USSバルチ(DD-50)

USSバルチ(DD-50)

USSバルチ(DD-50)

USS バルチ (DD-50)は、1914年にメキシコへの米国の介入に参加し、1917年から18年にクイーンズタウンから仕えたカッシン級駆逐艦でした。

NS バルチ 1853年にペリー提督の日本への遠征に参加し、1854年に上海で戦い、南北戦争中に南軍の封鎖に参加した、U海軍の将校であるジョージ・ビール・バルチにちなんで名付けられました。 1883年に引退するまでに、彼は海軍少将であり、太平洋基地の司令官でした。

NS バルチ 1912年12月21日にフィラデルフィアのウィリアムクランプによって進水し、1914年3月26日に就役しました。彼女は数週間大西洋艦隊のトルペド船団に加わり、その後メキシコでの米国の介入に参加しました。に仕えた人は誰でも バルチ 1914年4月28日から5月3日までの間、メキシコ従軍記章の資格がありました。これに続いて、5月7日にニューヨークで大統領艦隊レビューが行われました。海戦コラージュの機動の後、彼女は1914年7月24日に予備任務に就いた。

NS バルチ 1914年12月17日に再就役し、大西洋艦隊に加わりました。彼女は中立パトロールに参加し、1916年10月8日にイギリス自由軍団から生存者を救出しました。 ステファノ ロードアイランド州ニューポートの近くでUボートに沈められました。

1917年4月の第一次世界大戦への米国の参入後 バルチ 10月25日にヨーロッパ海域に向けて出発する前に、爆雷ラックが装備されていました。彼女は11月17日にクイーンズタウンに到着し、11月24日に操業を開始しました。彼女は対潜水艦パトロールと護送船団の護衛任務の増加を組み合わせて実行しました。

1918年1月29日、彼女はリバプールの近くでUボートを発見し、ターゲットが潜ったときに2発の爆雷を投下しました。

5月12日、彼女は護衛団に加わり、コンボイHS-60近くのUボートを攻撃し、12発の爆雷を投下しましたが、再びUボートは脱出しました。

1918年10月20日 ポールディング (DD-22)と衝突した バルチ 護送船団を護衛しながら。の一つ バルチの 爆雷は船外に投下されましたが、幸い爆発しませんでした。衝突により損傷した バルチの ステアリングギア、そして彼女は2週間の修理が必要でした。

11月5日、彼女は スタレット (DD-27)商船SSから29人の生存者を救出 ディプトン.

1917年11月8日から1918年11月11日までの間に彼女に仕えた人は誰でも、第一次世界大戦の勝利記章の資格を得ました。

NS バルチ 1918年11月16日に米国に向けて出発し、1919年1月1日にノーフォークに到着し、そこで予備軍に配置されました。彼女は1919年4月初旬に再就役し、キューバ海域で3週間過ごした後、オーバーホールのためにノーフォークに戻りました。 1919年5月、彼女は駆逐艦戦隊14(USS カミングス (DD-44); USSウェインライト(DD-62); USS パーカー (DD-48); USS バルチ (DD-50); USS マクドゥガル (DD-54); USS エリクソン (DD-56);およびUSS デキシー (AD-1))。

彼女は次に1921年後半に大西洋艦隊の魚雷艦隊に加わり、駆逐艦隊14に仕えたときに出港しました。これは短期間の猶予であり、1922年6月20日に再び退役しました。 1933年11月1日、1935年3月8日に駆逐されました。最後に、1930年のロンドン海軍条約に準拠するために、1935年4月23日に彼女を解体する命令が出されました。

変位(標準)

公称1,010トン

変位(ロード済み)

1,235トン

最高速度

16,000shpで29kts(設計)
トライアルで1,057トンで14,253shpで29.14kts(ダンカン)

エンジン

2軸パーソンタービンとレシプロクルージングエンジン
16,000shpのボイラー4台

長さ

305フィート5インチ

30フィート2インチ

軍備

4つの3in.50ガン(DD-43およびDD-44)
4インチ/ 50ガン(DD-45からDD-50)
4つのツインマウンティングに8つの1インチ魚雷発射管

乗組員の補数

98

発売

1912年12月21日

委託

1914年3月26日

運命

スクラップ1935

第一次世界大戦に関する本|主題索引:第一次世界大戦


サービス履歴[編集|ソースを編集]

彼女の試運転後、 バルチ 海軍作戦部長の下で一定期間運営された。彼女は1937年10月にロードアイランド州ニューポートを3ドルで出発し、カリフォルニア州サンディエゴに到着すると、駆逐艦第7師団のバトルフォースに加わりました。その後、駆逐艦戦隊12の旗艦として、後に駆逐艦戦隊6の旗艦として、太平洋およびハイチ-カリブ海地域での艦隊訓練、巡航、戦闘問題に参加しました。真珠湾での艦隊問題XXIに参加した後、 バルチ マーレ島海軍造船所に蒸気を送り、1940年春に造船期間を経た。航海期間が終了すると、彼女はハワイ諸島と西海岸の間を交互に6回航海した(1940年8月から1941年12月)。

第二次世界大戦[編集|ソースを編集]

1941年12月1日、 バルチ TF 8のユニットとして海に出され、真珠湾攻撃後も機動部隊に留まりました。彼女は戦争の初期に太平洋を航海し、マーシャル諸島のタラワ島への砲撃に参加した(1942年2月1日)。 1942年2月から1944年6月の間に、 バルチ ウェーク島襲撃(1942年2月24日)、ドーリットル空襲(1942年4月18日)、ミッドウェー海戦(6月4〜7日)の間に広範囲にわたるスクリーニング、哨戒、および消防支援の任務を遂行し、その間に彼女は545人の生存者を救助しました。 ヨークタウン グアダルカナル上陸(8月7-30日)アトゥ侵攻(1943年5月11日-6月2日)トゥーム-ワクデ-サルミ上陸(1944年5月25-28日)とビアク島侵攻(5月28日-6月18日)。

