レビュー:第56巻-20世紀の歴史

レビュー:第56巻-20世紀の歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジョージ・ワシントンが将校に別れを告げたとき、彼はニューヨークのフランシス・タバーンで別れを告げました。アンドリュー・ジャクソンが1815年にイギリスに対するニューオーリンズの防衛を計画したとき、彼はグロッグショップでジャン・ラフィットに会いました。そして、ジョン・ウィルクス・ブースが彼の共犯者と一緒に特定の暗殺を実行することを計画したとき、彼らはサラット居酒屋に集まりました。アメリカがバーに入ると、クリスティン・シスモンドは、しばしば罵倒されるが、常にアメリカの生活の中心である機関の豊かで魅力的な歴史を語ります。彼女はイギリスからニューイングランドまで居酒屋をたどり、ピューリタンでさえ「良いビール」をどのように評価したかを示しています。ペースの速いナレーションと活気のあるキャラクターで、彼女は20世紀以降、ウィスキー反乱から禁酒運動まで、ライセンスと日曜日の酒の販売をめぐる繰り返しの闘争から、「治療」の禁止の試みから禁止と廃止まで、物語を伝えます。 。組織犯罪、政治、日常の社会生活のコックピットとして、このバーは現在に至るまで重要であり、物議を醸しています。 2006年、ハリケーンカトリーナ緊急税控除法が可決されたとき、ライダーは、コミュニティに何も貢献していないという理由で、バーを援助や減税の申請から除外しました。シスモンドはそうではないことを証明しています:バーはアメリカの物語にすべてを貢献してきました。アジャイルな散文と逸話のこの派手なカクテルで、シスモンドはタップルーム、居酒屋、サルーン、スピークイージー、そして誰もがあなたの名前を知っている地元のたまり場に響き渡る乾杯を提供します。

ブルックリンのジェントリフィケーションは、最近の都市史で最も目覚ましい発展の1つです。 1940年代と1950年代に市内で最も悪名高い産業スラムの1つと見なされていたブラウンストーンブルックリンは、1980年代までに、ヒップバー、ヨガスタジオ、美しく改装された非常に高価なタウンハウスの脱工業化社会になりました。ブラウンストーンブルックリンの発明では、スレイマンオスマンはこの予期しない変化の画期的な歴史を提供しています。ニューヨーク市のルネッサンスが1990年代に始まったという従来の知識に挑戦し、オスマンは1960年代と1970年代の文化的激変の中でブルックリンのジェントリフィケーションの起源を突き止めました。ジェントリフィケーションは、若くて理想主義的な白人大学の卒業生が「信憑性」と急成長する郊外の外での生活を求めて主導する草の根運動として始まりました。戦後の都市の指導者たちがスラム街のクリアランスと近代建築を擁護したところで、「ブラウンストーナー」(彼らは自分たちを呼んだ)は、ますます技術社会からの避難所として歴史的建造物、工業用ロフト、伝統的な民族地区を祝う新しいロマンチックな都市の理想を求めて戦いました。オスマンは、ブラウンストーナーが貧しい住民と合流して都市計画者や地元の機械政治家と戦うにつれて、「成長の遅い」進歩的な連合の出現を調べています。しかし、ブラウンストーナーが貧しい地域に移住するにつれて、人種や階級の緊張が高まり、1980年代までに、新聞がヤッピーをパロディー化し、反ジェントリフィケーション活動家がますます高価な地域を行進するにつれて、ブラウンストーナーは真正性の探求が成功したか失敗したかについて議論しました。ブラウンストーンの発明ブルックリンは、脱工業化都市のこの目を見張るような視点で、建築、文化、政治の歴史を巧みに組み合わせています。


歴史学

歴史学 は、学問分野としての歴史の発展における歴史家の方法論の研究であり、ひいては、特定の主題に関する歴史的研究の本体です。特定のトピックの歴史学は、歴史家が特定の情報源、技術、および理論的アプローチを使用してそのトピックをどのように研究したかをカバーしています。学者たちは、「大英帝国の歴史学」、「初期イスラムの歴史学」、「中国の歴史学」、そして政治史や社会史などのさまざまなアプローチやジャンルをトピックごとに議論します。19世紀に始まり、学史の台頭とともに、一連の歴史学文献が発展しました。歴史家が自分たちのグループや忠誠心(国の状態など)にどの程度影響を受けているかについては、議論の余地があります。[1]

歴史家の研究対象は時間とともに変化し、伝統的な外交、経済、政治史から新しいアプローチ、特に社会的および文化的研究へとシフトしています。 1975年から1995年にかけて、社会史と同一視するアメリカの大学の歴史学教授の割合は31%から41%に増加し、政治史家の割合は40%から30%に減少しました。 [2] 2007年、英国の大学の歴史学部の5,723学部のうち、1,644(29%)が社会史と同一視し、1,425(25%)が政治史と同一視しました。 [3]


西部世界の偉大な本

26.ウィリアム・ギルバート、 ロードストーンと磁性体について
ガリレオ、 2つの新しい科学に関する対話
ウイリアムハーベイ、 動物の心臓と血液の動きについて、血液の循環について、
動物の生成について

27.ミゲル・デ・セルバンテス、 ドン・キホーテ

28.フランシス・ベーコン、 学習の進歩、Novum Organum、New Atlantis
ルネ・デカルト、 精神指導の規則、方法に関する議論、最初の哲学に関する瞑想、
瞑想と返答に対する異議、幾何学
ベネディクト・デ・スピノザ、 倫理

29.ジョン・ミルトン、英語のマイナー詩、 Paradise Lost、Samson Agonistes、Areopagitica

30.ブレーズ・パスカル、 州の手紙、ペン、 科学論文

31.Moli re、 妻のための学校、妻のための学校の批評、Tartuffe、ドンファン、The Miser、
紳士になるだろう、無効になるだろう
ジャン・ラシーヌ、 ベレニス、フェドラ

32.アイザック・ニュートン、 自然哲学、光学の数学的原理
クリスティアーン・ホイヘンス、 光の扱い

33.ジョン・ロック、 寛容に関する手紙、市民政府に関する第二のエッセイ、人間の理解に関するエッセイ
ジョージバークレー、 人間の知識の原則
デビッドヒューム、 人間の理解に関するお問い合わせ

34.ジョナサン・スウィフト、 ガリバーの旅
ヴォルテール、 率直
デニス・ディドロ、 ラモーの甥

35.モンテスキュー、 法の精神
ジャン=ジャック・ルソー、 不平等の起源に関する論議、政治経済学に関する論議、社会契約

36.アダム・スミス、 国富論

37.エドワード・ギボン、 ローマ帝国の衰退と崩壊

38.エドワード・ギボン、 ローマ帝国の衰退と崩壊 (続き)

39.イマヌエル・カント、 純粋な理由の批評、道徳の形而上学の基本原則、実践の批評
理由、序文と倫理の形而上学的要素の紹介、道徳の形而上学の一般的な紹介、
権利の科学、判断の批評

40. American State Papers(独立宣言、連合規約、アメリカ合衆国憲法)
アレクサンダーハミルトン、ジェームズマディソン、ジョンジェイ、 フェデラリストペーパー
ジョンスチュアートミル、 自由について、代表的な政府、功利主義

41.ジェイムズ・ボズウェル、 サミュエル・ジョンソンの生涯

42.アントワーヌ・ラヴォワジエ、 化学の要素
マイケルファラデー、 電気の実験的研究

43.ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリッヒ・ヘーゲル、 権利哲学、歴史哲学
セーレン・キェルケゴール、 恐怖と震え
フリードリヒ・ニーチェ、 善と悪を超えて

44.アレクシ・ド・トクヴィル、 アメリカの民主主義

45.ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ、 ファウスト
オノレ・ド・バルザック、 カズンベット

46.ジェーン・オースティン、 エマ
ジョージエリオット、 ミドルマーチ

47.チャールズ・ディケンズ、 リトルドリット

48.ハーマン・メルヴィル、 モービーディック
マーク・トウェイン、 ハックルベリーフィン

49.チャールズ・ダーウィン、 種の起源、人間の降下

50.カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルス、 共産党宣言
カール・マルクス、 資本 (第1巻)

51.レオ・トルストイ、 戦争と平和

52.フョードル・ドストエフスキー、 ブラザーズカラマーゾフ
ヘンリック・イプセン、 人形の家、ワイルドダック、ヘッダガブラー、マスタービルダー

53.ウィリアム・ジェームズ、 心理学の原則

54.ジークムント・フロイト、主要作品(含む ヒステリーに関する厳選された論文、夢の解釈、一般的な紹介
精神分析、文明とその不満、精神分析に関する新しい入門講義へ
)

