ボールトンポールP.105

ボールトンポールP.105


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ボールトンポールP.105

ボールトンポールP.105は、多目的海軍攻撃機の設計でした。

ボールトンポールは独自の成功した海軍航空機を設計したことはありませんでしたが、他社の海軍設計を数多く作成し、チーフデザイナーのジョンノースは彼自身の海軍航空機の設計に多大な努力を払いました。

P.105は、戦闘機、雷撃機、偵察機、急降下爆撃機として機能するように設計されたマルチロール機でした。偵察バージョンでは、観察者が見下ろすことができるように腹側ガラスがありました。戦闘機バージョンは、4つの0.5インチ固定前方発射機関銃または4つの20mm固定前方発射大砲で武装していたでしょう。他のバージョンでは、0.5インチの固定前方発射機関銃が2丁搭載されていました。すべての2人用バージョンには、2つの後部発射0.5インチ機関銃のオプションがありました。通常の重量12,500ポンドでは、1,650ポンドの魚雷1基、1,000ポンドの爆弾2基、または70ガロンの燃料タンク2基を搭載できます。

P.105は、ブリストルセントーラスCE12SMエンジンを搭載していました。チャンスヴォートコルセアに似た逆ガルウィングがあり、同じ理由で、大きなプロペラと短い主脚の組み合わせが可能でした。

これは、1人乗りまたは2人乗りの航空機として設計されており、2番目の位置はキャリア上で取り外し可能です。

予想通り、用途に応じて幅広い性能値が得られました。航続距離は3,320マイルから1,300ポンドまでさまざまでした。

P.105は設計段階を超えて進歩することはありませんでした。しかし、「特殊機能」ディファイアントは、P.105の機能のいくつかをテストするように命じられました。この航空機は、逆回転する「ダイブブレーキ」プロペラ、より大きなプロペラを可能にするために下げられたときに伸びる着陸装置、爆弾倉ドアの衝撃をテストするために開くことができる自動足回りドアを備えていました。 P.105のように、Special FeaturesDefiantは構築されませんでした。


ボールトンポールP.105およびP.107

やあ!
https://plane-encyclopedia.com/ww2/boulton-paul-p-105-p-107/
&quotLate the Second World War、Royal Naval Air Armは、次のような航空機の設計を模索し始めました。 戦闘機と爆撃機の両方の役割を果たすことができます。 1機の航空機に複数の役割を実行させると、戦闘機、急降下爆撃機、および雷撃機の役割を果たすために必要な艦載機の特殊化が不要になります。 そのような航空機を製造するための公式の要件はこれまで出されていませんしかし、いくつかの企業がこの役割に適合する航空機の開発を開始し、「ストライクファイター」として知られるようになりました。 Westland、Blackburn、Fairey、Boulton-Paulはすべて、打撃戦闘機の役割に対応する設計を開発します。ボールトンポールの航空機設計は、P.105として知られています。」

&quotP.105は、小型で高性能の航空機であり、他の役割、さらには運送業者の任務を果たすために簡単に改造できることを目的としていました。そうするために、それはユニークなアイデアを使用するでしょう。艦載機のさまざまな役割を果たすために、P.105にはモジュール式のコックピットと爆弾倉のセクションがあります。交換可能なモジュールが含まれています 雷撃機(P.105A)、偵察機(P.105B)、戦闘機(P.105C)、急降下爆撃機(指定なし)。&quot


WW2トレジャーハンター

1918年の第一次世界大戦の終わりの軍事力を記念して、サグスとスティーブンはウィンチェスターのモーンヒルにある英国最大の軍事キャンプの証拠を探します。そこでは200万人以上の男性が北ヨーロッパの塹壕に向かう途中で通過しました。 1919年の地図以外のキャンプについてはほとんど知られておらず、チームはキャンプがどのように運営されたか、そして通過した男性の生活の新しい証拠を発見することを望んでいます。 11月12日それを見てください。

Suggsは、1914年の冬に、熱帯の制服とピスヘルメットを身に着けた軍隊が戦闘の準備をしているときに、帝国中からどのように到着したかを発見し、リーエンフィールドライフルを発射する方法を学び、トミーに与えられたナンバーワンの野外罰を体験します。ウィンチェスターのパブでビールが多すぎた。一方、スティーブンと彼のチームは、キャップバッジやコンドーム缶から神秘的な小さな車輪まで、豊富な発見物を発掘します。

スティーブンはまた、長い間忘れられていた第一次世界大戦のキャンプの建物の廃墟を発見したときに、キャンプの地図を再描画します。サグスは塹壕の継続的な遺産を見るためにベルギーに向かい、スティーブンはついに100年前のドッグタグ、キャップバッジ、ショルダーフラッシュのセットをイギリス兵から彼の大姪に返します。


