1941年3月2日

1941年3月2日


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1941年3月2日

1941年3月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
> 4月

外交

エデンとディルはトルコを訪問した後、アテネに戻る

バルカン半島

ドイツ軍がブルガリアに入る



バターン死の行進

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

バターン死の行進、フィリピンで約66マイル(106 km)の行進があり、76,000人の捕虜(66,000人のフィリピン人、10,000人のアメリカ人)が、第二次世界大戦の初期の1942年4月に日本軍によって耐えさせられました。

主にバターン半島の南端にあるマリヴェレスで始まり、1942年4月9日、囚人は北のサンフェルナンドに強制行進し、その後、窮屈で不衛生な有蓋車でカパスのさらに北に運ばれました。そこからさらに7マイル(11 km)歩いて、日本軍がフィリピン人とアメリカ人の囚人を抑留するために使用した元フィリピン陸軍訓練センターであるキャンプオドネルに行きました。囚人が加わった場所にもよるが、5日から10日続いた主要な行進の間に、捕虜は殴打され、撃たれ、銃撃され、多くの場合、収容所に到着した多くの人々が後に死亡した。飢餓と病気。正確な数は不明ですが、54,000人の囚人だけがキャンプに到着し、行進中に約2,500人のフィリピン人と500人のアメリカ人が死亡し、さらに26,000人のフィリピン人と1,500人のアメリカ人がキャンプオドネルで死亡しました。 ((見る 研究者注:バターン死の行進:何人が行進し、何人が死亡したか?)


1941年3月2日-歴史

イタリアの戦艦ヴィットリオ・ヴェネトが、ガウド島近くでの短い交戦中にイギリスの巡洋艦に15インチ砲を発射しました。

3月17日、イギリスの哨戒機が、イギリスの海運を攻撃するために移動しているイタリア海軍第3師団を発見しました。イギリス軍は、戦艦ヴァリアンド、バーハム、ウォースパイト、空母フォーミディブルを含むアレクサンドリアからの艦隊全体をスクランブルしました。

イタリア軍はアンジェロ・イアチーノ副提督が率い、戦艦ヴィットリオ・ヴェネトが含まれ、イギリス軍はカニンガム提督が率いた。

カニガム巡洋艦は3月28日にイタリア軍の一部と交戦しました。その間、カニンガムの主力は閉鎖されていた。イギリスの航空機が攻撃したとき、イタリア人は進路を変えて撤退し始めました。その後、カニーマンはイタリア艦隊に対して連続した空襲を開始した。 Vittorio Venetoは打撃を受けて減速を余儀なくされましたが、すぐに20ノットになりました。巡洋艦ポロは深刻な被害を受け、他の2隻の巡洋艦と4隻の駆逐艦が分離され、ポーラを護衛しました。その後、戦艦の主力であるカニガムが深夜にイタリアの巡洋艦を攻撃し、3分以内にイタリアの巡洋艦ザラとフィウメが沈没しました。駆逐艦アフェイエリとカルドゥッチがすぐに続いた。最後に、部分的に障害のある巡洋艦ポーラが搭乗して捕らえられました。それはトラファルガー以来最大のイギリス海軍の勝利でした。


1941年3月2日-歴史

時計の部品番号:1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 驚くべき始まり(1940年3月-1941年9月)

「驚くべき始まり」は、シリーズの舞台を設定し、この18か月の期間中にナチス国家のすべての敵に対する暴力の急激な増加を調べます。特に、このプログラムは、1941年夏にドイツ軍がソビエト連邦に侵攻したことの重要性を探り、このキャンペーンを、ユダヤ人ではなくロシアの戦争捕虜を対象としたアウシュヴィッツでの最初のガス処刑実験に結び付けています。

最後のセグメントでは、リンダエラビーが、ロサンゼルスのジューイッシュ大学の神学教授であり、オーシュヴィッツナチデスキャンプの解剖学の著者であるマイケルベレンバウムと話します(1994年にインディアナ大学出版局によって米国ホロコースト記念博物館に関連して出版されました)。 )と、サラローレンス大学のクリエイティブライティングの教授であり、Nothing Makes You Free:Writings by Descendants of Jewish Holocaust Survivors(WW Norton、2002)の著者であるMelvin JulesBukiet氏。

驚くべき始まり:エピソード1

これは、世界史上最大の大量殺戮の現場です&mdashAuschwitz。ここで110万人が亡くなりました。第二次世界大戦全体でのイギリスとアメリカの損失の合計よりも多い。

これは、アウシュヴィッツの進化と加害者の精神の物語です。これは、東ヨーロッパでのアーカイブの開設以来発見された文書と計画に一部基づいており、SSの元メンバーを含むそこにいた人々へのインタビューによって知らされた歴史です。

OskarGröning:「そして、これが本当に必要かどうかを自問するなら、「はい、もちろん、これらは私たちの敵であり、戦争が起こっていると言われています」と自分に言い聞かせます。

しかし、アウシュヴィッツの恐怖は単独では発生しませんでした。キャンプは、東ヨーロッパの征服のためのナチスの計画とともに発展しました。現代では他に類を見ない破壊戦争。罪のない民間人が特別な殺害隊によって殺害されたもの。

ハンス・フリードリッヒ:「命令は言われました-彼らは撃たれることになっています。」 「そして私にとって、それは拘束力がありました。」

戦争が進展するにつれて、ナチスの意思決定者は、すべての歴史の中で最も悪名高い政策の1つを思いついた。彼らが「最終解決策」と呼んだものは、ユダヤ人の絶滅です。そしてアウシュビッツでは、彼らは長く曲がりくねった道を進んで大量殺戮を行い、犯罪と死の工場を象徴するこの建物を作りました。

Dario Gabbai&mdashJewish prisoner、Auschwitz 1944-45:「彼らは、人々が叫び声を上げて、何をすべきかわからなかったのです。壁を引っ掻き、ガスが効くまで泣きました。目を閉じれば、私だけがそこに子供がいる女性が立っているのを見てください。」

以下は、アウシュヴィッツの誕生とナチスの大量絶滅政策の驚くべき物語です。アウシュヴィッツは当初、ユダヤ人のガス処刑とはまったく異なる目的のために建てられました。そして、ナチスは、単に命令の下で行動したロボット殺人者としてのSSの一般的な神話に反する方法で殺害の彼らのより広い方針を進化させました。

アウシュビッツ:ナチス州内

驚くべき始まり:エピソード1

1940年の春、SSのルドルフ・ヘス大尉はポーランドを旅して、新しいナチス強制収容所の司令官の職に就きました。ヘスはアウシュヴィッツの町の郊外を旅していた。ヒトラーが前年のポーランド侵攻の際に奪った領土の真っ只中。ここでヘスはこの強制収容所を作るでしょう。後にスタムラガーまたはアウシュヴィッツ1として知られる最初のアウシュヴィッツ。しかし、1940年4月にヘスが最初に到着したとき、これらの建物はほとんど存在していませんでした。この悪名高い強制収容所は、巨大な馬の破壊場の周りに設置された老朽化した元ポーランド軍の兵舎のコレクションとして誕生しました。

ルドルフ・ヘスの「オーシュヴィッツ司令官」からの言葉:「仕事は簡単ではありませんでした。私は、十分に建設されたが完全に荒廃した既存の建物の複合体を使用して、10,000人の囚人のためのキャンプを作成する必要がありました。害虫に群がっている。」

そして、この最初のアウシュヴィッツは、ゲットーの他の場所に閉じ込められることになっていたポーランドのユダヤ人を収容するのではなく、主にポーランドの政治犯、ナチスが彼らの占領への脅威と見なした人を収容するために建てられました。

ルドルフ・ヘス:「国家の真の敵はしっかりと閉じ込められなければなりませんでした。SSだけが国家社会主義国家をすべての内部の危険から守ることができました。他のすべての組織は必要な強靭さを欠いていました。」

ポーランドのナチス占領は残忍なものでした。彼らはポーランド人を奴隷国家にしたいと考えていました。ナチスがドイツにすでに設立した強制収容所をモデルにしたアウシュビッツのような場所を最初に建設したのは、この目的を達成するのを助けるためでした。 1934年以来強制収容所で働いていたヘスは、彼の仕事がポーランド人に恐怖を与える場所を作ることであることを知っていました。しかし、アウシュヴィッツが悪名高いガス室はまだ考案されていませんでした。

