デメテルタイムライン

デメテルタイムライン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

  • NS。西暦前1500年

  • NS。西暦前700年

    ギリシャの詩人ヘシオドスは彼を書いています 神学仕事と日々.

  • 紀元前700年-紀元前600年

    寺院は、ナクソス島のアポロ、デメテル、ディオニュソスに敬意を表して建てられています。

  • NS。西暦前600年

    エレウシスの秘儀は、公式のアテナイの宗教暦の一部になります。


デメテル

デメテルは収穫の女神であり、穀物と地球の肥沃さを主宰します。彼女は最も頻繁に収穫の女神と呼ばれていましたが、彼女はまた、神聖な法と生と死のサイクルの女神でもありました。

彼女の処女の娘ペルセポネは冥界の神ハデスに誘拐され、デメテルは喪失と悲しみに夢中になって彼女を際限なく探しました。季節が止まり、生き物の成長が止まり、死んでしまいました。この時点で、ゼウスはペルセポネを復活させ、地球上のすべての生命の絶滅を防ぐために、彼のメッセンジャーエルメスに介入して冥界に送る必要がありました。

HadesはPersephoneの救済に同意しましたが、彼女が去ったときに彼女にザクロを与えました。彼女がザクロの種を食べたとき、彼女は一年の3分の1の間、干ばつによって植物の生命が脅かされる乾燥した地中海の夏、または秋と冬のいずれかで彼に縛られました。

デメテルとペルセポネは、エレウシスの秘儀&#8211の中心人物でもあり、5年ごとに開催される一連の大規模で秘密主義のコンサートでした。これらの謎は、3つの段階でハデスによるペルセポネの誘拐を表しています。 &#8220descent&#8221(loss)、&#8220search&#8221、&#8220ascent&#8221。主なテーマは、ペルセポネの「上昇」と母親との再会です。

デメテルについての事実

  • デメテルはクロノスとレアの娘でした。
  • 彼女は収穫と出産の女神でした。
  • 彼女には1人の娘がいて、PersephoneZeusはPersephoneの父親でした。
  • ハデスがペルセポネを誘拐した後、デメテルは悲しんだ。地球は彼女の怠慢によって不毛になりました、したがって、冬の季節とその兆候は、ペルセポネの不在の間のデメテルの感情的な状態の反映でした。
  • 彼女はとうもろこしを育てて使う技術を人に明らかにしました。
  • デメテルに敬意を表して開催された出産祭であるテスモポリアには、女性だけが参加しました。
  • 穀物畑と脱穀場は彼女の保護下にあった。それらは彼女がいつでも占領できる寺院でした。
  • 彼女の主な祭りは収穫時に来ました。それは謙虚なごちそうとして始まり、時が経つにつれて神秘的な崇拝へと姿を変えました。この素晴らしいお祭りは5年ごとにしか開催されませんでした。
  • デメテルとディオニュソスは、アテネ近くの小さな町エレウシスで崇拝されていました。彼らの崇拝はエレウシスの秘儀と呼ばれていました。
  • デメテルはディオニュソスよりも年上でした。彼らは地球の2つの偉大な神でした。
  • 母親であるメタネイラは、ペルセポネの不在でデメテルを慰めた。実際、デメテルはメタネイラの子供たちの1人を育てました。彼女は子供に溺愛し、毎日アンブロシアで彼に油を注いだ。デメテルの子供への愛着はメタネイラを驚かせ、2人は最終的に別々の道を進んだ。
  • ペルセポネの誘拐にまだ腹を立てているデメテルは、世界を飢饉にさらしました。ゼウスは、彼女を落胆から解放するために、神々を1つずつデメテルに送りました。デメテルとペルセポネは最終的にゼウスの法令で再会しました。
  • デメテルはペルセポネで年に4か月間与えられ、娘は残りの数か月間ハデスに留まりました。
  • 彼女の悲しみの結果として彼女がもたらした荒廃にもかかわらず、男性はデメテルを「良い女神」と呼んだ。
  • 彼女はトリプトレモスを男性の大使に任命しました。
  • 彼女はトリプトレモスとセレオスに彼女の神聖な儀式を教えました。
  • 古代美術では、デメテルはトウモロコシの穂で作られた花輪を身に着けて描かれていました。
  • ヘビとブタは彼女にとって神聖でした。
  • トーチは、ペルセポネを絶え間なく探しているため、デメテルに関連して描かれることがよくあります。
  • デメテルは、アテネのエレクテウス王の治世中にエレウシスにやって来ました。

このページをリンク/引用する

このページのコンテンツを自分の作品で使用する場合は、以下のコードを使用して、このページをコンテンツのソースとして引用してください。


後援

デメテルは何よりもまず穀物の女神でしたが、彼女の影響力はすべての植生と地球の果実にまで及びました(英雄の雲の門の州であった豆を除く)。デメテルはまた、健康、誕生、結婚の女神として登場しました。これらは古代世界の地球の豊饒と密接に関連していました。

デメテルは、いくつかの共通の形容詞を持っていたガイア(地球)や、神々の偉大な母(レア、またはキュベレー)と同一視されることがありました。

デメテルは冥界の神性でもありました。彼女はスパルタとアルゴリスのハーマイオニーで開催されたChthoniaの祭りでそのように崇拝されました。そこでは牛が4人の老婆によって犠牲にされました。アルカディアのデメテルに適用された形容詞エリーニュス(&ldquoAvenger&rdquo)とメライナ(&ldquothe Black One&rdquo)は、彼女のキャラクターのこの暗い側面を強調しています。ここでデメテルは牝馬の形をとり、馬の形をしたポセイデンと交尾したと言われています。

デメテルは、さまざまな政治的および民族的グループ、最も重要なのは隣保同盟の守護聖人であり、その後デルファイの寺院に関連してよく知られていました。


/>デメテルは無差別ゼウスの4番目の妻であり、彼女は彼に娘のペルセポネを産みました。彼女は彼女がとても愛していました。

デメテルの処女娘ペルセポネはハデスによって冥界に誘拐された。デメテルは絶え間なく彼女を探し、彼女の喪失と悲しみに夢中になりました。生き物が止まった季節は成長を止め、そして死に始めました。地球上のすべての生命の絶滅に直面して、ゼウスはペルセポネを取り戻すために彼のメッセンジャーエルメスを冥界に送りました。ハデスは、彼女が自分の領域にいる間に何も食べなかった場合、彼女を解放することに同意しましたが、ペルセポネは少数のザクロの種を食べていました。これは、植物の生命が干ばつによって脅かされている乾燥した地中海の夏、または秋と冬のいずれかで、毎年特定の月の間、彼女をハデスと冥界に縛り付けました。

時間枠は必ずしもギリシャの冬の季節に対応しているわけではありませんが、それはある期間地下に埋められ、その後湧き出て新しい生命を育む植物の表現です。


ペロプス

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

ペロプス、おそらく彼にちなんで名付けられたギリシャのペロポネソス半島のミケーネでのペロピッド王朝の伝説的な創設者。ペロプスは、神々の王ゼウスの孫でした。多くの報告によると、彼の父、タンタロスは、宴会でペロプスを料理し、神々に仕えました。娘を亡くしたことで遺族となったデメテルだけが、娘を認識できず、参加しませんでした。神々から遺体の修復が命じられたとき、デメテルの部分である肩には、象牙の代わりとなる女神がいませんでした。

しかし、ピンダロスによれば、海の神ポセイドンはペロプスを愛し、彼を天国に連れて行った。恐ろしいごちそうは、彼の失踪を説明するための悪意のあるゴシップにすぎなかった。しかし、ペロプスは、父親が単なる死すべき者に蜜とアンブロシアを与えて天国の恩恵を乱用したため、死すべき生活に戻らなければなりませんでした。その後、ピンダロスによれば、ペロプスはエリスのピサのオイノマオス王の娘であるヒッポダメイアの手のために努力した。娘に近親相姦を愛したオエノマウスは、以前に13人の求婚者を殺害した。彼はペロプスに戦車の追跡を挑み、ヒッポダメイアは勝利の賞を、死は敗北の代償を払った。オイノマオスのチームと戦車は彼の父であるアレス神からの贈り物でしたが、ペロプスの戦車はポセイドンからのものでした。ペロプスは花嫁を勝ち取り、オエノマウスを殺した。

より敵対的なバージョンでは、ペロプスはオイノマオスの戦車であるミルティラスに賄賂を贈り、オイノマオスの戦車からリンチピンを取り除いた。彼の勝利の後、さまざまな情報源でさまざまな理由で与えられた理由で、彼はミルティラスを海に投げ込み、後にミルトア海と呼ばれました。ミルティラス、またはオイノマオスは、アトレウスのペロピッドの家を悩ませた呪いを発したと言われています。 (戦車レースの準備は、オリンピアのゼウス神殿の東側の台座に描かれています。)したがって、ペロプスはペロポネソス半島の大部分の支配者になりました。ヘラクレスによって設立されたオリンピアの彼の神社は、特に重要でした。


