オーリンズ教区LST-1069-歴史

オーリンズ教区LST-1069-歴史

オーリンズ教区
(LST-1069:dp。1,625、1。328 '、b 50'、dr。11'2 "、B。12 k。:cpl。266;a。840mm。、12 20mm。; GL LST-611)

LST 10S9は、1945年2月7日、マサチューセッツ州ヒンガムのベツレヘムヒンガムスチール社で、ジェームズホイットフィールド夫人が後援して1945年3月7日に打ち上げられました。 1945年3月31日に就役し、ルイスA.ロックウェル中尉が指揮を執った。

この新しい着陸船は、太平洋戦争地帯に向けて出発する前に、シェイクダウンのためにチェサピーク湾に向けて蒸気を送りました。 6月末までに、ニューヨークからハワイ諸島に輸送されたLCT部隊は、足を踏み外し、レイテ島に向かう陸軍部隊が乗船しました。マーシャル諸島とマリアナ諸島を経由して航海したLST-1069は、この任務を遂行し、日本の降伏が終わるまでフィリピンに留まりました。

LSTグループ37で、彼女は上海に進み、1930年代後半以来、揚子江を蒸気で汲み上げた最初のアメリカ船の1つになりました。ここでは、海軍要員が9月中旬に解雇され、高度な作戦基地が設立されました。 10月と11月に、中国軍は中国の寧波とフランス領インドシナのハイフォンからそれぞれ占領任務のためにフォルモサに移送された。中国の青島と日本の佐世保の間の4回の往復は、1946年2月18日までに多くの日本の民間人と兵士を故郷に戻しました。追加の航海が韓国のプサンに韓国の帰国者のグループを預けた後、LST1069は彼女の道を歩み始めました「国家」に向けて。

小笠原諸島では、110人の海兵隊員と約18人の日本の戦争犯罪者および容疑者がグアムへの輸送を待っていました。その後、サイパンへの往復、そして真珠湾への往復が続きました。ここで、LCI-7S7は牽引され、5月29日にSanFranGiseoに配達されました。彼女は旅を再開すると、7月5日にパナマ運河を通過し、1956年8月6日にニューヨーク州スタテンアイランドで廃止されたニュージャージー州のノーフォークに弾薬を降ろしました。

1949年9月、フロリダ州グリーンコーブスプリングスの予備艦隊に移籍。

韓国での共産主義侵略の勃発は、2年後に彼女の引退を終えました。 1952年1月11日の再就役は、機雷戦隊の旗艦および後方支援船としての改造に先立って行われました。ヘリコプターの着陸、給油、修理施設も、1955年のLANTMINEXで実証されたように、彼女がヘリコプターに乗り込み、操縦することを許可しました。また、1955年の7月1日、LST 1069はOrlean〜Parwhと名付けられ、12月には、モロッコのポートLysuteyでの大西洋艦隊鉱山評価プロジェクトに参加するために最初の大西洋横断を行いました。 MinRon 8の旗艦としての彼女の任務は、1957年12月16日から1958年12月19日まで中断されました。その間、船はチャールストンで予備として使用されていませんでした。

追加の通信機器が設置され、その他の改造が行われたため、彼女は機雷対策支援船MSC-6として艦隊に復帰しました。毎年恒例のSpringboard、MinEx、およびPhibEx演習への参加を再開することに加えて、1959年11月20日、彼女はチャールストンを出発し、最近買収したノルウェーとスペインの掃海艇を大西洋を横断しました。ポルトガルのリスボンを訪れた後、彼女は1960年1月4日に故郷の港に戻りました。その夏、彼女は最初のR.O.T.Cを実施しました。士官候補生の教化クルーズ。 1963年2月、彼女はマルディグラフェスティバルの最盛期にある同名の街を初めて訪れました。

オルレアン教区の作戦と任務の領域は、彼女が1966年5月20日に解任され、軍事海上輸送サービスに移されたときに大きく変化しました。オーリンズ教区LST-1069に指定され、貨物船として機能するように変更された彼女は、すぐに民間の乗組員を受け入れ、9月12日にパナマ運河と太平洋に向けて出航しました。彼女の最初の航海は、彼女をグアム、フィリピンのスービック湾、南ベトナムのブンタウ、そして日本の横浜に連れて行った。彼女は1970年にMSTS極東軍の下でサイイを続けています。


オーリンズ教区LST-1069-歴史

オルレアン教区の市民地方裁判所書記官事務所の土地記録課へようこそ。

以前は住宅ローンの記録者、運搬登録簿、公証人アーカイブの管理者として知られていた3つのオフィスを統合するプロセスを完了しました。現在、すべての楽器と行為をファイリング、記録、および索引付けするための1つの部門があります。この部門は土地記録部門として知られており、引き続き事務局の一部です。

販売、住宅ローン、建築契約、所有の判断など、すべてのオーリンズ教区の土地記録は、1340 PoydrasStreetの4階にある事務局の土地記録部門に提出および記録されます。現代の抽象的および法的な調査は、有料のサブスクリプションサービスを通じてオンラインで、または事務局で無料で行うことができるようになりました。


2014年3月12日水曜日より、新しいLand RecordsIndexは以下で構成されます。

1)1987年9月21日から2014年2月14日までをカバーする住宅ローン指数
2)1989年1月1日から2014年2月14日までをカバーする伝達指数および
3)2014年2月18日以降をカバーする統合インデックスシステムインデックス。

上記のインデックスは、オンラインでリモートおよび事務局で入手できます。

上記のインデックスの画像は、2005年1月1日以降に統合インデックスシステムから入手できます。 2014年2月18日より前の画像は、機器番号(または以前の公証アーカイブ番号)、住宅ローン機器番号(MIN)、または運搬機器番号(CIN)で検索できます。これらの画像の検索結果には、機器番号(または以前の公証アーカイブ番号)のみが表示されます。

新しいLandRecords Unified IndexingSystemに関するご意見とご支援をありがとうございます。ご意見をお待ちしておりますが、引き続きシステムの変更や改善を行っております。今後ともよろしくお願いいたします。

土地記録監督者、アリソン・キーファー
[email protected]

土地記録課

営業時間
月曜日から金曜日まで
午前8時30分から午後5時

土地記録部門の歴史

ニューオーリンズの歴史の中で、3つの別々のシステムが、オーリンズ教区の所有権、販売、および資産の負担を文書化してきました。後に公証人公証人事務所となる民間公証人は、元の文書を維持しています。 1827年に設立された運搬事務所は、公告のために販売を登録しました。また、1760年代に最初に任命された事務所所有者である住宅ローンの記録者は、債務およびその他の財産の負担を記録しました。

今日、市民地方裁判所の書記官の公証人アーカイブ部門にある文書は、1735年までさかのぼります。

2006年の会期中に、ルイジアナ州議会は、140年以上にわたって3つの独立した事務所であった裁判所書記官の管轄下に統合する法律を可決しました。統合は2009年1月1日に発効しました。当時、オフィスには3つの別個のデータシステムがありました。システムをスキャンプラットフォームを備えた統合インデックスシステムに統合することは、統合プロセスを完了するための最後のステップです。

