ウィリアムランドルフハースト-歴史

ウィリアムランドルフハースト-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ウィリアムランドルフハーストは1863年4月29日にカリフォルニア州サンフランシスコで生まれました。大富豪の鉱夫で牧場主のジョージハーストの息子で、1882年にハーバードに入学しましたが、1885年に追放されました。彼は父親の新聞の編集者になりました。 1887年にサンフランシスコの審査官。彼はモデルとしてジョセフピューリツァーのニューヨークワールドを使用し、一方ではセンセーショナルなスキャンダルに焦点を当て、他方では社会的不公正と腐敗の暴露に焦点を当てました。才能があり高給のスタッフがいるこの紙は、1890年に最終的に利益を上げました。彼は母親の助けを借りてニューヨークジャーナルを500万ドルで購入し、ニューヨークワールドとの流通戦争に勝ちました。 1897年までに、ジャーナルと新しいイブニングジャーナルの発行部数は70万部になりました。
ハーストはキューバでのスペインの支配に反対するジャーナリズムキャンペーンを主導し、多くの人が彼の努力にスペインとの戦争を支持する世論を帰している。米西戦争後、彼は新聞の大規模なチェーンを取得し、米国下院(1903-1907)で民主党議員として2期務めました。彼は1904年に党の大統領指名を勝ち取る試みに失敗し、1905年に独立党の綱領でニューヨーク市を専攻する試みを失い、1906年に民主党としての知事選に敗れた。彼は1908年に大統領選挙運動を失い、1909年にニューヨーク市の市長選挙運動も失いました。どちらも彼は独立者として試みました。
1917年、彼は女優のマリオンデイヴィスと出会い、彼女との関係を開始し、彼の死まで続いた。彼は1919年に母親から1100万ドルを相続し、そのお金を30年間の3000万ドルのプロジェクトに使用して、カリフォルニア州サンシメオンに城を建設し、高価な芸術作品で埋め尽くしました。彼は政治への関与を維持し、フランクリンD.ルーズベルトの1932年の民主党大統領指名への投票に「投票」するのを手伝いました。
ハーストの新聞は1920年代に読者を失い、ハースト自身は1930年代を通じてより保守的になり、最終的にルーズベルト大統領と決別しました。 1937年までに、彼は出版帝国を破産の危機に瀕させ、彼の財産と多くの芸術作品を大量に売却しなければなりませんでした。ハーストは最後の数年間をカリフォルニア州ビバリーヒルズで隔離して過ごしました。 1951年8月14日にビバリーヒルズで起こった彼の死で、彼の動産は、1億6000万ドルの資産を持つ彼の出版帝国に加えて、5950万ドルの価値があると推定されました。カリフォルニア州はサンシメオンの城を贈り物として受け取り、州立公園システムの一部にしました。


ウィリアムランドルフハースト

ウィリアムランドルフハーストはマスメディアのパイオニアの一人であり、新聞、雑誌、ラジオ局の帝国を築き上げました。当たり障りのない企業リーダーのアンチテーゼであるハーストは、彼が行ったすべてのことと彼が所有するすべてのビジネスに彼の個人的な印を付けました。ハーストの父はジョージハーストでした。ジョージハーストは1850年に鉱山工学のトレーニングをカリフォルニアに持ち込み、特に金と銀の鉱業問題に大富豪の投資家になりました。ハーストはカリフォルニア州議会でしばらく務めた後、カリフォルニア州知事の立候補に失敗しました。彼の人生の最後の数年間、彼はアメリカ合衆国上院議員でした。 40歳のとき、ジョージハーストは19歳のフィービーアパーソンと結婚しました。フィービーアパーソンは1863年にジョージに一人っ子のウィリアムランドルフハーストを産みました。フィービーハーストの人生には多くの業績が含まれていました。その中には、全国的なPTAとなるものを設立し、カリフォルニア大学の最初の女性摂政になる役割が含まれていました。ウィリアムランドルフハーストはハーバードに出席しましたが、卒業しませんでした。彼は1887年に父親の新聞、サンフランシスコを支配することで出版事業に参入しました。 審査官。彼が有名であり続ける大胆さを示して、ハーストは紙の印刷工場とその安定した作家をアップグレードし、数年以内にサンフランシスコのジャーナリズムの支配的な力になりました。 1895年までに、ニューヨーク モーニングジャーナル 失敗していました。ウィリアムランドルフハーストは、1891年にジョージハーストが亡くなった後、家族の財産を管理していた母親のフィービーの財源を利用して、紙を管理し、ジョセフピューリツァーのニューヨークとの流通戦争を開始しました。 世界。彼は彼の最高の従業員の多くを雇うことによってピューリッツァーに自分自身を愛しませんでした。流通をめぐる戦いには、疑わしい真実性のセンセーショナルな報道が含まれ、それはイエロージャーナリズムとして知られるようになりました。ハーストはキューバでの出来事を悪用し、おそらく歪曲し、彼の新聞のセンセーショナルな報道は米西戦争の勃発の要因でした。ウィリアムランドルフハーストは、彼のキャリアを通じて政治に手を出し、さまざまな成功を収めました。彼は1903年から1907年までの4年間下院議員でしたが、ニューヨーク市の市長とニューヨーク州知事になろうとして失敗しました。彼は1922年にニューヨークから上院議員になることを望んでいたが、アル・スミスは彼をブロックした。ハーストは母親からの追加の財政的支援を受けて、新聞帝国を拡大しました。 1928年のピーク時には、彼は28の新聞を持っていました。彼はラジオ局や雑誌を追加しましたが、大恐慌の間、彼の過度の拡大は彼を財政難に陥らせました。最終的に、彼は彼の多くの財産の運営の管理を譲ることを余儀なくされました。ハーストは1903年にニューヨークのショーガールであるミリセント・ウィルソンと結婚しました。彼女は彼に双子のペアを含む5人の息子を産みました。やがて、ハーストはハリウッドスターのマリオン・デイヴィスに夢中になり、彼は公然と一緒に暮らしました。ミリセントはやがて彼の情事を容認することにうんざりし、ニューヨーク市に移り、そこで彼女は著名な慈善家として老後を過ごしました。ハーストの偉大な物理的遺産は、カリフォルニア海岸のサンシメオンにあるハーストキャッスルです。ウィリアムランドルフハーストは、父親のジョージハーストが最初に取得した土地に建てられ、芸術作品や時には建築物全体を購入してサンシメオンに持ち込むことで、究極の城のファンタジーを満喫しました。彼の死後、まだ不完全な城はカリフォルニア州に寄贈され、カリフォルニア州はそれを主要な観光名所として運営しています。ウィリアムランドルフハーストの人生は映画のインスピレーションでした 市民ケーン オーソンウェルズによる。ハーストに大まかに基づいており、他の巨大産業の機能を取り入れていますが、ハーストはこの映画を自分自身への攻撃と見なし、映画館の運営者への影響力を利用して、配給を可能な限り低く抑えました。ウェルズの映画とその後のキャリアを損なうことに成功したにもかかわらず、ハーストは、映画が世間の評判を確立することを、大部分は否定的な方法で防ぐことができませんでした。この映画は、史上最高の映画の1つに頻繁に選ばれています。ウィリアムランドルフハーストは、1951年8月14日にカリフォルニア州ビバリーヒルズで88歳で亡くなりました。


新聞が大胆な見出しとイラストを特集するようにシフト

19世紀末のメディアシーンは堅調で競争が激しいものでした。それも実験的だった、とキャンベルは言います。当時のほとんどの新聞は活字的に当たり障りのないもので、狭い列と見出しがあり、イラストはほとんどありませんでした。その後、1897年から、ハーフトーンの写真が日刊紙に組み込まれました。

キャンベルによれば、イエロージャーナリズムは、大胆なタイポグラフィ、複数列の見出し、寛大で想像力に富んだイラスト、自己宣伝に対する鋭い好み、ニュースで活動家の役割を果たす傾向を特徴とする独特のジャンルでした。レポート。&#x201D

実際、「黄色いジャーナリズム」という用語は、当時の2つの新聞の巨人であるJosephPulitzerの対立から生まれました。 ニューヨークワールド ウィリアムランドルフハースト&アポス ニューヨークジャーナル。 1895年以降、ピューリッツァーは黄色のネグリジェを着た少年を描いた「&#xA0&#x201CYellowKid。」というタイトルの漫画を印刷しました。その後、漫画の作成者を密猟し、新聞に掲載しました。 &#xA0の評論家ニューヨークプレス、 新聞のセンセーショナルなアプローチを恥じる努力の中で、漫画の後に「イエローキッドジャーナリズム」という用語を作り出しました。その後、用語は「イエロージャーナリズム」に短縮されました。&quot&#xA0

いわゆる「イエローキッド」は、最初のコミックストリップで紹介されました&#xA0ニューヨークワールド そしてニューヨークプレスで。この漫画は、「黄色いジャーナリズム」という用語の造語の背後にありました。

&#x201Cハーストについて彼が望んでいたと言われました ニューヨークアメリカン 読者は1ページを見て、「Gee whiz」と言って、2ページに戻り、「Holy Moses」と叫び、次に3ページで、「God Almighty!」と叫びます。エドウィン・ダイアモンドは彼の本に書いています、 時代に遅れて.

