トゥールの戦い、732

トゥールの戦い、732


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


AD 732、トゥールの戦い:「ハンマー」のチャールズマーテルが単縦陣を保持

イスラム教徒のカリフ制ほど早く出現した帝国はほとんどありません。 7世紀半ばに現在のサウジアラビアから爆発し、イスラムカリフ制はあらゆる方向に外側に拡大しました。

早い段階で、彼らはヤルムークの戦いで長く確立されたビザンチン帝国に対して圧倒的な勝利を収め、北アフリカを西に横切った。最終的に、彼らはジブラルタル海峡を渡り、西ゴート族を打ち負かし、スペインを占領しました。

イスラム教徒の征服は本質的に宗教に関するものではなく、特に征服者が征服された領土で宗教の自由を認めたため、彼らの存在と文化は西方キリスト教への直接の脅威でした。

ヴァイキングが教会を略奪の標的にしたのと同様に、征服したイスラム教徒もそうしました。さらに、時間の経過とともに、イスラム教徒に征服された多くの人々が彼らの宗教を採用しました。

スペインのイスラム教徒は、8世紀初頭までに現代のフランスを脅かし始めました。

スペインはローマを略奪した男たちの子孫である西ゴート族の支配下にあったが、彼らは多くの戦いに耐えることができず、イスラムカリフ制はアキテーヌのオドに会うまで挫折しなかった。彼はトゥールーズの戦いで勝利を収め、以前は止められなかった部隊を一時的に停止させ、後のトゥールの戦いと同じくらい重要であると主張されることもあります。

帝国の急速な広がり

トゥールーズはイスラム教徒によるフランスの征服の後退でしたが、それでも次の10年間は​​襲撃を行うでしょう。イスラム教徒が襲撃に焦点を合わせている間、チャールズ・マーテルはフランク人を統一し強化するために軍隊を建設することに焦点を合わせました。

アキテーヌのオドは最近敗北し、侵入したイスラム教徒に対する助けをチャールズに懇願した。チャールズは、オドがフランクの権威に服従するという規定に同意した。フランク王国の勢力はチャールズの下で着実に強くなり、カリフ制は彼らがより強い軍隊で北に冒険することを決心したときに彼らが何を見つけるかについて本当の考えを持っていませんでした。

フランク人は重い斧と剣を使用しましたが、騎兵に効果的に対抗するために槍も使用しました。

ウマイヤ朝の下のフランク人とイスラム教徒は、732年10月にフランス北東部で会合する。 、大量の騎兵を持っていたウマイヤ朝軍を指揮した。

チャールズの部隊はよく訓練され、古代ギリシャ人の重装歩兵の編成を反映した装備と緊密な秩序のスタイルで戦いました。彼は高い位置を占め、歩兵の前にある木々や起伏の多い地形を使って騎兵隊の突撃から彼らを守った。

アラビアの騎手と戦う西洋の騎士。 19世紀のイラスト。

最初の数日間は、明確な勝者がいないいくつかの小競り合いをもたらしました。チャールズは防御的な立場をとっていましたが、アブドゥル・ラフマン・アル・ガフィキはそのような大きな力の存在に率直に言って(しゃれを意図して)驚いていました。

イスラム教徒のために援軍が到着したが、チャールズは間違いなくより良い援軍を持っていた。彼の下で個人的に戦った彼の退役軍人の多くは、膨大な数でやって来ました。これらのプロの戦闘員は、すべてのヨーロッパで最高で最も経験豊富な人物の1人でした。彼らの到着は、1週間の小競り合いの後に主な戦いが間近に迫っていたことを意味しました。

イスラム教徒は、軽騎兵のペッパーと重騎兵の突撃を繰り返して敵をすり減らすという、試行錯誤された真の方法を持っていました。後のイスラム教徒の報告によると、&#8216Abd-al-Raḥmânの騎兵隊は、「氷の防波堤」のようにしっかりと立っていたフランク人の隊形に激突しました。フランク軍は攻撃に耐え、経験豊富な軍が機会を見つけたときはいつでも激しく打ちのめした。

戦闘の奥深く(いくつかの情報源によるとおそらく2日目)騎兵隊はフランク王国の編隊に突入し、チャールズに向かった。彼の警備員、そしておそらくチャールズ自身が争いに入った。敵の陣営を襲撃するために数人のフランク人スカウトが同時に派遣され、大混乱を引き起こし、囚人を解放した。

イスラム教徒は、キャンペーン中に得られた彼らの戦利品の安全性を恐れ、多くの人々がキャンプに急いで戻った。これは、イスラム軍の他の多くのメンバーによって完全な撤退と見なされ、実際の完全な撤退がすぐに続いた。 &#8216Abd-al-Raḥmânは勇敢に部隊を結集させようとしましたが、勝利したフランクが後退する敵に群がったため、戦闘で殺されました。

両方の司令官が左側にチャールズを、右側に&#8216アブドゥルアルラーマンを乗せた架空の絵。

イスラム教徒が敗北した程度は、以下の出来事から推測することができます。生存者は彼らのキャンプに退却し、そこで彼らは夜中に逃げ、ほとんど彼らの貴重な戦利品を運びました。翌朝、チャールズは敵が待ち伏せを仕掛けていることを深く懸念し、彼を下り坂でより広い野原に行かせようとした。

大規模な偵察の後、敵が逃げたことが発見されました。これは確かに戦いが素晴らしい勝利であることを示していますが、チャールズは待ち伏せの可能性を恐れなければならなかったので、破滅的な勝利ではありませんでした。また、戦闘での死傷者のほとんどは片側が後退し始めた後に発生しますが、この場合、それは主に騎兵を基盤とする軍を追いかけている勝利の歩兵軍であったため、イスラム教徒の生存者が多かった可能性があります。

推定では、イスラム教徒はフランクの約1,000人に対して、約8〜10,000人を失った。圧倒的な勝利ではありませんでしたが、それはイスラム教をヨーロッパに押し込むための明確なターニングポイントでした。戦いは明白に失われ、偉大な将軍はUmmayidsによって失われました。

彼らは過度に拡張され、最終的にスペインに撤退することを余儀なくされました。チャールズは敵を粉砕したことでチャールズ「ハンマー」のニックネームを与えられ、彼と最初の大勝利を収めてトゥールで奉仕したオドーは、キリスト教の英雄と見なされました。