1944年7月15日、 バルチ ニューヨークに到着しました。 1944年8月2日から1945年5月23日までの間に、彼女は北アフリカのさまざまな港への大西洋横断の護衛護衛航路を5回完了しました。 1945年6月16日、彼女はペンシルベニア州フィラデルフィアで不活化前のオーバーホールを開始しました。彼女は1945年10月19日に廃止され、1946年に廃棄されました。


コンテンツ

バルチ 1911年3月に4隻の船の最後として認可されました アイルウィン&#160class、これは カシン-同時に認可されたクラスの破壊者。 &#915&#93&#91注1&#93船の建造は、3隻の姉妹船と同様に、1912年5月7日にキールを置いたウィリアムクランプアンドサンズオブフィラデルフィアに授与されました。&#915&#93 12月21日、 バルチ 同名のジョージ・ビール・バルチの娘であるスポンサーのミス・グレイス・バルチによって打ち上げられました。この船は、米墨戦争と南北戦争に参加し、海軍少将として1879年から81年まで米国海軍アカデミーの監督を務めた米海軍将校のバルチにちなんで名付けられた最初の米海軍船でした。 &#912&#93

駆逐艦は、建造時の長さが305&#160ft 3&#160in(93.04&#160m)、船幅が31&#160feet 2&#160inches(9.50&#160m)で、10&#160ft 6&#160in(3.20&#160m)を引きました。 &#912&#93&#911&#93船の標準排水量は、1,036ロングトン(1,053&#160t)で、満載時の排水量は1,235ロングトン(1,255&#160t)でした。 &#911&#93&#915&#93

バルチ 彼女の2つのスクリュープロペラを駆動する2つの蒸気タービンと、クルージングの目的でそれぞれがプロペラシャフトの1つに接続された追加のペアの三重膨張蒸気エンジンがありました。 4つの石油燃焼ボイラーがエンジンに動力を供給し、16,000&#160shp(12,000&#160kW)を生成し、船を最大29.5ノット(54.6&#160km / h)で移動させました。 &#912&#93&#915&#93

バルチ &#39の主砲は、4つの4&#160in(100&#160mm)/ 50 cal Mark 9銃、&#912&#93&#916&#93&#91注2&#93で構成され、各銃の重量は6,100&#を超えていました。 160ポンド(2,800&#160kg)。 &#916&#93銃は、33&#160lb(15&#160kg)の徹甲弾を2,900&#160ft / s(880&#160m / s)で発射しました。 20°の高度で、銃の射程は15,920&#160yd(14,560&#160m)でした。 &#916&#93 バルチ 18インチ(457&#160mm)の魚雷発射管も8本装備されていました。 &#911&#93


USSバルチ(DD-50)-歴史

USSバルチ(DD-363)
船の歴史

出典:アメリカ海軍戦闘船の辞書(1959年発行)

2番目のバルチ(DD-363)は、1936年3月24日にマサチューセッツ州クインシーのベスレヘム造船会社によって打ち上げられました。

彼女の就役後、バルチは海軍作戦部長の下で一定期間活動した。彼女は1937年10月にロードアイランド州ニューポートを太平洋に向けて出発し、サンディエゴに到着すると、駆逐艦第7師団、バトルフォースに加わりました。その後、駆逐艦12の旗艦として、後に駆逐艦6の旗艦として、太平洋およびハイチ-カリブ海地域での艦隊訓練、巡航、戦闘問題に参加しました。真珠湾での艦隊問題XXIに参加した後、バルチは1940年の春にメアアイランド海軍造船所に蒸気を送り、造船期間を経ました。造船期間が終了すると、ハワイ諸島と西海岸の間を交互に6回巡航しました。 (1940年8月-1941年12月)。

1941年12月1日、バルチはTF 8のユニットとして海に出て、真珠湾攻撃後も機動部隊に留まりました。彼女は戦争の初期に太平洋を巡航し、マーシャル諸島のタロア島への砲撃に参加しました(1942年2月1日)。 1942年2月から1944年6月の間に、バルチはウェイクアイランド襲撃(1942年2月24日)の決定的なミッドウェー海戦(6月4〜7日)中に広範囲にわたるスクリーニング、パトロール、および消防支援の任務を遂行し、その間にヨークタウン(CV -5)グアダルカナル上陸(8月7-30日)アトゥ侵攻(1943年5月11日-6月2日)トエム-ワクデ-サルミ上陸(1944年5月25-28日)およびビアク島侵攻(5月28日-6月18日)。

1944年7月15日、バルチはニューヨークに到着した。 1944年8月2日から1945年5月23日までの間に、彼女は北アフリカのさまざまな港への大西洋横断の護衛護衛航路を5回完了しました。 1945年6月16日、彼女はフィラデルフィアで不活化前のオーバーホールを開始し、1945年10月19日に廃止され、1946年に廃棄されました。

バルチは第二次世界大戦中に太平洋での従軍星章を6つ獲得しました。


USSバルチ(DD 363)

1945年10月19日に廃止されました
被災1945年11月1日
1946年に売却され、スクラップとして分割されました。

USSバルチ用にリストされたコマンド(DD 363)

このセクションはまだ作業中ですのでご注意ください。

司令官から
1ハリーレイモンド サーバー、USN1938年7月1日1940年7月15日
2Cdr。 レナード・ブリンナー USN、オースティン1940年7月15日1941年4月25日
3Cdr。 チャールズジョセフ レンド、USN1941年4月25日1942年4月(1)
4少佐 ハロルド・ハーマン ティエムロス、USN1942年4月1943年9月6日(1)
5少佐 ハリーネルソン 棺、USN1943年9月6日1944年10月2日(1)
6T / Cdr。 ジョンマーカス Oseth、USN1944年10月2日1945年10月19日(1)

