コネチカット

コネチカット

元々の13植民地の1つであり、ニューイングランドの6つの州の1つであるコネチカットは、国の北東の隅にあります。当初は農業コミュニティでしたが、19世紀半ばまでに、繊維と機械の製造が支配的な産業になりました。コネチカット州のイーライホイットニーとサミュエルコルトの本拠地は、銃やその他の武器の大手メーカーでした。今日、コネチカットは、北はマサチューセッツ州、東はロードアイランド州、南はロングアイランド湾、西はニューヨーク州と国境を接する、大西洋岸沿いの大都市産業複合体の真っ只中にあります。州の中央北部にあるハートフォードが首都です。州はほぼ長方形の形をしており、ニューヨークとの国境の南西にパンハンドルが伸びています。地域では、米国で3番目に小さい州ですが、人口密度が最も高い州の1つです。州の最大の東西の長さは約110マイルであり、その南北の最大範囲は約70マイルです。コネチカットの名前は、「長い潮の川の土地」を意味するアルゴンキン語に由来しています。 「NutmegState」、「Constitution State」、「Land of Steady Habits」はすべて、コネチカットに適用されているニックネームです。

州の日付: 1788年1月9日

資本: ハートフォード

人口: 3,574,097 (2010)

サイズ: 5,544平方マイル

ニックネーム:憲法国家; Nutmeg州;安定した習慣の土地;規定の状態

モットー: Qui Transtulit Sustinet(「移植した彼はまだ持続している」)

木: ホワイトオーク

花: マウンテンローレル

鳥: アメリカンロビン

興味深い事実

  • 基本命令は、1639年にアメリカ植民地によって採択された最初の憲法でした。それは、新しく形成された政府の構造と境界を確立し、自由人が公務員を選出する権利を確保しました。 。
  • 1687年にエドマンドアンドロス卿がジェームズ2世の命令によりコネチカットの勅許状を押収しようとしたときに発生したろうそくの明かりで争われたとき、明かりが消え、勅許状は混乱の中で安全に運ばれました。キャプテンジョセフワズワースは、自由の象徴となり、後に公式の州の木となった壮大なホワイトオークの木の中にチャーターを隠しました。
  • ベネディクト・アーノルドは、イギリス軍との金銭と指揮と引き換えにウェストポイントのポストを引き渡すためにイギリス人と共謀した後、「裏切り者」という言葉の代名詞になりました。コネチカット州ノーウィッチで生まれました。 1781年、彼はコネチカット州ニューロンドンを荒廃させたグロトンハイツの戦いでイギリス軍を率いた。
  • コネチカットの旧州議会議事堂の建設は1796年に完了しました。1814年にハートフォード会議が開催されました。ハートフォード会議では、憲法改正案の7つの採択が不合理であると多くの人が考えました。
  • コネチカット州とロードアイランド州は、アルコールの製造、販売、輸送を禁止した修正第18条の批准に失敗した唯一の2つの州でした。
  • 世界初の原子力潜水艦であるUSSノーチラスは、1952年から1954年にかけてコネチカット州グロトンに建造されました。前任のディーゼル電気艦よりもはるかに大きく、20ノットを超える速度で移動し、原子エンジンによりほぼ無期限に潜水艦を維持できました。非常に少量の核燃料のみを必要とし、空気は必要ありませんでした。 25年間の勤務の後、ノーチラス号は廃止され、グロトンでの展示として一般に公開されました。
  • 1776年にイギリス人に絞首刑にされたコネチカット生まれの革命的な兵士でスパイのネイサンヘイルは、1985年にコネチカットの公式の国家英雄になりました。

フォトギャラリー






コネチカット—歴史と文化

ヤンキーの自己決定の精神は、13の強力な植民地が同盟を結んだ1600年代と同じように、コネチカットの大部分を依然として支配しています。州は、賑やかな港とたくさんの産業で、早い段階でその栄光を楽しんでいました。コネチカットの植民地時代の顔を体験するには、内陸の小さな歴史的な町に足を踏み入れるか、海岸に沿ってクルーズして、18世紀以来ほとんど何も変わっていないことを確認する必要があります。

歴史

コネチカットは13の最初のアメリカ植民地の1つであり、1637年に自治を確立しました。最初のイギリス人入植者はマサチューセッツ州のベイ植民地とプリマス植民地から内陸に移動し、ウィンザー(1633)、ウェザーズフィールド(1634)、ハートフォード(1634)の町を設立しました。 1636)。

ピクォート戦争は、ネイティブアメリカンの部族とヨーロッパ人の間の最初の大きな紛争でした。ヨーロッパ人によってもたらされた天然痘の発作と地域貿易の圧力により、ピクォート族はウェザーズフィールドを攻撃しました。報復として、イギリス人入植者は部族全体を虐殺し、肥沃な川の谷に沿って彼らの居住地をさらに拡大し始めました。

1662年、コネチカット植民地はイギリスから勅許状を取得しました。アメリカ独立戦争の間、内部の戦いに苦しんでいなかったのは13の唯一の植民地でした。コネチカットは、1781年にベネディクトアーノルドがグロトンとニューロンドンを攻撃したときを除いて、戦争中にほとんど行動を起こしませんでした。

新しい連邦アメリカの初期の頃、コネチカットは拠点でした。ミスティックハーバーのような港が商業で活況を呈し、繊維産業が出現したため、州は1800年代初頭に大いに繁栄しました。コネチカットの住民はニューイングランドのヤンキー労働倫理を体現し、彼らの州は一流の発明家や革新者を魅了しました。

18世紀と19世紀は、コネチカットの黄金時代でした。南北戦争後、経済は完全に工業生産に依存し続けました。大恐慌が襲ったとき、コネチカットは実際に回復することはありませんでした。その町や都市は、今日でも続く不振に陥りました。 1980年代に、地元のピクォート族は祖先の土地の一部を取り戻し、1992年にフォックスウッズカジノをオープンしました。ゲームからの収益により、ピクォートはアメリカで最も繁栄している部族の1つになりました。

文化

コネチカットの本当の魅力は、主要な大都市がないことにあります。海岸沿いには、ミスティックハーバーやマディソンなどの伝統的な港が素晴らしい歴史的な海洋環境を提供しています。内陸部の川の谷には、裕福な新参者、芸術家、職人によって活性化された植民地時代の町が点在しています。州には、特に骨董品に執着している人々のために、無数の旅行先があります。

州は表面上明らかな経済を持っていないように見えますが、観光客のニューイングランドに代わるものを探している観光客にとっては魅力がたくさんあります。コネチカットの住民は、特に小さな町では、独立したヤンキースになる傾向があります。保守的な価値観が支配的であり、これはここでの娯楽がかなり落ち着いていることを意味します。多くの歴史的な農場や村が生きた博物館に改築され、アメリカの起源を珍しく見ることができます。バーモント州とニューハンプシャー州の人口が多すぎると感じた場合、コネチカットの暗黙の魅力はあなたが探している体験に過ぎないかもしれません。


