クセルクセス2世(紀元前425-424年)

クセルクセス2世(紀元前425-424年)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

クセルクセス2世(紀元前425-424年)

クセルクセス2世(紀元前425〜424年)は、ペルシャ帝国の非常に短命な統治者であり、わずか45日間の治世の後、父親の側室の1人の息子に殺されました。彼の父、アルタクセルクセス1世(紀元前464年から425年)は、紀元前425年に亡くなる前に、ギリシャ人に対してある程度の成功を収めた中程度の成功を収めた統治者でした。彼の唯一の正当な息子はクセルクセス2世として王位に就きましたが、わずか45日後、酔っぱらいの昏迷の最中に、父親の側室の1人(ソグディアノスまたはセクンディアノスという名前)の息子である異父母の命令で殺されました。 )。殺人者は数ヶ月後に自殺し、彼の殺人者はダレイオス2世(紀元前423年から404年)として王位に就きました。マイナー。アルタクセルクセスの治世からの最後の既知のタブレットとダリウスの最初のタブレットの間のギャップはわずか17日であるため、ソグディアノスとダリウスがほぼ同時に王位を主張した可能性があります(これは後で2つを拭きたいという願望を反映している可能性があります短命の治世は記録から)。


ペルシャのクセルクセスの下でのエステルとモルデカイ

ペルシャのクセルクセス王は、紀元前486年頃にペルシャ帝国を統治した、世界で最も強力な君主でした。 聖書のタイムライン 世界史と。彼は元ペルシャ王ダレイオス1世の息子でした。彼は伝統的に、エステルの聖書の物語で言及されているペルシャ王アハシュエロスであると考えられています。

クセルクセスの治世の3年目に、彼は彼の富のすべてを彼の帝国の高位の知事と役人に見せることができるように巨大な祭りを開催しました。クセルクセス王にはワシュティ女王という妻もいて、彼女は帝国の女性のための祝賀会を開いていました。儀式が進むにつれ、クセルクセス王はワシュティ女王を召喚し、出席者に彼女の美しさを披露することができました。女王は王の前に現れる代わりに、夫の要求に耳を傾けることを拒否しました。彼女は王に不従順だったので、ワシュティ女王は彼の存在から永遠に追放されました。

クセルクセス王は、女性が彼女の模範に従わないという法令を​​送らなければなりませんでした。彼は、帝国内での大規模な家庭内暴力と混乱から生じた可能性のある市民の不安を避けるためにこれを行いました。この物語は、エスターという非常に美しい女性と彼女の敬虔ないとこモルデカイの台頭の背景を設定します。神はユダの人々が罪のためにバビロンに捕囚されることを許すことを決心しました、そしてこの事件が起こったとき、モルデカイは少年でした。モルデカイには、ハダサーという娘がいるアビハイルという叔父がいました。現在、ハダサーは非常に美しい若い女性であり、彼女はエスターとも呼ばれていました。モルデカイは、父親のアビハイルと母親が亡くなった後、彼女を自宅に連れて行った。エステルはモルデカイの世話の中で安全に育ち、ユダヤ人の遺産の重要性についても彼から学びました。スーサ地方の人々は、エステルの美しさを知っていました。ある日、クセルクセス王は新しい女王を見つけることを決心し、王に連れて行く美しい処女の女性を見つける責任を彼らに持たせる目的で、各州内にエージェントを任命しました。ええと、この活動は彼らがエスターに出くわす前の期間にわたって行われました。エステルがこの任務に選ばれると、モルデカイは、王やその僕たちに自分のユダヤ人のアイデンティティについて決して話してはならないことを彼女に思い出させました。

エスターは最終的に王とその使用人の心を勝ち取り、ペルシャの新しい女王に選ばれました。モルデカイは王宮の内部で役職に就き、毎日彼らの職務を遂行しました。ある日、彼はクセルクセスを暗殺したいと思っていた2人の王の警備員の間の陰謀を耳にしました。モルデカイは王に警告し、警備員は反逆的であることが判明し、排除されました。クセルクセス王はモルデカイの情報を高く評価しましたが、彼は彼に報酬を与えませんでした。一方、ハマンというペルシャ帝国内の強力な王子は、この国で2番目に強力な支配者になりました。クセルクセス王は人々に、彼に会うときはいつでも彼に身をかがめるべきだと言いました。モルデカイを除いて、誰もがこの法令に同意しました。ハマンが宮殿に入るときはいつでも、モルデカイを除いてすべての役人がお辞儀をし、彼の反抗はハマンを非常に怒らせました。ハマンは、彼の反抗のためにモルデカイを殺すだけでなく、残りのユダヤ人も殺す計画を考案することに決めました。ハマンはアガガイトであり、彼の民はユダヤ人の古い敵でした。ハマン首相はクセルクセス王に影響を与え、彼の帝国内で他の人々とは異なる人々のグループを殺害しました。彼らは土地の法律に従わなかったからです。ハマン首相は、この要請で国王に近づく前にくじを引いていました。ハマン首相は、承認された後、国王の法令を実行するのに最適な日を決定できるように、くじを引いた。王は、人々がユダヤ人であることを知らなかったにもかかわらず、彼の計画に同意しました。ハマン首相はまた、モルデカイのために高さ75フィートの吊り下げ式プラットフォームを建設することを決定しました。

このプラットフォームが構築されている間、クセルクセス王は彼の王室の記録を読み通し、暗殺計画から命を救ったことでモルデカイに報いることは決してなかったことに気づきました。彼はハマンを召喚し、彼の奉仕のために人を称えるために彼が何をすべきかを彼に尋ねました。ハマン首相は当然、自分のことを話していると思い、王室の衣服を着て、王室の馬に乗って通りを案内するように言いました。クセルクセス王はハマン首相にモルデカイのためにこれを行うように言いました、そしてハマンはその経験に屈辱を与えられました。モルデカイはハマン首相が何をしたかを知り、絶望し始めた。彼は人々を救うためにエスターに訴えなければならないことを知っていました。

