インドネシアの基本的な事実-歴史

インドネシアの基本的な事実-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

人口2006 ................................................ .... 245,452,739
2006年の一人当たりGDP(購買力平価、米ドル)........... 3,800
GDP 2001(購買力平価、数十億米ドル)................ 687
失業................................................. ................... 12.5%

1991-97年の平均年間成長率
人口(%)....... 1.7
労働力(%)....... 2.8

総面積................................................ ................... 735,268平方マイル
都市人口(総人口の%)............................... 37
出生時の平均余命(年)..........................................。 .......... 66
乳児死亡率(出生1,000人あたり)........................................ 47
子供の栄養失調(5歳未満の子供の割合).............................. 34
安全な水へのアクセス(人口の%)..................................... 64
非識字率(15歳以上の人口の%)........................................。 ... 15


インドネシアの経済史

ここ数十年で、インドネシアは、アジアの虎(香港、シンガポール、韓国、台湾)の軌跡をたどって、東南アジアで成功を収めた高性能で新興工業経済の1つと見なされてきました(表1を参照)。インドネシアの経済は1980年代から1990年代にかけて目覚ましいスピードで成長しましたが、1997年の金融危機後、かなりの問題を抱え、重大な政治改革につながりました。今日、インドネシアの経済は回復しつつありますが、そのすべての問題がいつ解決されるかを言うのは難しいです。インドネシアは依然として発展途上国の一部と見なすことができますが、経済的、文化的、政治的意味において、豊かで用途の広い過去があります。


インドネシアの歴史

インドネシアの歴史 より正確には、17,508の島々がある東南アジアのインドネシア列島は ホモ・エレクトス (一般に「ジャワ原人」として知られています)。約100万年前の化石化した遺物が発見されています。 [1]

現代の人口の大部分を占めるオーストロネシア人は、台湾から東南アジアにやって来ました。彼らは紀元前2000年頃にインドネシアに到着しました。先住民のメラネシア人は極東地域に行きました。 [2]農業条件はとても良かった。紀元前8世紀に湿地稲作が発展したとき[3]、村や町が発展し、西暦1世紀までに小さな王国が繁栄し始めました。インドネシアのシーレーンの位置は、インド王国と中国の両方との貿易が紀元前数世紀の間すでに起こっていた国際貿易の管理を助けました。 [4]したがって、貿易はそれ以来、インドネシアの歴史を根本的に形作った。 [5]

西暦7世紀から、貿易の結果として強力なスリヴィジャヤ海軍王国が栄えました。ヒンドゥー教と仏教はそれと共に輸入されました。 [6] 13世紀後半、ヒンドゥーマジャパヒト王国はジャワ島東部に設立され、ガジャマダの下で、その影響はインドネシアの大部分に広がり、この時期はインドネシアの歴史において「黄金時代」と呼ばれることがよくあります。 [7]

13世紀の間に、イスラム教は北スマトラに広がりました。 [8]ますます多くのインドネシアの地域が徐々にイスラム教を採用した。 16世紀の終わりまでに、それはジャワとスマトラの支配的な宗教でした。しかし、それは既存の文化的および宗教的影響と混ざり合っていました。 [9]

最初のヨーロッパ人は1512年にインドネシアに到着しました。フランシスコ・セラーンが率いるポルトガルの商人が、マルクのナツメグ、クローブ、キューブペッパーの供給源を独占しようとしたときです。 [10]オランダとイギリスのトレーダーが続いた。 1602年、オランダはオランダ東インド会社(VOC)を設立し、ヨーロッパの支配的な大国になりました。しかし、オランダの支配はそれほど遠くはありませんでした。 20世紀初頭にのみ、それは今日の国境にまで拡大しました。

第二次世界大戦中、オランダ人は支配を失い、1945年8月、影響力のあるナショナリストの指導者であるスカルノが独立を宣言し、大統領に任命されました。 [11]いくつかの戦いの後、オランダは1949年12月にインドネシアの独立を正式に認めた[12](西ニューギニアのオランダ領を除く)。

スカルノは民主主義から独裁に移行しました。しかし、スカルノは1968年3月に正式に大統領に任命された軍の長であるスハルト将軍に権力を失った。彼は米国政府の支援を受け[13]、インドネシアへの外国直接投資を奨励し、その後30年間の経済成長を助けた。 。 [14]しかし、彼の支配は腐敗と政治的反対の抑圧とともに進んだ。

1997年と1998年、インドネシアはアジア金融危機の影響を最も受けた国でした。 [15]これは、新秩序[16]に対する大衆の不満を増大させ、大衆の抗議につながった。スハルトは1998年5月21日に辞任した。[17] 1999年、東ティモールは25年間の軍事占領の後、インドネシアの州を去ることに投票した。 [18]スハルトの辞任後、民主主義は改善した。地域自治プログラムが導入され、2004年に最初の直接大統領選挙が行われました。しかし、政治的および経済的な不安定さが残っています。 [19]アチェでの武装分離主義者の紛争に対する政治的解決は2005年に達成された。[20]


インドネシアの基本的な事実-歴史

子供のためのインドネシアの事実

子供にぴったりのさまざまな楽しい事実や雑学を楽しみながら、インドネシアに関するいくつかの興味深い情報を学びましょう!

首都ジャカルタ、多くの火山、その人口、島々、国境、料理、人気のあるスポーツなどについて読んでください。

インドネシアは正式にはインドネシア共和国と呼ばれています。

インドネシアの国は民族的に多様であり、約300の独特の先住民族グループと、740を超える異なる言語と方言が国内で話されています。

インドネシアはマレー諸島の一部であり、インド洋と太平洋の間の東西5,150 km(3,200マイル)をカバーしています。赤道の両側に点在するのは17,500を超える島で、そのうち約6,000の島に人が住んでいます。これらの島の最大のものは、スマトラ、ジャワ、カリマンタン(インドネシアのボルネオ)、スラウェシ、そしてパプアと呼ばれるニューギニアのインドネシアの部分です。

インドネシアは環太平洋地域の「火の輪」の一部です。国には約400の火山があり、そのうちの約150が活火山であり、これは地球上で現在活動しているすべての火山の約75%です。

2013年7月現在、インドネシアには約2億5000万人(251,160,124人)が住んでいます。インドネシアは世界で4番目に人口の多い国です。

インドネシアの首都で最大の都市は、ジャワ島のジャカルタです。ジャカルタの人口は約1400万人で、世界で9番目に大きな都市です。

ジャワ島は国の人口の60%(約1億3000万人)が住んでおり、世界で最も人口の多い島となっています。

インドネシアは、マレーシア、パプアニューギニア、東ティモールと国境を接しています。

インドネシアで最も高い地点は、海抜4,884メートル(16,024フィート)にあるパプア島のジャヤ山の頂上です。

インドネシアの熱帯の荒野は、世界で最も高いレベルの生物多様性のいくつかを支えています。巨大なコモドオオトカゲ、ジャワサイ、トラ、オランウータン、ゾウ、ヒョウはすべてジャングルの森で見られます。

インドネシアの経済は農業と石油を中心としており、人口の約90%が農業に携わっています。

インドネシアの通貨はルピアと呼ばれています。

中国、ヨーロッパ、中東、インドの影響に基づいて、インドネシア料理は地域によって大きく異なります。伝統的な食事には通常、魚や鶏肉のおかず、野菜、スパイス、ココナッツミルクを添えたご飯が含まれます。

インドネシア人はバドミントンの試合に熱狂的で、スポーツのオリンピックで金メダルを獲得することがよくあります。サッカー(サッカー)も国内で人気のあるスポーツです。

詳細については、インドネシアの地図を確認するか、インドネシアの国旗を詳しく見てください。


  • ボロブドゥール寺院はインドネシアにあります。世界最大の仏教寺院であり、以前は世界の七不思議の1つでした。
  • マルコポーロは、インドネシアに到達した最初のヨーロッパ人でした。彼は自分の国で貴重な商品である香辛料を求めて旅をしました。
  • 多くの古いインドネシア人がオランダ語を流暢に話すという事実のために、オランダ人はインドネシアをほぼ350年間植民地化させ続けました。多くのインドネシア語はオランダ語から派生しています。