コマンドセクションの改善にご協力ください
この船のイベント/コメント/アップデートを送信するには、ここをクリックしてください。
間違いを見つけたり、この船のページを改善したい場合は、これを使用してください。

メディアリンク


USSトラクスタン(DD-14)

USS Truxtun(DD-14)は、前世紀の変わり目に、米国海軍(USN)の海軍表面駆逐艦の新しいTruxtunクラスグループを率いました。クラス番号は3で、USSホイップル(DD-15)とUSSウォーデン(DD-16)が含まれていました。すべてはメリーランド州スパローズポイントのメリーランドスチールカンパニーの造船所によって建設され、1899年11月13日に敷設され、1901年8月15日に打ち上げられ、それぞれ1902年9月11日、10月21日、12月31日に就役しました。

USS Truxtunは、構築時に、通常の負荷で440トン、全負荷で615トンの排気量が与えられました。寸法には、259.5フィートの走行長、23.2フィートのビーム、および9.9フィートの喫水が含まれていました。電力は、4 x Thornycroftボイラーユニット(石炭火力)から供給され、2x垂直三重膨張エンジンに供給して8,300馬力を2xシャフトに供給しました。理想的な条件では、最高速度は30ノットに達する可能性があります。軍艦には最大78人の職員(3人の警官)が乗っていました。

USS Truxtunは、1903年4月に正式にUSNサービスに参加し、アメリカ東海岸とカリブ海を横断するさまざまな演習と地域旅行を行いました。 1907年12月、彼女は「グレートホワイトフリート」の一部として他のUSN軍艦とともに大統領のレビューのために設立されました。この戦闘艦隊は、アメリカ海軍の強さを示すために世界中を旅するために使用され、可能な場合は友好的な寄港地を作りました。この後、Truxtunはアメリカ西海岸に沿って活動しました。

ヨーロッパでの戦争は1914年半ばに勃発し、第一次世界大戦(1914-1918)が始まりましたが、アメリカは1917年4月までドイツとの戦争を宣言しませんでした。戦争の一部。 USS Truxtunは、ラテン/中央アメリカとその周辺のドイツの船体運動に警戒しながら、パナマ運河地域で彼女の力を示しました。彼女は1917年7月にパナマ運河を渡って大西洋に到達し、その8月にアゾレス諸島に旅して護衛を務め、魚雷船の救助を試みました。その後、彼女はドイツのUボートと思われるものを攻撃しようとしましたが、賞金を獲得できませんでした。 1918年11月、第一次世界大戦は11月15日の休戦で終了し、Truxtunは他のUSN駆逐艦と共に12月から1月に本拠地に戻りました。

1919年7月18日、彼女は正式に退役し、9月15日に海軍船籍簿から削除されました。 1920年1月、彼女の船体は1人のジョセフG.ヒットナーに売却され、姉妹船とともに商人に転向しました。これを超えて、彼女の有用性が使い果たされると、現在の民間市場の船は廃棄されました。


USSパーキンス(DD-26)

駆逐艦は、第一次世界大戦(1914-1918)の前にアメリカ海軍を再編成するための重要な軍艦グループであり、1914年半ばの戦争の勃発時に、いくつかのプログラムが順調に進んでいました(または非常に成熟していました)。ポールディング級は、設計が作成されたときに印象的な21隻の艦艇を数えるように設定され、グループは就役時にUSN駆逐艦の艦隊の強さを即座に2倍にしました。これは、今後のアメリカ海軍の作戦範囲にとって重要でした。

USSパーキンス(DD-26)は、クラスの5番目の名前付き船になり、1909年3月22日に起工したキールを見て、マサチューセッツ州フォアリバーシップアンドエンジンオブクインシーの建造者によって建造されました。 1910年4月9日に彼女の保有物を保有し、1910年11月18日に正式に委託され、1919年に彼女を連れて行く比較的短い勤続期間を開始しました。

ポールディング級艦は、このサイトの他の場所で詳述されている同様のスミス級に基づいていました。新しいクラスの重要な考慮事項は、魚雷発射管の搭載量が3本から6本に増えたことでした。これにより、ツイン魚雷発射管ランチャーが設置されました。石油焚きボイラーも、以前のタイプが依然として石炭焚きユニットに依存していたため、この新しいクラスを差別化しました。

建設時、USSパーキンスには長さ293.9フィート、ビーム27フィート、喫水8.3フィートが与えられました。変位は、通常の負荷で755トン、戦争の負荷で最大900トンでした。設置された電力は、船尾の下の2xシャフトに12,000馬力を発生させる2xパーソンズ直接駆動蒸気タービンに供給する4xボイラーで構成されていました。理想的な状態での最高速度は約30ノットに達する可能性があります。

乗組員は4人の将校を含む91人でした。 5 x 3 "(76mm)/ 50口径の主砲を中心に6x 18"(450mm)の魚雷発射管を3x2の配置で配置した兵器を搭載。

パーキンスのプロファイルは当時の軍艦の設計と一致しており、隆起したもやい結び、途切れのない船体線(後方に移動)、前後のマストワーク(煙の漏斗にまたがる)が特徴でした。橋の上部構造はミッドシップのかなり前方に取り付けられており、前方の行動を最もよく見ることができます。船の中心は、3つのインラインで目立たない煙の漏斗によって占められていました。