チャールズはフランク王国を樹立し続け、彼の家系はシャルルマーニュのような偉人を生み出しました。


トゥールの戦い-西暦732年

チャールズマーテルは、西暦8世紀初頭にカロリング朝のフランク帝国の支配者でした。帝国は、現代のフランス、西ドイツ、スイス、ベルギー、オランダの多くの領土を包含し、当時の西ヨーロッパで支配的なキリスト教勢力でした。 724年に2つの競合する王国間の内戦に勝利したチャールズは、カロリング帝国全体の統治者としての地位を確保していましたが、まだ王の称号を与えられていませんでした。

彼は常にサクソン軍とバイエルン軍、およびその他の脅威を撃退していましたが、帝国は大部分が安全でした。チャールズは、彼の地域を統一する方法として、残りのすべてのドイツの部族をキリスト教に改宗させる努力において、聖ボニファティウスと他の宣教師を支援しました。ヨーロッパ大陸はゆっくりと繁栄し、安定してきました。しかし、チャールズの支配の100年前に、新たな脅威が西洋文明の中心に向かって働き始めていました。

イスラムの拡大

中東では、イスラム教の宗教は西暦622年に形成されました。この地域は新しい宗教の下ですぐに統一され、その後、より遠い土地を征服し始めました。 711年までに、イスラム軍はジブラルタルストレートを横断し、現在のスペインを経由してヨーロッパに侵入しました。彼らが新しい王国を設立し、ヨーロッパの他の地域を征服しようと試み始めたのはここからでした。主に、彼らが見つけたあらゆる種類の宝物を略奪するためです。

ヨーロッパの先住民は、イスラムの侵略者をサラセン人と呼んでいました。スペインからサラセン人がフランスに入るための扉が大きく開かれ、その征服はヨーロッパの他のすべての地域によって行われた可能性があり、地球からのキリスト教の追放をもたらした可能性があります。当時、キリスト教は、今日私たちが文明の第一人者と見なしている国々によってさえ、普遍的に知られたり実践されたりしていませんでした。イギリス、ドイツ、デンマーク、ロシアの大部分はまだ異教的で野蛮でした。

712年、サラセン人はフランスに入り、この地域を宝物として略奪し始めました。 725年、スペインのサラセン人知事であるアンベッサは、ピレネー山脈を越えてフランスに軍隊を率いて、強力に要塞化された町カルカソンヌを占領しました。戦闘中に彼は致命傷を負い、サラセン軍はスペインの安全に戻る前に近くのナルボンヌの町に引退しました。

732年、サラセン人はエミール・アブドゥル・ラフマン・アル・ガフィキ・アブド・アル・ラフマンの指揮下で再びフランスに侵攻しました。彼らはボルドーに到着し、トゥール市の聖マーティン大聖堂で豊かな宝物の知らせを受け取ると、町を包囲し始めます。彼らはそれが価値があるすべてのためにそれを略奪する意図でこの地域に向かって出発しました。

この時点まで、チャールズ王によって統治されていたカロリング帝国は、サラセン人が彼の領土に侵入していなかったため、サラセン人に反対する必要はありませんでした。サラセン人の略奪の地域は、エウデ王が統治したフランス南西部の独立した王国であるアキテーヌでした。チャールズは隣国に与えられた被害を知って、自分の領土に与えられた危険を確信するようになります。もしアキテーヌが敗北したとしたら、彼の王国はきっと次になるでしょう。チャールズはサラセン人の侵略者に向かって軍隊を進軍させ、彼自身の条件で彼らと対峙し始めます。

戦い

アブド・アル・ラーマンがツアーに向かって進んでいる間、彼はチャールズと彼の軍隊の前進に関する情報を受け取ります。彼は、より有利な戦場を占領するために、ポアティエに頼ることにしました。ヨーロッパではめったに見られないような規模の軍隊を率いるチャールズは、ロワール川を渡り、アキテーヌの軍隊の残骸に加わります。

彼らは732年10月10日にアラブ人の視界に入る。敵はチャールズと彼の軍隊を発見し、最初は躊躇する。 2つの軍隊は、7日間、キャンプを続け、お互いを見下ろします。アブド・アル・ラーマンはついに攻撃の合図を出しました。サラセン人は全力でフランク人を急いでいますが、フランク人の最前線は保持しています。戦いは、サラセン軍の背後からひどい叫び声が聞こえる日の終わりまで激しさを増しています。それは、サラセン人の野営地を攻撃し、彼らの不当な略奪をすべて盗んだユード王です。サラセン軍は彼らの所有物を守るために必死に急いで戻ってきます。

この混乱の瞬間に、フランク人は前進します。アブド・アル・ラーマンは混乱の中で殺されました。サラセン人は彼らの陣営の支配を取り戻します。この時までに太陽が沈み始め、チャールズは次の日まで戦闘を再開するのを待つことにしました。夜にこれ以上軍隊を失う危険を冒したくないのです。

翌朝、フランク人は早く目を覚まし、敵との戦いに再び加わることを期待して軍隊を編成します。彼らは待つが、敵は現れない。彼らは慎重にサラセン人の野営地に近づき、それが完全に空であることに気づきます。サラセン人はその夜を利用してスペインに向かって後退を始め、略奪のほとんどを残しました。その日、戦場を調査したところ、膨大な数のサラセン人が殺害されたことがわかりました。フランク人は彼らの損失を数え、彼らの部下のうち1500人だけが殺されたことを発見した。

チャールズはついにカロリング帝国の王と宣言され、彼の莫大な勝利のために彼はマルテルの名前「ハンマー」を受け取ります。彼は後にシャルルマーニュの祖父になりました。カロリング帝国は神聖ローマ帝国になり、シャルルマーニュは西暦800年のクリスマスの日に教皇によって皇帝を宣言しました。この帝国は、1806年に正式に解散するまで、1000年以上存続します。

トゥールの戦いは、西洋文明の歴史における大きな転換点を示しています。イスラム教のヨーロッパへの広がりが逆転し、キリスト教がヨーロッパの人々に互いにより共通の何かを与え始めたもの。西暦1000年までに、大陸はかなり順調に進んでいるでしょう。それは一般的に外国からの攻撃から解放され、着実により豊かな未来を創造するでしょう。