インドネシアの州の地図

インドネシアは34の行政区に分かれています。これらの州は次のとおりです。アセ、バリ、バンテン、ベンクル、ゴロンタロ、ジャカルタ、ジャンビ、ジャワバラット(西ジャワ)、ジャワテンガ(中央ジャワ)、ジャワティムール(東ジャワ)、カリマンタンバラット(西カリマンタン)、カリマンタンセラタン(南カリマンタン)、カリマンタンテンガ(中央カリマンタン)、カリマンタンティムール(東カリマンタン)、カリマンタンウタラ(北カリマンタン)、ケプラウアンバンカベリトゥング(バンカベリトゥング諸島)、ケプラウアンリアウ(リアウ諸島)、ランプン、マルク、マルクウタラ(北マルク) 、ヌサテンガラバラット(西ヌサテンガラ)、ヌサテンガラティムール(東ヌサテンガラ)、パプア、パプアバラット(西パプア)、リアウ、スラウェシバラット(西スラウェシ)、スラウェシセラタン(南スラウェシ)、スラウェシテンガ(中央スラウェシ) 、スラウェシテンガラ(南東スラウェシ)、スラウェシウタラ(北スラウェシ)、スマテラバラット(西スマトラ)、スマテラセラタン(南スマトラ)、スマテラウタラ(北スマトラ)、ヨギャカルタ。これら34の州のうち、アチェ、ジャカルタ(首都圏)、ジョグジャカルタ(特別地域)、パプア、西パプアの各州は特別な地位にあります。

これらの州は、県と都市に細分され、さらに地区と地方または都市の村に細分されます。

1,904,569平方キロメートルの面積をカバーするインドネシアは、17,504を超える島々で構成されており、地球上で群島としては群を抜いて最も大きく、最も多様性に富んでいます。最も人口の多いジャワ島の北西海岸に位置するのは、インドネシアの首都であり最大の都市であるジャカルタです。行政の中心地であり、重要な産業、金融、貿易、ビジネスの中心地でもあります。


ReliefWeb

添付ファイル

世界最大の島国であり、インド洋と太平洋の間に位置するインドネシアは、地震、津波、火山噴火など、多くの自然災害の困難に定期的に直面しています。

平均して、[2004年の津波以来、インドネシアでは、地震、津波、火山噴火、気候変動によるイベントなど、毎月少なくとも1つの大きな自然災害が発生しています。

インドネシアは、13世紀にさかのぼる記録された地震と火山噴火で、何百年もの間自然災害の挑戦に対処してきました。 1990年から現在に至るまで、インドネシアの市民は、過去30年間に12を超える大規模な自然災害を含む、数多くの自然災害に耐えてきました。

今年のインドネシアで2回目の致命的な津波では、スンダ海峡の住民が警告なしに高さ10フィート(3メートル)の津波に襲われました。 400人以上が死亡したと報告されています。

災害対応チームが生存者を探すにつれて、死者数は増え続け、数百人が行方不明、閉じ込められ、または避難したままです。

22,000人近くが避難または避難し、多くの人々が食糧、水、基本的な医療を必要としています。インドネシアの梅雨であり、6フィート(2メートル)を超える洪水により、さらに多くの人々が家から逃げ出し、対応がさらに複雑になっています。

被災地への支援を急いでいます。 Mercy Corps&rsquo Indonesia Response Teamは、津波の残骸によってブロックされたままアクセスできない村もあるため、チームを配置し、他の組織、特に捜索救助を行うことができる組織と調整しています。

インドネシアの津波と地震の救援活動を支援する方法

国やNGOが生存者の差し迫ったニーズに応えようとしているため、これらの救援活動に資金を提供するための支援が必要です。災害救援活動に寄付することで、インドネシアの津波援助が救命医療と物資で最も影響を受けた人々に届くのを助けることができます。すべての贈り物は、私たちがこれらの自然災害から回復するすべての人々のニーズによりよく応えることを可能にします。


インドネシアのこの次の地理的事実は、実際には太平洋地域全体の多くに影響を与えています。ジャワ海溝は7,725メートルの深さまで降下し、インド洋で最も低い地点です。爆弾を鳴らすキャンペーンが長引いて塹壕が完全に発見された1950年代まで、十分に調査されていませんでした。 2004年の津波以来、海溝は劇的に変化しており、スマトラ海溝内の変化は、将来、壊滅的な地震や津波が発生する可能性があることを示している可能性があります。それに応じて、科学者は定期的に塹壕を監視しています。

ボゴールはインドネシアで最も雨の多い場所で、年間平均320日雨が降ります。 「レインシティ」の名を冠し、インドネシアの主要な科学的研究の場です。ジャワ島のこの都市の湿度は70%で、ほぼ永久的な降雨に貢献しています。この地域の地元の人や観光客にとって、この地域に拠点を置く代表者がいる世界中の何百ものツアー会社がある豪華な山岳リゾートです。


概要

東南アジア最大の経済であるインドネシアは、300を超える民族グループからなる多様な群島国家であり、1990年代後半のアジア金融危機を克服して以来、目覚ましい経済成長を遂げてきました。

今日、インドネシアは世界で4番目に人口の多い国であり、購買力平価で世界で10番目に大きな経済であり、G20のメンバーです。さらに、インドネシアは貧困削減において大幅な利益を上げ、貧困率を1999年以来半分以上削減して2020年には9.78%にした。COVID-19危機以前は、インドネシアは一貫した経済成長を維持することができ、最近では国を中所得層の上位に達する。

インドネシアの経済計画は、2005年から2025年までの20年間の開発計画に従います。これは、それぞれ異なる開発優先順位を持つRPJMN(Rencana Pembangunan Jangka Menengah Nasional)と呼ばれる5年間の中期計画に分割されます。現在の中期開発計画(長期計画の最終段階)は2020年から2024年まで実行されます。これは、国の人的資本と世界市場での競争力を向上させることにより、インドネシアの経済をさらに強化することを目的としています。

インドネシアにはかなりの開発課題が残っています。さらに、COVID-19パンデミックによって引き起こされた世界的な危機は、インドネシアがその開発目標を達成するために前例のない複雑さをもたらします。

2020年3月から9月の間に、公式統計は、全国の貧困率が9.78%から10.19%に増加したことを報告しました。これは、2億7,020万人の人口のうち、貧困者の数が2,642万人から2,755万人に増加したことを意味します。貧困削減における長年の進歩。

さらに、インドネシアは2019年に発育阻害率を27.7%に減らすことができましたが、さらに多くのことを行う必要があります。このような努力は、インドネシアの強力で生産的な人的資本を確保するために重要です。現時点では、世界銀行の人的資本指数によると、インドネシアの次世代は、完全な健康と完全な教育があった場合の54%の生産性しかありません。

COVID -19パンデミックの衝撃に対応するため、政府は2020年にGDP(実際の支出)の3.8%、2021年にGDP(2021年3月18日現在の暫定データ)の4.2%に相当する緊急財政パッケージを実施しました。健康への影響に対処し、家庭や企業に救済を提供し、ワクチンの展開と回復を支援します。 T.世界銀行は、社会的支援や医療制度の強化など、インドネシアのCOVID-19緊急対応を支援すると同時に、金融セクターの回復力を強化しています。

インドネシアと世界銀行のパートナーシップは60年以上にわたって発展し、貸付、知識サービス、実施支援の面で世銀の最も重要なものの1つになりました。 2004年以降、世界銀行によるインドネシアへの支援は、中所得国としてのインドネシアの地位と一致して、国主導および国有の政策アジェンダを支援する方向に進んでいます。

2015年12月、政府、市民社会、民間セクターとの幅広い協議の結果、理事会は、インドネシアの中期開発計画であるRPJMNの優先事項に沿った、インドネシアの2016-2020国別パートナーシップフレームワーク(CPF)を承認しました。