この種の注目を集めることは、米西戦争に関するメディアの報道で明らかでした。しかし、その時代の新聞は、米国の紛争への参入を求める国民の呼びかけを強めた可能性がありますが、戦争の勃発につながった複数の政治的要因がありました。

&#x201CNewspapersは、1895年に始まり、米西戦争の前兆であったキューバの反乱を引き起こしませんでした」とCampbell氏は言います。 &#x201Cそして、ウィリアム・マッキンリー大統領の政権が外交政策の指導のためにイエロープレスに目を向けたという証拠はありません。&#x201D

&#x201CBしかし、この概念は生き続けています。なぜなら、ほとんどのメディアの神話のように、それはおいしい物語を生み出すからです。 &#x201Cまた、複雑さを取り除き、1898年に国が戦争に突入した理由について、ひどく誤解を招く可能性があるとしても、把握しやすい説明を提供します。&#x201D

神話も生き残っている、とキャンベルは言う。なぜなら、それは最も悪意のあるニュースメディアの力を主張しているからだ。 &#x201CTつまり、最悪の場合、メディアは国を戦争に導く可能性があり、そうでなければ戦うことはなかったでしょう」と彼は言います。


コンテンツ

米国は、衰退するスペイン帝国からキューバを買収することに長い間関心を持っていました。ジョン・L・オサリバンに促されて、ジェームズ・ポーク大統領は1848年にスペインからキューバを1億ドルで購入することを申し出たが、スペインは島の売却を拒否した。オサリバンは自分でフィリバスターの遠征のために資金を調達し続け、最終的に彼を法的な問題に陥らせました。 [1]

議事妨害は、ポーク後の大統領にとって引き続き大きな懸念事項でした。ホイッグ党のザカリー・テイラー大統領とミラード・フィルモア大統領は遠征を抑制しようとした。民主党が1852年にフランクリンピアースの選挙でホワイトハウスを奪還したとき、キューバを買収するためのジョンA.クイットマンによる議事妨害の努力は、大統領の暫定的な支援を受けました。しかし、ピアスは撤退し、代わりに島を購入するという申し出を更新しました。今回は1億3000万ドルでした。 1854年に国民がオステンド宣言を知ったとき、スペインが売却を拒否した場合、米国はキューバを強制的に押収することができると主張し、これは島を買収する努力を事実上殺した。マニフェストデスティニーがかつて広く普及した承認を享受していた場合、国民は現在、拡大と奴隷制を結びつけていましたが、これはもはや真実ではありませんでした。 [2]

1860年の南北戦争の勃発は、膨張主義の試みを一時的に終わらせましたが、南北戦争が歴史に消えていくにつれて、マニフェストデスティニーという用語は短い復活を経験しました。 1892年の米国大統領選挙で、共和党の綱領は次のように宣言しました。「モンロー主義の承認を再確認し、最も広い意味での共和国の明白な運命の達成を信じています。[3]」共和党がホワイトハウスを奪還した後1896年に、そして次の16年間、彼らはそれを保持し、マニフェストデスティニーは海外展開を促進するために引用されました。

米西戦争前の状況は特に緊張していた。ウィリアム・ランドルフ・ハーストなどのメディアや軍の何人かのメンバーは、キューバの革命家を助けるために米国による介入を求めていました。アメリカの意見は圧倒的に揺らいでおり、スペインに対する敵意が高まり始めた。アメリカの新聞は、スペイン人によって犯された捏造された残虐行為を描いたセンセーショナルな性質の物語を掲載しました。これらの話は、何千人ものキューバ人が強制収容所で田舎に追いやられた方法をしばしば反映していました。多くの物語は、恐ろしい殺人、レイプ、虐殺の描写を使用していました。この間、スペイン人に同情する人々によるハバナでの暴動がありました。スペイン軍の行動を批判していた新聞の印刷機が破壊された。

USSの沈没前 メイン、キューバに駐留しているあるアメリカのメディア特派員は、アメリカ人は革命を報道するために送られた記者に大いにだまされていたと言ったと伝えられた。彼によると、物語の圧倒的多数は、キューバの通訳者や情報提供者によってしばしば伝えられる第三者の情報を通じて得られたものです。これらの人々はしばしば革命に同情的であり、事実を歪曲して革命に前向きな光を当てるでしょう。日常的に小さな小競り合いは大きな戦いになるでしょう。キューバの弾圧は、スペイン軍による非人道的な扱い、拷問、強姦、大量略奪によって描写されました。これらの物語は、道路の脇に残された死んだ男性、女性、そして子供たちの山を明らかにしました。特派員は、彼らが単に物語を州の編集者に伝えたという事実を確認することをめったに気にしませんでした。そこで、彼らはさらなる編集と不実表示の後に出版されました。このタイプのジャーナリズムは、イエロージャーナリズムとして知られるようになりました。イエロージャーナリズムが国を席巻し、そのプロパガンダが米国による軍事行動を促進するのに役立った。米国は、キューバだけでなく、世界中の他のいくつかのスペインの植民地に軍隊を送りました。

ハーストとピューリッツァー編集

イエロージャーナリズムのジャーナリズムスタイルを発展させたとされている2人の新聞所有者は、ウィリアムランドルフハーストとジョセフピューリツァーでした。この2人は、ニューヨーク市で発行部数の戦いを戦っていました。ピューリッツァーが所有していた ニューヨークワールド、およびハースト ニューヨークジャーナル。責任あるジャーナリズムを無視することで、2人の男性は一般に米国を米西戦争に導いたと信じられています。彼らの話は、キューバの人々がスペイン人によって不当に迫害されており、彼らが彼らの独立を得るための唯一の方法はアメリカの介入によるものであると信じる米国世論を揺るがした。ハーストとピューリッツァーは、自己主張と、スペイン人が犯した小競り合いや残虐行為の誤った名前、日付、場所を提供することで、彼らの物語を信頼できるものにしました。論文はまた、彼らの事実が政府によって立証される可能性があると主張した。

ハーストとピューリッツァーの影響力は上流階級と政府関係者の間で重要でしたが、センセーショナルなイエロージャーナリズムの使用を非難した多くの中西部の新聞がありました。両方の所有者であるビクターローソン シカゴレコードシカゴデイリーニュースは、大規模な中産階級の読者を獲得しており、米国とスペインの間で拡大している紛争を取り巻く事実のみを報告することに関心を持っていました。キューバの紛争を注意深く監視するために、近くのキーウェストにローソンによって事務所が設立されました。しかし、中西部の新聞が特定の事実に焦点を合わせたことは、結局、戦争の別の原因となった。キューバで起こった出来事は必ずしも信頼できるものではなかったので、多くの中西部の新聞の所有者は彼らの内容を国内の問題、すなわちキューバのアメリカ経済への影響に移しました。キューバとの貿易におけるアメリカの利益は重要であり、これらの問題の論文の報道を通して、中西部の読者の多くはすぐにこれらの利益を保護することが経済の安定のために必要であると信じるようになりました。これらの利益を維持するための最も明白な手段は、スペインとの戦争によるものでした。 [4]

ローソンや他の中西部の新聞によって彼らの目標が損なわれていることを懸念して、ハーストとピューリッツァーは中産階級の聴衆を拡大できる物語を探していました。 2つのタイミングの良い事件は、これらの利益をサポートするのに役立ちました。 1つ目はオリベット事件で、クレメンシア・アランゴという名前の若くて無邪気なキューバ人女性が、ニューヨークに駐留している反政府勢力の指導者に手紙を届けた疑いで、スペイン当局によってニューヨーク行きの船オリベットに乗って拘留された。彼女は個室に連れて行かれ捜索された。リチャード・ハーディング・デイビスという名前のハーストで働いている乗客と記者が事件を報告しましたが、後にスペイン当局者をセクハラで非難したセンセーショナルな主張に愕然としました。見出しは次のとおりでした:「私たちの旗は女性を保護しますか?」、「アメリカの船に乗っているスペインの役人によって実践された憤慨」そして「オリベットの私たちの旗の下で残忍なスペイン人によって剥ぎ取られて捜された洗練された若い女性」。当初、ハーストはアメリカ人女性の間で支持を集めることにさえ成功しました、しかし、アランゴが説明を明らかにしたとき、彼はすぐに彼自身が困っていることに気づきました。彼は謝罪を発表したことはなかったが、彼の記事は男性の警官が女性を捜索したことを意味するものではなく、実際、捜索は警察官によって非常に適切に行われたと説明した手紙を印刷することを余儀なくされた。男性がいない。

ハーストにとって幸いなことに、2番目の事件がすぐに続きました。それには、キューバの10年戦争中に米国に逃亡し、米国市民になったリカルド・ルイスという名前のキューバの歯科医が関わっていました。ルイスは紛争後、自発的にキューバに戻り、結婚し、子供をもうけました。彼はすぐに反政府勢力との関係の疑いで投獄され、刑務所で亡くなりました。ハーストは翌日、「スペインの刑務所で殺されたアメリカ人」という見出しを発表した。ルイスの話は、ルイスが誇り高きキューバ人であったにもかかわらず、彼に関係した中産階級の間で米国とスペインの間に緊張を加えることに大きな影響を及ぼしました。これらの事件はスペインに対するアメリカの敵意を煽ったが、直接戦争を引き起こすには不十分であった。それはUSSの沈没のセンセーショナルなものになるでしょう メイン それはこのタスクを達成するでしょう。 [5]