私が地球に平和をもたらすために来たと思い込まないでください。私は平和をもたらすために来たのではなく、剣です。
マタイ10:34

初版2015年8月7日
調査および執筆者:Thomas Acreman

出典:
文明の物語 ウィリアム・ダラント
ブルフィンチの神話 トマス・ブルフィンチ


トゥールの戦い

それは、ある文明の最大限の到達と別の文明の進歩の始まりを示した決定的な戦いでした。 732年に、イスラム教徒の軍隊は北ヨーロッパへの侵入の最も遠い範囲に達し、トゥールの戦いの後、南に引き戻されました。ラテン西部はイスラム教徒を止め、独自の反撃に乗り出しました。

トゥールの戦いは、その歴史的な文脈で理解する必要があります。 5世紀には、西ヨーロッパのほとんどがそうであったように、フランスは野蛮なゴシック(ゲルマン)部族に襲われました。野蛮という用語は、これらの部族がより高い文化を持っていなかったことを意味します。しかし、彼らは彼らの部族と彼らの種族に強いコミットメントを持っていました(イブン・ハルドゥーンが使用する用語はアサビーヤです)。このコミットメントは結束を促進し、彼らがローマ帝国を追い越すことを可能にしました。 (人種は、ヨーロッパの政治運動の強力な要素として、たとえばナチスドイツの政策など、私たち自身の時代にも現れています)。西ゴート族(西ドイツ人)はスペインと南フランスを支配しました。東ゴート族(東ドイツ人)は、イタリアとアドリア海の西部(現在のクロアチアとスロベニア)を占領しました。別のゲルマン族であるフランク人は、ガリア(フランス中部と北部)への支配を強化しました。

ローマ教会が文明の力として自らを注入したのは、この野蛮な王国のメドレーでした。 6世紀までに、ゴート族は征服された地域に地主として定住し、地元住民に課税して搾取していました。教会は西ヨーロッパ中に一連の修道院を設立し、家主や有力者と協力関係を結びました。 565年、支配するスペインの西ゴート族とラテン教会の間で合意に達し、教会は新しい信仰を説く自由と引き換えに王位に行政支援を提供しました。しかし、当時教会が提供しなければならなかった唯一の行政構造は領地であり、それはスペインにも課されました。教会の地方の政治構造は修道院と修道院を中心に展開し、儀式を行う見返りに独自の税金を課しました。やがて、修道院と修道院は豊かになり、彼らの力は彼らの富に比例して成長しました。多くの地域で、最も強力な要塞は修道院や修道院の周りのものでした。なぜなら、そのような建設の費用を支払うことができたのは教会だけだったからです。政治的および軍事的権力は、教会、地主、および軍の有力者の間で共有され、それぞれが農民に独自の税金を課し、彼らを貧しくしました。

北ヨーロッパの歴史がゲルマン人にかかっているように、マグリブの歴史はベルベル人にかかっています。アトラス山脈に住む人々の頑丈で弾力性のあるハンサムな種族であるベルベル人は、大西洋に向かって前進する際にウクバ・ビン・ナフィによって鎮圧されていました。しかし、定期的な蜂起は1世紀以上続き、蜂起を封じ込めるために繰り返しの遠征が必要でした。ベルベル人がようやく落ち着き、彼ら自身がイスラムの旗の担い手になったのは、9世紀になってからでした。イスラム教徒の軍隊のヨーロッパへの進出とベルベル人の落ち着きのなさの間には直接的な相関関係があります。ベルベル人が静かだったとき、イスラム教徒の軍隊は前進しました。マグリブで蜂起があったときはいつでも、前進は止まるか後退した。繰り返しになりますが、この事実は、イスラムの歴史における主要な推進力はその内部弁証法であったという私たちの説を補強します。

フランスの侵略は、この背景に対して理解されなければなりません。南フランスは西ゴート族の領土の一部であり、フランスへの進出は西ゴート族に対するキャンペーンの延長でした。最初の侵入はカリフ・アル・ワリードの治世中に行われ、ソルボンヌとライオンズを鎮圧することに成功しました(713)。 714年に行われた2回目の襲撃で、ノルマンディーが占領されました。アンバサビンサヒームの下での731年の遠征は、カルカソンヌを越えてイスラム教徒の領土を拡大しましたが、アンバサはこのキャンペーン中に殺害されました。アンバサの後、アブドゥル・ラーマン・ビン・アブドゥラがスペインの知事に任命されました。彼は慎重な準備をした後、732年の春にピレネー山脈を越えました。最初のフランク人の抵抗は、ボーデン港近くのアシュテイン公爵から来ました。デュークは敗北し、ボーデンは捕らえられました。南フランス全体を征服した後、エミール・アブドゥル・ラーマンは北に向きを変え、パリの近代都市近くのトゥールの平原で、フランク人の首長チャールズ・マルテルに会いました。マーテルは、フランス北東部を支配していた別のドイツ人の酋長であるピピン2世の非嫡出子でした。運命的なトゥールの戦いで、マーテルは近隣のフランク人とドイツ人の首長の支援を受けました。ハンマーと長い笏で武装したフランクの歩兵は、イスラム教徒の騎兵隊に対抗しました。エミール・アブドゥッラフマーン自身が起訴を主導したが、戦闘の2日目に戦闘に陥った。彼らのエミールが倒れたので、イスラム教徒の軍隊は戦いで10万人以上の男性を失い、夜の覆いの下で撤退した。

これは北ヨーロッパへのイスラム教徒の最後の主要な侵入でしたが、彼らが別の攻撃を仕掛けることができなかったことは、フランク族の首長。イスラム教徒の軍事力はその範囲の限界にありました。彼らの補給線は過剰に拡張され、彼らの軍隊は長いキャンペーンの後で落ち着きを取り戻しました。

しかし、トゥールでの撤退は、ヨーロッパの他の場所でのイスラム教徒の前進を止めませんでした。イスラム教徒の存在は南フランスで1世紀以上続いた。 734年、イスラム教徒はアルル、セントレミー、アヴィニョンを占領し、リヨンとブルゴーニュを再び占領しました。襲撃の成功は、8世紀から9世紀にかけて、フランスの西部(大西洋)沿岸で行われました。 889年、イスラム教徒はスイス西部​​に存在感を確立し、それはほぼ2世紀続きました。スペインのアブドゥルラーマン3世の治世中に、フラクシネトゥム、ヴァレー、ジュネーブ、トゥーロン、グレートセントバーナードが占領され、強化されました(939-942)。その後、勝利した軍隊は956年にジュネーブ湖を振り回し、イタリアに通じる峠に定着しました。