&#8220私の判断力の低下が私たちをここに連れてきたことを認めます&#8221ジョン・ローランドは、ハートフォードのコネチカット州知事の邸宅の裏庭に立っている記者の海に向かって言いました。日付は2004年6月21日で、ローランドは連邦の汚職捜査と弾劾調査の中で辞任を発表していました。彼の副知事、M。ジョディ&#8230

今日、1961年、イーストン在住のヘレンケラーは、ジョンF.ケネディ大統領から誕生日の挨拶を受け取りました。これには、彼女の生涯にわたる勤勉さと、自分と同じように視覚障害者や聴覚障害者に対する擁護に対する高い評価が含まれています。その中で、彼は次のように書いています。


コンテンツ

コネチカットは、南はロングアイランドサウンド、西はニューヨーク、北はマサチューセッツ、東はロードアイランドに隣接しています。州都で4番目に大きい都市はハートフォードであり、他の主要な都市と町(人口別)には、ブリッジポート、ニューヘブン、スタンフォード、ウォーターベリー、ノーウォーク、ダンベリー、ニューブリテン、グリニッジ、ブリストルが含まれます。コネチカットはモンテネグロの国よりわずかに大きいです。コネチカットには169の法人化された町があります。

コネチカット州の最高峰は、州の北西隅にあるソールズベリーのベアマウンテンです。最高点は、コネチカット、マサチューセッツ、ニューヨークが出会う場所のすぐ東(北緯42度3分、西経73度29分)で、マサチューセッツ州の近くにピークがあるフリッセル山の南斜面にあります。 [15]反対の極端な例として、沿岸の町の多くは海抜20フィート(6 m)未満の地域を持っています。

コネチカットには長い海事の歴史があり、その歴史に基づく評判がありますが、州には直接のオーシャンフロントはありません(技術的に言えば)。コネチカットの海岸は、河口であるロングアイランドサウンドにあります。大西洋への州のアクセスは、西(ニューヨーク市に向かって)と東(ロードアイランド近くの「レース」に向かって)の両方にあります。この状況は、暴風雨から多くのセーフハーバーを提供し、熱帯低気圧が東海岸の上部を通過するときに、多くの大西洋横断船がロングアイランド湾内に停泊しようとします。 [ 要出典 ]

コネチカット川は州の中心を通り、ロングアイランド湾に流れ込んでいます。州内を中心とする最も人口の多い大都市圏は、コネチカットリバーバレーにあります。コネチカットは比較的小さいサイズですが、その景観には幅広い地域差があります。たとえば、リッチフィールドヒルズの北西部では、なだらかな山々や馬の牧場が特徴ですが、海岸沿いのニューヘブンの東の地域では、海岸沿いの湿地が特徴です。ビーチ、そして大規模な海洋活動。

州の北東と北西の隅にあるコネチカットの農村地域と小さな町は、ニューヨークの国境からニューロンドンまで、そしてコネチカットを北上する沿岸高速道路に沿って位置するスタンフォード、ブリッジポート、ニューヘブンなどの工業都市とははっきりと対照的です。ハートフォードへの川。コネチカット州北東部と北西部の多くの町は、グリーンを中心にしています。緑の近くには通常、白い教会、植民地時代の集会所、植民地時代の居酒屋や旅館、いくつかの植民地時代の家など、ニューイングランドの町の歴史的な視覚的シンボルが立っており、歴史的保存と観光の両方のために維持されている風光明媚な歴史的外観を確立しています。コネチカット州南部および沿岸部の多くの地域は、何年にもわたって建設および再建されており、視覚的には伝統的なニューイングランドのようには見えません。

マサチューセッツ州と州の北の境界は、サウスウィックジョグまたはグランビーノッチによってマークされています。これは、コネチカットへの約2.5マイル(4.0 km)の正方形の迂回路です。この異常の原因は、サウスウィック南部の住民がマサチューセッツを離れようとした1804年に最終的に締結された長い紛争と一時的な合意に明確に示され、町は半分に分割されました。 [16] [17]

ニューヨーク州に隣接するコネチカット州の南西の国境は、グリニッジ、スタンフォード、ニューカナン、ダリエン、ノーウォークとウィルトンの一部の町を含むフェアフィールド郡のパンハンドルでマークされています。境界のこの不規則性は、17世紀後半の領土紛争の結果であり、ニューヨークは、リッジフィールドからマサチューセッツまで北に伸びる同等の地域と引き換えに、居住者がコネチカットの一部であると見なした地域に対する主張を放棄することで最高潮に達しました。国境、そしてニューヨーク州ライへの明白な主張。 [18]

フリッセル山は州で最も高い地点です。

気候編集

コネチカットは、湿潤大陸性気候の南端と湿潤亜熱帯気候の北部の間の大まかな移行帯にあります。コネチカット州北部は一般に、冬は寒く、夏は適度な降雪と高温多湿の気候になります。コネチカット州の最南端と沿岸部は、冬は涼しく、雨と雪の頻度は低く、夏は中部と下部の東海岸に特有の高温多湿の気候です。

コネチカット州では、降雨量/降雪量が12か月間にわたって広がっており、かなり均一な降水パターンが見られます。コネチカットは、可能な日照時間の平均56%(米国の全国平均よりも高い)で、年間平均2,400時間の日照時間です。 [20]

春先(4月)はやや涼しい(華氏40度から50度低い)から暖かい(華氏65度から70度)の範囲で、春の中期と晩期(4月下旬/ 5月)は暖かいです。 5月下旬までに、Bermuda Highの建物は、暖かく湿った熱帯の空気の南向きの流れを作り出し、州全体に暑い気象条件をもたらし、ニューロンドンの平均最高気温は81°F(27°C)と85°F(29°C)です。 )7月下旬の夏のピーク時にウィンザーロックで。時折、コネチカット全体で最高気温が90〜100°F(38°C)の熱波が発生します。コネチカットの夏は晴れていますが、動きの速い夏の雷雨は、雷と稲妻を伴う短時間の豪雨をもたらす可能性があります。時折、これらの雷雨は深刻な場合があり、州は通常、1年に平均1つの竜巻が発生します。 [21]ハリケーンシーズン中、直撃はまれですが、熱帯低気圧の残骸がこの地域に影響を与えることがあります。

秋のシーズンに一般的に関連する天気は、通常10月に始まり、12月の最初の日まで続きます。 10月と11月の毎日の高温は、50〜60年代(華氏)の範囲で、夜は40代から30代後半になります。カラフルな葉は10月初旬に州の北部を横切って始まり、11月初旬までに南と東に移動してコネチカット南東部に到達します。ただし、はるか南部と沿岸地域では、オークとヒッコリーの木が多く(そしてカエデが少なく)、北部の地域よりも色が薄いことがよくあります。 12月までに、州の大部分で日中の最高気温は40度Fになり、夜間の平均最低気温は氷点下になります。

