発表された一方的な部隊削減-歴史

発表された一方的な部隊削減-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ソビエト首相ゴルバチョフは、国連で、ソビエト連邦が一方的に東ヨーロッパの通常の部隊を50万人の軍隊で削減していると発表した。削減は西側で喜びをもって迎えられたが、実際、ソビエトが軍隊を維持することができなかったために強制された。東ヨーロッパがモスクワから独立したので、それはすぐに学術的になりました。

陸軍が10,000人の軍隊を削減する、国防大臣は確認する

国防大臣のベン・ウォレスは、陸軍は2025年までに72,500人の軍隊に削減されると述べ、過去10年の半ば以来82,000人の「確立された力」に達していないと述べた。

彼はコモンズに、軍隊の規模を4,000縮小する決定を下したが、縮小には冗長性は必要ないと語った。

彼は次のように述べています。「軍隊の配備可能性と技術的優位性の向上は、より少ない人数でより大きな効果をもたらすことができることを意味します。

「したがって、私は軍隊の規模を現在の76,500人の貿易訓練を受けた要員から2025年までに72,500人に減らすという決定を下しました。

「軍隊は、過去10年間の半ば以来、確立された82,000の強さではありませんでした。これらの変更には冗長性は必要ありません。予備力を活用するためにすでに行われた作業に基づいて、部隊全体がより適切に統合され、生産性が向上するようにしたいと考えています。」

ウォレス氏は、以前のレビューは「野心的で資金不足」であり、過去には「サービス担当者の実際の経験を犠牲にして機器に資金を提供することはあまりにも魅力的だった」と付け加えました。

「そのため、今後4年間で、シングルリビングの宿泊施設の改善に15億ポンド、今後10年間でラップアラウンドチャイルドケアに14億ポンドを費やす予定です」と彼は付け加えました。

彼は次のように述べています。この増加した資金は、防衛に現在の軍隊を信頼できる軍隊に変え、2020年代以降の脅威に備えて近代化し、その過程で国の繁栄に貢献する刺激的な機会を提供します。

「これは、大衆動員から情報化時代のスピード、準備、そして未来の脅威に立ち向かうための関連性への移行を示しています。」

このレビューは、「官僚的な先延ばし、軍事的優柔不断、財政的不祥事」の歴史が過去20年間に陸軍を再装備する試みを示したと述べた、コモンズ国防委員会による痛烈な報告の数日後に行われます。

国防大臣は言った:

メルシャン連隊の第2大隊は、第1大隊と統合されて、新しいボクサー搭載大隊を形成しますが、「主要なユニットの削除はさらに必要ありません」。

「キャップバッジの紛失」はなく、「新しい構造では必要なユニット数が少なくなります」。

連隊は4つの歩兵師団に配置されるように再編成されます。

国防省は、今後4年間で66億ポンドを超える研究開発と実験を優先する予定です。

戦略的指揮官はRAFと提携して「宇宙能力の段階的変化」を実現し、2022年から政府は「英国製のインテリジェンス、監視、偵察衛星コンステレーション」の提供を開始します。

E-3Dセントリーは、2023年にRAFロシーマスを拠点とする3機のE-7ウェッジテールの「より有能な艦隊」に置き換えられます。

C-130Jヘラクレスは2023年に引退し、22機のA400MとC-17は「より高性能で柔軟な輸送艦隊を提供します」。

対テロ作戦をサポートする9機のリーパードローンは、「強化された戦略的ISR(インテリジェンス、監視、偵察)およびストライキ機能を提供する」ために2024年にプロテクターに置き換えられます。

台風レーダーはアップグレードされ、今後4年間で20億ポンドが「将来の戦闘航空システム」に投資されます。

彼は、「より広範な軍のリストラ」とともに部門の「最終的な詳細」が「夏の前に」発表されると述べた。

しかし、シャドウ国防大臣のジョン・ヒーリーは、国防レビューは過去の「同じ過ちの多くを繰り返す」と警告した。

彼は次のように述べています。「最後の2回の保守的な防衛レビューが軍隊の基盤を弱体化させたため、この再評価が必要です。フルタイムの軍隊を45,000人削減し、国防予算を80億ポンド削減し、重要な国防能力を削減し、主に予算の圧力に対処するためにアップグレードします。

「今、首相はこの後退の時代の終わりを約束しました。国防大臣は、このレビューは異なるだろうと約束した。しかし、私はこの防衛レビューが同じ過ちの多くを繰り返すように設定されているのではないかと心配しています。

「私たちの軍隊の力は再び低下し、重要な軍事力は再び低下し、10年後に再び軍の完全なオーバーホールを完了することを計画しています。では、国務長官に、政府はこの円をどのように二乗するのでしょうか?」

ヒーリー氏は、「英国への脅威が増大している」と警告し、「これは、今後数年間で、軍隊、船、飛行機の数を減らす計画です」と付け加えました。

ウォレス氏は、軍人の数で「トップトランプ」をプレイすることに対して警告しました。

彼は彼の軍隊の経験を思い出し、それが紙の上でドイツの3つの装甲師団をどのように守ったのかを思い出したが、「実際にははるかに少なく集まることができた」とMPに語った。

&quotそのため、一部の同僚は私たちの部隊数でトップトランプをプレイしたいと思っていますが、奪われたランドローバーで連隊を戦争に送るときの連隊の数や、敵が新しい方法を開発しているときに単に戦車の数を数えることは意味がありませんそれらを打ち負かすために。」

ヒーリー氏はコモンズに次のように語った。「私たちの常勤部隊は、英国が直面する脅威に対処するために2015年に大臣が必要と述べた力をすでに10,000近く下回っています。

「国務長官は、これらの大幅な削減が、海外展開、同盟国の支援、強力な国防の維持、そして最近のCovid危機を通じて我が国を支援してきた国内の回復力を強化すると同時に、我が国の能力を制限しないとどのように主張できるでしょうか?」

ベン・ウォレスは次のように答えました。つまり、これは通常、削減の環境の中で行われる防衛レビューではありません。」

国防特別委員会の保守党議長であるトバイアス・エルウッド氏は、このレビューは「従来の防衛態勢に見合うだけの代償」であり、議会の投票でテストされた場合は合格しないと警告した。