CPF戦略の主な目的は、インドネシア政府が極度の貧困をなくし、繁栄を生み出し、不平等を減らすことを支援することでした。この戦略は、2つの柱によって支えられた6つのエンゲージメントエリアを中心に編成されました。

2.持続可能な普遍的なエネルギーアクセス

3.海事経済と接続性

4.ローカルサービスの提供

6.より多くを収集し、よりよく使う

1.民間セクターの活用

2.繁栄、平等、包摂の共有

関連して、国の関与アプローチの一環として、インドネシアの体系的な国の診断(SCD)が最近更新されました。このドキュメントは、現在準備中の2021年から2025年までの次のカントリーパートナーシップフレームワークの分析基盤を提供します。

人的資本の促進はインドネシアにとって重要な優先事項です。世界銀行からのアドバイスに基づいて作成され、Investing in Nutrition and Early Years(INEY)プログラムによってサポートされている発育阻害防止を加速するための国家戦略は、初年度に記録的な3.1パーセントポイントの発育阻害率を削減しました。全国の数百万人の妊婦と2歳未満の子供に栄養サービスを提供するための「政府全体」のアプローチを奨励する。

世界銀行は、最貧困層の貧困の悪循環を終わらせるために努力している政府の家族希望プログラムまたはプログラムケルアルガハラパン(PKH)を支援しています。このプログラムは、受益者の家族が母子関連の健康と栄養サービスを利用し、子供を学校に送ることを奨励するための現金給付に加えて、受益者の母親が健康と栄養、良い子育て慣行、児童保護、および財政管理。このプログラムは、いくつかの影響評価で示されているように、家族が子供の教育と健康を改善するのを支援してきました。最近の研究によると、PKHの累積的な影響により、発育阻害が約9パーセントポイント減少する可能性があります。これは、0〜60か月の子供が発育阻害される確率が23%低下することを意味します。教育の成果に関して、PKHは、未登録の半分以上を排除することにより、7〜15歳の子供たちのラストマイル登録の問題を解決することができます。 2017年以来、政府は補償範囲と給付レベルの両方でプログラムを大幅に拡大し、2020年には、プログラムは1,000万人の貧しく脆弱な家族に到達しました。ごく最近、世銀は、新しい一時的な緊急スキームの下で既存のPKH受益者への現金送金を補充するためのインドネシアの社会支援改革プログラムのための追加融資の下で、貧しい世帯に対する政府のCOVID-19対応を9,800万米ドルで支援しました。

人的資本の促進はインドネシアにとって重要な優先事項であり、世銀は遠隔地での教育の質の向上を支援しています。 KIAT Guruパイロットは、コミュニティに力を与え、手当の支払いを教師のパフォーマンスに結び付けます。このプログラムは400以上の学校で実施されました。パイロットの影響評価と定性的調査により、パイロットは非パイロット校と比較して、学習成果と保護者の関与が大幅に改善されたことがわかりました。世銀は、教育文化省がパイロットを独立して維持することを支援しています。 2020年に、省は、遠隔地の恵まれないコミュニティにサービスを提供する55,115の遠隔地の学校のための肯定的な学校運営資金に関する規則を発行しました。省はまた、パイロットのデジタル診断学習評価を全国的な利用に適合させました。

世界銀行はまた、きれいな水と衛生サービスを提供するための政府のPAMSIMASプログラムを支援しています。 PAMSIMASは、33の州と約23,000の村で活動しており、地方自治体とコミュニティのコラボレーションであり、水と衛生サービスを拡大するための最も費用効果の高いオプションであると広く考えられています。 2006年から2018年の終わりまでに、1,720万人が改善された水施設へのアクセスの恩恵を受け、1,540万人が基本的および改善された衛生設備を利用できるようになりました。

透明性は、優れたガバナンスの管理において重要な役割を果たします。国家予算支出の透明性と一般市民の参加を改善するために、公的財務管理–マルチドナー信託基金の支援を受けて、世界銀行は財務省がスマートフォンから数百万人の市民がアクセスできるモバイルアプリケーションを開発するのを支援しました。いつでもどこでも。このモバイルアプリケーションは、COVID-19のパンデミックに対抗するための予算など、サービスの提供に費やされている中央政府の予算と公的資金について市民に通知するように設計されています。


コンテンツ

自然と文化の両方がインドネシアの観光の主要な要素です。自然遺産は、熱帯気候、17,508の島々からなる広大な群島、そのうち6,000の島々が生息し、[16]カナダに次ぐ世界で2番目に長い海岸線(54,716 km)のユニークな組み合わせを誇っています。 [17]それは島だけに位置する世界最大で最も人口の多い国です。 [18]バリのビーチ、ブナケンのダイビングスポット、東ジャワのブロモ山、トバ湖、スマトラのさまざまな国立公園は、人気のある景色の良い目的地のほんの一例です。 [19]これらの自然の魅力は、インドネシアのダイナミックな歴史と民族の多様性を反映する豊かな文化遺産によって補完されています。この豊かさを実証する1つの事実は、群島全体で719の生きている言語が使用されていることです。 [20]古代のプランバナン寺院とボロブドゥール寺院、トラジャ、ジョグジャカルタ、ミナンカバウ、そしてもちろん、ヒンズー教の祝祭がたくさんあるバリは、文化観光の人気の目的地のいくつかです。

インドネシアはPATAのメンバーであり、1963年と1974年にジャカルタで、2003年にバリで年次会議を主催しました。インドネシアはまた、1985年と1989年にバリで、2016年にジャカルタでPATAトラベルマートの開催地でした。

インドネシアの観光は現在、インドネシア観光省によって監督されています。 [21]国際観光キャンペーンは、主に白い砂浜、青い空、文化的アトラクションのある熱帯の目的地に焦点を当てています。ビーチリゾートやホテルは、いくつかの人気のある観光地、特に主要な目的地としてのバリ島で開発されました。同時に、同じ省の範囲内での文化問題と観光の統合は、文化観光がインドネシアの観光産業の不可欠な部分と見なされていること、そして逆に、観光が文化遺産を促進し保存するために使用されていることを示しています。

インドネシアの観光産業が直面しなければならないいくつかの課題には、広大な群島全体の観光をサポートするインフラストラクチャの開発、地元の伝統への産業の侵入(adat)、そして観光開発が地元の人々の生活に与える影響が含まれます。インドネシアの観光産業もまた、安全保障に関連する問題のために後退に直面しています。 2002年以降、一部の国では、テロの脅威、一部の地域での民族的および宗教的紛争について警告が発せられ、数年間、外国人訪問者の数が大幅に減少しています。しかし、海外からの観光客の数は2007年以降プラスに戻っており、2008年には新記録を達成し[22] [23]、それ以来増加を続けています。 [24]

2019年 旅行および観光競争力レポート インドネシアは全体で140カ国中40位で、スコアは4.3です。 [25]インドネシアの観光セクターの価格競争力は140カ国中6番目にリストされています。報告書によると、インドネシアはビザ政策(#3)と国際開放(#16)、そして自然資源(#17)と文化資源(#24)で高い評価を得ています。ただし、インドネシアは、観光サービスインフラストラクチャのいくつかの側面が未発達であるため、インフラストラクチャのスコアが低くなっています(#98)。 [25]改善が必要な他の側面には、健康と衛生、環境の持続可能性、および旅行と観光への親和性が含まれます。

2011年1月下旬、文化観光大臣のJero Wacikは、様式化された曲線ガルーダのロゴは残っていますが、「WonderfulIndonesia」が国の公式観光プロモーションキャンペーンで使用されていた以前の「VisitIndonesiaYear」ブランドに取って代わると発表しました。 [26]大臣は、2010年にインドネシアを訪れる外国人観光客が700万人に達し、2011年には770万人と予測したと発表した。彼は、新しいブランドを「国の美しい自然、独特の文化、多様な食べ物、親切な人々を反映している」と説明したと報告された。文化観光大臣は、「各観光客は約1,100米ドルを費やし、770万人の到着という楽観的な目標で、​​83億ドルを得ると予想しています」と述べ、収益の50%が生み出されると付け加えました。 2011年に全国各地で開催されると予想された約600の会議、大会、展示会から。彼はさらに2011年1月の発表で、彼の省がエコ文化の旗の下で国の魅力を宣伝すると付け加えた。

