ワチューセットSP-548-歴史

ワチューセットSP-548-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ワチューセット

(MB:t。65(グロス); 1. 101 ';b。16'6 ";dr。7'(f。);s。121k。;cpl。6;a。13-pdr。、 2.30-cal。mg。)

W.C.T.U. 1916年にメイン州のW.A.とS.D. Moss ofFriendshipによって建てられました。 1917年春にマサチューセッツ州ボストンのハワードランバー社から海軍に買収され、その時までに航空機に改名されたワチューセットは1917年4月26日に引き継がれ、SP548に指定されました。 1918年2月1日の時点で、ワチューセットはメイン州ブースベイのセクション基地から、おそらく地元のパトロール任務で、第1海軍区の司令官の支援の下で活動していた。その時の彼女の指揮官はエンスでした。 J. B. Eckroll、USNRF。

ワチューセット(Id。No.1840)との混同を避けるために、船の名前はやや遅れて削除されたようで、ボートは単にSP-548になりました。彼女のデッキログが失われたため、彼女の活動についてはほとんど知られていません。彼女の最終的な運命に関しては、さらなる混乱が存在します。彼女は1919年10月25日に海軍名簿から削除され、同時に水産局に移送されたと伝えられています。しかし、その機関によって運営されている船舶のその後のリストは彼女を説明していません。


USSアルバトロス号(1882年)に類似または類似の船

アメリカ海軍の鉄製の船体のスクリュースチーマー砲艦。第一次世界大戦での潜水母艦としての任務を含む、47年間の1875年から1922年までの長い海軍のキャリアを運命づけられました。ウィキペディア

アメリカ海軍のスクリューフリゲートに分類される木造船体のスクリュースチーマー。ニュージャージー州トレントンにちなんで名付けられました。ウィキペディア

アメリカ海軍の木ネジ汽船。 1859年にニューヨークのブルックリンで建造され、1861年5月に海軍によって3か月間チャーターされ、1861年9月12日にニューヨークの海軍によって購入され、ニューヨークに就役したオリバーS.グリソン司令官が指揮を執った。ウィキペディア

1880年から1903年まで米国水産局(通称米国水産局)が運営し、1903年から1918年までと1919年から1919年まで後継者である米国水産局がUSFSフィッシュホークとして運営する水産科学研究船。 1926年。水産を促進するためにあらゆる国によって特別に作られた最初の大型船で、46年間のキャリアを米国東海岸沿い、メキシコ湾、プエルトリコ沖で過ごしました。ウィキペディア

南北戦争中のアメリカ海軍におけるプロペラ駆動の鉄製船体汽船。 1860年にデラウェア州ウィルミントンでHarlan&Hollingsworth Iron ShipbuildingCompanyによって建設されました。ウィキペディア

米西戦争で使用されたアメリカ海軍の鉄製の船体、2軸、2タレットのモニター。 1874年6月23日、バージニアス号事件に対応して、ユリシーズS.グラント海軍長官ジョージM.ロブソンは、カリフォルニア州ヴァレーホのコンチネンタル製鉄所でフィニアスバージェスが契約したモナドノックを敷設(削り取り、再建)するよう命じました。 1883年9月19日に打ち上げられ、マーレ島海軍造船所で完成し、1896年2月20日に就役しました。エドワード・D・タウシグ、執行役員。ウィキペディア

アメリカ海軍の鉄製砲艦。フルリグ補助帆を備えたスクリュースチーマー。1873年から75年にかけてペンシルベニア州チェスターでジョンローチ&サンズによって建造され、1875年11月15日にフィラデルフィア海軍造船所に就役し、ジョージP.ライアン司令官が指揮を執りました。ウィキペディア

ニューイングランドの海岸に沿って運営されていたアメリカの魚の養殖と水産科学の調査船。 1900年から1903年までは、一般に米国水産局と呼ばれる米国水産局の艦隊の一部であり、その後継である米国水産局の艦隊では、1903年から1917年までUSFSファラロープとして使用されていました。そして再び1919年から1933年度まで。ウィキペディア

南北戦争中の連合海軍における木製のスクリュースチーマー。トーマス・ジェファーソンの家にちなんで名付けられました。ウィキペディア


ワチューセットSP-548-歴史

スキーワードのスキーの歴史は、ワードヒルスキーエリアがユニオンヒルのワードファミリーの農場に最初にオープンした1939年にまでさかのぼります。愛国者元帳によると、北軍が戦いに勝った南北戦争中に焚き火がその上に点火されたので、丘はその名前を受け取りました。

ウォードヒルは、戦時中の薄暗い制限区域のすぐ外に位置していたため、1942年12月にナイトスキーを許可された都市の近くで数少ないスキーオペレーションの1つとして報道されました。オペレーターのウォーレンタイラーとルイスペインは、1942年から43年のシーズンに先立ってスキー場を改良しました。

この地域は、少なくとも1950年代半ば以降、継続的に操業している可能性があります。

ロープトウでの四半世紀の操業の後、1965年にワードヒルで大きな変化が起こりました。1965年9月、ワードヒルスキーエリアコーポレーションはロバートマーティン、ブレンダデコトー、ポールオコンネルによって設立されました。会計係という名前。伝えられるところによると、この事業体は長年のオペレーターであるロバート "ボブ"ロシェットと共同で設立されました。その月、同社は、40エーカーのスキー場でフローレンスB.ワードとその息子のブルースB.ワードと15年間の賃貸契約を結びました。ブルースワードは、80年代後半に、緑のプラウトラックで地元の道路や高速道路を耕したトラック会社を経営していることで地元で知られていました。

ウスターのGuarantyBank&Trust Companyからの資金を活用して、新しいMueller T-Barが1965-66シーズンに設置され、基地施設は1967-68に改良されました。 2番目のTバーは、現在のチューバスライドエリアに1968-69シーズンに設置された可能性があります。一方、インストラクターのスティーブモローは、1960年代後半にPSIAデモンストレーションチームに指名されることで、ワードヒルの注目を集めるのに役立ちました。別のワードヒルスキースクールのディレクターであるビルモローの息子であるスティーブは、後にシュガーローフでプログラムを運営するようになりました。