彼は言った:&quotなぜ?政府独自の統合レビューペーパーは、この次の10年間がどれほど危険であるかを非常に明確な言葉で説明しているため、国防費がGDPの4%を加えた冷戦よりも危険です。

「今日、私たちは安全と繁栄に対する複数の複雑な脅威に直面していますが、防衛費は平時のレベルでわずか2.2%のままです。国際的な競争が後退への西洋の影響を増大させているので、私たちは次の10年がどれほど危険であるかに目を覚まさなければなりません。従来のハードパワーに対するこれらの危険な削減を回避できるように、国防予算を3%に増やす時期ではありませんか?」

ウォレス氏は、予算は他の部門と比較して「信じられないほど寛大」であると答え、「これは、過去の問題を解決し、近代化に投資するのに十分な大きさの防衛予算です」と付け加えました。


オバマ政権が一方的な核兵器削減を発表

オバマ政権は、ペンタゴンの核兵器備蓄にある核兵器の数を一方的に4,018弾頭に削減し、2015年9月以来553発の弾頭を削減しました。

この削減は、本日初めにカーネギー国際平和基金で行われた演説で、ジョー・バイデン副大統領によって明らかにされました。

これは、オバマ政権が2期の間に、米国の核兵器備蓄をジョージW.ブッシュ政権末期のサイズと比較して1,255発削減したことを意味します。これは、英国の兵器庫にある弾頭の推定数よりも多い数です。中国、フランス、インド、イスラエル、北朝鮮、パキスタンを合わせた。

状況に応じた備蓄の削減

オバマ政権の追加の一方的な削減は、1945年以降の米国の核兵器備蓄の変化のグラフにわずかな落ち込みとして現れています(2017年9月に修正された下のグラフを参照)。

グラフは2017年9月に修正されました。クリックしてフルサイズで表示します。

それでも、オバマ政権は、他の冷戦後の大統領と比較して、備蓄から弾頭を最も少なく削減した政権であるという立場を依然として保持しています。

この理由の一部は、今日の備蓄の全体的なサイズが20年前よりもはるかに小さいため、新しい弾頭の削減も小さくなると予想されるためです。しかし、これは部分的にしか真実ではありません。なぜなら、ジョージW.ブッシュ政権は、クリントン政権よりもはるかに多くの弾頭を備蓄から削減したからです。

実際、冷戦後の共和党の大統領は、民主党の大統領よりもはるかに多くの弾頭を備蓄から削減しました。14,801対4,437です。

それでも、最新の削減は、オバマ政権が備蓄をどれだけ削減したか(24%対23%)の点でクリントン政権を(かろうじて)上回ったことを意味します(下の図を参照)。

フルサイズを表示するにはグラフをクリックしてください

生け垣を減らす

政府は、どのタイプの弾頭が備蓄から切り取られたか、またはそれらがどの部分から取り出されたかを明らかにしていません。弾頭は、弾頭タイプの技術的故障に対する「ヘッジ」を提供するため、または地政学的な驚きに対応するために保管されている、配備されていない弾頭の非アクティブな予備から取られたと推定されます。

2013年の核雇用戦略では、ヘッジが大きすぎ、技術的な弾頭の故障をヘッジするだけでよいと判断されました。そのヘッジは地政学的ヘッジとしても機能します。その結果、数百発のヘッジ弾頭が不要になりました。

したがって、553カットの弾頭には、核戦争計画と進行中の弾頭寿命延長プログラムの変更の結果としてとにかく引退する予定だった過剰なW76、B61、およびB83弾頭が含まれている可能性があります。 [ アップデート011317 :過剰なW76に加えて、カットには、以前に地上発射巡航ミサイルを武装していたW84弾頭も含まれる場合があります。 W84は一度引退しましたが、LRSOの潜在的な弾頭候補として備蓄に戻されました。しかし、W80がLRSO弾頭として選択された後、W84はその運命を迎えた可能性があります(ハウス保守派は2017年度の防衛法案でW84の解体を禁止しようとしましたが、その努力は最終的な削減を乗り切ることができませんでした)。しかし、生産されたW84は400未満だったので、553カット(以前に引退が予定されていたものに加えて、解体のためのほぼ500発の弾頭)には、他の種類の弾頭も含める必要がありました。それらには、過剰なW78ICBM弾頭も含まれる可能性があります。潜在的なB61は、B61-12の生産を待っているため、最小限に抑えられる可能性があります。]

増大する解体キュー

削減は、解体を待っている引退した(しかしまだ無傷の)弾頭の大量の在庫に大幅に追加されます。ジョン・ケリー国務長官は、2015年4月に、引退待ち行列に約2,500発の弾頭が含まれていると発表しました。バイデン副大統領は、その後、弾頭数が約2,800発に増加したと発表した。

バイデンはまた、オバマ政権が8年間の任期中に2,226発の弾頭を解体したと発表した。これは、昨年、約250発の弾頭が解体されたことを示しています。

政権は、2009年以前に廃止されたすべての弾頭が2021年までに解体されることを約束しました(実際には、すでに解体された弾頭の一部は2009年以降に廃止されました)。しかし、オバマ政権下で年間平均約278発の弾頭が解体されるため、現在の引退した弾頭の未処理分を解体するには2026年までかかるでしょう。

政治的および戦略的影響

オバマ政権は、米国の核兵器備蓄を一方的に削減し、核兵器削減の遺産を改善するための追加措置を講じたことを祝福しなければなりません。

これは、今春後半の核不拡散条約(NPT)の準備会議での米国の立場を助け、条約に参加している他の核兵器国(ロシア、中国、フランス、英国)への圧力を強めるだろう。正式な武器交渉がなくても、新しいイニシアチブを取ります。

オバマ政権はまた、米国の核兵器の透明性を提供し続けていることを称賛するに値する。それは、米国の核備蓄の歴史を開示し、毎年の最新情報を提供しただけではありません。また、弾頭の解体履歴を開示し、解体キューに残っている引退した弾頭の数を宣言しました。そしてそれは冷戦の間に海に配備された核兵器の数を含む米国の核の歴史の他の章を分類解除しました。