オーディオ編集の「ジョニーが凱旋するとき」

「ジョニーが凱旋するとき」は、米西戦争中に最初のラテラルディスクオーディオレコードの発明者であるエミールベルリナーがデバイスの特許を取得してから1年後に録音した、人気のある米軍の歌の改作版です。

1863年に最初に公開されたこの曲のオリジナルバージョンは、南北戦争で戦っている愛する人たちの帰還への人々の憧れを表しています。


コンテンツ

形成期編集

1880年、鉱業起業家で米国上院議員のジョージハーストが サンフランシスコデイリーエグザミナー。 [6] 1887年に、彼は 審査官 その年にハーストコーポレーションを設立した息子のウィリアムランドルフハーストに引き継がれました。若いハーストは最終的に 審査官 15,000から2000万以上に。 [7]ハーストは、 ニューヨークジャーナル 1895年[8]と ロサンゼルス・エグザミナー 1903年。[6]

1903年、ハーストは モーター 雑誌、彼の会社の雑誌部門の最初のタイトル。彼は買収した コスモポリタン 1905年、そして グッドハウスキーピング [9] [10]同社は、ハーストの国際図書館を設立して1913年に本の出版事業に参入した。 [11] [12] Hearstは、1910年代半ばに映画の機能の制作を開始し、最も初期のアニメーションスタジオの1つであるInternational Film Serviceを作成し、Hearstの新聞紙のキャラクターを映画のキャラクターに変えました。 [13]

ハーストは アトランタジョージアン 1912年、[14] サンフランシスココール そしてその サンフランシスコポスト 1913年、 ボストンの広告主 そしてその ワシントンタイムズ (現在の論文とは無関係)1917年、そして シカゴヘラルド 1918年(結果として ヘラルド-審査官). [15]

1919年、ハーストの本の出版部門はコスモポリタンブックに改名されました。 [11]

ピーク時代編集

1920年代と1930年代に、ハーストは世界最大のメディアコングロマリットを所有しました。これには、主要都市の多くの雑誌や新聞が含まれていました。ハーストはまた、彼の論文を補完するためにラジオ局の取得を開始しました。 [16]ハーストは、1920年代初頭、サンシメオンにハーストキャッスルを建設し、コスモポリタンプロダクションで映画製作を支援するために会社の資金を使用していたときに、財政的な課題に直面しました。これは最終的に雑誌の合併につながりました ハーストインターナショナルコスモポリタン 1925年。[17]

いくつかの財政的問題にもかかわらず、ハーストは1921年にその範囲を拡大し始め、 デトロイトタイムズ, ボストンレコード、 そしてその シアトルポストインテリジェンサー。 [18]ハーストはその後、 ロサンゼルスヘラルドワシントンヘラルド、 だけでなく、 オークランドポストエンクワイアラー、 NS シラキューステレグラム そしてその ロチェスタージャーナル-アメリカン 彼は1920年代半ばまで購入を続け、 ボルチモアニュース (1923)、 サンアントニオライト (1924)、 アルバニータイムズユニオン (1924)、[18]および ミルウォーキーセンチネル (1924)。 1924年、ハーストはニューヨーク市のタブロイド市場に参入しました。 ニューヨークミラー、と競合することを意味します ニューヨークデイリーニュース. [19]

印刷物とラジオに加えて、ハーストは1920年代初頭にコスモポリタンピクチャーズを設立し、新しく作成されたメトロゴールドウィンメイヤーの下で彼の映画を配給しました。 [20] 1929年、ハーストとMGMはハーストメトロトーンニュース映画を作成しました。 [21]

大恐慌後の縮小編集

大恐慌はハーストと彼の出版物を傷つけました。コスモポリタンブックは1931年にファラー&リネハートに売却されました。[11] 2年間リースした後、エレノア「シシー」パターソン(マコーミック-パターソン家の所有者)にリースしました。 シカゴトリビューン)、ハーストは彼女を売りました ワシントンタイムズヘラルド 1939年に彼女はそれらを統合して ワシントンタイムズ-ヘラルド。その年、彼はまた、 ミルウォーキーセンチネル ポールブロック(1929年にフィスターズから購入した)から、午後を吸収しました ウィスコンシンニュース 朝刊に。また、1939年に、彼は アトランタジョージアン Cox Newspapersに、それを アトランタジャーナル.

ハーストは、1937年の清算後、現在債権者がチェーンを所有しているため[22]、朝刊の一部を午後の論文に統合する必要もありました。シカゴでは、彼は朝を合わせました ヘラルド-審査官 と午後 アメリカンヘラルドアメリカン 1939年。これは1937年のニューヨークの組み合わせに続くものでした。 イブニングジャーナル と朝 アメリカンニューヨークジャーナル-アメリカン、の販売 オマハデイリービーワールドヘラルド.

午後の新聞はテレビ放送前の日には収益性の高いビジネスであり、初期の版では株式市場情報を取り上げた朝の新聞よりも売れ行きがよく、後の版では野球の試合や競馬の結果を伴うスポーツニュースに重点が置かれていました。午後の論文も、第二次世界大戦中の戦線からの継続的な報告の恩恵を受けました。しかし、戦後、テレビのニュースと郊外の両方が爆発的な成長を遂げたため、夕方の新聞は午前中に発行されたものよりも影響を受け、午後の新聞の売り上げは急落しましたが、発行部数は安定していました。

1947年、ハーストはDuMont TelevisionNetworkの初期のテレビニュース番組を制作しました。 I.N.S. Telenews、そして1948年に彼は国で最初のテレビ局の1つ、ボルチモアのWBAL-TVの所有者になりました。

ハーストの3つの朝刊の収益、 サンフランシスコ・エグザミナー、 NS ロサンゼルス・エグザミナー、 と ミルウォーキーセンチネル、などの会社のお金を失う午後の出版物をサポートしました ロサンゼルスヘラルドエクスプレス、 NS ニューヨークジャーナル-アメリカン、 そしてその シカゴアメリカン。同社は1956年に後者の紙を シカゴトリビューン タブロイドサイズに変更したの所有者 今日のシカゴ 1969年に出版をやめ、1974年に出版をやめました)。 1960年に、ハーストはまた販売しました ピッツバーグサン-電信ピッツバーグポストガゼット そしてその デトロイトタイムズデトロイトニュース。長いストライキの後、それは売った ミルウォーキーセンチネル 午後へ ミルウォーキージャーナル 1962年。同じ年のハーストのロサンゼルスの論文–朝 審査官 と午後 ヘラルドエクスプレス –合併して夕方になりました ロサンゼルスヘラルド-審査官。 1962-63年のニューヨーク市の新聞ストライキにより、3か月以上、ニューヨーク市は新聞を失いました。 ジャーナルアメリカン 活版印刷労働組合の最も初期のストライキターゲットの1つ。 NS ボストンレコード そしてその イブニングアメリカン 1961年に レコードアメリカン そして1964年に、 ボルチモアニュース-投稿 になりました ボルチモアニュース-アメリカン.

1953年にHearstMagazinesが購入しました スポーツアフィールド 雑誌は、1999年にロバートE.ピーターセンにジャ​​ーナルを販売するまで発行されました。 1958年、ハーストの国際通信社はE.W.スクリップスのユナイテッドプレスと合併し、AP通信とロイターの成長に対応してユナイテッドプレスインターナショナルを設立しました。翌年スクリップス-ハワードの サンフランシスコニュース ハーストの午後と合併 サンフランシスココール-速報。また、1959年に、ハーストは文庫本の出版社であるエイボンブックスを買収しました。 [23]

1965年、ハーストコーポレーションは共同運営契約(JOA)の追求を開始しました。それは午後の所有者であるDeYoung家との最初の合意に達しました サンフランシスコクロニクル、との共同日曜日版の制作を開始しました 審査官。順番に、 審査官 夕方の出版物になり、 ニュース-コール-速報。翌年、 ジャーナルアメリカン 別の2つの画期的なニューヨーク市の論文で別のJOAに到達しました: ニューヨークヘラルドトリビューン とスクリップス-ハワードの ワールドテレグラムと太陽 を形成する ニューヨークワールドジャーナルトリビューン (市の中間市場の日刊紙の名前を思い出してください)、それはほんの数ヶ月後に崩壊しました。

1962年の合併 ヘラルドエクスプレス審査官 ロサンゼルスでは、1967年に10年間のストライキを開始した多くのジャーナリストが解雇されました。ストライキの影響により、会社の終焉のペースが加速しました。 ヘラルドエグザミナー 1989年11月2日発行を中止。[24]

新聞シフト編集

ハーストは1978年にアーバーハウスを買収し、1981年にウィリアムモローアンドカンパニーを買収してハードカバー出版に移行した。[25] [26]

1982年に、会社は販売しました ボストンヘラルドアメリカン —ハーストの1972年の合併の結果 レコード-アメリカン&アンプ広告主 とともに ヘラルド-トラベラー —ルパート・マードックのニューズ・コーポレーション[27]に、この論文の名前を次のように変更しました。 ボストンヘラルド、[28]今日まで ボストングローブ.

