なぜピョートル大王はエカチェリーナ1世を皇后として迎えたのですか?

なぜピョートル大王はエカチェリーナ1世を皇后として迎えたのですか?

ピョートル大帝の生涯についてのロシアのテレビシリーズを見て、私はピーターがエカチェリーナ1世を皇后として戴冠させた理由を完全には理解していませんでした。ウィキペディアの記事を見ましたが、理由は何も書かれていません。


皇后両陛下には2種類あります。最初のタイプは、皇帝の妻である皇后の配偶者です。 2つ目は、父親、この場合は夫から王冠を継承した、基本的には女性の皇帝である支配的な皇后です。

キャサリンはピーターの皇后の配偶者、つまり結婚によって皇后として始まりました。しかし、ピーターがキャサリン皇后を戴冠させたとき、彼は彼女が明らかに相続人であり、彼から、たとえば彼の子供たち(彼の最初の妻またはキャサリン自身のいずれかによって)から王位を継承するという別の考えを持っていました。通常、子供たちは血統を持っているので、王位を継承するのは支配者の配偶者ではなく子供たちです。

ピーターはキャサリン皇后を戴冠させることにより、キャサリンにいわゆる「王冠の夫婦」を与えました。これは彼女の結婚を通しての王冠です(より頻繁に女性から夫に与えられます)。そうすることで、ピーターは男の子だけが王位を継承できると言ったロシアの伝統を破りました。 (ピーターは3番目でしたが、生き残ったのは父親の息子でした。そのため、彼は潜在的な相続人の数を2倍にすることの価値を感じました。

女性が王位を継承することを可能にすることによって、ピーターはロシアにいくつかの皇后を与えました。彼の妻キャサリン、彼の姪アンナ、彼の娘エリザベス、そして何よりも、彼の孫、ピョートル3世と結婚したエカチェリーナ2世。


これ以前は、男性だけが王位を継承することができます。ピョートル1世のすべての息子がすでに亡くなったので、彼の孫ピーター(処刑されたアレクセイの息子。1727年にエカチェリーナ1世が亡くなった後、ついにピョートル2世皇帝になりました)が新しい皇帝になるはずです。それで、キャサリン1世ピーターを戴冠させることによって、私は実際に伝統を変えました。

事実、すべてのロシアの女王(そして最初の皇后エカチェリーナ1世)はこれまで王冠を持っていませんでした(マリナ・ムニシェクを除く)。したがって、この最初の王冠は、この儀式のために特別に1723-1724年に作られました。ところで。ピョートル1世は、1682年にモノマフの帽子を使用してロシア皇帝としてのみ戴冠したため、1721年(ロシア帝国が創設されたとき)には王冠はまったくありませんでした。


エカチェリーナ2世(1729 – 1796)

エカチェリーナ2世© エカチェリーナ2世は、30年以上にわたってロシアの皇后であり、国で最も影響力のある統治者の1人でした。

ソフィー・フリーデリケ・オーギュスト・フォン・アンハルト=ゼルブストは、1729年5月2日にステッティンで生まれ、当時はプロイセン(現在はポーランドのシュチェチン)の一部であり、ドイツのマイナーな王子の娘でした。 1745年、ロシア正教会に受け入れられ、名前をキャサリンに変更した後、彼女はピョートル大帝の孫でロシア王位継承者であるピーター大公と結婚しました。

結婚は不幸でしたが、夫婦は一人の息子、ポールを産みました。 1762年にキャサリンの夫は皇帝ピョートル3世になりましたが、キャサリンが皇后と宣言されてすぐに転覆しました。ピーターはその後まもなく殺され、キャサリンが彼の死に関与したかどうかは不明です。その後、彼女には一連の恋人がいて、彼女は高官に昇進しました。その中で最も有名で成功したのはグリゴリー・ポテムキンでした。

キャサリンの養子縁組国への主な影響は、ロシアの国境を拡大し、ピョートル大帝によって始められた西洋化のプロセスを継続することでした。彼女の治世中、彼女はロシア帝国を南と西に拡張し、クリミア、ベラルーシ、リトアニアを含む領土を追加しました。プロイセンとオーストリアとの協定により、1772年、1793年、1795年にポーランドが3つに分割され、ロシアの国境が中央ヨーロッパにまで拡大しました。

キャサリンは政治的および社会的改革者として始まりましたが、年をとるにつれて徐々に保守的になりました。 1767年、彼女は立法委員会を召集してロシアの法律を成文化し、その過程でロシアの生活を近代化しました。彼女は委員会に彼女のナカズ(または「指示」)を提示しました。これは、理想的な政府の皇后のビジョンを提示した驚くほど寛大な文書です。委員会は望ましい結果を生み出さず、1768年のオスマン帝国に対する戦争の勃発はそれを解散する良い機会を提供しました。

1774年から1775年のプガチョフの乱は、ロシア軍によって消滅するまで、ロシアの西部領土で大きな支持を得ました。キャサリンは、国を支配する貴族への彼女の大きな依存に気づき、彼らに彼らの土地と農奴に対するより大きな支配を与える一連の改革を扇動しました。 1785年の「貴族への憲章」は、彼らをロシア社会の独立した財産として確立し、彼らの特権を保証しました。したがって、キャサリンは、農奴の地位と権利がさらに低下した農奴の窮状について以前に抱いていたかもしれない懸念を無視した。

キャサリンの主な関心は教育と文化でした。彼女は広く読んで、ヴォルテールやディドロを含むその時代の著名な思想家の多くと連絡を取りました。彼女は芸術、文学、教育のパトロンであり、現在エルミタージュ美術館の基礎となっているアートコレクションを取得しました。

キャサリンは1796年11月17日にサンクトペテルブルクで亡くなり、息子のポールに引き継がれました。


ピョートル大王対エカチェリーナ2世-誰が偉大だったのか?