パーキンスの初期のサービスキャリアは、さまざまな演習や旅に参加するように割り当てられていたため、静かでした。その後、彼女は1917年6月から11月にかけてヨーロッパ海域でUSN駆逐艦の戦力の一部を形成しました。米国は、その年の4月にドイツとの戦争を宣言しました(第一次世界大戦は1914年半ばに始まりました)。 USSパーキンスは、紛争中の彼女の救助活動と護送支援/護衛作戦の一部でした。その後、オーバーホールがサウスカロライナ州チャールストンで1917年後半から1918年初頭にかけて彼女を迎えました。 1918年3月から12月まで、彼女はアメリカ東海岸近くの大西洋で敵の潜水艦に仕え、護送船団の保護も提供しました。 1918年11月、休戦協定は戦争を完全に終わらせるために署名されました。

USSパーキンスは、サービスが不要になり、戦後の大規模なドローダウンが発生したため、1919年12月5日に退役しました。彼女は予備艦隊に配属され、3月8日に正式に放棄されるまでこの基地に留まりました。 1935年-その時点で、彼女はロンドン海軍軍縮会議の要件の一部として廃棄のために売却されました。


USSバルチ(DD-50)-歴史

忠実な軍団のビネット


ダグラス・ニールマイヤー、元最高司令官
合衆国忠誠軍軍団
[email protected]
(2006年9月)


(1878年から1883年頃に撮影)
アメリカ海軍歴史センター写真NH56075

ジョージ・ビール・バルチ・ジュニアは、1821年1月3日にテネシー州シェルビービルでジョージ・ビール・バルチ・シニア(1789-1831)とマーサ・ロジャース・バルチの息子として生まれました。ジョージは1837年後半にアラバマ州から米海軍士官候補生に任命され、その後10年間の任務には数隻の船が含まれ、その一部はアフリカおよび地中海の戦隊に所属していました。彼はまた、1846年から1847年にかけてメキシコ東海岸沿いの戦闘作戦に参加し、ワシントンD.C.で2回の任務を果たし、最後は海軍天文台でした。

彼は1850年8月に中尉に昇進しました。1851年から1855年に、彼は極東のスループ型砲艦USSプリマスの将校でした。 1854年4月、そのツアー中に、彼は中国の上海で戦傷を負いました。 1855年に五大湖の砲艦USSミシガンで短期間勤務した後、バルチ中尉は2年近くワシントン海軍造船所に配属されました。彼は1857年にUSSプリマスの海に戻り、ホーム戦隊の一部であり、年内にUSSジェームスタウンのスループ型砲艦に移籍しました。 1858年後半から1860年10月まで、彼は太平洋戦隊のUSSセントメリー号のスループ型砲艦に所属していました。

1860年から1861年の政治危機が南北戦争に発展するにつれ、バルチ中尉は海軍兵学校と海軍兵学校に上陸しました。 1861年半ばから1862年半ばまで、彼はサウスカロライナ州とジョージア州の海岸沿いの活発な封鎖者である蒸気スループUSSポカホンタスの指揮官であり、この間に指揮官の階級に昇進しました。彼は南北戦争の残りのほとんどをUSSポーニーの指揮下で過ごしました。ポーニーは南大西洋沿岸でも雇用されていました。

1865年から1868年にワシントンネイビーヤードに戻ったとき、バルチはキャプテンに昇進しました。彼は1868年から1870年にUSSコントクック(1869年にUSSアルバニーに改名)を指揮し、1870年代にいくつかの任務のために首都に戻り、10年半ばにペンシルベニア州フィラデルフィアの海軍庇護の知事を務めました。 1878年6月に海軍少将の地位を獲得した後、彼はメリーランド州アナポリスの米国海軍兵学校の監督になりました(1879年-1881年)。彼は後に1883年1月に現役を引退するまで太平洋基地を指揮した。

ジョージビールバルチジュニアは2回結婚し、最初はジュリアグレースビンソンと結婚し、ジョージビンセンバルチスティーブンブルーマーバルチジュリアグレースバルチマーガレットカサンドラバルチとハリエットアンバルチの5人の子供がいました。ジュリアの死後、彼はメアリーエレンブースと再婚し、メアリーエレンバルチアルフレッドバルチアンナバルチフランシスデュポンバルチとエイミーロジャースバルチの5人の子供が生まれました。ジョージは合衆国忠誠軍軍団のメリーランド司令部の元の仲間に選出され、彼の人生の残りの部分で活発なメンバーでした。ジョージ・ビール・バルチ・ジュニア少将は、1908年4月16日にノースカロライナ州ローリーで亡くなりました。彼は米国海軍アカデミー墓地に埋葬されています。


USSポーニー(1860年-1884年)
(サウスカロライナ州チャールストン沖、1864年頃-1865年。
弓には外装水雷のように見えるものが取り付けられています)。
アメリカ海軍歴史センター写真NH45362

USSポーニーは、1533トン(排気量)の軽喫水蒸気スループ型砲艦で、ペンシルベニア州のフィラデルフィア海軍造船所に建造されました。 1860年6月に就役したUSSポーニーは、その年の10月と11月にメキシコ沖で活動し、その後米国に戻りました。1861年4月、USSポーニーは、南のチャールストン港の入り口にあるサムター要塞の救援を支援するために派遣されました。カロライナ、しかし砦が降伏した後に到着した。 4月20日、施設が南軍の手に渡っていたため、船はセーリング軍艦を曳航し、USSカンバーランドはバージニア州ノーフォーク海軍造船所から離れました。春の残りから夏にかけて、USSポーニーはポトマック川で奉仕し、ワシントンD.C.の防衛を支援し、川のバージニア海岸に対する北の最初の攻撃作戦に参加しました。この時期の船の活動の中には、5月24日のアレクサンドリアの占領と5月下旬と6月上旬のアキアクリークでの南軍の砲台との交戦がありました。

