ロシア革命レッスンインデックス

ロシア革命レッスンインデックス

レッスン1ロシア:1860〜 1900年

レッスン21905ロシア革命

レッスン3ロシア、1914年7月

レッスン4ロシア、1917年1月

レッスン5ロシア、1917年10月


レスノエオゼロ ブログ

路上で抗議するプリトフ労働者。

3月8日は、2月革命の開始とロマノフ帝国の崩壊から100周年を迎えます。歴史家、メディア、美術館は、教師が1917年のロシアの光景、音、人々で教室を生き生きとさせることを可能にするいくつかの素晴らしいリソースを利用できるようにしました。これが私のお気に入りのインタラクティブメディアプロジェクトとオンライン一次資料アーカイブの注釈付きリストです。教室でこれらのリソースをどのように使用できるかについては、非常に多くの可能性があります。

レベッカ&ldquoナターシャ&rdquoブランケンシップ

Asst。ディーンと歴史の教師

インタラクティブメディア

アナキスト、士官候補生、右SR、ボルシェビキ、黒百人組のメンバーなど、1917年に誰であったかを知ることができるオンラインクイズ。このクイズはロシア語と英語の両方で利用できます。

1917年にTwitterが存在したとしたら、ニコライ2世、レーニン、フランス大使が何をツイートしたのだろうと思ったことはありませんか。これは、重要な歴史上の人物が書いたかもしれないように、日記、手紙、回想録、その他の文書を使用して1917年の出来事のツイートを作成するRTとロシアの学者による信じられないほどの取り組みです。 Twitterで#1917Liveをフォローするか、1917のWebサイトを確認してください。

この&ldquotinderesque&rdquoアプリは、レーニン、皇帝ニコライ2世、ローザルクセンブルクなど、1917年のイベントの主要人物に生徒が慣れるための魅力的な(そして高校に適した)方法です。ロシア語でのみ利用できます。

BBC&rsquos Bitesize Historyは、その怒りっぽいユーモアで若い成人を対象とした革命、ボルシェビキ、スターリンについてのアニメーションレビュービデオを公開しています。このサイトには、クイズ、アクティビティ、短い読み物が含まれています。

これは、1917年の革命に関するオンラインおよび印刷物の一次資料の両方の優れた情報源です。学生にとってこのサイトの最も魅力的な側面の1つは、労働者、農民、兵士、活動家のためのインタラクティブな並行タイムラインです。

1917年と南北戦争からの宣伝ポスターの良い情報源。プロパガンダのポスターは、学生がロシア語を読まなくても使用できる不思議なリソースです。アーティストは、農民や労働者の聴衆のほとんどが読み書きができない可能性が高いため、意味を伝えるために画像に大きく依存していました。

これは、1917年からの主要な文書の堅実なコレクションであり、イベントの詳細な年表です。

外国人訪問者によるソビエト連邦初期の目撃証言の一連の報告書、写真およびその他の文書。

タイム誌の魅力的なフォトエッセイにより、学生は革命中に撮影された豪華な白黒写真のレンズを通して1917年の出来事を見ることができます。

革命歌、写真、地図などの一次資料の素晴らしいセクションを備えた1917年のオンライン教育モジュール。


ヨーロッパの社会主義とロシア革命

フランス革命は、社会の構造に劇的な変化をもたらす可能性を切り開いた。しかし、ヨーロッパのすべての人が完全な変革を望んでいたわけではありません。一部は「保守派」でしたが、その他は「リベラル派」または「過激派」でした。

自由主義者: すべての宗教を容認する国を望んでいた。彼らは王朝の統治者の制御されていない権力に反対し、個人の権利を望んでいました。彼らは、統治者や役人から独立した十分に訓練された司法によって解釈された法律に従い、選出された議会政府を主張しました。彼らは普遍的な成人のフランチャイズを信じていなかったので、彼らは民主党員ではありませんでした。

ラジカル: 政府が国の人口の過半数に基づいている国を望んでいました。彼らは、私有財産の存在ではなく、少数の人の手に財産が集中することを嫌っていました。

保守派: 彼らは変化に抵抗した。革命後、彼らは変化が遅く、つながりがあり、過去を尊重していれば、変化を受け入れ始めました。

産業と社会の変化: これは、経済的および社会的変化の時代でした。それは産業革命の始まりでもありました。男性、女性、子供たちは低賃金で工場に押し込まれ、工場の所有者であったリベラル派と過激派は、工業化の恩恵を労働者に転嫁するために努力を奨励しなければならないと感じました。

ヨーロッパの社会主義: 社会主義者は私有財産に反対し、それを社会的悪の根源と見なしました。彼らは将来について異なるビジョンを持っていました。協同組合を信じる人もいれば、政府が協同組合を奨励しなければならないことを要求する人もいました。カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスは、産業社会は資本家であると付け加えました。マルクスは、社会主義社会が労働者を資本主義から解放すると信じていた。これは共産主義社会になるでしょう。

社会主義の支援: 社会主義者は、社会主義の考えを広めるために「セカンドインターナショナル」と呼ばれる組織を結成しました。ドイツとイギリスの労働者は、より良い生活条件のために戦うために協会を結成し始めました。彼らは、困窮しているメンバー、労働時間の短縮、投票権のための資金を設定しました。

ロシア革命

1914年、皇帝ニコライ2世がロシア帝国を統治しました。

経済と社会: ロシアの人口のほとんど(約85%)は農業従事者でした。実業家の最も私有財産である産業が設立されていました。労働者はグループに分けられたが、彼らは不満を持ったときに団結してストライキを行った。フランスの農民とは異なり、農民は貴族を尊重していませんでした。ロシアの農民は彼らの土地をプールした唯一の農民コミュニティであり、彼らのコミューンはそれを分割しました。

