ギルバート・ミチソン

ギルバート・ミチソン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ギルバートミッチソンは1890年3月23日にステーンズで生まれました。オックスフォードのイートンアンドニューカレッジで教育を受けました。彼は弁護士としての資格を持っていましたが、第一次世界大戦の勃発でイギリス軍に加わりました。 1916年の休暇中に、ミチソンはVADの看護師であるナオミミチソンと結婚しました。

ミッチソンは西部戦線でクイーンベイに仕え、少佐の階級に昇進し、イタリアのフランス軍へのイギリス代表団のメンバーになりました。ミチソンはガマチェでの交通事故で頭蓋骨骨折を患った。彼が病院を去ったとき、彼はスタッフ大学に加わりました。 1917年の夏に訓練を終えた後、彼はフランスでスタッフのポストを取得しました。

労働党ミッチソンのメンバーは、バーミンガムのキングスノートン部門との争いに失敗した。 1931年にG.D.H.コールは社会主義調査宣伝協会(SSIP)を設立しました。これは後に社会主義リーグと改名されました。他のメンバーには、ミッチソン、ウィリアム・メラー、チャールズ・トレベリアン、スタッフォード・クリップス、HNブレイルズフォード、D。プリット、RHトーニー、フランク・ワイズ、デビッド・カークウッド、クレメント・アトリー、ニール・マクリーン、フレデリック・ペシック・ローレンス、アルフレッド・ソルター、ジェニー・リー、ギルバート・ミッチソン、ハロルド・ラスキ、フランク・ホラビン、エレン・ウィルキンソン、アナイリン・ベヴァン、アーネスト・ベヴィン、アーサー・ピュー、マイケル・フット、バーバラ・ベッツ。

の作者であるベン・ピムロットによると 労働と左翼 (1977):「社会主義連盟は...支部を設立し、研究、宣伝と討論を促進し実行し、パンフレット、報告書と本を発行し、会議、会議、講義と学校を組織することを約束した。ファビアンの伝統であり、コールの他のグループである新ファビアン研究局と緊密に連携して機能しました。」主な目的は、将来の労働党政府に社会主義政策を実施するよう説得することでした。

ミチソンは1945年にケタリングを代表するために首尾よく選出されました。ミチソンは住宅と地方自治体(1955-59)、財務省と貿易問題(1959-61)、科学(1961-63)、作品(1962-63)、財務省の野党スポークスマンでした。事務(1962-63)と年金(1963-64)。 1964年の労働党政権の選挙で、ハロルド・ウィルソンはミッチソンを国土天然資源省の議会書記に任命した。

1964年8月、彼はミッチソン男爵を創設し、貴族院に加わりました。彼はまた、Harlow Development Corporation(1966-70)のメンバーにもなりました。

ギルバートミッチソンは1970年2月14日に亡くなりました。

1794.

社会主義連盟は最初に社会主義者であり、次に急進的でした。 ILPやCPのように、そのアプローチは基本的にユートピア的でした。失業は資本主義の風土病の特徴であることが信仰の記事として受け入れられました。ウィリアム・メラーは、労働者が失業に取り組むことができる短期プログラムの提案の前に、次のように述べています。 、機械を使用人とし、有効需要は生産能力に等しい。」したがって、非社会主義の計画は、せいぜい、真の社会主義の意図を持って労働党政府によって実行された場合、社会主義への移行を待つ間、一時的な緩和をもたらす可能性があります。最悪の場合、資本主義政府によって実行されたとき、それは労働者を犠牲にして、資本家と経済的利益による産業の支配を強化しました。

後者の可能性は、リーグの強力なギルド社会主義の背景のために特に忌まわしいものでした。この点で、ギルド社会主義の効果的な創設者であるコールが主要人物でした。リーグとの戦術的な違いにもかかわらず、彼の知的影響力は依然として強いままでした。彼はリーグの政策文書の策定に大きな役割を果たしました、 社会主義への前進;彼は引き続きリーグに講義を行い、リーグのパンフレットを書いた。そして彼の元SSIPの同僚の何人かは国民議会に残った。これらのうちの2つ、リーグの中心人物であるメラーとホラビンは、特に強いギルド社会主義の背景を持っていました。どちらも20代前半にコールとギルド社会主義者の労働研究部グループのメンバーでした。メラーは、CPGBの財団会議でギルド社会主義の代表を務めていました。したがって、社会主義連盟が労働者の管理に非常に強い重点を置いたこと、またはそれを否定しているように見える産業のためのいかなる計画に対しても強い抵抗を示したことは驚くべきことではありませんでした。

社会主義者は、産業が理事会によって管理されなければならない場合、労働者は国と地方の両方で、そしてすべての工場または他の産業または貿易の単位でそれらの理事会を管理する場所を持っていることを理解しなければなりません。実際には、労働者の利益を中央機関の1人または2人の労働組合役員が代表するだけでは十分ではありません。国または地方の委員会は、工場、鉱山、およびワークショップの同様の委員会で構成されている必要があります。産業の支配における彼らの代表の労働者による選挙のための手段を考案することは不可能ではありません...全国的に、産業の理事会は再構成されたキャビンの経済委員会のようないくつかの計画権威の直接の支配下になければなりません、そしてそれは議会に答えられる必要があります。


ボツワナに関連する日記、執筆、論文、1955-1972。資料の多くは、1966年から1972年の期間に関連しています。ボツワナ国民戦線、1966年から1967年、モチューディセンターとカトレン開発協会、1969年から1971年の日記原稿、「叔父の重要性」(演劇)、部族の価値観に関するさまざまな記事、「クロード・マラリケによる英語のショナ小説、Rebel '。

ナオミ・ミチソンは1897年にスコットランドで、生理学者のジョン・ハルデン(1892-1964)の娘として生まれました。彼女はオックスフォードで科学を学び、1916年に法廷弁護士のギルバート・ミッチソン(1890-1970)と結婚しました。ギルバート(「ディック」)ミッチソンは妻の社会主義的信念を共有し、後にケタリングの労働党議員(1945-1964)となった。彼は1964年に一代貴族(カラデールのミッチソン男爵)になりました。
ミッチソン自身は多作の作家であり、生涯で90以上の作品を完成させました。これらには、歴史的および現代的な小説、詩、演劇、短編小説、子供向けおよびファンタジー小説、および一連の回想録が含まれていました。彼女が1935年にスコットランドの大学の労働党候補として立った1930年代に政治的に活動し、特に女性の権利だけでなく、スコットランドの島のコミュニティに関しても、アドボカシーは彼女の人生の重要な部分であり続けました。彼女は広く旅行し、アフリカ問題に特に興味を持っていました。アフリカは彼女の小説のいくつかの舞台を提供しました。 1963年、彼女はボツワナのバクガトラの部族顧問(「Mmarona」または「mother」)になりました。この部族コミュニティとの緊密な関係は、旅行中に立ち往生したチーフが彼女のおもてなしを提供したときに始まりました。これからバクガトラとの永続的な関係が築かれ、彼女は晩年も訪れ続けました。
ナオミ・ミチソンは1999年に亡くなりました。