ヘスは、ドイツのダッハウ強制収容所の冷笑的なモットーを採用しました。「働けば自由になる」という皮肉なモットーを採用し、アウシュヴィッツの新しい門にそれを飾りました。現在新しい収容所に到着しているポーランド人の囚人は、SSからのぞっとするような扱いを受けました。アウシュヴィッツに最初に送られた23,000人のポーランド人の半数以上が20か月以内に亡くなりました。

イェジ・ビェレッキは、ナチスがポーランドの抵抗にあると疑ったため、アウシュビッツに投獄されました。そこにSSが彼に絞首刑を宣告すると、他の強制収容所でも同様に罰が科せられ、囚人は腕に全体重を乗せて不自然な位置に引き戻された。

Jerzy Bielecki&mdashPolish Political Prisoner&mdashAuschwitz:「彼は私をフックに掛けたいと言った、彼はあなたのつま先で立ち上がると言った。最後に彼は私をフックし、それから彼は警告なしにスツールを蹴った。私の肩は関節から抜け出し、両腕は関節から抜け出していました。私はうめき声を上げていました、そして彼はちょうどあなたがそれに値する犬を黙らせなさい、あなたは苦しむ必要があると言いました。

アウシュヴィッツでの生活が恐ろしく暴力的だったため、収容所自体はナチスの計画ではまだ主要な優先事項ではなかったため、初期の頃、ヘスは基本的な物資を探しに行くことを余儀なくされました。

ルドルフ・ヘス:「強制収容所の検査官からの助けは期待できなかったので、私はできる限りのことをし、自分自身を助けなければなりませんでした。やかんを手に入れるためだけに、ザコパネとラブカまで60マイルも運転しなければなりませんでした。 100メートルの有刺鉄線をどこで手に入れることができるかさえ知らなかったので、私はひどく必要とされた有刺鉄線を盗む必要がありました。」

盗難の日の後、ヘスは強制収容所の端にある家に家に帰りました。ここで彼はナチスの征服者がすべきだと思って生き、囚人を農奴として扱った。

ユゼフ・パチンスキー&mdashポーランドの政治犯、アウシュヴィッツ: '毎週、警備会社の尉官が私を彼の家に連れて行ってくれ、私はヘスの髪の毛「ケイン・ワート」を切った。私が恐れていたので、彼は私に一言も言わなかったし、私も一言も言わなかった。そして彼は囚人を軽蔑した。

インタビュアー:「はさみを首に刺したくなかったのですか?」

ユゼフ・パチンスキー:「それは起こったかもしれない。私は彼をつかんで喉を切り裂いたかもしれないかみそりを手に持っていた。それは起こったかもしれない。しかし私は生きている、考えている。何が起こったのか知っているか?家族全員が破壊され、収容所の半分が破壊され、彼の代わりに他の誰かが来たでしょう。」

ヘスが快適に暮らしている間、囚人たちは生き残るのに苦労しました。十分な栄養を奪われて、彼らは彼ら自身の行動規範を発展させました、そして、受刑者が犯すことができる最悪の犯罪の1つは他の人の食物を取ることでした。

カジミェシュ・ピエチョフスキ:「そのような人々を追い払うために何がなされたのか?彼らは清算された。囚人たちは夜に彼らを殺した。彼らは彼の顔に毛布をかぶせ、彼が呼吸を止めるまでそこに置いた。そして誰も質問しないだろう。朝、ブロックの長老は多くの死者を報告するでしょう。十分に公平です。」

インタビュアー:「そして、あなたは何も感じませんでしたか?これは正常でした」

Kazimierz Piechowski:「もちろんです。それは完全に正常でした。ある種の閃光と潜在意識を除いて、おそらく:神、そしてまだこのようなことが起こっています。そしてまだこのようなことが起こっています。しかし、これらのことは仕方がありませんでした。言い換えれば、 「それについて考えないでください。それは過ぎ去りました。今、どこで仕事に行き、次の日を生き残るために、ただ次の日を生き残るために行くかを考えてください。だれもそれを盗まないようにあなたのパンを見てください、そうすればあなたは朝食を食べることができます。仕事に行き、より軽い仕事を見つけようとします。「これはあなたが夢中になっていたことであり、これは絶え間ない警戒でした。「警戒してください。あなたは生き残る必要があります。」

1940年のアウシュヴィッツでの刑務所生活の恐怖を主宰したのはヘスとSSの約300人のメンバーでした。彼らは連帯感を育むために彼ら自身と彼らの家族のために同志の夜を開催しました。しかし、ヘスが明らかにするように、それはシャレードでした。

ルドルフ・ヘス:「ロールコールのリーダーであるパリッチュは、さまざまな強制収容所での長く多様な奉仕の間に私が知り、経験した中で最も狡猾で滑りやすい生き物でした。彼は文字通り、権力への渇望を満たすために体の上を歩きました。フリッツシュ最初の収容所の将校である、は機知に富んでいて頑固で、常に喧嘩をしていましたが、彼は自分を良い同志として見せようとしていて、勤務時間外に同志について多くのことを話しました。彼の行動は実際には何でもありませんでした。同志。」

ヘスの回想録は、彼が心のこもった、ささいな男であり、常に彼の過ちに対する責任を他の人に移したいと思っていることを明らかにしています。そして彼自身の承認では、アウシュヴィッツは最初から、大きな残虐行為が行われた強制収容所でした。

それにもかかわらず、1940年に彼が運営したキャンプは、ナチス占領下のポーランドのほとんど背水でした。すべてが変わりつつありました。アウシュヴィッツの変容の決定的な理由は、シンプルな場所でした。

キャンプ周辺は天然資源が豊富でした。ポーランドのこの地域には、淡水、石灰、そして何よりも重要なのは石炭が豊富に供給されていました。アウシュビッツから20マイル以内に、ヨーロッパで最も豊かな石炭の継ぎ目にアクセスできる鉱山のネットワークがあります。

1940年の終わりごろ、これらは、ドイツの巨大な産業コングロマリットであるIGファルベンの科学者が探していたリソースにすぎませんでした。彼らは何年もの間、ドイツの戦争努力に不可欠な原材料である合成ゴムと燃料の作り方を実験してきました。水、石灰、石炭は彼らが必要とした最も重要な成分でした。今、彼らは、アウシュビッツが東部に新しい工場を設置するのにちょうどいい場所であることに気づきました。

SSの司令官であるハインリヒ・ヒムラーは、初めてアウシュヴィッツを訪れました。彼は、莫大な財源を持つIGファルベンがこの地域に来ることに興味を持っているというニュースを聞いていました。ヒムラーは、ナチスの地域指導者であるヘス、ガウレイター、およびSSの他の上級メンバーによる視察ツアーに同行しました。ヒムラーは、アウシュビッツの収容人数を10,000人から30,000人に倍増させたいと彼らに語った。収容所はもはや背水ではなく、ナチス州で最大の強制収容所になるだろう。しかし、ヘスが目撃したように、地元のナチス指導者は、ライヒスフューラー・ヒムラーの計画に問題を抱えていました。

「大管区指導者は異議を唱え、郡大統領は未解決の排水問題を指摘することで計画を止めようとした。しかし、ライヒスフューラーにはそれがなかった」

字幕:この分野の専門家を雇うと、問題は自然に解決します。紳士、キャンプは拡大されます。私の理由はあなたの反対よりもはるかに重要です。

当然のことながら、ヒムラーは道を譲りました。

アウシュヴィッツの新しいナチスのビジョンの壮大さ、ほぼメガロマニアを詳述した一連の計画が、その後の数か月から数年にわたって作成されました。何十年もの間隠されていた詳細な図面は、元のドイツ人建築家が亡くなる少し前に表面化しただけでした。

ナチスの夢は、IGファルベンがこの地域にもたらしたお金が、東部のモデルドイツ人入植地であるアウシュビッツの新しい町の創設に資金を提供することでした。民族ドイツ人は今ここに住んでいて、現在町に住んでいた人々は家から追い出されて国外追放されました。巨大なナチ党本部と他の多くの新しい建物の計画が立てられました。そして近くのソラ川を下って、強制収容所自体が変容することになっていた。

