スティーブンスペンダー

スティーブンスペンダー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジャーナリストの息子であるスティーブン・スペンダーは、1909年にロンドンで生まれました。彼はオックスフォードのユニバーシティカレッジで教育を受け、そこでW.H.オーデンと出会いました。スペンダは学位を取得せずに大学を卒業し、1930年にベルリンに行きました。 1933年に登場しました。

スペンダは政治に強い関心を持ち、社会主義者で平和主義者であると宣言しました。 1937年に彼は国際旅団と共にスペイン内戦に行きました。共産党の党首であるハリー・ポリットは、スペンダーに「行って殺される。運動にはバイロンが必要だ」と語った。スペンダは戦争の彼の経験を追体験しました スペインの詩 (1939)と ルーンとビジョン (1941).

1941年、スペンダーはピアニストのナターシャ・リトヴィンと結婚しました。第二次世界大戦中、彼はロンドン消防隊に参加しました。 Spenderも共同編集しました 地平線 (1939-41)シリル・コノリーと後で編集 出会い (1953-66).

戦後、スペンダーは世界を駆け巡る文化的使者としてユネスコに加わりました。彼はまた、文化自由会議、国際ペンクラブ、ブリティッシュ・カウンシルでも働いていました。

Spenderの本には次のものが含まれます 献身の詩 (1947), 存在のエッジ (1949)、自伝、 世界の中の世界 (1951), クリエイティブな要素 (1953), 現代の闘争 (1963), 寛大な日々 (1969)および 愛憎関係 (1974).

1970年、スペンダーはロンドンのユニバーシティカレッジで英語の教授になり、7年間務めました。スティーブンスペンダーは1995年に亡くなりました。


スティーブンスペンダー

スティーブン・スペンダーは、1930年代にオックスフォード詩人として有名になったイギリスの詩人の世代のメンバーとして最もよく知られています。グループの他のメンバーと同様に、スペンダーは、大恐慌、スペイン内戦、ファシズムの台頭、第二次世界大戦などの激動の出来事を反映して、社会的および政治的意識を持って書いた。第二次世界大戦後、スペンダーは詩を少なくし、イギリスとアメリカの大学で批評的で自伝的な執筆、編集、講義に専念しました。


戦争の年

スペイン内戦が始まったとき、彼は国際旅団(フランシスコ・フランコのファシスト軍と戦っていた)と一緒にスペインに行き、イギリスの共産党のために報告し、観察しました。 CPGBの責任者であるハリー・ポリットは、スペンダーに「行って殺されるには、運動にバイロンが必要だ」と語った。

この初期の政治的左翼のメンバーであり、彼はエッセイコレクションで共産主義への幻滅について書いた人の一人でした 失敗した神 (1949)、アーサー・ケストラーらと一緒に。失望の大きな領域の1つは、多くの左派が裏切りと見なしたナチスドイツとスターリン主義ロシアの間のモロトフ-リッベントロップ協定であったと考えられています。仲間の詩人のようにW.H.オーデン、クリストファー・イシャーウッド、および1930年代のファシズムの他の率直な反対者の数人、スペンダーは第二次世界大戦で活発な兵役を見ていませんでした。彼は、初期の大腸炎、視力の低下、静脈瘤、および1934年の条虫の長期的な影響により、最初は検査で「C」に格付けされました。しかし、彼はひもを引っ張って再検査することで考案し、「B」にアップグレードしました。それは彼がロンドンの補助消防署で奉仕できることを意味しました。

彼の母親であるバイオレットヒルダシュスターはユダヤ人の半分であると感じました(彼女の父親の家族はキリスト教に改宗したドイツのユダヤ人であり、母親はカトリックドイツ人、ルーテルデンマーク人、そして遠くイタリア系の高級家族から来ました) 。 1941年に結婚したスペンダーの2番目の妻であるナターシャリトビン/レディスペンダーもユダヤ人の一部でした。

シリル・コノリーとピーター・ワトソン・スペンダーが共同設立 地平線 雑誌であり、1939年から1941年までその編集者を務めました。彼は 出会い 雑誌は1953年から1966年まででしたが、雑誌を発行した文化自由会議がCIAによって密かに資金提供されていたことが明らかになった後、辞任しました。スペンダは常に彼がの究極の源に気づいていないと主張しました 出会い'の資金。スペンダは、1954年にシンシナティ大学でエリストン詩の議長を受け入れ、さまざまなアメリカの機関で教えました。1961年に彼はロンドンのグレシャム大学でレトリックの教授になりました。


スティーブンスペンダーの伝記|スラム街の小学校の教室の著者

スティーブンスペンダーは1909年2月28日にロンドンで生まれました。ジャーナリストの息子である彼は、執筆の芸術に没頭して育ちました。 SpenderはオックスフォードのUniversityCollegeで教育を受けましたが、学位を取得せずに大学を卒業しました。詩人および作家としての彼の人生は、1920年代にオックスフォードにいたときに始まり、そこで彼はW. H.オーデン、クリストファーイシャーウッド、セシルデイルイス、ルイスマクネイスなどの尊敬される作家に囲まれました。 Spenderは、文学の巨人であるヴァージニアウルフやT.S.エリオットとも密接な関係がありました。実際、この2人はしばしばSpenderの代理親と呼ばれます。

スペンダは特に政治に強い関心を持ち、自称社会主義者で平和主義者でした。彼の初期の詩はしばしば社会的抗議に触発され、活気づけられました。 1937年に、彼はボランティアの国際的な力である国際旅団に短期間勤めました。


歴史とは、生きた思い出を未来へと運ぶ船です。

コンテンツが有用で、正確で、安全であることを確認するために最善を尽くしています。
万が一、当社のウェブサイトをナビゲートしているときに不適切なコメントを見つけた場合は、このフォームを使用してお知らせください。すぐに対応いたします。