Ближайшиеродственники

ナオミ・マーガレット・ミチソンについて

生理学者のジョン・スコット・ハルデンの娘であり、ジョン・ハルデンの姉妹であるナオミ・ハルデンは、1897年11月1日にエジンバラで生まれました。親切。

ドラゴンスクールで教育を受けた後、彼女は科学のためにオックスフォード大学に移りましたが、第一次世界大戦中にVAD看護師になるために1915年に去りました。 1916年、彼女は西部戦線からの休暇中にギルバート・ミッチソンと結婚しました。

彼女の人生の間に、ミッチソンは70冊以上の本を出版しました。これには、The Conquered(1923)、Cloud Cuckoo Land(1925)、Black Sparta(1928)、The Corn King and Queen Queen(1931)、The Blood of the Martyrs(1939)などの歴史小説や短編小説が含まれていました。

中絶と避妊を扱った彼女の小説、We Have been Warned(1935)は検閲されました。社会主義者で労働党の活発なメンバーである彼女は、夫が庶民院に選出されるのを助けるなど、多くの政治キャンペーンに参加しました。ミッチソンはまた、フェミニストジャーナル、タイムアンドタイドとニューステイツマンへの定期的な寄稿者でもありました。

1937年以降、主にキンタイア半島のカラデールに住んでいたミッチソンは、スモールトーク(1973年)、オールチェンジヒア(1975年)、ユーメイウェルアスク(1979年)の3巻の回想録を書いた。第二次世界大戦を取り上げた彼女の日記は、1985年に出版されました。

その後の本には、5つの大陸での彼女の旅行についての本、Mucking Around(1981)、A Girl Must Live(1990)、The Oathtakers(1991)が含まれていました。ナオミ・ミチソンは1999年1月11日に101歳で亡くなりました。

(1)ナオミ・ミチソンは、自伝All Change Here(1975)でなぜ彼女がVADになったのかについて書いています。

1915年に、ディックが離れて、​​私はオックスフォードと私自身の非関与にますます焦りました。私が知っていた女の子は「戦争の仕事」をしに行っていました。1人か2人は軍需工場にさえいました。そして、少なくとも私は応急処置と在宅看護の試験に合格しました。さらに、モラグ・マクミラン姉妹は私をマッサージを教えることができる人として選び、6人の女の子の手を感じて拒否しました。彼女が私がヒーラーとしての能力を持っていることを知っていたかどうかは、彼女が賢明にそれについて何も言わなかっただろうと彼女が感じていたら、また別のことです。

私はしつこくしつこくなり、ついに私がよく知らなかったオックスフォードの友人であるメイ・ドゥイと一緒にセントトーマスのVAD看護師になりました。病院の中にいたことがあるかどうか疑問に思うのですが、病院が本当にどんなものかわかりませんでした。私たちの友人や関係者は、彼らがナーシングホームに行った病院、特にオックスフォードのアクランドにいることは決してありませんが、場合によってはほぼ無料の治療の手配があるかもしれません。いくつかのナーシングホームや小さな特別な病院は非常に恵まれていました。ですから、セントトーマスは、その大きさ、長くて散らかった廊下と階段、そして巨大で分割されていない病棟に衝撃を与えました。すべてが間違いなく衛生的でしたが、飾り気はありませんでした。

もちろん、私はひどい間違いをしました。私は、モップやポリッシュ、消毒剤を使ったことがなかったので、実際に手作業で家事をしたことはありませんでした。私はとても喜んでいましたが不器用でした。私はお茶を作るように言われましたが、お茶は沸騰したお湯で作られなければならないことに気づいていませんでした。使用人に残されていたすべて。

重い患者を持ち上げると、首輪のスタッドが飛び出し、硬い首輪が開きました。まあ!当時、私たちは皆、はさみを刺した硬い白い袖口、襟、ベルトを身に着けていたので、包帯、ドレッシング、縫製に非常に必要でした。青いスカートは足首までの長さで、長い白いエプロンがかかっていました。私は外出するのに適切な制服のコートを持っているべきでした、しかし私の母は私自身の古いものもそうするだろうと思ってそれを節約しました、しかし再び私は公式の叱責を受けました。

(2)ナオミ・ミチソン、すべてがここで変わる(1975)

おそらく1915年の夏までに、セントトーマスの最高の姉妹や看護師の多くが基地の病院や救急車に引きずり出されました。我ら。私たちは患者の何が悪いのかほとんど知らされませんでした、そして私たちに教えてくれて治療を説明するのに苦労した唯一の姉妹は忠誠心と知的なサービスを増やしました。私は性感染症病棟に入れられたことに少し腹を立て、患者の道徳的な嫌悪感を経験しただけでなく、洗面器や体温計の滅菌にも細心の注意を払いました。

私が気が動転したもう一つのことは、目を閉じて喉を強く包帯で包んだ患者が、完全に制服を着た警官が彼の隣に座っているのを見たことでした。患者はもちろん自殺未遂であり、これは犯罪でした。彼は意識があるとすぐに逮捕されましたか?私は知りませんでした。どちらも病棟から姿を消した。足りないものの1つは、現在事故病棟で非常に一般的であるため、当然のことと思われる輸血装置でした。

(3)ガーディアン、レナ・イェーガー(1999年1月13日)

ハマースミスのミッチソン家は、幸せな時や不安な時のパーティーで有名でした。ゲストリストは、ハクスリー、ウィンダムルイス、コールズ、ポストゲート、ラスキ、ストラチェイ、EMフォースター、APハーバート、ガートルードエルメスなど、最も幅広い範囲をカバーしており、常に未知の保護者、難民、奇妙な失われた外国人がいました。世界中。

この寛大なスタイルのおもてなしは、アーガイルのカラデールにある自宅でも続けられました。大きな家は、有名で非難されていないおねだりの間であらゆる種類のワイフと迷いに集まり、その後、ミッチソンの孫とひ孫がミックスに加わりました。ナオミの戦時中の日記、Among You Takeing Notes(1985)は、その時代とその中での彼女自身の中心的な役割を鮮明に説明しています。

幸いなことに、ミッチソンは比類のない集中力の賜物に恵まれていました。カラデールの混雑した応接室の机の上のタイプライターはいつも発見されていて、ゲストがスクラブルを演奏したり、ギターを弾いたり、漁師がサーモンについて来たり、ギリーが鹿の皮を剥ぐことについて相談したりする間、彼女は忙しく働いていました。夕食は何だったのか尋ねる。

