ロリ・ピエステワ

ロリ・ピエステワ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ロリ・ピエステワ、イラク戦争で死んだ最初の女性兵士

ある日曜日の朝、パーシーピエステワは、フォートブリスに駐屯している第507保守会社の兵士である娘のロリから電話を受けました。 &#8220お母さん、明日展開します&#8221ロリは言いました。

ホピ族の人々が来年の水、食べ物、天気の良さ、そして平和を祈るホピポワム(ビーンダンスセレモニー)の翌日でした。パーシーの夫テリーは何週間も準備をしていた。彼はイベントの前の4日間、ぎりぎりの詳細でぼろぼろに走り、伝統的なダンスに参加して一晩中起きていました。 &#8220I&#8217m私が行けるかどうかわからない&#8221彼は妻に言った。 &#8220I&#8217mは疲れすぎて運転できません。&#8221アリゾナ州ツバシティからテキサス州エルパソまで車で数時間かかり、そのうちの1人はロリの車で帰らなければならず、もう1人は戻ってきました。ファミリーカーで。

それを母親の直感と呼んでください、とパーシーは後で言いました、しかし彼女は彼らが行かなければならないことを知っていました。運転を手伝ってくれる別の娘を雇い、彼らはフォートブリスに向けて出発しました。

その日、多くの家族がフォートブリスにいて、イラクに派遣されている愛する人たちに別れを告げました。パーシーは、隅に一人の若い男がいることに気付くのを助けることができませんでした。 &#8220彼は観覧席の横にいて泣いていた&#8221彼女は言った。 &#8220私はロリに尋ねました、&#8216なぜ彼は泣いているのですか? #8221パーシーは彼にとって悲嘆に暮れた。

それは2003年2月16日でした。5週間後、ロリはイラクで殺されました。彼女自身の悲しみの中でさえ、パーシーはその他の兵士について考えました。彼は住んでいましたか?そうでなければ、彼は彼が最も愛した人々との最後の瞬間を奪われましたか?彼女とテリーが最後にロリに会いに行ったことに感謝の気持ちでいっぱいでした。

今日、ピエステワは亡くなった娘の記念碑に出席して国を旅行するとき、家族が愛する人が配備される前にその旅行をすることがいかに重要であるかを強調します。 &#8220私たちは彼らに言います、&#8216あなたは彼らのためにそこにいる必要があります。あなたは決して知らない」とテリーは言った。

家族や友人はSpcを悼みます。ホワイトサンズミサイルレンジでの記念奉献式中のロリアンピエステワ。

&#8220あらゆる努力をしてください&#8221パーシーは言いました。 &#8220主は私たちを子供たちと祝福し、私たちを友人と祝福しますが、それはローンベースでのみです。私たちはこの地球上に永遠にいるわけではないので、永遠にではありません。&#8221

テリーがフォートブリスで娘に別れを告げたことを思い出したとき、テリーがいつも着ている優しい笑顔に代わって、悲しくて遠くの表情が見えました。 &#8220私たちはその最後の日に彼女に会えたのはとても幸運でした&#8221と彼は言いました。彼は泣き始めた。 &#8220私たちはそれについてとてもうれしいです。&#8221

テリーはベトナムのベテランであり、第二次世界大戦のベテランの息子です。彼の頭が悲しみに沈んだとき、あなたが見ることができたのは彼のボールキャップの言葉だけでした:&#8220Allはいくつかを与えました。一部はすべてを与えました。&#8221

Pfc。ロリ・アン・ピエステワ、23歳、Spc。ショシャナジョンソンとPfc。ジェシカ・リンチは、2003年3月23日にイラクのナシリヤ近くで待ち伏せされたフォートブリスの第507保守会社のメンバーの一人でした。リンチ、ジョンソンなどが捕虜になりました。ピエステワを含む9人の兵士が戦死した。彼女は死後Spcに昇進しました。ピエステワ。

ホワイトサンズミサイルレンジは、ピエステワに敬意を表して記念のバーオークを捧げることでピエステワを称えました。木は、入隊した兵士のためのポストの兵舎である建物128の前に立っています。ピエステワの両親、息子のブランドン(5歳)、娘のカーラ(4歳)が奉献式に参加しました。 Spcを含む第507保守会社の現在および以前のメンバーも参加しました。ローマサンドバル、Spc。ジェレミー・アブラハムと元捕虜のジョー・ハドソンとジェシカ・リンチ。

リンチとピエステワは、フォートブリスのルームメイトであり、イラクのテントメイトでした。セレモニーで表彰台を獲得したリンチは、&#8220ロリピエステワは誰もが求めることができる最高の友達の一人でした。彼女は部屋を明るくすることができる笑顔とどんな状況でも直すことができる個性を持っていました。彼女はしばしば、最も困難な時期を乗り越えるための私の動機になるでしょう。&#8221

リンチは、ロリの死後、ピエステワの両親に慰めを与えてくれたことに感謝しました。席を取り戻した後、リンチはパーシーの肩に頭を置き、泣いた。

パーシーは、美しい晴れた秋の日とすべての存在の友情を神に感謝する短い祈りで群衆に彼女の演説を始めました。祈りの後、彼女は子供を称えるために集まった何百人もの人々を見渡した。 &#8220今日、私はエリートグループの前に立っています。軍の家族の多様性とコミュニティのためにエリートです、と彼女は言いました。 &#8220個人差に関係なく、私たちはすべて1つです。つまり、1つの家族、1つのコミュニティ、1つの国、1つの世界です。あなた方一人一人が私たちの国に奉仕することを約束しました。名誉と友情をもってそれをしてください。&#8221

彼女は、娘を称え、現在のすべての文化の違いを理解し、尊重してくれたホワイトサンドに感謝しました。

Spc。ピエステワの子供たちは、フロンティアクラブでの祖父母のレセプションでGameBoysと遊んでいます。

&#8220あなたが植えた木が、私たちがしばしば当たり前と思っている自由を守るために私たちの国に奉仕するすべての人の思い出になりますように」と彼女は結論付けました。 &#8220そして、私たちが家族のすべてのメンバーを愛し、私たちがまだできる間にその愛を彼らに表現する必要があることを毎日思い出させるかもしれません。&#8221