お気に入りにログインする必要があります。

新しいアカウントを作成する

ログインする

翻訳

他の言語でこの見積もりの​​翻訳を見つけてください:

historiejeloďnesoucíživévzpomínkydobudoucnosti。

la historia es el barco que lleva recuerdos vivos alfuturo。

lastoriaèlanavechetrasporta ricordi vivi nelfuturo。

historiajeststatkiemniosącymżywewspomnieniadoprzyszłości。

చరిత్రఅనేదిజీవితజ్ఞాపకాలనుభవిష్యత్తుకుతీసుకువెళ్ళేఓడ。

tarih、yaşayanhatıralarıgeleceğetaşıyangemidir。

  • - 選択する -
  • 简体中文(中国語-簡体字)
  • 繁體中文(中国語-繁体字)
  • エスパニョール(スペイン語)
  • エスペラント(エスペラント)
  • 日本語(日本語)
  • Português(ポルトガル語)
  • ドイツ語(ドイツ語)
  • العربية(アラビア語)
  • フランセ(フランス語)
  • Русский(ロシア語)
  • ಕನ್ನಡ(カンナダ語)
  • 한국어(韓国語)
  • עברית(ヘブライ語)
  • Gaeilge(アイルランド語)
  • Українська(ウクライナ語)
  • اردو(ウルドゥー語)
  • マジャール(ハンガリー語)
  • मानकहिन्दी(ヒンディー語)
  • インドネシア(インドネシア語)
  • イタリア語(イタリア語)
  • தமிழ்(タミル語)
  • Türkçe(トルコ語)
  • తెలుగు(テルグ語)
  • ภาษาไทย(タイ語)
  • TiếngViệt(ベトナム語)
  • Čeština(チェコ語)
  • ポルスキ(ポーランド語)
  • バハサインドネシア語(インドネシア語)
  • Românește(ルーマニア語)
  • オランダ(オランダ語)
  • Ελληνικά(ギリシャ語)
  • ラテン語(ラテン語)
  • Svenska(スウェーデン語)
  • ダンスク(デンマーク語)
  • スオミ(フィンランド語)
  • فارسی(ペルシア語)
  • ייִדיש(イディッシュ語)
  • հայերեն(アルメニア語)
  • Norsk(ノルウェー語)
  • 英語(英語)

今日の引用今日の引用|アーカイブ

お送りしますか 自由 感動的な見積もりが毎日受信トレイに配信されますか?

引用

以下の引用を使用して、この引用を参考文献に追加してください。

「スティーブンスペンダーの引用。」 Quotes.net。 STANDS4 LLC、2021年。Web。 2021年6月29日。&lthttps://www.quotes.net/quote/17650>。


スティーブンスペンダー

スティーブン・スペンダー(1909-1995)は、1930年代と最も密接に関連しています。彼の最高の詩の多くは、この10年間に書かれたものであり、自伝などの他の重要な作品もあります。 世界の中の世界 (1951)、彼の小説 お寺 (1988)そして、プロパガンダと戦争の時代における詩の使用についてそれが提起した中心的な質問に、いくらかの批判が戻った。スペンダはロンドンでジャーナリストの父親に生まれ、2年先輩だったW.H.オーデンと同じノーフォークの公立学校に通いました。 2人は、ルイス・マクネイスとセシル・デイ・ルイスを含む左翼の詩人グループの一部であるオックスフォードで再び会いました。この協会は、総称「#8216McSpaunday」を生み出しました。正式な意味。オックスフォードでのSpenderの数年間は、学位を取得していませんでしたが、特にオーデンとの生涯にわたる友情において、形成的でした。 1929年、スペンダーはクリストファー・イシャーウッドと一緒にドイツを訪れました。 30年代初頭、当時の多くの左翼イデオロギーのように、スペンダーはフランコとの戦いで国際旅団に参加するためにスペインに行きました。当時、スペンダーは簡単に言えば、共産党のメンバーであり、紛争を観察して報告するように求めました。これは彼に大きな影響を与えた経験です。彼の初期の詩集は、特に社会主義の大義に対する彼のコミットメントを反映しています。 (1933)および ウィーン (1934年)。しかし、社会的抗議のスペンダーの詩は、教訓的ではなく、個人的で人道的な口調であり、「詩を外部の出来事または彼自身の感情のいずれかに一致させる方法」がわからないという深い自問自答の心によって知らされました(アラン・ブラウンジョン)当時の彼の作品のもう1つの主要な要素は、英国の詩の一般的な地方のテーマへの意図的な挑戦として書かれた「パイロン」などの技術の進歩を称賛する詩でした。第二次世界大戦中、スペンダーはすぐに共産主義に魅了されました。 1949年、彼は以前は共産主義に同情していた知識人のグループの1人であり、幻滅のエッセイを寄稿しました。 失敗した神。さまざまな物理的問題のため、スペンダーは戦争で戦うことができませんでしたが、代わりにロンドン補助消防署で奉仕しました。彼はまた、シリル・コノリーとピーター・ワトソンと共同設立しました。 地平線 雑誌であり、1939-1941年からその編集者を務めました。スペンダーの私生活も変化しました。オックスフォードとその後、スペンダーは男性との関係を持っていましたが、女性との関係の後、異性愛に引き寄せられたようです。 1936年に彼はイネスマリアパールと結婚したが、組合は3年しか続かなかった。しかし、彼は1941年にコンサートピアニストのナターシャ・リトヴィンと再婚しました。この関係は彼の人生の終わりまで続き、息子と娘を生み出しました。彼の戦後の生活は、国際的な文筆家の生活になりました。彼は言論の自由などの問題を議論するために知的シンポジウムに出席し、ユネスコのカウンセラーになり、1953年に米国の文化自由会議から雑誌Encounterの編集に招待されました。しかし、CIAが雑誌に一部資金を提供していることが明らかになったとき、ショックを受けたスペンダーは抗議して辞任した。彼は米国と英国の両方の多くの機関で英語を教え、最終的には1971年から1977年にかけてロンドン大学ユニバーシティカレッジで英語の教授になりました。芸術的自由への彼のコミットメントは引き続き強力でした。1972年に彼は抑圧された作家に代わってキャンペーンを行う組織であるIndexonCensorshipを設立しました。彼は晩年に公式に認められました。彼は1962年にCBEになり、1983年に騎士になりました。スペンダーは「創造的な仕事に必要な注意の静けさ」に欠けていると自分自身について述べましたが、大量の素材を作り続けました。彼の世界を駆け巡る人生を維持します。彼の最後の詩集、 イルカ、彼の死の前の年の1994年に登場しました。