55. 20世紀の哲学と宗教:
ウィリアムジェームズ、 プラグマティズム
アンリ・ベルクソン、 形而上学入門
ジョン・デューイ、 経験と教育
アルフレッドノースホワイトヘッド、 科学と現代世界
バートランドラッセル、 哲学の問題
マーティンハイデガー、 私は形而上学とは何ですか?
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、 哲学的調査
カール・バルト、 神の言葉と人間の言葉

56. 20世紀の自然科学:
アンリポインカー、 科学と仮説
マックスプランク、 科学的自伝 およびその他の論文
アルフレッドノースホワイトヘッド、 数学入門
アルバート・アインシュタイン、 相対性:特別理論と一般理論
アーサー・エディントン、 膨張宇宙
ニールス・ボーア、 原子理論と自然の記述 (選択)、 認識論的問題に関するアインシュタインとの議論
原子物理学
G.H.ハーディ、 数学者の謝罪
ヴェルナーハイゼンベルク、 物理学と哲学
アーウィンシュレディンガー、 人生ってなに?
テオドシウスドブザンスキー、 遺伝学と種の起源
C.H.ワディントン、 生命の性質

57. 20世紀の社会科学(I):
ソースタイン・ヴェブレン、 レジャークラスの理論
R.H. Tawney、 買収社会
ジョンメイナードケインズ、 雇用、利害およびお金の一般理論

58. 20世紀の社会科学(II):
ジェームズ・ジョージ・フレイザー、 黄金の枝 (選択)
マックス・ウェーバー、 社会学のエッセイ (選択)
ヨハン・ホイジンガ、 中世の衰退
クロード・レヴィ-シュトラウス、 構造人類学 (選択)

59. 20世紀の想像力豊かな文学(I):
ヘンリー・ジェイムズ、 ジャングルの獣
ジョージバーナードショー、 セントジョーン
ジョセフ・コンラッド、 闇の心
アントン・チェーホフ、 ヴァーニャおじさん
ルイジ・ピランデッロ、 作者を探す6人のキャラクター
マルセル・プルースト、 スワン・イン・ラブ (から 過去の記憶)
ウィラ・キャザー、 失われた女性
トーマス・マン、 ヴェネツィアでの死
ジェイムズ・ジョイス、 若い男としての芸術家の肖像

60. 20世紀の想像力豊かな文学(II):
ヴァージニア・ウルフ、 灯台へ
フランツ・カフカ、 変身
D.H.ローレンス、 プロシアの将校
NS。エリオット、 荒れ地
Eugene O&#146Neill、 喪はエレクトラになります
F.スコットフィッツジェラルド、 グレート・ギャツビー
ウィリアムフォークナー、 エミリーのためのバラ
ベルトルト・ブレヒト、 母の勇気と彼女の子供たち
アーネスト・ヘミングウェイ、 フランシス・マコンバーの短い幸せな人生
ジョージ・オーウェル、 動物農場
サミュエル・ベケット、 ゴドットを待っています


注:聖書もこのリストの一部と見なされるべきです。インデックスに登録されています Syntopicon。編集者はそれが含まれていなかったと説明します グレートブックス 読み書きのできる人なら誰でもすでにコピーを持っていると想定されていたために設定されました。

編集者はまた、20世紀の選択は単なる暫定的なサンプリングであると述べています。時間の観点から、それらのどれが以前の作品と同じくらい永続的であることが証明されるかはまだわかりません。


の目次 西部世界の偉大な本 (第2版、1990年)、Mortimer Adler et al。が編集、Encyclopaedia Britannica、Incが発行。


ジャイロヴァグのレイブ

ボリューム1と2
Syntopicon
このユニークなガイドはあなたがすることを可能にします
次のような特定のアイデアを調査する
勇気や民主主義、そして比較
さまざまな著者の視点。
VOLUME 3
ホーマー
イリアス
オデッセイ
VOLUME 4
アイスキュロス(紀元前525年から456年頃)
供給者の乙女
ペルシア人
セブンアゲインストテベス
プロメテウスバウンド
アガメムノン
解放の担い手
ユーメニデス
ソポクレス(紀元前495年から406年頃)
王オイディプス
コロナスのオエディプス
アンティゴネー
アヤックス
エレクトラ
トラキスの女性
ピロクテーテース
エウリピデス(紀元前480-406年頃)
アカゲザル
メデア
ヒッポリュトス
アルケースティス
ヘーラクレイダイ科
しなやかな女性
トロイの木馬の女性
イオン
ヘレン
アンドロマケー
エレクトラ
バッケ
ヘカベー
ヘラクレス
フェニキアの女性
オレステス
タウリスのイフィゲニア
オーリスのイフィゲニア
サイクロプス
アリストパネス(紀元前455-380年頃)
アチャーン人
騎士団

ハチ
平和

カエル
Lysistrata
詩人と女性
議会の女性

VOLUME 5
ヘロドトス(紀元前484年から425年頃)
歴史
トゥキディデス(紀元前460年から400年頃)
ペロポネソス戦争の歴史

VOLUME 6
プラトン(紀元前428-348年頃)
シャルミデス
溶解
懈怠
プロタゴラス
Euthydemus
クラティラス
Phaedrus
イオン
シンポジウム
メノ
Euthyphro
謝罪
クリトン
フェド
ゴルギアス
共和国
ティマエウス
クリティアス
パルメニデス
Theaetetus
ソフィスト
ステーツマン
フィレバス
法律
7番目の手紙
VOLUME 7
アリストテレスI(C。384-322 BC)
カテゴリ
解釈について
以前の分析
事後分析
トピック
洗練された反論について
物理
天国で
生成と破損について
気象学
感覚と回想について
睡眠と不眠について
夢について
予言について
寿命と寿命の短さについて
青年と老年、生と死、呼吸について
VOLUME 8
アリストテレスII(C。384-322 BC)
動物の歴史
動物の部分について
動物の動きについて
動物の歩行について
動物の生成について
ニコマチア倫理
政治
アテナイ人の国制
レトリック
詩について
VOLUME 9
ヒポクラテス(西暦前400年)
宣誓
古代医学について
空気、水、場所について
予言の書
急性疾患のレジメンについて
エピデミックの
頭の怪我について
手術について
骨折について
アーティキュレーションについて
削減の手段
格言
法律
潰瘍について
瘻について
痔について
神聖な病気について
ガレン(C. AD 130-200)
自然学部について
VOLUME 10
ユークリッド(FL。C.300 BC)
ユークリッド原論の13冊の本
アルキメデス(紀元前287年から212年頃)
球とシリンダーについて
円の測定
コノイド​​とスフェロイドについて
スパイラルについて
飛行機の平衡について
サンドレコナー
放物線の直交
フローティングボディについて
補題の書
機械的問題の処理方法
VOLUME 11
ルクレティウス(紀元前98年〜紀元前55年)
物事のあり方
エピクテトス(C. 60-C。138 AD)
談話
マーカスアウレリウス(121-180 AD)
瞑想
プロティノス(205-270 AD)
6つのEnneads
VOLUME 12
ウェルギリウス(紀元前70-19年)
エクローグ
地質学
アエネーイス
VOLUME 13
プルタルコス(C.46-C。120)
テセウス
ロムルス
ロムルスとテセウスの比較
Lycurgus
ヌマポンピリウス
LycurgusとNumaの比較
ソロン
ポプリコラ
ポプリコラとソロンの比較
テミストクレス
カミルス
ペリクレス
ファビウス
ファビウスとペリクレスの比較
アルキビアデス
コリオラヌス
アルキビアデスとコリオラヌスの比較
ティモレオン
アエミリウス・パウルス
アエミリウス・パウルスとティモレオンの比較
ペロピダス
マルセラス
マルセルスとペロピダスの比較
アリスティド
マーカス・カト
アリスティドとマーカスカトの比較
フィロポエマン
フラミニヌス
フラミニヌスとフィロポエマンの比較
ピュロス
カイウス・マリウス
リュサンドロス
スラ
ライサンダーとスラの比較
キモン
ルクルス
CimonとLucullusの比較
ニキアス
クラサス
クラサスとニキアスの比較
セルトリウス
トックリバチ
EumenusとSertoriusの比較
アゲシラオス
ポンペイ
アゲシラオスとポンペイの比較