その後、イスラム教徒の軍事力は衰退し始めた。この衰退の主な理由は、スペインでの内戦であり、最終的には1032年にスペインのウマイヤ朝が崩壊し、キリスト教の王子の助けを借りてしばしば互いに戦う小さな公国が設立されました。マグリブのベルベル人はいつも落ち着きがありませんでした。北アフリカでのアッバース朝の支配は、アグラブ朝(808)の台頭とともに衰退し、部族の蜂起のハンマーの下で徐々に姿を消した。ファティミドはアグラブ朝のほこりから立ち上がって、北アフリカへの支配を強化し、エジプトの征服でそれを固めました(969)。カイロに本拠を置くファーティマ朝、バグダッドに本拠を置くアッバース朝、コルドバに本拠を置くウマイヤ朝の間で、イデオロギーと軍事の戦いが激化した。この騒乱を利用して、キリスト教の軍隊は、初期の十字軍(1050)の間に、南フランス、イタリア、および地中海の島々からイスラム教徒を追放しました。

トゥールの戦いは、世界の歴史の中で決定的な瞬間でした。アブドゥル・ラーマンがチャールズ・マーテルを打ち負かすことができなかったため、西ヨーロッパはキリスト教徒であり続けることができました。内部の争いはすぐにイスラム教徒を消費し、彼らは二度と西ヨーロッパで深刻な攻撃を仕掛けることができなかった。


トゥールの戦い732広告履歴エッセイ

トゥールの戦い(ポワティエの戦い)は732年10月10日に行われ、フランクの指導者であるチャールズマーテルが戦い、反対側はイスラム教徒の地上部隊であり、その指導者はエミールアブドゥルラーマンAIガフィキアブドアルラーマンでした。

それはフランスのトゥールの大都市の近くで起こりました。

具体的にカスタムエッセイを書きます
たったの$ 13.90 /ページであなたのために!

フランク人はイスラムの地上部隊を打ち負かし、さらにエミール・アブド・アッラフマンが殺害された。紛争はイベリア半島からイスラムの北への進展を止めていた。

イスラム教がローマ帝国とイラン帝国の古い遺跡に蔓延していたクリップの1つ。フランクの地上部隊の1つが、サイズの異なるガリアを支援していたと推定されています。

彼らは、死亡は15,000と75,000だったと言います。サンドニでは約1,500人でした。イスラム教徒は60,000から400,000頭の馬を失った。

イスラムの地上部隊は、通常はバストパーティーに分割され、イスラム教徒の地上部隊全体がトゥールにいて、アブド・アッラフマンが紛争を乗り切るために6年間待っていたため、規模を測るのは非常に困難です。

7日24時間に紛争が始まり、両方の地上部隊が力を発揮し、スペイン北部のイスラム教徒がセプティマニアを制圧し、ナルボンヌに首都を作り、アルブナと呼んだ。

ユーデス大王と呼ばれるほかに、アウキタインのオド公爵はトゥールーズの戦いで721の小さな戦いに勝ったが、アラブ人はバストを続けた。

725年に彼らはブルゴーニュのオータンの大都市まで行き、イスラム教徒はアラブ人とフランク人に襲われ、730年にユーデスはフランク人によってムヌザと呼ばれたウスマン・イブン・ナイッサと同盟を結びました。

ウスマーンは、休戦協定を結ぶために結婚のためにユーデスの少女ランパードを与えられたが、その後12か月で、ウスマーンはアルアンダルスの知事に反抗した。

デューク・ユーデス(一部では男性君主と呼ばれていました)はボルドーに地上部隊を連れてきましたが、地上部隊は失われ、クリスチャンがガローネ川で虐殺されました。

イスラム教徒の馬術家は破壊され、ユーデス公爵はフランクに援助を求めた。732年にアラビア人は彼らの軍隊を動かし、ロワール川に向かって北に旅していた。

ガリアの反対派は物資を使い果たしたので彼らは破壊され、アラビア人は彼らがガリアを略奪した物資を使い果たしていたのでバストパーティーに分かれました。

チャールズ・マーテルは紛争で防御的な象徴者でした。

ツアー#6の衝突

フランク人は寒さに対して良い服装をしていて、それは彼らに利点を与えました、アラブ人は寒さの準備ができておらず、襲撃することを望んでいませんでした。

アラブ人は固定されていない状態で出て行きたいと思っていました、そしてフランク人は堅い防御をしていました、それで戦争は待っている紛争になりました、そしてチャールズ・マーテルは勝ちました。

7日24時間、戦闘が始まりました。アブド・アッラフマンは紛争を別のクリップに移動することを望んでいなかったため、アブド・アッラフマンは彼の高品質の馬は十分に良いと考えました。

ツアー#7の衝突

イスラム教徒の地上部隊は、馬が有利になると信じていました。馬は古い紛争で勝利し、中世の足は馬と戦いました。

馬は解散したが、フランク人は中断しなかった。紛争は異なっていたかもしれないが、イスラム教徒は依然として支配下にあった。

一部の人々は、2日24時間にフランクの見張りがカントンメントと補給品を襲撃し、地上部隊の大部分が補給品を回収するためにカントンメントに戻ったと言いました。退却。

ツアー#8の衝突

アブド・アッラフマンが防衛の内部で妨害することができた彼の労働力の秩序を取り戻そうとしていたとき、アブド・アッラフマンはフランクの地上部隊に囲まれて獲得することによって殺されました。

アラブの地上部隊がピレネー山脈を越えて南に押し戻されたほか、チャールズは彼のニックネームをマーテルと呼びました。マーテルはコックを意味し、チャールズマーテルはフランスからイスラム教徒を追い出すことができました。

イスラム教徒の地上部隊が騎兵/騎兵隊を信頼したとき、彼らは他の紛争で勝つだろうと彼らが考えたであろう利点を与えるだろう。

ツアーの衝突後

ツアーの衝突後

736、カイリフェートはもう一度占領しようとしましたが、このクリップは海で試しました。アブドゥル・ラーマンの少年から注文され、736年にナルボンヌで始まり、アルルを連れて行きました。

736年、チャールズはモンフランとアヴィニョン、アルルとエクスアンプロヴァンスを、ランゴバルド王、ニメス、アグド、ベジエの助けを借りて取り戻し、ベール川でイスラム教徒の軍隊を粉砕しました。