ロシアの争いと市民の不安の間、1584年にイヴァン4世が死んだ後、ロシアを支配し、再建する準備ができている強力な指導者が、より安定し、より西洋化され、そして最も重要なことに、信頼できるものになるための一般的な要求がありました力。ロシアは、ロシアを再建し、モンゴルの支配に従って直面した問題からロシアを遠ざけるために皇帝と皇帝を提供することによって答えました-ピョートル大王とエカチェリーナ2世。これらの2人の統治者は、ロシアが加速し、その力を誇ることができる国になるために彼らがする必要があることを正確に行いました。

鉄の拳で支配する他の多くの支配者のように、ピョートル大帝は、他の人に愛想がよく、あるいは単に冷たくさえあるとラベル付けする人ではありませんでした-彼は残酷でした。彼は燃えるような気性を持っていた背の高い男でしたが、それを抑えようとはしませんでした。ピョートル1世は残酷で冷酷で、自分の息子を不貞の疑いで刑務所に閉じ込め、そこで死なせました。一方、エカチェリーナ2世は、よく構成され、十分に教育されており、ヴォルテールや当時のさまざまな有名な哲学者の哲学を自分自身で学びました。彼女は、精神的な不安定さ、未熟さ、不適切な行動などの特徴とは正反対でした。ピョートル大王は、エカチェリーナ2世の夫であるピョートル3世に受け継がれました。これが、ピョートル3世とエカチェリーナ2世の相互の憎しみの主な理由でした。

ピョートル大帝の人としての欠点にもかかわらず、彼は彼の治世で多くの偉大な行為を成し遂げ、こうして彼に予約された称号「偉大な」を与えました。ピョートル大帝は、ロシアが繁栄するために彼に何が必要かを間違いなく知っていました。これには、アゾフ海と黒海の温水港へのアクセスが含まれていました。非常に高い緯度で内陸国になっているロシアは、凍った港しか持っておらず、それが外交をほぼ不可能にしている。したがって、オスマン帝国は、温水港を取得する際に直面した壁でした。ピーターは、目標を達成するために2つのことが必要であり、ヨーロッパの他の地域とより効率的なロシアからの支援が必要であることに気づきました。 1697年、ピーターは西ヨーロッパに行き、オスマン帝国の崩壊に関心のある他の国々と同盟を結ぶことで、トルコ人を打ち負かすという目標の達成に着手しました。彼はこの目標を達成することはできませんでしたが、皇帝は西洋の文化、社会、技術、そして生活そのものに精通することができました。さらに、彼は多くの活動分野のリーダーに会い、科学者や職人から学びました。

次に、ピーターはフランス軍の再編成によって与えられた例に従いました。ピーターもまた、彼の軍を再編成し、より高度な武器を装備しました。彼はスウェーデンとの21年間続く長い戦争で彼の新しい軍隊を試してみました。戦争は領土の獲得をもたらし、バルト海へのアクセスを可能にしました。この新しい領土で、ピーターはフィンランド湾に沿ってサンクトペテルブルクの都市を設立しました。さらに、ピーターは首都をモスクワからサンクトペテルブルクの新しい都市に移転し、ロシア政府を西ヨーロッパに近づけました。この都市は、ロシアの「西への窓」として知られるようになりました。ピーターの首都の移転は、ロシアの西欧化への皇帝の献身を示しました。ロシアを西洋化するために、彼は女性に地域社会でより活発な役割を担わせ、貴族をロシアの長く容赦のない冬に適した長いローブからより西洋の服に変え、ひげを剃らせさえしました。しかし、ピーターが貿易、金融、産業、政府に加えた変化は、ロシアを真に変えた要因でした。ピーターは陸軍と海軍にお金を提供するためにほぼすべてに税金を課し、外国貿易と製造を奨励しました。

ピーターはまた、ロシアで別のかなり大きな変化を遂げました。貴族の階級と特権は、家族の出身ではなく、政府のために行われた奉仕に依存していました。ピーターは、政府のために行われたサービスの償還で貴族に何千もの農奴を持った巨大な領地を与えました。この行動は、農奴制がヨーロッパの他の地域では急速に衰退していたが、ロシアではそうではなかったため、ピーターの他の貢献とは多少異なっていた。ピーターによるすべての貢献にもかかわらず、彼は完全にロシア社会を西洋化することができませんでした。それはロシアの大きさを知っていれば完全に理解できます。しかし、ピョートル皇帝は彼の支配下でロシアを大国に成長させました。これはほんの数人の個人が成し遂げた偉業です。

エカチェリーナ2世は、自分の夫を王位から外し、自分でそれを主張することができた強力な女性でした。彼女は多くの女性的な資質を持ち、芸術、科学、文学、演劇を支えましたが、これは彼女に「偉大な」の称号を与えたものではなく、多くの人々が気にしませんでした。彼女の外交政策とロシアのさらなる拡大が彼女を素晴らしいものにした。キャサリンの支配下で、貴族たちはさらに西洋化に没頭し、フランス語を話し、ほとんどのロシア人との接触を失いました。ロシアは依然として温水港を必要としており、この必要を満たすために、キャサリンはトルコ人との戦争に従事し、勝利を収めました。この戦争により、ロシアは黒海の北岸を支配し、クリミア半島を保護領にした。

キャサリンの最大の成果の1つは、ポーランドの分割でした。 3つの区画では、オーストリア、プロイセン、ロシアが自分たちのために必要な領土を飲み込んだだけでした。ポーランドはロシアだけに飲み込まれ、代わりにプロイセンとオーストリアと共に引き継がれましたが、ロシアはポーランドの最大の部分を獲得することができました。分割は、非常に優柔不断だったポーランドの非効率的な政府のために可能になりました。ポーランドの分断とオスマン帝国との戦争を通じて、エカチェリーナ2世はロシアの土地に20万マイル以上貢献しました。これにより、ロシアは中央ヨーロッパにまで拡大し、ヨーロッパで数え切れないほどの勢力になりました。