第105歩兵連隊

第105歩兵連隊、以前は第2ニューヨーク歩兵連隊は、南北戦争、スペイン系アメリカ人戦争、1916年のメキシコ国境紛争、第一次世界大戦など、多くの紛争で行動を起こしたニューヨーク州の国家警備隊連隊でした。そして最後に第二次世界大戦。第一次世界大戦での任務のために、第2ニューヨーク歩兵は正式に第105歩兵になり、第71連隊からの軍隊によってかなり強化されました。それは第106歩兵連隊と対になっており、第27師団の第53旅団に所属していた。部隊は、活発な戦闘の開始時に、2,720人の将校と男性の合計有効戦力を持っていました。第105歩兵師団は、1918年5月にヨーロッパに出荷され、到着すると、第27師団の残りの部隊とともに、ディクブシュ湖/シェルペンベルグセクターの連合軍の第3防衛線である東ポペリンゲ線のセクションに沿って駐屯しました。

1918年7月25日、第27師団はイギリス第6師団を救援するためにゆっくりと最前線に交代しました。 1918年の3月下旬から4月下旬にかけてのドイツ軍の攻勢は、アミアンとアズブルックの近くの連合軍に深い突極を押し込んだ。 1918年8月31日、イープル-リス攻勢の作戦は、ドイツ軍をディッケブス/シェルペンバーグ地域から排除し、アミアンの突出を減らす試みとして開始されました。これにより、Amiens-Paris鉄道が解放され、同盟国の通信が保護されます。 31日の暴行の責任は第53旅団にあり、第105連隊が第106連隊に並んで左側を攻撃した。次の数日間で、第105連隊は中程度のドイツ軍の抵抗に対抗して前進し、第27師団全体がイギリス第41師団によって解放されました。第27師団は、9月4日にイギリス第3軍に移管され、予備の位置でデュランの近くに駐屯しました。 9月中旬までに、ドイツの突出部は減少し、連合軍はついに独自の攻撃を開始する立場になりました。ソンム攻勢は、1918年9月24日から1918年10月21日まで、平均深度6〜8kmのドイツ防衛の複雑なシステムであるヒンデンブルク線を貫通するという明確な目的で組織され開始されました。 9月27日、第105連隊の部隊は、第106連隊による攻撃を支援するために前進しました。最初はQuennemontFerme、Guillemont Ferme、そして創造的に&ldquoThe Knoll&rdquoとラベル付けされた要塞化された丘の近くで、適度な利益が得られましたが、ドイツの反撃は2個連隊を出発点に戻しました。 9月29日、予備として後方に送られた105番艦がノールを前進したが、ドイツ軍の高所から降った野蛮な機関銃の砲火によって確認された。 10月1日、第27師団全体が再び移動し、今回はプレモントに移動し、そこでアメリカ第2軍団に所属しました。 10月17日、105日はドイツ軍の防御に対する攻撃の先頭に立つのを助け、L&rsquoArbe de Guiseでのラインの一部を急速に奪い、激しい反撃に対抗しました。翌日、105番艦が再び攻撃し、ドイツ軍の主要な南北線の1つに進みました。この線は、強い抵抗によって停止される前に、ジョンクデメールフェルメを通過しました。 10月19日、105番手はわずかな反対に直面して前方から前進し、ドイツの主要な作品を簡単に手に入れました。前日105日までに受け入れられない位置に置かれたドイツ人は撤退を余儀なくされました。第105連隊は、師団全体が解放された10月21日までラインを保持しました。 1919年3月19日までに、105番目は完全に州に戻り、すぐに召集されました。

第一次世界大戦での任務中に、105人目は、負傷者1,284人、死亡253人、後に負傷で死亡した72人を含む1,609人の死傷者を出しました。

NYSMMオンラインリソース

主要なコマンド

その他のリソース

これは包括的なリストであることを意図しています。ただし、以下にリストされていないリソースをご存知の場合は、リソースの名前とその場所を記載したメールを[email protected]に送信してください。これには、写真、手紙、記事、その他の本以外の資料が含まれる場合があります。また、寄贈したい資料がある場合、博物館は常にニューヨークの軍事遺産に固有のアイテムを探しています。ありがとうございました。