シーザー
フォーキオン
年下の猫
アギス
クレオメネス
ティベリウスグラックス
カイウス・グラックス
カイウスとティベリウスグラックスとアギスとクレオメネスの比較
デモステネス
シセロ
シセロとデモステネスの比較
デメトリウス
アントニー
アントニーとデメトリウスの比較
ディオン
マーカスブルータス
ブルータスとディオンの比較
アラトス
アルタクセルクセス
ガルバ
オト
VOLUME 14
タキトゥス(C. 55-C。117)
年代記
この歴史
VOLUME 15
プトレマイオス(C. 100-C。178)
アルマゲスト
コペルニクス(1473–1543)
天球の革命について
ケプラー(1571-1630)
コペルニクス天文学の縮図:IV – V
世界の調和:V
VOLUME 16
オーガスタイン(354-430)
告白
神の都
クリスチャン教義について
VOLUME 17
アクィナスI(c。1225– 1724)
神についての論文
三位一体に関する論文
創造に関する論文
天使の論文
6日間の仕事の論文
人間の扱い
神の政府に関する論文
最後の最後の論文
人間の行為に関する論文
VOLUME 18
アクィナスII
習慣に関する論文
法律に関する扱い
恵みに関する論文
信仰、希望、慈善に関する論文
能動的で瞑想的な論文
生命の状態に関する論文
化身に関する論文
秘跡に関する論文
復活の扱い
最後のものに関する論文
VOLUME 19
ダンテ(1265 – 1321)
神曲
チョーサー(C. 1340 – 1400)
TroilusとCriseyde
カンタベリー物語
VOLUME 20
カルバン(1509 – 1564)
キリスト教の研究所

VOLUME 21
マキャヴェッリ(1469 – 1527)
王子
ホッブズ(1588 – 1679)
リヴァイアサン、または、連邦教会論の問題、形式、および力
およびCivil
VOLUME 22
ラブレー(C.1495 – 1553)
ガルガンチュアとパンタグルエル
VOLUME 23
エラスムス(C.1467 – C. 1536)
愚かさの称賛
モンテーニュ(1533 – 1592)
エッセイ
VOLUME 24
シェイクスピアI(1564 – 1616)
6番目のヘンリー王の最初の部分
ヘンリー王の第2部第6部
ヘンリー王の第3部第6部
リチャード3世の悲劇
エラーのコメディ
タイタスアンドロニカス
トガリネズミの飼いならし
ヴェローナの二人の紳士
Love’s Labour’s Lost
ロミオとジュリエット
リチャード2世の悲劇
真夏の夜の夢
ジョン王の生と死
ヴェニスの商人
ヘンリー王の最初の部分第4
ヘンリー王の第2部第4部
から騒ぎ
ヘンリー5世の生涯
シェイクスピアI(1564 – 1616)
ジュリアス・シーザー
お好きなように
VOLUME 25
シェイクスピアII
十二夜または、あなたは何をしますか
デンマークの王子、ハムレット
ウィンザーの陽気な妻
TroilusとCressida
終わりよければ全てよし
測定のための測定
ヴェネツィアの湿原、オセロ
リア王
マクベス
アントニーとクレオパトラ
コロイラヌス
アテネのティモン
ペリクレス、プリンスオブタイヤ
シンベリン
冬の物語
テンペスト
ヘンリー8世の生涯の有名な歴史
ソネット
VOLUME 26
ギルバート(1540 – 1603)
ロードストーンと磁性体について
ガリレイ(1564 – 1642)
2つの新しい科学について
ハーヴェイ(1578 – 1657)
動物の心臓と血液の動きについて
血の循環について
動物の生成について
VOLUME 27
セルバンテス(1547 – 1616)
ドンキホーテデラマンチャの歴史

VOLUME 28
ベーコン(1561 – 1626)
学習の進歩
Novum Organum
ニューアトランティス
デカルト(1596 – 1650)
心の方向性に関する規則
理由を正しく行う方法についての議論
最初の哲学に関する瞑想
瞑想に対する異議、および回答
ジオメトリ
スピノザ(1632 – 1677)
倫理
VOLUME 29
ミルトン(1608 – 1674)
英語のマイナーな詩
パラダイス・ロスト
サムソンアゴニステス
Areopagitica
VOLUME 30
パスカル(1623 – 1662)
地方の手紙
ペンシー
科学論文
VOLUME 31
モリエール(1622 – 1673)
妻のための学校
妻のための学校の批評
タルタフ
ドンファン
マイザー
紳士になります
無効になります
ラシーン(1639 – 1699)
ベレニス
パイドラー
VOLUME 32
ニュートン(1642 – 1727)
自然哲学の数学的原理
光学
ホイヘンス(1629 – 1695)
光の扱い
VOLUME 33
ロック(1632 – 1704)
市民政府に関する寛容に関する手紙、2番目
エッセイ
人間の理解に関するエッセイ
バークレー(1685 – 1763)
人間の知識の原則
ヒューム(1711 – 1776)
人間の理解に関するお問い合わせ
VOLUME 34
スウィフト(1667 – 1745)
ガリバー旅行記
ヴォルテール(1694 – 1778)
率直
ディドロ(1713 – 1784)
ラモーの甥
VOLUME 35
モンテスキュー(1689 – 1755)
法の精神

ルソー(1712 – 1778)
不平等の起源について
政治経済学について
社会契約
VOLUME 36
アダム・スミス(1723 – 1790)
国富論の性質と原因に関する調査
VOLUME 37
テナガザルI(1737 – 1794)
ローマ帝国の衰退と崩壊、Vol。私
VOLUME 38
テナガザルII
ローマ帝国の衰退と崩壊、Vol。 II
VOLUME 39
カント(1724 – 1804)
純粋な理由の批判
実践理性批判
判断の批判
VOLUME 40
アメリカの州の論文
独立宣言
連合規約
アメリカ合衆国憲法

アレクサンダーハミルトン(1757-1804)、ジェームズマディソン(1751-1836)、
ジョン・ジェイ(1745-1829)
フェデラリスト

John Stuar t Mill(1806-1873)
リバティについて
代表政府
功利主義
VOLUME 41
ジェイムズ・ボズウェル(1740-1795)
サミュエル・ジョンソンの生涯、LLD
VOLUME 42
アントワーヌ・ラヴォワジエ(1743-1794)
化学の要素
マイケル・ファラデー(1791-1867)
電気の実験的研究
ボリューム43
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(1770-1831)
権利の哲学
歴史哲学
セーレン・キェルク・エガード(1813-1855)
恐怖と震え
フリードリヒ・ニーチェ(1844-1900)
善と悪を超えて
VOLUME 44
アレックスはデトックビル(1805-1859)
アメリカの民主主義
VOLUME 45
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832)
ファウスト
オノレ・ド・バルザック(1799-1850)
カズンベット

VOLUME 46
オースティン、ジェーン(1775-1817)
エマ
エリオット、ジョージ(1819-1880)
ミドルマーチ
VOLUME 47
チャールズ・ディケンズ(1812-1870)
リトルドリット
VOLUME 48
ハーマン・メルヴィル(1819-1891)
モービーディック
マーク・トウェイン(1835-1910)
ハックルベリーフィンの冒険
VOLUME 49
チャールズ・ダーウィン(1809-1882)
自然淘汰による種の起源
人間の降下と性に関連した選択
VOLUME 50
カール・マルクス(1818-1883)
資本
カール・マルクスとフリードリッヒ・エンゲルス(1820-1895)
共産党宣言
VOLUME 51
トルストイ伯爵(1828-1910)


20世紀の哲学的分析Vol。 2:意味の時代



このサイトはCookieとGoogleAnalyticsを使用しています(プライバシーへの影響の詳細については、利用規約をご覧ください)。

このサイトの使用には、利用規約が適用されます。
PhilPapersFoundationがすべての権利を留保します

philpapers-web-b76fb567b-rs8fpでMonJun 28 03:53:222021に生成されたページデバッグ情報

キャッシュ統計:hit = 22280、miss = 23533、save =
オートハンドラー:582ミリ秒
呼び出されたコンポーネント:562ミリ秒
エントリ:562ミリ秒
entry_stats:161ミリ秒
類似のエントリ:101ミリ秒
entry_basics:100ミリ秒
入口側:98ミリ秒
エントリヘッダー:70ミリ秒
メニュー:66ミリ秒
引用-引用:57ミリ秒
entry_chapters:22ミリ秒
エントリー-猫:12ミリ秒
prepCit:7ミリ秒
アマゾン:5ミリ秒
エントリリンク:5ミリ秒
引用-参照:3ミリ秒
search_quotes:3ミリ秒
entry_stats_query:2ミリ秒
writeLog:2ミリ秒
get_entry:1ミリ秒
初期レンダラー:0ミリ秒
キャッシュオブジェクトの保存:0ミリ秒
キャッシュオブジェクトの取得:0ミリ秒
セットアップ:0ミリ秒
エントリプロファイル:0ミリ秒
認証:0ミリ秒
stat_db:0ミリ秒
入力ボタン:0ミリ秒