彼らはナルボンヌでの主な侵略に立ち向かいました、彼は強力なホストを打ち負かしました、それは彼が重い馬を利用するための最初のクリップでした、彼はイスラム教徒の地上部隊を打ち負かしました、しかし彼は彼が撫でたときに彼が他に数が多かった大都市を取り戻すことができませんでした。

ツアー#2の衝突後

チャールズは素晴らしい戦略将軍でした。736-737年に彼はガリアのイスラム教徒の基地を破壊しました。チャールズは737年にナルボンヌを取り戻すことができませんでした。

シットはイスラム教徒、アラブ人、キリスト教の西ゴート族の市民によって守られていました。ピピン3世は権力を握り、759​​年に大都市を買収して諦める必要がありました。そのため、彼はアラブ人をイベリアに連れ戻し、ナルボンヌをフランキッシュ。

彼の孫であるシャルラマーニュは、揺れ動く人として最初のキリスト教徒になりました。フランク人の東半島で、今日はカタルーニャであるピレネー山脈を皇帝とし、785年にジローナを、801年にバルセロナを征服しました。

アラビア人はイスラム教を中東、北アフリカ、そしてイベリアに加えて広めました、そして彼らは本当に短いクリップでこれをしました、彼らはそれで西にスパンとポルトガルにそして東に中央アジアと南西太平洋に加えて分布し始めました。

モハメッドは632年に亡くなり、歴史上非常に興味深い紛争で亡くなりました。アラブの人々は急いで広まり、北アフリカから中央アジアに至るまで、宇宙の主要な信仰となりました。

イスラム教は刃によって広まり、アラブ人はビザンチン帝国とサーサーン朝のペルシャ帝国の2つの強力な帝国に攻撃され、アラブ人はシリアを抑圧するために8歳、イラクを抑圧するために7歳を必要としました。

彼らはエジプトを2歳、ムーア人はスペインとポルトガルを5歳、アラブ人は中央アジアとインド亜大陸に行き、イスラム教は中東に広がり、アラブ人がビザンチン帝国を制覇したことで達成されました。

アラビア人は聖域とメソポタミアを通り抜け、ビザチンを押し戻すことによって、アラブ軍はビザンチン帝国と戦うことによって弱体化した。

アラブ人はより大きなイランの地上部隊を破壊し、アラブ人は最初にメソポタミアの支配権を握ったのでペルシャを乗っ取ったので、アラブ人はイスラム教をエジプトに持ち込み、アラブ人はエジプトの大部分を征服し、アラブ人の将軍アムル・イブン・アル・アースはモハメッドによって入札されました、彼は4,000人の乗馬者の地上部隊。

彼らはすべて槍と刃で武装しており、弓に加えて、アムルの使命はバビロンの要塞を襲撃することでした(バブアルユン)

バビロンは、デルタからアレクサンドリアまでの最高点にあるナイル川のローダ島の反意語でしたが、アラブの地上部隊の支援が来て、アラブの地上部隊にさらに多くの労働力を保持させました。

ビザンチンの地上部隊は撤退できる可能性があり、アムルは地上部隊をアレクサンドリアに連れて行ったが、知事は地上部隊をあきらめて攻撃しないことを選択した。

その後、アラブの地上部隊は北アフリカに行き、718年にビザンチン帝国(レオ3世)が再び成功し、アラブは紛争を失い、地区を失いました。

ムーア人はイベリア半島の大部分を手に入れましたが、彼がフランク王国の地上部隊とチャールズ・マルテルに敗れた後、732年にトゥールの近くで入札しました。

それからムーア人はピレネー山脈の南をあきらめました。

彼らがペルシャを得た後のイスラム教徒の地上部隊は中央アジアに行きました、(651)アラブの地上部隊は中央アジアのチュルク族と戦いました、イスラム教は8世紀にインダス川を手に入れました。

イスラム教はそのようにインドのインド亜大陸に行きました。征服の地上部隊はありませんでした、そして、インドはすでに精神的な信念で良い確立されました。

イスラム教はインド沿岸に持ち込まれたので、マレーシアとインドネシアを作り始めました。インドは固定されていない社会だったので、アラブ人は沿岸インドを指揮しませんでした。

アラブの交渉者はインドで働くことを許可されていませんでした、アラブの交渉者は市場をより東に向けました、実際に彼らは単に商品に東に行きましたが、それは信仰を共有するようになりました。

彼らはマレーシアにマーチャンダイジングポートを建設しました。中国のポイントは北アジア、東アジアの船からアラブ、またはインドの船、おそらくヨーロッパから来たため、その場所で貿易が行われました。

そのクリップのトレーダーは武器と鎧を保持する必要がありました。

イスラムの拡散と戦い

イスラムの拡散と戦い

イスラム教は本当に速くそして本当に遠くまで広がりました。昨年の732年のトゥールの戦いでは、トゥールの戦いのイスラム教の指導者アブド・アッラフマンは本当に悪い将軍/指導者と見なされていました。

イスラム教によって征服されたすべての地形上のポイントの地図

イスラムの拡散と戦い

チャールズ・マーテルが地上部隊で非常に多くの大都市を取り戻し、ついにアラブとイスラムの地上部隊を打ち負かしたのは驚くべきことでした。

イスラム教とアラブ人は敗北した

アブド・アッラフマンによる買収

イスラムの拡散と戦い

イスラム教は短いクリップですぐに広まったので、イスラム教徒とアラブ人は、すべての大都市や州などを征服したとき、クリップで&#8220最強のようでした。


世界の未来を変える

18世紀初頭のヨーロッパは、イスラム教徒のウマイヤ朝の侵略者が彼らの足跡で死んでしまうのを阻止する、有能で強力な指揮官を必死に必要としていました。そしてその指揮官はチャールズ・マーテルでした。彼は征服者の洪水に立ち向かい、彼の優れた戦術、巧妙さ、評判を利用して、あらゆる困難に立ち向かい、圧倒的な戦いに勝ちました。嵐の間ずっと燃え続けたビーコンのように、彼のフランク人の戦士は戦いで敵に逆らいました。そして、ヨーロッパの歴史の流れを変えたのはこの戦いであり、それとともに世界の歴史も変わりました。

上の画像:戦争中の中世の兵士。クレジット: アンドレイ・キセレフ /アドビストック


トゥール/ポアティエの神話732

フランク軍が南フランスでアラブの襲撃隊を打ち負かした732年のトゥール/ポアティエの戦いは、非常に神話化されています。当初、これはチャールズマーテルの家がそれを必要としていたためでしたが、最近では「西部の戦争の方法」または「ヨーロッパに対するイスラムの脅威」についての理論でクランクによって徴集されています。戦いに関する神話の大きな問題の1つは、その期間は戦闘を詳細に説明することに興味がないので、何が起こったのかを詳細に知ることはできません。