囚人は近くのIGファルベン工場で奴隷労働者として働き、SSはIGファルベンの原材料を販売し、中央管理棟である巨大な新しい「Kommandantur」が建設されました。ヒムラー自身のために特別なアパートが建設されることさえありました。アウシュビッツは家から離れた彼の家になることになっていた。 Reichsführerに適した家具の計画が立てられました。ソファから時折テーブルまで、アームチェアから壁掛けまで。

新しいアウシュヴィッツに対するヒムラーのビジョンは確かに壮大でした。しかし、アドルフ・ヒトラーが同時に取り組んでいたのは、ヒムラーが考えていたものを矮小化する方法でアウシュヴィッツを変革するという壮大な計画でした。ヒトラーは、強制収容所と町を再編成するだけでなく、国全体を再形成することを意図していました。なぜなら、1941年の春、ヒトラーはソビエト連邦に侵攻する計画に取り組んだからです。この決定は、アウシュヴィッツの機能の根本的な変化の触媒として機能します。

1941年の終わりまでに、ヒトラーはドイツ軍がモスクワの赤の広場をパレードすることを期待していました。ナチスはソビエト連邦を憎んだ。それは彼らが恐れ、軽蔑した共産主義とイデオロギーの本拠地でした。ナチスは、スターリンと彼の赤軍を打ち負かすことは難しいことではないと信じていました。

ハンス・フリードリッヒ&mdash1st SS歩兵旅団:「彼らは西側までは文明用語ではありませんでした。次のことを想像する必要があります:水洗トイレのあるフランス文明国。ロシアは主に家の後ろにトイレがあります。」

1941年の春のベルリンでは、ソビエト連邦には劣った人間が住んでいたというこの見方がナチスの戦略的思考に浸透しました。ナチスの経済計画立案者は、侵略が開始された後、ドイツ軍にどのように食糧を供給することができるかを考え出しました。そしてその過程で、彼らは大量の飢餓を計画することは合法であると考えました。ここで話されているすべての言葉は、ソビエト連邦との戦争が始まる直前に開催されたナチスの覚書と経済委員会の議事録から取られています。

字幕:ロシアから何かを得たいのなら、消費を減らす必要があります。貧困、飢餓、倹約は何世紀にもわたってロシア人の多くでした。お腹が弾力があるので、憐れみを忘れないようにしましょう。そしてそれに直面しましょう。私たちが国から必要なものを奪うと、何百万もの人々が飢餓で死ぬでしょう。他に選択肢はありません。戦争は、ドイツ国防軍全体がロシアから供給された場合にのみ継続することができます。

したがって、戦争が始まる前でさえ、ナチスはソビエト人口の大部分の絶滅を想定していました。これは絶滅戦争になるはずでした。

ソビエト連邦への侵攻から数週間で、ドイツ人は300万人のソビエト捕虜を捕らえました。 9か月以内に200万人が死亡し、多くはドイツ人の捕われの身で餓死しました。最前線の赤軍捕虜の中に見つかったソビエトの政治将校、またはコミッサールは撃たれることになっていた。

しかし、すり抜けた人の一部は強制収容所に送られました。これが、アウシュヴィッツが最初に東部での戦争に関与した方法です。 1941年7月のこの場所で、ソビエトの囚人は砂利採取場で働くことを余儀なくされました。近くの柵の後ろから、アウシュビッツのポーランド人収容者、イェジ・ビェレッキが彼らに何が起こったのかを見守っていた。

Jerzy Bielecki&mdashPolishの政治犯、アウシュビッツ: '囚人監督官は容赦なく彼らを殴り、蹴り、殴り、地面に倒れるだろう、それは不気味なシーンでした。私は人生でそのようなものを見たことがありませんでした。長い間キャンプに残っていたのに、後で私もしませんでした。

ピストルを手に砂利ピットを歩き回っている下級将校のSS隊員を見た。サディズムだった。 「あなたは犬です!あなたは共産主義者を酷評しました!あなたはたわごとのかけら!」このような恐ろしい言葉。そして時々、彼はピストルを下に向けて撃ちました:pow&hellip powpow。」

ナチスが東に移動したときに苦しんだのはソビエト捕虜だけではなく、ソビエトユダヤ人でもありました。強化された反ユダヤ主義者であるナチスは、スラブ人、ユダヤ人、共産主義の組み合わせは特に危険であると信じていました。

ハンス・フリードリッヒ:「ユダヤ人とボルシェビキの間にはつながりがありました。両者の間につながりがあったという事実の十分な証拠がありました。」

ナチスは、ユダヤ人について同様の偏見をいくつも吐き出しました。彼らに対して国際的なユダヤ人の陰謀があり、ユダヤ人がどういうわけか第一次世界大戦でドイツを失ったと主張することさえ。彼らの妄想には限界がありませんでした。

サブタイトル:これらは、最後の戦争後にヨーロッパの都市に氾濫したタイプの東部ユダヤ人です。小さな寄生虫は、ホスト国を弱体化させ、千年の歴史を持つ文化を脅かし、犯罪、汚職、混乱をもたらします。

ドイツ人が最初にソビエト連邦に侵攻した瞬間から、田舎や町全体で活動しているナチスの特別部隊は、共産主義者、市民指導者、さらには軍事年齢の人々を含む多くの男性ユダヤ人を撃ちました。彼らはまた、1941年7月にウクライナからのこの珍しい映像でここで起こっているように、地元の人々がユダヤ人に対して立ち上がることを奨励しました。

1941年の夏にヒトラーとヒムラーの間で一連の会合があった後、ソビエトユダヤ人の迫害がエスカレートしました。新しい部隊は東部で特別任務に従事し、その中には第1SS歩兵旅団が含まれていました。典型的な行動では、彼らは1941年8月4日にウクライナ西部のオストログの町に近づきました。そこでは周辺地域から1万人以上のユダヤ人が集まっていました。その中には、11歳のVasylValdemanと彼の家族がいました。彼らは今危険にさらされていました。東部のナチス殺害隊は今や男性だけでなくユダヤ人の女性と子供も標的にし始めていた。

Vasyl Valdeman&mdashJewish resident、Ostrog:私たちはここで何かが行われることを知っていました。人々がスペードを持ってここを叩き、運転しているのを見たとき、小さな子供たちでさえ、人々がスペードを持っている理由に気づきました。

当時の第1SS歩兵旅団のメンバーの1人はハンスフリードリッヒでした。彼はその夏にどの行動に参加したかを正確に思い出せないと主張しているが、オストログのような殺害に参加したことは認めている。

ハンス・フリードリッヒ&mdash1st SS歩兵旅団:「彼らはとてもショックを受けて怯えていたので、あなたは彼らとあなたが望むことをすることができました。」

Vasyl Valdeman:「子供たちは泣いていて、病人は泣いていて、年配の人は神に祈っていました。膝の上ではなく、座ったり横になったりしていました。このすべての嘆きと泣き声を聞いて、すべてを通り抜けるのは非常に困難でした。みんな起き上がって「行く」と言って、人が動き出すとすぐに、銃殺や処刑のために人を選びました。」

選ばれたウクライナ系ユダヤ人がこの場所に連れ出され、穴が掘られました。ナチスが占領したソビエト連邦の地域全体で繰り返されたシーンでは、男性、女性、子供たちがストリップして死ぬ準備をするように命じられました。

ハンス・フリードリッヒ:「片側に人がいて、後ろに兵士がいる溝があると想像してみてください。それが私たちであり、私たちは撃っていました。そして、殴られた人々は溝に落ちました。

インタビュアー:「撮影時に何を考え、何を感じていたのか教えていただけますか?」

ハンス・フリードリッヒ:「何もありません。私は、あなたがきちんと打つように 『注意深く狙ってください』と思っただけです。それが私の考えでした。」

インタビュアー:「これがあなたの唯一の考えでしたか?その間ずっと、あなたは人々、あなたが撃ったユダヤ人の民間人に対して何の感情もありませんでしたか?」

ハンス・フリードリッヒ:「ユダヤ人に対する憎しみが大きすぎるので、この点についての私の考えは不当であると認めます。しかし、私が農場に住んでいたときに私が幼い頃から経験したこと、ユダヤ人がしていたこと私たちにとって、それは決して変わらないでしょう。それが私の揺るぎない信念です。」