多くの場合、ミッチソンは手紙を書いていました。彼女は、愛する(しかし役に立たない)原稿を送った人々を含む、知られている、そして知られていない世界中の人々に彼女の時間とトラブルを惜しみなく与えました。または、詩人のスティーヴィー・スミスのように、突然書き留めて、長い通信と永続的な友情を始めた人々に。不安な若いWHオーデンは彼女の手紙を大切にしました-あるいは、むしろ、彼はそれらを手に入れるのが好きでした(彼がそれらを読んで答えた後、彼は決して手紙を保持しませんでした)。

ミッチソンはどこにでも書くことができました。それは、強迫的な旅行者として、飛行機や電車の中で書くことができたからです。彼女は1930年代にアメリカに行きました。ナチス時代の嵐の雲が集まった1934年にウィーンへの小作人を心配し、危険にさらされた人々からスイスへの手紙をニッカーで密輸したからです。

(4)ガーディアン、ニール・アッシャートン(1999年1月17日)

ビクトリア朝の信仰が進行中で、彼女は絶え間なくそしてしばしば肉体的に働きました。とりわけ、彼女は政治的な火のブランド、エネルギッシュな農民、アーガイル郡議会議員、そして執拗なフリーランスのジャーナリストでした。彼女は、記事を公開するための最良の方法は、編集者のオフィスに現れて、タイプスクリプトに鼻をかむことであることを発見しました。すべての人がこれを楽しんだわけではありません。

マンチェスターガーディアンとその後のスコッツマンでは、実際に彼女をかわすのではないにしても、私はしばしば彼女を受け入れるように代理されました。彼女はなぜジュニア記者が彼女に話しかけているのか知っていましたが、とてもフレンドリーで魅力的だったので、私はいつも彼女の作品が入ると約束しました。

彼女のエネルギーにはファビアン、シャビアンの味がありました、彼女は「新しい人生のためのフェローシップ」に属していた可能性があります。戦後、カラデールは、招待状を受け取るのに十分な幸運な左利きの男性と女性のための一種の知的メッカになりました。彼女の部族は非常に増え、夏には家は無数のミッチソンの子孫や友人を保護しました。静かな応接室では、子供たちの軍隊が窓を通り過ぎたり、卓球トーナメントと戦ったりしている間、新聞や博士論文の後ろに偉大な心が隠れていました。

彼女は賢明で、多くの個人的な混乱を乗り越え、勇敢でした。愛と自由が厳しい罰をもたらす可能性のある時代に彼女のフェミニズムを生き抜いた人です。しかし、何よりも私は彼女の恐れを知らない自信を失います。

知的な人々が政府で十分に長くそして大声で叫んだならば、彼女は真実が勝つだろうと信じました。彼女はしばしば勝った。理性の時代に育てられなかった私たちの残りの人にとって、それはより困難です。

ナオミ・メイ・マーガレット・ミチソン、CBE(n&#x00e9e Haldane 1897年11月1日エジンバラ&#x2013 1999年1月11日カラデール)はスコットランドの小説家であり詩人でした。彼女は1981年にCBE(大英帝国勲章の司令官)に任命され、1964年10月5日からCBEのレディミッチソンと名乗る資格もありました(しかし、明らかにそのスタイルを自分で使用したことはありませんでした)。

ナオミ・マーガレット・ハルデンは、生理学者ジョン・スコット・ハルデン(1860&#x2013 1936)CH、FRSと彼の妻(ルイザ)キャスリーン・トロッターの娘と幼い子供でした。ナオミの両親はさまざまな政治的背景から来ており、彼女の父親は自由主義者であり、母親はトーリー党と親帝国主義の家族から来ていました。しかし、両方の家族は上陸した株であり、ハルデン家は13世紀以来グレンイーグルスの封建的な男爵でしたが、それにもかかわらず他の分野での業績で知られていました。今日、家族の中で最も有名なメンバーは、おそらくナオミの兄、生物学者J.B.Sです。ハルデン(1892&#x2013 1964)、しかし彼女の若い頃、彼女の父方の叔父リチャード・バードン・ハルデン、第1次マクドナ伯爵、2度大法官(1912年から1915年までハーバート・ヘンリー・アスキスの下で、1924年にラムゼイ・マクドナルドの最初の労働党政権の間)、よく知られていました。

ナオミはオックスフォードのドラゴンスクールで教育を受け、オックスフォード大学で科学の学位を取得しましたが、第一次世界大戦中にVAD看護師になるためにこれをあきらめました。彼女は猩紅熱にかかった後、研究に戻り、現在のオックスフォードのセントアンズ大学で(在宅学生として)科学の研究を再開しました。

1916年、ナオミは兄のジャックの親友であった法廷弁護士のギルバートリチャードミッチソン(1894年3月23日&#x2013 1970年2月14日)と結婚しました。その後、彼は第一次世界大戦の西部戦線から離れていました、そして彼女のように、彼はよく接続された裕福な家族から来ました。彼女の夫はQCになり、その後労働党の政治家になり、最終的には1964年8月にミッチソン男爵として一代貴族になりました。彼らには7人の子供がいました。ディックとナオミ・ミチソンの4人の息子は、ジェフリー(1918-1927、髄膜炎で亡くなりました)、デニス(1919年生まれ)、後に細菌学の教授、マードック(1922年生まれ)、アブリオン(1928年生まれ)でした。彼らの3人の娘は、ロイス、バレンタイン、クレマンシー(1940年に彼女の誕生直後に亡くなりました)でした。

彼らは1939年からキンタイア半島のカラデールにあるカラデールハウスに住み、ナオミは1999年に亡くなりました。[編集]文学歴ナオミミチソン、c1920s

ミッチソンは多作の作家であり、彼女の生涯で90冊以上の本を、さまざまなスタイルやジャンルにわたって完成させました。これらには、ジュリアスシーザーのガリア戦記の紀元前1世紀のガリアを舞台にした彼女の最初の小説The Conquered(1923)や、ペロポネソス時代の紀元前5世紀の古代ギリシャを舞台にした2番目の小説Cloud Cuckoo Land(1925)などの歴史小説が含まれます。戦争。彼女の最高の作品は、完全に架空の社会を含む3つの異なる社会を扱い、セクシュアリティのテーマを率直に探求するコーンキングとスプリングクイーン(1931)と見なされています(その日は大胆です)。

その後の作品には、1745年のジャコバイト蜂起と若いアレクサンダー大王(1960)に関するより歴史的な小説The Bull Calves(1947)が含まれていました。ミチソンはまた、Graeme and the Dragon(1954 GraemeはDenisを通じて彼女の孫でした)などのファンタジーに目を向けました。 )、アフリカの英雄(1968)などのノンフィクション、子供向けの小説、詩、旅行、3巻の自伝。

