後、ハラルドはコンスタンティノープルに旅行し、ビザンチン皇帝の権威あるヴァラング親衛隊に加わりました。裕福で熟練した軍事司令官になった後、彼は1040年代半ばまでにスカンジナビアに戻りました。そこで彼は、ノルウェーとデンマークを統治したマグヌス1世と戦うために、デンマーク王位継承者であるスヴェイン・エストリスソンと同盟を結びました。しかし、マグナスが彼をノルウェーの共同支配者にすることを決定したとき、ハラルドは1046年にスヴェインとのパートナーシップを捨てました。マグナスが翌年亡くなった後、ハラルドはノルウェー王位の完全な支配権を獲得し、スヴェインはデンマークの王になりました。ハラルドは何年もの間スヴェインと戦い続けましたが、戦いの大部分を勝ち取ったにもかかわらず、ハラルド(そのニックネームはハードルーダーとして解釈されます)は1064年に敵と和解し、デンマークへの主張を放棄することを選択しました。その後、ハラルドは焦点をイギリスに移し、2年後に大きな力でイギリスに侵入し、フルフォードの戦いで勝利を収めました。しかし、その数日後、イングランドの新しい王、ハロルド2世がスタンフォードブリッジの戦いでハラルドの軍隊を一掃しました。その間に、後に偉大なバイキングの戦士の王の最後と呼ばれるハラルドが殺されました。その後1か月も経たないうちに、ウィリアム征服王に率いられたノルマンの侵略者がヘイスティングズの戦いでイギリス軍を打ち負かし、その間にハロルド2世が殺害されました。


ページオプション

英国のサイト、特に大部分が無防備な修道院のサイトでの海上スカンジナビアの海賊による襲撃は、西暦8世紀の終わりに始まりました。

9世紀の終わりまでに、英国のさまざまな地域にスカンジナビア人の大規模な入植地があり、彼らは重要な領土を政治的に支配するようになりました。

11世紀初頭、デンマークの王はイギリスの王にもなりました。そして1066年には、ノルウェー王ハーラル3世と、北フランスのスカンジナビア人入植者の子孫であるノルマンディー公ウィリアムによる別々の侵略がありました。

北部の多くの修道院が破壊され、襲撃の記録もありました。

しかし、この時代の最も重要な発展は、スカンジナビアが英国の問題に関与したことの間接的な結果でした。つまり、新たに統一された領土の2つの王国、イングランドとスコットランドの出現でした。

西暦793年、苦悩したヨークのアルクィンは、リンディスファーンの司教であるヒグバルドとノーサンブリアの王エゼルレッドに、バイキングの襲撃者、おそらくノルウェー人が北海を直接ノーサンブリアに向かって航海したことによるリンディスファーン修道院への予期せぬ攻撃を嘆きました。

Lindisfarneが破壊されなかったことは手紙から明らかです。アルクィンは、修道院の道徳的改革によってさらなる攻撃を回避できるかもしれないと示唆した。

次の数十年の間に、北部の多くの修道院が破壊され、彼らが襲撃について記録したかもしれない記録がありました。スコットランドでの襲撃の歴史的な詳細はわかりませんが、広範囲にわたるものだったに違いありません。

イオナは西暦802年に焼かれ、68人の僧侶が西暦806年の別の襲撃で殺されました。残りの僧侶たちは、おそらくアイオナ島で作成された福音書を持ってケルズ(アイルランドのミース州)に逃げましたが、現在は「ケルズの書」として知られています。

スコットランドとイングランド北部の他の修道院は、単に記録から消えます。リンディスファーンは放棄され、僧侶たちは西暦995年にダーラムに家を見つけるまで、最大の所有物である聖カスバートの遺物を持ってイングランド北部を旅しました。


イングランド

イングランドでは、8世紀後半に惨めな襲撃が発生しましたが(特に793年のリンディスファーン[聖島]の修道院への襲撃)、ラグナル・ロズブロークの息子たちが率いる軍隊がインワー(イヴァル骨なし)、そしておそらくハバ(ウッボ)-東アングリアとノーサンブリアの古代王国を征服し、マーシアを以前のサイズの何分の1かに縮小しました。それでも、878年に停戦が成立したアルフレッド大王のウェセックスを征服することはできませんでした。停戦は886年またはその直後に条約の基礎となりました。これはイギリスの多くがデンマークの手にあることを認めました。 892年から899年にかけて、ヴァイキングの新しい軍隊に強く押されましたが、アルフレッドはついに彼らに勝利し、ウェセックスの精神はほとんど壊れなかったため、息子のエドワード長兄王はデンマークイングランドの再征服を開始することができました。 924年に彼が亡くなる前に、古いメルシャンと東アングリアの領土にある小さなデンマークの州が彼の前に倒れていました。遠く離れたノーサンブリアは、主にアイルランドのバイキング指導者の下で、より長く抵抗しましたが、そこでのスカンジナビアの権力は、954年にエドレッドによって最終的に清算されました。イングランドへのバイキングの襲撃は980年に再び始まり、国は最終的にカヌート帝国の一部になりました。それにもかかわらず、故郷の家は1042年に平和的に復元され、バイキングの脅威はウィリアム1世の治世にカヌート2世によって行われた無効なパスで終わりました。イギリスでのスカンジナビアの征服は、社会構造、方言、地名、個人名(見る デーンロウ)。


追加のリーダーシップスタイルとモデル

Lewinと彼の同僚によって特定された3つのスタイルに加えて、研究者はリーダーシップの他の多くの特徴的なパターンを説明しました。最もよく知られているもののいくつかは次のとおりです。

トランスフォーメーショナルリーダーシップ

トランスフォーメーショナルリーダーシップは、多くの場合、単一の最も効果的なスタイルとして識別されます。このスタイルは、1970年代後半に最初に説明され、後に研究者のバーナードM.バスによって拡張されました。トランスフォーメーショナルリーダーは、フォロワーを動機付けて刺激し、グループ内で前向きな変化を導くことができます。