「大王」は両方とも、ロシアでの将来の出来事、そして最終的には現在のロシアを構成するものに大きく貢献しました。しかし、この2つを比較すると、ピョートル大帝はより困難な仕事をし、温水港の探索とともにロシアの西欧化を開始したと言わざるを得ません。彼はキャサリンの業績の創始者であり、したがってピョートル大帝は2人のうちの大きい方でした。ピーターは、再編成された軍隊を使用して最初の温水港を取得しました。キャサリンがしなければならなかったのは、トルコ人を倒すために設立されたピーターの軍隊を使うことだけでした。さらに、ピーターがロシアの経済に変化をもたらし、貿易と製造を奨励した一方で、キャサリンは単にプロイセンとオーストリアと一緒にポーランドの土地の一部を主張しました。ピョートル大王は道を舗装し、エカチェリーナ2世は単にそれを利用しました。キャサリンは多くの貢献をしましたが、ピーターは彼がロシアのためにしたことの多くを達成することができたより偉大でした。


彼女は女性の教育を気にかけていました

&ldquoWomenは種まき用であり、読書用ではありません&rdquoPeterはCatherineに次のように語っています。 グレート。この声明は、当時の包括的な感情を正確にほのめかしています。キャサリンは、自分の野心を追求するのではなく、ピーターに男性の相続人を提供することが期待されていました。の グレート、ファニング&rsquosキャサリンは、啓蒙主義の哲学者ジャン=ジャック・ルソーの著作に精通した教育改革のアイデアに満ちたロシアの裁判所に到着しますが、ピーターは彼女が女性を教育するつもりであることに気付いたときに学校を建設する計画を破棄します。

実際、キャサリンは教育、特に芸術と科学に情熱を注いでいました。当時の女性の機会は少なかった。 1764年、彼女はロシアで最初の女性教育機関であるサンクトペテルブルクに貴族の娘のためのスモリヌイ学院を設立する法令を発行しました。キャサリン自身は熱心な読者であり、文学的な願望を持ったアートコレクターでした。彼女の治世中、彼女はヨーロッパ中の知識人と連絡を取り、彼らのアイデアは彼女がロシアの文化と社会のために構想した進歩的な未来に影響を与えるのに役立ちました。


エカチェリーナ2世:有名なロシア皇后へのガイド

ロシアで最も有名な女性の支配者であったエカチェリーナ2世–女優のヘレンミレンがテレビシリーズで演じました グレート –鋭敏な軍事指導者であり、人権の先駆者ですか?それとも、彼女は特権を与えられただけに仕えた「欺瞞的な娼婦」でしたか?そして、誰もが知りたい質問:彼女は夫のピョートル3世を殺害しましたか?

このコンテストは終了しました

公開日:2019年10月21日午後1時

すべてのロシア人の皇后コンソートであるエカチェリーナ・アレクセイエフナが1762年6月28日に目覚めたとき、それは驚くべきニュースでした。彼女はベッドから飛び降り、急いで服を着て、宮殿の敷地内で彼女を待っていた馬車、ピーターホフに急いで行きました。その朝のキャサリンの急いで、馬車に飛び乗る前に髪の毛を整える時間がありませんでした。代わりに、彼女がサンクトペテルブルクの通りを一掃している間、彼女の高価なフランスの美容師がそれに出席しました。

馬車がスピードを上げたとき、キャサリンは群衆が彼女の進歩を称賛するために道端に押し寄せていることに気付くのに失敗することはほとんどありませんでした。彼女が目的地に到着したとき、その理由はすぐに明らかになりました。彼女の夫、ロシアの皇帝ピョートル3世はクーデターで証言録取され、非常に不確実な未来に涙を流して連れ去られました–そしてキャサリンは彼に取って代わることになっていました。

キャサリンがその朝彼女が直面した仕事の大きさを考慮していたなら、彼女は彼らの皇帝になるための軍の招待を大胆に受け入れるのではなく、まっすぐにベッドに戻ったかもしれません。 18世紀半ばのロシアは、広大で手に負えない、そして多くの点で後進国であり、貧困と大規模な不平等に悩まされていました。彼女の騒々しい愛の生活、ハイアートへの情熱、そして途方もなく高価な好みのおかげで、キャサリンはヨーロッパの歴史の中で最もカラフルな支配者の一人としての評判を築き、その過程で間違いなく歴史の中で最も強力な女性になりました。しかし、ロシアをバスケットケースから正真正銘の世界の超大国に変えたのは彼女の功績であり、彼女が最も高く評価された「偉大な」形容詞を獲得したのです。

聞く:Janet Hartleyは、HistoryExtraポッドキャストのこのエピソードで、エカチェリーナ2世の人生を探り、彼女に関連するスキャンダルの背後に真実があるかどうかを検討します。

タイムライン:エカチェリーナ2世

1729年4月21日*

将来のエカチェリーナ2世であるアンハルトツェルブストのソフィアは、ホルスタインゴットルプのヨハンナエリザベス王女とアンハルトツェルブストのクリスティアンアウグスト王子の間にステッティン(現在はポーランドのシュチェチン)で生まれました。

1745年8月21日

キャサリン(彼女がロシア正教会に改宗した1744年に彼女が取った名前)は、エリザベスの治世中にサンクトペテルブルクで将来のピョートル3世と結婚します。

1761年12月25日

ピョートル3世はロシアの皇帝になります。

1762年6月28日

ピョートル3世は、恋人のグリゴリー・オルロフを含むエリート陸軍将校の助けを借りて、キャサリンによって証言録取されました。彼女は皇后になります。

1767年7月30日

キャサリンは、リベラルで人道的な政治理論を提案する彼女の指導を発表します。

1772年7月25日

オーストリア、プロイセン、ロシアはポーランドとリトアニアを分割することに同意します。ロシアはリトアニアで領土を獲得します。

1774年7月10日

クチュクカイナルジ条約(現在のブルガリアのカイナルジャ)は、最初の露土戦争(1768–74)を終結させます。ロシアは、ケルチとキンバーンの町やブーク川とドニエプル川の間の海岸など、黒海の北海岸に重要な領土を獲得しています。

1783年4月8日

キャサリンは、オスマン帝国からクリミアを併合するという彼女の意図を宣言するマニフェストを発行します。併合は、1783年12月28日のトルコ人との合意によって実際に確認されています。