インドネシアのトップ20の海外からの訪問者編集

国籍別のインドネシアへの観光客の到着(2011–2019)編集

出典:統計インドネシア[28]

ランク 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011
1 マレーシア 2,980,753 2,503,344 1,238,276 1,225,458 1,431,728 1,418,256 1,380,686 1,269,089 1,173,351
2 中国 2,072,079 2,139,161 1,972,405 1,452,971 1,249,091 1,052,705 858,140 726,088 594,997
3 シンガポール 1,934,445 1,768,744 1,512,813 1,472,767 1,594,102 1,559,044 1,432,060 1,324,706 1,324,839
4 オーストラリア 1,386,803 1,301,478 1,188,449 1,198,033 1,090,025 1,145,576 983,911 952,717 933,376
5 東ティモール 1,178,381 1,762,442 960,026 956,874 921,657 873,258 769,697 719,996 668,139
6 インド 657,300 595,636 485,314 376,802 306,960 267,082 231,266 196,983 181,791
7 日本 519,623 530,573 538,334 513,297 528,606 505,175 497,399 463,486 423,113
8 アメリカ 457,832 387,856 331,132 296,183 269,062 246,397 236,375 217,599 203,205
9 イギリス 397,624 392,112 361,197 328,882 286,806 244,594 236,794 219,726 201,221
10 韓国 388,316 358,885 378,769 343,887 375,586 352,004 351,154 328,989 320,596
11 フランス 283,814 287,917 268,989 250,921 208,679 208,537 201,917 184,273 171,736
12 ドイツ 277,653 274,166 260,586 231,694 201,202 184,463 173,470 158,212 149,110
13 フィリピン 260,980 217,874 162,726 149,490 267,700 248,182 247,573 236,866 210,029
14 オランダ 215,287 209,978 205,844 195,463 172,371 168,494 161,402 152,749 163,268
15 台湾 207,490 208,317 211,489 209,369 223,478 220,328 247,146 217,708 228,922
16 ロシア 158,943 125,728 110,529 80,514 65,705 88,775 82,863 76,584 78,531
17 サウジアラビア 157,512 165,912 166,111 186,654 160,696 147,074 150,247 144,584 140,579
18 ニュージーランド 149,010 128,366 106,914 102,776 98,861 94,735 91,144 88,489 87,233
19 タイ 136,699 124,153 106,510 98,864 93,590 95,195 92,549 93,642 90,167
20 カナダ 103,616 97,908 96,139 94,178 91,437 88,157 85,478 84,369 82,641
合計 全ての国々 16,106,954 15,810,305 14,039,799 11,519,275 10,406,759 9,435,411 8,802,129 8,044,462 7,649,731
インドネシアの観光統計[22] [29] [30] [31] [32] [33]
海外からの訪問者
2000 5,064,217
2001 5,153,620
2002 5,033 400
2003 4,467,021
2004 5,321,165
2005 5,002,101
2006 4,871,351
2007 5,505,759
2008 6,429,027
2009 6,452,259
2010 7,002,944
2011 7,649,731
2012 8,044,462
2013 8,802,129
2014 9,435,411
2015 10,406,759
2016 11,519,275
2017 14,039,799
2018 15,810,305
2019 16,106,954

中央統計局(BPS)によって記録されたインドネシアで最も人気のある10の観光地は、バリ、西ジャワ、中央ジャワ、東ジャワ、ジャカルタ、北スマトラ、ランプン、南スラウェシ、南スマトラ、バンテン、西スマトラです。バンテンが以前は西ジャワの一部であったため、今日は11の州です。 [34]

ほとんどの国と同様に、国内の観光客は群を抜いて最大の市場セグメントです。国内観光客の最大の動きは、地元で知られている毎年恒例のイードアルフィトルの間にあります レバラン。ラマダン期間中の断食月から2週間の休暇であるこの期間中、多くの都市に住むイスラム教徒のインドネシア人が故郷の親戚を訪ねます。都市間交通はピークに達しており、この期間中に追加料金が適用されることがよくあります。

2006年までの5年間、より多くの国内観光を生み出すことに注目が集まってきました。格安航空会社間の競争により、全国の国内航空旅行者の数が増加しています。最近、労働省は、重要な宗教上の祝日を除いて、週末に近い祝日を組み合わせて長い週末を作成することを法制化しました。これらの長い週末の間、人気のある目的地のほとんどのホテルは完全に予約されています。

2000年以降、平均して毎年500万人の外国人観光客がおり(表を参照)、1日あたり平均100米ドルを費やしています。平均訪問期間は9〜12日で、インドネシアは年間46億米ドルの外貨収入を得ています。 [22]これにより、インドネシアの観光業は、木材や繊維製品に次いで、石油ガス以外の3番目に重要な外国の収入源となっています。 [16]

2年前に日本を倒した後、世界最大の観光支出国である中国はオーストラリアを倒し、前年比30.42%増加し、外国人観光客は前年比10.6%増加して290万人を超えました。 。 2014年第1四半期の上位の原産国のデータはアジア太平洋地域からのものであり、シンガポール(15.7%)、マレーシア(14.0)、中国(11.0)、オーストラリア、および日本が上位の原産国です。 [35]イギリス、フランス、ドイツはヨーロッパからの訪問者の最大の源です。 [36]オランダの訪問者は少なくとも部分的に歴史的関係を探求することに熱心ですが、多くのヨーロッパの訪問者はバリのビーチで熱帯の天気を求めています。

すべての訪問者の約59%が休暇目的でインドネシアに旅行し、38%がビジネス目的で旅行しています。 [37]

2012年、World Travel&Tourism Councilによると、旅行と観光はGDPの8.9%の貢献を果たし、インドネシアの総雇用の8%を支えました。 [37]

インドネシアは何世紀にもわたって旅行先だったようです。ボロブドゥールの浅浮き彫りのいくつかのパネルには、飲み物の売り手が描かれています。 ワルン (小さなレストラン)、人々が飲んだり踊ったりしていた居酒屋や宿泊施設。インドネシア旅行の歴史的記録は14世紀以来見つけることができます。 [38]ナガラクレタガマは、ハヤム・ウルク王が東ジャワのマジャパヒト王国を王室で旅した際に、貴族、王室の廷臣、役人、使用人を伴った多数の馬車があったと報告した。 [38]堂々とした出来事のように見えるが、王の旅行は、パラやジャジャワなどの寺院から複数の近代的な観光地を訪れ、山の景色を楽しみ、風呂に入ったため、現代のツアーに似ている場合があります。の ペティルタン (入浴プール)そしてビーチに行きます。パクアン・パジャジャラン出身のヒンドゥー教の学者であるブジャンガ・マニックの15世紀の旅行記は、ジャワとバリを旅したことについて報告しました。彼の旅行はジャワ島とバリ島の寺院や神聖な場所を訪れる巡礼でしたが、プンチャック地域の美しい山の景色を楽しみながら体を扇動しながら座って、彼が説明するゲデ火山を見るなど、現代の観光客のように振る舞うこともありますパクアンパジャジャラン(スンダ王国の首都)周辺の最高地点として。 [39]