コネチカットの冬(12月から3月中旬)は一般的に南から北に寒いです。最も寒い月(1月)の平均最高気温は、沿岸低地の38°F(3°C)から州の内陸部と北部の33°F(1°C)の範囲です。年間平均降雪量は、州北部の標高の高い場所での約60インチ(1,500 mm)から、コネチカット州の南東海岸(ブランフォードからグロトン)に沿ったわずか20〜25インチ(510〜640 mm)の範囲です。一般に、州間高速道路84の北または西のどの場所でも、嵐の間、そして季節を通して最も多くの雪が降ります。コネチカットのほとんどは60日未満の積雪があります。雪は通常、州の北部では11月下旬から3月下旬に降り、州の南部と沿岸部では12月上旬から3月中旬に降ります。

コネチカットの記録的な最高気温は1995年7月15日にダンベリーで発生した106°F(41°C)であり、記録的な最低気温は1943年2月16日にノースウェストヒルズフォールズビレッジで発生した-32°F(-36°C)です。とコベントリーは1961年1月22日に。[22]

コネチカットのさまざまな都市の月間通常の最高気温と最低気温(°F)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ブリッジポート 38/24 40/25 47/32 58/41 68/51 77/61 83/67 81/67 75/59 64/48 53/38 43/30
ハートフォード 35/18 38/20 47/28 60/38 71/48 79/57 85/63 83/61 75/53 63/42 51/33 40/24
[23] [24]

フローラ編集

森林は、州の南部にあるオークの北東海岸林から、州の北西部にあるニューイングランド-アカディアン森林の高地までの混合物で構成されています。アメリカシャクナゲ(Kalmia latifolia)は州の花であり、コネチカットのいくつかの地域の低い尾根に自生しています。ローズベイシャクナゲ(シャクナゲの最大値)もコネチカット州の東部の高地に自生しており、パチャグ州立森林公園にはシャクナゲ保護区トレイルがあります。大西洋の白い杉(Chamaecyparis thyoides)は、州南部の湿地で見られます。コネチカットには、砂浜の沿岸地域と低い丘の中腹に見られる1つの固有のサボテン(Opuntia humifusa)があります。いくつかの種類のビーチグラスやワイルドフラワーもコネチカット原産です。 [25]コネチカットは、USDA植物耐寒性ゾーン5bから7aにまたがっています。沿岸コネチカットは、より多くの南部および亜熱帯植物が栽培されている広い移行帯です。一部の沿岸地域では、Magnolia grandiflora(タイサンボク)、Crape Myrtles、スクラブパーム(Sabal minor)、Needle Palms(Rhapidophyllum hystrix)、およびその他の広葉樹常緑樹が少数栽培されています。 [ 要出典 ]

最初の人編集

コネチカットという名前は、コネチカット川を指す「長い感潮河川」および「長い川の上」[26]として翻訳されたモヘガンペクォートの言葉に由来しています。コネチカット地域における人間の存在の証拠は、1万年も前にさかのぼります。石器は、狩猟、釣り、木工に使用されました。半遊牧民のライフスタイルであるこれらの人々は、地域のさまざまな資源を利用するために季節ごとに移動しました。彼らはアルゴンキンに基づいた言語を共有しました。 [27]コネチカット地域には、ニプマク、スパンコール、または「リバーインディアン」(タンキシス、シャティコーク、ポダンク、ワンガンク、ハモナセット、クィニピアックを含む)、マタベセック、または「 WappingerConfederacy」とPequot-Mohegan。 [28]モヒガン族、ピクォート族、パウグセッツ族など、これらのグループのいくつかはコネチカットに留まり続けている。 [29]

植民地時代編集

コネチカットで最初のヨーロッパの探検家は、1614年にこの地域を探検したオランダ人アドリアンブロック[30]でした。その後、オランダの毛皮商人はコネチカット川を航海し、ヴェルシェリビエ(「フレッシュリバー」)と呼び、ダッチポイントに砦を建設しました。彼らが「希望の家」と名付けたハートフォードで(オランダ語: Huis van Hoop). [31]

コネチカット植民地はもともと、ウィンザー、ウェザーズフィールド、セイブルック、ハートフォード、ニューヘブンにあるいくつかの別々の小さな集落でした。最初のイギリス人入植者は1633年にやって来てウィンザーに定住し、翌年ウェザーズフィールドに定住しました。 [32]マサチューセッツ州の年下のジョン・ウィンスロップは、1635年にコネチカット川の河口にセイブルックコロニーを作る任務を受けた。[33]

入植者の本体は1636年に1つの大きなグループになりました。彼らはハートフォードにコネチカット植民地を設立したトーマスフッカーが率いるマサチューセッツ湾植民地のピューリタンでした。 [34]クィニピアックコロニー[35]は、1638年3月にジョンダヴェンポート、テオフィルスイートンなどによってニューヘブンに設立されました。ニューヘブンコロニーには、6月に署名された「ニューヘブンコロニーの基本合意」と呼ばれる独自の憲法がありました。 4、1639年。[36]

和解は英国国王の公式の制裁なしに設立され、それぞれが独立した政治団体でした。 [37] 1662年、ウィンスロップはイギリスに旅行し、コネチカットの入植地を統一するチャールズ2世から憲章を取得した。 [38]歴史的に重要な植民地居住地には、ウィンザー(1633)、ウェザーズフィールド(1634)、セイブルック(1635)、ハートフォード(1636)、ニューヘブン(1638)、フェアフィールド(1639)、ギルフォード(1639)、ミルフォード(1639)、ストラットフォードが含まれます。 (1639)、ファーミントン(1640)、スタンフォード(1641)、およびニューロンドン(1646)。

ピクォート戦争は、ニューイングランドでの入植者とネイティブアメリカンの間の最初の大きな衝突を示しました。ピクォートは、ナラガンセット族とモヒガン族から土地を奪うと同時に、その領土内の植民地居住地への攻撃性の高まりに反応しました。入植者は1636年の殺人に対応し、ブロック島のピークォット村を襲撃しました。その秋、ピクォートはセイブルックコロニーの駐屯地を包囲し、1637年春にウェザーズフィールドを襲撃しました。モヘガン族とナラガンセット族の同盟国であり、ミスティック川のピクォート村を攻撃しました。死者数は300〜700ピクォートと推定されています。フェアフィールドでの戦いで別の大きな損失を被った後、ピクォートは停戦と和平の条件を求めた。 [39]

コネチカットの西の境界は、時間の経過とともに変化する可能性があります。オランダとのハートフォード条約は1650年9月19日に署名されましたが、イギリスによって批准されることはありませんでした。それによると、コネチカットの西の境界線はグリニッジ湾から北に20マイル(32 km)の距離を走っていた[40] [41]。 [40] [41]この合意は、1652年にイングランドとオランダの間で戦争が勃発するまで双方によって観察された。ヨーク公が1664年にニューネーデルラントを占領するまで、植民地の制限に関する紛争が続いた。[40] [41]