1785年4月21日

貴族や町への憲章が公布され、貴族や町民の権利と特権が明確になります。

1791年10月5日

キャサリンのお気に入りでかつての恋人であったグリゴリーポテムキンは、第二次露土戦争を終結させるオスマン帝国との条約が締結される直前に、モルダビアでのキャンペーンで亡くなりました。

1795年10月13日

ポーランド-リトアニアの最終分割は、オーストリア、プロイセン、ロシアの間で合意されています。ロシアは、3つの区画の結果として、リトアニア、ウクライナ西部、ベラルーシの120,000平方キロメートルを取得します。

1796年11月6日

キャサリンはサンクトペテルブルクで死去。

*すべての日付は、18世紀のロシアで使用されているユリウス暦に準拠しています。このタイムラインは、2019年9月にBBCヒストリーマガジンに最初に掲載されました

エカチェリーナ2世は何を成し遂げましたか?

キャサリンの業績は、彼女の体にロシアの血が一滴もなかったという事実によってさらに注目に値します。彼女は1729年5月2日にソフィーフリーデリケオーギュストフォンアンハルト-ゼルブスト-ドルンブルクで、当時のシュチェチン市(現在はポーランドのシュチェチン)でプロシアの貴族に生まれました。彼女の母親であるホルスタインゴットルプのヨハンナエリザベス王女は、ヨーロッパの王立池にいる非常に小さな魚でしたが、娘に対する無限の野心と、同様に重要なこととして、つながりを持っていました。そして、彼女が若いキャサリンをロシアのエリザベス皇后の宮廷に招待することを可能にしたのは、これらのつながりの1つでした。ヨハンナにとって幸運なことに、キャサリンは才能のある女の子でした​​。彼女はかわいくて頭が良く、何よりも魅力的でした。彼女の魅力的な性格はすぐにエリザベスを魅了しました。そのため、ロシアの皇后はキャサリンの甥であるピーターとの婚約を設計しました。

キャサリンとロシアの相続人との結合は、彼女を世界の舞台に押し上げるでしょう。しかし、関係として、それは自動車事故でした。彼女は世俗的で文化的であり、政治と歴史に関する本をむさぼり食い、後にフランスの啓蒙思想家ヴォルテールと手紙を交換しました。キャサリンが書いたように、ピーターは自己吸収的で未熟で、「話していました」。私は丁寧に耳を傾け、しばしばあくびをしましたが、彼を邪魔しませんでした。」

彼らの結婚はひどいスタートを切りました。結婚式の夜、ピーターは新しい妻をベッドに残し、友人と階下を騒がせました。1761年12月に叔母が亡くなり、ピーターが皇帝に昇格したため、事態はさらに悪化しました。すぐに彼は愛人を連れて行き、キャサリンを脇に押し出して彼らの一人が彼と一緒に支配できるようにすることについて公然と話していました。息子のポールの誕生でさえ、結婚を救うことはできませんでした。ポールの父親は実際にはキャサリンの恋人であり、ハンサムな廷臣のセルゲイサルトゥコフであるという噂がたくさんありました。

彼は皇帝だったかもしれませんが、ピーターは妻との対決で1つの重大な不利益を被りました。彼は、ロシア軍の群れに罵倒されました。それで、キャサリンが彼に対してクーデターを設計したとき-砲兵将校グリゴリー・オルロフの助けを借りて-それはすぐに壊滅的な勢いを取りました。ピーターは、「子供が寝ているように王位を放棄した」と言われました。ほとんどの場合、ロシアの教会、軍隊、貴族は新しい女性の支配者を歓迎しました。しかし、皇后両陛下はさらに大きな魚を揚げていました。彼女は、ヨーロッパの超大国である英国とフランスに、自分がそれに値すると信じていた尊敬を国に与えることを望んでいました。それは軍事段階でのみ達成できました。

大論争:エカチェリーナ2世は夫を殺したのか?

近世ヨーロッパではクーデターはめったにありませんでしたが、1762年夏のピョートル3世の没落を非常に興味深いものにしているのは、それを首謀した人々のアイデンティティです。キャサリンが夫の寄託に加担していたことは疑いの余地がありません。夫婦の関係は長い間有毒になり、彼女は彼の連れ去り(ロシアの王位)から得るすべてのものを持っていました、そして彼女の恋人、グリゴリー・オルロフは反乱。しかし、それほど確実ではないのは、次に起こったことにおけるキャサリンの役割です。

クーデターはピーターを完全にホップで捕らえました。正式に退位した後、彼はそうだった。逮捕され、ロプシャの村に連れて行かれ、グリゴリーの兄弟であるアレクセイグリゴリエビッチオルロフの管理下に置かれました。数日後、彼は亡くなりました。

公式の説明では、彼は「疝痛」の犠牲者になりました。しかし、彼が殺害されたことを疑う人はほとんどいなかった。大きな問題は、キャサリンが殺害を命じたのかということです。

実は、私たちは知りません。ほとんどの歴史家は、彼女が望むなら、たとえば亡命への通路を許可することによって、ピーターを救うために行動することができ、彼女は彼から永久に自分自身を取り除くことによって多くを得ることができることに同意します。しかし、新しい皇后が夫の血を手にしたことを証明することは、これまでのところまったくとらえどころのないことが証明されています。

エカチェリーナ2世の軍事的努力

次の30年間で、キャサリンの軍隊は、ロシアを帝国のヘビー級として確立する一連の軍事的努力に着手しました。東部では、彼女はポーランドを分割し、リトアニアとベラルーシの帯を飲み込みました。南部では、彼女はオスマン帝国と戦い、素晴らしい結果をもたらしました。

トルコ人との対決において、ロシア人は地中海に海軍の存在がないことによって大いに妨げられました。このアキレスのかかとを克服するために、ロシアの将軍は大胆な計画を思いつきました。フランスとスペインの西にあるバルト海の母港から4,000マイル以上の艦隊を航海し、地中海を上ってトルコ人を驚かせました。キャサリンは計画を承認し、その見返りは画期的なものでした。1770年7月のチェスマの海戦で有名な勝利でした(ロシアはトルコ人の9,000インチに最大600人の死者を出し、地中海に足場を築きました。彼女はそうしました。後でクリミアを併合します。