エスターは人々を救いたかったのですが、大きな問題が1つありました。彼女は招待されなければならなかった王の前に行くことができませんでした。さもなければ彼女は命を失うかもしれません。モルデカイは、もし彼女がこれらの行動に従わなかった場合、神は彼女の代わりに別の救い主を得るつもりであり、彼女は殺されるだろうと彼女を説得しなければなりませんでした。エスターは同意して断食し、王に会いに行きました。王は彼女の存在を称え、彼女は王とハマン首相との2日間の宴会を要求した。宴会の2日目に、エステル女王は王に何が起こったのかを明らかにし、ハマンはモルデカイのために設計したポールに絞首刑にされました。ユダヤ人はハマンの共感者によって絶滅することをなんとか回避し、モルデカイは彼の地位に選出されました。神はエステル女王とそのいとこであるモルデカイ首相を使って、ペルシャ帝国の支配下にある間にユダヤ人が絶滅するのを防ぎました。プリムの祭りは、ユダヤ人にエステル女王とモルデカイによって絶滅から救われたことを思い出させるためにモルデカイによって設立されました。聖書の参照:聖書のエステル記には、エステル記とモルデカイの全話が含まれています。


コンテンツ

Xérxēs (Ξέρξης)はギリシャ語とラテン語(クセルクセス, Xerses)旧イラン語の音訳 Xšaya-ṛšā (「英雄を支配する」)、これは最初の部分で見ることができます xšaya、「裁定」を意味し、2番目 ṛšā、「ヒーロー、マン」を意味します。 [11] Xerxesの名前はアッカド語で次のように知られていました Ḫi-ši-ʾ-ar-šá アラム語で ḥšyʾrš。 [12]クセルクセスは、アケメネス朝の支配者の間で人気のある名前になるでしょう。 [11]

クセルクセスの悪い評判の多くは、マケドニアの王アレキサンダー大王(紀元前336年から323年)による宣伝によるものであり、彼は彼を非難した。 [13]現代の歴史家リチャード・ストーンマンは、クセルクセスの描写を、現代のギリシャの歴史家ヘロドトスの作品において、より微妙で悲劇的なものと見なしている。 [13]しかし、多くの現代の歴史家は、ヘロドトスが偽の情報を記録したことに同意しています。 [14] [15]ピエール・ブリアンは、ペルシャ人のステレオタイプで偏った描写を提示したとして彼を非難した。 [16]エラム語、アッカド語、エジプト語、アラム語で書かれた多くのアケメネス朝の粘土板やその他の報告は、古典作家、つまりクテシアス、プルターク、ジャスティンの報告と矛盾することがよくあります。 [17]

親子関係と出生編集

クセルクセスの父は、アケメネス朝の現職の君主であるダレイオス大王(紀元前522年から486年)でしたが、彼自身は帝国の創設者であるキュロス大王の家族の一員ではありませんでした。 [18] [19]クセルクセスの母親は、サイラスの娘であるアトッサであった。ダリウスとアトッサは紀元前522年に結婚し[21]、クセルクセスは紀元前518年頃に生まれた。 [22]

育成と教育編集

ギリシャの対話FirstAlcibiadesによると、彼らは宦官によって育てられたペルシャの王子の典型的な育成と教育について説明しています。 7歳になると、14歳で乗り方や狩り方を学び、「賢く、公正で、賢明で勇敢」になる方法を教えた貴族の家畜の4人の教師から教えられました。 [24]ペルシャの王子たちはまた、ゾロアスター教の基本について、真実であり、自制心を持ち、勇気を持っていることを教えられた。 [24]対話はさらに、「ペルシャ人にとって、恐怖は奴隷制と同等である」と付け加えた。 [24] 16歳か17歳のとき、彼らは10年間「国家奉仕」を始めました。これには、アーチェリーとやり投げの練習、賞品の競争、狩猟が含まれていました。 [25]その後、彼らは約25年間軍に勤め、その後長老と国王の顧問の地位に昇進した。 [25]

ペルシャのエリートの間でのこの教育の説明は、彼がよく知っていた紀元前5世紀のアケメネス朝の王子小キュロスについてのクセノポンの説明によって裏付けられています。 [25]ストーンマンは、これがクセルクセスが経験したタイプの育成と教育であったことを示唆している。 [26]クセルクセスが読み書きを学んだかどうかは不明であり、ペルシア人は書かれた文学よりもオーラルヒストリーを好んでいた。 [26]ストーンマンは、クセルクセスの育成と教育は、17世紀のサファヴィー朝の王アッバース大王など、後のイランの王のそれとそれほど変わらなかった可能性があると示唆している。 [26]紀元前498年から、クセルクセスはバビロンの王宮に住んでいた。 [27]

王位への加入編集

ダリウスがギリシャとの別の戦争の準備をしている間、紀元前486年に、高額の税金とスーサとペルセポリスに王宮を建設するための職人の強制送還により、エジプトで反乱が起こりました。ペルシャの法律では、国王は危険な遠征に着手する前に後継者を選ぶ必要がありました。ダリウスが去ることを決心したとき(紀元前487年から486年)、彼(ダリウス)はナクシェ・ロスタム(ペルセポリスの王宮から5キロ)に墓を準備し、アトッサの長男であるクセルクセスを後継者として任命しました。しかし、ダリウスは健康を害したためキャンペーンを主導できず、紀元前486年10月に64歳で亡くなりました。[28]