彼が1930年代に悪質な反ユダヤ主義の雰囲気の中で育ったとき、ハンス・フリードリッヒは地元のユダヤ人商人が彼と彼の家族をだましたと信じるようになりました。

インタビュアー:「あなたが撃った人々は、神の名において、家であなたをひどく扱ったと思われる人々と何の関係がありましたか?彼らは単に同じグループに属していました!他に何がありますか?彼らはそれと他に何が関係していましたか?」

ハンス・フリードリッヒ:「何もありませんが、私たちにとって彼らはユダヤ人でした!」

Vasyl Valdeman:「当時、私は小さな男の子でした​​が、ナチスが何であるかを理解していました。以前はわかりませんでしたが、その後、彼らをとても残酷にする理由、彼らを獣にする理由を常に考えていました。」

殺害は夕方まで続いた。ヴァシル・ヴァルデマンと彼の母親はなんとか逃げ出し、近くの村に隠れました。しかし、SSは彼の父、祖父と2人の叔父を殺しました。

Vasyl Valdeman:「それが最初の死刑執行であり、最も恐ろしい死刑執行でした。最後の死刑執行ではありませんでした。その後、さらに3回の大規模な死刑執行があり、2000人から3000人が全員に射殺されました。その後、より多くの人々が小規模で処刑されました。オストログのユダヤ人コミュニティが全滅した方法です。」

ソビエト連邦でのユダヤ人の銃乱射事件と同時に、アウシュビッツの囚人の殺害もエスカレートしました。初めてアウシュヴィッツの収容者はガス処刑によって殺されることになった。しかし、キャンプが最終的に悪名高くなるような方法ではありませんでした。

ヘスは、いわゆる成人安楽死プログラムの医師がキャンプを訪れるというニュースを受け取りました。彼らはもはや働けなくなった囚人を探していました。ナチスの成人安楽死プログラムのメンバーは、これまで精神的および身体的障害者を対象としていました。ナチスのプロパガンダによって長い間悪魔化されてきた人口の一部。

字幕:ドイツの人々は、このすべての惨めさの本当の範囲に気づいていません。彼らはこれらの建物の憂鬱な雰囲気に気づいていません。そこでは何千人ものばかげた馬鹿が餌を与えられ、育てられなければなりません。彼らはどんな動物よりも劣っています。私たちはそのような相続で将来の世代に負担をかけることができますか?

1939年、ヒトラーは重度の障害児を殺害する計画を承認しました。その後、戦争が始まると、この殺害は障害のある成人にも拡大されました。選択は簡単でした。医師は患者に関するレポートを調べ、それらがスキームの適切な候補であると考えた場合、フォームに赤い十字でマークを付けます。他の2人の医師が別々に同一のフォームにマークを付け、多数決により患者の運命が決定されました。医師たちは、彼らの評決に達する前に、お互いにも患者にも会いませんでした。死ぬために選ばれた人々は、このようなドイツ国内の特別な機関、ドレスデン近くのゾンネンシュタインクリニックに連れて行かれました。

このようなセンターはドイツ全土に6つありました。そしてそれらの中で、最終的にアウシュヴィッツで採用されるであろう偽装を使用して殺害の新しい方法が考案されました。障害者はシャワーを浴びるつもりだと言われました。彼らはパイプとシャワーヘッドを吊るした部屋に連れて行かれました。しかし、パイプは水に接続されていませんでした。彼らは壁を通って一酸化炭素ガスのボトルにつながった。部屋が密閉されると、一酸化炭素がオンになり、患者は殺害されました。 1941年の夏までに、この方法で約70,000人の障害者が殺されました。

ヒムラーは、成人安楽死計画を強制収容所にまで拡大することを望んでいました。そのため、その夏、特別部隊がアウシュビッツにやって来ました。

Kazimierz Smolen&mdashPolish政治犯、アウシュビッツ:「夕方のロールコール中に、私たちの間のすべての病気の人は治療のために立ち去ることができると言われました。彼らは治療を受けるだろうと言った。そして、収容所では、何人かの人々はそれを信じた。」

したがって、ガス処刑された最初のアウシュビッツ囚人は収容所で殺されなかったが、ドイツのガス室に移送された。そして彼らが選ばれたのは、彼らがユダヤ人だったからではなく、もはや働けなくなったからです。

カジミエシュ・スモーレン:「575人がいて、ある種の葬列のように歩いた。歩いた人もいれば、担架で運ばれた人もいた。そして、近くに立っていた囚人たちは、親戚や友人に別れを告げていた。囚人はすり減った。その中には健康な人はいなかった。男性の看護師が担架で何人かを運んだ。それはひどく不気味だった。それは幽霊の行列だった。」

病気がアウシュビッツから連れ去られてから2週間後、ハインリヒ・ヒムラーはソビエト連邦を訪れました。ナチスの絶滅プログラムの発展において非常に重要であった訪問。この重要な時期のヒムラーの任命日記の1990年代の発見は、彼の正確な動きを追跡することを可能にします。彼はミンスクの郊外に車で行き、1941年8月15日金曜日の朝、ユダヤ人とパルチザン容疑者の処刑を見ました。その光景は、ラトビアのリエパーヤの砂丘でほぼ同時に撮影された、この処刑に似ていたに違いありません。銃撃後、SS将軍エーリッヒフォンデムバッハ-ゼレフスキーはヒムラーにSS殺人者に問題があると語った。

字幕:Reichsführer、これらはたった100でした。どういう意味ですか?このコマンドーの男性の目を見てください。これらの男性は一生終わります。ここではどのようなフォロワーを生み出していますか?神経症または野蛮人のいずれか。

バッハ-ゼレフスキは、1941年の夏、ソビエト連邦全土でナチスとその協力者が近距離で冷血で女性と子供を殺害していることを知っていました。ヒムラーは、犠牲者ではなく、殺人者を殺すためのより良い方法を見つけなければならないことに気づきました。

そのため、刑事警察技術研究所のアルベルト・ヴィトマン中尉が東ヨーロッパを訪れました。 Widmannと彼の同僚は、障害者を殺すためにボトル入りの一酸化炭素を使用することになった実験に関与していました。しかし彼は、一酸化炭素のキャニスターをドイツから遠く離れた新しい殺害場所に送るのは費用がかかり、難しいことを知っていました。それで彼は前進するための新しい道を見つけなければなりませんでした、それが彼がソビエト連邦に続いて高爆発物の箱を運ぶトラックに続いた理由です。ウィドマ​​ンはミンスクのレーニンハウスにある彼の本部で、殺害隊の1人の指揮官であるアルトゥールネーベに報告した。

ウィドマ​​ンはミンスクのレーニンハウスにある彼の本部で、殺害隊の1人の指揮官であるアルトゥールネーベに報告した。

字幕:爆発物が十分にあるといいのですが?あなたは250kgを注文しました、私は450kgを持ってきました。あなたは、決して知らない。とても良い。

ナチスの爆発物による殺人実験の目撃者の報告:「バンカーは完全に崩壊し、完全に沈黙しました。体の部分は地面に散らばって木にぶら下がっていました。そして翌日、私たちは体の部分を集めてバンカーに戻しました。 。木の中で高すぎる部分はただそこに残されました。」

この恐怖の後、ウィドマンと彼のSSの同僚は、今年の初めにSSのアルトゥールネーベに起こったことによって示唆された別の大量殺戮の方法を試みました。ネベはベルリンでのパーティーで酔っぱらって家に帰り、車のエンジンをかけたままガレージで気絶した。その結果、排気ガスからの一酸化炭素が彼をほぼ殺しました。ネベの経験から学び、ウィドマンと彼の同僚は現在、このようなソビエト連邦で実験を行った。

この映画は、ソビエトの病院の患者が車と大型トラックの排気管に接続された部屋に閉じ込められていることを示していると考えられています。ナチスは現在、成人の安楽死計画で以前に使用されていた方法よりも安価な一酸化炭素で人々を殺す方法を開発しました。

これらのガス処刑実験が東部で行われていたのとほぼ同時に、アウシュヴィッツの当局は殺人の新しい方法も革新していました。 Whilst Höss was away from the camp, his deputy Karl Fritzsch had a radical idea, one of the most significant in the history of Auschwitz. With the SS in the camp still relying on shooting to kill Soviet prisoners unable to work, maybe, he thought, another method of killing lay right in front of him. In Auschwitz, clothes infected with lice and other insects were disinfected with crystallised prussic acid, mass produced under the trade name Zyklon B.