1986年、ハーストは ヒューストンクロニクル そしてその同じ年は213歳を閉じました ボルチモアニュース-アメリカン A.S.でJOAに到達しようとして失敗した後出版した家族、エイベル社 ボルティモアサン 1837年の設立以来。エイベルは数日後にその紙をチャンドラーズのタイムズミラーシンジケートに売却した。 ロサンゼルスタイムズ、また夕方の競争相手 ロサンゼルスヘラルド-審査官、1989年に折りたたまれました。

1993年、ハーストは サンアントニオライト ライバルを購入した後 サンアントニオエクスプレス-ニュース マードックから。 [29]

1990年11月8日、ハーストコーポレーションは、ESPN、Inc。の残りの20%の株式をRJR Nabiscoから1億6500万ドルから1億7500万ドルの価格で取得しました。 [30]残りの80%は1996年以来The Walt Disney Companyが所有しています。過去25年間で、ESPNへの投資はHearst Corpの総利益の少なくとも50%を占め、少なくとも130億ドルの価値があると言われています。 [31]

1996年7月31日、HearstとベネズエラのCisneros Group of Companiesは、ラテンアメリカのアニメーションケーブルテレビチャンネルであるLocomotionを立ち上げる計画を発表しました。 [32] [33] [34]

1997年3月27日、ハーストブロードキャスティングは、アーガイルテレビジョンホールディングスIIと5億2500万ドルで合併すると発表しました。合併は、ハーストアーガイルテレビジョン(後に2009年にハーストテレビジョンに改名)を形成するために8月に完了しました。 [35]

1999年、ハーストはエイボンとモローの本の出版活動をハーパーコリンズに売却しました。 [36]

2000年、ハーストコーポレーションは、その旗艦と「デイリーズの君主」を午後に売却することで、別の「スイッチャー」を引っ張った。 サンフランシスコ・エグザミナー、そして長年の競争をしているが、今ではより大きな朝刊を手に入れる、 サンフランシスコクロニクル チャールズ・デ・ヤング家から。 NS サンフランシスコ・エグザミナー 現在、毎日のフリーシートとして公開されています。

2003年12月、マーベルエンターテインメントは買収しました カバーの概念 ハーストから、公立学校の子供たちの間でマーベルの人口統計学的範囲を拡大するために。 [37]

2009年、A&ampENetworksはLifetimeEntertainment Servicesを買収し、Hearstの所有権は42%に増加しました。 [38] [39]

2010年、ハーストはデジタルマーケティングエージェンシーiCrossingを買収しました。 [40]

2011年、ハーストはラガルデールグループから100を超える雑誌のタイトルを、7億ドル以上で吸収し、コンデナストに先駆けてタイム社の挑戦者になりました。 2012年12月、ハーストコーポレーションはNBCUniversalと再び提携し、エスクワイアネットワークを立ち上げました。

2014年2月20日、Hearst Magazines Internationalは、GaryEllisを新しい最高デジタル責任者に任命しました。 [41]その12月、ドリームワークスアニメーションはAwesomenessTVの25%の株式を8,125万ドルでハーストに売却した。 [42]

2017年1月、ハーストはリットンエンターテインメントの過半数の株式を取得したと発表しました。そのCEOであるデイブモーガンはハーストの元従業員でした。 [43] [44]

2017年1月23日、ハーストは、第4世代の家族経営者であるジャックとジョンバットドルフからパイオニアグループの事業を買収したと発表しました。 Pioneer Groupは、ミシガンを拠点とする通信ネットワークであり、州全体の地域コミュニティに印刷物やデジタルニュースを配布しています。日刊紙に加えて、 パイオニアマニスティーニュースアドボケイト、パイオニアは週刊紙3冊と地元の買い物客向け出版物4冊を発行し、デジタルマーケティングサービス事業を運営しました。 [45]この買収により、ハースト新聞は日刊紙19紙、週刊紙61紙を発行するようになりました。

2017年10月、ハーストはRodaleの雑誌および書籍事業を買収すると発表し、一部の情報筋は購入価格を約2億2500万ドルと報告しています。取引は政府の承認を受けて1月に完了する予定でした。 [50] [51]

  • 1880年、ジョージハーストは新聞事業に参入し、 サンフランシスコデイリーエグザミナー。
  • 1887年3月4日、彼は 審査官 彼の息子、23歳のウィリアムランドルフハーストに引き継がれました。彼は編集者兼出版社に指名されました。ウィリアムハーストは1951年に88歳で亡くなりました。
  • 1951年、1943年から会社の社長を務めていたリチャードE.ベルリンは、ウィリアムハーストの後任として最高経営責任者を務めました。ベルリンは1973年に引退した。[52]ウィリアムランドルフハーストジュニアは1991年にベルリンが1960年代半ばからアルツハイマー病に苦しんでおり、それが理由もなくいくつかのハースト新聞を閉鎖したと主張した。 [53]
  • 1973年から1975年まで、ハーストの長年の財務責任者であるフランク・マッシが社長を務め、その間、彼は財務再編を実施し、1970年代後半に拡張プログラムを実施しました。 [54]
  • 1975年から1979年まで、ジョンR.ミラーはハーストの社長兼最高経営責任者でした。 [55]
  • フランク・ベナックは、1979年から2002年までCEO兼社長を務め、副会長に就任し、2008年から2013年までCEOとして復帰し、引き続き副会長を務めています。 [56]
  • ビクターF.ガンジは2002年から2008年まで社長兼最高経営責任者を務めました。[57]
  • スティーブン・スワーツは2012年から社長、2013年からCEOを務めています。[58]

運営グループ長編集

  • デビッド・キャリーは以前、雑誌の会長兼グループ長を務めていました。 [59] DebiChirichellaはその部隊の大統領である。 [60]
  • ジェフリーM.ジョンソン[61]は、マークアルダムが親会社の副社長兼最高執行責任者に昇進した後、2018年にハーストニュースペーパーの社長に就任しました。 [62]

現在の資産と投資の網羅的ではないリストには、次のものが含まれます。

雑誌編集

  • オートウィーク
  • 自転車
  • ビルボード(雑誌)
  • 車とドライバー
  • コスモポリタン
  • カントリーリビング
  • オズ博士THEGOOD LIFE
  • ELLE (US and UK)
  • エルの装飾
  • エスクァイア
  • Food Network Magazine
  • グッドハウスキーピング
  • Harper's Bazaar
  • HGTV Magazine
  • The Hollywood Reporter
  • House Beautiful
  • Marie Claire
  • Men's Health
  • Nat Mags
  • O、オプラマガジン
  • Popular Mechanics
  • Prevention
  • Redbook
  • Road & Track
  • Rodale's Organic Life
  • Runner's World
  • Seventeen
  • Town & Country
  • Veranda
  • Woman's Day
  • Women's Health
  • Hearst Books (in partnership with Sterling Publishing) [63]

Newspapers Edit

(alphabetical by state, then title)

  • サンフランシスコクロニクル (San Francisco, California)
  • The News-Times (Danbury, Connecticut)
  • Greenwich Time (Greenwich, Connecticut)
  • The Advocate (Stamford, Connecticut)
  • Connecticut Post (Bridgeport, Connecticut)
  • The Middletown Press (Middletown, Connecticut)
  • New Haven Register (New Haven, Connecticut)
  • The Hour (Norwalk, Connecticut)
  • The Register Citizen (Torrington, Connecticut)
  • The Telegraph (Alton, Illinois)
  • Edwardsville Intelligencer (Edwardsville, Illinois)
  • Jacksonville Journal-Courier (Jacksonville, Illinois)
  • Huron Daily Tribune (Bad Axe, Michigan)
  • Pioneer (Big Rapids, Michigan)
  • Manistee News Advocate (Manistee, Michigan)
  • Midland Daily News (Midland, Michigan)
  • Times Union (Albany, New York)
  • Beaumont Enterprise (Beaumont, Texas)
  • ヒューストンクロニクル (Houston, Texas)
  • Laredo Morning Times (Laredo, Texas)
  • Midland Reporter-Telegram (Midland, Texas)
  • Plainview Daily Herald (Plainview, Texas)
  • San Antonio Express-News (San Antonio, Texas)
  • シアトルポストインテリジェンサー (Seattle, Washington)

Broadcasting Edit

    (owns 50% shared joint venture with The Walt Disney Company) (owns 20% also shared with Disney, which owns the other 80%)
      (owns 4% through its co-ownership of ESPN shared joint venture with Bell Media, which owns 80%)

    Internet Edit

    • BestProducts.com
    • Clevver [64]
    • Delish.com [65]
    • NetDoctor
    • Hearst Interactive Media [66]

    Other Edit

    Under William Randolph Hearst's will, a common board of thirteen trustees (its composition fixed at five family members and eight outsiders) administers the Hearst Foundation, the William Randolph Hearst Foundation, and the trust that owns (and selects the 24-member board of) the Hearst Corporation (immediate parent of Hearst Communications which shares the same officers). The foundations shared ownership until tax law changed to prevent this. [67] [68]

    In 2009, it was estimated to be the largest private company managed by trustees in this way. [69] As of 2017, the trustees are: [70]

    Family members Edit

    • Ana Balson, granddaughter of fifth son, David Whitmire Hearst Sr.
    • Lisa Hearst Hagerman, granddaughter of third son, John Randolph Hearst Sr. , grandson of Hearst's eldest son, George Randolph Hearst Sr., and publisher of the Albany Times Union , son of second son, William Randolph Hearst Jr., and chairman of the board of the corporation
    • Virginia Hearst Randt, daughter of late former chairman and fourth son, Randolph Apperson Hearst

    Non-family members Edit

    • James M. Asher, chief legal and development officer of the corporation
    • David J. Barrett, former chief executive officer of Hearst Television, Inc.
    • Frank A. Bennack Jr., former chief executive officer and executive vice chairman of the corporation
    • John G. Conomikes, former executive of the corporation
    • Gilbert C. Maurer, former chief operating officer of the corporation and former president of Hearst Magazines
    • Mark F. Miller, former executive vice president of Hearst Magazines
    • Mitchell Scherzer, senior vice president and chief financial officer of the corporation
    • Steven R. Swartz, president and chief executive officer of the corporation

    The trust dissolves when all family members alive at the time of Hearst's death in August 1951 have died.