アメリカ戦闘記念碑委員会。 第27師団、第二次世界大戦の作戦概要。 [ワシントン]:U.S。G.P.O.、1944年。

愛、エドモンドG。 第二次世界大戦の第27歩兵師団。ナッシュビル:バッテリープレス、1982年。

O&#39ライアン、ジョンF. 第27師団の物語。ニューヨーク、Wynkoop Hallenbeck Crawford Co.、1921年。

O&#39ライアン、ジョンF. 第27師団の歴史:ニューヨーク独自。ニューヨーク:ベネット&チャーチル、1919年。

ニューヨーク(州)。教育部アーカイブおよび歴史部門。第一次世界大戦の退役軍人のサービスデータと写真、1917-1938(バルク1919-1924)。
数量:33.4cu。フィート
数量:コピー:53マイクロフィルムリール35mm。
配置:郡ごとにアルファベット順、次に市町村ごとにアルファベット順。
追加の物理フォーム:マイクロフォームは、図書館間相互貸借を通じてニューヨーク州立アーカイブで入手できます。
要約:このシリーズには、主に、個人情報、サービスデータ、新聞の切り抜き、第一次世界大戦のニューヨーク州の退役軍人の写真、および州での銃後の活動に関するいくつかの説明が含まれています。また、州の学校、教職員、学生による戦争努力への貢献と、教育部門のユニットによって行われた戦争活動を文書化した少量の資料も含まれています。
要約:これらの記録は、上院と議会の共同決議に応じて、州の歴史家であるジェームズサリバンとアレクサンダーC.フリック(1923年から)によって収集されました。第二次世界大戦中のニューヨーク州の歴史に関するデータ。 &quotこの作業に資金が割り当てられなかったため、出版は完了しませんでした。
要約:州の歴史家は、公式に任命された地元の歴史家に依存して、戦争におけるコミュニティの役割に関連する情報を収集して転送しました。州のコミュニティの3分の2だけが要求された情報を提供し、ニューヨーク市からの退役軍人はシリーズにほとんど参加していません。ブロンクス、クイーンズ、またはリッチモンド郡のファイルはありません。
要約:ファイルの内容はかなり異なりますが、それぞれに次のすべてまたは一部が含まれています:各退役軍人のコミュニティサービス記録フォームからの兵士のリスト。通常、名前、住所、生年月日、両親の名前、および住所、就役日、起草または入隊、入退場時の軍隊、任務ステーションを提供する軍隊の概要、戦闘経験、負傷、および受け取った装飾、退役または死亡時の日付、場所、階級、および軍隊の説明文退役軍人による個人の戦争サービス、または兵士の帰還、記念式典、またはその他の兵士関連の活動を記録した地元の歴史的な新聞の切り抜きの、軍隊中に兵士が書いた元の手紙の写し、一部はフランスの兵士の写真から書かれたもの、ほとんど地元の歴史家によって書かれた、コミュニティの新聞のコミュニティの記録にあるホームフロントの活動を説明する統一された識別された物語でr州の歴史家と地元の歴史家との間の地元の銃後活動のお土産の小冊子またはその他の記念品の送付状に関する記事、および戦争に従事した看護師に関する情報。
要約:シリーズの写真は、主に制服を着た兵士の肖像画であり、スタジオの設定で正式に、または家のような環境でのプライベートスナップショットとして非公式に撮影されています。海外に持ち帰ったお土産もあります。戦線からのシーンはありません。
要約:シリーズの最後のボックスには、ニューヨーク州の戦争への貢献に関する重要な追加資料(通信、レポート、リスト、会報、パンフレット、本、およびいくつかの写真)が含まれています。これらの資料は、州の学校、教師、生徒の戦時中の活動(例:リバティローンキャンペーン、赤十字と民間の救援活動、保護活動、基地病院での作業)に関する情報を提供します。大学生の戦時中の活動特に、教育戦争サービス局、リージェントおよび教育部門を通じて、アーカイブおよび歴史部門、州立博物館、州立図書館の特定のプロジェクト、および連邦サービスにおけるニューヨーク州軍の再編成を含む、アメリカ遠征軍のニューヨーク部隊(第77、第42、第78、第27師団)の配備と軍事行動に関する軍事ケーブルとコミュニケ(1917年5月から1918年12月)からの転写された抜粋を含む。
要約:いくつかの注目すべき作品のコピーもこの資料に含まれています:研究論文、ニューヨーク州の「戦争中の少年」:1934年と1935年の夏の間に兵士を分類して読んだことから集められた印象の報告、1920年の本、ニューヨーク病院のアーカイブと歴史部門によって収集された資料を使用してアレクサンダーフリックのために準備されました:ベース病院第9号、AEF、2年間のアクティブなサービス中のニューヨーク病院ユニットの歴史日記戦争と1920年の小冊子、陸軍兵器:地区事務所の歴史-ニューヨーク、陸軍兵器局のニューヨーク地区の組織、活動、および生産(統計を含む)の詳細な説明。
要約:研究者は、第一次世界大戦におけるニューヨークの民間および軍の取り組みのレビューについて、ニューヨーク州立図書館で入手可能なアレクサンダーフリックの10巻のニューヨーク州の歴史(1933)を参照することができます。
ニューヨーク州立アーカイブにあります。

スターライト、アレクサンダー。 第27師団の絵画記録。ニューヨーク:ハーパー、1919年。


ハリケーンシーズンはここにあります!

「ハリケーンシーズンは、私たちの技術にもかかわらず、自然のほとんどが予測不可能なままであることを謙虚に思い出させます。」–ダイアンアッカーマン。

仮想感覚ストーリータイム

あらゆる能力の人々が、物語、歌、感覚に焦点を当てた活動を通じて、この包括的な物語の時間体験に参加することが奨励されています。登録が完了すると、4月26日(月)から各支店で仮想感覚ストーリータイムキットを受け取ることができます。キットの入手可能性については、支店の子供部門に電話してください。供給が続く間。全年齢。

ランプパス

パームビーチ郡博物館の探索は続きます:2021年の夏!無料のライブラリアドベンチャーミュージアムパスでお子様の世界を明るくしましょう!