1960年代後半のワードヒルの成長の重要な要素は、スキー場の3分の2にナイトスキーライトを設置することでした。夜間の運営は、大人が仕事の後にスポーツを学ぶ能力を与えると同時に、学校グループのビジネスを成長させるのに役立ちました。共同所有者のボブ・ロシェット氏は、人工雪製造とナイトスキーがなければ、このような小さなスキー場を運営しようとする理由はほとんどないと述べました。ワードヒルはまた、強力なレースプログラムを持つことで名を馳せました。地元のスキーレースを主催しただけでなく、ワードヒルはスキーヤーにさまざまな著名な地域のレースで力強いショーを見せてもらいました。

近代化と多様化


冬の魔法(1990年代後半頃)

ワードヒルは1983年から84年にかけて、中古のミューラーダブルチェアリフトがロッジの前に設置されたときにチェアリフトの時代に入りました。人工雪製造は引き続き焦点であり、1980年代半ばには、この地域が頻繁に痩せた冬の間に操業できるように改良が加えられました。

1990年の秋、LaCroix家はSki Ward、Inc。を設立し、WardHillを買収しました。 30年後、LaCroixファミリーはスキーエリアの所有と運営を続けています。 John LaCroixは、2000年にBlue Hillsを買収し、メトロポリタン地区委員会が新しいリースの提案を作成するのを支援することに簡単に関心を示しました。

20年間のサービスの後、スキーワードのミューラーダブルチェアリフトは2002-03シーズンに続いて引退しました。新しいPartekトリプルチェアリフトがその場所に設置され、格子状のミューラータワーは維持されました。

スキーワードは、2007年4月に40エーカーの土地の新しい20年間の賃貸契約を締結したとき、ワード家族との数十年にわたる関係を継続しました。ブルースワードは2012年に90歳で亡くなりました。3年後、彼の孫娘は結婚しました。スキー病棟の頂上。

2010年代初頭、スキーワードは、チュービング、テレインパーク、BigAirBag、バレーボールなどの夏のオペレーションを構築しました。 2014年のシュルーズベリーファーマーズマーケットの開始により、活動はさらに多様化した。

John LaCroixの息子であるMikeyは、10代の若者が全国のスノーボード大会で勝利を収め始めた2010年代に見出しを作り始めました。彼は2019年に米国スキーおよびスノーボードチームに指名されました。


ワチューセットのクロウリー氏族は、スキー場の所有権に数世代深く関わっており、確かに1つのことを言うことができます。重要なのは、斜面のサイズや垂直の足ではなく、山に入る心の量が特別なことです。

これを共有

スキーマグに参加する

パーソナライズされたフィードを作成し、お気に入りをブックマークします。

スキーマグに参加する

パーソナライズされたフィードを作成し、お気に入りをブックマークします。

ワチューセットの日の出写真:ワチューセット/アンドリューサントロ提供

メンバー限定

メンバーになってこのストーリーのロックを解除し、他の大きなメリットを享受してください。

この記事は、アクティブパスのメンバーだけが利用でき、ウォーレンミラーエンターテインメントのフィルムアーカイブ(50本の映画)へのアクセス、スキーの指導、フィットネスビデオのチュートリアルなど、他にもたくさんの特典があります。プロの取引と会員限定の業界割引、およびSKIの印刷版サブスクリプション。 Active Passの詳細を確認するか、こちらから参加してください。

マサチューセッツ州プリンストンのなだらかな丘の上から太陽がかろうじて覗いています。すでに、ワチューセットマウンテンは活気に満ちています。

洞窟のようなベースロッジの隅に、ホームスクールの両親が店を構え、山を経由して子供たちに教える別の日の準備をしました。近くの女性用スキープログラムは、コーヒーステーションの周りに集まっており、その日のスロープサイドで利用できるデモについて詳しく説明しています。近くの学校では、数学や歴史に集中しようとする心はほとんどありませんが、バスが彼らをワチューセットに連れて行って深夜のスキーや乗り物のプログラムに行くまでの分数しか数えられません。ボストン大都市圏のオフィスでは、働く大人が車の中で自分のギアを考え、後でナイトスキーやアフターをするのにどれだけ気持ちがいいかを考えます。

そして駐車場では、生涯ワチューセットスキーヤーのリチャードグレンジャーが左のブーツをすでにつけたまま引き込み(リフトに早く着くのが簡単)、右にヤンクし、スキーをつかんでリフトにダッシュし、「10x10s」に会います。 —毎日午前10時までに10回の滑走を目指す大人のスキーヤーのギャング。初冬の朝日を浴びて、グレンジャーは到着するたびに恵まれていると感じます。彼は、彼ら全員のように、家にいます。

ボストンから十分に離れており、トレイルからスカイラインを見るのに十分な距離にあるワチューセットマウンテンは、世界とそこで繁栄する人々の縮図と見なすことができます。しかしそれだけではありません。誰もが楽しめる場所、シームレスなアクセス性、そして「デイヒル」のときはとても大きく感じる魔法のような能力を備えたワチューセットは、正しく行われれば、マウンテンスポーツライフが本当にすべての人に役立つことを証明しています。 。ワチューセットが私たちの世界が何であるかを表していると言っても過言ではないかもしれません:包括的、協力的、そして幸せ。

おかしなことに、ワチューセットの所有者である故ラルフクローリーの子供たちがホッケーに連れて行かれたとしたら、スキー場は存在しなかったかもしれません。

「私の父はホッケーの男でしたが、彼の子供たちは誰もスケートをすることができませんでした」と、5人の子供の一人娘であるキャロリンクロウリースティンプソンは言います。子供たちはお父さんにスキーを試してもらうように頼んだので、彼は子供たちを緑のステーションワゴンに積み込み、その日はバーモント州のスノー山に向かいました。子供たちはスキーに出かけ、ポーラービバレッジを大成功に導いた精通したビジネスマンであるパパは、子供たちが出かけるためにお金を払ってチケットの窓の列を見たとき、電球の瞬間がありました。

「レンタルショップのポケットからリフト券を購入するために、それぞれ6ドルずつお金を稼ぎます」と彼女は思い出します。 「彼には通行料が残っていなかったので、私たちはパイクを家に持ち帰ることができませんでした。」

そのため、州が小さなワチューセットマウンテンをリースに出したとき、彼はチャンスを見ました。 「彼は、「土曜日にラルフ・クロウリーにお金のポケットを空にすることができる人は誰でも素晴らしいビジネスをしている」と言った」と彼女は笑う。