PaulHalsallのInternetMedieval Sourcebookには、いくつかの代表的な時代の情報源があります。3つの情報源と1つのイスラムの情報源です。他の誰かがソースを備えた便利なオンラインリソースを知っていますか?多くの人は、この戦いについてのすべての豪華な話について、それを詳細に説明している期間の情報源がないことを知らないと思います。

クロディオ

Bejaの最後の2つの段落のIsadoreの別の翻訳は次のとおりです。

&quotそこで、両者は、最終的に一般的な関与が行われるまで、ほぼ7日間、小さな衝突でお互いを苦しめました。 Though the fighting was fierce, the northern people, standing unmoved like a wall, kept their ranks together as if contracted by the chill of northern climes, and slew the Arabs by the sword in the flash of an eye. The people of Austrasia, imposing because of the size of their bodies and quite hard to deal with because of their use of armor, found the king and struck him in the chest, killing him. But then, with nightfall, they immediately broke off the battle, contemptibly holding up their swords, and at the sight of the huge camp of the Arabs, withdrew to fight another day.
And rising from their own quarters at daybreak the Europeans looked out over the tents and canopies of the Arabs, laid out as a camp just as earlier. Not knowing that the whole place was quite empty, and thinking that inside the forces of the Saracens had readied themselves to fight, they sent scouts who found that all the columns of the Ishmaelites had been put to flight. They had all passed the night in silence, dispersing in close order to return home. When the Europeans had made sure that covered trenches had not been concealed along the paths as a trap, they looked in astonishment everywhere around the camp to no avail. And since they were by no means concerned with pursuing the Arab peoples, they returned home happy, having only divided the plunder and booty in a suitable fashion."
Translation by Alexander Calander Murray, 2000

For comparison, the same paragraphs from the link in the OP:
"For almost seven days the two armies watched one another, waiting anxiously the moment for joining the struggle. Finally they made ready for combat. And in the shock of the battle the men of the North seemed like North a sea that cannot be moved. Firmly they stood, one close to another, forming as it were a bulwark of ice and with great blows of their swords they hewed down the Arabs. Drawn up in a band around their chief, the people of the Austrasians carried all before them. Their tireless hands drove their swords down to the breasts [of the foe].

At last night sundered the combatants. The Franks with misgivings lowered their blades, and beholding the numberless tents of the Arabs, prepared themselves for another battle the next day. Very early, when they issued from their retreat, the men of Europe saw the Arab tents ranged still in order, in the same place where they had set up their camp. Unaware that they were utterly empty, and fearful lest within the phalanxes of the Saracens were drawn up for combat, they sent out spies to ascertain the facts. These spies discovered that all the squadrons of the "Ishmaelites" had vanished. In fact, during the night they had fled with the greatest silence, seeking with all speed their home land. The Europeans, uncertain and fearful, lest they were merely hidden in order to come back [to fall upon them] by ambushments, sent scouting parties everywhere, but to their great amazement found nothing. Then without troubling to pursue the fugitives, they contented themselves with sharing the spoils and returned right gladly to their own country."


Even different translations of the same source contain contradictions.


The Battle of Tours, 732

NSear the river Owar [Loire], the two great hosts of the two languages and the two creeds were set in array against each other. The hearts of [Muslim leader] Abderrahman, his captains and his men were filled with wrath and pride, and they were the first to begin to fight. The Moslem horsemen dashed fierce and frequent forward against the battalions of the Franks, who resisted manfully, and many fell dead on either side, until the going down of the sun.

Night parted the two armies, but in the gray of the morning the Muslims returned to the battle. Their cavaliers had soon hewn their way into the center of the Christian host. But many of the Moslems were fearful for the safety of the spoil which they had stored in their tents, and a false cry arose in their ranks that some of the enemy were plundering the camp whereupon several squadrons of the Moslem horsemen rode off to protect their tents. But it seemed as if they fled and all the host was troubled.

And while Abderrahman strove to check their tumult, and to lead them back to battle, the warriors of the Franks came around him, and he was pierced through with many spears, so that he died. Then all the host fled before the enemy, and many died in the flight.

Musa being returned to Damascus, the Caliph Abd-el Melek asked of him about his conquests, saying "Now tell me about these Franks—what is their nature?"

"They," replied Musa, "are a folk right numerous, and full of might: brave and impetuous in the attack, but cowardly and craven in event of defeat."

"And how has passed the war betwixt them and thyself? Favorably or the reverse?"

"The reverse? No, by Allah and the prophet!" spoke Musa. "Never has a company from my army been beaten. And never have the Moslems hesitated .

To continue reading, subscribe now. Subscribers have full digital access.


Medieval Sourcebook: Arabs, Franks, and the Battle of Tours, 732: Three Accounts

The following opinion was expressed about the Franks by the emir who conquered Spain, and who---had he not been recalled---might have commanded at Tours. It shows what the Arab leaders thought of the men of the North up to the moment of their great disillusionment by "The Hammer."

From an Arabian Chronicler

Musa being returned to Damascus, the Caliph Abd-el Melek asked of him about his conquests, saying "Now tell me about these Franks---what is their nature?"

"They," replied Musa, "are a folk right numerous, and full of might: brave and impetuous in the attack, but cowardly and craven in event of defeat."

"And how has passed the war betwixt them and thyself? Favorably or the reverse?"

"The reverse? No, by Allah and the prophet!" spoke Musa. "Never has a company from my army been beaten. And never have the Moslems hesitated to follow me when I have led them though they were twoscore to fourscore."


Isidore of Beja's クロニクル

The defeat of the Saracen invaders of Frankish lands at Tours (more properly Poitiers) in 732 A.D. was a turning point in history. It is not likely the Muslims, if victorious, would have penetrated, at least at once, far into the north, but they would surely have seized South Gaul, and thence readily have crushed the weak Christian powers of Italy. It is very unfortunate that we do not possess scientific accounts of Charles Martel's great victory, instead of the interesting but insufficient stories of the old Christian chroniclers.