レビュー:第56巻-20世紀の歴史-歴史

小説家、エッセイスト(1924年8月2日&#151 1987年11月30日)

ハロルド・ブルーム. ジェイムズボールドウィン。チェルシーハウス出版社。 1986。 164pp。

ローザボビア. フランスでのジェイムズ・ボールドウィンの批判的受容:彼のフランコフォン批評家の分析と注釈付き参考文献。ピーターラング出版。 1997。 191pp。

ジェームズキャンベル. ゲイツで話す:ジェイムズ・ボールドウィンの生涯。バイキング。 1991。 306pp。

ジェームズキャンベル. パリに亡命:リチャード・ライト、ジェイムズ・ボールドウィン、サミュエル・ベケット、その他左岸。ニューヨーク:サイモン&シュスター。 1995。 271pp。

アーネストA.チャンピオン. ボールドウィン氏、私は推測します:ジェームズボールドウィン-チヌアアチェベ:心の出会い。ユニバーシティプレスオブアメリカ。 1995.

キース・クラーク. ジェイムズ・ボールドウィン、アーネスト・J・ゲインズ、オーガスト・ウィルソンの黒人男性。イリノイ州アーバナ:イリノイ大学出版局。 2002。 176pp。

ケネス・B・クラーク. ニグロの抗議:ジェイムズ・ボールドウィン、マルコムX、マーティン・ルーサー・キング。ビーコンプレス。 1963。 56pp。

ウルスラ・ブロシュケ・デイビス. 後悔のないパリ:ジェイムズ・ボールドウィン、ケニー・クラーク、チェスター・ハイムズ、ドナルド・バード。アイオワシティ、アイオワ:アイオワプレス大学。 1986。 124pp。

ファーンマルヤエックマン. ジェイムズボールドウィンの猛烈な通路。ニューヨーク:M。エバンス。 1966。 256pp。

クラレンスE.ハーディIII. ジェイムズボールドウィンの神:ブラックホーリネス文化におけるセックス、希望、そして危機。テネシープレス大学。 2003。 147pp。

トルーディエ・ハリス. ジェイムズボールドウィンのフィクションの黒人女性。テネシー州ノックスビル:テネシープレス大学。 1985.

R. Jothiprakash. アフリカ系アメリカ人文学のテーマとしてのコミットメント:ジェイムズ・ボールドウィンとラルフ・エリソンの研究。ブリストル、インディアナ州:ウィンダムホールプレス。 1994。 211pp。

ケネス・キンナモン(編集者). ジェイムズボールドウィン:批評エッセイ集。ニュージャージー州イングルウッドクリフ:プレンティスホール。 1974.

デビッドリーミング. ジェイムズボールドウィン。マイケルジョセフ。 1994。 445pp。

スタンリーマセブ. ジェイムズボールドウィン:批判的研究。ニューヨーク:ジョンオクパク出版社/サードプレス。 1973。 194pp。

D.クエンティンミラー. ジェイムズボールドウィンの再表示:見られないもの。テンプル大学プレス。 2000.

Jarub Moller Karin Moller. ジェイムズ・ボールドウィンのエッセイにおけるアイデンティティのテーマ:解釈。コロネットブックス株式会社。 1975。 186pp。

サーマンB.オダニエル. ジェイムズボールドウィン:批判的評価。ハワード大学プレス。 1977。 272pp。

ホレスA.ポーター. 火を盗む:ジェイムズ・ボールドウィンの芸術と抗議。コネチカット州ミドルタウン:ウェスリアン大学出版局。 1989.

ルイス・H・プラット. ジェイムズボールドウィン。トウェイン。 1978。 157pp。

リンオリラスコット. ジェイムズボールドウィンの後期フィクション:旅の証人。ミシガン州立大学出版局。 2002。 224pp。

Vahan Sewny. ジェームズマークボールドウィンの社会理論。ニューヨーク:オーガスタスM.ケリー。 1967。 93pp。

フレッドL.スタンドリーナンシーV.バート(編集者). ジェームズに関する批評エッセイ。 G. K. Hall&Company。 1988。 312pp。

ジェームズ・タッカッハ. ジェイムズボールドウィンの重要性。カリフォルニア州サンディエゴ:ルーセントブックス。 1997.

W.J.ウェザビー. ジェイムズボールドウィン:アーティストオンファイア。ロンドン:マイケルジョセフ。 1990。 412pp。


    イェール大学バイネッケレアブック&マニュスクリプトライブラリ

国立アフリカ系アメリカ人歴史文化博物館

以下は、別のデータベースまたは他の参考資料にこの名前が存在することを示す参考資料です。リストされているソースのほとんどは本質的に百科事典ですが、ミュージシャンや映画監督などの特定の分野に限定されている場合があります。ここにリストがないからといって、重要性がないことを示すわけではありません。プロジェクトのこの部分はまだ完成していませんが、多く表示されている場合は、この個人が広く認識されていることを示しています。


レビュー:第56巻-20世紀の歴史-歴史

世界の男性の推定6分の1が割礼を受けたにもかかわらず[1,2]、この最も興味深い手術がどこで、なぜ始まったのかは長い間忘れられてきました。この手順は、宗教的、文化的、および医学的な理由で実行されましたが、最後の手順は、19世紀の現代の外科手術の台頭以来​​流行になっています。したがって、手術の適応症は、その日の傾向に応じて表面化し、水没し、変化しました。このレビューでは、割礼の起源を探り、イベントが「医療化」されてから進化した技術と論争について説明します。

人類学者は割礼の起源について同意していません。イギリスのエジプト学者であるグラハム・エリオット・スミス卿は、それが「ヘリオリシック」文化の特徴の1つであり、約15000年以上前に世界中に広まったと示唆しました。他の人々は、それが確かにいくつかの異なる文化の中で独立して始まったかもしれないと信じています、コロンバスが「新世界」に住んでいるのを見つけた先住民の多くは割礼を受けました。しかし、割礼は、私たちが知る限り、近東、アフリカの部族全体、インドと東南アジアのイスラム教徒の間、そしてオーストラリアのアボルジネスによって行われていたことが知られています。初期のエジプトのミイラ(紀元前1300年)は割礼を受けており、エジプトの壁画はそれがそれより数千年早く慣習的であったことを示しています[3,4]。

一部のアフリカの部族では、割礼は出生時に行われます。ユダヤ人社会では、儀式は生後8日目に行われますが、イスラム教徒や多くの部族文化では、「通過儀礼」として成人初期に行われます。思春期または結婚。なぜ実践が進化したのかは明らかではなく、多くの理論が提案されています。 19世紀の歴史家は、儀式は古代の社会的統制の形態であると示唆しました。彼らは、出血や痛みを引き起こすために男性の陰茎を切り裂くことは、教会の力を彼に思い出させることであると考えています。儀式は警告であり、タイミングによって、新生児に対して誰に警告するかが決まります。教会に加入するのは両親です。「私たちはあなたではなく、私たちに属するあなたの息子に印を付けます」[5]。若い青年にとって、警告は、成長する力が独立を与える時期の思春期の拡大と、若者の反逆を伴います[6]。

心理学者はこの理論を拡張して、「痛みの刷り込み」の概念を取り入れました。脳への暴力をコード化することにより、子供と母親の絆が中断され、裏切りの感覚が乳児に植え付けられます。これらは、後の人生での子供の生存能力を高めるために必要な資質と見なされます[7]。確かに、これらの心理学理論のいくつかの要素は、最近、前向き臨床試験でテストされており、局所麻酔薬なしで割礼を受けた新生児は、4か月および6か月のワクチン接種を行うと痛みの反応が増加するという証拠があります[8]。

図1。 捕らえられたSchemiteの戦士は割礼を受けます。彫刻
J.Mullerによる。ウェルカムインスティテュートの許可を得て複製。

他の人々は、割礼は汚職または奴隷制のしるしとして生じたと信じています[1,9](図1)。古代エジプトでは、捕らえられた戦士は奴隷制に非難される前にしばしば切断されました。指の切断と去勢は一般的でしたが、罹患率が高く、奴隷としての結果としての価値は低下しました。しかし、割礼は、十分に屈辱的な妥協と同じように悪化し、進化しました。最終的に、これらの奴隷のすべての男性の子孫は割礼を受けました。フェニキア人、そして後に大部分が奴隷にされ、養子縁組され、割礼を儀式化されたユダヤ人。やがて、割礼はユダヤ教の宗教的慣習に組み込まれ、神と人との間の契約の外面的なしるしと見なされました(創世記XVI、図2)。