ホピ族の代表とホワイトサンドのネイティブアメリカンのメンバーが記念木のふもとに立っているプラ​​ークのテキストを読んだ後、倒れた兵士の2人の子供がプラーク自体を発表しました。

セレモニーでは、ズーニープエブロのナウェツァダンサーがイーグルダンスを披露しました。力と力の象徴であるワシを称える社交ダンスです。 3人のダンサーが精巧な翼を使って、飛行中と着陸時の両方でワシの印象を巧みに作り出しました。

&#8220ロリがそうであったように、鳥は強くて強力な存在です&#8221リードダンサーのキース・エダキーは言いました。イーグルはアメリカの国鳥であり、ロリはこの国に仕えるために亡くなった兵士だったので、グループはイーグルダンスも選んだと彼は言った。

ピエステワの父親は、イーグルダンスがふさわしい賛辞だと思っていました。 &#8220ロリは私たちの文化的な社交ダンスの多くに参加しました&#8221と彼は言いました。 &#8220彼女の好きなことの1つは、このようなダンスに参加することでした。&#8221

これらのイベントを通じて、ピエステワは全米の人々へのネイティブアメリカン文化の大使になりました。彼らは娘の犠牲を称えるイベントへの参加の要請を断ることに消極的であるため、彼女の両親も大使になりました。それは疲れ果てている可能性がありますが、彼らにとって不快になることはありません。パーシーもテリーも、ほぼ毎週末、国内のどこかで名誉のゲストですが、わずかなVIPオーラに圧倒されることはありません。 6時間のドライブの後、最初にホワイトサンドに到着したとき、テリーは大きな笑顔でトラックから飛び降り、サイドパネルの飛び散りを指さしました。 &#8220泥を持ってきました 解像度、&​​#8221彼は叫んだ。

テリーは、彼とピエステワ家が出席した記念碑に恵まれていると感じています。 &#8220全国にたくさんの人がいて、今は友達になっている&#8221と彼は言った。

それらの新しい友人の中には、ロリ・ピエステワをホピ族だけでなく、すべての先住民族のアメリカ人の娘であると主張する多様な部族のメンバーがいます。ロリが行方不明であると最初に報告されたとき、全国の居留地から祈りが上がりました。それ以来、さまざまな部族の人々が家族に連絡を取り、彼女の精神が彼らを訪ねたり、動かしたり、メッセージを与えたりしたと言っています。

ロリは半分メキシコ人だったので、多くのメキシコ人とメキシコ系アメリカ人も彼女を自分たちのヒーローと見なしているとパーシー氏は語った。 &#8220私たちはそれを非常に誇りに思っています。彼女はもはや私たちだけのものではありません。彼女はそこにいるすべての人のものです。&#8221

女性兵士もピエステワと同一視しています。その後-Spc。ホワイトサンズ本部で財務に携わったレベッカ・ガリー。 &#8220それはすべての兵士にとって大きな意味があると思いますが、彼女の子供たちのことを考えると少し家に帰ります&#8221と彼女は言いました。ガリーには18か月の子供が1人いて、ピエステワの両親と会い、その日に敬意を払うために並んで待つことにしました。

式典はSgtを作りました。 McAfee U.S. Army HealthClinicのRosieMarmolejoは、軍隊における女性の役割がどのように進化したかについて考えています。 &#8220あなた&#8217は実際に今戦っています&#8221彼女は言いました。 &#8220女性はもっと関与しています。男と女の間にその違いはありません。&#8221彼女は戦闘の見通しに恐れよりも誇りを感じていると彼女は言いました。 &#8220私たちは&#8217他のみんながしているのと同じことをやっています。&#8221

式典はSpcにとって感動的なイベントでした。フォートブリスからやってきたピエステワユニットのジェレミーアブラハムが出席しました。 &#8220それはたくさんの思い出を呼び戻しました&#8221と彼は言いました。 &#8220イラクのことを思い出し、イラクの前に思いを馳せました。&#8221

クウェートを離れてイラクに入るのは大きな驚きでした、とアブラハムは思い出しました。 &#8220ショックでした。他の人がすでに通過した町を転がり、彼らが通過しなかった町を通過します。イラクの最悪の部分を見たようなものです。&#8221

ピエステワの死後の最初の数日間、家族は記念碑が難しいことに気づきました。 &#8220しばらく経ちましたが、&#8217sは私たちの癒しを助けてくれました&#8221テリーは言いました。 &#8220そしてそれは私たちの孫が彼らの母親を知るのを助けます、なぜならあなたがその若いとき、あなたは彼らが去るときあなたの両親を知らないからです。私たちに起こっていることを通して、私たちの孫は彼らの母親を非常によく知るようになっています。彼らはまだ母親のことを考えている人がたくさんいることを知っています。&#8221

ズーニープエブロのナウェツァダンサーのキースエダキーは、陸軍の兵舎の前に植えられた記念のバーオークのふもとでイーグルダンスを披露します。

ネイティブアメリカンヘリテージマンスランチは、木の奉献式に続きました。ナウェツァダンサーは再び演奏に戻り、劇団の創設者であるクリスエダキーはダンスの歴史を説明し、いくつかの言葉や感情を解釈しました。

James Nezは、ネイティブアメリカンヘリテージマンス委員会のメンバーです。彼は、ホワイトサンドコミュニティに&#8220コロンバス以前からここにあった文化、人々、習慣についてのより良い認識と認識を与えるためにイベントを開催したと述べました。&#8221

すべてのアカウントで、主催者は目標を達成しました。 &#8220私はそれを楽しんだ&#8221はテストセンターの予算アナリストであるJosettaLeyvaが言った。 &#8220エンターテインメントは素晴らしかったし、彼らが話したり共有したりしたことはすべて素晴らしかった。&#8221

奉献式と昼食会の両方で、A Tree for Lori委員会、ネイティブアメリカンヘリテージマンス委員会、アメリカ軍事管理者協会の2つの支部、連邦雇用女性の支部、フォートからの第62軍隊のメンバーの調整が必要でした。ブリスと他の多くの個人や組織。その調整は、イベントが促進したいと望んでいた協力の精神そのものにおけるオブジェクトレッスンでした。