    The notorious history of drunken Hollywood

    By the early 1930s, Herman J. Mankiewicz was a screenwriting genius who had secretly helped construct classic films such as “Monkey Business” and “Duck Soup” by the Marx Brothers and “The Wizard of Oz.”

    “Of All the Gin Joints:
    Stumbling Through Hollywood History”
    by Mark Bailey illustrated by Edward Hemingway
    (Algonquin Books of Chapel Hill)

    He was also, according to a new book by author Mark Bailey, a raging drunk who picked fights everywhere he went and insulted everyone from studio execs to actors in his films.

    Mankiewicz had once been friends with newspaper mogul William Randolph Hearst and attended many a party at San Simeon, the publisher’s infamous mansion. The relationship ended, however, when Hearst banned Mankiewicz after the screenwriter kept trying to get Hearst’s mistress, Marion Davies, drunk.

    Mankiewicz sought revenge. He began writing a script about a newspaper mogul and used everything he knew about Hearst to humiliate him, including basing one character on Davies in a harshly negative portrait and even appropriating what he knew to be Hearst’s special nickname for Davies’ clitoris: Rosebud.

    The script, of course, was “Citizen Kane,” which would become a cinematic landmark and win Mankiewicz an Oscar.

    Hearst, though, got his own revenge several years later. After Mankiewicz crashed into another car while drunk — a non-story, since no one was hurt — it became front-page news in all of Hearst’s newspapers, destroying the writer’s reputation.

    An alcohol siege

    Throughout Hollywood’s history, booze has been as prevalent and influential as ego. “Of All the Gin Joints” gleefully dishes many of the wildest tales of excess, sharing stories of insane incidents and outsized drunken personalities.

    Raymond Chandler was fired from his job as an oil industry executive at 44 due to his overenthusiastic alcohol consumption. From there, he became a top-notch fiction writer, which led to a contract with Paramount.

    Chandler in 1943 Getty Images

    But Chandler never lost his love for drink. Before writing “The Blue Dahlia” — which needed to be written, filmed and completed in just three months — Chandler assured producer John Houseman he was sober.

    In the middle of production, though, he told Houseman he’d been felled by writer’s block and could only complete the script in a “continuous alcohol siege.”

    He drank nonstop and ate no solid food for the next eight days, as Paramount “provided a doctor to inject glucose into his arm twice daily.” He finished the script on time and was nominated for a Best Original Screenplay Oscar. It was later revealed that the whole thing had been a ruse to fool Houseman. He had never stopped drinking and used the writer’s block story to gain leverage.

    Bela and boilermakers

    Hollywood’s massive alcohol consumption also led to violent behavior.

    For his directorial debut, 1955’s “Not as a Stranger,” A-list producer Stanley Kramer made the mistake of casting “four of the most fearless drunks in the business” — Lon Chaney Jr., Broderick Crawford, Robert Mitchum and Frank Sinatra.

    Stanley Kramer said filming 1955’s “Not as a Stranger” with, from left, Lon Chaney Jr., Robert Mitchum, Broderick Crawford and Frank Sinatra was “10 weeks of hell.” Getty Images

    Kramer would later refer to the film as “10 weeks of hell.”

    “They quickly proved uncontrollable,” Bailey writes. “Sets and trailers were demolished. Stars [tore] phones from walls. ‘It wasn’t a cast,’ Mitchum said, ‘so much as a brewery.’ ”

    Perhaps the worst, and most surprising, turn of events came when Crawford, who had previously played the “mentally handicapped” Lenny in “Of Mice and Men” on Broadway, found Sinatra teasing him one too many times, as Ol’ Blue Eyes liked to mock him by calling him “Lenny.”

    Crawford “held the singer down, tore off his toupeé, and proceeded to eat the damn thing.” Mitchum tried to separate the two but Crawford lashed out at him, and then they fought until Crawford, his throat filled with toupee hair, began to choke and “one of the film’s medical advisers had to rush over to help him puke it up.”

    Bela Lugosi, here in the title role of the 1931 film “Dracula,” was a drunk and morphine addict. Getty Images

    Bailey describes horror star Bela Lugosi as, toward the end of his life, a morphine addict and a terrible drunk. During one of their films together, director Ed Wood went to bring him his requested scotch and found him hiding behind a curtain.

    When Lugosi emerged, there were “tears streaming down his face” and a gun in his hand, pointed straight at Wood.

    “Eddie, I’m going to die tonight,” he said. “I want to take you with me.”

    Wood — a fellow drunk — realized what it would take to appease the now-out-of-his-mind actor: Boilermakers, Lugosi’s favorite drink.

    Lugosi put the gun down and drank himself to sleep.

    ‘The Tracy squad’


    During the filming of “The Night of the Iguana,” Richard Burton — whose drinking biographer Robert Sellers called “one of the wonders of the 20th century” — would start with beer at 7 a.m., finish off a case, then switch to hard liquor. His wife, Elizabeth Taylor, would have begun drinking at 10 a.m., starting with vodka before shifting to tequila. Burton was so in need of constant booze, he forced the production to build a bar at both the top and the bottom of a staircase he needed to climb to get to the set.

    Elizabeth Taylor and Richard Burton in 1963 Getty Images

    Once sloshed, the couple went at it like “Who’s Afraid of Virginia Woolf?” was a documentary.

    “When Taylor paraded around set in ever-more-revealing bikinis, Burton would comment that she looked like a tart,” writes Bailey. Once, when Taylor was trying to help fix his hair, Burton grew so agitated that “he poured an entire beer over his head and asked, ‘How do I look now, by God?’ ”

    Spencer Tracy, one of the most dashing leading men of Hollywood’s golden age, was also secretly “a self-flagellating, self-immolating, utterly filthy drunk,” writes Bailey, who says that Tracy would hole up at the Hotel St. George in Brooklyn Heights for weeks-long binges, during which he was “downing bottle after bottle of whiskey while sitting naked in a bathtub,” never rising “even to use the toilet.”

    Spencer Tracy in 1931 Everest Collection

    Tracy was perceived as such a possible danger that MGM, which had him under contract, assembled “the Tracy Squad: an ambulance driver, a doctor and four security guards dressed as paramedics” who were on call 24/7.

    Every bar within 25 miles had been given a dedicated phone number, with instructions to call if Tracy ever entered. Once that happened, the squad rushed to the scene, where, sure enough, Tracy would have by then caused some sort of drunken trouble. He was then whisked to his home, under the guise of medical care, where the squad stood guard until he sobered up.

    Liquorous ladies

    The men of old Hollywood had no monopoly on drunken behavior, as young starlets of the time could make Lindsay Lohan seem like a rank amateur.

    Clara Bow, a Brooklyn teenager whose “mother was insane” and whose father was “a lecherous hanger-on,” was the first to be christened an “It” girl after her most popular film, 1927’s “It.”

    With her fame came license to shock the world, as Bow, who loved “drinking, gambling, swearing and screwing,” was “so licentious she could shock even jaded old-Hollywood types.”

    B.P. Schulberg, the president of Paramount, held a fancy dinner and invited Judge Ben Lindsey, who had recently lost his judgeship after publicly advocating for premarital sex. The judge, in a new career, was there to interview Bow for Vanity Fair. But when she arrived, soused, she introduced herself to the judge “with a French kiss” — never mind that his wife was right beside him — and then “wrangled him into a dance,” during which “she deftly unbuttoned his shirt, then, arriving at his pants, she didn’t hesitate and began to unzip them, too.”

    Natalie Wood only agreed to have a threesome with Dennis Hopper and Nick Adams if she could bathe in champagne first. Getty Images

    The judge jumped back, and Schulberg quickly removed Bow. Later, she expressed confusion at all the fuss. “If he likes all that modern stuff,” she said, “how come he’s such an old stick-in-the-mud?”

    Natalie Wood, writes Bailey, was a wild child who was already drinking wine with Sinatra at age 15.

    A few years later, she found herself with her “Rebel Without a Cause” co-stars Dennis Hopper and Nick Adams. They decided to have a threesome, but Wood would only participate if she could “bathe in champagne first — like Jean Harlow.”

    Hopper and Adams bought several cases of champagne and poured it all into the bathtub. Once full, Wood disrobed and submerged herself, ready for her new sexual adventure — until she began screaming.