図2。 割礼は神と人との間の契約です。
ウェルカムインスティテュートの許可を得て複製。

割礼が進展した理由は他にもたくさんあります。入れ墨やピアスに似た文化的アイデンティティの印であると示唆する人もいます[3]。あるいは、儀式が豊穣儀礼として発展したと信じる理由があります[4]。たとえば、一部の部族文化が男性と女性の両方の手術に「季節」を割り当てることは、割礼が神への犠牲、豊作と引き換えに捧げ物などとして発展したという見解を支持しています。これは陰茎として合理的に見えるでしょう生命を生み出す力が明らかに住んでいます。確かに、ダーベストとの関係の証拠はニカラグアでも見られます。ニカラグアでは、手術からの血液がトウモロコシと混合され、式典中に食べられます[1,10]。 (図3)。割礼の本当の起源は決して知られていませんが、真実は記述されたすべての理論に部分的にある可能性があります。

図3 アテンダントは割礼用の血液を集めるのを待っています。これはトウモロコシと混ぜて収穫式で食べます。ウェルカムインスティテュートの許可を得て複製。

古代から中世まで

宗教的または文化的な力がこの慣習を推進したものは何でも、割礼杖の外科的側面への歴史的な手がかりは、医学のテキストを記録することによって見つけられます。ただし、このアプローチには限界があります。技術と実践者は多様であり、外科的執筆だけを研究することは、常に固有の論争の不完全な反映を提供します。さらに、古代に手術を行ったのは常に医師でしたか?おそらくそうではありません。聖書の時代には、新生児の儀式を行ったのは母親でした。徐々にモーヘールは、必要な外科的スキルと高度な宗教的知識を持っていた男性を引き継ぎました。祈りの後、モーヘールは乳児に割礼を施し、子供を祝福しましたが、今日の習慣はほとんど変わりませんでした[11](図4a-d)。古代エジプトの社会では、この手順は、親指の爪(多くの場合、金を染み込ませた)を持った司祭によって行われ、中世を通して、それは主に宗教的な男性の領域に保管されていたようです[12]。

図4。 (a)モーヘールは、指の爪で乳児を包囲します。 (b)古代の割礼ナイフ。コレクションプレートと律法の巻物(

300 AD)。 (c)啓蒙主義(1741)の楽器と神聖な物:ビストゥーリーの上、コレクションプレート、油注ぎ、包皮ホルダー。下:律法の巻物。 (d)モーヘールのポケットナイフ。すべてウェルカムインスティテュートの許可を得て複製。

テオドリック(1267)は、「黒いいぼと結節」の治療において「端部(陰茎)の除去」の必要性を示唆していますが、中世の医学書はほとんど手順を説明していません[13]。彼は確かにいくつかの陰茎の病理学の文脈で割礼を説明していたかもしれません。しかし、医師は19世紀後半まで割礼を行わなかった可能性があります。

19世紀初頭

包茎のための成人の割礼の簡単な説明は、19世紀初頭の教科書に現れ始めています。 Although the surgical techniques tend not to be described in detail, Abernathy (1928) [14] who was a reluctant surgeon) does report the use of the bistoury (knife) to achieve circumcision in men with `gonoccocal phimosis'. He also states that the bleeding should be `stanched with iodoform and boric', possibly indicating that sutures were not applied. Baillie (1833) [15] also describes gonococcal phimosis and recommends that the initial treatment is `nugatory' (inoperative) involving the washing of the penis (and under the prepuce with soap and tepid water, followed by the application of calomel ointment. Abernathy also warns against immediate circumcision in the face of a `morbidly sensitive surface' (and declares that Sir Edward Home agrees with him!). He advocates that the posthitis (inflamed foreskin) should be allowed to `soothe and allay' before surgical intervention. We can assume that the complications recognized by both Abernathy and Baillie were re-phimosis, re-stricture or suppuration what is clear is that circumcision was not a procedure taken lightly at that time. Interestingly, neither author mentions circumcision in the neonate, suggesting that it had not yet significantly entered the domain of English surgeons.

Mid-19th to early 20th century

By the middle of the 19th century, anaesthesia and antisepsis were rapidly changing surgical practice. The first reported circumcision in the surgical accounts of St Bartholomew's Hospital was in 1865 although this comprised only one of the 417 operations performed that year, it was clearly becoming a more common procedure [16]. Indeed, this was a time when surgical cures were being explored for all ails and in 1878 Curling described circumcision as a cure for impotence in men who also had as associated phimosis [17]. Many other surgeons reported circumcision as being beneficial for a diverse range of sexual problems [18]. Walsham (1903) re-iterates the putative association of phimosis with impotence and suggests that it may also predispose to sterility, priapism, excess masturbation and even venereal disease [19]. Warren (1915) adds epilepsy, nocturnal enuresis, night terrors and `precocious sexual unrest' to the list of dangers [20], and this accepted catalogue of `phimotic ills' is extended in American textbooks to include other aspects of `sexual erethisms' such as homosexuality [21,22].

Fig. 5. The scissor technique described by Sir Frederick Treves (1903). Reproduced from [23].

The turn of the 19th century was also an important time in laying the foundations of surgical technique. Sir Frederick Treves (1903) provides us with a comprehensive account of basic surgical principles that remain today [23]. Like most of his contemporaries, he used scissors to remove the prepuce (fig. 5) and describes ligation of the frenular artery as being `mandatory' in the adult. He also warns against the excess removal of skin, as this may lead to chordee.

Treves also maintains that the oppositional sutures of the skin edges must be of interrupted `fine catgut'. Other surgeons chose to use horse-hair or silk [19], but irrespective of variations in suturing materials, all were agreed that a continuous stitch should not be applied. One notable exception was the Master Technician and influential French Surgeon E. Doyen, who headed his own Institute of Surgical Excellence in Paris (L'Institut Doyen). Many foreign surgical trainees passed through his department, and together with his English collaborator H. Spencer-Browne, they described their antihaemorrhagic triradiate continuous circumcision suture line [24]. Three circular sutures of no. 1 silk were applied to achieve `coaptation' of the skin edges, each one third of the circumference of the glans. The ends were not tied so as to allow expansion of the space between the two skin layers if necessary (fig. 6a). A compressing piece of sterilized muslim was then wrapped over the entire distal penis, with a snug hole to allow for the passage of the glans (Fig. 6b). The sutures and the muslin were then removed after 3-5 days.

Fig. 6. (a) The triradiate continuous suture of Doyen (1920). (b) Compressive muslin dressing.

Such variations in suture application aimed at minimizing the most frequent immediate complication of haemorrhage. Indeed, the popular urological text of Charles Chetwood (1921) recommended leaving long interrupted horse-hair sutures so that compressive strips of iodoform and petroleum gauze could be securely tied down over the suture line (Fig. 7a). Variations on what became known as `chetwood's dressing' appeared as recently as Sir Alec Badenorch's Manual of Urology in 1953 (Fig 7b) [25]. This later text is also interesting in that measures to prevent haemorrhage within the first 24 h of surgery included the administration of stilboestrol to prevent erection of the penis. He recommended that this be given at a dose of 5 mg three times daily, beginning one day before surgery and continued for several days afterwards. He also advocated the use of bromide and chloral for similar reasons. It is also interesting that the 1974 edition of Badenoch's Manual no longer included this advice.

Fig. 7. Chetwood's lang horse-hair tethering sutures (1921) and (b) Chetwood's dressing. From [25]

Neonatal circumcision techniques have evolved in parallel. It is clear from most surgical texts that circumcision of the new-born had become a regular request for the surgeon by the later part of the 19th century. For instance, Jacobsen (1893) [26] warns of the importance of establishing a familial bleeding tendency from the mother before circumcision. He describes the case of four Jewish infants, each descended from a different grandchild of a common ancestress, all of whom died from haemorrhage after circumcision. Treves (1903) [23] and most other contemporary writers note that ligation of the frenular arteries is usually not necessary in the neonate and that bleeding can usually be controlled by simple pressure. Indeed it seems that `crush' with a clamp followed by preputial excision rapidly became the template for the operation in babies. As such, the last hundred years has seen the evolution of various crushing and clamping instruments to facilitate the procedure. Doyen (1920) [24] developed his écraseur for use in neonatal circumcision. The foreskin was crushed and cut in four separate manoeuvres with very little concomitant bleeding. He was so impressed with the efficacy of this instrument that he frequently used it for adult circumcisions without (he claimed) the need for additional sutures (Fig. 8a-c).