当初、オランダ領東インドの観光、サービス、ホスピタリティセクターは、国​​内の訪問者、特に裕福なオランダのプランテーションの所有者や商人が市内に滞在する際の宿泊、娯楽、レジャーのニーズに応えるために開発されました。 19世紀には、バタビア(現在のジャカルタ)のホテルデインデス(推定1829年)、サボイホーマンホテル(推定.1871)バンドン、スラバヤのホテルオラニエ(推定1910年)、メダンのホテルデボア。 19世紀以来、オランダ領東インドはオランダからの訪問者を魅了してきました。 [38]最初の全国観光局は Vereeeging Toeristen Verkeer、20世紀初頭にオランダ領東インド総督によって設立され、バタビアにある本社を Koninklijke Nederlansch Indische Luchtfahrt Maatschapijj (KLMの一部)1929年にアムステルダムからバタビアへの飛行を開始しました。[38] 1913年、 フェリーニヒングツーリストンバーキール インディーズの観光地についてのガイドブックを書きました。 Since then Bali become known to international tourist with foreign tourist arrivals rose for more than 100% in 1927. [38] Much of the international tourism of the 1920s and 1930s was by international visitors on oceanic cruises. The 1930s did see a modest but significant influx of mainly European tourists and long term stayers to Bali. Many came for the blossoming arts scene in the Ubud area, which was as much a two-way exchange between the Balinese and outsiders as it was an internal phenomenon. [40]

Tourism more or less disappeared during World War II, Indonesian National Revolution and in the early years of the Sukarno era. On 1 July 1947, the government of Republic of Indonesia tried to revive tourism sector in Indonesia by establishing HONET (Hotel National & Tourism) led by R. Tjitpo Ruslan. This new national tourism authority took over many of the colonial heritage hotels in Java and renamed them all "Hotel Merdeka". After Dutch–Indonesian Round Table Conference in 1949, this tourism authority changed its name to NV HORNET. [38] In 1952 the President formed the Inter-Departement 4 on Tourism Affairs which is responsible for reestablishing Indonesia as the world's tourism destination. [41]

National pride and identity in the late 1950s and early 1960s was incorporated into the monumentalism of Sukarno in Jakarta — and this included the development of grand multi-storied international standard hotels and beach resorts, such as Hotel Indonesia in Jakarta (est. 1962), Ambarrukmo Hotel in Yogyakarta (est. 1965), Samudra Beach Hotel in Pelabuhan Ratu beach West Java (est. 1966), and Inna Grand Bali Beach Hotel in Bali (est. 1966). The political and economic instability of the mid-1960s saw tourism decline radically again. Bali, and in particular the small village of Kuta, was, however, in the 1960s, an important stopover on the overland hippy trail between Australia and Europe, and a "secret" untouched surf spot. [42]

To stimulate tourism sector, Indonesia becomes a member of PATA in the early 1960s and appointed as the host of PATA annual conference in 1963 and 1974 in Jakarta, and 2003 in Bali. To host the 1974 PATA conference, the Hotel Borobudur was built and named as the official hotel of this event. At that time, it was the largest and the most luxurious hotel in Jakarta. Indonesia is also the host of PATA Travel Mart in 1985 and 1989 in Bali, and 2016 in Jakarta.

In the early-to-mid-1970s, high standard hotels and tourist facilities began to appear in Jakarta and Bali. After the completion of Borobudur restoration project in 1982, Yogyakarta become a popular tourist destination in Indonesia after Bali, mostly attracted to this 8th-century Buddhist monument, surrounding ancient Javanese temples and Yogyakarta Sultanate palace. From this period to the end of the Suharto era, governmental policies of the tourism industry included an array of regulations and developments to encourage increasing numbers of international tourists to both visit Indonesia and stay longer.

Indonesia has a well-preserved, natural ecosystem with rainforests that stretch over about 57% of Indonesia's land (910,000 square kilometres or 225 million acres), approximately 2% of which are mangrove systems. [43] [44] One reason why the natural ecosystem in Indonesia is still well-preserved is because only 6,000 islands out of 17,000 are permanently inhabited. [45] Forests on Sumatra and Java are examples of popular tourist destinations. Moreover, Indonesia has one of longest coastlines in the world, measuring 54,716 kilometres (33,999 mi), [46] with a number of beaches and island resorts, such as those in southern Bali, Lombok, [47] Bintan and Nias Island. [48] However, most of the well-preserved beaches are those in more isolated and less developed areas, such as Karimunjawa, the Togian Islands, and the Banda Islands.

Dive sites Edit

With more than 17,508 islands, Indonesia presents ample diving opportunities. With 20% of the world's coral reefs, over 3,000 different species of fish and 600 coral species, deep water trenches, volcanic sea mounts, World War II wrecks, and an endless variety of macro life, scuba diving in Indonesia is both excellent and inexpensive. [49] Bunaken National Marine Park, at the northern tip of Sulawesi, claims to have seven times more genera of coral than Hawaii, [50] and has more than 70% of all the known fish species of the Indo-Western Pacific. [51] According to Conservation International, marine surveys suggest that the marine life diversity in the Raja Ampat area is the highest recorded on Earth. [52] Moreover, there are over 3,500 species living in Indonesian waters, including sharks, dolphins, manta rays, turtles, morays, cuttlefish, octopus and scorpionfish, compared to 1,500 on the Great Barrier Reef and 600 in the Red Sea. [53] Tulamben Bay in Bali boasts the wreck of the 120 metres (390 ft) US Army commissioned transport vessel, the 自由。 [54] Other popular dive sites on Bali are at Candidasa and Menjangan. Across the Badung Strait from Bali, there are several popular dive sites on Nusa Lembongan and Nusa Penida. Lombok's three Gilis (Gili Air, Gili Meno and Gili Trawangan) are popular as is Bangka. Saronde Island is a very popular spot also in Gorontalo Sulawesi. Some of the most famous diving sites in Indonesia are also the most difficult to reach, with places like Biak off the coast of Papua and the Alor Archipelago among the popular, more remote, destinations for divers.

Surf breaks Edit

Surfing is also a popular water activity in Indonesia and the sites are recognised as world-class. [55] The well-known locations are mostly located on the southern, Indian Ocean side of Indonesia, the largest breaks being on the southern Java. However, the north coast does not receive the same surf from the Java Sea. Surf breaks can be found all the way along Sumatra, down to Nusa Tenggara, including Aceh, Bali, Banten, Java, Lombok, the Mentawai Islands, and Sumbawa. Although Indonesia has many world-class surfing spots, the majority of surfers come from abroad, especially Australia and the United States. However, enthusiasm for local surfing began in Bali and West Java's Pelabuhan Ratu and Pangandaran beach, with most surfers arriving from nearby cities of Jakarta and Bandung.

In 2018, World Surf League has had 8 surfing events in Indonesia. [56]

On Bali, there are about 33 surf locations, from West Bali to East Bali including four on the offshore island of Nusa Lembongan. In Sumbawa, Hu'u and Lakey Beach in Cempi Bay are popular surfing spots among surfing enthusiasts. Sumatra is the second island, with the greatest number of surf spots, with 18 altogether. High season for surfing is around May to September with the trade winds blowing from east to south-east. From October to April, winds tend to come from the west to north-west, so the east coast breaks get the offshore winds. [ 要出典 ]

Two well-known surf breaks in Indonesia are the G-Land in the Bay of Grajagan, East Java, and Lagundri Bay at the southern end of Nias island. G-Land was first identified in 1972 when a surfer saw the break from the window of a plane. Since 6 to 8-foot (Hawaiian scale) waves were discovered by surfers at Lagundri Bay in 1975, the island has become famous for surfing worldwide. [ 要出典 ]

National parks Edit

Bogor Botanical Gardens established in 1817, and Cibodas Botanical Gardens established in 1862, are two among the oldest botanical gardens in Asia. With rich collections of tropical plants, these gardens are the centre of botanical research as well as tourism attraction since the colonial era.

There are 50 national parks in Indonesia, of which six are World Heritage listed. The largest national parks in Sumatra are the 9,500-square-kilometre (3,700 sq mi) Gunung Leuser National Park, the 13,750-square-kilometre (5,310 sq mi) Kerinci Seblat National Park and the 3,568-square-kilometre (1,378 sq mi) Bukit Barisan Selatan National Park, all three recognised as Tropical Rainforest Heritage of Sumatra on the UNESCO World Heritage list. Other national parks on the list are Lorentz National Park in Papua, Komodo National Park in the Lesser Sunda Islands, and Ujung Kulon National Park in the west of Java.