重要な事実と情報

前書き

  • デメテルは収穫の女神として知られていましたが、神聖な法則と生と死のサイクルの女神としても知られていました。
  • デメテルと彼女の乙女の娘、ペルセポネは、オリンポスのパンテオンに先立つ宗教的伝統であるエレウシスの秘儀の中心人物として知られていました。
  • デメテルは、アナトリアの女神キュベレーやローマの女神セレスとも関係がありました。
  • デメテルは、ウラノスとガイアの末息子であるクロノスの娘であり、タイタンの第一世代のリーダーとも見なされていました。
  • デメテルの母親であるレアは、出産、母性、快適さ、そして安らぎのタイタンの女神でした。
  • デメテルはゼウスの妻であり、彼らの子供のペルセポネの母親です。
  • デメテルは、花、果物、穀物など、収穫の画像に関連付けられることがよくあります。
  • デメテルは、娘のペルセポネと一緒に描かれることもよくあります。

デメテルとペルセポネ

  • デメテルと娘のペルセポネとの関係はよく知られています。
  • ペルセポネは冥界の女王と見なされていました。しかし、彼女が冥界に来る前は、彼女は母親と一緒に暮らしていました。
  • ハデスはペルセポネに魅了されたので、彼女を誘拐して冥界に連れて行った。
  • ハデスによるペルセポネの誘拐はデメテルを怒らせた。
  • 次に、デメテルは娘を見つけることができるようにすべてを行いました。娘は、すべてを見通す太陽神であるヘリオスに連れて行かれました。
  • その後、ヘリオスはデメテルに、娘のペルセポネがハデスに誘拐されたと語った。
  • デメテルは激怒し、復讐を望んでいました。そのため、デメテルは収穫の女神としての職務から長く無期限の休暇を取ることにしました。
  • デメテルは、収穫の女神が地球を乾燥させ、収穫の失敗、植物の不実、食糧不足による動物の死、そして地球全体の飢饉をもたらしたため、職務を離れました。
  • デメテルの夫であり、ペルセポネの父であり、天空、稲妻、雷の神でもあるゼウスは、行動を起こすことを決心しました。
  • ゼウスはデメテルに、ペルセポネが戻ってくることを条件にペルセポネを持ち帰ると語った。
  • Hadesはこの合意を聞いていたので、Persephoneをだます方法を考えました。 HadesはPersephoneにザクロの種をいくつか食べさせました。ザクロは冥界の食べ物であると考えられており、ザクロを食べると冥界にとどまりたくなると考えられていました。
  • 次に、会議が行われたとき、ペルセポネはアンダーワールドにとどまることにしました。
  • デメテルは再び激怒し、彼女は地球を二度と肥沃にすることは決してなく、誰もが死ぬだろうと言った。
  • この問題に終止符を打つことを望んでいたゼウスは、ペルセポネが彼女の月の半分をハデスと過ごし、残りの半分をデメテルと過ごすことを決定しました。

説明

  • ペルセポネが冥界のハデスと一緒にいる数ヶ月の間、デメテルは悲しく、収穫と豊饒の女神としての彼女の義務を放棄すると言われています。これが、土地が肥沃でなく、作物がない秋と冬の数ヶ月の背後にある理由であると言われています。
  • ペルセポネがデメテルと一緒にいる数ヶ月の間、デメテルは幸せに輝き、土地は肥沃になり、再び作物を生産するでしょう。これが春と夏の数ヶ月の背後にある理由であると言われています。
  • このように、ペルセポネとデメテルの物語は、季節の変化と自然の死と再生の永遠のサイクルを説明するために作成されました。

デメテルとポセイドン

  • ゼウス以外にも、デメテルが海の神ポセイドンと関わったという神話もあります。
  • いくつかの神話によると、デメテルが娘の死を悼んでいたとき、ポセイドンは彼女を慰め、次に彼女を追いかけた人でした。
  • いくつかの神話によると、デメテルは馬の形をとり、アルカディアンオンコスの群れの中に隠れました。
  • 隠れている間、ポセイドンは彼女を見つけたと言われています。
  • それで、デメテルは彼らの2人の子供を思いついた:(1)アレイオーンと(2)デスポイナ。
  • アレイオーンはオニアナツバメの形をした神話上の生き物でした。
  • デスポイナは、アルカディアのミステリーカルトであるAcacesiumの不妊の女神でした。

デメテルとヒューマン

  • ゼウスとポセイドンの他に、デメテルと男性の人間に関する神話もいくつかありました。
  • そのうちの一人は、サモトラキ島またはクレテ島の王子であるイエゾンです。神話によると、イエゾンとデメテルには双子の息子、プルートスとフィロメロスがいました。
  • デメテルに関わったもう一人の男性はカーマナーです。カルマナーはクレテ島のターラの領主です。デメテルとカルマナーには、エウブーレウスという息子とクリソテミスという娘がいたと言われています。
  • 最後に、デメテルに関わったもう一人の人間はメコンです。しかし、メコンについてはほとんど知られておらず、彼がポピーの花に変身したことだけがわかっています。

子孫

  • 以下は、神話に従って特定されたデメテルの子孫のリストです。
    • ペルセポネ:冥界の女王、そしてゼウスとデメテルの娘。
    • アレイオーンまたはアレイオーン:ヘラクレスとアドラーストスが所有していた不滅の馬、およびポセイドンとデメテルの子孫。
    • デスポイナまたはデスポイナ:特定のアルカディアの謎の女神、およびポセイドンとデメテルの娘。
    • エウブーレウス:耕された地球の半神であり、デメテルとカルマナーの息子。

    デメテルワークシート

    これは、23の詳細なページにわたってDemeterについて知る必要があるすべてを含む素晴らしいバンドルです。これらは 収穫の女神であり、穀物と地球の肥沃さを支配しているデメテルについて学生に教えるのに最適な、すぐに使用できるデメテルワークシート。

    含まれているワークシートの完全なリスト

    • デメテルの事実
    • もっと&ampもっと
    • 私は誰?
    • 母と娘
    • 狩りましょう!
    • 創造性
    • 兄弟
    • 海の神
    • もし私が…
    • それらすべてに名前を付ける必要があります
    • 私自身

    このページをリンク/引用する

    このページのコンテンツを自分のWebサイトで参照する場合は、以下のコードを使用して、このページを元のソースとして引用してください。

    任意のカリキュラムで使用

    これらのワークシートは、国際的なカリキュラムで使用するために特別に設計されています。これらのワークシートをそのまま使用することも、Googleスライドを使用して編集して、自分の生徒の能力レベルやカリキュラム基準に合わせて作成することもできます。


    コンテンツ

    ソロモン・デメテルは、アスターテスが高貴で、毅然とした、恐れを知らないものであるべきことの縮図でした。彼はすべての事柄を完全な献身と集中で追求しました、そして彼の仲間のLeigonariesのように、戦争のスキルは彼の懸念の中で最も重要であり、彼は彼自身のスキルの追求において完璧に満たないものを受け入れることを拒否しました。首相フルグリムの子孫に典型的なように、彼は頭皮の近くで黒髪を刈り取り、日焼けした肌で完璧な貴族の特徴の物理的なイメージを提示しました。皇帝の大十字軍を起訴してきた長年の経験。デメテルは彼自身の武術に非常に自信があり、戦闘の感覚をよりよく体験するためにヘルメットを外した状態での戦闘の最中にしばしば見られました。

    デメテル大尉のような完全な戦士だけが、彼が集めることができるすべての保護なしで銃撃戦に入るでしょう。自立した戦士であるデメテルは、満足のいくものになるまで、個人の武器を大幅にカスタマイズしました。彼はボルターのすべての表面と内部メカニズムを手作業で仕上げました。これにより、標準のAstartesBolterよりもわずかに高い発射速度が得られました。彼はまた、両手で握ることができるように、グリップとブレードが標準よりわずかに長くなるようにチェーンソードを変更しました。デメテルは、彼の剣の柄と柄を、帝国のアクイラに似せるように広範囲にカスタマイズしていました。彼が強迫神経症に接する戦いの前に何度も彼のウォーギアを称えることは珍しいことではありませんでした。

    レーレンのクレンジング

    大十字軍への参加が独自の条件で開始された直後、皇帝の子供たちの第28遠征艦隊は、自分たちをラーと呼ぶ、これまで知られていなかった曲がりくねったエイリアンの種族に遭遇しました。皇帝の子供たちは、フェイル卿のアルキテパラティーヌの帝国軍連隊と協力して、宇宙、世界の表面、海の下、軌道プラットフォームの船体を越えてレアを攻撃しました。環礁19の戦いは、後にマイナーなものとして説明され、ラエランの浄化で小競り合いが始まりましたが、ソロモンデメテルの第2の会社の槍の先にいる戦士には、かなり激しい感じがしました。小競り合いより。戦闘中、彼はヘルメットの着用を軽蔑し、ラーが第3軍団のVoxネットワークを介して命令を解読するのを防ぎました。彼は、ラーの武器の1つに頭をぶつけられた場合、死んでいるか、ヘルメットかどうか。