ロシアの社会主義: 1914年以前、ロシアではすべての政党が違法でした。ロシア社会主義民主労働党は1898年に結成されました。それは、貴族が所有する土地に対する権利を農民に与えるのに苦労しました。土地は定期的に農民の間で分割され、それが彼らを自然な社会主義者にし、労働者ではなく農民が革命の主な源であると感じられた。しかし、レーニンは農民は一つの社会集団ではないと感じたので、これに同意しませんでした。党はボルシェビキとメンシェビキに分かれた。

1905年の革命: ロシアは独裁政治でした。皇帝は議会の対象ではありませんでした。自由主義者たちはこの状況を終わらせたかった。彼らは1905年の革命の間に憲法を要求することに向けて働きました。

血の日曜日: 必需品の価格は1904年までに急速に上昇したため、実質賃金は20%下落しました。この間、プチロフ製鉄所の4人のメンバーが解雇されました。アクションが求められました。サンクトペテルブルクの11万人以上の労働者が労働時間の短縮と賃金の引き上げを要求してストライキを行った。行列はガポン神父によって率いられました。この行列は警察とコサックによって攻撃されました。 100人以上の労働者が殺されました。ストライキは反応として起こりました。人々は制憲議会を要求した。
皇帝は、選出された協議議会またはドゥーマの創設を許可しました。皇帝は75日以内に最初のドゥーマを解任し、2番目のドゥーマの選挙を発表しました。

第一次世界大戦とロシア帝国: ロシアでは、戦争は当初非常に人気がありましたが、後に支持は薄れました。反ドイツ感情が高まりました。ロシア軍はドイツとオーストリアでひどく敗北しました。ロシアでは700万人の死傷者と300万人の難民がいました。戦争は業界にも影響を及ぼしました。労働力不足があり、線路が閉鎖され、小さな工房が閉鎖されました。穀物、ひいてはパンが不足していました。

ペトログラードにおける2月革命
イベント

  • 1917年の冬、ペトログラードは厳しかった。労働者の宿舎で食糧不足がありました。
  • 2月22日:工場でロックアウトが発生しました。他の50の工場の労働者が同情して参加した。女性もストライキを主導し、参加した。これは、と呼ばれるようになりました 国際婦人デー.
  • ファッショナブルなエリアの四分の一と公式の建物が労働者に囲まれていたため、政府は夜間外出禁止令を課しました。
  • 24日と25日、政府は騎兵隊と警察に監視を呼びかけた。
  • 2月25日、政府はDumaを一時停止し、政治家はこの措置に反対した。人々は再び力強く出ていた。
  • 27日、警察本部が略奪された。
  • 騎兵隊は再び呼び出されたが、デモ隊に発砲することを拒否した。
  • ある連隊と他の連隊が反乱を起こした連隊の兵舎で将校が射殺され、ソビエトまたは評議会を形成するために集まったストライキ労働者に加わることに投票した。これはペトログラードソビエトでした。
  • 代表団は皇帝に会いに行きました、軍の司令官は彼に退位するように忠告しました。
  • 皇帝は3月2日に退位しました。
  • 州政府は、国を運営するためにソビエトとドゥーマの指導者によって形成されました。

関係者は国会議員、労働者、女性労働者、兵士、軍司令官でした。

  • 公開会議および協会の制限が削除されました。
  • ソビエトはいたるところに設置されました。
  • 個々の地域では、実業家が工場を運営する方法に疑問を呈し始めた工場委員会が結成されました。
  • 兵士の委員会は軍隊で結成されました。
  • 臨時政府はその権力が衰退し、ボルシェビキの影響力が増大するのを見ました。拡大する不満に対して厳しい対策を講じることを決定した。
  • それは労働者による工場経営の試みに抵抗し、指導者を逮捕した。
  • 農民と社会革命党の指導者たちは、土地の再分配を求めた。土地委員会が結成され、農民は1917年7月から9月の間に土地を押収しました。

十月革命

  • 1917年10月16日—レーニンはペトログラードソビエトとボルシェビキ党を説得して社会主義の権力の掌握に同意した。軍事革命委員会は、発作を組織するためにソビエトによって任命されました。
  • 蜂起は10月24日に始まりました。ケレンスキー首相は軍隊を召喚するために街を去った。
  • 政府に忠誠を誓う軍人が2つのボルシェビキ新聞の建物を押収した。電話と電信の事務所を引き継ぎ、冬宮殿を保護するために、親政府軍が派遣されました。
  • それに応じて、軍事革命委員会は政府機関を押収し、大臣を逮捕するよう命じた。
  • 「オーロラ」船が冬宮殿を砲撃しました。他の船が戦略的ポイントを引き継ぎました。
  • 夜になると、街は占領され、大臣たちは降伏しました。
  • ペトログラードで開催されたすべてのロシアソビエト大会は、ボルシェビキの行動を承認した。
  • モスクワでの激しい戦闘— 12月までに、ボルシェビキはモスクワペトログラード地域を支配しました。

関与した人々はレーニン、ボルシェビキ、軍隊(親政府)でした。

  • ほとんどの業界と銀行は1917年11月に国有化されました。
  • その土地は社会的財産であると宣言され、農民は貴族の土地を占領することを許可されました。
  • 古い貴族の称号の使用は禁止されました。
  • 新しいユニフォームは軍隊と役人のために設計されました。
  • ロシアは一党制になりました。
  • 労働組合は党の管理下に置かれた。
  • 一元化された計画のプロセスが導入されました。これが経済成長につながりました。
  • 工業生産が増加しました。
  • 拡張された教育システムが開発されました。
  • 農場の集団化が始まりました。