BookSquad

あなたの次の素晴らしい読書をお探しですか?私たちのBookSquadがお手伝いします!オンラインフォームに記入してください。提案されたタイトルのパーソナライズされたリストをメールでお送りします。


ボールトンポールP.105-歴史

セクション1
「IBELIEVE」-「WEBELIEVE」

第2章
神は人に会いに来る

第3条
聖典

I.クリスト-聖典のユニークな言葉

101人に自分自身を明らかにするために、神は彼の善良さを認めて、人間の言葉で彼らに語られます。永遠の父は、人間の弱さの肉体を身につけたとき、人間のようになりました。」 63

102神は聖なる聖書のすべての言葉を通して、ただ一つの言葉、彼が完全に自分自身を表現する彼の一つの発話を話します:64あなたは、同じ神の言葉が聖書全体に広がっていることを思い出します。初めに神と共に神であった彼は時間の影響を受けないので、別々の音節を必要としないので、すべての神聖な作家の口の中で響き渡ります。 65

103このため、教会は主のからだを崇拝するとき、常に聖書を崇拝してきました。彼女は、神の言葉とキリストのからだの一つの表から取られた人生のパンを忠実に提示することを決してやめません。 66

104聖書の中で、教会は常に彼女の栄養と力を見出しています。なぜなら、彼女はそれを人間の言葉としてではなく、「それが実際にあるものとして、神の言葉として」歓迎しているからです。 67「神聖な書物の中で、天国にいる父は愛情を込めて子供たちに会いに来て、子供たちと話します。」 68

II。聖典のインスピレーションと真実

105神は聖書の著者です。 「聖典のテキストに含まれ、提示されている神聖に明らかにされた現実は、聖霊の霊感の下で書き留められています。」 69

「聖母教会は、原始キリスト教の信仰に頼って、新約聖書と新約聖書のすべての部分を含む、すべての部分を含む、神聖で正統な本を、そのインスピレーションの下で書かれたという理由で受け入れます。聖霊よ、彼らは彼らの作者として神を持っており、そのように教会自身に引き継がれています。」 70

106神は、神聖な本の人間の作者に影響を与えました。 「神聖な本を構成するために、神は彼がこの仕事でそれらを雇っている間ずっと彼ら自身の能力と力を最大限に活用した特定の男性を選びました。彼らは彼が書きたいと思うものは何でも書くことを委託しました、そしてそれ以上はありません。」 71

107霊感を受けた本は真実を教えています。 「したがって、霊感を受けた著者や神聖な作家が肯定することはすべて、聖霊によって肯定されたと見なされるべきであるため、聖書の本は、私たちの救いのために、神がその真理をしっかりと、忠実に、そして間違いなく教えていることを認めなければなりません。聖典に打ち明けられるのを見たかったのです。」 72

108それでも、キリスト教の信仰は「本の宗教」ではありません。キリスト教は神の「言葉」の宗教であり、「書かれた無言の言葉ではなく、化身で生きている言葉」です。 73聖書が死んだ手紙のままではないのであれば、生ける神の永遠の言葉であるキリストは、聖霊を通して「聖書を理解するために心を開かなければなりません」。 74

III。聖霊、聖書の解釈者

109聖書では、神は人間の方法で人に語りかけます。聖書を正しく解釈するために、読者は人間の著者が本当に断言したかったこと、そして神が彼らの言葉によって私たちに明らかにしたかったことに注意を払わなければなりません。 75

110神聖な作家の意図を発見するために、読者は彼らの時間と文化の条件、その時に使用されている文学のジャンル、そして現在の感じ、話し、ナレーションのモードを考慮に入れなければなりません。 「事実は、真実は、さまざまな種類の歴史的著作、予言的および詩的なテキスト、および他の形式の文学表現で異なって提示され、表現されているということです。」 76

111しかし、聖書は霊感を受けているので、正しい解釈の別のそしてそれほど重要ではない原則があり、それなしでは聖書は死んだ手紙のままであるでしょう。 「聖書は、それが書かれたのと同じ霊に照らして読まれ、解釈されなければなりません。」 77

第二バチカン公会議は、聖書を霊感した霊に従って聖書を解釈するための3つの基準を示しています。 78

1121.「聖書全体の内容と一致に」特に注意を払う。それを構成する本とは異なり、聖書は、キリスト・イエスが過越の祭り以来開かれている神の計画の一致のために一致しています。 79
「キリストの心」という言葉は、聖書が曖昧だったので、受難の前に閉じられた彼の心を知らせる聖典を指すことができます。しかし、それ以来聖書を理解し、予言がどのように解釈されなければならないかを考え、見極める人々が聖書を受難して以来、聖書は開かれてきました。 80

1132.「教会全体の生きた伝統」の中で聖書を読んでください。父の言葉によると、聖典は文書や記録ではなく、主に教会の心に書かれています。教会は彼女の伝統に神の言葉の生きた記念碑を持っており、彼女に霊的な解釈を与えるのは聖霊です。聖書の(「聖霊が教会に与える霊的意味による」81)。

1143.信仰のアナロジーに注意を払います。 82「信仰のアナロジー」とは、信仰の真理が彼らの間で、そして啓示の計画全体の中で一貫していることを意味します。

115古代の伝統によれば、聖書の2つの感覚、つまり文字通りの感覚と精神的な感覚を区別することができます。後者は寓話的、道徳的、そして寓話的な感覚に細分されます。四感の深い一致は、教会での聖書の生きた読書へのすべての豊かさを保証します。

116文字通りの意味は、聖書の言葉によって伝えられ、聖書の解釈の規則に従って、聖書釈義によって発見された意味です。「他のすべての聖典の感覚は、文字に基づいています。」 83