これらのリーダーは、感情的に知的で、エネルギッシュで、情熱的である傾向があります。彼らは、組織がその目標を達成するのを助けるだけでなく、グループメンバーが彼らの可能性を実現するのを助けることにも取り組んでいます。

調査によると、このスタイルのリーダーシップは、他のリーダーシップスタイルよりも高いパフォーマンスとグループ満足度の向上をもたらします。ある研究では、トランスフォーメーショナルリーダーシップがグループメンバーの幸福の向上につながることもわかりました。

トランザクションリーダーシップ

トランザクションリーダーシップスタイルは、リーダーとフォロワーの関係をトランザクションと見なします。グループのメンバーとしての地位を受け入れることにより、個人はリーダーに従うことに同意しました。ほとんどの場合、これには雇用主と従業員の関係が含まれ、トランザクションは、金銭的補償と引き換えに必要なタスクを完了するフォロワーに焦点を合わせます。

このリーダーシップスタイルの主な利点の1つは、明確に定義された役割を作成することです。人々は、自分が何をする必要があるのか​​、そしてそれと引き換えに何を受け取るのかを知っています。このスタイルにより、リーダーは必要に応じて多くの監督と指示を提供できます。

グループのメンバーはまた、報酬を受け取るためにうまく機能するように動機付けられるかもしれません。最大の欠点の1つは、トランザクションスタイルが創造性と独創的な思考を阻害する傾向があることです。

シチュエーションリーダーシップ

リーダーシップの状況理論は、リーダーシップに対する環境と状況の重大な影響を強調しています。ハーシーとブランチャードのリーダーシップスタイルは、最もよく知られている状況理論の1つです。 1969年に最初に公開されたこのモデルは、次のような4つの主要なリーダーシップスタイルを表しています。

  1. 伝える:人々に何をすべきかを伝える
  2. 販売:フォロワーに自分のアイデアやメッセージを受け入れるよう説得する
  3. 参加:グループメンバーが意思決定プロセスでより積極的な役割を果たすことを可能にする
  4. 委任:リーダーシップに実践的なアプローチを取り、グループメンバーが意思決定の大部分を行えるようにする

その後、ブランチャードは元のハーシーとブランチャードのモデルを拡張して、学習者の発達とスキルレベルがリーダーが使用すべきスタイルにどのように影響するかを強調しました。ブランチャードのSLIIリーダーシップスタイルモデルは、4つの異なる主要なスタイルについても説明しています。


アングロサクソンの戦士:知っておくべき10のこと

アングロサクソン人は、ヨーロッパ大陸のゲルマン族のグループで構成されていましたが、5世紀からイギリスに定着しました。この結果として生じたアングロサクソン時代(およそ西暦449年から1066年)は、イギリス国家の創設とイギリスのキリスト教の復活につながりました。そして、文化や宗教を超えてさえ、これらのゲルマン人の永続的な遺産の1つは、言語の野心への貢献です。これは、今日、古英語として知られています。しかし、この記事では、アングロサクソン人に関連するあまり知られていない道の1つを探索することにしました。それは、古代の「野蛮人」ドイツ人と秩序ある中世の軍隊との間のギャップを埋めた彼らの信じられないほどの軍隊に関係しています。ですから、これ以上苦労することなく、アングロサクソン人とその戦士について知っておくべき10の魅力的なことを見てみましょう。

1)ローマの影響?

アンガス・マクブライドによるイラスト

ローマ帝国の支配の衰退は、英国の島々の海岸にアングロサクソン人が到着するための調子を整えましたが(西暦5世紀頃)、後期ローマ帝国はすでに「包括的」軍事ドクトリンに従っていることに注意する必要がありますそれは補助ユニットの雇用を可能にしました。 4世紀までに、北のフロンティアでは、これらの補助部隊はしばしばゲルマンのサブ部族全体で構成されていました。 フォエデラティ (連合軍)行進、緩衝地帯、および紛争地域。同じ時期に、ローマ人(またはローマ・ブリトン文化)は、独立したアングロサクソン族の侵略から海岸を守るために、すでに沿岸防衛施設を設立し始めていました。

ですから、ある種の混沌とし​​たひねりの中で、近隣地域からのゲルマンのサブ部族の多くが フォエデラティ ローマ人のうち、独立したアングロサクソン人はそれ自体がローマ(またはサブローマン)の領土を襲撃していました。しかし、ローマ軍の支配的な影響力を考えると、両側のこれらのゲルマン軍は、ローマの補助部隊と同様の方法で装備されていることがよくありました。実際、ローマ様式の継続とドイツ人への影響 フォエデラティ 7世紀後半のアングロサクソン軍の装備にも見られました。

2) ハースヴェル ウォリアーズ–

英国への大規模なゲルマン移民の混沌とし​​た範囲では、部族の武将と「王」は、保護と脅迫の両方の目的で、選ばれた戦士のバンドを集める傾向がありました。歴史家のマーク・ハリソンが議論したように(彼の本の中で アングロサクソン従士449-1066AD)、フォロワーはおそらく一般の人々から選ばれ、選ばれたときに高いステータスが提供されました ハースヴェル (またはヒースガード)戦士。言うまでもなく、これらの男性はアングロサクソン軍のサークルで最高の装備と武器を持っていましたが、「ビジネス」のために専用の方法で訓練する余裕のある王と王子の家軍にも数えられました戦争の。

興味深いことに、後の中世のイングランド軍(および他の西ヨーロッパの領域)は、ほとんどがボディーガードのコアと「騎士」ユニットで構成されていました。これらのユニットは、はるかに多くの支援部隊に囲まれていました。 ハースヴェル アングロサクソン人の戦士はしばしば軍隊の大部分を形成しました(少なくとも初期の時期には)。ここで、「軍隊」という用語自体はかなり曖昧であることに注意する必要があります。特に、アングロサクソン人の5〜6世紀の軍隊は非常に小さかったためです。

たとえば、の断片的な詩では フィンネスブルグで戦う、軍隊は60人しかいないと言われています。同様に、ピートソーヤーのような現代の歴史家の中には、実際に「軍隊」を構成するものを定義する際に語源的なルートをとっています。 ウェセックスのイネ王の法則 (西暦694年に発行)、 ここ または軍隊は35人だけで構成されています!したがって、信頼できるルートを取ることにより、初期のアングロサクソン人の武将は数百人の軍隊しか持っておらず、これらの軍隊は主に指導者の選ばれた軍隊で構成されていたと推測できます。