そのため、クローリー家は1969年にワチューセットを買収し、16,002ドルで5年間のリースを入札しました。彼の当時10歳の息子であるデビッドはその金額を提案しました。それは単なるヒバリではありませんでした。クローリーは最初から、山が必要とするものの占い棒として家族を使用していました。今日まで、クローリー家は現場にいて、その場所を運営するだけでなく、楽しんでいます。彼らは山とスポーツへの愛情によって団結した個人の家族であるため、ワチューセットの継続的な成功の鍵となる可能性があります。

ワチューセット湖の実際の景色。写真:Wachusett / RobBossi提供

あなたの熟読のためのいくつかの2019シーズン番号:30,229のスキーまたはスノーボードのレッスン。 19,514 NASTARが実行されます(国内でナンバーワンになります)。 36,353個のフライドポテトバスケットが販売されました。 32,003個の特製サイダードーナツ(現地製)が販売されました。 1億1700万ガロンの水が、一年中絶賛された表面を維持するために汲み上げられました。

ワチューセットは、実際には1つの(非常に大きく、よく計画された)ベースロッジ、3つのクワッド、1つのトリプル、および1,000フィートの垂直ドロップで29のトレイルにサービスを提供する4つのマジックカーペットであることを考えると、多くのように聞こえます。それでも、リゾートの流れとスキーヤーとライダーのストークはそれを機能させます。

家族もそうです。いつでも、キャロリンがチキンナゲットを投げたり、レンタルショップで手伝ったり、ベースロッジで混ざり合ったり、もちろんトレイルをスキーしたりするのを見つけるでしょう。 (彼女は、両親にちなんで名付けられたラン、フラニーのフォリーとラルフのランを、彼女がここにいる毎日の記憶の中でスキーをします。)彼女と彼女の兄弟のジェフは、この地域の毎週のユビキタスコマーシャルで主演します(ニューイングランドに住んでいる場合は、スキーをしないでください、あなたはそれを名付けるとき「ワアワアワチューセット」と言います)、そして次世代のクロウリーの若い大人も同様にステップアップして、同じ公の場でそして実践的な方法で家業に加わります。

ケビンスウィーニーは、ワチューセットにある2つの地形公園の1つであるヒッチコックで交差します。写真:ワチューセット/アンドリューサントロ提供

言い換えれば、その多世代の所有者の家族を山自体から分離することは不可能です。それらは同じものです。そしてそれは機能します。 「彼らはそこの雰囲気全体の一部です」とGrangerはCrowleysについて言います。 「あなたは入って、チケットラインの最初のタイマーを通り過ぎます(そして、誰がウィンドウ価格でチケットを購入するのか?)そしてそれらの1つが助けになります。次に、スキーショップを通り過ぎると、そこにいるキャロリンが物事を進めるのを手伝っています。あなたは、レースチームの人々が近くでたむろしているコーヒーショップを通り過ぎ、クローリーの子供たちの1人が彼らの結果について尋ねています。」

完璧なギネスを引き寄せるワチューセットのレストランの1つであるコッパートップにあると、すべての町がたむろしているとグレンジャーは言います。 「75歳以上の高齢者はそこでコーヒーを飲んでいます」と彼は笑います。 「彼らはもうすぐに出たいとは思っていません。そして、その真っ只中に、ジェフ・クロウリーが彼ら全員とそよ風を撃っているのが見えます。本当に素晴らしいです。」

日が午後に移るにつれて、これらのシーンはすべて移行します。学校のグループが引き継ぎ、その後、太陽が再びそれらの丘の後ろに沈み、仕事帰りのスキーヤー、ナイトスキーリーグのレーサー、そして常にアフター愛好家に道を譲ります。

彼らはどのように動き続け、丘の上に広がっていると感じますか?一流のリフト(中央のリフトは4分でトップに移動します)、うまく設計されたトレイル(1990年代にスキーエリアをほぼ閉鎖した戦い)、そしてクローリーベースの最初の献身までそれをチョークします-個人サービス。 Crowleysは、自分たちに期待する雰囲気を作り出すために一生懸命働いています。

何かが正しくないのを見ますか?彼らは家族として共有し、シンプルなものから崇高なものまで、それを機能させます。 3代目のコートニークロウリーは、スタッフバッジに「リターパトロール」と書かれた小さな子供だったとき、両親にフライドポテトとグリルチーズを別々のバスケットで販売した理由を尋ねました(「フライドポテトとグリルチーズが欲しくないのは誰ですか?」子供だけができるように、彼女は修辞的に尋ねました)。現在、それらは組み合わせて提供されます。

第三世代のクリス・クロウリーが地形公園で逆さまにひっくり返る傾向を発達させたとき、「逆ジャンプなし」と書かれた看板が降りてきて、フリースタイルのレッスンとプログラムが紹介されました。それらが進化するにつれて、ワチューセットは進化します。

おかしなことに、ワチューセットの所有者である故ラルフ・クロウリーの子供たちがホッケーに連れて行かれたとしたら、スキー場は存在しなかったかもしれません。

アッパーコニファーコネクションから離れたワチューセット湖の広大な景色。写真:Wachusett / RobBossi提供

リフトは午前7時30分からワチューセットで回転します。真の支持者は、それが外に出て垂直をクランクする時だと言います。しかし、平日は、高速リフトと広がりのあるトレイルレイアウトにより、端の下にたくさんの頂点を簡単に得ることができます(この作家は、昼食前に約20,000をバッグに入れることが知られています)。

さまざまなニーズに合わせてチームを分割するのは簡単です。トレイルはすべて空になり、広々とした単一のベースエリアになります。デイマウンテンでありながら、クールなアドオンを提供します。デイスイートは、ベッドルームのないスロープサイドコンドミニアムのようなもので、日中や夜を特別なものにするのに最適な方法です。

朝は、10人の乗組員が頂点を登り、大人のレーシンググループやホームスクーラーとゲレンデを共有していることを意味します。粉の日に、彼らはちょうどそのためにメンタルヘルスの日を救ってきた他のすべての人々のための場所を作ります。