To be noticed, different national parks offer different biodiversity, as the natural habitat in Indonesia is divided into two areas by the Wallace line. The Wallacea biogeographical distinction means the western part of Indonesia (Sumatra, Java, Kalimantan) have the same flora and fauna characteristics as the Asian continent, whilst the remaining eastern part of Indonesia has similarity with the Australian continent. [47]

Many native species such as Sumatran elephants, Sumatran tigers, Sumatran rhinoceros, Javan rhinoceros and orangutans are listed as endangered or critically endangered, and the remaining populations are found in national parks and other conservation areas. Sumatran orangutan can be visited in the Bukit Lawang conservation area, while the Bornean orangutan can be visited in Tanjung Puting national park, Central Kalimantan. The world's largest flower, rafflesia arnoldi, and the tallest flower, titan arum, can be found in Sumatra.

The east side of the Wallacea line offers the most remarkable, rarest, and exotic animals on earth. [57] Birds-of-paradise, locally known as cendrawasih, are plumed birds that can be found among other fauna in Papua New Guinea. The largest bird in Papua is the flightless cassowary. One species of lizard, the Komodo dragon can easily be found on Komodo, located in the Nusa Tenggara lesser islands region. Besides Komodo island, this endangered species can also be found on the islands of Rinca, Padar and Flores. [58]

Volcanoes Edit

Hiking and camping in the mountains are popular adventure activities. Some mountains contain ridge rivers, offering rafting activity. Though volcanic mountains can be dangerous, they have become major tourist destinations. Several tourists have died on the slopes of Mount Rinjani, Indonesia's second-highest volcano and a popular destination for climbers visiting Lombok in eastern Indonesia. Popular active volcanoes are the 2,329-metre (7,641 ft) high Mount Bromo in the East Java province with its scenic volcanic desert around the crater, the upturned boat shaped Tangkuban Perahu and the volcanic crater Kawah Putih, north and south of Bandung respectively and both with drive-in access up to the crater, the most active volcano in Java, Mount Merapi near Yogyakarta, and the legendary Krakatau with its new caldera known as Anak Krakatau (the child of Krakatau). Gede Pangrango volcano in West Java is also a popular hiking destination, especially among domestic hikers.

In Sumbawa, Mount Tambora with its historical massive volcanic eruption back in 1815 that produced massive caldera also had gained attention among hikers. In the neighbouring island of Flores, the three-coloured volcanic crater-lake of Kelimutu is also hailed as one of Indonesia's natural wonder and had attracted visitors worldwide. Puncak Jaya in the Lorentz National Park, the highest mountain in Indonesia and one of the few mountains with ice caps at the (tropical) equator [59] [60] offers the opportunity of rock climbing. In Sumatra, there are the remains of a supervolcano eruption that have created the landscape of Lake Toba close to Medan in North Sumatra.

Indonesia consists of over 1,300 ethnic groups, [61] spread over a 1.8 million km 2 area of 6,000 inhabited islands. [16] This creates a cultural diversity, further compounded by Hindu, Buddhist, Islamic and European colonialist influences. In Bali, where most of Indonesian Hindus live, cultural and religious festivals with Balinese dance-drama performances in Balinese temples are major attractions to foreign tourists.

Despite foreign influences, a diverse array of indigenous traditional cultures is still evident in Indonesia. The indigenous ethnic group of Toraja in South Sulawesi, still has a strong tradition that descends from animistic beliefs even though most Toraja are Christian now. One of the most famous Toraja tradition is their funeral rites, Rambu Solo. The Minangkabau ethnic group retain a unique matrilineal culture, despite being devoted Muslims. Other indigenous ethnic groups include the Asmat and Dani in Papua, the Dayak in Kalimantan and the Mentawai in Sumatra, where traditional rituals are still observed.

Cultural tourism also plays a significant part in Yogyakarta, a special province in Indonesia known as the centre of classical Javanese fine art and culture. [62] The rise and fall of Buddhist, Hindu, and Islamic kingdoms in Central Java has transformed Yogyakarta into a melting pot of Indonesian culture. Classical Javanese dances are performed in royal courts of Yogyakarta and Surakarta, as well as Javanese Ramayana Ballet performed in Prambanan open-air theatre.

Most major Indonesian cities have their state-owned museums, although most are in modest display. The most complete and comprehensive museum that displaying Indonesian culture and history spanned from prehistoric to colonial era is National Museum of Indonesia located in Jakarta.

For Indonesian and foreign visitors unable to visit all Indonesian provinces, Taman Mini Indonesia Indah in East Jakarta provides a comprehensive microcosm of Indonesian culture. Established in 1975 by Tien Suharto, this park displaying museums, separate pavilions with the collections of Indonesian architecture, clothing, dances and traditions all depicted impeccably.

Ancient Hindu and Buddhist temples Edit

From the 4th century until the 15th century, Hinduism and Buddhism shaped the culture of Indonesia. Kingdoms rise and fall, such as Medang Kingdom, Srivijaya, Kediri, Singhasari and Majapahit. Along with the Indonesian classical history of Hindu-Buddhist era, they produced some temples and monuments called チャンディ。 The best-preserved Buddhist shrine, which was built during the Sailendra dynasty in the 8th century, is Borobudur temple in Central Java. A giant stone mandala stepped pyramid adorned with bell-shaped stupas, richly adorned with bas-reliefs telling the stories and teachings of Buddha.

A few kilometres to the southeast is the Prambanan complex, the largest Hindu temple in Indonesia built during the second Mataram dynasty. [47] The Prambanan temple is dedicated to Trimurti Shiva, Vishnu and Brahma, three highest gods in Hinduism. Both the Borobudur and the Prambanan temple compounds have been listed in the UNESCO World Heritage list since 1991. Both temple are the largest and the most popular, conveniently accessible from Yogyakarta, the heartland of Javanese culture. The Ramayana Javanese dance is performed routinely on the stage near Prambanan temple, provides the visitors with the glimpse of Javanese classical culture.

In and around Jogjakarta, the ancient Javanese archaeology and temple enthusiast may still discover numerous ancient temples, accessible by car or motorcycle. Although not as grand and popular as Borobudur and Prambanan, these smaller temples provide a glimpse of ancient culture and the intricate details of ancient Java temple architecture. Mendut and Pawon temples are located in Kedu Plain near Borobudur, while Ratu Boko, Sewu, Lumbung, Plaosan, Kalasan, and Sari are located in Prambanan Plain near Prambanan temple.

The temples of East Java dated from the era of Singhasari and Majapahit mostly located in Trowulan archaeological site, and also scattered around Blitar and Malang. Although not as grand and popular as the temples of Central Java, the East Javanese temples are also an interesting destination for candi and Indonesian ancient history enthusiast. East Javanese temples such as Wringin Lawang, Brahu, Bajang Ratu, and Candi Tikus in Trowulan archaeological site. Jawi temple near Pandaan, south of Surabaya, Penataran temple in Blitar, Kidal temple and Singhasari temple near Malang.

Most major Indonesian archaeological sites are equipped with museums such as Samudra Raksa Museum and Karmawibhangga Museum in Borobudur, Prambanan museum in Prambanan temple compounds, and Trowulan Museum located in former Majapahit capital of Trowulan archaeological site. Some of the archaeological discoveries are also displayed in municipal museums, such as Sonobudoyo Museum in Yogyakarta and Radyapustaka Museum in Surakarta, and of course the Indonesian National Museum in Jakarta.

Sumatra also home of several ancient Buddhist temples mostly linked to Srivijaya kingdom, such as Muaro Jambi in Jambi province, Muara Takus in Riau and Biaro Bahal in North Sumatra. Sumatran temples, however, are not as elaborated and as spectacular as its Javanese counterpart, and subsequently less popular. The location is rural, quite far from large cities, so renting a car to visit these sites is advisable since public transportation to the location is scarce.

Islamic heritage Edit

Islam has also contributed greatly to the cultural society in Indonesia. As of 2006, 88% of Indonesia's recorded population were Muslim. [63] Islamic culture is prominent in Sumatra, and a few of the remaining sultanate palaces can be seen in Medan and Tanjung Pinang.