アルトバザンは王冠をすべての子供たちの長男であると主張し、一方、クセルクセスは彼がサイラスの娘であるアトッサから生まれたと主張し、ペルシャ人の自由を勝ち取ったのはサイラスであったと主張した。クセルクセスはまた、当時ペルシャにいた亡命中のスパルタ王、エウリュポン朝の王デマラトスによって助けられました。父が王である間、王権の相続人です。 [29]現代の学者の中には、キュロス大王と彼の娘アトッサが楽しんだ独特の立場を考慮した結果として、クセルクセスに王位を与えるというダリウスの珍しい決定も見ている。 [30]アルトバザンは「主題のダリウス」に生まれ、クセルクセスはダリウスが王位に就いた後に紫色で生まれた長男であり、アルトバザンの母親は平民であり、クセルクセスの母親は帝国の創設者の娘であった。 [31]

クセルクセスは、紀元前486年10月から12月[32]に、彼が約36歳のときに戴冠し、父親の後を継いだ。 [33]クセルクセスへの権力の移行は、アトッサの偉大な権威[34]のおかげもあってスムーズであり、彼の王権への加入は、法廷、アケメネス朝の家族、または対象国の誰からも異議を唱えられなかった。 [35]

Xerxesの加入時に、彼のドメインのいくつかで問題が発生していました。エジプトで反乱が発生しました。これは、クセルクセスが個人的に軍隊を率いて秩序を回復させるのに十分危険だったようです(これにより、彼は軍事作戦で統治を開始する機会も与えられました)。 [36]クセルクセスは紀元前484年1月に反乱を鎮圧し、反乱の最中に殺害されたと伝えられている以前のサトラップのフェレンダテスに代わって、兄のアケメネスを国のサトラップとして任命した。 [37] [27]エジプトの反乱の鎮圧は、過去3年間にダリウスによって動員されていた軍隊を消費した。 [36]したがって、クセルクセスはギリシャへの遠征のために別の軍隊を編成しなければならず、これには4年かかった。 [36]バビロンにも不安があり、クセルクセスに対して少なくとも2回反乱を起こした。最初の反乱は紀元前484年の6月か7月に発生し、ベルシマンニという名前の反乱軍によって率いられました。ベルシンマニの反乱は短命であり、彼の治世中に書かれたバビロニアの文書は2週間しか説明していません。 [38]

2年後、バビロンは別の反乱軍の指導者、シャマシュエリバを生み出した。紀元前482年の夏から、シャマシュエリバはバビロン自体と、ボルシッパやディルバトなどの他の近隣の都市を占領し、バビロンの長い包囲の後、紀元前481年3月に敗北しました。 [38]バビロンの不安の正確な原因は定かではありません。 [36]増税が原因だった可能性があります。 [39]これらの反乱の前に、バビロンはアケメネス朝の中で特別な地位を占めていた。アケメネス朝の王は「バビロンの王」と「全土の王」と呼ばれ、バビロニアを彼らの帝国内の幾分別個の存在として認識していた。同君連合で彼ら自身の王国と団結した。クセルクセスは「バビロンの王」を彼の名声から落とし、以前は大きなバビロニアのサトラップ(新バビロニア帝国の領土の大部分を占めていた)をより小さなサブユニットに分割しました。 [40]

古典的な作家によって書かれたテキストを使用して、クセルクセスが2つの反乱に続いてバビロンに残忍な復讐を制定したとしばしば想定されます。古代の作家によると、クセルクセスはバビロンの要塞を破壊し、市内の寺院に損害を与えました。エサギラは大きな被害にさらされたとされ、クセルクセスはマルドゥク像を都市から運び去り[41]、おそらくそれをイランに運び、溶かした(古典的な作者は、像は完全に金でできていたと主張した。それを溶かすことを可能にしたでしょう)。 [38]現代の歴史家アミリー・クアートは、クセルクセスが寺院を破壊した可能性は低いと考えているが、彼の話はバビロニア人の間の反ペルシャ感情に由来しているのではないかと信じている。 [42]像がバビロンから完全に取り除かれたかどうかは疑わしく[38]、クセルクセスが都市から像を取り除いたと示唆する人さえいるが、これは神の像ではなく人間の黄金の像であったマルドゥク。 [43] [44]それについての言及は以前の期間と比較してかなり不足しているが、現代の文書は、バビロニアの新年祭がアケメネス朝の期間中に何らかの形で続いたことを示唆している。 [45]バビロニア人自身からペルシア人への統治権の変更と、反乱後のクセルクセスによる都市のエリート家族の交代により、祭りの伝統的な儀式やイベントが大幅に変更された可能性があります。 [46]

ギリシャ本土への侵略編集

ダリウスは、ギリシャ本土に侵攻するための第2軍を準備する過程で亡くなり、イオニアの反乱への干渉、サルディスの焼却、そしてマラソンのペルシャ人。紀元前483年から、クセルクセスは遠征の準備をしました。クセルクセス運河はアトス山半島の地峡を掘り進み、トラキアを通る道路の駅に食料が保管され、後にクセルクセスの舟橋として知られる2つの舟橋が架けられました。ヘレスポント。多くの国籍の兵士が、アシリア人、フェニキア人、バビロニア人、エジプト人、ユダヤ人、[50]マケドニア人、ヨーロッパのトラキア人、パエオニア人、アカイア人のギリシャ人など、彼の多民族の巨大なユーラシア規模の帝国全体からクセルクセスの軍隊に仕えました。イオニア人、エーゲ海の島民、アイオリス人、ポントゥス出身のギリシャ人、コルキア人、インディアンなど。

ギリシャの歴史家ヘロドトスによると、嵐が橋の亜麻とパピルスのケーブルを破壊したとき、クセルクセスがヘレスポントを橋渡しする最初の試みは失敗に終わった。報復として、クセルクセスはヘレスポント(海峡自体)に300回の鞭打ちを命じ、束縛を水に投げ込んだ。 XerxesがHellespontを橋渡しする2回目の試みは成功しました。 [51]シチリアへのカルタゴの侵略は、ギリシャにシラキュースとアグリジェントの強力な君主の支持を奪った。古代の情報筋は、クセルクセスが責任を負っていると想定しており、現代の学問は懐疑的である。 [52]さらに、多くの小さなギリシャの州、特にテッサリア、テーベ、アルゴスがペルシア人の側に立った。クセルクセスは最初の戦いで勝利を収めました。