正午までに物事は順調に進んでおり、複数のフードスポットが素晴らしい食事を提供している間、ランチは走り続けるのに良い時間です。山の中腹にある木々にひっそりとたたずむ、スキーで最高の山でのご馳走の1つである、ブロックロッジサイダーハウスに足を踏み入れてください。 1930年代に市民保全部隊によって建設され、現在は近くのレッドアップルファームによって運営されており、新鮮なサイダードーナツと蒸し暑いサイダーを大量生産しています。立ち寄らないのは違法なはずです。 NASTARランでそれを燃やします。

群衆は午後に放課後プログラムの子供たちと高校のレースチームに移り、夕方になると、ナイトスキーヤー、ビールリーガー、仕事帰りのラッパーが引き継ぎます。ライブ音楽、DJ、および特別なイベントが常に発生しています(パンデミックによりそのシーンは遅くなりましたが)。リフトは午後10時まで回転し、夜は深夜まで回転します。

昼夜を問わず移行することで、1つのことが一定に保たれます。それは、幅広い層の人々の満足度です。

Tバーでは、Coppertopラウンジ内のリラックスした雰囲気の中でワインとタパスを提供しています。写真:Wachusett / RobBossi提供

テリー・ハートは幼い頃からワチューセットでスキーをしていました。彼は現在64歳で、ここでスキーで子供を育てた後(彼はここで妻にも会いました)、今では10x10の誇り高きメンバーであり、確かなことが1つあります。ワチューセットでスキーをするのはいつも楽しいことです。

「スミスウォルトン(リゾートの最新のトレイルの1つですが、40年近く経っています)は素晴らしいです」と彼は言います。 「上部は完璧なクルージングです。」さらに、「本当に寒くなることはありません」が、ほとんどの場合、人工雪製造で素晴らしい表面を汲み上げるのに十分な寒さです。

ラップに値するコニファーコネクションや、ボストンのスカイラインを見つけることができる風の強いローパーズロード、彼自身にちなんで名付けられた長くてスピーディーなラルフズランなど、他のトレイルも面白いです。ボーナス:彼らは1日に2回山全体を手入れしているので、スキーで滑るトレイルはめったにありません。

これまでのところ、ハーテは生涯のスキーキャリアに満足していますが、誰もがそうであるように、何がそれを定着させるのかと尋ねられたとき、彼はクローリーを指しています。

「それを実行する人々は素晴らしいです」とHarteは言います。 「ここで働く人は誰でもとても親しみやすいですが、あなたも彼らに近づく必要はありません。彼らはあなたに近づきます。」

ジェフクロウリーは、それが彼らの成功の秘訣の一部であることを知っています。

「それはほとんど私たちのDNAにあります」と彼は説明します。 「私の父はビジネスマンであり、私の母はホステス、パーティーのスローワー、そして素晴らしい料理人でした。私たちは皆、それらのもののモーフのようなものです。これは、スキーの日に4,000人の友達をホストしているようなものです。毎日。

「見て、アルテラとベイルリゾートは素晴らしいと思います」と彼は笑います。 「しかし、小さいものがあなたに与えるものも素晴らしいです。所有者である私たちと話をしたい場合、または私たちに怒鳴りたい場合は、すぐに私たちのところに来てそれを行うことができます。彼らはあなたがすべての人にとってすべてのものになることはできないと言っていますが、私たちは実際にそうだと思います。」

次の世代が引き継ぎ始めると、彼らは責任を認識します。

彼らはかつてワチューセットを「グレートホワイトベビーシッター」と呼んでいましたが、次の世代はその責任を十分に認識してステップアップしています。キャロリンがスキー場で全力で仕事を辞めたが、途中でいくつかの問題を解決するために立ち止まったと家族の伝説が言っているとき、どうしてあなたはできないのですか?

「私たち、つまり所有者と話をしたい場合、または私たちに怒鳴りたい場合は、私たちのところに来てそれを行うことができます。」

「この家族がこの場所を素晴らしいものにするためにそこにいることを人々が理解してくれることを願っています」とコートニーは言います。 「私たちは満たすべき本当に大きな靴をいくつか持っているので、最善を尽くします。彼らはこれをそれが何であるかを作るために一生懸命働いた、そしてそれはこれを私たちにとって大きな責任にしている。しかし、ご存知のとおり、変化が正しい方法でどのように発生するかを見てきました。つまり、グリルドチーズ/フライドポテトバスケットを見てください」と彼女は笑います。 「それを行う必要がある場合は、それを行うことができます。私たちのゲストは、将来的にもそれに値します。」

この記事は、元々SKIMagazineの2021年1月/ 2月号に「FamilyTies」という見出しで掲載されました。

この記事は、アクティブパスのメンバーだけが利用でき、ウォーレンミラーエンターテインメントのフィルムアーカイブ(50本の映画)へのアクセス、スキーの指導、フィットネスビデオのチュートリアルなど、他にもたくさんの特典があります。プロの取引と会員限定の業界割引、およびSKIの印刷版サブスクリプション。 Active Passの詳細を確認するか、こちらから参加してください。


USS エディスM.III (SP-196) 1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

ジプシー (SP-55) アメリカ海軍が1917年に巡視船として使用するために取得したモーターボートの計画された指定でしたが、彼女が就役する前に火事で破壊されました。

USS 天頂 (SP-61) 1917年から1918年まで米国海軍でセクションパトロール船として使用された武装モーターボートでした。

USS ワチューセット (SP-548) 1917年から1919年まで米国海軍で巡視船として使用された武装モーターボートでした。彼女は名前が変更されました SP-548 彼女の勤務期間中。 1919年に彼女は米国水産局に移され、名前が変更されました USFS フルマカモメ、1933年または1934年にオハイオ州保全局に異動するまで、五大湖で水産科学調査船として活動していました。

USS ココ (SP-110) 1917年から1919年まで米国海軍でセクションパトロール船として使用された武装モーターボートでした。

二番目 USS ティラムック (SP-269)、 後で USS SP-269は、1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

USS スザンヌ (SP-832) は、1917年に米国海軍が海軍の可能性について検査したが、取得も委託もされなかったモーターボートの名前と名称の提案でした。

二番目 USS シルビア (SP-471)、 後で USS SP-471は、1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

最初 USS ラクーン (SP-506) 1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

最初 USS シャッド (SP-551) 1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

USS ドリスB.IV (SP-625) 1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

USS コブラ (SP-626) 第一次世界大戦中に運航した1917年から1919年までの任務に就いた米国海軍の巡視船でした。彼女はもともと民間のモーターボートとして建造されました。アメリカ海軍でのキャリアを終えた後、彼女は漁業巡視船を務めました。 USFS ウミツバメ 1919年から1934年まで米国水産局のために、アラスカ準州の海域で活動していました。