この透明性は、噂ではなく事実に基づいた核兵器の歴史と未来についての議論を促進するのに役立ちます。さらに、それは他の核武装国がより透明になるインセンティブを高めるのに役立ちます。英国とフランスも核備蓄と解体の歴史を開示した場合、西側の3つの核保有国は、ロシアや他の核武装国に核兵器についてより透明性を持たせるよう促すための非常に強力な立場をとることになります。

国内では、追加の核削減に関するオバマ政権の発表は、トランプ政権とその核政策がどうなるかを明らかにするのに役立ちます。オバマ政権の一方的な削減を米軍の力を弱めていると非難する人もいますが、それはいくつかの理由で間違っているでしょう。

第一に、オバマ政権は、ジョージW.ブッシュ政権を比較して青ざめさせる核兵器近代化プログラムを開始した。

第二に、カット 反映します 米軍の要件。国防総省は、新戦略兵器削減条約が来年施行された後でも、米国は、米国の国内および国際的な公約を満たすために必要とされるよりも最大3分の1多くの核弾頭を配備するであろうと長い間述べてきた。

ロシアは現在、4,500発近くの弾頭の核兵器備蓄を持っていますが、核兵器も削減しています(New STARTでカウントされる配備済み弾頭の一時的な増加にもかかわらず)。一部のコメンテーターは米露の核の平等に取りつかれているが、国防総省は数にあまり関心がなく、品質にもっと関心があるようであり、2012年に結論を下した。

「ロシア連邦…軍事的に重要な利点を達成することはできません 新戦略兵器削減条約の下での不正行為やブレイクアウトのシナリオにおいてさえ、その戦略的核力のもっともらしい拡大によって主に、計画されている米国の戦略的部隊構造、特にオハイオ級弾道ミサイル潜水艦の固有の存続可能性のためであり、その多くは常に海上にあります。」

代わりに、トランプ政権は、他の核武装国に例に従うよう積極的に説得する一方で、核兵器の数と依存を徐々にしかし責任を持って減らすというオバマ政権の核政策の大まかな概要を継続する必要があります。

追加情報:

    [注:この出版物は、2017年の備蓄発表の前に調査されました。]
  • グローバルな概要:世界の核力の状況

この出版物は、ニューランド財団とプラウシェアズ基金からの助成金によって可能になりました。行われた声明および表明された見解は、著者の責任です。


発表された一方的な部隊削減-歴史

6月6日、 ウォールストリートジャーナル ドナルド・トランプ米大統領がわずか6か月の間にドイツに配備された米軍の大幅な削減を命じたと報告することで、雪崩の論評を開始した。この動きは、ワシントンとブリュッセルで大きな反発に見舞われ、議会の共和党員が手紙や公式声明で懸念を表明した。しかし、トランプの発表は、実際には、政権がドイツからポーランドに少なくとも1,000人の軍隊を移動することを最初に提案した、2019年6月に論議された以前の計画の延長でした。当時、トランプは、提案された動きは「両国間の重要な防衛協力を確認すること」であると示唆した。ワシントンは、イランを抑止するためのペルシャ湾での海軍任務への参加をドイツが拒否したことをめぐって、かなり無関係な状況でこの潜在的な軍隊の動きを再び取り上げ、トランプがドイツでのアメリカの展開を交渉のチップとして使用し続けるという概念を強化しましたメルケル政府との外交政策に関する相互作用。

決定の原因が何であれ、この提案は、北大西洋条約機構(NATO)の重要性、同盟へのドイツの貢献、そしてベルリンが加盟することから得られる安全保障上の利益について新たな議論を引き起こしました。軍の再配置の可能性により、ヨーロッパの国家安全保障オブザーバーは、アメリカの軍事資産と国の外交政策との関連性と、ヨーロッパのパートナーにとっての実際のまたは認識された利益を詳しく調べるようになりました。オリジナルに登場するフィギュア ウォールストリートジャーナル 報告書は、ドイツに配備された34,500人の軍隊のうち9,500人が削減され、トランプはドイツに合計25,000人の軍隊のハードキャップを課すことを示唆しています。一部はポーランド、インド太平洋、または米国に再配布される可能性があるという憶測が続いた。トランプ自身は、ドイツに拠点を置く軍隊の数は、推定52,000人から25,000人の軍隊に「半分」削減されると述べた。この数字には、17,000人の民間人スタッフが含まれていることに注意する必要があります。これは、メディアの報道でより一般的に流通している前述の9,500人の軍隊に対するPOTUSの発言を二乗する際に考慮する必要があります。

しかし、数字の不確実性は、撤退のタイムラインに関する確かな事実、または提案された削減がどのように行われるかについての基本的な詳細についてもほとんど示されていない全体像の一部です。 NATOケイベイリーハッチソンのアメリカ大使はによって引用されました シュピーゲル そのような削減がいつどのように行われるかについての具体的な計画はないと言っているように。同じ報告書の中で、ドイツのハイコ・マース外相は、6月中旬の時点で、ベルリンの政府は外務省や国防省を通じて情報を受け取っていないと明言した。 「どこで何をどのように正確に行うべきかについて、正確で詳細な情報はありません。そのため、米国側からの意図がさらに明確になるのを待ちます。」同様に、NATOのイェンス・ストルテンバーグ書記長は、ドイツへの米国の配備が同盟にとって不可欠であることを強調しながら、軍隊を削減するというそのような決定がいつどのように実現されるかについての情報がないことを認めた。