ズーニープエブロのナウェツァダンサーのメンバーが、ネイティブアメリカンヘリテージマンスランチョンでバッファローダンスを披露します。

たとえば、ロリ委員会のスーシュレーゲル委員長が記念樹のアイデアを考案した一方で、駐屯地のドンジェントリー大佐は、兵士を鼓舞し、ピエステワの記憶を維持するために兵舎の前に植えることを提案しました。心。事業開発局のリーンチームのキャシーフィリップスは、テキサス州カヌーティージョで木を見つけ、トラックで自分の基地に置きました。そこで、JWKインターナショナルコーポレーションの労働者が植えて、根付くまで手入れをしました。

&#8220木を植えることは素晴らしいアイデアだったと思います。そのため、それを行ってきた委員会にとっては、うわー、&#8221レンジコマンダーブリッグは言いました。ロバートリース将軍。 &#8220このインスタレーションは、実際には、ここで働き、物事を行うようになる多数の異なる文化的背景の合流点です。これは、ネイティブアメリカンが今日の私たちの社会にもたらしている貢献について非常に深く考える機会を与えてくれます。そして、私たちが住んでいて、たくさんのことをしているこの土地は、他の誰もがここに来ることを決心する前は、ネイティブアメリカンの土地であったことを思い出させます。&#8221

テリーとパーシーピエステワがなぜ神が娘を連れ去ったのかを理解するのにしばらく時間がかかりましたが、彼女の賛辞で最高潮に達した数ヶ月の仕事の証拠は、彼らが決めた答えを支持しているようです。 &#8220私たちは神が彼女を使って人々を結びつけていると感じています&#8221テリーは言いました。


ロリピエステワ純資産

ロリ・ピエステワは純資産を見積もった、給与、収入、車、ライフスタイル、その他多くの詳細が以下で更新されました。確認してみましょう、 ロリ・ピエステワはどれほど裕福ですか 2019- 2020年に?

ウィキペディア、フォーブス、IMDb、さまざまなオンラインリソースによると、有名な戦争の英雄ロリピエステワの純資産は、彼女が亡くなる前に100万ドルから500万ドルでした。彼女はプロの戦争の英雄であるお金を稼いだ。彼女の出身は AZ.

ロリ・ピエステワの純資産:
100万ドルから500万ドル

2020年の推定純資産レビュー中
前年の純資産(2019)レビュー中
年俸 レビュー中。
収入源一次収入源の戦争の英雄(職業)。
純資産検証ステータス検証されていない


ロリ・ピエステワ-歴史

戦死:
Spc。ジョージア州ロズウェルのJamaalR。Addison、22歳。アラバマ州モービルのハワードジョンソンII、21歳。

作戦行動中行(後にKIA宣言):
マスター軍曹オハイオ州クリーブランドのRobertJ。Dowdy、38歳。エルパソSpcのRubenEstrella-Soto、18歳。アイオワ州デモインのジェームズM.キール(22歳)、エルパソPfcのジョニービジャレアルマタ(35歳)。ツバシティのロリ・アン・ピエステワ、23歳[下記参照]アリゾナ州Pvt。 Brandon Ulysses Sloan、19歳、オハイオ州ベッドフォードおよびSgt。オレゴン州セーラムのドナルド・ラルフ・ウォルターズ、33歳。[下記参照]

捕虜:
Spc。テキサス州ミッションのエドガー・アダン・ヘルナンデス、21歳。ニューメキシコ州アラモゴードのジョセフニールハドソン、23歳エルパソPfcのShoshanaNyree Johnson、30歳。パトリックウェインミラー、23、ウォルター、カンザス州および軍曹。ニュージャージー州ペンサウケンのジェームズジョセフライリー、31歳

部隊のさらに4人のメンバーが負傷したが、海兵隊部隊が彼らを避難させるのを助けるために到着するまで、なんとか敵軍を阻止または回避することができた。

ソース: 捕虜による編集次の1つ以上からのネットワーク:米国政府機関の情報源からの生データ、POW / MIAファミリーとの通信、公開された情報源、インタビュー。 2004年6月。

あらすじ: 戦闘の4日目に、イラク軍の民間人が服を着たイラク軍によって、第507人の約20人のメンバーのグループがイラクのナシリヤ近くで待ち伏せされました。兵士たちは、間違った方向に進んだときに、イラク中部のバグダッドへのドライブで第3歩兵師団に補給していました。放送写真は、タイヤが撃ち抜かれたように見える車両を持った護送船団を示し、別の車両は転覆した。メディアの報道によると、6台の車両が破壊されました。

国防総省当局者によると、第11防空砲兵隊と共に配備された第507隊は、戦闘部隊とは見なされなかった。主に機械で構成されている507番車は、ディーゼルタンクローリーの回転を維持し、発電機を固定し、機械部品を良好な状態に保ちます。

ピエステワは補給係であり、攻撃中に、ロリアンが運転した車両が彼女の前にあるジャックナイフのトレーラートラックの後ろに衝突し、後に彼女が負傷する大怪我をしました。彼女の乗客はジェシカリンチでした。

ワシントンポスト紙は、無意識のPfcを報告しました。リンチと彼女のまだ生きている友人Pfc。 2人の小さな子供を持つシングルマザーのロリ・ピエステワは、待ち伏せの3時間後に近くの医療/イラク本部施設に到着しました。

ピエステワの元の状態は、バグダッドの陥落前に放映されなかったイラクのテレビ撮影で彼女が生きていて無意識であることが示された後にのみ更新されました。このテープは、2003年12月30日にNBCナイトリーニュースで公開されました。 507番目のメンテナンス会社の待ち伏せに関する米陸軍の報告はまた、ピエステワが捕らえられて捕らえられて死んだと述べています。

ピエステワは、イラク戦争で殺された最初のアメリカ人女性兵士になりました。彼女は、米軍に勤務する数少ないネイティブアメリカンの女性の一人でした。

ルディ・ウィリアムズ
アメリカンフォースプレスサービス

2003年5月27日、バージニア州アーリントン-ArmySpc。ロリ・ピエステワは山を動かしませんでしたが、戦場での彼女の死は
イラクは国に触れ、山の名前を変えました。