他のルイジアナ州の小教区やアメリカの主要都市で不動産記録の記録と索引付けシステムの広範な調査を実施し、公共の記録係と書記官の専門家協会から意見を収集した後、裁判所の書記官は、財産を管理するシステムの包括的な再構築を完了しました。記録は記録、検索、調査することができます。このプロセスでは、以前は独立していた3つの管轄区域間の協力、資金調達、機器のアップグレード、およびデータを保護するための冗長性の作成が必要でした。現在、大量の資料を処理するための適切なソフトウェアとスキャンシステムが導入されています。毎年、約50,000件の新しい行為と、デジタルアクセスを必要とする数百万件の古い文書があります。

ほとんどのデータシステムは、「稼働」した日から記録を追跡しますが、店員の優先事項は、30年の既存の記録をシステムに入力することです。このより高い基準はほぼ完成しています。デジタルシステムはユーザーに迅速なアクセスを提供しますが、元の公証人のボリュームは、1340 Poydras Street、3、4、および5階にあるLandRecordsオフィスで引き続き表示できます。

ニューランドレコード部門の利点

パブリックユーザーとスタッフの効率

販売、住宅ローン、建築契約、所有の判断など、すべてのオーリンズ教区の土地記録は、1340ポイドラスストリートの4階にある事務局の土地記録部門に提出および記録されます。 Orleans Parishでの文書の提出、登録、記録は、ワンストッププロセスになります。

住宅ローン、輸送、公証アーカイブの3つの個別の提出手数料の代わりに、1つの手数料のみが発生します。

私たちのオンライン調査の可用性

システムには30年の情報が含まれているため、最新の抽象的および法的な調査のほとんどをオンラインで行うことができるため、ダウンタウンのオフィスに行く必要が少なくなります。オンラインレコードに関連する手順と料金は、当社のWebサイト(www.orleanscivilclerk.com)で入手できます。

統一された研究データベース

これは、「間違った数」がないことを意味します。古い別々のシステム間の不整合は、3つの異なるレコードシステムを1つの統合インデックスにマージして照合することにより、対処および修正されました。さらに、統合インデックスシステムにより、研究者は住宅ローン番号を入力し、その不動産取引に関連するすべてのレコードにアクセスできます。研究者は、ドキュメントを検索するために任意の番号を入力できるようになりました。

土地の記録は重要に扱われます

民事地方裁判所の書記官は、275年以上の歴史的文書を物理的に保存し、提出し、公的検査のために維持する方法を大幅にアップグレードしました。新しいデジタルシステムは30年間の情報を保持しているため、最新の抽象的および法的な調査のほぼすべてをオンラインで行うことができます。

冗長性のセキュリティ

新しいシステムに入力されたすべてのレコード、および以前に入力されたレコードは、複数の場所にバックアップおよび保存されます。これにより、オーリンズ教区の土地記録のセキュリティが確保されます。


オーリンズ教区LST-1069-歴史

ルイジアナ系図トレイルへようこそ!


このオーリンズ教区のウェブサイト
養子縁組が可能です。

私たちの目標は、系図と履歴データを転記してオンラインで配置することにより、時間の経過とともに祖先を追跡できるようにすることです。
すべての研究者の自由な使用のため。

できないことを残念に思います
誰のためにでも個人的な調査を行います。

オーリンズ教区の歴史

ニューオーリンズの街とオーリンズ教区は隣接しています。
ニューオーリンズはルイジアナ州南東部に位置し、ミシシッピ川にまたがっています。

1718年5月7日、フランスのミシシッピ会社によって、ジャン=バティスト・ル・モイン・ド・ビエンヴィルの指揮の下、チティマチャが住む土地に設立されました。
当時フランス王国の摂政であった耳鼻咽喉科のフィリップ・ドール&イーキュータンにちなんで名付けられました。
ニューオーリンズは1763年にパリ条約でスペイン帝国に譲渡され、1801年までスペインの支配下にありました。その後、ナポレオンが1803年にルイジアナ買収でルイジアナを米国に売却するまで、一時的にフランスに戻りました。

ルイジアナ買収後、多くのイギリス系アメリカ人がルイジアナに移住した。市の人口は1830年代に倍増し、1840年までに、ニューオーリンズは国内で最も裕福で3番目に人口の多い都市になりました。多くのドイツ人とアイルランド人の移民が1840年代に到着し始め、忙しい港で労働者として働いていました。この期間に、州議会は奴隷制のより多くの制限を可決し、1852年に事実上それを終了しました。
人口増加は黄熱病の流行によって頻繁に中断され、最後の流行は1905年に発生しました。
砂糖と綿花の主要な商品作物は、市外の大規模なプランテーションで奴隷労働によって栽培されました。

市のすぐ南にあるシャルメット戦場と国立墓地は、1815年のニューオーリンズの戦いの場所です。

フレンチクォーターの生き残った18世紀の建築物のほぼすべてはスペイン時代のものであり、最も注目すべき例外はオールドアースリンコンベントです。フレンチクォーターは、ミシシッピ川、ラムパートストリート、カナルストリート、エスプラネードアベニューに囲まれています。
キャナルストリートは、さまざまなストリートの「南」部分と「北」部分の間の分割点として機能します。地元の用語では、「ダウンタウン」は「カナルストリートからの下流」を意味し、「アップタウン」は「カナルストリートからの上流」を意味します。
ダウンタウン地区には、フレンチクォーター、トレム&イーキュート、セブンスワード、フォーブールマリニー、バイウォーター(アッパーナインスワード)、ロウワーナインスワードがあります。アップタウン地区には、ウェアハウスディストリクト、ローワーガーデンディストリクト、ガーデンディストリクト、アイリッシュチャンネル、ユニバーシティディストリクト、キャロルトン、ガートタウン、フォンテーヌブロー、ブロードムーアがあります。ただし、倉庫と中央ビジネス地区は、運河通りの上にあるにもかかわらず、ダウンタウン開発地区のように、特定の地域として「ダウンタウン」と呼ばれることがよくあります。


ルイジアナ州オーリンズ教区

オルレアン 教区 ルイジアナ州南東部にある教区です。 NS 人口 2010年の米国国勢調査の時点で、市の人口は343,829人でした。オルレアン教区は 作成した 1807年。 教区 シート ニューオーリンズです。教区は 名前付き 1715年から1723年までルイ15世の摂政として君臨したオルレアン公の後。

より大きな貿易地域であるニューオーリンズ-メタリー-ボガルーサ複合統計地域の2010年の人口は1,452,502人でした。

語源-オーリンズ教区名の由来

この都市は、1715年から1723年までルイ15世の摂政として君臨したオルレアン公にちなんで名付けられました。これは、フランスの入植者によって設立され、ヨーロッパ文化の影響を強く受けたためです。教区は、その独特のフランスとスペインのクレオール建築、そして異文化と多言語の遺産でよく知られています。

人口統計:

オーリンズ郡の歴史

オルレアン教区は1807年に元の教区として創設され、ニューオーリンズ市にちなんで名付けられた教区は、フランスの摂政であるオルレアン公にちなんで名付けられました。教区の議席はニューオーリンズです。ニューオーリンズは、米国の主要な港であり、ルイジアナ州で最大の都市および大都市圏です。ニューオーリンズメトロポリタンエリア(ニューオーリンズ-メタリー-ケナーメトロポリタン統計エリア)の2010年の人口は1,167,764人で、米国で46番目に大きい地域でした。