Subtitles: Zyklon B is used for pest control and thus protects our national economy and its assets, in particular the health of our people.

Once released from their sealed container, Zyklon B crystals dissolved in the air to create a lethal gas.

Fritzsch chose Block 11 in Auschwitz to conduct his first experiment with Zyklon B. This was the most feared location in the camp. A prison within a prison. The place where the SS sent inmates to be punished&mdashinterrogated, tortured, even executed. In Block 11 were standing cells where prisoners would be crammed together scarcely even able to breathe and starvation cells where inmates would be locked up, deprived of food and left until they died. Everyone in Auschwitz knew of the reputation of Block 11.

Józef Paczynski &mdashPolish political prisoner, Auschwitz: "I personally was afraid of walking past Block 11. Personally, I was afraid. Although it was closed off, I was really scared to walk past there. Whether it was the avenue when I was walking there, or what&hellip I was afraid. Block 11 meant death."

On a day in late August or early September 1941, Fritzsch ordered that the basement of Block 11 be prepared for the use of Zyklon B. Doors and windows were sealed&mdashthe whole block locked down.

August Kowalczyk&mdashPolish political prisoner, Auschwitz: "Our attention was drawn&mdashmany of my colleagues saw this&mdashby SS men running around with gas masks. The windows of the bunker had been covered up with sand, and in the bunker&mdashthe cells of the bunker, in the cellar&mdashSoviet prisoners of war were assembled. And it turned out the following day that the SS&mdashactually, it was Palitzsch in particular who attracted attention because he was running around like crazy. It turned out that the gas hadn't worked properly and that many of the prisoners, the people, were still alive. So they increased the dosage, added more crystals and finished the job.

The prisoners dragged it all away on carts known as Rollwagons. They took them to the crematorium, because the crematorium was already being used, you could see smoke from the chimney&hellip So it was&hellip an open secret."

Józef Paczynski: "How does a person feel? One becomes indifferent in the midst of all that. Today it's your turn, tomorrow it will be mine."

Once Höss came back to the camp, he learnt about the experiment.

Rudolf Höss: "When I returned, Fritzsch reported to me about how he had used the gas. He used it again to kill the next transport of Russian prisoners of war."

As Höss returned home to his wife and four children in his house on the edge of the camp, he felt pleased.

Rudolf Höss: "I must admit that this gassing had a calming effect on me, I was always horrified of executions by firing squads. Now, I was relieved to think that we would be spared all these bloodbaths."

Höss was wrong. He was about to oversee an even greater bloodbath. By building a camp here on this patch of swampy ground a mile and a half away from the town of Auschwitz at a place the Poles called Brzezinka and the Germans Birkenau.

END CREDITS

Documentary Description


Auschwitz: The Nazis and the 'Final Solution' , is a BBC six-episode documentary film series presenting the story of Auschwitz through interviews with former inmates and guards and re-enactments, first televised on BBC One on 11 January 2005. The series prominently featured the music of Gorecki Symphony No 3 , Arvo Pärt's "Spiegel im Spiegel" and Handel's Harpsichord Suite No. 4 In D Minor, HWV 437: Sarabande.

In the United States, this series first aired on PBS television stations as Auschwitz: Inside the Nazi State in early 2005 and was released, under that title, in a 2-DVD box set (Region 1), by BBC Warner, on 29 March 2005.


BBC Press Releases

Auschwitz: The Nazis & the 'Final Solution'

With a number of recent high profile Hollywood films such as Schindler's List and The Pianist and iconic books such as The Diary of Anne Frank it is easy to assume that everyone is familiar with the Holocaust and Auschwitz.

Yet a recent BBC survey suggests that almost half the adult population (45%) claim to have never even heard of Auschwitz.

Amongst women and people aged under 35 the figure is even higher at 60%.

Even among those who have heard of Auschwitz, 70% felt that they did not know a great deal about the subject.

Most of them (76%) were unaware of its roots as a concentration camp for Polish political prisoners the majority (74%) did not know that people other than Jews were killed there and only a few recognised the name of the camp commandant or knew who finally liberated the camp at the end of the war.

The BBC's research informs a definitive new series which has been made to mark the 60th anniversary of the liberation of Auschwitz in January 2005.

Written and produced by Bafta Award-winning producer Laurence Rees, Auschwitz: The Nazis & the 'Final Solution' offers a unique perspective on the camp in which more than one million people were ruthlessly murdered.

"We were amazed by the results of our audience research" says series producer Laurence Rees. "It's easy to presume that the horrors of Auschwitz are engrained in the nation's collective memory but obviously this is not the case.

"We were particularly startled by the fact that less than 40% of younger people have even heard of Auschwitz.

"The research reinforced the importance of making this series and trying to ensure the atrocities that unfolded at Auschwitz are never forgotten."

The series is the result of three years of in-depth research, drawing on the close involvement of world experts on the period, including Professors Sir Ian Kershaw and David Cesarani.

It is based on nearly 100 interviews with survivors and perpetrators, many of whom are speaking in detail for the first time.

Sensitively shot drama sequences, filmed on location using German and Polish actors, bring recently discovered documents to life on screen, whilst specially commissioned computer images give a historically accurate view of Auschwitz-Birkenau at all its many stages of development.

"The name Auschwitz is quite rightly a byword for horror," says Laurence Rees. "But the problem with thinking about horror is that we naturally turn away from it.

"Our series is not only about the shocking, almost unimaginable pain of those who died, or survived, Auschwitz. It's about how the Nazis came to do what they did.

"I feel passionately that being horrified is not enough. We need to make an attempt to understand how and why such horrors happened if we are ever to be able to stop them occurring again."

The BBC will be marking Holocaust Memorial Day (27 January 2005) with a number of other television and radio programmes, including a live event on the day, an international musical performance in and around the museum of Auschwitz-Birkenau, and a documentary that traces one woman's story of survival told through her grandson's eyes.

Notes to Editors

The research findings were based on a nationally representative postal survey of 4,000 adults aged 16+ conducted by IPSOS RSL as part of their weekly Quest survey.

All respondents recruited were mailed a questionnaire to complete covering a number of topics, with quota controls imposed, within region, by age within sex and social class.

Fieldwork was conducted during February 2004.


The Killing Evolution

The Nazis did not start World War II with a plan to eliminate the Jews. This solution evolved&mdashespecially from 1939 to 1941&mdashas they tried different techniques to accomplish their goals. Particularly in Germany and Poland camp commandants experimented with various killing methodologies and consulted with one another on their successes and failures. The ability of a single camp to kill 2,000-3,000 people per hour took years to achieve. At first, though, murder was done at close range-man-to-man, woman, or child.

In 1941, SS General Erich von dem Bach-Zelewski told his superior Heinrich Himmler that the Nazis had been murdering Jews, including women and children, at close range and in cold blood all summer. Bach-Zelewski was worried about this method's traumatizing effects on his men. Himmler recorded in his diary the General's concerns: "And he said to me, 'Reichsfuhrer, these men are finished for the rest of their lives. What kind of followers are we producing here- either neurotics or brutes?'"

Himmler realized he had to find new methods that would spare his troops the psychological strain of killing human beings at close range.


Carbon Monoxide

According to the memoirs of Rudolf Höss, Commandant of Auschwitz, Adolf Eichmann suggested using "showers of carbon monoxide while bathing, as was done with mental patients in some places in the Reich." Instead of leading to water, the showerheads were connected to canisters of carbon monoxide.