「SquawPeak」は、一部の人にとって不快で物議を醸す名前のフェニックスサミットであり、「PiestewaPeak」になりました。
-ヒーローの名前。

倒れた戦士への賛辞の中でも、ピエステワと他の5人は、軍隊で働くネイティブアメリカンの女性の貢献を称え強調するために5月26日に女性記念館で開かれた新しい展示「Voices」で紹介されています。

ホピ族のインディアンであるピエステワは、イラク自由作戦で戦死した最初の軍人であり、戦闘で殺されたことが知られている最初のネイティブアメリカンの軍人であったため、全国の部族代表から特別な栄誉を与えられました。

アリゾナ州ツバシティ出身の23歳の兵士は、3月23日、イラクの敵軍によってイラクのナシリヤ近くで彼女の部隊である第507保守会社が待ち伏せされたときに負傷して死亡した。彼女は死後に昇進した。

彼女の家族と、ホピ、ナバホ、オネイダ、オダワ、チュクチャンシ・モノ、クミアイ、ラコタ/ダコタなど、いくつかの国や部族の代表者が展示の除幕式に出席しました。

ネイティブアメリカンの遺産と文化に合わせて、部族はピエステワに毛布、シャドウボックス、絵画、ワシの羽などの贈り物を浴びせました。

たとえば、テーブルマウンテンランチェリアチュクチャンシモノ族のアーロンジョーンズ副会長と評議員のロブカストロとクレイグマルティネスは、ピエステワ家に人生、愛、強さ、知識と理由を表す4枚の毛布を贈りました。

ピエステワの兄弟であるアダムは、戦没者追悼記念日に、軍隊のすべての男性と女性とその家族を「アメリカの名の下に与えなければならないすべてを犠牲にする彼らのたゆまぬ努力と意欲のために」覚えて敬礼するべきだと大勢の聴衆に語った。

「私たちは、9月11日の朝に命が無駄に失われなかったそれらの無実の魂を覚えています」とピエステワは言いました。 「私たちは、歴史を通して仲間の男のために命を捧げ、自由の権利を与えられた神を守ってきた戦士たちを称えます。」

ホピ族のウェイン・テイラー・ジュニア会長にとって、戦没者追悼記念日は、退役軍人を称えるための時間として常に確保されてきました。 「しかし、男性、女性、予備軍、現役軍人、ホピ族、ヒスパニック系、アジア系、白人系、アフリカ系アメリカ人のすべての退役軍人を称える時期でもあるはずだ」と彼は述べた。 &quot私たちが慣れ親しんできたことを勇敢に擁護する少数の人々に反省し、感謝する時が来たはずです。

「それはこの日、または紛争と戦争の時代に限定されるべきではありませんが、それは毎日何らかの方法で認識され、観察されるべきです」とテイラーは言いました。 「私たちは、自由に生きる機会を与えてくれるのはベテランの貢献であることを毎日思い出させる必要があります。」

テイラーは、ロリ・ピエステワが戦死した後、ホピ族居留地で最もよく聞かれる質問は、「なぜロリは陸軍に加わったのか」と述べた。

「多くの人が独自の答えを推測し、導き出しました」とテイラーは述べています。 &quotおそらくそれは、彼女が前の人々の遺産、つまりベトナムのベテランである父親と第二次世界大戦のベテランである祖父を引き継いだためでした。

「多分それは初期のROTCの関与のせいでした」と彼は言いました。 &quotロリだけが私たちに答えを与えることができました。理由が何であれ、問題はなぜ彼女がしたのかではなく、なぜですか
彼女がそうしないのは奇妙ですか?」

部族の議長は、ピエステワと他の5人の退役軍人、および軍隊に参加する他の多くのネイティブアメリカンの女性が「私たち全員を団結させる1つの理由のために参加した」と述べた。義務の呼びかけ。そして、私たちは彼らとそうし続けるすべての人々に感謝しています。」

テイラーは、数百人のネイティブアメリカンの女性退役軍人のうち111人だけが女性の記念碑に登録していると指摘しました。 「ネイティブアメリカンの女性退役軍人に登録して、この国への貢献を認めてもらいたい」とテイラー氏は語った。

ワシの羽は長い間、勇気、愛、名誉、友情、そして神秘的な力の象徴でした。そしてそれこそが、ウィスコンシンインディアン退役軍人協会の会長であるオナイダインディアンダニエルキングが家族にシャドウボックスとともに提示したものです。

プレゼンテーションを行う前に、キングは次のように述べています。ロリ・ピエステワは休むが、彼女の戦士主義の例、呼びかけへの彼女の応答、恐怖に直面した彼女の勇気ある名誉の例は、私たちに名誉をもたらす
すべて。」

キングは、ピエステワは時間の経過とともにインドの英雄の年代記で言及されるだろうと言いました。そして、それは当然のことです。

&quot古い戦士が言っています: 'あなたが戦争の道具で身を飾るとき、あなたは殺す準備ができています。それはちょうどその時だけです、あなたも死ぬ準備をしなければなりません」とキングは言いました。 「インドの人々として、私たちは戦争に立ち向かう方法、犠牲にする方法、名誉を与える方法、勇気を知っています。私たちは覚える方法を知っています。」

展示は、アメリカインディアンヘリテージマンスの11月まで女性記念館に残ります。この記念碑は、過去、現在、未来のすべての奉仕の女性を称える国内で唯一の主要な記念碑です。

=======================

クラッシュはリンチの「恐ろしい怪我」を引き起こした
2003年7月9日
ローワン・スカボロー
ワシントンタイムズ

陸軍は明日、イラクでの第507保守会社の待ち伏せについて、Pfcを示すレポートを発表する予定です。ジェシカ・リンチと別の女性兵士は、自動車事故で大怪我を負いましたが、イラクの戦闘機によるものではありませんでした。

イラク中部のナシリヤでの致命的な3月23日の戦いは、おそらく戦争で最も有名な事件として浮上しました-起こったことと起こったと報告されたことが起こったが、起こらなかったためです。
=============================