地理:土地と水

ニューオーリンズはミシシッピ川のほとりにあり、メキシコ湾から約105マイル(169 km)上流にあります。国勢調査局の報告によると、この都市の総面積は350平方マイル(910 km 2)で、そのうち169平方マイル(440 km 2)が陸地で、181平方マイル(470 km 2)(52%)が水域です。 。

オルレアン教区はルイジアナ州南東部にあります。この教区はミシシッピリバーデルタにあります。ポンチャートレイン湖はこの小教区にあります。バイユーソバージュ国立野生生物保護区、ニューオーリンズジャズ国立歴史公園、ジャンラフィット国立歴史公園と保護区の一部は、オーリンズ教区にあります。この小教区は、ルイジアナ州の土地面積で最小の小教区です。

近隣の教区

国境を接する小教区と郡は次のとおりです。

  • 北:ポンチャートレイン湖
  • 北東:セントタマニー教区
  • 東:ボーン湖
  • 南:セントバーナード教区プラークミンズ教区
  • 西:ジェファーソン教区

教育

カレッジと大学

1834年に設立された主要な研究大学であるチューレーン大学。
ロヨラ大学ニューオーリンズ、1912年に設立されたイエズス会大学。
ニューオーリンズ大学、市内の大規模な公立研究大学。
ルイジアナのザビエル大学、米国で唯一の歴史的に黒人のカトリック大学。
ニューオーリンズのサザン大学​​、サザン大学​​システムの歴史的に黒人の大学。
ディラード大学は、1869年に設立された歴史的に黒人の私立リベラルアーツカレッジです。
ルイジアナ州立大学健康科学センター
1916年に設立されたカトリック教養大学であるホーリークロス大学の聖母。
ノートルダムセミナリー
ニューオリンズバプテスト神学セミナー
デルガードコミュニティカレッジ、1921年に設立されました。
ウィリアムキャリーカレッジ看護学校
ハージンカレッジ
ニューオーリンズ料理研究所

小中学校

ニューオーリンズ公立学校(NOPS)は、市の公立学校システムに付けられた名前です。


その時、海軍の潜水艦はマルディグラのためにミシシッピ川を蒸し上げました

時々、タイムズピカユーンのアーカイブで写真に出くわします。その写真は非常に印象的で、簡単な質問をします。&#8220このニューオーリンズの写真では、モムスアレクサンダーモーガスの名前で何が起こっているのですか?&#8221いつ私たちはそうします、私たちは決定しました、私たちはそれを共有するつもりです—そしてその質問に答えようと試みます。

日にち:1963年2月25日。

フォトクレジット: 米海軍。

それが何でないか:ニューオーリンズへの敵の侵略。

それは何ですか: 3隻の米海軍潜水艦(USSシーポーチャー、USSグレナディアー、USSスレッドフィン)は、別の潜望鏡であるUSSティランテの潜望鏡を通して見ると、ミシシッピ川をニューオーリンズに向かって曲がりくねっています。フロリダ州キーウェストを拠点としていた潜水艦は、1963年にクレセントシティでマルディグラを過ごした合計6隻の船と2,400人の船員を含む海軍の派遣団の1人でした。

潜水艦には、フロリダ州ペンサコーラに本拠を置く空母であるUSSレキシントンが同行し、地元の新聞では、その時点までニューオーリンズに停泊した史上最大の船であり、当時サウスカロライナ州チャールストンに本拠を置く掃海艇であるUSSオーリンズ教区であると説明されていました。カロライナ。

LST 1069としても知られるオーリンズ教区(下の写真を参照)は、第二次世界大戦中に戦車揚陸艇として機能し、その後掃海艇に改造され、しばらくの間、鉱山戦隊8の旗艦として機能しました。 1966年に廃止され、1976年にフィリピン政府に売却されました。

6隻の船はすべて、マルディグラの前の週末にニューオーリンズのリバーフロント沿いの埠頭に停泊し、毎日一般に公開されていました。船の現地訪問中に、イーストン、イーストジェファーソンウエストジェファーソン、ベールマン、ニコルズの高校からの40人の地元の高校生がミシシッピ州の水面下でのダイビングを含む短い遠足のためにスレッドフィンに乗り込みました。

船のうち5隻は灰の水曜日に出港し、擲弾兵は4日後に出港しました。

LST 1069としても知られるUSSオーリンズ教区は、第二次世界大戦で戦車揚陸艇として使用された米海軍の艦艇でした。その後、掃海艇の任務に割り当てられた後、1963年に廃止され、フィリピン政府を売却しました。アメリカ海軍経由の写真

©2019NOLAMedia Group、ニューオーリンズ。配布元 トリビューンコンテンツエージェンシー、LLC。


オーリンズ教区LST-1069-歴史

フォースの船
USSテレボーンパリッシュ
新しいLST開発の最初

リック・エリスマン、RM3、船の歴史家
USSテレボーンパリッシュ(LST 1156)協会

第二次世界大戦の終結後に建設された最初の新しいタイプのLSTは、1952年1月2日にメイン州バスのバス鉄工所に設置されました。

この船は、ボストンの第1海軍司令官であるUSNのジョンM.マクリー少将の娘であるアンランバートマクリー嬢の支援の下、1952年8月9日に進水しました。

1952年2月25日付けの海軍作戦部長の手紙OP-4351JH、シリアル32743の命令に従い、マクリー提督を代表するスピラー大尉は、少佐に指示する海軍省の命令を読んだ。ノーフォーク地域の元ショアパトロールオフィサーであるヘンリーL.ポーターは、メイン州バスのバス製鉄所のサウスピアに右舷に係留されていた1952年11月21日金曜日に船を就役させました。

コミッションペナント、エンサイン、ユニオンジャックが引き上げられ、2人がブロックされました。提督の旗がトラックで壊れた。 1952年5月17日付けの海軍作戦部長の手紙Pers-B1114-MOB-1の命令に従い、1049年に少佐。ポーターはUSSLST1156のコマンドを受け入れました。

少佐ポーターは、「1156は、4分の1マイルの車両を運ぶことができ、1日で衣服を取り戻すことができる洗濯物を備えています。換気が非常によく、調理中のものの臭いがすることはなく、600を供給します。洗濯、滅菌、乾燥を行うAPAに十分な食器洗い機、水陸両用軍で唯一の深脂肪フライヤー、乗組員の寝台にある小さな読書灯。」さらに、1156クラスには海水を飲用にできる設備がありました。戦時中のLSTの1日あたり300ガロンと比較して、1日あたり12,000ガロンの割合。

彼女は、FY52プログラムの下で構築されたLST 1156クラスの15の最初のものであったため、クラス名になりました。少なくともLST1156クラスの最初のいくつかは、船体の振動にひどく苦しんでいました。 BuShipsの予備設計セクションは、Gibbs&Coxの船尾を非難しました。これは、後で安価で簡単に作成できると説明されましたが、振動が発生しやすいものでした。 LST 1156のエンジニアリングオフィサーは、彼の可変ピッチプロペラに熱心であり、彼のプラントは非常に信頼できると考えていました。少佐ポーターは、以前のLSTと同様のスラミングの問題を認めました。