この文脈において、米国がドイツでどのようにそしてどこに軍事力を配備したかを見る価値があります。前述のように、数字は出典やタイムラインによって多少流動的ですが、ドイツには基本的に5つの主要な米国駐屯地があり、ヨーロッパ全体の7つのうちです。 11の統合戦闘コマンドのうちの2つである米国欧州軍(EUCOM)と米国アフリカ軍(AFRICOM)は、ドイツ南西部のシュトゥットガルトに拠点を置いています。米国陸軍の欧州軍(USAREUR)は、ヘッセン州のルシアスD.クレイ駐屯軍ヴィースバーデンを拠点としています。米国空軍(USAF)には、ラムスタインとシュパングダーレムに2つの主要な空軍基地があります。ラムスタインは米国の主要施設であり、世界中のアメリカのドローン運用のための指揮統制要素を収容しています。この施設は、イエメンでのドローンによる暗殺の疑いのある事件がドイツの裁判所に出廷した昨年、ドイツ政府にとって政治的な問題となった。ドイツの当局者は、アメリカの作戦はすべて連邦法に従っていると主張しています。ラムスタインとシュパングダーレムに加えて、USAFはまた、核共有協定の下でブエシェルのルフトワッフェ空軍基地に保管されたB61戦術重力爆弾の形で戦術核兵器を提供しています。ヨーロッパ、アジア、アフリカでの戦闘作戦を支援する上で非常に重要なもう1つの施設は、米国本土以外で最大の施設であるラントシュトゥール地域医療センターです。最後に、Grafenwoehrトレーニングエリアも米国陸軍によって運営されており、ヨーロッパでこの種の施設としては群を抜いて最大であり、他の場所に完全に再配備する前に、すべての要素を備えた旅団規模の部隊に対応できます。

6月21日に論説されたWSJで、国家安全保障補佐官のロバート・オブライエンは、トランプ政権による以前のコメントをフォローアップし、再配置は駐屯軍に関係するが、支援作戦に関連する要素には触れない、と述べた。医療施設。繰り返しになりますが、ここで注目すべきは、ポーランドに関する昨年の提案からのテーマの続きであり、戦闘部隊にも影響を及ぼしています。これはおそらく、2015年に米国主導のNATO演習ドラグーンライドに最近参加したバイエルン州フィゼックに拠点を置く米陸軍の移転を示しています。また、検討中ののは、第52戦闘機翼が運用するF-16戦闘機。後者は、ポーランドがF-16戦闘機を取得して運用している限り意味があり、共有空軍基地での配備は長期的には運用上意味があるかもしれませんが、そのような移動を促進するための短期的なコストは重要。

この問題に関するオブライエンのコメントは、いくつかの内容を明確にする一方で、ワシントンによる正確な動機と論理的根拠の観点から主題を複雑にします。具体的には、国家安全保障補佐官による現在の駐屯地の取り決めが単に時代遅れである場合、これはドナルド・トランプと元国家情報長官代行のリチャード・グレネルの両方による以前の声明と矛盾するように思われます。どちらも、ドイツでの米軍の削減が不十分なドイツの防衛費の直接的な結果であり、米国が同盟国の機能的防衛に「多額の支払いをしている」ことを正当化することを明確に示していた。グレネルは、韓国や日本など、他の場所でのフットプリントを削減するためのより大きな取り組みの一環として、ヨーロッパでカットを組み立てました。したがって、いかなる再配備も、本質的に、米国への移転、または自国の軍隊に適切に支出していると見なされている同盟国のパートナーへの移転を意味しているように思われる。後者が正確である場合、正確にアメリカ軍が駐留している場所に関係なく、集団防衛のNATOシステムがすべてのメンバーにどのように利益をもたらすかを考えると、罰対報酬のアプローチは、トランプが「ラグガード」と見なす可能性のあるものに望ましい効果を生み出すのに問題があります。このようなシナリオでの小さな圧力は、米国の施設が関係地域の経済活動を促進し、ベルリンの政府が撤退を補うために国内支出を調整しなければならないという事実にのみ存在します。

ドイツの防衛費に関しては、ベルリンは過去5年間で、ドイツ連邦軍の予算を大幅に増やしてきました。 2024年までに防衛のために国内総生産(GDP)の1.5%を満たすという当初の野心は、今年達成される可能性があります。ただし、COVID-19の経済的影響はこれらの数値に影響を与え、ベルリンは、実際の支出が横ばいであっても、防衛への総予算の割合としてより多くの支出をもたらす可能性があります。最終的に、ベルリンは、2031年までに2%の支出といういわゆるNATOの誓約に徐々に到達したいと考えています。この進展は、10年以内に2%に「移行」するという2014年のウェールズの合意と矛盾しませんが、特にグレネルは声明は、さらなる米国の決定のための合格または不合格の基準をその数字にしっかりと到達させました。しかし、ドイツ軍にとって、問題は財源の増加だけではありません。最新のドイツの準備と調達のレポートは、能力を向上させる上での重要な課題のいくつかは資金の不足によるものではなく、持続可能な方法でその資金を吸収する産業と既存のドイツ連邦軍の構造の能力によるものであることを強調しています。言い換えれば、より多くのお金が利用可能であり、いくつかの主要な調達が実際にまだ承認されていない場合でも、戦車は非常に迅速に構築することができ、人員を雇い、割り当て、訓練する必要があります。世界最大の経済国の1つとしてのドイツの地位を考えると、予算の引き上げは、たとえばハンガリーやルーマニアが単一の高額兵器システムを注文することによって大幅な変更を行うよりも、フィールド機器に比例して複雑な結果をもたらします。

したがって、現在のアメリカの努力は、ドイツへの限定的な影響に重大な欠陥があるように思われます。再分配は単に軍隊がヨーロッパに留まることを意味し、ドイツ連邦軍が近いうちに2%のGDPに資金を供給することを期待することはほぼ不可能です。一方、アメリカの再配置がヨーロッパからの軍隊の完全な撤退を意味する場合、この決定は、トランプが彼らの分担をしている「良い支出者」であると強調するメンバーを含め、NATOの姿勢全体に重大な影響を及ぼします。この動きは、ワシントンで望まれることを正確に行ったことで政府を罰するだろう。さらに、ヨーロッパ、中東、アフリカでの一方的な米軍作戦を支援するためのドイツの軍隊の「ハードフロア」は、ヨーロッパの米軍の元司令官であるベンホッジスなどの軍事専門家によって約25,000人が座っていると特定されています。これを額面通りに受け入れると、そのポイントを下回る展開への脅威は、ヨーロッパのパートナーにとっては中空の脅威のように見えます。米国は事実上、ヨーロッパ人によるより多くの負担分担の要求に足を踏み入れると脅迫するだろう。これは実際には、劇的に削減された海外展開に焦点を当ててキャンペーンを実行したトランプを邪魔しないかもしれませんが、わずか6か月のスペースのそのような削減は完全に実行不可能であるように見えます。 11月に大統領選挙が迫っており、進展は選挙の結果に大きく依存しています。トランプが再選された場合、大統領がシリア、アフガニスタン、およびイラクからの撤退を実行するのを妨げたものに実質的に匹敵する、より劇的な削減に対するより広い米国政府のサークルでの重大な反対が残っています。