2004年4月8日木曜日に投稿
リンチが資金を調達するためにコイン会社のサインに署名する
AP通信

ウェストバージニア州チャールストン-元捕虜のジェシカ・リンチは、財団のために資金を調達するためにコレクターに限定版のコインを販売するカリフォルニアの会社のサインに署名することに同意しました。

20歳のパレスチナ出身のサインは、カリフォルニア州ニューポートビーチのプロフェッショナルコイングレーディングサービスによって販売された記念コインに添付されます。


この記念日、ロリ・ピエステワを偲んで:「すべてがいくつかを与え、いくつかがすべてを与えた」

記念日の週末は夏の非公式のキックオフです。米国疾病対策センター(CDC)のCovid-19に関するより緩和されたガイドラインにより、家族や友人がこの記念日の裏庭での料理やその他のお祝いのために集まります。

記念日はお祝いの時間以上のものです。戦没者追悼記念日は、国のために命を落とした戦没者追悼記念日です。

あなたの国のためにあなたの人生を与えることは究極の犠牲であると言われています。記念日は、究極の犠牲を払った戦士たちを思い出す日です。

アメリカの歴史を通して、アメリカインディアンとアラスカ先住民はアメリカ合衆国のために誇らしげに奉仕し、亡くなりました。オックスフォード・コンパニオン・トゥ・アメリカン・ミリタリー・ヒストリーによると、アメリカのインディアンとアラスカ先住民は、米国の他の人種/民族グループと比較して、一人当たりの兵役の最高の記録を持っています。

驚くべきことに、アメリカインディアンが1924年に米国市民になる前、第一次世界大戦中(1914年7月28日から1918年11月11日)、約12,500人のアメリカインディアンが軍隊に所属していました。彼らはこの国の市民でさえなかったときに自由を求めて戦いました。仕えたアメリカ人インディアンのほぼ3分の2は歩兵でそうしました、そこで彼らは勇気と達成のために広範囲の賞賛を勝ち取りました。アメリカ軍全体の1%と比較して、アメリカインディアンの戦闘兵士のほぼ5%が命を落としました。

この記念日私はSpcを覚えています。ホピ族の市民であるロリ・ピエステワは、イラク侵攻で亡くなった最初のアメリカ人女性兵士でした。彼女はまた、アメリカのために亡くなった最初のアメリカ人インド人女性としても記憶されています。

テキサスのフォートブリスから配備された彼女は、イラクに5週間しか滞在していませんでした。 Spc。ロリは2003年に命を落としたときわずか23歳でした。彼女は2人の幼い子供を残しました。

数年間、ロリの父でベトナムのベテランであるテリーピエステワは、「すべてがいくつかを与え、いくつかはすべてを与えた」と書かれた帽子をかぶっていました。

ピエステワの死後すぐに、インド国の部族コミュニティが彼女の生と死を祝いました。最初、彼女の家族は彼女に敬意を表して記念碑を最初は難しいと感じました。時が経つにつれ、家族はロリへの記念碑と賛辞が有益であることに気づきました。

「それがしばらく続いている今、それは私たちが癒すのを助けています」と彼女の父親は言いました。 「そして、それは私たちの孫が母親を知るのに役立ちます。なぜなら、あなたが若いとき、あなたは彼らが去るときにあなたの両親を知らないからです。私たちに起こっていることを通して、私たちの孫は彼らの母親を非常によく知るようになっています。彼らは知っていますまだ母親のことを考えている人がたくさんいると」

ですから、この記念日には、すべてを捧げた堕落した戦士たちを思い出し、敬意を表してください。それは癒しのプロセスの一部です。

もっとネイティブニュースが欲しいですか?今日から無料の日刊ニュースレターを入手してください。

このようなより多くの物語

あなたがここにいる間。

ローンチしました ネイティブニュースオンライン インドの国の誰もが彼ら、彼らの親戚、そして彼らのコミュニティに関係するニュースや解説に平等にアクセスするに値するという信念を持って。だからこそ、あなたが終えたばかりの物語は無料でした—そして私たちはすべての読者のためにそれをそのように保ちたいと思っています。それがあなたに贈り物をするように刺激することを願っています ネイティブニュースオンライン 先住民が居留地に住んでいるかどうかにかかわらず、先住民に違いをもたらすより多くの物語を出版し続けることができるように。あなたの寄付は、私たちが質の高いジャーナリズムを生み出し、先住民の声を高め続けるのに役立ちます。通常、読者は20ドルを寄付しますが、大小を問わず、どんな金額の寄付でも、より良い、より強い未来をもたらし、変化の力を維持することができます。 今日NativeNews Onlineに寄付し、独立した先住民ジャーナリズムを支援してください。ありがとうございました。


ロリ・アン・ピエステワ



ホピ語でピエステワのルーツとは、激しい雨によって砂漠に溜まった水を意味します。
ホピ族は彼女の名前を水辺に住む人々と泉での儀式として解釈します。

「悲しみは、政治化されるべきではない生の、そして鋭い感情です。
しかし、時にはまれな明快さが痛みから出てきます。
そして時々、予期せぬ癒しが涙から現れることがあります。
Pfcの勇敢な死。ロリ・ピエステワはそのような時代の1つになる可能性があります。」

。アリゾナリパブリック-2003年4月8日

2003年4月16日- アリゾナ州議会が通過
上等兵ロリア・ピエステワの死に関する同時決議
全文が続きます。


「2003年3月23日、別のネイティブアメリカンの兵士がイラクの砂漠で私たちの国の自由を守るために究極の犠牲を払ったとき、この国は悲しいが名誉あるマイルストーンに達しました。

ツバシティの上等兵ロリA.ピエステワは、戦闘の結果として殺害された最初のネイティブアメリカンの女性として、ネイティブアメリカンの兵役の歴史の一部になりました。

ロリ・A・ピエステワは、アリゾナ州北東部の自宅から数千マイル離れた、ホピの歴史の中心にある3つのメサから離れた世界にある、第507保守会社の7人の英雄的なアメリカ兵とともに異国の地で命を落としました。ほぼ千年の間。