彼女は長さが384フィートで、55.6フィートの梁を持っていました。彼女は4つの1500馬力のディーゼルエンジンによって推進され、満載になると5800トンが移動しました。彼女のツインリバーシブルピッチプロペラは大きな設計変更であり、それにより彼女の速度と機動性が向上しました。彼らは、彼女のブリッジコンソールのレバーをひっくり返すことによって、彼女がエンジンを停止することなく、フルスピードの前方からフルスピードの後方にシフトすることを可能にしました。彼女は船首のドアのすぐ内側にターンテーブルを持っていたため、車両はランプに全速力で衝突し、前進し、方向を逆にしたターンテーブルで停止し、その後、戦闘の積載時間を短縮する位置に戻りました。彼女はメインデッキと車両デッキの間にスロープを持っていました。 10人の将校と150人の入隊した男性の乗組員に加えて、船は350人の乗船部隊を収容し、防空と地上防衛の両方のために3ツインの3インチ50口径砲架を搭載していました。

彼女の最初の南への航海で、少佐。ポーターは、曲がりくねったケネベック川でのLST1156の機動性についてすぐに教育を受けました。時折、ステアリングエンジンが切れて、特に川の曲がり角や島で、彼女に役に立たない舵が残った。しかし、一方のプロペラを先に進め、もう一方のプロペラを後進させることによる即興の操舵により、彼は予定外の着陸を回避することができました。ステアリング機構の電気接点に誤って塗料を吹き付けたことが問題を引き起こしたことが明らかになりました。

彼女の主な任務は、暴行部隊に装備と備品を積み込み、輸送し、着陸させ、陸上での雇用が完了したら、再乗船、輸送、荷降ろしすることでした。この目的のために、船の雇用は、艦隊海兵隊にサービスを提供するだけでなく、彼女の主要な任務分野で完全な資格を維持するという継続的な要件に基づいていました。

彼女の二次的な使命はさまざまでした。これには、対空戦と、緊急時または国の災害時に人員と貨物を避難させる機能が含まれていました。

トライアルとシェイクダウンに続いて、LST 1156は、1953年9月14日にバージニア州リトルクリークに水陸両用部隊大西洋艦隊と共に寄港する前に、ノーフォーク海軍造船所でシェイクダウン後の改造を受けました。広範なテストとトライアルにより、さまざまな欠陥が明らかになりました。船体の過度の振動を含み、これには大規模な水中改造が必要でした。

LST 1156は、1954年1月に船尾を改造し、1954年8月に大量の新しい通信機器の設置を伴うLST艦隊旗艦に改造するために、ノーフォーク海軍造船所に入りました。この船は、LSTディビジョン21とLSTフロティラ2の戦車2の旗艦に指定されました。

1955年1月24日キューバのハバナへの訓練クルーズのためにLST1156が他のLSTと共に配備されました。彼女は1955年3月7日から18日まで、予備軍の要員と共にハバナに戻った。

1950年代半ば、ニューヨークのデイブギャロウェイが主催したオリジナルの「トゥデイショー」でLST1156が2回ハイライトされました。初めては、ノースカロライナ州オンスロービーチでの模擬暴行着陸演習中だった。 2回目は、USSサラトガ(CVA 60)がニュージャージーを離れる間、ニューヨーク市に入り、立ち去りました。

1955年の春、プエルトリコのビエケス島沖で、LST 1156は、カラー映画「AwayAllBoats」の撮影に海軍の支援を提供する両用即応グループに参加しました。それはケネス・M・ドドソンの小説に基づいていました。第二次世界大戦中の太平洋戦争で「USSベリンダ」(USSサンボーン(APA 193))に乗ってタフな海軍大尉を演じたジェフ・チャンドラーが主演しました。

LST 1156、そのLCVP、およびキャンプレジューヌから乗船した海兵隊員が支援的な役割を果たし、すべての水陸両用攻撃シーンで見ることができます。行動の多くには、水陸両用の演習と着陸、大規模な爆発、多数の日本の空と海の攻撃、そして多くの海軍艦艇と海兵隊の作戦が含まれていました。少佐J.A.ウィリアムズは撮影中の指揮官でした。この映画は1956年8月16日に全国的に公開されました。

ルイジアナ教区にちなんで名付けられました

1955年7月1日、LST 1156は、ルイジアナ州の教区にちなんでテレボーン教区と名付けられ、1822年に設立され、ミシシッピデルタ地域にありました。テレボーン教区はLST1156クラスの名前になりました。彼女のモットーは「CandoShip」と「ReadyforSea」でした。少佐USNのジェームズA.ウィリアムズが指揮官でした。船は8月6日にニューオーリンズを訪れ、同名の小教区から代表者を迎えました。教区の代表者は、教区からのリソースのサンプルを彼女に提示しました。 15,000人が船を訪れた。 USSテレボーンパリッシュ(LST 1156)協会の第2回年次再会は、2003年4月にルイジアナ州ホーマで開催されました。

1956年2月、USSテレボーンパリッシュは大西洋を越えてポルトガルとモロッコにシービー大隊と共に最初の配備を行いました。帰国後、彼女はカリブ海クルーズを行い、水陸両用の演習を行い、さまざまな寄港地を訪れました。

1956年4月から6月にかけて、USSテレボーンパリッシュは乾ドックに入れられ、後にサウスカロライナ州チャールストンの海軍造船所で最初の定期的なオーバーホールを受けるために係留されました。

1957年9月、USSテレボーンパリッシュは第6艦隊に最初の地中海クルーズを報告し、訓練演習を実施し、外国の寄港地を訪問しました。 1958年5月から6月にかけて、彼女はオーバーホールのためにノーフォーク海軍造船所と乾ドックに戻りました。

「SummerIncident」は、1958年7月から10月の中東危機の際に、レバノンのベイルートで海兵隊の主権を保証し、そこで米国の民間人を保護するための準備と上陸を示す、米国海軍の公式映画です。米国に輸送中の水陸両用戦隊4は、戻るように命じられました。ギリシャのアテネにある空母USSエセックス(CV 9)は、USSカンブリア(APA 36)やUSSテレボーンパリッシュ(LST 1156)を含む他の第6艦隊の揚陸艦とともに地中海東岸をパトロールするように命じられました。第2大隊、第2海兵隊は最初の着陸でした。 USSからの航空機
エセックスは上陸のために偵察と空中支援を提供しましたが、これは成功しました。

1959年6月16日から1959年8月6日まで、USSテレボーンパリッシュは内海クルーズ作戦に参加し、6月26日に専用された新しいセントローレンス水路を通過した最初の米国軍艦の1つになりました。1959年7月9日はウィスコンシンの歴史上初めて、彼女の知事がミルウォーキーの港の内陸部にある米海軍の船をレビューした。

五大湖の7つの州の28の港を訪れたタスクフォース47は、8,000人の船員と1,092人の海軍兵学校およびNROTC士官候補生で構成されていました。第2大隊、第6海兵隊は1,500人の軍隊で構成されていました。市民に大西洋艦隊ユニットを至近距離で見る機会を与えるために、水陸両用のデモンストレーション上陸が5つの都市で実施されました。

1960年6月、USSテレボーンパリッシュはチャールストン海軍造船所で3回目の定期的なオーバーホールを受けました。

1961年9月26日、ノースカロライナ州モアヘッドシティの航空燃料ターミナルドックで、航空ガソリンとJP-5ジェット燃料を搭載したT-5タンカーUSNSポトマックが爆発して燃焼しました。 USSテレボーンパリッシュは、水上での消火活動のための人員と装備を提供する8隻の船の1つでした。火災は、火災が発生してから5日後の10月1日まで消火されたとは見なされませんでした。

キューバミサイル危機に参加

1962年10月、USSテレボーンパリッシュは12月まで大西洋艦隊水陸両用部隊と協力し、キューバミサイル危機の際に重要な役割を果たしました。彼女は島を「隔離」した海軍の非常線の一部でした。その危機はおそらく、国が第三次世界大戦とその潜在的な核対決に最も近かった。

冷戦の終結後に入手可能なロシアのアーカイブは、フルシチョフ首相が北方艦隊からカリブ海に4隻の潜水艦を注文したことを示しています。封鎖に参加した米海軍の船を探して破壊するために、それぞれが単一の核武装魚雷を搭載していました。しかし、4隻の潜水艦のうち1隻だけが戦闘グループに近づくことができました。その潜水艦の船長は「核タブー」の影響を受け、フルシチョフの命令に従うことに反対した!