Fig. 8. (a) the Écraseur of Doyen (1920), with (b) and (c) showing the four-point crushing manoeuvre.

By the 1930s, many circumcision clamps were available for use in the new-born. Indeed, the use of such clamps prompted Thomson-Walker [27] to painstakingly warn of the dangers of injury to the glans when such clamps were used, and not surprisingly, more sophiticated tools were introduced to protect the penis. The prototype of the `Winkelman' was introduced in 1935 and its appearance has changed little today. (Fig. 9). However, concern not only over the dangers of neonatal circumcision, but also of the risks of neonatal anaesthesia lead to the development of the `Plastibell' device by the Hollister company in the 1950s (Fig. 10). Its use was first reported in 1956 [28] and several favourable reports followed [29,30]. With the exception of the occasional proximal migration of the ring [31,32], complications are few and the device remains in widespread popular use today. More recently plastic clamps with integral stell cutting blades have also been introduced [33]. These include instruments such as the Glansguard TM (Fig. 11) and many other clamps, e.g. the Gomco, Bronstein and Mogen variations, are used in different parts of the world.

Fig. 9. The `Winkelman' circumcision clamp. Reproduced with permission of Aescalup Surgical Products.

Fig. 10. The Plastibell TM device.

Alternative procedures

More than 2000 years of Jewish persecution has led to the development of alternative surgical procedures. Indeed, `uncircumcision as a measure to offset the oppression of Jews is cited in the Old Testament (I Maccabees 1:14-15) and surgical attempts to restore the prepuce have been well documented throughout history [17,34,35]. In modern times, this was no more true than during the period of Nazi terror, where clandestine recontructions were commonplace in a desperate attempt by Jewish men to avoid internment [36]. Relics of anti-Semitism are evident throughout history and even the statue of Michelangelo's David (a Jew), which was erected in Florence in 1504 was carved uncircumcised [37] (Fig. 12). Not surprisingly, contemporary operations to `stretch' the circumcised foreskin are recorded in early Renaissance Europe [34]. In more recent surgical times, surgeons were urged to develop alternative procedures to circumcision for men who required surgery for phimosis. Cloquet's `V' excision of the foreskin in 1900 was a popular means to retain a `cloak' of prepuce over the glans, yet still release the phimosis [38] In 1926, Young and Davies [39] described a preputial-plasty whereby a constricting band of the foreskin was incised and then closed by the Heinecke-Mikulicz principle (Fig. 13). Although not widely practised, this procedure has stood the test of time and recently was shown to be superior to circumcision in a comparative study [40].

Fig. 11. The glansguard TM device

Recurrent paraphimosis has long been held to be an indication for circumcision. In most circumstances, it can be reduced by manipulation, and circumcision performed electively later. However, Walsham (1903) [19] recommended an alternative approach whereby acute division of the paraphimotic band was all that was necessary. He suggested that in the presence of such an oedematous prepuce, the phimotic band would heal with less constriction, and that delayed circumcision would not be required (Fig. 14). Young and Davies also described a similar procedure whereby a preputial-plasty was performed on the constricting band during the acute oedematous phase the prepuce was reduced and the need for a circumcision negated (Fig. 15). It is interesting that a `re-invention' of this operation has recently been reported [41].

Understanding the prepuce

It is surprising that despite the many billions of foreskins that have been severed over thousands of years, it is only recently that efforts have been made to understand the prepuce. The first adequate embyrological description of preputial development was published in the 1930s [42]. It was realized that the formation of the preputial space occurred by patch desquamation of the epithelial cells which were contiguous between the glans and the prepuce, a process not necessarily complete by birth [43]. Indeed the first study to address this question was the influential landmark report of Douglas Gairdner in 1949 [44]. He concluded that only 4% of foreskins were fully retractile at birth, yet 90% were so by the age of 3 years. Of these remaining foreskins, most could be rendered retractile by gentle manipulation. Recent studies have suggested that by the age of 17 years, only 1% remain unretractile [45]. However, the importance of Gairdner's paper was that he was one of the first people to ascribe a function to the prepuce. Previous medical texts are notable for their absence of comment and some even describe the prepuce as a vestigial structure [20,21,46]. Gairdner made the astute observations that the slow period of preputial development corresponded with the age of incontinence. He felt that the prepuce had a protective role and noted that meatal ulceration only occurred in circumcised boys. Recently, a doctor writing anonymously in the BMJ provided an analogy suggesting that the prepuce is to the glans what the eyelid is to the eye [47].

Fig. 12. Michelangelo's David, uncircumcised (inset)

Fig. 13. The preputial-plasty of Young and Davies [39].

To date, a more definite function cannot be ascribed to the prepuce, but as an accessible and ready source of fibroblasts, it has become a favourite tissue reservoir for cell-culture biologists and hence basic scientific research. From this wealth of disparate information, it is clear that the foreskin is an androgen-dependent structure [48] with complex intradermal enzyme systems. These confer upon it a wide range of metabolic functions, including the differential metabolism of various prostaglandins which are copiously produced throughout the male and female genital tract [49]. Certainly, it can be anticipated that many other biochemical functions will be defined in the years to come a vestigal structure it almost certainly is not [50].

Fig. 14. The paraphimotic-plasty of Walshame (1903) [19].

Fig. 15. Acute division of the phimotic band in paraphimosis [39].

Notwithstanding the relative disinterest over the function of the prepuce, no other operation has been surrounded by controversy so much as circumcision. Should it be done, then when, why, how and by whom? Religious and cultural influences are pervasive, parental confusion is widespread and medical indications shift with the trends of the day. Doctors divide into camps driven by self-interest, self-righteousness and self-defence. It is not surprising that some of the most colourful pages in the medical literature are devoted to the debate. For instance in 1950, Sir James Spence of Newcastle upon Tyne responded to the request from a local GP as follows:

Literary assaults such as these have served to fuel the debates and even a Medline ® search today reveals that in the last year alone, 155 reviews or letters have been published arguing for or against routine circumcision. However, studying the evolution of the medical indications provides us with a pleasing demonstration of how controversy drives scientific enquiry. We have already described how the surgeons of 100 years ago advocated circumcision for a wide variety of conditions, such as impotence, nocturnal enuresis, sterility, excess masturbation, night terrors, epilepsy, etc. There can be no doubt that a large element of surgical self-interest drove these claims. However, most of the contemporary textbooks also included epithelioma (carcinoma) of the penis amidst the morass of complications of phimosis. Although rare, once this observation had been made, it presumably filtered down through the textbooks by rote, rather than scientific study. A few reports had appeared in the early 20th century indicating that carcinoma of the penis was rare in circumcised men, but not until the debate over neonatal circumcision erupted in the medical press in the 1930s that this surgical `mantra' was put to the test. In 1932, the editor of the Lancet challenged Abraham Wolbarst [52], a New York urologist, to prove his contention (in a previous Lancet editorial), that circumcision prevented penile carcinoma. Wolbarst responded by surveying every skin, cancer and Jewish hospital in the USA, along with 1250 of the largest general hospitals throughout the Union. With this survey, he was able to show that penile cancer virtually never occurred in circumcised men and that the risk related to the timing of the circumcision. Over the years this association has been reaffirmed by many research workers, although general hygiene, demographic and other factors such as human papilloma virus and smoking status are probably just as important [53]. However, Wolbarst established that association through formal scientific enquiry and proponents of the procedure continue to use this as a compelling argument for circumcision at birth.

Almost as an extension to the lack of penile cancer in Jews, Handley [54] reported on the infrequency of carcinoma of the cervix in Jewish women. He suggested that this related to the fact that Jewish men were circumcised. Not surprisingly, this spawned a mass of contradictory studies and over the next 50 years the champions of both camps have sought to establish the importance or irrelevance of circumcision in relation to penile cancer. The pendulum has swung both ways and the current evidence suggests that other factors are probably more important [55,56]. A similar debate has raged for 50 years over concerns for the risks of urinary tract infections in young boys and currently, any decreased risk associated with circumcision remains tentative but not proven [56].