ホピは自分たちをホピトゥ・シヌム、「平和な人々」と呼んでおり、ロリ・A・ピエステワは、2人の幼い子供、家族、人々、そして国に捧げられた、平和で強く愛情深い若い女性でした。

彼女の道がブラックメサの視界から遠く離れる前でさえ、ロリA.ピエステワは、砂漠の星のメンバーとしてホピ族の光であり、若いネイティブアメリカンの役割モデルとしての役割を果たしていました。

1998年にツバシティ高校を卒業した後、ロリA.ピエステワは、祖父が第二次世界大戦で、父親がベトナムで行ったように、彼女の国への兵役の家族の伝統に従うことを選択しました。

2003年5月24日、感謝の気持ちを込めた国が、アーリントン国立墓地にあるウィメンインミリタリーサービスフォーアメリカメモリアルに特別展示を行い、上等兵ロリA.ピエステワに敬意を表します。

それがアリゾナ州の衆議院によって解決されたとしても、上院は以下に同意します。

第46州議会の議員が、上等兵ロリA.ピエステワの死去に心からの遺憾の意を表明し、彼女の家族と多くの友人に深い哀悼の意を表します。」

戦士ピエステワを称える砂漠の星
アリゾナ州テューバシティ。 砂漠の星 ホピシノムクラブとミスホピハイランディブーシェが活動に参加するので、今年はホピ高校の味がします。
第14回年次 砂漠の星 週末が開催されました 4月18〜20日金曜日〜日曜日.

オン 2003年5月26日 感謝する国は敬礼します 上等兵ロリA.ピエステワ とともに 特別展示 アーリントン国立墓地のアメリカ軍の女性記念館で。


ロリ・ピエステワ-歴史

ゲームについて
ロリピエステワナショナルネイティブアメリカンゲームは、2003年にグランドキャニオンステートゲームのエグゼクティブディレクターであるエリックウィドマークによって設立されました。ゲームは、ロリピエステワ、ホピウォリアー、アメリカの兵士、娘、そして最初の女性であった母親の人生を称えます。戦闘で死ぬネイティブアメリカンの兵士。ゲームはその種の最大の大会です。毎年3,500人以上のアスリートと約17,000人の観客がマリコパ郡にやって来て、6つの異なるスポーツのメニューを競います。

部族の人口統計の概要
2019 Lori Piestewa Native AmericanGamesには36の部族が登録されていました。 2019年のピエステワゲームの部族の人口統計は、ナバホ族の参加者の50%に3,500人以上のアスリートを登録したことを示しています。

以下は、イラクに配備される前にロリ・ピエステワが撮影した最後の写真です。これらの写真は2003年2月16日に撮影され、わずか5週間後にロリはイラクで殺害されました。ロリピエステワナショナルネイティブゲームは、彼女の死後5か月で、アリゾナ州ツバシティで彼女に敬意を表して開始されました。私たちASECは、ロリの家族が私たちに彼女の遺産を託してくれたことを光栄に思い、感謝しています。私たちは、ロリが犠牲にしたことについて何世代にもわたって教育し、国内で可能な限り最高のスポーツトーナメントを提供していきます。 。


国立ネイティブアメリカンの殿堂は最初の12人の歴史的な入会者を指名します

2018 Inductees to the National Native American Hall of Fame include Lori Piestewa of Arizona, who was the first Native American woman to die in combat while serving in the U.S. military. (Debra Krol/Indian Country Today)

PHOENIX — In an evening filled with emotion, laughter and occasionally tears, 12 Native people known for their distinction in athletics, activism, education, art and even reaching the stars were honored during the inaugural National Native American Hall of Fame induction ceremony.

Attendees heard comments of inspiration, hope and more from such history changers as forward-thinking educator Lionel Bordeaux, longtime Native rights activist LaDonna Harris, Native astronaut John Herrington, and gold-medal winning Olympian Billy Mills. (Deb Krol/Indian Country Media)

The ceremony took place Oct. 13 at the Phoenix Indian School Memorial Hall.

Four of the five living recipients were on hand to accept their awards, while Jill Momaday accepted on behalf of her father, daughter of author and poet N. Scott Momaday, who at age 84, uses a wheelchair and finds travel difficult.

“My dad extends his best wishes and deep gratitude,” Momaday said. “His papers and writings center on what it means to be Indian in America.”

Attendees heard comments of inspiration, hope and more from such history changers as forward-thinking educator Lionel Bordeaux, longtime Native rights activist LaDonna Harris, Native astronaut John Herrington and gold-medal winning Olympian Billy Mills.

Not even a rainstorm during the day could stop the ceremony.

“I wanted to ensure that the United States doesn’t forget the contributions of these Native Americans,” said James Parker Shield, Little Shell Chippewa, the Hall of Fame’s CEO and founder.

The evening’s ceremony was the culmination of that effort, as well as a call to action to continue to grow the Hall of Fame.

The evening was also enhanced by a special performance by Martha Redbone, Cherokee/Choctaw, who sang about the Indian boarding school era, accompanied only by her hand drum.

People in the audience cheered, or wept, as each speaker or representative accepting the induction award on behalf of that person, gave comments about the singular honor. Every thank-you, every comment was eloquent and heartfelt.

Turk Cobell, son of Eloise Cobell, accepted the award on behalf of his mother, the woman who was the key person responsible for the largest monetary federal court settlement in history for Native people.

“Being as humble as she was, she didn’t spend years of her life and her resources for recognition. It was the right thing to do,” he said.

The first Native American to hold the rank of Prima ballerina, Maria Tallchief was honored by her daughter, poet Elise Paschen, who read a special poem composed about her mother Dan Deloria, son of Vine Deloria Jr.,known as one of Indian Country’s best literary minds, said that “the work Deloria was doing was what was important he looked to elders for guidance.”

Emily Haozous, is the granddaughter of Allan Houser, one of the most renowned Native American painters and sculptors of the 20th century.

“He built a real narrative of Native people as beautiful, graceful and peaceful,” Haozous said.

Sac and Fox Tribal Council Treasurer Robert Williamson, who accepted on behalf of Jim Thorpe, named by many as the greatest athlete of the 20th Century, spoke of his prowess and grace whether Thorpe was competing in football, track, baseball or other sports.