クセルクセスは紀元前480年の春にサルディスから出発し、ヘロドトスが推定した艦隊と軍隊は約100万人で、1万人のエリート戦士がイモータルと名付けられました。より最近の推定では、ペルシャ軍は約60,000人の戦闘員に配置されています。 [53]

テルモピュライの戦いとアテネの破壊編集

テルモピュライの戦いでは、スパルタのレオニダス王が率いるギリシャの戦士の小さな軍隊が、はるかに大きなペルシャ軍に抵抗しましたが、最終的には敗北しました。ヘロドトスによれば、ペルシャ人は、エピアルテースと呼ばれるギリシャ人がペルシャ人に山の周りの別のパスを告げることによって彼の国を裏切った後、スパルタのファランクスを壊しました。アルテミシウムでは、大嵐によりギリシャ側から船が破壊されたため、ギリシャ人がテルモピュライでの敗北のニュースを受け取り、撤退したため、戦闘は時期尚早に停止しました。

テルモピュライの後、アテネは捕らえられました。アテナイ人のほとんどは、クセルクセスが到着する前に、都市を放棄し、サラミス島に逃げました。小グループがアテナイのアクロポリスを守ろうとしましたが、敗北しました。クセルクセスはアテネの破壊を命じ、都市を焼き払い、ペルサーシュットとして知られる考古学的に証明された破壊層を残しました。 [54]このようにして、ペルシア人はコリントス地峡の北にあるギリシャ本土全体の支配権を獲得した。 [4]

サラミスとプラタイアの戦い編集

クセルクセスは、テミストクレスのメッセージ(ハリカルナッソスのアルテミシアの助言に反して)によって、彼の船の一部をペロポネソスに送ってギリシャ軍の解散を待つのではなく、不利な条件下でギリシャ艦隊を攻撃するように誘導されました。サラミスの海戦(紀元前480年9月)はギリシャ艦隊が勝利し、その後クセルクセスはテッサリアにウィンターキャンプを設立しました。

ヘロドトスによれば、ギリシャ人がヘレスポントを渡る橋を攻撃し、ヨーロッパで彼の軍隊を罠にかけるかもしれないことを恐れて、クセルクセスは彼と一緒に軍隊の大部分を連れてアジアに戻ることに決めました。 [55]撤退のもう一つの原因は、帝国の主要な州であるバビロンでの継続的な不安が国王の個人的な注意を必要としたことであったかもしれない。 [56]彼はギリシャに派遣団を置き去りにして、ヘロドトスによればそもそも撤退を提案したマルドニオスの下でキャンペーンを終えた。この部隊は翌年プラタイアでギリシャの都市国家の合同部隊によって敗北し、ギリシャに対するペルシャの攻撃を永久に終わらせた。

ギリシャでの軍事的失敗の後、クセルクセスはペルシャに戻り、スーサとペルセポリスで父親が未完成のまま残した多くの建設プロジェクトの完了を監督しました。彼は、万国の門とペルセポリスの百柱のホールの建物を監督しました。これらは、宮殿の最大かつ最も印象的な建造物です。彼は、アパダーナ、タチャラ(ダリウスの宮殿)、財務省の完成を監督しました。これらはすべてダリウスによって始められ、父親の2倍の大きさの自分の宮殿を建てました。彼の建築の好みはダリウスのそれと似ていましたが、さらに巨大な規模でした。 [57]彼はアパダナの外面にカラフルなエナメルレンガを敷いていた。 [58]彼はまた、彼の父によって建てられた王道を維持し、スーザ門を完成させ、スーサに宮殿を建てた。 [59]

紀元前465年8月、王室の護衛の指揮官であり、ペルシャの法廷で最も強力な役人であるアルタバノスは、宦官のアスパミトレの助けを借りてクセルクセスを暗殺しました。アルタバノスは、ヒュルカニア人であるクセルクセスの有名な叔父と同じ名前を持っていましたが、彼の著名人の台頭は、法廷の宗教地区での彼の人気とハーレムの陰謀によるものでした。彼は7人の息子を重要な位置に置き、アケメネス朝の王位を奪う計画を立てました。 [60]

ギリシャの歴史家は、矛盾した出来事の説明をしています。クテシアス(ペルシカ20世)によると、アルタバノスはその後、クセルクセスの長男である皇太子ダリウスを殺人で非難し、クセルクセスの息子であるアルタクセルクセスを説得して、ダリウスを殺すことで愛国者に復讐させた。しかし、アリストテレス(Politics 5.1311b)によると、Artabanusは最初にDariusを殺し、次にXerxesを殺しました。 Artaxerxesが殺人を発見した後、彼はArtabanusと彼の息子を殺しました。 [61]これらの陰謀に参加したのは、一般的なメガビズであり、その側を切り替えるという決定は、おそらくアケメネス朝がペルシャの王位の支配を失うことから救った。 [62]

宗教編集

クセルクセスとその前任者がゾロアスター教の影響を受けていたかどうかについては、学問において一般的なコンセンサスはありませんが[63]、クセルクセスが最高神と見なしたアフラマズダーをしっかりと信じていたことは十分に確立されています。 [63]しかしながら、アフラ・マズダーはまた、(インド-)イランの宗教的伝統の信奉者によって崇拝されていた。 [63] [64]他の宗教の扱いについて、クセルクセスは前任者と同じ方針に従い、地元の宗教学者に訴え、地元の神々に犠牲を払い、混乱を引き起こした都市や国の寺院を破壊した。 [65]