1963年の春、USSテレボーンパリッシュはフロリダ州ジャクソンビルにあり、ロールズブラザーズ造船所で定期的にオーバーホールを行いました。ここで彼女は新しい三脚マストとアップグレードされた無線設備を受け取りました。

1964年7月、USSテレボーンパリッシュはニューヨーク万国博覧会を訪れました。

1964年10月にスペインのウエルバで行われたExerciseSteel Pikeの間に、テレボーン教区は、乗船した車両を着陸させるために18セクションの土手道に「結婚」した最初のLSTになりました。

長さ175フィートの2つのポンツーン土手道を、船の両側に運ぶことができます。彼女は浜辺に駆け上がり、傾斜路を下げ、乾いた砂の上に車を降ろすことができました。

彼女がビーチまで行くことができなかったとき、土手道のセクションが立ち上げられ、互いに接続され、車輪付きの車両がそれらを乗り越えてビーチに行くことができました。

1965年3月、テレボーン教区はメリーランド州ボルチモアのベスレヘム製鉄所で4か月にわたる大規模なオーバーホールを受けました。

1966年1月、プエルトリコのサンファンで、テレボーン教区のエンジニアリング部門は、進行中の砂のフラップを安全に保つために、弓のドアの砂のフラップ用のロック装置を開発しました。テストにより、これらの新しいデバイスが非常に効率的であることが証明されました。これらのテストと実際のインストールの結果、この変更はすべてのLSTでの使用が承認されました。

1967年7月29日、彼女の7回目の地中海クルーズ中に、テレボーン教区の船の会社と乗船した海兵隊員から100人以上のボランティアが消防チームに編成され、シチリア島のタオルミーナに上陸しました。丘陵地帯とジャルディーニの町を飲み込みます。丘の急勾配のため、消防隊は消火活動に非常に苦労しました。逆火の助けを借りて、彼らは火を制御しました。ジャルディーニ市長は指揮官、少佐を紹介しました。 A.W. USNのランバートは、乗組員の利己的なサービスに感謝する銀メダルです。

USS Terrebonne Parish conducted nine deployments to the Mediterranean and twelve Caribbean cruises, with periodic overhauls, and numerous amphibious exercises during her commissioned service. Among them were LANTFLEX, DIVEX, FLOTEX, TRAEX, DIVEX, MARLEX and NARMID 1955 TRAEX 1956 NATO and CARIBEX 1957 LANT PHIBEX 1958 TRALEX 1959 CARIBEX 1960 PHIBEX 1961 NATO 1962 MEDLANDEX (US-Spain) 1963 STEEL PIKE (Spain) and NATO EVEN BET 1964 FAIRGAME FIVE (Franco-American) 1967 ESCORT TIGER, VERITAS, ESCORT VENUS, EXOTIC DANCER, BASCOLEX, and ESCORT LION 1970 PHIBLEX and BITA GRANDE (US-Panama) 1971.

In addition she received numerous special awards and commendations for her amphibious capabilities. USS Terrebonne Parish received the National Defense Service Medal and four Armed Forces Expeditionary Medals (AFEM) during the following Caribbean deployments: 15 Nov.-16 Dec. 1962 CUBA (24 Oct. 62-31 Dec. 62) 16-18 Mar. 1966 DOMINICAN REPUBLIC 31 May-08 Jun. 1966 DOMINICAN REPUBLIC and 10 Aug.-06 Sep. 1966 DOMINICAN REPUBLIC (18 Apr. 65-21 Sep. 66).

Other ship’s awards received were the Battle Readiness Plaques 1956 & 1957 Engineering Red "E" 1958 Deck Seamanship 1966 Assault Boat Coxswain, Deck "E" and Battle Efficiency White "E" 1970 Communications Green "C" 1966, 1967 and 1971 Operations Green "E" 1970 and 1971 Supply Red "S" 1959, Supply Blue "E" 1970 and Supply White "E" 1970 awards.

Between 1955 and 1971 Terrebonne Parish was one of the "workhorses" of the Amphibious Force. Nine deployments to the Mediterranean and twelve to the Caribbean had thoroughly proven her capabilities in transporting troops and material quickly and effectively to foreign shores. With the choice of using direct beaching or transporting pontoon causeways, her versatility was increased, which made LST 1156 an integral part of all amphibious operations. However, as a tank landing ship her main armament was her cargo of assault troops, vehicles and equipment.

On February 21, 1971 during her ninth and final deployment to the Mediterranean, Terrebonne Parish received a personal notification from CINCLANTFLT, Adm. Duncan, in Athens, Greece that recent reductions in the budget have severely curtailed U.S. Navy operating funds, and have resulted in retirement of several ships from the active force. She was among those selected for inactivation and possible sale or loan at Little Creek. Adm. Duncan stated, "I know that inactivation of Terrebonne Parish is disappointing to you, and will be equally disquieting to the officers and men of your command."

Ship Transfers to Spanish Navy

On October 29, 1971, USS Terrebonne Parish (LST 1156) was decommissioned and transferred to the Spanish Navy and renamed Velasco (L 11). SN (L 11) was commanded by Lt. Cmdr. Juan A. Viscasillas.少佐Mark V.V. Nelson, USN, was the ship's last commanding officer. December 10, 1971, following six weeks of USN Liaison Assistance from a Mobile Training Team, which consisted of former LST 1156 personnel, SN (L 11) departed the Naval Weapons Station, Yorktown, Virginia for Spain. The Government of Spain decommissioned Velasco in 1980 and used her as a training hulk for the Special Operations Unit at La Carraca, Cadiz. The Spanish Government scrapped her in 1994.

Commanding Officers of the USS Terrebonne Parish from 1954 to 1971:

  • 少佐Henry L. Porter, USN
  • 少佐James A. Williams, USN
  • 少佐Rex Harbart, USN
  • 少佐Charles C. Dusek, USN
  • 少佐Joseph E. Sullivan, USN
  • 少佐H.F. Munnikuysen, USN
  • 少佐Michael F. Durkin, USN
  • 少佐N.W. Schoonover, USN
  • 少佐Adam F. Panarese, USN
  • 少佐William C. Clermont, USN
  • 少佐A.W. Lumbert, USN
  • 少佐Frank L. Edmunds, Jr., USN
  • 少佐Mark V.V. Nelson, USN

2001 Ship’s Association Formed

The USS Terrebonne Parish (LST 1156) Association was organized in 2001. It has a paid membership of approximately 157, which includes former officers and crewmembers, in addition to former Marine Corps personnel, and associate members from the external community.