The birth of this method had varied sources, including one ironic twist. Artur Nebe, a Nazi-killing squad commander, had come home drunk from a party one night and passed out in his garage with his car still running. The carbon monoxide gas from the exhaust nearly killed him.

As Nebe related the incident to his SS comrades, this near-miss convinced him that gassing could be used effectively against the Jews and other Nazi enemies. Gas would be cheaper than bullets, and no Nazi would directly take a life.

The Nazis' experimented with another methodology using carbon monoxide. Deported Jews from the Lodz Ghetto were led through a basement corridor and then up a ramp to a small windowless room that turned out to be the cargo area of a large van. Once the van was full, the doors were slammed shut, and as it was driven to a nearby forest, exhaust fumes were routed into the back, asphyxiating the trapped victims.

After the van reached its destination, the bodies were buried or burned. Zofia Szalek, a German residing in the Polish town of Chelmno, describes what she witnessed: "We could hear the screams, but we couldn't see the people. They were loaded in and murdered there. It was hell. That's why we called these vans 'Hell Vans.'"


The most effective and efficient technique developed for killing at Auschwitz depended on the same pesticide that was used to kill the lice in prisoners' clothing. The disinfectant, sold under the trade name of Zyklon B, was in plentiful supply. Once exposed to properly heated air, the crystals produced lethal gas.

In the fall of 1941, the basement of cell block 11&mdashthe Auschwitz building where some of the most despicable punishments were meted out&mdashwas sealed and locked down. August Kowalczyk, a Polish political prisoner on a nearby work detail, witnessed the entire event. He reports that because they were still experimenting, Nazi judgments in error caused the murders to take place over a two-day period, instead of the expected half hour.


Massive Gas Chambers and Crematoria


By the early spring of 1943, four huge crematoria became fully operational at Auschwitz II (Birkenau). They housed eight gas chambers and forty-six ovens that could dispose of some 4,400 corpses per day. Trains would arrive at the camp and those most fit&mdashapproximately 10-30 percent of the arrivals&mdashwould be selected for a work detail. The remaining prisoners were sent to the gas chambers.

Prisoners assigned to a unit known as the Sonderkommando had to move the bodies from the gas chambers to the furnaces. Several bodies at a time were burned in a single oven. In May 1944 a serious bottle-neck occurred at Auschwitz, because the deportation and extermination of the Hungarian Jews was under way.

Numbering about 725,000, plus thousands more who were Christian converts but still counted as Jews by Nazi racial criteria, the Hungarian Jews were the largest Jewish group that remained alive in Nazi-dominated Europe. Between late April and early July 1944, more than 380,000 of them were brought to Auschwitz-Birkenau, where most were gassed and cremated. When the demand for corpse disposal overtaxed the camp&rsquos ovens, camp authorities, needing to speed up the process, again resorted to burning bodies on pyres, using the huge pits that had been dug behind Crematorium V.

Precise counts of how many people actually were murdered in death camps can never be made because those marched off directly from the trains usually were not registered. However, a calculation that is both conservative and reliable indicates that at least 1.1 million people were gassed to death at Auschwitz&mdash90 percent of them Jews.

Even with all of the death technology, the Germans could not cremate everyone they murdered during the Holocaust. As they retreated from the advancing Allied forces, they blew up the gas chambers and crematoria to destroy the evidence at Auschwitz. But the evidence lingered. In camps throughout Poland and Germany, tens of thousands of bodies remained stacked or spilling out into the cold winter snow.


Surprising Beginnings


March 1940 to September 1941

Auschwitz, the site of the largest mass murder in the history of the world did not start out as a death camp. In the spring of 1940, Rudolf Höss, a captain in the SS (Schutzstaffel), the elite defense organization that answered only to Hitler and advanced his plans, became Commandant of a new Nazi concentration camp at the southwestern Polish town of Oswiecim. Auschwitz, as the Germans called it, was in territory that Hitler had invaded the previous year.

Höss was directed to create a concentration camp for 10,000 prisoners, using old Polish army barracks, but as he later wrote in his memoirs, "The task wasn&rsquot easy. In the shortest possible time, I had to create a camp for 10,000 prisoners using the existing complex of buildings which were well constructed but were completely run down and swarming with vermin."

&ldquoTrue opponents of the state had to be securely locked up. Only the SS were capable of protecting the National Socialist State from all internal danger. All other organizations lacked the necessary toughness.&rdquo

&ndash Memoirs of Rudolf Höss, Commandant of Auschwitz

Auschwitz I, as the camp came to be called, was built primarily to confine and oppress Polish dissidents whom the Nazis considered to be a threat to their occupation. Polish Jews were confined elsewhere, increasingly in ghettos. Höss adopted the motto of Dachau, another concentration camp where he had previously worked: Arbeit Macht Frei ("Work Makes You Free").

&ldquoWatch your bread so that no one steals it. This is what you were preoccupied with, and this was a constant vigilance.&rdquo

&ndash Kazimierz Piechowski, Polish political prisoner, Auschwitz

The Polish prisoners were subjected to appalling treatment from the SS. More than 10,000 died within twenty months. The camp received little support from Nazi headquarters and Höss often had to scrounge for supplies.

Jerzy Bielecki was one of the first Polish prisoners at Auschwitz. The SS thought he was with the Polish resistance and sentenced him to &ldquohanging torture,&rdquo a brutal punishment where the prisoner carried his full body weight on his arms that were pulled behind his back in an unnatural position:

&ldquoHe wanted to hang me on the hook. He said, &lsquoStand up on your toes. Finally he hooked me and then he kicked the stool away without any warning. I just felt Jesus Mary, oh my God, the terrible pain. My shoulders were breaking out from the joints. Both arms were breaking out from the joints. I&rsquod been moaning and he just said, &lsquoShut up you dog. You deserve it. You have to suffer.&rsquo&rdquo

Writing in his memoirs, Rudolf Höss admits that Auschwitz was a concentration camp where cruel and brutal treatment was routine. Despite this&mdashduring the early 1940s&mdashthe facility was almost a backwater in Nazi-occupied Poland.

Auschwitz, however, was about to change. The town was situated on major railroad lines. Its surrounding area was rich in natural resources, particularly fresh water, lime, and coal. This made it an excellent location for IG Farben, the German industrial conglomerate, to build a factory that would manufacture war materials.

March 1940 to September 1941

Industrialization interested Heinrich Himmler, Commander of the SS. His dream was that IG Farben's activities would fund the creation of a model Nazi settlement where Auschwitz prisoners would work as slave laborers and the SS would profit by selling coal and gravel as well as labor to IG Farben.

Toward the end of 1940, Himmler visited Auschwitz and ordered the camp tripled in capacity from 10,000 to 30,000 prisoners. Auschwitz would be a backwater no longer, it would become the largest concentration camp in the Nazi empire. Over the succeeding months and years, a series of architectural plans were drawn up, detailing even greater expansion of the Nazi vision for Auschwitz.

While Himmler formulated his ideas for a bigger and greater Auschwitz during the spring of 1941, Adolf Hitler completed plans to invade the Soviet Union. Hitler's plans for Russia would in turn cause a radical change in the function of Auschwitz.

Because it was the home of communism, the Nazis feared and despised the Soviet Union. They also believed that Joseph Stalin's Red Army was made up of inferior human beings and would not be hard to defeat.

&ldquoThey [the Russians] were&mdashin civilisation terms&mdashnot as far on as the West. You just have to imagine the following: France&mdasha civilised nation with flushing toilets. Russia&mdashpredominantly toilet behind the house.&rdquo

Germany invaded the Soviet Union on June 22, 1941. Of the three million Soviets troops taken prisoner in the invasion, two million were dead within nine months, either shot, starved, or worked to death.

Jerzy Bielecki, a Polish political prisoner at Auschwitz, watched what happened to the Russian prisoners who were forced to work in gravel pits.

&ldquoThe prisoner overseers beat them mercilessly, kicked them, clubbed them. They would fall to the ground. It was a macabre scene. I had never in my life seen anything like it. Neither did I later on, even though I remained in the camp for a long time after. &rdquo

&ldquoI saw an SS-man, a junior officer, walking around the gravel pit with a pistol in his hand. It was sadism. &lsquoYou dogs! You damned communists! You pieces of shit!&rsquo Horrible words like these. And from time to time he would direct the pistol downwards and shoot: Pow. Pow. Pow.&rdquo (Jerzy Bielecki).