3)セレクトの進化 フュルド–

フュルド または課税はかなり古いゲルマンの習慣であり、大規模な戦争や遭遇の時期にすべての(またはほとんどの)健常な男性の徴兵を単に伴うものでした。しかしもちろん、西暦7〜8世紀後半までに、アングロサクソン人の人口グループのほとんどは農地に平和的に定住し、政治エリートが率いるダイナミックな軍事システムに明らかなギャップを残しました。簡単に言えば、(英国の島々での)移住と定住の間の初期の混沌とし​​た時代は少数の ハースヴェル 戦士たち、8世紀までにアングロサクソン人の指導者たちは彼らの確立された王国を持っていました。したがって、ある意味で、彼らの土地を保護し、戦争を行うためには、より多くの兵站努力が必要でした(紛争はよりまれでしたが)。

その結果、アングロサクソン人の支配者は一般的な フュルド、のように ウェセックスのイネ王の法則 それは、必要に応じて兵役のために15歳から60歳までのすべての自由人を召喚することに言及しました。しかし、時間の経過とともに、男性の大衆の一般的な徴兵は、毎年の耕作に必要な農業労働に直接影響を及ぼしたため、実行可能な経済的範囲ではありませんでした。

そのため、解決策として、アングロサクソン人は「選択」として知られているものを実装し始めました フュルド」、これは基本的に徴兵された男性の数が少ないため、農業活動を維持するためにかなりの数を残しました。その結果、この小さい(まだ管理しやすい) フュルド より多くの thegns (元々は使用人を意味していましたが、実際には貴族-戦士のクラスに関係していました)。

4)プロフェッショナル ハスカール–

ジェリーエンブルトンによるイラスト。

イギリスでのアングロサクソン統治の最盛期に、軍事スコープは新しい戦士の制度を生み出しました–そして彼らはとして知られていました ハスカール またはハスカール語(古ノルド語: húskarlar)。興味深いことに、彼らは当初スカンジナビア出身であり、そのため、北欧の武将と王のボディーガードと家庭軍の役割を果たしました(ハスカール 世帯の男性に変換されます)。言い換えれば、戦場と平時社会の両方での彼らの役割は、前述のものとかなり似ていました ハースヴェル 戦士。しかし、厳密にアングロサクソン人のアイデンティティとは対照的に、これらのハスカールは、西暦11世紀の初めまでに、スカンジナビアの大君主(イングランドとデンマークを統治したクヌート王など)に仕えました。

それは必ずしも、ハスカールがスカンジナビア人を彼らの階級にのみ誘導したことを意味するわけではありません。そのために、クヌートのハスカール部隊にはおそらく「英語」のアングロサクソン人が含まれていたため、「混合」部門の独自の範囲をほのめかし、古英語と古ノルド語が戦場で戦術的に機能するのに十分類似していたことを示唆しています。そして次の年には、スカンジナビアの幕間が終わった後、イギリスの王位がアングロサクソン人の手に渡ったときでさえ、ハスカールは土地所有クラスとして多くの管理職に就きました。

現在、英語とスカンジナビアの両方の影響を伴う混血の遺産を超えて、後のハスカールの一部が戦士に支払われた可能性があります-したがって、彼らはプロの兵士になります。有償のハスカールを採用する傾向は、王冠が傭兵軍を編成することさえあったアングロサクソン統治の決定的な年の間にもっと一般的だったでしょう。しかし、伝統的な húskarlar おそらく彼らの大君主によって(金銭的補償ではなく)贈り物でのみ支払われました。

5)死の義務–

以前のエントリの1つで、 thegns 貴族戦士の指定されたクラスであり、自由人とアングロサクソン社会の遺伝的貴族の間のどこかに配置されました。いずれにせよ、時間の経過とともにの役割 thegns 多くの場合、王冠の役人としての能力により、本質的により「市民的」になりました。彼らのほとんどはまだ自由人で土地所有者だったので、そのような変更は実際には兵役から彼らを免除しませんでした(したがって thegns 多くの場合、育てられたの司令官でした フュルド)。また、タイトル以来 thegn の死で、公式に遺伝的ではありませんでした thegn、彼の後継者は王冠に「支払う」必要がありました。 相続上納物 または彼の土地を保持するために、死の義務。

ハリソンによれば、この死の義務は主に、王冠に供給された軍事装備(多くの場合、金銭の支払いに置き換えられます)を伴いました。 thegn、王は戦士を失いませんでした。その結果、これらの供給された武器と兵器は、選択されたメンバーによって使用されました フュルド または有料の傭兵によって。その点で、西暦10世紀の終わりまでに、 相続上納物 王室の thegn (上位 thegn 王に直接仕えた)は、4つの盾、4つの槍、4つの馬(うち2つは鞍)、2つの剣、兜、郵便物で構成されていました。

6) ヒール 人生 -

これは、ローマの歴史家タキトゥスがゲルマンの戦士について言わなければならなかったことです–

戦争に従事していないとき、彼らは狩猟に一定の時間を費やしますが、睡眠と食事以外のことは何も考えず、怠惰にはるかに多くを費やします。最も大胆で最も好戦的な男性には定期的な雇用がなく、家、家、畑の世話は女性、老人、家族の弱者に任されています。このように彼らの時間をぼんやりさせて、彼らは奇妙な矛盾を示します–同時に、怠惰を愛し、平和を憎みます。

そして、アングロサクソン人の戦士は、前述の観察から4世紀以上後に英国に出現しましたが、特に社会的側面に関しては、彼らのドイツ人のルーツは非常に明白でした。そのために、平均的な駅でさえ、戦士クラスのほとんどの男性は、卑劣な仕事としての地位を前提として、農業に嫌悪感を抱いていました。しかしもちろん、アングロサクソン人がより定住するようになった期間の間に、実用性は中堅の多くが中堅の経済シナリオを要求しました thegns 農業を監督した地方の地所と引き換えに彼らの剣をあきらめるでしょう。