さらに多くの軍事的勝利が続きました。それらの多くは、キャサリンの軍隊の威勢のいい頭、グリゴリーポテムキンによって首謀されました。しかし、1770年代半ばまでに、ポチョムキンは皇后の最高軍事顧問以上のものになりました。彼は彼女の恋人でした。キャサリンは打たれ、彼を「私の巨像…私の虎」と呼び、「私は将軍をとても愛している」と書いた。キャサリンの人生の愛と呼べる人がいたら、それは彼でした。

しかし、彼は最後からは程遠いものでした。ポチョムキンとの関係が崩壊した後、キャサリンは一連の新しい恋人を引き受けました–不思議なことに、彼らの多くはポチョムキン自身によって推薦されました。そして、ツァリーツァが年をとるにつれて、彼女の新しい美女は若く成長したように見えました。最後のプラトン・ズーボフ王子は、38歳で後輩でした。あなたの祖母になるのに十分な年齢の誰かとベッドを共有することは、誰もが好むものではなかったかもしれませんが、それは確かにその代償を持っていました。キャサリンは日常的に彼女のパラモアに称号、土地、宮殿を授けました–そしてある場合には1000人以上の農奴を授けました。

キャサリンの魅力に堕ちたのは、資格のある若い陸軍将校だけではありませんでした。彼女の世界的な評判が高まるにつれ、ヨーロッパのインテリシアのメンバーがますます彼女に魅了され、ロシアのルネッサンスの背後にある謎めいた女性について報告するために東に旅行する人もいました。

「両開きの扉が開き、皇后が現れました」と、フランスの肖像画家、マダムヴィジェールブランは、ガラでキャサリンを観察した後、書いています。 「彼女はかなり小さいと言いましたが、頭を高く上げ、鷲のような凝視と命令に慣れた表情で公に出演した日には、これらすべてが彼女にそのような威厳のある空気を与えました。私にとって、彼女は世界の女王だったかもしれません。」

エカチェリーナ2世が皇后として一つの包括的な目標を持っていたとしたら、それは彼女の言葉では、「ロシアを中世の昏迷から現代の世界に引きずり込む」ことでした。彼女の目には、それはロシアの生活の最も暗い窪みに啓蒙主義の価値観を導入し、芸術を促進するために莫大な量のエネルギーを投資することを意味しました。これらの2つの野心の後者では、キャサリンには同等のものがほとんどありません。彼女はロシア文化の黄金時代を主宰し、英国の初代首相であるロバートウォルポールのアートコレクションを購入し、フランスから文化財を手に入れ、とりわけ、世界でも有​​数のアートコレクションの1つであるサンクトペテルブルクのエルミタージュを作成しました。これは普通の博物館ではなく、啓蒙主義の神社であり、そのギャラリーには、キャサリンが38,000冊の本、10,000点の絵、そして無数の彫刻された宝石を置いていました。

しかし、これにはすべてお金がかかります。目を見張るような金額。キャサリンは熱心な浪費家であり、彼女は自分の法廷だけでロシアの国家予算の12%を浪費しましたが、何百万人もの農奴がひどい貧困の中で暮らし続けました。

エカチェリーナ2世は何件の事件を起こしましたか?

エカチェリーナ2世になった女性は、理想的な妻とはほど遠いものでした。ロシアのピョートル3世との結婚は、1745年から1762年の彼の不審な死まで続き、この間、少なくとも3人の恋人がいました(キャサリン自身は、夫が子供を父親にしていないことをほのめかしました)。未亡人の皇后として、彼女は男性の廷臣に大きな好意を示し、神話の中で彼女の愛の生活を覆い隠している横行する乱交の評判を得ました。さまざまな学者が彼女を12人から300人の恋人、さらには秘密の二度目の結婚であると信じています。

破られた約束

キャサリンが王位に就いたとき、彼女は何世紀にもわたってロシアの農奴が彼らの主人の仮想奴隷として働くことを非難していたシステムの解体に向けていくつかの深刻な進歩を遂げると思われました。彼女は「ナカズ」(または「命令」)を後援しました。これは、フランス啓蒙主義の原則に大きく影響された法典草案であり、法の前にすべての男性の平等を宣言し、死刑と拷問を承認しませんでした。

しかし、ドラフト段階は計画が得た限りです。キャサリンはナカズを追いかけたことはなく、数年後、何千人もの農奴が反乱を起こした。彼らはエメリヤン・プガチェフと呼ばれるコサックに率いられました。彼は彼らの自由を約束しただけでなく、彼がキャサリンの証言録取された夫であると宣言し、彼の王位を取り戻すために戻ってきました。これはかすかにばかげているように聞こえるかもしれませんが、キャサリンにとってそれは致命的に深刻であり、反乱軍が1,500人の貴族を追い詰めて虐殺したとき、彼女は暴動への対応を思い付くのに苦労しました。

彼女が最終的にそうしたとき、彼女は完全に冷酷でした。反乱は鎮圧され、プガチェフは捕らえられ、彼は完全に無知な死に耐えることを余儀なくされました–最初に彼は絞首刑にされ、次に彼の手足は切り落とされました。やがて、キャサリンは貴族の特権を大幅に高める一連の法律を制定しました。ロシア人の大多数にとって、自由は待たなければならないでしょう。