117精神的な感覚。神の計画の一致のおかげで、聖書のテキストだけでなく、それが語っている現実や出来事もしるしになる可能性があります。

1.寓話的な感覚。キリストにおける出来事の重要性を認識することによって、出来事についてより深い理解を得ることができます。したがって、紅海の横断は、キリストの勝利のしるしまたはタイプであり、キリスト教の洗礼のしるしでもあります。 84

2.道徳感覚。聖書で報告されている出来事は、私たちが正しく行動するように導くはずです。セントポールが言うように、それらは「私たちの指示のために」書かれました。 85

3.アナゴジカルセンス(ギリシャ語:アナゴジ、「リーディング」)。私たちは現実と出来事を永遠の重要性の観点から見ることができ、私たちを真の故郷へと導きます。したがって、地上の教会は天のエルサレムのしるしです。 86

118中世の二行連句は、四感の重要性を要約しています。手紙は、信仰への寓話の行為について語っています。
私たちの運命をアナゴジーとして行動する道徳。 87 119「彼らの研究が教会がより確固たる判断を形成するのを助けることができるように、これらの規則に従って、聖書の意味のより良い理解と説明に向けて働くことは聖書釈義者の仕事です。聖書を解釈する方法について言われていることは、最終的には、神の言葉を監視し解釈するという神聖に授けられた任務と省を行使する教会の判断の対象となります。」 88
しかし、カトリック教会の権威がすでに私を動かしていなかったら、私は福音を信じませんでした。 89

IV。聖書正典

120教会がどの書物を神聖な本のリストに含めるべきかを見極めたのは、使徒的伝統によるものでした。 90この完全なリストは、聖書正典と呼ばれています。旧約聖書の本は46冊(エレミヤと哀歌を1冊として数えると45冊)、新約聖書の本は27冊含まれています。 91

旧約聖書:創世記、出エジプト記、レビ記、数字、重水素、ヨシュア、裁判官、ルース、1と2サミュエル、1と2王、1と2クロニクル、エズラとネヘミア、トビト記、ジュディス、エスター、1と2マッカビー、ヨブ、詩篇、箴言、伝道の書、雅歌、ソロモンの知恵、シラ書(伝道の書)、イザヤ、エレミヤ、哀歌、バルク、エゼキエル、ダニエル、ホセア、ジョエル、アモス、オバディア、ヨナ、ミカ、ナフム、ハバクク、ゼファニア、ハガイ、ザカリア、マラキ。

新約聖書:マタイ、マーク、ルーク、ジョンによる福音書、使徒言行録、ローマ人への聖パウロの手紙、1と2コリント、ガラテヤ、エフェソ、フィリピ、コロシアン、1と2テサロニケ、 1と2ティモシー、タイタス​​、フィレモン、ヘブライ人への手紙、ジェームズの手紙、1と2ピーター、1、2と3ジョン、ジュード、そして黙示録(黙示録)。

121旧約聖書は、聖書の不可欠な部分です。その本は神の霊感を受けており、永続的な価値を保持しています。旧約款の92は取り消されたことはありません。

122確かに、「旧約聖書の経済は、すべての人の贖い主であるキリストの再臨に備え、予言で宣言するように意図的に方向付けられていました。」 93「不完全で暫定的な事柄が含まれているにもかかわらず」94旧約聖書の本は、神の救いの愛の神聖な教育学全体を証明しています。これらの書物は、「神についての崇高な教えと人間の生活についての健全な知恵の宝庫です。すばらしい祈りの宝庫であるだけでなく、私たちの救いの謎は隠された形で存在しています。」 95

123人のクリスチャンは旧約聖書を真の神の言葉として崇拝しています。教会は、新約聖書がそれを無効にしたという口実の下で旧約聖書を拒絶するという考えに常に激しく反対してきました(マルシオニズム)。

124「信仰を持っているすべての人に救いをもたらす神の力である神の言葉は、新約聖書の書物に最も素晴らしい方法で示され、その力を示しています」96は、神の究極の真理を伝えています。啓示。彼らの中心的な目的は、神の化身の息子であるイエス・キリストです。彼の行動、教え、情熱と栄光、そして聖霊の導きの下での彼の教会の始まりです。 97

125福音書は、「私たちの救い主である化身の言葉の人生と教えの主要な源であるため」、すべての聖書の中心です。 98

126福音書の形成における3つの段階を区別することができます。

1.イエスの生涯と教え。教会は、4つの福音書をしっかりと保持しています。 。」 99

2.口頭伝承。 「主の昇天後、使徒たちは彼の言ったことやしたことを聞き手に伝えましたが、キリストの栄光の出来事によって教えられ、真理の霊によって啓発された彼らの完全な理解をもって、今では楽しんでいました。 「」 100

3.書かれた福音書。 「神聖な著者は、4つの福音書を書く際に、口頭で、またはすでに書面で伝えられた多くの要素のいくつかを選択し、その形を維持しながら、教会の状況を考慮して合成または説明しました。説教の、しかし常に彼らが私たちにイエスについての正直な真実を語ったような方法で。」 101

127四重の福音は、典礼がそれに与える崇敬と、それが常に聖人に行使してきた卓越した魅力の両方で明らかなように、教会において独特の場所を保持しています。そして福音のテキストよりも素晴らしいです。私たちの主であり主であるキリストが彼の言葉によって教え、彼の行いによって成し遂げたことを見て、それを保持してください。 102