現在、トランプがドイツでのアメリカのプレゼンスを減らすことにおける適時性と影響の両方の問題を解決するための良い選択肢はないようです。長期的には、政府の政策が11月以降も維持されると仮定すると、さまざまなオプションが利用可能です。それにもかかわらず、大幅な削減は、主権的な外交政策の実行を支持する一方的な米軍の作戦に重大な問題をもたらすように思われる。他のNATO加盟国への再分配を含む、現在の姿勢への小さな変更が、ベルリンの防衛政策と予算決定の実行における重要な段階的変更を動機付けるというワシントンの議題に沿った効果をもたらす可能性は低い。

この記事で表明された見解は著者のみの見解であり、米国の外交政策と国家安全保障に関する十分に議論された政策志向の記事を発表しようとする無党派の組織である外交政策研究所の立場を必ずしも反映していません。優先順位。

アレクサンダールックは、ライプツィヒ大学で政治学の修士号を取得しています。彼はドイツ連邦軍と大西洋横断の安全保障に焦点を当てた独立したアナリストです。


中国は軍事パレードで30万人の軍隊の削減を発表し、その力を示している

北京—中国の習近平大統領は木曜日に、第二次世界大戦の終結から70年を記念するパレードを使用して、人民解放軍を平和と地域の安定のための力として提示し、国の軍人を30万人削減すると発表した。

中国軍には200万人以上のメンバーがおり、Xi氏は軍隊の近代化の加速に着手しました。これにより、支出は従来の陸軍からより高度な海軍および空軍にシフトします。

天安門広場を見下ろすプラットフォームで、彼はカットを平和のジェスチャーとして説明しました。中国の隣人がその領土主張と軍事力についてますます心配するようになったときです。

「中国が軍人の数を30万人削減することを発表する」と彼は述べた。軍は「祖国の安全と人々の平和な生活を守るという神聖な義務に忠実にコミットし、世界平和を守るという神聖な義務。」

国営機関である中国新聞社によると、この削減により軍隊は200万人に縮小されるという。

Xi氏は、20年近くで最大の削減を発表するにあたり、中国の景気減速にもかかわらず、軍事リストラの議題を推し進める決意を示しました。政府は、復員した兵士の仕事を見つけるよう圧力をかけられ、その多くはスキルが限られています。

西氏が話した直後に始まったパレードは、第二次世界大戦終結70周年記念と呼ばれたが、共産党が国の軍事力の高まりを世界の聴衆に披露しようとした試みのようだった。

多くの外部のオブザーバーは、領土問題が激化したため、中国がこの地域で取った断定的な姿勢の表れと見なし、米国がアジア海の軍事的支配を強調するように促した。

キャンベラのオーストラリア国立大学の国家安全保障大学の学長であるロリー・メドカーフは、人民解放軍の資源を伝統的なものからシフトする近代化プログラムの一部であったため、削減は中国の軍事力の増大に関する地域の懸念を和らげる可能性は低いと述べた。陸軍。

「彼は明らかに平和と善意の合図としてそれをドレスアップしているので、それは嬉しい驚きのように思われるでしょう」とメドカーフ教授は電話で言った。 「しかし、中国はおそらくそれが持っているほど大きな軍隊を必要としないでしょう。」

「人件費は軍事予算の巨額であり、近年、中国では軍事費が大幅に増加しているため、有効性を低下させずに人員数を削減する賢明な能力上の理由があります」とメドカーフ教授は述べています。 「これにより、人民解放軍のバランスを取り直すための予算の一部が解放される可能性もあります。より高度な機能に向けて。」

西氏が発表した削減は、2000年代初頭に部隊数を20万人削減した前任者の江沢民大統領の下で行われた削減とサイズが似ている。 M. Taylor Fravel, an associate professor at the Massachusetts Institute of Technology who studies the Chinese military, said the move showed that Mr. Xi’s plans for reorganizing the military were continuing, despite the lack of publicly disclosed details since those plans were declared in 2013.

”Xi would not announce the size of the reduction publicly if a plan for how to achieve the reduction had not already been formulated, so the announcement indicates that reforms are definitely underway,” Mr. Fravel said. “Ground forces will likely face the brunt of the reduction, but in the past reductions have been used to streamline layers of command and bureaucracy within the P.L.A.”

The new cuts would be the largest since 1997, when a reduction of 500,000 military personnel was announced.

Mr. Xi started his rise through the Communist Party as an aide to the minister of defense for several years starting in 1979, when China was smarting from a brief but disastrous war with Vietnam. Since he became head of the Communist Party in November 2012, Mr. Xi has closely associated himself with the military, while also pursuing a campaign against corruption that has reached into the topmost ranks of the P.L.A.指図。

”Today, peace and development have become the prevailing trend, but the world is far from tranquil,” Mr. Xi said in his speech on Thursday. “War is the sword of Damocles that still hangs over mankind. We must learn the lessons of history and dedicate ourselves to peace.”

After the founding of the People’s Republic of China in 1949, the People’s Liberation Army emerged from the Communist revolution as both a bulwark against external threats and a domestic guardian of the party’s power. Its numbers have always been heavily weighted toward the land armies arrayed across China. But over recent decades, China’s leaders have tried to shift more resources to air and naval forces intended to project influence abroad and assert the country’s claims to disputed islands and waters.

China has about 2.3 million men and women in its military, according to most recent estimates, and the bulk of them are infantry soldiers, often recruited from the countryside to serve for a few years before they re-enter the civilian work force.

Bonnie S. Glaser, senior adviser for Asia at the Center for Strategic and International Studies in Washington, said the reduction in troops was part of an effort by Mr. Xi to make the military more efficient and professional. “The Chinese have come farther than any other military in the last decade,” she said. “But nobody recognizes the deficiencies of the P.L.A. more than China.”