彼がオーデン、T。S。エリオット、マクネイス、ヴァージニアウルフなど、20世紀の文学の巨人の一部に近かったことは、彼自身の英国の詩への貢献を覆い隠してはなりません。彼の激動の世紀の彼の恥ずかしがらずにロマンチックな探検は、より切り離された「ニュートラルなトーン」(ドナルド・デイビー)が支持された1950年代に時代遅れになりましたが、彼の最も永続的な遺産であることがわかるかもしれません。この叙情的で傷つきやすい声は、Spenderの代表的な詩のようなものとなった&#8216The Truly Great&#8217の彼の録音で聞くことができます。彼のキャリアの早い段階で書かれたそれは、本物の芸術家ができる力についての彼の苦痛で歓喜の意識を示しています。彼の以前のコレクションの1つであるPoemsからの彼の非常にアンソロジー化された詩&#8216The Pylons&#8217は、当時の批評家によって、彼らが&#8216pylon詩人&#8217と呼んだSpender&#8217s世代のレーベルとして押収されました。変化する英国の田園地帯のこの強力な喚起は、失われた田舎の無実に対する後悔と、パイロンが表す「未来の迅速な視点」のスリル満点の認識の間に構えています。対照的に、スペイン内戦の彼の有名な詩である&#8216Ultima Ratio Regum&#8217(1939)は、喪失と無益の詩であり、匿名の少年「オリーブの木の下で死んでいる」を悼んでいます。おそらく、彼自身の人生がその初期の約束を完全に果たしたことはなかったという彼の認識を考えると、年配のスペンダーがこの無駄な人生の優しい喚起を読んでいるのを聞くのは感動的です。


Spenderは、ロンドンのケンジントンで、ジャーナリストのHaroldSpenderとドイツのユダヤ人の遺産の画家兼詩人であるVioletHildaSchusterの間に生まれました。 [1] [2]彼は最初にハムステッドのホール学校に行き、次に13歳でホルトのグレシャム学校に行き、後にワージングのチャールコート学校に行きましたが、そこで不幸でした。母親が亡くなると、彼はユニバーシティカレッジスクール(ハムステッド)に転校し、後に「その最も穏やかな学校」と表現されました。 [3]スペンダーはナントとローザンヌに向けて出発し、オックスフォードのユニバーシティカレッジに上った(ずっと後の1973年に、彼は名誉フェローになった)。スペンダは生涯のさまざまな時期に、試験に合格したことは一度もないと言いました。おそらく彼の最も親しい友人であり、彼に最大の影響を与えたのは、クリストファー・イシャーウッドを紹介したW.H.オーデンでした。スペンダはオーデンの最も初期のバージョンを手で印刷しました 。彼は学位を取得せずにオックスフォードを去り、1929年にハンブルクに移りました。イッシャーウッドは彼をベルリンに招待した。半年ごとに、スペンダーはイギリスに戻りました。

スペンダは1929年に小説の制作を開始しましたが、1988年まで出版されませんでした。 お寺。この小説は、ドイツに旅行し、イギリスよりもすぐに開かれた文化、特に男性間の関係を見つけた若い男性に関するものであり、男性が賞賛する非常に開放的なものに紛らわしいほど関連しているナチズムの恐ろしい前触れを示しています。 Spenderは1988年の紹介で次のように書いています。

20代後半、若いイギリス人作家は政治よりも検閲に関心を持っていました。 1929年は、その奇妙なインドの夏の最後の年、ワイマール共和国でした。私の友人の多くにとって、そして私にとって、ドイツは検閲のない楽園のように見え、若いドイツ人は彼らの生活の中で並外れた自由を楽しんだ[4]。

SpenderはT.S.によって発見されました1933年にFaber&Faberの編集者であるEliot。[5]

彼の初期の詩、特に (1933)、しばしば社会的抗議に触発された。ウィーンに住んで、彼はさらに彼の信念を表明しました 自由主義からの前進ウィーン (1934)、1934年のオーストリア社会主義者の蜂起を称賛する長い詩 裁判官の裁判 [6](1938)、詩の反ファシストドラマ。

ジェイムズ・ジョイスの初版を出版したパリのシェークスピア・アンド・カンパニー書店で ユリシーズ、歴史上の人物が彼らの作品を読むためにまれに登場しました:ポール・ヴァレリー、アンドレ・ジッド、エリオット。ヘミングウェイは、スペンダーが彼と一緒に本を読むのであれば、公の場で本を読まないという彼の規則さえ破った。スペンダが同意したので、ヘミングウェイは彼と一緒に公の場で珍しい読書のために現れました。 [7]

1936年、スペンダーはイギリスの共産党のメンバーになりました。その頭であるハリー・ポリットは、彼に デイリーワーカー モスクワ裁判について。 1936年後半、SpenderはAid toSpainの会議で最近会ったInezPearnと結婚しました。 [8] [ 必要なページ ] [9]彼女は「小さくてかなり皮肉な」そして「驚くほどかっこいい」と表現されています。 1937年、スペイン内戦中、 デイリーワーカー ソビエト船を観察し報告する任務で彼をスペインに送った コムソモール、ソビエトの武器を第二共和政に運んでいる間に沈んだ。スペンダはタンジールに旅行し、カディス経由でスペインに入ろうとしましたが、送り返されました。その後、彼はバレンシアに旅行し、そこでヘミングウェイとマヌエルアルトラギレに会いました。 [ 要出典 ](トニー・ハインドマン、別名ジミー・ヤンガーは、グアダラハラの戦いでフランシスコ・フランコの軍隊と戦っていた国際旅団に加わっていた。)1937年7月、彼は第2回国際作家会議に出席した。バレンシア、バルセロナ、マドリッドで開催され、ヘミングウェイ、アンドレマルロー、パブロネルーダを含む多くの作家が出席した戦争への知識人の集まり。 [10]ポリットはスペンダーに、「行って殺されるには、運動にバイロンが必要だ」と語った。 [ 要出典 ]スペンダは、アルバセテでしばらくの間投獄されました。マドリッドで、彼はマルローに会い、彼らはギデの Retour del'U.R.S.S。。医学的問題のため、彼はイギリスに戻り、ラベンハムに家を購入しました。 1939年に、彼は離婚しました。

ベルトルト・ブレヒトとミゲル・エルナンデスの作品の彼の1938年の翻訳は、ジョン・レーマンの 新しい執筆. [11]

彼は、母親のバイオレットヒルダシュスターが半ユダヤ人であるとユダヤ人に親しみを感じました(彼女の父親の家族はキリスト教に改宗したドイツのユダヤ人であり、母親はカトリックドイツ人、ルーテルデンマーク人、そして遠いイタリア系の高級家族から来ました)。 1941年に結婚したスペンダーの2番目の妻ナターシャもユダヤ人でした。 1942年に、彼はボランティアとしてクリックルウッドとマレスフィールドガーデンズの消防隊に加わりました。スペンダは詩人のエドウィン・ミュアーと何度か会いました。 [ 要出典 ]