南北戦争: ボルシェビキが土地の再分配を命じたとき、ロシア軍は解散し始めました。非ボルシェビキの社会主義者、自由主義者、独裁政治の支持者は、ボルシェビキの蜂起を非難した。彼らは彼らの軍隊を結成し、ボルシェビキ&#8216レッド&#8217と戦う&#8216グリーン&#8217と呼ばれました。親皇帝&#8217白人&#8221はロシア帝国のほとんどを支配していました。彼らはフランス、アメリカ、イギリス、そして日本の軍隊によって支援されました。これらはすべてボルシェビキとの戦争を戦った。

社会主義社会を作る: ボルシェビキは内戦の間、産業と銀行を国有化した。一元化された計画のプロセスが導入されました。急速な建設と工業化が始まりました。拡張された教育システムが開発されました。

スターリンと集団農業: スターリンは、金持ちの農民と貿易業者が穀物の不足を生み出すために物資を備蓄していると信じていました。したがって、集団化は時間の必要性でした。このシステムは、農場の近代化にも役立ちます。集団化に抵抗した農民は、罰せられたり、国外追放されたり、追放されたりした。

グローバルな影響

1950年代までに、すべてがロシア革命の理想に沿っていないことが国内外で認められました。その産業と農業は発展し、貧しい人々は養われていましたが、市民の本質的な自由は否定されていました。しかし、社会的理想は依然としてロシア人の間で尊敬されていることが認められた。しかし、各国では、社会主義の考え方がさまざまな方法で再考されました。


1905年:ロシア革命

1905年の最初の失敗したロシア革命の短い歴史。「血の日曜日事件」の虐殺に続いて、ゼネストが国を麻痺させ、労働者と農民の評議会が設立されました。

反乱は1月22日、サンクトペテルブルクでの平和的で穏やかな改革派の抗議行進が1,000人以上の死傷者を出した軍隊に撃たれたときに始まりました。この日は「血の日曜日事件」として知られるようになりました。弾圧は抗議を鎮圧するのではなく、反逆の炎を煽った。

ロシア全土で、人々のさまざまなセクションが活発な抗議行動に移りました。農民と労働者は、ツァーリスト君主制の絶対主義と抑圧に反対して、中産階級、インテリシア、および(少数派)国家グループ(すなわち、グルジア人、ウクライナ人など)に加わった。しかし、各グループの目的は異なり、革命の主導的役割を果たした2つの勢力は労働者と農民であり、経済的および政治的要求を提起し、より裕福な中産階級は主に後者を求めました。

年が進むにつれて不安が広がり、初夏と秋にピークに達し、10月に最高潮に達しました。セヴァストポリ、ウラジオストク、クロンシュタットで海軍の反乱があり、6月にピークに達し、戦艦ポチョムキンに乗って反乱が起こり、アファナシー・マティウシェンコが重要な役割を果たしました。ストライキは全国で行われ、学生の体全体がストライキを行うことによって市民の自由の欠如について不平を言ったとき、大学は閉鎖されました。弁護士、医師、技術者、その他の中流階級の労働者が諸同盟連合を設立し、制憲議会を要求した。

田舎では、農民による土地の押収(より大きな土地の略奪を含む)があり、全国的な農民連合が設立されました。町では、労働者の抵抗行為がストライキでした。血の日曜日事件の直後にサンクトペテルブルクでゼネストがあった。 1月末までに40万人以上の労働者が関与した。ストライキは全国に広がった。その過程で、労働者階級の自己組織化の新しい形態が生み出されました。これらは、有名な「ソビエト」である労働者代表で構成された評議会でした。

ソビエトは彼らの差し迫った問題(例えばストライキの勝利、8時間労働、労働条件)を解決するために労働者によって作成されたが、彼らの役割は変わった。彼らはすぐに労働者の一般的および政治的代表の機関に進化し、政治的要求を引き起こした。言うまでもなく、彼らの政治的動揺の基盤としての可能性はすぐに革命家であると認識され、彼らは初期の段階には関与していなかったが、ボルシェビキとメンシェビキの両方が彼らに影響力を持たせようとした。しかし、アナキストのピョートル・クロポトキンが述べたように、ゼネストは次のような重要な進展でした。

「働く男性たちは再び彼らの意志の重みをコンテストに投げ込み、運動にまったく新しい方向性を与えた。10月にモスクワでパン屋のストライキが起こり、彼らは印刷業者によってストライキに加わった。これはそうではなかったそれは完全に労働者の問題でしたが、突然、経済的不満の単純な兆候を意味するものが成長し、すべての取引に侵入し、サンクトペテルブルクに広がり、その後ロシア全土に広がり、オートクラシーがその前に頭を悩ませなければならなかったような印象的な革命的な兆候。」

最初のソビエト(評議会のロシア語)は、1905年の繊維ストライキ中にイワノフナ-ボズネセンスクに設立されました。それはストライキ委員会として始まりましたが、町の労働者の選出された組織に発展しました。次の数ヶ月で、労働者代理のソビエトが約60の異なる町に設立されました。 10月13日、ストライキをより適切に調整するために、印刷業者のストライキ委員会の主導で、より有名なサンクトペテルブルクソビエト労働者代理が「グレートオクトーストライキ」から作成されました。

これはロシアで最初の政治家将軍のストライキであり、9月から10月30日まで続いた。 1905年までの数年間、ロシアではストライキが一般的でしたが、この強力な直接行動兵器は事実上国全体を麻痺させました。 10月のストライキはサンクトペテルブルクで始まり、すぐにモスクワに広がり、すぐに鉄道員のストライキはロシアの鉄道網全体を麻痺させました。 「こうして、街頭戦争よりもひどい新しい武器がテストされ、見事に機能することが証明された」とクロポトキンは観察した。

ソビエトはニコライ2世の権力に異議を唱え、ゼネストは彼に議会、報道の自由、集会および結社を伴う十月詔書を発行することを余儀なくさせた。彼らは彼を権力から外すことに失敗し、彼はすぐに約束を破った。 12月までに、共産主義者のレオン・トロツキーとサンクトペテルブルク・ソビエトの残りの執行委員会が逮捕された(その月のモスクワのボルシェビキ・プッチは、混乱して調整されていなかったため失敗した)。反乱は終わった。ツァーリズムは、同様の大衆抗議の波がついに彼を権力から追いやった1917年2月まで権力を維持することになっていた。


クイズ(ジェイミー)

1.レーニンの新しい経済政策はいつ開始されましたか、そしてそれは何を伴いましたか?