Gina Olaya, daughter of Wilma Mankiller, called her mother “a leader who would go to Washington, D.C. and fight for Native American rights, and then come home, put on an apron and cook for people at ceremonies. Mom dug ditches along with everybody else.”

LaDonna Harris accepted her honor surrounded by a group of graduates of her Americans for Indian Opportunity ambassador program, including MC Harlan McKosato, Sac and Fox. Harris beamed as she accepted the award.

“My ancestors should also be honored here,” said Hall of Fame inductee Sinte Gliska College President Lionel Bordeaux. “Our ancestors left us a challenge, be who we are instead of what others want us to be.”

Tears flowed as John Herrington delivered a heartfelt speech honoring his wife Margo, who died in April after a two-year battle with cancer. Herrington also honored the people he called “my heroes — LaDonna Harris, Billy Mills.” And, he recounted a time when fellow astronaut Tom Stafford invited Herrington to be part of the Apollo 10 mission anniversary.

“There was an empty chair on the stage,” Herrington said. “Tom said to go sit in that chair. But, I said, ‘I don’t belong there! ‘You belong there with those Apollo people,’ Tom told me.”

Tears were also flowing as former Native American Journalists Association President Patty Talahongva, Hopi, presented Percy Piestewa with her daughter Lori’s induction award.

“I’m proud you have chosen to honor her,” said Piestewa of Lori Piestewa, the first Native American woman to die in combat. “We tend to forget that our service members are putting their lives on the line for us.”

Finally, Billy Mills took the stage.

“In a few hours it’ll be the anniversary of my Olympic Gold Medal win,” Mills said, continuing with advice to the audience. “Take our culture, traditions, spirituality and extract those virtues and values. Put them into your daily life.”

Mills said that he used his tribal values to support him through life, education, the Olympics and his 57-year marriage. “Never more has America needed people of color and American Indians.”

Billy Mills took the stage. “In a few hours it’ll be the anniversary of my Olympic Gold Medal win. Never more has America needed people of color and American Indians.” James Shield closed out the evening with an invitation for the 2018 inductees to begin planning for the next induction ceremony--and to help with the National Native American Hall of Fame’s ultimate goal: to build a permanent home for the institution, including a museum with information and artifacts to educate the public about these history-changing Native people.

2018 Inductees to the National Native American Hall of Fame

Former Native American Journalists Association President Patty Talahongva, Hopi, presented Percy Piestewa with her daughter Lori’s induction award. “I’m proud you have chosen to honor her,” said Piestewa of Lori Piestewa, the first Native American woman to die in combat. (Deb Krol/Indian Country Media)

Lionel Bordeaux, Sicangu Lakota (1940) Bordeaux is a distinguished educator and one of the longest-serving college presidents in the United States he’s the president of Sinte Gleska College in South Dakota.

Eloise Cobell/Yellow Bird Woman, Blackfeet (1945-2011) Cobell was the lead plaintiff in the groundbreaking class action lawsuit Cobell v. Salazar, that exposed the U.S.’s mismanagement of trust funds belonging to more than 500,000 Native Americans.

Vine Deloria, Jr., Standing Rock Sioux (1935-2005) Author, theologian, lawyer, historian and activist, Vine Deloria, Jr. is widely known for his book, “Custer Died for Your Sins: An Indian Manifesto” (1969), which helped generate national attention to Native American issues in the same year as the Alcatraz-Red Power Movement.

LaDonna Harris, Comanche Nation (1931) Harris, a longtime Native activist, has influenced the agendas of civil rights, feminist, environment and world peace movement, and is the founder of president of Americans for Indian Opportunity.

John Herrington, Chickasaw (1958) The first enrolled citizen of a Native nation to fly in space, Herrington advocates for getting Native students involved in the sciences, and for promoting what Indigenous knowledge can contribute to modern science and engineering.

Allan Houser, Chiricahua Apache (1914-1994) Houser is one of the most renowned Native American painters and sculptors of the 20th century.

Wilma Mankiller, Cherokee Nation (1945-2010) Mankiller was a community organizer and the first woman elected to serve as principal chief of the Cherokee Nation of Oklahoma.

Billy Mills, Oglala Lakota (1938) Mills was an Olympic Gold Medalist in 10,000-meter run at the 1964 Olympics, at the time was the only person from the Western Hemisphere to win the Olympic gold in this event. He now supports Native youth with his Running Strong for American Indian Youth.

N. Scott Momaday, Kiowa (1934) Momaday is a novelist, short story writer, essayist and poet. His novel, “House Made of Dawn” (1969) was awarded a Pulitzer Prize for Fiction.

Lori Piestewa, Hopi (1979-2003) United States Army soldier Lori Piestewa as the first Native American woman in history to die in combat while serving in the U.S. military and the first woman killed in the Iraq War. Piestewa Peak in Arizona is named in her honor.

Maria Tallchief, Osage (1925-2013) Tallchief was an American ballerina and was considered America’s first prima ballerina, the first Native American to hold that rank. She became the first star of the New York City Ballet, co-founded in 1946 by legendary choreographer George Balanchine.

Jim Thorpe, Sac and Fox (1887–1953) The first Native American to win Olympic gold medals for the United States, Thorpe is considered one of the most versatile athletes of modern sports. He won Olympic gold medals in the 1912 pentathlon and decathlon, and played American football (collegiate and professional), professional baseball and basketball.

More information is available National Native American Hall of Fame website.


Hopis, Navajos Come Together in Support of Missing Soldier

Against a cold wind blowing sand off a high-desert mesa, Native Americans marched here Friday in support of U.S. troops fighting in Iraq, and for the safe return of Army Pfc. Lori Ann Piestewa, a Hopi woman who is missing in action.

Piestewa’s plight caused some to reflect on the traditional warrior strengths of the Hopi Indians, who are supposed to fight only in self-defense.

Many took comfort that Piestewa, whose unit was ambushed Sunday, descended from the Bear clan, the traditional leaders of the Hopi people. Besides, her mother brags to friends, Piestewa is “one tough cookie.”

Piestewa, 22, was assigned to the 507th Maintenance Company out of Ft. Bliss, Texas. She was among 15 soldiers who, after making a wrong turn in the southern Iraqi city of Nasiriyah, were ambushed Sunday. The unit was on a supply mission.