彼はもはや左翼ではなくなった後、エッセイコレクションで共産主義への幻滅について書いた人の一人でした 失敗した神 (1949)、アーサー・ケストラーらと一緒に。 [12]失望の大きな領域の一つは、ドイツとソビエト連邦の間のモロトフ・リッベントロップ協定であり、多くの左派が裏切りと見なしたと考えられている。 1930年代のオーデン、イッシャーウッド、その他の率直なファシズムの反対者のように、スペンダーは第二次世界大戦で活発な兵役を見ていませんでした。彼は、初期の大腸炎、視力低下、静脈瘤、および1934年の条虫の長期的影響により、最初は検査で「C」に格付けされました。しかし、彼はひもを引っ張って再検査し、「B」にアップグレードしました。彼はロンドンの補助消防署で奉仕できることを意味しました。スペンダは1940年の冬にブランデルズスクールで教え、マニングクラークによって空けられた役職に就きました。マニングクラークは戦争の結果としてオーストラリアに戻り、ジーロンググラマーで教えました。 [13]

戦後、スペンダーは連合国管理理事会のメンバーであり、ドイツの民政を回復させました。 [14]

シリル・コノリーとピーター・ワトソンと共に、スペンダは共同設立 地平線 雑誌であり、1939年から1941年まで編集者を務めました。1947年から1949年まで、彼は何度か米国に行き、オーデンとイッシャーウッドを見ました。彼はの編集者でした 出会い 1953年から1966年までの雑誌でしたが、それを発行した文化自由会議がCIAによって密かに資金提供されたことが明らかになった後、辞任しました。 [15]スペンダは、雑誌の資金の最終的な出所を知らないと主張した。彼はさまざまなアメリカの機関で教え、1954年にシンシナティ大学でエリストン詩長[16]を受け入れました。1961年に、彼はロンドンのグレシャム大学でレトリックの教授になりました。

スペンダは雑誌を見つけるのを手伝った 検閲に関する索引は、詩集協会の設立に関与し、ユネスコで働きました。 [17]彼は、1965年に米国議会図書館の第17回詩人受賞者コンサルタントに任命された。[18] 1960年代後半、スペンダーはコネチカット大学を頻繁に訪れた。米国で遭遇した。 [19]

Spenderは、1970年から1977年までロンドン大学ユニバーシティカレッジで英語の教授を務めた後、名誉教授になりました。彼は1962年の女王誕生日叙勲で大英帝国勲章(CBE)の司令官になり[20]、1983年の女王誕生日叙勲で騎士になりました。 [21] [22] 1984年6月6日のノルマンディー侵攻40周年を記念する式典で、ロナルドレーガン米国大統領は、スペンダーの詩「真に偉大な」から次のように引用した。

紳士、私はあなたを見て、スティーブン・スペンダーの詩の言葉を思い浮かべます。あなたは「人生のために戦った。そしてあなたの名誉で署名された鮮やかな空気を残した」男性です。

スペンダはまた、ピカソを含む芸術の世界と深い知的活動をしていました。アーティストのヘンリー・ムーアは、シャルル・ボードレールやスペンダーなどの作家の作品に付随するように考案されたエッチングとリトグラフを行いました。その点でのムーアの作品には、ダンテ、ギデ、シェイクスピアの文学のイラストも含まれていました。展示会はヘンリー・ムーア財団で開催されました。 [23]

スペンダは「アルプ、アウアーバッハ、ベーコン、フロイト、ジャコメッティ、ゴーキー、ガストン、ホックニー、ムーア、モランディ、ピカソなどのアーティストを集めて友だちにした」。の スティーブンスペンダーの世界、アーティストのフランク・アウエルバッハは、スペンダーの詩に添えるためにそれらの巨匠による芸術作品を選びました。 [24]

スペンダは書いた 中国日記 1982年にデイヴィッド・ホックニーと共演し、ロンドンのテームズ・アンド・ハドソンのアート出版社から出版されました。 [25]

ソビエトの芸術家ワシリーカンディンスキーは、スペンダのためにエッチングを作成しました、 友愛、1939年。[26]

1933年、スペンダーはトニー・ハイドマンと恋に落ち、1935年から1936年まで一緒に暮らしました。[14] 1934年、スペンダーはミューリエル・ガーディナーと関係を持ちました。 1934年9月のクリストファー・イシャーウッドへの手紙の中で、彼は次のように書いています。そして、実際には、もっとすべて」。 [14] 1936年12月、ハイドマンとの関係が終わった直後、スペンダーはわずか3週間の婚約の後、アイネズ・パーンと恋に落ち、結婚した。 [27]結婚は1939年に崩壊した。[14] 1941年、スペンダーはコンサートピアニストのナターシャ・リトヴィンと結婚した。結婚は彼の死まで続いた。彼らの娘、エリザベス "リジー"スペンダーは、以前は俳優でしたが、オーストラリアの俳優で風刺作家のバリーハンフリーズと結婚し、息子のマシュースペンダーは、アルメニアの芸術家アーシルゴーキーの娘と結婚しています。

スペンダのセクシュアリティは議論の対象となっています。スペンダの態度が一見変化しているため、彼はバイセクシュアル、抑圧されている、潜在的に同性愛嫌悪である、または簡単なラベル付けに抵抗する単純な何か複雑なラベルが付けられています。 [28]彼の初期の彼の友人の多くは同性愛者でした。スペンダは彼の初期の頃に男性と多くの関係を持っていました、特に彼の回想録で「ジミー・ヤンガー」と呼ばれたハイドマンと 世界の中の世界。ミューリエル・ガーディナーとの関係の後、彼は異性愛に焦点を移しましたが[14]、ハイドマンとの関係はその関係とアイネズ・パーンとの短命な結婚の両方を複雑にしました。 1941年のナターシャ・リトヴィンとの結婚は、男性とのロマンチックな関係の終わりを示したように見えましたが、彼の未開拓の日記が明らかにしたように、すべての同性愛活動の終わりではありませんでした。 [29]その後、彼は彼の詩の後の版で同性愛のほのめかしを和らげた。次の行は再発行版で改訂されました:「何が起こっても、私は決して一人ではありません。私は常に男の子、鉄道運賃、または革命を持っています」から「何が起こっても、私は決して一人ではありません。私は常に持っています事件、鉄道運賃、または革命」。それにもかかわらず、彼は英国のソドミー法の廃止を働きかけた同性愛法改革協会の創設メンバーでした。 [30]スペンダは、作家のデイヴィッド・レーヴィットを、リーヴィットの「ジミー・ヤンガー」との関係を利用したとして訴えた。 イングランドが眠っている間 1994年に、訴訟は法廷外で解決され、Leavittは彼のテキストから特定の部分を削除しました。