2.レーニンは1922年にロシアの名前を何に変更しましたか?

3.レーニンが亡くなった後のリーダーは誰でしたか?

4.政府が公的および私的生活のあらゆる側面を完全に中央管理する場合、それは_________________と呼ばれます。

5.警察は人々を楽にし、軽微な犯罪は無視されました。 TまたはF

6.なぜロシアは宗教を強く思いとどまらせたと思いますか?

7.最初の5カ年計画は何を促進することを目的としていましたか?

8. _______________ ______________は非常に成功しましたが、産業革命よりもはるかに残酷でした。

9.政府が作成した巨大な農場は何と呼ばれていましたか?

10.スターリンの行動の成功した結果は、人々にとって苦労する価値があったと思いますか?


ロシア革命レッスンインデックス-歴史

アレクサンドラ・フョードロヴナ: ニコライ2世とロシアのツァリーツァの妻。

アレクサンダーケレンスキー:1917年7月に臨時政府の指導者になり、同年10月に崩壊するまで臨時政府の指導者であった。

ボルシェビキ党
:1903年の第二党大会でメンシェビキ派から分離したマルクス主義ロシア社会民主労働党(MRSDL)の派閥。ボルシェビキはウラジミール・レーニンとアレクサンダー・ボグダノフによって設立されました。彼らはロシアの革命的労働者階級の指導者であると主張した。政治的には、彼らは社会主義者であり、1917年10月の革命の理想をそれらの価値観に基づいていました。

コサック: ドン地域に自生するロシアの民族グループ。コサックは19世紀にロシア人によって併合されました。コサックは20世紀の初めに免税の地位を享受しましたが、彼らは20年間の兵役義務でした。コサックは自分たちをロシア社会の中でエリートで特権的なグループだと考えていました。コサックは熟練した騎手として有名であり、偵察、襲撃、小競り合い、その他の間接的な戦闘に優れていました。

アレクセイ・ブルシーロフ将軍: 1906年に将軍に昇進し、第一次世界大戦で第8軍の指揮を執った。皇帝の退位後、彼はロシア軍の最高司令官に任命されましたが、同じ年にケレンスキーによって任務から解放されました。

ラーヴル・コルニーロフ将軍: 7月の攻勢でブルシーロフ将軍が失敗した後、1917年にロシア軍の指揮を執った。彼はアレクサンドル・ケレンスキーとのダークコメディの誤解に巻き込まれ、最終的にはボルシェビキが革命政府を打倒することになった。

ゲオルギー・ガポン: 労働組合や労働組合の組織化に非常に積極的で、改革のアイデアを広めるために国を旅したロシア正教会の司祭。彼は血の日曜日事件の行進者のリーダーでした。彼は最終的に追放されたが、それでも遠くからロシアの政治に影響を与え続けた。彼の人生の後半に、彼は落ち着き、政治シーンを永久に去りました。

レオン・トロツキー: 1897年に南ロシア労働組合の組織化に関与するようになりました。1905年の革命で、サンクトペテルブルクソビエトの会長に選出されました。彼は1917年の革命の前にボルシェビキ党の戦時委員になった。

軍事革命委員会(MRC): 10月中旬に臨時政府によって委員会が設立されました。 このために 革命的な防衛の体。それは実際にはボルシェビキの人形だったのに、ソビエトによって支配されているように見えました。それは10月の暴動で活躍し、活発な役割を果たしました。

ニコライ2世: 1917年の革命の時までのロシアの皇帝。

ペトログラード: 「サンクトペテルブルク」は、ロシアで最も西部の都市とよく言われます。それは革命の間のロシアの国会議事堂の都市でした。また、後にボルシェビキ党によって支配されるようになった労働者と兵士の代理のペトログラードソビエトを指します。

グレゴリー・ラスプーチン:ツァリーナアレクサンドラの顧問。彼は、血友病患者であったニコラスとアレクサンドラの息子を「救った」と伝えられています。ここで彼について。

ソビエト: 1905年の繊維ストライキ中に設立された繊維労働者のグループ。彼らは1905年の革命の間に押しつぶされましたが、皇帝の転覆の間にありました。彼らは最初は主にメンシェビキによって支配されていましたが、1917年から1918年にかけて、ボルシェビキによって支配されるようになりました。

ブレスト・リトフスク条約:中央同盟国とロシアの間で署名された条約は、ロシアが第一次世界大戦から撤退したことを意味します。この条約の下で、ロシア帝国は彼女の農地の3分の1、人口の3分の1、そして工業用地の3/4をドイツ人に譲りました。

ウラジーミル・レーニン: 彼の兄弟が皇帝を暗殺しようとして殺されたとき、最初は労働組合と革命に関わっていました。彼は何年にもわたってマルクス主義理論を研究し、その後ボルシェビキ党の創設と指導を支援し続けました。


反乱!歴史的革命の比較

Hulton Archive / Getty Imagesペトログラード(ロシア、サンクトペテルブルク)での革命的な熱狂、1917年。関連するスライドショーに移動&#xBB