    デメテルは、すぐに助けや空中支援を期待できないことを知っていたので、自分の目的を困難な方法で達成しなければならないことを理解していました。適切な支援なしに暴行を行うことは彼の秩序と完璧さの感覚に反するものでしたが、デメテルは彼が進むにつれて彼の戦術を即興したときに感じた爽快感を否定することはできませんでした。一部の司令官は、彼らが望む力なしで戦うことは避けられない事実であると言いました、しかしそのような信念はほとんどの皇帝の子供たちにとって嫌悪感でした。

    このキャンペーン中に、デメテルは、指揮官が「正しい」選択をすることにあまり大騒ぎしてはならないことを学びました。彼が心配する必要があるのは、「良い」選択をし、それをよく見て、結果を受け入れることだけでした。このタイプの水平思考は、皇帝の子供たちが採用した標準的な戦術の粒子に反し、デメテルの仲間の船長とその部下の一部の不承認を獲得しました。しかし、その場で考える彼の能力は、その日を運ぶのに役立ちました。なぜなら、戦闘地帯の完全な致死性がそれを必要としたからです。

    最適な部隊の強さを欠いていたにもかかわらず、デメテル大尉は槍の先端の前進を組織することができ、敵のラインの中心に稲妻の攻撃で彼のアスタルトを配備しました。デメテルは、皇帝の子供たちが他のどの軍団にも比類のない完璧な武道で戦ったことを誇りを持って見守っていました。彼らは完璧な力の冷たく臨床的な応用で戦った。

    皇帝の子供たちの列は、ラーの猛攻撃の下で後方に曲がったが、それは壊れなかった。デメテルはラインの中心に移動し、戦闘の最中に彼の場所を取り、弾薬を使い果たしてチェーンソードに戻るまで、系統だった精度で殺しました。彼は両手で戦い、エイリアンの肉を切り裂き、戦士たちを怒鳴りつけて、ラールの潮が彼らを取り囲んでいるのを見て、しっかりと立ちました。

    環礁19の占領により、レランの世界に対するキャンペーンのオープニングステージが勝利しましたが、戦いの激しさとそれが勝利した脆弱なナイフエッジは、その言葉を持っている人以外には決して知られていませんでした。ある日、罵倒されます。環礁19は、皇帝の子供たちがレランで終わる前に設立された多くの橋頭堡の最初のものです。

    レランのための戦争は、多くのさまざまな戦場で戦われました。皇帝の子供たちの戦士たちは、浮かぶ環礁で、そして古代の建造物の廃墟を通り抜けて戦いました。キャンペーンの開始から数日以内に水中の引用が発見され、アスターテスの分離は海上に浮かんでいる帝国巡洋艦から発射された特別に改造された搭乗魚雷で、海中の塹壕の深淵の暗闇と戦い、日光の接触を知らなかった構造に激突しました。

    ソロモン・デメテルは、これらの都市の最初の都市に対して2番目の会社を率いて、6時間以内にそれを征服しました。攻撃の計画は、彼の首相から賞賛を集めました。中央ラール寺院へのキャンペーンの最後の攻撃の間に、デメテルは彼のサンダーホークのガンシップが撃墜されて海に急降下したときに奇跡的に生き残った。その結果、首相がラールの偉大な寺院(密かにスラーネッシュの崇拝に捧げられたファン)に入ったとき、彼は存在しませんでした。そこでフルグリムは、後にカオスアーティファクトと呼ばれるデーモンが所有する剣を見つけました。 レアの刃.

    フェニックスの同胞団

    ソロモン・デメテルは、フェニックスの同胞団のメンバーでした。これは、第3軍団内のランクのアスターテスだけで構成される戦士の仲間です。彼らは他の多くの軍団内のものよりも排他的なウォリアーロッジでした。皇帝の子供たちがルナオオカミと一緒に戦ったフルグリムの再発見後の第3軍団の再構成の期間中に、軍団はホルスの戦士との友情の大きな絆を形成しました、そして戦いの間の時間に、いくつかの緩い舌はXVI軍団の戦士ロッジの存在について話していました。ルナオオカミのロッジは、理論的には、メンバーになりたいと願うすべての戦士に開かれていました。ランクが揺らぐことなく、男性が報復を恐れることなく自由に心を話すことができる、活発な議論の非公式な場所でした。

    最終的に、ソロモン・デメテルとマリウス・ヴァイロシアンは、セルガル・タルゴストという名の戦士の名誉あるリーダーシップの下で、名誉ある友情の楽しい夜であるそのような会議に出席することを許可されました。ソロモンは、マスクされた到着のマントと短剣の演劇にもかかわらず、夜を楽しんでいました。皇帝の子供たちの上級将校として、彼はしばしばフェニックスの同胞団の秘密の集会に出席しました。彼の個性と自立にもかかわらず、デメテルは彼の軍団の信条と哲学をしっかりと信じ、上司や仲間の船長から学ぶために一生懸命働き、部下の模範を示しました。彼の優れた知識と戦術的洞察力は、第3軍団の戦術的教義への主要な貢献であり、皇帝の子供新人に教えられました。

    ディアスポレックス迫害

    大十字軍の後半に、アイアンハンズ軍団の第52遠征艦隊は、ディアスポレックスとして知られる人間と異種の両方で構成される遊牧民の艦隊ベースの文明に遭遇しました。アイアンハンズは人類の皇帝の帝国の真実を共有し、ディアスポレックスの人間のメンバーに彼らのエイリアンの同盟国から離れて新しく鍛造された帝国に参加する機会を提供しましたが、彼らはアスターテスの申し出を断りました。

    彼らの申し出は拒否され、アイアンハンズは判決を通過し、次の月にアイアンハンズ艦隊はディアスポレックスを全滅させようとしましたが、敵は海戦の分野で高度なスキルと経験を持っていることが証明され、重要な戦いを簡単に回避することができましたアイアンハンズのストライククルーザーに深刻なダメージを与えることさえあります フェラム。第28遠征艦隊の皇帝の子供たちが援軍として呼ばれ、鉄の手と皇帝の子供たちの軍団からの軍隊の両方で構成される合同帝国攻撃部隊が、意図的なディアスポレックスに対して全面的な攻撃を開始する準備をしました。

    その後の大規模な海軍戦闘中に、フルグリムの個人的なガンシップ、 ファイヤーバード、激しい攻撃を受け、すぐに問題を抱えていることに気づきました。フェラスマヌスの旗艦、バトルバージ 鉄の拳、困惑した兄の救助に駆けつけてきた。負傷したプライドを取り戻すために、フルグリムはディアスポレックスの旗艦に乗って短い船上行動を主導し、皇帝の子供たちはディアスポレックスの軍隊に血まみれの大混乱をもたらしました。この時までに、デメテル大尉は傷から完全に回復し、主力艦への槍の先での攻撃で第2の会社を率いることができ、その後敵船の橋を占領し、彼の首相の最終的な勝利を奪った。

    通常、そのような偉業は彼に多くの賞賛と個人的な栄光をもたらすはずでしたが、デメテルは、デーモンが所有するラーの悪意によって首相がゆっくりと腐敗していたため、ラール寺院への攻撃後のフルグリムの人格の変化に気づいていませんでした彼が神殿から取った剣。フルグリムは部下の功績を無視し、かかとを回して敵の橋から一言も言わずに行進し、激怒した。

    足根骨の戦い

    大十字軍のある未知の時点で、フルグリム首相は、タルサスの乙女の世界で、ウルスウェクラフトワールドの有名なエルダーファーザーエルドラッドウルスランと会いました。ファーザーは、デイヴィンのナーグルが腐敗したペストムーンに裏切り者ユーゲンテンバの手でキネブラクアナタメとして知られる悪意のあるカオスブレードによって負傷した後、ホルスの腐敗についてフルグリムに警告しようとしました。テンバは、ペスト卿ナーグルの影響下に陥ったデイヴィンの野生世界の元惑星知事でした。

    有毒な刃によって引き起こされた怪我は、カオスの神々がウォーマスターの魂を購入することを可能にしました。フルグリムは、弟のホルスとの親密な関係のために、ファーザーの告発に対して激しい怒りに反応しました。ホルスとの絆は、X番目の軍団の首相であるフェラスマヌスとの絆に次ぐものでした。この怒りは、フルグリムのラーデーモンブレードの堕落した影響によってさらに強化されました。これは、エルダーの真実を拒否するように首相に暗く影響を与え、ソロモンデメーターを含む皇帝の子供キャプテンと一緒にエルドラッドと彼の従者に挑発的で猛烈な攻撃を仕掛けるようにフルグリムを引き起こしました。と彼の個人的なフェニックスガード。