USS ケイティ (SP-660) 1917年から1918年まで就役した米海軍の巡視船でした。

USS ジェイディーIII (SP-692) 1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

USS エンディオン (SP-707) 1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

USS Wを参照してください。 (SP-740) 1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

最初 USS アルカディア (SP-856) 1918年後半にアメリカ海軍の巡視船として短期間運航された可能性のあるモーターボートでした。

USS マーゴ (SP-870) 1917年から1918年にかけて、セクションパトロール船として米国海軍に持ち込まれ、戦後に所有者に返還された、私用に建造された高床式の甲板巡洋艦でした。

USS 少尉 (SP-1051) 1917年から1919年まで就役した米海軍の巡視船でした。

USS ジョアンナ (SP-1963)は、1917年から1920年まで就役した米海軍の巡視船でした。


購入した米海軍 ワチューセット マサチューセッツ州ボストンのハワードランバーカンパニーから18,000米ドルで、第一次世界大戦のセクションパトロールの巡視艇としてのサービス。海軍は1917年4月26日に彼女を所有し、USSとして彼女を任命しました。 ワチューセット (SP-548)。 NS アメリカ海軍戦闘船の辞書 海軍の乗組員は6人ですが、米国海軍建設修理局のデータによると、2人の警官と15人の男性の乗組員がいます。 [2] [3]

彼女の甲板の丸太が失われたため、彼女の米海軍の活動についてはほとんど知られていません。 1918年2月1日現在、 ワチューセット メイン州ブースベイのセクションベースから、おそらく地元のパトロール任務で、第1海軍地区の司令官の支援の下で活動していた。その時の彼女の指揮官は、USNRFの少尉J.B.エックロールでした。 [2]

名前 ワチューセット USS&#xA0との混同を避けるために、明らかに少し遅れて削除されましたワチューセット&#xA0(ID-1840)、1918年1月に就役し、1919年10月まで就航した貨物船で、巡視船は単にUSSになりました。 SP-548。第一次世界大戦の終結後しばらくして、 SP-548 は廃止され、1919年10月25日に海軍名簿から削除された。[2]


アルサウスウィック:ワチューセット山の失われた幼児、ルーシーキーズの物語

ワチューセット山は、スキーヤー、ハイカー、自然愛好家、キャンパー、野生動物愛好家に愛されているウースター郡の宝石の1つです。それは中央マサチューセッツから肩を上げて、その広い領域で満足して陰気になって、何マイルも周りに見ることができます。

長い間忘れられていたのは、暗い伝説が山の上に雲のようにぶら下がっていて、悲劇的なエピソードについての噂や恐ろしい憶測がまだ解決されていないことをかき立てる時です。

1世紀以上の間、ルーシーキーズの物語は、プリンストンとその周辺のコミュニティで語られ、装飾されてきました。それは1755年4月14日、ルーシーが山の上の彼女の家からさまよった(または連れ去られた)ときに始まり、二度と見られなかった(知られている限り)。

1751年5月、ロバートキーズと彼の家族は、シュルーズベリーからワチューセットの東側に移動し、200エーカーを購入しました。次の1、2年の間、頑固な森は徐々に斧と鋤に道を譲り、小屋が建てられました。キーズ家は1755年4月14日のある日まで順調でした。

その運命の日に、パティ(9歳)とアンナ(7歳)は母親から森の中を1マイル離れたワチューセット池に送られ、家事用の砂を手に入れました。ルーシーはたった4人で、家にいるように言われました。彼女の母親がキャビンに入ったとき、彼女は外で遊んでいました。子供は二度と見られなかった。

ロバート・キーズは、妻の必死のルーシーへの呼びかけを聞いたとき、近くの畑で働いていました。彼はキャビンに戻って探し始めました。二人の年上の女の子が池から戻ったとき、彼らは彼らの妹を見ていなかったと言いました。ロバート・キーズはルーシーを叫びながら池に駆け寄ったが、役に立たなかった。彼は馬を鞍に乗せ、4マイル離れた最寄りの隣人に乗り込み、その時代の最大の捜索隊の1つを始めました。何マイルも離れたシュルーズベリー、ランカスター、ラトランドからのボランティアが、山の周りの広大な森と下層植生を駆け抜けるように現れました。しかし、ルーシーの痕跡は見つかりませんでした、そして結局、捜索者は家に帰りました。

憶測が広まった。夜にオオカミが遠吠えするのを聞いたと思う人もいました。それが説明でしょうか?別の理論は、ルーシーがインディアンに捕らえられたという、もっともらしい考えでした。当時、プリンストンとラトランドでインド人が時折目撃され、赤人男性の略奪が白人の子供と女性を捕らえて誘拐した例がありました。インド人に捕らえられ、フィリップ王の戦争中に何ヶ月も監禁されていたメアリー・ローランドソンの物語は、ニューイングランドの民間伝承の一部でした。

キーズ家はあきらめなかった。捜索隊が去った後何年もの間、ルーシーの母親は、部分的に混乱して、娘の名前を叫んで森の小道をさまよっていました。ロバート・キーズは、ルーシーに関するあらゆるヒントや噂を追跡するために何年も費やしました。彼女の体が見つかっていたら、家族はある程度の閉鎖感を持っていたかもしれません。ロバートは、白人の子供がインディアンの部族と一緒に見られたという噂を追求して、カナダへの長くて高価な旅行さえしました。しかし、旅は無益でした。ロバートは最終的にボストンの一般裁判所に救済を申請した。彼の請願は感動的な文書です:

&ldquo彼が子供を探すために費やした費用は約100ポンドの合法的なお金であり、彼は新しいプランテーションにいることに耐えることができません。&rdquo

しかし、理由は不明であるが、ワチューセットの斜面にある別の土地を求める彼の請願は却下された。

ロバートキーズは1796年まで生き続けました。彼の妻は数年前に亡くなりました。ルーシーキーズの物語はほこりっぽく薄暗くなり、忘却の運命にあるように見えました。しかし、展開する別の章がありました。