一方、1662年のコネチカットの最初の憲章は、すべての土地を「南海」、つまり太平洋に与えました。 [42]植民地の直轄植民地の助成金のほとんどは、東西の長い帯に対するものでした。コネチカットはその助成金を真剣に受け止め、サスクエハナ川とデラウェア川の間にウェストモアランド郡という名前の9番目の郡を設立しました。これは、ペンシルベニアとの短いペンナマイト戦争をもたらしました。 [43]

イェール大学は1701年に設立され、コネチカットに聖職者と市民指導者を教育するための重要な機関を提供しました。 [44]会衆派教会は植民地での宗教生活を支配し、ひいては多くの部分で町の問題を支配した。 [45]

コネチカットは、航行可能な川沿いを含む600マイル以上の海岸線を持ち、植民地時代に[46]造船、海上輸送、海軍支援、シーフード生産、レジャーボートでブームを生み出す海事の伝統の前身を開発しました。

歴史的記録には、1649年に現在のウェザーズフィールドのコネチカット川のある場所にコネチカット植民地で建造された最初の船としてトライオールが記載されています。 [47] 1776年とアメリカ独立戦争に至るまでの20年間で、コネチカットのボートヤードは、ミスティックシーポートミュージアムによってオンラインで維持されている米国の税関記録のデータベースによると、約100のスループ、スクーナー、ブリッグを発射しました。最大のものは180トンの患者です。メアリーは1763年にニューヘブンで進水した。[48]コネチカットの最初の灯台は、1760年にニューロンドンハーバー灯台とともにテムズ川の河口に建設された。 [49]

アメリカ独立戦争編集

コネチカットは、独立宣言に署名した第2回大陸会議に、サミュエルハンティントン、ロジャーシャーマン、ウィリアムウィリアムス、オリバーウォルコットの4人の代表を指名しました。 [50]コネチカット州議会は、レキシントンとコンコードでのイギリスの常連とマサチューセッツの民兵との衝突を受けて、1775年に6個の新しい連隊の装備を承認した。 1775年6月のバンカーヒルの戦いには約1,200人のコネチカット軍がいた。[51] 1775年、デヴィッドブッシュネルはタートルを発明し、翌年には史上初の潜水艦攻撃を開始したが、ニューの停泊中のイギリス軍艦に対して失敗した。ヨークハーバー。 [52]

1777年、イギリス軍はダンベリーで大陸軍の補給品の知らせを受け、ウェストポートに約2,000名の遠征軍を上陸させました。その後、この部隊はダンベリーに向かって行進し、家屋と多くの基地を破壊しました。デイビッド・ウースター将軍とベネディクト・アーノルド将軍が率いる大陸軍の軍隊と民兵は、1777年にリッジフィールドでの帰還行進に従事した。英国のヘンリー・クリントン将軍が冬の宿舎を占領したヨーク市。 [54]イズラエル・パットナム少将は、彼の指揮下にある約3,000人の常連と民兵の冬の野営地としてレディングを選んだ。レディングの野営地は、パトナムの兵士がダンベリーの補充された補給基地を守り、ロングアイランド湾とハドソンリバーバレーに沿ったあらゆる作戦を支援することを可能にした。 [55]何人かの男性は、前の冬、ペンシルベニア州バレーフォージの冬の野営地の退役軍人だった。レディングキャンプの兵士たちは、供給不足、低温、大雪に耐え、一部の歴史家はキャンプを「コネチカットのバレーフォージ」と呼んでいました。 [56]

州はまた、サミュエル・ホールデン・パーソンズとベンジャミン・トールマッジによって組織されたロングアイランドに対する多数の襲撃の出発点でもあり[57]、特にニューヨーク市外のワシントン軍に戦争努力のための人員と物資を提供した。ウィリアム・トライオン将軍は1779年7月にコネチカット海岸を襲撃し、ニューヘブン、ノーウォーク、フェアフィールドに焦点を合わせた。ニューロンドンとグロトンハイツは1781年9月にイギリス軍に裏切り者となったベネディクトアーノルドによって襲撃された。 [59]

アメリカ独立戦争の開始時に、大陸会議はニューロンドンのナサニエルショージュニアを、提示された機会として英国の船を押収するための民間人の募集を担当する海軍代理人として任命し、50人近くがテムズ川から出航し、最終的に報復を引き出しましたアーノルドが率いるイギリス軍から。 [60]

19世紀の編集

初期の国家時代と産業革命編集

コネチカットは1788年1月9日に米国憲法を批准し、5番目の州になりました。 [61]

アメリカ独立戦争後の時代、製粉所や繊維工場が建設され、貿易[62]や漁業で港が栄えたため、州は繁栄しました。 1790年に議会が米国沿岸警備隊に発展する米国歳入カッターサービスの前身を設立した後、ワシントン大統領はジョナサンモルトビーを税関規制を施行する7人のマスターの1人として任命し、モルトビーはニューイングランド南部の海岸を48フィートで監視しました。アーガスという名前のカッタースループ。 [63]

1786年、コネチカットは北西部領土の一部となった米国政府に領土を譲渡しました。州は、コネチカット西部保護区と呼ばれる現在のオハイオ州の北部に広がる土地を保持していました。 [64]西部保護区は主にコネチカットの人々によって解決され、彼らはコネチカットの地名をオハイオにもたらした。

コネチカットはペンシルベニアおよびニューヨークと協定を結び、これらの州の境界内の土地請求を消滅させ、コネチカットパンハンドルを作成しました。その後、州は1800年に西部保護区を連邦政府に譲渡し[64]、現在の境界線に到達しました(マサチューセッツとのわずかな調整を除く)。

コネチカットの造船所は1800年に初めて、1年間で100隻以上の船舶を進水させました。米英戦争の火付け役となった英国との新たな敵対行為の玄関口までの次の10年間で、コネチカットのボートヤードは1,000隻近くを建設しました。これは、19世紀の10年間で最も生産的な規模です。 [48]

戦争中、イギリス軍はストーニントンとエセックスで襲撃を開始し、テムズ川で船を封鎖しました。ダービー出身のアイザックハルは、USSの船長として、紛争中に名声を勝ち取るためにコネチカットで最も有名な海軍の人物になりました 憲法.