今では、キャサリンは、彼女の死後、彼女の養子縁組国に何が起こるかを考えることをますます強いられている老婆でした。彼女は息子のポールと冷淡な関係を築いており、孫のアレクサンダーが王位を継ぐことをはるかに望んでいることを十分に明らかにしました。それは彼女が負けるであろう戦いでした–少なくとも短期的には。 1796年11月16日、キャサリンはトイレにいる間に脳卒中を起こし(頑固だが完全に捏造された噂があるので、奇妙な性行為を行っている間ではありません)、翌日亡くなりました。パウロは皇帝に戴冠し、母親に対する意地悪な態度を示して、すぐに女性が二度と王位に就くことを禁止する法律を可決しました。しかし、彼の勝利は短命でした。父親と同じように、彼はクーデターで証言録取され暗殺され、キャサリンのお気に入りのアレクサンダーに取って代わられました。エカチェリーナ2世が彼女の並外れた人生の間に望んでいたことのほとんどは実現しました、そして彼らは墓を越えてさえそうし続けたようです。


ロシア皇后エカチェリーナ2世の実話&#8211新しいミニシリーズの主題

ソフィー・フリーデリケ・オーギュスト・フォン・アンハルト-ゼルブスト-ドルンブルクは、ロシアの最も偉大な統治者の1人であるエカチェリーナ2世になるドイツの少女で、貧しく生まれましたが、当時のプロイセンの地域であるステッティンで貴族的でした。わずか16歳のとき、1744年に、彼女はピョートル大帝の孫であるロシアの王位、ピョートル3世に明らかな息子と相続人と結婚するためにロシアに送られました。彼らは翌年の1745年8月に結婚した。

すぐに彼女の出生名、ソフィーは変更され、彼女はカテリーナ(キャサリンに英語化)になりました。それは彼女が歴史に名を残した名前であり、今日私たちが使用している名前は、結婚式から1年も経たないうちにロシアを支配できるように、夫を脇に追いやった、強くて独立した元気な女性のイメージを呼び起こします。ある人にとっては、彼女は他の人にとって新鮮な王室の空気の息吹でした、彼女は自分の場所を知らなかった甘やかされた、意図的な女性でした。

しかし、キャサリンがロシアを近代化し、裁判所を改革し、宮殿だけでなく人々にヨーロッパの文化をもたらしようとすることで彼女の名声を獲得したことに異論はありません。サンクトペテルブルクに世界最大の美術館の1つであるエルミタージュ美術館の創設を主に担当したのは彼女でした。彼女は自称「アートホッグ」であり、ヨーロッパ中のアーティストから作品を集めました。

1745年の17歳のキャサリン

その間、彼女の夫は、ロシアの人々に対する彼の責任をほとんど気にせず、王としての彼の義務を何も気にかけなかった怠惰で腐敗した男でした。一方、キャサリンは、1796年までビジョンと決意を持ってしっかりと統治し、ロシアで最も長く続いている女性リーダーになりました。

現在、CatherineのストーリーはHuluの新しいシリーズで語られています。単に「TheGreat」と請求された新しいシリーズは、皇后の物語で十分なライセンスを取得し、いくつかの歴史的事実を散発的に注入しながら、明らかに楽しい側に着陸します。アカデミー主演女優賞のオリビア・コールマンを2年間受賞した、「The Favourite」、もう1つの女王の物語「アン女王」を書いたTonyMcNameraが執筆しました。前に。

ロシア、サンクトペテルブルクのエカチェリーナ2世の記念碑。写真提供
Mplogino CC by 3.0

マクナメーラによるこの取り組みでは、主役のエル・ファニングが主演し、ニコラス・ホルトは彼女の怠惰な夫を演じています。シリーズは5月中旬にHuluで放映され始めました。キャサリンについて渦巻く多くの物語があり、いくつかは彼女の遺産に損害を与え、噂に過ぎません。 One, for example, that constantly crops up (and which historians are quick to dispel) is that she died while trying to copulate with a horse. Yes, a horse. It’s nonsense, obviously. Nowadays it would be called fake news. Catherine died of a stroke in 17 November, 1796.

But it’s a prime example of how many people begrudged Catherine her power, and sought to discredit her with innuendo, rumors and scandal. She had love affairs outside her marriage, and doing so made her a target for those who held stricter beliefs about the sanctity of marriage, and looked askance at those who dallied outside their unions. Catherine did what she wanted, more or less, and felt her lovers were no one’s business but hers.

Not all her strategic and political moves were admired either. Under her direction, the territory of Crimea was incorporated into Russia, a decision that received mixed responses from her critics and allies alike. The series does not pretend to be a factual representation of Catherine’s life and career. More than anything, producers say, it is a romp, meant to entertain as well as enlighten, with great sets, costumes, and other paraphernalia representing 18th century Russia.

In these precarious times in which we’re living an escape into Russia in the 18th century, with a bold, forward thinking woman at its helm — sounds like just the escape we all need once in a while, even if we’re forced back to reality at the end of The Great’s first season.


When Catherine the Great Invaded the Crimea and Put the Rest of the World on Edge

In a matter of weeks, Russian President Vladimir Putin has gone from showcasing his nation’s culture and athletics at the Winter Olympics in Sochi to sending troops into Ukraine’s Crimean peninsula. The Games captured the world’s imagination but European and North American leaders have condemned the invasion of the Crimea, comparing Putin’s actions to Soviet or Czarist style military aggression.

関連性のあるコンテンツ

Nearly 250 years ago, Empress Catherine II “the Great” played a similar hand when she attempted to impress the West while ruthlessly enforcing her authority over Russia and the surrounding region. Catherine presented herself to the world as an “Enlightened” autocrat who did not govern as a despot but as a monarch guided by the rule of law and the welfare of her subjects. Yet at the same time, she annexed much of what is now the Ukraine through wars with the Ottoman Empire and the partition of Poland and brutally supressed the largest peasant rebellion in Russian history.

Catherine was not born to rule Russia. Born Princess Sophie, she grew up the daughter of Prince Christian of Analt-Zerbst, a small German principality. She was raised to marry a Prince rather than rule in her own right. In 1744, when Sophie was 15 years old, Empress Elizabeth of Russia selected her to be the wife of her nephew and heir, the future Emperor Peter III. They were married in St. Petersburg in 1745, and Sophie embraced her new home. She converted from Lutheranism to the Russian Orthodox faith, changed her name to that of Elizabeth’s late mother, Catherine, and learned Russian.