1859年、プリンストン大学の100周年記念式典で、ルーシーキーズの物語が再び話題になりました。講演者の1人は、ニューヨーク州ブルックリンのエラストスエベレット教授でした。彼はスピーチでルーシーキーズの伝説について簡単に言及し、数週間後、カンザスに住む老婦人から手紙を受け取りました。彼女はプリンストンで育ち、1750年代にキーズの隣人であるリトルジョンという男の死の床の告白について聞いたことを覚えていると言いました。

エラストス氏が手紙を読んだとき、過去が生き返ったようだった。

リトルジョンはニューヨーク州ディアフィールドの死の床で、大臣の召喚を要求したと述べた。大臣は、死にゆく男が何年も前にルーシーを殺害した方法を話すのを聞くのに間に合うように到着しました。罪悪感と地獄の永遠の火を恐れて消費された彼は、彼の恐ろしい犯罪のきれいな胸を作りたかったのです。彼はキーズとの間に血が悪かったと言い、その運命の日に少女に出くわしたとき、彼は彼女の頭を石で殴り、切り株の下に彼女の体を隠した。

しかし、その話は本当でしたか?プリンストンの歴史を書いたフランシス・エベレット・ブレイクは、いくつかの調査を行い、アカウントに矛盾を見つけました。一つには、リトルジョンはニューヨーク州ディアフィールドに住んだことがなかったようだ。そこでは、大臣が告白を聞いたと思われる。物語はいくつかの古い物語から生まれ、繰り返し語られ、装飾された可能性があります。またはそれは本質的に本当かもしれません。誰も知らない 。

したがって、小さなルーシーキーズの謎は謎のままです。そしておそらく永遠に。

このコラムは、2017年2月23日にTelegram&Gazetteに最初に掲載されました。


ブルーベリーエール ワチュセット醸造会社

ヒント:この評価を付けている理由を説明してください。レビューでは、ビールを合法的に試したことを示すために、ビールの属性(外観、匂い、味、感触)と全体的な印象について話し合う必要があります。非建設的なレビューは予告なしに削除され、アカウントに対して措置が取られる場合があります。

私たちが素晴らしいことを手伝ってください

4.94 / 5 rDev + 45.7%
見て:4 |におい:5 |味:5 |感じる:5 |全体:5

中毒性が高い。ブルーベリー味がたっぷり。バランスが取れているので、ビールのような味がします。ランビックではなく、甘すぎない。人工的な青い色がないため、外観を4にしました。

3.5 / 5 rDev + 3.2%
見て:3.5 |におい:3.5 |味:3.5 |感じる:3.5 |全体:3.5

標準的なパイントグラスのドラフト。

Pours a clear golden color. There's nice thin head with a purple streak from the added blueberries (most of which sat on the bottom of the glass with A few floating just under the head and sometimes emding up in my mouth). Nice lacing as the head is maintained throughout the drink.

The nose is mellow and wheatish with just a hint of the blueberries. Same with the flavor. Pretty much a wheat beer with just a hint of blueberry. Not an amazing beer but very refreshing on a warm day, especially when sitting outside during lunch. Did the job and no regrets ordering it.

3.5 /5 rDev +3.2%
look: 3.5 | smell: 3.5 | taste: 3.5 | feel: 3.5 | overall: 3.5

I love the bloobs, but it hurts a guy to get them floating in a brew. Not that that kept me from enjoying the novelty. What does that have to do with the beer itself? Well, it's deeply tied to the experience. Maybe my emotional reaction changed my perception of the beer quality, or even further, my chemical balance, which in turn influenced the flavor of the beer.

So this one was pretty average across the board. And luckily, for me, average means pretty good. No complaints. Blueberry flavor was NOT overpowering.

3.37 /5 rDev -0.6%
look: 3.75 | smell: 3 | taste: 3.5 | feel: 3.25 | overall: 3.5

Pours pale yellow with a 1 inch thick white head. Moderate lacing.

No noticeable blueberry aroma, slight grass, yeasty.

Taste is caramel malt, slight blueberry, yeasty, bready.

Thin bodied, lively carbonation. Semi-dry finish.

A little light on blueberry aroma/taste but a great beer for summer quaffing. Bottle date was unreadable, fresher may be better.

3.72 /5 rDev +9.7%
look: 3.5 | smell: 4 | taste: 4 | feel: 2.5 | overall: 3.5

Clear golden straw with a frisky head that holds for a short time, then dissipating until few bubbles cling to the glass. Blueberry aroma is pleasant, similar to a warm muffin. The fruit taste is subtle however the beer is thin. Slight bitterness confirms that the drink is a beer. Low carbonation. Quite easy to drink two. Paired well with mussels, clams, and garlic bread.

3.53 /5 rDev +4.1%
look: 2.75 | smell: 3.5 | taste: 3.75 | feel: 3.25 | overall: 3.5

12 Oz Bottle poured into glass
Look - mostly clear.. very pale, straw color. Little head of foam fades quickly no lacing
Smell - wheat and blueberries. Doesn't smell too fake or anything.
Taste - strong blueberry flavor with back notes of wheat and some malt. Some sweetness but not overdone. Medium-high carbonation..extremely drinkable.

Overall a good blueberry beer for sure. I would choose this over Seadog Blueberry.
Grade is B

4.79 /5 rDev +41.3%
look: 4.75 | smell: 5 | taste: 4.75 | feel: 4.5 | overall: 4.75

Love fruit beers and is this my favorite blueberry, great to have just 1 or many more. blueberry flavor but not over the top, nice finish, great aroma

2.54 /5 rDev -25.1%
look: 2.75 | smell: 3 | taste: 2.25 | feel: 2.5 | overall: 2.5

DATE: October 7, 2017. OCCASION: Big Blue day (Independence soccer, PSU wins) deserves a blue(berry) beer. GLASSWARE: Lindemans flute. explodes into the glass with a massive array of bubbles, speeding upward to a sizzling white foamy head. the body is watery yellow and mostly transparent. the aroma is blueberry, of course, light wine tannins, cracker malts and lemon zest make for a mixed bag. mouthfeel is soft, fizzy, dry at its finish, with a light body that begs to be drained. the finish also burns with some residual that leaves the experience lacking. the blueberry is soft, melded with malts to create a slightly "dirty," earthy texture. the herbal, vegetable influence detracts from the experience. not really an enjoyable beer, but it is a bit refreshing. could see where the Smirnoff drinkers might fancy this one.