    “As soon as her most sensitive areas came in contact with the alcohol, she shrieked in pain,” Bailey writes. “Thus was the orgy extinguished.”


    7. Broadway Baby

    Around 1897, Hearst became smitten with the alluring chorus girl Millicent Veronica Wilson after seeing her star in the Broadway show The Girls From Paris。 At the time, she was only a 16-year-old ingénue, while Hearst was a full-grown 34-year-old man. Millicent’s sister Anita had to chaperone their first dates together.

    Needpix

    NS ジャーナル 's war arrives

    At the end of March, a naval board concluded that an external mine had destroyed the Maine. (A follow-up naval investigation, completed in 1976, concluded that it actually was more likely to have been an internal explosion in the ship's ammunition magazines, while a National Geographic Society-sponsored computer study in 1997 said external and internal causes were equally likely.) While the board could not identify the culprit, the United States was already on a course for war with Spain. On April 11, the president asked Congress for permission to use the U.S. Army and Navy to end the rebel conflict in Cuba. Congress granted this permission on April 19. The following day, the ジャーナル headline read, "NOW TO AVENGE THE メイン !" Only one week after the United States declared war on April 25, the front page of Hearst's paper asked, "How do you like the ジャーナル 's war?"

    After calling loudly for war for over a year, Hearst decided he had to fight in it.結局、 セオドア・ルーズベルト (1858-1919 see entry) had called for war and later resigned as assistant secretary of the navy to be second-in-command of a volunteer cavalry regiment called the Rough Riders. In late May 1898, Hearst wrote to President McKinley offering to equip an army regiment with his own money and fight with the regiment as a soldier. McKinley, whom Hearst had opposed in the presidential election of 1896, rejected the idea.

    Undaunted, Hearst approached the navy, offering to donate one of his yachts, arm it for action, and serve on it as a commander. The navy took the Buccaneer but refused to let Hearst serve aboard it. Meanwhile, rumors spread that a Spanish fleet was sailing from Spain to attack U.S. admiral ジョージデューイ (1837-1917 see entry) in the Philippines. Hearst asked a colleague in Europe, James Creelman, to buy a vessel to sink in the Suez Canal in order to block the Spaniards. When the Spanish fleet turned back to Spain, however, Hearst's daring and illegal plan became unnecessary.


    Hearst Family

    William Randolph Hearst, the man behind Hearst Castle, is an important figure from the twentieth century whose influence extended to publishing, politics, Hollywood, the art world and everyday American life. His power and vision allowed him to pursue one of the most ambitious architectural endeavors in American history, the result of which can be seen in magnificent grounds and structures of Hearst Castle.

    Mr. Hearst was born on April 29, 1863, in San Francisco, California, as the only child of George and Phoebe Hearst.

    His father being a wealthy man as a result of various mining interests, young William had the opportunity to see and experience the world as few do.

    At the age of ten Hearst and his mother toured Europe, gathering ideas and inspiration from the grandeur and scale of castles, art and history. This experience fueled Hearst’s life long aspiration to recreate this majesty for his own enjoyment.

    Back in the United States, Hearst was enrolled in St. Paul’s Preparatory School in Concord, New Hampshire at the age of 16. Mr. Hearst continued his education at Harvard where he showed the first signs of becoming a future publishing tycoon. At Harvard, he excelled in journalism and acted as the business manager of the Harvard Lampoon. His election to the “Hasty Pudding” theatrical group revealed his talent and interest in drama.

    During his time at Harvard, his father George acquired the San Francisco Examiner as payment for a gambling debt. Soon after, the young Hearst pleaded with his father to turn over the paper to his authority. In 1887 the older Hearst relented and relinquished control to his ambitious son. Shortly after, William Randolph Hearst purchased another newspaper, the New York Journal which would become the second in a long list of newspaper holdings that Hearst acquired in the next decade of his life. At his peak he owned over two dozen newspapers nationwide in fact, nearly one in four Americans got their news from a Hearst paper.

    In 1903, Mr. Hearst married Millicent Willson in New York City. The couple had five sons together during their marriage: George, William Randolph Jr., John and twins Randolph and David.

    Their honeymoon drive across the European continent inspired Mr. Hearst to launch his first magazine, Motor. Motor became the foundation for another publishing endeavor that is currently known as Hearst Magazines.

    Hearst’s interest in politics led him to election to the United States House of Representatives as a Congressman from New York in 1902. After reelection in 1904, he unsuccessfully pursued the New York Governorship in 1906.

    Following his short political career, Hearst continued his endeavors in publishing and communications. In the 1920’s he started one of the first print-media companies to enter radio broadcasting and in the 1940’s he was an early pioneer of television. Mr. Hearst was a major producer of movie newsreels with his company Hearst Metrotone News, and is widely credited with creating the comic strip syndication business. His King Features Syndicate today is the largest distributor of comics and text features in the world. In his career, William Hearst produced over 100 films including, The Perils of Pauline, The Exploits of Elaine and The Mysteries of Myra.

    In addition to his successful business endeavors, Mr. Hearst amassed a vast and impressive art collection that included classical paintings, tapestries, religious textiles, oriental rugs, antiquities, sculptures, silver, furniture and antique ceilings. Much of this collection found its home at Hearst Castle and Hearst’s various other properties, while the remainder filled warehouses on both the East and West Coasts. Like many of his contemporaries, Hearst voraciously collected art and compiled a museum quality collection.

    Throughout his life, Hearst dreamed of building a dwelling similar to those he had seen on his European tour as a boy. Hearst Castle was to become the realization of this dream as he and architect Julia Morgan collaborated for 28 years to construct a castle worthy of those he saw in Europe. During construction Hearst used the Castle as his primary residence and it was here that he continually entertained the elite of Hollywood, politics and sports. Hearst left his San Simeon estate in 1947 to seek medical care unavailable in the remote location. While the Castle was never completely finished, it stands as the remarkable achievement of one man’s dream.

    William Randolph Hearst died on August 14, 1951, at the age of 88. He was interred in the Hearst family mausoleum at the Cypress Lawn Cemetery in Colma, California. All of his sons followed their father into the media business and his namesake, William Randolph, Jr., became a Pulitzer Prize-winning Hearst newspaper reporter. Today Mr. Hearst’s grandson, George R. Hearst, Jr., is chairman of the board of The Hearst Corporation.

    George Hearst
    George Hearst was born and raised in Franklin County, Missouri in 1820. Growing up he received very little in the way of formal education but he did learn a lot about the so-called “lay of the land,” particularly in regards to mining. In fact, legend has it that local Indians referred to him as the “boy that the earth talk to.”

    George quickly established himself in adulthood as a powerful miner and rancher in the Western United States. A self-made millionaire, he owned interest in some of the most important claims in the U.S., including the Comstock Lode in Nevada, the Ontario silver mine in Utah, the Homestake gold mine in South Dakota and the Anaconda copper mine in Montana. The Comstock, Homestake and Anaconda claims would become three of the largest mining discoveries in American history.

    As a rancher and prospector, George Hearst continually acquired large portions of land throughout the United States, especially in California and the West. One of the land acquisitions was the purchase of the 48,000 acre Piedras Blancas Ranch at San Simeon in 1865. He later purchased the adjoining Santa Rosa and San Simeon ranches. George Hearst would use this land throughout his life as a place to retreat with his family for lavish camping trips.

    In 1862, George married Phoebe Apperson Hearst at the age of 41. In 1863, the couple gave birth to their first and only child, William Randolph.

    Later in life George Hearst served as a United States Senator from California from 1887 until his death in 1891. During this time he acquired the small San Francisco Examiner as a repayment for a gambling debt. Although he had little interest in the publishing business this would prove to be an important event in the Hearst legacy. While he had hoped William would manage the family’s mining and ranching holdings, his only son wanted to become the proprietor of the Examiner and an elderly George Hearst relented and relinquished control of the paper to him.

    Phoebe Hearst
    Phoebe Apperson Hearst was born 1842 in Franklin County, Missouri. Before marrying 41 year old George Hearst at the age of 19, Miss Apperson worked as a teacher in area schools.

    Soon after their marriage the couple moved to San Francisco where Phoebe gave birth to their only child, William Randolph in 1863. In 1873 Phoebe took young William on a grand tour of Europe where the two spent more than a year visiting castles, museums and various cultural centers. This trip would prove to be a pivotal inspiration for William’s later endeavor constructing Hearst Castle.

    When George Hearst was elected to the United States senate in 1887, the couple relocated to Washington D.C. where Phoebe entertained many guests and statesman. Four years later, Phoebe became the sole heir to her husband’s valuable estate upon his death in 1891.

    After George’s death, Phoebe again returned to California and renewed construction on a palatial residence in Pleasanton, California that had been started by her son a few years earlier. For the project, Mrs. Hearst commissioned Julia Morgan as architect. She would later become the architect behind Hearst Castle.

    Throughout her life Phoebe was dedicated to education and, when her financial status allowed her to, she became a generous philanthropist of various educational endeavors. As early as 1891, she made a large gift to the University of California, Berkeley in order to endow several scholarships for women students. She also funded an international architectural competition for a master plan for the University of California, Berkeley, endowed a scholarship program for students at the University and presented the campus with the gift of the Hearst Memorial Mining Building and Hearst Hall.