しかし ヒール (長ホール)は、高位の戦士の社会的活動の焦点であり続け、領主の邸宅内の構造の中心的な場所にありました。実際、多くの場合、 ヒール 主と彼の何人かのメンバー(そして仲間)の住居でした ハースヴェル。広い広場と中央の暖炉のあるホールは、これらの高位の戦士たちがごちそうを食べ、飲み、戦いを計画し、さらには論争や戦いを繰り広げたハブとなったと言えば十分でしょう。これらの活動は、選ばれた贈り物の配布や戦争詩の朗読などの娯楽的なものによって補完されることがよくありました。もちろん、すべての戦士が ヒール、非常に上級のメンバーと(duguth)多くの場合、異なる土地や不動産が割り当てられます。

7)ローフガーディアンとミード–

最後のエントリーでは、アングロサクソンの戦士コミュニティの領主について話しました。現在、「主」という用語は古英語に由来しています フラフォード、これは大まかに「ローフガーディアン」に変換されます。簡単に言えば、ホストが彼の信者にパンを配ることは、主と彼の戦士の間の象徴的な関係と忠誠を意味しました。宴会とパンの塊についてのすべての話で、アングロサクソン人の食事はタンパク質が豊富で、消費された肉の割合が高かったことに注意する必要があります。もちろん、これは、蜂蜜、スパイス、穀物から作られたアルコール調合剤、特にミードによって補完されました。実際、ミードという用語(または medu 古英語で)は非常に遍在していたので、おそらく多くのアルコール飲料を指すために使用されていました。そしてその人気に続いて、モルトエールのような飲み物が続きました。 ミールティーロス.

さて、ごちそうと飲酒は兵士と役人の苦難を和らげるために少しずつ努力しましたが、これらの習慣はアングロサクソン人の戦士サークル内の階層も反映していました。たとえば、主によって設定されたテーブルに沿った座席配置は、個々の王室のステータスを反映していました thegns、(リーダーに)最も近いものも実際の戦場での位置を複製します。しかしもちろん、隠された重要性と象徴性を超えてさえ、これらのレクリエーション活動は、多くの場合、上級軍人がより自由な口調で互いに通信する結合演習として機能し、したがって、実際のより良い計画と調整を可能にします。時間シナリオ。

8)ウェッジとシールド-フォート–

当時の現代の情報源は、初期のアングロサクソン人の戦争のスタイルと編成について正確には明確ではありませんが、古英語のいくつかの用語は、これらの戦士によって支持された可能な戦術的範囲を示唆しています。そのために、兵士の会社のリーダーはしばしば次のように説明されます ordfruma (大まかに「ポイントリーダー」に翻訳されます)、したがって、アングロサクソン人が、古代ゲルマンの兄弟のように、指揮官が頂点に大胆に位置するウェッジフォーメーションをどのように使用したかをほのめかします。しかし、そのようなタイプの特定のフォーメーションは、おそらく軍隊に少数の兵士がいる場合にのみ効果的でした。これは、ウェッジがエリートの専門であったことを示唆しています。 ハースヴェル 軍。

言い換えれば、あまり訓練されていない フュルド 専用のフォーメーションで戦場を操縦することは実際には期待されていませんでした。しかし、それは必ずしも槍と盾だけで圧倒的に武装したこれらの徴兵された兵士が単一の集団編成に配置されたことを意味するわけではありません。むしろ、彼らは出身地(ケントやサマセットなど)に従って配置され、これらのグループの男性は、血縁とお互いの親しみやすさに基づいて、それぞれの部門で戦いました。時間が経つにつれて、部門はなんとか使用することができました scildburh (またはシールドフォート)、控えめでありながら密集した(おそらく正方形のような)形成 フュルド より良い装甲の男性が最前線に配置されて、フィールドを取りました。

後の時代には、エリート ハースヴェル そしてハスカールはおそらくこれらの固体間のギャップを「埋めた」 scildburh したがって、フォーメーションは、戦術的な役割を果たすだけでなく、「庶民」の士気を高めることができる心理的な演習も行います。しかし、他の機会には、重大なヘイスティングズの戦い(西暦1066年頃)のように、王室のハスカールはおそらく別々の部門に配備されていました。

9)の罰 ニーズ–

後のキリスト教の価値観がゲルマン人の多くの罰の厳しさを和らげたことは間違いありません。したがって、古代ドイツ人は脱走のために死刑を執行しましたが(脱走兵は時々、彼の恥を「隠す」ために、秘密裏に絞首刑にされたり、溺死したりしました)、アングロサクソン人はおそらくそのような残忍な方法を選びませんでした。ここで、アングロサクソンの戦士社会では、 thegn 彼の領主に最も重要で敬意を持って見られました-そして、そのように、領主が彼の主題に与えることができる最大の罰は ニーズストング.

Nithingの罰は基本的に主題になりました(通常は thegn)「非実体」、したがって彼を社会とその法律の認識された境界の外のパリアにします。ある意味で、彼には家族、仲間、友人、そして領主がいなかったのです。したがって、理論的には、被告人は、既存の法的枠組みに干渉することなく、動物のように殺害または追い詰められる可能性さえあります。興味深いことに、同様の種類の罰として知られています ダムナティオメモリアエは、後期帝国を悩ませている頻繁な内戦で「間違った」側をとったローマ軍団兵に会いました。

10)戦争の叫び–

タキトゥスはこれについてこう言っています バリタス、1世紀のゲルマン軍隊の有名な戦争の叫び(出典 アングロサクソン従士449-1066AD(マークハリソン著)

彼らはまた、彼らが呼ぶよく知られた種類の聖歌を持っています バリタス。これを表現することで、彼らは勇気を燃やすだけでなく、音を聞くだけで、接近するエンゲージメントの問題を予測することができます。彼らは、戦場で鳴る音の性質に応じて、敵を怖がらせるか、自分自身を怖がらせるかのどちらかであり、それを単に多くの声が一緒に唱えているだけでなく、ベロアの一致と見なしているからです。彼らが特に目指しているのは、耳障りで断続的な轟音であり、シールドを口の前に保持しているため、残響によって音がより深いクレッシェンドに増幅されます。