2.4 /5 rDev -29.2%
look: 2.5 | smell: 3 | taste: 2 | feel: 2.25 | overall: 2.5

This beer was an okay choice, it poured a goldish color and had a strong blueberry smell as expected with a little bit of malt. The taste is a bit heavy in my opinion and the blueberry flavor feels almost forced and too strong. It goes down smooth enough with a decently carbonated mouthfeel and a blueberry aftertaste.

3.43 /5 rDev +1.2%
look: 3 | smell: 5 | taste: 3 | feel: 2 | overall: 3.25

Wachusett Blueberry is an acceptable beer overall, it has a very light feel, comparable to bud light with a just a hint of blueberry flavor but a huge hit of blueberry aroma. A good summer beer that is easy drinking but not anything fantastic, a would recommend beer.

3.37 /5 rDev -0.6%
look: 3.75 | smell: 3.5 | taste: 3.25 | feel: 3.5 | overall: 3.25

Bottle at America on Tap
Light golden color with a small white head. Light bready pilsner maltiness with a hint of earth and artificial blueberry. Not horrible actually,

5 /5 rDev +47.5%
look: 5 | smell: 5 | taste: 5 | feel: 5 | overall: 5

With fresh macerated blueberries and a lemon, you'll have to drag my body out of this bar at the end of the nite.ただ素晴らしい。 Fruity but not overpowering or overwhelming, it goes down so smooth with the fresh blueberry juices really adding such a bright and vibrant color and taste. I'm in love/limits. Darn these local beers that I can't get back home!

3.83 /5 rDev +13%
look: 4.5 | smell: 4 | taste: 3.75 | feel: 3.5 | overall: 3.75

Pours clear yellow gold color with very active carbonation racing up the brew to a creamy white colored head that faded average time and left excellent lacing coating the sides and a layer on top. They added blueberries and the blueberries dropped up and down like frogs dipping to the bottom and then popping slowly back up. A great looking fruit beer.

Smells of blueberry, corn, light citrus hops, biscuit, mixed berries, light caramel and grains. Perhaps the real blueberries floating in it give it the great aroma, but this smells like a handful of real blueberries - very nice either way.

Tastes like it smells with fresh blueberries, light citrus hops, biscuit, mixed berries like raspberry or strawberry, light caramel, bread crust and grains. Smells better than it tastes, but it's still better than most fruit beers.

Mouthfeel is thin and watery, with a very light body, very minimal carbonation which fades off like a lager with a nice fruity finish. Overall it was very tasty, easy to drink and enjoyable.

3.54 /5 rDev +4.4%
look: 2 | smell: 4.25 | taste: 3.5 | feel: 3 | overall: 3.5

An acceptable, reasonably good fruit ale but nothing to write home about. Mild smell with a hint of blueberry. The beer lacks a bit of taste, straddling the line a bit between wheat beer and tasteless light beer, perhaps leaning a little bit towards the latter. Leaves an enjoyable but not overpowering blueberry aftertaste. A perfectly acceptable selection when a mellow summer beer is desired.

4.09 /5 rDev +20.6%
look: 3.75 | smell: 4 | taste: 4.5 | feel: 3.5 | overall: 3.75

Filtered wheat. not much to look at.
Huge real berry nose
Touch of light cereal grains, and real blueberry jam flavor
Lighter mouthfeel. pretty standard session feel
Very surprised by this beer. Not sickeningly sweet. No fake candy flavor. Great rendition of a fruit beer

2.97 /5 rDev -12.4%
look: 1 | smell: 4 | taste: 3 | feel: 2 | overall: 2.75

Hello BeerAdvocates. Welcome to my review of Wachusett Blueberry Ale. My first impression of this beer was obviously the bottle design. Very simple with a picture of blueberries seemingly still on the branch. And a slogan "The aroma is balanced by a subtle blueberry flavor." I have to say.. The description fits. The aroma is very intense but doesn't come off as artificial, which I love. The look of the beer is extremely light , identical to bud light , with virtually no head , if one does poke up it is thin and bright white . The beer goes down smooth, too smoth. I feel like I'm drinking water . Despite the lack of flavor in the start, Wachusett successfully accomplishes their subtle finish which I have to admit is very nice. Overall a "meh" beer.

2.82 /5 rDev -16.8%
look: 3.25 | smell: 3 | taste: 2.75 | feel: 2.5 | overall: 2.75

I'm a little surprised by the reviews, as I've never seen Wachusett until my extended stay in NY and word of mouth for this beer is good.

It's a very pale beer that appears white gold on the pour and turns out be to somewhere between white and gold, pure and polished with absolute clarity. It pours like a soda, the head fizzing away quickly without really having chance to settle very much, though it lays down a layer and puts some spotting on the glass.
The nose really does have a lot of blueberry. It doesn't seem natural, being only sweet and seeming like a blueberry flavoring syrup, but it is good until the blueberry fades and grains come in.
The taste is not so pleasant, and it's a bit of a surprise. Wheat hits with an initial twang and then goes much too grainy, and blueberry gives me a little but it's mostly sour before going almost (not quite) vegetal.
The feel is also unpleasant, attempting crispness to start off then dropping off and getting slick. It feels creepy, honestly, until halfway through when the slickness fortunately dies away.
I've liked a few beers from Wachusett, so this one surprises me. At least now I understand the scores, though.

3.2 /5 rDev -5.6%
look: 3 | smell: 3 | taste: 3.5 | feel: 2.5 | overall: 3.25

One of my favorite blueberry beers. The smell is nice, and I love how this blueberry beer is not overly sweet, and you get a nice bitterness as it goes down the hatch. Just enough blueberry flavor to let me know it's there, but not overwhelming. Good for a hot day - out by the pool or mowing the yard.

3.21 /5 rDev -5.3%
look: 3 | smell: 3.25 | taste: 3.25 | feel: 3 | overall: 3.25

From the 12 fl. oz.できる。 Sampled on July 18, 2014.

The pour is straw yellow with a foamy white head and the slightest fog. Looks like an adjunct light lager.

The aroma us subtle. The toasted grain and pale malts are enhanced by the subtle blueberry note. Nothing overwhelms the other.

The body is light and refreshing.

The taste is also on the barley grain, pale malt side with a hunt of blueberry and a crisp, clean finish.