クセルクセス

クセルクセスは、ギリシャへの2回目のペルシャ侵攻の原動力でした。それは当時の世界の歴史の中で最も野心的な軍事事業であり、ペルシャにとっては完全な惨事に終わった。クセルクセスの巨大な軍隊は、ギリシャ軍によってその規模の何分の1かで決定的に殴打されました。彼の治世からわずか6年で起こったこの出来事は、クセルクセスを壊滅させ、彼はさらに15年間統治しましたが、彼の残りの人生の間、実質的に改革や征服の野心的なプロジェクトに着手しませんでした。クセルクセスの性格は、ヘロドトスが寛大な威厳と悪魔的な残酷さの両方が可能であると描写する一連の逸話を通して説明されています。彼は細心の注意を払って、そして無意識のうちに発疹を起こす可能性があります。彼はペルシャ戦争の危機を防ぐために、またはそれが起こったときに災害に対処するために十分な確固たる憲法を持っていませんでした。

サラミスの戦いを見るXERXES、Z ICK
クセルクセスはダレイオスの長男ではありませんでしたが、キュロス大王の娘であるアトッサの長男であり、ダレイオスが王になった後に生まれた長男でした。これらの要因が彼に有利に働き、彼は父親のダリウスの死で王と宣言されました。クセルクセスの2人の主要な顧問は、慎重で保守的な大臣である叔父のアルタバノスと、ダリウスで最も信頼されている将軍の1人であるマルドニオスでした。エジプトで反乱を起こした後、クセルクセスはマラソンでのペルシャの敗北を報復するかどうかを決定しなければなりませんでした。この場合、マルドニオスはギリシャに対して行動を起こすことに賛成し、アルタバノスは反対しました。よく考え、ギリシャを征服するように彼に命じた夢の後、クセルクセスは準備を始めました。 2回の遠征に失敗した後、彼はチャンスを逃したくて、アトス山の半島に運河を掘り、ヘレスポントに巨大な橋を架け、世界最大の軍隊のために店を建てるなど、入念な準備をしました。 。

490Bの春でした。 NS 。クセルクセスが彼の偉大な軍隊と艦隊と共にヘレスポントを横断するために出発したとき。この時までに、彼の叔父のアルタバノスはスーサに戻っていましたが、他の2人の著名な顧問が彼と一緒にギリシャに旅行しました。これらは、追放されたスパルタ王であるデマラトスと、ハリカルナッソスの女王であるアルテミシア、そしてクセルクセス軍の将軍でした。クセルクセスがマルドニオスと彼の他の野心的な将軍から受けていたアドバイスに反対して、両方とも注意を促した。ギリシャ人との最初の口論はテルモピュライで起こりました。これはペルシャの勝利をもたらしましたが、莫大な費用がかかりました。クセルクセスはスパルタ人の熱狂的な抵抗に感銘を受けることを忘れることはできなかったが、ついに彼は勝った。数週間以内に、彼の軍隊はアッティカ全体を制圧し、彼の巨大な艦隊はギリシャ艦隊をアテネ沖の島に閉じ込めました。クセルクセスは完全な自信を持って、サラミス沖での勝利の海戦に備えました。しかし、その日の終わりまでに、クセルクセス海軍は廃墟となり、ギリシャ人は圧倒的な勝利を収め、クセルクセスは自分の安全を恐れ始めました。彼は、将軍の助言を受けてすぐにペルシャに戻り、マルドニオスを陸軍の指揮下に置くことができなかっただけで幸せでした。 1年後、マルドニオスの軍隊はプラタイアの戦いで押しつぶされました。ペルシャの敗北は完了しました。


クセルクセス1世についての事実

  • クセルクセスはダレイオス大王の息子であり、アトッサ女王はキュロス大王の娘でした。
  • 誕生時に、XerxesはKhashayarと名付けられました。これは「英雄の王」と訳されます。
  • クセルクセス1世のギリシャ遠征では、史上最大かつ最も手ごわい装備の陸軍と海軍がこの分野に投入されました。
  • クセルクセスはエジプトの反乱を断固として鎮圧し、弟のアケメネスをエジプトのサトラップとして設置しました
  • クセルクセスはまた、エジプトの以前の特権的地位を終わらせ、ギリシャへの侵略を供給するための食料と材料の輸出に対する彼の要求を急激に増加させました。
  • エジプトはペルシャ海軍にロープを提供し、連合艦隊に200の三段櫂船を寄贈しました。
  • クセルクセス私はゾロアスター教の神アフラマズダーを崇拝しました

今日、クセルクセス1世は、紀元前480年のギリシャに対する彼の巨大な遠征で最もよく知られています。古代の歴史家ヘロドトスによると、クセルクセスは史上最大かつ最も手ごわい装備の侵略軍を集めました。しかし、彼はペルシャ帝国全体にわたる彼の大規模な建設プロジェクトでも当然のことながら有名です。

家族の血統

クセルクセスは、私がダレイオス大王(550-486 BCE)として知っていたダレイオス王とキュロス大王の娘であったアトッサ女王の息子でした。生き残った証拠は、クセルクセスが紀元前520年頃に生まれたことを示しています。

誕生時に、クセルクセスは「英雄の王」と訳されるカシャヤールと名付けられました。 Xerxesはギリシャ語のKhashayarです。

エジプトのペルシャサトラップ

エジプトの第26王朝、プサメティコス3世の間に、最後のファラオは、紀元前525年5月にエジプトのナイル川デルタ地域東部で行われたペルシウムの戦いでカンビュセス2世が指揮するペルシャ軍に敗北しました。

カンビュセスはその年の後半にエジプトのファラオに戴冠しました。これはエジプトをサトラップの地位に追いやり、エジプトに対するペルシャの支配の最初の期間を開始しました。アケメネス朝はキプロス、エジプト、フェニキアを束ねて第6サトラップを作りました。アリュアンデスは州知事に任命されました。

ダリウスは、前任者のカンビュセスよりもエジプトの内政に関心を持っていました。ダリウスは、エジプトの法律を成文化し、スエズ運河システムを完成させて、紅海からビター湖への水上交通を可能にしたと言われています。この重要な工学的成果により、ダリウスは熟練したエジプトの職人や労働者を輸入してペルシャに宮殿を建てることができました。この移住は、小規模なエジプトの頭脳流出を引き起こしました。