The Islamic heritage tourism is also popular, especially among Indonesian Muslims and Muslims from neighbouring countries such as Malaysia, Singapore and Brunei that shared common Southeast Asian Islamic heritage. The activity usually linked with Islamic ziyarat pilgrimage to historical Islamic sites, such as historical mosques and tombs of venerated Islamic figures. However, for visitors in Islamic sites, either local or foreign, Muslim or non-Muslim, the rules of conduct and dress modesty is applied, such as removing the footwear while entering mosques or makam (tombs), a visitor should not enter the site wearing shorts (sarong usually lent near the entrance to cover the lower torso of the visitors).

In Aceh the Baiturrahman Grand Mosque and tombs of Aceh Sultanate kings is a popular destination, while in Medan the Medan Great Mosque and Maimun Palace is also major Islamic heritage destination. Most of the Indonesian major cities have their own historical or monumental Masjid Agung (Grand Mosque) that become city's landmark as well as a tourism attraction. Istiqlal Mosque, Jakarta, the Indonesian national mosque and the largest in Southeast Asia is Jakarta's major landmark as well as a tourist attraction.

In Java the ziyarat pilgrimage is usually linked to historically important Islamic figures of Wali Sanga (Nine Saints), they are important because of their historic role in the Spread of Islam in Indonesia. Their tombs and mosques scattered along with Java's north coast towns, such as Demak, Kudus, Cirebon, Gresik, to Ampel in Surabaya. The 15th-century Agung Demak Mosque hailed as the first mosque established in Java. Menara Kudus Mosque is notable for incorporating Majapahit Hindu-Javanese architecture. The tomb of Sunan Gunungjati near Cirebon, is also the important ziyarat site in West Java.

The heritage tourism might also be focused on the era of 17th- to 19th-century royal Javanese courts of Yogyakarta Sultanate, Surakarta Sunanate and Mangkunegaran.

Colonial heritage Edit

The heritage tourism is focused on specific interest on Indonesian history, such as colonial architectural heritage of Dutch East Indies era in Indonesia. The colonial heritage tourism mostly attracted visitors from the Netherlands that share historical ties with Indonesia, as well as Indonesian or foreign colonial history enthusiast.

The activities among others are visiting museums, churches, forts and historical colonial buildings, as well as spend some nights in colonial heritage hotels. The popular heritage tourism attractions are Kota – the centre of old Jakarta, with its Maritime Museum, Kota Intan drawbridge, Gereja Sion, Wayang Museum, Stadhuis Batavia, Fine Art and Ceramic Museum, Toko Merah, Bank Indonesia Museum, Bank Mandiri Museum, Jakarta Kota railway station, and Glodok (Jakarta Chinatown). In the old ports of Sunda Kelapa, in Jakarta and Paotere in Makassar the tall-masted pinisi ship still sailed. The Jakarta Cathedral with neo-gothic architecture in Central Jakarta also attracted architecture enthusiast.

Bandung historical avenue around Asia Afrika and Braga Street displays rich collections of Indies and Art deco architecture from early 20th century. Several hotels such as Savoy Homann in Bandung and Hotel Majapahit in Surabaya are colonial heritage hotels suitable for those whom interested in Dutch East Indies colonial history. The VOC forts can be found in Yogyakarta, Makassar, Bengkulu and Ambon. The colonial buildings might also be found in old town parts of Indonesian cities, such as Semarang, Surabaya, Malang, Medan, and Sawahlunto.

Village tourism Edit

Village tourism (Indonesian: desa wisata) is a tourism concept in Indonesia to integrate attraction, activity, accommodation, and supporting facility within a specific area, called desa or village, to maximize tourism potential of that specific area. Unlike popular resorts area that mostly owned by global hotel chains, village tourism is usually modest small scale family or community-owned accommodations i.e. boarding house, guest house, bed and breakfast, lodge, tavern, restaurant or warung shop. This community-based tourism model is intended to generate the local economy, create jobs, as well as empowering the local community.

Tourism potential may include natural points of interest, specific food, local activity, festivals, crafts, arts and cultural events that are unique to that area. Indonesia have 1,734 tourism village, most of it located at Java and Bali. [64]

Leisure and urban tourism activities include shopping, sightseeing in big cities, or enjoying modern amusement parks, nightlife and entertainment. To some extent, urban tourism might also involve municipal culture and heritage tourism, such as visits to city museums or parts of the colonial old town.

Shopping Edit

The nation's capital, Jakarta, offers many places for shopping. Mal Kelapa Gading, the biggest one with 130 square kilometres (50 sq mi), Plaza Senayan, Senayan City, Grand Indonesia, EX, and Plaza Indonesia are some of the shopping malls in the city. Next to high-end shopping centres with branded products, Indonesia is also a popular destination for handicraft shopping in the region. Certain Indonesian traditional crafts such as batik, songket, ikat weaving, embroidery, wooden statue and fashion products are popular souvenirs for visitors. [65]

Indonesian textile and fashion products are known for their good value good quality with relatively cheap and reasonable price. Bandung is a popular shopping destination for fashion products among Malaysians and Singaporeans. [66] Bali has many shopping centres, for instance, the Kuta shopping centre and the Galeria Nusa Dua.

Amusement and theme parks Edit

Amusement parks with its rides are popular destination for Indonesian families and teenager alike. Ancol Dreamland with Dunia Fantasi theme park and Atlantis Water Adventure is Jakarta's answer to Disneyland-style amusement park and water park. Several similar theme parks also developed in other cities, such as Trans Studio Makassar and Trans Studio Bandung.

Gastronomy tourism Edit

Indonesia has rich and diverse culinary traditions, and might be considered as one of the richest and the best in the world such as rendang that recently voted as the number one dish of CNN International 'World's 50 Most Delicious Foods' list. [67] Many regional cuisines exist, often based upon indigenous culture and foreign influences. [68] Indonesian cuisine varies greatly by region and has many different influences. [68] [69] [70] From succulent coconut-milk and curry rich Minangkabau cuisine to Oceanian seafood meal of Papuan and Ambonese cuisine. Embarked on a journey through Indonesian cuisine is as exciting as enjoying the diversity of Indonesian culture, as some kind of dishes might have myriad variations of different recipes across archipelago. Some popular Indonesian dishes such as nasi goreng, [71] sate, [72] and soto [73] are ubiquitous in the country and have numerous regional variations. These dishes are considered as Indonesian national dishes.

Eating establishments in Indonesia are available from the modest street-side cart vendors, to the luxury fine-dining restaurants. Most of malls and shopping centres in Indonesian major cities usually have an entire floor dedicated as a food courts, where one could samples rich variety of Indonesian cuisine, and some Indonesian cities have their own signature dishes. Such as Mie Aceh, Padang's rendang, Palembang's pempek, Jakarta's soto betawi and gado-gado, Bandung's siomay and batagor, Yogyakarta's gudeg, Solo's tongseng, Semarang's lumpia, Surabaya's rawon, Madura's satay, Balinese nasi campur and babi guling, Makassar's konro, Manado's tinutuan, to Chinese Indonesian mie goreng. Some exhibitions, fairs and events often also incorporated eating experiences. Such as Jakarta Fair that offer local delicacies as well as food products from various corners of Indonesia, or Jakarta Fashion & Food Festival (JFFF) that feature food and fashion.