グローバルヒストリー

ニューヨークタイムズのコンテンツに基づいてアイデアを教える。

概要 |革命とは何ですか、そしてそれは他の種類の反乱や紛争とどう違うのですか?エジプトでの抗議は歴史的革命とどのように比較されますか?このレッスンでは、生徒が協力して革命を定義し、世界中のさまざまな歴史的革命を表すインフォグラフィックを作成するための調査を行います。

材料 |ポスター用紙、マーカー、インターネットアクセスとプロジェクターを備えたコンピューター、配布物Revoltのコピー! (PDF)

準備し始める |生徒は小グループで作業し、次のプロンプトに応答します。

単語をどのように定義しますか 革命?革命を内戦、蜂起、クーデター、反乱や反乱、あるいは抗議やデモとどのように区別しますか?革命や他の種類の紛争にはどのような共通の要素がありますか?どの要素がそれらを際立たせていますか?これらの用語のいくつかは同義ですか?もしそうなら、どれですか?革命という言葉は、さまざまな意味で使用できますか?歴史からどのような例があなたの考えを説明していますか?

各グループは、自分たちが作成した定義、歴史的出来事、その他のアイデアをポスター用紙に書き、そのシートを近くのボードまたは壁に投稿する必要があります。

次に、クラスを再開し、各グループのポスターを声に出して読んでください。次に尋ねます:あなたは何に気づきますか?クラスはどのようなアイデアについて一般的なコンセンサスを持っていますか?どのアイデアについて意見の違いがありますか?異なるアイデアを説明するために同じ歴史的出来事を使用したグループがあるかどうかに注意してください。簡単に話し合い、誤解を明確にしますが、グループが説得力のある歴史的証拠でアイデアを裏付けることができる場合は、意見の相違を考慮に入れてください。

また、政治革命と産業革命のような革命的な社会変化を区別したいと思うかもしれません。

各グループの&#x2019定義の要素を使用して、&#x201Crevolution&#x201Dのクラス定義を作成することにより、ディスカッションを終了します。クラス定義を辞書定義および教科書定義と比較して、比較方法を確認します。私たちの定義はより詳細になりますか?詳細が少ない?辞書の定義から私たちの定義に何かを追加しますか?なぜまたはなぜそうではないのですか?

関連している |スライドショー&#x201CUnpredictable Uprisings&#x201Dは、アメリカ独立戦争を含む歴史的革命と関連イベントの写真と簡単な概要を提供します。

アメリカ独立戦争でさえ、国の現在の憲法に到達するのに何年もかかりました。抑圧的または腐敗した政権によって支配されたいくつかのアラブ諸国を襲う激動とともに、ここに革命の紆余曲折の歴史的なサンプラーがあります。多くは幅広いベースで始まりますが、多くの場合長くはありません。

以下の質問を使用して、クラスでスライドショー全体を読んで表示します。

質問 |議論と読解のために:

  1. これらの蜂起の間の共通点と相違点は何ですか?
  2. キャプションなしで、これらの写真はどのような物語を語っていますか?キャプションを読んでいない場合、このスライドショーはどのようなものだったと思いますか?どうして?
  3. このスライドショーに含まれるすべてのイベントは、私たちの革命の定義に適合していますか?そうでない場合、どれが私たちの定義に適合しませんか、そしてその理由は何ですか?
  4. このスライドショーからどのような質問がありますか?これらのイベントのうち、もっと知りたいのはどれですか?
関連リソース
ラーニングネットワークから
NYTimes.comから
ウェブの周り

アクティビティ |少人数のグループで、学生は世界中のさまざまな歴史的革命を研究します。生徒に反乱を起こそう!彼らの研究を導くための配布物(PDF)。

スライドショーに示されている革命、カリキュラムでカバーされている革命、または調査の推奨開始点を含む以下のリストの競合を調査するために、グループを割り当てることを選択できます。一次資料については、NYTimes.comまたはProquestデータベースのNew YorkTimesアーカイブを使用する場合もあります。

グループが割り当てられた革命に関する情報の収集を終了したら、クラスを再招集して次の質問について話し合います。1つの歴史的な革命についてより深く理解したので、クラスの定義について何か変更しますか?もしそうなら、なぜそしてどのようにそれを変更しますか?

もっと遠く行く |グループが協力して、反乱に関するすべての質問への回答をグラフィカルに表すインフォグラフィックを作成します。配布物。

今後のクラスでは、生徒はギャラリーウォークを実施して、すべてのグループのインフォグラフィックを表示し、すべての革命の間にどのような共通点があるかをメモします。次に、クラスが生成した定義に関して、共通の要素と、これらのイベントが革命と見なされる範囲について説明します。私たちの定義を微調整する必要がありますか?

代わりに、またはさらに、エジプトでの2011年冬のイベントに学生を慣れさせ、定義の理解と他の革命についての学習を前提として、その蜂起を革命と定義するかどうかについて話し合います。

基準 |このレッスンは、McRELの国内標準に関連付けられています(新しいCommon Core State Standardに合わせることができます)。

世界歴史
44.相互依存する世界における共同体、安定、平和の探求を理解する。
46.世界史における長期的な変化と繰り返しのパターンを理解します。

地理
13.地球の表面の分裂を形作る協力と紛争の力を理解します。

言語科目
1.ライティングプロセスの一般的なスキルと戦略における能力を示します。
4.調査目的で情報を収集し、使用します。
5.読書プロセスの一般的なスキルと戦略を使用します。
7.さまざまな情報テキストを読むための一般的なスキルと戦略の能力を示します。

公民
22.世界がどのように国民国家に政治的に組織化されているか、国民国家がどのように相互作用するか、そして米国の外交政策を取り巻く問題を理解します。
23.重要な政治的および非政治的発展が米国およびその他の国に与える影響を理解します。