1995年7月16日、スペンダーはロンドンのウェストミンスターで心臓発作で86歳で亡くなりました。[31]彼はロンドンのパディントングリーンチャーチにあるセントメアリーの墓地に埋葬されました。

スティーブンスペンダートラストは、20世紀の文学の知識を広げ、特にスペンダーの作家の輪に焦点を当て、文学の翻訳を促進するために設立された登録慈善団体です。トラストの活動には、大英図書館と連携したアーカイブプログラムである英語研究所と提携した詩の朗読学術会議セミナーシリーズや、翻訳国家を介したボドリアンの学校との協力が含まれます。 2004年と世界的なロシア語-英語翻訳コンペティションであるJosephBrodsky / Stephen SpenderPrize。 [32]


スティーブンスペンダー

詩人で批評家のスティーブン・スペンダーは、1909年にロンドンで生まれました。彼は1930年代に著名になった英国の詩人の世代のメンバーであり、W.H。を含むオックスフォード詩人と呼ばれることもありました。オーデン、クリストファーイシャーウッド、C。デイルイス、ルイスマクネイス。 Spender&rsquosのエッセイで シカゴトリビューンブックワールド、ジェラルドニコシアは次のように書いています。&ldquo伝統的な価値観への敬意と高い水準の職人技を維持しながら、[これらの詩人]はT.S.の秘教から目をそらしました。エリオットは、作家がその日の緊急の政治問題と連絡を取り合い、その明快さを誰もが理解できる声で話すことを主張します。&rdquo Spender&rsquos多数の詩集には次のものが含まれます。 イルカ (1994), 収集された詩、1928-1985, 寛大な日々 (1971), 献身の詩 (1946)、および スティルセンター (1939).

第二次世界大戦中、スペンダーはロンドン消防隊で働いていました。 1965年から1966年まで、彼は米国議会図書館の詩人のコンサルタントを務めました。彼は1970年から1977年までロンドンのユニバーシティカレッジで英語の教授を務め、米国の大学で頻繁に講義を行いました。彼は1983年に騎士になりました。

Spender&rsquosの名前は、W.H。の名前と最も頻繁に関連付けられていました。オーデン、おそらく1930年代の最も有名な詩人。しかし、アルフレッド・カジンやヘレン・ヴェンドラーを含む一部の批評家は、2人の詩人が多くの点で異なっていることに気づきました。の中に ニューヨーカー、 たとえば、Vendlerは、&ldquoatが最初に[Spender]がAudenの自己所有の皮肉を模倣したことを観察しました。 &hellipしかし、2人の詩人がこれほど異なっていることはあり得ません。オーデンの堅固で、華麗で、寛容で、分類的で、寓話的な心は、スペンダーの夢のような、流動的な、有罪の、ホバリングする感性とはまったく異なる形を要求しました。オーデンは、しっかりと歴史的な時代の詩人、時代を超えたノスタルジックな空間のスペンダです。 ニューヨークタイムズブックレビュー Kazinも同様に、Spender&ldquoはAudenと誤って識別されたと結論付けました。彼らは性格と才能の方向で事実上反対でしたが、1930年代のイギリスのザラザラした産業景観を最初に詩にした&lsquopylon詩人&rsquo&mdashの中で有名になりました。&rdquo

&ldquopylon poets&rdquoという用語は、&ldquoThe Pylons&rdquoを指し、多くの批評家がオーデン世代の典型であると述べたSpenderの詩です。 Spenderの最も初期のコレクションの1つに含まれている、非常にアンソロジー化された作品、 (1933)、そして彼の 収集された詩、1928-1985は、グループのスタイルに特徴的な画像を含み、メンバーの政治的および社会的懸念を反映しています。の 30代の怒れる若者たち (1976)、エルトン・エドワード・スミスは、そのような詩の中で、田舎の電化システムの恐ろしい鉄塔に目を閉じて、柔らかい緑の野原に集中する代わりに、パイロンを称賛し、未来を与えることを認識しました。そして、農村電化プログラムは人間の平等の新しい世界を作り出すのに役立つため、人間以外の構造は非常に高い社会的価値があることが証明されています。&rdquo

1930年代は、世界的な経済不況、スペイン内戦、第二次世界大戦の始まりなど、歴史の流れを形作る激動の出来事によって特徴づけられました。確立された世界が彼らの周りで崩壊しているのを見て、その時代の作家は、彼らの心の中で時代遅れになった古いものに取って代わる新しい現実を創造しようとしました。しばらくの間、スペンダーは、その時代の多くの若い知識人のように、共産党のメンバーでした。 &ldquoSpenderは、&rdquo Smithは、&ldquothat共産主義は、複雑な世界の問題の唯一の実行可能な分析と解決策を提供し、最終的には確実に勝ち、重要性と関連性のために、アーティストは自分の芸術を共産主義の診断に何らかの形で結び付ける必要があると信じていました。&rdquoSmithは説明しました。 Spender&rsquosの詩、&ldquoThe Funeral&rdquo( 収集された詩:1928-1953、1955年に出版されましたが、同じ作品の1985年の改訂版からは省略されています)、&ldquoa Communist elegy。&rdquo Smithは、Spenderの他の作品の多くが同じ初期の作品であることに気づきました。 裁判官の裁判:5つの行為の悲劇 (1938), の彼の詩 ウィーン (1934), と彼のエッセイ 破壊的な要素:現代の作家と信念の研究 (1935)と 自由主義からの前進 (1935)&mdashaddress共産主義。の 30代の詩人、D.E.S。マクスウェルはコメントしました、&ldquothe30代の想像力豊かな文章は珍しいものを作成しました 環境 都市の喧噪と政治的陰謀の。この種の声明は、崩壊が暴力を生み出し、変化につながることを示唆しているだけでなく、絶対的かつ全会一致の政治的党派がこの詩にマルクス主義の評判を与えました。共産主義と&lsquothe共産主義者&rsquo(ポスタータイプのストックフィギュア)が頻繁に呼び出されました。&rdquo