ペルシャ帝国に対するエジプトの従順は、紀元前525年から紀元前404年まで続きました。サトラップは、ファラオのアミルタイオスが率いる反乱によって打倒されました。紀元前522年後半または紀元前521年初頭、エジプトの王子はペルシア人に反抗し、ファラオプトゥバスティスIIIと宣言しました。クセルクセスは反乱を終わらせた。

クセルクセスがペルシャの王位に昇天した後の紀元前486年、ファラオプサムティック4世の下のエジプトは再び反乱を起こしました。クセルクセスは決定的に反乱を鎮圧し、エジプトのサトラップとして弟のアケメネスを設置しました。クセルクセスはまた、エジプトの以前の特権的地位を終わらせ、ギリシャへの彼の次の侵略を供給するために、食料と材料の輸出に対する彼の要求を急激に増加させました。エジプトはペルシャ海軍にロープを提供し、連合艦隊に200の三段櫂船を寄贈しました。

クセルクセス1世はまた、エジプトの伝統的な神々と女神のパンテオンの代わりに、彼のゾロアスター教の神であるアフラマズダーを宣伝しました。彼はまた、エジプトの記念碑への資金提供を永久に停止しました。

クセルクセス1世

歴史家にとって、クセルクセスの名前は彼のギリシャ侵攻と永遠に結びついています。クセルクセス1世は紀元前480年に彼の侵略を開始しました。彼はそれまでに集まった最大の陸軍と海軍を集めました。彼は、軍隊に効果的に抵抗するための軍事力を欠いたギリシャ北部と中央部の小さな都市国家を簡単に征服しました。

スパルタとアテネは力を合わせてギリシャ本土の防衛を主導しました。クセルクセス1世は、彼の軍隊がスパルタの兵士の小さな英雄的なグループによって拘束されていたにもかかわらず、壮大なテルモピュライの戦いで勝利を収めました。その後、ペルシャ人はアテネを略奪した。

独立したギリシャの都市国家の合同海軍は、サラミスの海戦でのエジプトの三段櫂船200隻の貢献を含むペルシャ海軍を打ち負かすことにより、軍事力を逆転させました。海軍の決定的な敗北の後、クセルクセスはギリシャ本土から撤退することを余儀なくされ、ギリシャの歩兵部隊の一部を座礁させました。ギリシャの都市国家の連立は、アイオーニアの近くで別の海戦に勝つ前に、ペルシャ軍のこの残党を打ち負かすために彼らの軍隊を結合しました。これらの逆転の後、クセルクセス1世はギリシャ本土への侵入をこれ以上試みませんでした。

世界の王になるというクセルクセスの野心は衰退し、彼は快適にペルシャの3つの首都、スーサ、ペルセポリス、エクバタナに引退しました。帝国を越えた継続的な紛争はアケメネス朝に打撃を与えましたが、その繰り返される軍事的損失はかつて手ごわいペルシャ軍の戦闘効果を損ないました。

Xerxesは、より大きく、さらに壮大なモニュメントの建設に多くの努力を注いでいます。この建設のビンジは、彼の悲惨なギリシャのキャンペーンの後に弱体化した国庫をさらに枯渇させました。

クセルクセスは、帝国のすべての部分を結ぶ複雑な道路網を維持しました。特に、帝国の一方の端からもう一方の端まで運んでいた王の道は、ペルセポリスとスーサをさらに拡大しました。クセルクセスが個人的な喜びに焦点を合わせたことで、帝国の権力と影響力が低下しました。

クセルクセス私はまた、彼の治世を打倒するための多くの試みと戦わなければなりませんでした。 Surviving records show Xerxes I executed his brother Masistes and his entire family. These records disagree about the motivation for these executions.

In 465 B.C. Xerxes and Darius, his heir, were murdered during an attempted palace coup.

Worship of Zoroastrian God Ahura Mazda

Xerxes worshipped a Zoroastrian deity Ahura Mazda. Surviving artifacts fail to clarify whether Xerxes was an active follower of Zoroastrianism but they do confirm his worship of Ahura Mazda. Numerous inscriptions declare actions Xerxes I had taken or construction projects he had undertaken to honour Ahura Mazda.

Throughout the Achaemenid Dynasty, no images were allowed of Ahura Mazda. In the place of their idol, Persian kings had pure white horses leading an empty chariot to accompany them into battle. This reflected their belief that Ahura Mazda would be encouraged to accompany their army granting them victory.

Reflecting On The Past

Xerxes I’s reign was cut short by his assassination by Artabanus one of his ministers. Artabanus also murdered Xerxes’ son Darius. Artaxerxes I, Xerxes’ other son killed Artabanus and assumed the throne.


Xerxes being named the heir to his father caused a bit of controversy, as he wasn’t actually the king’s eldest son. However, Xerxes’s mother was a daughter of Cyrus the Great, and Xerxes was 彼女 eldest son. So while Xerxes’s older brother Artabazenes laid a claim to the throne, his mother was a commoner, so he lost out to the more royal Xerxes.

シャッターストック

A Survey of the Achaemenid Dynasty of Rulers of the Persian Empire Part II

Dec 03, 2019 #1 2019-12-03T13:33

A Survey of the Achaemenid Dynasty of Rulers of the Persian Empire Part II


Xerxes I

Xerxes I was born to Darius I and Atossa (daughter of Cyrus the Great). Darius and Atossa were both Achaemenids as they were both descendants of Achaemenes. While Darius was preparing for another war against Greece, a revolt spurred in Egypt in 486 BC due to heavy taxes and the deportation of craftsmen to build the royal palaces at Susa and Perseopolis. Under Persian law, the king was required to choose a successor before setting out on dangerous expeditions.