間違いなく彼女の最も物議を醸す作品であるWeHave been Warnedは、1935年に出版され、レイプや中絶などの性行動を調査しました。この本はさまざまな出版社によって拒否され、出版社にとってより受け入れられるように大幅に書き直され、依然として検閲の対象となっていました。

夫の死後、ミッチソンは1973年から1985年の間に別々のタイトルとして出版されたいくつかの回想録を書きました。彼女は作家J. R. R.トールキンの親友でもあり、指輪物語の証拠読者の一人でした。

ミチソンは、彼女の兄弟のように、1930年代に献身的な社会主義者でした。彼女は1932年にソビエト連邦を訪問し、その旅行中の彼女の経験について「私たちは警告されました」と書いています。この本は成功せず、ドイツとオーストリアのナチス政権下に住むユダヤ人についての彼女の架空の物語も成功しませんでした。彼女は、大学が議員を選出することが許可されていた1935年に、スコットランドの大学の労働党候補として不成功に終わった。結局、彼女の政治的立候補と彼女の左派の執筆の両方が失敗したので、彼女は徐々に左派に魅了されました。 1939年、第二次世界大戦が勃発すると、ディックとナオミミチソンはスコットランドのカラデールに移り、そこで残りの人生を過ごしました。戦争中、彼女はそこで農業に積極的でした。[1]彼女の名前は、ジョージ・オーウェルが1949年3月に労働党政府によって外務省に設置された宣伝部隊である情報調査局のために作成した人々のリストであるオーウェルのリストに載っていた。オーウェルは、これらの人々は共産主義者に傾倒しているため、IRDのために書くのは不適切であると考えました。[2]

ミッチソンの擁護は他の方法でも続いた。彼女はスコットランドの島のコミュニティのスポークスウーマンを務め、ボツワナのバクガトラ族の顧問になりました。

ミッチソンは優生学協会のライフフェローでした。彼女はまた、女性の権利のための声の運動家であり、避妊を提唱し、スコットランドの地方自治体でも活躍しました(1947&#x20131976)。彼女自身の避妊に関する知識の欠如(彼女の回想録に述べられているように)は、避妊と中絶の原因への彼女の興味につながりました。 Mitchisonは、ロンドンで最初の避妊クリニックの設立を支援しました。今日、彼女はフェミニズムの擁護と当時のタブーの主題への取り組みで最もよく知られています。

エディンバラのサウスガイルにあるナオミミチソンの像

1964年10月5日、ディックミッチソンは、彼の政治活動のために引退したアーガイル郡のカラデールの男爵ミッチソンとして一代貴族として創設されました。彼の妻ナオミはこうして(ライフピアの妻として)レディミッチソンになりましたが、どうやらタイトルを使用しないことを選択したようです。彼女の夫は1970年に亡くなりましたが、直美は80年代まで作家として活躍し続けました。彼女は1981年にCBE(大英帝国勲章の司令官)に任命されました。80年代に手紙を書き続け、101歳でカラデールで亡くなりました。彼女は3人の幼い息子(すべての科学者)と2人の長老によって生き残りました。娘、そして他のいくつかの子孫によって。

ミチソンの自伝は3つの部分に分かれています。

彼女の称号は、1964年にライフピアになった夫から来ました。ナオミミチソンは、ナオミミチソン夫人と呼ばれる資格がありませんでした(ただし、ガーディアンや他のいくつかのニュースソースはこのエラーを作成または永続させます)が、むしろバロネスミチソンでした正式にはカラデール、または正式にはレディミチソン。彼女はどうやらナオミ・ミチソンとして知られることを好んだようです。彼女の孫とひ孫は彼女をヌーと呼んだ。彼らは大規模な家族の集まりや休日のために家族の他の人たちと一緒にカラデールに行くことがよくありました。


ナオミ・ミチソン夫人は1897年11月1日にエジンバラで生まれ、1999年1月11日にキンタイアのカラデールにある彼女の家で亡くなりました。彼女は生理学者のジョン・バードン・サンダーソン・ハルデン(1892-1964)の娘であり、自由な発想のフェミニストであるファビアンとして進歩的な家で育ちました。彼女は平和運動家​​であり、社会的および政治的問題への彼女の関心には避妊が含まれていました。彼女は、1945年から1965年にかけてアーガイル郡評議会のメンバーであり、1965年から1975年にかけてハイランドおよび島嶼諮問委員会のメンバーでした。多作の作家である彼女の多くの本には、いくつかの歴史的作品やいくつかの小説、そしてさまざまな巻の回想録が含まれていました。彼女は広く旅行し、アフリカ問題に関心を持っていたため、1963年にボツワナのバクガトラの部族顧問兼母になりました。彼女は、1945年から1964年まで、ノーサンプトンのケタリング部門の労働党議員であったギルバート・ミッチソン(1890-1970)と結婚しました。彼は1964年に一代貴族として創設され、1964年から1966年まで政府大臣を務めました。

この資料の配置は、それが受け取られた元の注文を反映しています


これは、1932年にストラトフォードアポンエイボンのシェイクスピアメモリアルシアターのドア家具を含む委託を完了した後、ガートルードエルメスが友人のために実行した一連のドアノッカーとレターボックスの最初のものです。この例はギルバートのために作成されました。ミッチソン(1880-1970)は後に、ハマースミスモールにある彼の家で、インナーテンプルのバリスターを練習していたときにミッチソン卿を務めました。このプロトタイプは、弁護士のブリーフを受け取るのに十分な開口部がなかったため、却下されなければなりませんでした。最終的にインストールされたバージョンは、そうするように変更されました。

ガートルード・エルメス(1901-1983)は主に木版画家および彫刻家でしたが、それにもかかわらず、特に第二次世界大戦前に、かなりの量の建築装飾作業を実行しました。 1925年、彼女はローマ賞の彫刻のファイナリストの1人でした。彼女は著名なイラストレーターであり、1939年にはヴェネツィア国際展示会で英国を代表する7人の木版画家の1人でした。第二次世界大戦中、彼女は若い家族をカナダに連れて行き、そこで航空機と造船の製図事務所でトレーサーと精密製図技師として働きました。戦後、彼女はイギリスに戻り、彫刻に専念しました。彼女は1963年に彫刻で王立アカデミーの準会員に選出され、最初に選出された女性彫刻家であり、1971年に王立学者になりました。

これは、ガートルードエルメスが、1932年にストラトフォードアポンエイボンのシェイクスピアメモリアルシアターのドア家具を含む委託を完了した後、友人のために実行した一連のドアノッカーとレターボックスの最初のものです。この例はギルバートのために作成されました。ミッチソン(1880-1970)は後に、ハマースミスモールにある彼の家で、インナーテンプルのバリスターを練習していたときにミッチソン卿を務めました。このプロトタイプは、弁護士のブリーフを受け取るのに十分な開口部がなかったため、却下されなければなりませんでした。最終的にインストールされたバージョンは、そうするように変更されました。