    その後の戦いで、皇帝の子供たちは尊敬されているエルダーレイスロードキラエンゴールドヘルムと強力なカインのアバターの両方を殺害しました。モンケイの「首相」。それでも彼らは出発前にフルグリムのエリート個人フェニックスガードをすべて殺すことに成功した。エルダーがそのリーダーについてのそのような嘘を広めることによって帝国を分割統治しようとした危険なゼノス種族を証明したと信じて、フルグリムは再びデーモンブレードの影響力の増大の下で、恐ろしいウイルスを使用して他のいくつかの美しいエルダーメイデンワールドの破壊を命じました爆弾。デメテルは、首相と仲間と共にクラフトワールドウルスウェのエルダー軍に立ち向かったにもかかわらず、自分の軍団内で限界に追い込まれ始めました。

    深軌道DS191の戦い

    数週間後、タルサスでのキャンペーンに続いて、フルグリムの艦隊はテラ評議会からウォーマスターの第63遠征艦隊と合流し、最近の行動を報告し、デイヴィンの疫病月で獲得したホルスの重大な怪我に関する情報を入手するように命じられました。最も珍しいのは、第3軍団の主司令官ウェスパシアヌスがフルグリムのホルスへの代表団から除外されたことでした。これは主司令官と彼の首相の間の絶え間ない亀裂を示しました。

    この第63遠征艦隊への訪問に続いて、フルグリムは彼の上級指揮官に、オークの侵入を一掃するふりをして、カリネデスシステムのカリネデスIVでフェラスマヌスと彼のアイアンハンズに加わるために小さな軍隊を率いると発表しました。首相は、ディープオービタルDS191の鎮静化中に暴行の先頭に立ち、第1、第2、第3の企業を率いました。暴行の最中、デメテル大尉は、戦闘計画が立てられていたので、彼の会社が第1および第3の会社によって支援されていないことに気づきました。

    過度に拡張され、切断され破壊されるという本当の危険にさらされていた第2の会社は、2人の尉官であるソール・タルビッツ大尉とルシウスの指揮下にある第10と第13の会社の計画外のタイムリーな到着によってのみ、特定の破壊から救われました。デメテルは、第3軍団の最高司令部によって組織的に凍結されたため、ますます多くの人と交際していることに気づきました。これらの不名誉な行動を目撃した後、暗いシュラウドがウェスパシアヌス司令官の上にぶら下がっていました。ソロモン・デメテルの第2の会社が、カエソロン大尉とヴァイロシアンの会社の両方によって意図的に放棄されているのを見て、彼は行動する義務を感じました。名誉あるアスターテスがプリマーチの部屋でフルグリム自身によって殺害されたとき、彼に忠実な彼の軍団とスラーネッシュと彼の間の人々への彼の新しい忠誠心の中でそれらのアスターテスを整理することを決めたとき、それは彼の人生を犠牲にする決定でした皇帝に忠実であり続けた戦士たち。

    IstvaanIII残虐行為

    Horus Heresyの始まりを示し、Istvaan IIIの残虐行為として後の世代に知られている恐ろしいキャンペーンは、IstvaanIIIの帝国惑星知事であるVardusPraalが、カルト信者が長い間活動していたカオス神Slaaneshによって堕落したときに始まりました。それが帝国によって征服される前でさえ、世界。プラールは帝国からの独立を宣言し、禁じられたスラーネシの魔術を実践し始めたので、テラ評議会はホルスにその世界、主にその首都である合唱都市の奪還を命じました。

    この命令は、皇帝を倒すというホルスの計画を促進するだけでした。彼の直接の指揮下にある4つの軍団(ホルスの息子、世界を食べる人、死の番人、皇帝の子供たち)はすでに裏切り者になり、カオスに誓約しましたが、これらの軍団のそれぞれの中にはまだいくつかのロイヤリストの要素がありました各部隊の約3分の1は、これらの戦士の多くがテラン生まれの宇宙海兵隊員であり、大十字軍の間に彼らの首相と再会する前に、皇帝自身によってアスターテス軍団に直接採用されました。ホルスは、イストヴァンIIIの世界で帝国のコンプライアンスに対する反乱を鎮圧することを装って、イストヴァンシステムに彼の軍隊を集めました。ホルスは、彼の指揮下にある軍団の残りのロイヤリストの要素をすべて破壊する計画を持っていました。

    彼の仲間の軍団兵の多くのように、デメテルは無意識のうちに帝国のロイヤリストとして死の印を付けられており、イストヴァンIIIを帝国の襞に戻すふりをして最初の波で進水する運命にありました。合唱都市への最初の攻撃は不安感を洗い流し、ロイヤリストの怒りを解放し、流血で傷つき、物事は本来あるべき姿であり、彼らの軍団の方向性についての彼らの以前の不安は原因ではなかったことを彼らに安心させました懸念。

    しかし、その後、キャプテンソールタルビッツは裏切りと差し迫った攻撃の信じられないほどの物語で惑星の表面に到着しました。多くの人がタルビッツの警告を嘲笑していましたが、すぐにその真実を知り、兄弟たちに差し迫った危険を認識させるために戦った人もいました。裏切りの巨大な規模が沈むにつれて、ホルスのロイヤリストの息子、ワールドイーターズ、エンペラーズチルドレンアスターテスは、致命的なウイルスのペイロードが彼らの墓となることを意図した世界を襲う前に、避難所を見つけるために競争しました。デメテルは、恐ろしいライフイーター病原体による最初のウイルス爆撃に続く大火事でひどく負傷しました。

    失敗したウイルス爆弾攻撃に続く戦いの最初の太陽の月は、苦痛と悪夢のぼやけで過ぎました。デメテルの人生は、ソール・タルビッツが彼のところに来て、裏切り者に裏切りの代償を払わせると約束するまで、バランスが崩れていました。若い戦士の中でようやく野心の火が灯されたのを見て、ソロモンは活気づき、彼の回復は奇跡にほかなりませんでした。ヴァドンという名前の薬剤師は、負傷者を治療する間に、彼を死の瀬戸際から連れ戻す時間を見つけました。そして、紛争の地が進むにつれて、デメテルは彼の力が再び戦うことができるところに戻ったことに気づきました。

    Taking the armour of the dead, Demeter had risen, phoenix-like, from what many had considered to be his deathbed, and had fought on with all the ferocity and courage for which he was renowned. Saul Tarvitz had immediately offered to transfer command of the Loyalist Emperor's Children to him, but he had refused, knowing that the surviving warriors of all the Legions looked to Tarvitz for leadership. To usurp that would be pointless, especially now that their heroic defiance of betrayal was almost at an end.

    Ultimately, Demeter would be betrayed unto death by one of his own Battle-Brothers. Captain Lucius' pride and jealousy had eventually overwhelmed him as the young Emperor's Children officer had come to resent Tarvitz's role in the Loyalists' success against the enemy and the respect he commanded from the other Loyalist Astartes. Lucius secretly contacted Lord Commander Eidolon and promised to deliver Tarvitz and break the Loyalists' defences at the Precentor's Palace for Horus in return for being accepted back into the Legion.

    Eidolon accepted the proposal. As Lucius slaughtered a group of 30 Loyalist Astartes who were defending the Loyalists' flank to open the way for the Traitors' final assault against their former brethren, he was aided, unknowingly, by Captain Demeter who thought Lucius had been under assault by Traitors. Realising he had been tricked, Demeter realised with horror the full extent of his mistake and Lucius' betrayal. Demeter felt the walls of his existence come crashing down as the enormity of what he had done sank in. He dropped to his knees, and tears of horror and anguish spilled down his cheeks.

    The traitorous swordsman had taken Demeter's honour from him. He flew into a rage, attacking Lucius, wrapping his hands around his foe's neck. But Lucius reacted quickly and impaled Demeter in his stomach with his sword, and tore upwards through the senior Astartes' chest, as the swordsman thrust his blade completely through Demeter's torso. Demeter fell to the ground, his life's blood seeping into the blackened ground, mortally wounded.

    As Demeter lay dying, with a clarity denied him in life he saw where Horus' terrible betrayal of the Emperor would inevitably lead, the horror and the long war that would follow. In the wake of this final bit of wisdom, Solomon Demeter died in the darkness of the Precentor's Palace on Istvaan III, an early casualty of the most terrible war in human history.


    私たちの歴史

    At Benziger, we're about three things: family, great wine and healthy vineyards. For more than thirty years, we've farmed our ranch on Sonoma Mountain and searched Sonoma County for the most distinctive and expressive vineyards. Once found, we tend these sites using certified Biodynamic, organic and sustainable farming methods. The result is a portfolio of authentic and memorable wines. Scroll though these photos to see some of the journey, or click below for a timeline of our family winery.

    Newlyweds Mike & Mary Benziger drive west and permanently settle in Northern California.

    Mike and Bruno Benziger purchase the historic Wegener Ranch on Sonoma Mountain in Glen Ellen. They move in on Halloween.