4.18 /5 rDev +23.3%
look: 3 | smell: 5 | taste: 4 | feel: 4 | overall: 4

For what it is a light beer meant for a hot summer day it is perfect. A pleasant aroma of blueberry. Followed by a delicious proportion of blueberry. I understand that a dark beer connoisseurs die hard would not enjoy the light fruit flavored beverage. If its a nice summer day and I don't want a heavy beer this would be excellent.

3.33 /5 rDev -1.8%
look: 3.25 | smell: 2.75 | taste: 3.75 | feel: 3.25 | overall: 3.25

A: The beer is clear light yellow in color and has a light to moderate amount of visible carbonation. It poured with a half finger high white head that died down, leaving wispy bubbles on the surface and a collar around the edge of the glass.
S: Faint aromas of blueberries and pale malts are present in the nose.
T: The taste has strong flavors of blueberries with hints of of sugar and pale malts. It almost tastes like a blueberry muffin, except that there is a little bitterness towards the finish.
M: It feels light-bodied on the palate and has a moderate amount of carbonation.
O: This beer seems one dimensional as it has really nice flavors of blueberries but is lacking in the smell and mouthfeel. At yeast it doesn't use artificial coloring to make the beer appear blue.

3.19 /5 rDev -5.9%
look: 3.25 | smell: 3 | taste: 3.25 | feel: 3.25 | overall: 3.25

Had this beer on tap in a 22 oz. glass. Golden straw in color with thin white head. The smell of the beer was blueberries all the way. The taste on the other hand only had a hint of blueberry which was a little disappointing. Over all though it was a good beer and i enjoyed it.

3.67 /5 rDev +8.3%
look: 3.25 | smell: 3.75 | taste: 3.75 | feel: 3.25 | overall: 3.75

Poured into a sam adams glass and a nice dense white head developed which had great retention and lacing for a lighter beer. Appearance was a golden / straw color with a slight haze. Aroma was very fruity and definitely of blueberry. Almost a cake like aroma. Tasted of blueberry with hints of wheat and grain. Very light mouthfeel with a light, almost sweet aftertaste.

1.88 /5 rDev -44.5%
look: 2.25 | smell: 3.5 | taste: 1 | feel: 1.5 | overall: 1.75

The first time I had this was 2 years ago back in college, with no real recollection of it. This time, I am properly tasting and drinking it, poured from a bottle into a pint glass.

A - pours a unique color similar to ginger ale or a white wine. It's kind of light colored with carbonation always floating back up. I think this is a bit weird because there was maybe a millimeter of head.

S - there's a strong scent of blueberry, as should be obvious. The smell is similar to a blueberry yogurt: that artificial blueberry scent with sugars. You won't find real blueberries smelling like this.

T - the flavor in my first sip was underwhelming and it stayed consistently underwhelming throughout. There is the tiniest blueberry taste that is hard to point out, and not much else in there. The beer tastes a bit like seltzer water.

M - mouth feel is very light with lots of carbonation. The carbonation feeling lends itself to drinking a soda or that seltzer mentioned above, with a slight tingle on the tongue.

O - not an enjoyable beer at all. It smells good and that really got my hopes up, but the taste did not deliver. Lacking in flavor with a less than impressive mouth feel, I would not drink this again.

3.53 /5 rDev +4.1%
look: 3 | smell: 3.75 | taste: 3.5 | feel: 3.5 | overall: 3.5

Pours clear golden color with a moderate sized white head.

Smells like a blueberry muffin. This is the best part of the beer.

Tastes- As advertised. Blueberries is the main flavor and there is a hint of bready malts but subtle in comparison to the blueberry.

Mouthfeel-This is my problem with this beer, great smell, decent taste, but it is for the most part kind of watery and light.

Overall- Decent fruit beer. Nothing that will knock your socks off but a dect beer if you want some fruitiness and its easy to find on tap.


Support TAM!

Support TAM and be an integral part of Arts & Culture in North Central Massachusetts.

Individual Sponsors

We’re keeping the arts alive in our local community and we need your support!

Of course, donations of any amount are accepted any time of year, as you express your appreciation for your favorite local theatre.

Business Owners – Promote Your Company or Organization in our 2020 AD BOOK

When you place your business ad in all five major show program books, 20,000 potential customers from all over New England will see it and know that you support your favorite theatre and the arts in general!

Ad Sizes and Prices
Full Page (print and projection) $400
Full Page (print only) $300
Half Page (print only) $150

Contact Gail Steele at [email protected] for more information.

Corporate Sponsorship

Theatre at the Mount, a nonprofit community theatre located on the Gardner campus of Mount Wachusett Community College, has been named Central Massachusetts’ Premier Community Theatre by voting patrons and the local media. Since its inception in 1976, TAM has been critically acclaimed for its outstanding productions, bringing the highest quality live theatre to thousands of children and adults while providing a rich environment to showcase local talent.

To supplement ticket sales, each season we offer local merchants the opportunity to sponsor a show or shows of their choice. In addition to the tax credits your company will receive by supporting Theatre at the Mount, you would also benefit from other promotional opportunities. Let us work with your company to customize a partnership package that works best for your budget.


Photo Albums

If you have or know of other historical item(s) that you would like preserved in a photo format on our website, please let us know.

If you see a specific photo, which you would like a high resolution version of, please contact us with the specific.

For additional facts, please check out our various Research sub-pages.

Structures, Past

Tennis

Structures, Existing

Locations

Artists/Photographers

Farming

Card Collections

Please feel free to stop by the Woodward Room in the Library to search our vast photo collection! Woodward Room hours are:

Woodward Room (Princeton Public Library)
2 Town Hall Drive
Sat: 10:00am – 12:00pm
(also Summer – Weds. 1 – 3pm)

Address & Hours

Street Address

Woodward Room (Princeton Public Library)
2 Town Hall Drive
Sat: 10:00am - 12:00pm
(also Summer - Weds. 1 - 3pm)


ビデオを見る: Whats My Line? - Henry Cabot Lodge, Jr Jan 22, 1956


コメント:

  1. Mopsus

    この投稿は比類のない)))、それは私にとって非常に興味深いです:)

  2. Kigasho

    間違いを犯します。私はそれを証明することができます。 PMで私に手紙を書いてください、それはあなたに話します。

  3. Masselin

    このバリアントは私に近づきません。

  4. Allister

    私の意見では、あなたは間違っています。午後に私にメールしてください。



メッセージを書く