ガートルード・エルメス(1901-1983)は主に木版画家および彫刻家でしたが、それにもかかわらず、特に第二次世界大戦前に、かなりの量の建築装飾作業を実行しました。 1925年、彼女はローマ賞の彫刻のファイナリストの1人でした。彼女は著名なイラストレーターであり、1939年にはヴェネツィア国際展示会で英国を代表する7人の木版画家の1人でした。第二次世界大戦中、彼女は若い家族をカナダに連れて行き、そこで航空機と造船の製図事務所でトレーサーと精密製図技師として働きました。戦後、彼女はイギリスに戻り、彫刻に専念しました。彼女は1963年に彫刻で王立アカデミーの準会員に選出され、最初に選出された女性彫刻家であり、1971年に王立学者になりました。

  • ガートルードエルメス回顧展ロンドン、ロイヤルアカデミー、1981年。
  • キャロル・ホグベン編のエリック・ターナー。ブリティッシュアート&アンプデザイン、1900〜 1960年、ロンドン、ビクトリアアンドアルバート博物館、1983年、132〜133ページ。病気。
  • Jane Hill、The Sculpture of Gertrude Hermes、Farnham、Lund Humohries、Henry Moore Foundation、2012年、40、122ページ。 ISBN:9780853318651
  • バイスタンダー、1940年5月15日。p.208。病気。

ミチソン、ナオミ・マーガレット、1897-1999、小説家および詩人

ナオミ・ミチソンは1897年にスコットランドで、生理学者のジョン・ハルデン(1892-1964)の娘として生まれました。彼女はオックスフォードで科学を学び、1916年に法廷弁護士のギルバート・ミッチソン(1890-1970)と結婚しました。ギルバート(「ディック」)ミッチソンは妻の社会主義的信念を共有し、後にケタリングの労働党議員(1945-1964)となった。彼は1964年に一代貴族(カラデールのミッチソン男爵)になりました。

ミッチソン自身は多作の作家であり、生涯で90以上の作品を完成させました。これらには、歴史的および現代的な小説、詩、演劇、短編小説、子供向けおよびファンタジー小説、および一連の回想録が含まれていました。彼女が1935年にスコットランドの大学の労働党候補として立った1930年代に政治的に活動し、特に女性の権利だけでなくスコットランドの島のコミュニティに関しても、擁護は彼女の人生の重要な部分であり続けました。彼女は広く旅行し、アフリカ問題に特に興味を持っていました。アフリカは彼女の小説のいくつかに舞台を提供しました。 1963年、彼女はボツワナのバクガトラの部族顧問(「Mmarona」または「mother」)になりました。この部族コミュニティとの緊密な関係は、旅行中に立ち往生したチーフが彼女のおもてなしを提供したときに始まりました。これからバクガトラとの永続的な関係が築かれ、彼女は晩年も訪れ続けました。


アーカイブの説明情報にアクセスして再利用する権利:

ナオミ・ミチソンまたはチーフ・リンチウェに関連する個人的な未発表の論文/原稿、手紙または日記からの出版物の引用は、レディ・ミチソンの財産の許可を得なければなりません。
上記のアクセス制限の対象となる研究者は、リプログラフィックサービスを利用できます。文書に損傷を与えるリスクがある場合、コピーは行われません。コピーは、Borthwick Institute for Archivesのコピーの提供に関する契約条件に従って、関連する著作権法の規定に基づいて提供されます。 BorthwickInstituteの管理下にある文書の画像を複製する許可を求める必要があります。


ギルバートミッチソン-歴史

1918年に創設された選挙区には、コービーが独自の選挙区を獲得した1983年の総選挙まで、一般的に労働党が多数を占める工業都市コービーが含まれていました。

Kettering Constituencyは主に、ロンドンとウェストミッドランズの管理/監督通勤ゾーン内にある中流階級です。ランジェリー、食品生産、硬い容器、食肉処理場からバートンラティマーのウィータビックス工場まで、いくつかの分野で産業が続いていますが、この地域の他の地域と同様に、この地域の産業活動は減少しています。

アルフレッドエドワードウォーターソン(1918-1922)協同組合

アルフレッド・ウォーターソンは最初の協力党議員であり、ダービー出身で、労働組合の鉄道員および活動家であり、町議会議員も務めていました。彼は、労働党との正式な同盟を進めるという協同組合議会の決定に先立って、議会で労働党幹事長を務めた。

パーカー氏は故アルダーマンチャールズパーカーの息子であり、1860年にノーサンプトンで生まれ、ハイアムフェラーズのチッチェルグラマースクールで教育を受けました。ここで彼は間違いなく彼の人生を動かしたそれらの高くて高尚な原則を彼に植え付けました。彼は1897年に市議会に参加し、同じ年に市長に選出されました。彼は職務を非常にうまく遂行したので、翌年、この重要な役職に再選されました。王の戴冠式の年に、彼は3回目の市長に選出され、ウェストミンスター寺院での戴冠式で自治区を代表しました。ノーサンプトンシャーの主宰官、スペンサー伯爵の推薦で。 K.G.、パーカー氏は同年、郡の平和委員会に任命されました。 He was elected as a Member of Parliament for Kettering in 1922.


SAMUEL FREDERICK PERRY (1923-24) and (1929-1931) LABOUR CO- OPERATIVE

Samuel Perry was born in 1877 and was a Labour Co-operative politician in the United Kingdom.

Born in Stockport, Cheshire, Sam Perry began his education with a scholarship at the Stockport Grammar School but was forced to give up school at the age of ten when his father died, and became a cotton spinner like his father.

He became involved in the local co-operative movement with the Stockport Co-operative Society then Birkenhead and on the creation of the Co-operative party in 1917 was appointed its first national secretary. When appointed senior official in the Party, Perry moved his family to London with nine-year old Fred. They lived on the co-operatively run Brentham Estate in Ealing where Fred was able to use the tennis courts and cricket pitch. Sam contested the two-member Stockport constituency at a by-election in 1920 and again at the subsequent 1922 general election.

LABOUR CO-OPERATIVE MEMBER OF PARLIAMENT FOR KETTERING

Sam Perry was successful in the 1923 General Election being elected defeating the Conservative MP Owen Parker.

He lost his seat at the 1924 election to the Conservative Sir Mervyn Manningham-Buller, then won it back at the 1929 election. Defeat came in the 1931 General Election when the seat was won by the Conservative John Eastwood.