1861年8月下旬、USSポーニーは、ノースカロライナ州ハッターラス海峡を占領するために軍隊を上陸させた艦隊の一部でした。 USSポーニーは、サウスカロライナ州ポートロイヤルが南軍の大西洋沿岸に対するさらなる作戦の拠点を提供するために連れて行かれた11月に、この種の水陸両用攻撃を繰り返しました。そこで敵軍と交戦している間、USSポーニーは数回攻撃され、2人の乗組員を失いました。

USSポーニーは、南北戦争の残りの期間、サウスカロライナ州、ジョージア州、フロリダ州北部の海域で活動し、最終的にはサウスカロライナ州チャールストンの包囲戦に焦点を合わせました。この船は、1862年3月にフロリダ州フェルナンディアの占領に参加し、サウスカロライナ州の沿岸河川へのいくつかの遠征に参加し、封鎖の実施を支援し、時には南大西洋封鎖戦隊の旗艦としての役割も果たしました。

戦争が終結した1865年7月下旬、USSポーニーは修理のために廃止されました。船は1867年の初めに再就役し、その年の4月から1869年5月まで、南アメリカ東部沖のブラジル戦隊と共に運航しました。 1869年7月に再び廃止され、船のエンジンは取り外され、浮き病院や貯蔵庫として使用できるようになりました。 USSポーニーは、1870年12月にこれらの役割で任務に復帰し、1871年初頭から1875年春までフロリダ州キーウェストに駐屯しました。その後、USSポーニーはサウスカロライナ州ポートロイヤルに移され、約7年間そこに留まりました。 USSポーニーは1882年11月に最後に廃止され、1884年5月に売却されました。

海軍はジョージ・B・バルチ少将に敬意を表して2隻の駆逐艦を指名しました:USSバルチ(駆逐艦#50、後のDD-50)、1914年-1935年とUSSバルチ(DD-363)、1936年-1946年。


USSバルチ(駆逐艦#50)1933年にDD-50に改名(1914-1935)
(おそらく1914年2月22日に、試験を実行しながら高速で進行中)
エイブラハム・デソマー少佐、USNコレクション。
アメリカ海軍歴史センター写真NH103740

ペンシルベニア州フィラデルフィアに建造された1036トンのエールウィン級駆逐艦であるUSSバルチは、1914年3月に就役しました。この船は、その後3年間、米国大西洋岸に沿って就役しました。 1917年10月と11月、米国が第一次世界大戦に突入してから数か月後、USSバルチは大西洋を越えてアイルランドのクイーンズタウンに向かった。残りの紛争の間、その港を拠点として、船はイギリス南西部の海域で船団とパトロール作戦を実施し、ドイツのUボートから船を保護するのに役立った。 1918年1月と5月に、駆逐艦は2回敵の潜水艦と交戦し、その年の11月に沈没した商船の生存者を救助しました。 USSバルチも1918年10月20日のUSSポールディングとの衝突で後方に損傷を受けましたが、数週間で修理されました。

USSバルチは、1918年11月11日の休戦により戦闘が終了した直後に、米国に戻りました。戦後は通常は活動していませんでしたが、1919年の春、USSバルチはカリブ海での艦隊作戦に参加し、1921年には大西洋岸に沿って作戦を行いました。 1922年6月に廃止されたU​​SSバルチは、フィラデルフィア海軍造船所に設置されました。 USSバルチは1933年11月にその名前を失い、DD-50になり、1935年に廃棄されました。


USSバルチ(DD-363)(1936-1946)
(アンカーで、1930年代後半頃)
アメリカ海軍歴史センター写真NH97951

1825トンのポーター級駆逐艦であるUSSバルチは、マサチューセッツ州クインシーに建造されました。船は1936年10月に就役し、1年後に太平洋に送られるまで大西洋で運航されました。残りの平時の年の間、USSバルチは西海岸沖とハワイ地域での艦隊演習と訓練に参加しました。 USSバルチは、1941年12月7日の真珠湾攻撃の際に海上にあり、その後の太平洋戦争で積極的な役割を果たしました。

USSバルチは、1942年2月にマーシャル諸島とウェイクを襲撃した空母機動部隊の一部でした。この船は、1942年4月のドーリットル空襲と1942年6月初旬のミッドウェー海戦中にUSSエンタープライズに同行しました。 USSバルチは、USSヨークタウンを支援するために分離され、その航空機運搬船が6月7日の朝に沈没したときに存在していました。USSバルチは、1942年8月初旬のグアダルカナルとトゥラギの侵攻とミッドウェー海戦中に再びUSSエンタープライズの画面に表示されました。その月の後半に東部ソロモン。

1943年、USSバルチは北上し、日本人をアリューシャン列島から追い出すキャンペーンに参加しました。船は1944年春にニューギニア北部を占領した作戦に参加するのに間に合うように温暖な領土に戻った。翌7月、USSバルチは大西洋に移送され、その後、米国と北アフリカの間の護送船団を護衛するために雇われた。 1945年6月以降は活動を停止し、USSバルチは10月に任務から外され、1946年にスクラップのために解体されました。

ジョージ・ビール・バルチ・ジュニアの子孫とその兄弟の子孫は、合衆国忠誠軍軍団(MOLLUS- 1865年4月15日に南北戦争の将校によって設立された)と忠誠軍のダムの遺伝的メンバーシップの資格があります。合衆国忠誠軍(1899年にMOLLUSの補助として設立された)。いずれかまたは両方の組織の詳細については、各組織の国内Webサイトにアクセスしてください。