スペンダーが1930年代に開発した態度は、彼の生涯を通じて彼に影響を与え続けました。ピータースタンスキーが指摘したように ニューリパブリック、&​​ldquo 1930年代は、Spenderにとって形成期であり、その後のすべてに長い影を落としました。 &hellip彼の人生の残りの部分は、彼が理解している以上に、1930年代と、その10年間の業績、名声、と幻滅。&rdquo

スペンダは生涯を通じて詩を書き続けましたが、1930年代と1940年代に比べて、後年には彼の文学作品の消費量が少なくなりました。批評家は、自叙伝作家および評論家としての彼の業績を称賛しました。で タイムス文芸付録 レビューによると、ジュリアン・シモンズは、&ldquothe率直な絶え間ない批判的自己検査[Spender]が半世紀以上にわたって自伝、雑誌、批評、詩で行ってきたと述べています。&rdquo Stanskyは、Spenderが自伝を書いているときに最高の状態であったと信じていました。詩人自身が指摘したこの主張は、追記の中で次のように述べられています。 30代以降:詩、政治、人々、1933-1970 (1978):&ldquo私自身、自叙伝作家はあまりにも明確です。自伝は私の仕事の連続性の線を提供します。私は彼の過去を捨てたり否定したりできる人ではありません。&rdquo

1980年代、Spenderの執筆スティーブンスペンダーのジャーナル、1939年-1983年, 収集された詩、1928-1985、 と クリストファーへの手紙:スティーブン・スペンダー&rsquosクリストファー・イシャーウッドへの手紙、1929-1939特に、自伝的資料に特に重点を置いています。の中に ニューヨークタイムズブックレビュー、批評家のサミュエル・ハインズは、[Spender&rsquos]の手紙から出てきた人は狂人でも愚か者でもないが、正直で知的な、問題を抱えた若い男であり、問​​題のある時期に成熟に向かって模索しているとコメントした。そして、ジャーナルの著者は、彼が感性と力の作家であるというより何かです。&rdquo

Spenderの最も初期に出版された自伝の作品の1つ、 世界の中の世界 (1951), created a stir due to Spender&rsquos frank disclosure of a queer relationship he had had at around the time of the Spanish Civil War. In 1990s, the book became the subject of a controversy when American writer David Leavitt published While England Sleeps (1993). In this novel, many details in the portrayal of a character&rsquos affair mirror experiences Spender shared in his autobiography. Spender accused Leavitt of plagiarism and filed a lawsuit in British courts to stop the British publication of the book. In 1994, Leavitt and his publisher, Viking Penguin, agreed to a settlement that would withdraw the book from publication Leavitt made changes to While England Sleeps for a revised edition. During this period of intense attention focused on World within World, St. Martin&rsquos reprinted the autobiography with a new introduction by Spender. As a result, many readers had the opportunity to discover or rediscover Spender&rsquos work. &ldquoWith the passage of time,&rdquo commented Eric Pace in a ニューヨーク・タイムズ obituary, &ldquoWorld within World has proved to be in many ways Sir Stephen&rsquos most enduring prose work because it gives the reader revealing glimpses of its author, Auden and Mr. Isherwood and of what it was like to be a British poet in the 1930s.&rdquo


Stephen Spender

Jerry Bauer Stephen Spender was a member of the generation of British poets who came to prominence in the 1930s, a group&mdashsometimes referred to as the Oxford Poets&mdashthat included W. H. Auden, Christopher Isherwood, C. Day Lewis, and Louis MacNeice. In World within World: The Autobiography of Stephen Spender the author speculated that the names of the members of the group became irreversibly linked in the minds of critics for no other reason other than having their poems included in the same important poetic anthologies of the early thirties. However, in The Angry Young Men of the Thirties Elton Edward Smith found that the poets had much more in common and stated that they shared a "similarity of theme, image, and diction." According to Smith, the poets also all rejected the writing of the immediately preceding generation. Gerald Nicosia reached the same conclusion in his Chicago Tribune Book World essay on Spender's work. "While preserving a reverence for traditional values and a high standard of craftsmanship," Nicosia wrote, "they turned away from the esotericism of T. S. Eliot, insisting that the writer stay in touch with the urgent political issues of the day and that he speak in a voice whose clarity can be understood by all." Comparing the older and younger generations of writers, Smith noted that while the poets of the 1920s focused on themes removed from reality, "the poets of the 1930s represented a return to the objective world outside and the recognition of the importance of the things men do together in groups: political action, social structure, cultural development."

Spender's name was most frequently associated with that of W. H. Auden, perhaps the most famous poet of the thirties yet some critics, including Alfred Kazin and Helen Vendler, found the two poets dissimilar in many ways. In the New Yorker, for example, Vendler observed that "at first [Spender] imitated Auden's self-possessed ironies, his determined use of technological objects. . . . But no two poets can have been more different. Auden's rigid, brilliant, peremptory, categorizing, allegorical mind demanded forms altogether different from Spender's dreamy, liquid, guilty, hovering sensibility. Auden is a poet of firmly historical time, Spender of timeless nostalgic space." In the New York Times Book Review Kazin similarly concluded that Spender "was mistakenly identified with Auden. Although they were virtual opposites in personality and in the direction of their talents, they became famous at the same time as 'pylon poets'&mdashamong the first to put England's gritty industrial landscape of the 1930's into poetry."

The term "pylon poets" refers to "The Pylons," a poem by Spender which many critics described as typical of the Auden generation. The much-anthologized work, included in one of Spender's earliest collections, Poems, as well as in his compilation of a lifetime's accomplishments, Collected Poems, 1928-1985, is characteristic of the group's imagery and also reflects the political and social concerns of its members. Smith recognized that in such a poem "the poet, instead of closing his eyes to the hideous steel towers of a rural electrification system and concentrating on the soft green fields, glorifies the pylons and grants to them the future. And the nonhuman structure proves to be of the very highest social value, for rural electrification programs help create a new world of human equality."