今では彼らの古代ドイツの兄弟たちの遺産のほとんどのように、 バリタス おそらく戦闘状況でアングロサクソン軍によって「修正された」形で使用されました。この一例は、の叫びに関係する可能性があります うーん、うーん! (またはアウト、アウト!)。キリスト教の養子縁組はまた、次のような宗教に刺激された発話をもたらしました。 ゴデマイト! (全能の神!)そして オリクロス! (聖十字架!)–イギリスの最後のアングロサクソン王であるハロルド2世の戦士によって例示されています。

佳作–ヘルメット、剣、 スクラマサクス–

アンガス・マクブライドによるイラスト

アングロサクソン人に関連する最も有名な画像は、間違いなく壮大なサットンフーのヘルメットに関連しています。 But unfortunately, from the archaeological perspective, there are very few actual examples of helmets that had been excavated from Anglo-Saxon sites (including burial grounds). From such pieces of evidence, it can be gathered that helmets were not really the norm for ordinary Anglo-Saxon soldiers, at least till the 11th century AD.

As for offensive weaponry, like most European medieval cultures, swords were viewed as weapons of honor and prestige – with the broad-bladed, double-edged variety being the predominant form used in this part of the world. And given the high status associated with swords, many of the specimens were valued as heirlooms passed down from generation to generation.

Interestingly enough, the Anglo-Saxons were also known for using a variant of a blade-type weapon that was somewhere between a sword and a knife. Known as seaxes, these single-edged long knives varied in sizes, with the smaller ones used as cutlery while the bigger ones (of 90 cm length), though lacking in pommels, were almost substitutes for swords. But beyond swords and seaxes, the most common offensive weapon obviously entailed the spear (in combination with shields). To that end, the Anglo-Saxon warriors were known to wield both throwing and thrusting-type spears, while sometimes also maneuvering a ‘hybrid’ variant that could be used both as a javelin and as a close-combat weapon.

Book References: Anglo-Saxon Thegn 449-1066 AD (By Mark Harrison) / The Anglo-Saxon World (By Nicholas Higham, M. J. Ryan)

And in case we have not attributed or mis-attributed any image, artwork or photograph, we apologize in advance. Please let us know via the ‘Contact Us’ link, provided both above the top bar and at the bottom bar of the page.


2 The Battle of the Ice

The early 13th century was a rough time to be Russian, because for some reason, every other nation on Earth decided to take turns picking on them. They were attacked first by the Mongols and then by the Swedes, so their forces were already desperately depleted by 1242, when they answered a knock at the door and found the goddamn Crusades waiting for them on the other side. Apparently, the West had decided that the Russians' Eastern Orthodox Christianity was the wrong kind of Christianity.

Going into this battle were some of the most heavily armored knights of the Middle Ages, among them the prominent Livonian branch of the Teutonic Order. As demonstrated by the harsh hit-points they dished out in Age of Empires II, Teutonic Knights were among the most elite, best-financed and overburdened assholes on the planet, wearing head-to-toe armor that made them the closest thing to Iron Man without being Iron Man.

Opposing them was the rabble of the Novgorod Republic, one of the few Russian principalities still breathing in the aftermath of the Mongols. All they could face the Crusader army with were some poorly armed local militia, two princes, and some of their royal bodyguards.

But there is a harsh however simple lesson in warfare that western Europe seems to keep forgetting again and again -- do not attack Russia in winter.

The Battle of the Ice took place on April 5, 1242, on the frozen straits between the northern and southern parts of Lake Peipus. This ice did not lie flat in the winter, but jagged, like the Fortress of Solitude. Nevertheless, the Crusader army charged across the lake like a bunch of football players, apparently not realizing that doing any kind of fighting on a slippery surface is a bad idea, never mind when you're an army decked out in the heaviest armor in the world.

The Crusaders ended up fighting hand-to-hand combat for hours on the ice's slippery surface against Novgorodian militiamen standing safely on a beachhead, until someone finally said, "Hey, how about fuck this."

When they tried to retreat, though, the ice supposedly broke from underneath them。 Though it should be noted that this tidbit comes from the Novgorod chronicles of the life of Alexander Nevsky, aka the single most badass Russian in history. As such, there's a chance that the part about the ice breaking under the Crusaders may have been added just to make for some cooler pictures.


5. They Had Their Own Complex Calendar

While the Romans had the Julian calendar, the Celts had their own calendar for predicting the seasons and calculating time. The Coligny calendar was found in woods near Coligny, France in the 1890s, and consisted of a large bronze tablet with intricate engravings. It was originally a mystery what the tablet, which is 1.48 meters x 0.9 meters (4’10” x 2’11”), represented though it was ascertained to have been made during the 2 nd Century based on the artifacts it was found with.

When it was reconstructed, it was finally revealed to be a calendar which covered 5 years divided into 12 months per year with an extra month once every third year which functioned in the same way as a leap year. The calendar was extremely complex, and even accounted for the different times the sun and moon took to circle the earth which meant it kept time accurately, unlike the Julian calendar which sometimes resulted in the Romans celebrating the start of Spring in August. The calendar was probably created and used by druids and functioned partly to help with the timing of festivals and rituals.


7 medieval kings of England you should know about

With lands to conquer, rebellions to quash and finances to raise, ruling over medieval England was no mean feat. Some monarchs flourished, while others floundered. Here, we look back on the reigns of seven kings whose leadership changed the course of English history.

This competition is now closed

Published: June 21, 2021 at 8:50 am

Richard I

Despite being one of England’s most iconic medieval kings, Richard I (r1189–99) spent only six months of his decade-long reign on English soil and may not have even spoken English. His energies were undoubtedly focused towards international war-mongering rather than affairs within England itself.のために書く History Extra, Andrew Gimson argues that Richard’s “only use for England” was to raise money through taxes in order to wage war abroad.