Then Abderrahman, [the Muslim emir] seeing the land filled with the multitude of his army, crossed the Pyrenees, and traversed the defiles [in the mountains] and the plains, so that he penetrated ravaging and slaying clear into the lands of the Franks. He gave battle to Duke Eudes (of Aquitaine) beyond the Garonne and the Dordogne, and put him to flight---so utterly [was he beaten] that God alone knew the number of the slain and wounded. Whereupon Abderrahman set in pursuit of Eudes he destroyed palaces, burned churches, and imagined he could pillage the basilica of St. Martin of Tours. It is then that he found himself face to face with the lord of Austrasia, Charles, a mighty warrior from his youth, and trained in all the occasions of arms.

For almost seven days the two armies watched one another, waiting anxiously the moment for joining the struggle. Finally they made ready for combat. And in the shock of the battle the men of the North seemed like North a sea that cannot be moved. Firmly they stood, one close to another, forming as it were a bulwark of ice and with great blows of their swords they hewed down the Arabs. Drawn up in a band around their chief, the people of the Austrasians carried all before them. Their tireless hands drove their swords down to the breasts [of the foe].

At last night sundered the combatants. The Franks with misgivings lowered their blades, and beholding the numberless tents of the Arabs, prepared themselves for another battle the next day. Very early, when they issued from their retreat, the men of Europe saw the Arab tents ranged still in order, in the same place where they had set up their camp. Unaware that they were utterly empty, and fearful lest within the phalanxes of the Saracens were drawn up for combat, they sent out spies to ascertain the facts. These spies discovered that all the squadrons of the "Ishmaelites" had vanished. In fact, during the night they had fled with the greatest silence, seeking with all speed their home land. The Europeans, uncertain and fearful, lest they were merely hidden in order to come back [to fall upon them] by ambushments, sent scouting parties everywhere, but to their great amazement found nothing. Then without troubling to pursue the fugitives, they contented themselves with sharing the spoils and returned right gladly to their own country.

The Muslims planned to go to Tours to destroy the Church of St. Martin, the city, and the whole country. Then came against them the glorious Prince Charles, at the head of his whole force. He drew up his host, and he fought as fiercely as the hungry wolf falls upon the stag. By the grace of Our Lord, he wrought a great slaughter upon the enemies of Christian faith, so that---as history bears witness---he slew in that battle 300,000 men, likewise their king by name Abderrahman. Then was he [Charles] first called "Martel," for as a hammer of iron, of steel, and of every other metal, even so he dashed: and smote in the battle all his enemies. And what was the greatest marvel of all, he only lost in that battle 1500 men. The tents and harness [of the enemy] were taken and whatever else they possessed became a prey to him and his followers. Eudes, Duke of Aquitaine, being now reconciled with Prince Charles Martel, later slew as many of the Saracens as he could find who had escaped from the battle.

From: William Stearns Davis, ed., Readings in Ancient History: Illustrative Extracts from the Sources, 2 Vols. (Boston: Allyn and Bacon, 1912-13), Vol. II: Rome and the West, pp. 362-364.

Scanned in and modernized by Dr. Jerome S. Arkenberg, Dept. of History, Cal. State Fullerton.

This text is part of the Internet Medieval Source Book. The Sourcebook is a collection of public domain and copy-permitted texts related to medieval and Byzantine history.

Unless otherwise indicated the specific electronic form of the document is copyright. Permission is granted for electronic copying, distribution in print form for educational purposes and personal use. If you do reduplicate the document, indicate the source. No permission is granted for commercial use.

NS Internet History Sourcebooks Project is located at the History Department of Fordham University, New York. The Internet Medieval Sourcebook, and other medieval components of the project, are located at the Fordham University Center for Medieval Studies.The IHSP recognizes the contribution of Fordham University, the Fordham University History Department, and the Fordham Center for Medieval Studies in providing web space and server support for the project. The IHSP is a project independent of Fordham University. Although the IHSP seeks to follow all applicable copyright law, Fordham University is not the institutional owner, and is not liable as the result of any legal action.

© Site Concept and Design: Paul Halsall created 26 Jan 1996: latest revision 20 January 2021 [CV]


The Battle Of Tours 732 Ad History Essay

The Battle of Tours (Battle of Poitiers) happened on October 10, 732, it was fought by the Frankish leader Charles Martel and the other side was a Islamic army who’s leader was Emir Abdul Rahman AI Ghafiqi Abd al Rahman.

It happened near city of Tours, France.

The Franks had defeated the Islamic army and also Emir Abd er Rahman was killed. The battle had stopped the advance towards north of Islam from the Iberian Peninsula.

One time the Islamic was overrunning the old remains of the Roman and Persian Empires. Estimates one of the Frankish army was defending Gaul different in size.

They say the deaths were 15,000 and 75,000. In St.Denis were about 1,500. The Muslims lost between 60,000 and 400,000 cavalry.

The Islamic army is actually hard to estimate in size, because it was usually broken into raiding parties, the whole Muslim army was at Tours and Abd er Rahman waited for six days to start the battle.

On the seventh day the battle began and both armies had the strength, the Muslims in north of Spain overran Septimania, and made a capital at Narbonne they called it Arbuna.

Duke Odo of Auqitaine also called Eudes the Great had won a small fight 721 in the Battle of Toulouse but the Arabs kept raiding.

At 725 they went far as city of Autun in Burgundy, the Muslims were attacked by the Arabs and the Franks, in 730 Eudes made allies with Uthman ibn Naissa, who was called Munuza by the Frankish.

Uthman was given Eudes’s daughter Lampade for marriage to make an truce, but the next year after that Uthman rebelled against the governer of al-Andalus.

Duke Eudes (was called king by some), brought his army in Bordeaux, but the army had lost, when they lost christians were slaughtered at the River Garrone.

Muslim horsemen was destroyed, Duke Eudes asked the Franks for help, in 732 the Arabians moved their force and was moving to north to River Loire.

The Gaul resistance ran out of supplies so they were destroyed, the Arabian splits into raiding parties because they were running out of supplies they looted Gaul.

Charles Martel was in defensive form in the battle.

The Franks had good clothing for the cold and that gave them an advantage, Arabs were not ready for the cold and didn’t want to attack.

The Arabs wanted to come out into the open and the Franks was making a tight defense, then the war became a waiting battle and Charles Martel had won.

On the seventh day the fight began, because Abd er Rahman didn’t want to move the battle to another time, Abd er Rahman thought his superiority of the cavalry was good enough.

The Muslim army trusted that the cavalry would give a advantage, the cavalry had won in previous battles, medival infantry fought with the cavalry.