Wellness and Spas Edit

Indonesia has local tradition of health and beauty treatments. However, it was not until 2000s that wellness tourism business has become particularly popular in Java and Bali. [74] In 2009 and 2012, Indonesia won international wellness awards as the world's best spa destination. [74]

Traditionally Indonesians—especially in Java and Bali—has developed their own traditional wellness treatment for health, beauty and wellbeing purposes. [75] Traditional treatments includes Javanese jamu herbal medicine, also Javanese and Balinese massage. Spas, fitness centres, and yoga classes are offered to tourists in major Indonesian cities, especially in Bali, Yogyakarta, Jakarta and Bandung. Tourism Ministry of Indonesia has promoted Indonesia as a spa and wellness destination through various exhibitions. [76]

Historically, the Taman Sari of Yogyakarta is a water castle built-in 1758 functioned as a pleasure garden for Sultan Hamengkubuwono I, his concubines and the royal family. This palace equipped with rooms and bathing pools served as a place to cleanse, purify and energize body and soul, restricted only for the king and royals, it was pretty much an 18th-century royal spa. [74] Javanese royal treatments including jamu herbal medicine, traditional massage, luluran (herbal body scrub), bathing and aromatheraphy. [74]

In 2019 Indonesian Tourism Ministry is also partnering with Indonesian Health Ministry to provide health tourism, in four sectors: medical tourism, wellness tourism and Jamu, sports tourism, and health academic tourism. [77]

Golfing Edit

Another popular tourist activity is golfing, a favourite sport among the upper class Indonesians and foreigners. Indonesia has around 150 golf courses. Golf courses concentrated mostly in Greater Jakarta, West Java, East Java, Bali, Bintan and Batam. Bali, West Java and Yogyakarta have well-designed golf courses, either by the sea or on highland overlooking volcanoes. Some notable golf courses include Taman Dayu in Pasuruan East Java, Ria Bintan, Damai Indah Golf Bumi Serpong Damai Tangerang, Rancamaya near Bogor, New Kuta Golf in Bali, and Merapi Golf near Yogyakarta. [78]

Nightlife Edit

Nightlife of Indonesia is also popular among foreigners, especially in the big cities like Jakarta, Bandung, Surabaya, Manado, Denpasar and Medan. [79] Jakarta and Bali for example, are quite popular for its vibrant nightlife and festivals as the city boast its large numbers of discotheque and clubs. The annual Djakarta Warehouse Project dance music festival is a major Electronic Dance Music event in Asia. [80]

Sex tourism Edit

International sex tourism and child sex tourism remains an issue, especially on the islands of Batam and Karimun and in major urban centres and tourist destinations across the country, including Bali and Riau Islands. In Indonesia, prostitution is illegal and interpreted as a "crime against decency and morality". [81] In practice, however, prostitution is quite widespread, tolerated, and somewhat regulated, mostly illegally or underground in discotheques, massage parlours, and karaoke rooms, [82] and also visible on certain streets. It is estimated that 40,000 to 70,000 Indonesian children are being exploited in prostitution within the country. [83] Prostitution is conducted by both genders, with Bali being notorious for its 'Kuta Cowboys', local gigolos targeting foreign female tourists. [84]

International airports Edit

Each of the larger Indonesian islands have at least one international airport. The biggest and the busiest airport in Indonesia, Soekarno-Hatta International Airport (IATA: CGK), located in Tangerang, is serving the national capital Greater Jakarta area. Followed by Juanda International Airport (IATA: SUB) in Surabaya, East Java as the second busiest airport in the country. [85] There are five more international airports on Java, Yogyakarta International Airport (IATA: YIA) in Yogyakarta, Adisumarmo International Airport (IATA: SOC) in Solo, Central Java, Ahmad Yani International Airport (IATA: SRG) in Semarang, Central Java, and Husein Sastranegara International Airport (IATA: BDO) in Bandung, West Java. Kertajati International Airport was inaugurated in 2017 airport as gateway for West Java as well as for Central Java in Majalengka.

Bali, the tourism hotspot which is part of the Nusa Tenggara Islands, has the Ngurah Rai International Airport (IATA: DPS), which is the third busiest in Indonesia and one of the main entry points for foreign visitors. [85] Lombok International Airport in the island of Lombok opened on 1 October 2011. [86] [87] [88]

In Kalimantan, there are five international airport at Balikpapan, Banjarmasin, Pontianak, Samarinda, and Juwata International Airport, Tarakan. In Sulawesi, there are two international airports, located in Makassar and Manado. The Sultan Hasanuddin International Airport in Makassar, South Sulawesi, is a major hub serving central and eastern Indonesia is also the 4th busiest. [85] Sam Ratulangi International Airport, also known as Manado International Airport, is located in North Sulawesi, 13 kilometres northeast of Manado. The airport is named after the Minahasan educator and independence hero Sam Ratulangi.

Visa free Edit

Tourists holding passport from the following 169 countries [89] and territories are eligible to enter and remain in Indonesia without a visa for 30 days. [90] [91] The visa free facility does not allow the change into other permits or visa extension. [92] [93]

  • Algeria
  • アンゴラ
  • アルゼンチン
  • Austria
  • Azerbaijan
  • バーレーン
  • Belarus
  • ベルギー
  • Brunei #
  • Bulgaria
  • Cambodia #
  • カナダ
  • Chile #
  • 中国
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • Dominica
  • Ecuador #
  • エジプト
  • Estonia
  • Fiji
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ガーナ
  • Greece
  • Hong Kong #
  • Hungary
  • アイスランド
  • インド
  • アイルランド
  • イタリア
  • 日本
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • クウェート
  • キルギスタン
  • Laos #
  • Latvia
  • Lebanon
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • ルクセンブルク
  • Macau #
  • Malaysia #
  • Maldives
  • マルタ
  • メキシコ
  • モナコ
  • Morocco #
  • Myanmar #
  • Netherlands
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • Oman
  • パナマ
  • Papua New Guinea
  • Peru #
  • Philippines #
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • カタール
  • Romania
  • ロシア
  • San Marino
  • サウジアラビア
  • セイシェル
  • Singapore #
  • Slovakia
  • スロベニア
  • South Africa
  • 韓国
  • Spain
  • スリランカ
  • Suriname
  • スウェーデン
  • スイス
  • Taiwan
  • Tanzania
  • Thailand #
  • 東ティモール
  • Tunisia
  • Turkey
  • United Arab Emirates
  • イギリス
  • アメリカ
  • Vatican City
  • ベネズエラ
  • Vietnam #
  • # – Passport holders who wish to enter Indonesia for governmental duties, education, social and cultural reasons, tourism, business, journalistic or transit can do so without a visa through all air, sea or land crossing points.
  • Passport holders from all other visa-exempt countries can enter Indonesia without a visa for tourism purposes only and must enter through the following ports of entry. [94]
    • Airport
    • Bakauheni (Kalianda)
    • Bandar Bentan Telani Lagoi (Tanjung Uban)
    • Bandar Seri Udana Lobam (Tanjung Uban)
    • Batam Center (Batam)
    • Citra Tri Tunas (Batam)
    • Marina Teluk Senimba (Batam)
    • Nongsa Terminal Bahari (Batam)
    • Sekupang (Batam)
    • Sri Bintan Pura (Tanjung Pinang)
    • Tanjung Balai Karimun

    Visa on Arrival (VoA) Edit

    Nationals of the following four countries may apply for a Visa on Arrival for a length of stay of 30 days by paying US$35 at 20 airports, 23 seaports and the Entikong land crossing. [95] [96] [97] [98] [99]

    Nationals from all countries except Angola, Azerbaijan, Dominican Republic, Ghana, Jordan, Kazakhstan, Kyrgyzstan, Lebanon, Papua New Guinea, Seychelles, Tanzania, Vatican City and Venezuela that are eligible for visa-free entry for tourism purposes are still able to obtain a visa on arrival when entering via a port of entry with visa on arrival facilities other than 5 airports and 9 seaports specified for the visa-free entry facility (see above).



コメント:

  1. Draedan

    あなたは間違っている。私はそれについて議論することを申し出ます。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  2. Channing

    謝罪しますが、私の意見では、あなたはエラーを犯します。議論することをお勧めします。 PMで私に書いてください。

  3. Jerred

    詳細を詳細にしてください

  4. Shaktitaur

    いい投稿です!私は自分のためにたくさんの新しくて面白いものを作りました! ICQの友達にリンクを張るよ:)

  5. Neil

    私はあなたが正しくないと思います。私はあなたに話し合うことを勧めます。 PMに書くと、通信します。

  6. Acel

    賢い人を読むのはいつでもいいことです。ありがとう!

  7. Malone

    それは目に見えるものであり、運命ではありません。



メッセージを書く