The decade of the thirties was marked by turbulent events that would shape the course of history: the world-wide economic depression, the Spanish Civil War, and the beginnings of the Second World War. Seeing the established world crumbling around them, the writers of the period sought to create a new reality to replace the old, which in their minds had become obsolete. According to D. E. S. Maxwell, commenting in his Poets of the Thirties, "the imaginative writing of the thirties created an unusual milieu of urban squalor and political intrigue. This kind of statement&mdasha suggestion of decay producing violence and leading to change&mdashas much as any absolute and unanimous political partisanship gave this poetry its marxist reputation. Communism and 'the communist' (a poster-type stock figure) were frequently invoked." For a time Spender, like many young intellectuals of the era, was a member of the Communist party. "Spender believed," Smith noted, "that communism offered the only workable analysis and solution of complex world problems, that it was sure eventually to win, and that for significance and relevance the artist must somehow link his art to the Communist diagnosis." Smith described Spender's poem, "The Funeral" (included in Collected Poems: 1928-1953 but omitted from the 1985 revision of the same work), as "a Communist elegy" and observes that much of Spender's other works from the same early period as "The Funeral," including his play, Trial of a Judge: A Tragedy in Five Acts, his poems from Vienna, and his essays in The Destructive Element: A Study of Modern Writers and Beliefs and Forward from Liberalism deal with the Communist question.

Washington Post Book World contributor Monroe K. Spears considered "The Funeral," one of Spender's least successful poems, but nevertheless acknowledged that it reveals some of the same characteristics of the poet as his better work: "an ardent idealism, an earnest dedication that leaves him vulnerable in his sympathy for the deprived and exploited, his hopes for a better world, [and] his reverence for greatness and heroism, especially in art." Critics noted that Spender's attitudes, developed in the thirties, continued to influence the poet throughout his life. As Peter Stansky pointed out in the New Republic: "The 1930s were a shaping time for Spender, casting a long shadow over all that came after. . . . It would seem that the rest of his life, even more than he may realize, has been a matter of coming to terms with the 1930s, and the conflicting claims of literature and politics as he knew them in that decade of achievement, fame, and disillusion."

Spender continued to write poetry throughout his life, but it came to consume less of his literary output in later years than it did in the 1930s and 1940s. The last collection of poems published before his death was Dolphins. "To find him still reaching out at 85&mdashthe same age as [English novelist and poet Thomas] Hardy was when he published his last poems&mdashis confirmation of the old truism that feeling is not an optional extra of humans but bred in the bone," commented William Scammell in the Spectator. In the title piece, Spender turns his attention to those creatures of the sea which have captivated poets for centuries. "For him, their movements constitute a kind of scripture, communicating at an ontological level beyond merely human speech," observed Peter Firchow in World Literature Today. "Their message is utterly simple, the simplest and most basic of all: 'I AM.'" For several critics, these two words spoke volumes about Spender's poetry. In a Times Literary Supplement review, Julian Symons explained, "If Stephen Spender ever intended to create a poetry of 'direct social function,' the idea was long ago abandoned in favour of a concern to express in verse his own true beliefs and attitudes, about which he remains permanently uncertain."

Firchow found that most of the poems in Dolphins did not live up to the high standards that Spender had set in his previous work, but the reviewer did admit that "two long autobiographical poems, 'A First War Childhood' and 'Wordsworth,' come close." Symons praised Spender's long poem about the life of Arthur Rimbaud. "The sequence is successful in part because Spender can have found no difficulty in imagining himself both Rimbaud and [Paul] Verlaine, in part because of his strong dramatic sense," wrote the reviewer. "Yet the most striking poem here records not the insight of the witness, but the anguish of the absentee," observed Boyd Tonkin in the New Statesman and Society. "'History and Reality' pays homage to the Jewish, Catholic and quasi-Marxist thinker Simone Weil, who starved herself in solidarity with Hitler's victims."

Despite Spender's status as one of the leading poets of the twentieth century, a number of critics have noted his value beyond his poetry. Symons maintained, "As one looks back, Spender's principal achievement seems to have been less his poems or any particular piece of prose than the candor of the ceaseless critical self-examination he has conducted for more than half a century in autobiography, journals, criticism, poems." Peter Stansky also observed that Spender was at his best when he was writing autobiography. The poet himself seemed to have pointed out this fact when he wrote in the postscript to Thirties and After: Poetry, Politics, People, 1933-1970: "I myself am, it is only too clear, an autobiographer. Autobiography provides the line of continuity in my work. I am not someone who can shed or disclaim his past."

The past often became the subject of Spender's writing in the eighties. Particularly The Journals of Stephen Spender, 1939-1983, Collected Poems, 1928-1985, and Letters to Christopher: Stephen Spender's Letters to Christopher Isherwood, 1929-1939, with "The Line of the Branch"&mdashTwo Thirties Journals placed a special emphasis on autobiographical material that reviewers found revealed Spender as both an admirable personality and a notable writer. In a New York Times Book Review commentary by Samuel Hynes on the collection of Spender's letters, for instance, the critic expressed his belief that "the person who emerges from these letters is neither a madman nor a fool, but an honest, intelligent, troubled young man, groping toward maturity in a troubled time. And the author of the journals is something more he is a writer of sensitivity and power." Discussing the same volume in the Times Literary Supplement Philip Gardener noted, "If, since the war, Spender's creative engine has run at less than full power, one remains grateful for his best work, the context of which is fascinatingly provided by these letters and journals."

One of Spender's earliest published works of autobiography, World within World, came to be emblematic of the author's candor, commitment to honesty, and longevity. First published in 1951, the book created a stir for Spender's frank disclosure of a homosexual relationship he had had at around the time of the Spanish Civil War. The relationship ended when Spender married. Spender's ex-lover then ran off to fight in Spain Spender ended up going after him to try to get him out of the country. The book earned a second life when it became the subject of another controversy in the 1990s. In 1993, American writer David Leavitt published his novel While England Sleeps, in which a writer has a homosexual affair that follows many of the events of Spender's life but adds more explicit sexual detail. Feeling his integrity and his literary license threatened, Spender accused Leavitt of plagiarism. He also filed a lawsuit in British courts to stop the British publication of the book, charging the American novelist with copyright infringement and violation of a British law that assures authors the right to control adaptations of their work. In 1994, Leavitt and his publisher, Viking Penguin, agreed to a settlement that would withdraw the book from publication Leavitt made changes to While England Sleeps for a revised edition.