出典:
1)米国統計の軍事秩序の会員記録。
2)海軍歴史センター:ジョージ・B・バルチ少将、USN、(1821-1908)
(http://www.history.navy.mil/photos/pers-us/uspers-b/g-balch.htm)
3)海軍歴史センター:USSポーニー(1860年-1884年)
(http://www.history.navy.mil/photos/sh-usn/usnsh-p/pawnee.htm)
4)海軍歴史センター:USSバルチ(駆逐艦#50、後のDD-50)(1914-1935)
(http://www.history.navy.mil/photos/sh-usn/usnsh-b/dd50.htm)
5)海軍歴史センター:USSバルチ(DD-363)(1936-1946)
(http://www.history.navy.mil/photos/sh-usn/usnsh-b/dd363.htm)
6)RootsWebのWorldConnectプロジェクト:The Johnson-FreeburnGenealogy。セントメアリーズ郡、メリーランド州、ドーフィン郡、ペンシルベニア州、および関連する家族
(http://worldconnect.rootsweb.com/cgi-bin/igm.cgi?op=GET&db=wjohn55447&id=I46703)

Copyright&copy 2006 Douglas Niermeyer、Missouri Commandery、Military Order of the Loyal Legion of the United States


USSバルチ(DD-50)-歴史

ブリキ缶セーラー
駆逐艦の歴史

DD-363は、海軍兵学校の監督と太平洋艦隊の司令官の両方を50年近く務めた海軍少将のジョージ・ビール・バルチにちなんで名付けられた2番目の船でした。

USS BALCHは、海軍作戦部長に割り当てられた海軍のキャリアを開始しました。ほぼ1年間、新しい駆逐艦は広範囲に訓練され、海軍の戦術家が新しいクラスの可能性を検討している間、彼女のスキルを完成させました。最後に、BALCHは太平洋艦隊に再割り当てされました。

太平洋艦隊の戦闘部隊の一部として、DD-363はDESRON12以降のDESRON6の旗艦として機能しました。第二次世界大戦前の数年間、訓練クルーズと艦隊演習の忙しいスケジュールが大きなリーダーを占めていました。

日本の真珠湾攻撃の前に機動部隊8に配属された駆逐艦は、奇襲攻撃があったときに基地から遠く離れた場所で彼女の突撃をふるいにかけていました。

アメリカ海軍は戦争の初期に薄く広がっていたので、DD-363は太平洋に広がり、敵の動きを阻止し、日本軍の集中力に嫌がらせをしていることに気づきました。 BALCHのサービス記録は、太平洋戦争の概要のように読めます。彼女は元帥で日本の施設を爆破し、ウェーク島での襲撃で空母を選別し、ミッドウェー海戦後に強大なフラフトップが最終的に彼女の多数の傷に屈したとき、ヨークタウン(CV-5)から545人の生存者を救出しました。 DD-363は、南太平洋のガダルカナル島とアリューシャン列島の冷水域のアッツ島とキスカ島で見られました。彼女はニューギニアの北海岸の着陸地点に正確な銃撃戦を貸すために何千マイルもダッシュバックしました。

BALCHは、1944年の夏に大西洋作戦に移管されました。嚮導艦は、北アフリカでの補給船を保護するために5隻の船団任務を完了しました。

大規模なオーバーホールのためにフィラデルフィア海軍造船所に再割り当てされた後、駆逐艦は非アクティブ化されました。 BALCHは1945年10月19日に廃止され、1946年に廃棄されました。


海上での人種暴動— 1972年のキティホーク事件が艦隊全体の不安を煽った

1972年10月に南シナ海を横切ってベトナムに向けて蒸気を発したキティホークにとっては良い時期ではありませんでした。船はすでに8か月間配備されており、記録的な数の日数を海で過ごすために軌道に乗っていました。ベトナムの米軍を支援するための厳しい飛行ペース。

人種間の緊張は高く、一部は国内の公民権運動に起因していました。乗船していた船員は4,500人近くで、黒人だったのは302人だけでした。海軍内では、黒人の船員が通常、船の最も惨めな仕事に割り当てられていたため、人種関係は独特の問題を抱えていました。

キティホークは、ヒューズが点灯するのを待っている粉樽でした。そしてそれは10月11日、人種不安が米海軍史上最悪の船上暴動を引き起こしたときに起こりました。

歴史家によると、それはギャレーで始まりました。黒人の船乗りが2つのサンドイッチを欲しがっていましたが、白い食堂の料理人から、彼は1つしか許可されていないと言われました。黒人の船乗りがフードラインを横切って手を伸ばし、余分なサンドイッチをつかみ、叫びの試合が続いた。

船は混乱に陥った。ほんの数時間後、怒った黒人の船員が船の通路を歩き回り、ほうきの柄、レンチ、パイプなどの間に合わせの武器で白人の船員を殴りました。翌日までに、ほぼ全員が白人である50人の船員が負傷し、一部は船から陸上病院に避難するのに十分なほど深刻でした。放射性降下物は、事件における彼らの役割のために多くの黒人の船員が懲戒処分を受けるのを見るでしょう。

ほぼ45年後、暴力的で不穏な事件はほとんど忘れられました。しかし、当時、暴動は他の海軍艦艇、特に空母コンステレーションや艦隊補給艦ハサヤンパなどへの暴力に拍車をかけました。海軍の騒乱は議会の注目を集め、1972年の終わりまでに海軍は事件を調査する公聴会を開催しました。

「ブラックセーラー、ホワイトネイビー」の著者であり、海軍歴史遺産司令部の歴史家であるジョンシャーウッド博士によると、1970年代初頭、人種間の緊張は海軍ではやや新しいものでした。ネイビータイムズとの1月のインタビューで、シャーウッドは「最初の誤解は、海軍が60年代に多くの人種的不安に苦しんだということです…海軍の人種的不安は実際には70年代初頭に始まりました」と述べました。

シャーウッドは、ベトナム戦争の初期には、海軍の黒人の割合は非常に低く、将校としてはわずか0.2%、入隊した部隊では5%であったと述べています。シャーウッドは、ドラフトのためにこれらの数が非常に少なかったと述べています。 「70年代初頭までドラフトがありました。ドラフトがあると、海軍はすべての種族にとって非常に望ましいものになります。」

This meant as more eligible men tried to avoid the draft, there was increasingly more and more competition among those trying to get in. Sherwood posits that with a flood of potential recruits, the Navy could afford to be picky, it "meant that Navy recruiters at the time could easily hit 102 percent of their quota, enlisting only those candidates who scored the highest on the Armed Forces Qualification Test."