    The four remaining siblings - Bob, Joe, Jerry, and Patsy, with their spouses make their way to California.

    Imagery Series introduced as a collaboration between Winemaker, Joe Benziger and Artist, Bob Nugent.

    Benziger Sonoma Mountain Estate transitions from conventional to Biodynamic farming. Five years later, in 2000, the Estate is officially certified as a Biodynamic Farm by the Demeter Association.

    Flagship wine introduced. Tribute becomes first Certified Biodynamic release from Benziger Sonoma Mountain Estate.

    “Third Generation” joins the family business when Mike Benziger’s son Buck is named Bottling Manager.

    All Benziger wines are certified: Sustainable, Organic, or Biodynamic.

    Mike Benziger & International Biodynamic Consultant, Alan York, are featured on the cover of the Wine Spectator.

    First Benziger of fourth generation is born

    Mike Benziger retires. Lisa Amaroli becomes Winemaker.

    Benziger celebrates our 20th anniversary of our Demeter Certification at our Sonoma Mountain Estate

    The Benziger Family created this winery in 1980. We continue to carry this legacy onward.

    Brand Ambassador

    Still in high school when the Benziger family moved from White Plains, Chris finished his senior year in wine country. He went on to earn a degree in marketing from the University of San Francisco while spending summers, weekends and every spare moment working at the winery. He officially joined the Benziger Family Winery in 1993 as a Brand Manager. In addition to sales responsibilities, Chris also oversees the home ranch and its many farm related duties, i.e. shepherding the Benziger flock of sheep and cows, tending to the estate vegetable and fruit trees, and producing the Biodynamic preparations for all our vineyards. Chris feels that the only way to communicate the quality of the wines he promotes is by having the soil from the vineyard in which he’s endorsing under his nails. The best impression a winemaker can leave on his wines are his footprints in the vineyards.


    Lore Olympus Timeline

    For a more detailed breakdown with notations per episode, keep scrolling! We try to update at least monthly.

    (follows non fast-pass chapters)

    UPDATED: 12/19/20. CHAPTER 136

    Millenia Ago

    Kronos devours Hades and Poseidon. Zeus helps them escape.

    Episode 25: Aidoneus

    Episode 133: wealth

    Hera helps 19-year old Hades with his wounds.

    Episode 78: Hera

    Titanomachy with the Six Traitors against Kronos.

    Episode 136: Not Mistaken

    After the Six Traitors win, there’s a division of kingdoms Hades gets the Underworld. Poseidon gets the sea. Zeus gets Olympus.

    Episode 89: It’s all fun and games until someone loses an eye (Part 3)

    Years Ago

    Hera takes care of baby Kore at a party.

    Episode 20: Treat

    Demeter refuses to help Zeus. Zeus sets her fields on fire.

    Episode 96: Mama

    3+ Months Ago

    *the order of events are currently uncertain

    Hermes and Kore become friends.

    EPISODE 21: THANKS BUT NAH

    Ares and Kore meet when he is impaled on a tree.

    Episode 100: Man in the Woods

    Ares spends a week with Kore They kiss.

    Episode 101: Woman in the Woods

    Demeter beat Ares with a pitchfork.

    Episode 102: I love the way you make me feel

    Kore and Demeter attend a TGOEM meeting in Hestia’s house.

    Episode 62: Doe

    Kore argues with Demeter about being treated like a child and her desire to go to school in Olympus.

    Mortals uproot sacred bushes, killing several flower nymphs instantly. Kore commits an act of wrath with a giant scythe, growing large in size.

    Episode 115: bringer of death

    Demeter attempts to bribe Helios.

    Episode 109: Road Trip

    Demeter bribes Hermes to cover up the soul count by fudging the records with Hades.

    Kore’s name changes to Persephone, “Bringer of Death,” in her letter to Artemis.

    Episode 63: Hush Hush

    Hecate “took a couple of months off last year” in the Mortal Realm with Persephone and Demeter.

    Hades sneaks onto the property one night, drunk.

    Episode 72: Dear Hecate

    Hades meets Persephone in the Mortal Realm. She asks if he can bring mortals back from the Underworld before fleeing.

    Demeter finds out Hades met Persephone and gets him very drunk.

    episode 114: vhs

    “A Couple of Months Ago”

    Aphrodite complains that people call Psyche, a mortal, more beautiful than her, and sets Eros to make her fall in love with the ugliest creature he can find.

    Episode 13: Mama’s Boy

    Eros and Psyche meet, and Eros rescues her from an unwanted marriage on her wedding night.

    Episode 14: Monster Boy

    Eros and Psyche live together and become romantically intimate.

    Episode 15: Lover Boy

    Psyche’s sisters visit Psyche tries to kill Eros.

    Episode 16: Stupid Boy

    Eros kills 300 mortals in an act of wrath.

    Episode 69: Ghosted

    Aphrodite bails out Eros and meets Psyche, deciding to disguise her as a purple nymph (Ampelus) to test how much Eros loves her.

    Episode 70: Ma In Law

    March 10, Saturday

    Minthe finds an engagement ring in Hades’ coat.

    Episode 46: Red Raw

    Minthe refuses to attend the Panathenaea party with Hades.

    Episode 1: Stag, You’re It

    Hades sees Persephone and is instantly smitten.

    Episode 2: Who is She?

    Zeus explains Demeter raised Persephone in the Mortal Realm.

    Episode 3: Who is She? Part Two

    Aphrodite overhears Hades say Persephone puts her to shame.

    Zeus tries to help Hades by distracting Artemis.

    Eros takes Persephone and plies her with several drinks.

    Aphrodite tasks Eros to put Persephone in Hades’ car as a prank.

    On his drive home, Hades finds Persephone and puts her to sleep in his guest bedroom.

    Episode 5: Sweet Revenge

    March 11, Sunday

    Persephone has a nightmare.

    Persephone wanders Hades’ house and meets Cerberus.

    Episode 6: The Greenhouse

    Hades gives Persephone Hera’s fur coat.

    Episode 7: A Very Good Boy

    When Persephone asks who Minthe is, Hades lies.

    Episode 8: Handfull

    Persephone meets Cordon Bleu and asks Hades about his dogs.

    Episode 9: Gone to the Dogs

    Zeus calls Hades for brunch Alex takes paparazzi photos.

    Persephone drives Hades’ car home.

    Episode 10: Disembark

    Artemis cuts Persephone’s hair Eros visits to apologize.

    Episode 11: Unsupervised

    Eros tells them his story with Psyche.

    Episode 12: Rose-colored Boy

    Persephone tries to text Hades Hades ignores the text.

    Episode 16: Stupid Boy

    Eros takes Persephone shopping.

    Episode 17: Get In

    Zeus, Poseidon, and Hades brunch at a strip club.

    Episode 18: Forest from the Trees

    Hades explains he’s having second thoughts about proposing to Minthe.

    Episode 19: A Fifth of Gin

    Hera arrives at brunch and chastises Hades and Zeus.

    Episode 20: Treat

    Persephone meets Apollo and reunites with Hermes.

    Episode 21: Thanks but Nah

    Persephone cuts her hand Apollo heals her.

    Episode 22: A Wolf in the Hen House (Part 1)

    They play Monopoly and watch Carrie.

    Episode 23: A Wolf in the Hen House (Part 2)

    Episode 24: A Wolf in the Hen House (Part 3)

    March 12, Monday

    [early morning/late night]

    Hades has a nightmare about Kronos and remembers his mother.

    Episode 25: Aidoneus

    Episode 26: You Called, You Answered

    They discuss spring, and Hades reveals some of his history. They agree to an exchange of personal questions.

    Episode 27: Deal

    Hades explains why he isn’t married.

    Episode 28: Awkward Silence

    Episode 29: Thunder

    Persephone visits Hera Hera tasks Persephone to work in the Underworld.

    Episode 30: Hera Interferes

    Hera senses something happened to Persephone.

    Episode 31: A Treat for Being a Fool

    Hades confronts Aphrodite about what she did to Persephone.

    Episode 32: Small

    Hades reveals he knows the nymph with Aphrodite is a mortal (Psyche).

    Episode 33: Your Royal Majesty

    A tabloid is published of Persephone leaving Hades’ house.

    Hecate scolds Hades and reveals Persephone’s age.

    Episode 34: Mind the Gap

    Persephone attends her first day at university.

    Episode 35: Meal Ticket

    Thetis and Minthe talk about their respective relationships with Zeus and Hades.

    Episode 36: Smarty Pants

    Persephone gets a high grade on the quiz.

    Apollo fetches Persephone from class.

    Cerberus helps her leave Apollo’s car and they spend the afternoon together.

    Episode 37: Prince in Dark Velvet

    March 13, Tuesday

    Persephone has a nightmare, imagining Hades outside a greenhouse.

    Apollo and Persephone argue over breakfast.

    Episode 38: Meeting Ready

    Thanatos grabs Persephone and takes her spot on the train.

    Hades and Thanatos meet about his poor performance.