歴史的理解
1.時系列の関係とパターンを分析する方法を理解し、知っています。
2.歴史的な視点を理解します。

ライフスキル:他の人との協力
1.グループの全体的な努力に貢献します。
4.効果的な対人コミュニケーションスキルを表示します。
5.リーダーシップスキルを示します。


ロシア革命から学んだこと

ウラジーミル・レーニンと彼のボルシェビキがロシアで権力を掌握した1917年11月のその日は、人類の歴史の中で最も暗い日だったかもしれません。

その日、最初はロシアで、しかし後に中国や他の場所で歴史に導入されたのは、これまでに見られた中で最も致命的な現象でした。

全体主義は新しいものではありませんでした。フランス革命の余波はすでにその血まみれで残忍な現実をヨーロッパの中心にもたらしました。フランスの恐怖政治は世俗的な過激主義の初期の形態でしたが、レーニンはさらに進んで、ソビエト連邦が世界初の公式に無神論的な国家であったという点で革新しました。モスクワ、ベルリン、北京における国家無神論は、20世紀を食肉処理場にするだろう。

斬新だったのは、ソビエト共産主義者の到達範囲でした。国家の強制が触れない生活の領域はありませんでした—経済が計画され、教育が完全に改訂され、宗教が排除され、社会階級が再建されました。それはすべて、暗闇に隠れて誰でもシベリア、ルビャンカ、または直接墓に送ることができるという秘密警察によって執行された、遍在する国家によって監督されるでしょう。時間が経つにつれて、共産主義者たちは暗闇を待つことを気にせず、日の目を見て彼らの専制政治を作り上げました。

ソビエトは帝国の野心を持っていました。それは、ウクライナ、グルジア、バルト諸国、中央アジア共和国など、内帝国の征服された国々から始まり、鉄のカーテンの後ろに投獄されたヨーロッパの奴隷化された国々に拡大しました。さらに遠く離れて、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの共産主義者はモスクワからの準備ができていた。今日、人々はレーニンが作ったもののためにベネズエラで死ぬでしょう。

完全に唯物論的である共産主義哲学には、自由意志の余地がありませんでした。人間の自由は物質的な現実にあるのではなく、この分子やその原子には存在しません。それは人間の超越的なものの一部であり、マルクス主義の超平凡な政治には超越の余地がありませんでした。したがって、自由の余地はなく、したがって、それを行使することを選択した人々の余地もありませんでした。

したがって、スターリンによってさらに深いレベルの堕落に陥ったマルクス・レーニン主義の政治は、自由を主張した人を処分しなければなりませんでした。 The death toll was staggering, measured in the tens of millions, to which a vast catalogue of torture, imprisonment, displacement and exile must be added.

The resolution of free peoples proved resilient in containing communism, and the peaceful revolution of conscience and spirit within the evil empire proved more potent than Lenin or Stalin could imagine.

Yet the reign was relatively short. Not as short as the Thousand Year Reich of Adolf Hitler, which missed that mark by 988 years, but by 1991 not only had communism been wiped off the map of Europe, but the Soviet Union itself no longer could be found on it.

Eric Hobswawn, the Marxist historian, wrote of the "short twentieth century," from the Great War to 1991, a period dominated by the rise of totalitarian communism and its total defeat. The Great War brought an end to the royal houses of Russia, Germany and Austria, and dissolved both the Habsburg and Ottoman empires. Yet what rose in Russia was far more authoritarian and imperial than what preceded it.

At the distance of a century, two things stand out. The first is the Soviet century was not even that, and its dissolution was both complete and (largely) nonviolent. The resolution of free peoples proved resilient in containing communism, and the peaceful revolution of conscience and spirit within the evil empire proved more potent than Lenin or Stalin could imagine. That the vanquishers of communism would be led by priests (John Paul II) and playwrights (Vaclav Havel) gave the lie to the communist slogan that power proceeds only from the barrel of a gun.

At the same time, the short Soviet century was long enough to teach us that so many experts and so many leaders got it so terribly wrong. Some were simply complicit for base motives, like the New York Times, which covered up the Ukrainian terror famine. Others were fellow travellers who liked the progressive frisson of communism from a distance. And still others thought that what everyone knew to be true — that communism was robust and the way of the future — was certainly true.

Into the 1980s it was not difficult to find economists who were singing the praises of the Soviet economy. Foreign relations experts clucked derisively about the anti-communism of Ronald Reagan and Margaret Thatcher, making anti-anti-communism a uniting force for the global left. The professorial Kremlinologists who insisted that the Soviet empire was a permanent fact of life had no idea that their own faculty tenure was more enduring.

The consensus of respectable opinion turned out to be spectacularly wrong. Respectable opinion today should be chastened, and those who lecture others about what opinions are permitted in the respectable consensus should be reminded of that.

November is the month of remembrance. This November we remember the fearful toll of tyranny, and salute those, who at great cost, defeated it.

Father Raymond J. de Souza, "What we learned from the Russian Revolution." National Post, (Canada) November 10, 2017.

Reprinted with permission of the National Post and Fr. de Souza.


Revolution — History Lesson Presentation

Because technology is becoming more relevant in education, presentations are a popular resource now in the classroom. They can turn a boring lesson into an engaging lecture for students and teachers alike. This new free template has an awesome design that reminds of constructivism and similar art movements from the 20th century, so it’s perfect for lessons about history and wars, for example.