As his epithet ‘Lionheart’ suggests, Richard boasted a reputation as a fearless warrior king. He is best remembered for his efforts in the Third Crusade, a religious campaign to reclaim the Holy Land from the Muslim sultan and military leader Saladin.

On the battlefield, Richard was a strong commander and renowned military tactician. Although he is often portrayed as the stereotypical chivalric medieval knight, Richard’s actions in the Middle East were often far from gallant and honourable by modern standards. Following a dispute over the city of Acre in 1191 he ordered the killing of 2,700 Muslim prisoners, including women and children. Yet despite several victories in the Holy Land, Richard never achieved his ultimate aim of conquering Jerusalem for the glory of western Christendom. Following infighting with other European crusade forces and a year-long stalemate, he made a truce with his opponent Saladin. After years of pouring the nation’s finances and men into the crusade, he was forced to concede failure and head back towards England.

Yet the king’s route home was far from simple. On his return to Europe, Richard was captured and handed over to German king and Holy Roman Emperor Henry VI. Henry ransomed Richard, demanding a crippling payment of 150,000 marks from England for his return. This return was short-lived however, as Richard headed straight back out to the battlefields of Normandy and Aquitaine. He led successful campaigns there for a further five years before being mortally wounded by a crossbow bolt during a siege battle.

King John

History has not been kind to King John (r1199–1216). He is most frequently remembered as the cruel and greedy villain of the Robin Hood legend, who attempted to usurp his beloved brother Richard, backtracked on Magna Carta and threw England into civil war.

In 1193, John gained his reputation as a usurper by unsuccessfully attempting to seize the throne while his elder brother King Richard I was imprisoned in Germany. After this plot failed, John was subsequently banished. In 1199, following the brothers’ reconciliation and Richard’s death, John finally gained the throne by legitimate means.

John’s reign was marred by rebellion and discontent, and he faced significant antagonism from both outside and inside of England. War with France cost him dearly – he lost large amounts of money and land, including Normandy, Anjou and Maine. Taxes to fund the war grew enormous and the situation significantly damaged John’s reputation.

The king’s attempts to quash opposition at home proved equally unsuccessful. By 1215, discontent within England had reached breaking point, and John was forced into a civil war with rebel barons. He was consequently compelled to agree to Magna Carta, a peace treaty that would go on to be recognised as one of the founding documents of the English legal system. By sealing Magna Carta, John dealt a huge blow to the power and prestige of the monarchy, as the document asserted that no man was above the law, not even a king.

However, the king was quick to backtrack on the democratic promises of the treaty, arguing he was forced to concede to its terms under duress. England was plunged back into civil war. The future French king Louis invaded at the request of the barons, and John was condemned as a coward for fleeing from the French invaders. Peace was only negotiated following John’s death in 1216.

Edward I

Known as ‘Longshanks’ due to his tall stature, the Plantagenet king Edward I (r1272–1307) is often credited with beginning the unification process of the British Isles. This process was far from peaceful however – Edward led a harsh campaign of suppression in order to force Wales and Scotland to bend to English will.

Edward’s troubles in Wales began when the Prince of Wales, Llywelyn ap Gruffydd, refused to pay homage to him. In response, Edward chose to force Wales and its leaders into submission, building a chain of castles along the Welsh north coast in order to block supplies into the region. Welsh hopes of independence were quashed and the country was conquered. After Llywelyn’s defeat in battle in 1282, Edward later bequeathed the title of Prince of Wales upon his own son – a tradition that still remains today.

Known as the ‘Hammer of the Scots’, Edward also led major campaigns in Scotland, including a successful invasion of the country in 1296. He faced significant rebellions from the Scots, including William Wallace (whose execution he ordered in 1305) and, later, Robert the Bruce. After Edward’s death his land gains in Scotland were quickly lost by his son Edward II.

Alongside this aggressive foreign policy, Longshanks was also responsible for tackling corruption and significantly reforming England’s administrative and legal systems. His extensive military ventures required considerable financial backing – money that ultimately came from the pockets of his heavily taxed subjects. One result of this increased taxation was an increase in parliamentary meetings. Another was the persecution of England’s Jewish money-lenders, and in turn, Jews in general. After executing 300 Jews in the Tower of London, in 1290 Edward expelled all Jews from the country.

Edward II

Edward II (r1307–1327) has been widely accepted as both an unpopular king and inept military leader, whose reign was characterised by conflict and poor decision-making.のために書く HistoryExtra, Kathryn Warner said that Edward’s reign “lurched from one crisis to another: endless conflict with his barons, constant threats of civil war, and failed military campaigns.”

One of Edward’s infamous failures was losing the significant military gains his father had made in Scotland. The defeat of his forces at the hands of Robert the Bruce at the battle of Bannockburn was a humiliation that helped secure Scottish independence from English rule.

Edward was an unconventional monarch personally as well as politically, reportedly revelling in the company of peasant labourers, fishermen and carpenters. Throughout his life, Edward alienated many of England’s barons by promoting unsuitable and unpopular personal favourites, who were widely believed to hold a negative influence over him. First came Piers Gaveston, whom the barons hated so much that they repeatedly banished him before executing him in 1312. Edward later shifted his favour to Hugh le Despenser and his son, sharing significant power with the pair and supporting their campaigns in Wales. This was an immensely unpopular decision that would prove fatal to Edward’s reign. Civil war broke out and Edward found himself devoid of supporters.

The final nail in Edward’s coffin proved to be a coup led by his own wife, Isabella of France (who despised the Despensers) and her lover Roger Mortimer. In 1326, the pair invaded England, successfully deposing Edward II and placing his teenage son (Edward III) on the throne. Following his humiliating downfall, Edward was imprisoned at Berkeley Castle in 1327, where it is generally accepted he was murdered. According to a popular and enduring myth, the former king was killed in grisly fashion with a red-hot poker.

Henry V

Although he went on to become one of the most famous monarchs in English history, Henry V (r1413–1422) was not initially intended for the throne. Aged 13, his fate was transformed by the actions of his father Henry Bolingbroke, who usurped the then king, Richard II, and seized the throne for his own dynastic line.