Mervyn Manningham-Buller was the son of Major-General Edmund Manningham-Butler and Lady Anne Coke and was born on 16 January 1876. In his early days he was commissioned a second lieutenant in the Rifle Brigade in 1895 and was promoted to lieutenant in 1898, then to captain on 18 March 1901. He was seconded to the Imperial Yeomanry for service in the Second Boer War (1899-1901) and was second in command of the 21st Battalion until he relinquished this appointment on 12 March 1902 when he returned to his regiment. At the end of hostilities in South Africa, he returned to the United Kingdom in August 1902. He later became lieutenant-colonel in the service of the Rifle Brigade.

In 1910 he succeeded as the 3rd Baronet Manningham-Buller, of Dilhorne Hall, Staffs (UK 1866)

He was elected in 1924 and served until 1929 until Samuel Perry was again elected.

Later in 1931 he was elected MP for Northampton and he resigned in 1940 upon becoming Steward of the Manor of Northstead.

Mervyn Manningham-Buller died in Chelsea, London in 1956 aged 80.

JOHN FRANCIS EASTWOOD OBE (1931-1940) CONSERVATIVE

John Eastwood was born in 1887 in Guildford Surrey. He married in 1912 Alice Leonora Zacyntha Boyle of the family of the earls of Cork & Orrery, and had issue by her. Following her death in 1934 he married her cousin Dorothea Constance Cecil Butler.

He was elected at the 1931 General Election as Member of Parliament for Kettering defeating the Labour MP Samuel Perry. He held the seat at the 1935 General Election but resigned in 1940 to become a Metropolitan Police magistrate.

He died in Chelsea, London aged 64.

JOHN DENNIS PROFUMO CBE (1940-1945) CONSERVATIVE

John Profumo was born in Kensington London. He attended Harrow School and Brasenose College, Oxford. In 1939 he was commissioned into the Royal Armoured Corps as a second-lieutenant. He served in North Africa with the

Major Profumo was appointed as Officer of the Order of the British Empire (OBE) (military) &ldquoin recognition of gallant and distinguished service in Italy&rdquo, specifically for his service on Field Marshal Sir Harold Alexander&rsquos staff commanding the 15th Army Group. In 1947 Acting Colonel Profumo was awarded the Bronze Star Medal by the United States &ldquoin recognition of distinguished services in the cause of the Allies.&rdquo

CONSERVATIVE MEMBER OF PARLIAMENT FOR KETTERING

In 1940, while still serving in the Army, Profumo was elected to the House of Commons as a Conservative Member of Parliament (MP) for Kettering at a by-election on the 3 March. He inherited his father&rsquos Italian noble title in 1940 thus becoming the 5th Baron Profumo on 27th March 1940. Profumo was then the youngest MP, and by the time of his death he had become the last surviving former member of the 1940 House of Commons.

At the 1945 election Profumo was defeated at Kettering by the Labour candidate, Dick Mitchison.

ELECTED AS MP FOR STRATFORD-ON-AVON

Later in 1945 he was Chief of Staff to the British Mission to Japan. In 1950 he left the Army and at the general election in February 1950 he was elected for Stratford-on-Avon in Warwickshire, a safe Conservative seat. He was a well-connected politician with a good war record and was highly regarded in the Conservative Party. These qualities helped him to rise steadily through the ranks of the Conservative government that came to power in 1951. He was appointed Parliamentary Secretary to the Ministry of Civil Aviation in November 1952, Joint Parliamentary Secretary to the Ministry of Transport and Civil Aviation in November 1953 Parliamentary Under-Secretary of State for the Colonies in January 1957, Parliamentary Under-Secretary of State at the Foreign Office In November 1958, and Minister of State for Foreign Affairs in January 1959. In July 1960, he was appointed Secretary of State for War and was sworn of the Privy Council. In 1954 he married the actress Valerie Hobson.

In July 1961, at a party at Cliveden, home of Viscount Astor, John Profumo met Christine Keeler, a 19-year-old model with whom he began a sexual relationship. The exact length of the affair between Profumo and Keeler is disputed, ending either in August 1961 after Profumo was warned by the security services of the possible dangers of mixing with the Ward circle, or continuing with decreasing fervour until December 1961. Since Keeler had also had sexual relations with Yevgeny Ivanoy, the senior naval attaché at the Soviet Embassy, the matter took on a national security dimension. In December 1962 a shooting incident in London involving two other men who were involved with Keeler brought the affair to the forefront but was not pursued until March 1963 when the Labour MP George Wigg claiming to be motivated by national security aspects of the case referred to the rumours linking Keeler and Profumo. It became apparent to Harold Macmillan, the prime minister, that Profumo&rsquos position was untenable. On 15 June 1963, Profumo was forced to admit that he had lied to the House in March when he denied an affair with Keeler, which at that time was an unforgivable offence in British politics. He resigned from office from the House, and from the Privy Council. He confessed to his wife, who stood by him. No breach of national security was apparent. The scandal rocked the Conservative government, and was generally held to have been among the causes of its defeat by Labour at the 1964 election. Profumo maintained complete public silence about the matter for the rest of his life.

Shortly after his resignation, Profumo was invited to work at Toynbee Hall, a charity based in the East End of London, as a volunteer. He worked there for the rest of his life, becoming the chief fundraiser using his political skills and contacts to raise large sums of money. He was able to live on his inherited wealth. His wife also devoted herself to charity until her death in 1998. In the eyes of some, Profumo&rsquos charity work redeemed his reputation.

He was appointed a Commander of the Order of the British Empire (CBE) in 1975. In that year, the former Conservative Prime Minister Margaret Thatcher invited him to her 70th birthday dinner, where he sat next to the Queen. He appeared rarely in public, particularly in his last years when he used a wheelchair. His last appearance was at the memorial service for Sir Edward Heath on 8 November 2005.

On 7 March 2006, Profumo suffered a stroke. He died two days later at the age of 91.

GILBERT RICHARD MITCHISON, BARON MITCHISON, CBE, QC (1945-1964) BRITISH LABOUR

LABOUR MEMBER OF PARLIAMENT FOR KETTERING

He was the Labour Member of Parliament for Kettering between 1945 and 1964, beating the young incumbent, John Profumo, at the 1945 election. In Parliament, Mitchison sponsored the New Streets Act as a private member&rsquos bill. He was given a life peerage, created Baron Mitchison, of Carradale in the County of Argyllshire on 5 October 1964. He served on the executive of the Fabian Society.

In 1916 he married the writer Naomi Haldane. Mitchison died in Westminster in 1970 aged 75.

She was a prolific writer of poetry, plays, short stories, stories for children, historical and contemporary, as well as novels despite or because of her busy life.

Meanwhile she had worked devotedly for her socialist husband in his constituencies, first King&rsquos Norton, Birmingham, and then Kettering, where she was admired by the comrades for the brilliance of her intellect and the sincerity of her character.