The cavalry broke up but the Frankish didn’t break, the battle might have been different but the Muslims were still under control.

Some people said on the second day the Frankish scouts raided the camp and the supply, a big part of the army went back to the camp to save their supplies and it seemed to be like a retreat then after that it became a retreat.

When Abd er Rahman was trying to get back the order of his men, who had abled to break inside the defense, Abd er Rahman was killed by getting surrounded by the Frankish army.

Also the Arab army were pushed back south over the Pyrenees, Charles got his nickname Martel, Martel meant hammer, Charles Martels was able to drive the Muslims from France.

When the Muslim army trusted the horsemen/cavalry that they would give an advantage they would of thought that because in other battles they would win.

After the battle of tours

AFTer the battle of tours

736, the Cailiphate tried to invade again, but this time they tried by sea, it was ordered by Abdul Rahman’s son, they started in Narbonne in 736 and then took Arles.

In 736, Charles took back Montfrin and Avignon, and Arles and Aix-en-Provence with some help of Liutprand, King of Lombards, Nîmes, Agde, and Béziers, He smashed a Muslim force at the River Berre.

They went to face the main invasion at Narbonne, he defeated a mighty host, it was the first time for him to use heavy cavalry, he defeated the Muslim army but he failed to get back the city he was also outnumbered when he stroked.

After the battle of tours #2

Charles was a brilliant strategic general, at 736-737 he destroyed Muslim bases in Gaul, Charles failed to take back Narbonne in 737.

The Cit was defended by Muslims, Arabs and Christian Visigoth citizens, Pippin the short got power and needed to get the city to surrender, in 759, then he would try to drive the Arabs back to Iberia, and bring Narbonne back and into the Frankish.

His Grandson, Charlamagne, then became the first Christian as a ruler, in the east Peninsula Frankish emperors the Pyrenees where today is Catalonia, they reconquered Girona in 785 and also Barcelona in 801.

Arabs spread Islam to the Middle East, North Africa, and also Iberia, and they did this in a really short time, they then began to spread as far west to Span and Portugal and east in Central Asia and also the Southwest Pacific.

Mohammed died in 632 and he died with a very interesting battle in history, the Arab tribe spread hastily then it became a major religion of the world and the most common in from North Africa to Central Asia.

Islam was spread by sword, the Arabs were attacked by two strong empires the Byzantine and Sasanian Persian, the Arabs needed 8 years to conquer Syria and also 7 years to conquer Iraq.

They took Egypt 2 years, Moors got Spain and Portugal in 5 years, the Arabs went to Central Asia and Indian subcontinent, the Islam spread into Middle East and it was accomplished by the Arab winning Byzantine Empire.

Arabs went through holy land and Mesopotamia, by pushing back the Byzatines, Arab armies got weakened by fighting Byzantine Empire.

The Arabs destroyed larger Persian armies, the Arabs first got control of Mesopotamia then they took over Persia, then Arab brought in Islam into Egypt, Arabs conquered most of Egypt , Arab general Amr ibn al Aas was given command by Mohammed, he brought a army of 4,000 horsemen.

They were all armed with lances, swords, and also bows, Amr’s mission was to attack the fortress of Babylon (Bab al Yun)

Babylon was the opposite of the island of Rawdah in the Nile River at the highest point of Delta to Alexandria it was risky but the Arab’s army reinforcements came and made the Arab army to have more men.

Byzantine’s army could be able to withdraw, Amr brought his army to Alexandria but the governer chose to surrender and not attack the army.

Then the Arab army went to North Africa, and they succeeded again The emperor of Byzantine (Leo III) in 718, made Arab lose a battle and lose a territory.

Moors got most of the Iberian Peninsula but then after he was defeated by a Frankish army and Charles Martel in command near Tours in 732.

Then Moors gave up South of the Pyrenees.

The Muslim armies after they got Persia went to Central Asia, (651) the Arab army fought against Turkic Tribes in Central Asia, Islam got the Indus valley in the 8th century.

Islam then went to India Sub-continent in India there was no conquering armies and India was already established well with religious beliefs.

Islam was brought to Coastal India then began to reach Malaysia and Indonesia. The Arabs didn’t control coastal India, because India was a open society.

The Arab traders were not allowed to work in India, Arab traders made markets more to the east, actually they just went east to trade but it turned into sharing religion.

They built trading ports in Malaysia, trading happened there because Chinese items came from North, East Asian ships to Arab or Indian ships maybe Europe to.

Traders at that time needed to have weapons and armor.

Islam Spreading and Battles

Islam Spreading and Battles

Islam spread really fast and really far, in the past, the Battle of Tours in 732, the Battle of Tours Islam leader Abd er Rahman was actually considered a bad general/leader.

The map of all the conquered places by Islam

Islam Spreading and Battles

It was also amazing how Charles Martel got back so many cities with his army and then eventually defeated the Arab and Islam armies.

The Islam and Arab were defeated

Islam Spreading and Battles

Islam was spread rapidly in a short time so it kind of seemed like the Islamic people and Arabs were kind of like the “Strongest at the time when they conquered all the cities, countries, etc.


Changing the Future of the World

The Europe of the early 18 th century desperately needed a capable and strong commander that would stop the Muslim Umayyad invaders dead in their tracks. And that commander was Charles Martel. He stood up to ravaging flood of conquerors and using his superior tactics, shrewdness, and reputation, he managed to win a crushing battle – against all odds. Like a beacon that kept burning throughout a storm, his Frankish warriors defied their enemy in battle. And it is this battle that changed the course of European history, and with that – the history of the World.

Top image: Medieval soldier at war. Credit: Andrey Kiselev /アドビストック


ビデオを見る: Alessandro Barbero - La battaglia di Poitiers


コメント:

  1. Northtun

    私はあなたが正しくないと思います。私は確信しています。ポジションを守ることができます。PMで私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  2. Zologal

    あなたは間違いを犯していると思います。私は自分の立場を守ることができます。午後に私にメールしてください、私たちは話し合います。

  3. Nenos

    ご迷惑をおかけして申し訳ありません...私も同様の状況にあります。話し合いましょう。ここまたは午後に書いてください。

  4. Shataxe

    申し訳ありませんが、私はあなたを中断していますが、別の方法で行くことを提案します。

  5. Dugul

    私の意見では、あなたは間違っています。ポジションを守ることができます。 PMで私に書いてください。



メッセージを書く