ロッキードC-140ジェットスター(T-40 / UV-1)

ロッキードC-140ジェットスター(T-40 / UV-1)

ロッキードC-140ジェットスター(T-40 / UV-1)

ロッキードC-140は、航空機の当初の軍事要件が取り消された後、貨物機として注文された少数のロッキードジェットスターに与えられた指定でした。

1950年代半ば、USAFは、第二次世界大戦中に生産された大量の輸送機に依然依存しており、代替機の開発に資金を提供する予算がありませんでした。この障害を乗り越えるために、USAFは2つの仕様、小さなユーティリティトレーナー実験(UTX)と大きなユーティリティ輸送実験(UCX)を作成し、予算が改善されたら、これらの仕様に一致する既存の航空機を購入することを約束しました。

航空機メーカーにとっての問題は、これらの航空機の開発に自ら資金を提供しなければならないことでした。北米はより安価なUTXに焦点を合わせることにしましたが、マクドネルとロッキードは両方ともUCXを選びました。ロッキードCL-329の作業は、1957年の初めに始まり、ケリー・ジョンソンが担当しました。得られた航空機は、14人の乗客または5,000ポンドの貨物を運ぶことができるかなり小さなツインエンジンのジェット動力輸送機でした。エンジンは、リアジェットで有名になった構成で、後部胴体の両側のポッドに取り付けられました。主翼は低く取り付けられて後方に後退し、水平尾翼は垂直尾翼の低い位置に取り付けられました。

プロジェクトはエンジンの問題に悩まされていました。ツインエンジンレイアウトが好まれましたが、適切な出力のアメリカ製のエンジンは利用できませんでした。その結果、ロッキードはブリストルオルフェウスを選択しました。ブリストルオルフェウスは、ライトTJ37としてライセンス生産を開始しようとしていました。プロトタイプは、英国製のOrpheus 1/5ターボジェットを使用し、それぞれが4,850lbの推力を提供しました。結局、このエンジンはライセンス生産に移行せず、ロッキードは代替品を探すことを余儀なくされました。

最初のプロトタイプは1957年9月4日に初飛行を行いました。しかし、この時点でUSAFの予算は削減されていたため、UCXには関心がなくなりました。プロトタイプCL-329は1958年に販売キャンペーンに参加しましたが、これは民間航空機の注文を削減する不況と衝突しました。これらの問題にもかかわらず、1958年10月にロッキードはUSAFクルートレーナーコンペティションで優勝し、空軍はジェットスターをT-40A-LMとして購入するつもりであると発表しました。 1958年11月、ロッキードはこのタイプをジェットスターとして生産することを決定しました。その後まもなく、空軍は考えを変え、代わりにT-39としてより安価な北米のNA-246を注文しました。

この打撃に続いて、オルフェウスエンジンが失われました。ロッキードは代わりに4つのエンジン構成を採用することを余儀なくされ、後部胴体の両側のポッドに2つのエンジンがありました。一連のエンジンがテストされ、プラット・アンド・ホイットニーJT12Aが最終的に航空機に選択されました。 1959年に、ロッキードはカナダ政府からいくつかの民間注文と29機の航空機の注文を含むこのタイプの注文を受け取り始めました。

最初の確固たる米軍命令は1960年に行われ、軍事航法援助施設の校正に使用される5台のC-140A-LMに対するものでした。海軍も2機のCV-1を注文しましたが、この注文は後でキャンセルされました。

航空機は、ジェットスター6をはじめ、多くの民間バージョンで製造されました。これは、4つのJT12A-6または6Aエンジンを搭載し、通常は10人の乗客と2人の乗組員を乗せていました。最初の生産航空機は1960年に飛行し、80機が製造されました。次はジェットスター8で、3,300ポンドの推力JT12A-8ターボジェットが4機搭載され、そのうち66機が製造されました。 JetStar 731は、AiResearch AviationCompanyによってターボファンエンジンを使用するように変更された航空機に付けられた指定です。 JetStar IIは、JetStar731と同じターボファンを使用したロッキード製バージョンでした。最後のJetStarIIは1980年に製造され、合計204機が完成しました。

ミリタリーバージョン

C-140A-LM

最初の5機の軍用機は、航法援助施設を調整するために設計されました。配達は1961年9月に始まり、空軍通信サービスの1866回目のフライトチェックフライトで使用されました。これらは、A-6ターボジェットの軍用バージョンである4つの3,000ポンドのプラットアンドホイットニーJ60-P-5エンジンを搭載していました。彼らは20年以上サービスを続けました。

C-140B-LM

この指定は、旅客と貨物の構成間で変換できるユーティリティ輸送機として注文された5機の航空機に与えられました。これはUSAFによって注文された航空機の最後のバージョンでしたが、最初に就役し、1961年4月に最初の航空機が到着しました。就役するとすぐにVC-140B標準にアップグレードされました。

VC-140B-LM

アンドリュース空軍基地に本拠を置く第1254エアトランスポートウィング、特別航空ミッションによって運用される、さらに6機の輸送機がVIPトランスポートとして注文されました。 8台のVC-140BとC-140Bは、1986年にガルフストリームC-20AとゲイツリアジェットC-21Aに置き換えられたときにまだ使用されていました。

C-140C-LM

C-140Cは、1962年9月に2台のUV-1に付けられた名称です。

UV-1

アメリカ海軍は、1960年にスタッフ輸送機として使用するために2機のジェットスターを注文しました。航空機が配達される前に注文はキャンセルされました。

C-140B
エンジン:4つのプラットアンドホイットニーJ60-P-5ターボジェット
パワー:各3,000ポンド
乗組員:2
翼幅:53フィート8インチ
長さ:60フィート5インチ
高さ:20フィート6インチ
空の重量:19,302lb
積載重量:39,288lb
最大重量:42,000ポンド
最高速度:36,000フィートで573mph
巡航速度:507mph
上昇限度:38,000フィート
通常の範囲:2,220マイル
最大範囲:2,345マイル