The Chinese have made significant strides in building a world-class army over the past decade, Ms. Glaser said. But serious challenges remain, including upgrading military weapons and training personnel. “Nobody knows how China’s military is going to stack up against what the U.S. has,” she said. “But in important ways they are certainly closing the gaps.”

Mr. Xi gave no details about how his administration intends to carry out the cuts, and they may be achieved by natural attrition or reduced recruitment, rather than direct reductions. But at a time when China’s economic growth has slowed, the reduced military intake could add pressure on the government. In the past, decommissioned officers and former soldiers unhappy with their job prospects and welfare have become a persistent source of protests outside government offices.

The Chinese government does not issue regular statistics on its military forces. But experts estimate that the army has about 1.6 million personnel, the navy 240,000, and the air force 400,000.

The parade on Thursday began at Tiananmen Square beneath blue skies that followed days of rain and weeks of forced closings of factories across northern China to keep the capital’s infamous smog at bay. (Sarcastic Chinese commentators have called it “anti-fascist blue.”) Before some 12,000 Chinese troops marched past, accompanied by tanks and missiles on the ground and fighter jets overhead, Mr. Xi and his wife, Peng Liyuan, made a show of greeting foreign officials that included 30 national leaders.

Scheduled for the day after the 70th anniversary of Japan’s formal surrender, the parade was devised to stress Japan’s war guilt and glorify the Chinese Communist Party’s role in the conflict. Many Western nations, now allied with Japan, find the effort to shame Tokyo offensive, and are also uncomfortable with the party’s assertion that the Communists defeated the occupying Japanese forces. Historians credit the Nationalists, their opponents in the civil war that ended in 1949, with most of the fighting.

The turnout of foreign leaders was far more modest than the party wanted, partly because many nations were wary of being seen to support a growing Chinese military. In recent years, moves by China on its Himalayan border and in disputed regional waters — including building artificial islands in part for military use — have set neighboring countries on edge.

President Vladimir V. Putin of Russia topped the list of foreign attendees, and audience members in the stands clapped loudly when he was shown on TV in the square. The president of Sudan, Omar al-Bashir, indicted by the International Criminal Court on genocide charges, was the most prominent African leader in the stands. Mr. Xi welcomed him here on Tuesday as an “old friend of the Chinese people.”

Though Beijing pressured Western European countries to send high-level officials, few promised to do so. The United States sent its ambassador to China, Max Baucus.

For military enthusiasts in China and many observers overseas, the display of armaments was the most anticipated part of the parade. The People’s Liberation Army, whose budget, according to official figures, grew 10 percent this year, sees the parade as a strategic site for “displaying a capable military and demonstrating the will to use it,” said Dennis J. Blasko, a former United States Army attaché in Beijing and an author of books on the Chinese Army.

For Mr. Xi, just as important as the display of hardware is the optics of aligning the military’s might with his personal command. A large part of his reputation as a forceful leader rests on the fact that he consolidated power quickly after taking office in 2012, particularly his control of the military. Mr. Xi immediately took over the role of chairman of the Central Military Commission, which supervises the military, from his predecessor, Hu Jintao, then moved swiftly to purge top generals in a broad anticorruption drive.

Mr. Xi has cast himself as a savior of the military, saying that corruption must be eradicated for the army to be battle-ready, and he has also strengthened his base by promoting officers in the general staff.

“Xi badly wants to build up an image of being the most authoritative military commander since Mao Zedong and Deng Xiaoping,” said Zhang Lifan, a historian whose father was a minister under early Communist rule. “I believe the parade is mostly for domestic politics since he wants to further assert power in the army.”


MONUSCO has in recent years pushed for the disarming of dozens of rebel groups in the volatile east, most recently the Democratic Forces for the Liberation of Rwanda (FDLR) Hutu militia

United Nations (United States) (AFP) - The UN Security Council on Thursday voted to cut 2,000 troops from the UN peacekeeping force in the Democratic Republic of Congo despite calls from Kinshasa for a bigger drawdown.

The 15-member council unanimously adopted a resolution that provides for the troop cuts in the 20,000-strong MONUSCO force, the UN's biggest peace operation.

The vote came after Foreign Minister Raymond Tshibanda last week told the council that it was time for Kinshasa to take "full responsibility for its security" after 16 years of UN troop presence in the country.

President Joseph Kabila, who is headed for elections in November 2016, had sought an immediate cut of 6,000 troops and a clear commitment to shut down the UN peace operations in the near future.

Tensions have been rife between Kinshasa and the United Nations over how to deal with rebel groups in the east and security concerns ahead of the elections seen as a test of democracy in the DR Congo.

The resolution drafted by France endorsed a recommendation from UN Secretary General Ban Ki-moon who said the drawdown would not affect the security situation.

The troop reduction did not affect the UN-mandated ceiling of about 21,000 forces, which suggested that the Security Council could decide at a later time to again boost UN troop presence in the DR Congo.

The cut will become permanent "once significant progress has been achieved regarding the priorities of MONUSCO's mandate" including the fight against Hutu rebels.

The measure renewed MONUSCO's mandate until March 2016 and kept in place an intervention brigade comprised of crack troops from South Africa, Tanzania and Malawi that plays a key role in strengthening the mission.

But the resolution also opened the door to talks on winding down the UN mission, stating that "MONUSCO's exit should be gradual and progressive, tied to specific targets" established by Kinshasa and the United Nations.

MONUSCO has in recent years pushed for the disarming of dozens of rebel groups in the volatile east, most recently the Democratic Forces for the Liberation of Rwanda (FDLR) Hutu militia.

After months of planning with the UN mission for a joint offensive, Congo's military in January announced a unilateral offensive against the FDLR rebels.

That move followed a dispute over the appointment of two Congolese generals to lead the offensive who were on a UN blacklist of human rights violators.

The UN mission withdrew its support to the offensive against the FDLR after Kinshasa refused to sack the two generals.

The troop reduction did not affect the UN-mandated ceiling of about 21,000 forces, which suggested that the Security Council could decide at a later time to again boost UN troop presence in the DR Congo.

The cut will become permanent "once significant progress has been achieved regarding the priorities of MONUSCO's mandate," including the fight against the FDLR.