    Episode 39: Tower 4

    Minthe gives Persephone wrong directions to Tower 4/Tartarus.

    When shades attack, Persephone grows a forest.

    Episode 40: Hide and Sneek

    Hades comes to Persephone’s aid.

    Thanatos and Minthe find out who Persephone is.

    Episode 41: Return of the Princess

    Persephone cleans up, and Hades gives Persephone a diamond comb, telling her she’s a fertility goddess.

    Episode 42: The Way She Looked at Me

    Hades loses a game of chess to Persephone agrees to take her on as an intern.

    Episode 43: The Wager

    Hades introduces Persephone to his staff. They drive to her home and discuss the tabloid.

    Episode 44: Soft

    Hades thinks about his crush on Persephone.

    Episode 45: Crushed

    Minthe thinks about losing Hades and arrives at his house.

    Episode 46: Red Raw

    Hades writes Persephone a letter he doesn’t send.

    Hades and Minthe choose to be in a relationship.

    Hestia confiscates Persephone’s coat.

    Hades enlists the Furies to find Alex, the tabloid photographer.

    Episode 47: Needed

    March 14, Wednesday

    Episode 48: Sissss

    Hades takes Alex’s eye with Hecate’s assistance.

    Minthe updates her Fatesbook relationship status.

    Hecate gives Hades Persephone’s letter.

    Episode 49: An Eye for an Eye

    March 15, Thursday

    Tori studies with Persephone at her house.

    Episode 49: An Eye for an Eye

    Apollo calls Artemis to gossip about seeing Persephone and Hades together.

    Artemis and Persephone argue.

    Episode 50: Nark

    Hermes and Persephone fly to work together.

    Hecate shows Persephone the library at Underworld Corp.

    Hades refuses Persephone’s baklava. Persephone sees Minthe kiss Hades in the elevator.

    Episode 51: Distance

    An elevator ride down shows interactions between Hecate, Hades, Minthe, Persephone, Thanatos, and Hermes.

    Episode 52: Going Down

    Hades and Persephone tour the Underworld.

    Episode 53: The Tour

    A reporter (Hera in disguise) takes a picture of them, and Persephone loses her cool.

    Episode 54: The Tour (Part Two)

    Hecate scolds Minthe and Thanatos.

    Episode 55: The Tour (Part Three)

    Persephone meets Maegara, who lends her a Fury outfit.

    While teasing Hades, Persephone learns to fly.

    Thetis finds out Minthe’s relationship status and gets jealous.

    Episode 56: A New Point of View

    Shades on the beach prayed to Persephone.

    Hera has suspicions about Apollo.

    Episode 57: The Beach

    Zeus and Hera fight about Apollo and Persephone.

    Hades offers to help Persephone if she needs by patting the ground twice.

    Episode 58: The Offer

    Persephone and Hades discuss friendship/relationship boundaries.

    Episode 59: Whiplash

    Persephone refuses to tell Hades who sent her to Tower 4.

    Thanatos and Minthe decide to dig up dirt on Persephone Minthe ends her thing with Thanatos.

    Episode 60: That Nymph Over There

    Minthe and Hades hook up in the elevator.

    Episode 71: Let Down

    Arrive home, Persephone finds Artemis made her an apology cake.

    Episode 61: Itty

    Persephone admits her crush on Hades to Artemis and Eros.

    Episode 64: Dimples

    Artemis keys the kings’ cars.

    Persephone and Eros talk on the rooftop.

    Episode 65: Tea

    Eros finds out what happened between Persephone and Apollo.

    Episode 66: Here

    Hades makes dinner for Minthe. She never shows up.

    Episode 71: Let Down

    Minthe goes out with Thetis, who plies her with drinks.

    Episode 73: BFF

    March 16, Friday

    Hades reads the letter Hecate gave him and finds out he and Persephone had met before. He calls Hecate.

    Episode 72: Dear Hecate

    Persephone sleeps over at Eros’ house and meets his siblings.

    Episode 67: Siblings

    Aphrodite and Eros encourage Persephone to pursue Hades.

    Episode 68: Ma’am

    Persephone and Hades talk on the phone.

    Persephone plans an exit strategy for TGOEM.

    Episode 74: I think it suits you

    Persephone budgets her plan to pay back TGOEM.

    Hades asks the Fates for the memory of his first meeting with Persephone.

    Episode 75: Fate

    Minthe assaults Hades (slaps his face).

    Hecate suspends her and asks Tisiphone to escort her away.

    Episode 76: Splitting

    Episode 103: Meltdown

    Thetis sends a dick pick of Zeus to Hera using a burner phone.

    Episode 82: Say My Name / Episode 103: Meltdown

    Thetis takes Minthe clubbing.

    Episode 103: Meltdown

    Thanatos breaks into Hades’ office then Artemis’ house and takes Persephone’s ledger.

    Episode 105: Goodbye

    Hades has a traumatic break and talks to Nyx.

    Episode 77: Darkness

    Hera talks to Hades when he wakes up and kisses him Hades takes her home.

    Episode 78: Hera

    Persephone arrives at Hera’s house to help with gardening and stays for dinner.

    Persephone and Hades talk in the garden.

    Episode 79: Sunset

    Persephone gives Hades a pomelia, and he drives her home.

    Episode 80: Siciliana

    Apollo is waiting at Persephone’s house he and Hades argue until Poseidon appears to whisk him away.

    Persephone takes Apollo’s lyre.

    Episode 81: Take

    Hera approves Hades to court Persephone Apollo’s name is crossed out. She sees the dick pick Thetis sent.

    Ares arrives and intervenes.

    Episode 82: Say My Name

    March 17, Saturday

    Persephone has a pregnancy nightmare she cuts off a string from Apollo’s lyre.

    Persephone visits a family planning clinic and gets a pregnancy test (result: negative).

    Persephone fishes out a laptop from a trash bin and invites her classmates for a study session.

    Episode 83: Proserpina is late

    Thanatos checks up on Minthe. She doesn’t answer the door.

    Episode 104: Not Enough

    March 18, Sunday

    Zeus, Poseidon, and Hades brunch Poseidon raises the question of an emotional affair.

    Episode 84: Pancakes

    Episode 104: Not Enough

    March 19, Monday

    Third Monday of the Month in the Underworld

    Persephone’s classmates gossip about her because of Hades’ assault of Alex, so she flies to the Underworld to talk to Hades.

    Episode 85: Between the Lines

    Ares and Persephone reunite. He goads her anger with his power.

    Episode 86: A Fine Line

    Persephone and Hades discuss reputation over lunch in his hidden dimension.

    Episode 87: It’s All Fun and Games Until Someone Loses an Eye (Part 1)

    Persephone apologizes for flirting and admits her feelings.

    Episode 88: It’s All Fun and Games Until Someone Loses an Eye (Part 2)

    Hades asks Persephone if she really wants to join TGOEM.

    Hades and Persephone return Alex’s eye.

    Episode 89: It’s All Fun and Games Until Someone Loses an Eye (Part 3)

    Persephone’s primordial form is brought out by Hades’ primordial form.

    Episode 90: It’s All Fun and Games Until Someone Loses an Eye (Part 4)

    Persephone sets boundaries when Hades walks her home.

    Athena, Hestia, Persephone, and Artemis have a TGOEM meeting at Artemis’ house.

    Episode 91: Slideshow

    Hades writes a 10k check for TGOEM but addresses it to Persephone.

    Zeus and Ares fight Ares accidentally hits Hera.

    Episode 92: Front Lawn

    Zeus, Poseidon, and Hades visit the Mortal Realm.

    Episode 93: Semele

    Zeus and Poseidon crash at Hades’ house for the night.

    Hades adds Persephone on Fatesbook.

    Episode 94: Little Brother

    March 20, Tuesday

    Apollo, Hermes, Artemis, and Persephone have breakfast together. Hermes and Artemis leave.

    Episode 95: Audacity

    Apollo says he has feelings for Persephone.

    Episode 96: Mama

    Persephone tries to set boundaries with Apollo and tells him they are nothing.

    Episode 97: We are Nothing

    Persephone returns Apollo’s damaged lyre.

    Episode 98: Not Your Olympian

    Apollo tells Persephone he knows she’s a fertility goddess.

    Eros and Ampelus (Psyche) arrive, and Eros threatens Apollo.

    Persephone returns to Eros’ house and bakes a cake.

    Ares apologizes to Persephone for manipulating her in the Underworld line.

    Episode 99: Cupid’s Arrow

    March 21, Wednesday

    Persephone’s Birthday

    Hades has a dream about having a baby with Persephone.

    Hades rewrites his secret letter to Persephone.

    Episode 102: I love the way you make me feel

    Hades breaks up with Minthe.

    Episode 104: Not Enough

    Thanatos and Thetis arrive at Minthe’s apartment to show her Persephone’s ledger.

    Episode 105: Goodbye

    Hades sees Persephone at the pool it’s her first official day at work.