However, during the two World Wars, governments became increasingly interested in reducing the risk of venereal disease amongst their soldiers. Clearly, such pathology can have a profound effect on the efficiency of fighting armis. Indeed, in 1947 the Canadian Army [57] found that whereas 52% of their soldiers had foreskins intact, 77% of those treated for venereal disease were uncircumcised. Persuasive arguments to circumcise all conscripts were proposed. Furthermore, it was an age-old observation, and indigenous African healers had promoted circumcision to prevent the transmission of sexually transmitted disease for centuries [58]. As might be expected, the evidence did not withstand further scientific scrutiny and numerous contradictions were provided [56] However, there has recently been startling evidence that HIV infection is significantly associated with the uncircumcised status [59]. Indeed, one author has recently suggested routine neonatal circumcision on a world-wide scale as a long-term strategy for the control of AIDS [60]: a whole new chapter opens in this ancient debate!

Finally, controversy has arisen over who should perform the procedure. Once circumcision had been `medicalized' in the 19th century, many surgeons were keen to take paying customers away from the religious men. As such, doctors were often quick to highlight the unforseen risks attendant on a non-medical procedure. For instance, Cabot (1924) [61] described tuberculosis of the penis occurring when Rabbis with infected sputum sucked on the baby's penis to stop the bleeding. However, it has often been claimed that the incidence of complications in Jewish children is very low and that the final result is usually better than any hospital doctor can produce [62, 63]. Naturally, quality control is variable and whereas not all commentators have had such respect for the religious men [64,65], others have been quick to indicate the sub-optimal results frequently obtained in hospital [29]. Not surprisingly, disastrous accounts damning practitioners from all quarters have embellished the literature on countless occasions. Irrespective, the circumcision of young boys has become a thriving business for all parties [66].

However, with a healthcare budget of $140 million per year in the USA (1990) [67], insurance companies eventually forced closer scrutiny. Following such pressure, the first Task Force of Neonatal Circumcision from the American Academy of Pediatrics (1n 1975) concluded that there was no valid medical indication for this procedure [68]. However, the pro-circumcision lobby was strong and the task force was forced to re-evaluate. In 1989, they conceded that there may be certain advantages to neonatal circumcision, although their recommendations did stop short of advising routine operation [56]. Similar pressures in the UK have now resulted in only certain Health Authorities being prepared to pay for the procedure. These tend to be in regions with large ethnic minorities who otherwise may suffer form `back street' circumcisions [62, 64].

Thus it is clear that medical trends are now being driven by financial constraints. Perhaps this is reflected by the dramatic decline in the number of non-religious circumcisions performed over the last half century in the USA an estimated 80% of boys were circumcised in 1976 [69] but by 1981 this had fallew to 61% [67], and recent estimates suggest that this decrease continues [70]. In the UK the decline has been even more dramatic: originally more common in the upper classes [44], circumcision rates fell from 30% in 1939 to 20% in 1949 and 10% by 1963. By 1975 only 6% of British schoolboys were circumcised [71] and this may well have declined further [63]. Whether this general trend reflects a tempering of attitudes towards the persuasive medical rhetoric that has simmered for the past 100 years, or whether financial considerations have dampened enthusiasm, is unknown. Perhaps the First World cultures are witnessing an escape from the medical paternalism that has gripped them for so long, or even that the age-old ritual is simply no longer fashionable in modern peoples again, it is unknown. However, whatever the current trend, ebbing or flowing, we can be sure that the controversies of circumcision will continue to colour the medical literature, far into the future.

Many historical accounts of circumcision have been written and most authors have used their survey to form an opinion as to whether the neonatal procedure is justified. The weak medical arguments are tempered by the importance of cultural and religious factors. In truth, the real reasons why circumcision has evolved are much broader. Opponents of the ritual draw attention to the `rights' of the new-born, which, they argue, mut be upheld [66]. Others contest that humans are social animals and cannot survive alone they require their parents, community and culture to thrive, and, as such, `rights' belong to the group, not to the individual. If there is an inherent survival advantage to a group of humans who chose to maim their young, then this is presumably evidenced by their continued survival as a race [11]. In short, to conclude any historical reflection with a reasoned `right' or `wrong', would be like claiming to have fathomed human nature itself. Consider this mankind has developed this strange surgical signature that is so pervasive, that in the last five minutes alone, another 120 boys throughout the world have been circumcised.


History of Philosophy and Conceptual Cartography



This site uses cookies and Google Analytics (see our terms & conditions for details regarding the privacy implications).

Use of this site is subject to terms & conditions.
All rights reserved by The PhilPapers Foundation

Page generated Mon Jun 28 03:53:31 2021 on philpapers-web-b76fb567b-rs8fp Debug information

cache stats: hit=22052, miss=24471, save=
autohandler : 546 ms
called component : 529 ms
entry : 529 ms
similar_entries : 341 ms
entry_basics : 89 ms
entry-header : 67 ms
menu : 65 ms
citations-references : 41 ms
citations-citations : 15 ms
entry_stats : 11 ms
get_entry : 9 ms
entry-cats : 9 ms
entry-links : 6 ms
prepCit : 4 ms
entry-side : 3 ms
entry_chapters : 2 ms
writeLog : 2 ms
entry_stats_query : 2 ms
save cache object : 0 ms
init renderer : 0 ms
retrieve cache object : 0 ms
setup : 0 ms
entry-profiles : 0 ms
auth : 0 ms
entry-buttons : 0 ms
stat_db : 0 ms


PBS FRONTLINE - Waco: The Inside Story (1995) [00:59:56]

Ladies and gentlemen, I give you, the new head of the ATF.

The same David Chipman who claimed in a reddit ama that the Branch Davidians used Browning .50 caliber machine guns to shoot down two military helicopters even though this event never happened?

David Chipman, one of the ATF agents present at the ruby ridge massacre where agents entrapped a man into creating illigal sawed off shotguns, then murdered several of his family members including his unarmed wife.

David Chipman who advocates for vastly overstepping gun controls laws, and claims that anyone who has bought a gun in the last 2 years is just a neckbeard "obsessed with the zombie apocalypse"

Yeah he seems like the perfect choice as the head of a government agency that is meant to non-biasly enforce federal laws, but instead has a history of unilaterally changing them on a whim. I'm sure nothing could possibly go wrong here.


コンテンツ

Oral tradition Edit

One telling of Hadza's oral history divides their past into four epochs, each inhabited by a different culture. According to this tradition, in the beginning of time the world was inhabited by hairy giants called the akakaanebee "first ones" or geranebee "ancient ones". NS akakaanebee did not possess tools or fire they hunted game by running it down until it fell dead they ate the meat raw. They did not build houses but slept under trees, as the Hadza do today in the dry season. In older versions of this story, fire was not used because it was physically impossible in the earth's primeval state, while younger Hadza, who have been to school, say that the akakaanebee simply did not know how.

In the second epoch, the akakaanebee were succeeded by the xhaaxhaanebee "in-between ones", equally gigantic but without hair. Fire could be made and used to cook meat, but animals had grown more wary of humans and had to be chased and hunted with dogs. NS xhaaxhaanebee were the first people to use medicines and charms to protect themselves from enemies and initiated the epeme rite. They lived in caves.

The third epoch was inhabited by the people of hamakwanebee "recent days", who were smaller than their predecessors. They invented bows and arrows, and containers for cooking, and mastered the use of fire. They also built huts like those of Hadza today. The people of hamakwabee were the first of the Hadza ancestors to have contact with non-foraging people, with whom they traded for iron to make knives and arrowheads. They also invented the gambling game lukuchuko.