Catherine’s marriage, however, was unhappy. In her memoirs, she described Peter as an idiot and a drunkard. She avoided his company, spending her days reading the works of French Enlightenment philosophers such as Voltaire, Montesquieu and Diderot. Peter came to the throne in 1762 and threatened to incarcerate her in a convent so that he could marry his mistress. Instead, Catherine seized the throne via a military coup orchestrated by her lover, Gregory Orlov, and his brothers with the support of the military class and the Russian Orthodox Church. Peter’s decision to withdraw from the Seven Years War because he idolized King Frederick the Great of Prussia had outraged the Russian army, which had achieved victories against the Prussians. Peter had also alienated the Church because of his disdain for Russian Orthodox ritual.

As Empress, Catherine intended to continue the program of Westernization begun by Peter III’s grandfather, Peter the Great. Catherine founded Russia’s first state funded school for women in 1764 and began collecting the fine art that now comprises the Hermitage Museum in St. Petersburg. When Catherine drafted a new law code for Russia, she made a public show of consulting her subjects. She summoned a legislative commission consisting of 142 delegates from the nobility, 209 delegates from the towns and 200 delegates from the peasantry and ethnic minorities within her empire to contribute ideas to the legislative process.

By the 1770s, Catherine appeared to preside over a court that was not so different from that of her fellow European rulers. In September 1773, Catherine hosted a lavish wedding for her son, Grand Duke Paul and Princess Wilhelmina of Hesse-Darmstadt. Diderot visited Russia the following month. The presence of the French philosopher in St. Petersburg appeared to demonstrate that Catherine was open to influence from the West and the free exchange of ideas at her court.

Catherine risked her reputation in the West as an Enlightened ruler, however, to expand her territory into Ukraine. While Catherine entertained European royalty and thinkers at her court, her armies fought in a war with the Ottoman Empire (modern day Turkey) for control of the Black Sea. Peter the Great had opened Russia up to the Baltic Sea, founding St. Petersburg on the Baltic Coast, but Catherine was determined to expand her south eastern frontier and develop a permanent Russian presence on the Black Sea.

When the Russo-Turkish War began in 1768, the Tatars who lived on the Crimea operated somewhat autonomously under a Khanate. The predominantly Muslim population descended from centuries of intermarriage between the native Turkic people and Mongol armies who had occupied the region during Genghis Khan’s time. They had a fractious relationship with the surrounding Russian and Polish-Lithuanian Empires because they raided their neighbors, engaging in human trafficking. As Russia expanded southward, these raids decreased in frequency, but continued to take place until the annexation of the Crimea.

The 1774 Treaty of Küçük Kaynarca temporarily ended the conflict, leaving the Crimea with nominal independence but giving Russia control of key ports on the peninsula. Catherine refused all offers from Prussia, Austria and France of further mediation, determined to continue pursue her territorial ambitions in the region. Catherine’s fellow monarchs ultimately accepted the loss of the Crimea’s independence, and Russia formally annexed the Crimea in 1783.

Russo-Turkish wars and three successive partitions of Poland during Catherine’s reign brought much of the rest of modern Ukraine under Russian rule after the region had spent centuries under Polish-Lithuanian control. Catherine’s victories enabled Russia to establish a Black Sea fleet. Special access to the Dardanelles and Bosporus Straits that connected the Black Sea to the Aegean Sea via the Sea of Marmara became a key foreign policy goal for Catherine’s descendants during the 19th century, contributing to the outbreak of the Crimean War (1853-1856).

The Ukranian peasantry could no more enjoy the freedom of mobility that they were once permitted as subjects of the Polish-Lithuanian Empire. Despite her attempts to forge an “Enlightened” image, Catherine’s espousal of serfdom lead to brutal consequences and sustained criticism from her European neighbors. Catherine owed her throne to the support of the nobility and therefore did little to improve the lives of the peasants who toiled on their estates. Yemelyan Pugachev, claiming to be Catherine’s long-since-murdered husband Peter, promised to free enserfed peasants from their labour and financial obligations to the nobility. He quickly gained upwards of 200,00 supporters.

In 1774, Pugachev led 20,000 peasants in the capture of the Russian city of Kazan, setting fire to the city and slaughtering noble families. Catherine’s troops responded to the violence with violence. Pugachev and hundreds of his supporters were executed and thousands more were flogged or mutilated.

In addition to the military response, Catherine acted legislatively too, issuing the 1785 Charter of the Nobility that affirmed the rights of nobles to own peasants and dispense justice on their estates. The newly conquered Ukrainian peasants suffered along with their adopted countrymen

Much like Putin today, Catherine valued her own sovereignty and the expansion of Russian political power over all other considerations. The Ukranian people, and the Tatars especially, would continue to be ruled by various sovereignties, from the Russian Empire to the Austro-Hungarian Empire to Poland to the Soviet Union. From Catherine's reign through the Soviet Union to the present day, the Ukraine continues to be Europe's battleground.


Mystery continues to swirl over Peter’s death

Peter was exiled to Ropsha, 30 miles outside of St. Petersburg. Eight days later, he was dead. The official report concluded that he had died from severe hemorrhoids and an apoplexy stroke. But few inside or outside of Russia bought that. Some historians contend that he committed suicide or died in a drunken brawl with guards, but it’s largely believed that he was murdered by his captor Alexei Orlov, brother of Catherine’s lover Grigory.

Catherine’s complicity in Peter’s death remains a hotly debated topic and it’s uncertain if she knew of his likely fate when she seized the throne. She may have planned to offer him exile, but the quick political rise of the Orlov brothers and other co-conspirators cast doubt on that theory. Whether Catherine gave her implicit or explicit approval, Peter’s untimely death cast a pall over her early reign.

She would also face frequent challenges to the legitimacy of her claim to the throne by a series of “pretenders.” Eight years after Peter’s death, a Cossack-turned-outlaw named Yemelyan Pugachev gained support behind his fictitious claim that he was, in fact, a very undead Peter III. Catherine dealt with Pugachev’s rebellion as she would other uprisings, bringing the crushing power of the Russian army to bear. Pugachev was captured and executed, and Catherine would continue her attempts to transform Russia (for better and worse) during her 34-year reign.