1812年の米英戦争中のイギリスの封鎖は輸出を傷つけ、戦争に反対した連邦党の影響力を強めました。 [65]英国からの輸入の停止は、繊維と機械を製造するための工場の建設を刺激した。コネチカットは、イーライホイットニーやその他の産業革命の初期の革新者の発明もあって、製造業の主要な中心地として認識されるようになりました。 [66]

戦争は、ニューイングランドの商人の太平洋とインド洋への到達範囲を拡大するのに役立つ高速クリッパーの開発につながりました。 19世紀前半には捕鯨も急増し、ニューロンドンはナンタケットとニューベッドフォードに次ぐニューイングランド産業の3大母港の1つとして浮上しました。 [67]

州は、連邦党とイェール大学のティモシー・ドワイトに代表される政治的保守主義で知られていました。第一の知識人は、ニューヘブンで彼の素晴らしい辞書を編集したドワイトとノアウェブスター[68]でした。会衆派教会が連邦主義者と同盟して伝統的な見方を維持するのに苦労したため、宗教的緊張が国家を二極化させた。 1814年のハートフォード会議の失敗はフェデラリストの大義を傷つけ、1817年に民主共和党が支配権を獲得した。[69]

コネチカットは1639年以来「基本命令」の下で統治されていたが、州は1818年に新憲法を採択した。[70]

南北戦争時代編集

コネチカットの製造業者は、南北戦争中に北軍に武器と物資を供給する上で主要な役割を果たしました。州は55,000人の兵士を提供し、米国有色軍の2人を含む、30個の完全な歩兵連隊に編成され、数人のコネチカット人が将軍になりました。海軍は250人の将校と2,100人の男性を引き付け、グラストンベリー出身のギデオンウェルズは海軍長官でした。ハートフォードのジェームズH.ワードは、南北戦争で殺された最初の米海軍士官でした。 [71]コネチカットの死傷者には、戦闘で戦死した2,088人、病気で死亡した2,801人、南軍の捕虜収容所で死亡した689人が含まれていた。 [72] [73] [74]

1861年の国民統一の急増により、すべての町や都市から何千人もの人々が色に群がりました。しかし、戦争が奴隷制を終わらせるための十字軍になったので、多くの民主党員(特にアイルランドのカトリック教徒)は撤退しました。民主党は奴隷制を支持する立場をとり、南部を脱退させようとする多くのコッパーヘッドを含めた。激しい戦いを繰り広げた1863年の知事選挙は、共和党がわずかに勝利した。 [75] [76]

第二次産業革命編集

コネチカットの広大な産業、人口密度の高さ、平坦な地形、富により、1839年から鉄道の建設が促進されました。1840年までに102マイル(164 km)の路線が運行され、1850年には402マイル(647 km)、601マイル( 1860年に967km)。[77]

ニューヨーク、ニューヘイブン、ハートフォード鉄道は、 ニューヘブン J. P.モーガンは、1890年代にニューイングランドの主要鉄道への融資を開始し、競合しないように領土を分割しました。ニューヘブンは、蒸気船ラインを含む50の小規模企業を購入し、ニューイングランド南部全体に都市間輸送を提供するライトレール(電化トロリー)のネットワークを構築しました。 1912年までに、ニューヘブンは2,000マイル(3,200 km)以上の線路を運営し、12万人の従業員がいました。 [78]

内戦後、蒸気動力の客船が急増したため、ノアンクは19世紀にコネチカットで最大の2隻を建造し、1882年にロードアイランド州の木製蒸気外輪船が発売されました。数年後。コネチカットの造船所は、19世紀に165隻以上の蒸気動力船を進水させました。 [48]

1875年、世界で最初の電話交換機がニューヘブンに設立されました。 [79]

20世紀編集

第一次世界大戦編集

第一次世界大戦が1914年に勃発したとき、コネチカットは1918年までに米軍への武器の主要な供給者になり、州の産業の80%が戦争努力のために商品を生産していました。ブリッジポートのレミントンアームズは、ニューヘブンのウィンチェスターやハートフォードのコルトを含む他の主要な供給業者とともに、米国陸軍が使用する小火器のカートリッジの半分を生産した[81]。 [82]

コネチカットはまた、米国海軍の重要なサプライヤーであり、エレクトリックボートは85隻の潜水艦、[83]レイクトルペードボートは20隻以上の潜水艦を建造し、[84]グロトン製鉄所は貨物船を建造しました。 [85] 1916年6月21日、海軍はグロトンを東海岸の潜水艦基地と学校の場所にした。

The state enthusiastically supported the American war effort in 1917 and 1918 with large purchases of war bonds, a further expansion of industry, and an emphasis on increasing food production on the farms. Thousands of state, local, and volunteer groups mobilized for the war effort and were coordinated by the Connecticut State Council of Defense. [86] Manufacturers wrestled with manpower shortages Waterbury's American Brass and Manufacturing Company was running at half capacity, so the federal government agreed to furlough soldiers to work there. [87]

Interwar period Edit

In 1919, J. Henry Roraback started the Connecticut Light & Power Co. [88] which became the state's dominant electric utility. In 1925, Frederick Rentschler spurred the creation of Pratt & Whitney in Hartford to develop engines for aircraft the company became an important military supplier in World War II and one of the three major manufacturers of jet engines in the world. [89]

On September 21, 1938, the most destructive storm in New England history struck eastern Connecticut, killing hundreds of people. [90] The eye of the "Long Island Express" passed just west of New Haven and devastated the Connecticut shoreline between Old Saybrook and Stonington from the full force of wind and waves, even though they had partial protection by Long Island. The hurricane caused extensive damage to infrastructure, homes, and businesses. In New London, a 500-foot (150 m) sailing ship was driven into a warehouse complex, causing a major fire. Heavy rainfall caused the Connecticut River to flood downtown Hartford and East Hartford. An estimated 50,000 trees fell onto roadways. [91]

第二次世界大戦編集

The advent of lend-lease in support of Britain helped lift Connecticut from the Great Depression, [92] with the state a major production center for weaponry and supplies used in World War II. Connecticut manufactured 4.1% of total U.S. military armaments produced during the war, ranking ninth among the 48 states, [93] with major factories including Colt [94] for firearms, Pratt & Whitney for aircraft engines, Chance Vought for fighter planes, Hamilton Standard for propellers, [95] and Electric Boat for submarines and PT boats. [96] In Bridgeport, General Electric produced a significant new weapon to combat tanks: the bazooka. [97]

On May 13, 1940, Igor Sikorsky made an untethered flight of the first practical helicopter. [98] The helicopter saw limited use in World War II, but future military production made Sikorsky Aircraft's Stratford plant Connecticut's largest single manufacturing site by the start of the 21st century. [99]

Post-World War II economic expansion Edit

Connecticut lost some wartime factories following the end of hostilities, but the state shared in a general post-war expansion that included the construction of highways [100] and resulting in middle-class growth in suburban areas.

Prescott Bush represented Connecticut in the U.S. Senate from 1952 to 1963 his son George H.W. Bush and grandson George W. Bush both became presidents of the United States. [101] In 1965, Connecticut ratified its current constitution, replacing the document that had served since 1818. [102]

In 1968, commercial operation began for the Connecticut Yankee Nuclear Power Plant in East Haddam in 1970, the Millstone Nuclear Power Station began operations in Waterford. [103] In 1974, Connecticut elected Democratic Governor Ella T. Grasso, who became the first woman in any state to be elected governor without being the wife or widow of a previous governor. [104]

Late 20th century Edit

Connecticut's dependence on the defense industry posed an economic challenge at the end of the Cold War. The resulting budget crisis helped elect Lowell Weicker as governor on a third-party ticket in 1990. Weicker's remedy was a state income tax which proved effective in balancing the budget, but only for the short-term. He did not run for a second term, in part because of this politically unpopular move. [105]

In 1992, initial construction was completed on Foxwoods Casino at the Mashantucket Pequots reservation in eastern Connecticut, which became the largest casino in the Western Hemisphere. Mohegan Sun followed four years later. [106]