According to Sherwood, the Qualifications Test created a system that "allowed the Navy to focus on what was called qualitative recruitment, meaning it recruited the highest quality sailors it could recruit, and by the way those sailors just happen to be white." Blacks, who largely did not have the same access to education "as many in the white populous," often posted lower scores than their white peers.

The change started in 1968 when Richard Nixon was elected president and began to work toward converting the U.S. Armed Forces to an all-volunteer military. By 1971, the U.S. was working toward turning the war over to the Vietnamese Army, and though the draft was not abolished completely until 1973, the numbers of Americans being drafted began to fall.

"All of a sudden the recruitment pool literally dried up overnight," Sherwood said. "Navy Recruitment quotas that were being met 102 percent at the beginning of 1971, fell to 50 percent by the beginning of 1972." The result was that the Navy now had to accept lower scoring candidates into the service to fill the fleet, opening up more opportunities for less educated blacks. In 1972 black recruits in the Navy rose to 20 percent.

A boiling pot and racial explodes

Black sailors on the Kitty Hawk in 1972 were very much a minority. Of a crew numbering 348 officers and 4,135 enlisted men, just five, or less than 1 percent were officers, and only 297 enlisted men were black — just 7 percent of the enlisted crew.


Life wasn't very good for those enlisted blacks, either. Most had scored low on their qualification exams, due to lower average education levels than whites and were more likely to be placed in less desirable jobs within the Navy. The majority of blacks were assigned to the toughest and dirtiest Navy jobs, in the deck force and on flight decks, while whites populated the more coveted and higher tech jobs in the crew.

According to Sherwood, most of the enlisted blacks onboard had been in the service less than a year. Many had come from lesser educated backgrounds and all had grown up with the racial and anti-war unrest of the 1960s. "You have kids who are inculcated in the etiology of the Civil Rights movement, but do not have the education to move up into higher skilled jobs," Sherwood said. "That is what really leads to a blowup in the fleet — it was that situation that really created the powder keg that led to this explosion."

By October 1972, in addition to the present racial strains, tensions were beginning to mount on the ship. According to dates and port visits documented in the Kitty Hawk 1972 cruise book, by Oct. 12, it had been 239 days since the ship left San Diego — nearly eight months. For 202 of those days the ship had been out at sea.

A record 155 of those days had been spent "on the line," which is what the Navy called Yankee Station — a position off North Vietnam that launched an average of 120 sorties daily in round-the-clock flight operations. This meant that the ship only spent a total of 37 days in port since leaving home. Seven of those visits had been to the then U.S. Naval Base in Subic Bay Republic of the Philippines. Seven others came on a port visit to Hong Kong.

Ships in port must maintain enough of its crew onboard at all times to get the ship underway in the event of an emergency. This meant that not all sailors got to go ashore — making 12 days the average time off for sailors since leaving port in San Diego. To make matters worse, the ship had been told more than once that they'd be heading home, only to be turned around and sent back to Yankee Station to launch more airstrikes into Vietnam and Laos.


On Oct. 4, the first racial flare-up came during a visit to Subic Bay. The first night ashore a large fight erupted between black and white sailors at the enlisted club on base and had to be broken up by shore patrol. That night, black sailors got the short end of the stick and vowed revenge.

On the last night ashore, black soldiers sought to even the score at a popular, off base establishment called the Sampguita Club. The ensuring fight turned into a riot and Marines from the base were called to break it up. Most of the Kitty Hawk sailors avoided arrest, but showed back up on the ship in disheveled uniforms, bloody and bruised.

By Oct. 11 the Kitty Hawk left Subic Bay and was in transit back to Yankee Station. Combat operations were slated to begin the next day with five hours of flight operations being conducted to get pilots and the deck crews ready for combat.

The following sequence of events was put together from Sherwood's book "Black Sailor, White Navy" as well as author Greg Freeman's book "Race, Mutiny and Bravery on the USS Kitty Hawk." In addition, some details were added from accounts in a Report by the House Committee Special Subcommittee on Disciplinary Problems in the U.S. Navy dated Jan. 2, 1973.

Many black sailors were upset over the fights in Subic Bay. One of those sailors was 18-year old Airman Apprentice Terry Avinger from Philadelphia. Half an hour after flight operations, Avinger was on the mess decks, looking for food.

Avinger wanted two sandwiches but was told by a white mess cook that he was only allowed one. It was when Avinger reached across the food line and grabbed an extra sandwich that the two men got into a shouting match.

Not long after that a white mess cook who was stacking metal food trays accidentally stepped on a black seaman's foot and another confrontation began.

According to Freeman, Avinger then went to a berthing area where he and a number of other black sailors spoke angrily about the mistreatment they felt they were being subjected to by whites onboard the ship. Freeman describes the young Avinger as a "charismatic type who was a natural leader." Now in the berthing area, he was telling others he regretted "that he didn't just beat the racist cracker's ass right there."

As anger rose among the sailors, Avinger continued to incite his fellow seaman, "telling them that black sailors on the Kitty Hawk had had enough and it was time to stand up for themselves."

The group, led by Avinger, left the berthing compartment and headed down one of the ship's passageways, pulling things from the bulkheads while encouraging each other and insulting whites.

"The group roamed through the passageway," Freeman wrote. "They soon began accosting white sailors, beating them until the men could scramble away to safety."