しかし、何よりも、私が祈りを捧げているときに私の心を占めるのは福音です。私の貧しい魂には非常に多くのニーズがありますが、それでもこれが必要なことの1つです。私はいつもそこに新鮮な光を見つけています。これまで私には何の意味もなかった隠された意味があります。 103

新約聖書と新約聖書の一致

128教会は、使徒継承の時代に早くも104、そして常に彼女の伝統の中で、類型学を通して2つの聖書の神の計画の統一を照らしました。彼の化身の息子の人の時間の。

したがって、129人のクリスチャンは、十字架につけられて復活したキリストに照らして旧約聖書を読みました。そのような予型論的解釈は旧約聖書の無尽蔵の内容を明らかにしていますが、私たちの主自身によって啓示が再確認されたように、旧約聖書がそれ自体の本質的な価値を保持していることを忘れてはなりません。 105その上、新約聖書は旧約聖書に照らして読まなければなりません。初期キリスト教の教養は旧約聖書を絶えず利用していました。 106古いことわざにあるように、新約聖書は旧約聖書に隠されており、旧約聖書は新約聖書で明らかにされています。 107

130類型学は、「神はすべての人にとってすべてである」とき、神の計画の実現に向けたダイナミックな動きを示しています。 108また、例えば、族長の召しとエジプトからの脱出は、彼らが中間段階であったという単なる事実から、神の計画における彼ら自身の価値を失うことはありません。

V.教会の生活の中で聖典

131「そして、それは教会を彼女の支持と活力として、そして教会の子供たちを彼らの信仰の力、魂の食物、そして純粋で永続的な泉として役立てることができる神の言葉の力と力です。精神的な生活。」 109したがって、「聖典へのアクセスは、クリスチャンの信者に広く開かれているべきです」。 110

132「したがって、神聖なページの研究は、神聖な神学のまさに魂であるべきです。典礼の神聖な場所の誇りを保持するべきである、牧歌的な説教、カテケティックス、およびあらゆる形態のキリスト教の教えなど、みことばの働きもまたです。聖書の言葉を通して、健康的に栄養を与えられ、神聖さで繁栄します。」 111

133教会は、「すべてのクリスチャンの忠実な人々に、神聖な聖書を頻繁に読むことによって、イエス・キリストの卓越した知識を学ぶように力強くそして具体的に勧めています。聖書の無知はキリストの無知です。112

134すべての聖典は一冊に過ぎず、この一冊はキリストです。「すべての神聖な聖書はキリストについて語っており、すべての神聖な聖書はキリストの中で成就されているからです」(サン・ヴィクトルのフー、デ・アルカ・ノエ2,8:PL 176,642 :同上2,9:PL 176,642-643を参照)。

135「聖典には神の言葉が含まれており、霊感を受けているので、真に神の言葉です」(DV24)。

136神は、彼が彼らの中でそして彼らによって行動するその人間の著者にインスピレーションを与えたので、聖書の著者です。したがって、彼は彼らの著作が彼の救いの真実を誤りなく教えているという保証を与えます(DV11を参照)。

137霊感を受けた聖書の解釈は、何よりも、神が私たちの救いのために神聖な著者を通して明らかにしたいことに注意を払う必要があります。御霊から来るものは完全に「御霊の行動以外には理解されていない」(例4、5:PG 12、320のOrigen、Hom。を参照)。

138教会は、旧約聖書の46冊と新約聖書の27冊を霊感を受けたものとして受け入れ、尊敬しています。

139キリスト・イエスが彼らの中心であるため、4つの福音書が中心的な場所を占めています。

140二つの証の一致は、神の計画とその啓示の一致から始まります。旧約聖書は新約聖書の準備をし、新約聖書は旧約聖書を満たします。お互いに光を当てる2つは、どちらも真の神の言葉です。

141「教会は、主のからだを崇拝するとき、常に神聖な聖書を崇拝してきました」(DV 21):クリスチャンの生活全体に栄養を与え、統治します。 「あなたの言葉はわたしの足へのともしびであり、わたしの道への光です」(詩119:105参照は50:4です)。