Early 21st century Edit

In 2000, presidential candidate Al Gore chose Senator Joe Lieberman as his running mate, marking the first time that a major party presidential ticket included someone of the Jewish faith. [107] Gore and Lieberman fell five votes short of George W. Bush and Dick Cheney in the Electoral College. In the terrorist attacks of September 11, 2001, 65 state residents were killed, mostly Fairfield County residents who were working in the World Trade Center. [108] In 2004, Republican Governor John G. Rowland resigned during a corruption investigation, later pleading guilty to federal charges. [109] [110] Connecticut was hit by three major storms in just over 14 months in 2011 and 2012, with all three causing extensive property damage and electric outages. Hurricane Irene struck Connecticut August 28, and damage totaled $235 million. [111] Two months later, the "Halloween nor'easter" dropped extensive snow onto trees, resulting in snapped branches and trunks that damaged power lines some areas were without electricity for 11 days. [112] Hurricane Sandy had tropical storm-force winds when it reached Connecticut October 29, 2012. [113] Sandy's winds drove storm surges into streets and cut power to 98% of homes and businesses, with more than $360 million in damage. [114]

On December 14, 2012, Adam Lanza shot and killed 26 people at Sandy Hook Elementary School in Newtown, and then killed himself. [115] The massacre spurred renewed efforts by activists for tighter laws on gun ownership nationally. [116]


Colony Of Connecticut

Robert, Earl of Warwick, was the first proprietary of the territory, under a grant in 1630 from the Plymouth Council. It was next held by Lords Say and Seal, and Lord Brooke, and others, to whom the Earl transferred it to 1631. The grant included that part of New England which extends from the Narragansett river, one hundred and twenty miles on a straight line southwest to the coast, from the Atlantic Ocean to the Pacific. This is the original patent of Connecticut.

During this latter year, Mr. Winslow, Governor of Plymouth, at the instance of Wahquimacut, a sachem near the Connecticut, visited the river, and the fertile valley through which it passes, and, after his return, decided to take measures to commence a settlement on its banks.

Meanwhile, the Dutch at New York, who had become acquainted with the river about the same time, intending to anticipate the people of Plymouth, built a fort at Hartford in 1633, and placed two cannon there. In October that year, William Holmes, who commanded the Plymouth Expedition, proceeded in a vessel for Connecticut, bearing a commission from the Governor of Plymouth, to build a fort for themselves. On reaching the Dutch fort, Holmes was forbidden to proceed, at the hazard of being blown to pieces but, being a man of spirit, he coolly informed the garrison that he had a commission from the Governor of Plymouth to go up the river, and that he should go. They poured out their threats, but he proceeded, and landing on the west side of the river, erected his house below the mouth of a tributary river, at Windsor. The house was erected with the utmost dispatch, and fortified with palisades. The Dutch, considering Holmes and his men intruders, sent, the next year, a band of seventy men to drive them from the country but finding them strongly posted, they did not proceed.

In the autumn of 1635, a company, consisting of sixty men, women and children, from the settlements of Newtown and Watertown, in Massachusetts, commenced their journey through the wilderness to the Connecticut River. On their arrival, they settled at Windsor, Wethersfield、 と Hartford。 They commenced their journey on October 25th but, due to the wilderness spread before them being filled with swamps, rivers, hills, and mountains, they took a great deal of time passing the rivers, and in getting their cattle over them, that, after all their exertions, winter came upon them before they were completely prepared.

By November 25th, the Connecticut River was frozen over, the snow was deep, and the season so tempestuous, that a considerable number of the cattle driven from Massachusetts could not be brought across the river, and a considerable number perished. The loss of the Windsor settlers, in cattle, was estimated at almost two hundred pounds sterling in value. The sufferings of the people for want of food during the winter, were often severe. After all the help they were able to obtain from hunting and the Indians, they were forced to subsist on only acorns, malt, and grains.

During the same month in which the emigrants commenced their journey to Connecticut, John Winthrop, son of the Governor of Massachusetts, arrived at Boston with a commission as Governor of Connecticut, under Lords Say and Seal, and Lord Brook, the proprietors, and with authority to erect a fort at the mouth of the Connecticut River. Accordingly, soon after his arrival, he dispatched a bark of thirty tons, with twenty men, to take possession of the Connecticut River, and to build a fort at its mouth. This was accordingly erected, and called Saybrook Fort, as the settlement was called Saybrook Colony, and which continued independent until 1644. A few days after their arrival, a Dutch vessel from New Netherlands (New York) appeared, to take possession of the river but, as the English had already mounted two cannon, their landing was prevented.

The next June, 1636, the Reverend Messrs. Hooker and Stone, with a number of settlers from Dorchester and Watertown, moved to Connecticut. With no guide but a compass, they made their way one hundred miles, over mountains and through swamps and rivers. Their journey, which was on foot, lasted a fortnight, during which they lived upon the milk of their cows. They drove one hundred and sixty cattle. This party chiefly settled at Hartford。 Mr. Hooker and Mr. Stone became the pastors of the church in that place, and were both eminent men and ministers.

The year 1637 is remarkable in the history of Connecticut, for a war with the Pequots, a tribe of Indians, whose principal settlement was in the present town of Groton. Prior to this time, the Pequots had frequently annoyed the infant colony, and in several instances had killed some of its inhabitants. In March of this year, the commander of Saybrook Fort, with twelve men, was attacked by them, and three of his party killed. In April, another portion of this tribe assaulted the people of Wethersfield, as they were going to labor in their fields, and killed six men and three women. Two girls were taken captive by them, and twenty cows were killed. In this perilous state of the colony, a court was summoned at Hartford, on May 11th. After mature deliberation, it was determined that war should be commenced against the Pequots. Ninety men, nearly half the able men of the colony, were ordered to be raised forty-two from Hartford, thirty from Windsor, and eighteen from Wethersfield.

With these troops, together with seventy River and Mohegan Indians, Captain John Mason, to whom the command of the expedition was given, sailed down the Connecticut River to Saybrook. Here a plan of operations was formed, and agreeably to which, on June 5th, about the dawn of day, Captain Mason surprised one of the principal forts of the enemy, in a place called Mystic, and now the present town of Stonington. On their near approach to the fort, a dog barked, and an Indian, now discovering them, cried out, 'Oh wanux! Oh wanux!,' or, Englishmen! Englishmen!

The troops instantly pressed forward and fired. The destruction of the enemy soon became terrible but they rallied at length, and made a brave resistance. After a severe and protracted conflict, Captain Mason and his troops being nearly exhausted, and victory still doubtful, he cried out to his men, 'We must burn them!' At the same instant, seizing a firebrand, he applied it to a wigwam. The flames spread rapidly on every side and as the sun rose upon the scene, it showed the work of destruction to be complete. Seventy wigwams were in ruins, and between five and six hundred Indians lay bleeding on the ground, or smoldering in the ashes. [This event later became known as the Mystic Indian Massacre.]