Catherine the Great's Necklace Is Up for Auction

A suite of gems once owned by the wife of Peter the Great is also part of the sale.

The Russian Imperial family's obsession with jewelry can be traced back to Tsar Peter the Great, who established his collection of gems in 1719 and stored it in what was known as the Diamond Room in the Winter Palace in St. Petersburg. Over the course of his life, Peter the Great commissioned many priceless jewels as gifts for his wife, Empress Catherine I.

Over the succeeding centuries, rulers of the Russian Empire added jewelry and precious gemstones to the collection, but the largest contribution was made by Empress Catherine II, otherwise known as Catherine the Great, who ruled the country from 1762 until 1796.

As part of their Magnificent Jewels and Noble Jewels auction on November 16th in Geneva, Sotheby's will auction a necklace thought to have been commissioned by Catherine the Great. The necklace was crafted between 1760 and 1780 and consists of two separate jewels, a diamond necklace and a clasp in the shape of a bow, which can be worn together or separately.

The necklace remained in the collection of the Russian Imperial family until 1927 when it was brought to London and sold during an auction of the Russian State Jewels, and it has remained in private collections since then.

The other lot in the sale with a connection to Russia's Tsars is an antique colored diamond necklace, brooch and pair of earrings that were commissioned by Sultan Ahmed III of the Ottoman Empire and given to the wife of the Viceroy of Egypt to celebrate the birth of her son. It is thought that the colored diamonds in the set were originally given to the Sultan by Empress Catherine I of Russia in order to negotiate the end of the Siege of Pruth in 1711.

The history behind the Russian crown jewels may be priceless, but it will cost you to purchase them each of the lots is expected to sell for between $3 million and $5 million


What was so ‘Great’ about Catherine?

Catherine II, the most famous of the women who ruled Russia.

Sophie Friederike Auguste von Anhalt-Zerbst-Dornburg was born on May 2, 1729 in Stettin, Prussia, which is today Szczecin, Poland. Her father was a minor German prince, but he had married well, and his wife&rsquos bloodlines opened numerous prospects for his daughter. She charmed Russia&rsquos Empress Elizabeth, who was in search of a bride for her nephew and heir, the future Peter III. The young princess took the name Ekaterina (Catherine) when she was baptized into the Orthodox faith in order to marry Peter.

An Enlightened absolutist

Modest and charming, young Catherine was popular with the noble elites &mdash but Peter himself was not. He reigned only six months, from January-July 1762, before abdicating in favor of Catherine. Only a week after abdicating, he was killed. Although there is no proof that Catherine knew of the murder, she has long been rumored to have ordered it.

Describing the empress, historian Alexander Orlov wrote: "All her life, she was burning with ambition, and, having reached power, she tried to keep it by all means.&rdquo Once on the throne, the Empress quickly concentrated all power in her hands: she reformed the Senate, reducing its lawmaking power, and took away land and peasants from the church, depriving it of its economic base.

Source: Alamy / Legion-Media

However, like other European sovereigns of the 18th century, she was committed to the concept of enlightened absolutism &mdash in which the monarch rules single-handedly, but for the sake of the people and for their own good.

Nobels up, peasants down

One of Catherine's large-scale projects taken on &ldquofor the good of the people&rdquo was the convening of the Legislative Commission in 1767.

This temporary legislative body was supposed to develop a new comprehensive law that would reconcile the interests of all classes. Even the abolition of serfdom was discussed. In the end, however, the commission had to be disbanded due to fears that disgruntled nobles might revolt against the empress, according to Orlov.

The rule of Catherine can justifiably be called the golden age of the Russian nobility. Noblemen were exempt from military service and paying taxes, and they were granted the right to open their own factories and to trade. They made up the country&rsquos military and political elite, and were known as much for their extravagant parties as for their excellent education.

Peasants, on the other hand, had little to thank Catherine for. During her reign, they lost the little freedom they had &mdash they were forbidden to complain about their landlords, and the landlords were given the right to force peasants to do hard labor. Peasant revolts, the best known of which was Pugachev&rsquos Rebellon, broke out across Russia in the 1770s. They were all suppressed.

Military might

Catherine successfully waged wars abroad as well as at home. One of her major goals was to increase Russian influence in Europe. She incorporated Crimea, seizing it from Turkey, and, with the leaders of Austria and Prussia, partitioned Poland out of existence, incorporating into Russia the territory that today makes up Ukraine, Belarus, Lithuania and Latvia.

Catherine primarily owed her military victories to her brilliant generals. Alexander Suvorov was one of the best generals in Russian history, and Grigory Potemkin, one of the empress&rsquos favorites, reformed the army along European lines.

The flourishing of science and the arts

Catherine prioritized the arts and sciences as well as the military. She put together the collection of paintings, drawings and sculpture that formed the beginning of the Hermitage, now one of the largest museums in the world. She also invited to St. Petersburg a number of important European architects who created the famous palaces and churches of Russia&rsquos northern capital. During her rule, a system of schools was created, and the Smolny Institute, Russia's first place of higher learning for women was opened.

The empress herself published the satirical magazine Vsyakaya Vsyachina ("Odds and Ends") made up of her own writings and also wrote morality plays. She was a regular correspondent of the Enlightenment philosophes Voltaire and Diderot.

"It was he, or rather his writings, that shaped my mind and my beliefs," Catherine wrote of Voltaire. The philosopher, in turn, spoke of Catherine with great respect and promoted the empress in Europe.

Playing favorites

Even though legends about the empress's sexual appetite persist, all that can be said with any fact is that she had a number of favorites, many of whom doubled as lovers. Historian Peter Bartenev cites a figure of 23 such favorites.

These men had great influence at the court, received expensive gifts, palaces and land, and were appointed to high positions &mdash not always deservedly. Her last favorite was 22 at the start of their relationship, while Catherine herself was 60. Their association ended only with Catherine&rsquos death in 1796 at the age of 67.