    Hecate sets Persephone up at a computer, but she struggles with it.

    Persephone goes to Hades’ office.

    Hermes gives Persephone balloons for her birthday.

    Episode 106: Business as Usual

    Hades rewrites the check to TGOEM.

    Hades helps Persephone set up a bank account.

    Eros calls Persephone she finds out Hades and Minthe broke up.

    Episode 107: Special Treatment

    Hades becomes guarantor on Persephone’s bank account.

    Episode 108: Break Ups and Birthdays

    After a long day at work, Persephone sneaks onto the beach to give shades coins to board Charon’s ferry.

    When shades overwhelm her, Hades arrives and brings her back to the office.

    Hades and Persephone argue then kiss.

    Episode 110: Kaleidoscope

    Persephone transforms into butterflies and sneaks inside Artemis’ house, naked.

    Hades and Persephone both chastise, separately.

    episode 111: you tell me

    March 22, Thursday

    Thanatos visits Hermes and asks about Persephone Hermes warns him to stay out of it.

    Episode 108: Break Ups and Birthdays

    Apollo takes Thanatos and Daphne to see Helios.

    Daphne is kind to Thanatos.

    Helios tells Thanatos the story of Persephone “Bringer of Death.”

    Episode 109: Road Trip

    Back at Underworld Corp., Hades brushes off Minthe.

    Persephone blackmails Minthe into teaching her how to use the computer by bringing up what happened to her in Tower 4.

    With bandaged hands, Thanatos drags Minthe away from Persephone, whispering in her ear.

    episode 111: you tell me

    March 23, Friday

    Persephone gets a D on one of her tests from school. Her classmates still whisper behind her back.

    episode 112: creature comfort

    Persephone comes home to Hermes, Apollo, and Artemis watching a movie and sneaks into her room.

    episode 112: creature comfort

    Persephone opens a birthday card from Demeter with 3,000 drachma.

    Persephone taps the ground to summon Hades. She asks him to stay with her, and he does. They discuss the kiss and how she liked it. Hades conjures up a moth to her butterfly, and they fall asleep.

    episode 112: creature comfort

    Thanatos, Minthe, and Thetis recount Persephone’s Act of Wrath to Zeus.

    Episode 115: bringer of death

    March 24, Saturday

    Hades and Persephone have breakfast together in Hades’ house.

    Hermes delivers the Fates tape to Hades.

    Shopping in Olympus, Persephone stumbles upon Apollo and Daphne. Persephone threatens to tell Demeter and Artemis what he did if he doesn’t leave Daphne alone. Apollo threatens Persephone with the pictures he took of the assault.

    episode 113: TELL

    Returning home, Persephone’s physical transformation grows out of control. She packs a bag, determined to take some time to come up with a new plan and checks into a cheap Underworld motel.

    Episode 129: Overgrown Pt. 2

    Hades watches the Fate’s tape of his first encounter with Persephone.

    episode 114: vhs

    March 25, Sunday

    Artemis arrives home after work and sees a letter on the kitchen counter, seemingly from Persephone. The letter states that she’s going away for a while to visit her mother. Artemis says it’s weird and sudden.

    Demeter appears at the door.

    episode 113: TELL

    Demeter has tea with Artemis and threatens Apollo when she shows up with groceries.

    Eros gives Ares and Aphrodite a lecture about discretion.

    Artemis looks for Persephone at Eros’ house.

    episode 116: In plain sight

    Artemis breaks into Hades’ house, along with Eros and Ampelus.

    Hades learns Persephone is missing, and Artemis learns that Persephone was having a hard time.

    Hades searches the Underworld for Persephone, while Artemis, Eros, and Ampelus search Olympus and the Mortal Realm.

    episode 117: the search

    Eros and Artemis enlist Hera’s help.

    episode 119: once, i was a goddess

    Persephone pawns the comb Hades gave her.

    Zeus overhears Hera on the phone calling him an “arrogant buffoon.”

    episode 118: No respect

    After a conversation with Thetis, Zeus heads to the mortal realm to interrogate Demeter's nymphs about Persephone.

    Hades and Hecate search the Underworld for Persephone and find the comb he gave her, sold. They learn she is likely still in the Underworld.

    Episode 121: Seen

    Episode 122: Combing the City

    Episode 123: The owner of this comb

    March 26, Monday

    Hera disguises herself as Persephone and has lunch with Demeter. Apollo intercepts her afterward. Her disguise fades away, and they have a heated conversation.

    episode 119: once, i was a goddess

    Episode 120: The Lunch Date

    Hera rejects Apollo’s application to marry Persephone. She seems to approve of her new assistant, Echo.

    Artemis searches mortal realm, running into Zeus.

    Episode 124: Body of evidence

    Apollo distracts Zeus and mentions marrying Persephone to which he is shot down again. When Zeus mentions Persephone’s act of wrath, Apollo takes him to speak with Helios.

    Eros interviews Persephone’s university classmates, then heads to the Underworld to connect with Hades.

    Hades returns home Hecate calls about the news announcing an arrest warrant for Persephone and that Demeter is wanted for questioning.

    Episode 125: NS

    Episode 126: The rub

    Persephone researches rental apartments and watches TV in her motel when she sees the news broadcast of her arrest warrant. She again begins to grow uncontrollably and flees the motel, falling asleep in a car junkyard.

    Episode 129: Overgrown Pt. 2

    Hades and Zeus argue about how to punish Persephone and that Poseidon and he were left out. Hades storms off.

    Minthe, Thetis, and Thanatos celebrate because Persephone is wanted and going to trial.

    Episode 127: Artistic rendition

    Hades follows the overgrown Tartarus tree roots to Persephone. He takes her to his home and with Hecate’s help revives her. She settles into his guest room.

    Episode 128: overgrown

    Episode 129: Overgrown Pt. 2

    Persephone wakes up and chats with Eros. She reads Zeus’ incident report and recounts her side of the Act of Wrath to Hades.

    Episode 130: The guest

    Episode 131: Interview with the barley mother

    Hades shows her the Fates’ tape and promises to be in her corner. He recounts his childhood and imprisonment within Kronos.

    Episode 132: the handkerchief

    Episode 133: Wealth

    Hermes arrives, and Hades stands his ground in protecting Persephone from Zeus’ arrest warrant. They head into Hades’ office, deflecting Minthe’s sexual advance. Zeus hosts a video-call with Hades and Persephone along with several Olympians. They state she is staying in the Underworld and hang up.

    Episode 134: Maybe She’s both?

    Episode 135: Muted

    Hades and Persephone have a relaxing bath and order take out.

    Hera arrives, and Persephone confirms that Hera’s vision was about Apollo.


    Demeter Timeline - History

    Mythology & Beliefs : Demeter (Ceres)