    Later she financed a school for the training of kindergarten teachers and in 1887 she founded the first free kindergarten in the United States. She eventually opened up six more of these free schools supported by her time and money. In 1897, she founded the National Congress of Mothers, a forerunner of the National Council of Parents and Teachers, better known today as the PTA.

    In 1897 she became the first woman Regent of the University of California, serving actively on the board from 1897 to 1919.

    Phoebe Apperson Hearst died in 1919, a victim of the worldwide influenza epidemic of 1918-1919.


    Biography

    William Randolph Hearst was the greatest newspaper baron in the history of the United States and is the person whom Гражданин Кейн (1941), widely regarded as the greatest film ever made, is primarily based on. While there are many similarities between Charles Foster Kane, as limned by the great Orson Welles and his screenwriter, Herman J. Mankiewicz (who knew Hearst), there are many dissimilarities also.

    He was born on April 29, 1863, in San Francisco, California, the only child of the multi-millionaire miner George Hearst and his wife, Phoebe Apperson Hearst. Mrs. Hearst was a former school-teacher with refined manners who was over 20 years her husband's junior. Phoebe spoiled William Randolph, who was raised with personal tutors and sent to the most elite prep schools back East. He attended Harvard College but was expelled in 1885.

    When he was 23 years old, William Randolph asked his father if he could take over the daily operation of the "San Francisco Examiner," a newspaper that George had acquired as payment for a gambling debt. His father relented and William Randolph took over, styling himself as its "Proprietor." The "Examiner," which he grandly called "The Monarch of the Dailies" on its masthead, was the first of many newspapers that the young Hearst would come to run, and the first where he indulged his appetite for sensationalistic, attention-getting, circulation-boosting news stories.

    When his father George died, Phoebe Hearst liquidated the family mining assets to fund her son's acquisition of the ailing "New York Morning Journal." (The family continued to own forest products and petroleum properties.) Ruthless and driven, the aggressive Hearst willed the "Morning Journal" into becoming the best newspaper in New York City, hiring the best executives and finest reporters from the competition. In the style of yellow-news baron Joseph Pulitzer, with whom he now went into direct competition, Hearst introduced an in-your-face, outrageous editorial content that attracted a new market of readers. Though the term "Yellow Journalism" was originally coined to describe the practices of Pulitzer, Hearst proved adept at it. Hearst responded to the request of illustrator Frederic Remington, who had been detailed to Havana in 1898 in anticipation of something big, to return to the States with a terse message: "Please remain. You furnish the pictures and I'll furnish the war."

    After the U.S.S. Maine was blown-up in Havana Harbor on February 15, 1898, Hearst called the Journal city desk and demanded that the front page prominently play up the incident as the sinking of the American battleship meant war. The Journal began immediately running banner headlines proclaiming "War? Sure!" to inflame the public and pressure the government of President William McKinley to proclaim war against Spain. (Some critics accused Hearst of being indirectly responsible for McKinley's assassination as he had published a poem by Ambrose Bierce that seemed to call for such an act.)

    The Spanish-American War became the Journal's war just as Vietnam was the television network's war. Ernest L. Meyer wrote about Hearst's journalistic standards: "Mr. Hearst in his long and not laudable career has inflamed Americans against Spaniards, Americans against Japanese, Americans against Filipinos, Americans against Russians, and in the pursuit of his incendiary campaign he has printed downright lies, forged documents, faked atrocity stories, inflammatory editorials, sensational cartoons and photographs and other devices by which he abetted his jingoistic ends."

    Hearst added Chicago to his domain, acquiring the "Chicago American" in 1900 and the "Chicago Examiner" in 1902. The "Boston American" and the "Los Angeles Examiner" were acquired in 1904, firmly establishing the media empire that in its heyday during the 1920s, consisted of 20 daily and 11 Sunday newspapers in 13 cities, the King Features syndication service, the International News Service, and the American Weekly (Sunday syndicated supplement). One in four Americans in the '20s read a Hearst newspaper daily. His media empire also included International News Reel and the movie production company Cosmopolitan Pictures, plus a number of national magazines, including "Cosmopolitan," "Good Housekeeping" and "Harper's Bazaar." In 1924, he opened the "New York Daily Mirror," a racy tabloid that was an imitation of the innovative "New York Daily News," which ran many photographs to illustrate its lurid reporting.

    Unlike Charles Foster Kane, Willaim Randolph Hearst never married the niece of the president of the United States. The closest he got to a president other than socializing with one was marrying Millicent Wilson, who shared the name of Woodrow Wilson (1913-1921). The nuptials took place the day before he turned 40. His family opposed his marriage to Millicent, who was a 21-year-old showgirl whom he had known for many years. Before Millicent, he had been involved with Tessie Powers, a waitress he had financially supported since he had attended Harvard and trysted with her while still sporting the college's beanie. Hearst's personal life often was featured in stories that his competitors, the tabloid newspapers, ran during his lifetime, the kind of press he would have no moral qualms about if the proverbial shoe were on the other foot and it was someone else's other than his ox being gored. (So much for his moral outrage over Гражданин Кейн (1941).) He and Millicent had five sons, but Hearst took another showgirl, 20-year-old Marion Davies of the Ziefgeld Follies, as his mistress. She was 34 years his junior. It was a relationship that lasted until the end of his life.

    Hearst used his media power to get himself twice elected to Congress as a member of House of Representatives (1903-1905 and 1905-1907) as a progressive, if not radical Democrat. However, he failed in his two bids to become mayor of New York City in 1905 and 1909, and was defeated by the Republican candidate Charles Evans Hughes in his attempt to become governor of New York State in (1906). He supported the Spanish-American War - many observers believe he even was the casus belli of that conflict - but opposed the U.S. entry into World War One as he despised the British Empire. He also opposed President Wilson's formation of the League of Nations and American membership in the organization.

    By the time of the First World War, his political ambitions frustrated, he decided to live openly with Davies in California and at a castle he bought in Wales. His wife and children remained in New York, where Hearst became known as a leading philanthropist, creating the Free Milk Fund for the poor in 1921. They officially separated in 1926.

    Hearst spent many years and a fortune promoting Marion Davies' film career. According to the great critic Pauline Kael, Davies was a first-rate light comedienne, but Hearst wanted her to play the classical roles of a tragedienne, with the result that he pushed her into movies that were ill-suited for her, and that made her look ridiculous. She was not, however, the talentless drunk that Charles Foster Kane's second wife, Susan Alexander was. (Orson Welles said that his only regret over Гражданин Кейн (1941) was the backlash and grief caused to Davies, who was a woman adored by everyone who knew her. Davies nephew actually was the step-father of Welles' first child.)

    Phoebe Hearst died in 1919, and Hearst moved onto the family's 268,000-acre San Simeon Ranch in southern California. On 127 acres overlooking the California coast north of Cambria, he built what is now called Hearst Castle but that he called "La Cuesta Encantada." Starting in 1922, and not finished until 1947, the 165-room mansion was built by an army of craftsmen and laborers. The mansion -- which cost approximately $37 million to build -- was not ready for full-time occupancy until 1927, and additions to the main building continued for another 20 years. At La Cuesta Encantada, Hearst entertained the creme de la creme of Hollywood and the world, whom he treated to his hospitality among his personal art collection valued at over $50 million, the largest ever assembled by any private individual. He could live openly in California with Davies.

    Along with his sensationalism and jingoism, William Randold Hearst was a racist who hated minorities, particularly Mexicans, both native-born and immigrants. He used his newspaper chain to frequently stir up racial tensions. Hearst's newspapers portrayed Mexicans as lazy, degenerate and violent, marijuana-smokers who stole jobs from "real Americans." Hearst's hatred of Mexicans and his hyping of the "Mexican threat" to America likely was rooted in the 800,000 acres of timberland that had been confiscated from him by Pancho Villa during the Mexican revolution.

    The Great Depression hurt Hearst financially, and he never recovered from it. At one point, his financial distress was so great, his mistress, Marion Davies, had to pawn some of her jewels to get him the cash to keep him afloat. The Hearst media empire has reached its zenith in terms of circulation and revenues the year before the Stockmarket Crash of October 1929, but the huge over-extension of the Hearst media empire eventually cost him control of his holdings. Hearst's newspaper chain likely had never been profitable, but had been supported by the income from his mining, ranching and forest products interests. All of Hearst's business interests were adversely affected by the economic downturn, but the newspapers were hit particularly hard due to the decline in advertising revenues, the life's blood of any newspaper. His bellicose and eccentric behavior only made matters worse.

    By the time Franklin D. Roosevelt exerted himself over the U.S. economy, Hearst had become a reactionary. He had produced a film, Габриэль над Белым домом (1933) starring Walter Huston as a presidential messiah, but Roosevelt, apparently, wasn't his kind of Christ-figure. In the movie, President 'Judd' Hammond exercised near dictatorial powers, including apparently ordering summary executions of gangsters this may have gone over well in corporate America, but hardly was a management paradigm for a working democracy. However, Roosevelt's attempts to centralize power in government and industry cartels to combat the Depression were eventually repudiated by Hearst. His anti-Roosevelt stance, trumpeted by his papers, proved unpopular with the common man who was his primary readership.