During this period of intense attention focused on World within World, St. Martin's reprinted the autobiography with a new introduction by Spender. As a result, many readers were afforded the opportunity to discover or rediscover Spender's work. "With the passage of time," commented Eric Pace in a New York Times obituary, "'World within World' has proved to be in many ways Sir Stephen's most enduring prose work because it gives the reader revealing glimpses of its author, Auden and Mr. Isherwood and of what it was like to be a British poet in the 1930's."

In the final analysis, "Some of Spender's poems, criticism, memoirs, translations have contributed to the formation of a period, which to some extent, they now represent . . . ," Robert Craft observed in his New York Review of Books critique of The Journals of Stephen Spender, 1939-1983. "Yet Spender himself stands taller than his work. The least insular writer of his generation and the most generous, he is a kinder man&mdashhypocrite lecteur!&mdashthan most of us deserve."


Analysis of the poem "The truly great" by Stephen Spender

This poem, broadly, is an attempt to describe what makes a person "truly" great. The poem was written in the 1930's during wartime, this no doubt influenced the poet. However, soldiers are not the only people he is referring to. He is essentially referring to anyone who selflessly fights for what they believe in.

"I think continually of those who were truly great

Who, from the womb, remembered the soul's history

Through corridors of light where the hours are suns,

Here the poet makes an important defining point in the word "truly", it sets the theme for the rest of the poem which expands upon this idea of truth showing what it is and how it effects the air it touches. Another important word here is "continually", in my mind something cannot be thought of continually without some form of prompting: this prompting is his musing or concern over the men in the war.

In the next few lines he defines artistically a characteristic he believes to be endowed in men of true greatness, that of passion. He says that even before birth these men are filled with passion and love ("soul's history"), where they enjoy every moment in and "endless" indulgence in passion and enjoyment ("singing"). In comparing them to a child in the "womb", he endows these men or woman with a child's willingness to participate or enjoy things: old and new.

Was that their lips, still touched with fire,

Should tell of the spirit clothed from head to foot in song.

And who hoarded from the spring branches

The desires falling across their bodies like blossoms.

The poet continues to talk about the idea of passion in this passage. He refers to the "endless singing", emphasizing the idea of childlike exuberance from the womb with the word "still". He says that their actions ("lips" with reference to "singing") still filled with passion ("fire") tell of the spirit or their strong beliefs in every thing that they do ("clothed from head to foot"). The repetition of this idea of a song of the spirit gives us the idea that their beliefs are unwavering, steady and strong. The next two lines discuss dreams and the ability to dream unrestrained again almost like a child. This idea of unrestraint is emphasized by the word "hoarded". In the words "spring branches" we get the idea of newly growing dreams or "desires" as he puts it. The desires are compared to newly grown blossoms being taken from a spring branch. This idea of newness, spring and dreams again seems to illustrate ideas pointing to the character of a child. The use of the word "bodies" could shed a different interpretation of this, the flowers are dreams and desires as was established but could they be the same flowers thrown over a coffin as it lies waiting for dirt in a grave?

What is precious is never to forget

The delight of the blood drawn from ancient springs

Breaking through rocks in worlds before our earth

Never to deny its pleasure in the simple morning light,

Nor its grave evening demand for love

Never to allow gradually the traffic to smother

With noise and fog the flowering of the spirit.

In the first paragraph Spender focused on passion, here he focuses on human ideals. He says that even before we lived ("before our earth") men have needed and delight in the things and sustenance ("blood") that make us who we are. In this with the reference to "our earth" I feel not only is he making a point about another time, but with emphasis on the word "our" we see that he is also referring to other people. Here he cleverly blends these ideas, suddenly he has illustrated that not only do we require what makes us human but that we all are men and require similar things: this is potent phrase on human rights with reference to race and gender.

He continues to expand on this idea. He says we should never "deny its pleasure" or these liberties, for the may be "simple" but are necessary like "light" but also refreshing to us as the "morning". He says "nor its" if it wasn't already obvious he is referring to the "soul" or psychological needs of man as introduced in passage one. On this line he is simply saying that all men (humans) have the simple right and need ("demand") for love and it should not be denied.

In the last two lines of this passage Spender talks about the fight to retain our youthful ability to dream and "flower". The "traffic" could be interpreted as two things, either oppressive powers such as totalitarian governments or quite simply and dreary drag or bore of life that destroys our loves of life as we get older. Another point made here is "flowering of the spirit" the poet says that the spirit is always able to be flowering, thus he suggests that we as people should always be growing and improving what we are.

Near the snow, near the sun, in the highest fields

See how these names are fêted by the waving grass,

And by the streamers of white cloud,

And whispers of wind in the listening sky

The names of those who in their lives fought for life,

Who wore at their hearts the fire's center.

Born of the sun, they traveled a short while towards the sun,

And left the vivid air signed with their honor.

This section bears evidence of a heavy war influence. The poet talks now about the final thing that separates men from great and the "truly" great, that is selfless exposure for the things they believe in. The first few lines are simply a metaphor describing that the men are above others. I feel the word "waving" perhaps is supposed to evoke images of a waving flag, on a "high field". The "streamers" of white cloud has to do with a victory celebration either by man or maybe the spirit of nature or even god rejoices at men dieing for their beliefs, could the poet be inferring that this is the purpose of our very lives? They wore the very essence of passion and bravery the "fires center" as they lived and died. Born of the sun, (I feel the sun has something to do with the source of inspiration) they lived out their short lives (traveled a short while) in search of their dreams. And when they die they leave history or the human spirit (has some reference to first paragraph) signed with their honor, this either means their names on gravestones or memorial plaques but more likely their names are actually a personification of their achievements.

The poem is a brilliant treatise or formula on life and how we should live it. It is an ethical poem on the rights of man and the freedom owed to all. It tells us how as men we can live, and as we die can be immortalized in our actions. He says that truly great men can be simple so long as they are filled with the passion of action and belief. The nature hue of resolution cannot be sickled over with thought, and must always hold the name of action throughout the entirety of our lives. Great men are full of believing, but the truly great spare no moment to die in lieu of that believing.



コメント:

  1. Uchdryd

    静かにしておきます

  2. Terrall

    あなたは非常に才能のある人です

  3. Josu?

    絶対にカジュアルな同意

  4. Cullen

    安全なバリアント:)

  5. Thaw

    その中に何かがあります。この質問で助けてくれてありがとう、今私はそのような誤りを認めません。

  6. Wyiltun

    私はあなたが間違っていると信じています。私は確信しています。午後に私にメールしてください、私たちは話します。



メッセージを書く