The striking visuals of these slides grab so much attention your class will be paying attention for sure. The backgrounds feature textures that give a retro feeling and create an adequate atmosphere, but what makes everything perfect is the combination with the illustrations. These are beautifully crafted and convey so much, they set the right mood in relation to your lesson. The palette revolves around red and sepia, emotional colors which you can use to your advantage to make your students remember the lecture. History usually comes with facts, dates, data, a lot of things to consider! To help you with this, we’ve included tables, timelines, graphs and maps. We didn’t forget anything! And the real deal, the text: apart from the irregular and geometric shapes that we’ve created to enclose your text and make it more interesting, the typography is marvelous. The sans typeface for titles offers a mixture of different curves and angles, and has a little vintage vibe to it too. Body text comes with another sans font, but this one has a humanist style, giving some contrast. The resources are there, the design is there, the inspiration is there, so download this template for Google Slides and PowerPoint and customize it according to your needs!


Russian Revolution

During 1917, the Russian Empire encountered a series of revolutions called the Russian Revolution. The events helped create the Soviet Union after destroying the Tsarist autocracy.

The first major revolution was in February 1917. Tsar Nicholas Romanov, the emperor, was forced to step down. He was replaced with a provisional government. The second major revolution was in October. Communist Bolsheviks replaced the provisional government and created the Soviet Union. The royal family was shot and killed.

  • バックグラウンド
  • February Revolution
  • February to October
  • The October Revolution
  • 余波

バックグラウンド

Russia was an autocratic state. There was no space for democracy. During the 1890s, advancement in Russian industry created more jobs in cities. As people moved there, cities grew. But the living conditions were horrible with poor sanitation.

In 1896, after the death of Tsar Alexander III his heir, Nicholas II became the emperor. Tsar Nicholas II’s coronation ceremony started with a dreadful event. The government arranged for free things to be given to the peasants. But more people came than expected by the officials, and the arrangement was not up to the mark. It resulted in a stampede and many people died.

On the night of the tragedy, there was a party at the French embassy, though Nicholas II did not want to attend but was persuaded to go. Later on, it was held against him. Many called him deeply insensitive.

Back in the cities, workers began to create political parties to try and change the horrible conditions that they worked and lived in. In the early 1900s, Russia experienced a wide range of protests and strikes.

In 1905, Russia lost a war with Japan. Soldiers and sailors were embittered, who felt their lives had been just thrown away in a hopeless war against the Japanese. It did not help Tsar Nicholas in his bid to be popular. There was general disarray among the people. Further, the factories were not paying, and there were shortages.

Russia losing the war against Japan changed the view regarding autocracy. It added to the people’s anger that resulted in peaceful protests from workers. But, these workers were shot at by the Emperor’s guards. Thus a spontaneous protest ended in a bloodbath. The events of Bloody Sunday, as it came to be known, damaged Tsar Nicholas’s reputation forever.

The response to the civilian unrest – tsarist imperial troops opened fire on the protestors. 1905

Following this event, a rebellion began. Though it did not bring about any change but made the emperor Nicholas promised to create an elected parliament or Duma.

Nicholas II Romanov – Emperor of all Russia Tsar Nicholas II’s opening speech before the two chambers of the State Duma in the Winter Palace.

In March 1906, for the first time, the Duma was elected. It consisted of both left-wing and right-wing members, including socialists and those who were very loyal to the emperor. There were also arguments to take power away from the Emperor and give it to ordinary people. The emperor, Nicholas, even stopped the workings of Duma that made people angrier than they already were.

In 1914, World War I started. Russia joined World War I against Germany (for the article on WWI – click here). At first, people came together and the country was united by patriotism. But soon problems arose due to lack of supplies. By 1915, many soldiers were being sent to fight without guns. Moreover, the lack of communication resulted in poor plans being made by the army officers that made soldiers unhappy. Many Russians died in due course of time.

In 1915, the Emperor put himself in charge of the military strategy. He moved to the army headquarters. This was a mistake. Not only he did not improve the situation, he began to be blamed for it.

Due to the situation, he was not able to attend government affairs, and his wife Queen Alexandra was left in charge. Whenever the Duma tried to warn the emperor that the people were getting angry, she would say they were lying, so he would ignore them. The emperor even ignored a report by his secret police, the Okhrana, which warned him of the impending revolution that might happen if things did not get better for ordinary people.

Tsarina Alexandra of German origin along with her poor advisors especially monk Rasputin made autocracy unpopular

February Revolution

In early February 1917, a series of strikes began the first revolution. In St. Petersburg, the capital of Russia, people in the food queue began a demonstration. Thousands of women who worked in fabric factories left to join them. By February 25th, the strike spread through the capital, and, most of St. Petersburg factories had to close.

On the evening of the 25th, Nicholas II sent a telegram to the then chief of the army in St. Petersburg, to tell him to use his soldiers to stop the strikes. The army chief did exactly that, but the soldiers joined the demonstrations along with workers instead of stopping them. The police joined too, and finally, the government collapsed.

The demands were to end

– World War I,

– shortages in food supplies, and

– autocracy.

On March 13th, 1917, Nicholas gave up his throne and subsequently the control of Russia. A provisional (temporary) government was formed in its place.

February to October

After the February Revolution, Alexander Kerensky, the provisional government’s leader, tried to improve things by allowing freedom of speech and even letting political prisoners go free. Despite this, there was growing discontent. The wages went down, the national debt grew, and on top of it, food was scarce.

In April 1917 Vladimir Lenin, a communist, arrived in St. Petersburg. He had been exiled to Switzerland by the emperor, but the provisional government allowed him to come back. He began to lead a communist group called Bolsheviks.

Lenin was in a difficult situation. To get from Switzerland to Russia to take advantage of the February Revolution, he would have to travel through Germany, with whom his country was at war. A complicated deal would have to be brokered. He agreed to the famous sealed train through Germany. From the German point of view, it seemed like a perfectly reasonable tactic to send Lenin back to Russia to create more chaos with which it was at war.

In July, Lenin was even accused of being “German agent” by Alexander Kerensky’s government that forced him to escape. But Lenin continued demanding peace, land, and bread without any delay. Therefore, he got support from peasants, soldiers, and workers who wanted immediate change.