But, though the victory was complete, the troops were now in great distress. Besides two killed, sixteen of their number were wounded. Their surgeon, medicines and provisions, were upon some vessels, on their way to Pequot harbor, now New London. While consulting what should be done in this emergency, how great was their joy to discern their vessels were sailing directly towards the harbor, under a prosperous wind! And soon after, a detachment of nearly two hundred men from Massachusetts and Plymouth, arrived to assist in prosecuting the war.

Sassacus, the great sachem of the Pequots, and his warriors, were so appalled at the destruction of their fort, that they fled towards the Hudson River. The troops pursued them as far as a great swamp in Fairfield, where another action took place, in which the Indians were entirely vanquished. This was followed by a treaty with the remaining Pequots, about two hundred in number, agreeably to which they were divided among the Narragansetts and Mohegans. Thus terminated a conflict, which, for a time, was eminently distressing to the colonies. This event of peace was celebrated, throughout New England, by a day of thanksgiving and praise.

During the expedition against the Pequots, the English became acquainted with Quinipiac, or New Haven and the next year, in 1638, the settlement of that town was commenced. This, and the adjoining towns, soon after settled, were distinguished by the name of Colony of New Haven.

Among the founders of this colony, which was the fourth in New England, was Mr. John Davenport, for some time a distinguished minister in London. To avoid the indignation of the persecuting Archbishop Laud, he fled, in 1633, to Holland. Hearing, while in exile, of the prosperity of the New England settlements, he planned a removal to America. On his return to England, Mr. Theophilus Eaton, an eminent merchant in London, with Mr. Hopkins, afterwards Governor of Connecticut, and several others, determined to accompany him. They arrived in Boston in June, 1637.

Though the most advantageous offer were made by the government of Massachusetts, to choose any place within their jurisdiction, they preferred a place without the limits of the existing colonies. Accordingly, they fixed upon New Haven as the place of their: future residence and on the 28th of April they kept their first Sabbath in the place, under, a large oak tree, where Mr. Davenport preached to them.

The following year, on January 24th 1639, the three towns on the Connecticut River, Windsor, Hartford、 と Wethersfield, finding themselves outside the limits of the Massachusetts patent, assembled their freemen at Hartford, and formed themselves into a distinct commonwealth, and adopted a constitution. This constitution, which has been much admired, and which,. for more than a century and a half, underwent little alteration, ordained that there should annually be two general assemblies one in April, and the other in September. In April, the officers of government were to be elected by the freemen, and to consist of a governor, deputy-governor, and five or six assistants. The towns were to send deputies to the general assemblies. Under this constitution, the first governor was John Haynes, and Roger Ludlow the first deputy-governor.

The example of the colony of Connecticut, in forming a constitution, was followed, the next June, by the Colony of New Haven。 The planters assembled in a large barn. Among other rules, it was established that none but church members should vote, or be elected to office that all the freemen of the colony should annually assemble and elect its officers and that the word of God should be the only rule for ordering the affairs of the commonwealth.

In October following, the government was organized, when Mr. Eaton was chosen governor. To this office he was annually elected until his death in 1657. No other of the New England colonies was so much distinguished for good order and tranquility as the colony of New Haven. Her principal men were eminent for their wisdom and integrity, and directed the affairs of the colony with so much prudence, that she was seldom disturbed by divisions within, or by aggressions from the Indians from without. Having been bred to mercantile employments, the first settlers belonging to this colony were inclined to engage in commercial pursuits but in these they sustained several severe losses, and, among those, a new ship of one hundred and fifty tons was lost at sea in 1647, and which was freighted with a valuable cargo, and with seamen and passengers from many of the best families in the colony aboard. This loss discouraged, for a time, their commercial pursuits, and engaged their attention more particularly in the employments of agriculture.

The Dutch at New Netherlands early proved themselves troublesome neighbors to the Connecticut Colonies. Besides claiming the soil as far east as the Connecticut River, they plundered the property of settlers adjoining their territory, instigated the Indians to hostilities, supplied them with arms, and otherwise disturbed their pence. These were among the causes which induced these colonies to Unite with the other New England colonies in the memorable confederacyof 1643.

In 1644, the little colony of Saybrook, which until now had been independent, was united with Connecticut she having purchased the soil and jurisdiction of George Fenwick, one of the proprietors, for about two thousand pounds.

In 1650, Governor Stuyvesant concluded a treaty of amity and partition, at Hartford, between the Dutch and English. By this treaty the former relinquished all claim to the territory, except the land which they then occupied. A divisional line was also established, and pledges exchanged to abide in peace.

The harmony of the two people, however, was not of long duration. A war broke out in 1652 between England and Holland, taking advantage of which, and notwithstanding his pledge, Stuyvesant, it was understood, was plotting to overthrow the English. Ninigret, the famous sachem of. the Narragansetts, and the wily and implacable enemy of the colonies, spent the winter of 1652-3 in New York with the Dutch governor. The colonies became alarmed.

A meeting of the commissioners was convened, and a majority decided upon war against the Dutch but, Massachusetts, refusing to furnish her quota, had prevented hostilities. Connecticut and New Haven, indignant at the course pursued by Massachusetts, applied to Cromwell for aid, then Protector of England, and, in 1654, four or five ships were dispatched to reduce the Dutch. Peace, however, was concluded between Holland and England before the fleet arrived, During this year the Legislature of Connecticut sequestered the Dutch houses, land, and property of all kinds, at Hartford, at which time the latter prosecuted no further claims in New England.

Charles II was restored to the throne in 1660, after which, Connecticut, expressing her loyalty, applied for a charter. It was in the king's heart to deny her request but, providentially, as it were, her agent, Governor Winthrop, went about to urge her petition, and presented to the Monarch a ring which had belonged to Charles I, and by him had been given to his grandfather. This act of courtesy so won the heart of the king, that he not only gave a liberal charter to the colony, but confirmed the very constitution which the people had adopted. The date of this charter was May 30th, I662. Under this the people of Connecticut lived and flourished until the adoption of the present constitution in 1818, for a period of one hundred and fifty-six years.

This charter included New Haven, and most of the territory of Rhode Island。 But the former utterly refused to be united, and this opposition persisted until 1665, when a reluctant consent was obtained, and the two were made one. In 1663, Charles conferred a charter on Rhode Island and Providence Plantations, which, however, as it included a portion of territory already granted to Connecticut, laid the foundation for a controversy between the two colonies, which lasted nearly sixty years.

From the calamities of King Philip's War, in 1675, involving the New England Colonies, Connecticut was comparatively exempted yet, she promptly responded to demands made upon her for aid in that dark period of New England history. Her captains were brave, and her soldiers unyielding, in the terrible swamp-fight with the Narragansetts, on December 29th 1675. Connecticut's troops suffered more than those of either Massachusetts or Plymouth, and were compelled to return home.