The fourth epoch continues today and is inhabited by the hamayishonebee "those of today". When discussing the hamayishonebee epoch, people often mention specific names and places, and can approximately say how many generations ago events occurred. [19]

Archaeology and genetic history Edit

The Hadza are not closely related to any other people. The Hadza language was once classified with the Khoisan languages because it has clicks however, since there is no evidence they are related, Hadza is now considered an isolate. [20] Genetically, the Hadza do not appear to be particularly closely related to Khoisan speakers: even the Sandawe, who live just 150 kilometres (93 mi) away, diverged from the Hadza more than 15,000 years ago. Genetic testing also suggests significant admixture has occurred between the Hadza and Bantu, while minor admixture with the Nilotic and Cushitic-speaking populations has occurred in the last few thousand years. [2] Today, a few Hadza women marry into neighbouring groups such as the Bantu Isanzu and the Nilotic Datoga, but these marriages often fail and the woman and her children return to the Hadza. [21] In previous decades, rape or capture of Hadza women by outsiders seems to have been common. [22] During a famine in 1918–20 some Hadza men were reported as taking Isanzu wives. [21]

The Hadza's ancestors have probably lived in their current territory for tens of thousands of years. Hadzaland is just 50 kilometres (31 mi) from Olduvai Gorge, an area sometimes called the "Cradle of Mankind" because of the number of hominin fossils found there, and 40 kilometres (25 mi) from the prehistoric site of Laetoli. Archaeological evidence suggests that the area has been continuously occupied by hunter gatherers much like the Hadza since at least the beginning of the Later Stone Age, 50,000 years ago. Although the Hadza do not make rock art today, they consider several rock art sites within their territory, probably at least 2,000 years old, to have been created by their ancestors, and their oral history does not suggest they moved to Hadzaland from elsewhere. [23]

Precolonial period Edit

Until about 500 BCE, Tanzania was exclusively occupied by hunter-gatherers akin to the Hadza. The first agriculturalists to enter the region were Cushitic-speaking cattle herders from the Horn of Africa. Around 500 CE the Bantu expansion reached Tanzania, bringing populations of farmers with iron tools and weapons. The last major ethnic group to enter the region were Nilotic pastoralists who migrated south from Sudan in the 18th century. [26] Each of these expansions of farming and herding peoples displaced earlier populations of hunter-gatherers, who would have generally been at a demographic and technological disadvantage, and vulnerable to the loss of environment resources (i.e., foraging areas and habitats for game) as a result of the spread of farmland and pastures. [27] Therefore, groups such as the Hadza and the Sandawe are remnants of indigenous hunter-gatherer populations that were once much more widespread, and are under pressure from the continued expansion of agriculture into areas which they have traditionally occupied.

Farmers and herders appeared in the vicinity of Hadzaland relatively recently. The pastoralist Iraqw and Datoga were both forced to migrate into the area by the expansion of the Maasai, the former in the 19th century and the latter in the 1910s. The Isanzu, a Bantu farming people, began living just south of Hadzaland around 1850. The Hadza also have contact with the Maasai and the Sukuma west of Lake Eyasi. The Hadza's interaction with many of these peoples has been hostile. In particular, the upheavals caused by the Maasai expansion in the late 19th century caused a decline in the Hadza population. Pastoralists often killed Hadza as reprisals for the "theft" of livestock, since the Hadza did not have the notion of animal ownership, and would hunt them as they would wild game. [12]

The Isanzu were also hostile to the Hadza at times, and may have captured them for the slave trade until as late as the 1870s (when it was halted by the German colonial government). Later interaction was more peaceable, with the two peoples sometimes intermarrying and residing together, though as late as 1912, the Hadza were reported as being "ready for war" with the Isanzu. The Sukuma and the Hadza had a more amiable relationship the Sukuma drove their herds and salt caravans through Hadza lands, and exchanged old metal tools, which the Hadza made into arrowheads, for the right to hunt elephants in Hadzaland. The general attitude of neighbouring agro-pastoralists towards the Hadza was prejudicial they viewed them as backwards, not possessing a "real language", and made up of the dispossessed of neighbouring tribes that had fled into the forest out of poverty or because they committed a crime. Many of these misconceptions were transmitted to early colonial visitors to the region who wrote about the Hadza. [13]

20th century Edit

In the late 19th century, European powers claimed much of the African continent as colonies, a period known as the Scramble for Africa. The Hadza became part of German East Africa, though at the time the colony was proclaimed there is no evidence that Hadzaland had ever been visited by Europeans. The earliest mention of the Hadza in a written account is in German explorer Oscar Baumann's Durch Massailand zur Nilquelle (1894). The Hadza hid from Baumann and other early explorers, and their descriptions are based on second hand accounts.

The first Europeans to report actually meeting the Hadza are Otto Dempwolff and Erich Obst. The latter lived with them for eight weeks in 1911. German Tanganyika came under British control at the end of the First World War (1917), and soon after the Hadza were written about by British colonial officer F. J. Bagshawe. The accounts of these early European visitors portray the Hadza at the beginning of the 20th century as living in much the same way as they do today. Early on Obst noted a distinction between the 'pure' Hadza (that is, those subsisting purely by hunting and gathering) and those that lived with the Isanzu and practised some cultivation.

The foraging Hadza exploited the same foods using many of the same techniques they do today, though game was more plentiful because farmers had not yet begun directly encroaching on their lands. Some early reports describe the Hadza as having chiefs or big men, but they were probably mistaken more reliable accounts portray early 20th century Hadza as egalitarian, as they are today. [13] They also lived in similarly sized camps, used the same tools, built houses in the same style and had similar religious beliefs. [15]

The British colonial government tried to make the Hadza settle down and adopt farming in 1927, the first of many government attempts to settle them. The British tried again in 1939, as did the independent Tanzanian government in 1965 and 1990, and various foreign missionary groups since the 1960s. Despite numerous attempts, they proved to be a failure in the long run generally the Hadza willingly settle and take advantage of provided food, but leave and return to foraging when the food stocks runs out few have permanantly adopted farming. Another problem is disease – because their communities are sparse and isolated, few Hadza are immune to common infectious diseases such as measles, which thrive in sedentary communities, and several settlement attempts ended with outbreaks of illness resulting in many deaths, particularly of children.

Of the four villages built for the Hadza since 1965, two (Yaeda Chini and Munguli) are now inhabited by the Isanzu, Iraqw and Datoga. Another, Mongo wa Mono, established in 1988, is sporadically occupied by Hadza groups who stay there for a few months at a time, either farming, foraging or taking advantage of food given to them by missionaries. At the fourth village, Endamagha (also known as Mwonyembe), the school is attended by Hadza children, but they account for just a third of the students there. Numerous attempts to convert the Hadza to Christianity have also been largely unsuccessful. [14]

Tanzanian farmers began moving into the Mangola area to grow onions in the 1940s, but came in small numbers until the 1960s. The first German plantation in Hadzaland was established in 1928, and later three European families settled in the area. Since the 1960s, the Hadza have been visited regularly by anthropologists, linguists, geneticists and other researchers. [28]

Present Edit

In recent years, the Hadza's territory has seen increasing encroachment from neighbouring peoples. The western Hadza lands are now a private hunting reserve, and the Hadza are officially restricted to a reservation within the reserve and prohibited from hunting there. The Yaeda Valley, long uninhabited due to the tsetse fly, is now occupied by Datooga herders, who are clearing the Hadza lands on either side of the now fully settled valley for pasture for their goats and cattle. The Datooga hunt out the game, and their land clearing destroys the berries, tubers, and honey that the Hadza rely on, along with watering holes for their cattle causing the shallow watering holes the Hadza rely on to dry up. [16] Most Hadzabe are no longer able to sustain themselves in the bush without supplementary food such as ugali.

After documentaries on the Hadza on PBS and the BBC in 2001, the Mang'ola Hadza have become a tourist attraction. Although on the surface this may appear to help the Hadzabe, much of the money from tourism is allocated by government offices and tourism companies rather than going to the Hadzabe. Money given directly to Hadzabe also contributes to alcoholism and deaths from alcohol poisoning have recently become a severe problem, further contributing to the loss of cultural knowledge. [17]

In 2007, the local government controlling the Hadza lands adjacent to the Yaeda Valley leased the entire 6,500 square kilometres (2,500 sq mi) of land to the Al Nahyan royal family of the United Arab Emirates for use as a "personal safari playground". [18] Both the Hadza and Datooga were evicted, with some Hadza resisters imprisoned. However, after protests from the Hadza and negative coverage in the international press, the deal was rescinded. [29]


ビデオを見る: ホモデウスホモデウス下巻 ユヴァルノアハラリの解説要約人類の進化で価値観が変わる今宗教革命が起きてる人の仕事がなくなるオーディオブックビジネス書レビューオーディブル


コメント:

  1. Cornelius

    あなたはよく書いています!同じ精神で続けます

  2. Nell

    Sorry to interrupt you, there is a proposal to take a different path.

  3. Woudman

    あなたの考えは素晴らしいです

  4. Bevin

    彼はコメントを控える。

  5. Arfan

    どんな言葉...スーパー

  6. Goltirisar

    はい、正確に。

  7. Spenser

    ひどいターンをします。

  8. Lindly

    私の意見では、あなたは間違いを認めます。私はそれについて話し合うことを申し出ます。

  9. Farnall

    こんにちは、私と同じ目的のためにここに集まったこのブログの親愛なるユーザー。同様のトピックに数十のサイトを登ったので、私はこの特定のブログを選ぶことにしました。このトピックを好む人にとって最も有能で有用な人だと思います。私はここで私の同僚の多く、そしてもちろん多くの有益な情報を見つけたいと思っています。私をサポートし、将来私をサポートしてくれたすべての人に感謝します!



メッセージを書く