The October Revolution ( Bolshevik Revolution )

The government was in paralysis. Lenin was very good at using this opportunity. On October 10th, the Bolshevik’s central committee voted to start a revolution. On October 23rd, a revolution began in Estonia and another one started two days later in St. Petersburg. This time the revolution was mostly peaceful. The Bolsheviks’ Red army took over many government buildings, though without a fight.

On 25th October, a new government was formed by the Soviets, called Congress. During its first few meetings, some members who were not Bolsheviks walked out, but this made little difference to its decisions.

On the morning of the 26th, they took over the emperor’s old Winter Palace. With this, the revolution ended. All those parties that opposed the Bolsheviks eventually broke up, and their leaders got arrested.

Congress then started to get rid of private property. This meant all land and money were to be owned by the people, and control of factories was given to their workers.

In December 1917, an organization, Cheka, was established that answered only to Lenin. It aimed to combat any counter-revolution. Later on, this organization got evolved to form KGB, the Soviet’s most infamous security agency.

余波

The non communist countries challenged the revolution. In July 1918, countries such as America, the United Kingdom, and France sent armies to fight the Bolsheviks.

Lenin began a scheme to win the war. He began diverting food and supplies to the communist army. The plan worked and the Bolsheviks won the war, but lack of food meant that many people died of hunger.

The Third Russian Revolution was an anarchist revolution against the Bolsheviks that lasted from 1918 to 1922. During this time, a civil war broke out between the Red Army Bolsheviks and the anti-Bolsheviks (also called the White Army). The Bolsheviks won and the new country was called the United Soviet Socialist Republic or USSR.

LeninNo one could have predicted that Vladimir Lenin would be the man to seize control in the chaos. He has a profound effect on Russia that they are still feeling now.

In January 1917, the person who was in exile was Vladimir Lenin, and the person who ruled Russia was Tsar Nicholas II. By October of the same year, there was role reversal as Tsar was held prisoner and Lenin had all the power.

Without Lenin, there would not have been a Bolshevik Revolution. Lenin was quickly becoming the most powerful man in Russia and formed the communist state. His secret police were commencing a strategy of violent repression that would become known as the Red Terror.

In the early 1920s, some European countries recognized the Soviet Union as a country, while America refused to do so until 1933.

The main leaders of the Bolsheviks were Vladimir Lenin, Joseph Stalin, and Leon Trotsky. Lenin died in 1924. After his death, Stalin consolidated his power and even forced Trotsky out. The man who would become the most powerful dictator in history was now cementing his position.

Alexander Kerensky – Leader of Russian Provisional Government – Supported Russia’s involvement in WWI after the February Revolution in 1917 – He was ousted by the Bolsheviks – Escaped from Russia to France – Supported neither side during the Russian civil war.
How could the mighty Romanov dynasty, the tsars that had control over everything, that lasted for 300 years, fall?

At the heart of the Russian Revolution lay a very personal battle between Lenin’s Ulyanov family and the royal family who were determined to retain autocratic rule.

In the middle of the 19th century, there were two inventions, the revolver, and the high explosive dynamites, both of which were widespread in Russia which enabled amateur people to get together and organize an assassination.

There were many assassination attempts on the life of the tsar, Alexander II, emperor of Russia. Finally, one fateful day it happened.

The assassination of Alexander II of Russia 1881

The conspirators were hanged for their crimes, but the movement against the royal family continued and it soon attracted the attention of one Aleksandr Ulyanov, eldest son of the Ulyanov family and elder brother to Lenin.

There was no great revolution following the death of Tsar Alexander II. He was succeeded by his son, Alexander III, who, upon viewing his dying father, vows to never let the same fate befall him.

Coronation of Empreror Alexander III

Despite the enormous unrest, Russian autocratic rule continued. So, Alexander III decided to come down hard on Russia, as he was a forceful character.

Russia was modernizing at a fast rate, but the political system remained deeply autocratic. Because of the conditions in Russia at the time, middle-class families were not allowed political opinions. During this time, one such person who got caught up in the radical world was Aleksandr Ulyanov also known as Sasha, Lenin’s elder brother. He was like Lenin himself, was brilliant intellectually. He joined a student group that decided to make a bomb to kill Alexander III.

But the plan was undone by Okhrana, the secret police of the Russian empire, that got the wind of the attempt on the tsar’s life. The terrorists got arrested and sentenced to death. Alexander III very generously said, “Those that repent, I will reprieve. Those that don’t, I will hang,”. According to Sasha, it was going against his principles to ask for a reprieve. The hanging of Sasha is often seen as what motivated Lenin.

Lenin entered the underground revolutionary movements, following the path of his brother. Just like Sasha, Lenin was tracked by the Okhrana.

In 1894, Tsar Alexander III suddenly fell ill when he was just 49. He died unexpectedly. Soon after his father’s death, Nicholas married a german princess who became Tsarina Alexandra.

Wedding of Nicholas II and Duchess Alexandra

Tsar Alexander III left behind his son Nicholas rather unprepared to inherit his throne. He was not ready to take on so much responsibility. It is said that Nicholas II had little training to rule the vast Russian empire.

As an emperor, Nicholas II showed he had no intention of sharing power democratically. Thus, ruling any possibility of reform. He laid the foundations of his demise.

Coming back to Russian Revolution – On July 17th, 1918, the Romanovs were awakened at midnight and taken into the basement room where they were shot.

Nicholas II, his wife Queen Alexandra, and five children – Maria, Anastasia, Alexei Olga, and Tatiana

This once all-powered dynasty had authorized the execution of Sasha Ulyanov, Lenin’s elder brother. But now the tables had turned, and the Romanovs were no more. No paper trail said Lenin gave the orders to kill the royal family. But one wonders.