By now the group had grabbed makeshift weapons such as broom handles, wrenches and pieces of pipe. Unwittingly, a white mess cook ran right into the group, freezing in his boots as the black came rushing towards him. "Get him," someone yelled and the crowd began to pummel the sailor until his clothes were soaked with blood.

As the crowd backed off, one black sailor grabbed a foam fog nozzle off a nearby firefighting station and proceeded to use the nozzle as a club. The black sailor continued to beat the mess cook, urged on by the rest of the group. The onslaught continued, ending only when the white seaman was thrown down a ladder well. The group moved on, continuing to roam below deck, trashing compartments. Other small groups of black sailors began to form, and followed suit. Rumors spread among the white sailors that it wasn't safe to be out and about — let alone to go to bed that night.

Approximately at 8 p.m., a large number of blacks began to congregate on the aft mess deck. One of the ship's cooks, noting the hostile attitude of the surrounding men, called the ship's Marine detachment, which promptly sent the ship's reaction force to the mess deck. The place quickly became a stand-off between the Marines and the blacks.

News spread of the problems on the mess deck, reaching Kitty Hawk's executive officer Cmdr. Ben Cloud, who had only been onboard Kitty Hawk for two months. A native of El Cajon, California, Cloud was black himself and was one if the first African Americans to rise to command levels in the aviation community.

As Cloud responded to the threat, he was unaware that Kitty Hawk's commanding officer, Capt. Marland Townsend, had been awakened, briefed and was en route to the mess deck. Upon Cloud's arrival, he ordered the Marines to stand down and leave. Cloud then started to assure the rioting sailors that he could be trusted — unorthodox behavior for a Navy officer trying to enforce good order and discipline. As Cloud was talking, Townsend entered the mess decks, unhappy with how Cloud was handling the situation.

"For the first time," Cloud told the men, "you have a brother who is an executive officer. My door is always open." Freeman writes that Townsend was shocked and surprised to hear Cloud identifying himself as a "brother" to the men. As he did so, "Several of the men raised their fists in a black power salute and stared directly into Cloud's eyes, waiting for him to return the gesture, to show that he really was a black man." Though having never previously given a black power salute, and unaware of Townsend's presence, Cloud succumbed to the situation and raised his clenched fist. The sailors cried out 'Black power!' and cheered Cloud as a brother.

After an hour of talking, Cloud felt that he had defused the situation and released the sailors, telling them to continue about their business.

Upon leaving the mess decks, Townsend called the Marine detachment and asked them to increase patrols to protect the aircraft in the hanger bay and on the flight deck.

However, the situation was far from over. Cloud soon got reports that marauding bands of five to 25 sailors continued to move about the ship, attacking whites. Freeman wrote that the mess cook who refused Avinger his second sandwich was found and given a mock trial — then was beaten bloody by those trying him.

According to the congressional report, sleeping sailors were pulled from their racks and beaten with fists and chains, dogging wrenches, metal pipes, fire extinguisher nozzles and broom handles. The report went on to say that as they beat their white shipmates, many shouted, "Kill the son-of-a-bitch! Kill the white trash! Kill, kill, kill!"

Even the ship's sick bay wasn't safe — as the ship's medical officers and enlisted corpsmen were treating the injured, a group of blacks entered the mess decks and harassed the caregivers as well as sailors waiting to be treated.

The final confrontation happened in the ship's forecastle and again, Cloud was in the middle of it.

Cloud followed a group of sailors to the forecastle and according to the congressional report "he believed that had he not been black he would have been killed on the spot." Cloud, the report stated, took charge. He addressed the group for about two hours, putting his military status as the executive officer aside and instead appealing to the men "as one black to another," the report noted.

Going on, the report stated that after some time Cloud "acquired control over the group, calmed them down, had them put their weapons at his feet or over the side, and then ordered them to return to their compartments." Around 2:30 the black sailors disbanded and for all intents and purposes, the violence aboard Kitty Hawk had ended.

Amazingly, the ship didn't skip a beat and the next morning the flight deck was launching combat sorties on schedule. For the next 28 days the ship continued the around the clock combat flight operations racking up a record 177 days of combat operations.

The Kitty Hawk berthed back into San Diego on Nov. 28, 284 days away from home and a month-and-a-half after the riots.

A total of 21 men were charged for their roles in the riots, with 16 of them requesting to be tried by court-martial and flown back to San Diego to face trial. The remaining five accepted non-judicial punishments during the ship's transit home.

Approximately 50 sailors — all but six white — were treated for injuries sustained the night of Oct 12. Three were so serious they required evacuation to onshore medical facilities while the rest were treated aboard the ship.


The immediate fallout from the Kitty Hawk riots triggered more riots and protests on other ships in the fleet in the months following the disturbance. By December, the Congress was investigating and called both Townsend and Cloud to testify.

Many of those then awaiting courts-martial were also asked to testify, though all declined the invitation and no subpoenas were issued to force the issue.

In the final report of the subcommittee investigating the incident, the Kitty Hawk riot as well as other fleet incidents were due to widespread "permissiveness" in the Navy defined by a lack of willingness by seniors to enforce Navy rules.

"Although we have been able to investigate only certain specific incidents in depth, the total information made available to us indicates the condition could be service wide," the report said.

"The subcommittee has been unable to determine any precipitous cause for rampage aboard U.S.S. Kitty Hawk. Not only was there not one case wherein racial discrimination could be pinpointed, but there is no evidence which indicated that the blacks who participated in that incident perceived racial discrimination, either in general or any specific, of such a nature as to justify belief that violent reaction was required."

But the fallout lasted for much of the 1970s and into the 1980s as many within the Navy remained polarized along racial lines — though none ever reached the level of violence that occurred on the Kitty Hawks on October, 1972.


ビデオを見る: バルチ DD-50