WELCOME TO THE CLERK OF CRIMINAL DISTRICT COURT ORLEANS PARISH WEBSITE

Our office is pleased to provide the community with an online resource to help residents and visitors obtain information and conduct business. We hope you find this website useful and that it serves your needs in an efficient and secure manner.

The mission of our staff is to provide exceptional customer service to the people we serve. This is accomplished by preparing and maintaining accurate records, furnishing assistance when needed, and providing service with competency, professionalism, and courtesy.

Whether you visit our office through this website or in person, our purpose is to provide you with the friendly, considerate, and reliable service that you have come to expect and deserve from your Orleans Parish Clerk of Criminal District Court Office.


Other languages

。 I Louisiana heter det Parish istedenfor County : • Orleans Parish , ルイジアナ Dette er en pekerside , og inneholder kun pekere .

。 1862 – 1 mei 1862 • Locatie • New Orleans en St . Bernard Parish , ルイジアナ • Resultaat • Noordelijke overwinning • Strijdende partijen • • Verenigde .

。 Jean Noël Destréhan , född 1754 i New Orleans , död 8 oktober 1823 i Saint Charles Parish , ルイジアナ , var en plantageägare och kreolpolitiker ( en . Louisiana .

。 New York , Miami , Los Angeles , New Orleans , • Isleño ( 18e eeuw -): St . Bernard Parish . , • Isleño ( 18e eeuw -): St . Bernard Parish , ルイジアナ 。 • Mexicaans Spaans ( 20e eeuw ): Het grensgebied bij .

。 Wikipedia New Iberia är en stad i Iberia Parish , ルイジアナ , 201 km väster om New Orleans 。 År 1900 hade staden 6 815 invånare , år .

。 , exerceu o cargo de promotor do distrito de Orleans Parish , no estado de ルイジアナ , nos Estados Unidos da América , de 1962 a .

。 of referenties •↑ The Times Picayune 1987 Obituary Index Orleans Parish ルイジアナ ( Source : The Times Picayune News Paper ) •↑ a .

。 liv Beauregard ble født i St . Bernard Parish utenfor New Orleans i ルイジアナ , hvor familien hadde en sukkerplantasje . Beauregards familie var av .

。 Chemical ved Mississippi River i fylket St . Charles Parish , 35 km vest for New Orleans i ルイジアナ i USA . Kjernekraftverkets nåværende reaktor ble godkjent for igangsetting .

. Orleans Parish Kart over ルイジアナ der Orleans Parish er markert med rødt Orleans Parish .

。 held van Fort Sumter genoemd ( St . Bernard Parish ( ルイジアナ ), 28 mei 1818 - New Orleans ( Louisiana ), 20 februari 1893 ) was een Amerikaans .

。 Yellow Nuñez en Al Nuñez ( St . Bernard Parish ( ルイジアナ ), 17 maart 1884 - New Orleans , 2 september 1934 ) was een Amerikaanse jazz - .

。 Unite • întemeiat • 1718 • statul federal • ルイジアナ • comitat • Orleans Parish • fus orar •( UTC − 6 ) • populație • .

。 Americii • întemeiat • 1718 • statul federal • ルイジアナ • comitat • Orleans Parish • fus orar •( UTC − 6 ) • populaţie • .

。 in de Verenigde Staten • • • • • Situering • Staat • ルイジアナ • County • Orleans Parish • Algemeen • Oppervlakte • 907 , 0 km² •- .

。 New Orleans • New Orleans • • • • • • • Delstat • ルイジアナ • Fylke • Orleans Parish • Tidssone •- 6 • Areal • 902 km² • .

。 ั ฐอเมร ิ กา • ร ั ฐ • ルイジアナParishOrleans • ก ่ อต ั้ ง • 1718 • ร .

。 volkstelling Orleans Parish • • Portaal • Verenigde Staten Orleans Parish is een county in de Amerikaanse staat ルイジアナ 。 De county heeft een landoppervlakte van 468 km² en .

。 ligger lengst sørøst i staten og det grenser mot Orleans Parish i nord , St . Bernard Parish i nordøst , .

。 og det grenser mot Plaquemines Parish i sør , Orleans Parish i vest og nordvest og mot Mexicogulfen i øst . 。

。 。 Clay Shaw ( 1969 ) trial transcript • Orleans Parish Grand Jury transcripts • Esquire December 1968 interview • Garrison .

。 Waterway ), w pobliżu linii St . Bernard - Orleans Parish 。 Przewidywano zatopienie tego regionu przez wodę o wysokości od .

。 ) • USS Orlando ( PF - 99 ) • USS Orleans Parish ( LST - 1069 ) • USS Orleck ( DD - .

。 • Morehouse Parish • Natchitoches Parish O • Orleans Parish • Ouachita Parish P • Plaquemines Parish • Pointe .

。 com • History of St . Anthony ' s Parish , Toledo , Ohio , Anno Domini 1957 , F . 。

。 " Me and Bobby McGee " förekommer . Låten Orleans Parish Prison släpptes som singel , och nådde som bäst 52 .

。 • 3 Artister • 4 Källor Låtlista •" Orleans Parish Prison " ( Dick Feller ) – 2 : 32 •" Jacob .

。 är till att börja med 12 låtar mer och Orleans Parish Prison är helt annorlunda än originalet då fiolspelet är borta .

。 Foster / Kris Kristofferson ) ( 2 : 57 )•" Orleans Parish Prison " ( Dick Feller ) ( 3 : 16 )•" Jacob .

。 Parish )• オ ー リ ン ズ 郡 ( Orleans Parish )• ワ シ タ 郡 ( Ouachita Parish )• プ .

。 • Orleans County , Vermont Se även : Orleans Parish • • Det här är en förgreningssida , som består av .

。 Mexikanska golfen . Staden sammanfaller med det administrativa området Orleans Parish 。 Vid folkräkningen år 2000 var stadens befolkning 484 .

。 De båda administrativa områdena City of New Orleans och Orleans Parish omfattar samma område och är ihopslagna . Historia New .

。 здание . Оказалось , это новоорлеанская женская тюрьма ( Orleans Parish women ’ s prison ). Так выяснилось , что я .

。 Mississippi i øst , Washington Parish i nord , Orleans Parish i sørøst og mot Tangipahoa Parish i vest . St .

。注 释 •^ 1 . 0 1 . 1 Parish , Jeremy . The Most Important Games Ever Made : # 13 .

。 。 •^ Richard S . Thompson , Jolyon C . Parish , Susannah C . R . Maidment and Paul M . 。

。 ) Acetate , 2005 John Wiley & Sons . •^ Parish , E。 NS 。 Kizito , S . A . &quot。

。 – 67 . • Mitchell , P . R . Parish , NS 。 The Eighteen - Electron Rule . NS 。 。

。ズ ・ パ リ ッ シ ュ ( USS Orleans Parish , LST - 1069 )• LST - 1070 ( USS .

。 " Orlando " ( PF - 99 )• USS " Orleans Parish " ( LST - 1069 )• USS " Orleck " ( DD .

。行 政 上 與 奧 爾 良 县 ( Orleans Parish ) 同 域 。 • 目 录 • 1 历 史 .

。 parafie w USA : • parafia Orleans ( ang . Orleans Parish ) – w stanie Luizjana • hrabstwo Orleans ( ang . .