63 DV13。
64 Cf.ヘブ1:1-3。
65セントオーガスティン、En。 Psで。 103,4,1:PL 37,1378 cf. Ps 104 Jn 1:1.
66 Cf. DV 21.
67 1 Thes 2:13 cf. DV 24.
68 DV 21.
69 DV 11.
70 DV 11 cf. Jn 20:31 2 Tim 3:16 2 Pet 1:19-21 3:15-16.
71 DV 11.
72 DV 11.
73 St. Bernard, S. missus est hom. 4,11:PL 183,86.
74 Cf. Lk 24:45.
75 Cf. DV 12 § 1.
76 DV 12 § 2.
77 DV 12 § 3.
78 Cf. DV 12 § 4.
79 Cf. Lk 24:25-27,44-46.
80 St. Thomas Aquinas, Expos. in Ps. 21,11 cf. Ps 22:14.
81 Origen, Hom. in Lev. 5,5:PG 12,454D.
82 Cf. Rom 12:6.
83 St. Thomas Aquinas, STh I, 1, 10, ad I.
84 Cf. 1 Cor 10:2.
85 1 Cor 10:11 cf. Heb 3:1-4:11.
86 Cf. Rev 21:1-22:5.
87 Lettera gesta docet, quid credas allegoria, moralis quid agas, quo tendas anagogia Augustine of Dacia, Rotulus pugillaris , I: ed. A. Walz: Angelicum 6 (1929) 256.
88 DV 12 § 3.
89 St. Augustine, Contra epistolam Manichaei , 5,6:PL 42,176.
90 Cf. DV 8 § 3.
91 Cf. DS 179 1334-1336 1501-1504.
92 Cf. DV 14.
93 DV 15.
94 DV 15.
95 DV 15.
96 DV 17 cf. Rom 1:16.
97 Cf. DV 20.
98 DV 18.
99 DV 19 cf. Acts 1:1-2.
100 DV 19.
101 DV 19.
102 St. Caesaria the Younger to St. Richildis and St. Radegunde, SCh 345, 480.
103 St. Thérèse of Lisieux, ms. autob. A 83v.
104 Cf. 1 Cor 10:6,11 Heb 10:l l Pet 3:21.
105 Cf. Mk 12:29-31
106 Cf. 1 Cor 5:6-8 10:1-11.
107 Cf. St. Augustine, Quaest. in Hept. 2,73:PL 34,623 Cf. DV 16.
108 1 Cor 15:28.
109 DV 21.
110 DV 22.
111 DV 24.
112 DV 25 cf. Phil 3:8 and St. Jerome, Commentariorum in Isaiam libri xviii prol.:PL 24,17B.

Copyright permission for posting of the English translation of the CATECHISM OF THE CATHOLIC CHURCH on the Saint Charles Borromeo Catholic Church web site was granted by Amministrazione Del Patrimonio Della Sede Apostolica, case number 130389.


About Bain Capital

We are one of the world’s leading private multi-asset alternative investment firms with approximately $130 billion in assets under management that creates lasting impact for our investors, teams, businesses and the communities in which we live. Founded in 1984, we pioneered a consulting-based approach to private equity investing, partnering closely with management teams to offer the insights that challenge conventional thinking, build great businesses and improve operations. Over time, we have organically expanded this approach across asset classes to build one of the strongest alternative asset platforms in the world.

Today, our teams strive to create value through private equity, public equity, fixed income, credit, venture capital and real estate investments across multiple sectors, industries, and geographies. We believe that our people and the shared values we’ve espoused since our founding remain the core of our competitive advantage. This has empowered us to deliver an enduring impact to a diverse group of investors including pensions, endowments, foundations and individuals.


概要

Atherosclerosis, formerly considered a bland lipid storage disease, actually involves an ongoing inflammatory response. Recent advances in basic science have established a fundamental role for inflammation in mediating all stages of this disease from initiation through progression and, ultimately, the thrombotic complications of atherosclerosis. These new findings provide important links between risk factors and the mechanisms of atherogenesis. Clinical studies have shown that this emerging biology of inflammation in atherosclerosis applies directly to human patients. Elevation in markers of inflammation predicts outcomes of patients with acute coronary syndromes, independently of myocardial damage. In addition, low-grade chronic inflammation, as indicated by levels of the inflammatory marker C-reactive protein, prospectively defines risk of atherosclerotic complications, thus adding to prognostic information provided by traditional risk factors. Moreover, certain treatments that reduce coronary risk also limit inflammation. In the case of lipid lowering with statins, this anti-inflammatory effect does not appear to correlate with reduction in low-density lipoprotein levels. These new insights into inflammation in atherosclerosis not only increase our understanding of this disease, but also have practical clinical applications in risk stratification and targeting of therapy for this scourge of growing worldwide importance.


John WEAVER

He married Elizabeth NOKES in 1806 in Birmingham, and they had five sons and five daughters, although at least three died in their youth. Their eldest son was named William after his grandfather.

In the 1811 census of Bromsgrove, John is described as a 'higgler' - i.e. a dealer and carter who travelled around the district buying and selling. His wife's father was also a carrier which either provides a means for John and Elizabeth to meet or alternatively may have provided John with a new career.

In 1811 he is living in the "Square" with 1 male and 3 females, probably Elizabeth and his first three children, William, Susannah and Sarah.

In indentures dated 20 July 1813 in which he buys buildings in the Strand, Bromsgrove with Jonathon BROMFIELD (who had married his sister Ann) he is described as a 'higlar'. Later in 31 July 1853, long deceased, he is still referred to as a higlar.

Both the 1821 and 1841 censuses have John listed as a carrier living in the Strand.

John is described as a clock maker in an Indenture dated 17th April 1823. This Indenture, which was for the apprenticeship of his son William, was signed with a cross with the words 'The Mark of John Weaver'. That John Weaver was unable to sign his own name makes it less likely that he was a clockmaker. One theory is that the words should have read 'clog maker', i.e. his father William's profession. Perhaps he was apprenticed himself as a clogmaker and later became a carrier when he married the daughter of a carrier. Alternatively, the clerk misread "carrier" as "clockmaker".

In the 1835 Pigot's Directory he is listed as a carrier running to Birmingham from the Strand every Monday & Thursday.

In the late years of his life John was the inn keeper of the Sampson of which his son Joseph was publican in 1851.