Xerxes I

Xerxes was crowned and succeeded his father in October–December 486 BC. The transition of power to Xerxes was smooth due again in part to the great authority of Atossa and his accession of royal power was not challenged by any person at court or in the Achaemenian family, or any subject nation. With Xerxes, the decay of the Achaemenid empire began. Again and again the state was afflicted by rebels, often rebellious satraps.

Almost immediately, Xerxes crushed revolts in Egypt and Babylon that had broken out the year before, and appointed his brother Achaemenes as satrap over Egypt. From 483 BC, Xerxes prepared his expedition to invade the Greek mainland: The Xerxes Canal was dug through the isthmus of the peninsula of Mount Athos, provisions were stored in the stations on the road through Thrace, and two pontoon bridges later known as Xerxes' Pontoon Bridges were built across the Hellespont. Soldiers of many nationalities served in the armies of Xerxes from all over his multi-ethnic massive Eurasian-sized empire and beyond.


Xerxes set out in the spring of 480 BC from Sardis with a fleet and army estimated at around 60,000 combatants. At the Battle of Thermopylae, a small force of Greek warriors led by King Leonidas of Sparta resisted the much larger Persian forces, but were ultimately defeated. At Artemisium, large storms had destroyed ships from the Greek side and so the battle stopped prematurely as the Greeks received news of the defeat at Thermopylae and retreated.

After Thermopylae, Athens was captured. Most of the Athenians had abandoned the city and fled to the island of Salamis before Xerxes arrived. A small group attempted to defend the Athenian Acropolis, but they were defeated. Xerxes ordered the Destruction of Athens and burnt the city. The Persians thus gained control of all of mainland Greece to the north of the Isthmus of Corinth.


Xerxes was induced to attack the Greek fleet under unfavorable conditions, rather than sending a part of his ships to the Peloponnesus and awaiting the dissolution of the Greek armies. The Battle of Salamis (September, 480 BC) was won by the Greek fleet, after which Xerxes set up a winter camp in Thessaly. According to Herodotus, fearing that the Greeks might attack the bridges across the Hellespont and trap his army in Europe, Xerxes decided to retreat back to Asia, taking the greater part of the army with him.

Another cause of the retreat might have been continued unrest in Babylon, which, being a key province of the Achaemenid Empire, required the king's own attention. He left behind a contingent in Greece to finish the campaign under Mardonius, who according to Herodotus had suggested the retreat in the first place. This force was defeated the following year at Plataea by the combined forces of the Greek city states, ending the Persian offensive on Greece for good.


Tomb of Xerxes I

Xerxes returned to Persia and oversaw the completion of the many construction projects left unfinished by his father at Susa and Persepolis. He oversaw the building of the Gate of All Nations and the Hall of a Hundred Columns at Persepolis, which are the largest and most imposing structures of the palace. He oversaw the completion of the Apadana, the Palace of Darius and the Treasury, all started by Darius, as well as having his own palace built which was twice the size of his father's. His taste in architecture was similar to that of Darius, though on an even more gigantic scale.

In August 465 BC, Artabanus, the commander of the royal bodyguard and the most powerful official in the Persian court, assassinated Xerxes with the help of a eunuch. Although Artabanus bore the same name as the famed uncle of Xerxes, his rise to prominence was due to his popularity in religious quarters of the court and harem intrigues. He put his seven sons in key positions and had a plan to dethrone the Achaemenids.

Artaxerxes I was the sixth King of Kings of the Achaemenid Empire, from 465-424 BC, and the third son of Xerxes I. When Xerxes I was murdered by Artabanus, the commander of the royal bodyguard and the most powerful official in the Persian court, Artabanus then accused the Crown Prince Darius, Xerxes's eldest son, of the murder and persuaded Artaxerxes, to avenge the patricide by killing Darius. But according to Aristotle, Artabanus killed Darius first and then killed Xerxes. After Artaxerxes discovered the murder, he killed Artabanus and his sons.

Artaxerxes had to face a revolt in Egypt in 460–454 BC led by Inaros II, who was the son of a Libyan prince named Psamtik, presumably descended from the Twenty-sixth Dynasty of Egypt. In 460 BC, Inaros II revolted against the Persians with the help of his Athenian allies, and defeated the Persian army commanded by satrap Akheimenes. The Persians retreated to Memphis, and the Athenians were finally defeated in 454 BC, by the Persian army led by Megabyzus, after a two-year siege. Inaros was captured and carried away to Susa.


Artaxerxes I

Military action between Greece and Persia was at a standstill since the Persian defeat at the Battle of the Eurymedon c. 469 BC. When Artaxerxes I took power, he introduced a new Persian strategy of weakening the Athenians by funding their enemies in Greece. This indirectly caused the Athenians to move the treasury of the Delian League from the island of Delos to the Athenian acropolis. This funding practice inevitably prompted renewed fighting in 450 BC, where the Greeks attacked at the Battle of Cyprus. After Cimon's failure to attain much in this expedition, the Peace of Callias was agreed among Athens, Argos and Persia in 449 BC.

The last inscription mentioning Artaxerxes I being alive can be dated to 424 BC.

Xerxes II was the son and successor of Artaxerxes I. After a reign of forty-five days, he was assassinated in 424 BC by his brother Sogdianus, who in turn was murdered by Darius II after a reign of six months.

Xerxes apparently succeeded to the throne but two of his illegitimate brothers claimed the throne for themselves. The first was Sogdianus, Artaxerxes I's son by his concubine Alogyne of Babylon. The second was Darius II, Artaxerxes I's son by his concubine Cosmartidene of Babylon, who was married to their common half-sister Parysatis, daughter of Artaxerxes I and his concubine Andia of Babylon.

Sogdianus was executed by being suffocated in ash because Darius had promised he would not die by the sword, by poison or by hunger.

Darius II rebelled against Sogdianus, and after a short fight killed him, and suppressed by treachery the attempt of his own brother Arsites to imitate his example. Historians know little about Darius II's reign. A rebellion by the Medes in 409 BC is mentioned by Xenophon. It does seem that Darius II was quite dependent on his wife Parysatis.