Henry began developing his promising military skills as a teenager. In 1403, he proved a strong commander, leading troops in the battle of Shrewsbury. He was just 16 at the time, and was shot in the face with an arrow that pierced his cheek. Henry also led significant campaigns to help his father tackle Welsh rebellion. His hands-on role as Prince of Wales was not all smooth sailing however, as his passionate involvement in policy-making led to heated disputes with his father.

By the time Henry inherited the throne in 1413, he was itching to reclaim lost French territories – something that his father had resisted for several years. After swiftly quashing an attempted coup by rival Edmund Mortimer, his first key action as king was to launch a major attack on France.

Henry’s finest hour has commonly been seen as his defeat of the French at the battle of Agincourt in 1415. It is for this victory that he is best remembered – perhaps largely due to the rousing immortalisation of this moment in William Shakespeare’s Henry V。 Victory at Agincourt led to further triumphs in France – Henry went on to conquer Normandy and Rouen. In 1420, these victories culminated in the Treaty of Troyes, which recognised Henry as heir to the French throne.

Yet only two years later, the all-conquering king met an unpleasant end. In 1422, he died suddenly after contracting dysentery at the siege of Meaux.

Edward IV

A major player in the Wars of the Roses, Edward IV (r1461–1470 and 1471–83) is best known for leading Yorkist efforts to claim England’s throne and for his unconventional choice of bride.

Edward came from the Yorkist branch of the Plantagenet dynasty – his claim to the throne derived from the fact that his parents were descendants of Edward III. Although England had been ruled by the opposing Plantagenet faction, the Lancastrians, since 1399, Lancastrian king Henry VI’s grip over England was weakening. With the support of the Richard Neville, Earl of Warwick, known as ‘The Kingmaker’, Edward made a bid for the throne. After a series of victories including the 1461 battle of Towton, he succeeded in overthrowing Henry VI and was crowned king.

Historian Amy Licence describes the young Edward as being “charismatic, tall and handsome, renowned for his love affairs and athleticism.” Yet, one of these love affairs was to prove intensely politically problematic, ultimately plunging England back into civil war.

In 1464 Edward secretly married Elizabeth Woodville. Woodville was a highly controversial choice of bride for Edward. Not only was she a Lancastrian, a widow and a mother – she was also a commoner. The marriage undermined attempts to secure a politically advantageous French match for Edward and saw Woodville’s relatives given enviable royal favour. The ramifications of Edward’s decision were huge, as it lost him the support of Warwick. The angered earl proved to be a dangerous ally to alienate – he transferred his allegiances to the exiled former king Henry VI, fuelling a strong Lancastrian revolt against Edward.

Faced with deposition and death, Edward made a swift escape to the Netherlands. After six months in exile, he launched a remarkable comeback. With only a small force, he crushed his rivals, defeating Warwick in battle, imprisoning Henry in the Tower of London and reinstating himself on the throne. Edward’s second reign proved a much more sedate and stable period than his first. Although he was still involved in conflict, tackling a revolt by his brother and launching an invasion of France, these events passed relatively smoothly until Edward’s sudden death aged 40 in 1483.

Richard III

Undoubtedly the most hotly debated of all England’s medieval monarchs, Richard III (r1483–85) has continually fascinated both academics and the public alike. The discovery of the body of the ‘king in the carpark’ in September 2012 fuelled even greater debate over Richard’s reign. Was he a usurping murderer, or a misunderstood monarch?

Following the death of his brother Edward IV, Richard was appointed protector of the realm and charged with safeguarding the underage king – his 12-year-old nephew Edward V. Aspersions were cast on the legitimacy of the young king and his brother and in June 1483, Richard assumed the role of king.

Shortly afterwards, the princes (later known as the ‘princes in the Tower’) mysteriously disappeared while in Richard’s care, leading to pervasive rumours that their usurping uncle had murdered them. While these claims have not been comprehensively proven, the princes’ disappearance conveniently eliminated any future threat they could pose to Richard’s rule.

Nevertheless, Richard’s grip on England quickly disintegrated, as former allies began to defect. In August 1485, just two years after he had been crowned, Richard’s reign was dealt the final blow. A Lancastrian claimant to the throne, Henry Tudor, launched an attack on England. He came to blows with Richard at the battle of Bosworth. At the outset, Richard’s chances at Bosworth looked promising. He outnumbered Henry Tudor’s forces three to one and was reportedly so confident of victory that he was “overjoyed” at the chance to take on his rival. However, Richard’s advantage was undermined by the defection of several of his main supporters and he met with a devastating defeat. After reportedly refusing to flee, he was killed on the battlefield.

Richard’s death at Bosworth heralded the end of the medieval era. Decades of fighting in the Wars of the Roses were drawing to a close, as a new royal dynasty came to prominence – the Tudors.

This content was first published on History Extra in June 2016


Offensive weapons

Viking sword, spearheads and battle-axe, found in the London area © Laws of the late Viking period show that all free men were expected to own weapons, and magnates were expected to provide them for their men. The main offensive weapons were the spear, sword and battle-axe, although bows and arrows and other missiles were also used. Weapons were carried not just for battle, but also as symbols of their owners' status and wealth. They were therefore often finely decorated with inlays, twisted wire and other adornments in silver, copper and bronze.

Weapons were not just for battle, but also symbols of their owners' status and wealth.

The spear was the commonest weapon with an iron blade on a wooden shaft, often of ash and 2 to 3m in length. It was used for both thrusting and throwing. The blades varied in shape from broad leaf shapes to long spikes. Skilled spearsmen are said to have been able to throw two spears at once using both hands, or even to catch a spear in flight and hurl it back with deadly effect.

Swords were very costly to make, and a sign of high status. The blades were usually double-edged and up to 90cm, or a little over, in length, but early single-edged sabres are also known. They were worn in leather-bound wooden scabbards. Early blades were pattern-welded, a technique in which strips of wrought iron and mild steel were twisted and forged together, with the addition of a hardened edge. Later blades of homogeneous steel, imported probably from the Rhineland, bore inlaid makers' marks and inscriptions, such as INGELRII or ULFBERHT. Viking craftsmen often added their own elaborately decorated hilts, and many swords were given names, such as Leg-biter and Gold-hilt.