At Dick Mitchison&rsquos death she continued her writing, diversifying into documentaries and more than one volume of her own memoirs. Honours came her way from four Scottish universities, two Oxford colleges and the French Academy. She died in 1999.

SIR GEOFFREY DE FREITAS, KCMG (1964-1975) LABOUR

Sir Geoffrey had success representing the Labour party in General Elections in 1945 (Nottingham), 1950 (Lincoln). He was nominated to be British High Commissioner to Ghana in 1961 and was knighted in that year. He resigned his seat in the Commons on 20 December 1961 taking the sinecure of Steward and Bailiff of the Manor of Northstead. He took up Commonwealth Relations posts.

LABOUR MEMBER OF PARLIAMENT FOR KETTERING

In 1964 Sir Geoffrey received a surprise message from the Labour Party in Kettering. Their Member of Parliament, Dick Mitchison, was going to the Lords and they were without a candidate at the forthcoming general election. He was asked to put his name forward. Having relinquished his Commonwealth Relations post he was duly selected from a field of 73, and returned to the House of Commons. Hugh Gaitskell, who had warmly endorsed his leaving the House previously to go to Ghana, had died the previous year and Harold Wilson, the new Labour leader and now Prime Minister, had no inclination to honour his predecessor&rsquos commitment to the former cabinet member. He was given no post on the front bench, though he was asked to lead the Labour Party delegation to the assembly of the Council of Europe in 1965 and the following year was elected its President. A position he retained until 1969. In 1971 his reluctance to be nominated for election as Speaker of the House of Commons led to a reappraisal of the system. He was a delegate to the European Parliament from 1975 to 1979. He retired from politics in 1979 and died in Cambridge three years later in 1982.

The sundials on the four faces of the tower of St Margaret&rsquos Church, Westminster, were the gift of Sir Geoffrey in 1982. A plaque in the north porch of the church records the gift which was to commemorate the Ecumenical Service held on 16 November 1974 for the 20th annual session of the North Atlantic Assembly of which Sir Geoffrey was President from 1976-1978.

WILLIAM DENNIS HOMEWOOD (1979-1983) BRITISH LABOUR

ROGER NORMAN FREEMAN, BARON FREEMAN PC (1983-1997) CONSERVATIVE

CONSERVATIVE MEMBER OF PARLIAMENT FOR KETTERING

Following an unsuccessful attempt to be elected as MP for Don Valley in 1979, Freeman was elected as Conservative MP for Kettering in 1983. As Ministry of State in 1990 he was responsible for steering through the House of Commons the Railways Bill providing for the privatisation of British Rail and enacted as the Railways Act 1993. In the 1993 Birthday Honours Freeman was sworn of the Privy Council. He was brought into the Cabinet by John Major as Chancellor of the Duchy of Lancaster in 1995. He inaugurated the process of privatisation of HM Stationery Office, though as a former minister for MOD Procurement, one of HMSO&rsquos major customers, he could be adjudged to have had a conflict of interest. He misjudged the effect of privatisation on HMSO, which rather than preserve the business as a whole, and protecting jobs, hastened the already-established process of splitting the business into its various parts, resulting in the destruction of some, and the sale of others to foreign owners. The loss of jobs was massive.

1986-98 Parliamentary Under-Secretary (Ministry of Defence) (Armed Forces) 1988-1990 Parliamentary Under Secretary (Department of Health) 1990 Ministry of State Department for Transport 1990-1994 Minister of State (Department for Transport) (Public Transport) 1994-1995 Minister of State (Ministry of Defence)(Procurement) 1995-1997 Chancellor of the Duchy of Lancaster and Minister (Public Service)

HOUSE MEMBERSHIPS
COMMONS 1983-1997 1997-2001 Vice-Chair, Conservative Party

COMMITTEE MEMBERSHIPS
LORDS 2006-2016
European Union Committee 2006-2010
EU Internal Market Sub-Committee 2015-2016
High Speed Rail (London-West Midlands) Bill Select Committee 2016

Narrowly defeated in the 1997 General Election, Roger Freeman was shortly afterwards raised to the peerage as Baron Freeman, of Dingley in the County of Northamptonshire in the 1997 Prime Minister&rsquos Resignation Honours.

Lord Freeman was the chairman of the Charity SkillForce from 2004 to 2016.

PHILIP ANDREW SAWFORD (1997-2005) BRITISH LABOUR

LABOUR MEMBER OF PARLIAMENT FOR KETTERING

Phil Sawford contested Wellingborough in 1992, losing to the Conservative incumbent Peter Fry. In the 1997 election he won the Kettering seat defeating the conservative Cabinet minister, Roger Freeman. There were three recounts thus the result was one of the last to declare. In 2001 his majority was increased. Over eight years as an MP he established a reputation as a constituency focused MP who championed local issues. After losing his seat in the 2005 election he was re-selected as the Labour Parliamentary Candidate in 2007. The boundaries of Kettering Constituency changed at the 2010 General Election but Sawford was defeated again. He was on the left of the Labour Party, and a member of the Socialist Campaign Group.

He is now retired but takes an active interest in local politics and serves as Vice Chair of the Kettering Constituency Labour Party.

PHILIP THOMAS HOLLOBONE (2005-2020 to present) CONSERVATIVE

Philip&rsquos political career began in the London Borough of Bromley where he served as a councillor between 1990 and 1994. He unsuccessfully contested Lewisham East at the 1997 General Election and in 1998 he sought re-election to Bromley but was defeated. He was again defeated in 2001 for the Kettering constituency. Following this defeat, Hollobone moved to Kettering and secured election in 2003 to Kettering Borough Council for the rural ward of Buccleuch and went on to represent the suburban ward of Piper&rsquos Hill from 2007. He also became Chairman of the Kettering Conservative Constituency Association in 2001-2. He was re-elected as a councillor in 2011, but did not re-stand in 2015.

CONSERVATIVE MEMBER OF PARLIAMENT FOR KETTERING

At his third attempt Hollobone secured election to the House of Commons in the 2005 General Election when he defeated Phil Sawford by 3,301 votes. He made his maiden speech in 2005. He was criticised for some of his subsequent speeches as &ldquoboosting ratings on the internet by saying very little, very often&rdquo. His response was that he tried to speak as often as possible on behalf of constituents and take part in many different debates. Because of Hollobone&rsquos efforts to represent constituents in Westminster rather than representing Westminster in the constituency, he became known as the Conservatives most rebellious MP.

Re-election came in the 2010, 2015, 2017 and 2019 General Elections. In February 2018, following the announcement that Northamptonshire County Council had brought in a &ldquosection 114&rdquo notice, putting it in special measures following a crises in its finances, Hollobone was one of seven local MPs who released a statement arguing that the problems with the authority were down to mismanagement from the Conservative councillors who led it rather than funding cuts from the Conservative Government. They further argued that government commissioners should take over the running of the Council.