。 de sørøstlige delene av staten og det grenser mot Orleans Parish i nordøst , Plaquemines Parish i øst , Lafourche Parish .

。 。 Dit team bood op twee locaties in New Orleans ( in Plaquemines Parish met 2 pompen , en in de lower ninth Ward .

。 olur . Bu yüzden Saint Bernard Parish ve Plaquemines Parish bölgeleri New Orleans ' tan daha fazla sele maruz kalmışlardır . 17 . 。

。 Kategorier : • Jazzmusikere fra USA • Personer fra Ascension Parish • Personer fra New Orleans • Fødsler i 1885 • Dødsfall i 1938 This .

。 Historical Park and Preserve , cu sediul în New Orleans , și puncte în St . Bernard Parish , Barataria ( Crown Point ), și Acadiana ( Lafayette .

。南 向 • • R5 . 02 • 63 • Parish Road • • • R7 . 32 • 65 • Marshview Road .

。 • Lafourche Parish • La Place • La Salle Parish • Mandeville • Metairie • New Orleans • Paradis • Pointe à la Hache • Pointe Coupee .


Orleans Parish LST-1069 - History

An Online Records subscription will give the user access to all records systems maintained by the Clerk of Civil District Court for the Parish of Orleans. An Online Records subscription will include:

Clerk's Office data entry and images from 12/14/15 forward and images back to 2010
Clerk's Office data entry information from 1985
Land Records index from 2/18/14 forward and images from 2005
Mortgage index from 9/21/1987 through 2/14/14
Conveyance index from 1/1/1989 through 2/14/14

The user will also have the ability to request images not already present.

Subscription Costs - 24 Hours = $25.00, Monthly (30 days) = $100.00, Annual (365 days) = $ 700.00

NOTE: Land Record System Accounts requested during non business hours will be processed the next business day.

Separate Escrow Accounts must be maintained in order to print or download images in the Remote Access and Land Records systems. Escrow Accounts for the Civil Remote Access system can be enabled and funded on the Account Maintenance page of the subscription.

For information and application for Land Records Escrow Account click Here

To subscribe to Online Records click Here

You may also subscribe by coming to the Clerks Office at the address below:
Clerk of Civil District Court
421 Loyola Avenue, Room 402
New Orleans, LA 70112

The office is open Monday through Friday 8:30 AM to 5:00 PM

Although not maintained by the Office of the Clerk of Civil District Court, the records of 1st City Court are made available to the public through the Civil Online Records. Should you have any questions regarding this information please call the Clerk of First City Court: (504) 407-0400.


History

This is not just the history of St. Dominic parish. This is the history of the people who have dreamed, planned, worked and prayed in order to build this parish from the foundation up. It is a story of people who have made it the hub of the great wheel of God 's family and a place to call home where you know your Father will always be there to listen. In His mercy and love He will guide us on into the future with confidence. He will watch us greet many new brothers and sisters with the love He has taught us. And He will be with us always.

In a certain sense, the history of St. Dominic parish began in 1900 when Archbishop P.L. Chapelle of New Orleans went to the Philippine Islands on business for the Holy See. While there he came to know a number of the Spanish Dominican Fathers in their missions and schools, and was so impressed by Father Thomas Lorente, O.P., that he asked him to return with him to New Orleans as his secretary. This bond of friendship between the Archbishop and the Dominicans led to their taking over the administration of the St. Anthony of Padua Chapel on North Rampart Street (now Our Lady of Guadalupe Church) for the spiritual care of the Italians of the city. It was from that site that Father Lorente undertook the care of those Catholics who had settled near Lake Pontchartrain, north of the city as it then existed. On May 12, 1912, he celebrated the first Mass in what is now the Lakeview area in Mannessier's Pavilion, a large, two-story dance hall located in the section today known as West End.

On October 21, 1912, the first formal place of Catholic worship was dedicated in Lakeview. It was a small wooden chapel at 209 Chapelle Street, and it bore the name "Ave Maria." Father Lorente continued to be in charge of the religious activities of the area. In 1913, a second chapel was built at 575 Polk Avenue. Two years later, in 1915, both chapels were destroyed - one by fire, the other by storm. In that same year, St. Anthony of Padua parish moved from North Rampart Street to its present location on Canal Street, and Father Lorente died. Father B.A. Enis took over Father Lorente's work and Mass was celebrated in the home of Philip J. Derbes, 6327 West End Boulevard, and in the Lakeview Public School.

In 1917 a new chapel was dedicated. It was located on the north side of Harrison Avenue at Milne Boulevard. In 1921, Father Paul Perretta assumed the spiritual care of the Lakeview Catholics. At the time of his coming, there were 82 families in the area.

A new brick two-story building was erected on the southeast corner of Harrison Avenue and Catina Street in 1925. The lower floor housed the church and the upper story was divided into classrooms. A rectory stood beside it, facing the east. The chapel built in 1917 was moved across Harrison Avenue and, as the "little gray hall," it served as a center for a variety of religious and social functions. It was under these circumstances that the Lakeview Mission of St. Anthony of Padua parish was elevated to the status of an independent parish in 1924, under the name and patronage of St. Dominic.

Archbishop John Shaw declared the Mission to be forever known as St. Dominic parish on May 31. 1924. By September, St. Dominic Parochial School started fall classes under the guidance and instruction of the Sisters of Mount Carmel. Classes were held on the second floor of the church and in the basement of the rectory. Mother Seraphine was the first principal to the 133 students.

Archbishop Joseph Francis Rummel replaced Archbishop Shaw in 1935. Until 1938, the Spanish Fathers were responsible for the religious guidance of the Lakeview Catholic Community. It was during that year that they were recalled to their own province and the American Dominicans took over St. Dominic parish. Father J.B. Walsh replaced Father Perretta and was assisted by Fathers A. B. Sauro and E. A. Vittie. At the same time, Mother Gabriel replaced Mother Seraphine as principal of the school.

In 1939, Father Dominic Barthelemy replaced Father Walsh as pastor, assisted by Fathers J. J. Madrick and W. J. Bresnahan. By 1942 the parish outgrew the church and Mass was then celebrated in the Lakeview Theater, in addition to the church.

The year 1942 brought Father Stephen Redmond to St. Dominic, replacing Father Bresnahan on the parish staff. In 1944 Father Harry Hall joined the staff, replacing Father Madrick. A new brick church (the present gymnasium) was built and became the sole place of worship for the growing parish.

Father Hall became pastor in 1945, succeeding Father Barthelemy. He was joined by Fathers E.J. Dolehide and Louis Hinnebusch in 1949. The principal of St. Dominic Parochial School at the time was Mother Marie de Lourdes.

The year following, in 1950, Father Dolehide left, as did Father Redmond. They were replaced by Fathers Charles Hayes and Gregory Going. It was during that year that the new school building was completed. The school children marched down Harrison Avenue from Catina Street to Memphis Street in an historical procession on the first day of classes.

Father E.M. Cuddy succeeded Father Hayes as pastor in 1951. In 1952 Mother Gabriel was the school's principal. Father Going was replaced by Father A. M. Kavanaugh in 1953. By 1954, Father Cuddy had left St. Dominic and Father F. J. McMullen was his successor as pastor.