Congolese Ambassador Ignace Gata Mavita told the council his government "took note" of the troop reduction and was ready to "engage in a deep reflection" on the future of the UN presence in the DR Congo.


Trump Administration Weighs Troop Cut in South Korea

Michael R. Gordon

Gordon Lubold

The Pentagon has presented the White House with options to reduce the American military presence in South Korea as the two countries remain at odds over President Trump’s demand that Seoul greatly increase how much it pays for the U.S. troops stationed in the country, U.S. officials said.

The Pentagon’s Joint Staff has reviewed the structure of U.S. forces in South Korea as part of a broader re-examination of how to reposition and potentially reduce military deployments world-wide, a U.S. military official said.

Trump administration officials declined to spell out contingency plans to shrink the American military presence in South Korea below the current level of 28,500 U.S. troops and said no decision to reduce the force has been made.

The disclosure comes as Mr. Trump has unnerved allies by deciding to remove 9,500 of the 34,500 U.S. troops permanently stationed in Germany and as one of the president’s most outspoken advisers has signaled that more troop withdrawals might occur.

“Donald Trump was very clear,” Richard Grenell, the former U.S. ambassador in Germany who pushed for the troop withdrawals in that country told the German newspaper Bild last month.

であなたの記事を読み続けてください WSJメンバーシップ


US Halts Plans to Move 12,000 Troops Out of Germany

STUTTGART, Germany -- The U.S. is no longer actively preparing to move nearly 12,000 troops out of Germany, putting an initiative proposed by the Trump administration on ice while the Pentagon reviews it, the top American general in Europe said Wednesday.

The plan, which called for relocating U.S. European Command from Stuttgart to Belgium, returning the Vilseck, Germany-based 2nd Cavalry Regiment to the U.S. and a host of other moves, would have been one of the largest repositioning of forces in Europe in decades.

"At this very moment, every single one of those options, they are all on hold. They will all be reexamined from cradle to grave," U.S. European Command's Gen. Tod Wolters told reporters.

Defense Secretary Lloyd Austin has begun "a very thorough review" of the proposed drawdown, which was announced in July by his predecessor, Mark Esper, Wolters said.

Then-president Donald Trump had ordered the Pentagon to come up with a plan to reduce the U.S. military presence in Germany, saying that there were too many American troops in the country, which he repeatedly said was not investing enough in its own defense.

At one point, Trump said Germany was "delinquent" on its financial contributions to NATO. He also said the country was financially benefitting from having U.S. forces in the country.

Around 34,000 troops are stationed in Germany, with many of them focused on missions in other parts of Europe, such as enhancing security along NATO's eastern flank, or extending the U.S. military's reach into the Middle East and Africa.

When the proposed drawdown was first announced, Esper and Wolters said taking troops out of Germany and moving them elsewhere would enhance security on the Continent.

But critics of the plan, including a large, bipartisan group of U.S. lawmakers, questioned how reducing forces would enhance efforts to deter Russian aggression on the Continent, a main focus of the U.S.-led NATO alliance since the 2014 annexation of the Crimean Peninsula and the invasion of eastern Ukraine.

The possibility of withdrawing thousands of American troops shook the many towns and cities in Germany that house them.

Hans-Martin Schertl, the mayor of Vilseck in Bavaria, called the proposed drawdown, which would have pulled 4,500 troops out the town of just 6,400 residents, a "bitter loss." Vilseck would need need state and federal government support to survive, he said.

Stuttgart Lord Mayor Fritz Kuhn in July called the proposed troop cuts "punitive action against an ally" that "upended decades of close cooperation" between Germany and the U.S. But, he said, he was hopeful that the plan would be reversed and that the bases -- and U.S. troops -- would stay put.

Wolters did not say when Austin was expected to wrap up his review. But when it is completed, he said, "we will go back to the drawing board."

Stars and Stripes reporter Marcus Kloeckner contributed to this report.


Doomsday Clock advances 5 minutes

CHICAGO (CNN) -- Doomsday drew closer Thursday and is now just nine minutes away, according to the keepers of the symbolic Doomsday Clock.

Worried by recent nuclear test explosions in India and Pakistan, the minute hand of the clock -- a measure of how close humankind is to destroying itself -- was advanced to 11:51 p.m., with midnight representing a worldwide nuclear holocaust.

Since 1995, the clock had been set at 14 minutes until midnight.

The decision on what the Doomsday Clock should read is made by officials from the Bulletin of the Atomic Scientists, a bimonthly journal published at the University of Chicago that has been tracking the world's slide toward nuclear confrontation since 1947.

The organization also posted its Doomsday Clock update on its Web site.

'Failure of world diplomacy'

Nuclear tensions flared on the Indian subcontinent May 11 when India detonated a series of nuclear devices. Pakistan responded with its own nuclear tests two weeks later.

But in announcing that "doomsday" was five minutes closer, Leonard Rieser, chairman of the Bulletin of the Atomic Scientists, also cited:

    The "failure of world diplomacy" on the nuclear arms issue. ( 204K/17 sec. AIFF or WAV sound)

"The consequences of a possible nuclear exchange between India and Pakistan are unforeseeable but if barriers to the use of nuclear weapons ever fail, the physical, economic and psychological security of every person on the planet will be threatened," Rieser, a physicist, said at a Chicago news conference.

Another reason for the journal's concern is the massive nuclear arsenals held by the United States and Russia, said Vice Chairman Leon Lederman. ( 179K/12 sec. AIFF or WAV sound)

Closest to Armageddon since 1988

Thursday's adjustment of the Doomsday Clock is the closest to Armageddon the clock has been since 1988, before the collapse of the Soviet Union.

Despite a U.S.-Soviet treaty that year to eliminate intermediate-range nuclear forces, the clock was moved ahead to six minutes before midnight.

The five-minute advance announced Thursday was not unprecedented The last time it happened was in 1968 after France and China acquired nuclear weapons and wars were being fought in the Mideast, the Indian subcontinent and in Vietnam.

Then, the clock went from 11:48 p.m. to 11:53 p.m.