Philip Hollobone is President of the Kettering Branch of the Royal British Legion, a member of the Kettering Book Society and the Kettering and Desborough civic societies, and has been an occasional player for Kettering Rugby Football Club. He is also a Trustee of Solve It, the Kettering-based solvent abuse charity and the Jeanette Crizzle Trust, which is campaigning for improved rates of organ donation. He arranges visits for local people to see the Houses of Parliament and hundreds of local residents have taken advantage of this.

Phillip has been keen to raise in Parliament issues important to local people such as building over-development in Northamptonshire, the funding of Northamptonshire Police, local NHS dentistry, congestion on the A14, the future of sub-post offices in Northamptonshire, the future of Kettering General Hospital, GPs in Northamptonshire, the involvement of local people in planning housing developments, help for small business in Northamptonshire, planning applications for windfarms in Northamptonshire, firework safety, the adoption of local residential roads by the county council, organ donation, and the control of immigration. Phillip has been pressing Government Ministers particularly hard for extra infrastructure investment into the Kettering area and has welcomed Government announcements for the £110m widening of the A14 Kettering by pass from 2013 and the £800m upgrade and electrification of the Midland Mainline railway through Kettering from 2017.

Philip Hollobone is regarded as being on the right wing of the Conservative Party, and is a member of the socially conservative Cornerstone Group. He has advocated the privatisation of both the NHS and the BBC and policies such as bringing back capital punishment and military conscription.

In 2013, Hollobone was one of four MPs who camped outside Parliament in a move to facilitate parliamentary debate on what they called an &ldquoAlternative Queen&rsquos Speech&rdquo – an attempt to show what a future Conservative government might deliver. Some 42 policies were listed including reintroduction of the death penalty and conscription, privatising the BBC, banning the burka in public places and preparation to leave the European Union. He was a supporter of the Better Off Out campaign, which supported Britain&rsquos withdrawal from the EU.

2006-2010 Transport Committee
2010-2019 Panel of Chairs - (Giving him an annual payment of £15,000 in addition to the salary of £77,379) 2010-2012 Backbench Business
2015-2016 Backbench Business Committee

In April 2009, Hollobone was reported to be the thriftiest MP in terms of expenses. On average MPs claimed £144,176 whilst he claimed £47,737.


1670 - 1931

The Collection Tree View below shows the catalogue level, document or item described on this page in the hierarchical context of the collection it belongs to, identified in the tree by the open folder icon and highlighed text. Browsing the collection tree can be a useful way to find similar or related documents.

You can click the arrows next to the folder icons to explore the collection, opening and closing the levels of the Collection Tree. If you click on a title, you will leave this page, opening instead the page of the catalogue level, document or item you selected. Only the DOCUMENT and ITEM levels describe physical documents. The COLLECTION, GROUP, SERIES and SUBSERIES levels provide structure for the collection, but are not physical documents. See Help-Using the Catalogue for more information on our levels of catalogue description.

    The Mitchison family came from Northumberland. William Mitchison, whose will was dated 24 March 1817, owned the Benwell estate, Northumberland, and property in Newcastle-on-Tyne. This descended in turn to his two sons. Anthony, described as formerly of Wood Street, Cheapside, London, silk manufacturer, but late of Sunbury, died unmarried in 1836, aged 51 years, and was buried at Hampton. John the elder is described in a deed of 1834 as late of Gutter Lane, silk manufacturer, now of Sunbury. He owned property in Shoreditch, Islington, Soho and the City of London in the 1820's, although no draft or original deeds of these transactions are included in this accession. There are likewise no early deeds for the Manor Estate, Sunbury, which he probably purchased about 1828, and property in Lambeth which was acquired by him or his son, William Anthony Mitchison the elder. In 1839 he was operated on by Sir Astley Cooper, but, unfortunately, the shock of the operation rendered him temporarily insane. He eventually recovered his senses but the management of the estates, until his death in 1856, fell largely to his son, William Anthony the elder. By this time his elder surviving son, John Mitchison, the younger, was insane, though not certified as such until an inquiry in 1864 (ref: ACC/1156/69-71, 73-4).

After his father's death, William Anthony managed the estate on behalf of his brother John, whose Committee he became, his sister Juliana, who was domiciled in France, and himself, and acquired property in Kensington, Sunbury, Harmondsworth and elsewhere. William Anthony succeeded to John's estate in 1899, and on his death in 1900 left the estates to his three surviving sons, the Revd. Richard Stovin Mitchison, Herbert Sturges Mitchison and Arthur Maw Mitchison. They reached an agreement about the division of the estates between them (ref: ACC/1156/39), the properties being jointly managed until this could be effected. The Benwell and Sunbury Manor estates were sold, in 1903 and 1902-21 respectively, as were several other properties. The records end in the 1920's.


Correspondence and manuscripts located in the Haldane Archive, National Library of Scotland, Edinburgh.

Correspondence located in the Julian Huxley papers, the Fondren Library, Rice University, Texas.

Manuscripts and correspondence located in the Mitchison Archive, the Harry Ransom Research Center, the University of Texas, Austin.

Second World War diary and essays located in the Tom Harrisson Mass Observation Archive, the University of Sussex.

Jill Benton , Professor of English and World Literature, Pitzer College, The Claremont Colleges, California

この記事を引用する
以下のスタイルを選択し、参考文献のテキストをコピーしてください。

"Mitchison, Naomi (1897–1999) ." Women in World History: A Biographical Encyclopedia. . Encyclopedia.com。 17 Jun. 2021 < https://www.encyclopedia.com > .

"Mitchison, Naomi (1897–1999) ." Women in World History: A Biographical Encyclopedia。 。 Retrieved June 17, 2021 from Encyclopedia.com: https://www.encyclopedia.com/women/encyclopedias-almanacs-transcripts-and-maps/mitchison-naomi-1897-1999

引用スタイル

Encyclopedia.comを使用すると、Modern Language Association(MLA)、Chicago Manual of Style、およびAmerican Psychological Association(APA)の一般的なスタイルに従って参照エントリと記事を引用できます。

「この記事を引用」ツール内でスタイルを選択して、そのスタイルに従ってフォーマットしたときに利用可能なすべての情報がどのように表示されるかを確認します。次に、テキストをコピーして、参考文献または作品の引用リストに貼り付けます。



コメント:

  1. Gwawl

    これは山積みです

  2. Gordie

    申し訳ありませんが、あなたは間違っていると思います。私はそれを証明することができます。

  3. Amiri

    知恵の言葉!尊敬 !!!

  4. Dusan

    あなたは正しくないと思います。私はそれを証明することができます。 PMに書いてください。



メッセージを書く