In 1955, Fathers Kavanaugh, Hinnebusch. and Hayes were replaced by Fathers Jerome Becker, Lawrence Kearney and Ferrer Pieper. Fund raising and building planning were underway before Father M. J. Scannell came to replace Father Pieper in 1956. These plans proved successful, as did the Sisters' convent and school building that housed the primary grades. Mother Loretta was the school's principal. During this same year, two young men named Brown and Mangiaracina left New Orleans to begin their studies for the Dominican priesthood. By 1957, Father Lawrence Mueller had replaced Father Kearney on the parish staff.

In 1958 Pope Plus XII died and Guiseppe Cardinal Roncalli of Venice was elected as John XXIII. Father Joachim Miller joined the parish staff. During the next year, Pope John announced his intention to convoke an Ecumenical Council. Father John Roch replaced Father Becher.

By 1961 St. Dominic parish had its present church and rectory. They were completed and in operation under the direction of Father Jerry McMullen. Father Edward Hughes came as pastor in 1962. Father Kenneth Hodgson replaced Father Mueller on the staff and was joined by Brother Paschal Hunt. Mother Mary Thomas became school principal.

In 1964, Father MacLeay was transferred and Fathers Wilfred Leuer, A.C. Carosella, and Victor Wrobleski joined the staff. Archbishop Rummel died that same year and Archbishop Cody, who had been administering the Archdiocese for several years, became the Ordinary. He served for only one year and was transferred to Chicago to become Cardinal Archbishop.

Archbishop Philip M. Hannan arrived in New Orleans in 1965. Vatican Council II ended after giving the Church new directions for the years ahead. On October 4, Pope Paul came to New York City to plead for peace before the United Nations. Father Sebastian Angers, fondly referred to as "Zeb," joined the St. Dominic staff, as did Brother Andrew Winters.

Father Hughes was replaced as pastor by Father James Irwin in 1966. That same year Father Leuer was replaced by Father Richard Patrick and Father Harry Hall returned to the staff.

In 1967 Father Redmond returned to the staff, joined by Father Philip Lamberty. Fathers Angers, Kilroy and McAndrew were transferred. The next year brought Father E.J. O'Connor to the staff and Father Carosella, replacing Father Wrobleski. Sister Jonathan became the principal of St. Dominic School.

In 1969, Father Cayet Mangiaracina, a New Orleans native, joined the St. Dominic parish staff. By 1971 faces were changing once more and Father Victor Brown succeeded Father Irwin as pastor. Father Hall retired and Sister Mary Martin became principal of the school that same year. Fathers Patrick and Mangiaracina were replaced by Fathers Albert Glade and Edward Conley in 1973.

St. Dominic parish celebrated its fiftieth anniversary in 1974. The final stained glass windows were installed, completing the church building. Father Reginald R. Masterson was appointed assistant pastor on June 1, 1974. Father Richard Thomas Aquinas Murphy was appointed to the parish staff on July 25, 1974.

In August of 1977, Father Stephen Smithers was appointed associate pastor. His assignment was made as a replacement for Father Masterson. Father Smithers joined the large St. Dominic parish staff which consisted of: Father Brown (Pastor), Father Conley, Father Glade, Father Murphy, and Father Redmond.

During 1978, the world saw three Popes. Pope Paul VI died early in the year and was replaced by Pope John Paul I. Pope John Paul I served a brief pontificate, but is remembered as a teacher and spiritual father. It is said that on his last day of life he received a group of Filipino bishops and told them that we must do more to help the poor and speak to them of heaven. Following the Pope's death and during the conclave of 1978, the cardinals elected Karol Wojtyla the new pope. He took the name of Pope John Paul II and has been a messenger of peace throughout the world.

In March of 1978, St. Dominic parish welcomed back Father Reginald Masterson. The following year, Father Masterson initiated a parish-wide evangelization program. The program officially began on Ash Wednesday, February 28, 1979. Its goal was to contact every resident of the parish to invite inactive Catholics and the unchurched to become members of the parish community. Over 1,000 parishioners volunteered their time to the project in different capacities, including worshipers, workers, and walkers. The walkers covered each of the 198 blocks of Lakeview. Although no numbers are available to document the rewards of these efforts, it is said that at the 11 o'clock Mass on Easter Sunday that year, St. Dominic Church saw the largest crowd ever with people standing in the aisles and against the walls.

Father Thomas M. Cumiskey was appointed pastor of the parish on September 9, 1980. Sister Ursula Diasselliss became the principal of the school in the same year. In 1982, Father Cumiskey was joined by Fathers Justin Kauchak and Daniel Davies.

On September 9, 1984, Father Mark Geary was appointed pastor. Father Donald Dvorak joined him in January of 1985 and Father Joseph Tat Thang in August of 1986 as associate pastors

April 26, 1986 was a special day for our parish. Mark Wedig, son of Mr. and Mrs. Harold Wedig, was ordained a Dominican priest by the Archbishop of Louisville, Thomas Cajetan Kelly, another Dominican. Father Mark celebrated his first Mass the next day at St. Dominic.

Pope John Paul II visited the city of New Orleans during September of 1987 and shared his message of world peace with the citizens of our city. St. Dominic School welcomed its first lay principal, Miss Adrianne M. LeBlanc. Archbishop Francis B. Schulte was appointed to the Archdiocese of New Orleans in 1988. Father Philip Lamberty joined the ranks of Associate Pastor on August 1, 1989.

On June 14, 1990, Father Damian Fandal came to St. Dominic as parochial vicar. He was delighted to live and serve in Mew Orleans - his home! Father Fandal was joined by Father Neal W. McDermott as pastor in July of that same year. For Father Neal, as he is fondly referred to, this is his first assignment as a parish priest. Father Neal's contributions to both the parish and school have been many. Numerous parish programs have begun under his leadership and much has been done to enhance our school children' s religious and academic education. Father Neal also serves as Dean of City Park - Gentilly Deanery and as a representative of the religious orders on the Priests' Council for the Archdiocese.

The year 1994 brought Father Edward Conley's reappointment to St. Dominic. The St. Dominic parish and school community mourned the death of their dear friend, Father Damian Fandal who died on April 22 of that year. Father Fandal's contributions were many and his loss of life left a void in our hearts. Father Joseph Konkel came to assist us July 24, 1994.

Renovations began on the Religious Education Center, formerly the Carmelite Convent, in May of this year. Its new name, "Aquinas Hall," is quite fitting because of the building's predominant use as a middle grade complex for the sixth, seventh, and eighth grade students. It will serve as a means to accommodate the school's growing student body and to accommodate the St. Dominic CCD after-school program. Occupation and use of the new classrooms began with the 1994-95 school year.

Throughout the past 70 years St. Dominic parish has grown from a small, sparsely populated community into one of the largest Catholic parishes in the city and state with over 7,500 parishioners. The priests of our parish have baptized 8,687 new parishioners, performed 3,349 marriages, and buried 4,871 members. Our parish has witnessed the growth of its school as well. When St. Dominic School first opened its doors in September, 1924, there were 133 students. Today there are 640 children registered for the 1994-95 school year. St. Dominic School has graduated a total of 4,327 students. As we celebrate St. Dominic's seventieth anniversary, we thank the Lord for His abundant blessings and the continued dedication and commitment of the clergy and laity. St. Dominic parish will continue its mission to serve God and the spiritual needs of His people for many years to come.

"Where two or three are gathered together in My Name, there am I in the midst of them."


ビデオを見る: Who Are THE AMISH? Lancaster, Pennsylvania