Five soldiers were captured and questioned on Iraqi television the Pentagon has confirmed the death of two others. The fate of the other eight, including Piestewa, remains unknown.

Anxiety for Piestewa has bridged the Hopi and Navajo people, whose governments have feuded -- first in combat, and now in court -- for 150 years over land.

Despite their political animosity, and differences in their religions and cultures, members of both Indian nations attended a community gathering and prayer meeting in Tuba City Wednesday night. The fact that leaders of both the Hopi and Navajo nations appeared together was described as remarkable by those in attendance.

On Friday, about 150 Hopis and Navajos walked side by side, in solidarity for Piestewa and the scores of other Native Americans from nearby towns -- Window Rock, Gap, Cameron, Kayenta -- who are facing combat in Iraq. The Hopis count at least 45 of their men and women serving overseas about 70 local Navajos are in the Middle East.

Piestewa’s mother, Percy, marched with them, holding the hands of children as they sang “God Bless America.”

Percy and her husband, Terry Piestewa, work for the local school district. They have chosen not to speak to reporters about their daughter and have asked that the town pray not just for their daughter’s well-being, but for the safety of all the troops.

Outside the Piestewas’ double-wide mobile home, spokeswoman Myra Draper said Friday the family remains “very hopeful that Lori will be returning. They’re being very positive.”

The couple gathers strength from their Catholic faith, sustained by family prayers at 6 every night, she said. “Just as there was the ‘shock and awe’ of the bombing campaign, news of Lori was their ‘shock and awe,’ ” Draper said.

These days, the couple greets friends with big hugs at the front door. If the television is on, it’s probably Lori Piestewa’s two children watching cartoons, Draper said. Both Percy and Terry Piestewa are home this week because of spring break, and receive daily calls from the Army.

“They’re frustrated that they’re not getting information from the military, but the military probably doesn’t know anything either,” Draper said. “But how can they not be positive? They are overwhelmed by the outpouring of the community.”

The Hopi Indians enjoy a reputation of neither seeking battle nor shrinking from it. Their history tells of a people emerging from the bottom of the Grand Canyon, 65 miles to the west, and settling in the harsh high desert, farming without irrigation and producing their most valuable commodity, corn.

They have fought only against Spaniards attempting religious conversion and in defending their lands against Navajo intrusion, said tribal member Cliff Qotsaquahu, a student of Hopi history. They did not resist early American settlers. In modern times, Hopis sent men into war -- but generally in ways that avoided direct combat. A few Hopis served as code-talkers during World War II, but did not gain the fame of the larger numbers of Navajo who confounded the Japanese by passing battle messages in their native tongue.

“The Hopi warrior is not an aggressor,” said Qotsaquahu, who served in the Vietnam War. “He will not pursue, but you will have to deal with him if you threaten his home.”

“Killing is the No. 1 cardinal sin. Nobody has the right to take a life, unless the other person first crosses the line. That’s why it is so very, very difficult for Hopi soldiers serving in Iraq. They have very mixed feelings about killing.”

Some Hopis join the military out of patriotism to protect their homeland. Others seek adventure or to escape the reservation and its unemployment rate of about 50%.

Lori Piestewa, the youngest of four children, showed interest in the military as a teenager. Six years ago, she served as commanding officer of the Junior ROTC program at Tuba City High School, leading dozens of other students in drills and learning her military bearing.

After school, she married. She enlisted about 2 1/2 years ago, after getting divorced. She followed the military careers of her father, who served in Vietnam, and her grandfather, who fought in World War II.

Piestewa left for Kuwait in February and her parents are caring for her children, ages 4 and 3.

Piestewa’s role in the Army, said Qotsaquahu, was consistent with the tradition of a Hopi woman. “She would still be the keeper of the flame, a mother caring for her children. Working in a supply function would be an appropriate role for a Hopi woman.”

Tuba City, an impoverished town of about 8,000, 75 miles north of Flagstaff, is situated on the Navajo Reservation but home to dozens of Hopi Indians as well. Signs in windows offer messages of hope for Piestewa. “Pray for Lori’s safe return,” says one. “Lori, come home,” reads another. The wind buffets yellow ribbons tied to signposts and yellow balloons strung on fences.

Ron Milford said Piestewa was a role model for his son, Aaron.

“He had finished two years of college, but wasn’t sure where to go with his life,” Milford said. “He had gone to school with Lori, and one day when he ran into her, she told him of all the opportunities in the Army.”

Aaron enlisted, and is based at Ft. Lewis, Wash., training to become a medic.

Among Friday’s marchers, 16-year-old Chad Hatathlie said watching TV accounts of the war “is scary. It makes you just want to cry.”

“I didn’t know Lori,” he said. “But in Tuba City, we’re all one big family. We know she’ll be OK. We’re all praying for her, and we know that she’s strong.”


WATCH: History of the New Hampshire Militia and Guard

Posted On March 01, 2021 10:10:00

As a self-defense militia, the New Hampshire National Guard has roots all the way back to 1623. A band of concerned soon-to-be Americans gathered near the mouth of the Piscataqua River. By 1631, Fort Point, in New Castle, New Hampshire, and amassed a bunch of cannons. No, seriously. That’s how Fort Point got its start. Later on, with wood fortification and additional cannons, Fort Point became Fort William and Mary.

The growing hostile environment between the New Hampshire colonists and the Native Americans made it crucial to arm the colonists. The colonists were taking over the Natives’ land, as it were, so the Natives eventually began to retaliate with raids on colonial settlements. The first raid occurred in Oyster River in 1675 as a part of King Phillip’s War.


ビデオを見る: 神回メンズエステって実際のところどこまでいけちゃうの


コメント:

  1. Takasa

    彼がついに尋ねること?

  2. Kajibar

    素晴らしいニュース、それを維持してください、将来頑張ってください。

  3. Noland

    それは快適です、この非常に良い考えは正確に意図的になければなりません

  4. Anthor

    ブラボー、刻まれたばかりの完璧な文章

  5. Josu?

    だから無限にそして遠くない:)



メッセージを書く