    Demeter in Greek and Roman Biography and Mythology (Δημήτηρ), one of the great divinities of the Greeks. Tho name Demeter is supposed by some to be the same as γῆ μήτηρ, that is, mother earth, while others consider Deo, which is synonymous with Demeter, as connected with δάις and δαίνυμι, and as derived from the Cretan word dha/i, barley, so that Demeter would be the mother or giver of barley or of food generally. (Hom. Il. 5.500.) These two etymologies, however do not suggest any difference in the character of the goddess, but leave it essentially the same. Demeter was the daughter of Cronus and Rhea, and sister of Hestia, Hera, Aides, Poseidon, and Zeus. Like the other children of Cronus she was devoured by her father, but he gave her forth again after taking the emetic which Metis had given him. (Hesiod. Theog. 452, &c. Apollod. 1.2.1.) By her brother Zeus, Demeter became the mother of Persephone (Proserpina) and Dionysus (Hesiod. Theoq. 912 Diod. 3.62), and by Poseidon of Despoena and the horse Arion. (Apollod. 3.6.8 Paus. 8.37.6.) The most prominent part in the mythus of Demeter is the rape of her daughter Persephone by Pluto, and this story not only suggests the main idea embodied in Demeter, but also directs our attention to the principal seats of her worship. Zeus, without the knowledge of Demeter, had promised Persephone to Pluto, and while the unsuspecting maiden was gathering flowers which Zeus had caused to grow in order to tempt her and to favour Pluto's scheme, the earth suddenly opened and she was carried off by Aidoneus (Pluto). Her cries of anguish were heard only by Hecate and Helios. Her mother, who heard only the echo of her voice, immediately set out in search of her daughter. The spot where Persephone was believed to have been carried into the lower world is different in the different traditions the common story places it in Sicily, in the neighbourhood of Enna, on mount Aetna, or between the wells Cyane and Arethusa. (Hyg. Fab. 146, 274 Ov. Met. v. 385, Fast. 4.422 Diod. 5.3 Cic. in Verr. 4.48.) This legend, which points to Sicily, though undoubtedly very ancient (Pind. N. 1.17), is certainly not the original tradition, since the worship of Demeter was introduced into Sicily by colonists from Megara and Corinth. Other traditions place the rape of Persephone at Erineus on the Cephissus, in the neighbourhood of Eleusis (Orph. Hymn. 17.15), at Colonus in Attica (Schol. ad Soph. Oed. Col. 1590), in an island of the Atlantic near the western coast of Spain (Orph. Argon. 1190), at Hermione in Peloponnesus (Apollod. 1.5.1 Strab. viii. p.373), in Crete (Schol. ad Hesiod. Theog. 914), or in the neighbourhood of Pisa. (Paus. 6.21.1.) Others again place the event at Pheneus in Arcadia (Conon, Narr. 15), or at Cyzicus (Propert. 3.21. 4), while the Homeric hymn on Demeter places it in the plain of Nysa in Asia. In the Iliad and Odyssey the rape of Persephone is not expressly mentioned. Demeter wandered about in search of her daughter for nine days, without taking any nectar or ambrosia, and without bathing. On the tenth she met Hecate, who told her that she had heard the cries of Persephone, but did not know who had carried her off. Both then hastened to Helios, who revealed to them thai Pluto had been the ravisher, and with the consent of Zeus. Demeter in her anger at this news avoided Olympus, and dwelt upon earth among men, conferring presents and blessings wherever she was kindly received, and severely punishing those who repulsed her or did not receive her gifts with proper reverence. In this manner she came to Celeus at Eleusis. [CELEUS.] As the goddess still continued in her anger, and produced famine on the earth by not allowing the fields to produce any fruit, Zeus, anxious that the race of mortals should not become extinct, sent Iris to induce Demeter to return to Olympus. (Comp. Paus. 8.42.2.) But in vain. At length Zeus sent out all the gods of Olympus to conciliate her by entreaties and presents but she vowed not to return to Olympus, nor to restore the fertility of the earth, till she had seen her daughter again. Zeus accordingly sent Hermes into Erebus to fetch back Persephone. Aidoneus consented, indeed, to Persephone returning, but gave her a part of a pomegranate to eat, in order that she might not always remain with Demeter. Hermes then took her in Pluto's chariot to Eleusis to her mother, to whom, after a hearty welcome, she related her fate. At Eleusis both were joined by Hecate, who henceforth remained the attendant and companion of Persephone. Zeus now sent Rhea to persuade Demeter to return to Olympus, and also granted that Persephone should spend only a part of the year (i. e. the winter) in subterraneous darkness, and that during the rest of the year she should remain with her mother. (Comp. Ov. Met. 5.565, Fast. 4.614 Hyg. Fab. 146.) Rhea accordingly descended to the Rharian plain near Eleusis, and conciliated Demeter, who now again allowed the fruits of the fields to grow. But before she parted from Eleusis, she instructed Triptolemus, Diocles, Eumolpus, and Celeus in the mode of her worship and in the mysteries. These are the main features of the mythus about Demeter, as it is contained in the Homeric hymn in later traditions it is variously modified. Respecting her connexions with Jasion or Jasius, Tantalus, Melissa, Cychreus, Erysichthon, Pandareus, and others, see the different articles. Demeter was the goddess of the earth (Eur. Ba. 276), and more especially of the earth as producing fruit, and consequently of agriculture, whence human food or bread is called by Homer Hom. Il. 13.322) the gift of Demeter. The notion of her being the author of the earth's fertility was extended to that of fertility in general, and she accordingly was looked upon also as the goddess of marriage (Serv. ad Aen. 4.58), and was worshipped especially by women. Her priestess also initiated young married people into the duties of their new situation. (Plut. de Off. conj. 1.) As the goddess of the earth she was like the other Δεόι χθόνιοι, a subterraneous divinity, who worked in the regions inaccessible to the rays of Helios. As agriculture is the basis of a well-regulated social condition, Demeter is represented also as the friend of peace and as a law-giving goddess. (*De/omof/oros, Callim. Hymn. in Cer. 138 Orph. Hymn. 39. 4 Verg. A. 4.58 Hom. Il. 5.500 Ov. Met. 5.341 Paus. 8.15.1.) The mythus of Demeter and her daughter embodies the idea, that the productive powers of the earth or nature rest or are concealed during the winter season the goddess (Demeter and Persephone, also called Cora, are here identified) then rules in the depth of the earth mournful, but striving upwards to the allanimating light. Persephone, who has eaten of the pomegranate, is the fructified flower that returns in spring, dwells in the region of light during a portion of the year, and nourishes men and animals with her fruits. Later philosophical writers, and perhaps the mysteries also, referred the disappearance and return of Persephone to the burial of the body of man and the immortality of his soul. Demeter was worshipped in Crete, Delos, Argolis, Attica, th western coast of Asia, Sicily and Italy, and her worship consisted in a great measure in orgic mysteries. Among the many festivals celebrated in her honour, the Thesmophoria and Eleusinia were the principal ones. (Dict. of Ant. s. vv. Chloea, Haloa, Thesmophoria, Eleusinia, Megalartia Chthonia.) The sacrifices offered to her consisted of pigs, the symbol of fertility, bulls, cows, honey-cakes, and fruits. (Macr. 1.12, 3.11 Diod. 5.4 Paus. 2.35.4, 8.42, in fin. Ov. Fast. 4.545.) Her temples were called Megara, and were often built in groves in the neighbourhood of towns. (Paus. 1.39.4, 40.5, 7.26.4, 8.54.5, 9.25.5 Strab. viii. p.344, ix. p. 435.) Many of her surnames, which are treated of in separate articles, are descriptive of the character of the goddess. She was often represented in works of art, though scarcely one entire statue of her is preserved. Her representations appear to have been brought to ideal perfection by Praxiteles. (Paus. 1.2.4.) Her image resembled that of Hera, in its maternal character, but had a softer expression, and her eyes were less widely opened. She was represented sometimes in a sitting attitude, sometimes walking, and sometimes riding in a chariot drawn by horses or dragons, but always in full attire. Around her head she wore a garland of corn-ears or a simple ribband, and in her hand she held a sceptre, cornears or a poppy, sometimes also a torch and the mystic basket. (Paus. 3.19.4, 8.31.1, 42.4 Plin. Nat. 34.8. s. 19.) She appears most frequently on gems and vases. The Romans received the worship of Demeter, to whom they applied the name of Ceres, from Sicily. (V. Max. 1.1.1.) The first temple of Ceres at Rome was vowed by the dictator A. Postumius Albinus, in B. C. 496, for the purpose of averting a famine with which Rome was threatened during a war with the Latins. (Dionys. A. R. 6.17, comp. 1.33 Tac. Ann. 2.49.) In introducing this foreign divinity, the Romans acted in their usual manner they instituted a festival with games in honour of her (Dict. of A t. s. v. Cerealia), and gave the management of the sacred rites and ceremonies to a Greek priestess, who was usually taken from Naples or Velia, and received the Roman franchise, in order that the sacrifices on behalf of the Roman people might be offered up by a Roman citizen. (Cic. pro Balb. 24 Festus, s. v. Graeca sacra.) In all other respects Ceres was looked upon very much in the same light as Tellus, whose nature closely resembled that of Ceres. Pigs were sacrificed to both divinities, in the seasons of sowing and in harvest time, and also It the burial of the dead. It is strange to find that the Romans, in adopting the worship of Demeter from the Greeks, did not at the same time adopt the Greek name Demeter. The name Ceres can scarcely be explained from the Latin language. Servius informs us (ad Aen. 2.325), that Ceres, Pales, and Fortuna were the penates of the Etruscans, and it may be that the Romans applied to Demeter the name of a divinity of a similar nature, whose worship subsequently became extinct, and left no trace except the name Ceres. We remarked above that Demeter and Persephone or Cora were identified in the mythus, and it may be that Ceres is only a different form for Cora or Core. But however this may be, the worship of Ceres soon acquired considerable political importance at Rome. The property of traitors against the republic was often made over to her temple. (Dionys. A. R. 6.89, 8.79 Plin. Nat. 34.4. s. 9 Liv. 2.41.) The decrees of the senate were deposited in her temple for the inspection of the tribunes of the people. (Liv. 3.55, 33.25.) If we further consider that the aediles had the special superintendence of this temple, it is very probable that Ceres, whose worship was like the plebeians, introduced at Rome from without, had some peculiar relation to the plebeian order. (M ller, Dor. 2.10.3 Preller, Demeter und Persephone, ein Cyclus nythol. Untersuift., Ha-burg, 1837, 8vo. Welcker, Zeitschrift f r die alte Kunst, 1.1, p. 96, &c. Niebuhr, Hist. of Rome, i. p. 621 Hartung, Die Relig. der R mer, ii. p. 135, &c.) - A Dictionary of Greek and Roman biography and mythology, William Smith, Ed.



コメント:

  1. Odel

    彼に伝える必要があります - 深刻な欠点。

  2. Zachary

    hiiii))私は彼らから微笑む

  3. Sproule

    興味深いトピック、私は参加します。一緒に私たちは正しい答えに来ることができることを知っています。



メッセージを書く