On December 30th 1686, Sir Edmund Andros, 'glittering in scarlet and lace,' landed at Boston, as Governor of all New England. In the autumn of 1687, Andros, attended by some of his council, and a guard of sixty troops, went to Hartford, and entering the House of Assembly, then in session, demanded the charter of Connecticut, and declared the colonial government be dissolved. Reluctant to surrender the charter, the assembly protracted its debates until evening, when the charter was brought in and laid on the table. Upon a pre-concerted signal, the lights were at once extinguished, and a Captain Wadsworth, seized the charter, and hastened it away, under cover of night, and secreted it in the hollow of an oak. [This tree eventually became known as the Charter Oak, and a bridge across the Connecticut River is named for it at Hartford.] The candles, which bad been extinguished, were soon re-lighted, without disorder but the charter had disappeared. Sir Edmund Andros, however, assumed the government, which was administered in his name, until the dethronement of James II, in 1689, and the elevation of the Prince of Orange, as William III.

On this event, Connecticut, spurning the government which Andros had appointed, and 'which,' an 1800s historian says, 'they had always feared it was a sin to obey,' The secreted charter was taken from its hiding place, May 19th, 'discolored, but not effaced.' The assembly was convened, and the records of the colony were once more opened.

Not long after, another encroachment upon the rights of the colony was attempted and nobly resisted. In 1692, Colonel Fletcher was appointed Governor of New York, with a commission to take command of the militia of Connecticut. As this was a power which the charter had reserved to the colony, the demand of the colonel was denied. In the autumn of 1693, Fletcher went to Hartford, intending to enforce his commission. The legislature was in session. The demand was repeated, and refused. The Hartford companies were then ordered to assemble, before which Fletcher directed his commission to be read.

But presently nothing could be heard but the noise of the drums, which Captain Wadsworth, the senior officer of the companies, commanded to be beaten. 'Silence!' exclaimed Fletcher, and Wadsworth's aid exclaimed, 'Drum, drum, I say!' Fletcher repeated, 'Silence!' and Wadsworth cried, 'Drum, drum!' Wadsworth turned to Fletcher, upon whom his eyes glared with fire and indignation, adding, 'Sir, if I am interrupted again, I will make the sun shine through you in a moment!' This was enough. The crest of the haughty colonel instantly fell, and soon after he departed for New York. On a representation of the affair to the king, he decided that the command of the militia, in time of peace, should be with the governor but, in case of war, a determinate number should be placed under the orders of Fletcher.

ソース: A History of the United States, by Charles A. Goodrich, 1857


Take a Virtual Tour Remembering The Great War

To learn more about Museum collections & exhibits, follow the links in our “Spotlight on Exhibits“. You may also want to check out these special resources related to the Museum, programs and exhibits:

    – a program offered by the Museum’s Education Department
    • A Connecticut Sampler-a new education program offered by the Museum’s Education Department

    The Museum of Connecticut History is a part of the Connecticut State Library.

    The Museum On Facebook

    Find out more about Connecticut as a place of invention…

    Find out how Samuel Colt, Elisha Root, and Mark Twain figure into the story and the ingredients he’s discovered that mark Connecticut as a standout place of invention in the late 19th century.

    Instructions for Submission to the Connecticut History Review

    Contact the Editor:
    Marie McDaniel, Ph.D.
    Editor, Connecticut History Review
    Professor of History, Southern CT State University
    Engleman Hall
    501 Crescent Street, New Haven CT 06515

    Postal Address for Books to be reviewed:
    Professor Peter Baldwin
    History Department, Wood Hall
    University of Connecticut
    241 Glenbrook Road, U-4103
    Storrs, CT 06269-4103

    The journal contents are indexed in Academic Search Alumni Edition Academic Search Complete Academic Search Premier Academic Search Ultimate America: History and Life Current Abstracts MainFile MasterFILE Complete MasterFILE Elite MasterFILE Premier TOC Premier. Full-text back content is available to subscribers for free and to others for a fee at JSTOR.

    Connecticut History Review is published by the University of Illinois Press, which handles subscriptions and membership for ASCH.


    Conference Schedule:

    9:00: Opening Remarks

    Stephen Armstrong, ASCH President

    9:20: Puerto Rican/Latino Studies: What Is Included in the New Course

    Nitza Diaz-Candelo, Educational Consultant, State Education Resource Center (SERC)

    9:40: Keynote: Framing the Connecticut Latino Experience

    Dr. Stephen Pitti, Professor of History and American Studies, Yale University, Director, Yale Center for the Study of Race, Indigeneity, and Transnational Migration

    10:35: Panel Discussion: Latino Organizing in Connecticut

    Panelists:
    Kevin Diaz, Director and Founder, MovimientoCulturalCT
    Milagros Ortiz, Community Organizer, No More Slumlords

    11:20: Exploring Puerto Rican and Latino Activism, Inside and Outside the Classroom

    Dr. Anne Gebelein, Associate Professor in Residence, Latin American and Caribbean Studies, University of Connecticut Associate Director, El Instituto

    12:00: Teaching Puerto Rican, Latino, and African American Studies

    Nataliya Braginsky, Metropolitan High School, New Haven
    Allison Norrie, Andrew Warde High School, Fairfield
    Adrian Solis, Abbott Technical High School, Danbury

    1:10: Themes and Teaching Materials: Segregation and Housing in Connecticut

    Dr. Fiona Vernal, Associate Professor of History, University of Connecticut

    2:00: Puerto Rican Communities in Connecticut: Meeting the Challenges of Migration, Hurricanes, and United States Policy

    Dr. Charles Venator Santiago, Associate Professor of Political Science, University of Connecticut
    Fernando Betancourt, Executive Director, San Juan Center, Hartford

    3:00: Keynote: Reflections on Latino, Puerto Rican, Black and African American Studies

    Dr. Paul Ortiz, Professor of History, University of Florida Director, Samuel Proctor Oral History Program

    To register for this event, click here.

    High school and college students may attend for no cost, but still must register.

    For additional information on this event, contact

    Info on past conferences can be found under the Events tab above, or click here.

    Since 1970, the Association for the Study of Connecticut History (ASCH) has been promoting the study of the history of Connecticut via meetings and conferences. In 1974, ASCH began publishing Connecticut History, with a title change in 2014 to Connecticut History Review。 It is the only academic, peer-reviewed, journal devoted to the history of Connecticut. Our meetings, conferences and the Connecticut History Reviewserve many different constituencies: academic scholars, museum and historical society professionals, history buffs, graduate students, and educators.


    Connecticut History
    I have begun adding various historical information to the website to better give you an idea of what your ancestors lived through and may have witnessed taking shape in the early history of Connecticut.

    Connecticut Census Records
    This section of the website has been completely redone.

    Colonial Connecticut Records
    Colonial Connecticut Records is a digital collection created by staff at the University of Connecticut Libraries.


    NEW Online Events Bring CHS Home!もっと詳しく知る Learn More January 28 - August 28 History To Go Kits for Kids Learn More Women of Color and the Right to Vote The Work Must Be Done Learn More Virtual 3D Exhibition Tours Now Available Learn More Documenting Connecticut During COVID-19 Contribute to the Collection