Long-handled battle-axes might be used instead of swords, particularly in open combat. The famed, double-handed broad axe is a late development, typical of the late 10th and 11th centuries. But as the owner could not hold a shield at the same time, he would take cover behind the front line of warriors, rushing out at the right moment to hew down the enemy.


6 Viking Leaders You Should Know - HISTORY

Welcome to the Updated Viking Answer Lady Webpage!

I finally decided that it was high time to update the look of the Viking Answer Lady website, and simultaneously to re-research and update some articles.

The History and Evolution of the VAL Website

I originally wrote the oldest articles for the Bear Necessities , the newsletter of the Barony of Bjornsborg, an SCA branch. My Laurel made me do it. the chronicler needed submissions desperately, and Kemreth assigned a regular column to me as a way to help produce articles for the newsletter.

I first webbed my old articles around 1990, using my old back issues from the Bear Necessities for the content. Later, I did a major upgrade in 1998, but didn't touch the old content.

The New Look for the VAL Website

The new look all started with a dream. I dreamed about the way the head banner at the top of the page should look, popped out of bed, and several hours later I had combined about 20 photos of stormy seas, a photo of reconstructed Viking houses, a photo of one of my painted lead miniatures I used to play D&D with, a photo of a Viking ship under sail, and the 1872 painting Åsgårdsreien (The Wild Hunt) by Norwegian artist Peter Nicolai Arbo. all of these went into the banner art.

Scripts and Cookies: The Viking Answer Lady Website uses JavaScript and a little PHP to make it go. I've tried to always provide text navigation and nav items that will function without scripts because I know some of my readers aggressively turn off all access to script execution in their browsers. If there's something you can't get to with scripting turned off, let me know. I may not be able to fix everything but I will try. This site uses one cookie to keep track of your preferred font size, called page_style , which may be blank or else contains a single value of textSizeSmall , textSizeLrg , or textSizeXLrg . I'm fairly sure that the pages all display fine without allowing the cookie to be set, but you probably won't be able to effectively use the font-changing tool without the cookie. This cookie collects absolutely no personal data.

As always, I will continue to take questions. However please take the time to at least scan through the various sections of this website -- almost 80% of all questions I receive are for things that already exist on the website.

A Note for Students

Please note that the Viking Answer Lady will not do your homework for you. I already know the answers, so I wouldn't learn anything, and if you get the answers handed to you without having to think about them, why you won't learn anything either. Truth is, most of the time the answers you need are in the textbook for your class -- be sure to look there first before asking me for the answer.

So please, avoid sending in questions like this one that I actually received:

I need to know everything about the viokings their culture and ships and prove that they were the first dicoverers of the USA. And hurry, it's due Thursday, hurry.

I do not answer questions quickly most of the time -- it takes me a certain amount of time to look up the answer, even if I have a book here at my home that has the answer, and longer if I have to drive 40 miles to find it in the nearest college library. So it won't help you to panic the night before an assignment is due and write me for the answer -- it is typically at least two or three days before I get it, and sometimes much longer.

Still, it is the Viking Answer Lady's goal to encourage more people to learn about the Viking Age, and some of the very best questions that I've been asked come from schoolchildren. So, what can the Viking Answer Lady do for students? I can direct you to books and other sources where your answers may be found. I can give you hints that will allow you to use your school library's card catalogue more effectively. I can direct you to other websites with related information.


Ragnar Lothbrok

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

Ragnar Lothbrok, Ragnar also spelled Regner また Regnar, Lothbrok also spelled Lodbrog また Lodbrok, Old Norse Ragnarr Loðbrók, (flourished 9th century), Viking whose life passed into legend in medieval European literature.

Who was Ragnar Lothbrok?

According to medieval sources, Ragnar Lothbrok was a Danish king and Viking warrior who flourished in the 9th century. There is much ambiguity in what is thought to be known about him, and it has its roots in the European literature created after his death.

How did Ragnar Lothbrok die?

による Gesta Danorum of Danish historian Saxo Grammaticus, Ragnar Lothbrok was captured by the Anglo-Saxon king Aella of Northumbria and thrown into a snake pit to die.

What is Ragnar Lothbrok remembered for?

According to medieval sources, Ragnar Lothbrok was a 9th-century Danish Viking king and warrior known for his exploits, for his death in a snake pit at the hands of Aella of Northumbria, and for being the father of Halfdan, Ivar the Boneless, and Hubba, who led an invasion of East Anglia in 865.

Ragnar is said to have been the father of three sons— Halfdan, Inwaer (Ivar the Boneless), and Hubba (Ubbe)—who, according to the Anglo-Saxon Chronicle and other medieval sources, led a Viking invasion of East Anglia in 865. They may have sought to avenge Ragnar’s death, which may or may not have been murder, or they may have been claiming land to which they believed they had a right as a result of a previous invasion by Ragnar that may or may not have actually happened. This sort of ambiguity pervades much that is thought to be known about Ragnar, and it has its roots in the European literature created after his death.

の中に Gesta Danorum (c. 1185) of the Danish historian Saxo Grammaticus, for example, Ragnar was a 9th-century Danish king whose campaigns included a battle with the Holy Roman emperor Charlemagne. According to Saxo’s legendary history, Ragnar was eventually captured by the Anglo-Saxon king Aella of Northumbria and thrown into a snake pit to die. This story is also recounted in the later Icelandic works Ragnars saga loðbrókarÞáttr af Ragnarssonum.

The 12th-century Icelandic poem Krákumál provides a romanticized description of Ragnar’s death and links him in marriage with a daughter of Sigurd (Siegfried) and Brynhild (Brunhild), figures from the heroic literature of the ancient Teutons. The actions of Ragnar and his sons are also recounted in the Orkney Islands poem Háttalykill.

Despite the lack of clarity regarding the historical Ragnar, he appeared as a character in various novels and films. In the early 21st century he was a central figure in the popular television series バイキング.

The Editors of Encyclopaedia Britannica This article was most recently revised and updated by Patricia Bauer, Assistant Editor.


ビデオを見る: צלבן אור נגד ויקינג