    Once, he had served as the self-appointed tribune of the common man, and his progressive politics was denounced by the plutocrats as radical, but by the 1930s, Hearst was flirting with Fascism. The Hearst papers carried paid-for columns by both Adolf Hitler and Benito Mussolini, though Hearst claimed that he was only an anti-Communist. However, during a continental tour with Marion Davies, Hearst actually attended the Nuremberg rally of 1934. He later completed a newsreel deal with Hitler during the trip. Franklin D. Roosevelt, of course, was as staunchly anti-fascist as Hearst was anti-communist. His pro-intervention policies on the side of Britian during the early days of World War Two rankled the philo-German Hearst.

    Hearst had a complicated relationship with Roosevelt, whom he helped obtain the 1932 Democratic presidential nomination (as a moderate). Hearst fluctuated between endorsing and attacking F.D.R. and his New Deal. In public, Roosevelt, on his part, would woo Hearst with invitations to the White House, obtaining a temporary truce, while in private, Roosevelt complained of Hearst's power and had his income taxes investigated. In 1934, Hearst launched a virulent anti-communist witch-hunt that would last for 20 years in which he tarred New Deal supporters as reds, then ended up labeling F.D.R. himself a communist. In response to his red-baiting, liberals and leftists retaliated with a boycott of Hearst newspapers.

    Hearst had become a major liability to the Hearst Corp. by the mid-1930s as he became more noxious. He had started out as a populist, but had veered right in the 1920s, then tacked left in the early 1930s, only to veer to the far right beginning in the mid-'30s. Always a maverick, Hearst might have been psychologically unable to maintain a constant position unable or unwilling to reign in his ego and support those in power, he could never stay allies with anyone for long, and thus regularly shifted positions. As Roosevelt went left, Hearst went right. Apparently, as his flirtation with fascism elucidates, he had cast himself as the savior of America in his own mind.

    The economic result of Hearst's shift to the right (which also may have been influenced by his need to cajole financiers, who decidedly were anti-Roosevelt) was that advertising sales and circulation declined, just as millions in debt came due and had to be refinanced. In 1936, Hearst's efforts to raise more capital by floating a new bond issue was stymied by his creditors, with the result that he was unable to service the Hearst Corp.'s debts. The Hearst Corp. went into receivership and was reorganized, and William Randolph Hearst was reduced to the status of an employee, with a court-appointed overseer. A liquidation of Heart Corp. assets began, and newspapers were shed, Cosmopolitan Pictures was terminated, and there was an auctioning off of his art and antiquities. Hearst, the media baron of unparalleled power, was through as a major independent power in American politics and culture.

    However, he still retained enough clout with his remaining newspapers (and their ability to publicize movies) in the early 1940s to make life miserable for Orson Welles after the supreme insult of his roman a clef Гражданин Кейн (1941). Allegedly, Hearst wasn't so much incensed at Welles as he was at Mankiewicz, a friend who had betrayed his secrets. ("Rosebud," the name of the Charles Foster Kane's childhood sled that supposedly is the key to his psychology but is actually a "McGuffin" around which to structure the movie's plot, was allegedly Hearst's nickname for Davies' private parts.)

    The economic recovery that came with war production during World War II (which he opposed, just as he had America's entry into the First World War) buoyed the Hearst newspapers' circulation and advertising revenues, but he never returned to the prominence he had enjoyed in the old days. He did, still, have the love of Marion Davies, who was with him to the end, steadfast in her love. Hearst died in 1951, aged eighty-eight, at Beverly Hills, California, and is buried at Cypress Lawn Memorial Park in Colma, California.

    More than 50 years after his death, Hearst's stature has diminished while the reputation of Гражданин Кейн (1941) remains secure. Interestingly, Hearst's own current, largely negative image has largely been shaped by the film, which is considered a landmark in cinematic innovation. Perhaps it was just a case of Hearst living too long, of outliving his own innovative period. As a newspaper publisher, Hearst promoted innovative writers and cartoonists despite the indifference of his readers. George Herriman, the creator of the comic strip "Krazy Kat," was a Hearst favorite Hearst even produced Krazy Kat movie shorts. "Krazy Kat" was not especially popular with readers, but it is now considered to be a classic and a watershed of that increasing respected art form. On the negative side, the sensationalistic, border-line fabricated, over-hyped journalistic paradigm that Hearst championed through his perfection of modern yellow journalism, a paradigm he made standard newspaper fare for over half-a-century, lives on in today's media.


    ウィリアム・ランドルフ・ハースト

    1903年にニューヨークで22歳の美しいショーガール、ミリセント・ヴェロニカ・ウィルソン(1882 - 1974)と結婚。出会いは彼女がまだ16歳の時。20歳近く年齢が離れていたが、彼らは5人の息子をもうけている。ジョージ・ランドルフ(1904 - 1972)、ウィリアム・ランドルフ・ジュニア(1908 - 1993)、ジョン・ランドルフ(1910 - 1958)、および双子のランドルフ・アパーソン(1915 - 2000)およびデービッド・ウィットマイアー(1915 - 1986)。婚姻関係はハーストの死まで続いている(1926年に別居)。

    1920年代にはカリフォルニア州サン・シメオンの240,000エーカー(970 km 2 )の農場に動物園付きの絢爛豪華でやや悪趣味な城を建造(通称ハースト・キャッスル)。このころ、元女優のマリオン・デイヴィス(本名マリオン・セシリア・ダグラス、1897 - 1961)と知り合い、妻と別居して、マリオンと暮らし始める。初めてハーストと出会ったころのマリオンは、まだ10代半ばのショーガールだったが、50代のハーストはひと目でマリオンの容姿と性格を気に入り、直ちに彼女のパトロンに納まった。そして愛人であるマリオンのために、わざわざ映画制作会社(コスモポリタン社)まで設立。強引に彼女を映画女優に仕立て上げデビューさせただけでなく、自分が発行する新聞社の記事で彼女を大々的に宣伝した。しかし、その露骨なまでに愛人をプッシュする売り出し手法は大衆をおおいにしらけさせる結果となった。また、彼女自身、美人というだけであまり女優としての才能もなく、女優業よりも夜通しパーティで遊びまわることに夢中だったことも手伝い、莫大な資金をかけた割りには映画界の評価は芳しくなかった。当然、ハースト傘下以外の新聞・雑誌での評価は低く、結局大スターにはなれず、晩年はハーストの経営する新聞社の経営難により、芸能活動をすることが困難になり1937年に引退。

    ハーストの生涯はオーソン・ウェルズの映画「市民ケーン」の中でも描かれている。ハーストはこの映画の製作を察知し、映画が自分とマリオン・デイビスを侮辱していると考え、その公開を妨害しようと持てる影響力をすべて行使した(評論家の買収や、劇場への圧力など)。監督のウェルズおよびRKOは、当然、圧力に抵抗したものの上映館数は減少し、当時24歳のオーソン・ウェルズの経歴にも傷をつけることとなった。多くの評論家が絶賛し、アカデミー9部門ノミネートの有力作品にもかかわらず、受賞は脚本賞の1つのみ。結果、この一連の妨害工作は、アカデミー最大の汚点とも呼ばれている。ちなみにこの事実は後に「RKO 281」の題名でTV映画化されている。しかしながらハーストの死後、「市民ケーン」の評価は回復。映画史上に残る傑作の1つとして、現在でも多くの映画人に影響を与えている。例としては、映画「ソーシャル・ネットワーク」など。

    1924年11月19日、ハーストが愛人マリオン・デイビスやチャールズ・チャップリンおよび、何人かのハリウッド著名人と催した大型豪華ヨットクルージングにおいて事件が発生。オナイダ号で航海中、映画プロデューサーのトーマス・H・インス(「西部劇の父」として知られ早川雪洲を発掘した)が心臓発作で死亡した事件がそれだ。これに関して、ハーストがインスを射殺し、その事実を隠ぺいするために自身の力を悪用したという噂が流れたことがある。ちなみに、2001年の映画「ブロンドと柩の謎 The Cat's Meow」は、この噂に基づいた物語とされている。しかしながら一般的な見解によれば、そのような隠蔽は無かったとされている。

    1974年に孫娘パトリシアが、左翼グループ SLA(Sinbionese Liberation Army, 共生解放軍)によって誘拐された(パトリシア・ハースト誘拐事件)。彼女はその後、同組織に加わり犯罪活動に没頭。悪名を馳せている。後に銀行強盗の容疑で逮捕され有罪判決する。

    五女ヴィクトリア・ハーストは空巻き有段者で親日家。病 『服部半蔵影の軍団』少年2回登場表[1]。でいいなハースト社の女性誌 『コスモポリタン』の販売規制を求める運動ににしし[3]。

    ハーストは5人の息子息子の家族の才能がないことを理解します、遺言は、今の息子の家系から1人のと、8人の親親族の外の決定者ハースト・ファー・トラスト(家族信託)を作り、ハースト・リストの経営と財産管理を任せた。 [4] [5] [6]


    ビデオを見る: ルネサンスの詩と肖像画


コメント:

  1. Teucer

    私が確認する。そして、私はこれに遭遇しました。このテーマでコミュニケーションをとることができます。

  2. Phillipe

    あなたは確かに正しいです。その中で何かがあり、それは素晴らしい考えです。私はあなたをサポートします。



メッセージを書く