&ldquoDuring an evening roll call, we were told that all the sick among us could go away for treatment. Some people believed it.&rdquo

&ndash Kazimierz Smolen, Polish political prisoner, Auschwitz

Not only the Soviet prisoners of war suffered as the Germans moved east. Hitler did not want to keep alive any prisoners who could not work.

In the autumn of 1939, Hitler authorized a secret Euthanasia Program, which administered so-called mercy deaths first to handicapped children and later to mentally and physically disabled Germans adults. These people were taken to special institutions where they were gassed with carbon monoxide. Himmler wanted to extend this program to concentration camps, including Auschwitz, to eliminate the need to transport people who could not work. He realized that he had to find a better and more efficient way to murder people&mdashpsychologically better for the killers, not for the victims.

March 1940 to September 1941

One of Höss' deputies at Auschwitz developed an efficient method that featured crystallized prussic acid, mass produced under the trade name Zyklon B, and widely used as a pesticide. At Auschwitz it was being used to fumigate barracks and disinfect prisoners' clothes. When the crystals dissolved in air, they created a lethal gas. Block 11, the most feared location in Auschwitz, was chosen for the first Zyklon B experiments.

On a day in late August or early September 1941, the doors and windows in the cellar of Block 11 were sealed.

August Kowalczyk, a Polish political prisoner at Auschwitz, watched what happened the day Zyklon B was first used on Block 11:

&ldquoOur attention was drawn by SS men running around with gas masks. The windows of the bunker had been covered up with sand, and in the cellar Soviet prisoners of war were assembled. And it turned out the following day that the SS&mdashactually, it was [Gerhard] Palitzsch in particular who attracted attention because he was running around like crazy. It turned out that the gas hadn't worked properly and that many of the prisoners, the people, were still alive. So they increased the dosage&mdashadded more crystals&mdashand finished the job.&rdquo

Rudolf Höss later wrote that the experiment with Zyklon B had a calming effect on him: "I was always horrified of executions by firing squads. Now I was relieved to think that we would be spared all these bloodbaths."

But the bloodbaths would continue and grow even larger when a new camp was built a mile and a half from Auschwitz, at a place the Poles called Brzezinka, and the Germans Birkenau. It also became known as Auschwitz II.


Origins in the Golden Age

Simon and Kirby created Steve Rogers, a would-be army enlistee rejected by recruiters because of his small size. Rogers volunteers to receive a top-secret serum, and he is transformed into a “super soldier.” Dubbed Captain America and clad in a red, white, and blue costume with a matching stars-and-stripes shield, Rogers joins the U.S. Army, acquires a kid sidekick—plucky regimental mascot Bucky Barnes—and embarks on a career of enthusiastic Nazi-bashing.

The early stories were simple, straightforward tales peopled with bizarre villains such as the Hunchback of Hollywood, the Black Toad, and Ivan the Terrible. Chief among them was the Red Skull, a seemingly invincible Nazi whose face literally was a crimson skull. The stories of derring-do were gripping and fast-moving, and the comic became one of the most widely read titles of the so-called Golden Age of comics. Audience identification with Captain America was central to that success. The first issue announced the creation of “The Sentinels of Liberty” fan club eager young readers could join for just a dime, which entitled them to a membership card and a metal badge. The club proved so popular that its badge promotion had to be discontinued because of wartime metal rationing.

By the time of the attack on Pearl Harbor, in December 1941, Captain America Comics had become the publisher’s top-selling title, and, over the course of World War II, Captain America and Bucky fought the Axis powers on multiple fronts. After 10 successful issues, the comic’s creators were enticed away to rival company DC Comics, but their replacements—novice writer-editor Stan Lee and various artists—handled things well. In 1944 the character received the honour of his own Republic Pictures serial, キャプテン・アメリカ, which was confirmation of his iconic status. As the war wound down, the market for patriotic superheroes began to shrink, and Captain America and Bucky were literally put on ice. In a story set in the final days of the war, the pair attempt to defuse a bomb on a drone aircraft, but the plane explodes over the frigid North Atlantic, sparking a complicated chain of events that ends with Bucky missing and Rogers floating in the water, seemingly dead.

The postwar years saw a proliferation of differently themed comics: horror, funny animals, westerns, romance stories—everything, it seemed, except superheroes. With the disappearance of Rogers, the mantle of Captain America passed to a succession of replacement heroes, but they failed to resonate with the stalwart Sentinels of Liberty club members. Captain America Comics ended with issue no. 73 (July 1949), and, after two issues titled Captain America’s Weird Tales, the series was canceled. Barely four years later, however, Captain America returned in Young Men 番号。 24 (1953), and the キャプテン・アメリカ comic resumed printing in May 1954. The book, which boasted Captain America…Commie Smasher! as a subtitle, was an obvious product of the McCarthy era. The public did not warm to it. NS キャプテン・アメリカ series was canceled for a second time in September 1954.


米国LEXINGTON

USS レキシントン (CV-2) was a pre-World War II-era aircraft carrier. She was built in 1921 in Massachusetts and in 1928 began operating off the coast of California. She spent thirteen years in largely quiet operations, until Dec. 7, 1941, the day of the Japanese attack on Pearl Harbor.

レキシントン was at sea as part of Task Force 12, transporting aircraft from Hawaii to Midway, when she was given orders to return to the waters off Hawaii to search out Japanese ships. She spent the next month operating near Oahu to block enemy attacks.

On Feb. 20, 1942, with plans to attack Rabaul, in New Guinea, レキシントン was attacked by eighteen enemy planes, seventeen of which were shot and five of which were downed. That spring, レキシントン and her fighter groups repeatedly thwarted Japanese ships and planes.

On May 8, レキシントン was hit by two Japanese torpedoes and three bombs, causing the ship to list and catch fire. Though her crew managed to squelch the fires and right the ship, gasoline below decks caused an enormous explosion and raging fires that could not be put out. The order was given to abandon ship, and all the men on board were saved and transferred to other carriers. An American destroyer fired two torpedoes into the hull to sink her completely. レキシントン was awarded two battle stars for her role in World War II.


真珠湾攻撃を記念して、タンタロスの住民は家の近くでの破壊を思い出します

1942年3月4日の真珠湾攻撃は1941年12月7日の最初の攻撃とは異なりました。ルーズベルト高校などの民間機関があった場所から少し離れたタンタルスに爆弾が降った。

1941年末の朝の真珠湾攻撃は大規模でした。何千人もの人々がこの出来事の恐ろしさを目撃しました。しかし、2回目の攻撃はステルスでした。

「これは第二次世界大戦で最も独創的で大胆な長距離爆撃プログラムでした」と、米国国立公園局の歴史家ダニエル・マルティネスは述べています。

日本人は&#8220Operation K&#8221と呼ばれる任務で飛行艇を使用しました。そのようなボートのうちの2隻は太平洋を横切って飛んだ。その後、ボートはハワイ諸島の北西部に停泊し、潜水艦で燃料を補給しました。工芸品は真夜中にオアフ島に到着しました。

&#8220午前2時ごろ、私は4回の爆風で無礼に目覚めました。&#8221タンタロスの元居住者であるアランロイドは言いました。

意図された標的である真珠湾は損傷を受けましたが、まだ機能しています。パイロットの一人がコオラウ山脈を飛び越え、非常に深刻な大失敗でタンタロスに爆弾を投下しました。

2回目の攻撃の影響は軽微でしたが、米国が戦略に加えた変更は重大でした。 1942年3月4日付けの写真。写真:太平洋諸島民

550ポンドの爆弾の爆発は非常に強かったので、近くの家の窓は粉々になりました。木はまた平らにされ、森の中に20-30フィートのクレーターを残しました。

攻撃が起こったとき、ロイドは12歳でした。翌日、彼は自宅の上の丘の中腹に登り、クレーターを見ました。タンタルスロードから約100ヤードのところにある爆風の衝撃を見て、爆弾によって爆風がほぼ破壊されていることに気づき、彼はぞっとしました。