As long as the power of Athens remained intact he did not meddle in Greek affairs. When in 413 BC, Athens supported the rebel Amorges in Caria, Darius II would not have responded had not the Athenian power been broken in the same year at Syracuse. As a result of that event, Darius II gave orders to his satraps in Asia Minor, Tissaphernes and Pharnabazus, to send in the overdue tribute of the Greek towns and to begin a war with Athens. To support the war with Athens, the Persian satraps entered into an alliance with Sparta. In 408 BC he sent his son Cyrus to Asia Minor, to carry on the war with greater energy.

Darius II died in 404 BC, in the nineteenth year of his reign.

Artaxerxes II, Artaxerxes III, and Artaxerxes IV

For the next 68 years, the Persian Empire was ruled by a series of weak kings. Each reign was marked by rebellions of their satraps and provinces, especially in Egypt.

Intrigue and murder within the royal families became the norm further weakening the empire’s ability to defend itself and maintain stability. The end of this period saw the rise of the Macedonian king Philip II, who took advantage of the chaotic rule in Persia.

Darius III was the last king of the Achaemenid Empire of Persia, from 336 BC to 330 BC. His empire was unstable, with large portions governed by jealous and unreliable satraps and inhabited by disaffected and rebellious subjects.


Darius III

In 336 BC Philip II of Macedon was authorized by the League of Corinth as its Hegemon to initiate a sacred war of vengeance against the Persians for desecrating and burning the Athenian temples during the Second Persian War, over a century before. He sent an advance force into Asia Minor under the command of his generals Parmenion and Attalus to liberate the Greeks living under Persian control. After they took the Greek cities of Asia from Troy to the Maiandros river, Philip was assassinated and his campaign was suspended while his heir consolidated his control of Macedonia and the rest of Greece.

In 334 BC, Alexander the Great began his invasion of the Persian Empire and subsequently defeated the Persians in a number of battles before looting and destroying their capital, Persepolis, by fire in 330 BC. With the Persian Empire now effectively under Alexander's control, Alexander then decided to pursue Darius. Before Alexander reached him, however, Darius was killed by his cousin Satrap Bessus.


A Macedonian soldier found Darius either dead or dying in a wagon shortly after Bessus left him, a disappointment to Alexander, who wanted to capture Darius alive. Alexander saw Darius’s dead body in the wagon, and took the signet ring off the dead king’s finger. Afterwards he sent Darius’s body back to Persepolis, gave him a magnificent funeral and ordered that he be buried, like all his royal predecessors, in the royal tombs. After killing Darius, Bessus took the regal name Artaxerxes V and began calling himself the King of Asia. He was subsequently captured by Alexander, tortured, and executed.

The empire under the last Achaemenid king, was, in spite of its vast extent and many inhabitants, only a colossus on feet of clay which was not able to stop Alexander’s invasion. The Achaemenids’ role in universal history lies in their fashioning a model for centralized rule over various peoples with different customs, laws, religions, and languages, to the advantage and profit of all and their achievement of a unified Persian nation for the first time.


Darius II

Darius II was a king of the Achaemenid Empire between 423 BCE and 405 BCE. The reign of Darius II is wrought with contention and political turmoil. When Artaxerxes I died on December 25th, 424 BCE he was succeeded in rule by his son Xerxes II. After ruling over the Achaemenid Empire for about a month and a half Xerxes II was murdered by his brother named Secydianus or Sogdianus.

Not much is known about the reign of Darius II. It was documented by Xenophon that Media rebelled in 409 BCE .

In regards to Greece, Darius II did not interfere with their affairs as long as Athens was in power.

Darius II died in 405 BCE during the nineteenth year of his reign and was succeeded by Artaxerxes II Mnemnon.

His illegitimate brother, Ochus, satrap of Hyrcania, rebelled against Sogdianus, and after a short fight killed him, and suppressed by treachery the attempt of his own brother Arsites to imitate his example. Ochus adopted the name Darius (Greek sources often call him Darius Nothos, "Bastard"). Neither the names Xerxes II nor Sogdianus occur in the dates of the numerous Babylonian tablets from Nippur here effectively the reign of Darius II follows immediately after that of Artaxerxes I.[2]


Marriage and Family

Xerxes was married to his first wife Amestris for a very long time, although there's no record of when the marriage began. Some historians argue that his wife was chosen for him by his mother Atossa, who selected Amestris because she was the daughter of Otanes and had money and political connections. Together they had at least six children: Darius, Hystapes, Artaxerxes I, Ratahsah, Ameytis, and Rodogyne. Artaxerxes I would reign for 45 years after Xerxes' death (r. 465–424 BCE).

They stayed married, but Xerxes built an enormous harem, and while he was in Sardis after the Battle of Salamis, he fell in love with the wife of his full brother Masistes. She resisted him, so he arranged a marriage between Masistes' daughter Artayne and his own eldest son Darius. After the party returned to Susa, Xerxes turned his attention to his niece.

Ametris learned of the intrigue and, assuming it had been arranged by Masistes' wife, she mutilated her and sent her back to her husband. Masistes fled to Bactria to raise an insurrection, but Xerxes sent an army and they killed him.

The book of Esther, which may be a work of fiction, is set in Xerxes' rule and was written about 400 BCE. In it, Esther (Asturya), the daughter of Mordecai, marries Xerxes (called Ahasuerus), in order to foil a plot by the wicked Haman who seeks to organize a pogrom against the Jews.



コメント:

  1. Meliadus

    これは正確な情報ですか?本当にそうですか?もしそうなら、それはクールです)

  2. Bartley

    あなたは間違っている。検討します。

  3. Cormic

    あなたの手がその場合!

  4. Odbart

    あなたは正しくありません。私はあなたに話し合うことを勧めます。午後に書いて、話します。



メッセージを書く