He died of consumption on 14 Feb 1844 and left his estate to his widow Elizabeth and upon her death equally to his four surviving children William, Mary Ann DALTON, Joseph and Richard. (Two Catshill properties in his estate 'in the occupation of William Wilson and William Wilkes' were possibly on Stourbridge Road and Woodrow Lane, both in Catshill, and where William Wilson and William Wilkes were living in 1861. ) 5 6 7 8 9 10


A Legendary Rancho Palos Verdes Home Owned By Same Family For 105 Years Goes On The Market For $12.995 Million

Homes don’t often stay in the same family for generations. But now a southern California estate with a storied history, famous gardens, great architecture and drop-dead gorgeous views is going on the market for the first time since it was built in 1926.

“My grandfather, who was part of the consortium that owned the original 16,000 acres of Rancho Palos Verdes, came here to recover from an illness. He liked it so much that he bought out his partners,” says Narcissa Vanderlip.

“But before he built his home, he commissioned a meteorological study of the land a to find the best site for a house. Here, we are in a perfect little microclimate. The wind is above us, the fog is below.”

Above the front door is one of the house's many grace notes, a Della Robbia sculpture.

Frank A. Vanderlip Sr., who built the Tuscan-style villa, was a New York banker instrumental in founding the Federal Reserve system and an Assistant Secretary of the Treasury under President McKinley. He named the property Villa Narcissa, after his wife, Narcissa Cox Vanderlip.

Look What $46 Million Can Buy: The Most Expensive Home For Sale In San Francisco

Housing Market Outlook: It's A Seller’s Market, But Buyers Still Have Options

Inside J. Lo And Ben Affleck's $17.5 Million Miami Hideaway

Occupied by four successive generations of the Vanderlipfamily, the magnificent estate now encompasses 11.46 acres. But the 7,700 square foot house, along with its 11 guest cottages, Doric colonnade, cypress allée, tennis court and swimming pool is intact. And, 250 acres of conservation land surround Villa Narcissa, ensuring that its rare privacy and natural beauty will remain intact in perpetuity.

A 500-foot-long allee leads between cypress trees, culminating at a Doric columned temple structure.

Perched high on a bluff, Villa Narcissa is surrounded by terraces and formal gardens designed by the famed Olmstead Brothers. Catalina Island is the dramatic centerpiece of a panoramic Pacific Ocean view. The house was designed in the Italian Renaissance Revival style by Frank Vanderlip’s eldest son, Frank Vanderlip, Jr., in association with the prominent Pacific Northwest architect Kirkland Cutter. The walls of the two-story section to the south and east are a foot thick, with storage in each window opening.

A kitchen and butler’s pantry, and the tennis court, were added in 1929.

In 1935, Pasadena architect Hunt Lewis drew up plans for the half-round Doric colonnade at the top at the top of the Cypress Allée, known as “The Temple.” The Cypress Allée is 500 feet long, a great feature of the landscape from above and below.

The large, comfortable living room isoriented towards the view.

Today, the house has nine bathrooms, seven bedrooms, a den, family room, laundry, library, and a main floor bedroom. There is also a home office, sauna, and there are fireplaces in the dining room, family room, library and living room.

The Chinese library is furnished with Asian antiques.

Architectural details include Della Robbia sculptures above the front door, rear terrace and one of the guest cottages, and entry murals by French artist Denis Berteau. The 1,050 square foot playroom, swimming pool and pool facilities were added in 1957, the creation of famed California designer Cliff May.

Colorful fabrics and precious antiques furnish the dining room.

“When you come here, it feels like going back in time in a wonderful way,” says Coldwell Banker’s Jade Mills who, together with Tiffany Mills, is listing Villa Narcissafor $12.995 million.

“It does not happen that a property is in the same family for over 100 years, then comes on the market,” adds Tiffany Mills.

The view from the Doric temple above the Cypress Allee

“This feels like an Italian hilltop villa,” says Narcissa Vanderlip. “The house has always been used for community events, and it makes people happy to be here.”

I learned about historic houses from the best: owners who lovingly preserved and restored them, and preservationists who shared their knowledge. When I first began to

I learned about historic houses from the best: owners who lovingly preserved and restored them, and preservationists who shared their knowledge. When I first began to write about old houses, I depended on the generous help of people who care about the past, and about how we can learn from it. They taught me the difference between timber and balloon framing, Greek Revival and Italianate house styles, and the unrivaled value of old-growth wood. That led to a career as a freelance design writer with a specialty in historic architecture and the history of the American and European decorative arts. After two decades of writing about historic architecture for a number of publications, I have yet to be bored, either by old houses, or their owners.


ビデオを見る: Boulton-Paul


コメント:

  1. Brantson

    商品のアフター、より良い品質はありますか?

  2. Moogulmaran

    This is a funny phrase.

  3. Vudokinos

    興味深いトピック、私は参加します。一緒に私たちは正しい答えに来ることができることを知っています。

  4. Edmon

    前のフレーズとは絶対に一致しません

  5. Fenritilar

    参加する。そして、私はそれに直面しました。このテーマでコミュニケーションをとることができます。

  6. Youssef

    この非常に良いアイデアは便利です。



メッセージを書く