History of the Doomsday Clock

When the U.S. and Soviets tested bombs in the '50s, the clock was pushed to two minutes before midnight

The Doomsday Clock was created in 1947 -- two years after the United States used nuclear weapons against Japan in World War II -- and set at seven minutes to midnight.

Since then, the clock has been moved both forward and backward, 15 times in all, reflecting international tensions and the developments of the nuclear age.

The closest it ever came to "doomsday" was in 1953, not long after both the United States and the Soviet Union both tested hydrogen bombs. In that year, the clock read two minutes until midnight.

The nuclear scientists were breathing just a little easier by 1991 when the clock was pushed back to its farthest point so far -- 17 minutes until midnight -- because the United States and the Soviet Union signed the long-stalled Strategic Arms Reduction Treaty (START) and announced further unilateral cuts in tactical and strategic nuclear weapons.

The 1991 signing of the Strategic Arms Reduction Treaty pushed the clock back to 17 minutes before midnight

The most recent adjustment -- when the clock was moved forward three minutes in 1995 -- was due to:

  • Delays in implementing START II.
  • Delays in ratifying other chemical and biological weapons agreements.
  • A boom in arms trading throughout the world.
  • The stockpiling of more than a thousand tons of weapons-grade uranium and plutonium, much of it under inadequate security.

The Doomsday Clock first began ticking beneath a monument at the University of Chicago where nuclear energy was born in 1941 during the Manhattan Project.

The atomic scientists who founded the Bulletin -- and created the clock -- did so in hopes of ensuring that nuclear weapons were never again used in war.


Trump Approves Plan to Withdraw Troops from Germany, as Senators Vie to Block the Move

President Donald J. Trump on June 30 approved a Defense Department plan to withdraw 9,500 troops from Germany, as a group of bipartisan senators introduced a measure to block the move.

Defense Secretary Mark T. Esper and Chairman of the Joint Chiefs of Staff Gen. Mark A. Milley presented the plan to Trump on June 29, in response to his directive for a reduction because Germany does not spend enough on its defense. The approved plan not only meets Trump’s directive to remove 9,500 troops from Germany, “it will also enhance Russian deterrence, strengthen NATO, reassure allies, improve U.S. strategic flexibility, and U.S. European Command’s operational flexibility, and take care of our service members and their families,” Pentagon spokesman Jonathan Hoffman said in a statement.

Hoffman did not provide any more details on the plan, or how it would accomplish these goals, but said the Pentagon will brief Congressional defense committees soon. U.S. Air Forces in Europe commander Gen. Jeffrey L. Harrigian told reporters June 29 he has not been given any orders to make or plan any changes.

A bipartisan group of senators on June 29 introduced an amendment to the fiscal 2021 defense policy bill to block the move, saying such a step would be a “gift” to Russia.

The measure is supported by Sens. Mitt Romney (R-Utah), Lindsey Graham (R-S.C.), Marco Rubio (R-Fla.), Chris Coons (D-Del.), Tim Kaine (D-Va.), and Jeanne Shaheen (D-N.H.).

Before funds can be freed up for a troop reduction, the amendment calls on Esper to consult with allies and then submit a report to Congress certifying the following:

  • A reduction is in the national security interest of the U.S.
  • It would not undermine the security of the U.S. and its allies
  • It would not undermine NATO’s defense posture
  • It would not post “unacceptable risk” to executing contingency plans
  • It would not adversely impact operations in the Middle East and Africa
  • It would not negatively impact military families
  • And, it would not result in new costs for the redeployment and relocation of troops.

“In addition to undermining our NATO alliance, a withdrawal would present serious logistical challenges and prevent our military from performing routine military readiness exercises,” Romney said in a statement.

Earlier this month, Stoltenberg emphasized that the U.S. presence on the continent not only protects Europe, it also enables the U.S. to project power beyond Europe.

“We have seen that bases like the Ramstein Base, the Landstuhl medical facility, and many other U.S. bases in Germany, they are essential for what the U.S. has done over decades in the Middle East, Afghanistan, Iraq, and in Africa,” Stoltenberg said on June 16 prior before the start of the latest defense ministerial meeting in Brussels. “So, it just illustrates that U.S. presence in Europe, yes, it’s of great value for European Allies, but it also matters for the security of the United States.”

Trump, in a White House appearance alongside Polish President Andrzej Duda, said Germany does not meet the NATO goal of spending 2 percent of its gross domestic product on defense, and in turn “we’re going to be reducing Germany very substantially.” Poland does meet that mark, and that country would welcome additional U.S. forces. However, Duda urged the U.S. not to completely pull the troops out of Europe.

NATO Secretary General Jens Stoltenberg, speaking during the recent Brussels Forum, said Trump remains committed to the alliance, and noted that eight of the 30 member countries currently spend 2 percent of gross domestic product on defense. However, he emphasized that European allies have invested $130 billion more than originally planned since 2016, according to a DOD release.

The move to drawdown forces in Germany has drawn condemnation on Capitol Hill, including two rounds of letters from GOP representatives urging against it.

Rep. Adam Smith (D-Wash.), the chairman of the House Armed Services Committee, told reporters June 30 the announcement was “unilateral” from Trump, with the Pentagon then coming in to “backfill the plan.” While the White House has said there would be a reposition to Poland, there is not yet a specific plan.

“It is possible that there is a scenario where repositioning troops out of Germany is in our national security interests,” Smith said. “The President has not made that case to date. The DOD has not made that case, and … the President is doing it in a very haphazard manner. So until we get clear answers as to exactly what the plan is and how it supports our national security strategy, yeah, I think it would be appropriate to say, give us those answers before you move forward.”

There are about 9,377 Active-duty troops at Ramstein Air Base, with another 4,000 at Spangdahlem Air Base. The Pentagon announcement did not provide specific timelines or destinations for the 9,500 forces, but said it “will be providing timely updates to potentially affected personnel, their families, and communities as planning progresses.”



コメント:

  1. Alis

    貴族はどこから入手できますか?

  2. Leicester

    いいね !!!!

  3. Kat

    興味のあるトピックに関する記事がたくさんあるサイトへのリンクを検索できます。

  4. Batal

    あなたの意見、これはあなたの意見です

  5. Brarn

    これは際限なく議論することができます..



メッセージを書く