&#8220パイロットが爆弾の放出を10秒遅らせていたとしたら、それは私たちの家を襲った可能性があります&#8212それはとても近かったです&#8221ロイドは言いました。

オアフ島に投下された4つの爆弾は、いくつかの家に軽微な被害を与え、数人の住民に警鐘を鳴らしました。しかし、歴史家は、攻撃の影響は戦争中の米国の戦略の変更に見られる可能性があると結論付けています。

&#8220海軍と陸軍は理解しなければなりませんでした:これらの人はどうやってそれをやってのけたのですか?彼らが給油できる唯一の場所はフレンチフリゲート瀬だったので、すぐに米海軍の船がその地域に座った」とマルティネスは語った。

真珠湾攻撃の2回目の攻撃後に封​​鎖が設定された後、日本軍は長距離哨戒機への燃料補給が損なわれました。これは、数ヶ月後に行われたミッドウェー海戦のための空中の彼らの諜報活動を不自由にしました。戦いは米国にとって非常に決定的な勝利となるはずでした。

茂みや植物は、長年にわたってタンタロスのクレーターを隠してきました。歴史書では、2回目の攻撃についてはあまり話題になりません。実際、それはごく少数にしか知られていません。

&#8220聞いていない限り、これに気付いた人はほとんどいませんでした。それは軍の秘密だったので、論文にはありませんでした」とロイドは述べました。


German Withdrawal from Yugoslavia

When Romania withdrew from the Axis and joined the Allies on August 23, 1944, the German position in the Balkans became untenable. German troops evacuated Greece, Serbia, Albania, and Bosnia-Herzegovina in the autumn of 1944. German and Croat troops continued to fight in northwestern Yugoslavia until the end of April 1945 when they retreated to Austria along with the surviving leadership of the Ustasa regime.

The Germans and their Axis partners murdered more than 67,000 Jews on Yugoslav soil (including more than 3,500 Jews from other countries who had found refuge in Yugoslavia before the Axis invasion) between 1941 and 1945. Around 14,000 Jews survived, many by hiding with friends or neighbors or by joining the partisans. More than 4,500 Jews served in the partisan resistance movement around 1,300 died in combat. Of the 14,000 survivors, more than half emigrated to Palestine (after 1948: Israel) after the war, leaving a Jewish population of around 6,500 in Yugoslavia by 1950.

The Germans and their Axis partners, especially the Croats, killed approximately 27,000 Roma in Yugoslavia. The Ustasa killed about 20,000 at the Jasenovac camp system and perhaps as many as 6,000 more on the Croatian and Bosnian countryside. German military and police authorities shot most of the remainder, between 1,000 and 2,000, in Serbia.


World War II, Segregation Abroad and at Home

Shot near the beginning of World War II, this photograph documents segregation in the United States. Although it was universal in the South, de facto and de jure segregation also existed in other parts of the U.S. Efforts to erode segregation by organizations such as the NAACP, the National Urban League, and the Brotherhood of Sleeping Car Porters were slow and laborious.

"Jim Crow" laws mandated that blacks have separate facilities for travel, lodging, eating and drinking, schooling, worship, housing, and other aspects of social and economic life. This railroad station sign in Manchester, Georgia, indicates the location of the restroom for black men. Failure to obey such signs could lead to arrest and imprisonment.

This atlas of Birmingham, Alabama, analyzes housing statistics from the 1940 census. It is part of a series of atlases entitled Housing: Analytical Maps that were produced by the New York City office of the Works Project Administration in conjunction with the U.S. Bureau of the Census. Based on block statistics, these atlases document cities with populations over 50,000 and cover such topics as average rent, major repairs, bathing equipment, persons per room, owner occupancy, and mortgage status, as well as percentage of non-white households per block. On these maps, showing non-white households for two sections of Birmingham, Alabama, the segregated residential pattern is readily apparent the two darkest patterns represent the areas with over fifty percent non-white households.

On December 7, 1941, during the Japanese attack on Pearl Harbor, Mess Attendant Doris "Dorie" Miller came to the aid of his shipmates on the U.S.S. West Virginia , helping to move the injured out of harm's way, including the mortally wounded captain. Though untrained in its use, Miller also manned an antiaircraft machine gun, downing several Japanese planes before being ordered to abandon the sinking ship. Miller's courage and devotion to duty at Pearl Harbor earned him the Navy Cross, the first ever awarded to an African American sailor. This honor is even greater in light of the fact African Americans were only allowed to serve in the messman's branch of the Navy at the time. Though later killed in action in 1943, Miller's legacy of bravery in the face of great danger and discrimination lives on.

African American veterans returning to the South after military service in World Wars I and II were often unwilling to be subjected to the humiliation and degradation of segregation and discrimination in the land for which they served and shed blood. Some whites, especially in the South, felt that these veterans needed to be terrorized into submission, whether they wore the nation's uniform or not. Charles White's drawing indicates the collusion between some law enforcement officers and the Ku Klux Klan.

Even though an extreme shortage of nurses in World War II forced the federal government to seriously consider drafting white nurses, defense officials remained reluctant to recruit black nurses throughout the war. Allowing black nurses to care for whites was considered a violation of social norms. Nevertheless, the National Association of Colored Graduate Nurses, led by Mabel Staupers, and rights groups like the NAACP, loudly protested racial policies in the Army Nurse Corps and the military in general. These groups achieved some success. This photograph documents the arrival of the first African American nurses in England.

General Noel Parrish, seated next to a youthful Lena Horne, stated in his memoirs that he often mediated between the Army officials, whites near Tuskegee who felt that the airmen were uppity, and the aviation trainees themselves. The third president of Tuskegee Institute, Dr. Frederick Douglass Patterson, wrote to Parrish on September 14, 1944: "In my opinion, all who have had anything to do with the development and direction of the Tuskegee Army Air Field and the Army flying training program for Negroes in this area have just cause to be proud. . . . The development had to take place in a period of emergency and interracial confusion."

During World War II civil rights groups and black professional organizations pressed the government to provide training for black pilots on an equal basis with whites. Their efforts were partially successful. African American fighter pilots were trained as a part of the Army Air Force, but only at a segregated base located in Tuskegee, Alabama. Hundreds of airmen were trained and many saw action.

Toni Frissell became the first professional photographer permitted to photograph the all-black 332nd Fighter Pilot Squadron in a combat situation. She traveled to their air base in southern Italy, from where the "Tuskegee Airmen" flew sorties into southern Europe and North Africa. Best known of those Frissell photographed was Col. Benjamin O. Davis,Jr., the son of the first African American general, pictured on the left, and first Lieutenant Lee Rayford.

The papers of A. Philip Randolph document his protests against segregation, particularly in the armed forces and defense industries during the war. Randolph led a successful movement during World War II to end segregation in defense industries by threatening to bring thousands of blacks to protest in Washington, D. C., in 1941.

The threatened March on Washington in 1941 prompted President Franklin D. Roosevelt to issue Executive Order 8802, stating that there should be "no discrimination in the employment of workers in defense industries or Government because of race, creed, color, or national origin." The Committee on Fair Employment Practices was established to handle discrimination complaints.


End of Lend-Lease

A critical program for winning the war, Lend-Lease came to an abrupt end with its conclusion. As Britain needed to retain much of the Lend-Lease equipment for postwar use, the Anglo-American Loan was signed through which the British agreed to purchase the items for approximately ten cents on the dollar. The total value of the loan was around £1,075 million. The final payment on the loan was made in 2006. All told, Lend-Lease provided $50.1 billion worth of supplies to the Allies during the conflict, with $31.4 billion to Britain, $11.3 billion to the Soviet Union, $3.2 billion to France and $1.6 billion to China.


ビデオを見る: Panfilovs 28 Men. 28 Heroes. Full movie.


コメント:

  1. Slaton

    私は彼女の見解を完全に共有します。これはいい考えだと思います。彼女に完全に同意します。

  2. Raedford

    スポーツロバ!))

  3. Dubhgml

    なんて素敵なメッセージ

  4. Yashvir

    私はあなたが間違っていると信じています。私は確信しています。これについて話し合いましょう。

  5. Addam

    このトピックについて議論する準備はできていますか?



メッセージを書く